基本情報

写真a

梶原 道子(カジワラ ミチコ)

KAJIWARA Michiko


職名

講師

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5646

研究室FAX番号

03-5803-0229

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  1986年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  小児科学  博士課程  1993年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1995年08月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 輸血部 講師
  • 2004年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 細胞治療センター 管理責任者、品質管理責任者
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 輸血部 講師
  • 2018年04月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 医病・輸血・細胞治療センター 講師
  • 2019年05月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 医病・輸血・細胞治療センター 講師
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 輸血・細胞治療センター 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1995年8月 東京医科歯科大学医学部附属病院輸血部助手
  • 2007年4月 同助教
  • 2011年7月 同講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本輸血・細胞治療学会

  • 日本小児科学会

  • 日本血液学会

  • 日本造血細胞移植学会

  • 日本小児血液・がん学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年
    -
    現在
    日本小児血液・がん学会 評議員(社員)
  • 2013年06月
    -
    現在
    日本輸血・細胞治療学会 評議員(社員)

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 胎児医学、小児成育学

  • 血液、腫瘍内科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 細胞治療,2002年

  • 輸血医学,1995年

  • 造血細胞移植,1995年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 200ml献血由来の赤血球濃厚液の安全性と有効性の評価及び初回献血を含む学校献血の推進等に関する研究

    厚生労働省 : 2013年04月 - 2015年03月

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Okano T, Nishimura A, Inoue K, Naruto T, Tokoro S, Tomoda T, Kamiya T, Simbo A, Akutsu Y, Okamoto K, Yeh T, Isoda T, Yanagimachi M, Kajiwara M, Imai K, Kanegane H, Mori M, Morio T, Takagi M. Somatic mutation in RUNX1 underlies mucocutaneus inflammatory manifestations. Rheumatology (Oxford, England). 2021.09; ( PubMed, DOI )

  2. Miyamoto Satoshi, Umeda Katsutsugu, Kurata Mio, Nishimura Akira, Yanagimachi Masakatsu, Ishimura Masataka, Sato Maho, Shigemura Tomonari, Kato Motohiro, Sasahara Yoji, Iguchi Akihiro, Koike Takashi, Takahashi Yoshiyuki, Kajiwara Michiko, Inoue Masami, Hashii Yoshiko, Yabe Hiromasa, Kato Koji, Atsuta Yoshiko, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Hematopoietic Cell Transplantation for Severe Combined Immunodeficiency Patients: a Japanese Retrospective Study JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  3. Nishimura Akira, Aoki Yuki, Ishiwata Yasuyoshi, Ichimura Takuya, Ueyama Junichi, Kawahara Yuta, Tomoda Takahiro, Inoue Maiko, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Hiroki Haruka, Ono Shintaro, Yamashita Motoi, Okano Tsubasa, Tanaka-Kubota Mari, Ashiarai Miho, Miyamoto Satoshi, Miyawaki Reiji, Yamagishi Chika, Tezuka Mari, Okawa Teppei, Hoshino Akihiro, Endo Akifumi, Yasuhara Masato, Kamiya Takahiro, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Isoda Takeshi, Yanagimachi Masakatsu, Tomizawa Daisuke, Nagasawa Masayuki, Mizutani Shuki, Kajiwara Michiko, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Hematopoietic Cell Transplantation with Reduced Intensity Conditioning Using Fludarabine/Busulfan or Fludarabine/Melphalan for Primary Immunodeficiency Diseases JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY. 2021.02; ( PubMed, DOI )

  4. Miyamoto Satoshi, Yanagimachi Masakatsu, Umeda Katsutsugu, Iguchi Akihiro, Sasahara Yoji, Takada Hidetoshi, Takahashi Yoshiyuki, Kajiwara Michiko, Inoue Masami, Kato Koji, Hashii Yoshiko, Atsuta Yoshiko, Yabe Hiromasa, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Hematopoietic Stem Cell Transplantation for Severe Combined Immunodeficiency in Japan: A Nationwide Retrospective Analysis BONE MARROW TRANSPLANTATION. 2020.12; 55 (SUPPL 1): 443.

  5. Endo Akifumi, Yamashita Motoi, Kamiya Takahiro, Mitsuiki Noriko, Isoda Takeshi, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. A Retrospective Study of Six Cases of HLA Haplo-Identical Hematopoietic Stem Cell Transplantation with Post-Transplant Cyclophosphamide PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2020.12; 67

  6. Miyamoto Satoshi, Yanagimachi Masakatsu, Umeda Katsutsugu, Iguchi Akihiro, Sasahara Yoji, Takada Hidetoshi, Yamada Masafumi, Ishimura Masataka, Koike Takashi, Yasui Masahiro, Takahashi Yoshiyuki, Kawaguchi Hiroshi, Kajiwara Michiko, Inoue Masami, Kato Koji, Hashii Yoshiko, Atsuta Yoshiko, Yabe Hiromasa, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Hematopoietic Stem Cell Transplantation for Inborn Errors of Immunity in Japan: Overview of a Nationwide Retrospective Analysis BONE MARROW TRANSPLANTATION. 2020.12; 55 (SUPPL 1): 102-103.

  7. Sakai Kazuya, Fujimura Yoshihiro, Nagata Yasuyuki, Higasa Satoshi, Moriyama Masato, Isonishi Ayami, Konno Mutsuko, Kajiwara Michiko, Ogawa Yoshiyuki, Kaburagi Shigehiko, Hara Tomoko, Kokame Koichi, Miyata Toshiyuki, Hatakeyama Kinta, Matsumoto Masanori. Success and limitations of plasma treatment in pregnant women with congenital thrombotic thrombocytopenic purpura JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS. 2020.11; 18 (11): 2929-2941. ( PubMed, DOI )

  8. Umeda Katsutsugu, Imai Kohsuke, Yanagimachi Masakatsu, Yabe Hiromasa, Kobayashi Masao, Takahashi Yoshiyuki, Kajiwara Michiko, Yoshida Nao, Cho Yuko, Inoue Masami, Hashii Yoshiko, Atsuta Yoshiko, Morio Tomohiro. 非悪性疾患に対する同種造血幹細胞移植の臨床成績に移植片対宿主病が及ぼす影響(Impact of graft-versus-host disease on the clinical outcome of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for non-malignant diseases) International Journal of Hematology. 2020.06; 111 (6): 869-876. ( 医中誌 )

  9. Umeda K, Imai K, Yanagimachi M, Yabe H, Kobayashi M, Takahashi Y, Kajiwara M, Yoshida N, Cho Y, Inoue M, Hashii Y, Atsuta Y, Morio T, Inherited Disease Working Group of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation.. Impact of graft-versus-host disease on the clinical outcome of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for non-malignant diseases. International journal of hematology. 2020.02; ( PubMed, DOI )

  10. Nishimura Akira, Miyakawa Yuichi, Murakoshi Miki, Shimbo Asami, Ishiguro Rika, Kajiwara Michiko, Shibuya Atsushi, Ogura Hiromi, Kanno Hitoshi, Koh Katsuyoshi, Minosaki Yoshihiro, Nishioka Masato, Shimohira Masayuki. A Case of Hereditary Spherocytosis With ANK1 Mutation and SLC4A1 Variant With Persistent Severe Anemia PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2019.12; 66 S111-S112.

  11. Nishimura Akira, Aoki Yuki, Ishiwata Yasuyoshi, Inoue Maiko, Ichimura Takuya, Ueyama Junichi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Hiroki Haruka, Ono Shintaro, Okano Tsubasa, Tanaka Mari, Miyamoto Satoshi, Ashiarai Miho, Miyawaki Reiji, Yamagishi Chika, Tezuka Mari, Okawa Teppei, Hoshino Akihiro, Endo Akifumi, Yasuhara Masato, Kamiya Takahiro, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Yanagimachi Masakatsu, Isoda Takeshi, Tomizawa Daisuke, Nagasawa Masayuki, Kajiwara Michiko, Takagi Masatoshi, Mizutani Shuki, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Hematopoietic cell transplantation with reduced intensity conditioning regimen using fludarabine/busulfan and fludarabine/melphalan for primary immunodeficiency diseases BONE MARROW TRANSPLANTATION. 2019.07; 54 390-391.

  12. Hiroyuki Takahashi, Ryosuke Kajiwara, Motohiro Kato, Daisuke Hasegawa, Daisuke Tomizawa, Yasushi Noguchi, Kazutoshi Koike, Daisuke Toyama, Hiromasa Yabe, Michiko Kajiwara, Junya Fujimura, Manabu Sotomatsu, Setsuo Ota, Miho Maeda, Hiroaki Goto, Yoko Kato, Tetsuya Mori, Takeshi Inukai, Hiroyuki Shimada, Keitaro Fukushima, Chitose Ogawa, Atsushi Makimoto, Takashi Fukushima, Kentaro Ohki, Katsuyoshi Koh, Nobutaka Kiyokawa, Atsushi Manabe, Akira Ohara. Treatment outcome of children with acute lymphoblastic leukemia: the Tokyo Children's Cancer Study Group (TCCSG) Study L04-16. Int. J. Hematol.. 2018.07; 108 (1): 98-108. ( PubMed, DOI )

  13. Takahashi Hiroyuki, Kajiwara Ryosuke, Kato Motohiro, Hasegawa Daisuke, Tomizawa Daisuke, Noguchi Yasushi, Koike Kazutoshi, Toyama Daisuke, Yabe Hiromasa, Kajiwara Michiko, Fujimura Junya, Sotomatsu Manabu, Ota Setsuo, Maeda Miho, Goto Hiroaki, Kato Yoko, Mori Tetsuya, Inukai Takeshi, Shimada Hiroyuki, Fukushima Keitaro, Ogawa Chitose, Makimoto Atsushi, Fukushima Takashi, Ohki Kentaro, Koh Katsuyoshi, Kiyokawa Nobutaka, Manabe Atsushi, Ohara Akira. 急性リンパ性白血病小児の治療成績 東京小児がん研究会(TCCSG)試験L04-16(Treatment outcome of children with acute lymphoblastic leukemia: the Tokyo Children's Cancer Study Group(TCCSG) Study L04-16) International Journal of Hematology. 2018.07; 108 (1): 98-108. ( 医中誌 )

  14. Yusuke Noguchi, Daisuke Tomizawa, Haruka Hiroki, Satoshi Miyamoto, Mari Tezuka, Reiji Miyawaki, Mari Tanaka-Kubota, Tubasa Okano, Chika Kobayashi, Noriko Mitsuiki, Yuki Aoki, Kohsuke Imai, Michiko Kajiwara, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi. Hematopoietic cell transplantation for myeloid/NK cell precursor acute leukemia in second remission. Clin Case Rep. 2018.06; 6 (6): 1023-1028. ( PubMed, DOI )

  15. Masayuki Nagasawa, Noriko Mitsuiki, Yuki Aoki, Toshiaki Ono, Takeshi Isoda, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Michiko Kajiwara, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. Effect of reduced-intensity conditioning and the risk of late-onset non-infectious pulmonary complications in pediatric patients. Eur. J. Haematol.. 2017.12; 99 (6): 525-531. ( PubMed, DOI )

  16. Marie Scully, Paul Knöbl, Karim Kentouche, Lawrence Rice, Jerzy Windyga, Reinhard Schneppenheim, Johanna A Kremer Hovinga, Michiko Kajiwara, Yoshihiro Fujimura, Caterina Maggiore, Jennifer Doralt, Christopher Hibbard, Leah Martell, Bruce Ewenstein. Recombinant ADAMTS-13: first-in-human pharmacokinetics and safety in congenital thrombotic thrombocytopenic purpura. Blood. 2017.11; 130 (19): 2055-2063. ( PubMed, DOI )

  17. Miyamoto Satoshi, Takagi Masatoshi, Nishimura Akira, Tanaka Mari, Ono Shintaro, Ashiarai Miho, Mitsuiki Noriko, Hoshino Akihiro, Yanagimachi Masakatsu, Aoki Yuki, Tomizawa Daisuke, Imai Kohsuke, Kajiwara Michiko, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. A 7-year-old Girl who Maintains Complete Remission after Multiple Hematopoietic Cell Transplantation for Frequent Relapse of Infant Leukemia PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2017.11; 64 S92-S93.

  18. Takagi Masatoshi, Ishiwata Yasuyoshi, Aoki Yuki, Miyamoto Satoshi, Hoshino Akihiro, Matsumoto Kazuaki, Nishimura Akira, Tanaka Mari, Yanagimachi Masakatsu, Mitsuiki Noriko, Imai Kohsuke, Kanegane Hirokazu, Kajiwara Michiko, Takikawa Kanako, Mae Tsukasa, Tomita Osamu, Fujimura Junya, Yasuhara Masato, Tomizawa Daisuke, Mizutani Shuki, Morio Tomohiro. 小児の難治性血液悪性疾患に対するクロファラビンとブスルファンを用いたHLAハプロタイプ一致造血幹細胞移植(HLA haploidentical hematopoietic cell transplantation using clofarabine and busulfan for refractory pediatric hematological malignancy) International Journal of Hematology. 2017.05; 105 (5): 686-691. ( 医中誌 )

  19. Masatoshi Takagi, Yasuyoshi Ishiwata, Yuki Aoki, Satoshi Miyamoto, Akihiro Hoshino, Kazuaki Matsumoto, Akira Nishimura, Mari Tanaka, Masakatsu Yanagimachi, Noriko Mitsuiki, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Michiko Kajiwara, Kanako Takikawa, Tsukasa Mae, Osamu Tomita, Junya Fujimura, Masato Yasuhara, Daisuke Tomizawa, Shuki Mizutani, Tomohiro Morio. HLA haploidentical hematopoietic cell transplantation using clofarabine and busulfan for refractory pediatric hematological malignancy. Int. J. Hematol.. 2017.02; ( PubMed, DOI )

  20. Daisuke Tomizawa, Akifumi Endo, Michiko Kajiwara, Hirotoshi Sakaguchi, Kimikazu Matsumoto, Makoto Kaneda, Takashi Taga. Acute lymphoblastic leukemia in patients with Down syndrome with a previous history of acute myeloid leukemia. Pediatr Blood Cancer. 2016.12; ( PubMed, DOI )

  21. Masatoshi Takagi, Shohei Ogata, Hiroo Ueno, Kenichi Yoshida, Tzuwen Yeh, Akihiro Hoshino, Jinhua Piao, Motoy Yamashita, Mai Nanya, Tsubasa Okano, Michiko Kajiwara, Hirokazu Kanegane, Hideki Muramatsu, Yusuke Okuno, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Yuki Bando, Motohiro Kato, Yasuhide Hayashi, Satoru Miyano, Kohsuke Imai, Seishi Ogawa, Seiji Kojima, Tomohiro Morio. Haploinsufficiency of TNFAIP3 (A20) by germline mutation is involved in autoimmune lymphoproliferative syndrome. J. Allergy Clin. Immunol.. 2016.11; ( PubMed, DOI )

  22. Takeshi Sato, Tsubasa Okano, Mari Tanaka-Kubota, Shunsuke Kimura, Satoshi Miyamoto, Shintaro Ono, Motoi Yamashita, Noriko Mitsuiki, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Michiko Kajiwara, Takasuke Ebato, Shohei Ogata, Hirotsugu Oda, Osamu Ohara, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. Novel compound heterozygous mutations in a Japanese girl with Janus kinase 3 deficiency. Pediatr Int. 2016.09; ( PubMed, DOI )

  23. Yuki Aoki, Reiji Miyawaki, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Michiko Kajiwara, Yasuyoshi Ishiwata, Masato Yasuhara, Tomohiro Morio, Shuki Mizutani, Daisuke Tomizawa. Haploidentical Bone Marrow Transplantation With Clofarabine and Busulfan Conditioning for a Child With Multiple Recurrent Acute Lymphoblastic Leukemia. J. Pediatr. Hematol. Oncol.. 2016.01; 38 (1): e39-e41. ( PubMed, DOI )

  24. Motohiro Kato, Masafumi Seki, Kenichi Yoshida, Yusuke Sato, Ryo Oyama, Yuki Arakawa, Hiroshi Kishimoto, Tomohiko Taki, Masaharu Akiyama, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Noriko Mitsuiki, Michiko Kajiwara, Shuki Mizutani, Masashi Sanada, Satoru Miyano, Seishi Ogawa, Katsuyoshi Koh, Junko Takita. Genomic analysis of clonal origin of Langerhans cell histiocytosis following acute lymphoblastic leukaemia. Br. J. Haematol.. 2015.11; ( PubMed, DOI )

  25. Kanako Mitsui-Sekinaka, Kohsuke Imai, Hiroki Sato, Daisuke Tomizawa, Michiko Kajiwara, Masayuki Nagasawa, Tomohiro Morio, Shigeaki Nonoyama. Clinical features and hematopoietic stem cell transplantations for CD40 ligand deficiency in Japan. J. Allergy Clin. Immunol.. 2015.10; 136 (4): 1018-1024. ( PubMed, DOI )

  26. Hiroaki Goto, Takashi Kaneko, Yoko Shioda, Michiko Kajiwara, Kazuo Sakashita, Toshiyuki Kitoh, Akira Hayakawa, Mizuka Miki, Keisuke Kato, Atsushi Ogawa, Yoshiko Hashii, Takeshi Inukai, Chiaki Kato, Hisashi Sakamaki, Hiromasa Yabe, Ritsuro Suzuki, Koji Kato. Hematopoietic stem cell transplantation for patients with acute lymphoblastic leukemia and Down syndrome. Pediatr Blood Cancer. 2015.01; 62 (1): 148-152. ( PubMed, DOI )

  27. Risa Nomura, Kentaro Miyai, Michiyo Okada, Michiko Kajiwara, Makoto Ono, Tsutomu Ogata, Iichiro Onishi, Mana Sato, Masaki Sekine, Takumi Akashi, Shuki Mizutani, Kenichi Kashimada. A 45,X/46,XY DSD (Disorder of Sexual Development) case with an extremely uneven distribution of 46,XY cells between lymphocytes and gonads. Clin Pediatr Endocrinol. 2015.01; 24 (1): 11-14. ( PubMed, DOI )

  28. K Nakatani, K Imai, M Shigeno, H Sato, M Tezuka, T Okawa, N Mitsuiki, T Isoda, D Tomizawa, M Takagi, M Nagasawa, M Kajiwara, M Yamamoto, A Arai, O Miura, C Kamae, N Nakagawa, K Honma, S Nonoyama, S Mizutani, T Morio. Cord blood transplantation is associated with rapid B-cell neogenesis compared with BM transplantation. Bone Marrow Transplant.. 2014.09; 49 (9): 1155-1161. ( PubMed, DOI )

  29. Motohiro Kato, Katsuyoshi Koh, Atsushi Manabe, Tomohiro Saito, Daisuke Hasegawa, Keiichi Isoyama, Akitoshi Kinoshita, Miho Maeda, Yuri Okimoto, Michiko Kajiwara, Takashi Kaneko, Kanji Sugita, Akira Kikuchi, Masahiro Tsuchida, Akira Ohara. No impact of high-dose cytarabine and asparaginase as early intensification with intermediate-risk paediatric acute lymphoblastic leukaemia: results of randomized trial TCCSG study L99-15. Br. J. Haematol.. 2014.02; 164 (3): 376-383. ( PubMed, DOI )

  30. Nobutaka Kiyokawa, Kazutoshi Iijima, Osamu Tomita, Masashi Miharu, Daisuke Hasegawa, Kenichiro Kobayashi, Hajime Okita, Michiko Kajiwara, Hiroyuki Shimada, Takeshi Inukai, Atsushi Makimoto, Takashi Fukushima, Toru Nanmoku, Katsuyoshi Koh, Atsushi Manabe, Akira Kikuchi, Kanji Sugita, Junichiro Fujimoto, Yasuhide Hayashi, Akira Ohara. Significance of CD66c expression in childhood acute lymphoblastic leukemia. Leuk. Res.. 2014.01; 38 (1): 42-48. ( PubMed, DOI )

  31. Tsuchida M, Ohara A, Manabe A, Kumagai M, Shimada H, Kikuchi A, Mori T, Saito M, Akiyama M, Fukushima T, KoikeK, Shiobara M, Ogawa C, Kanazawa T, Noguchi Y, Oota S, Okimoto Y, Yabe H, Kajiwara M, Tomizawa D, Ko K, Sugita K, Kaneko T, Maeda M, Inukai T, Goto H, Takahashi H, Isoyama K, Hayashi Y, Hosoya R, Hanada R.. Long-term results of Tokyo Children's Cancer Study Group trials for childhood acute lymphobalstic leukemia, 1984-1999. Leukemia. 2010; 24 383-396.

  32. Shirahata A, Fujisawa K, Ishii E, Ohta S, Sako M, Takahashi Y, Taki M, Mimaya J, Kubota M, Miura T, Kitazawa J, Kajiwara M, Bessho F.. A nationwide survey of newly diagnosed childhood idiopathic thrombocytopenic purpura in Japan. J Pediatr Hematol Oncol.. 2009; 31 27-32.

  33. Isoda T, Ito S, Kajiwara M, Nagasawa M.. Successful high-dose methotraxate chemotherapy in a patient with acute lymphoblastic leukemia who developed acute renal failure during the initial treatment. Pediatr Int.. 2007; 49 1018-1019.

  34. Nagasawa N, Isoda T, Itoh S, Kajiwara M, Morio T, Shimizu N, Ogawa K, Nagata K, Nakamura N, Mizutani S.. Analysis of serum granulysin in patients with hematopoietic stem cell transplantation: its usefulness as a marker of graft-versus-host reaction. Am J Haematol.. 2006; 81 340-348.

  35. Tsuji Y, Imai K, Kajiwara M, Aoki Y, Isoda T, Tomizawa D, Imai M, Ito S, Maeda H, Minegishi Y, Ohkawa H, Yata J, Sasaki N, Nagasawa M, Morio T, Nonoyama S, Mizutani S.. Hematopoietic stem cell transplantation for 30 patients with primary immunodeficiency diseases: 20 years experience of a single team. Bone Marrow Transpl.. 2006; 37 469-477.

  36. Tomizawa D, Aoki Y, Nagasawa M, Morio T, Kajiwara M, Sekine T, Shimiau N, Kato M, Yachie A, Mizutani S.. Novel adopted immunotherapy for mixed chimerism after unrelated cord blood transplantation in Omenn syndrome. Eur J Haematol.. 2005; 75 441-444.

  37. Tsuji Y, Ito S, Isoda T, Kajiwara M, Nagasawa M, Morio T, Mizutani S.. Successful nonmyeloablative cord blood transplantation for an infant with malignant infantile osteopetrosis. J Pediar Hematol Oncol.. 2005; 27 495-498.

  38. Igarashi S, Manabe A, Ohara A, Kumagai M, Saito T, Okimoto Y, Kamijo T, Isoyama K, Kajiwara M, Sotomatsu M, Sugita K, Sugita K, Maeda M, Yabe H, Kinoshita A, Kaneko T, Hayashi Y, Ikuta K, Hanada R, Tsuchida M.. No advantage of dexamethasone over predonisolone for the outcome of standard- and intermediate-risk childhood acute lymphoblastic leukemia in the Tokyo Children's Cancer Study Group L95-14 protocol. J Clin Oncol.. 2005; 23 6489-98.

  39. Nagasawa N, Zhu Y, Isoda T, Tomizawa D, Itoh S, Kajiwara M, Morio T, Nonoyama S, Shimizu N, Mizutani S.. Analysis of serum soluble CD40 ligand (sCD40L) in the patients undergoing allogenic stem cell transplantation: platelet is a major source of sCD40L. Eur J Haematol.. 2005; 74 54-60.

  40. Tomizawa D, Imai K, Ito S, Kajiwara M, Minegishi Y, Nagasawa M, Morio T, Nonoyama S, Mizutani S.. Allogenic hematopoietic stem cell transplantation for seven children with X-linked hyper-IgM syndrome: A single center experience. Am J Hematol. 76:33-39, 2004.. 2004; 76 33-39.

  41. Imai.K, Morio T, Zhu Y, Jin Y, Itoh Y, Kajiwara M, Yata J, Mizutani S, Ochs H.D, Nonoyama S.. Clinical Course of patients with WASP mutations. Blood.. 2004; 10 456-464.

  42. Nagasawa N, Tomizawa D, Tsuji Y, Kajiwara M, Morio T, Nonoyama S, Asada M, Mizutani S.. Pancytopenia presenting with monosomy 7 which disappeared after immunosuppressive therapy. 2004; 28 315-319.

  43. Komatsu F, Hasegawa K, Yanagisawa Y, Kawabata T, Kaneko Y, Watanabe S, Miyagi S, Sakuma M, Kagawa Y, Kajiwara M.. Prevalence of diego blood group Dia antigen in Mongolians: comparison with that in Japanese. Transfus Apher Sci.. 2004; 30 119-124.

  44. Komatsu F, Kajiwara M.. A pilot study of large volume apheresis of red blood cells and plasma during one donation by allogeneic blood donors. Transfus Sci.. 2000; 23 55-61.

  45. Komatsu F, Kajiwara M.. CD18/CD54(+ CD102), CD2/CD58 pathway-independent killing of lymphokine-activated killer (LAK) cells against glioblastoma cell lines T98G and U373MG. Oncol Res.. 2000; 12 17-24.

  46. Tsuchida M, Ikuta K, Hanada R, Saito T, Isoyama K, Sugita K, Toyoda Y, Manabe A, Koike K, Kinoshita A, Maeda M, Ishimoto K, Sato T, Okimoto Y, Kaneko T, Kajiwara M, Sotomatsu M, Hayashi Y, Hoshi Y, Ohira M, Bessho F, Tsunematsu Y, Tsukimoto I, Nakazawa S.. Long-term follow-up of childhood acute lymphoblastic leukemia in Tokyo Children's Cancer Study Group 181-1995. Leukemia.. 2000; 14 2295-2306.

  47. Nagasawa M, Imai M, Imai K, Itoh S, Kajiwara M, Morio T, Nonoyama S.. In vivo class switch of B cells after cord blood stem cell transplantation in severe combined immune deficient (SCID) patient. Am J Hematol.. 2000; 65 176-177.

  48. Kajiwara M, Nonoyama S, Eguchi M, Morio T, Imai K, Okawa H, Kaneko M, Sako M, Ohga S, Maeda M, Hibi S, Hashimito H, Shibuya A, Ochs HD, Nakahata T, Yata J.. WASP is involved in proliferation and differentiation of human haemopoietic progenitors in vitro. Br J Haematol.. 1999; 107 254-262.

  49. Komatsu F, Kajiwara M.. A lymphokine-activated killer (LAK)- resistant cell line, and low expression of adhesion molecules LFA-3 and VCAM-1 on its cell surface. Oncol Res.. 1998; 10 263-269.

  50. Komatsu F, Kajiwara M.. Timing of effective natural killer cell collection in cancer patients after high dose chemotherapy, comparing to peripheral blood stem cell collection. Ther Apher.. 1998; 2 277-282.

  51. Komatsu F, Kajiwara M.. Relation of natural killer cell line NK-92-mediated cytolysis (NK-92-lysis) with the surface markers of major histocompatibility complex class 1 antigens, adhesion molecules and Fas of target cells. Oncol Res.. 1998; 10 483-489.

  52. Komatsu F, Kajiwara M.. Enhancement of tumor cell lysis by natural killer cells after blocking of HLA-monomorphic determinant using F(ab')2 fragment of W6/32. Cancer Detect & Prev.. 1998; 22 168-175.

  53. Komtasu F, Kajiwara M.. Incidence of electrocardiographic changes during cytapheresis using an intermittent flow centrifuge, Haemonetics V50 and a continuous flow centrifuge, AS104. Transfus Sci.. 1997; 18 99-102.

  54. Komatsu F, Kajiwara M.. Comparison of natural killer (NK) sensitivities of two tumor cell lines established from a cancer patient before and after radiation therapy. Clin Immunol Immunopathol.. 1997; 82 190-196.

  55. Komatsu F, Kajiwara M.. Peripheral blood stem cell collection in accordance to monitoring of CD34 cells. Jpn J Apheresis. 1997; 16 400-404.

  56. Komatsu F, Kajiwara M.. Usefulness of lymphokine-activated killer cells generated from bone marrow mononuclear cells for the purging of residual tumor cells in peripheral blood stem cell graft. Jpn J Cancer Res.. 1996; 87 161-169.

  57. Komatsu F, Kajiwara M.. Transient depression of LWa antigen with coincident production of anti-LWa repeated in relapses of malignant lymphoma. Transfusion Med.. 1996; 6 139-143.

  58. Komatsu F, Kajiwara M.. Plasmapheresis in a patient with idiopathic chronic cold agglutinin disease and acute heart failure. Jpn J Apheresis.. 1995; 14 548-551.

  59. Kohyama J, Suzuki N, Kajiwara M, Shimohira M, Iwakawa Y.. A case of chronic epileptic encephalopathy of neonatal onset. A probable concern of human cytomegalovirus. Brain Dev.. 1994; 15 448-452.

  60. Kohyama J, Kajiwara M, Shimohira M, Iwakawa Y, Okawa H.. Human cytomegalovirus DNA in cerebrospinal fruid. Arch Dis Child.. 1994; 71 414-418.

  61. Kajiwara M, Yamaguchi Y, Hirai K, Yata J.. Increased urinary excretion of human cytomegalovirus in children with malignancy:Detection by polymerase chain reaction. Acta Paediatr Jpn.. 1993; 35 387-393.

  62. Yamaguchi Y, Hironaka T, Kajiwara M, Tateno E, Kita H, Hirai K.. Increased sensitivity for detection of human cytomegalovirus in urine by removal of inhibitors for the polymerase chain reaction. J Virol Methods.. 1992; 37 209-218.

  63. Miyamoto Satoshi, Umeda Katsutsugu, Kurata Mio, Yanagimachi Masakatsu, Iguchi Akihiro, Sasahara Yoji, Okada Keiko, Koike Takashi, Tanoshima Reo, Ishimura Masataka, Yamada Masafumi, Sato Maho, Takahashi Yoshiyuki, Kajiwara Michiko, Kawaguchi Hiroshi, Inoue Masami, Hashii Yoshiko, Yabe Hiromasa, Kato Koji, Atsuta Yoshiko, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Hematopoietic Cell Transplantation for Inborn Errors of Immunity Other than Severe Combined Immunodeficiency in Japan: Retrospective Analysis for 1985-2016 JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY. 2022.01; ( PubMed, DOI )

  64. 藤田 浩, 奥田 誠, 梶原 道子, 小山 典久, 鷹野 壽代, 細野 茂春, 松崎 浩史, 宮作 麻子, 牧野 茂義. 2018年血液製剤使用実態調査における院内分割製剤の実績 日本輸血細胞治療学会誌. 2021.06; 67 (3): 470-475. ( 医中誌 )

  65. 奥田 誠, 池本 純子, 石丸 健, 内川 誠, 梶原 道子, 北澤 淳一, 国分寺 晃, 小山 典久, 竹下 明裕, 三浦 邦彦, 安田 広康, 松本 雅則, 松下 正, 日本輸血・細胞治療学会, 同ガイドライン委員会, 同赤血球型検査(赤血球系検査)ガイドライン小委員会. 赤血球型検査(赤血球系検査)ガイドライン(改訂3版) 日本輸血細胞治療学会誌. 2020.12; 66 (6): 695-717. ( 医中誌 )

  66. 藤田 浩, 奥田 誠, 梶原 道子, 小山 典久, 鷹野 壽代, 細野 茂春, 松崎 浩史, 宮作 麻子, 矢澤 百合香, 宮田 茂樹, 日本輸血・細胞治療学会分割製剤検討タスクフォース. 血液製剤の院内分割マニュアル 改訂2.0 日本輸血細胞治療学会誌. 2020.06; 66 (3): 517-523. ( 医中誌 )

  67. 榛葉 隆人, 山田 千亜希, 藤原 晴美, 芝田 大樹, 石塚 恵子, 古牧 宏啓, 渡邊 弘子, 梶原 道子, 浅井 隆善, 岩尾 憲明, 室井 一男, 竹下 明裕. 高校生の献血に向けて効果的な献血推進活動とは 高校生を対象とした献血に関する意識調査(第3報) 日本輸血細胞治療学会誌. 2019.10; 65 (5): 839-843. ( 医中誌 )

  68. 藤田 浩, 五十嵐 滋, 奥田 誠, 梶原 道子, 小山 典久, 鷹野 壽代, 細野 茂春, 松崎 浩史, 宮作 麻子, 矢澤 百合香, 宮田 茂樹, 日本輸血・細胞治療学会分割製剤検討タスクフォース. 小容量分割製剤へのカリウム吸着フィルターの使用基準 日本輸血細胞治療学会誌. 2019.06; 65 (3): 538-543. ( 医中誌 )

  69. 保坂 侑里, 山田 千亜希, 藤原 晴美, 古牧 宏啓, 芝田 大樹, 榛葉 隆人, 都築 茉里子, 石塚 恵子, 渡邊 弘子, 梶原 道子, 浅井 隆善, 室井 一男, 竹下 明裕. 高校生献血の契機に関する意識調査(第2報) 高校生にとって効果的な献血推進方法とは 日本輸血細胞治療学会誌 . 2018.08; 64 (4): 608-613.

  70. 保坂 侑里, 山田 千亜希, 藤原 晴美, 古牧 宏啓, 芝田 大樹, 榛葉 隆人, 都築 茉里子, 石塚 恵子, 渡邊 弘子, 梶原 道子, 浅井 隆善, 室井 一男, 竹下 明裕. 高校生献血の契機に関する意識調査(第2報) 高校生にとって効果的な献血推進方法とは 日本輸血細胞治療学会誌. 2018.08; 64 (4): 608-613. ( 医中誌 )

  71. 梶原 道子. 【今日からできる栄養指導】 乳児鉄欠乏症の話題 東京小児科医会報. 2018.03; 36 (3): 13-15. ( 医中誌 )

  72. 小澤 克典, 村田 将春, 室月 淳, 村越 毅, 与田 仁志, 梶原 道子, 北澤 淳一, 左合 治彦. 胎児輸血実施マニュアル 日本産婦人科・新生児血液学会雑誌. 2018.03; 27 (2): 97-100. ( 医中誌 )

  73. 梶原 道子. 検査説明Q&A 輸血:血小板輸血を実施しても血小板数が増加しない患者がいますが、どうすればよいですか 臨床検査. 2017.12; 61 (12): 1532-1535. ( 医中誌 )

  74. 北澤 淳一, 小原 明, 東 寛, 小川 千登世, 梶原 道子, 小山 典久, 細野 茂春, 堀越 泰雄, 松本 雅則, 松下 正,. 科学的根拠に基づいた小児輸血のガイドライン 日本輸血細胞治療学会雑誌. 2017.12; 63 (3): 741-747. ( 医中誌 )

  75. 梶原 道子. 検査説明Q&A 輸血 血小板輸血を実施しても血小板数が増加しない患者がいますが,どうすればよいですか? 臨床検査. 2017.12; 61 (12): 1532-1535. ( 医中誌 )

  76. 高橋 典子,田野崎 隆二,酒井 紫緒,岸野 光司,梶原 道子,伊藤 経夫,池田 和彦,原口 京子,渡邊 直英,上田 恭典,松本 真弓,高梨 美乃子. 骨髄移植片に含まれる有核細胞数測定法の施設間差の検討 日本輸血細胞治療学会雑誌. 2017.04; 63 (2): 120-125. ( 医中誌 )

  77. 高橋 典子, 田野崎 隆二, 酒井 紫緒, 岸野 光司, 梶原 道子, 伊藤 経夫, 池田 和彦, 原口 京子, 渡邊 直英, 上田 恭典, 松本 真弓, 高梨 美乃子. 骨髄移植片に含まれる有核細胞数測定法の施設間差の検討 日本輸血細胞治療学会誌. 2017.04; 63 (2): 120-125. ( 医中誌 )

  78. 北澤 淳一, 小原 明, 小山 典久, 細野 茂春, 東 寛, 小川 千登世, 梶原 道子, 堀越 泰雄. 日本輸血・細胞治療学会ガイドライン委員会策定「小児輸血のガイドライン」(案) 日本産婦人科・新生児血液学会誌. 2017.04; 27 (1): S-71. ( 医中誌 )

  79. 奥田 誠, 石丸 健, 内川 誠, 梶原 道子, 北澤 淳一, 国分寺 晃, 小林 信昌, 小山 典久, 高橋 智哉, 竹下 明裕, 安田 広康, 日本輸血・細胞治療学会赤血球型検査ガイドライン改訂タスクホース. 赤血球型検査(赤血球系検査)ガイドライン 日本輸血細胞治療学会誌 . 2016.12; 62 (6): 651-663.

  80. 藤田 浩, 奥田 誠, 小原 明, 梶原 道子, 小山 典久, 鷹野 壽代, 細野 茂春, 松崎 浩史, 矢澤 百合香, 前田 平生, 宮田 茂樹, 日本輸血・細胞治療学会分割製剤検討タスクフォース. 血液製剤の院内分割マニュアル 日本輸血細胞治療学会誌 . 2016.12; 62 (6): 673-683.

  81. 竹下 明裕, 古牧 宏啓, 浅井 隆善, 梶原 道子, 岩尾 憲明, 室井 一男. 高校生の献血意識に関する調査 日本輸血細胞治療学会誌 . 2016.12; 62 (6): 711-717.

  82. 岩尾 憲明, 梶原 道子, 室井 一男. 1単位赤血球液に係わる考察 アンケート調査を踏まえて 日本輸血細胞治療学会誌 . 2016.12; 62 (6): 745-750.

  83. 友田 昂宏, 満生 紀子, 岡野 翼, 田中 真理[久保田], 宮本 智史, 木村 俊介, 高木 正稔, 今井 耕輔, 梶原 道子, 金兼 弘和, 森尾 友宏. ロタウイルスワクチン株の便中持続排泄を認めた重症複合免疫不全症 日本小児科学会雑誌 . 2016.11; 20 (11): 1643-1648.

  84. 梶原 道子. 【血球の増加と減少】赤血球輸血、血小板輸血の適応と有害事象 小児内科. 2016.07; 48 (7): 1063-1066.

  85. 室井一男,浅井隆善,竹下明裕,岩尾憲明,梶原道子,松崎浩史. 200ml献血と採血基準 日本輸血細胞治療学会雑誌. 2015.02; 61 (1): 19-23.

  86. 大友直樹,相川佳子, 大石裕紀子, 市原茂, 佐々木正照, 梶原道子. 全自動輸血検査装置WADiana CompactによるDG Gelカイノスカードの反応態度の検討 医療と検査機器・試薬. 2013.12; 36 (6): 845-850. ( 医中誌 )

  87. 大友直樹, 土屋有紀, 大石裕紀子, 相川佳子, 梶原道子. 輸血用血液製剤の血液型確認検査の自動化と、コンピュータクロスマッチに対応した輸血管理システムの構築 日本輸血細胞治療学会誌. 2010.02; 56 (1): 52-56. ( DOI 医中誌 )

  88. 梶原道子.. 直接および間接抗グロブリン(クームス)試験. 日本臨床. 2010; 68(増刊号6) 792-794.

  89. 梶原道子.. Donath-Landsteiner試験. 日本臨床. 2010; 68(増刊号6) 800-802.

  90. 梶原道子.. 抗Dヒト免疫グロブリン試験. 日本臨床:. 2010; 68(増刊号6) 795-797.

  91. 梶原道子.. 【医療事故とリスクマネジメント】輸血の医療事故とリスクマネジメント.. 小児科診療. 2009; 71 1823-1829.

  92. 梶原道子.. 【臨床に役立つ貧血治療の実際】総論 小児に対する輸血療法. 小児科診療. 2009; 72 231-241.

  93. 梶原道子.. 【小児疾患診療のための病態生理】血液・腫瘍性疾患 免疫性溶血性貧血.. 小児内科. 2009; 41巻増刊 1093-1097.

  94. 高木正稔, 青木由貴, 磯田健志, 佐藤隆介, 満生紀子, 梶原道子, 長澤正之, 森尾友宏, 李慶徳, 山高篤行, 森川信行, 黒田達夫, 水谷修紀.. 化学療法抵抗性を示したWilms腫瘍, favorable histology, ステージⅣの1例.. 小児がん. 2009; 46 387-392.

  95. 三浦琢磨, 三間屋純一, 石井榮一, 藤澤康司, 大田茂, 瀧正志, 今泉益栄, 岡敏明, 梶原道子, 北沢淳一, 久保田優, 高橋幸博, 別所文雄, 白幡聡,. 日本小児血液学会ITP委員会. 2006年ITP全国調査報告について. 小児血液学会雑誌. 2008; 22 378-381.

  96. 三間屋純一, 白幡聡, 石井榮一, 今泉益栄, 大田茂, 岡敏明, 梶原道子, 北沢淳一, 久保田優, 高橋幸博, 瀧正志, 藤澤康司, 三浦琢磨, 小林尚明, 小林正夫, 中舘尚也, 長澤正之, 堀越泰雄, 別所文雄.. 小児特発性血小板減少性紫斑病(ITP)のQOL調査成績 管理ガイドライン作成に向けて. 日本小児血液学会雑誌. 2008; 22 385-390.

  97. 北沢淳一, 三浦琢磨, 白幡聡, 高橋幸博, 石井榮一, 今泉益栄, 大田茂, 岡敏明, 梶原道子, 久保田優, 瀧正志, 藤澤康司, 別所文雄, 三間屋純一, 日本小児血液学会ITP委員会.. ワクチン接種後に発症した特発性血小板減少性紫斑病について. 日本小児血液学会雑誌. 2008; 22 382-384.

  98. 窪田哲朗, 長雄一郎, 梶原道子, 馬場佳子, 菊池久美, 木下淳博.. シミュレーション教育システムを使った臨床検査技師卒前教育. 臨床病理. 2007; 55 517-521.

  99. 藤井康彦, 下平滋隆, 面川進, 池田和真, 田嶋克史, 浅井隆善, 梶原道子, 佐久川廣, 米村雄士, 高松純樹.. 呼吸不全を認めた輸血副作用症例の解析. 日本輸血細胞治療学会誌. 2007; 53 28-34.

  100. 梶原道子.. 【やさしい血液のはなし】血液型はいつ検査をすべき?. チャイルドヘルス. 2007; 10 492.

  101. 梶原道子.. 溶血性貧血. 小児内科. 2006; 38増刊号 536-537.

  102. 辻陽一郎, 磯田健志, 梶原道子, 長澤正之, 野々山恵章, 水谷修紀.. 先天性血栓性血小板減少性紫斑病(Upshaw-Schulman症候群)の長期経過観察例. 日本小児血液学会雑誌. 2004; 18 (84): 84-89.

  103. 小松文夫, 金子嘉徳, 柳沢佳子, 川端照江, 宮城重二, 渡邉早苗, 佐久間充, 長谷川恭子, 香川靖雄, 梶原道子.. モンゴル人におけるDiego 式血液型のDia抗原の出現頻度―日本人における頻度との比較―. 女子栄養大学栄養科学研究所年報. 2003; 11 39-42.

  104. 梶原道子.. X連鎖性血小板減少症とWiskott-Aldrich症候群. 小児科. 2003; 44 204-214.

  105. 梶原道子.. MAP保存血. 小児科. 2003; 44 550.

  106. 小松文夫, 梶原道子. 全血600ml相当の赤血球を採取した場合の身体への影響について. 女子栄養大学紀要. 2002; 33 31-35.

  107. 梶原道子.. 自己免疫性溶血性貧血. 小児科診療. 2002; 65巻増刊号「小児の治療指針」 346-348.

  108. 梶原道子.. 【血液の悪性疾患】リンパ球の分化. 総合臨床. 2000; 49 2546-2552.

  109. 梶原道子.. ナースのための検査データの活かし方. 知っておきたい検査項目:クームス 試験・血液型検査・交差適合試験. ナーシング. 1998; 18 144-149.

  110. 梶原道子.. Ⅰ.特定の免疫細胞の単離法 1.単核球 1)末梢血. 臨床免疫 特別増刊号 新臨床免疫実験操作法 (part3). 1997; 29 1-4.

  111. 梶原道子.. 麻疹にみられる免疫不全発現機構とIL-12. 臨床免疫. 1997; 29 1032-1036.

  112. 梶原道子.. DNAを用いた診断と治療の現況−感染症の診断−. 小児科. 1995; 36 1135-1139.

  113. 稲田誠, 梶原道子, 亀田博美, 井川千代子.. 小児のかぜ症候群に対する総合感冒薬L-055の臨床的検討. 薬理と治療.. 1995; 23 1033-1044.

  114. 梶原道子, 鈴木清志, 土井庄三郎, 松井猛彦, 中嶋健之.. テオフィリン血中濃度の簡易測定法Vision の使用経験.. 小児科臨床. 1991; 44 1533-1537.

  115. 梶原道子.. CMVによる骨髄抑制の機序. 臨床免疫. 1991; 23 308-313.

  116. 梶原道子, 矢田純一.. 先天性免疫不全症候群における感染症の薬物療法. 日本臨床. 1990; 48 2347-2354.

  117. 梶原道子, 矢田純一.. 悪性腫瘍の栄養管理. 小児医学. 1990; 23 611-321.

  118. 梶原道子.. 周期性好中球減少症(G-CSF)(サイトカインによる先天性白血球異常症の治療). Immunohaematology. 1990; 12 33-37.

  119. 梶原道子.. 年長児の空気嚥下症. 小児科. 1989; 30 707-714.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 梶原 道子. 小児血液・腫瘍学 第5章支持療法 6小児がん・血液診療の輸血 b,輸血療法. 診断と治療社, 2022.06 第5章支持療法 6小児がん・血液診療の輸血 b,輸血療法 (ISBN : 978-4-7878-2489-9)

  2. 梶原 道子. 小児がん治療後の長期フォローアップガイド. クリニコ出版, 2021.09 輸血(血液製剤を含む) (ISBN : 978-4-910396-13-2)

  3. 梶原 道子. 小児科ベストプラクティス 小児白血病・リンパ腫(滝田順子編). 中山書店, 2021.04 9章 小児造血器腫瘍の支持療法 輸血療法 (ISBN : 978-4-521-74921-1)

  4. 梶原 道子. 免疫検査学(窪田哲朗, 藤田清貴, 細井英司,梶原道子編). 医歯薬出版, 2017.02 輸血療法とは,輸血の適応と製剤の選択,自己免疫性溶血性貧血と自己抗体,母児間血液型不適合と新生児溶血性疾患,輸血副作用,移植 (ISBN : 978-4-263-22369-7)

  5. シリーズ総監修:永井 良三、責任編集:神田 善伸. 血液科 研修ノート. 診断と治療社, 2016.05 第4章 研修で学ぶべき検査と治療法 C輸血 4.交換輸血 5.アフェレーシス (ISBN : 978-4-7878-2177-5)

  6. 小児血液・がん学会. 小児白血病・リンパ腫診療ガイドライン 2016年版. 金原出版株式会社, 2016.02 7章 支持療法 CQ6 赤血球輸血の適応と輸血量のめやすは何か、 CQ7 血小板輸血の適応と輸血量のめやすは何か、CQ8 L-アスパラギナーゼ投与時の凝固線溶系異常に対する標準的治療は何か (ISBN : 978-4-307-17069-7)

  7. 日本小児科学会 監修、国立成育医療センター小児慢性特定疾病情報室 編集. 小児慢性特定疾病 ー診断の手引きー. 診断と治療社, 2016.01 ⑨血液疾患 7 寒冷凝集素症、8 発作生寒冷ヘモグロビン尿症、9 7および8に掲げるものの他の自己免疫性溶血性貧血 (ISBN : 978-4-78782230-7)

  8. 梶原 道子. 小児血液・腫瘍学 第4章支持療法 6小児がん・血液診療の輸血 b,輸血療法. 診断と治療社, 2015.11 第4章支持療法 6小児がん・血液診療の輸血 b,輸血療法 (ISBN : 978-4-7878-2098-3)

  9. 輸血療法. 小児科臨床ピクシス10小児白血病診療(五十嵐隆,菊地陽編)p158-163. 中山書店, 2009

  10. 血液型不適合妊娠と新生児溶血性疾患. 免疫検査学(窪田哲朗, 加藤亮二, 藤田清貴, 梶原道子, 永尾暢夫編)p343-348. 医歯薬出版,, 2008

  11. 輸血副作用. 免疫検査学(窪田哲朗, 加藤亮二, 藤田清貴, 梶原道子, 永尾暢夫編)p323-327. 医歯薬出版, 2008

  12. 輸血の適応と製剤の選択. 免疫検査学(窪田哲朗, 加藤亮二, 藤田清貴, 梶原道子, 永尾暢夫編)p261-264. 医歯薬出版, 2008

  13. 輸血検査. スタンダード血液検査学第2版(日本検査血液学会編)p315-323. 医歯薬出版, 2008

  14. 造血細胞移植・臓器移植の血液検査. スタンダード血液検査学第2版(日本検査血液学会編)p309-314. 医歯薬出版, 2008

  15. サイトメガロウイルス感染症. 小児科学第3版(大関武彦,近藤直実総編集)p743-747. 医学書院, 2008

  16. 移植 免疫検査学(窪田哲朗, 加藤亮二, 藤田清貴, 梶原道子, 永尾暢夫編)p379-388. 医歯薬出版, 2008

  17. 伝染性単核球症. 病期・病態・重症度から見た疾患別看護過程(井上智子,佐藤千史編)p1382-1384. 医学書院, 2008

  18. HIV感染症, AIDS. 病期・病態・重症度から見た疾患別看護過程(井上智子,佐藤千史編).p1353-1360. 医学書院, 2008

  19. 血液・造血器疾患と看護. 系統看護学講座. 専門分野Ⅱ. 小児臨床看護各論. 小児看護学[2] p268-276. 医学書院, 2007

  20. 小児白血病の免疫マーカー. 小児血液悪性疾患〜説明と同意に基づく治療~(土田昌宏編)p138-156. 医薬ジャーナル社, 2004

  21. EBウイルス. 遺伝子検査外注早わかり事典 p16-17. 中外医学社, 2001

  22. 担当項目:クームス血清、抗グロブリン試験、抗グロブリン因子、抗グロブリン抗体、抗グロブリン消費試験、抗グロブリン抑制試験、混合抗グロブリン反応、赤血球結合抗原抗グロブリン反応、非γ型クームス試験 免疫学辞典. 東京化学同人, 2001

  23. サイトカインmRNAの検出法. 改訂版リンパ球機能検索法 (矢田純一・藤原道夫編)p229-241. 中外医学社,, 1994

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Nishimura Akira, Aoki Yuki, Ishiwata Yasuyoshi, Inoue Maiko, Ichimura Takuya, Ueyama Junichi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Hiroki Haruka, Ono Shintaro, Okano Tsubasa, Tanaka Mari, Miyamoto Satoshi, Ashiarai Miho, Miyawaki Reiji, Yamagishi Chika, Tezuka Mari, Okawa Teppei, Hoshino Akihiro, Endo Akifumi, Yasuhara Masato, Kamiya Takahiro, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Yanagimachi Masakatsu, Isoda Takeshi, Tomizawa Daisuke, Nagasawa Masayuki, Kajiwara Michiko, Takagi Masatoshi, Mizutani Shuki, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Hematopoietic cell transplantation with reduced intensity conditioning regimen using fludarabine/busulfan and fludarabine/melphalan for primary immunodeficiency diseases . The 45th Annual Meeting of the European Society for Blood and Marrow Transplantation 2019.03.24 Frankfurt

  2. Ohki Kentaro, Kiyokawa Nobutaka, Takahashi Hiroyuki, Kajiwara Ryosuke, Kato Motohiro, Hasegawa Daisuke, Tomizawa Daisuke, Noguchi Yasushi, Koike Kazutoshi, Toyama Daisuke, Yabe Hiromasa, Kajiwara Michiko, Fujimura Junya, Sotomatsu Manabu, Ota Setsuo, Maeda Miho, Goto Hiroaki, Kato Yoko, Mori Tetsuya, Inukai Takeshi, Shimada Hiroyuki, Fukushima Keitaro, Ogawa Chitose, Fukushima Takashi, Koh Katsuyoshi, Manabe Atsushi, Ohara Akira, Tokyo Children's Cancer Study Group. Treatment outcome of children with acute lymphoblastic leukemia harbouring newly identified genetic abnormalities: Results from TCCSG Study L04-16. 2018.11.14

  3. Miyamoto Satoshi, Takagi Masatoshi, Nishimura Akira, Tanaka Mari, Ono Shintaro, Ashiarai Miho, Mitsuiki Noriko, Hoshino Akihiro, Yanagimachi Masakatsu, Aoki Yuki, Tomizawa Daisuke, Imai Kohsuke, Kajiwara Michiko, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 頻回再発に対する複数回造血細胞移植により寛解を維持している乳児白血病の7歳女児例(A 7-year-old girl who maintains complete remission after multiple hematopoietic cell transplantation for frequent relapse of infant leukemia). 日本小児血液・がん学会雑誌 2017.10.01

  4. Takahashi Hiroyuki, Kajiwara Ryosuke, Kato Motohiro, Hasegawa Daisuke, Tomizawa Daisuke, Noguchi Yasushi, Koike Kazutoshi, Toyama Daisuke, Yabe Hiromasa, Kajiwara Michiko, Fujimura Junya, Sotomatsu Manabu, Ota Setsuo, Maeda Miho, Goto Hiroaki, Kato Yoko, Mori Tetsuya, Inukai Takeshi, Shimada Hiroyuki, Fukushima Keitaro, Ogawa Chitose, Fukushima Takashi, Ohki Kentaro, Kiyokawa Nobutaka, Koh Katsuyoshi, Manabe Atsushi, Ohara Akira. 小児急性リンパ性白血病の治療成績 TCCSG L04-16研究(Treatment outcome of children with acute lymphoblastic leukemia: Results from TCCSG Study L04-16). 臨床血液 2017.09.01

  5. Matsumoto Kazuaki, Takagi Masatoshi, Ishiwata Yasuyoshi, Aoki Yuki, Miyamoto Satoshi, Hoshino Akihiro, Nishimura Akira, Tanaka Mari, Yanagimachi Masakatsu, Mitsuiki Noriko, Imai Kohsuke, Kanegane Hirokazu, Kajiwara Michiko, Takikawa Kanako, Mae Tsukasa, Tomita Osamu, Fujimura Junya, Yasuhara Masato, Tomizawa Daisuke, Mizutani Shuki, Morio Tomohiro. 小児難治性血液腫瘍に対するクロファラビンおよびブスルファンを用いた前処置による血縁HLA半合致移植(HLA haploidentical HCT using clofarabine and busulfan for refractory pediatric leukemia). 臨床血液 2017.09.01

  6. Marie Scully, Paul Knoebl, MD, Karim Kentouche, Lawrence Rice, Jerzy Windyga, Reinhard Schneppenheim, Johanna A Kremer Hovinga, Michiko Kajiwara, Caterina Maggiore, Jennifer Doralt, Leah Martell, and Bruce M. Ewenstein. Pharmacodynamic Profile of a Recombinant ADAMTS13 (BAX930) in Hereditary Thrombotic Thrombocytopenic Purpura (Upshaw-Schulman Syndrome (USS)). American Society of Hematology, 58th Annual Meeting 2016.12.03 San Diego, CA, USA

  7. Shiho Kobayashi, Naoki OTOMO, Kaoru OKUYAMA, Shihoko SUWA, Michiko KAJIWARA. Study of the performance and usefulness of "ORTHO VISION Max" in TMDU. The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science 2016.08.31 Kobe International Conference Center, JAPAN

  8. 梶原 道子. 救急医療と輸血 小児を中心に. 日本小児救急医学会雑誌 2022.06.01

  9. 西村 聡, 岡野 翼, 成戸 卓也, 岡本 圭祐, 森下 あおい, 友田 昂宏, 真保 麻実, 阿久津 裕子, 井上 健斗, 山下 基, 遠藤 明史, 磯田 健志, 神谷 尚宏, 柳町 昌克, 梶原 道子, 今井 耕輔, 金兼 弘和, 森 雅亮, 森尾 友宏, 高木 正稔. 遺伝性骨髄不全症候群に生じるMDS 体細胞RUNX1変異を有する類天疱瘡様自己免疫疾患後にMDS/AMLを発症した1例. 日本小児血液・がん学会雑誌 2022.05.01

  10. 江口 詩織, 山下 基, 神谷 尚宏, 新里 大毅, 満生 紀子, 磯田 健志, 梶原 道子, 高木 正稔, 今井 耕輔, 金兼 弘和, 森尾 友宏. 白血球接着不全症I型に対する移植後シクロホスファミド法を用いたHLA半合致血縁者間末梢血幹細胞移植. 臨床血液 2022.05.01

  11. 藥師神 公和, 柳沢 龍, 瀬尾 幸子, 緒方 正男, 内田 直之, 土岐 典子, 片山 雄太, 池亀 和博, 櫻井 政寿, 衛藤 徹也, 高梨 美乃子, 木村 貴文, 日野 もえ子, 梶原 道子, 熱田 由子, 福田 隆浩, 仲宗根 秀樹. 造血幹細胞移植領域におけるCMV陰性供血者からの輸血療法の実態調査. 日本輸血細胞治療学会誌 2022.04.01

  12. 相川 佳子, 臼井 友香里, 伊藤 千裕, 千葉 美沙希, 白石 暁子, 大石 裕紀子, 田中 芽, 山崎 美保, 大友 直樹, 諏訪 志穂子, 梶原 道子. 抗KANNO抗体保有妊婦の出産症例. 日本輸血細胞治療学会誌 2022.04.01

  13. 江口沙織, 山下基, 神谷尚宏, 新里大毅, 満生紀子, 磯田健志, 梶原道子, 高木正稔, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏. 白血球接着不全症I型に対する移植後シンクロホスファミド方を用いたHLA半合致血縁者間抹消血幹細胞移植. 第16回日本血液学会関東甲信越地方会 2022.03.19 東京及びWeb開催

  14. 西山 洋平, 友政 弾, 満生 紀子, 磯田 健志, 小野 静香, 宮田 理英, 山下 基, 神谷 尚宏, 今井 耕輔, 高木 正稔, 金兼 弘和, 梶原 道子, 森尾 友宏. エミシズマブを導入した重症血友病Aの乳児例. 日本小児科学会雑誌 2022.03.01

  15. 千葉 美沙希, 伊藤 千裕, 大友 直樹, 白石 暁子, 田中 芽, 山崎 美保, 臼井 友香里, 大石 裕紀子, 相川 佳子, 諏訪 志穂子, 梶原 道子. MTP運用フローの見直しとコミュニケーションの重要性. 日本輸血細胞治療学会誌 2021.12.01

  16. Tomomasa Dan, Mitsuiki Noriko, Isoda Takeshi, Nishimura Akira, Endo Akifumi, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro, Kanegane Hirokazu. Successful TCRABCD19-Depleted Hematopoietic Cell Transplantation for a Patient with Artemis Deficiency. PEDIATRIC BLOOD & CANCER 2021.11.01

  17. Dan Tomomasa, Mitsuki Noriko, Isoda Takeshi, Nishimura Akira, Endo Akifumi, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro, Kanegane Hirokazu. Artemis欠損症に対するTCRαβCD19除去移植(Successful TCRABCD19-depleted hematopoietic cell transplantation for a patient with Artemis deficiency). 日本小児血液・がん学会雑誌 2021.10.01

  18. 相川 佳子, 白石 暁子, 千葉 美沙希, 伊藤 千裕, 臼井 友香里, 大石 裕紀子, 山崎 美保, 田中 芽, 大友 直樹, 諏訪 志穂子, 梶原 道子. 大量出血症例における部門間連携の重要性. 日本輸血細胞治療学会誌 2021.06.01

  19. 吉原 哲, 藥師神 公和, 池田 和彦, 石田 明, 大戸 斉, 小原 明, 梶原 道子, 菊田 敦, 原口 京子, 藤原 慎一郎, 藤原 実名美, 山崎 理絵, 長村 登紀子, 田野崎 隆二, 奧山 美樹, 藤盛 好啓, 上田 恭典, 造血幹細胞移植関連委員会CytapheresisWG. 本邦の細胞治療(造血幹細胞採取等)に関する実態調査(細胞治療合同委員会造血幹細胞移植関連委員会からの報告)(その2). 日本輸血細胞治療学会誌 2021.05.01

  20. 藥師神 公和, 吉原 哲, 池田 和彦, 石田 明, 大戸 斉, 小原 明, 梶原 道子, 菊田 敦, 原口 京子, 藤原 慎一郎, 藤原 実名美, 山崎 理絵, 長村 登紀子, 田野崎 隆二, 奧山 美樹, 藤盛 好啓, 上田 恭典, 造血幹細胞移植関連委員会Cytapheresis WG. 本邦の細胞治療(造血幹細胞採取等)に関する実態調査(細胞治療合同委員会造血幹細胞移植関連委員会からの報告)(その1). 日本輸血細胞治療学会誌 2021.05.01

  21. 藤田 浩, 奥田 誠, 梶原 道子, 小山 典久, 鷹野 壽代, 細野 茂春, 松崎 浩史, 牧野 茂義. 2018年血液製剤使用実態調査における院内分割製剤と交換輸血の実績. 日本輸血細胞治療学会誌 2021.05.01

  22. 友政弾, 満生紀子, 磯田健志, 森下あおい, 友田昴宏, 廣木遙, 松本和明, 西村聡, 宮本智史, 山下基, 岡野翼, 星野顕宏, 遠藤明史, 神谷尚宏, 柳町昌克, 伊東祐之, 梶原道子, 長澤正之, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. DNAリガーゼIV欠損症に対する造血細胞移植の報告. 第43回日本造血細胞移植学会総会 2021.03.05 東京

  23. Endo Akifumi, Yamashita Motoi, Kamiya Takahiro, Mitsuiki Noriko, Isoda Takeshi, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. PTCyハプロ移植症例の6例の後方視的検討(A retrospective study of six cases of HLA haplo-identical hematopoietic stem cell transplantation with Post-Transplant Cyclophosphamide). 日本小児血液・がん学会雑誌 2020.10.01

  24. 相川 佳子, 大石 裕紀子, 臼井 友香里, 伊藤 千裕, 白石 暁子, 山崎 美保, 千葉 美沙希, 奥井 愛莉, 諏訪 志穂子, 大友 直樹, 梶原 道子. DAT陽性者への輸血後に抗Xgaとの関連が示唆された溶血性副作用について. 日本輸血細胞治療学会誌 2020.05.01

  25. 三浦 邦彦, 池本 純子, 石丸 健, 内川 誠, 奥田 誠, 梶原 道子, 北澤 淳一, 国分寺 晃, 小山 典久, 竹下 明裕, 安田 広康, 日本輸血・細胞治療学会赤血球型検査ガイドライン小委員会. 輸血検査技師リフレッシャーコース:ABO血液型の問題解決と製剤選択 赤血球型検査(赤血球系検査)ガイドラインの改訂について. 日本輸血細胞治療学会誌 2020.05.01

  26. 大友 直樹, 相川 佳子, 伊藤 千裕, 臼井 友香里, 大石 裕紀子, 白石 暁子, 千葉 美沙希, 山崎 美保, 奥井 愛莉, 諏訪 志穂子, 水野 満, 片野 尚子, 梶原 道子, 関矢 一郎. アフェレーシスによる細胞製剤の原料採取から細胞処理・凍結までの工程管理(CAR-T細胞療法の施設審査を受審して). 日本輸血細胞治療学会誌 2020.05.01

  27. 梶原 道子. 東京医科歯科大学での事例紹介〜Auditを経験して〜. CAR-Techアフェレーシス・細胞調製部門の準備・運営 2019.11.23 京都

  28. 梶原 道子. 科学的根拠に基づいた小児輸血のガイドライン CMV陰性血液の必要性. 日本輸血細胞治療学会誌 2019.11.15

  29. 松本 和明, 西村 聡, 井上 真依子, 井上 健斗, 廣木 遥, 小野 真太郎, 岡野 翼, 田中 真理, 足洗 美穂, 宮本 智史, 宮脇 零士, 山岸 千佳, 手束 真理, 大川 哲平, 星野 顕宏, 遠藤 明史, 神谷 尚宏, 青木 由貴, 満生 紀子, 小野 敏明, 柳町 昌克, 磯田 健志, 富澤 大輔, 長澤 正之, 梶原 道子, 高木 正稔, 金兼 弘和, 今井 耕輔, 森尾 友宏. Wiskott-Aldrich症候群における血小板輸血不応に対する各種治療薬の効果と安全性の検討. 日本小児血液・がん学会雑誌 2019.11.14

  30. Nishimura Akira, Miyakawa Yuichi, Murakoshi Miki, Shimbo Asami, Ishiguro Rika, Kajiwara Michiko, Shibuya Atsushi, Ogura Hiromi, Kanno Hitoshi, Koh Katsuyoshi, Minosaki Yoshihiro, Nishioka Masato, Shimohira Masayuki. ANK1変異とSLC4A1バリアントを有する重症貧血が遷延する遺伝性球状赤血球症の1例(A case of hereditary spherocytosis with ANK1 mutation and SLC4A1 variant with persistent severe anemia). 日本小児血液・がん学会雑誌 2019.11.14

  31. 梶原 道子. 血友病治療薬の特徴とヘムライブラの位置付け. 中外製薬株式会社関東南統括支社員向け学術講義 2019.08.01 東京

  32. 梶原 道子 . 日常診療で遭遇する小児非腫瘍性血液疾患. 第59回「東京北医療センター小児科公開勉強会」 2019.06.06 東京

  33. 臼井 友香里, 相川 佳子, 外山 千裕, 大石 裕紀子, 奥山 馨, 諏訪 志穂子, 大友 直樹, 梶原 道子. 不規則抗体検査用試薬0.8%セルスクリーンJ-Alba-の基本性能の検討. 日本輸血細胞治療学会誌 2019.05.24 熊本市

  34. 相川 佳子, 臼井 友香里, 外山 千裕, 奥山 馨, 大石 裕紀子, 大友 直樹, 諏訪 志穂子, 梶原 道子. 特発性血小板減少性紫斑病合併妊娠中に抗Eが同定された症例. 日本輸血細胞治療学会誌 2019.05.24 熊本市

  35. 大友 直樹, 相川 佳子, 臼井 友香里, 外山 千裕, 山崎 美保, 大石 裕紀子, 梶原 道子. 全自動輸血検査装置「Erytra Eflexis」の性能評価. 日本輸血細胞治療学会誌 2019.05.24 熊本市

  36. 西村聡, 青木由貴, 石渡泰芳, 井上真依子, 市村卓也, 上山潤一, 松本和明, 井上健斗, 廣木遥, 小野真太郎, 岡野翼, 田中真理, 足洗美穂, 宮本智史, 宮脇零士, 山岸千佳, 手束真理, 大川哲平, 星野顕宏, 遠藤明史, 安原眞人, 神谷尚宏, 満生紀子, 小野敏明, 柳町昌克, 磯田健志, 富澤大輔, 長澤正之, 梶原道子, 高木正稔, 水谷修紀, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. 原発性免疫不全症に対するフルダラビン・ブスルファンとフルダラビン・メルファランの強度減弱前処置による造血細胞移植. 第2回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2019.02.02 東京

  37. 四手井 綱則, 勝屋 恭子, 早田 茉莉, 伊藤 一之, 青木 龍, 杉江 学, 森丘 千夏子, 滝 敦子, 梶原 道子, 森尾 友宏. ABO不適合妊娠に対しての臍帯血を用いた検査の有用性の検討. 日本周産期・新生児医学会 2018.07.08

  38. 玉井 佳子, 大戸 斉, 小郷 博昭, 山本 晃士, 矢澤 百合香, 上田 恭典, 三谷 絹子, 菅野 仁, 阿部 操, 加藤 陽子, 藤原 実名美, 鈴木 啓二朗, 福田 善久, 藤田 浩, 梶原 道子, 北東 功, 伊藤 悦朗, 北澤 淳一. 生後1ヵ月未満に同種赤血球輸血を受けた児における抗赤血球抗体の検討【多施設共同研究】. 日本産婦人科・新生児血液学会 2018.06.15

  39. 臼井友香里,外山千裕,相川佳子,大石裕紀子,奥山馨,古谷江梨子,大友直樹,諏訪志穂子,梶原道子. 不規則抗体陽性症例による間接抗グロブリン試験の方法間比較(0.8%セルスクリーンJ-Alba-の検出感度についての検討). 第66回日本輸血・細胞治療学会総会 2018.05.25 宇都宮

  40. 小林 あゆみ, 柳町 昌克, 富田 慶一, 内山 徹, 松本 和明, 西村 聡, 田中 真理, 星野 顕宏, 満生 紀子, 梶原 道子, 高木 正稔, 今井 耕輔, 金兼 弘和, 森尾 友宏. 全身性CMV感染症を契機とした重症複合免疫不全症の1例. 日本小児科学会 2018.04.20

  41. 西村 聡, 星野 顕宏, 松本 和明, 小野 真太郎, 田中 真理, 石渡 泰芳, 安原 眞人, 足洗 美穂, 満生 紀子, 樋口 紘平, 井上 雅美, 宮村 能子, 橋井 佳子, 柳町 昌克, 磯田 健志, 梶原 道子, 高木 正稔, 水谷 修紀, 金兼 弘和, 今井 耕輔, 森尾 友宏. X連鎖高IgM症候群に対するフルダラビン・ブスルファンを用いた強度減弱前処置による造血細胞移植. 日本造血細胞移植学会 2018.02.02

  42. Satoshi Miyamoto, Masatoshi Takagi, Akira Nishimura, Mari Tanaka, Shintaro Ono, Miho Ashiarai, Noriko MItsuiki, Akihito Hoshino, Masakatsu Yanagimachi, Yuki Aoki, Daisuke Tomizawa, Kohsuke Imai, Michiko Kajiwara, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio . 頻回再発に対する複数回造血細胞移植により寛解を維持している乳児白血病の7歳女児例. 第59回日本小児血液・がん学会学術集会 2017.11.11 愛媛県松山市 ひめぎんホール

  43. 廣木 遥,今井 耕輔,宮本 智史,井上 真依子,田中 まり,星野 顕宏,柳町 昌克,高木 正稔,梶原 道子,金兼 弘和,森尾 友宏. 移植後中心静脈栄養依存となったのち,右心房内fibrin血栓症を発症したNEMO異常症の1例. 第59回日本小児血液・がん学会学術集会 2017.11.09 愛媛県松山市 ひめぎんホール

  44. 高橋 浩之,梶原 涼介,加藤 元博,長谷川 大輔,富澤 大輔,野口 靖,小池 和俊,外山 大輔,矢部 晋正,梶原 道子,藤村 純也,外松 学,太田 節雄,前田 美穂,後藤 裕明,加藤 陽子,森 鉄也,犬飼 岳史,嶋田 博之,福島 啓太郎,小川 千登世,福島 敬,大木 健太郎,清河 信敬,康 勝好,真部 淳,小原 明. 小児急性リンパ性白血病の治療成績:TCCSG L04-16研究. 第79回日本血液学会学術集会 2017.10.21 東京都千代田区 東京国際フォーラム

  45. 松本 和明,高木 正稔,石渡 泰芳,青木 由貴,宮本 智史,星野 顯宏,西村 聡,田中 真理,柳町 昌克,満生 紀子,今井 耕輔,金兼 弘和,梶原 道子,瀧川 加奈子,前 つかさ,富田 理,藤村 純也,安原 眞人,富澤 大輔,水谷 修紀,森尾 友宏,. 小児難治性血液腫瘍に対するクロファラビンおよびブスルファンを用いた前処置による血縁HLA半合致移植. 第79回日本血液学会学術集会 2017.10.20 東京都千代田区 東京国際フォーラム

  46. 廣木 遥, 今井 耕輔, 宮本 智史, 井上 麻衣子, 田中 真理, 星野 顕宏, 柳町 昌克, 高木 正稔, 梶原 道子, 金兼 弘和, 森尾 友宏. 移植後中心静脈栄養依存となったのち、右心房内fibrin血栓症を発症したNEMO異常症の一例. 日本小児血液・がん学会雑誌 2017.10.01

  47. 田崎 哲典,牧野 茂義,水田 秀一,梶原 道子,松本 雅則,大久保 光夫,大戸 斉. 学会認定・臨床輸血看護師アンケート調査(2016年8月実施). 第65回日本輸血・細胞治療学会総会 2017.06.24 千葉市幕張メッセ

  48. 相川 佳子,小林 志帆,奥山 馨,外山 千裕,臼井 友香里,古谷 江梨子,大石 裕紀子,大友 直樹,諏訪 志穂子,梶原 道子. 全自動輸血検査装置「ORTHO VISION Max」の性能評価. 第65回日本輸血・細胞治療学会総会 2017.06.23 千葉市幕張メッセ

  49. 大友直樹,外山千裕,臼井友香里,奥山馨,相川佳子,小林志帆,古谷江梨子,大石裕紀子,諏訪志穂子,梶原道子. ERセンターにおける緊急大量輸血について(O型RBC緊急輸血症例を対象とした後方視的検討:MTP運用前後の比較). 第65回日本輸血・細胞治療学会総会 2017.06.23 千葉市幕張メッセ

  50. 北澤 淳一,小原 明,小山 典久,細野 茂春,東 寛,小川 千登世,梶原 道子,堀越 泰雄. 日本輸血・細胞治療学会ガイドライン委員会策定「小児輸血のガイドライン」(案). 第27回日本産婦人科・新生児血液学会学術集会 2017.06.02 福島県福島市 コラッセふくしま

  51. 小澤 克典,村田 将春,室月 淳,村越 毅,与田 仁志,梶原 道子,北澤 淳一,左合 治彦. 胎児輸血の適応と進歩 胎児輸血実施マニュアル. 第27回日本産婦人科・新生児血液学会学術集会 2017.06.02 福島県福島市 コラッセふくしま

  52. 田崎 哲典, 牧野 茂義, 水田 秀一, 梶原 道子, 松本 雅則, 大久保 光夫, 大戸 斉. 学会認定・臨床輸血看護師アンケート結果(2016年8月実施). 日本輸血細胞治療学会誌 2017.06.01

  53. 大友 直樹, 外山 千裕, 臼井 友香里, 奥山 馨, 相川 佳子, 小林 志帆, 古谷 江梨子, 大石 裕紀子, 諏訪 志穂子, 梶原 道子. ERセンターにおける緊急大量輸血について O型RBC緊急輸血症例を対象とした後方視的検討 MTP運用前後の比較. 日本輸血細胞治療学会誌 2017.06.01

  54. 西村 聡,星野 顯宏,松本 和明,小野 真太郎,田中 真理,足洗 美穂,満生 紀子,宮村 能子,橋井 佳子,磯田 健志,柳町 昌克,梶原 道子,高木 正稔,今井 耕輔,金兼 弘和,森尾 友宏. X連鎖性高IgM症候群に対する強度減弱前処置による造血細胞移植. 第39回日本造血細胞移植学会総会 2017.03.03 島根県松江市

  55. 高木 正稔,松本 和明,西村 聡,田中 真理,宮本 智史,星野 顯宏,柳町 昌克,満生 紀子,今井 耕輔,金兼 弘和,森尾 友宏,梶原 道子,石渡 泰芳,瀧川 加奈子,前 つかさ,安原 眞人,青木 由貴,富澤 大輔. 小児難治性血液腫瘍に対するクロファラビンおよびブスルファンを用いた前処置による血縁HLA半合致移植. 第39回日本造血細胞移植学会総会 2017.03.02 島根県松江市

  56. 宮本智史,田中真理,山下基,岡野翼,満生紀子,柳町昌克,今井耕輔,高木正稔,梶原道子,金兼弘和,森尾友宏. 特異な形態を呈したγ/δT細胞性リンパ腫/白血病の一例. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.17 東京

  57. 西村聡,星野顕宏,松本和明,田中真理,岡野翼,和田泰三,谷内江昭宏,満生紀子,柳町昌克,梶原道子,高木正稔,今井耕輔,金兼弘和,森尾友宏. 多彩な自己免疫疾患を合併した異型形質細胞による移植後リンパ増殖症の1例. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.17 東京

  58. 富澤大輔、遠藤明史、梶原道子、坂口大俊、松本公一、金田眞、多賀崇. AML寛解期に二次性ALLを発症したダウン症の4症例の検討. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.17 東京

  59. 松本和明,西村聡,星野顕宏,田中真理,山下基,下村真毅,北澤宏展,渡邊健一郎,森嘉生,加藤環,野々山恵章,小田紘嗣,小原收,満生紀子,柳町昌克,梶原道子,今井耕輔,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏. 風疹ウイルスワクチン株の持続感染を契機に診断したLIG4欠損症に対し、非血縁者間骨髄移植を施行した一例. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.16 東京

  60. Sayaka Suzuki, Keisuke Tanaka, Kohta Yoshifuji, Shihoko Suwa, Ken Watanabe, Osamu Miura, Michiko Kajiwara, Masahide Yamamoto. Correlation between PB and collected CD34+ cells in stem cell mobilization with chemotherapy + G-CSF. The 78th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 2016.10.13 Yokohama

  61. 大友直樹、小林志帆、奥山馨、諏訪志穂子、梶原道子. 全自動輸血検査装置「ORTHO VISION Max」の性能評価. 日本臨床検査自動化学会第48回大会 2016.09.23 パシフィコ横浜・会議センター

  62. 多田憲正,梶原道子,清水則夫,滝澤慶一,富井祐治,濱浩隆,金子直人,薮内智朗,中野栄治,神田祥一郎,石塚喜世伸,近本裕子,秋岡祐子,三浦健一郎,森尾友宏,服部元史. リツキシマブを投与した小児ネフローゼ症候群患者におけるウイルスプロファイルの検討. 第51回日本小児腎臓病学会学術集会 2016.07.07 愛知

  63. 多田憲正,濱浩隆,神田祥一郎,石塚喜世伸,近本裕子,秋岡祐子,梶原道子,清水則夫,森尾友宏. 高感度多項目迅速微生物検査法による小児腎移植患者のウイルスプロファイルの検討. 第119回日本小児科学学会学術集会 2016.05.13 北海道

  64. 大友直樹,小林志帆,臼井友香里,奥山馨,古谷江梨子,諏訪志穂子,梶原道子. 当院における臨床的に意義のある抗体の検出頻度に関する後方視的検討. 第64回日本輸血・細胞治療学会総会 2016.04.29 京都市

  65. 玉井 佳子、大戸 斉、北澤 淳一、立花 直樹、藤島 直仁、藤原 実名美、東 寛、小川 千登世、小原 明、梶原 道子、小山 典久、細野 茂春、堀越 泰雄、伊藤 悦朗. 赤血球抗原に対する小児同種免疫に関する多施設共同研究. 第64回 日本輸血・細胞治療学会総会 2016.04.29 京都

  66. 野口優輔,青木由貴,岡野翼,宮本智史,足洗美穂,小林千佳,手束真理,富澤大輔,今井耕輔,高木正稔,梶原道子,水谷修紀,金兼弘和,森尾友宏. 2度の再発後同種骨髄移植が奏功したMyeloid/NK cell precursor acute leukemiaの1例. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.29 甲府

  67. 小野真太郎,金兼弘和,我有茉希,久保田真理,足洗美穂,宮本智史,小林千佳,満生紀子,今井耕輔,高木正稔,梶原道子,森尾友宏. 炎症性腸疾患を合併したXIAP欠損症患者に対する骨髄移植成功例. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.29 甲府

  68. 宮本智史,足洗美穂,岡野翼,青木由貴,富澤大輔,田中絵里子,今井耕輔,高木正稔,梶原道子,八島正文,中澤弘一,土井庄三郎,森尾友宏. RSウイルス感染症に伴うARDSにより死亡した再発LCHの2歳女児例. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.28 甲府

  69. 我有茉希,足洗美穂,小野真太郎,久保田真理,宮本智史,満生紀子,今井耕輔,高木正稔,梶原道子,金兼弘和,森尾友宏. 寛解導入療法中にBKウイルスによる出血性膀胱炎を来したB前駆細胞型急性リンパ性白血病の1例. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.27 甲府

  70. Miyamoto S, Okawa T, Mitusiki N, Isoda T, Aoki Y, Takagi M, Kajiwara M, Imai K, Kanegane H, Nagasawa M, Morio T. Unrelated allogenic bone marrow transplantation for dyskeratosis congenita: two case reports. 第77回日本血液学会総会 2015.10.17 金沢

  71. 多田憲正,神田祥一郎,苗代有鈴,薮内智朗,金子直人,大原信一郎,宮井貴之,菅原典子,石塚,喜世伸,近本裕子,秋岡祐子,梶原道子,清水則夫,森尾友宏,服部元史. 高感度多項目迅速微生物検出法による小児腎移植患者のウイルスプロファイルの検討. 第50回日本小児腎臓病学会学術集会 2015.06.19 神戸

  72. 臼井友香里,古谷江梨子,奥山馨,相川佳子,大友直樹,梶原道子. 緊急輸血後に二次免疫応答による遅発性溶血性反応が認められた1例. 第63回日本輸血・細胞治療学会総会 2015.05.29 東京

  73. 岩尾憲明,梶原道子,室井一男. 200ml献血由来の赤血球濃厚液の使用状況に関するアンケート調査. 第63回日本輸血・細胞治療学会総会 2015.05.28 東京

  74. 臼井 友香里, 古谷 江梨子, 奥山 馨, 相川 佳子, 大友 直樹, 梶原 道子. 緊急輸血後に二次免疫応答による遅発性溶血性反応が認められた1症例. 日本輸血・細胞治療学会総会 2015.05

  75. 小林千佳,松本和明,青木由貴,高木正稔,今井耕輔,梶原道子,森尾友宏. 毛細血管拡張性運動失調症の時に発症したサイトメガロウイルス脳炎. 第118回日本小児科学会学術集会 2015.04.19 大阪

  76. 菅原祐之,石渡久子,鹿島田彩子,青木由貴,富澤大輔,今井耕輔,高木正稔,梶原道子,森尾友宏. 急性リンパ芽球性白血病治療後にてんかん外来通院中の4症例. 第118回日本小児科学会学術集会 2015.04.18 大阪

  77. 宮本智史,富澤大輔,岡野翼,足洗美穂,小林千佳,青木由貴,高木正稔,今井耕輔,梶原道子,長澤正之,岡本浩之,和田泰三,高橋義行,森尾友宏. 骨髄移植後、ドナー型骨髄不全症に対する造血幹細胞移植を施行した再生不良性貧血の男児例. 第37回日本造血細胞移植学会総会 2015.03.07 神戸

  78. 青木由貴,今井耕輔,岡野翼,宮本智史,宮脇零士,小林千佳,手束真理,大川哲平,満生 紀子,遠藤明史,小野敏明,富澤大輔,高木正稔,梶原道子,長澤正之,石渡泰芳,安原 真人,水谷修紀,森尾友宏. 原発性免疫不全症患者10例に対するFlu+BUを用いた造血幹細胞移植. 第37回日本造血細胞移植学会総会 2015.03.06 神戸

  79. 矢部晋正,森尾友宏,今井耕輔,加藤剛二,高田英俊,梶原道子,井上雅美,高橋義行,河敬世,加藤俊一,熱田由子,矢部みはる. わが国における遺伝性疾患に対する同種造血幹細胞移植の成績:JSHCT遺伝性疾患ワーキンググループによる後方視的解析. 第37回日本造血細胞移植学会総会 2015.03.06 神戸

  80. 古谷江梨子,奥山馨,大友直樹,相川佳子, 大石裕紀子,臼井友香里,小林志帆,外山千裕, 梶原道子. 間接抗グロブリン試験の反応時間を大幅に短縮 できる「ダイアLISS」の使用経験. 第139回日本輸血・細胞治療学会 関東甲信越支部例会 2015.02.21 東京

  81. 相川佳子,古谷江梨子,大友直樹,大石裕紀子,奥山馨,臼井友香里,小林志帆,外山千裕, 梶原道子. ABO不適合妊娠における児の抗A、抗B抗体価測定と直接抗グロブリン試験の有用性について. 第139回日本輸血・細胞治療学会 関東甲信越支部例会 2015.02.21 東京

  82. 岡野翼、今井耕輔、宮脇零士、奥津美香、高島健浩、青木由貴、富澤大輔、高木正稔、梶原道子、水谷修紀、森尾友宏. 炎症性腸疾患とMycobacterium avium感染症を合併したNEMO異常症に対する非血縁者間同種骨髄移植. 第56回日本血液・がん学会学術集会 2014.11.28 岡山

  83. 宮本智史、岡野翼、青木由貴、富澤大輔、高木正稔、梶原道子、森尾友宏. 維持療法中に無菌性髄膜炎を発症した白血病/リンパ腫の2例. 第56回日本血液・がん学会学術集会 2014.11.28 岡山

  84. 青木由貴、富澤大輔、宮脇零士、宮本智史、小林千佳、岡野翼、今井耕輔、高木正稔、梶原道子、水谷修紀、森尾友宏. 濃厚な治療歴を有する小児ALL再発例に対するclofarabine併用療法. 第56回日本血液・がん学会学術集会 2014.11.28 岡山

  85. 小林千佳、大川哲平、満生紀子、長澤正之、青木由貴、富澤大輔、梶原道子、今井耕輔、高木正稔、森尾友宏、水谷修紀. EBV-HLHの3例に対するリコンビナントトロンボモジュリンの使用経験. 第56回日本血液・がん学会学術集会 2014.11.28 岡山

  86. 梶原道子. 調整医師・採取医師として心がけていること. 2014日本骨髄バンク関東地区事務局コーディネーター研修会 2014.11.13 東京

  87. 梶原道子. チームで取り組む医療安全. 第2回宮崎県輸血懇話会 2014.09.06 宮崎

  88. 大友直樹、相川佳子、古谷江梨子、奥山馨、梶原道子. ERセンターにおける緊急輸血について O型RCC緊急輸血症例を対象にした後方視的検討. 第62回日本輸血・細胞治療学会総会 2014.05.15 奈良

  89. 松本和明、今井耕輔、小林千佳、青木由貴、奥津美香、岡野翼、高島健浩、鈴木恭子、松原知代、岡崎任晴、長堀正和、梶原道子、富澤大輔、高木正稔、水谷修紀、森尾友宏 . 反復性気道感染を呈しPI3K-δ遺伝子異常が同定された8歳男児例. 第117回日本小児科学会学術集会 2014.04.11 名古屋

  90. 富澤大輔、青木由貴、宮脇零士、小林千佳、今井耕輔、梶原道子、高木正稔、森尾友宏、水谷修紀. クロファラビンが有効であった急性リンパ性白血病複数回再発の1例. 第117回日本小児科学会学術集会 2014.04.11 名古屋

  91. 梶原道子. 骨髄採取術と末梢血幹細胞採取術. 2014日本骨髄バンクコーディネーター講習会 2014.01.12 東京

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 林修の今でしょ!講座 血液型のウソ?ホント?国民の疑問を解消SP,2017年05月

    テレビ出演(VTR)

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学科プレクリニカルクラークシップ 輸血検査実習,1997年 - 現在

  • 保健衛生学科検査技術学専攻 免疫検査学 輸血検査学

  • 保健衛生学科 看護学専攻 小児看護学演習1,2015年 - 現在

  • 医学科 臨床医学導入 輸血総論,1997年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 疾病治療論Ⅳ(小児科学),東京工科大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 血液型 クロスマッチテストについて,株式会社テレビマンユニオン,新鋭!所JAPAN,2018年11月19日