基本情報

写真a

鍔田 武志(ツバタ タケシ)

TSUBATA Takeshi


職名

教授

研究室住所

〒113-8510文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/imm/index.html

研究分野・キーワード

免疫応答, 抗体、糖鎖抗原, 自己免疫, 感染免疫, アポトーシス, 細胞内輸送、活性酸素

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  医学部  1981年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  医学研究科  内科系  博士課程  1987年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  京都大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1996年07月
    -
    2003年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 免疫疾患分野 教授
  • 2003年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 疾患生命科学研究部 部長
  • 2010年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 免疫疾患分野 教授
  • 2012年04月
    -
    2014年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫応答制御学 教授
  • 2012年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 免疫学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 昭和56年6月 1日  京都大学医学部附属病院(研修医)勤務
  • 昭和57年6月 1日  京都大学結核胸部疾患研究所附属病院(研修医)配置換
  • 昭和58年3月31日  同上 退職
  • 昭和62年5月16日  京都大学胸部疾患研究所助手(生体防御学部門)勤務
  • (昭和63年6月1日より平成3年4月30日まで、アレキサンダー=フォン=フンボルト奨学生としてドイツ連邦共和国ケルン大学遺伝研およびマックス=プランク免疫生物学研究所に留学)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

  • 日本生化学会

  • 日本ケミカルバイオロジー学会

  • 日本プロテインフォスファターゼ研究会

  • 日本学術会議

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本セルデス学会 理事、評議員
  • 日本生化学会 代議員
  • 日本免疫学会 評議員,教育推進委員
  • 日本学術会議 連携会員
  • 2019年06月
    -
    現在
    PLoS Biology誌 Editorial Board Member

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 医化学一般

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Bリンパ球に発現するシグレックとその糖鎖リガンドについての研究,2014年04月 - 2018年03月

  • CD83リガンドの同定とIgM陽性記憶B細胞の分化成熟過程の解析,2014年04月 - 2015年03月

  • SLE発症機序におけるB細胞記憶化プロセスの関与の解明,2014年04月 - 2015年03月

  • 膠原病皮膚病変自然発症モデルマウスの樹立とその解析,2014年04月 - 2015年03月

  • 新規コンセプトによる炎症を誘導しないワクチン用免疫増強剤の開発,2013年04月 - 2017年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 核抗原への自己抗体産生における変性自己抗原の役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2020年

  • Glycocalyx(細胞表面糖鎖層)によるBリンパ球活性化制御の研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • エンドサイトーシスによって生成するネオ・セルフへの免疫応答

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • Bリンパ球に発現するシグレックとその糖鎖リガンドについての研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • Bリンパ球に発現するシグレックとその糖鎖リガンドについての研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ballet, R., Brennan, M., Brandl, C., Feng, N., Berri, J., Cheng, J., Ocón, B., Alborzian Deh Sheikh, A., Marki, A., Bi,Y., Abram, C. L., Lowell, C. A., Tsubata, T., Greenberg, H. B., Macauley, M. S., Ley, K., Nitschke, L., Butcher. E. C. A CD22-Shp1 phosphatase axis controls integrin β7 display and B cell function in mucosal immunity Nature Immunology. 2021; in press

  • Tsugawa, N., Yamada, D., Watabe, T., Onizawa, M., Wang, S., Nemoto, Y., Oshima, S., Tsubata, T., Adachi, T., Kawano, Y., Watanabe, M., Blumberg, RS., Okamoto, R., Nagaishi, T. CEACAM1 specifically suppresses B cell receptor signaling-mediated activation. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2020.12; 535 99-105. ( PubMed, DOI )

  • Alborzian Deh Sheikh, A., Gomaa, S., Li, X., Routledge, M., Saigoh, K., Numoto, N., Angata, T., Hitomi, Y., Takematsu, H., Tsuiji, M., Ito, N., Kusunoki, S., Tsubata, T. A Guillain-Barré syndrome-associated SIGLEC10 rare variant impairs its recognition of gangliosides. Journal of Autoimmunity. 2020.11; 116 102571. ( PubMed, DOI )

  • Hong, R., Lai, N., Xiong, E., Ouchida, R., Sun, J., Zhou, Y., Tang, Y., Hikida, M., Tsubata, T., Tagawa, M., Wang, Y. and Wang, J.-y. Distinct roles of BCNP1 in B cell development and activation. International Immunology. 2020.01; 32 (1): 17-26. ( DOI )

  • Tang Yue, Lai Nannan, Xiong Ermeng, Ouchida Rika, Sun Jiping, Hikida Masaki, Tsubata Takeshi, Wang Yanqing, Wang Ji-Yang. Regulation of B cell development, activation, and function Distinct roles of B cell novel protein 1 in B cell development and activation 日本免疫学会総会・学術集会記録. 2019.11; 48 (Proceedings): 2-F. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 鍔田 武志. B細胞と自己免疫疾患. 臨床免疫・アレルギー科73(5)562-570,科学評論社, 2020.05 B細胞と自己免疫疾患

  • Alborzian Deh Sheikh, A., Akatsu, C. and Tsubata, T.. Identification of Siglec Cis-ligands by Proximity Labeling. In “Lectin Purification and Analysis: Methods and Protocols” ed. by Jun Hirabayashi. Springer, 2020 (ISBN : 978-1-0716-0430-4)

  • Tsubata, T.. Involvement of reactive oxygen species (ROS) in BCR signaling as a second messenger. In “B Cells in Immunity and Tolerance” ed. by Ji-Yang Wang. Springer, 2020 (ISBN : 978-981-15-3531-4)

  • Takeshi Tsubata. Development of Siglec Regulators. In “Glycoscience: Basic Science to Applications” (ed. by Naoyuki Taniguchi, Tamao Endo, Jun Hirabayashi, Shoko Nishihara, Kenji Kadomatsu, Kazunari Akiyoshi and Kiyoko F. Aoki-Kinoshita). Springer, 2019.09 (ISBN : 9811358559)

  • 鍔田 武志. 制御性レセプターCD72によるRNA関連自己抗原の認識と自己免疫の抑制. 臨床免疫・アレルギー科71(3)288-293,科学評論社, 2019.03 制御性レセプターCD72によるRNA関連自己抗原の認識と自己免疫の抑制

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • P. A. Koni., Ren, M., Tsubata, T., Khleif, S., Maverakis, E. and Shimoda, M.. A mouse model for chronic inflammatory diseases spontaneously develops CD4/CD8 double-positive T cell leukemia/lymphoma. . The 54th Midwinter Conference of Immunologists at Asilomar. 2015.01.24 Big Bear Lake, California (USA)

  • 松原直子、竹松弘、石田秀治、鍔田武志. Bリンパ球に発現するCD22/Siglec-2を標的とした免疫増強化合物の開発. 第8回次世代アジュバント研究会 2015.01.20 大阪

  • Onodera, T., Adachi, T., Tsubata, T., Kurosaki, T., Adachi, Y., Ato, M. and Takahashi, Y.. CD273+memory B cells replenish bone marrow plasma cells in the steady state after influenza vaccination. . Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology, 2014 2014.12.10 京都

  • Matsubara, N., Takematsu, H. and Tsubata, T.. Synthetic sialosides that bind to CD22 with nanomolar potency activate B lymphocytes. . Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology, 2014. 2014.12.10 Kyoto

  • Tang, M., Takata, T., Suzuki, M. and Tsubata, T.. The Role of Reactive Oxygen Species in B Cell Antigen Receptor Signaling. . Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology, 2014. 2014.12.10 Kyoto

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • B細胞におけるCD22機能を抑制することから成る免疫応答の促進方法

    特許番号: 5243269

  • B細胞におけるCD22機能を抑制することから成る免疫応答の促進方法

    特許番号: US 9,018,245 B2

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • ベストプレゼンテーション賞 (Xuexin, Li),日本免疫学会,2018年12月

  • オイゲン・ウント・イルゼ・ザイボルト賞,ドイツ研究振興協会,2017年10月

  • フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト賞,ドイツ連邦共和国大統領,2005年

  • 日本生化学会奨励賞,日本生化学会,1996年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年01月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「原因不明の免疫性神経疾患ギラン・バレー症候群に関連する遺伝子変異の同定に成功」― ギラン・バレー症候群発症の仕組み解明への手がかりとリスク因子の同定 ―,2020年11月

    Journal of Autoimmunity

  • ”Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Discovery.",2018年10月

    国際会議主催

  • プレスリリース「炎症を起こさない免疫賦活剤の開発に成功」―より安全なワクチン開発への応用に期待――,2018年04月

    Frontiers in Immunology

  • 「自己免疫疾患全身性エリテマトーデス(SLE)の発症制御メカニズムの解明」-副作用の少ない新規治療法開発に道-,2016年10月

    The Journal of Experimental Medeicine
    記者会見実施

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学特論,1996年 - 現在

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • B細胞応答制御機構、とりわけ抑制性共受容体の研究,1996年07月 - 現在

  • B細胞の選択とアポトーシス制御についての研究,1991年05月 - 1995年04月

  • プレB細胞受容体の構造と機能の研究,1987年06月 - 1991年04月

  • 自己抗体産生機構の研究,1986年05月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患とは何か。対策,産経新聞社,月刊誌「くらしの百科」,2019年02月22日

  • 「自己免疫疾患はなぜおこる?」,文の京・最先端生命科学講座,文京シビックセンター,2019年02月22日

  • 取材協力「がんなど非感染症ワクチンの研究について」,日本経済新聞・日経産業新聞,2018年11月13日