基本情報

写真a

神野 哲也(ジンノ テツヤ)

JINNO Tetsuya


職名

非常勤講師

研究分野・キーワード

股関節外科、人工関節、リハビリテーション

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2004年09月
    -
    2014年01月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 講師
  • 2014年02月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 講師
  • 2016年04月
    -
    2016年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 准教授
  • 2016年07月
    -
    2018年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 リハビリテーション部 准教授
  • 2016年07月
    -
    2018年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学 准教授
  • 2018年06月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 非常勤講師
  • 2018年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学 非常勤講師
  • 2020年05月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 非常勤講師
  • 2021年10月
    -
    2022年04月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 感覚・皮膚・運動機能診療領域 整形外科 非常勤講師
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学分野 非常勤講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1996-1998 Research Fellow, Case Western Reserve University
  • 2018年06月
    -
    2021年03月
    獨協医科大学埼玉医療センター 第二整形外科 教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    獨協医科大学埼玉医療センター 整形外科 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会

  • 日本股関節学会

  • 日本人工関節学会

  • 日本リハビリテーション医学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本小児整形外科学会

  • 日本関節病学会

  • 日本バイオマテリアル学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2017年03月
    日本整形外科学会 代議員
  • 2010年10月
    -
    現在
    日本股関節学会 評議員
  • 2018年10月
    -
    現在
    日本股関節学会 理事
  • 2008年02月
    -
    現在
    日本整形外科学会 診療ガイドライン委員会疾患別策定委員会委員
  • 2009年11月
    -
    現在
    The American Association of Hip and Knee Surgeons Editorial Board, Journal of Arthroplasty 編集委員
  • 2011年02月
    -
    現在
    日本小児整形外科学会 教育研修委員会委員
  • 2011年02月
    -
    現在
    日本小児整形外科学会 倫理委員会委員
  • 2012年09月
    -
    現在
    東日本整形災害外科学会 評議員
  • 2013年02月
    -
    現在
    日本人工関節学会 評議員
  • 2013年04月
    -
    現在
    独立行政法人医薬品医療機器総合機構 専門委員
  • 2013年04月
    -
    現在
    厚生労働省 平成28年度DPC検討WG作業班班員
  • 2015年11月
    -
    現在
    日本バイオマテリアル学会 評議員
  • 2016年09月
    -
    現在
    日本整形外科学会 Jouernal of Orthopaedic Science 査読委員
  • 2017年01月
    -
    2018年12月
    日本リハビリテーション医学会関東地方会 幹事
  • 2017年03月
     
     
    日本リハビリテーション医学会 専門医試験委員会特別委員
  • 2017年06月
    -
    現在
    日本整形外科学会 広報室ニュース編集委員会委員
  • 2017年07月
    -
    2019年06月
    埼玉県立大学 研究評価委員会 委員
  • 2017年07月
    -
    現在
    関東整形災害外科学会 査読委員
  • 2017年12月
    -
    2023年12月
    日本小児整形外科学会 編集委員会委員
  • 2017年12月
    -
    現在
    東日本整形災害外科学会 査読委員
  • 2018年02月
    -
    2020年02月
    日本リハビリテーション医学会 評議員
  • 2018年02月
    -
    現在
    日本急性期リハビリテーション医学会 評議員
  • 2018年06月
    -
    現在
    日本整形外科学会 学術用語委員会委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

  • リハビリテーション医学

  • 生体医工学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 関節液由来間葉系幹細胞は滑膜由来幹細胞移植に代替するか

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 特発性大腿骨頭壊死症の医療水準及び患者のQOL向上に関する大規模多施設研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 特発性大腿骨頭壊死症の疫学調査・診断基準・重症度分類の改訂と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2017年03月

  • 特発性大腿骨頭壊死症の疫学調査・診断基準・重症度分類の改訂と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究

    厚生労働省 : 2014年04月 - 2017年03月

  • 特発性大腿骨頭壊死症の疫学調査・診断基準・重症度分類の改訂と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究

    厚生労働省 : 2014年04月 -

  • マウスモデルを用いた変形性関節症の発症の分子メカニズムの解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • リハビリテーション評価のための無拘束自動化動作計測システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Naoto Watanabe, Hideyuki Koga, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Difference in tapered wedge stem alignment between supine and lateral position in cementless total hip arthroplasty via modified Watson-Jones anterolateral approach. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2022.04; 32 (3): 497-503. ( PubMed, DOI )

  2. Masanobu Hirao, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Tetsuya Tachibana, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Periprosthetic fragility fracture of the femur after primary cementless total hip arthroplasty. Mod Rheumatol. 2022.04; 32 (3): 626-633. ( PubMed, DOI )

  3. Kazuko Isshiki, Tetsuya Jinno, Junya Aizawa, Ryohei Takada, Tomoko Sakai, Tetsuya Tachibana, Atsushi Okawa. Asymmetry of the Cross-sectional Area of the Gluteus Medius Muscle Persists Eight Years after Total Hip Arthroplasty for Osteoarthritis of the Hip. Prog Rehabil Med. 2021.12; 6 20210052. ( PubMed, DOI )

  4. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Does surgical body position influence the risk for neurovascular injury in total hip arthroplasty? A magnetic resonance imaging study. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.12; 107 (8): 102817. ( PubMed, DOI )

  5. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Junya Katayanagi, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa, Takeo Fujiwara. Perioperative Complications of Laminoplasty in Degenerative Cervical Myelopathy -A Comparative Study Between Ossification of Posterior Longitudinal Ligament and Cervical Spondylotic Myelopathy Using a Nationwide Inpatient Database. Global Spine J. 2021.12; 21925682211063867. ( PubMed, DOI )

  6. Takahisa Ogawa, Haggai Schermann, Hiroki Kobayashi, Kiyohide Fushimi, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Age and clinical outcomes after hip fracture surgery: do octogenarian, nonagenarian and centenarian classifications matter? Age Ageing. 2021.11; 50 (6): 1952-1960. ( PubMed, DOI )

  7. Naoki Yamamoto, Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Naoto Watanabe, Hideyuki Koga, Toshitaka Yoshii, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Wear rate and osteolysis in two types of second-generation annealed highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty: A retrospective comparative study with a minimum of five years. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.11; 103147. ( PubMed, DOI )

  8. Takahisa Ogawa, Tetsuya Jinno, Mutsuko Moriwaki, Toshitaka Yoshii, Ara Nazarian, Kiyohide Fushimi, Atsushi Okawa. Association between hospital surgical volume and complications after total hip arthroplasty in femoral neck fracture: A propensity score-matched cohort study. Injury. 2021.10; 52 (10): 3002-3010. ( PubMed, DOI )

  9. Gaku Koyano, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Chisato Hoshino, Atsushi Okawa. Intra-articular Injections of Cross-linked Hyaluronic Acid in Japanese Patients with Symptomatic Osteoarthritis of the Hip. Prog Rehabil Med. 2021.09; 6 20210038. ( PubMed, DOI )

  10. Keigo Nanjo, Takashi Ikeda, Naoko Nagashio, Tadashi Masuda, Tomoko Sakai, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Gait speed and pain status as discriminatory factors for instrumental activities of daily living disability in older adults with knee osteoarthritis. Geriatr Gerontol Int. 2021.08; 21 (8): 683-688. ( PubMed, DOI )

  11. Ogawa T, Tachibana T, Yamamoto N, Udagawa K, Kobayashi H, Fushimi K, Yoshii T, Okawa A, Jinno T. Patient body mass index modifies the association between waiting time for hip fracture surgery and in-hospital mortality: A multicenter retrospective cohort study. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  12. Ryo Onuma, Tadashi Masuda, Fumihiko Hoshi, Tadamitsu Matsuda, Tomoko Sakai, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Measurements of the centre of pressure of individual legs reveal new characteristics of reduced anticipatory postural adjustments during gait initiation in patients with post-stroke hemiplegia. J Rehabil Med. 2021.07; 53 (7): jrm00211. ( PubMed, DOI )

  13. Ohji S, Aizawa J, Hirohata K, Ohmi T, Mitomo S, Jinno T, Koga H, Yagishita K. Characteristics of landing impact in athletes who have not returned to sports at the pre-injury competition level after anterior cruciate ligament reconstruction. Asia-Pacific journal of sports medicine, arthroscopy, rehabilitation and technology. 2021.07; 25 47-52. ( PubMed, DOI )

  14. Watanabe T, Gamada K, Koga H, Sekiya I, Muneta T, Jinno T. Consistent femoral external rotation during weight-bearing knee flexion is associated with better patient-reported pain and mediolateral balance after total knee arthroplasty. Clinical biomechanics (Bristol, Avon). 2021.07; 88 105438. ( PubMed, DOI )

  15. Takahisa Ogawa, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Kiyohide Fushimi, Tetsuya Jinno. Association Between Cemented vs Cementless Hemiarthroplasty and Short-Term Change of In-Hospital Mortality in Elderly Patients with Femoral Neck Fracture: A Propensity-Score Matching Analysis in a Multicenter Database. Clin Interv Aging. 2021.06; 16 1151-1159. ( PubMed, DOI )

  16. Ryo Onuma, Tadashi Masuda, Fumihiko Hoshi, Tadamitsu Matsuda, Tomoko Sakai, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Separated center-of-pressure measurements reveal new characteristics of reduced anticipatory postural adjustments during gait initiation in patients with Parkinson's disease. Physiother Theory Pract. 2021.06; 1-10. ( PubMed, DOI )

  17. Masanobu Hirao, Kazumasa Miyatake, Daisuke Koga, Ryohei Takada, Gaku Koyano, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Comparison of 5-year postoperative results between standard-length stems and short stems in one-stage bilateral total hip arthroplasty: a randomized controlled trial. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.05; 31 (4): 743-753. ( PubMed, DOI )

  18. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Incidence of tensor fascia lata muscle atrophy after using the modified Watson-Jones anterolateral approach in total hip arthroplasty. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.04; 31 (3): 533-540. ( PubMed, DOI )

  19. Ohji S, Aizawa J, Hirohata K, Mitomo S, Ohmi T, Jinno T, Koga H, Yagishita K. Athletic identity and sport commitment in athletes after anterior cruciate ligament reconstruction who have returned to sports at their pre-injury level of competition. BMC sports science, medicine & rehabilitation. 2021.04; 13 (1): 37. ( PubMed, DOI )

  20. Ohji S, Aizawa J, Hirohata K, Ohmi T, Mitomo S, Jinno T, Koga H, Yagishita K. Single-leg hop distance normalized to body height is associated with the return to sports after anterior cruciate ligament reconstruction. Journal of experimental orthopaedics. 2021.04; 8 (1): 26. ( PubMed, DOI )

  21. Ogawa Takahisa, Jinno Tetsuya, Okawa Atsushi. 股関節骨折治療手術後の年齢と周術期転帰の関係性 80歳代、90歳代、100歳代の違いは影響があるのか(Age and perioperative outcomes after hip fracture surgery: Does octogenarian, nonagenarian, centenarian matter?) 日本整形外科学会雑誌. 2021.03; 95 (3): S720. ( 医中誌 )

  22. Jinno Tetsuya, Inaba Yutaka, Kabata Tamon, Goto Tomohiro, Miyatake Kazumasa, Mitani Shigeru. 大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭挿入術の臨床成績 前方視的な多施設共同観察研究(Clinical results of bipolar hemiarthroplasty for femoral neck fractures: A multicenter prospective observational study) 日本整形外科学会雑誌. 2021.03; 95 (3): S734. ( 医中誌 )

  23. Ogawa Takahisa, Jinno Tetsuya, Okawa Atsushi. 病院の手術件数と大腿骨頸部骨折における人工股関節全置換術後合併症の関連性 傾向スコアマッチングコホート研究(Association between hospital surgical volume and complications after total hip arthroplasty in femoral neck fracture: A propensity score-matched cohort study) 日本整形外科学会雑誌. 2021.03; 95 (3): S734. ( 医中誌 )

  24. Watanabe T, Gamada K, Koga H, Sekiya I, Muneta T, Jinno T. Characteristic kinematics of floor-sitting activities after posterior-stabilized total knee arthroplasty determined using model-based shape-matching techniques. The Knee. 2021.02; ( PubMed, DOI )

  25. Wataru Ando, Sakai T, Fukushima W, Kaneuji A, Ueshima K, Yamasaki T, Yamamoto T, Nishii T, Sugano N, Working group for ONFH guidelines: Junichi Nakamura, Yuma Sakamoto, Toru Ichiseki, Tamon Kabata, Yoshitomo Kajino, Kiyokazu Fukui, Taisuke Seki, Shigekazu Mizokawa, Masashi Ishida, Masazumi Saito, Yoichi Ohta, Shinya Hayashi, Kazuo Fujiwara, Yutaka Kuroda, Takahiro Okawa, Naohiko Mashima, Nobuhiro Kaku, Goro Motomura, Yutaka Inaba, Tetsuya Jinno, Takaaki Shishido, Takeyuki Tanaka, Ryohei Takada. Japanese Orthopaedic Association 2019 Guidelines for osteonecrosis of the femoral head. J Orthop Sci. 2021.01; 26 (1): 46-68. ( PubMed, DOI )

  26. Ando Wataru, Sakai Takashi, Fukushima Wakaba, Kaneuji Ayumi, Ueshima Keiichiro, Yamasaki Takuma, Yamamoto Takuaki, Nishii Takashi, Sugano Nobuhiko, Nakamura Junichi, Sakamoto Yuma, Ichiseki Toru, Kabata Tamon, Kajino Yoshitomo, Fukui Kiyokazu, Seki Taisuke, Mizokawa Shigekazu, Ishida Masashi, Saito Masazumi, Ohta Yoichi, Hayashi Shinya, Fujiwara Kazuo, Kuroda Yutaka, Okawa Takahiro, Mashima Naohiko, Kaku Nobuhiro, Motomura Goro, Inaba Yutaka, Jinno Tetsuya, Shishido Takaaki, Tanaka Takeyuki, Takada Ryohei, Working group for ONFH guidelines. Japanese Orthopaedic Association 2019 Guidelines for osteonecrosis of the femoral head(和訳中) Journal of Orthopaedic Science. 2021.01; 26 (1): 46-68. ( 医中誌 )

  27. Taniguchi N, Jinno T, Endo H, Wako M, Tatsuno R, Ochiai S, Haro H. Improvement of locomotive syndrome after total hip arthroplasty: A two-year longitudinal cohort study. Modern rheumatology. 2020.10; 1-9. ( PubMed, DOI )

  28. Shunsuke Ohji, Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Hideyuki Koga, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno, Kazuyoshi Yagishita. The Gap Between Subjective Return to Sports and Subjective Athletic Performance Intensity After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction. Orthop J Sports Med. 2020.09; 8 (9): 2325967120947402. ( PubMed, DOI )

  29. Katano H, Ozeki N, Kohno Y, Nakagawa Y, Koga H, Watanabe T, Jinno T, Sekiya I. Trends in arthroplasty in Japan by a complete survey, 2014-2017. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2020.09; ( PubMed, DOI )

  30. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Portable imageless navigation system and surgeon's estimate for accurate evaluation of acetabular cup orientation during total hip arthroplasty in supine position. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2020.05; 30 (4): 707-712. ( PubMed, DOI )

  31. Akimasa Kimura, Tetsuya Jinno, Sachiyuki Tsukada, Masaaki Matsubara, Hideyuki Koga. Detection of total hip prostheses at airport security checkpoints. J Orthop Sci. 2020.03; 25 (2): 255-260. ( PubMed, DOI )

  32. Watanabe Toshifumi, Aoki Akino, Hoshi Kenji, Gamada Kazuyoshi, Nakagawa Yusuke, Otabe Koji, Katagiri Hiroki, Koga Hideyuki, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi, Jinno Tetsuya, Okawa Atsushi. 人工膝関節全置換術後の良好な予後とkinematicsとの関連(Is good kinematics related to better clinical outcomes after total knee arthroplasty?) 日本整形外科学会雑誌. 2020.03; 94 (3): S968. ( 医中誌 )

  33. Minoda Yukihide, Ito Masayuki, Iwakiri Kentarou, Uchiyama Katsufumi, Kawasaki Masashi, Kanda Akio, Jinno Tetsuya, Sugama Ryo, Chiba Daisuke, Hasagawa Masahiro, Fujishiro Takaaki. 仰臥位の人工股関節全置換術における加速度計センサーを用いた携帯型ナビゲーションシステムの精度 3D-CT計測による多施設共同研究(Accuracy of an accelerometer-based portable navigation system in total hip arthroplasty for supine posision: A multicenter study using 3D-CT measurement) 日本整形外科学会雑誌. 2020.03; 94 (2): S260. ( 医中誌 )

  34. Kimura Akimasa, Jinno Tetsuya, Tsukada Sachiyuki, Matsubara Masaaki, Koga Hideyuki. 空港での保安検査場における人工股関節の検知(Detection of total hip prostheses at airport security checkpoints) Journal of Orthopaedic Science. 2020.03; 25 (2): 255-260. ( 医中誌 )

  35. Takashi Ikeda, Yuki Matsunaga, Masanori Kanbara, Arinori Kamono, Tadashi Masuda, Minoru Watanabe, Ryosuke Nakanishi, Tetsuya Jinno. Effect of exercise therapy combined with branched-chain amino acid supplementation on muscle strength in elderly women after total hip arthroplasty: a randomized controlled trial. Asia Pac J Clin Nutr. 2019.12; 28 (4): 720-726. ( PubMed, DOI )

  36. Naofumi Taniguchi, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Satoshi Ochiai, Atsushi Okawa, Hirotaka Haro. Comparative study of stem anteversion using a cementless tapered wedge stem in dysplastic hips between the posterolateral and anterolateral approaches. Orthop Traumatol Surg Res. 2019.11; 105 (7): 1271-1276. ( PubMed, DOI )

  37. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Kazuyoshi Yagishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Supine versus lateral position for accurate positioning of acetabular cup in total hip arthroplasty using the modified Watson-Jones approach: A randomized single-blind controlled trial. Orthop Traumatol Surg Res. 2019.09; 105 (5): 915-922. ( PubMed, DOI )

  38. Sakai Tomoko, Jinno Tetsuya, Hoshino Chisato, Okawa Atsushi. 急性期リハビリテーションの解除基準 リハビリテーションリスク管理(Cancellation Criteria of Acute Rehabilitation: Rehabilitation Risk Management) Progress in Rehabilitation Medicine. 2019.06; 4 1-7. ( 医中誌 )

  39. Chisato Hoshino, Daisuke Koga, Gaku Koyano, Yuki Yamauchi, Tomoko Sakai, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Femoral nerve palsy following primary total hip arthroplasty with the direct anterior approach. PLoS ONE. 2019.05; 14 (5): e0217068. ( PubMed, DOI )

  40. Toshifumi Watanabe, Hideyuki Koga, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Yusuke Nakagawa, Takeshi Muneta, Ichiro Sekiya, Tetsuya Jinno. Correction to: Coronal and sagittal laxity affects clinical outcomes in posterior-stabilized total knee arthroplasty: assessment of well-functioning knees. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2019.05; ( PubMed, DOI )

  41. Watanabe Toshifumi, Koga Hideyuki, Katagiri Hiroki, Otabe Koji, Nakagawa Yusuke, Muneta Takeshi, Sekiya Ichiro, Saito Ryusuke, Jinno Tetsuya. 人工膝関節全置換術後の床上での活動に関する膝運動学(Knee Kinematics of Activities on the Floor after Total Knee Arthroplasty) JOSKAS. 2019.05; 44 (4): 625. ( 医中誌 )

  42. Toshifumi Watanabe, Hideyuki Koga, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Yusuke Nakagawa, Takeshi Muneta, Ichiro Sekiya, Tetsuya Jinno. Coronal and sagittal laxity affects clinical outcomes in posterior-stabilized total knee arthroplasty: assessment of well-functioning knees. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2019.04; ( PubMed, DOI )

  43. Watanabe Toshifumi, Koga Hideyuki, Katagiri Hiroki, Otabe Koji, Nakagawa Yusuke, Muneta Takeshi, Sekiya Ichiro, Jinno Tetsuya, Okawa Atsushi. 後方安定化人工膝関節全置換術において関節の緩さは臨床転帰に影響を及ぼす(Joint laxity affects clinical outcomes in posterior-stabilized total knee arthroplasty) 日本整形外科学会雑誌. 2019.03; 93 (3): S526. ( 医中誌 )

  44. Tomoko Sakai, Tetsuya Jinno, Chisato Hoshino, Atsushi Okawa. Cancellation criteria of acute rehabilitation :rehabilitation risk management Progress in Rehabilitation Medicine. 2019; 4

  45. Sakai T, Jinno T, Hoshino C, Okawa A. Cancellation Criteria of Acute Rehabilitation: Rehabilitation Risk Management. Progress in rehabilitation medicine. 2019; 4 20190013. ( PubMed, DOI )

  46. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Akimasa Kimura, Daisuke Koga, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Direct anterior versus anterolateral approach in one-stage supine total hip arthroplasty. Focused on nerve injury: A prospective, randomized, controlled trial. J Orthop Sci. 2018.09; 23 (5): 783-787. ( PubMed, DOI )

  47. Takada Ryohei, Jinno Tetsuya, Miyatake Kazumasa, Hirao Masanobu, Kimura Akimasa, Koga Daisuke, Yagishita Kazuyoshi, Okawa Atsushi. 一期的な仰臥位での人工股関節置換術の直接前方アプローチと前側方アプローチの比較 神経損傷に焦点をあてた前向き無作為化比較対照試験(Direct anterior versus anterolateral approach in one-stage supine total hip arthroplasty: Focused on nerve injury: A prospective, randomized, controlled trial) Journal of Orthopaedic Science. 2018.09; 23 (5): 783-787. ( 医中誌 )

  48. Ikeda T, Jinno T, Masuda T, Aizawa J, Ninomiya K, Suzuki K, Hirakawa K. Effect of exercise therapy combined with branched-chain amino acid supplementation on muscle strengthening in persons with osteoarthritis. Hong Kong physiotherapy journal : official publication of the Hong Kong Physiotherapy Association Limited = Wu li chih liao. 2018.06; 38 (1): 23-31. ( PubMed, DOI )

  49. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Yuki Yamauchi, Daisuke Koga, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Longitudinal morphological change of acetabular subchondral bone cyst after total hip arthroplasty in developmental dysplasia of the hip. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2018.05; 28 (4): 621-625. ( PubMed, DOI )

  50. N Taniguchi, T Jinno, R Takada, D Koga, T Ando, A Okawa, H Haro. Do screws and screw holes affect osteolysis in cementless cups using highly crosslinked polyethylene? A 7 to 10-year follow-up case-control study. Orthop Traumatol Surg Res. 2018.05; 104 (3): 307-315. ( PubMed, DOI )

  51. Yuko Uesugi, Takashi Sakai, Taisuke Seki, Shinya Hayashi, Junichi Nakamura, Yutaka Inaba, Daisuke Takahashi, Kan Sasaki, Goro Motomura, Naohiko Mashima, Tamon Kabata, Akihiro Sudo, Tetsuya Jinno, Wataru Ando, Satoshi Nagoya, Kengo Yamamoto, Satoshi Nakasone, Hiroshi Ito, Takuaki Yamamoto, Nobuhiko Sugano. Quality of life of patients with osteonecrosis of the femoral head: a multicentre study. Int Orthop. 2018; 42 (7): 1517-1525. ( PubMed, DOI )

  52. Ikeda T, Jinno T, Masuda T, Aizawa J, Ninomiya K, Suzuki K, Hirakawa K. Effect of exercise therapy combined with branched-chain amino acid supplementation on muscle strengthening in persons with osteoarthritis Hong Kong Physiother J. 2018; 38 (1): 1-9.

  53. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Atsushi Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between second-generation annealed and first-generation remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty. A case control study at a minimum of five years. Orthopaedics & Traumatology: Surgery & Research. 2017.06; 103 (4): 537-541.

  54. Takada R., Jinno T., Koga D., Miyatake K., Muneta T., Okawa A.. Comparison of wear rate and osteolysis between second-generation annealed and first-generation remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty. A case control study at a minimum of five years ORTHOPAEDICS & TRAUMATOLOGY-SURGERY & RESEARCH. 2017.06; 103 (4): 537-541. ( DOI )

  55. Kashitaro Hyodo, Tadashi Masuda, Junya Aizawa, Tetsuya Jinno, Sadao Morita. Hip, knee, and ankle kinematics during activities of daily living: a cross-sectional study. Brazilian Journal of Physical Therapy . 2017.05; 21 (3): 159-166.

  56. Naofumi Taniguchi, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Tetsuo Hagino, Atsushi Okawa, Hirotaka Haro. Cementless Hip Stem Anteversion in the Dysplastic Hip: A Comparison of Tapered Wedge vs Metaphyseal Filling The Journal of Arthroplasty. 2017.05; 32 (5): 1547-1552.

  57. Taniguchi Naofumi, Jinno Tetsuya, Koga Daisuke, Hagino Tetsuo, Okawa Atsushi, Haro Hirotaka. Cementless Hip Stem Anteversion in the Dysplastic Hip: A Comparison of Tapered Wedge vs Metaphyseal Filling JOURNAL OF ARTHROPLASTY. 2017.05; 32 (5): 1547-1552. ( PubMed, DOI )

  58. Gaku Koyano, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yuki Yamauchi, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of bone remodeling between an anatomical short stem and a straight stem in one-stage bilateral total hip arthroplasty The Journal of Arthroplasty. 2017.02; 32 (2): 594-600.

  59. Koyano Gaku, Jinno Tetsuya, Koga Daisuke, Yamauchi Yuki, Muneta Takeshi, Okawa Atsushi. Comparison of Bone Remodeling Between an Anatomic Short Stem and a Straight Stem in 1-Stage Bilateral Total Hip Arthroplasty JOURNAL OF ARTHROPLASTY. 2017.02; 32 (2): 594-600. ( PubMed, DOI )

  60. Ikeda T, Jinno T, Aizawa J, Masuda T, Hirakawa K, Ninomiya K, Suzuki K, Morita S. Effects of perioperative factors and hip geometry on hip abductor muscle strength during the first 6 months after anterolateral total hip arthroplasty. Journal of physical therapy science. 2017.02; 29 (2): 295-300. ( PubMed, DOI )

  61. Ikeda Takashi, Jinno Tetsuya, Aizawa Junya, Masuda Tadashi, Hirakawa Kazuo, Ninomiya Kazunari, Suzuki Kouji, Morita Sadao. 前外側人工股関節全置換術後の6ヵ月間に周術期因子と股関節形状が股関節外転筋力に及ぼす影響(Effects of perioperative factors and hip geometry on hip abductor muscle strength during the first 6 months after anterolateral total hip arthroplasty) Journal of Physical Therapy Science. 2017.02; 29 (2): 295-300. ( 医中誌 )

  62. Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yoshinori Asou, Sadao Morita, Atsushi Okawa, Takeshi Muneta. Intraoperative evaluation of the effects of femoral component offset and head size on joint stability in total hip arthroplasty Journal of Orthopaedic Surgery. 2017.01; 25 (1): 1-5.

  63. Jinno Tetsuya, Koga Daisuke, Asou Yoshinori, Morita Sadao, Okawa Atsushi, Muneta Takeshi. Intraoperative evaluation of the effects of femoral component offset and head size on joint stability in total hip arthroplasty JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY. 2017.01; 25 (1): 2309499016684298. ( PubMed, DOI )

  64. Hyodo Kashitaro, Masuda Tadashi, Aizawa Junya, Jinno Tetsuya, Morita Sadao. Hip, knee, and ankle kinematics during activities of daily living: a cross-sectional study BRAZILIAN JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY. 2017; 21 (3): 159-166. ( PubMed, DOI )

  65. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Yusuke Tsutsumi, Hisashi Doi, Takao Hanawa, Atsushi Okawa. Inhibitory Effect of Zirconium Coating to Bone Bonding of Titanium Implants in Rat Femur Materials Transactions. 2016.12; 58 (1): 113-117.

  66. Kazuyoshi Yagishita, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Tsuyoshi Kato, Mitsuhiro Enomoto, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Transient osteoporosis of the hip treated with hyperbaric oxygen therapy: a case series. Undersea Hyperb Med. 2016.11; 43 (7): 847-854.

  67. Yagishita K, Jinno T, Koga D, Kato T, Enomoto M, Kato T, Muneta T, Okawa A. Transient osteoporosis of the hip treated with hyperbaric oxygen therapy: a case series. Undersea & hyperbaric medicine : journal of the Undersea and Hyperbaric Medical Society, Inc. 2016.11; 43 (7): 847-854. ( PubMed )

  68. Kokubun T, Kanemura N, Murata K, Moriyama H, Morita S, Jinno T, Ihara H, Takayanagi K. Effect of Changing the Joint Kinematics of Knees With a Ruptured Anterior Cruciate Ligament on the Molecular Biological Responses and Spontaneous Healing in a Rat Model. The American journal of sports medicine. 2016.11; 44 (11): 2900-2910. ( PubMed, DOI )

  69. R Takada, T Jinno, D Koga, M Hirao, T Muneta, A Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty. A case control study at 7 to 10 years follow-up. Orthop Traumatol Surg Res. 2016.10; 102 (6): 717-721. ( PubMed, DOI )

  70. Takada Ryohei, Jinno Tetsuya, Koga Daisuke, Yamauchi Yuki, Asou Yoshinori, Muneta Takeshi, Okawa Atsushi. 高度架橋ポリエチレンを用いたセメントレス全人工股関節置換術後、経過観察7〜10年時点におけるCTスクリーニングの意義は限定的である(Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene at 7-10 years of follow-up) Modern Rheumatology. 2016.09; 26 (5): 757-760. ( 医中誌 )

  71. Yamada T, Yoshii T, Egawa S, Takada R, Hirai T, Inose H, Kato T, Jinno T, Okawa A. Drain Tip Culture is Not Prognostic for Surgical Site Infection in Spinal Surgery Under Prophylactic Use of Antibiotics. Spine. 2016.07; 41 (14): 1179-1184. ( PubMed, DOI )

  72. Ikeda T, Aizawa J, Nagasawa H, Gomi I, Kugota H, Nanjo K, Jinno T, Masuda T, Morita S. Effects and feasibility of exercise therapy combined with branched-chain amino acid supplementation on muscle strengthening in frail and pre-frail elderly people requiring long-term care: a crossover trial. Applied physiology, nutrition, and metabolism = Physiologie appliquee, nutrition et metabolisme. 2016.04; 41 (4): 438-45. ( PubMed, DOI )

  73. Takashi Ikeda, Junya Aizawa, Hiroshi Nagasawa, Ikuko Gomi, Hiroyuki Kugota, Keigo Nanjo, Tetsuya Jinno, Tadashi Masuda, Sadao Morita. Effects and feasibility of exercise therapy combined with branched chain amino acid supplementation on muscle strengthening in frail and pre-frail elderly people requiring long-term care: A crossover trial Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism. 2016; 41 (4): 438-445.

  74. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty. A 7 to 10 year follow-up Orthop Traumatol Surg Res. 2016; 102 (6): 707-721.

  75. Takanori Kokubun, Naohiko Kanemura, Kenji Murata, Hideki Moriyama, Sadao Morita, Tetsuya Jinno, Hidetoshi Ihara, Kiyomi Takayanagi. Effect of changing the joint kinematics of knees with a ruptured anterior cruciate ligament on the molecular biological responses in a spontaneous healing in a rat model Am J Sports Med. 2016; 44 (11): 2900-2910.

  76. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Ryohei Takada, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Drain tip culture is not prognostic for surgical site infection in spinal surgery under prophylactic use of antibiotics Spine (Phila Pa 1976). 2016; 41 (14): 1179-1184.

  77. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yuki Yamauchi, Yoshinori Asou, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene at 7 to 10 years of follow-up Mod Rheumatol. 2016; 26 (5): 757-760.

  78. Takada R, Jinno T, Tsutsumi Y, Doi H, Muneta T, Okawa A. Inhibitory effect of zirconium coating to bone bonding of titanium implants in rat femur Mater Trans. 2016; 58 (1): 113-117.

  79. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yuki Yamauchi, Yoshinori Asou, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene at 7 to 10 years of follow-up. Mod Rheumatol. 2015.12; 1-19. ( PubMed, DOI )

  80. Kazumasa Miyatake, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yuki Yamauchi, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of Different Materials and Proximal Coatings Used for Femoral Components in One-Stage Bilateral Total Hip Arthroplasty. J Arthroplasty. 2015.12; 30 (12): 2237-2241. ( PubMed, DOI )

  81. Tomoko Araki, Tadashi Masuda, Tetsuya Jinno, Sadao Morita. Incidence of floating toe and its association with the physique and foot morphology of Japanese children. J Phys Ther Sci. 2015.10; 27 (10): 3159-3162. ( PubMed, DOI )

  82. Araki Tomoko, Masuda Tadashi, Jinno Tetsuya, Morita Sadao. 日本人小児における浮き趾の発生率と体格および足部形態との関連(Incidence of floating toe and its association with the physique and foot morphology of Japanese children) Journal of Physical Therapy Science. 2015.10; 27 (10): 3159-3162. ( 医中誌 )

  83. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Is Drain Tip Culture Prognostic of Surgical Site Infection? Results of 1380 Drain Tip Cultures in Total Hip Arthroplasty. J Arthroplasty. 2015.08; 30 (8): 1407-1409. ( PubMed, DOI )

  84. Mitsuru Aizawa, Tetsuya Jinno, Hideki Nanke, Kenshi Ishii, Sadaomi Kawachi. Femoral fracture caused by removal of femoral intramedullary nail made of stainless steel J Med Cases. 2015.03; 6 (3): 105-108.

  85. Gaku Koyano, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Chisato Hoshino, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Is closed suction drainage effective in early recovery of hip joint function? Comparative evaluation in one-stage bilateral total hip arthroplasty. J Arthroplasty. 2015.01; 30 (1): 74-78. ( PubMed, DOI )

  86. Shinji Takahashi, Wakaba Fukushima, Takuaki Yamamoto, Tetsuya Jinno, Yukihide Iwamoto, Toshikazu Kubo, Nobuhiko Sugano, Yoshio Hirota, . Temporal Trends in Characteristics of Newly Diagnosed Nontraumatic Osteonecrosis of the Femoral Head From 1997 to 2011: A Hospital-Based Sentinel Monitoring System in Japan. J Epidemiol. 2015; 25 (6): 437-444. ( PubMed, DOI )

  87. Tetsuya Jinno, Kazuyoshi Yagishita. What’s New in Orthopedics: Asian Perspective - Hip Austin MS, Klein GR, eds. Recent Advances in Orthopedics. 2014.03; 202-214.

  88. Kazuyoshi Yagishita, Tetsuya Jinno. What’s New in Orthopedics: Asian Perspective - Knee Austin MS, Klein GR, eds. Recent Advances in Orthopedics. 2014.03; 215-220.

  89. Aizawa Junya, Masuda Tadashi, Hyodo Kashitaro, Jinno Tetsuya, Yagishita Kazuyoshi, Nakamaru Koji, Koyama Takayuki, Morita Sadao. Ranges of active joint motion for the shoulder, elbow, and wrist in healthy adults. Disabil Rehabil. 2013.08; 35 (16): 1342-1349. ( PubMed, DOI )

  90. Yamauchi Yuki, Jinno Tetsuya, Koga Daisuke, Asou Yoshinori, Morita Sadao, Okawa Atsushi. Comparison of different distal designs of femoral components and their effects on bone remodeling in 1-stage bilateral total hip arthroplasty. J Arthroplasty. 2012.09; 27 (8): 1538-1543. ( PubMed, DOI )

  91. Jinno Tetsuya, Koga Daisuke, Asou Yoshinori, Morita Sadao, Hasegawa Seiichiro, Matsubara Masaaki, Okawa Atsushi, Muneta Takeshi. チタンとヒドロキシアパタイトのアーク蒸着で近位コーティングしたステム周囲の進行性骨萎縮(Progressive bone atrophy around a stem with a proximal coating of arc-deposited titanium and hydroxyapatite) 日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86 (3): S382. ( 医中誌 )

  92. Jinno Tetsuya, Koga Daisuke, Yamauchi Yuki, Asou Yoshinori, Taniguchi Naofumi, Hasegawa Seiichiro, Matsubara Masaaki, Morita Sadao, Okawa Atsushi, Muneta Takeshi. 人工股関節全置換術後のX線像に寛骨臼コンポーネントのヒドロキシアパタイトコーティングが与える影響(Effects of hydroxyapatite-coating for acetabular components on radiographical results of total hip arthroplasty) 日本整形外科学会雑誌. 2011.03; 85 (3): S393. ( 医中誌 )

  93. Kimura A, Inose H, Yano F, Fujita K, Ikeda T, Sato S, Iwasaki M, Jinno T, Ae K, Fukumoto S, Takeuchi Y, Itoh H, Imamura T, Kawaguchi H, Chung UI, Martin JF, Iseki S, Shinomiya K, Takeda S. Runx1 and Runx2 cooperate during sternal morphogenesis. Development. 2010.04; 137 (7): 1159-1167. ( PubMed, DOI )

  94. Koga D, Jinno T, Okawa A, Morita S, Shinomiya K. The effect of preoperative lateral flexibility of the lumbar spine on perceived leg length discrepancy after total hip arthroplasty. J Med Dent Sci. 2009.03; 56 (1): 69-77. ( PubMed )

  95. Yoshii T, Jinno T, Morita S, Koga D, Matsubara M, Okawa A, Shinomiya K. Postoperative hip motion and functional recovery after simultaneous bilateral total hip arthroplasty for bilateral osteoarthritis. J Orthop Sci. 2009.03; 14 (2): 161-166. ( PubMed, DOI )

  96. Yoshii Toshitaka, Jinno Tetsuya, Morita Sadao, Koga Daisuke, Matsubara Masaaki, Okawa Atsushi, Shinomiya Kenichi. 両側骨関節炎に対する同時性両側総股関節置換術後の股関節動作と機能的回復(Postoperative hip motion and functional recovery after simultaneous bilateral total hip arthroplasty for bilateral osteoarthritis) Journal of Orthopaedic Science. 2009.03; 14 (2): 161-166. ( 医中誌 )

  97. Koga Daisuke, Jinno Tetsuya, Okawa Atsushi, Morita Sadao, Shinomiya Kenichi. 人工股関節全置換術後の自覚的脚長差に腰椎の術前側方柔軟性が及ぼす影響(The effect of preoperative lateral flexibility of the lumbar spine on perceived leg length discrepancy after total hip arthroplasty) Journal of Medical and Dental Sciences. 2009.03; 56 (1): 69-77. ( 医中誌 )

  98. Sato S, Kimura A, Ozdemir J, Asou Y, Miyazaki M, Jinno T, Ae K, Liu X, Osaki M, Takeuchi Y, Fukumoto S, Kawaguchi H, Haro H, Shinomiya K, Karsenty G, Takeda S. The distinct role of the Runx proteins in chondrocyte differentiation and intervertebral disc degeneration: findings in murine models and in human disease. Arthritis Rheum. 2008.09; 58 (9): 2764-2775. ( PubMed, DOI )

  99. Jinno Tetsuya, Asou Yoshinori, Koga Daisuke, Yamauchi Yuki, Otabe Koji, Morita Sadao, Muneta Takeshi, Shinomiya Kenichi. セメントレス寛骨臼固定に与えるスクリュー固定追加の影響:両側一期的股関節全置換術の短期X線学的比較(Effects of additional screw fixation on cementless acetabular cup fixation: Short-term radiographical comparison in bilateral one-stage total hip arthroplasty) 日本整形外科学会雑誌. 2008.02; 82 (2): S298. ( 医中誌 )

  100. Suzuki K, Kawachi S, Matsubara M, Morita S, Jinno T, Shinomiya K. Cementless total hip replacement after previous intertrochanteric valgus osteotomy for advanced osteoarthritis. J Bone Joint Surg Br. 2007.09; 89 (9): 1155-1157. ( PubMed, DOI )

  101. Jinno Tetsuya, Asou Yoshinori, Koga Daisuke, Yamauchi Yuki, Yukitake Shuji, Morita Sadao, Muneta Takeshi, Shinomiya Kenichi. 人工股関節全置換術におけるヒドロキシアパタイト(HA)被覆大腿骨幹周囲の骨リモデリングのパターン(Patterns of Bone Remodeling around HA-coated Femoral Stems in Total Hip Arthroplasty) 日本整形外科学会雑誌. 2007.03; 81 (3): S262. ( 医中誌 )

  102. Morita S, Jinno T, Nakamura H, Kumei Y, Shinomiya K, Yamamoto H. Bone mineral density and walking ability of elderly patients with hip fracture: a strategy for prevention of hip fracture. Injury. 2005.09; 36 (9): 1075-1079. ( PubMed, DOI )

  103. Jinno Tetsuya, Koga Daisuke, Aso Yoshinori, Nimura Akimoto, Morita Sadao, Muneta Takeshi, Shinomiya Kenichi. 股関節全置換術中の関節の安定性に及ぼす大腿骨オフセット及び頭部サイズの影響の術中評価(Intraoperative Evaluation of the Effects of Femoral Offset and Head Size on Joint Stability during Total Hip Arthroplasty) 日本整形外科学会雑誌. 2004.03; 78 (3): S219. ( 医中誌 )

  104. Jinno T, Kirk SK, Morita S, Goldberg VM. Effects of calcium ion implantation on osseointegration of surface-blasted titanium alloy femoral implants in a canine total hip arthroplasty model. J Arthroplasty. 2004.01; 19 (1): 102-109. ( PubMed )

  105. Jinno T, Davy DT, Goldberg VM. Comparison of hydroxyapatite and hydroxyapatite tricalcium-phosphate coatings. J Arthroplasty. 2002.10; 17 (7): 902-909. ( PubMed )

  106. Kaar SG, Ragab AA, Kaye SJ, Kilic BA, Jinno T, Goldberg VM, Bi Y, Stewart MC, Carter JR, Greenfield EM. Rapid repair of titanium particle-induced osteolysis is dramatically reduced in aged mice. J Orthop Res. 2001.03; 19 (2): 171-178. ( PubMed, DOI )

  107. Jinno T, Miric A, Feighan J, Kirk SK, Davy DT, Stevenson S. The effects of processing and low dose irradiation on cortical bone grafts. Clin Orthop Relat Res. 2000.06; (375): 275-285. ( PubMed )

  108. Goldberg VM, Jinno T. The bone-implant interface: a dynamic surface. J Long Term Eff Med Implants. 1999; 9 (1-2): 11-21. ( PubMed )

  109. Jinno T, Goldberg VM, Davy D, Stevenson S. Osseointegration of surface-blasted implants made of titanium alloy and cobalt-chromium alloy in a rabbit intramedullary model. J Biomed Mater Res. 1998.10; 42 (1): 20-29. ( PubMed )

  110. 神野 哲也, 池田 崇. 【整形外科疾患の運動療法-最近の進歩】変形性股関節症と人工股関節全置換術後の運動療法 最新の知見 整形・災害外科. 2021.04; 64 (4): 427-433. ( 医中誌 )

  111. 片柳 順也, 飯田 尚裕, 速水 宏樹, 松本 和之, 古川 裕和, 小沼 宏樹, 簗瀬 司, 大関 覚, 神野 哲也. 特発性側彎症手術患者の術前左右屈と術後L4傾斜角の関係について 思春期群/成人期群を対象とした比較研究 Journal of Spine Research. 2021.03; 12 (3): 161. ( 医中誌 )

  112. 神野 哲也, 藤井 英紀, 山崎 琢磨, 小林 直実, 福島 健介, 高田 亮平, 天神 彩乃, 杉山 肇, 日本股関節学会股関節疾患・FAI多施設研究グループ. 大腿骨寛骨臼インピンジメントを含む股関節疾患の多施設疫学調査 日本整形外科学会雑誌. 2021.03; 95 (2): S436. ( 医中誌 )

  113. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 渡部 直人, 瀬川 裕子, 吉井 俊貴, 大川 淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術術後の大腿筋膜張筋萎縮の発生頻度 日本整形外科学会雑誌. 2021.03; 95 (2): S68. ( 医中誌 )

  114. 谷口 直史, 神野 哲也, 波呂 浩孝. 人工股関節全置換術によるロコモティブシンドロームの改善 日本整形外科学会雑誌. 2021.03; 95 (3): S922. ( 医中誌 )

  115. 片柳 順也, 飯田 尚裕, 速水 宏樹, 松本 和之, 古川 裕和, 小沼 宏樹, 簗瀬 司, 大関 覚, 神野 哲也. 既存椎体骨折が術後固定近位椎体骨折に及ぼす 成人脊柱変形手術患者コホートにおける傾向スコア解析 Journal of Spine Research. 2021.03; 12 (3): 76. ( 医中誌 )

  116. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 渡部 直人, 瀬川 裕子, 大川 淳, 古賀 英之. 本邦における変形性股関節症患者の他部位関節症罹患率の検討 日本整形外科学会雑誌. 2021.03; 95 (2): S437. ( 医中誌 )

  117. 橘 哲也, 品田 良太, 長束 由里, 高田 亮平, 宮武 和正, 瀬川 裕子, 神野 哲也. 寛骨臼形成不全患者において両側寛骨臼回転骨切り術による骨頭被覆の変化は骨盤傾斜に影響を与えるか 日本整形外科学会雑誌. 2021.03; 95 (2): S75. ( 医中誌 )

  118. 片柳 順也, 飯田 尚裕, 速水 宏樹, 松本 和之, 古川 裕和, 小沼 宏樹, 簗瀬 司, 大関 覚, 神野 哲也. 成人脊柱変形矯正手術における骨盤固定回避の条件 HRQOLを考慮したカットオフ値による骨盤固定適応の再定義 Journal of Spine Research. 2021.03; 12 (3): 460. ( 医中誌 )

  119. 橘 哲也, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(2章)大腿骨近位部の解剖 大腿骨近位部の血行 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 122. ( 医中誌 )

  120. 品田 良太, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(5章)大腿骨転子部骨折の手術 大腿骨転子部骨折の手術を受ける患者さんへの説明のポイント 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 143. ( 医中誌 )

  121. 品田 良太, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(5章)大腿骨転子部骨折の手術 髄内釘挿入による骨接合術の流れ 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 142. ( 医中誌 )

  122. 品田 良太, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(5章)大腿骨転子部骨折の手術 髄内釘とは 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 141. ( 医中誌 )

  123. 品田 良太, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(5章)大腿骨転子部骨折の手術 スライディングヒップスクリュー挿入による骨接合術の流れ 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 140. ( 医中誌 )

  124. 品田 良太, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(5章)大腿骨転子部骨折の手術 スライディングヒップスクリューとは 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 139. ( 医中誌 )

  125. 橘 哲也, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(2章)大腿骨近位部の解剖 大腿骨近位部付近の筋肉 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 123. ( 医中誌 )

  126. 飛永 敬志, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(7章)リハビリテーションの進め方 退院に向けたリハビリテーション 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 163. ( 医中誌 )

  127. 飛永 敬志, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(7章)リハビリテーションの進め方 術後のリハビリテーション 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 162. ( 医中誌 )

  128. 飛永 敬志, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(7章)リハビリテーションの進め方 術前のリハビリテーション 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 161. ( 医中誌 )

  129. 飛永 敬志, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(7章)リハビリテーションの進め方 なぜリハビリテーションを行うの? 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 160. ( 医中誌 )

  130. 佐藤 啓, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(6章)術後合併症の予防とケア 術後脱臼 脱臼危険肢位 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 148. ( 医中誌 )

  131. 佐藤 啓, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(6章)術後合併症の予防とケア 術後脱臼 脱臼の予防 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 149. ( 医中誌 )

  132. 佐藤 啓, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(6章)術後合併症の予防とケア 術後脱臼 大腿骨近位部骨折術後の脱臼の特徴 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 147. ( 医中誌 )

  133. 佐藤 啓, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(6章)術後合併症の予防とケア 偽関節 偽関節の病態 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 155. ( 医中誌 )

  134. 佐藤 啓, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(6章)術後合併症の予防とケア 偽関節 偽関節の治療 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 156. ( 医中誌 )

  135. 佐藤 啓, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(6章)術後合併症の予防とケア カットアウト 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 157. ( 医中誌 )

  136. 橘 哲也, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(3章)大腿骨近位部骨折の病態 大腿骨頸部骨折の検査画像 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 126. ( 医中誌 )

  137. 橘 哲也, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(3章)大腿骨近位部骨折の病態 大腿骨頸部骨折の分類 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 125. ( 医中誌 )

  138. 橘 哲也, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(3章)大腿骨近位部骨折の病態 大腿骨頸部骨折とは 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 124. ( 医中誌 )

  139. 橘 哲也, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(3章)大腿骨近位部骨折の病態 大腿骨転子部骨折の検査画像 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 129. ( 医中誌 )

  140. 橘 哲也, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(3章)大腿骨近位部骨折の病態 大腿骨転子部骨折の分類 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 128. ( 医中誌 )

  141. 橘 哲也, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(3章)大腿骨近位部骨折の病態 大腿骨転子部骨折とは 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 127. ( 医中誌 )

  142. 橘 哲也, 神野 哲也. 【病態、手術、看護…1日1ページでサラッと理解 大腿骨近位部骨折のきほん かんたん図解メモ】(2章)大腿骨近位部の解剖 股関節と大腿骨近位部の解剖 整形外科看護. 2021.02; 26 (2): 121. ( 医中誌 )

  143. 品田 良太, 神野 哲也. 高齢者の寛骨臼骨折に対する亜急性期に施行した一期的人工股関節全置換術の成績 埼玉県医学会雑誌. 2021.01; 55 (1): np34. ( 医中誌 )

  144. 渡邊 怜奈, 瀬川 裕子, 宮武 和正, 平尾 昌之, 大川 淳, 神野 哲也. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血をきたしたMcCune-Albright症候群の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.12; 51 (6): 548. ( 医中誌 )

  145. 大沼 亮, 星 文彦, 松田 雅弘, 増田 正, ネルソン 祥子, 神野 哲也. パーキンソン病患者における歩行開始時の運動学的解析 COPの左右不均等性に関する検討 臨床神経学. 2020.11; 60 (Suppl.): S362. ( 医中誌 )

  146. 品田 良太, 神野 哲也. 【痛みの治療に必要な局所解剖】膝関節 ペインクリニック. 2020.10; 41 (別冊秋): S509-S516. ( 医中誌 )

  147. 箕田 行秀, 伊藤 雅之, 岩切 健太郎, 内山 勝文, 川崎 雅史, 神田 章男, 神野 哲也, 洲鎌 亮, 千葉 大介, 長谷川 正裕, 藤代 高明. FPPレジストレーションの方がAPPレジストレーションよりもTHAのカップ設置精度が高い 仰臥位THA多施設前向き研究 日本整形外科学会雑誌. 2020.09; 94 (8): S1886. ( 医中誌 )

  148. 神野 哲也. 【股関節周辺の外傷・障害に対する理学療法診断の進め方】股関節周辺の外傷・障害の病態特性 理学療法. 2020.08; 37 (8): 676-683. ( 医中誌 )

  149. 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 吉井 俊貴, 大川 淳, 神野 哲也, 古賀 英之. 仰臥位人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性 東日本整形災害外科学会雑誌. 2020.08; 32 (3): 317. ( 医中誌 )

  150. 品田 良太, 神野 哲也. 【THA-各種アプローチのコツとピットフォール】筋腱温存型のアプローチ Orthopaedische Chirurgie of Muenchen(OCM)approach 整形・災害外科. 2020.07; 63 (8): 1029-1036. ( 医中誌 )

  151. 品田 良太, 神野 哲也. 【THA-各種アプローチのコツとピットフォール】筋腱温存型のアプローチ Orthopaedische Chirurgie of Muenchen(OCM)approach 整形・災害外科. 2020.07; 63 (8): 1029-1036. ( 医中誌 )

  152. 太田 剛, 請川 大, 酒井 朋子, 神野 哲也. CRPSの治療 pre-CRPS段階で治療を開始すればCRPSは予防可能か The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2020.07; 57 (特別号): 1-14. ( 医中誌 )

  153. 山口 玲子, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 請川 大, 平尾 昌之, 神野 哲也, 大川 淳. 一過性大腿骨頭萎縮症を伴った妊婦で長期臥床を余儀なくされた1例 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2020.07; 57 (特別号): 4-9. ( 医中誌 )

  154. 渡邊 怜奈, 瀬川 裕子, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 大川 淳, 神野 哲也, 柿崎 潤. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血を来たしたMcCune-Albright症候群の1例 日本小児整形外科学会雑誌. 2020.07; 29 (1): 170. ( 医中誌 )

  155. 渡邊 怜奈, 瀬川 裕子, 柿崎 潤, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 神野 哲也, 大川 淳. 髄内釘を用いた大腿骨骨切り術中に大量出血を来したMcCune-Albright症候群の1例 日本整形外科学会雑誌. 2020.07; 94 (6): S1575. ( 医中誌 )

  156. 箕田 行秀, 伊藤 雅之, 岩切 健太郎, 内山 勝文, 川崎 雅史, 神田 章男, 神野 哲也, 洲鎌 亮, 千葉 大介, 長谷川 正裕, 藤代 高明, 宮武 和正. 【股関節領域の術前・術中支援技術 Up to date】術中手術支援 ポータブルナビゲーションシステムを用いた仰臥位THA 関節外科. 2020.06; 39 (6): 642-651. ( 医中誌 )

  157. 大沼 亮, 星 文彦, 松田 雅弘, 神野 哲也. 歩行開始における高齢者の体幹運動特性 理学療法科学. 2020.06; 35 (3): 329-333. ( 医中誌 )

  158. 長束 由里, 神野 哲也. 【治療とケアがひとめでつながる!整形外科 とっても大事な34の手術と周術期ケア】(第3章)股関節 大腿の手術 人工股関節全置換術 整形外科看護. 2020.05; (2020春季増刊): 100-106. ( 医中誌 )

  159. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 吉井 俊貴, 大川 淳. 人工股関節全置換術における術中体位の違いは神経・血管損傷リスクに影響するか 日本整形外科学会雑誌. 2020.03; 94 (3): S898. ( 医中誌 )

  160. 渡邊 敏文, 神野 哲也, 大川 淳. 変形性膝関節症に対する治療戦略(保存、骨切り、人工関節) 人工膝関節置換術 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.03; 51 (臨増号外): 85. ( 医中誌 )

  161. 坂井 孝司, 上杉 裕子, 安藤 渉, 関 泰輔, 林 申也, 中村 順一, 稲葉 裕, 高橋 大介, 佐々木 幹, 中島 康晴, 間島 直彦, 加畑 多文, 須藤 啓広, 神野 哲也, 名越 智, 山本 謙吾, 仲宗根 哲, 山本 卓明, 菅野 伸彦. 特発性大腿骨頭壊死症に対するTHA・大腿骨骨切り術における経時的QOL調査 日本整形外科学会雑誌. 2020.03; 94 (3): S1089. ( 医中誌 )

  162. 谷口 直史, 神野 哲也, 大川 淳, 波呂 浩孝. 後側方および前外側アプローチによるインプラント設置とcombined anteversionへの影響 日本整形外科学会雑誌. 2020.03; 94 (2): S324. ( 医中誌 )

  163. 神野 哲也. 人工股関節全置換術における進入法と早期合併症 日本関節病学会誌. 2019.10; 38 (3): 206. ( 医中誌 )

  164. 山本 尚輝, 酒井 朋子, 神野 哲也, 宮武 和正, 請川 大, 星野 ちさと, 平尾 昌之, 高田 亮平, 大川 淳. 人工膝関節全置換術後の階段昇降能力獲得に影響を与える因子 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019.10; 56 (秋季特別号): S350. ( 医中誌 )

  165. 大沼 亮, 星 文彦, 松田 雅弘, 酒井 朋子, 神野 哲也. 脊髄不全損傷者における歩行開始時の運動学的解析 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019.10; 56 (秋季特別号): S410. ( 医中誌 )

  166. 片野 尚子, 大関 信武, 小田邉 浩二, 河野 佑二, 水野 満, 古賀 英之, 大川 淳, 神野 哲也, 関矢 一郎. レセプト全数調査に基づく人工関節置換術件数の推移 日本整形外科学会雑誌. 2019.09; 93 (8): S1916. ( 医中誌 )

  167. 神野 哲也. 股関節骨形態異常と変形性股関節症 日本整形外科学会雑誌. 2019.09; 93 (8): S1586. ( 医中誌 )

  168. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検討 Hip Joint. 2019.08; 45 (1): 192-196. ( 医中誌 )

  169. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検討 Hip Joint. 2019.08; 45 (1): 192-196. ( 医中誌 )

  170. 星野 ちさと, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア リハビリテーション 筋力増強訓練 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 710-712. ( 医中誌 )

  171. 星野 ちさと, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア リハビリテーション 起立・歩行訓練(歩行器・杖歩行) 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 713-716. ( 医中誌 )

  172. 星野 ちさと, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア リハビリテーション ROM拡大訓練(CPMを含む) 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 717-719. ( 医中誌 )

  173. 品田 良太, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア 脱臼予防 脱臼予防のケア 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 671-683. ( 医中誌 )

  174. 品田 良太, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア 脱臼予防 これだけは知っておこう!Dr.シナダの脱臼教室 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 660-670. ( 医中誌 )

  175. 品田 良太, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア 脱臼予防 もし、脱臼が起こったら 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 684-689. ( 医中誌 )

  176. 星野 ちさと, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア リハビリテーション ROM拡大訓練(CPMを含む) 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 717-719. ( 医中誌 )

  177. 品田 良太, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア 脱臼予防 脱臼予防のケア 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 671-683. ( 医中誌 )

  178. 品田 良太, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア 脱臼予防 もし、脱臼が起こったら 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 684-689. ( 医中誌 )

  179. 品田 良太, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア 脱臼予防 これだけは知っておこう!Dr.シナダの脱臼教室 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 660-670. ( 医中誌 )

  180. 星野 ちさと, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア リハビリテーション 起立・歩行訓練(歩行器・杖歩行) 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 713-716. ( 医中誌 )

  181. 星野 ちさと, 神野 哲也. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア リハビリテーション 筋力増強訓練 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 710-712. ( 医中誌 )

  182. 小川 貴久, 神野 哲也, 酒井 朋子, 大川 淳. 大腿骨近位部骨折患者の術後ADL再獲得の適切な予測時期・期間に関する研究 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019.05; 56 (特別号): S398. ( 医中誌 )

  183. 宮武 和正, 酒井 朋子, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 請川 大, 猪野又 慶, 瀬川 裕子, 神野 哲也, 大川 淳. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者の人工股関節全置換術術前の理学所見陽性率の検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019.05; 56 (特別号): 2-13. ( 医中誌 )

  184. 渡邊 敏文, 神野 哲也, 大川 淳. 【整形外科診療における最先端技術】診断、評価 動的評価 後方安定型人工膝関節の階段昇り動作におけるポスト前方インピンジメント 動態解析による検討 別冊整形外科. 2019.04; (75): 104-107. ( 医中誌 )

  185. 渡邊 敏文, 神野 哲也, 大川 淳. 【整形外科診療における最先端技術】診断、評価 動的評価 後方安定型人工膝関節の階段昇り動作におけるポスト前方インピンジメント 動態解析による検討 別冊整形外科. 2019.04; (75): 104-107. ( 医中誌 )

  186. 谷口 直史, 神野 哲也, 大川 淳, 波呂 浩孝. 後側方および前外側アプローチによる楔状テーパー型ステムのステム前捻角の比較 日本整形外科学会雑誌. 2019.03; 93 (3): S730. ( 医中誌 )

  187. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術における中期成績の比較検討 日本整形外科学会雑誌. 2019.03; 93 (3): S1207. ( 医中誌 )

  188. 神野 哲也, 西井 孝, 稲葉 裕, 宍戸 孝明, 田中 健之, 高田 亮平. 特発性大腿骨頭壊死症の診療ガイドライン 特発性大腿骨頭壊死症に対する人工股関節置換術 日本整形外科学会雑誌. 2019.03; 93 (3): S654. ( 医中誌 )

  189. 坂井 孝司, 上杉 裕子, 安藤 渉, 関 泰輔, 林 伸也, 中村 順一, 稲葉 裕, 高橋 大介, 佐々木 幹, 中島 康晴, 間島 直彦, 加畑 多文, 須藤 啓広, 神野 哲也, 名越 智, 山本 謙吾, 仲宗根 哲, 山本 卓明, 菅野 伸彦. 特発性大腿骨頭壊死症に対するTHA・大腿骨骨切り術後の経時的QOL調査 日本整形外科学会雑誌. 2019.03; 93 (3): S887. ( 医中誌 )

  190. 神野 哲也. 診療ガイドラインの成長 整形・災害外科. 2019; 62 815.

  191. 池松 幸二, 神野 哲也, 加地 啓介, 竹井 仁. 人工股関節全置換術後の股関節外転運動時の臥位姿勢の違いが術後機能に及ぼす影響 理学療法科学. 2018.12; 33 (6): 959-964. ( 医中誌 )

  192. 山本 尚輝, 神野 哲也, 酒井 朋子, 宮武 和正, 請川 大, 星野 ちさと, 平尾 昌之, 小川 貴久. 人工膝関節全置換術後早期と術後2年時の歩行・階段昇降評価における関連性の検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2018.10; 55 (秋季特別号): S310. ( 医中誌 )

  193. 大塚 彩子, 神野 哲也, 瀬川 裕子, 宮武 和正, 平尾 昌之, 大川 淳. 広範囲展開法による観血的整復術後に膝蓋骨脱臼をきたした1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2018.10; 49 (5): 321. ( 医中誌 )

  194. 宮武 和正, 高階 祐輔, 神野 哲也, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳, 酒井 朋子. 血友病性股関節症に対し遺伝子組換え血液凝固第VIII因子Fc領域融合タンパク質製剤併用し人工股関節全置換術を行った1例 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2018.10; 55 (秋季特別号): S277. ( 医中誌 )

  195. 神野哲也、青田 恵郎、阿部 功、古賀 大介、大橋 寛憲、瀬川 裕子、平尾 昌之、高田 亮平. 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂ポイント -病態- 日本整形外科学会雑誌. 2018.09; 92 (9): 530-534.

  196. 山本 司, 村井 純, 岡安 健, 加地 啓介, 神野 哲也. 「もう一度旅行がしたい。」余命1年未満と告げられた慢性心不全患者の一例 日本作業療法学会抄録集. 2018.09; 52回 OB-2. ( 医中誌 )

  197. 神野 哲也, 青田 恵郎, 阿部 功, 古賀 大介, 大橋 寛憲, 瀬川 裕子, 平尾 昌之, 高田 亮平. 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂のポイント 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂ポイント 病態 日本整形外科学会雑誌. 2018.09; 92 (9): 530-534. ( 医中誌 )

  198. 大塚 彩子, 神野 哲也, 瀬川 裕子, 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 大川 淳. 広範囲展開法による観血的整復術後に膝蓋骨脱臼を来した一例 日本小児整形外科学会雑誌. 2018.09; 27 (1): 155. ( 医中誌 )

  199. 古賀 大介, 品田 良太, 石井 研史, 神野 哲也. セメントレス人工股関節全置換術に対するポリエチレンライナー再置換術の長期成績 Hip Joint. 2018.08; 44 (1): 537-540. ( 医中誌 )

  200. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 大川 淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロック 自己調節持続皮下注射との比較検討 Hip Joint. 2018.08; 44 (1): 88-93. ( 医中誌 )

  201. 小谷野 岳, 久保田 礼, 岩瀬 恭子, 平川 牧, 冨岡 秀樹, 北浜 純, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 神野 哲也. 大腿骨頸部骨折に対する骨接合術における斜皮膚切開の有用性の検討 東日本整形災害外科学会雑誌. 2018.08; 30 (3): 379. ( 医中誌 )

  202. 加来 拓実, 宮武 和正, 王 耀東, 田野 敦寛, 神野 哲也, 大川 淳. 高齢者の転位型大腿骨頸部骨折に対する人工股関節全置換術の治療経験 骨折. 2018.07; 40 (Suppl.): S473. ( 医中誌 )

  203. 酒井 朋子, 星野 ちさと, 神野 哲也, 森田 定雄, 大川 淳. ICUにおけるリハビリテーション中止基準による安全管理について The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2018.05; 55 (特別号): 2-6. ( 医中誌 )

  204. 小川 英臣, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 山本 尚輝, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. 人工股関節全置換術後3ヵ月のMinimum core setとJHEQの関係 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2018.05; 55 (特別号): 2-KP. ( 医中誌 )

  205. 山本 尚輝, 神野 哲也, 酒井 朋子, 宮武 和正, 星野 ちさと, 高田 亮平, 小川 貴久, 大川 淳. 人工膝関節全置換術における術前・術後早期と術後2年時の歩行評価の関連性について The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2018.05; 55 (特別号): 1-IP. ( 医中誌 )

  206. 太田 剛, 神野 哲也, 酒井 朋子. 骨切り術に対するLIPUSの骨癒合促進効果の検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2018.05; 55 (特別号): 1-IP. ( 医中誌 )

  207. 高田亮平, 神野哲也. 変形性股関節症 整形外科看護. 2018.04; 23 (4): 351-354.

  208. 高田 亮平, 神野 哲也. 【切って集めて、自分だけのノートをつくろう!ポイントだけをまとめた整形外科疾患ファイル 下肢編】変形性股関節症 整形外科看護. 2018.04; 23 (4): 351-354. ( 医中誌 )

  209. 柳原 弘志, 藤田 浩二, 二村 昭元, 宮本 崇, 岡部 恵, 神野 哲也. 母指CM関節症に対する立体裁断ネオプレン製装具の有効性の検討 日本手外科学会雑誌. 2018.04; 35 (1): S680. ( 医中誌 )

  210. 古賀 大介, 品田 良太, 石井 研史, 神野 哲也. セメントレス人工股関節全置換術に対するポリエチレンライナーおよび骨頭再置換術の長期成績 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (3): S928. ( 医中誌 )

  211. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 王 耀東, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 大川 淳. 大腿骨減捻骨切り術を併用したChiari骨盤骨切り術の短期成績と有限要素法による解析 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (3): S944. ( 医中誌 )

  212. 西井 孝, 稲葉 裕, 神野 哲也, 宍戸 孝明, 田中 健之, 高田 亮平. 特発性大腿骨頭壊死症の診療ガイドラインのポイント 人工股関節置換術 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (2): S110. ( 医中誌 )

  213. 大塚 彩子, 神野 哲也, 瀬川 裕子, 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 加来 拓実, 磯野 正昌, 大川 淳. 広範囲展開法による観血的整復術後に膝蓋骨脱臼をきたした一例 関東整形災害外科学会雑誌. 2018.03; 49 (臨増号外): 171. ( 医中誌 )

  214. 小川 貴久, 白澤 進一, 奥 知久, 神野 哲也, 大川 淳. 大腿骨近位部骨折術後患者のADLの回復に対する新たな予後予測 修正版CAS(Cumulative Ambulance Score) 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (3): S875. ( 医中誌 )

  215. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳, 古賀 英之. 自覚的脚長差における脊椎冠状アライメントを考慮したTHA術前計画 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (3): S605. ( 医中誌 )

  216. 谷口 直史, 神野 哲也, 高田 亮平, 古賀 大介, 大川 淳, 波呂 浩孝. 高架橋ポリエチレンを用いた人工股関節においてスクリュー使用およびスクリュー孔が人工関節固定性と骨溶解に及ぼす影響 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (2): S273. ( 医中誌 )

  217. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロック(自己調節持続皮下注射との比較検討) Hip Joint. 2018; 44 88-93.

  218. 宮武和正、谷口直史、小川貴久、高田亮平、平尾昌之、神野哲也. 高齢者における変形性股関節症の治療~合併症予防と早期退院を目指して~(人工股関節全置換術) 別冊整形外科. 2017.10; 72 35-38.

  219. 宮武 和正, 谷口 直史, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 神野 哲也. 【高齢者(75歳以上)の運動器変性疾患に対する治療】下肢の変性疾患に対する高齢者治療 股関節変性疾患 高齢者における変形性股関節症の治療 合併症予防と早期退院をめざして 別冊整形外科. 2017.10; (72): 35-38. ( 医中誌 )

  220. 山本 司, 安藤 綾香, 上木 麻衣子, 二村 昭元, 神野 哲也. 健常者の上肢回旋運動に寄与する上腕・前腕運動の相補性について 日本肩関節学会抄録集. 2017.10; 44回 375. ( 医中誌 )

  221. 神野 哲也. 整形外科ナースのためのお悩み相談室 THA後、筋力がついても脱臼リスクは変わらないのでしょうか? 整形外科看護. 2017.10; 22 (10): 966-968. ( 医中誌 )

  222. 瀬川裕子、西須孝、柿﨑潤、及川泰宏、山口玲子、坂本優子、神野哲也. 先天性股関節脱臼に対するOverhead traction法の短期成績 Hip Joint. 2017.09; 43 (1): 95-99.

  223. 小川英臣、岡安健、村井純、森田定雄、神野哲也、千葉哲也、菊池佑至、鈴木圭介、堀井亮太、和田義明、松原正明、田中友也、古谷英孝、池田光佑、杉本和隆、豊田輝. 短期的THA術後プログラムに関わる理学療法士に対してのアンケート調査 多施設共同研究によるTHA術後患者に対する理学療法内容の検討 国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌. 2017.09; 38 72-78.

  224. 池松幸二、神野哲也、森田定雄、加地啓介. 人工股関節全置換術後の腹臥位股関節外転運動が術後機能に及ぼす影響 3症例を通して 国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌. 2017.09; 38 33-36.

  225. 新堀 璃奈, 小川 英臣, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 山本 尚輝, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. Minimum Core SetとJOAスコアの関係 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S297. ( 医中誌 )

  226. 小川 英臣, 新堀 璃奈, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 山本 尚輝, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. Minimum Core Setと在院日数の関連性 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S297. ( 医中誌 )

  227. 神野 哲也. THAで合併症を回避するためには The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S153. ( 医中誌 )

  228. 酒井 朋子, 神野 哲也, 星野 ちさと, 大川 淳. リハビリテーションが中止となった症例の検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S179. ( 医中誌 )

  229. 小川 貴久, 神野 哲也, 高田 亮平, 宮武 和正, 星野 ちさと, 酒井 朋子, 大川 淳. 人工股関節全置換術における手術曜日の影響 術後ADLの回復、入院期間に注目して The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S174. ( 医中誌 )

  230. 山本 尚輝, 神野 哲也, 酒井 朋子, 宮武 和正, 星野 ちさと, 高田 亮平, 大川 淳. リハビリテーション開始日の違いが人工膝関節全置換術後の早期術後成績に及ぼす影響について The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S171. ( 医中誌 )

  231. 宮本 亮, 村井 純, 小川 英臣, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. 腫瘍脊椎骨全摘術後、理学療法早期介入を行った4症例 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S237. ( 医中誌 )

  232. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後のステム周囲骨折と応力遮蔽の関連性 東日本整形災害外科学会雑誌. 2017.08; 29 (3): 253. ( 医中誌 )

  233. 本橋 正隆, 神野 哲也, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術術後疼痛管理における大腿神経ブロックの有効性の検討 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.08; 48 (4): 268. ( 医中誌 )

  234. 瀬川 裕子, 西須 孝, 柿崎 潤, 及川 泰宏, 山口 玲子, 坂本 優子, 神野 哲也. 先天性股関節脱臼に対するOverhead traction法の短期成績 Hip Joint. 2017.08; 43 (1): 95-99. ( 医中誌 )

  235. 山本 皓子, 瀬川 裕子, 加藤 剛, 佐藤 啓, 神野 哲也, 大川 淳. 発育性股関節形成不全(DDH)治療後に遺残した寛骨臼形成不全に対する思春期での骨盤骨切り術の経験 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.08; 48 (4): 243. ( 医中誌 )

  236. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宗田 大, 大川 淳. 長さの異なるwedge taper型ステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.08; 48 (4): 207. ( 医中誌 )

  237. 小谷野 岳, 長谷川 清一郎, 神野 哲也, 高田 亮平, 土屋 正光. 仰臥位人工股関節全置換術における前側方アプローチと前方アプローチの術後早期の運動機能の比較 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.05; 54 (特別号): 1-7. ( 医中誌 )

  238. 太田 剛, 神野 哲也, 酒井 朋子, 柳下 和慶, 大川 淳. 投球骨折に対する保存的治療と装具療法の検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.05; 54 (特別号): 2-P1. ( 医中誌 )

  239. 酒井 朋子, 星野 ちさと, 神野 哲也, 森田 定雄, 大川 淳, 岩崎 裕治. 重症心身障害児(者)の骨粗鬆症についての検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.05; 54 (特別号): 3-5. ( 医中誌 )

  240. 松原 正明, 森田 定雄, 長谷川 清一郎, 神野 哲也. THAに対するさらなる長期臨床成績向上のための戦略 セメントレス人工股関節置換術のstem長期成績から見た良好な成績を得るための戦略 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S331. ( 医中誌 )

  241. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 宗田 大, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後の中・長期フォローにおけるステム周囲骨折の特徴 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S549. ( 医中誌 )

  242. 池松 幸二, 神野 哲也, 森田 定雄, 加地 啓介. 人工股関節全置換術後の腹臥位股関節外転運動が術後機能に及ぼす影響 3症例を通して 国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌. 2017.03; 38回 33-36. ( 医中誌 )

  243. 神野 哲也. 変形性股関節症と人工股関節全置換術の最新知見 専門リハビリテーション. 2017.03; 16 6-11. ( 医中誌 )

  244. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 宗田 大, 大川 淳. 初回セメントレス人工股関節全置換術における第1世代と第2世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (3): S877. ( 医中誌 )

  245. 本橋 正隆, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術術後疼痛管理における大腿神経ブロックの有効性の検討 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.03; 48 (臨増号外): 184. ( 医中誌 )

  246. 山崎 琢磨, 福島 健介, 小林 直実, 藤井 英紀, 藤井 政徳, 橋本 慎吾, 庄司 剛士, 神野 哲也. 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂のポイント 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂におけるポイント 大腿骨寛骨臼インピンジメント 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S338. ( 医中誌 )

  247. 神野 哲也, 青田 恵郎, 阿部 功, 古賀 大介, 大橋 寛憲, 瀬川 裕子, 平尾 昌之, 高田 亮平, 宗田 大, 大川 淳. 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂のポイント 病態 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S335. ( 医中誌 )

  248. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳, 宗田 大. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における各種疼痛誘発テストの陽性率の検討 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S198. ( 医中誌 )

  249. 小川 英臣, 岡安 健, 村井 純, 森田 定雄, 神野 哲也, 千葉 哲也, 菊池 佑至, 鈴木 圭介, 堀井 亮太, 和田 義明, 松原 正明, 田中 友也, 古谷 英孝, 池田 光佑, 杉本 和隆, 豊田 輝. 短期的THA術後プログラムに関わる理学療法士に対してのアンケート調査 多施設共同研究によるTHA術後患者に対する理学療法内容の検討 国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌. 2017.03; 38回 72-78. ( 医中誌 )

  250. 山本 皓子, 瀬川 裕子, 加藤 剛, 佐藤 啓, 神野 哲也, 大川 淳. 発育性股関節形成不全治療後に遺残した寛骨臼形成不全に対する思春期での骨盤骨切り術の経験 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.03; 48 (臨増号外): 136. ( 医中誌 )

  251. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 宗田 大, 大川 淳. 長さの異なるwedge taper型ステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.03; 48 (臨増号外): 64. ( 医中誌 )

  252. 宮武和正、神野哲也. 病態・経過でみる変形性関節症-どこで手術に踏み切るかー Orthopaedics. 2017.02; 30 (2): 35-42.

  253. 神野 哲也. 【FAI(大腿骨寛骨臼インピンジメント)の最新知見】FAIの概念とわが国における診断指針 関節外科. 2017.02; 36 (2): 117-123. ( 医中誌 )

  254. 宮武 和正, 神野 哲也. 【病態・経過でみる変形性関節症-どこで手術に踏み切るか-】変形性股関節症 人工股関節置換術 Orthopaedics. 2017.02; 30 (2): 35-42. ( 医中誌 )

  255. 酒井朋子. 重症心身障害児(者)における栄養の観点からの骨粗鬆症の検討 日本重症心身障害学会誌. 2017.01; 42 (1): 47-52.

  256. 神野哲也. 変形性股関節症と人工股関節全置換術の最新知見 専門リハビリテーション研究会誌. 2017.01; 16 6-11.

  257. 宮坂 健, 原田 義忠, 赤石 孝一, 川崎 雅史, 神野 哲也, 中田 活也, 松下 功. Tri-Lock Bone Preservation Stemを用いたTHAの短期成績 画像評価を中心とした多施設共同研究 日本人工関節学会誌. 2016.12; 46 545-546.

  258. 宮坂 健, 原田 義忠, 赤石 孝一, 川崎 雅史, 神野 哲也, 中田 活也, 松下 功. Tri-Lock Bone Preservation Stemを用いたTHAの短期成績 画像評価を中心とした多施設共同研究 日本人工関節学会誌. 2016.12; 46 545-546. ( 医中誌 )

  259. 公平 勇二, 平尾 昌之, 神野 哲也, 大川 淳, 門野 夕峰, 池上 政周. 人工股関節全置換術の術後成績における主観および客観的評価についての検討 関東整形災害外科学会雑誌. 2016.12; 47 (6): 396-397. ( 医中誌 )

  260. 高田 亮平, 神野 哲也, 堤 祐介, 土居 壽, 塙 隆夫, 大川 淳. ジルコニウムコーティング処理を施したチタン合金の生体内骨形成抑制効果 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2016.11; シンポジウム2016 131. ( 医中誌 )

  261. 古賀 大介, 石井 研史, 宮武 和正, 神野 哲也. 人工股関節全置換術における可動域改善に関する進入法間比較 Hip Joint. 2016.08; 42 (1): 487-490. ( 医中誌 )

  262. 谷口 直史, 神野 哲也, 古賀 大介. 人工股関節全置換術術後における膝関節伸展・屈曲筋筋力推移 Hip Joint. 2016.08; 42 (1): 471-475. ( 医中誌 )

  263. 瀬川 裕子, 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之. 変形性股関節症により人工股関節全置換術を受けた患者は小児期の予防的手術を勧めるか? Hip Joint. 2016.08; 42 (1): 382-386. ( 医中誌 )

  264. 木村 晶理, 松原 正明, 野木 圭介, 山田 淳, 加瀬 雅士, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 大腿骨座標系における骨頭中心の三次元的な位置が人工股関節全置換術前後にどう変化するか Hip Joint. 2016.08; 42 (1): 100-104. ( 医中誌 )

  265. 松原 正明, 森田 定雄, 長谷川 清一郎, 神野 哲也, 古賀 大介. 進行期股関節症に対する大腿骨外反骨切り術の限界 Hip Joint. 2016.08; 42 (1): 55-59. ( 医中誌 )

  266. 請川 大, 森田 定雄, 神野 哲也, 酒井 朋子. 下肢症状が主症状の頸椎症性脊髄症患者に対する術前機能診断及び術後リハビリテーションの有用性 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2016.06; (JARM2016): I82. ( 医中誌 )

  267. 神野 哲也. 股関節手術の合併症とリハビリテーション The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2016.06; (JARM2016): S292. ( 医中誌 )

  268. 神野 哲也, 森田 定雄. 関節可動域障害の基本と訓練の実際 関節可動域の評価とリハビリテーション The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2016.06; (JARM2016): S277. ( 医中誌 )

  269. 神野 哲也. 整形外科 知ってるつもり 3Dポーラス 臨床整形外科. 2016.05; 51 (5): 452-456. ( 医中誌 )

  270. 神野 哲也, 山崎 琢磨, 福島 健介, 藤井 英紀, 杉山 肇, 久保 俊一, 大川 淳, 宗田 大. FAIの定義と診断基準 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (2): S72. ( 医中誌 )

  271. 山崎 琢磨, 杉山 肇, 神野 哲也, 福島 健介, 藤井 英紀, 久保 俊一. FAIの定義と診断基準 大腿骨寛骨臼インピンジメントにおける身体所見 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (2): S73. ( 医中誌 )

  272. 天野 祐輔, 神野 哲也, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 大川 淳. 人工股関節再置換術におけるドレーン先端培養の意義 手術部位感染の予測因子として 東日本整形災害外科学会雑誌. 2016.03; 28 (1): 6-9. ( 医中誌 )

  273. 瀬川 裕子, 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 冨田 誠, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 変形性股関節症により人工股関節全置換術を受けた患者は小児期の予防的手術を勧めるか 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (3): S514. ( 医中誌 )

  274. 神野 哲也, 青田 恵郎, 阿部 功, 古賀 大介, 大橋 寛憲, 瀬川 裕子, 平尾 昌之, 高田 亮平, 大川 淳, 宗田 大. 変形性股関節症ガイドライン 変形性股関節症診療ガイドライン 病態 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (3): S1039. ( 医中誌 )

  275. 平尾 昌之, 神野 哲也, 木村 晶理, 高田 亮平, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (2): S257. ( 医中誌 )

  276. 瀬川 裕子, 神野 哲也, 古賀 大介, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 寛骨臼形成不全症例における小児期治療歴と股関節形態の検討 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (3): S908. ( 医中誌 )

  277. 山崎 琢磨, 杉山 肇, 神野 哲也, 福島 健介, 小林 直実, 藤井 政徳, 藤井 英紀, 橋本 慎吾, 庄司 剛士. 変形性股関節症ガイドライン 変形性股関節症診療ガイドラインにおける大腿骨寛骨臼インピンジメント 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (3): S1042. ( 医中誌 )

  278. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 異なる高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (3): S1038. ( 医中誌 )

  279. 谷口 直史, 神野 哲也, 古賀 大介, 若生 政憲, 小山 賢介, 波呂 浩孝. 髄腔占拠型ステムと楔状型ステムのステム前捻角の違い 日本整形外科学会雑誌. 2016.03; 90 (2): S255. ( 医中誌 )

  280. 木村 晶理, 神野 哲也. 運動器疾患の画像診断 股関節 人工股関節全置換術の合併症 理学療法. 2016.01; 33 (1): 64-76. ( 医中誌 )

  281. 木村晶理、神野哲也. 運動器疾患の画像診断 股関節 人工股関節全置換術の合併症 理学療法. 2016; 33 (1): 64-76.

  282. 谷口直史、神野哲也、古賀大介、波呂浩孝. 人工股関節全置換術術後における膝関節伸展・屈曲筋筋力推移 Hip joint. 2016; 42 (1): 471-475.

  283. 木村晶理、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 大腿骨座標系における骨頭中心の3次元的な位置がTHA術前後にどう変化するか Hip Joint. 2016; 42 (1): 100-104.

  284. 神野哲也. 3Dポーラス 臨床整形外科. 2016; 51 (5): 452-456.

  285. 天野祐輔, 神野哲也, 木村晶理, 高田亮平, 平尾昌之, 大川淳. 人工股関節再置換術におけるドレーン先端培養の意義―手術部位感染の予測因子として― 東日本整災会誌. 2016; 28 (1): 6-9.

  286. 古賀大介, 石井研史, 宮武和正, 神野哲也. 人工股関節全置換術術後における可動域改善に関する進入法間比較 Hip Joint. 2016; 42 (1): 487-490.

  287. 瀬川裕子, 神野哲也, 古賀大介, 麻生義則, 木村晶理, 高田亮平, 平尾昌之. 変形性股関節症により人工股関節全置換術を受けた患者は小児期の予防的手術を勧めるか? Hip Joint. 2016; 42 (1): 382-386.

  288. 松原正明, 森田定雄, 長谷川清一郎, 神野哲也, 古賀大介. 進行期股関節症に対する大腿骨外反骨切り術の限界 Hip Joint. 2016; 42 (1): 55-59.

  289. 神野 哲也, 大川 淳. 【整形外科医が知っておきたいリスクマネジメント】股関節外科におけるリスクマネジメント 人工股関節全置換術における神経麻痺 関節外科. 2015.12; 34 (12): 1234-1242. ( 医中誌 )

  290. 吉原 有俊, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳, 神野 哲也. 人工股関節全置換術後患者に対する静脈血栓塞栓症予防 術前リスクスコアリングによる抗凝固薬の用量調節の有用性 日本人工関節学会誌. 2015.12; 45 657-658. ( 医中誌 )

  291. 小谷野 岳, 神野 哲也. 運動器疾患の画像診断 股関節 大腿骨近位部骨折 理学療法. 2015.12; 32 (12): 1129-1139. ( 医中誌 )

  292. 平尾 昌之, 神野 哲也. 【決定版!もう苦手とは言わせない まるごと股関節 これ1冊】(第2章)成人股関節疾患の病態 急速破壊型股関節症 整形外科看護. 2015.11; (2015秋季増刊): 73-75. ( 医中誌 )

  293. 谷口 直史, 神野 哲也. 運動器疾患の画像診断 股関節 大腿骨寛骨臼インピンジメント 理学療法. 2015.11; 32 (11): 1025-1034. ( 医中誌 )

  294. 平尾昌之、神野哲也. 成人股関節疾患の病態 急速破壊型股関節症 整形外科看護2015秋期増刊. 2015.10; 73-75.

  295. 平尾昌之、神野哲也. 大腿骨頭壊死症・急速破壊型股関節症・関節リウマチ 理学療法. 2015.10; 32 (10): 927-935.

  296. 谷口直史、神野哲也、古賀大介、波呂浩孝. 運動器疾患の画像診断 股関節3 大腿骨寛骨臼インピンジメント 理学療法. 2015.10; 32 (11): 1025-1034.

  297. 平尾 昌之, 神野 哲也. 運動器疾患の画像診断 股関節 大腿骨頭壊死症・急速破壊型股関節症・関節リウマチ 理学療法. 2015.10; 32 (10): 927-935. ( 医中誌 )

  298. 高田 亮平, 神野 哲也, 堤 祐介, 土井 壽, 塙 隆夫, 大川 淳. ジルコニウムコーティング・チタン合金の生体内骨形成抑制効果の検討 日本整形外科学会雑誌. 2015.09; 89 (8): S1740. ( 医中誌 )

  299. 瀬川 裕子, 神野 哲也, 西須 孝, 柿崎 潤, 廣澤 直也, 田中 玲子, 亀ヶ谷 真琴, 森田 光明, 塚越 祐太. ペルテス病に対する大腿骨屈曲骨切り術の手術成績 当科における術式選択の変遷 日本小児整形外科学会雑誌. 2015.09; 24 (1): 145. ( 医中誌 )

  300. 高田 亮平, 神野 哲也. 運動器疾患の画像診断 股関節 寛骨臼形成不全と変形性股関節症 理学療法. 2015.09; 32 (9): 839-846. ( 医中誌 )

  301. 高田亮平、神野哲也. 運動器疾患の画像診断 股関節 寛骨臼形成不全と変形性股関節症 理学療法. 2015.08; 32 (9): 839-846.

  302. 池田 崇、長澤 弘、五味 郁子、相澤 純也、久合田 浩幸、黒木 裕介、石田 邦子、神野 哲也、増田 正、森田 定雄. 分枝鎖アミノ酸摂取を併用した通所リハビリテーションが要介護高齢者の筋力とバランス機能に与える影響 理学療法学. 2015.08; 42 (5): 428-433. ( 医中誌 )

  303. 神野哲也. 【「これって私の施設だけ?」とギモンに思ったときに 整形外科のエビデンス55】 股関節のエビデンス10 (No.2)当院ではTHAを前方アプローチで行う医師と後方アプローチで行う医師がいますが、進入法の違いについて教えてください。前方アプローチと後方アプローチでは離床までの時間が違うのはなぜでしょう?また、前方進入では後方脱臼しないのでしょうか?反対に後方進入では前方脱臼しないのでしょうか? 整形外科看護. 2015.08; 20 (8): 732-744. ( 医中誌 )

  304. 神野 哲也. 【「これって私の施設だけ?」とギモンに思ったときに 整形外科のエビデンス55】股関節のエビデンス10 (No.2)当院ではTHAを前方アプローチで行う医師と後方アプローチで行う医師がいますが、進入法の違いについて教えてください。前方アプローチと後方アプローチでは離床までの時間が違うのはなぜでしょう?また、前方進入では後方脱臼しないのでしょうか?反対に後方進入では前方脱臼しないのでしょうか? 整形外科看護. 2015.08; 20 (8): 733-734. ( 医中誌 )

  305. 神野 哲也, 古賀 大介, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 森田 定雄, 大川 淳, 宗田 大. セメント使用/非使用の人工関節再置換術の選択 セメントレスカップによる人工股関節再置換術 東日本整形災害外科学会雑誌. 2015.08; 27 (3): 233. ( 医中誌 )

  306. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸静脈内投与の効果と凝固線溶系に与える影響 Hip Joint. 2015.08; 41 804-808. ( 医中誌 )

  307. 天野 祐輔, 神野 哲也, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 大川 淳, 宗田 大. 人工股関節再置換術におけるドレーン先端培養の意義 東日本整形災害外科学会雑誌. 2015.08; 27 (3): 293. ( 医中誌 )

  308. 池田 崇, 長澤 弘, 五味 郁子, 相澤 純也, 久合田 浩幸, 黒木 裕介, 石田 邦子, 神野 哲也, 増田 正, 森田 定雄. 分枝鎖アミノ酸摂取を併用した通所リハビリテーションが要介護高齢者の筋力とバランス機能に与える影響 理学療法学. 2015.08; 42 (5): 428-433. ( 医中誌 )

  309. 神野 哲也. 運動器疾患の画像診断 総論 運動器疾患における画像診断 理学療法. 2015.07; 32 (7): 661-668. ( 医中誌 )

  310. 神野哲也. 運動器疾患における画像診断 理学療法. 2015.06; 32 (7): 661-668. ( 医中誌 )

  311. 古賀 大介, 神野 哲也, 星野 ちさと, 高田 亮平, 平尾 昌之, 森田 定雄. 人工股関節全置換術における進入法間の術中関節安定性比較 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2015.05; 52 (Suppl.): S373. ( 医中誌 )

  312. 池田 崇、長澤 弘、五味 郁子、久合田 浩幸、黒木 裕介、石田 邦子、相澤 純也、神野 哲也、増田 正、森田 定雄. 分岐鎖アミノ酸(BCAA)摂取を併用した通所リハビリテーションが要介護高齢者の筋力とバランス機能に与える影響 理学療法学. 2015.04; 42 (2): 164-165.

  313. 池田 崇, 長澤 弘, 五味 郁子, 久合田 浩幸, 黒木 裕介, 石田 邦子, 相澤 純也, 神野 哲也, 増田 正, 森田 定雄. 分岐鎖アミノ酸(BCAA)摂取を併用した通所リハビリテーションが要介護高齢者の筋力とバランス機能に与える影響 理学療法学. 2015.04; 42 (2): 164-165. ( 医中誌 )

  314. 池田 崇, 相澤 純也, 長澤 弘, 五味 郁子, 久合田 浩幸, 南條 恵悟, 神野 哲也, 増田 正, 森田 定雄. 分枝鎖アミノ酸を併用した運動療法の実施が筋力増強に及ぼす効果と再現性 理学療法学. 2015.04; 42 (Suppl.2): O-0184. ( 医中誌 )

  315. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後の大腿骨脆弱性骨折 日本整形外科学会雑誌. 2015.03; 89 (3): S1023. ( 医中誌 )

  316. 古賀 大介, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 川田 和正, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 両側一期的人工股関節全置換術における感染危険因子の検討 日本整形外科学会雑誌. 2015.03; 89 (3): S831. ( 医中誌 )

  317. 谷口 直史, 神野 哲也, 古賀 大介, 若生 政憲, 小山 賢介, 岩間 達, 波呂 浩孝. 人工股関節全置換術における術前トラネキサム酸投与安全性のT-TASを用いた検証 日本整形外科学会雑誌. 2015.03; 89 (3): S1092. ( 医中誌 )

  318. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 前方進入法と前側方進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節外転筋断面積の比較検討 日本整形外科学会雑誌. 2015.03; 89 (2): S73. ( 医中誌 )

  319. 神野 哲也, 山崎 琢磨, 青田 恵郎, 阿部 功, 福島 健介, 藤井 英紀, 小林 直実, 藤井 政徳, 橋本 慎吾, 古賀 大介, 大橋 寛憲, 瀬川 裕子. 変形性股関節症診療ガイドラインの問題点 改訂に向けて 日本におけるfemoroacetabular impingementの臨床的意義 日本整形外科学会雑誌. 2015.03; 89 (3): S477. ( 医中誌 )

  320. 小谷野 岳, 神野 哲也, 古賀 大介, 宗田 大, 大川 淳. 大腿骨頸部骨嚢胞とcamおよびpincer病変の関連 日本整形外科学会雑誌. 2015.03; 89 (3): S996. ( 医中誌 )

  321. 平尾昌之、神野哲也、古賀大介、高田亮平、瀬川裕子、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸静脈内投与の効果と凝固線溶系に与える影響 Hip Joint. 2015; 41 804-808.

  322. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 星野 ちさと, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. THAアプローチ 異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性と術後姿勢指導の必要性 日本人工関節学会誌. 2014.12; 44 161-162. ( 医中誌 )

  323. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. THA術後脱臼 後側方進入法による人工股関節全置換術における術中計測値と術後後方脱臼の関連性の検討 日本人工関節学会誌. 2014.12; 44 49-50. ( 医中誌 )

  324. 森田 定雄, 神野 哲也, 相澤 純也, 増田 正. 動作解析の進歩 磁気センサを用いた動作解析 Journal of Clinical Rehabilitation. 2014.11; 23 (11): 1116-1120. ( 医中誌 )

  325. 神野 哲也. 【くすりの副作用のすべて】 病態からみたくすりの副作用 ステロイド性骨壊死 医学のあゆみ. 2014.11; 251 (9): 837-842. ( 医中誌 )

  326. 神野 哲也. 【くすりの副作用のすべて】病態からみたくすりの副作用 ステロイド性骨壊死 医学のあゆみ. 2014.11; 251 (9): 837-842. ( 医中誌 )

  327. 森田 定雄, 神野 哲也, 相澤 純也, 増田 正. 動作解析の進歩 磁気センサを用いた動作解析 Journal of Clinical Rehabilitation. 2014.11; 23 (11): 1116-1120. ( 医中誌 )

  328. 小谷野 岳, 神野 哲也, 古賀 大介, 川端 茂徳, 大川 淳. 整形外科でのITの活用(第9回) 教育・研究編 iPadを用いた整形外科専門医試験学習法 関節外科. 2014.09; 33 (9): 992-994. ( 医中誌 )

  329. 神野 哲也. 【股関節および周辺疾患の機能解剖学的病態把握と理学療法】 股関節および周辺疾患の画像診断と整形外科的治療の概要 理学療法. 2014.09; 31 (9): 894-903. ( 医中誌 )

  330. 神野 哲也. 【股関節および周辺疾患の機能解剖学的病態把握と理学療法】股関節および周辺疾患の画像診断と整形外科的治療の概要 理学療法. 2014.09; 31 (9): 894-903. ( 医中誌 )

  331. 小谷野 岳, 神野 哲也, 古賀 大介, 川端 茂徳, 大川 淳. 整形外科でのITの活用(第9回) 教育・研究編 iPadを用いた整形外科専門医試験学習法 関節外科. 2014.09; 33 (9): 992-994. ( 医中誌 )

  332. 神野 哲也, 森田 定雄, 相澤 純也, 増田 正. 肩関節の回旋角度表示における問題点と解決法の一提案 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2014.08; 51 (8-9): 574-581. ( 医中誌 )

  333. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 平尾 昌之, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム長の違いがステムの前捻角とアライメントに及ぼす影響 Hip Joint. 2014.08; 40 616-619. ( 医中誌 )

  334. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 宮武 和正, 高田 亮平, 麻生 義則, 瀬川 裕子, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム形状の違いによるTHAの周術期凝固線溶系変化の比較 Hip Joint. 2014.08; 40 979-983. ( 医中誌 )

  335. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 宮武 和正, 高田 亮平, 麻生 義則, 瀬川 裕子, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム形状の違いによるTHAの周術期凝固線溶系変化の比較 Hip Joint. 2014.08; 40 979-983. ( 医中誌 )

  336. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 平尾 昌之, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム長の違いがステムの前捻角とアライメントに及ぼす影響 Hip Joint. 2014.08; 40 616-619. ( 医中誌 )

  337. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 宮武 和正, 高田 亮平, 麻生 義則, 瀬川 裕子, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム形状の違いによるTHAの周術期凝固線溶系変化の比較 Hip Joint. 2014.08; 40 979-983. ( 医中誌 )

  338. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 平尾 昌之, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム長の違いがステムの前捻角とアライメントに及ぼす影響 Hip Joint. 2014.08; 40 616-619. ( 医中誌 )

  339. 神野 哲也, 森田 定雄, 相澤 純也, 増田 正. 肩関節の回旋角度表示における問題点と解決法の一提案 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2014.08; 51 (8-9): 574-581. ( 医中誌 )

  340. 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 森田 定雄. 【THA-脱臼防止の工夫-】 各種進入法におけるTHA術中関節安定性評価の実際と対応 関節外科. 2014.07; 33 (7): 734-738. ( 医中誌 )

  341. 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 森田 定雄. 【THA-脱臼防止の工夫-】各種進入法におけるTHA術中関節安定性評価の実際と対応 関節外科. 2014.07; 33 (7): 734-738. ( 医中誌 )

  342. 星野 ちさと, 神野 哲也, 古賀 大介, 大川 淳, 森田 定雄. 人工股関節全置換術における神経麻痺発生の危険因子の検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2014.05; 51 (Suppl.): S254. ( 医中誌 )

  343. 星野 ちさと, 神野 哲也, 古賀 大介, 大川 淳, 森田 定雄. 初回人工股関節全置換術における退院後早期のADL The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2014.05; 51 (Suppl.): S255. ( 医中誌 )

  344. 星野 ちさと, 神野 哲也, 古賀 大介, 大川 淳, 森田 定雄. 人工股関節全置換術における神経麻痺発生の危険因子の検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2014.05; 51 (Suppl.): S254. ( 医中誌 )

  345. 星野 ちさと, 神野 哲也, 古賀 大介, 大川 淳, 森田 定雄. 初回人工股関節全置換術における退院後早期のADL The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2014.05; 51 (Suppl.): S255. ( 医中誌 )

  346. 古賀 大介, 神野 哲也, 大川 淳. 【人工関節置換術-最新の知見】 人工関節の臨床成績(中~長期含む) 股関節の人工関節 人工股関節全置換術における術前冠状面アライメント可動性を考慮した脚延長量設定 別冊整形外科. 2014.04; (65): 169-172. ( 医中誌 )

  347. 古賀 大介, 神野 哲也, 大川 淳. 【人工関節置換術-最新の知見】人工関節の臨床成績(中〜長期含む) 股関節の人工関節 人工股関節全置換術における術前冠状面アライメント可動性を考慮した脚延長量設定 別冊整形外科. 2014.04; (65): 169-172. ( 医中誌 )

  348. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 高田 亮平, 平尾 昌之, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. Wedge taper stemを用いた人工股関節全置換術におけるステム表面加工部周囲の放射線透過像 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (3): S808. ( 医中誌 )

  349. 神野 哲也, 稲葉 裕,久保俊一. 変形性股関節症の診断基準,病態・病期分類 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 1128-1129.

  350. 神野 哲也, 久保 俊一. 変形性股関節症 手術療法 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 613-618.

  351. 神野 哲也, 久保 俊一. 変形性股関節症 治療方針のたて方 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 602-605.

  352. 神野 哲也, 久保 俊一. 変形性股関節症 病態 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 578-592.

  353. 神野 哲也, 久保 俊一. 病歴と身体所見 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 160-170.

  354. 福島 若葉, 神野 哲也,古賀 大介,他計62名. 特発性大腿骨頭壊死症の発生関連要因に関する多施設共同症例・対照研究 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の診断・治療・予防法の開発を目的とした全国学際的研究 平成24~25年度総合研究報告書. 2014.03; 91-99.

  355. 小野 優, 神野 哲也,他計46名. 定点モニタリングシステムによる特発性大腿骨頭壊死症の記述疫学-平成23年~24年の集計結果- 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の診断・治療・予防法の開発を目的とした全国学際的研究 平成24~25年度総合研究報告書. 2014.03; 83-90.

  356. 高橋 真治, 神野 哲也,他計42名. 定点モニタリングシステムによる特発性大腿骨頭壊死症の記述疫学-15年間(1997年~2011年)の集計結果(手術例)- 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の診断・治療・予防法の開発を目的とした全国学際的研究 平成24~25年度総合研究報告書. 2014.03; 76-82.

  357. 高橋 真治, 神野 哲也,他計42名. 定点モニタリングシステムによる特発性大腿骨頭壊死症の記述疫学-15年間(1997年~2011年)の集計結果(新患例)- 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の診断・治療・予防法の開発を目的とした全国学際的研究 平成24~25年度総合研究報告書. 2014.03; 63-75.

  358. 神野 哲也, 古賀 大介. ステロイド性大腿骨頭壊死症に対する副作用救済の現状 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の診断・治療・予防法の開発を目的とした全国学際的研究 平成24~25年度総総合研究報告書. 2014.03; 116-118.

  359. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 初回人工股関節全置換術における術後脱臼因子 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (3): S967. ( 医中誌 )

  360. 瀬川 裕子, 神野 哲也. 股関節の発育 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 7-13.

  361. 古賀 大介, 神野 哲也. 神経系 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 59-65.

  362. 古賀 大介, 神野 哲也. 靱帯, 筋肉 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 39-47.

  363. 古賀 大介, 神野 哲也. 骨形態 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 19-28.

  364. 古賀 大介, 神野 哲也. 股関節の解剖と画像 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 14-18.

  365. 瀬川 裕子, 神野 哲也. 特発性軟骨溶解症 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 565-568.

  366. 瀬川 裕子, 神野 哲也, 久保 俊一. Pemberton骨盤骨切り術 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 392-394.

  367. 瀬川 裕子, 神野 哲也. ギプス療法 股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 307-309.

  368. 古賀 大介, 川端 茂徳, 神野 哲也, 大川 淳. 筋誘発電位モニタリングにおける有線モニタリング/ワイヤレスモニタリングの波形比較 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (2): S98. ( 医中誌 )

  369. 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 大川 淳, 宗田 大. 変形性股関節症の診断、治療と予防 変形性股関節症の病態 不安定性とインピンジメント 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (3): S919. ( 医中誌 )

  370. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 宮武 和正, 高田 亮平, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性の比較検討 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (3): S966. ( 医中誌 )

  371. 瀬川 裕子, 亀ヶ谷 真琴, 西須 孝, 森田 光明, 柿崎 潤, 神野 哲也, 大川 淳. 発症時年齢8歳以上のPerthes病の治療成績 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (3): S525. ( 医中誌 )

  372. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 高田 亮平, 平尾 昌之, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. Wedge taper stemを用いた人工股関節全置換術におけるステム表面加工部周囲の放射線透過像 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (3): S808. ( 医中誌 )

  373. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 初回人工股関節全置換術における術後脱臼因子 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (3): S967. ( 医中誌 )

  374. 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 大川 淳, 宗田 大. 変形性股関節症の診断、治療と予防 変形性股関節症の病態 不安定性とインピンジメント 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (3): S919. ( 医中誌 )

  375. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 宮武 和正, 高田 亮平, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性の比較検討 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (3): S966. ( 医中誌 )

  376. 瀬川 裕子, 亀ヶ谷 真琴, 西須 孝, 森田 光明, 柿崎 潤, 神野 哲也, 大川 淳. 発症時年齢8歳以上のPerthes病の治療成績 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (3): S525. ( 医中誌 )

  377. 古賀 大介, 川端 茂徳, 神野 哲也, 大川 淳. 筋誘発電位モニタリングにおける有線モニタリング/ワイヤレスモニタリングの波形比較 日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88 (2): S98. ( 医中誌 )

  378. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 後側方進入法による人工股関節全置換術における術中計測値と術後後方脱臼の関連性の検討 日本人工関節学会誌. 2014; 44 49-50.

  379. 片桐 健太, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 小谷野 岳, 高田 ちさと, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. THA症例 metal-on-highly cross-linked polyethylene bearingを用いた人工股関節全置換術(THA)術後7年で発症した腫瘤性病変により、大腿神経麻痺を生じた1例 日本人工関節学会誌. 2013.12; 43 549-550. ( 医中誌 )

  380. 片桐 健太, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 小谷野 岳, 高田 ちさと, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. THA症例 metal-on-highly cross-linked polyethylene bearingを用いた人工股関節全置換術(THA)術後7年で発症した腫瘤性病変により、大腿神経麻痺を生じた1例 日本人工関節学会誌. 2013.12; 43 549-550. ( 医中誌 )

  381. 瀬川 裕子, 西須 孝, 柿崎 潤, 亀ヶ谷 真琴, 神野 哲也, 大川 淳. 【小児整形外科疾患 診断・治療の進歩】手術的治療の進歩 股関節疾患 高齢発症Perthes病に対する大腿骨転子部屈曲骨切り術の短期成績 別冊整形外科. 2013.10; (64): 141-145. ( 医中誌 )

  382. 神野 哲也, 古賀 大介, 森田 定雄. 【人工股関節の脱臼】人工股関節脱臼対策における進入法選択と術中・術後の股関節可動域 整形・災害外科. 2013.09; 56 (10): 1265-1272. ( 医中誌 )

  383. 谷口 直史, 神野 哲也, 古賀 大介. 人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸術前投与有効性の検討 Hip Joint. 2013.08; 39 841-844. ( 医中誌 )

  384. 串田 淑久, 神野 哲也, 古賀 大介, 小谷野 岳, 高田 ちさと, 麻生 義則. THA症例における静脈血栓塞栓症予防のための抗凝固薬の比較検討 Hip Joint. 2013.08; 39 988-991. ( 医中誌 )

  385. 串田 淑久, 神野 哲也, 古賀 大介, 小谷野 岳, 高田 ちさと, 麻生 義則. THA症例における静脈血栓塞栓症予防のための抗凝固薬の比較検討 Hip Joint. 2013.08; 39 988-991. ( 医中誌 )

  386. 小谷野 岳, 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 星野 ちさと, 宗田 大, 大川 淳, 森田 定雄, 松原 正明. 両側臼蓋形成不全症例に対し片側のみ寛骨臼回転骨切り術によって介入した例の長期経過 Hip Joint. 2013.08; 39 295-299. ( 医中誌 )

  387. 谷口 直史, 神野 哲也, 古賀 大介. 人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸術前投与有効性の検討 Hip Joint. 2013.08; 39 841-844. ( 医中誌 )

  388. 高橋 晃, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 小谷野 岳, 宗田 大, 大川 淳. 股関節に発生した色素性絨毛結節性滑膜炎の2例 Hip Joint. 2013.08; 39 735-738. ( 医中誌 )

  389. 星野 ちさと, 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 小谷野 岳, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 術中筋誘発電位モニタリングで大腿神経損傷を認知しえた前方進入THAの1例 Hip Joint. 2013.08; 39 811-815. ( 医中誌 )

  390. 神野 哲也, 古賀 大介, 星野 ちさと, 小谷野 岳, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 整形外科領域における医療安全管理 人工股関節全置換術における稀な合併症と対策 日本整形外科学会雑誌. 2013.06; 87 (6): S1079. ( 医中誌 )

  391. 小谷野 岳, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 高田 ちさと, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ドレーン留置が股関節機能に及ぼす影響 両側一期的人工股関節全置換術による検討 日本整形外科学会雑誌. 2013.03; 87 (3): S606. ( 医中誌 )

  392. 谷口 直史, 神野 哲也, 古賀 大介, 若生 政憲, 波呂 浩孝. 人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸術前投与と術中回収血の術中出血対策効果の比較 日本整形外科学会雑誌. 2013.03; 87 (3): S836. ( 医中誌 )

  393. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 小谷野 岳, 川端 茂徳, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術におけるワイヤレス筋電計を用いた筋誘発電位モニタリング 日本整形外科学会雑誌. 2013.03; 87 (3): S831. ( 医中誌 )

  394. 瀬川 裕子、西須 孝、柿﨑 潤、亀ヶ谷 真琴、神野 哲也、大川 淳. 高齢発症Perthes病に対する大腿骨転子部屈曲骨切り術の短期成績 別冊整形外科. 2013; 64 141-145.

  395. 高田 ちさと, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 小谷野 岳, 宗田 大, 大川 淳, 森田 定雄. 合併症 人工股関節置換術後神経障害に対する脚延長量の影響 日本人工関節学会誌. 2012.12; 42 791-792. ( 医中誌 )

  396. 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 森田 定雄, 長谷川 清一郎, 松原 正明, 大川 淳, 宗田 大. 人工関節デザインと術後成績<股> セメントレス髄腔占拠型ストレートステム周囲の骨リモデリング 日本関節病学会誌. 2012.10; 31 (3): 294. ( 医中誌 )

  397. 古賀 大介, 神野 哲也, 小谷野 岳, 高田 ちさと, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 関節疾患手術における抗凝固剤の是非 術前データに基づく人工股関節全置換術後VTE予防薬の必要度判定 日本関節病学会誌. 2012.10; 31 (3): 341. ( 医中誌 )

  398. 松原 正明, 森田 定雄, 長谷川 清一郎, 神野 哲也, 古賀 大介, 奥田 直樹, 木村 晶理, 小川 博之. セメントレスTHA vs.セメントTHA セメントレス人工股関節置換術の有用性 日本整形外科学会雑誌. 2012.09; 86 (9): 696-701. ( 医中誌 )

  399. 谷口 直史, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 小谷野 岳, 高田 ちさと, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. Wedge-taper stemにおける骨性固定の非獲得 Hip Joint. 2012.08; 38 416-420. ( 医中誌 )

  400. 田野 敦寛, 鈴木 康司, 河内 貞臣, 神野 哲也. セメントレス型BiCONTACTステムの術中骨折の検討 Hip Joint. 2012.08; 38 701-706. ( 医中誌 )

  401. 小谷野 岳, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 谷口 直史, 高田 ちさと, 宗田 大, 大川 淳, 森田 定雄, 山内 裕樹. 両側一期的人工股関節全置換術におけるドレーン留置の有用性に関する検討 Hip Joint. 2012.08; 38 472-475. ( 医中誌 )

  402. 高田 ちさと, 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 山内 裕樹, 谷口 直史, 小谷野 岳, 佐々木 亨, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術における神経麻痺発生の危険因子の検討 Hip Joint. 2012.08; 38 448-452. ( 医中誌 )

  403. 神野 哲也. 変形性股関節症の基礎的病態 臼蓋形成不全症の骨形態と病態 日本整形外科学会雑誌. 2012.08; 86 (8): S1206. ( 医中誌 )

  404. 小谷野 岳, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 高田 ちさと, 川端 茂徳, 宗田 大, 大川 淳. 整形外科×スマホ、タブレット、インターネット iPadを用いた整形外科専門医試験のための学習法 東日本整形災害外科学会雑誌. 2012.08; 24 (3): 352. ( 医中誌 )

  405. 佐々木 亨, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 小谷野 岳, 高田 ちさと, 宗田 大, 大川 淳, 森田 定雄. 術前プロファイリングによる人工股関節全置換術後D-dimer値予測の試み 全例にVTE予防薬は必要か Hip Joint. 2012.08; 38 32-34. ( 医中誌 )

  406. 神野 哲也. 【再考 大腿骨頸部/転子部骨折の理学療法】大腿骨頸部/転子部骨折に対する最新の整形外科的治療 理学療法. 2012.06; 29 (6): 611-620. ( 医中誌 )

  407. 立石 智彦, 神野 哲也, 古賀 大介, 小谷野 岳, 山内 裕樹. FAIに対するsurgical dislocation chilectomyの術後再発例に股関節鏡視下に再手術を施行した1例 JOSKAS. 2012.06; 37 (4): 183. ( 医中誌 )

  408. 神野 哲也, 古賀 大介, 正岡 智和, 高田 ちさと, 山内 裕樹, 大川 淳, 森田 定雄. 人工股関節置換術における股関節回旋可動域 進入法別の術中・術後比較 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2012.05; 49 (Suppl.): S172. ( 医中誌 )

  409. 勝木 員子, 相澤 純也, 磯崎 弘司, 神野 哲也, 森田 定雄. THA前後における中臀筋と大臀筋の筋断面積の回復とJOA Hip Scoreとの関連 CTを用いて 理学療法学. 2012.04; 39 (2): 122-123. ( 医中誌 )

  410. 山田 淳, 神野 哲也, 長谷川 清一郎, 土屋 正光. Hanssonピンを用いた大腿骨頭すべり症の治療経験 整形外科. 2012.04; 63 (4): 313-318. ( 医中誌 )

  411. 相澤 純也, 神野 哲也, 古賀 大介, 小山 貴之, 中丸 宏二, 美崎 定也, 磯崎 弘司, 森田 定雄. 人工股関節全置換術を待機している変形性股関節症患者の主観的疼痛に関連する因子 理学療法学. 2012.04; 39 (2): 112-113. ( 医中誌 )

  412. 谷口 直史, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 高田 ちさと, 小谷野 岳, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. Wedge-taper stemにおける骨性固定の非獲得例 日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86 (3): S684. ( 医中誌 )

  413. 古賀 大介, 神野 哲也, 宗田 大, 森田 定雄. 人工股関節全置換術における関節安定性 前方アプローチと後側方アプローチの術中比較 日本関節病学会誌. 2012.03; 31 (1): 7-11. ( 医中誌 )

  414. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 谷口 直史, 高田 ちさと, 小谷野 岳, 川端 茂徳, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術後の神経合併症に対する術中経頭蓋電気刺激筋誘発電位モニタリングの有用性と限界 日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86 (3): S343. ( 医中誌 )

  415. 神野 哲也, 古賀 大介, 山内 裕樹, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 長谷川 清一郎, 松原 正明. 人工股関節置換術におけるハイドロキシアパタイトコーティングカップの中・長期X線成績 日本関節病学会誌. 2012.03; 31 (1): 13-19. ( 医中誌 )

  416. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 谷口 直史, 高田 ちさと, 小谷野 岳, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 術前プロファイリングによる人工股関節全置換術後VTE予防薬の必要度判定 日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86 (3): S621. ( 医中誌 )

  417. 神野 哲也. 【THAの合併症対策】ストレスシールディング 関節外科. 2012.02; 31 (2): 188-197. ( 医中誌 )

  418. 神野 哲也, 古賀 大介, 小谷野 岳, 高田 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 大川 淳, 宗田 大. 脱臼しない人工股関節全置換術を目指した戦略 脱臼しない人工股関節全置換術のための手術アプローチの工夫 日本整形外科学会雑誌. 2012.02; 86 (2): S210. ( 医中誌 )

  419. 神野 哲也, 古賀 大介, 山内 裕樹, 麻生 義則, 森田 定雄, 長谷川 清一郎, 松原 正明, 大川 淳, 宗田 大, 四宮 謙一. THA成績 髄腔占拠型ハイドロキシアパタイトコーティング・ストレートステムの術後長期成績 ストレス・シールディングによる骨萎縮の長期変化 日本人工関節学会誌. 2011.12; 41 204-205. ( 医中誌 )

  420. 谷口 直史, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. THA手術手技・合併症 大腿骨頸部前捻過小もしくは過大症例における楔状テーパー型ステムのステム前捻角の検討 日本人工関節学会誌. 2011.12; 41 622-623. ( 医中誌 )

  421. 神野 哲也. 股関節待機手術における静脈血栓塞栓症対策 日本職業・災害医学会会誌. 2011.10; 59 (臨増): 別202. ( 医中誌 )

  422. 谷口 直史, 神野 哲也, 小谷野 岳, 高田 ちさと, 宗田 大, 大川 淳. 術前プロファイリングによる人工股関節全置換術(THA)術後D-Dimer(D-D)値予測の試み 関東整形災害外科学会雑誌. 2011.10; 42 (5): 325. ( 医中誌 )

  423. 小谷野 岳, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 谷口 直史, 高田 ちさと, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 腰痛を主訴とする患者における股関節ブロックの有用性 日本関節病学会誌. 2011.10; 30 (3): 400. ( 医中誌 )

  424. 神野 哲也, 古賀 大介, 森田 定雄, 長谷川 清一郎, 松原 正明, 宗田 大. 股関節骨切り術の成績向上を目指して 変形性股関節症に対する骨盤側骨切り術の適応と術式 日本関節病学会誌. 2011.10; 30 (3): 320. ( 医中誌 )

  425. 谷口 直史, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 宗田 大, 大川 淳, 森田 定雄. アプローチによる楔状テイパー型ステム増捻角の比較 Hip Joint. 2011.09; 37 492-495. ( 医中誌 )

  426. 佐藤 陽介, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 谷口 直史, 宗田 大, 大川 淳, 森田 定雄. 股関節関節包靱帯の内外旋制動効果に関する解剖用屍体を用いた検討 Hip Joint. 2011.09; 37 316-318. ( 医中誌 )

  427. 相澤 純也, 神野 哲也, 古賀 大介, 小山 貴之, 中丸 宏二, 磯崎 弘司, 森田 定雄. 臼蓋形成不全による変形性股関節症患者における股関節可動域の特徴 理学療法. 2011.08; 28 (8): 1050-1056. ( 医中誌 )

  428. 神野 哲也, 古賀 大介, 山内 裕樹, 谷口 直史, 大川 淳. 関節リウマチの手術 下肢 関節リウマチに対するセメントレス人工股関節全置換術のX線成績と術後合併症 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集. 2011.06; 55回・20回 362. ( 医中誌 )

  429. 山内 裕樹, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 谷口 直史, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 両側一期的人工股関節置換術におけるストレートステムとアナトミカルステムの短期成績比較 日本整形外科学会雑誌. 2011.03; 85 (3): S447. ( 医中誌 )

  430. 相澤 純也, 神野 哲也, 古賀 大介, 小山 貴之, 中丸 宏二, 美崎 定也, 磯崎 弘司, 森田 定雄. 人工股関節全置換術を待機している変形性股関節症患者の主観的疼痛に関連する因子 専門リハビリテーション. 2011.03; 10 16-22. ( 医中誌 )

  431. 谷口 直史, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 森田 定雄, 波呂 浩孝, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術における前方進入路と後方進入路よるステム設置の比較 日本整形外科学会雑誌. 2011.03; 85 (3): S504. ( 医中誌 )

  432. 古賀 大介, 神野 哲也, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術後の自覚的脚長差対策 日本整形外科学会雑誌. 2011.03; 85 (3): S403. ( 医中誌 )

  433. 松原 正明, 鈴木 康司, 神野 哲也, 古賀 大介, 長谷川 清一郎, 森田 定雄, 河内 貞臣, 高木 博史. セメントレスTHA vsセメントTHA セメントレスTHAの長期術後成績 stem側について 日本整形外科学会雑誌. 2011.02; 85 (2): S242. ( 医中誌 )

  434. 古賀 大介, 神野 哲也, 川端 茂徳, 榊 経平, 大川 淳, 四宮 謙一. 人工股関節全置換術における術中経頭蓋電気刺激筋誘発電位モニタリング 整形外科. 2011.02; 62 (2): 165-170. ( 医中誌 )

  435. 相澤 純也, 中丸 宏二, 小山 貴之, 神野 哲也, 磯崎 弘司, 森田 定雄. 【運動器疾患のみかた 的確・迅速な臨床推論のポイント】変形性股関節症に対する的確・迅速な臨床推論のポイント 理学療法. 2011.01; 28 (1): 176-189. ( 医中誌 )

  436. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 初回人工股関節全置換術における術後脱臼因子の解析 日本人工関節学会誌. 2010.12; 40 72-73. ( 医中誌 )

  437. 高田 亮平, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 楔状テイパー型モノブロックステムによる前捻角の変化 日本人工関節学会誌. 2010.12; 40 642-643. ( 医中誌 )

  438. 日山 鐘浩, 神野 哲也, 古賀 大介, 山内 裕樹, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一, 秋田 恵一. 股関節関節包靱帯の関節制動機序に関する解剖用屍体を用いた検討 日本人工関節学会誌. 2010.12; 40 74-75. ( 医中誌 )

  439. 神野 哲也, 古賀 大介, 山内 裕樹, 麻生 義則, 松原 正明, 長谷川 清一郎, 宗田 大. THAのさらなる耐久性の向上を目指して ハイドロキシアパタイトコーティングカップを用いた人工股関節置換術の中長期成績 日本関節病学会誌. 2010.10; 29 (3): 319. ( 医中誌 )

  440. 古賀 大介, 神野 哲也, 森田 定雄, 宗田 大. THA臨床成績 人工股関節全置換術における関節安定性 前方アプローチと後側方アプローチの術中比較 日本関節病学会誌. 2010.10; 29 (3): 331. ( 医中誌 )

  441. 鈴木 康司, 河内 貞臣, 神野 哲也, 四宮 謙一, 森田 定雄, 松原 正明. 両側寛骨臼回転骨切り術施行例の中期成績 Hip Joint. 2010.10; 36 613-616. ( 医中誌 )

  442. 神野 哲也, 古賀 大介, 山内 裕樹, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大. 関節リウマチに対するセメントレス人工股関節置換術後の合併症 日本関節病学会誌. 2010.10; 29 (3): 338. ( 医中誌 )

  443. 松村 惠津子, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 四宮 謙一. THA症例における静脈血栓症予防のための抗凝固薬の比較検討 東日本整形災害外科学会雑誌. 2010.06; 22 (2): 226-229. ( 医中誌 )

  444. 古賀 大介, 神野 哲也, 山内 裕樹, 大川 淳, 四宮 謙一, 森田 定雄. 大腿骨コンポーネント形状の違いによる人工股関節置換術周術期の凝固系データ推移の比較 東日本整形災害外科学会雑誌. 2010.06; 22 (2): 185-188. ( 医中誌 )

  445. 山内 裕樹, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳, 四宮 謙一. 両側一期的人工股関節置換術におけるステムデザインの違いによる骨リモデリング様式と骨密度分布の違いについての検討 日本整形外科学会雑誌. 2010.04; 84 (4): S726. ( 医中誌 )

  446. 古賀 大介, 神野 哲也, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. セメントレスステムのデザインコンセプトと臨床成績 近位固定を意図した各種セメントレスステムの臨床成績比較 日本整形外科学会雑誌. 2010.03; 84 (3): S109. ( 医中誌 )

  447. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 大腿骨コンポーネント形状の違いが人工股関節置換術周術期の凝固線溶系マーカー値に与える影響 日本整形外科学会雑誌. 2010.03; 84 (3): S133. ( 医中誌 )

  448. 山内 裕樹, 神野 哲也, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 股関節疾患の診断における関節ブロックの有用性 東日本整形災害外科学会雑誌. 2010.03; 22 (1): 46-51. ( 医中誌 )

  449. 神野 哲也, 古賀 大介, 山内 裕樹, 瀬川 裕子, 石井 研史, 河内 貞臣, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 両側同時大腿骨内反骨切り術を施行した両側ペルテス病の1例 日本小児整形外科学会雑誌. 2010.02; 19 (1): 156. ( 医中誌 )

  450. 山内裕樹, 神野哲也, 古賀大介, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 股関節疾患の診断における関節ブロックの有用性 東日本整形災害外科学会雑誌. 2010; 22 (1): 46-51. ( 医中誌 )

  451. 鈴木康司, 河内貞臣, 神野哲也, 四宮謙一, 森田定雄, 松原正明. 両側寛骨臼回転骨切り術施行例の中期成績 Hip Joint. 2010; 36 613-616. ( 医中誌 )

  452. 古賀大介, 神野哲也, 山内裕樹, 大川淳, 四宮謙一, 森田定雄. 大腿骨コンポーネント形状の違いによる人工股関節置換術周術期の凝固系データ推移の比較 東日本整形災害外科学会雑誌. 2010; 22 (2): 185-188. ( 医中誌 )

  453. 松村惠津子, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 山内裕樹, 四宮謙一. THA症例における静脈血栓症予防のための抗凝固薬の比較検討 東日本整形災害外科学会雑誌. 2010; 22 (2): 226-229. ( 医中誌 )

  454. 神野 哲也, 古賀 大介, 山内 裕樹, 麻生 義則, 森田 定雄, 長谷川 清一郎, 松原 正明, 宗田 大, 四宮 謙一. ハイドロキシアパタイト・コーティング人工股関節置換術の中・長期成績 日本人工関節学会誌. 2009.12; 39 68-69. ( 医中誌 )

  455. 相澤 純也, 神野 哲也, 古賀 大介, 小山 貴之, 中丸 宏二, 森田 定雄. 人工股関節全置換術の術中及び術後における股関節内旋・外旋可動域特性 変形性股関節症に対する後側方進入法THA施行例における検討 日本人工関節学会誌. 2009.12; 39 530-531. ( 医中誌 )

  456. 神野 哲也, 古賀 大介, 山内 裕樹, 相澤 純也, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 人工股関節置換術後の股関節内旋・外旋可動域 日本人工関節学会誌. 2009.12; 39 242-243. ( 医中誌 )

  457. 宇土 美於, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 宗田 大, 四宮 謙一, 森田 定雄. THA症例における静脈血栓症予防のためのフォンダパリヌクスナトリウムの使用経験 Hip Joint. 2009.10; 35 545-548. ( 医中誌 )

  458. 鈴木 康司, 河内 貞臣, 南家 秀樹, 神野 哲也, 瀬川 裕子. 【関節周辺骨折 最近の診断・治療】股関節 大腿骨頸部骨折(転位型)におけるHanssonピンシステムによる骨接合術 別冊整形外科. 2009.10; (56): 104-109. ( 医中誌 )

  459. 山内 裕樹, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 人工股関節置換術における大腿骨側方および前方offsetの変化 straight stemとanatomical stemの比較 Hip Joint. 2009.10; 35 828-831. ( 医中誌 )

  460. 相澤 純也, 神野 哲也, 古賀 大介, 小山 貴之, 小川 英臣, 森田 定雄. 変形性股関節症患者における主観的動作能力と股関節及び腰椎の可動域との関連 Hip Joint. 2009.10; 35 (Suppl.): 159-163. ( 医中誌 )

  461. 神野 哲也, 古賀 大介, 山内 裕樹, 麻生 義則, 宗田 大, 四宮 謙一, 森田 定雄, 相澤 純也. 後側方進入による人工股関節置換術後の股関節内旋・外旋可動域 Hip Joint. 2009.10; 35 181-184. ( 医中誌 )

  462. 松村 惠津子, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. THA症例における静脈血栓症予防のための抗凝固薬の比較検討 東日本整形災害外科学会雑誌. 2009.08; 21 (3): 393. ( 医中誌 )

  463. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 大腿骨コンポーネント形状の違いによる人工股関節置換術周術期の凝固系データ推移の比較 東日本整形災害外科学会雑誌. 2009.08; 21 (3): 300. ( 医中誌 )

  464. 山内 裕樹, 神野 哲也, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳, 四宮 謙一. 股関節疾患における股関節ブロックの有用性についての検討 東日本整形災害外科学会雑誌. 2009.08; 21 (3): 307. ( 医中誌 )

  465. 安永 裕司, 杉山 肇, 福田 寛二, 稲葉 裕, 神野 哲也, 加畑 多文, 三谷 茂, 中島 康晴, 西井 孝, 久保 俊一. 診療ガイドラインの活用と問題点 変形性股関節症診療ガイドラインの作成手順と問題点 関東整形災害外科学会雑誌. 2009.08; 40 (4): 291-292. ( 医中誌 )

  466. 森戸 俊行, 宗田 大, 神野 哲也, 山内 裕樹, 四宮 謙一, 関矢 一郎, 柳下 和慶. 静脈血栓塞栓症(VTE)の予防と対応 関節外科手術における静脈血栓塞栓症の予防方法とその有用性 人工股関節置換術と人工膝関節置換術において 関東整形災害外科学会雑誌. 2009.08; 40 (4): 251. ( 医中誌 )

  467. 神野 哲也. 【整形外科領域のimplant failure 感染と破損、摩耗】インプラントと感染 感染の現況 人工関節 人工関節置換術における術後感染の現況 整形外科. 2009.07; 60 (8): 794-799. ( 医中誌 )

  468. 山内 裕樹, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 人工股関節置換術におけるアナトミカルステムとストレートステムの前捻角の検討 日本整形外科学会雑誌. 2009.03; 83 (3): S426. ( 医中誌 )

  469. 神野 哲也, 青田 恵郎, 阿部 功, 杉山 肇, 福田 寛二, 久保 俊一. 変形性股関節症診療ガイドライン 変形性股関節症診療ガイドライン 病態 日本整形外科学会雑誌. 2009.03; 83 (3): S341. ( 医中誌 )

  470. 安永 裕司, 杉山 肇, 福田 寛二, 稲葉 裕, 神野 哲也, 加畑 多文, 三谷 茂, 中島 康晴, 西井 孝, 久保 俊一. 診療ガイドラインの活用と問題点 変形性股関節症診療ガイドラインの作成手順と問題点 関東整形災害外科学会雑誌. 2009.03; 40 (臨増号外): 120. ( 医中誌 )

  471. 森戸 俊行, 宗田 大, 神野 哲也, 関矢 一郎, 柳下 和慶, 山内 裕樹, 四宮 謙一. 静脈血栓塞栓症(VTE)の予防と対応 関節外科手術における静脈血栓塞栓症の予防方法とその有用性 人工股関節置換術と人工膝関節置換術において 関東整形災害外科学会雑誌. 2009.03; 40 (臨増号外): 49. ( 医中誌 )

  472. 古賀 大介, 神野 哲也, 品田 良之. 5歳で発見された先天性股関節脱臼の1例 日本小児整形外科学会雑誌. 2009.02; 18 (1): 206. ( 医中誌 )

  473. 山田 淳, 長谷川 清一郎, 立石 智彦, 中川 照彦, 土屋 正光, 神野 哲也. ハンソンピンを用いた大腿骨頭すべり症の治療経験 日本整形外科学会雑誌. 2009.02; 83 (2): S172. ( 医中誌 )

  474. 神野 哲也, 古賀 大介, 山内 裕樹, 麻生 義則, 森田 定雄, 長谷川 清一郎, 松原 正明, 宗田 大, 四宮 謙一. 近位ハイドロキシアパタイトコーティング・ストレートステムの中・長期成績 日本整形外科学会雑誌. 2009.02; 83 (2): S108. ( 医中誌 )

  475. 鈴木康司, 河内貞臣, 南家秀樹, 神野哲也, 瀬川裕子. 【関節周辺骨折 最近の診断・治療】 股関節 大腿骨頸部骨折(転位型)におけるHanssonピンシステムによる骨接合術 別冊整形外科. 2009; (56): 104-109. ( 医中誌 )

  476. 神野哲也. 【整形外科領域のimplant failure 感染と破損、摩耗】 インプラントと感染 感染の現況 人工関節 人工関節置換術における術後感染の現況 整形外科. 2009; 60 (8): 794-799. ( 医中誌 )

  477. 神野哲也, 古賀大介, 山内裕樹, 麻生義則, 宗田大, 四宮謙一, 森田定雄, 相澤純也. 後側方進入による人工股関節置換術後の股関節内旋・外旋可動域 Hip Joint. 2009; 35 181-184. ( 医中誌 )

  478. 相澤純也, 神野哲也, 古賀大介, 小山貴之, 中丸宏二, 森田定雄. 人工股関節全置換術の術中及び術後における股関節内旋・外旋可動域特性 変形性股関節症に対する後側方進入法THA施行例における検討 日本人工関節学会誌. 2009; 39 530-531. ( 医中誌 )

  479. 宇土美於, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 山内裕樹, 宗田大, 四宮謙一, 森田定雄. THA症例における静脈血栓症予防のためのフォンダパリヌクスナトリウムの使用経験 Hip Joint. 2009; 35 545-548. ( 医中誌 )

  480. 神野哲也, 古賀大介, 山内裕樹, 相澤純也, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 人工股関節置換術後の股関節内旋・外旋可動域 日本人工関節学会誌. 2009; 39 242-243. ( 医中誌 )

  481. 山内裕樹, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 人工股関節置換術における大腿骨側方および前方offsetの変化 straight stemとanatomical stemの比較 Hip Joint. 2009; 35 828-831. ( 医中誌 )

  482. 神野哲也, 古賀大介, 山内裕樹, 麻生義則, 森田定雄, 長谷川清一郎, 松原正明, 宗田大, 四宮謙一. ハイドロキシアパタイト・コーティング人工股関節置換術の中・長期成績 日本人工関節学会誌. 2009; 39 68-69. ( 医中誌 )

  483. 相澤純也, 神野哲也, 古賀大介, 小山貴之, 小川英臣, 森田定雄. 変形性股関節症患者における主観的動作能力と股関節及び腰椎の可動域との関連 Hip Joint. 2009; 35 (Suppl.): 159-163. ( 医中誌 )

  484. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. セメントレス人工股関節全置換術後のポリエチレンライナー再置換術の短中期成績 日本人工関節学会誌. 2008.12; 38 268-269. ( 医中誌 )

  485. 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. セメントレス臼蓋コンポーネント固定におけるスクリュー使用の影響 両側一期的THAにおける短期X線比較 日本人工関節学会誌. 2008.12; 38 622-623. ( 医中誌 )

  486. 山内 裕樹, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 両側同時THA例における超近位固定型ステムと近位固定型ステムの短期成績比較 日本人工関節学会誌. 2008.12; 38 570-571. ( 医中誌 )

  487. 相澤 純也, 小山 貴之, 神野 哲也, 古賀 大介. 人工股関節全置換術後の爪切り動作自立に要する股関節可動域 日本人工関節学会誌. 2008.12; 38 308-309. ( 医中誌 )

  488. 鈴木 英嗣, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 人工股関節置換術周術期でのD-dimer値の推移について 片側手術例と両側一期的手術例の比較検討 日本人工関節学会誌. 2008.12; 38 462-463. ( 医中誌 )

  489. 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 小皮切後側方進入による人工股関節全置換術 日本人工関節学会誌. 2008.12; 38 420-421. ( 医中誌 )

  490. 土谷 早穂, 鈴木 康司, 吉村 英哉, 河内 貞臣, 森田 定雄, 神野 哲也, 古賀 大介. 腰椎後彎症の進行により反復性人工股関節亜脱臼をきたしカップ再置換を要した1例 日本人工関節学会誌. 2008.12; 38 302-303. ( 医中誌 )

  491. 小谷野 岳, 神野 哲也, 志村 治彦, 太田 剛, 三宅 論彦, 福島 和之, 江幡 重人, 吉田 裕俊, 佐藤 浩一, 四宮 謙一. 複数の血栓性素因を合併した人工股関節置換術 甲状腺機能亢進症と抗カルジオリピン抗体を認めた2例 日本人工関節学会誌. 2008.12; 38 582-583. ( 医中誌 )

  492. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 山内 裕樹, 宗田 大, 四宮 謙一, 森田 定雄. 人工股関節全置換術における創縁皮膚および皮下脂肪の培養結果 Hip Joint. 2008.11; 34 738-741. ( 医中誌 )

  493. 宮崎 恭子, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 人工股関節全置換術の周術期における理学的静脈血栓塞栓症予防 Hip Joint. 2008.11; 34 690-692. ( 医中誌 )

  494. 相澤 純也, 小山 貴之, 神野 哲也, 森田 定雄. 変形性股関節症患者における股関節可動域測定の検者内・検者間再現性 Hip Joint. 2008.11; 34 655-658. ( 医中誌 )

  495. 山内 裕樹, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 股関節疾患における股関節ブロックの有用性について Hip Joint. 2008.11; 34 792-795. ( 医中誌 )

  496. 山田 淳, 立石 智彦, 長谷川 清一郎, 冨岡 秀樹, 神野 哲也, 中川 照彦, 土屋 正光. スポーツ活動歴のある大腿骨頭すべり症の治療経験 日本臨床スポーツ医学会誌. 2008.10; 16 (4): S146. ( 医中誌 )

  497. 柳下 和慶, 山見 信夫, 外川 誠一郎, 金剛寺 純子, 岡崎 史紘, 田之畑 諒, 神野 哲也, 古賀 大介, 宗田 大, 四宮 謙一, 眞野 喜洋. 特発性大腿骨頭壊死に対する高気圧酸素治療 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2008.09; 43 (3): 152. ( 医中誌 )

  498. 山内 裕樹, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 両側同時THAにおけるStryker Super Secur-fit stemとCentPillar stemの短期成績比較 日本整形外科学会雑誌. 2008.02; 82 (2): S196. ( 医中誌 )

  499. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 人工股関節全置換術中に採取した創縁皮膚および皮下脂肪の培養結果 日本整形外科学会雑誌. 2008.02; 82 (2): S201. ( 医中誌 )

  500. 宮崎 恭子, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 人工股関節全置換術後の静脈血栓塞栓症に対する理学的予防法の有用性 日本整形外科学会雑誌. 2008.02; 82 (2): S202. ( 医中誌 )

  501. 小谷野 岳, 志村 治彦, 太田 剛, 三宅 論彦, 福島 和之, 江幡 重人, 吉田 裕俊, 佐藤 浩一, 神野 哲也, 四宮 謙一. 深部静脈血栓症の危険因子を合併した人工股関節置換術 抗リン脂質抗体と甲状腺疾患を合併した2例 関東整形災害外科学会雑誌. 2008.02; 39 (1): 42. ( 医中誌 )

  502. 山内裕樹, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 両側同時THA例における超近位固定型ステムと近位固定型ステムの短期成績比較 日本人工関節学会誌. 2008; 38 570-571. ( 医中誌 )

  503. 古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 山内裕樹, 宗田大, 四宮謙一, 森田定雄. 人工股関節全置換術における創縁皮膚および皮下脂肪の培養結果 Hip Joint. 2008; 34 738-741. ( 医中誌 )

  504. 山内裕樹, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 股関節疾患における股関節ブロックの有用性について Hip Joint. 2008; 34 792-795. ( 医中誌 )

  505. 古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 山内裕樹, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. セメントレス人工股関節全置換術後のポリエチレンライナー再置換術の短中期成績 日本人工関節学会誌. 2008; 38 268-269. ( 医中誌 )

  506. 相澤純也, 小山貴之, 神野哲也, 森田定雄. 変形性股関節症患者における股関節可動域測定の検者内・検者間再現性 Hip Joint. 2008; 34 655-658. ( 医中誌 )

  507. 宮崎恭子, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 山内裕樹, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 人工股関節全置換術の周術期における理学的静脈血栓塞栓症予防 Hip Joint. 2008; 34 690-692. ( 医中誌 )

  508. 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 山内裕樹, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. セメントレス臼蓋コンポーネント固定におけるスクリュー使用の影響 両側一期的THAにおける短期X線比較 日本人工関節学会誌. 2008; 38 622-623. ( 医中誌 )

  509. 相澤純也, 小山貴之, 神野哲也, 古賀大介. 人工股関節全置換術後の爪切り動作自立に要する股関節可動域 日本人工関節学会誌. 2008; 38 308-309. ( 医中誌 )

  510. 土谷早穂, 鈴木康司, 吉村英哉, 河内貞臣, 森田定雄, 神野哲也, 古賀大介. 腰椎後彎症の進行により反復性人工股関節亜脱臼をきたしカップ再置換を要した1例 日本人工関節学会誌. 2008; 38 302-303. ( 医中誌 )

  511. 神野哲也, 古賀大介, 麻生義則, 山内裕樹, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 小皮切後側方進入による人工股関節全置換術 日本人工関節学会誌. 2008; 38 420-421. ( 医中誌 )

  512. 鈴木英嗣, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 山内裕樹, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 人工股関節置換術周術期でのD-dimer値の推移について 片側手術例と両側一期的手術例の比較検討 日本人工関節学会誌. 2008; 38 462-463. ( 医中誌 )

  513. 小谷野岳, 神野哲也, 志村治彦, 太田剛, 三宅論彦, 福島和之, 江幡重人, 吉田裕俊, 佐藤浩一, 四宮謙一. 複数の血栓性素因を合併した人工股関節置換術 甲状腺機能亢進症と抗カルジオリピン抗体を認めた2例 日本人工関節学会誌. 2008; 38 582-583. ( 医中誌 )

  514. 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 山内 裕樹, 雪竹 修司, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. THAステム セメントレス人工股関節置換術における近位固定型ステム周囲の骨リモデリング様式 日本人工関節学会誌. 2007.12; 37 72-73. ( 医中誌 )

  515. 大川 淳, 長井 健人, 野村 徹, 藤谷 克巳, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 山内 浩樹. 手術合併症の原因分析におけるHAZOPの応用 医療の質・安全学会誌. 2007.11; 2 (Suppl.): 234. ( 医中誌 )

  516. 神野 哲也. 【運動器の痛みとその治療】部位別痛みの特徴と診断 下肢 股 ペインクリニック. 2007.10; 28 (別冊秋): S406-S416. ( 医中誌 )

  517. 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 宗田 大, 四宮 謙一, 森田 定雄, 雪竹 修司. 初回人工股関節置換術における退院後早期のADL Hip Joint. 2007.10; 33 302-306. ( 医中誌 )

  518. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 雪竹 修司, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 腰椎側方可動性が人工股関節全置換術前後の腰椎-骨盤冠状面アライメント変化および腰痛に与える影響 Hip Joint. 2007.10; 33 171-175. ( 医中誌 )

  519. 柳下 和慶, 神野 哲也, 山見 信夫, 外川 誠一郎, 眞野 喜洋. 骨軟部組織損傷・感染症に対する高気圧酸素治療 高気圧酸素療法が有効だった一過性大腿骨頭萎縮症の2例 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2007.09; 42 (3): 198. ( 医中誌 )

  520. 木村 浩明, 神野 哲也, 四宮 謙一, 宗田 大. Etanercept投与中に発症した大腿骨頸部骨折の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2007.08; 38 (4): 181. ( 医中誌 )

  521. 神野 哲也, 森田 定雄. 【変形性股関節症のリハビリテーション】人工股関節再置換術のリハビリテーション MEDICAL REHABILITATION. 2007.06; (80): 71-79. ( 医中誌 )

  522. 森田 定雄, 雪竹 修司, 神野 哲也. 肩関節回旋角度の新たな表示法の検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2007.05; 44 (Suppl.): S503. ( 医中誌 )

  523. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 雪竹 修司, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 髄腔占拠型超近位固定セメントレスステムの問題点 日本整形外科学会雑誌. 2007.04; 81 (4): S579. ( 医中誌 )

  524. 木村 浩明, 古賀 大介, 神野 哲也, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. エタネルセプト投与中に発症した大腿骨頸部骨折の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2007.03; 38 (臨増号外): 87. ( 医中誌 )

  525. 神野哲也, 古賀大介, 麻生義則, 宗田大, 四宮謙一, 森田定雄, 雪竹修司. 初回人工股関節置換術における退院後早期のADL Hip Joint. 2007; 33 302-306. ( 医中誌 )

  526. 神野哲也. 【運動器の痛みとその治療】 部位別痛みの特徴と診断 下肢 股 ペインクリニック. 2007; 28 (別冊秋): S406-S416. ( 医中誌 )

  527. 神野哲也, 古賀大介, 麻生義則, 山内裕樹, 雪竹修司, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. THAステム セメントレス人工股関節置換術における近位固定型ステム周囲の骨リモデリング様式 日本人工関節学会誌. 2007; 37 72-73. ( 医中誌 )

  528. 古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 雪竹修司, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 腰椎側方可動性が人工股関節全置換術前後の腰椎-骨盤冠状面アライメント変化および腰痛に与える影響 Hip Joint. 2007; 33 171-175. ( 医中誌 )

  529. 神野哲也, 森田定雄. 【変形性股関節症のリハビリテーション】 人工股関節再置換術のリハビリテーション MEDICAL REHABILITATION. 2007; (80): 71-79. ( 医中誌 )

  530. 山内 裕樹, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. THA(臨床成績) 両側同時THA例におけるZIMMER VerSys Taper stemとMidcoat stemの短期成績比較 日本人工関節学会誌. 2006.12; 36 140-141. ( 医中誌 )

  531. 吉井 俊貴, 神野 哲也, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 両側同時人工股関節全置換術後の可動域変化についての検討 整形外科. 2006.12; 57 (13): 1681-1686. ( 医中誌 )

  532. 古賀 大介, 神野 哲也, 雪竹 修司, 麻生 義則, 山内 裕樹, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 人工関節周囲骨折 セメントレス人工股関節置換術における大腿骨骨折 日本人工関節学会誌. 2006.12; 36 104-105. ( 医中誌 )

  533. 山内 裕樹, 神野 哲也, 麻生 義則, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 両側同時THA例におけるZIMMER VerSys Taper stemとMidcoat stemの短期成績比較 Hip Joint. 2006.10; 32 469-472. ( 医中誌 )

  534. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 山内 裕樹, 雪竹 修司, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 術前腰椎側方可動性がTHA術後の自覚的脚長差に与える影響 Hip Joint. 2006.10; 32 371-374. ( 医中誌 )

  535. 森田 定雄, 雪竹 修司, 神野 哲也. 両側一期的人工股関節置換術のリハビリテーションと退院直後の状況 リハビリテーション医学. 2006.05; 43 (Suppl.): S385. ( 医中誌 )

  536. 古賀 大介, 神野 哲也, 宗田 大, 四宮 謙一. 後側方アプローチを用いた小切開THAの検討 東日本整形災害外科学会雑誌. 2006.03; 18 (1): 46-49. ( 医中誌 )

  537. 古賀 大介, 神野 哲也, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 腰椎側方可動性が人工股関節前後の腰椎 骨盤冠状面アライメント変化および腰痛に与える影響 日本脊椎脊髄病学会雑誌. 2006.03; 17 (1(1/2)): 175-176. ( 医中誌 )

  538. 山内裕樹, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. THA(臨床成績) 両側同時THA例におけるZIMMER VerSys Taper stemとMidcoat stemの短期成績比較 日本人工関節学会誌. 2006; 36 140-141. ( 医中誌 )

  539. 古賀大介, 神野哲也, 雪竹修司, 麻生義則, 山内裕樹, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 人工関節周囲骨折 セメントレス人工股関節置換術における大腿骨骨折 日本人工関節学会誌. 2006; 36 104-105. ( 医中誌 )

  540. 吉井俊貴, 神野哲也, 古賀大介, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 両側同時人工股関節全置換術後の可動域変化についての検討 整形外科. 2006; 57 (13): 1681-1686. ( 医中誌 )

  541. 山内裕樹, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 両側同時THA例におけるZIMMER VerSys Taper stemとMidcoat stemの短期成績比較 Hip Joint. 2006; 32 469-472. ( 医中誌 )

  542. 古賀大介, 神野哲也, 宗田大, 四宮謙一. 後側方アプローチを用いた小切開THAの検討 東日本整形災害外科学会雑誌. 2006; 18 (1): 46-49. ( 医中誌 )

  543. 古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 山内裕樹, 雪竹修司, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 術前腰椎側方可動性がTHA術後の自覚的脚長差に与える影響 Hip Joint. 2006; 32 371-374. ( 医中誌 )

  544. 神野 哲也, 古賀 大介, 宗田 大, 四宮 謙一, 森田 定雄. High offset stemを用いた人工股関節置換術後のfemoral offsetの変化 日本人工関節学会誌. 2005.12; 35 193-194. ( 医中誌 )

  545. 古賀 大介, 神野 哲也, 宗田 大, 四宮 謙一, 森田 定雄. 人工股関節可動域に対する骨頭径の影響 日本人工関節学会誌. 2005.12; 35 307-308. ( 医中誌 )

  546. 古賀 大介, 神野 哲也, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 日本人女性における正常股関節臼蓋前方被覆 Hip Joint. 2005.10; 31 291-294. ( 医中誌 )

  547. 正岡 智和, 神野 哲也, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 臼蓋骨折を契機として発症したと考えられる急速破壊型股関節症の1例 Hip Joint. 2005.10; 31 402-405. ( 医中誌 )

  548. 長谷川 清一郎, 土屋 正光, 森田 定雄, 神野 哲也, 四宮 謙一. 進行期以降の股関節症に対する大腿骨外反骨切り術の成績 Hip Joint. 2005.10; 31 329-335. ( 医中誌 )

  549. 古賀 大介, 神野 哲也, 宗田 大, 四宮 謙一. 後側方アプローチを用いた小切開THAの検討 東日本整形災害外科学会雑誌. 2005.08; 17 (3): 354. ( 医中誌 )

  550. 若杉 琢磨, 神野 哲也, 宗田 大, 四宮 謙一, 長谷川 清一郎, 松原 正明. 私が選ぶセメントレス人工股関節 ハイドロキシアパタイトコーティングインプラントによる人工股関節全置換術 関東整形災害外科学会雑誌. 2005.08; 36 (4): 178-179. ( 医中誌 )

  551. 森田 定雄, 中村 浩, 野本 彰, 葛山 智宏, 神野 哲也. 人工股関節置換術2週入院プログラムの検討 総合リハビリテーション. 2005.06; 33 (6): 571-574. ( 医中誌 )

  552. 宮崎 牧子, 神野 哲也, 古賀 大介, 中村 浩, 森田 定雄. THAにおけるfemoral offsetと自覚的脚長差について リハビリテーション医学. 2005.05; 42 (Suppl.): S286. ( 医中誌 )

  553. 神野 哲也, 古賀 大介, 宮崎 牧子, 中村 浩, 雪竹 修司, 森田 定雄. 人工股関節置換術前後の大腿骨オフセットの変化 リハビリテーション医学. 2005.05; 42 (Suppl.): S406. ( 医中誌 )

  554. 古賀 大介, 神野 哲也, 宗田 大, 中村 浩, 森田 定雄. 人工股関節置換術後の自覚的脚長差に対する腰椎可動性の影響 リハビリテーション医学. 2005.05; 42 (Suppl.): S286. ( 医中誌 )

  555. 中村 浩, 森田 定雄, 神野 哲也. 人工股関節置換術後の屈曲可動域 両側罹患片側手術・両側罹患両側同時手術・片側罹患片側手術の比較 リハビリテーション医学. 2005.05; 42 (Suppl.): S286. ( 医中誌 )

  556. 松原 正明, 鈴木 康司, 神野 哲也, 古賀 大介, 平澤 直之, 宗田 大, 四宮 謙一. 京セラ社製セメントレスセラミック・セラミック人工股関節の中期成績 日本整形外科学会雑誌. 2005.04; 79 (4): S409. ( 医中誌 )

  557. 古賀 大介, 神野 哲也, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 人工股関節脱臼対策としての大径骨頭の効果 日本整形外科学会雑誌. 2005.04; 79 (4): S427. ( 医中誌 )

  558. 若杉 琢磨, 神野 哲也, 古賀 大介, 宮崎 牧子, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. ハイドロキシアパタイトコーティングインプラントによる人工股関節置換術 関東整形災害外科学会雑誌. 2005.03; 36 (臨増号外): 52. ( 医中誌 )

  559. 古賀大介, 神野哲也, 宗田大, 四宮謙一, 森田定雄. 人工股関節可動域に対する骨頭径の影響 日本人工関節学会誌. 2005; 35 307-308. ( 医中誌 )

  560. 神野哲也, 古賀大介, 宗田大, 四宮謙一, 森田定雄. High offset stemを用いた人工股関節置換術後のfemoral offsetの変化 日本人工関節学会誌. 2005; 35 193-194. ( 医中誌 )

  561. 長谷川清一郎, 土屋正光, 森田定雄, 神野哲也, 四宮謙一. 進行期以降の股関節症に対する大腿骨外反骨切り術の成績 Hip Joint. 2005; 31 329-335. ( 医中誌 )

  562. 古賀大介, 神野哲也, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 日本人女性における正常股関節臼蓋前方被覆 Hip Joint. 2005; 31 291-294. ( 医中誌 )

  563. 正岡智和, 神野哲也, 古賀大介, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 臼蓋骨折を契機として発症したと考えられる急速破壊型股関節症の1例 Hip Joint. 2005; 31 402-405. ( 医中誌 )

  564. 森田定雄, 中村浩, 野本彰, 葛山智宏, 神野哲也. 人工股関節置換術2週入院プログラムの検討 総合リハビリテーション. 2005; 33 (6): 571-574. ( 医中誌 )

  565. 古賀 大介, 二村 昭元, 神野 哲也. 【THAにおけるMinimally Invasive Surgery】小切開手技によるTHAの検討 骨・関節・靱帯. 2004.12; 17 (12): 1371-1375. ( 医中誌 )

  566. 神野 哲也, 古賀 大介, 宗田 大, 四宮 謙一, 森田 定雄, 長谷川 清一郎, 松原 正明. Omniflex型ステムを用いた人工股関節置換術の10年経過例の検討 日本人工関節学会誌. 2004.12; 34 49-50. ( 医中誌 )

  567. 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 宗田 大, 四宮 謙一, 森田 定雄. 人工股関節安定性に対する骨頭径とフェモラル・オフセットの影響 術中評価 Hip Joint. 2004.10; 30 572-576. ( 医中誌 )

  568. 長谷川 清一郎, 土屋 正光, 山崎 健仁, 森田 定雄, 松原 正明, 神野 哲也, 四宮 謙一. 初期・進行期の股関節症に対する寛骨臼回転骨切り術の成績 Hip Joint. 2004.10; 30 312-317. ( 医中誌 )

  569. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 臼蓋荷重部前方被覆の単純X線計測 Hip Joint. 2004.10; 30 463-467. ( 医中誌 )

  570. 榊 経平, 神野 哲也, 二村 昭元, 宗田 大, 四宮 謙一. 股関節臼蓋前方被覆のX線評価 関東整形災害外科学会雑誌. 2004.08; 35 (4): 277. ( 医中誌 )

  571. 神野 哲也, 森田 定雄, 長谷川 清一郎, 松原 正明, 宗田 大, 四宮 謙一. Omniflex型ステムを用いたセメントレス人工股関節置換術の長期成績 東日本整形災害外科学会雑誌. 2004.06; 16 (2): 249-253. ( 医中誌 )

  572. 森田 定雄, 中村 浩, 神野 哲也. 人工股関節置換術に対する2週入院リハビリテーションプログラム リハビリテーション医学. 2004.05; 41 (Suppl.): S205. ( 医中誌 )

  573. 古賀 大介, 神野 哲也, 二村 昭元, 河内 貞臣, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. ハイドロキシアパタイトコーティング臼蓋コンポーネントを用いた人工股関節置換術のX線学的検討 日本整形外科学会雑誌. 2004.04; 78 (4): S396. ( 医中誌 )

  574. 菜畑 剛一, 湯川 佳宣, 鈴木 博之, 神野 哲也, 伏見 昌樹. 大腿骨転子部骨折術後に骨頭壊死を生じた2例 整形外科. 2004.04; 55 (4): 431-434. ( 医中誌 )

  575. 長谷川 清一郎, 土屋 正光, 山崎 健仁, 神野 哲也, 四宮 謙一. 初期・進行期の股関節症に対する大腿骨外反骨切り術の成績 日本整形外科学会雑誌. 2004.03; 78 (3): S48. ( 医中誌 )

  576. 二村 昭元, 神野 哲也, 古賀 大介, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 小切開手技による人工股関節置換術の検討 日本整形外科学会雑誌. 2004.03; 78 (3): S163. ( 医中誌 )

  577. 榊 経平, 神野 哲也, 古賀 大介, 二村 昭元, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 股関節臼蓋前方被覆のX線評価 関東整形災害外科学会雑誌. 2004.03; 35 (臨増号外): 70. ( 医中誌 )

  578. 長谷川清一郎, 土屋正光, 山崎健仁, 森田定雄, 松原正明, 神野哲也, 四宮謙一. 初期・進行期の股関節症に対する寛骨臼回転骨切り術の成績 Hip Joint. 2004; 30 312-317. ( 医中誌 )

  579. 古賀大介, 二村昭元, 神野哲也. 【THAにおけるMinimally Invasive Surgery】 小切開手技によるTHAの検討 骨・関節・靱帯. 2004; 17 (12): 1371-1375. ( 医中誌 )

  580. 神野哲也, 古賀大介, 麻生義則, 宗田大, 四宮謙一, 森田定雄. 人工股関節安定性に対する骨頭径とフェモラル・オフセットの影響 術中評価 Hip Joint. 2004; 30 572-576. ( 医中誌 )

  581. 古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一. 臼蓋荷重部前方被覆の単純X線計測 Hip Joint. 2004; 30 463-467. ( 医中誌 )

  582. 神野哲也, 古賀大介, 宗田大, 四宮謙一, 森田定雄, 長谷川清一郎, 松原正明. Omniflex型ステムを用いた人工股関節置換術の10年経過例の検討 日本人工関節学会誌. 2004; 34 49-50. ( 医中誌 )

  583. 菜畑剛一, 湯川佳宣, 鈴木博之, 神野哲也, 伏見昌樹. 大腿骨転子部骨折術後に骨頭壊死を生じた2例 整形外科. 2004; 55 (4): 431-434. ( 医中誌 )

  584. 神野哲也, 森田定雄, 長谷川清一郎, 松原正明, 宗田大, 四宮謙一. Omniflex型ステムを用いたセメントレス人工股関節置換術の長期成績 東日本整形災害外科学会雑誌. 2004; 16 (2): 249-253. ( 医中誌 )

  585. 神野 哲也, 森田 定雄. 【大腿骨頸部骨折リハビリテーション実践マニュアル】大腿骨頸部骨折のリハビリテーション総説 MEDICAL REHABILITATION. 2003.12; (36): 1-9. ( 医中誌 )

  586. 神野 哲也, 麻生 義則, 久留 水彩, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一, 松原 正明. 人工股関節可動域に対する骨頭径の影響 術中可動域評価による検討 日本人工関節学会誌. 2003.12; 33 13-14. ( 医中誌 )

  587. 鈴木 康司, 河内 貞臣, 松原 正明, 神野 哲也, 麻生 義則, 森田 定雄. オイラー角を用いた人工股関節置換術後の骨性インピンジメントに関する回旋角度評価 Hip Joint. 2003.10; 29 485-489. ( 医中誌 )

  588. 松原 正明, 鈴木 康司, 川崎 修平, 神野 哲也, 麻生 義則, 四宮 謙一, 長谷川 清一郎, 森田 定雄. 股関節手術における成否を左右する手技のポイント 人工股関節置換術後脱臼防止策の成果 Hip Joint. 2003.10; 29 41-46. ( 医中誌 )

  589. 神野 哲也, 森田 定雄, 長谷川 清一郎, 松原 正明, 宗田 大, 四宮 謙一. Omniflex型ステムを用いたセメントレス人工股関節置換術の長期成績 東日本整形災害外科学会雑誌. 2003.08; 15 (3): 502. ( 医中誌 )

  590. 四宮 謙一, 神野 哲也, 古賀 大介, 浅野 浩司, 松原 正明. 股関節手術後肺塞栓予防におけるフットポンプの有用性において 東日本整形災害外科学会雑誌. 2003.08; 15 (3): 400. ( 医中誌 )

  591. 神野 哲也, 森田 定雄, 松原 正明, 宗田 大. 人工股関節の脱臼安定性に対する骨頭径の影響 リハビリテーション医学. 2003.05; 40 (Suppl.): S243. ( 医中誌 )

  592. 松原 正明, 神野 哲也, 鈴木 康司, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一, 池田 浩夫, 佐藤 良治. THA術前後における患者活動度の量的質的評価 日本整形外科学会雑誌. 2003.04; 77 (4): S442. ( 医中誌 )

  593. 森田 定雄, 窪田 浩平, 神野 哲也, 相澤 純也, 葛山 智弘, 野本 彰. セメントレス人工股関節置換術3週入院リハビリテーションプログラムの検討 総合リハビリテーション. 2003.04; 31 (4): 379-382. ( 医中誌 )

  594. 矢沢 光, 神野 哲也, 久留 水彩, 古賀 大介, 宗田 大, 四宮 謙一, 窪田 浩平, 森田 定雄. 切断肢に生じた大腿骨頸部骨折の2例 関東整形災害外科学会雑誌. 2003.02; 34 (1): 88. ( 医中誌 )

  595. 神野哲也, 森田定雄. 【大腿骨頸部骨折リハビリテーション実践マニュアル】 大腿骨頸部骨折のリハビリテーション総説 MEDICAL REHABILITATION. 2003; (36): 1-9. ( 医中誌 )

  596. 松原正明, 鈴木康司, 川崎修平, 神野哲也, 麻生義則, 四宮謙一, 長谷川清一郎, 森田定雄. 股関節手術における成否を左右する手技のポイント 人工股関節置換術後脱臼防止策の成果 Hip Joint. 2003; 29 41-46. ( 医中誌 )

  597. 鈴木康司, 河内貞臣, 松原正明, 神野哲也, 麻生義則, 森田定雄. オイラー角を用いた人工股関節置換術後の骨性インピンジメントに関する回旋角度評価 Hip Joint. 2003; 29 485-489. ( 医中誌 )

  598. 神野哲也, 麻生義則, 久留水彩, 森田定雄, 宗田大, 四宮謙一, 松原正明. 人工股関節可動域に対する骨頭径の影響 術中可動域評価による検討 日本人工関節学会誌. 2003; 33 13-14. ( 医中誌 )

  599. 森田定雄, 窪田浩平, 神野哲也, 相澤純也, 葛山智弘, 野本彰. セメントレス人工股関節置換術3週入院リハビリテーションプログラムの検討 総合リハビリテーション. 2003; 31 (4): 379-382. ( 医中誌 )

  600. 松原 正明, 鈴木 康司, 神野 哲也, 麻生 義則, 宗田 大, 四宮 謙一. 二次性股関節症におけるstem前捻と大腿骨前捻 日本人工関節学会誌. 2002.12; 32 195-196. ( 医中誌 )

  601. 松原 正明, 鈴木 康司, 神野 哲也, 麻生 義則, 宗田 大, 四宮 謙一. 人工股関節の製品精度 日本人工関節学会誌. 2002.12; 32 75-76. ( 医中誌 )

  602. 鈴木 康司, 松原 正明, 神野 哲也, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 臼蓋設置位置によるTHA後の内旋方向における骨性インピンジについて 日本人工関節学会誌. 2002.12; 32 193-194. ( 医中誌 )

  603. 佐藤 哲也, 神野 哲也, 酒井 裕, 南家 秀樹, 平川 牧, 河内 貞臣. polyethylene linerが脱転したTHAの1例 茨城県臨床医学雑誌. 2002.11; (38): 69. ( 医中誌 )

  604. 鈴木 康司, 松原 正明, 神野 哲也, 麻生 義則, 森田 定雄. Ceramic on Ceramic人工股関節(京セラ)の短期成績 Hip Joint. 2002.09; 28 424-426. ( 医中誌 )

  605. 猪瀬 弘之, 松原 正明, 神野 哲也, 四宮 謙一. ハイドロキシアパタイト・コーティング人工股関節の中期成績 関東整形災害外科学会雑誌. 2002.08; 33 (4): 236. ( 医中誌 )

  606. 松原 正明, 神野 哲也, 鈴木 康司, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. THA用ポリエチレンライナーと骨頭の製品加工精度 日本整形外科学会雑誌. 2002.03; 76 (3): S216. ( 医中誌 )

  607. 鈴木 康司, 松原 正明, 神野 哲也, 麻生 義則, 宗田 大, 四宮 謙一, 石田 明允. オイラー角を用いた人工股関節置換術後の骨性インピンジ計測について 日本整形外科学会雑誌. 2002.03; 76 (3): S22. ( 医中誌 )

  608. 神野 哲也, 松原 正明, 森田 定雄, 麻生 義則, 宗田 大, 四宮 謙一. ハイドロキシアパタイトコーティング臼蓋コンポーネントを用いた人工股関節置換術5年経過例の臼蓋側のX線学的評価 日本整形外科学会雑誌. 2002.03; 76 (3): S159. ( 医中誌 )

  609. 猪瀬 弘之, 松原 正明, 神野 哲也, 麻生 義則, 森田 定雄, 四宮 謙一. ハイドロキシアパタイト・コーティング 人工股関節の中期成績 関東整形災害外科学会雑誌. 2002.03; 33 (臨増号外): 113. ( 医中誌 )

  610. 松原 正明, 鈴木 康司, 神野 哲也, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 四宮 謙一. 二次性股関節症の人工股関節置換術におけるstem前捻と大腿骨前捻 日本整形外科学会雑誌. 2002.03; 76 (3): S21. ( 医中誌 )

  611. 佐藤 哲也, 神野 哲也, 南家 秀樹, 久留 水彩, 河内 貞臣. ポリエチレンライナーが脱転した人工股関節全置換術の1例 整形外科. 2002.02; 53 (2): 191-193. ( 医中誌 )

  612. 佐藤哲也, 神野哲也, 南家秀樹, 久留水彩, 河内貞臣. ポリエチレンライナーが脱転した人工股関節全置換術の1例 整形外科. 2002; 53 (2): 191-193. ( 医中誌 )

  613. 鈴木康司, 松原正明, 神野哲也, 麻生義則, 森田定雄. Ceramic on Ceramic人工股関節(京セラ)の短期成績 Hip Joint. 2002; 28 424-426. ( 医中誌 )

  614. 平沢 直之, 南家 秀樹, 神野 哲也, 久留 水彩, 河内 貞臣. 下肢開放骨折術後に発生した足趾塞栓症と思われる1例 茨城県農村医学会雑誌. 2001.10; 14 87-89. ( 医中誌 )

  615. 久留 水彩, 神野 哲也, 南家 秀樹, 佐藤 哲也, 河内 貞臣. 石灰沈着に伴い手根管症候群を呈した2例 関東整形災害外科学会雑誌. 2001.10; 32 (5): 331. ( 医中誌 )

  616. 平澤 直之, 南家 秀樹, 神野 哲也, 久留 水彩, 河内 貞臣. 硬膜内クモ膜嚢腫に合併した特発性脊髄ヘルニアの1例 茨城県臨床医学雑誌. 2001.09; (37): 72. ( 医中誌 )

  617. 久留 水彩, 神野 哲也, 南家 秀樹, 佐藤 哲也, 河内 貞臣. 石灰沈着により手根管症候群を呈した2例 関東整形災害外科学会雑誌. 2001.05; 32 (臨増号外): 81. ( 医中誌 )

  618. 平沢直之, 南家秀樹, 神野哲也, 久留水彩, 河内貞臣. 下肢開放骨折術後に発生した足趾塞栓症と思われる1例 茨城県農村医学会雑誌. 2001; 14 87-89. ( 医中誌 )

  619. 朱 寧進, 河内 貞臣, 南家 秀樹, 神野 哲也, 富澤 将司. プロステーシスの入った大腿骨に骨折を生じた2例 茨城県臨床医学雑誌. 2000.09; (36): 64-65. ( 医中誌 )

  620. 神野 哲也, 石井 研史, 河内 貞臣. 大腿骨頸部内側骨折に対するハンソンピンシステムによる骨接合術 Hip Joint. 2000.09; 26 218-222. ( 医中誌 )

  621. 富澤 将司, 南家 秀樹, 神野 哲也, 朱 寧進, 河内 貞臣. 脊椎損傷を合併した強直性脊椎炎の2例 茨城県臨床医学雑誌. 2000.09; (36): 67. ( 医中誌 )

  622. 神野 哲也, Goldberg Victor M.. カルシウムイオン注入チタン合金の犬人工股関節モデルによる評価 日本整形外科学会雑誌. 2000.08; 74 (8): S1787. ( 医中誌 )

  623. 相澤 充, 神野 哲也, 石井 研史, 河内 貞臣. 1指における2関節同時脱臼の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2000.04; 31 (2): 87-90. ( 医中誌 )

  624. 富澤 將司, 南家 秀樹, 神野 哲也, 朱 寧進, 河内 貞臣. 上腕骨近位の4-part脱臼骨折の治療経験 日本農村医学会雑誌. 2000.03; 48 (6): 901. ( 医中誌 )

  625. 相澤充, 神野哲也, 石井研史, 河内貞臣. 1指における2関節同時脱臼の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2000; 31 (2): 87-90. ( 医中誌 )

  626. 神野哲也, 石井研史, 河内貞臣. 大腿骨頸部内側骨折に対するハンソンピンシステムによる骨接合術 Hip Joint. 2000; 26 218-222. ( 医中誌 )

  627. 相澤 充, 南家 秀樹, 神野 哲也, 石井 研史, 河内 貞臣. 大腿骨髄内釘の抜去に起因する骨折を生じた1例 茨城県農村医学会雑誌. 1999.11; 12 79-81. ( 医中誌 )

  628. 神野 哲也, Goldberg Victor M.. ハイドロキシアパタイト・コーティング及びハイドロキシアパタイト・三リン酸カルシウム・コーティングの生体内における比較 日本整形外科学会雑誌. 1999.08; 73 (8): S1687. ( 医中誌 )

  629. 相澤 充, 神野 哲也, 石井 研史, 河内 貞臣. 1指における2関節同時脱臼の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 1999.06; 30 (3): 284. ( 医中誌 )

  630. 相澤 充, 石井 研史, 南家 秀樹, 神野 哲也, 河内 貞臣. 大腿骨髄内釘の抜去に起因する骨折を生じた1例 日本農村医学会雑誌. 1999.05; 48 (1): 76. ( 医中誌 )

  631. 北井 淳, 河内 貞臣, 神野 哲也, 石井 研史, 相澤 充. ハンソンピンにて大腿骨頭すべり症を経皮的に固定した1例 関東整形災害外科学会雑誌. 1999.04; 30 (2): 150-151. ( 医中誌 )

  632. 相澤充, 南家秀樹, 神野哲也, 石井研史, 河内貞臣. 大腿骨髄内釘の抜去に起因する骨折を生じた1例 茨城県農村医学会雑誌. 1999; 12 79-81. ( 医中誌 )

  633. 石井 研史, 松原 正明, 神野 哲也. 人工股関節置換術におけるソケット設置角に及ぼす側臥位固定法の影響 関東整形災害外科学会雑誌. 1996.10; 27 (5): 438-442. ( 医中誌 )

  634. 石井研史, 松原正明, 神野哲也. 人工股関節置換術におけるソケット設置角に及ぼす側臥位固定法の影響 関東整形災害外科学会雑誌. 1996; 27 (5): 438-442. ( 医中誌 )

  635. 神野 哲也, 佐藤 浩一, 野本 栄. 劇症型A群連鎖球菌による下腿壊死性筋炎の1例 臨床整形外科. 1995.09; 30 (9): 1083-1087. ( 医中誌 )

  636. 神野 哲也. 神経損傷を伴った仙骨横骨折の1例 埼玉県医学会雑誌. 1995.03; 29 (6): 1033. ( 医中誌 )

  637. 神野哲也, 佐藤浩一, 野本栄, 他. 劇症型A群連鎖球菌による下腿壊死性筋炎の1例 臨床整形外科. 1995; 30 (9): 1083-1087. ( 医中誌 )

  638. 長谷川 清一郎, 神野 哲也, 松原 正明. 変形性膝関節症に対する組織活性型鎮痛・抗炎症例インフリー(R)の臨床効果に関する検討 QOL評価と日本整形外科学会「変形性膝関節症治療成績判定基準」との関連性について 臨牀と研究. 1994.11; 71 (11): 3009-3018. ( 医中誌 )

  639. 神野 哲也. 下腿壊死性筋膜炎の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 1994.10; 25 (5): 624. ( 医中誌 )

  640. 神野 哲也. 神経損傷を伴った仙骨横骨折の2例 日本パラプレジア医学会雑誌. 1994.04; 7 (1): 276-277. ( 医中誌 )

  641. 長谷川清一郎, 神野哲也, 松原正明, 他. 変形性膝関節症に対する組織活性型鎮痛・抗炎症例インフリー(R)の臨床効果に関する検討 QOL評価と日本整形外科学会「変形性膝関節症治療成績判定基準」との関連性について 臨牀と研究. 1994; 71 (11): 3009-3018. ( 医中誌 )

  642. 神野 哲也. 脊椎圧迫骨折にて発見されたCushing症候群の1例 茨城県臨床医学雑誌. 1993.08; (29): 104. ( 医中誌 )

  643. 神野 哲也. 脊椎圧迫骨折にて発見されたCushing症候群の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 1993.06; 24 (3): 351. ( 医中誌 )

  644. 神野 哲也. Cross-Foot Medial Plantar Flapによる踵部皮膚再建の一例 日本農村医学会雑誌. 1992.09; 41 (3): 574-575. ( 医中誌 )

  645. 神野 哲也, 川口 智義, 松本 誠一. 骨外性粘液型軟骨肉腫の2例 整形外科. 1992.02; 43 (2): 201-206. ( 医中誌 )

  646. 神野哲也, 川口智義, 松本誠一, 他. 骨外性粘液型軟骨肉腫の2例 整形外科. 1992; 43 (2): 201-206. ( 医中誌 )

  647. 神野 哲也. 骨外性粘液型軟骨肉腫の2例 関東整形災害外科学会雑誌. 1991.02; 22 (1): 140. ( 医中誌 )

  648. Omniflex型ステムを用いたセメントレス人工股関節置換術の長期成績 東日本整災会誌. 2004; 16: 249-253

  649. 大腿骨頸部骨折のリハビリテーション総説 MB Med Reha (Monthly Book Medical Rehabilitation). 2003; 36: 1-9

  650. Fixation of Femoral Neck Fractures with Hansson Hook Pins Hip Joint. 2000; 26 218-222.

  651. 大腿骨頚部内側骨折に対するハンソンピンシステムによる骨接合術(共著) Hip Joint. 2000; 26 218-222.

  652. The Effects of Processing and Low Dose Irradiation on Cortical Bone Grafts. Clinical Orthopaedics and Related Research. 2000; 375 275-285.

  653. Jinno T, Miric A, Feighan J, Kirk SK, Davy DT, Stevenson S. The effects of processing and low dose irradiation on cortical bone grafts. Clinical Orthopaedics and Related Research. 2000; 375: 275-285

  654. The Bone-Implant Interface : A Dynamic Surface. Journal of Long Term Effects of Medical Implants. 1999; 9 (1-2): 11-21.

  655. Goldberg VM, Jinno T. The bone-implant interface: a dynamic surface. J Long Term Eff Med Implants. Journal of Long Term Effects of Medical Implants. 1999; 9(1-2): 11-21

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Jinno T, Watanabe T, Yagishita K. What’s new in orthopedics: Asian perspective - hip?. Courtney PM, ed. Recent Advances in Orthopedics -2. Jaypee Brothers Medical Publishers, 2018.04 What’s new in orthopedics: Asian perspective - hip?

  2. Watanabe T, Jinnno T, Yagishita K. What’s new in orthopedics: Asian perspective - knee?. Courtney PM, ed. Recent Advances in Orthopedics -2. Jaypee Brothers Medical Publishers, 2018.04 What’s new in orthopedics: Asian perspective - knee?

  3. 神野 哲也. BHA・THA 人工股関節置換術パーフェクト:第4章 合併症対策・術後管理 より安全な手術を行うために  神経血管損傷. 羊土社, 2021.03 第4章 合併症対策・術後管理 より安全な手術を行うために:神経血管損傷

  4. 神野 哲也. BHA・THA 人工股関節置換術パーフェクト:第3章 手術手技の実際 Fit & fillストレートステムを用いた手術. 羊土社, 2021.03 第3章 手術手技の実際:Fit & fillストレートステムを用いた手術 (ISBN : 978-4-7581-1896-5)

  5. 高田 亮平, 神野 哲也. BHA・THA 人工股関節置換術パーフェクト:第3章手術手技の実際 Polish taperステムを用いた手術. 羊土社, 2021.03 第3章手術手技の実際:Polish taperステムを用いた手術

  6. 高田 亮平, 神野 哲也. BHA・THA 人工股関節置換術パーフェクト:第3章手術手技の実際 仰臥位前側方進入. 羊土社, 2021.03 第3章手術手技の実際:仰臥位前側方進入

  7. 品田 良太, 神野 哲也. BHA・THA 人工股関節置換術パーフェクト:第3章 手術手技の実際 側臥位前側方進入. 羊土社, 2021.03 第3章 手術手技の実際:側臥位前側方進入

  8. 神野 哲也. 整形外科診療のためのガイドライン活用術 「変形性股関節症」. 2019 変形性股関節症

  9. 神野哲也. 人工股関節のバイオマテリアル 材料選択からデザインまで. メジカルビュー社, 2017.05 セメント/セメントレスステム

  10. 神野哲也. リウマチ病学テキスト改訂第2版 日本リウマチ財団教育研修委員会・日本リウマチ学会生涯教育委員会編. 診断と治療社, 2016.01 変形性関節症各論-変形性股関節症

  11. 高田亮平、神野哲也. 整形外科SURGICAL TECHNIQUE BOOKS 3 人工股関節置換術 [THA・BHA] 人工関節の基礎知識、基本テクニック、合併症対策. 2016.01 人工骨頭、人工股関節置換術における脱臼の予防と対策

  12. 谷口直史, 神野哲也, 森田定雄. 先端医療シリーズ47 臨床医とコメディカルのための最新リハビリテーション. (株)寺田国際事務所/先端医療技術研究所, 2016 下肢変形性関節症に対する股・膝関節のリハビリテーション

  13. 神野哲也, 谷口直史, 森田定雄. 先端医療シリーズ47 臨床医とコメディカルのための最新リハビリテーション. (株)寺田国際事務所/先端医療技術研究所, 2016 人工関節の新たな流れ

  14. 神野哲也. 下肢臨床症候の診かた・考え方 吉矢晋一、帖佐悦男、田中康仁編集. 南山堂, 2015.11 股関節・骨盤部の臨床診断総論 中・高齢者の診かた

  15. 瀬川 裕子、神野哲也. 股関節学.久保俊一編著「ギプス療法」. 金芳堂, 2014.03 ギプス療法

  16. 瀬川 裕子、神野哲也、久保俊一. 股関節学.久保俊一編著「Pemberton骨盤骨切り術」. 金芳堂, 2014.03 Pemberton骨盤骨切り術

  17. 瀬川 裕子、神野哲也. 股関節学.久保俊一編著「股関節の発育」. 金芳堂, 2014.03 股関節の発育

  18. 瀬川 裕子、神野哲也. 股関節学.久保俊一編著「特発性軟骨溶解症」. 金芳堂, 2014.03 特発性軟骨溶解症

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yuko Segawa, Tetsuya Jinno, Masaaki Matsubara, Yusuke Matsuyama, Takeo Fujiwara, Atsushi Okawa. Do adult hip dysplasia patients who underwent periacetabular osteotomy recommend Salter innominate osteotomy for children to prevent hip osteoarthritis?. The KHS 40th Anniversary:2021 International Congress of the Korean Hip Society 2021.09.09 Seoul, Korea

  2. Tetsuya Jinno, Yutaka Inaba, Tamon Kabata, Tomohiro Goto, Kazumasa Miyatake, Shigeru Mitani. Clinical results of bipolar hemiarthroplasty for femoral neck fractures: A multicenter prospective observational study. 94th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2021.05.20 Tokyo, JAPAN

  3. Takahisa Ogawa, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Association between Hospital Surgical Volume and Complications after Total Hip Arthroplasty in Femoral Neck Fracture: a Propensity Score-matched Cohort Study. 94th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2021.05.20 Tokyo Japan

  4. Takahisa Ogawa, Testuya Jinno , Atsushi Okawa. Age and perioperative outcomes after hip fracture surgery: Does octogenarian, nonagenarian, centenarian matter? . 94th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2021.05.20 Tokyo Japan

  5. Toshifumi Watanabe, Hideyuki Koga, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Yusuke Nakagawa, Takeshi Muneta, Ichiro Sekiya, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Joint laxity affects clinical outcomes in posterior-stabilized total knee arthroplasty. 92nd Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2019.05.09 Yokohama

  6. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Atsushi Okawa. Accuracy of cup positioning of supine vs. lateral position in total hip arthroplasty using anterolateral approach: A prospective, randomized, controlled trial.. American Academy of Orthopaedic Surgeons 2019.03.12 Las Vegas, USA

  7. Akira Takahashi, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Masanobu Hirao, Atsushi Okawa. Association Between Intraoperative Injury And Postoperative Change In TFL After Total Hip Arthroplasty Using Direct Anterior Approach. 19th EFORT Congress 2018.05.30 Barcelona (Spain)

  8. Gaku Koyano, Seiichiro Hasegawa, Tetsuya Jinno, Ryohei Takada, Atsushi Okawa. Comparison of Perioperative Features of the Anterolateral and the Direct Anterior Approaches in Supine Total Hip Arthroplasty in Relation to Morphology of the Pelvis. Orthopaedic Research Society 2018.03.10 New Orleans (USA)

  9. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Kazuyoshi Yagishita, Atsishi Okawa. Comparison between direct anterior and anterolateral approach in one-stage total hip arthroplasty: A prospective, randomized, controlled trial.. American Academy of Orthopaedic Surgeons 2018.03.06 New Orleans (USA)

  10. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Comparison between direct anterior and anterolateral approach in one-stage total hip arthroplasty: A prospective, randomized, controlled trial.. American Academy of Orthopaedic Surgeons 2018.03.06 New Orleans (USA)

  11. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Takeshi Muneta, Atsishi Okawa. Comparison Of Wear Rate And Osteolysis Between Second-Generation Annealed And First-Generation Remelted Highly Cross-Linked Polyethylene In Total Hip Arthroplasty. 18th EFORT Congress 2017.06.01 Viena(Austria)

  12. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Takeshi Muneta Atsushi Okawa. Comparison Of Wear Rate And Osteolysis Between Second-Generation Annealed And First-Generation Remelted Highly Cross-Linked Polyethylene In Total Hip Arthroplasty. 18th EPORT 2017.05.31 Viena (Austria)

  13. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty.. 17th EFORT  2016.06.01 Schwitz

  14. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene.. 17th EFORT  2016.06.01 Schwitz

  15. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty. 17th EFORT 2016.06

  16. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene. 17th EFORT 2016.06

  17. Gaku Koyano, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Bilateral Comparison of Hip Joint Morphology between the Hips with and without Herniation Pit. Orthopaedic Research Society 2016.03

  18. Yuko Tokunaga Segawa, Makoto Kamegaya, Takashi Saisu, Jun Kakizaki, Mitsuaki Morita, Yasuhiro Oikawa, Reiko Tanaka, Yuta Tsukagoshi, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Treatment outcome of poor prognostic group of patients with Legg-Calvé-Perthes disease. The Asia Pacific Paediatric Orthopaedic Society (APPOS) 2015 2015.06.05 China, Hong Kong

  19. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Drain tip culture cannot be prognostic of surgical site infection after total hip arthroplasty. 16th EFORT 2015.05.27

  20. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Drain tip culture cannot be prognostic of surgical site infection after total hip arthroplasty. . 16th EFORT  2015.05.27 CZE

  21. Daisuke Koga, Tetsuya Jinno, Shigenori Kawabata, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Utility of muscle evoked potential monitoring in total hip arthroplasty.. ICJR Pan Pacific Orthopaedic Congress 2014.07.16

  22. Akinobu Hyodo, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. A case of pseudotumor after metal-on-highly cross-linked polyethylene bearing total hip arthroplasty. 15th EFORT 2014.06.04

  23. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Chisato Hoshino, Yoshinori Asou, Sadao Morita, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Risk factors related to dislocation after primary total hip arthroplasty. 15th EFORT 2014.06.04

  24. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Chisato Hoshino, Yoshinori Asou, Sadao Morita, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Risk factors related to dislocation after primary total hip arthroplasty. 15th EFORT  2014.06.04 UK

  25. Gaku Koyano, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Chisato Hoshino, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Is closed suction drainage effective in recovery of hip joint function after total hip arthroplasty?. American Academy of Orthopaedic Surgeons 2014.03.12

  26. Jinno T, Koga D, Asou Y, Morita S, Hasegawa S, Matsubara M, Okawa A, Muneta T. Progressive bone atrophy around a stem with a proximal coating of arc-deposited titanium and hydroxyapatite. The 85th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2012.05.19 Kyoto, Japan

  27. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、神野哲也、大川淳、吉井俊貴、古賀英之. サポートリングを用いた臼蓋骨欠損に対する再建術の工夫. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  28. 渡部直人、高田亮平、小川貴久、宮武和正、星野ちさと、平尾昌之、神野哲也、 古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 神経麻痺の危険因子の探索. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  29. 渡部直人、高田亮平、小川貴久、宮武和正、星野ちさと、平尾昌之、神野哲也、 古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 神経麻痺の危険因子の探索. 第52回日本人工関節学会 2022.02.25 京都

  30. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、神野哲也、大川淳、古賀英之. 術中透視を利用した側臥位人工股関節再置換術の小経験. 第52回 日本人工関節学会 2022.02.25 京都

  31. 高田亮平、宮武和正、渡部直人、古賀英之、吉井俊貴、神野哲也、大川淳. 脱臼の頻度とその対処. 第52回 日本人工関節学会 2022.02.25 京都

  32. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 当院における人工股関節全置換術術後転院予測因子の検討. 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  33. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、渡部直人、瀬川裕子、古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術における術中体位の違いはステムアライメントに影響するか. 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  34. 橘哲也、小谷野岳、品田良太、鈴木萌、神野哲也. 寛骨臼形成不全股に対する寛骨臼骨切り術の長期成績と術前後の骨頭被覆の検討. 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  35. 渡部 直人、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、古賀 英之、吉井 俊貴、大川 淳. 当院で人工股関節全置換術を施行された患者の骨粗鬆症合併率 . 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  36. 渡部 直人、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、古賀 英之、吉井 俊貴、大川 淳 . 人工股関節全置換術の術中骨折を予見する因子の探索. 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  37. 神野哲也, 稲葉 裕, 加畑 多文, 後東 知宏, 宮武 和正, 三谷 茂. 大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭置換術の多施設前向き観察研究1年成績. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07

  38. 神野哲也. 各種セメントレスステムの選択とFully HA-coated compaction stemへの期待. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07

  39. 渡部 直人、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、古賀 英之、吉井 俊貴、大川 淳. 人工股関節全置換術の術中骨折を予見する因子の探索. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  40. 高田亮平、山本尚輝、神野哲也、宮武和正、 渡部直人、古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 異なる第 2 世代高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率 と骨溶解発生率の比較検討. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  41. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、平尾昌之、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 本邦における人工股関節全置換術術前患者の 他関節症罹患率の検討. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  42. 小川 貴久, 大沼亮、大川淳、神野哲也. 大腿骨近位部骨折患者における、週末のリハビリテーション介入と院内死亡率の関連. 第58回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2021.06.10

  43. 神野哲也, 藤井 英紀, 山崎 琢磨, 小林 直実, 福島 健介, 高田 亮平, 天神 彩乃, 杉山 肇, 股関節疾患・FAI多施設研究グループ. 大腿骨寛骨臼インピンジメントを含む股関節疾患の多施設疫学調査. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  44. 橘哲也、品田良太、長束由里、高田亮平、宮武和正、瀬川裕子、神野哲也. 寛骨臼形成不全患者において両側寛骨臼回転骨切り術による骨頭被覆の変化は骨盤傾斜に影響を与えるか. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  45. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、渡部直人、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術術後の大腿筋膜張筋萎縮の発生頻度. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

  46. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、平尾昌之、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 本邦における変形性股関節症患者の 他関節症罹患率の検討. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

  47. 山口 玲子、瀬川 裕子、神野 哲也、大川 淳. 大腿骨頭に生じた片肢性骨端異形成症の一例. 第31回 日本小児整形外科学会学術集会 2020.12.03

  48. 神野哲也、稲葉裕、加畑多文、後東知宏、宮武和正、三谷茂. 大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭置換術の多施設前向き観察研究 1年成績. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  49. 神野哲也. THA、骨切り術後のリハビリテーション診療の要点. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  50. 神野哲也. 股関節症と骨形態異常(FAI多施設調査の途中結果も含めて). 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  51. 瀬川裕子、柿﨑潤, 宮武和正、平尾昌之、高田亮平、渡部直人、神野哲也、大川淳. 内反股に対し髄内釘を用いた大腿骨転子部外反骨切り術を施行したMcCune-Albright症候群の1例. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  52. 宮武和正、高田亮平 渡部直人 瀬川裕子 神野哲也 大川淳 古賀英之. 変形性股関節症患者における各種理学所見の妥当性検討. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  53. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、渡部直人、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術術後の大腿筋膜張筋萎縮の発生頻度. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  54. 品田 良太、橘 哲也、長束 由里、高田 亮平、宮武 和正、瀬川 裕子、神野 哲也. モジュラー型 ステムのヘッド・ネック交換により人工股関節術後愁訴が改善した2例. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  55. 渡部 直人、瀬川 裕子、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、吉井 俊貴、大川 淳. 磁気共鳴画像にて両側短内転筋のびまん性信号変化を伴った化膿性恥骨結合炎の 1 例 . 第 47 回 日本股関節学会学術集会 2020.10.23 四日市(ハイブリッド)

  56. 橘 哲也、品田 良太、長束 由里、高田 亮平、宮武 和正、瀬川 裕子、神野 哲也. 両側寛骨臼骨切り術により寛骨臼形成不全患者の骨盤傾斜は変化するか?. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  57. 宮武 和正、高田 亮平、平尾 昌之、吉井 俊貴 、大川 淳、神野 哲也、古賀 英之. 仰臥位人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性. 第69回 東日本整形災害外科学会 2020.09.18

  58. 渡邊 怜奈, 瀬川 裕子, 柿崎 潤, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 神野 哲也, 大川 淳. 髄内釘を用いた大腿骨骨切り術中に大量出血を来したMcCune-Albright症候群の1例. 第53回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2020.09.11 オンライン

  59. 神野 哲也. 「股関節症の臨床」 ~乳児股関節脱臼から高齢者変形性股関節症まで~. 越谷市医師会オンライン講演会 2020.09.09 オンライン

  60. 渡邊怜奈、瀬川裕子、宮武和正、平尾昌之、高田亮平、神野哲也、大川淳. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血をきたしたMcCune-Albright症候群の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21

  61. 山本尚輝、酒井朋子、神野哲也、柳下和慶、渡邊敏文、瀬川裕子、宮武和正、請川大、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 人工膝関節全置換術後リハビリテーション医療による早期日常生活動作能力向上が精神的健康や社会参加促進に与える影響. 第57回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.19

  62. 山口 玲子, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 請川 大, 平尾 昌之, 神野 哲也, 大川 淳. 一過性大腿骨頭萎縮症を伴った妊婦で長期臥床を余儀なくされた1例. 第57回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.19

  63. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 吉井 俊貴, 大川 淳. 人工股関節全置換術における術中体位の違いは神経・血管損傷リスクに影響するか. 第93回日本整形外科学会学術集会 2020.06.11 オンライン

  64. 品田良太, 神野哲也. 高齢者の寛骨臼骨折に対する亜急性期に施行した一期的人工股関節全置換術の成績. 第57回 埼玉県医学会総会 2020.02.23

  65. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、王耀東、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術術後のステム周囲骨リモデリングの比較検討-有限要素解析を加えた考察-. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  66. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、吉井俊貴、大川淳. 人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  67. 神野哲也、宮武 和正、高田 亮平、平尾 昌之、品田 良太、長束 由里、古賀 大介、松原 正明、大川 淳. 50歳以下の若年者に対する人工股関節全置換術の20年成績. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  68. 神野哲也. 股関節疾患のリハビリテーション診療 基本とUP-TO-DATE. 第72回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2020.02.09

  69. 渡邊怜奈、瀬川裕子、宮武和正、平尾昌之、高田亮平、大川淳、神野哲也、柿﨑潤. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血を来たしたMcCune-Albright症候群の1例. 第30回 関東小児整形外科研究会 2020.02.01

  70. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、吉井俊貴、大川淳. 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代クロスリンクポリエチレンライナーの比較検討. 第39回 整形外科バイオマテリアル研究会 2019.12.07 札幌

  71. 神野哲也, 山口 岳彦, 平尾 昌之, 宮武 和正, 高田 亮平, 品田 良太, 長束 由里, 橘 哲也. 大腿骨頭壊死症疑いにてcore biopsyを要した一例. 特発性大腿骨頭壊死症の医療水準及び患者のQOL向上に関する大規模多施設研究班 令和元年度班会議 2019.11.30

  72. 神野哲也. 変形性股関節症と人工股関節全置換術 update. 第17回 大分県股関節研究会 2019.11.28

  73. 神野哲也. 人工股関節全置換術における進入法と早期合併症. 第47回 日本関節病学会 2019.11.21 福岡

  74. 山本 尚輝、酒井朋子、神野哲也、柳下和慶、渡邊敏文、瀬川裕子、宮武和正、塩田幹夫、請川大、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 人工膝関節全置換術後の階段昇降能力獲得に影響を与える因子. 第3回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2019.11.16

  75. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. ステム周囲骨リモデリングに注目した異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討-有限要素解析を加えた考察-. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  76. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. 健常人における体位による股関節周囲神経・血管走行の変化. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  77. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、橘哲也、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 本邦における変形性股関節症患者の他関節症罹患率の検討. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  78. 神野哲也. 股関節骨形態異常と変形性股関節症. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  79. 片野 尚子, 大関 信武, 小田邉 浩二, 河野 佑二, 水野 満, 古賀 英之, 大川 淳, 神野 哲也, 関矢 一郎. レセプト全数調査に基づく人工関節置換術件数の推移. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  80. 神野哲也. 術後神経麻痺に対する対応. 第12回 OECアドバンスコース 2019.10.13

  81. 神野哲也. 人工股関節治療の進歩と課題ー骨粗鬆症対策も含めてー. 第14回 西多摩整形外科医会 西多摩・痛みのセミナー) 2019.07.25

  82. 神野哲也. 合併症対策【感染予防と治療】. 第22回 OECスタンダードコース) 2019.07.20

  83. 神野哲也. 股関節治療の進歩と課題ー骨粗鬆症対策も含めてー. 第25回 Koshigaya Brain Storming Forum 2019.07.10

  84. 神野哲也. 成人・小児の股関節診療における進歩と課題. 川口市医師会整形外科部会 学術講演会 2019.06.27

  85. 神野哲也. 股関節疾患update その病態と治療. 埼玉県整形外科医会学術講演会 2019.06.22

  86. 小川貴久、神野哲也、酒井朋子、大川淳. 大腿骨近位部骨折患者の術後ADL再獲得の適切な予測時期・期間に関する研究. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

  87. 宮武和正、神野哲也 瀬川裕子 平尾昌之 請川大 星野ちさと 酒井朋子. 発育性股関節形成不全による2次性股関節症患者の人工股関節全置換術術前の理学所見陽性率の検討. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

  88. 神野 哲也, 西井 孝, 稲葉 裕, 宍戸 孝明, 田中 健之, 高田 亮平. 特発性大腿骨頭壊死症の診療ガイドライン 特発性大腿骨頭壊死症に対する人工股関節置換術. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  89. 谷口 直史, 神野 哲也, 大川 淳, 波呂 浩孝. 後側方および前外側アプローチによる楔状テーパー型ステムのステム前捻角の比較. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  90. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術における中期成績の比較検討. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  91. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の中期成績. 第50回 関東股関節懇話会 2019.03.02

  92. 神野哲也. 股関節学 四半世紀の進歩. 2018年度 お茶の水医科埼玉県支部講演会 2019.02.23

  93. 神野 哲也. THA術後リハビリテーションの理論と実践. 第49回 日本人工関節学会 2019.02.16 新宿

  94. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. THA術前計画のための脊椎-骨盤アライメントの評価. 第49回 日本人工関節学会 2019.02.16 新宿

  95. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の中期成績. 第49回 日本人工関節学会 2019.02.15 新宿

  96. 神野 哲也. 股関節疾患のリハビリテーション. 日本リハビリテーション医学会 実践リハビリテーション医学研修会 2019.02.09

  97. 瀬川裕子、神野哲也、本田真紀子、大川淳. 股関節単純X線撮影における性腺防護の実際. 第7回日本小児診療多職種研究会 2018.11.24

  98. 宮武和正、高階祐輔、宮武和正、平尾昌之、小山恭史、神野哲也、大川淳. 血友病性股関節症に対し遺伝子組換え血液凝固第VIII因子Fc領域融合タンパク質製剤併用し人工股関節全置換術を行った1例 . 第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.02 仙台

  99. 平尾昌之、酒井朋子、宮武和正、請川大、星野ちさと、大川淳. 人工股関節全置換術術後リハビリテーションにおける異なる術後鎮痛法の比較検討. 第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.02 仙台

  100. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、王耀東、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. 大腿骨減捻骨切り術を併用したキアリ骨盤骨切り術の短期成績と有限要素法による解析. 第45回日本股関節学会 2018.10.26

  101. 小谷野岳、神野哲也、宮武和正、高田亮平、平尾昌之. 大腿骨頸部骨折の骨接合術における縦皮切と斜皮切の比較. 第45回日本股関節学会 2018.10.26

  102. 小谷野岳、長谷川清一郎、神野哲也、宮武和正、高田亮平、平尾昌之. 仰臥位人工股関節全置換術における前方進入法と前側方進入法の術野確保の為のレトラクタ保持力の比較. 第45回日本股関節学会 2018.10.26

  103. 宮武和正、神野哲也、高田亮平、平尾 昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検. 第45回日本股関節学会 2018.10.26

  104. 小谷野岳、北浜純、神野哲也、宮武和正、高田亮平、平尾昌之. 大腿骨頚部骨折の骨接合術における斜皮切の有用性. 第49回関東股関節懇話会 2018.09.29

  105. 高階祐輔、宮武和正、平尾昌之、小山恭史、神野哲也、大川淳. 血友病性股関節症に対し遺伝子組換え血液凝固第VIII因子Fc領域融合タンパク質製剤併用し人工股関節全置換術を行った1例 . 第67回東日本整形災害外科学会 2018.09.21

  106. 小谷野岳、久保田礼、岩瀬恭子、平川牧、冨岡秀樹、北浜純、高田亮平、平尾昌之、宮武和正、神野哲也. 大腿骨頚部骨折に対する骨接合術における斜皮切の有用性の検討. 第67回東日本整形災害外科学会 2018.09.21

  107. 山本司、神野哲也、加地啓介、岡安健、村井純. 「もう一度旅行がしたい.」余命1年未満と告げられた慢性心不全患者の一例. 第52回日本作業療法学会 2018.09.07

  108. 加来拓実、宮武和正、王耀東、田野敦寛、神野哲也、大川淳. 高齢者の転位型大腿骨頸部骨折に対する人工股関節全置換術の治療経. 第44回日本骨折治療学会 2018.07.06

  109. 小川英臣、小川貴久、高田亮平、平尾昌之、宮武和正、山本尚輝、加地啓介、岡安健、酒井朋子、星野ちさと、大川淳、神野哲也. 人工股関節全置換術後3か月のMinimum core setとJHEQの関係. 第55回日本リハビリテーション医学会学術集会 2018.06.29 福岡

  110. 瀬川裕子、神野哲也. 左股関節痛で発症し早期のTNF阻害剤投与で症状改善が得られている強直性脊椎炎の1例. 第57回日本小児股関節研究会 2018.06.22

  111. 笹沼勇人、塚越秀行、神野哲也. モーションソックスを用いた圧迫法と足首運動による血流促進効果の検証. JSME Conference on Robotics and Mechatronics 2018.06.02

  112. 古賀大介、品田良太、石井研史、神野哲也. セメントレス人工股関節全置換術に対するポリエチレンライナーおよび骨頭再置換術の長期成績. 第91回日本整形外科学会学術総会 2018.05.24

  113. 小川貴久、白澤進一、奥知久、神野哲也、大川淳. 大腿骨近位部骨折術後患者のADLの回復に対する新たな予後予測 ~修正版CAS (Cumulative Ambulance Score)~. 第91回日本整形外科学会学術総会 2018.05.24

  114. 谷口直史、神野哲也、高田亮平、古賀大介、波呂浩孝. 高架橋ポリエチレンを用いた人工股関節においてスクリュー使用及びスクリュー孔が人工関節固定性と骨溶解に及ぼす影響:7~10年観察研究. 第91回日本整形外科学会学術総会 2018.05.24

  115. 宮武和正、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 自覚的脚長差における脊椎冠状アライメントを考慮したTHA術前計画. 第91回日本整形外科学会学術総会 2018.05.24

  116. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、王耀東、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. 大腿骨減捻骨切り術を併用したChiari骨盤骨切り術の短期成績と有限要素法による解析. 第91回日本整形外科学会学術総会 2018.05.24

  117. 西井孝、稲葉裕、神野 哲也、宍戸孝明、田中健之、高田 亮平. 特発性大腿骨頭壊死症の診療ガイドラインのポイント 人工股関節置換術. 第91回日本整形外科学会学術総会 2018.05.24

  118. 柳原弘志、藤田浩二、二村昭元、宮本崇、神野哲也、岡部恵. 母指CM関節症に対する立体裁断ネオプレン製装具の有効性の検討. 第61回日本手外科学会学術集会 2018.04.27

  119. 大塚彩子、神野哲也、瀬川裕子、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 広範囲展開法による観血的整復術後に膝蓋骨脱臼をきたした一例. 第58回関東整形災害外科学会 2018.03.16

  120. 神野哲也. 人工股関節周囲の骨反応とX線評価 ~骨粗鬆症薬の可能性を含めて~. 第215回宮城股関節研究会 2018.03.10

  121. 神野哲也. THA寛骨臼側の進歩 Metal on metal. 第48回日本人工関節学会 2018.02.23

  122. 宮武和正、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、古賀英之、大川淳. 脊椎冠状アライメントを考慮した自覚的脚長差におけるTHA術前計画. 第48回日本人工関節学会 2018.02.23

  123. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、柳下和慶、大川淳. 仰臥位と側臥位による前側方進入法を用いた人工股関節全置換術におけるインプラント設置角度の検討: ランダム化比較試験. 第48回日本人工関節学会 2018.02.23

  124. 小谷野岳、長谷川清一郎、神野哲也、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、久保田礼、岩瀬恭子、平川牧、冨岡秀樹、北浜純. 手術創周囲軟部組織の緊張度を指標とした人工股関節置換術の容易さの定量的評価法. 第48回日本人工関節学会 2018.02.23

  125. 神野哲也. THA再置換術の実際 セメントレスカップ. 第48回日本人工関節学会 2018.02.23

  126. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロックと自己調節持続皮下注射の比較検討. 第48回日本人工関節学会 2018.02.23

  127. 高田 亮平、神野 哲也、宮武 和正、平尾 昌之、柳下 和慶、大川 淳. 仰臥位と側臥位による前側方進入法を用いた人工股関節全置換術におけるインプラント設置角度の検討: ランダム化比較試験. 第47回 日本人工関節学会 2018.02.23

  128. 大塚彩子、神野哲也、瀬川裕子、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 広範囲展開法による観血的整復術後に膝蓋骨脱臼をきたした一例. 第28回 関東小児整形外科研究会 2018.02.03

  129. 山本尚輝、神野哲也、酒井朋子、渡邊敏文、宮武和正、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、小川貴久、大川淳. 人工膝関節全置換術における入院期間と術後ADLの関連性について. 第68回日本リハビリテーション医学会関東地方会 2018.02

  130. 笹沼勇人、塚越秀行、神野哲也. 足関節に他動運動を促すセーフティ機能付きモーションソックス. 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 2017.12.20

  131. 請川大、正岡智和、川手信行、飯島伸介、星忠成、杉山智子、和田義敬、神野哲也、酒井朋子、瀬川裕子、星野ちさと、森田定雄、大川淳. ポリオに伴う右下肢麻痺後、健側下肢に神経根症を発症した腰部脊柱管狭窄症患者に手術的加療を行った一例. 第65回日本リハビリテーション医学会関東地方会 2017.12.10

  132. 瀬川裕子, 神野哲也. 女児に対する股関節単純X 線正面像撮影における性腺防護の検討. 第28回 日本小児整形外科学会学術集会 2017.12.07 新宿

  133. 宮武和正、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、瀬川裕子、王耀東、大川淳、古賀英之. 大腿骨減捻骨切り術を併用したキアリ骨盤骨切り術の短期成績と応力変化の検討. 第44回日本臨床バイオメカニクス学会 2017.11.24

  134. 宮本亮、村井純、小川英臣、加地啓介、岡安健、酒井朋子、星野ちさと、大川淳、神野哲也. 腫瘍脊椎骨全摘術後,理学療法早期介入を行った4 症例. 第1回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28

  135. 酒井朋子、神野哲也、星野ちさと、大川淳. リハビリテーションが中止となった症例の検討. 第1回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28

  136. 小川貴久、神野哲也、高田亮平、宮武和正、星野ちさと、酒井朋子、大川淳. 人工股関節全置換術における手術曜日の影響 -術後ADLの回復、入院期間に注目して-. 第1回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28

  137. 新堀璃奈、小川英臣、小川貴久、高田亮平、平尾昌之、宮武和正、山本尚輝、加地啓介、岡安健、酒井朋子、星野ちさと、大川淳、神野哲也. Minimum Core SetとJOAスコアの関係. 第1回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28

  138. 小川英臣、新堀璃奈、小川貴久、高田亮平、平尾昌之、宮武和正、山本尚輝、加地啓介、岡安健、酒井朋子、星野ちさと、大川淳、神野哲也. Minimum Core Setと在院日数の関連性. 第1回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28

  139. 神野哲也. THAで合併症を回避するためには. 第1回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28

  140. 山本尚輝、神野哲也、酒井朋子、宮武和正、星野ちさと、高田亮平、大川淳. リハビリテーション開始日の違いが人工膝関節全置換術後の早期術後成績に及ぼす影響について. 第1回日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28

  141. 上杉裕子、坂井孝司、関泰輔、林申也、中村順一、稲葉裕、高橋大介、佐々木幹、本村悟朗、間島直彦、加畑加文、須藤啓広、神野哲也、安藤渉、名越智、山本謙吾、仲宗根哲、伊藤浩、山本卓明、菅野伸彦. 特発性大腿骨頭壊死症患者の就業の実態とQOL の特徴. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  142. 神野哲也、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、瀬川裕子、古賀大介、山内裕樹、小谷野岳、谷口直史、大川淳. 大腿骨ステムにおける長期耐用への課題と展望. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  143. 神野哲也. 股関節の解剖と手術手技. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  144. 神野哲也. 変形性股関節症 病態と治療. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  145. 宮武和正、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、古賀英之、大川淳. 自覚的脚長差における脊椎アライメントを考慮したTHA術前計画. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  146. 瀬川裕子、神野哲也、松原正明、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 寛骨臼回転骨切り術施行症例における小児期予防的手術への意識調査. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  147. 高橋晃、神野哲也、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、星野ちさと、瀬川裕子、大川淳. 前方進入法を用いた人工股関節全置換術における術中大腿筋膜張筋損傷評価と術後早期における筋断面積の変化との関連性の検討. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  148. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロック(自己調節持続皮下注射との比較検討). 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  149. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、柳下和慶、大川淳. 両側一期的人工股関節全置換術における前方進入法と前側方進入法の術後成績に関する検討: ランダム化比較試験. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  150. 小谷野岳、長谷川清一郎、神野哲也、高田亮平、土屋正光. 体軸方向の骨盤形状が仰臥位THA に与える影響〜前側方進入と前方進入の比較〜. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  151. 坂井孝司、上杉 裕子、関 泰輔、林 申也、中村 順一、稲葉 裕、髙橋 大介、佐々木 幹、本村 悟朗、間島 直彦、加畑 加文、湏藤 啓広、神野 哲也、安藤 渉、名越 智、山本 謙吾、仲宗根哲、伊藤浩、山本 卓明、菅野 伸彦. 特発性大腿骨頭壊死症の病期・病型分類とQOL の関係. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  152. 古賀大介、品田良太、石井研史、神野哲也. セメントレス人工股関節全置換術に対するポリエチレンライナー再置換術の長期成績. 第44回日本股関節学会 2017.10.20

  153. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、柳下和慶、大川淳. 両側一期的人工股関節全置換術における前方進入法と前側方進入法の術後成績に関する検討: ランダム化比較試験. 第44回 日本股関節学会学術集会 2017.10.20 新宿区

  154. 神野哲也. 股関節内の解剖. 第3回日本股関節学会教育研修セミナー 2017.10.19

  155. 神野哲也. 骨欠損に対する再置換術. 第10回OECアドバンスコース 2017.10.14

  156. 宮武和正、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、古賀英之、大川淳. 人工股関節全置換術後に発生した大腿動脈急性閉塞症の1例. 第47回関東股関節懇話会 2017.09.30

  157. 安藤嘉朗、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、小川貴久、神野哲也、大川淳. 人工股関節全置換術後に発生した大腿動脈急性閉塞症の1例. 第66回東日本整形災害外科学会 2017.09.15

  158. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. セメントレス人工股関節全置換術後のステム周囲骨折と応力遮蔽の関連性. 第66回東日本整形災害外科学会 2017.09.15

  159. 神野哲也. 感染症対策(予防と治療). OECスタンダードコース 2017.07.22

  160. 瀬川裕子、神野哲也、山口玲子. 寛骨臼回転骨切り術施行症例における小児期予防的手術への意識調査. 第56回日本小児股関節研究会 2017.06.23

  161. 山本尚輝、神野哲也、高田亮平、柳下和慶、渡邊敏文、中村智祐、宗田大. TKA術後リハビリテーション開始日の違いが深部静脈血栓症発生率と早期術後成績に及ぼす影響. 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.06.22

  162. 小谷野岳、長谷川清一郎、神野哲也、高田亮平、土屋正光. 仰臥位人工股関節全置換術における前側方アプローチと前方アプローチの術後早期の運動機能の比較. 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会 2017.06.08

  163. 酒井朋子、星野ちさと、神野哲也、森田定雄、大川淳、岩崎裕治. 重症心身障害児(者)の骨粗鬆症についての検討. 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会 2017.06.08

  164. 太田剛、神野哲也、酒井朋子、柳下和慶、大川淳. 投球骨折に対する保存的治療と装具療法の検討. 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会 2017.06.08

  165. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、宗田大、大川淳. セメントレス人工股関節全置換術後の中・長期フォローにおけるステム周囲骨折の特徴. 第90回日本整形外科学会学術総会 2017.05.18

  166. 神野哲也、青田恵郎、阿部功、古賀大介、大橋寛憲、瀬川裕子、平尾昌之、高田亮平、宗田大、大川淳. 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂ポイント -病態-. 第90回日本整形外科学会学術総会 2017.05.18

  167. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、大川淳. 初回セメントレス人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第90回日本整形外科学会学術総会 2017.05.18

  168. 宮武和正、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、瀬川裕子、大川淳、宗田大. 発育性股関節形成不全(DDH)による二次性変形性股関節症患者における各種疼痛誘発テストの陽性率の検討. 第90回日本整形外科学会学術総会 2017.05.18

  169. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、大川淳. 初回セメントレス人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18

  170. 神野哲也. THA後の脱臼対策としての動作制限. International Congress for Joint Reconstruction Japan Hip & Knee 2017.04.14

  171. 古賀大介、神野哲也 川端茂徳. THA術後の神経障害. International Congress for Joint Reconstruction Japan Hip & Knee 2017.04.14

  172. 本橋正隆、神野哲也、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術術後疼痛管理における大腿神経ブロックの有効性の検討. 第57回関東整形災害外科学会月例会 整形外科集談会東京地方会 2017.03.17

  173. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、宗田大、大川淳. 長さの異なるwedge taper型ステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討. 第57回関東整形災害外科学会月例会 整形外科集談会東京地方会 2017.03.17

  174. 神野哲也. 人工股関節の固定と骨温存. 第34回四国関節外科研究会 2017.03.11

  175. 神野哲也、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、酒井朋子、星野ちさと、宗田大、大川淳. 各種進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性評価. 第47回日本人工関節学会 2017.02.24

  176. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第47回日本人工関節学会 2017.02.24

  177. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、宗田大、大川淳. セメントレス人工股関節全置換術における応力遮蔽と大腿骨脆弱性骨折の関連性の検討. 第47回日本人工関節学会 2017.02.24

  178. 宮武和正、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、瀬川裕子、大川淳、宗田大. 発育性股関節形成不全(DDH)による二次性変形性股関節症患者における各種疼痛誘発テストの陽性率の検討. 第47回日本人工関節学会 2017.02.24

  179. 小谷野岳、長谷川清一郎、神野哲也、高田亮平、土屋正光. 仰臥位人工股関節全置換術における 前側方進入と前方進入の 周術期の特徴の比較. 第47回日本人工関節学会 2017.02.24

  180. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第47回 日本人工関節学会 2017.02.24

  181. 神野哲也. セメントレス人工股関節の固定と骨温存. 第34回西新宿整形外科研究会 2016.12.17

  182. 山口玲子, 西須孝, 亀ヶ谷真琴, 柿崎潤, 及川泰宏, 瀬川裕子, 神野哲也, 森田光明, 品川知司, 山崎貴弘, 都丸洋平. ペルテス病に続発した離断性骨軟骨炎に対する保存的治療の経験. 第27回日本小児整形外科学会 2016.12

  183. 高田亮平、神野哲也、堤祐介、土居壽、塙隆夫、大川淳. ジルコニウムコーティングを施したチタン合金の生体内骨形成抑制効果. 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016 2016.11.21

  184. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、宗田大、大川淳. 寛骨臼形成不全股に伴う骨盤側骨嚢胞の人工股関節全置換術術後形態変化. 第43回 日本股関節学会 2016.11.04

  185. 神野哲也. 股関節の解剖. 第2回日本股関節学会教育研修セミナー 2016.11.03

  186. 高田亮平, 神野哲也, 宮武和正, 平尾昌之, 瀬川裕子, 宗田大, 大川淳. 寛骨臼形成不全股に伴う骨盤側骨嚢胞の人工股関節全置換術術後形態変化. 第43回日本股関節学会 2016.11

  187. 宮武和正, 神野哲也, 高田亮平, 平尾昌之, 瀬川裕子, 大川淳, 宗田大. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における各種疼痛誘発テストの陽性率の検討. 第43回日本股関節学会 2016.11

  188. 小谷野岳, 長谷川清一郎, 神野哲也, 高田亮平, 土屋正光. 人工股関節全置換術におけるanterolateral approach in supineとdirect anterior approachの術後早期の運動機能の比較. 第43回日本股関節学会 2016.11

  189. 瀬川裕子, 西須孝, 柿﨑潤, 及川泰宏, 山口玲子, 坂本優子, 神野哲也. 乳児期股関節脱臼に対するOverhead traction法の短期成績. 第43回日本股関節学会 2016.11

  190. 神野哲也. THA再置換術・寛骨臼再建. 第9回OECアドバンスコース 2016.10.30

  191. 小川英臣、岡安健、村井純、森田定雄、神野哲也、千葉哲也、菊池佑至、鈴木圭介、堀井亮太、和田義明、松原正明、田中友也、古谷英孝、池田光佑、杉本和隆、豊田輝. 短期的THA術後プログラムに関わる理学療法士に対してのアンケート調査―多施設共同研究によるTHA術後患者に対する理学療法内容の検討―. 第38回国立大学リハビリテーション学術大会 2016.10.08

  192. 公平勇二, 宮武和正, 高田亮平, 平尾昌之, 神野哲也, 大川淳. 人工股関節全置換術の術後成績における主観及び客観的評価についての検討. 第682回関東整形災害外科学会月例会 整形外科集談会東京地方会 2016.09.24

  193. 神野哲也. 人工股関節の動向 -最新の知見をふまえて-. 第16回専門リハビリテーション研究会学術大会 2016.07

  194. 神野哲也. 股関節手術の合併症とリハビリテーション. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 2016.06

  195. 山本皓子, 神野哲也、瀬川裕子、木村晶理、高田亮平、平尾昌之、加藤剛、宗田大、大川淳. 発育性股関節形成不全(脱臼)治療後に遺残した寛骨臼形成不全に対する思春期での骨盤骨切り術の経験. 第55回日本小児股関節研究会 2016.06

  196. 神野哲也. 関節可動域の評価とリハビリテーション. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 2016.06

  197. 平尾昌之、神野哲也、木村晶理、高田亮平、森田定雄、宗田大、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12

  198. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、木村晶理、平尾昌之、宗田大、大川淳. 異なる高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率 と骨溶解発生率の比較検討. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12

  199. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、木村晶理、平尾昌之、宗田大、大川淳. 異なる高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討. 第89回 日本整形外科学会学術総会 2016.05.12

  200. 山崎琢磨, 杉山肇, 神野哲也, 福島健介, 小林直実, 藤井政徳, 藤井英紀, 橋本慎吾, 庄司剛士. 変形性股関節症診療ガイドラインにおける大腿骨寛骨臼インピンジメント. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05

  201. 瀬川裕子, 神野哲也, 古賀大介, 麻生義則, 冨田誠, 高田亮平, 平尾昌之, 宗田大, 大川淳. 変形性股関節症により人工股関節全置換術を受けた患者は小児期の予防的手術を勧めるか?. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05

  202. 山崎琢磨, 杉山肇, 神野哲也, 福島健介, 藤井英紀, 久保俊一. 大腿骨寛骨臼インピンジメントにおける身体所見. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05

  203. 瀬川裕子, 森田定雄, 神野哲也, 酒井朋子, 星野ちさと, 請川大, 山本晴康. 踵・舟状骨間の足根骨癒合症切除後に残存した可動域制限に対し理学療法が有効であった1例. 第63回日本リハビリテーション医学会関東地方会 2016.03.26

  204. 瀬川裕子、森田定雄、神野哲也、酒井朋子、星野ちさと、請川大、山本晴康. 踵・舟状骨間の足根骨癒合症切除後に残存した可動域制限に対し理学療法が有効であった1例. 第63回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2016.03.26 板橋

  205. 平尾昌之、神野哲也、木村晶理、高田亮平、森田定雄、宗田大、大川淳. 異なる長さのステムを用いた両側人工股関節全置換術の短期成績. 第46回日本人工関節学会 2016.02.26

  206. 谷口直史、神野哲也、古賀大介、波呂浩孝. 髄腔占拠型ステムと楔状型ステムのステム前捻角の違い. 第46回日本人工関節学会 2016.02.26

  207. 木村晶理、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 京セラPerFixステム・AMSシェルを用いた人工股関節全置換術の長期成績. 第46回日本人工関節学会 2016.02.26

  208. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、木村晶理、平尾昌之、宗田大、大川淳. 熱処理法の異なる二種の高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討. 第46回日本人工関節学会 2016.02.26

  209. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、木村晶理、平尾昌之、宗田大、大川淳. 熱処理法の異なる二種の高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討. 第46回 日本人工関節学会 2016.02.26

  210. 山本皓子, 神野哲也, 木村晶理, 高田亮平, 平尾昌之. ARMDに遅発性感染を合併した症例. 第44回関東股関節懇話会 2016.02.06

  211. 神野哲也. 日本人大腿骨の形状特性 ~適合するステム形状は?~. 第46回日本人工関節学会 2016.02

  212. 神野哲也. 変形性股関節症診療ガイドライン 改訂の動向. 第13回お茶の水関節症研修会 2016.01.28

  213. Shunichi Fujii, Tetsuya Jinno, Akimasa Kimura, Ryohei Takada, Masanobu Hirao, Sadao Morita. Postoperative walking ability after bilateral and unilateral total hip arthroplasty. 第95回集談会 2015.12.23

  214. 高田亮平、神野哲也、堤祐介、土井壽、塙隆夫、大川淳. ジルコニウムコーティング・チタン合金の生体内骨形成抑制効果の検討. 第35回整形外科バイオマテリアル研究会 2015.12.12

  215. 高田亮平、神野哲也、堤祐介、土井壽、塙隆夫、大川淳. ジルコニウムコーティング・チタン合金の生体内骨形成抑制効果の検討. 第35回 整形外科バイオマテリアル研究会 2015.12.12

  216. 瀬川裕子、神野哲也、古賀大介、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 寛骨臼形成不全症例における小児期治療歴と股関節形態の検討. 第26回日本小児整形外科学術集会 2015.12.04

  217. 神野哲也. 寛骨臼形成不全に対する人工股関節全置換術 -寛骨臼側再建の手技とインプラント選択. 第42回日本股関節学会 2015.10.30

  218. 木村晶理、神野哲也、木村晶理、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 大腿骨座標系における骨頭中心の3次元的な位置がTHA術前後にどう変化するか. 第42回日本股関節学会 2015.10.30

  219. 谷口直史、神野哲也、古賀大介、波呂浩孝. 人工股関節全置換術術後における膝関節伸展・屈曲筋力推移の比較. 第42回日本股関節学会 2015.10.30

  220. 平尾昌之、神野哲也、木村晶理、高田亮平、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. セメントレス人工股関節全置換術後の大腿骨脆弱性骨折の特徴. 第42回日本股関節学会 2015.10.30

  221. 瀬川裕子、神野哲也、古賀大介、麻生義則、冨田誠、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 変形性股関節症により人工股関節全置換術を受けた患者は小児期の予防的手術を勧めるか?. 第42回日本股関節学会 2015.10.30

  222. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、平尾昌之、宗田大、大川淳. コンピュータ断層撮影はクロスリンクポリエチレン人工股関節全置換術術後の骨溶解検出に有用か. 第42回日本股関節学会 2015.10.30

  223. 神野哲也、古賀大介、高田亮平、平尾昌之、青田恵郎、大橋寛憲、阿部功. 変形性股関節症診療ガイドライン改訂 - 病態. 第42回日本股関節学会 2015.10.30

  224. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、平尾昌之、宗田大、大川淳. コンピュータ断層撮影はクロスリンクポリエチレン人工股関節全置換術術後の骨溶解検出に有用か. 第42回 日本股関節学会 2015.10.30

  225. 高田亮平、神野哲也、堤祐介、土井壽、塙隆夫、大川淳. ジルコニウムコーティング・チタン合金の生体内骨形成抑制効果の検討. 第30回日本整形外科学会基礎学術総会 2015.10.22

  226. 高田亮平、神野哲也、堤祐介、土井壽、塙隆夫、大川淳. ジルコニウムコーティング・チタン合金の生体内骨形成抑制効果の検討. 第30回 日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22

  227. 神野哲也、古賀大介、木村晶理、高田亮平、平尾昌之、星野ちさと、森田定雄、大川淳、宗田大. セメントレスカップによる人工股関節再置換術. 第64回東日本整形災害外科学会 2015.09.11

  228. 天野祐輔、神野哲也、木村晶理、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 人工股関節再置換術におけるドレーン先端培養の意義. 第64回東日本整形災害外科学会 2015.09.11

  229. Yusuke Amano, Ryohei Takada, Akimasa Kimura,Masanobu Hirao, Tetsuya Jinno . Utility of Suction Drain Tip Culture in Revision Total Hip Arthroplasty. 第94回集談会 2015.07.12

  230. 瀬川裕子、神野哲也、古賀大介、麻生義則、冨田誠、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 変形性股関節症に対し人工股関節全置換術を受けた患者へのアンケート調査 — 小児期股関節手術への意識調査 −. 第54回日本小児股関節研究会 2015.06.26

  231. 古賀大介、神野哲也、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、森田定雄. 人工股関節全置換術における進入法間の術中関節安定性比較. 第52回日本リハビリテーション医学会 2015.05.28

  232. 平尾昌之、神野哲也、古賀大介、高田亮平、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. セメントレス人工股関節全置換術後の大腿骨脆弱性骨折. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21

  233. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、平尾昌之、星野ちさと、森田定雄、宗田大、大川淳. 前方進入法と前側方進入法による 人工股関節全置換術術後早期CTに おける股関節外転筋断面積の 比較検討. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21

  234. 谷口直史、神野哲也、古賀大介、若生政憲、小山賢介、藤巻太郎、波呂浩孝. 人工股関節全置換術における術前トラネキサム酸投与安全性のT-TASを用 いた検証. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21

  235. 小谷野岳、神野哲也、古賀大介、宗田大、大川淳. 大腿骨頚部骨嚢胞とcamおよびpincer病変の関連. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21

  236. 古賀大介、神野哲也、麻生義則、高田亮平、平尾昌之、森田定雄、宗田大、大川淳. 両側一期的人工股関節全置換術における感染危険因子の検討. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21

  237. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、平尾昌之、星野ちさと、森田定雄、宗田大、大川淳. 前方進入法と前側方進入法による 人工股関節全置換術術後早期CTに おける股関節外転筋断面積の 比較検討. 第88回 日本整形外科学会学術総会 2015.05.21

  238. 谷口直史、神野哲也、古賀大介、波呂浩孝. 髄腔占拠型ステムと楔状型ステムのステム前捻角の違い. 第89回日本整形外科学会学術総会 2015.05.12

  239. 高田 亮平、神野 哲也、古賀 大介、瀬川 裕子、平尾 昌之、星野 ちさと、麻生 義則、森田 定雄、宗田 大、大川 淳. 異なる前方系進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節周囲筋断面積の比較検討  . 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27

  240. 山内 裕樹、神野 哲也、古賀 大介、高田 亮平、平尾 昌之、麻生 義則、森田 定雄、宗田 大、大川 淳. Metal-on-Metal摺動面THA術後経過についての検討. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27

  241. 平尾 昌之、神野 哲也、古賀 大介、高田 亮平、瀬川 裕子、星野 ちさと、麻生 義則、森田 定雄、宗田 大、大川 淳. 両側人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸静脈内投与の効果と凝固線溶系マーカーに与える影響. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27

  242. 吉原 有俊、神野 哲也、麻生 義則、古賀 大介、高田 亮平、平尾 昌之、星野 ちさと、森田 定雄、関矢 一郎、宗田 大、大川 淳. 人工股関節置換術後患者に対するVTE予防 ~術前リスクスコアリングによる抗凝固薬の用量調節の有用性~. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27

  243. 古賀 大介、神野 哲也、麻生 義則、高田 亮平、平尾 昌之、森田 定雄、宗田 大、大川 淳. 筋誘発電位モニタリング併用人工股関節全置換術におけるアラートポイントの検討. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27

  244. 小谷野 岳、神野 哲也、古賀 大介、宗田 大、大川 淳. 両側同時THAにおけるストレート・ステムとアナトミカル・ショート・ステムのDEXAを用いたリモデリングの比較. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27

  245. 神野哲也. セメントレスTHAにおける大腿骨側のX線評価. 第45回日本人工関節学会 2015.02.27

  246. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 異なる前方系進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節周囲筋断面積の比較検討. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27

  247. 神野 哲也. 変形性股関節症と人工股関節 進歩と課題. 第48回 東京医科歯科大学整形外科開業医会 2015.02.21

  248. 瀬川裕子、亀ヶ谷真琴、西須孝、森田光明、柿崎潤、廣澤直也、田中玲子、塚越祐太、神野哲也、大川淳. ペルテス病に対する大腿骨屈曲骨切り術の手術成績〜当科における術式選択の変遷〜. 第25回関東小児整形外科研究会 2015.02.07

  249. 神野 哲也. 変形性股関節症の治療と人工股関節の現状. 第3回 三島市整形外科カンファランス 2015.01.27

  250. 神野 哲也. Stem固定法の理論と成績 Tapered-wedge stem. International Congress for Joint Reconstruction: Hip Japan 2015.01.16

  251. 神野 哲也. 術後ケア 術後の動作制限は必要か?. International Congress for Joint Reconstruction: Hip Japan 2015.01.16

  252. 瀬川 裕子、亀ヶ谷 真琴、西須 孝、柿﨑 潤、森田 光明、廣澤 直也、田中 玲子、塚越 祐太、神野 哲也、大川 淳. Lateral pillar分類C群および8歳以降発症のB/C群のPerthes病の治療成績. 第25回 日本小児整形外科学会 2014.11.27

  253. 瀬川裕子、亀ヶ谷真琴、西須孝、柿﨑潤、森田光明、廣澤直也、田中玲子、塚越祐太、神野哲也、大川淳. Lateral pillar分類C群および8歳以降発症のB/C群のPerthes病の治療成績. 第25回 日本小児整形外科学会学術集会 2014.11.27

  254. 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 小谷野 岳, 森田 定雄, 大川 淳, 宗田 大. 変形性股関節症の病態:寛骨臼形成不全とFAI. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  255. 山内 裕樹, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 当院におけるMetal-on-Metal摺動面THAの中期成績. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  256. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸静脈内投与の効果と凝固線溶系に与える影響. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  257. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 高田 亮平, 平尾 昌之, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 変形性股関節症に対する手術待機期間における保存的治療効果の検討. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  258. 小谷野 岳, 神野 哲也, 古賀 大介, 宗田 大, 大川 淳. 大腿骨頚部骨嚢胞と股関節の形状の検討. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  259. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 瀬川 裕子, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術における ドレーン先端培養の意義. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  260. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 瀬川 裕子, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. メタルオンクロスリンクポリエチレン人工股関節全置換術の中期成績: CTによる検討. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  261. 瀬川 裕子、西須 孝、柿崎 潤、廣澤 直也、田中 玲子、森田 光明、神野 哲也. Charcot-Marie-Tooth病に伴う寛骨臼形成不全に対しトリプル骨盤骨切り術を施行した2例. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  262. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. メタルオンクロスリンクポリエチレン人工股関節全置換術の中期成績: CTによる検討. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  263. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における ドレーン先端培養の意義. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  264. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 瀬川 裕子, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 前方進入法と前側方進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節外転筋断面積の比較検討. 第41回 関東股関節懇話会 2014.10.04

  265. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 前方進入法と前側方進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節外転筋断面積の比較検討. 第41回 関東股関節懇話会 2014.10.04

  266. 神野 哲也. セメントレスTHAにおけるインプラント固定と骨温存. 第2回 青森関節外科フォーラム 2014.07.19

  267. 鈴木 聡, 神野 哲也, 瀬川 裕子, 古賀 大介, 平尾 昌之, 高田 亮平, 宮武 和正, 宗田 大, 大川 淳. Charcot-Marie-Tooth病に伴う両側高度寛骨臼形成不全の1例. 第53回 日本小児股関節研究会 2014.06.20

  268. 野呂瀬 美生, 神野 哲也, 瀬川 裕子, 古賀 大介, 平尾 昌之, 高田 亮平, 宮武 和正, 宗田 大, 大川 淳. 大腿骨頭に発生した片肢性骨端異形成症の1例. 第53回 日本小児股関節研究会 2014.06.20

  269. 星野 ちさと, 神野 哲也, 古賀 大介, 大川 淳, 森田 定雄. 初回人工股関節全置換術における退院後早期のADL. 第51回 日本リハビリテーション医学会 2014.06.05

  270. 星野 ちさと, 神野 哲也, 古賀 大介, 大川 淳, 森田 定雄. 人工股関節前置換術における神経麻痺発生の危険因子の検討. 第51回 日本リハビリテーション医学会 2014.06.05

  271. 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄、大川淳、宗田大. 変形性股関節症の病態 -不安定性とインピンジメント-. 第87回 日本整形外科学学術総会 2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

  272. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 初回人工股関節全置換術における術後脱臼因子の解析と検討. 第87回 日本整形外科学学術総会 2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

  273. 古賀 大介, 神野 哲也, 麻生 義則, 高田 亮平, 平尾 昌之, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. Wedge taper stemを用いた人工股関節全置換術におけるステム表面加工部周囲の放射線透過像. 第87回 日本整形外科学学術総会 2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

  274. 古賀 大介, 川端 茂徳, 神野 哲也, 大川 淳. 筋誘発電位モニタリングにおける有線モニタリング/ワイヤレスモニタリングの波形比較. 第87回 日本整形外科学学術総会 2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

  275. 瀬川 裕子, 亀ヶ谷 真琴, 西須 孝, 森田 光明, 柿崎 潤, 神野 哲也, 大川 淳. 発症時年齢8歳以上のPerthes病の治療成績. 第87回 日本整形外科学学術総会 2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

  276. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 宮武 和正, 高田 亮平, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性の比較検討. 第87回 日本整形外科学学術総会 2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

  277. 神野 哲也. セメントレスステムにおける固定性の画像評価と問題点. 第45回 日本人工関節学会 2014.05.22

  278. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳、. 初回人工股関節全置換術における術後脱臼因子の解析と検討. 第87回 日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  279. 瀬川裕子、亀ヶ谷真琴、西須孝、森田光明、柿崎潤、神野哲也、大川淳. 発症時年齢8歳以上のPerthes病の治療成績. 第87回 日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  280. 平尾 昌之、神野 哲也、古賀 大介、高田 亮平、瀬川 裕子、星野 ちさと、森田 定雄、宗田 大、大川 淳. 当院での大腿骨頸部骨折に対するTHAの報告と考察. 第40回 関東股関節懇話会 2014.03.08

  281. 高田 亮平、神野 哲也、古賀 大介、瀬川 裕子、小谷野 岳、平尾 昌之、大川 淳. 股関節手術における3次元骨モデルの使用経験. 第8回 日本CAOS研究会 2014.03.06

  282. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、小谷野岳、平尾昌之、大川淳. 股関節手術における3次元骨モデルの使用経験. 第8回 日本CAOS研究会 2014.03.06

  283. 高田 亮平、神野 哲也、古賀 大介、瀬川 裕子、平尾 昌之、星野 ちさと、麻生 義則、森田 定雄、宗田 大、大川 淳. 後側方進入法における術中計測値と術後脱臼の関連性の検討. 第44回 日本人工関節学会 2014.02.21

  284. 古賀 大介、神野 哲也、古賀 大介、瀬川 裕子、平尾 昌之、星野 ちさと、麻生 義則、森田 定雄、宗田 大、大川 淳. 人工股関節全置換術における下肢筋電図モニタリング. 第44回 日本人工関節学会 2014.02.21

  285. 平尾 昌之、神野 哲也、古賀 大介、高田 亮平、星野 ちさと、麻生 義則、森田 定雄、宗田 大、大川 淳. 異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性と術後姿勢指導の必要性. 第44回 日本人工関節学会 2014.02.21

  286. 川田 和正、神野 哲也、古賀 大介、瀬川 裕子、小谷野 岳、平尾 昌之、高田 亮平、大川 淳. 両側一期的人工股関節全置換術における 術後感染リスク因子の検討. 第44回 日本人工関節学会 2014.02.21

  287. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 後側方進入法における術中計測値と術後脱臼の関連性の検討. 第44回 日本人工関節学会 2014.02.21 日本人工関節学会

  288. 瀬川裕子、亀ヶ谷真琴、西須孝、柿崎潤、森田光明、神野哲也. 千葉県こども病院における先天性股関節脱臼患者の疫学. 第40回 日本股関節学会 2013.11.29

  289. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、宮武和正、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. ステム長の違いがステムの前捻とアライメントに及ぼす影響. 第40回 日本股関節学会 2013.11.29

  290. 瀬川裕子、亀ヶ谷真琴、西須孝、柿崎潤、久光淳士郎、森田光明、佐藤祐介、志賀康浩、神野哲也、大川淳. 千葉県こども病院における筋性斜頸の手術成績. 第24回 日本小児整形外科学会学術集会 2013.11.08

  291. 瀬川 裕子、神野哲也、古賀大介、小谷野岳、星野ちさと、大川淳、亀ヶ谷真琴、久光淳士郎、森田光明、西須孝、柿﨑潤、山本陽平. 高度遺残性亜脱臼に対してDega osteotomyと大腿骨骨切り術を施行した1例. 第13回 千葉股関節研究会 2013.01.19

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 第68回日本リハビリテーション医学会関東地方会,2018年02月

    第68回日本リハビリテーション医学会関東地方会ならびに専門医・認定臨床医生涯教育研修会
    日時:2018年2月4日(日)9:20~16:00
    会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

  • OEC 第18回 HIPスタンダードコース,2017年07月

    人工関節領域の次世代を担うオピニオンリーダーの育成を目指す

  • Train-the-Trainer Program for OrthAlign Plus,2017年06月

    Hip Training Course @ OrthAlign への参加

  • 2017 ICJR Japan Hip&Knee,2017年04月

    人工膝関節と人工股関節の最新の話題と問題点についてのシンポジウム