基本情報

写真a

稲澤 譲治(イナザワ ジヨウジ)

INAZAWA Johji


職名

教授

研究室住所

東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 分子細胞遺伝

研究室電話番号

03-5803-5820

研究室FAX番号

03-5803-0244

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/cgen/framepage.htm

研究分野・キーワード

癌, 遺伝疾患, ゲノム医科学, 癌遺伝子 癌抑制遺伝子 疾患遺伝子, 染色体, 遺伝医学, 遺伝子診断, FISH CGH, 血液学 白血病

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都府立医科大学  1982年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  京都府立医科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 分子細胞遺伝 教授
  • 1998年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子細胞遺伝学 教授
  • 2010年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 硬組織疾患ゲノムセンター センター長
  • 2012年05月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 学内共同教育研究施設 疾患バイオリソースセンター センター長
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 疾患バイオリソースセンター センター長

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1982年 京都府立医科大学附属病院研修医 (第3内科学教室)
  • 1987年 京都府立医科大学医学部助手 (衛生学教室)
  • 1994年 京都府立医科大学医学部講師 (衛生学教室)
  • 1996年 東京大学助教授 (医科学研究所 ヒトケ゛ノム解析センター)
  • 1998年 東京医科歯科大学教授 (難治疾患研究所)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

  • 日本血液学会

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本がん分子標的治療学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会理事・評議員
  • 日本人類遺伝学会理事・評議員
  • 日本血液学会代議員
  • 日本医学会評議員
  • Associate Editor: Journal of Human Genetics、 Cancer Science

全件表示 >>

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 臨床遺伝専門医

  • 臨床遺伝指導医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • BETファミリー遺伝子BRD4を標的とする癌抑制型マイクロRNA抗癌核酸薬の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 再発転移頭頸部癌に対するニボルマブ最適化投与のためのバイオマーカーに関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • PCSK9阻害薬の応用による抗がん核酸薬DDSの技術革新

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • がん細胞文脈のシステム的統合理解による新たながん診断・治療概念の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2019年

  • 顎成長の調和の破綻を来すバイオメカニズムのゲノム・フェノム統合解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ishigaki K, Akiyama M, Kanai M, Takahashi A, Kawakami E, Sugishita H, Sakaue S, Matoba N, Low SK, Okada Y, Terao C, Amariuta T, Gazal S, Kochi Y, Horikoshi M, Suzuki K, Ito K, Koyama S, Ozaki K, Niida S, Sakata Y, Sakata Y, Kohno T, Shiraishi K, Momozawa Y, Hirata M, Matsuda K, Ikeda M, Iwata N, Ikegawa S, Kou I, Tanaka T, Nakagawa H, Suzuki A, Hirota T, Tamari M, Chayama K, Miki D, Mori M, Nagayama S, Daigo Y, Miki Y, Katagiri T, Ogawa O, Obara W, Ito H, Yoshida T, Imoto I, Takahashi T, Tanikawa C, Suzuki T, Sinozaki N, Minami S, Yamaguchi H, Asai S, Takahashi Y, Yamaji K, Takahashi K, Fujioka T, Takata R, Yanai H, Masumoto A, Koretsune Y, Kutsumi H, Higashiyama M, Murayama S, Minegishi N, Suzuki K, Tanno K, Shimizu A, Yamaji T, Iwasaki M, Sawada N, Uemura H, Tanaka K, Naito M, Sasaki M, Wakai K, Tsugane S, Yamamoto M, Yamamoto K, Murakami Y, Nakamura Y, Raychaudhuri S, Inazawa J, Yamauchi T, Kadowaki T, Kubo M, Kamatani Y. Large-scale genome-wide association study in a Japanese population identifies novel susceptibility loci across different diseases. Nature genetics. 2020.07; 52 (7): 669-679. ( PubMed, DOI )

  • Takagawa Y, Gen Y, Muramatsu T, Tanimoto K, Inoue J, Harada H, Inazawa J. miR-1293, a Candidate for miRNA-Based Cancer Therapeutics, Simultaneously Targets BRD4 and the DNA Repair Pathway. Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy. 2020.06; 28 (6): 1494-1505. ( PubMed, DOI )

  • Gokita K, Inoue J, Ishihara H, Kojima K, Inazawa J. Therapeutic Potential of LNP-Mediated Delivery of miR-634 for Cancer Therapy. Molecular therapy. Nucleic acids. 2020.03; 19 330-338. ( PubMed, DOI )

  • Matsukawa T, Yamamoto T, Honda A, Toya T, Ishiura H, Mitsui J, Tanaka M, Hao A, Shinohara A, Ogura M, Kataoka K, Seo S, Kumano K, Hosoi M, Narukawa K, Yasunaga M, Maki H, Ichikawa M, Nannya Y, Imai Y, Takahashi T, Takahashi Y, Nagasako Y, Yasaka K, Mano KK, Matsukawa MK, Miyagawa T, Hamada M, Sakuishi K, Hayashi T, Iwata A, Terao Y, Shimizu J, Goto J, Mori H, Kunimatsu A, Aoki S, Hayashi S, Nakamura F, Arai S, Momma K, Ogata K, Yoshida T, Abe O, Inazawa J, Toda T, Kurokawa M, Tsuji S. Clinical efficacy of haematopoietic stem cell transplantation for adult adrenoleukodystrophy. Brain communications. 2020; 2 (1): fcz048. ( PubMed, DOI )

  • Tanimoto K, Muramatsu T, Inazawa J. Massive computational identification of somatic variants in exonic splicing enhancers using The Cancer Genome Atlas. Cancer medicine. 2019.12; 8 (17): 7372-7384. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • (分担)村松智輝, 稲澤譲治. 次世代がん治療「ハイプシン経路によるがん浸潤・転移メカニズム」. (株)エヌ・ティー・エス, 2017.06

  • (分担)稲澤譲治. CGH法・造血器腫瘍アトラス. 日本医事新報社, 2016.08

  • (分担)稲澤譲治. 新臨床腫瘍学(改訂第3版)-がん薬物療法専門医のために-.. 南江堂, 2012.12

  • (分担)小崎健一、古田繭子、井本逸勢、稲澤譲治. 画像と分子マーカー.. アークメディア, 2012.03

  • (分担)稲澤譲治. がん生物学イラストレイテッド.. 羊土社, 2011.07

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 劉 暢, 玄 泰行, 稲澤 譲治. miR-3140はBRD4-MYCN経路を標的とし、神経芽腫細胞の増殖を抑制する(miR-3140 suppressed tumor cell growth in neuroblastoma by targeting BRD4-MYCN pathway). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  • 内藤 諒, 村松 智輝, 谷本 幸介, 稲澤 譲治. 統合的mRNA, miRNA発現情報を基盤とした独自のマイクロRNA標的遺伝子予測データベースの構築(Construction of an in-house microRNA-target prediction database based on an integrative mRNA-microRNA expression data). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  • 井上 純, 岸川 正大, 濱本 英利, 小林 勝則, 藤原 恭子, 稲澤 譲治. 皮膚扁平上皮癌におけるmiR-634軟膏による抗腫瘍効果(Therapeutic potential of the topical treatment of miR-634 ointment for cutaneous squamous cell carcinoma). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  • 岸川 正大, 井上 純, 濱本 英利, 小林 勝則, 朝蔭 孝宏, 稲澤 譲治. 甲状腺未分化癌に対するmiR-634を用いた核酸抗癌剤の開発(Development of miRNA-formulation using miR-634 for anaplastic thyroid cancer therapy). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  • 高川 祐希, 玄 泰行, 村松 智輝, 原田 浩之, 稲澤 譲治. 機能的miRNAライブラリースクリーニングによる、BRD4を標的とする新規癌抑制型miRNAの同定(Function-based microRNA library screening identified novel tumor suppressive microRNAs targeting BRD4). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • マイクロRNAの測定方法、並びに、がん治療剤及びこれを含有するがん治療のための医薬組成物

    特許番号: 9994843

  • マイクロRNAの測定方法、並びに、がん治療剤及びこれを含有するがん治療のための医薬組成物

    特許番号: 特許第6587142豪

  • マイクロRNAの測定方法、並びに、がん治療剤及びこれを含有するがん治療のための医薬組成物

    特許番号: 2963125

  • 甲状腺癌の検出方法

    特許番号: 特許第5704545号

  • 卵巣癌の検出方法、及び抑制方法

    特許番号: 特許第8741641号

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本人類遺伝学会賞,2017年07月

  • 平成20年度科学技術分野 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門),2008年04月

  • 日本癌学会JCA-Mauvernay Award,2006年09月

  • ブルガリア国立科学アカデミー外国人会員,2006年07月

  • 平成17年度 公益信託癌臨床研究助成基金,2005年08月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「神経芽腫におけるマイクロRNAを用いた新規治療戦略の可能性」,2021年06月

    Molecular Therapy-Nucleic Acids

  • 「食道扁平上皮癌の治療標的としての代謝関連分子PDHXの同定」― PDH阻害剤を用いた新たな癌個別化治療法の開発への期待 ―,2021年05月

    Cancer Science

  • 「 動原体構成要素のNUF2遺伝子は小頭症及び低身長の新規原因遺伝子となる 」― 15年間にわたる診断未確定の先天異常症のゲノム解析研究から得られた成果 ―,2021年03月

    Human Genetics

  • 2021年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「ピタバスタチンによる抗腫瘍効果の解明」― 既承認薬再配置を基盤とした新規がん治療戦略への期待 ―,2020年12月

    Molecular Cancer Research

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 難治癌に有効なマイクロRNAの同定,日経BP社,日経バイオテクオンライン,2018年04月09日

  • バイオバンクの紹介,AMED,ゲノム医療支援サイト,2018年01月16日