基本情報

写真a

大川 淳(オオカワ アツシ)

OKAWA Atsushi


職名

理事

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5271

メールアドレス

okawa.orth@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

脊椎外科(40) , 医療安全(91) , 医学教育(185)

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 教授
  • 2020年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 役職員 理事
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 役職員 理事
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 院内の医療安全管理体制を定量的に評価する指標の確立と実装を行う研究

    厚生労働省 : 2022年04月 - 2024年03月

  • 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究

    厚生労働省 : 2020年04月 - 2023年03月

  • 医療安全に専門性を有する医師人材養成および医療機関のリスク量測定に関する研究

    厚生労働省 : 2020年04月 - 2022年03月

  • 異所性骨化における線溶系酵素の役割の解明と新規骨形成薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2024年

  • 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 高難度手術の教育システム開発~いかに安全に職人技を継承させるか~

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 抗がん剤の骨内局所投与による骨転移がんの局所制御

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 骨補填材を応用した骨癒合促進法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 生体骨を模した新しい複層型人工骨の開発とdrug delivery

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 末梢神経損傷に応答する疼痛慢性化分子の探索と治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究

    厚生労働省 : 2014年04月 - 2017年03月

  • 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究

    厚生労働省 : 2014年04月 -

  • NADワールドによる骨軟骨代謝制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 骨髄間葉系幹細胞に発現する骨形成抑制因子の探求-再生医療への応用を目指して

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 神経筋接合部を標的にした末梢神経再生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • サル膝半月板損傷に対する修復術後の滑膜間葉系幹細胞移植

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 骨と脳のネットワーク-成長を促進する骨由来因子の同定-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 慢性期損傷脊髄への細胞移植治療の確立とリハビリテーションの併用効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 神経障害性疼痛における後根神経節での非神経細胞の役割と治療開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 異所性骨化モデル動物の確立と骨化の制御、靱帯骨化への応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 脊柱靭帯骨化発生・進展の分子機序解明を目指した統合的研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 細胞増殖制御に注目した筋損傷回復機構の解明-筋損傷治療のための基盤研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • メッセンジャーRNA医薬を用いた神経障害性疼痛の新規治療開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 高難度手術の教育システム開発~いかに安全に職人技を継承させるか~

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Jun Hashimoto, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Miho Akaza, Koji Fujita, Akimoto Nimura, Toshitaka Yoshii, Yuki Miyano, Yuki Mitani, Taishi Watanabe, Shinji Sato, Sukchan Kim, Atsushi Okawa. Assessing carpal tunnel syndrome with magnetoneurography. Clin Neurophysiol. 2022.07; 139 1-8. ( PubMed, DOI )

  2. Hiroyuki Inose, Akane Ariga, Takayuki Motoyoshi, Kazuyuki Fukushima, Shoji Tomizawa, Tsuyoshi Kato, Kunihiko Takahashi, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. The Real-World Effect of 12 Months of Romosozumab Treatment on Patients With Osteoporosis With a High Risk of Fracture and Factors Predicting the Rate of Bone Mass Increase: A Multicenter Retrospective Study. JBMR Plus. 2022.07; 6 (7): e10637. ( PubMed, DOI )

  3. Yuko Hoshino, Shigenori Kawabata, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Toru Sasaki, Jun Hashimoto, Koji Fujita, Akimoto Nimura, Atsushi Okawa. Magnetoneurography as a novel functional imaging technique for the ulnar nerve at the elbow. Clin Neurophysiol. 2022.06; 138 153-162. ( PubMed, DOI )

  4. Ryo Iwase, Tadashi Kanouchi, Toshitaka Yoshii, Taro Ishiguro, Takashi Hirai, Atsushi Okawa, Takanori Yokota, Nobuo Sanjo. Diverging pathophysiology in superficial siderosis with proximal upper limb amyotrophy. J Neurol Sci. 2022.05; 436 120248. ( PubMed, DOI )

  5. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Naoto Watanabe, Hideyuki Koga, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Difference in tapered wedge stem alignment between supine and lateral position in cementless total hip arthroplasty via modified Watson-Jones anterolateral approach. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2022.04; 32 (3): 497-503. ( PubMed, DOI )

  6. Masanobu Hirao, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Tetsuya Tachibana, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Periprosthetic fragility fracture of the femur after primary cementless total hip arthroplasty. Mod Rheumatol. 2022.04; 32 (3): 626-633. ( PubMed, DOI )

  7. Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Megumi Nakano, Yu Fujiwara, Atsushi Okawa. Rehabilitation Characteristics of Acute-stage COVID-19 Survivors Managed with Extracorporeal Membrane Oxygenation in the Intensive Care Unit. Prog Rehabil Med. 2022.03; 7 20220015. ( PubMed, DOI )

  8. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shoichi Ichimura, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Shinji Takahashi, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Factors Contributing to Residual Low Back Pain after Osteoporotic Vertebral Fractures. J Clin Med. 2022.03; 11 (6): ( PubMed, DOI )

  9. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Yukihiro Nakagawa, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Kengo Fujii, Atsushi Kimura, Takeo Furuya, Narihito Nagoshi, Tsukasa Kanchiku, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Kei Ando, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Shunji Matsunaga, Takashi Kaito, Kei Yamada, Sho Kobayashi, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Shiro Imagama, Masao Koda, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. Severity of Myelopathy is Closely Associated With Advanced Age and Signal Intensity Change in Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Prospective Nationwide Investigation. Clin Spine Surg. 2022.02; 35 (1): E155-E161. ( PubMed, DOI )

  10. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shoji Seki, Shunji Matsunaga, Atsushi Okawa. Factors Negatively Influencing Postoperative Improvement After Laminoplasty in Degenerative Cervical Myelopathy. Clin Spine Surg. 2022.02; 35 (1): E230-E235. ( PubMed, DOI )

  11. Takahisa Ogawa, Haggai Schermann, Aayush Khadka, Janelle Moross, Mutsuko Moriwaki, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Shinichi Shirasawa. Impact of orthogeriatric care management by orthopedic surgeons and physicians on in-hospital clinical outcomes: A difference-in-difference analysis. Geriatr Gerontol Int. 2022.02; 22 (2): 138-144. ( PubMed, DOI )

  12. Shuta Ushio, Shigeo Shindo, Kazuyuki Otani, Kazuo Kusano, Norihiko Miyake, Tsuyoshi Yamada, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Predictors of good outcome after anterior decompression and fusion in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament of the thoracic spine. J Orthop Sci. 2022.02; ( PubMed, DOI )

  13. Jun Hashimoto, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Atsuyuki Kawabata, Kurando Utagawa, Yu Matsukura, Masaki Tomori, Ichiro Torigoe, Tsuyoshi Yamada, Kazuo Kusano, Kazuyuki Otani, Satoshi Sumiya, Fujiki Numano, Kazuyuki Fukushima, Shoji Tomizawa, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Atsushi Okawa. Impact of body mass index on surgical outcomes and complications in adult spinal deformity. J Orthop Sci. 2022.01; 27 (1): 89-94. ( PubMed, DOI )

  14. Jun Hashimoto, Shigenori Kawabata, Toru Sasaki, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Miyano, Yuki Mitani, Shinji Sato, Sukchan Kim, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Assessment of thoracic spinal cord electrophysiological activity through magnetoneurography. Clin Neurophysiol. 2022.01; 133 39-47. ( PubMed, DOI )

  15. Takahisa Ogawa, Toshitaka Yoshii, Jun Oyama, Nobuhiro Sugimura, Takashi Akada, Takaaki Sugino, Motonori Hashimoto, Shingo Morishita, Takuya Takahashi, Takayuki Motoyoshi, Takuya Oyaizu, Tsuyoshi Yamada, Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Yoshikazu Nakajima, Atsushi Okawa. Detecting ossification of the posterior longitudinal ligament on plain radiographs using a deep convolutional neural network: A pilot study. Spine J. 2022.01; ( PubMed, DOI )

  16. Hiroaki Nakashima, Shiro Imagama, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Yukihiro Nakagawa, Takashi Hirai, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Kengo Fujii, Atsushi Kimura, Takeo Furuya, Tsukasa Kanchiku, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Narihito Nagoshi, Kei Ando, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Shunji Matsunaga, Takashi Kaito, Kei Yamada, Sho Kobayashi, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Yuanying Li, Hiroshi Yatsuya, Masao Koda, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa, . Comparison of laminoplasty and posterior fusion surgery for cervical ossification of posterior longitudinal ligament. Sci Rep. 2022.01; 12 (1): 748. ( PubMed, DOI )

  17. Takafumi Koyama, Koji Fujita, Masaru Watanabe, Kaho Kato, Toru Sasaki, Toshitaka Yoshii, Akimoto Nimura, Yuta Sugiura, Hideo Saito, Atsushi Okawa. Cervical Myelopathy Screening with Machine Learning Algorithm Focusing on Finger Motion Using Noncontact Sensor. Spine (Phila Pa 1976). 2022.01; 47 (2): 163-171. ( PubMed, DOI )

  18. Takaki Inoue, Satoshi Maki, Toshitaka Yoshii, Takeo Furuya, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Yukihiro Nakagawa, Takashi Hirai, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Kengo Fujii, Atsushi Kimura, Narihito Nagoshi, Tsukasa Kanchiku, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Kei Ando, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Shunji Matsunaga, Takashi Kaito, Kei Yamada, Sho Kobayashi, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Shiro Imagama, Masao Koda, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Seiji Ohtori, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa, . Is anterior decompression and fusion more beneficial than laminoplasty for K-line (+) cervical ossification of the posterior longitudinal ligament? An analysis using propensity score matching. J Neurosurg Spine. 2022.01; 1-8. ( PubMed, DOI )

  19. Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shoji Seki, Shunji Matsunaga, Kunihiko Takahashi, Atsushi Okawa. Factors contributing to neck pain in patients with degenerative cervical myelopathy: A prospective multicenter study. J Orthop Surg (Hong Kong). 2022.01; 30 (1): 10225536221091848. ( PubMed, DOI )

  20. Kazuko Isshiki, Tetsuya Jinno, Junya Aizawa, Ryohei Takada, Tomoko Sakai, Tetsuya Tachibana, Atsushi Okawa. Asymmetry of the Cross-sectional Area of the Gluteus Medius Muscle Persists Eight Years after Total Hip Arthroplasty for Osteoarthritis of the Hip. Prog Rehabil Med. 2021.12; 6 20210052. ( PubMed, DOI )

  21. Atsushi Okawa. Near future image of orthopedics after COVID-19 pandemic. J Orthop Sci. 2021.12; ( PubMed, DOI )

  22. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Does surgical body position influence the risk for neurovascular injury in total hip arthroplasty? A magnetic resonance imaging study. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.12; 107 (8): 102817. ( PubMed, DOI )

  23. Satoshi Maki, Takeo Furuya, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Yukihiro Nakagawa, Takashi Hirai, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Kengo Fujii, Atsushi Kimura, Narihito Nagoshi, Tsukasa Kanchiku, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Kei Ando, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Shunji Matsunaga, Takashi Kaito, Kei Yamada, Sho Kobayashi, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Shiro Imagama, Masao Koda, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Seiji Ohtori, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. Machine Learning Approach in Predicting Clinically Significant Improvements After Surgery in Patients with Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. Spine (Phila Pa 1976). 2021.12; 46 (24): 1683-1689. ( PubMed, DOI )

  24. Narihito Nagoshi, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Yukihiro Nakagawa, Takashi Hirai, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Kengo Fujii, Atsushi Kimura, Takeo Furuya, Tsukasa Kanchiku, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Hiroaki Nakashima, Kei Ando, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Shunji Matsunaga, Takashi Kaito, Kei Yamada, Sho Kobayashi, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Kota Watanabe, Shiro Imagama, Masao Koda, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Masaya Nakamura, Morio Matsumoto, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. Comparison of Surgical Outcomes After Open- and Double-Door Laminoplasties for Patients with Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Prospective Multicenter Study. Spine (Phila Pa 1976). 2021.12; 46 (23): E1238-E1245. ( PubMed, DOI )

  25. Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Yukihiro Nakagawa, Takashi Hirai, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Kengo Fujii, Atsushi Kimura, Takeo Furuya, Narihito Nagoshi, Tsukasa Kanchiku, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Kei Ando, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Shunji Matsunaga, Takashi Kaito, Kei Yamada, Sho Kobayashi, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Shiro Imagama, Masao Koda, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. Perioperative Complications in Posterior Surgeries for Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Prospective Nationwide Investigation. Clin Spine Surg. 2021.12; 34 (10): E594-E600. ( PubMed, DOI )

  26. Satoru Egawa, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Yukihiro Nakagawa, Takashi Hirai, Atsushi Kimura, Takeo Furuya, Tsukasa Kanchiku, Yukitaka Nagamoto, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hiroyuki Katoh, Narihito Nagoshi, Shiro Imagama, Masao Koda, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. Prospective Investigation of Postoperative Complications in Anterior Decompression with Fusion for Severe Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Multi-institutional Study. Spine (Phila Pa 1976). 2021.12; 46 (23): 1621-1629. ( PubMed, DOI )

  27. Naoki Yamamoto, Ryohei Takada, Takuma Maeda, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Kazuyoshi Yagishita. Microcirculation and tissue oxygenation in the head and limbs during hyperbaric oxygen treatment. Diving Hyperb Med. 2021.12; 51 (4): 338-344. ( PubMed, DOI )

  28. Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Kazuyuki Otani, Shigeo Shindo, Kouichi Mizuno, Kazuo Kusano, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Atsuyuki Kawabata, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Pelvic incidence is a risk factor for lower instrumented vertebra failure in adult spinal deformity patients who underwent corrective fusion terminating at the L5 vertebra. J Orthop Sci. 2021.12; ( PubMed, DOI )

  29. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Junya Katayanagi, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa, Takeo Fujiwara. Perioperative Complications of Laminoplasty in Degenerative Cervical Myelopathy -A Comparative Study Between Ossification of Posterior Longitudinal Ligament and Cervical Spondylotic Myelopathy Using a Nationwide Inpatient Database. Global Spine J. 2021.12; 21925682211063867. ( PubMed, DOI )

  30. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Masanao Sasaki, Yu Matsukura, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Akihiro Hirakawa, Atsushi Okawa. Comparison of decompression, decompression plus fusion, and decompression plus stabilization: a long-term follow-up of a prospective, randomized study. The Spine Journal. 2021.12; ( PubMed, DOI )

  31. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shinichi Shirasawa, Shinji Takahashi, Masatoshi Hoshino, Yu Yamato, Yu Matsukura, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Time Course of Acute Vertebral Fractures: A Prospective Multicenter Cohort Study. J Clin Med. 2021.12; 10 (24): 5961. ( PubMed, DOI )

  32. Kazuyoshi Kobayashi, Eijiro Okada, Toshitaka Yoshii, Mikito Tsushima, Tsuyoshi Yamada, Kei Watanabe, Keiichi Katsumi, Akihiko Hiyama, Hiroyuki Katoh, Masahiko Watanabe, Yukihiro Nakagawa, Motohiro Okada, Teruaki Endo, Yasuyuki Shiraishi, Kazuhiro Takeuchi, Shunji Matsunaga, Keishi Maruo, Kenichiro Sakai, Sho Kobayashi, Tetsuro Ohba, Kanichiro Wada, Junichi Ohya, Kanji Mori, Hirosuke Nishimura, Takashi Tsuji, Kota Watanabe, Atsushi Okawa, Morio Matsumoto, Shiro Imagama. Risk factors for delayed diagnosis of spinal fracture associated with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis: A nationwide multiinstitution survey. J Orthop Sci. 2021.11; 26 (6): 968-973. ( PubMed, DOI )

  33. Takafumi Koyama, Koji Fujita, Hirotaka Iijima, Mio Norose, Takuya Ibara, Toru Sasaki, Toshitaka Yoshii, Akimoto Nimura, Masaki Takahashi, Atsushi Okawa. Analysis of Spastic Gait in Patients With Cervical Myelopathy Using the Timed Up and Go Test With a Laser Range Sensor. Spine (Phila Pa 1976). 2021.11; ( PubMed, DOI )

  34. Takahisa Ogawa, Haggai Schermann, Hiroki Kobayashi, Kiyohide Fushimi, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Age and clinical outcomes after hip fracture surgery: do octogenarian, nonagenarian and centenarian classifications matter? Age Ageing. 2021.11; 50 (6): 1952-1960. ( PubMed, DOI )

  35. Naoki Yamamoto, Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Naoto Watanabe, Hideyuki Koga, Toshitaka Yoshii, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Wear rate and osteolysis in two types of second-generation annealed highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty: A retrospective comparative study with a minimum of five years. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.11; 103147. ( PubMed, DOI )

  36. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Surgery with or without Fusion for Lumbar Spondylolisthesis. N Engl J Med. 2021.11; 385 (19): 1823. ( PubMed, DOI )

  37. Motoyoshi Takayuki, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Inose Hiroyuki, Matsukura Yu, Egawa Satoru, Kobayashi Yutaka, Utagawa Kurando, Hashimoto Jun, Kawabata Atsuyuki, Takahashi Takuya, Tanaka Tomoyuki, Okawa Atsushi. Association between diffuse idiopathic skeletal hyperostosis and thoracic kyphosis in patients with cervical myelopathy: a retrospective observational study. BMC Musculoskelet Disord. 2021.11; 22 (1): 964. ( PubMed, DOI )

  38. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Shuta Ushio, Shingo Morishita, Satoru Egawa, Hiroaki Onuma, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Takuya Takahashi, Motonori Hashimoto, Kentaro Sakaeda, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Anterior Cervical Corpectomy with Fusion versus Anterior Hybrid Fusion Surgery for Patients with Severe Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Involving Three or More Levels: A Retrospective Comparative Study. J Clin Med. 2021.11; 10 (22): 5315. ( PubMed, DOI )

  39. Yoto Oh, Kouhei Yamamoto, Toshitaka Yoshii, Masanobu Kitagawa, Atsushi Okawa. Current concept of stress fractures with an additional category of atypical fractures: a perspective review with representative images. Ther Adv Endocrinol Metab. 2021.10; 12 20420188211049619. ( PubMed, DOI )

  40. Takahisa Ogawa, Tetsuya Jinno, Mutsuko Moriwaki, Toshitaka Yoshii, Ara Nazarian, Kiyohide Fushimi, Atsushi Okawa. Association between hospital surgical volume and complications after total hip arthroplasty in femoral neck fracture: A propensity score-matched cohort study. Injury. 2021.10; 52 (10): 3002-3010. ( PubMed, DOI )

  41. Akito Yabu, Masatoshi Hoshino, Hitoshi Tabuchi, Shinji Takahashi, Hiroki Masumoto, Masahiro Akada, Shoji Morita, Takafumi Maeno, Masayoshi Iwamae, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Tadao Tsujio, Hidetomi Terai, Hiromitsu Toyoda, Akinobu Suzuki, Koji Tamai, Shoichiro Ohyama, Yusuke Hori, Atsushi Okawa, Hiroaki Nakamura. Using artificial intelligence to diagnose fresh osteoporotic vertebral fractures on magnetic resonance images. Spine J. 2021.10; 21 (10): 1652-1658. ( PubMed, DOI )

  42. Soraya Nishimura, Takashi Hirai, Narihito Nagoshi, Toshitaka Yoshii, Jun Hashimoto, Kanji Mori, Satoshi Maki, Keiichi Katsumi, Kazuhiro Takeuchi, Shuta Ushio, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Hiroaki Nakashima, Shiro Imagama, Kazuma Murata, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Masahiko Watanabe, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Yu Matsukura, Hiroyuki Inose, Masashi Yamazaki, Kota Watanabe, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Association between Severity of Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis and Ossification of Other Spinal Ligaments in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. J Clin Med. 2021.10; 10 (20): 4690. ( PubMed, DOI )

  43. Akane Ariga, Yuji Kohno, Yusuke Nakagawa, Toshifumi Watanabe, Hiroki Katagiri, Toshiyuki Ohara, Mikio Shioda, Nobutake Ozeki, Masaki Amemiya, Atsushi Okawa, Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga. Simultaneous bilateral total knee arthroplasty is safe and effective for patients in different ages. J Orthop Sci. 2021.10; ( PubMed, DOI )

  44. Masao Koda, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Yukihiro Nakagawa, Takashi Hirai, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Atsushi Kimura, Takeo Furuya, Satoshi Maki, Narihito Nagoshi, Kota Watanabe, Tsukasa Kanchiku, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Kei Ando, Hiroaki Nakashima, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Shunji Matsunaga, Takashi Kaito, Kei Yamada, Sho Kobayashi, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Hiroshi Takahashi, Kengo Fujii, Masayuki Miyagi, Gen Inoue, Masashi Takaso, Shiro Imagama, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Masaya Nakamura, Morio Matsumoto, Atsushi Okawa, Masashi Yamazaki. Factors Significantly Associated with Postoperative Neck Pain Deterioration after Surgery for Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: Study of a Cohort Using a Prospective Registry. J Clin Med. 2021.10; 10 (21): 5026. ( PubMed, DOI )

  45. Toshitaka Yoshii, Motonori Hashimoto, Satoru Egawa, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa. Hydroxyapatite/collagen composite graft for posterior lumbar interbody fusion: a comparison with local bone graft. J Orthop Surg Res. 2021.10; 16 (1): 639. ( PubMed, DOI )

  46. Yu Matsukura, Toshitaka Yoshii, Shingo Morishita, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Atsuyuki Kawabata, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Masaki Tomori, Ichiro Torigoe, Tsuyoshi Yamada, Kazuo Kusano, Kazuyuki Otani, Satoshi Sumiya, Fujiki Numano, Kazuyuki Fukushima, Shoji Tomizawa, Satoru Egawa, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Atsushi Okawa. Comparison of Lateral Lumbar Interbody Fusion and Posterior Lumbar Interbody Fusion as Corrective Surgery for Patients with Adult Spinal Deformity-A Propensity Score Matching Analysis. J Clin Med. 2021.10; 10 (20): 4737. ( PubMed, DOI )

  47. Takashi Hirai, Takuya Takahashi, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Intradiscal Injection With Condoliase (Chondroitin Sulfate ABC Endolyase) For Painful Radiculopathy Caused By Lumbar Disc Herniation Spine Surgery and Related Research. 2021.10; ( DOI )

  48. Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Atsuyuki Kawabata, Tsuyoshi Yamada, Takashi Taniyama, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Kenichiro Sakai, Ichiro Torigoe, Masaki Tomori, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Kouichi Mizuno, Kazuyuki Otani, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Prognostic factors for neurological outcome after anterior decompression and fusion for proximal-type cervical spondylotic amyotrophy - A retrospective analysis of 77 cases. J Orthop Sci. 2021.09; 26 (5): 733-738. ( PubMed, DOI )

  49. Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shoji Seki, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shunji Matsunaga, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. The 5-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts postoperative fall risk in patients undergoing surgery for degenerative cervical myelopathy. J Orthop Sci. 2021.09; 26 (5): 779-785. ( PubMed, DOI )

  50. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shoichi Ichimura, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Kunihiko Takahashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Risk factors for subsequent vertebral fracture after acute osteoporotic vertebral fractures. Eur Spine J. 2021.09; 30 (9): 2698-2707. ( PubMed, DOI )

  51. Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Shingo Morishita, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Application of an index derived from the area under a neutrophil curve as a predictor of surgical site infection after spinal surgery. BMC Surg. 2021.09; 21 (1): 354. ( PubMed, DOI )

  52. Takashi Hirai, Soraya Nishimura, Toshitaka Yoshii, Narihito Nagoshi, Jun Hashimoto, Kanji Mori, Satoshi Maki, Keiichi Katsumi, Kazuhiro Takeuchi, Shuta Ushio, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Kota Watanabe, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Hiroaki Nakashima, Shiro Imagama, Kazuma Murata, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Masahiko Watanabe, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Masashi Yamazaki, Yu Matsukura, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Associations between Clinical Findings and Severity of Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. J Clin Med. 2021.09; 10 (18): 4137. ( PubMed, DOI )

  53. Gaku Koyano, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Chisato Hoshino, Atsushi Okawa. Intra-articular Injections of Cross-linked Hyaluronic Acid in Japanese Patients with Symptomatic Osteoarthritis of the Hip. Prog Rehabil Med. 2021.09; 6 20210038. ( PubMed, DOI )

  54. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Yu Matsukura, Atsushi Okawa. Impact of preoperative cervical sagittal alignment for cervical myelopathy caused by ossification of the posterior longitudinal ligament on surgical treatment. J Orthop Sci. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  55. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Atsushi Okawa. A comparative study of surgical outcomes between anterior cervical discectomy with fusion and selective laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy. J Orthop Sci. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  56. Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Yoshiyasu Arai, Hidetsugu Maehara, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Laminar Closure in Double-door Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy with Nonkyphotic Alignment. Spine (Phila Pa 1976). 2021.08; 46 (15): 999-1006. ( PubMed, DOI )

  57. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Atsushi Okawa, Takeo Fujiwara. Comparison of Perioperative Complications in Anterior Decompression With Fusion and Posterior Decompression With Fusion for Cervical Spondylotic Myelopathy: Propensity Score Matching Analysis Using a Nationwide Inpatient Database. Clin Spine Surg. 2021.08; 34 (7): E425-E431. ( PubMed, DOI )

  58. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shoji Seki, Shunji Matsunaga, Kunihiko Takahashi, Atsushi Okawa. Predictors of Falls in Patients with Degenerative Cervical Myelopathy: A Prospective Multi-institutional Study. Spine (Phila Pa 1976). 2021.08; 46 (15): 1007-1013. ( PubMed, DOI )

  59. Keigo Nanjo, Takashi Ikeda, Naoko Nagashio, Tadashi Masuda, Tomoko Sakai, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Gait speed and pain status as discriminatory factors for instrumental activities of daily living disability in older adults with knee osteoarthritis. Geriatr Gerontol Int. 2021.08; 21 (8): 683-688. ( PubMed, DOI )

  60. Takahisa Ogawa, Tetsuya Tachibana, Norio Yamamoto, Kazuhiko Udagawa, Hiroki Kobayashi, Kiyohide Fushimi, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Patient body mass index modifies the association between waiting time for hip fracture surgery and in-hospital mortality: A multicenter retrospective cohort study. J Orthop Sci. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  61. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Effect of Ventral vs Dorsal Spinal Surgery in Patients With Cervical Spondylotic Myelopathy. JAMA. 2021.07; 326 (4): 357-358. ( PubMed, DOI )

  62. Keiichi Katsumi, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Satoshi Maki, Kanji Mori, Narihito Nagoshi, Soraya Nishimura, Kazuhiro Takeuchi, Shuta Ushio, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Kota Watanabe, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Kenyu Ito, Shiro Imagama, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Masahiko Watanabe, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. The impact of ossification spread on cervical spine function in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament. Sci Rep. 2021.07; 11 (1): 14337. ( PubMed, DOI )

  63. Ryo Onuma, Tadashi Masuda, Fumihiko Hoshi, Tadamitsu Matsuda, Tomoko Sakai, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Measurements of the centre of pressure of individual legs reveal new characteristics of reduced anticipatory postural adjustments during gait initiation in patients with post-stroke hemiplegia. J Rehabil Med. 2021.07; 53 (7): jrm00211. ( PubMed, DOI )

  64. Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Takashi Hirai, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Yukihiro Nakagawa, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Kengo Fujii, Takeo Furuya, Narihito Nagoshi, Tsukasa Kanchiku, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Hiroaki Nakashima, Kei Ando, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Shunji Matsunaga, Takashi Kaito, Kei Yamada, Sho Kobayashi, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Kota Watanabe, Shiro Imagama, Masao Koda, Yoshiharu Kawaguchi, Masaya Nakamura, Morio Matsumoto, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. Impact of Diabetes Mellitus on Cervical Spine Surgery for Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. J Clin Med. 2021.07; 10 (15): 3375. ( PubMed, DOI )

  65. Masao Koda, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Kazuo Kusano, Yukihiro Nakagawa, Takashi Hirai, Kanichiro Wada, Keiichi Katsumi, Atsushi Kimura, Takeo Furuya, Satoshi Maki, Narihito Nagoshi, Kota Watanabe, Tsukasa Kanchiku, Yukitaka Nagamoto, Yasushi Oshima, Kei Ando, Hiroaki Nakashima, Masahiko Takahata, Kanji Mori, Hideaki Nakajima, Kazuma Murata, Shunji Matsunaga, Takashi Kaito, Kei Yamada, Sho Kobayashi, Satoshi Kato, Tetsuro Ohba, Satoshi Inami, Shunsuke Fujibayashi, Hiroyuki Katoh, Haruo Kanno, Hiroshi Takahashi, Kengo Fujii, Masayuki Miyagi, Gen Inoue, Masashi Takaso, Shiro Imagama, Yoshiharu Kawaguchi, Katsushi Takeshita, Masaya Nakamura, Morio Matsumoto, Atsushi Okawa, Masashi Yamazaki. Neurological improvement is associated with neck pain attenuation after surgery for cervical ossification of the posterior longitudinal ligament. Sci Rep. 2021.06; 11 (1): 11910. ( PubMed, DOI )

  66. Takahisa Ogawa, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Kiyohide Fushimi, Tetsuya Jinno. Association Between Cemented vs Cementless Hemiarthroplasty and Short-Term Change of In-Hospital Mortality in Elderly Patients with Femoral Neck Fracture: A Propensity-Score Matching Analysis in a Multicenter Database. Clin Interv Aging. 2021.06; 16 1151-1159. ( PubMed, DOI )

  67. Ryo Onuma, Tadashi Masuda, Fumihiko Hoshi, Tadamitsu Matsuda, Tomoko Sakai, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Separated center-of-pressure measurements reveal new characteristics of reduced anticipatory postural adjustments during gait initiation in patients with Parkinson's disease. Physiother Theory Pract. 2021.06; 1-10. ( PubMed, DOI )

  68. Tatsuya Yamamoto, Eijiro Okada, Takehiro Michikawa, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Yamada, Kei Watanabe, Keiichi Katsumi, Akihiko Hiyama, Masahiko Watanabe, Yukihiro Nakagawa, Motohiro Okada, Teruaki Endo, Yasuyuki Shiraishi, Kazuhiro Takeuchi, Shunji Matsunaga, Keishi Maruo, Kenichiro Sakai, Sho Kobayashi, Tetsuro Ohba, Kanichiro Wada, Junichi Ohya, Kanji Mori, Mikito Tsushima, Hirosuke Nishimura, Takashi Tsuji, Masao Koda, Atsushi Okawa, Masashi Yamazaki, Morio Matsumoto, Kota Watanabe. The impact of diabetes mellitus on spinal fracture with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis: A multicenter retrospective study. J Orthop Sci. 2021.06; ( PubMed, DOI )

  69. Kanji Mori, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Satoshi Maki, Keiichi Katsumi, Narihito Nagoshi, Soraya Nishimura, Kazuhiro Takeuchi, Shuta Ushio, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Kota Watanabe, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Kenyu Ito, Shiro Imagama, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Masahiko Watanabe, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. The characteristics of the young patients with cervical ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine: A multicenter cross-sectional study. J Orthop Sci. 2021.06; ( PubMed, DOI )

  70. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Atsushi Okawa. K-Line Tilt is a Predictor of Postoperative Kyphotic Deformity After Laminoplasty for Cervical Myelopathy Caused by Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. Global Spine J. 2021.05; 21925682211012687. ( PubMed, DOI )

  71. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Hiroaki Onuma, Shingo Morishita, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Predictive Factors Affecting Surgical Outcomes in Patients with Degenerative Lumbar Spondylolisthesis. Spine (Phila Pa 1976). 2021.05; 46 (9): 610-616. ( PubMed, DOI )

  72. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shoichi Ichimura, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Predictors of residual low back pain after acute osteoporotic compression fracture. J Orthop Sci. 2021.05; 26 (3): 453-458. ( PubMed, DOI )

  73. Inose H, Hirai T, Yoshii T, Kimura A, Takeshita K, Inoue H, Maekawa A, Endo K, Miyamoto T, Furuya T, Nakamura A, Mori K, Kanbara S, Imagama S, Seki S, Matsunaga S, Okawa A. Predictors for quality of life improvement after surgery for degenerative cervical myelopathy: a prospective multi-center study. Health and quality of life outcomes. 2021.05; 19 (1): 150. ( PubMed, DOI )

  74. Takahisa Ogawa, Toshitaka Yoshii, Masaya Higuchi, Shingo Morishita, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara, Atsushi Okawa. Seasonality of mortality and in-hospital complications in hip fracture surgery: Retrospective cohort research using a nationwide inpatient database. Geriatr Gerontol Int. 2021.05; 21 (5): 398-403. ( PubMed, DOI )

  75. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Atsushi Okawa, Takeo Fujiwara. Comparison of perioperative complications in anterior decompression with fusion and posterior decompression with fusion for thoracic ossification of the posterior longitudinal ligament -a retrospective cohort study using a nationwide inpatient database. J Orthop Sci. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  76. Masanobu Hirao, Kazumasa Miyatake, Daisuke Koga, Ryohei Takada, Gaku Koyano, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Comparison of 5-year postoperative results between standard-length stems and short stems in one-stage bilateral total hip arthroplasty: a randomized controlled trial. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.05; 31 (4): 743-753. ( PubMed, DOI )

  77. Atsuhiro Tano, Akimoto Nimura, Masahiro Tsutsumi, Reiko Yamaguchi, Atsushi Okawa, Keiichi Akita. Anatomical Study of the Interosseous Ligament of the Tibiofibular Syndesmosis: An Analysis of Osseous Morphology and Attaching Interposing Structures. J Bone Joint Surg Am. 2021.05; 103 (10): 905-912. ( PubMed, DOI )

  78. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Incidence of tensor fascia lata muscle atrophy after using the modified Watson-Jones anterolateral approach in total hip arthroplasty. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.04; 31 (3): 533-540. ( PubMed, DOI )

  79. Atsuyuki Kawabata, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Masaki Tomori, Ichiro Torigoe, Kazuo Kusano, Kazuyuki Otani, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Atsushi Okawa. Sagittal alignment changes and postoperative complications following surgery for adult spinal deformity in patients with Parkinson's disease: a multi-institutional retrospective cohort study. BMC Musculoskelet Disord. 2021.04; 22 (1): 357. ( PubMed, DOI )

  80. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Atsushi Okawa. A Prospective Cohort Study of Dysphagia After Subaxial Cervical Spine Surgery. Spine (Phila Pa 1976). 2021.04; 46 (8): 492-498. ( PubMed, DOI )

  81. Takahisa Ogawa, Toshitaka Yoshii, Shingo Morishita, Mutsuko Moriwaki, Atsushi Okawa, Ara Nazarian, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara. Seasonal impact on surgical site infections in hip fracture surgery: Analysis of 330,803 cases using a nationwide inpatient database. Injury. 2021.04; 52 (4): 898-904. ( PubMed, DOI )

  82. Inose H, Hirai T, Yoshii T, Kimura A, Takeshita K, Inoue H, Maekawa A, Endo K, Furuya T, Nakamura A, Mori K, Kanbara S, Imagama S, Seki S, Matsunaga S, Takahashi K, Okawa A. Predictors associated with neurological recovery after anterior decompression with fusion for degenerative cervical myelopathy. BMC surgery. 2021.03; 21 (1): 144. ( PubMed, DOI )

  83. Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Masanobu Hirao, Reiko Yamaguchi, Rui Nakahara, Atsushi Okawa. Rehabilitation for Patients with COVID-19: A Japanese Single-center Experience. Prog Rehabil Med. 2021.03; 6 20210013. ( PubMed, DOI )

  84. Takafumi Koyama, Shusuke Sato, Madoka Toriumi, Takuro Watanabe, Akimoto Nimura, Atsushi Okawa, Yuta Sugiura, Koji Fujita. A Screening Method Using Anomaly Detection on a Smartphone for Patients With Carpal Tunnel Syndrome: Diagnostic Case-Control Study. JMIR Mhealth Uhealth. 2021.03; 9 (3): e26320. ( PubMed, DOI )

  85. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Hiroaki Onuma, Tomoyuki Tanaka, Atsushi Okawa. Ann Case Rep, an open access journal Annals of Case Reports Case Report Cauda Equina Caused by Lumbar Canal Stenosis Following Intradical Injection of Condoliase: Case Report Annals of Medicine. 2021.03; 6 (2): 1-3. ( DOI )

  86. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Kunihiko Takahashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Predictors for quality of life improvement after acute osteoporotic vertebral fracture: results of post hoc analysis of a prospective randomized study. Qual Life Res. 2021.01; 30 (1): 129-135. ( PubMed, DOI )

  87. Hajime Watanabe, Toshiyuki Ikoma, Shinichi Sotome, Atsushi Okawa. Local administration and enhanced release of bone metabolic antibodies from hydroxyapatite/chondroitin sulfate nanocomposite microparticles using zinc cations. J Mater Chem B. 2021.01; 9 (3): 757-766. ( PubMed, DOI )

  88. Aidehamu Aihemaiti, Naoki Yamamoto, Jinying Piao, Takuya Oyaizu, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Atsushi Okawa, Toshio Miyata, Kunikazu Tsuji, Yoichi Ezura, Yoshinori Asou. A novel PAI-1 inhibitor prevents ageing-related muscle fiber atrophy. Biochem Biophys Res Commun. 2021.01; 534 849-856. ( PubMed, DOI )

  89. Satoshi Sumiya, Kazuyuki Fukushima, Yoshiro Kurosa, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Comparative analysis of clinical factors associated with pedicle screw pull-out during or immediately after surgery between intraoperative cone-beam computed tomography and postoperative computed tomography. BMC Musculoskelet Disord. 2021.01; 22 (1): 55. ( PubMed, DOI )

  90. Tsuyoshi Yamada, Shigeo Shindo, Toshitaka Yoshii, Shuta Ushio, Kazuo Kusano, Norihiko Miyake, Yoshiyasu Arai, Kazuyuki Otani, Atsushi Okawa, Osamu Nakai. Surgical outcomes of the thoracic ossification of ligamentum flavum: a retrospective analysis of 61 cases. BMC Musculoskelet Disord. 2021.01; 22 (1): 7. ( PubMed, DOI )

  91. Naoki Yamamoto, Takuya Oyaizu, Kazuyoshi Yagishita, Mitsuhiro Enomoto, Masaki Horie, Atsushi Okawa. Multiple and early hyperbaric oxygen treatments enhance muscle healing after muscle contusion injury: a pilot study. Undersea Hyperb Med. 2021; 48 (3): 227-238. ( PubMed )

  92. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara. Comparison of Perioperative Complications Between Anterior Fusion and Posterior Fusion for Osteoporotic Vertebral Fractures in Elderly Patients: Propensity Score-Matching Analysis Using Nationwide Inpatient Database. Clin Spine Surg. 2020.12; 33 (10): E586-E592. ( PubMed, DOI )

  93. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shuta Ushio, Jun Hashimoto, Kanji Mori, Satoshi Maki, Keiichi Katsumi, Narihito Nagoshi, Kazuhiro Takeuchi, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Soraya Nishimura, Kota Watanabe, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Kenyu Ito, Shiro Imagama, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Masahiko Watanabe, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Masashi Yamazaki, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Associations between Clinical Symptoms and Degree of Ossification in Patients with Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Prospective Multi-Institutional Cross-Sectional Study. J Clin Med. 2020.12; 9 (12): 4055. ( PubMed, DOI )

  94. Hideaki Nakajima, Shuji Watanabe, Kazuya Honjoh, Atsushi Okawa, Morio Matsumoto, Akihiko Matsumine. Expression Analysis of Susceptibility Genes for Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament of the Cervical Spine in Human OPLL-related Tissues and a Spinal Hyperostotic Mouse (ttw/ttw). Spine (Phila Pa 1976). 2020.11; 45 (22): E1460-E1468. ( PubMed, DOI )

  95. Hiroyuki Yokoyama, Takashi Hirai, Tetsuya Nagata, Mitsuhiro Enomoto, Hidetoshi Kaburagi, Li Leiyo, Takayuki Motoyoshi, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Takanori Yokota. DNA Microarray Analysis of Differential Gene Expression in the Dorsal Root Ganglia of Four Different Neuropathic Pain Mouse Models. J Pain Res. 2020.11; 13 3031-3043. ( PubMed, DOI )

  96. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara. Risk factors related to perioperative systemic complications and mortality in elderly patients with osteoporotic vertebral fractures-analysis of a large national inpatient database. J Orthop Surg Res. 2020.11; 15 (1): 518. ( PubMed, DOI )

  97. Hiroaki Onuma, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative risk factors for delirium in patients aged ≥75 years undergoing spinal surgery: a retrospective study. J Int Med Res. 2020.10; 48 (10): 300060520961212. ( PubMed, DOI )

  98. Yuki Miyano, Shigenori Kawabata, Miho Akaza, Kensuke Sekihara, Yuko Hoshino, Toru Sasaki, Taishi Watanabe, SukChan Kim, Shinji Sato, Yuki Mitani, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa. Visualization of electrical activity in the cervical spinal cord and nerve roots after ulnar nerve stimulation using magnetospinography. Clin Neurophysiol. 2020.10; 131 (10): 2460-2468. ( PubMed, DOI )

  99. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shoji Seki, Shunji Matsunaga, Atsushi Okawa. Comparison of Clinical and Radiographic Outcomes of Laminoplasty, Anterior Decompression With Fusion, and Posterior Decompression With Fusion for Degenerative Cervical Myelopathy: A Prospective Multicenter Study. Spine (Phila Pa 1976). 2020.10; 45 (20): E1342-E1348. ( PubMed, DOI )

  100. Takahisa Ogawa, Toshitaka Yoshii, Mutsuko Moriwaki, Shingo Morishita, Yoto Oh, Kazumasa Miyatake, Ara Nazarian, Koichiro Shiba, Atsushi Okawa, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara. Association between Hemiarthroplasty vs Total Hip Arthroplasty and Major Surgical Complications among Patients with Femoral Neck Fracture. J Clin Med. 2020.10; 9 (10): ( PubMed, DOI )

  101. Yutaka Kobayashi, Tomoyuki Tanaka, Mieradilli Mulati, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Philipp Kaldis, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. Cyclin-Dependent Kinase 1 Is Essential for Muscle Regeneration and Overload Muscle Fiber Hypertrophy. Front Cell Dev Biol. 2020.10; 8 564581. ( PubMed, DOI )

  102. Kawabata A, Yoshii T, Sakai K, Hirai T, Yuasa M, Inose H, Utagawa K, Hashimoto J, Matsukura Y, Tomori M, Torigoe I, Kusano K, Otani K, Mizuno K, Satoshi S, Kazuyuki F, Tomizawa S, Arai Y, Shindo S, Okawa A. Identification of Predictive Factors for Mechanical Complications After Adult Spinal Deformity Surgery: A Multi-Institutional Retrospective Study. Spine (Phila Pa 1976). 2020.09; 45 (17): 1185-1192. ( PubMed, DOI )

  103. Kanji Mori, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Narihito Nagoshi, Kazuhiro Takeuchi, Shuta Ushio, Akio Iwanami, Tsuyoshi Yamada, Shoji Seki, Takashi Tsuji, Kanehiro Fujiyoshi, Mitsuru Furukawa, Soraya Nishimura, Kanichiro Wada, Takeo Furuya, Yukihiro Matsuyama, Tomohiko Hasegawa, Katsushi Takeshita, Atsushi Kimura, Masahiko Abematsu, Hirotaka Haro, Tetsuro Ohba, Masahiko Watanabe, Hiroyuki Katoh, Kei Watanabe, Hiroshi Ozawa, Haruo Kanno, Shiro Imagama, Kei Ando, Shunsuke Fujibayashi, Masao Koda, Masashi Yamazaki, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. The characteristics of the patients with radiologically severe cervical ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine: A CT-based multicenter cross-sectional study. J Orthop Sci. 2020.09; 25 (5): 746-750. ( PubMed, DOI )

  104. Shunsuke Ohji, Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Hideyuki Koga, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno, Kazuyoshi Yagishita. The Gap Between Subjective Return to Sports and Subjective Athletic Performance Intensity After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction. Orthop J Sports Med. 2020.09; 8 (9): 2325967120947402. ( PubMed, DOI )

  105. Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Reiko Yamaguchi, Masanobu Hirao, Rui Nakahara, Atsushi Okawa. Remote rehabilitation for patients with COVID-19. J Rehabil Med. 2020.09; 52 (9): jrm00095. ( PubMed, DOI )

  106. Takumi Kaku, Yoto Oh, Shingo Sato, Hirotaka Koyanagi, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Nakagawa, Satoshi Miyake, Atsushi Okawa. Incidence of atypical femoral fractures in the treatment of bone metastasis: An alert report. J Bone Oncol. 2020.08; 23 100301. ( PubMed, DOI )

  107. Toshitaka Yoshii, Shingo Morishita, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Atsushi Okawa, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara. Comparison of Perioperative Complications in Anterior Decompression With Fusion and Posterior Decompression With Fusion for Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: Propensity Score Matching Analysis Using a Nation-Wide Inpatient Database. Spine (Phila Pa 1976). 2020.08; 45 (16): E1006-E1012. ( PubMed, DOI )

  108. Yoto Oh, Kouhei Yamamoto, Jun Hashimoto, Koji Fujita, Toshitaka Yoshii, Kazuyuki Fukushima, Yoshiro Kurosa, Yoshiaki Wakabayashi, Masanobu Kitagawa, Atsushi Okawa. Biological activity is not suppressed in mid-shaft stress fracture of the bowed femoral shaft unlike in "typical" atypical subtrochanteric femoral fracture: A proposed theory of atypical femoral fracture subtypes. Bone. 2020.08; 137 115453. ( PubMed, DOI )

  109. Keiko Hayakawa, Seiichi Matsumoto, Keisuke Ae, Taisuke Tanizawa, Yuki Funauchi, Yusuke Minami, Masanori Saito, Atsushi Okawa. Definitive surgery of primary lesion should be prioritized over preoperative chemotherapy to treat high-grade osteosarcoma in patients aged 41-65 years. J Orthop Traumatol. 2020.08; 21 (1): 13. ( PubMed, DOI )

  110. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shoichi Ichimura, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Risk Factors of Nonunion After Acute Osteoporotic Vertebral Fractures: A Prospective Multicenter Cohort Study. Spine. 2020.07; 45 (13): 895-902. ( PubMed, DOI )

  111. Toshitaka Yoshii, Shoji Tomizawa, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada, Kenichiro Sakai, Shuta Ushio, Satoru Egawa, Masato Yuasa, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Surgical Outcomes in Selective Laminectomy and Conventional Double-Door Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy. Orthopedics. 2020.07; 43 (4): e311-e315. ( PubMed, DOI )

  112. Tomoyuki Kuroiwa, Akimoto Nimura, Yu Takahashi, Toru Sasaki, Takafumi Koyama, Atsushi Okawa, Koji Fujita. Device Development for Detecting Thumb Opposition Impairment Using Carbon Nanotube-Based Strain Sensors. Sensors (Basel). 2020.07; 20 (14): ( PubMed, DOI )

  113. Toru Sasaki, Koji Makino, Akimoto Nimura, Shiro Suzuki, Tomoyuki Kuroiwa, Takafumi Koyama, Atsushi Okawa, Hidetsugu Terada, Koji Fujita. Assessment of grip-motion characteristics in carpal tunnel syndrome patients using a novel finger grip dynamometer system. J Orthop Surg Res. 2020.07; 15 (1): 245. ( PubMed, DOI )

  114. Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Atsushi Okawa, Kenji Wakabayashi, Hidenobu Shigemitsu. The Safety and Effect of Early Mobilization in the Intensive Care Unit According to Cancellation Criteria. Prog Rehabil Med. 2020.07; 5 20200016. ( PubMed, DOI )

  115. Koji Fujita, Hirotaka Iijima, Ryo Eguchi, Tomoyuki Kuroiwa, Toru Sasaki, Yukihiro Yokoyama, Takafumi Koyama, Akimoto Nimura, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa, Masaki Takahashi. Gait analysis of patients with distal radius fracture by using a novel laser Timed Up-and-Go system. Gait Posture. 2020.07; 80 223-227. ( PubMed, DOI )

  116. Yamamoto Naoki, Oyaizu Takuya, Yagishita Kazuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Horie Masaki, Ohara Toshiyuki, Shioda Mikio, Takada Ryohei, Okawa Atsushi. Hyperbaric Oxygen Therapy Promotes Muscle Recovery After Contusion Injury Via Angiogenesis By Reactive Nitrogen Species MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE. 2020.07; 52 (17): 929.

  117. Kyohei Sakaki, Yuko Hoshino, Shigenori Kawabata, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Senichi Ishii, Masaki Tomori, Shoji Tomizawa, Mitsuhiro Enomoto, Atsushi Okawa. Evaluation of neural activity by magnetospinography with 3D sensors. Clin Neurophysiol. 2020.06; 131 (6): 1252-1266. ( PubMed, DOI )

  118. Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Yasuyuki Shiraishi, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shoji Seki, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shunji Matsunaga, Atsushi Okawa. Effectiveness of Surgical Treatment for Degenerative Cervical Myelopathy in Preventing Falls and Fall-related Neurological Deterioration: A Prospective Multi-institutional Study. Spine (Phila Pa 1976). 2020.06; 45 (11): E631-E638. ( PubMed, DOI )

  119. Atsuyuki Kawabata, Takashi Hirai, Ryo Tohara, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Hirotaka Koyanagi, Shingo Sato, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsushi Okawa, Toshitaka Yoshii. Surgical stabilization of spinal metastasis in diffuse idiopathic skeletal hyperostosis ("Mets-on-DISH"): Two case reports. Medicine (Baltimore). 2020.05; 99 (22): e20397. ( PubMed, DOI )

  120. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Portable imageless navigation system and surgeon's estimate for accurate evaluation of acetabular cup orientation during total hip arthroplasty in supine position. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2020.05; 30 (4): 707-712. ( PubMed, DOI )

  121. Leyang Li, Hiroyuki Yokoyama, Hidetoshi Kaburagi, Takashi Hirai, Kunikazu Tsuji, Mitsuhiro Enomoto, Yoshiaki Wakabayashi, Atsushi Okawa. Remnant neuromuscular junctions in denervated muscles contribute to functional recovery in delayed peripheral nerve repair. Neural Regen Res. 2020.04; 15 (4): 731-738. ( PubMed, DOI )

  122. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Miho Akaza, Isamu Ozaki, Koji Fujita, Akimoto Nimura, Toshitaka Yoshii, Yuki Miyano, Yuki Mitani, Taishi Watanabe, Shinji Sato, Sukchan Kim, Atsushi Okawa. Visualization of electrophysiological activity at the carpal tunnel area using magnetoneurography. Clin Neurophysiol. 2020.04; 131 (4): 951-957. ( PubMed, DOI )

  123. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. To The Editor. Spine (Phila Pa 1976). 2020.04; 45 (7): E415-E416. ( PubMed, DOI )

  124. Atsuyuki Kawabata, Akimoto Nimura, Koji Fujita, Senichi Ishii, Atsushi Okawa. Locking of the Distal Radioulnar Joint Caused by Dorsal Tear of the Triangular Fibrocartilage Complex: A Case Report. JBJS Case Connect. 2020.04; 10 (2): e0143. ( PubMed, DOI )

  125. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara. Comparison of Perioperative Complications Between Anterior Decompression With Fusion and Laminoplasty For Cervical Spondylotic Myelopathy: Propensity Score-matching Analysis Using Japanese Diagnosis Procedure Combination Database. Clin Spine Surg. 2020.04; 33 (3): E101-E107. ( PubMed, DOI )

  126. Satoru Egawa, Keigo Hirai, Rempei Matsumoto, Toshitaka Yoshii, Masato Yuasa, Atsushi Okawa, Ken Sugo, Shinichi Sotome. Efficacy of Antibiotic-Loaded Hydroxyapatite/Collagen Composites Is Dependent on Adsorbability for Treating Staphylococcus aureus Osteomyelitis in Rats. J Orthop Res. 2020.04; 38 (4): 843-851. ( PubMed, DOI )

  127. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shuta Ushio, Kanji Mori, Satoshi Maki, Keiichi Katsumi, Narihito Nagoshi, Kazuhiro Takeuchi, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Kota Watanabe, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Kenyu Ito, Shiro Imagama, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Masahiko Watanabe, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Clinical characteristics in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament: A prospective multi-institutional cross-sectional study. Sci Rep. 2020.03; 10 (1): 5532. ( PubMed, DOI )

  128. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Shuta Ushio, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai, Shigenori Kawabata, Shigeo Shindo, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Increased Height of Fused Segments Contributes to Early-Phase Strut Subsidence after Anterior Cervical Corpectomy with Fusion for Multilevel Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. Spine Surg Relat Res. 2020.03; 4 (4): 294-299. ( PubMed, DOI )

  129. Satoshi Sumiya, Fujiki Numano, Takahisa Ogawa, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiromichi Komori. Accuracy of pedicle screw insertion for unilateral open transforaminal lumbar interbody fusion: a side-by-side comparison of percutaneous and conventional open techniques in the same patients. BMC Musculoskelet Disord. 2020.03; 21 (1): 168. ( PubMed, DOI )

  130. Yutaka Kobayashi, Hiroyuki Inose, Shuta Ushio, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Body Mass Index and Modified Glasgow Prognostic Score Are Useful Predictors of Surgical Site Infection After Spinal Instrumentation Surgery: A Consecutive Series. Spine. 2020.02; 45 (3): E148-E154. ( PubMed, DOI )

  131. Kei Ando, Shiro Imagama, Takashi Kaito, Shota Takenaka, Kenichiro Sakai, Satoru Egawa, Shigeo Shindo, Kota Watanabe, Nobuyuki Fujita, Morio Matsumoto, Hideaki Nakashima, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Kazuhiro Takeuchi, Masahiko Takahata, Masao Koda, Masashi Yamazaki, Masahiko Watanabe, Shunsuke Fujibayashi, Takeo Furuya, Yoshiharu Kawaguchi, Yukihiro Matsuyama, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Outcomes of Surgery for Thoracic Myelopathy Owing to Thoracic Ossification of The Ligamentum Flavum in a Nationwide Multicenter Prospectively Collected Study in 223 Patients: Is Instrumented Fusion Necessary? Spine(Phila Pa1976). 2020.02; 45 (3): E170-E178. ( PubMed, DOI )

  132. Naoki Yamamoto, Takuya Oyaizu, Mitsuhiro Enomoto, Masaki Horie, Masato Yuasa, Atsushi Okawa, Kazuyoshi Yagishita. VEGF and bFGF induction by nitric oxide is associated with hyperbaric oxygen-induced angiogenesis and muscle regeneration. Sci Rep. 2020.02; 10 (1): 2744. ( PubMed, DOI )

  133. Hiroyuki Katoh, Eijiro Okada, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Yamada, Kei Watanabe, Keiichi Katsumi, Akihiko Hiyama, Yukihiro Nakagawa, Motohiro Okada, Teruaki Endo, Kazuhiro Takeuchi, Shunji Matsunaga, Keishi Maruo, Kenichiro Sakai, Sho Kobayashi, Tetsuro Ohba, Kanichiro Wada, Junichi Ohya, Kanji Mori, Mikito Tsushima, Hirosuke Nishimura, Takashi Tsuji, Kota Watanabe, Morio Matsumoto, Atsushi Okawa, Masahiko Watanabe. A Comparison of Cervical and Thoracolumbar Fractures Associated with Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis-A Nationwide Multicenter Study. J Clin Med. 2020.01; 9 (1): ( PubMed, DOI )

  134. Mieradili Mulati, Yutaka Kobayashi, Akira Takahashi, Hoashi Numata, Masanori Saito, Yuichi Hiraoka, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Yoichi Ezura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. The long noncoding RNA Crnde regulates osteoblast proliferation through the Wnt/β-catenin signaling pathway in mice. Bone. 2020.01; 130 115076. ( PubMed, DOI )

  135. Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Postoperative lymphocyte percentage and neutrophil-lymphocyte ratio are useful markers for the early prediction of surgical site infection in spinal decompression surgery. J Orthop Surg (Hong Kong). 2020.01; 28 (2): 2309499020918402. ( PubMed, DOI )

  136. Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Takashi Hirai, Takashi Kaito, Kanji Mori, Masao Koda, Hirotaka Chikuda, Tomohiko Hasegawa, Shiro Imagama, Masahiro Yoshida, Motoki Iwasaki, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. A systematic review and meta-analysis comparing anterior decompression with fusion and posterior laminoplasty for cervical ossification of the posterior longitudinal ligament. J Orthop Sci. 2020.01; 25 (1): 58-65. ( PubMed, DOI )

  137. Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Procalcitonin and Neutrophil Lymphocyte Ratio After Spinal Instrumentation Surgery. Spine(Phila pa 1976) . 2019.12; 44 (23): E1356-E1361. ( PubMed, DOI )

  138. Taishi Watanabe, Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Shuta Ushio, Toru Sasaki, Yuki Miyano, Isamu Ozaki, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. Novel functional imaging technique for the brachial plexus based on magnetoneurography. Clin Neurophysiol. 2019.11; 130 (11): 2114-2123. ( PubMed, DOI )

  139. Naofumi Taniguchi, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Satoshi Ochiai, Atsushi Okawa, Hirotaka Haro. Comparative study of stem anteversion using a cementless tapered wedge stem in dysplastic hips between the posterolateral and anterolateral approaches. Orthop Traumatol Surg Res. 2019.11; 105 (7): 1271-1276. ( PubMed, DOI )

  140. Atsuhiro Tano, Yoto Oh, Kazuyuki Fukushima, Yoshiro Kurosa, Yoshiaki Wakabayashi, Koji Fujita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Potential bone fragility of mid-shaft atypical femoral fracture: Biomechanical analysis by a CT-based nonlinear finite element method. Injury. 2019.11; 50 (11): 1876-1882. ( PubMed, DOI )

  141. Yoto Oh, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Ankle arthrodesis using a modified Masquelet induced membrane technique for open ankle fracture with a substantial osteochondral defect: A case report of novel surgical technique. Injury. 2019.11; 50 (11): 2128-2135. ( PubMed, DOI )

  142. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Shuta Ushio, Hiroaki Onuma, Keigo Hirai, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Kenichiro Sakai, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Is Modified K-line a Powerful Tool of Surgical Decision Making for Patients With Cervical Spondylotic Myelopathy? Clin Spine Surg. 2019.11; 32 (9): 351-356. ( PubMed, DOI )

  143. Masato Yuasa, Masanori Saito, Deke M Blum, Alexander A Hysong, Satoru Egawa, Sasidhar Uppuganti, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Herbert S Schwartz, Stephanie N Moore-Lotridge, Jeffry S Nyman, Jonathan G Schoenecker. The Size of Intramedullary Fixation Affects Endochondral-Mediated Angiogenesis During Fracture Repair. J Orthop Trauma. 2019.10; 33 (10): e385-e393. ( PubMed, DOI )

  144. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Shuta Ushio, Takashi Taniyama, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Kenichiro Sakai, Shigeo Shindo, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Surgical outcomes for distal-type cervical spondylotic amyotrophy: a multicenter retrospective analysis of 43 cases. Eur Spine J. 2019.10; 28 (10): 2333-2341. ( PubMed, DOI )

  145. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Takahiro Tanimoto, Shuta Ushio, Shinichi Sasaki, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Atsushi Okawa. Thoracic myelopathy caused by an extremely rare aberrant epidural ligament: A case report. Medicine (Baltimore). 2019.10; 98 (41): e17344. ( PubMed, DOI )

  146. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Kazuyoshi Yagishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Supine versus lateral position for accurate positioning of acetabular cup in total hip arthroplasty using the modified Watson-Jones approach: A randomized single-blind controlled trial. Orthop Traumatol Surg Res. 2019.09; 105 (5): 915-922. ( PubMed, DOI )

  147. Tomoyuki Kuroiwa, Akimoto Nimura, Shiro Suzuki, Toru Sasaki, Atsushi Okawa, Koji Fujita. Measurement of thumb pronation and palmar abduction angles with a small motion sensor: a comparison with Kapandji scores. J Hand Surg Eur Vol. 2019.09; 44 (7): 728-733. ( PubMed, DOI )

  148. Eijiro Okada, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Yamada, Kei Watanabe, Keiichi Katsumi, Akihiko Hiyama, Masahiko Watanabe, Yukihiro Nakagawa, Motohiro Okada, Teruaki Endo, Yasuyuki Shiraishi, Kazuhiro Takeuchi, Shunji Matsunaga, Keishi Maruo, Kenichiro Sakai, Sho Kobayashi, Tetsuro Ohba, Kanichiro Wada, Junichi Ohya, Kanji Mori, Mikito Tsushima, Hirosuke Nishimura, Takashi Tsuji, Atsushi Okawa, Morio Matsumoto, Kota Watanabe. Spinal fractures in patients with Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis:A nationwide multi-institution survey. J Orthop Sci. 2019.07; 24 (4): 601-606. ( PubMed, DOI )

  149. Tsuyoshi Yamada, Ichiro Torigoe, Kenichiro Sakai, Atsushi Okawa, Yoshiyasu Arai. Contiguous Multilevel Thoracic Ossification of Ligamentum Flavum in a Young Adult Spine. Case Rep Orthop. 2019.07; 2019 1640485. ( PubMed, DOI )

  150. Inose H., Kato T., Okawa A.. A PROSPECTIVE, RANDOMIZED MULTICENTER STUDY COMPARING RIGID- AND SOFT-BRACE TREATMENT FOR ACUTE OSTEOPOROTIC VERTEBRAL COMPRESSION FRACTURE OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL. 2019.07; 30 S316.

  151. Tomoyuki Kuroiwa, Megumi Matsumoto, Ryuji Kato, Akimoto Nimura, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Koji Fujita. Activation of cancer-related and mitogen-activated protein kinase signaling pathways in human mature osteoblasts isolated from patients with type 2 diabetes. Bone Rep. 2019.06; 10 100199. ( PubMed, DOI )

  152. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Shoji Tomizawa, Kyohei Sakaki, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Cervical Spinal Cord Injury Associated With Neck Flexion in Posterior Cervical Decompression. Clin Spine Surg. 2019.06; 32 (5): E221-E227. ( PubMed, DOI )

  153. Fujita Koji, Iijima Hirotaka, Okumura Atushi, Yao Yosuke, Nimura Akimoto, Kato Ryuichi, Okawa Atsushi, Takahashi Masaki. Gait Analysis Of Patients With Distal Radius Fracture Using A Novel Laser-tug System MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE. 2019.06; 51 (6): 703.

  154. Chisato Hoshino, Daisuke Koga, Gaku Koyano, Yuki Yamauchi, Tomoko Sakai, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Femoral nerve palsy following primary total hip arthroplasty with the direct anterior approach. PLoS ONE. 2019.05; 14 (5): e0217068. ( PubMed, DOI )

  155. Fujita K., Kaburagi H., Nimura A., Miyamoto T., Wakabayashi Y., Seki Y., Aoyama H., Shimura H., Kato R., Okawa A.. Lower grip strength and dynamic body balance in women with distal radial fractures OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL. 2019.05; 30 (5): 949-956. ( PubMed, DOI )

  156. Shuta Ushio, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masahito Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative Risk Factors for Adjacent Segment Degeneration after Two-Level Floating Posterior Fusion at L3-L5. Spine Surg Relat Res. 2019.04; 4 (1): 43-49. ( PubMed, DOI )

  157. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara. Perioperative complications of anterior decompression with fusion versus laminoplasty for the treatment of cervical ossification of the posterior longitudinal ligament: propensity score matching analysis using a nation-wide inpatient database. Spine J. 2019.04; 19 (4): 610-616. ( PubMed, DOI )

  158. Koji Fujita, Kenji Kimori, Akimoto Nimura, Atsushi Okawa, Yoshikazu Ikuta. MRI analysis of carpal tunnel syndrome in hemodialysis patients versus non-hemodialysis patients: a multicenter case-control study. J Orthop Surg Res. 2019.03; 14 (1): 91. ( PubMed, DOI )

  159. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Kyohei Sakaki, Hiroyuki Inose, Ichiro Torigoe, Kenichiro Sakai, Atsushi Okawa, Yoshiyasu Arai. Retrospective analysis of surgical outcomes for atlantoaxial subluxation. J Orthop Surg Res. 2019.03; 14 (1): 75. ( PubMed, DOI )

  160. Sopak Supakul, Kenta Yao, Hiroki Ochi, Tomohito Shimada, Kyoko Hashimoto, Satoko Sunamura, Yo Mabuchi, Miwa Tanaka, Chihiro Akazawa, Takuro Nakamura, Atsushi Okawa, Shu Takeda, Shingo Sato. Pericytes as a Source of Osteogenic Cells in Bone Fracture Healing. Int J Mol Sci. 2019.03; 20 (5): ( PubMed, DOI )

  161. Fujita K., Kaburagi H., Nimura A., Miyamoto T., Wakabayashi Y., Seki Y., Aoyama H., Shimura H., Kato R., Okawa A.. Lower grip strength and dynamic body balance in women with distal radial fractures (vol 30, 2019) OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL. 2019.03; 30 (3): 697. ( PubMed, DOI )

  162. Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Shoichi Ichimura, Yasuaki Tokuhashi, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Hirotaka Haro, Tetsuro Ohba, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Ukihide Tateishi, Makoto Tomita, Ryuichi Takemasa, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Comparison of Rigid and Soft-Brace Treatments for Acute Osteoporotic Vertebral Compression Fracture: A Prospective, Randomized, Multicenter Study. J Clin Med. 2019.02; 8 (2): ( PubMed, DOI )

  163. Yoto Oh, Yoshiro Kurosa, Atsushi Okawa. Staged internal plate fixation of severe lower extremity fractures that use a temporary external fixator for the initial treatment as an intraoperative retention tool: a technical note. Arch Orthop Trauma Surg. 2019.01; 139 (1): 53-59. ( PubMed, DOI )

  164. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Akio Iwanami, Narihito Nagoshi, Kazuhiro Takeuchi, Kanji Mori, Tsuyoshi Yamada, Shoji Seki, Takashi Tsuji, Kanehiro Fujiyoshi, Mitsuru Furukawa, Soraya Nishimura, Kanichiro Wada, Masao Koda, Takeo Furuya, Yukihiro Matsuyama, Tomohiko Hasegawa, Katsushi Takeshita, Atsushi Kimura, Masahiko Abematsu, Hirotaka Haro, Tetsuro Ohba, Masahiko Watanabe, Hiroyuki Katoh, Kei Watanabe, Hiroshi Ozawa, Haruo Kanno, Shiro Imagama, Kei Ando, Shunsuke Fujibayashi, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Co-existence of ossification of the nuchal ligament is associated with severity of ossification in the whole spine in patients with cervical ossification of the posterior longitudinal ligament -A multi-center CT study. J Orthop Sci. 2019.01; 24 (1): 35-41. ( PubMed, DOI )

  165. Shuta Ushio, Yuko Hoshino, Shigenori Kawabata, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Satoshi Sumiya, Dai Ukegawa, Kyohei Sakaki, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Atsushi Okawa. Visualization of the electrical activity of the cauda equina using a magnetospinography system in healthy subjects. Clin Neurophysiol. 2019.01; 130 (1): 1-11. ( PubMed, DOI )

  166. Takashi Hirai, Takashi Taniyama, Toshitaka Yoshii, Koichi Mizuno, Mikio Okamoto, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Kazuyuki Otani, Shigeo Shindo, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Clinical Outcomes of Surgical Treatment for Arachnoid Web: A Case Series. Spine Surg Relat Res. 2019.01; 3 (1): 43-48. ( PubMed, DOI )

  167. Shiro Imagama, Kei Ando, Kazuhiro Takeuchi, Satoshi Kato, Hideki Murakami, Toshimi Aizawa, Hiroshi Ozawa, Tomohiko Hasegawa, Yukihiro Matsuyama, Masao Koda, Masashi Yamazaki, Hirotaka Chikuda, Shigeo Shindo, Yukihiro Nakagawa, Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Kanichiro Wada, Hiroyuki Katoh, Masahiko Watanabe, Kei Yamada, Takeo Furuya, Takashi Tsuji, Shunsuke Fujibayashi, Kanji Mori, Yoshiharu Kawaguchi, Kota Watanabe, Morio Matsumoto, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Perioperative Complications After Surgery for Thoracic Ossification of Posterior Longitudinal Ligament: A Nationwide Multicenter Prospective Study. Spine. 2018.12; 43 (23): E1389-E1397. ( PubMed, DOI )

  168. Akira Takahashi, Mieradili Mulati, Masanori Saito, Hoashi Numata, Yutaka Kobayashi, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Philipp Kaldis, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. Loss of cyclin-dependent kinase 1 impairs bone formation, but does not affect the bone-anabolic effects of parathyroid hormone. J. Biol. Chem.. 2018.12; 293 (50): 19387-19399. ( PubMed, DOI )

  169. Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Clinical and radiologic outcomes of bone grafted and non-bone grafted double-door laminoplasty, the modified Kirita-Miyazaki method, for treatment of cervical spondylotic myelopathy: Five-year follow-up. J Orthop Sci. 2018.11; 23 (6): 923-928. ( PubMed, DOI )

  170. Reiko Yamaguchi, Akimoto Nimura, Kentaro Amaha, Kumiko Yamaguchi, Yuko Segawa, Atsushi Okawa, Keiichi Akita. Anatomy of the Tarsal Canal and Sinus in Relation to the Subtalar Joint Capsule. Foot Ankle Int. 2018.11; 39 (11): 1360-1369. ( PubMed, DOI )

  171. Tomoyuki Kuroiwa, Koji Fujita, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Toru Sasaki, Atsushi Okawa. A new method of measuring the thumb pronation and palmar abduction angles during opposition movement using a three-axis gyroscope. J Orthop Surg Res. 2018.11; 13 (1): 288. ( PubMed, DOI )

  172. Soraya Nishimura, Narihito Nagoshi, Akio Iwanami, Ayano Takeuchi, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Kazuhiro Takeuchi, Kanji Mori, Tsuyoshi Yamada, Shoji Seki, Takashi Tsuji, Kanehiro Fujiyoshi, Mitsuru Furukawa, Kanichiro Wada, Masao Koda, Takeo Furuya, Yukihiro Matsuyama, Tomohiko Hasegawa, Katsushi Takeshita, Atsushi Kimura, Masahiko Abematsu, Hirotaka Haro, Tetsuro Ohba, Masahiko Watanabe, Hiroyuki Katoh, Kei Watanabe, Hiroshi Ozawa, Haruo Kanno, Shiro Imagama, Kei Ando, Shunsuke Fujibayashi, Masashi Yamazaki, Kota Watanabe, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi, . Prevalence and Distribution of Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis on Whole-spine Computed Tomography in Patients With Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Multicenter Study. Clin Spine Surg. 2018.11; 31 (9): E460-E465. ( PubMed, DOI )

  173. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Akimasa Kimura, Daisuke Koga, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Direct anterior versus anterolateral approach in one-stage supine total hip arthroplasty. Focused on nerve injury: A prospective, randomized, controlled trial. J Orthop Sci. 2018.09; 23 (5): 783-787. ( PubMed, DOI )

  174. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Hidetsugu Maehara, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Comparison of Decompression, Decompression Plus Fusion, and Decompression Plus Stabilization for Degenerative Spondylolisthesis: A Prospective, Randomized Study. Clin Spine Surg. 2018.08; 31 (7): E347-E352. ( PubMed, DOI )

  175. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Kenichiro Sakai, Shuta Ushio, Satoru Egawa, Masato Yuasa, Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. A Prospective Comparative Study in Skin Antiseptic Solutions for Posterior Spine Surgeries: Chlorhexidine-Gluconate Ethanol Versus Povidone-Iodine. Clin Spine Surg. 2018.08; 31 (7): E353-E356. ( PubMed, DOI )

  176. Shingo Morishita, Yoshiyasu Arai, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Atsushi Okawa. Lumbar epidural lipomatosis is associated with visceral fat and metabolic disorders. Eur Spine J. 2018.07; 27 (7): 1653-1661. ( PubMed, DOI )

  177. Sato Tetsuya, Nimura Akimoto, Yamaguchi Reiko, Fujita Koji, Okawa Atsushi, Akita Keiichi. Intramuscular Tendon of the Adductor Pollicis and Underlying Capsule of the Metacarpophalangeal Joint: An Anatomical Study With Possible Implications for the Stener Lesion. J Hand Surg Am. 2018.07; 43 (7): 682.e1-682.e8. ( PubMed, DOI )

  178. Hirai T, Yoshii T, Inose H, Yamada T, Yuasa M, Ushio S, Egawa S, Hirai K, Okawa A.. Revision Surgery for Short Segment Fusion Influences Postoperative Low Back Pain and Lower Extremity Pain: A Retrospective Single-Center Study of Patient-Based Evaluation. Spine. Surg. Related Res.. 2018.07; 2 (3): 215-220.

  179. Kiyotaka Horiuchi, Tsuyoshi Yamada, Kenichiro Sakai, Atsushi Okawa, Yoshiyasu Arai. Hemorrhagic Sudden Onset of Spinal Epidural Angiolipoma. Case Rep Orthop. 2018.07; 2018 5231931. ( PubMed, DOI )

  180. Takashi Hirai, Takashi Taniyama, Toshitaka Yoshii, Koichi Mizuno, Mikio Okamoto, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Kazuyuki Otani, Shigeo Shindo, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Clinical Outcomes of Surgical Treatment for Arachnoid Web: A Case Series Spine Surgery and Related Research. 2018.07; 3 (1): 43-48. ( DOI )

  181. Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Satoshi Sumiya, Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Yamada, Mitsuhiro Enomoto, Atsushi Okawa. A multi-train electrical stimulation protocol facilitates transcranial electrical motor evoked potentials and increases induction rate and reproducibility even in patients with preoperative neurological deficits. J Clin Monit Comput. 2018.06; 32 (3): 549-558. ( PubMed, DOI )

  182. Jin Guangwen, Aobulikasim Alkebaier, Piao Jinying, Aibibula Zulipiya, Koga Daisuke, Ochi Hiroki, Ishiyama Kirika, Kanno Taro, Niwano Yoshimi, Okawa Atsushi, Asou Yoshinori. プロアントシアニジンが豊富なブドウ種子抽出物はエストロゲン欠乏で誘発される代謝異常を予防する(Proanthocyanidin-rich grape seed extract prevent estrogen deficiency-induced metabolic disorders) Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.06; 65 (2): 45-50. ( 医中誌 )

  183. Masato Yuasa, Masanori Saito, Cesar Molina, Stephanie N Moore-Lotridge, Michael A Benvenuti, Nicholas A Mignemi, Atsushi Okawa, Toshitaka Yoshii, Herbert S Schwartz, Jeffry S Nyman, Jonathan G Schoenecker. Unexpected timely fracture union in matrix metalloproteinase 9 deficient mice. PLoS ONE. 2018.05; 13 (5): e0198088. ( PubMed, DOI )

  184. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Yuki Yamauchi, Daisuke Koga, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Longitudinal morphological change of acetabular subchondral bone cyst after total hip arthroplasty in developmental dysplasia of the hip. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2018.05; 28 (4): 621-625. ( PubMed, DOI )

  185. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Koji Fujita, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Miho Akaza, Isamu Ozaki, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Takumi Yamaga, Atsushi Okawa. T112. Visualization of electrical activities in the carpal tunnel area by magnetoneurography of median nerve Clinical Neurophysiology. 2018.05; 129 e45-e46.

  186. Taniguchi N., Jinno T., Takada R., Koga D., Ando T., Okawa A., Haro H.. Do screws and screw holes affect osteolysis in cementless cups using highly crosslinked polyethylene? A 7 to 10-year follow-up case-control study Orthop Traumatol Surg Res. 2018.05; 104 (3): 307-315. ( PubMed, DOI )

  187. Guangwen Jin, Yoshinori Asou, Kirika Ishiyama, Atsushi Okawa, Taro Kanno, Yoshimi Niwano. Proanthocyanidin-Rich Grape Seed Extract Modulates Intestinal Microbiota in Ovariectomized Mice. J. Food Sci.. 2018.04; 83 (4): 1149-1152. ( PubMed, DOI )

  188. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Narihito Nagoshi, Kazuhiro Takeuchi, Kanji Mori, Shuta Ushio, Akio Iwanami, Tsuyoshi Yamada, Shoji Seki, Takashi Tsuji, Kanehiro Fujiyoshi, Mitsuru Furukawa, Soraya Nishimura, Kanichiro Wada, Takeo Furuya, Yukihiro Matsuyama, Tomohiko Hasegawa, Katsushi Takeshita, Atsushi Kimura, Masahiko Abematsu, Hirotaka Haro, Tetsuro Ohba, Masahiko Watanabe, Hiroyuki Katoh, Kei Watanabe, Hiroshi Ozawa, Haruo Kanno, Shiro Imagama, Kei Ando, Shunsuke Fujibayashi, Masao Koda, Masashi Yamazaki, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Distribution of ossified spinal lesions in patients with severe ossification of the posterior longitudinal ligament and prediction of ossification at each segment based on the cervical OP index classification: a multicenter study (JOSL CT study). BMC Musculoskelet Disord. 2018.04; 19 (1): 107. ( PubMed, DOI )

  189. Miura Yugo, Fujita Koji, Nimura Akimoto, Miyamoto Takashi, Wakabayashi Yoshiaki, Okawa Atsushi. Successful Reconstruction of a Traumatic Complete Femoral Nerve Rupture with a Sural Nerve Cable Graft: A Case Report. JBJS Case Connect. 2018.04; 8 (2): e24. ( PubMed, DOI )

  190. Amano Eiichiro, Ozaki Kokoro, Egawa Satoru, Suzuki Motohiro, Hirai Takashi, Ishibashi Satoru, Ohkubo Takuya, Yoshii Toshitaka, Okawa Atsushi, Yokota Takanori. Dynamic spinal compression revealed by computed tomography myelography in overshunting-associated myelopathy: A case report. Medicine (Baltimore). 2018.03; 97 (10): e0082. ( PubMed, DOI )

  191. Yamada Tsuyoshi, Yoshii Toshitaka, Yamamoto Naoki, Hirai Takashi, Inose Hiroyuki, Okawa Atsushi. Surgical outcomes for lumbar spinal canal stenosis with coexisting cervical stenosis (tandem spinal stenosis): a retrospective analysis of 565 cases. J Orthop Surg Res. 2018.03; 13 (1): 60. ( PubMed, DOI )

  192. Inose H, Yamada T, Hirai T, Yoshii T, Abe Y, Okawa A.. The impact of sarcopenia on the results of lumbar spinal surgery. Osteoporosis and Sarcopenia. 2018.03; 4 (1): 33-36. ( PubMed )

  193. Takuma Wakasugi, Ritsuro Shirasaka, Toshiyuki Kawauchi, Koji Fujita, Atsushi Okawa. Complications of Intramedullary Fixation for Distal Radius Fractures in Elderly Patients: A Retrospective Analysis Using McKay's Complication Checklist. J Hand Surg Asian Pac Vol. 2018.03; 23 (1): 71-75. ( PubMed, DOI )

  194. Guangwen Jin, Alkebaier Aobulikasimu, Jinying Piao, Zulipiya Aibibula, Daisuke Koga, Shingo Sato, Hiroki Ochi, Kunikazu Tsuji, Tetsuo Nakabayashi, Toshio Miyata, Atsushi Okawa, Yoshinori Asou. A small-molecule PAI-1 inhibitor prevents bone loss by stimulating bone formation in a murine estrogen deficiency-induced osteoporosis model. FEBS Open Bio. 2018.02; 8 (4): 523-532. ( PubMed, DOI )

  195. Yamada Tsuyoshi, Yoshii Toshitaka, Yamamoto Naoki, Hirai Takashi, Inose Hiroyuki, Kato Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi. Clinical Outcomes of Cervical Spinal Surgery for Cervical Myelopathic Patients With Coexisting Lumbar Spinal Canal Stenosis (Tandem Spinal Stenosis): A Retrospective Analysis of 297 Cases. Spine (Phila Pa 1976). 2018.02; 43 (4): E234-E241. ( PubMed, DOI )

  196. Kyoko Hashimoto, Hiroki Ochi, Satoko Sunamura, Nobuyoshi Kosaka, Yo Mabuchi, Toru Fukuda, Kenta Yao, Hiroaki Kanda, Keisuke Ae, Atsushi Okawa, Chihiro Akazawa, Takahiro Ochiya, Mitsuru Futakuchi, Shu Takeda, Shingo Sato. Cancer-secreted hsa-miR-940 induces an osteoblastic phenotype in the bone metastatic microenvironment via targeting ARHGAP1 and FAM134A. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2018.02; 115 (9): 2204-2209. ( PubMed, DOI )

  197. Wei Xuetao, Egawa Satoru, Matsumoto Renpei, Yasuda Hiroaki, Hirai Keigo, Yoshii Toshitaka, Okawa Atsushi, Nakajima Takehiko, Sotome Shinichi. Augmentation of fracture healing by hydroxyapatite/collagen paste and bone morphogenetic protein-2 evaluated using a rat femur osteotomy model. J Orthop Res. 2018.01; 36 (1): 129-137. ( PubMed, DOI )

  198. Kimura Atsushi, Takeshita Katsushi, Inoue Hirokazu, Seichi Atsushi, Kawasaki Yosuke, Yoshii Toshitaka, Inose Hiroyuki, Furuya Takeo, Takeuchi Kazuhiro, Matsunaga Shunji, Seki Shoji, Tsushima Mikito, Imagama Shiro, Koda Masao, Yamazaki Masashi, Mori Kanji, Nishimura Hirosuke, Endo Kenji, Yamada Kei, Sato Kimiaki, Okawa Atsushi. The 25-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts the risk of recurrent falls in postoperative patients with cervical myelopathy. J Orthop Sci. 2018.01; 23 (1): 185-189. ( PubMed, DOI )

  199. Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Sakai Kenichiro, Inose Hiroyuki, Yamada Tsuyoshi, Kato Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Arai Yoshiyasu, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. Long-term results of a prospective study of anterior decompression with fusion and posterior decompression with laminoplasty for treatment of cervical spondylotic myelopathy. J Orthop Sci. 2018.01; 23 (1): 32-38. ( PubMed, DOI )

  200. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada, Mieradili Mulati, Takashi Hirai, Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Bone Turnover Markers as a New Predicting Factor for Nonunion After Spinal Fusion Surgery. Spine. 2018.01; 43 (1): E29-E34. ( PubMed, DOI )

  201. Oyaizu Takuya, Enomoto Mitsuhiro, Yamamoto Naoki, Tsuji Kunikazu, Horie Masaki, Muneta Takeshi, Sekiya Ichiro, Okawa Atsushi, Yagishita Kazuyoshi. Hyperbaric oxygen reduces inflammation, oxygenates injured muscle, and regenerates skeletal muscle via macrophage and satellite cell activation. Sci Rep. 2018.01; 8 (1): 1288. ( PubMed, DOI )

  202. G. Jin, A. Aobulikasimu,J. Piao,Z. Aibibula, D. Koga, H. Ochi, K. Ishiyama, T. Kanno, Yoshimi Niwano, Atsushi Okawa, Yoshinori Asou. Proanthocyanidin-rich grape seed extract prevent estrogen deficiency-induced metabolic disorders Journal of medical and dental sciences. 2018.01; 65 (2): 45-50.

  203. Kimura Atsushi, Takeshita Katsushi, Inoue Hirokazu, Seichi Atsushi, Kawasaki Yosuke, Yoshii Toshitaka, Inose Hiroyuki, Furuya Takeo, Takeuchi Kazuhiro, Matsunaga Shunji, Seki Shoji, Tsushima Mikito, Imagama Shiro, Koda Masao, Yamazaki Masashi, Mori Kanji, Nishimura Hirosuke, Endo Kenji, Yamada Kei, Sato Kimiaki, Okawa Atsushi. 25項目のGeriatric Locomotive Function Scaleは頸髄症を有する術後患者における反復転倒リスクを予測する(The 25-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts the risk of recurrent falls in postoperative patients with cervical myelopathy) Journal of Orthopaedic Science. 2018.01; 23 (1): 185-189. ( 医中誌 )

  204. Yoto Oh, Koji Fujita, Yoshiaki Wakabayashi, Yoshiro Kurosa, Atsushi Okawa. Location of atypical femoral fracture can be determined by tensile stress distribution influenced by femoral bowing and neck-shaft angle: a CT-based nonlinear finite element analysis model for the assessment of femoral shaft loading stress. Injury. 2017.12; 48 (12): 2736-2743. ( PubMed, DOI )

  205. Takuma Wakasugi, Ritsuro Shirasaka, Toshiyuki Kawauchi, Koji Fujita, Atsushi Okawa. Carpal Tunnel Syndrome and Trigger Wrist Caused by Localized Amyloidosis: A Case Report. J Hand Surg Asian Pac Vol. 2017.12; 22 (4): 508-511. ( PubMed, DOI )

  206. T Ogawa, T Sasaki, M K Masayuki-Kawashima, A Okawa, M K Mahito-Kawashima. Internal Fixation of Only the Distal End in a Bipolar Segmental Clavicle Fracture: A Case Report. Malays Orthop J. 2017.11; 11 (3): 47-49. ( PubMed, DOI )

  207. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Kenichiro Sakai, Ichiro Torigoe, Hidetsugu Maehara, Masaki Tomori, Takashi Taniyama, Hirokazu Sato, Atsushi Okawa. A Comparative Study of Anterior Decompression With Fusion and Posterior Decompression With Laminoplasty for the Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy Patients With Large Anterior Compression of the Spinal Cord. Clin Spine Surg. 2017.10; 30 (8): E1137-E1142. ( PubMed, DOI )

  208. Shimpei Kondo, Takeshi Muneta, Yusuke Nakagawa, Hideyuki Koga, Toshifumi Watanabe, Kunikazu Tsuji, Shinichi Sotome, Atsushi Okawa, Shinji Kiuchi, Hideo Ono, Mitsuru Mizuno, Ichiro Sekiya. Transplantation of autologous synovial mesenchymal stem cells promotes meniscus regeneration in aged primates. J. Orthop. Res.. 2017.06; 35 (6): 1274-1282. ( PubMed, DOI )

  209. R Takada, T Jinno, D Koga, K Miyatake, T Muneta, A Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between second-generation annealed and first-generation remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty. A case control study at a minimum of five years. Orthop Traumatol Surg Res. 2017.06; 103 (4): 537-541. ( PubMed, DOI )

  210. Naofumi Taniguchi, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Tetsuo Hagino, Atsushi Okawa, Hirotaka Haro. Cementless Hip Stem Anteversion in the Dysplastic Hip: A Comparison of Tapered Wedge vs Metaphyseal Filling. J Arthroplasty. 2017.05; 32 (5): 1547-1552. ( PubMed, DOI )

  211. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Shoji Tomizawa, Masaki Tomori, Senichi Ishii, Kyohei Sakaki, Dai Ukegawa, Shuta Ushio, Taishi Watanabe, Atsushi Okawa. Magnetospinography visualizes electrophysiological activity in the cervical spinal cord. Sci Rep. 2017.05; 7 (1): 2192. ( PubMed, DOI )

  212. Yamada T, Yoshii T, Egawa S, Hirai T, Inose H, Okawa A.. Multiple Infarctions Due to Vertebral Arterial Occlusion Associated with Atlantoaxial Subluxation in Patients with Rheumatoid Arthritis: A Case Report. OMICS J Radiol. 2017.05; S2:003. ( DOI )

  213. Atsushi Kimura, Atsushi Seichi, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Takeo Furuya, Masao Koda, Kazuhiro Takeuchi, Shunji Matsunaga, Shoji Seki, Yoshimoto Ishikawa, Shiro Imagama, Masashi Yamazaki, Kanji Mori, Yosuke Kawasaki, Koji Fujita, Kenji Endo, Kimiaki Sato, Atsushi Okawa. Fall-related Deterioration of Subjective Symptoms in Patients with Cervical Myelopathy. Spine. 2017.04; 42 (7): E398-E403. ( PubMed, DOI )

  214. Atsuyuki Kawabata, Hiroyuki Inose, Dai Ukegawa, Shigenori Kawabata, Tsuyoshi Yamada, Atsushi Okawa. A foreign body granuloma after the usage of polyglycolic acid mesh and fibrin glue for dural repair. A case report. J Orthop Sci. 2017.03; 22 (2): 371-374. ( PubMed, DOI )

  215. Takuya Oyaizu, Mitsuhiro Enomoto, Toshihide Tsujimoto, Yasushi Kojima, Atsushi Okawa, Kazuyoshi Yagishita. Elimination of CT-detected gas bubbles derived from decompression illness with abdominal symptoms after a short hyperbaric oxygen treatment in a monoplace chamber: a case report. Undersea Hyperb Med. 2017.03; 44 (2): 167-171. ( PubMed )

  216. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Kenichiro Sakai, Shinichi Sotome, Mitsuhiro Enomoto, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Anterior Cervical Corpectomy and Fusion Using a Synthetic Hydroxyapatite Graft for Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. Orthopedics. 2017.03; 40 (2): e334-e339. ( PubMed, DOI )

  217. Nicholas A Mignemi, Masato Yuasa, Courtney E Baker, Stephanie N Moore, Rivka C Ihejirika, William K Oelsner, Christopher S Wallace, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Alexey S Revenko, A Robert MacLeod, Gourab Bhattacharjee, Joey V Barnett, Herbert S Schwartz, Jay L Degen, Matthew J Flick, Justin M Cates, Jonathan G Schoenecker. Plasmin Prevents Dystrophic Calcification After Muscle Injury. J. Bone Miner. Res.. 2017.02; 32 (2): 294-308. ( PubMed, DOI )

  218. Gaku Koyano, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yuki Yamauchi, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of Bone Remodeling Between an Anatomic Short Stem and a Straight Stem in 1-Stage Bilateral Total Hip Arthroplasty. J Arthroplasty. 2017.02; 32 (2): 594-600. ( PubMed, DOI )

  219. Mitsuhiro Enomoto, Kazuyoshi Yagishita, Kae Okuma, Takuya Oyaizu, Yasushi Kojima, Atsushi Okubo, Takuma Maeda, Satoko Miyamoto, Atsushi Okawa. Hyperbaric oxygen therapy for a refractory skin ulcer after radical mastectomy and radiation therapy: a case report. J Med Case Rep. 2017.01; 11 (1): 5. ( PubMed, DOI )

  220. Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yoshinori Asou, Sadao Morita, Atsushi Okawa, Takeshi Muneta. Intraoperative evaluation of the effects of femoral component offset and head size on joint stability in total hip arthroplasty. J Orthop Surg (Hong Kong). 2017.01; 25 (1): 2309499016684298. ( PubMed, DOI )

  221. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Kenichiro Sakai, Mitsuhiro Enomoto, Shigenori Kawabata, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Intraoperative evaluation using mobile computed tomography in anterior cervical decompression with floating method for massive ossification of the posterior longitudinal ligament. J Orthop Surg Res. 2017.01; 12 (1): 12. ( PubMed, DOI )

  222. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Yoshiyasu Arai, Kenichi Shinomiya, Atsushi Okawa. Impact of the surgical treatment for degenerative cervical myelopathy on the preoperative cervical sagittal balance: a review of prospective comparative cohort between anterior decompression with fusion and laminoplasty. Eur Spine J. 2017.01; 26 (1): 104-112. ( PubMed, DOI )

  223. Kanji Mori, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Akio Iwanami, Kazuhiro Takeuchi, Tsuyoshi Yamada, Shoji Seki, Takashi Tsuji, Kanehiro Fujiyoshi, Mitsuru Furukawa, Soraya Nishimura, Kanichiro Wada, Masao Koda, Takeo Furuya, Yukihiro Matsuyama, Tomohiko Hasegawa, Katsushi Takeshita, Atsushi Kimura, Masahiko Abematsu, Hirotaka Haro, Tetsuro Ohba, Masahiko Watanabe, Hiroyuki Katoh, Kei Watanabe, Hiroshi Ozawa, Haruo Kanno, Shiro Imagama, Zenya Ito, Shunsuke Fujibayashi, Masashi Yamazaki, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Prevalence and distribution of ossification of the supra/interspinous ligaments in symptomatic patients with cervical ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine: a CT-based multicenter cross-sectional study. BMC Musculoskelet Disord. 2016.12; 17 (1): 492. ( PubMed, DOI )

  224. Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Mitsuhiro Enomoto, Shoji Tomizawa, Shigenori Kawabata, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Anterior decompression with fusion versus posterior decompression with fusion for massive cervical ossification of the posterior longitudinal ligament with a ≥50% canal occupying ratio: a multicenter retrospective study. Spine J. 2016.11; 16 (11): 1351-1357. ( PubMed, DOI )

  225. R Takada, T Jinno, D Koga, M Hirao, T Muneta, A Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty. A case control study at 7 to 10 years follow-up. Orthop Traumatol Surg Res. 2016.10; 102 (6): 717-721. ( PubMed, DOI )

  226. Yoshinori Asou, Munetaka Iwata, Hiroki Ochi, Maierhaba Ailixiding, Zulipiya Aibibula, Jinying Piao, Guangwen Jin, Yasushi Hara, Atsushi Okawa. Pleiotropic Functions of High Fat Diet in the Etiology of Osteoarthritis. PLoS ONE. 2016.09; 11 (9): e0162794. ( PubMed, DOI )

  227. Haruhiko Shimura, Akimoto Nimura, Hisayo Nasu, Hitomi Fujishiro, Junya Imatani, Atsushi Okawa, Keiichi Akita. Joint capsule attachment to the coronoid process of the ulna: an anatomic study with implications regarding the type 1 fractures of the coronoid process of the O'Driscoll classification. J Shoulder Elbow Surg. 2016.09; 25 (9): 1517-1522. ( PubMed, DOI )

  228. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yuki Yamauchi, Yoshinori Asou, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene at 7-10 years of follow-up. Mod Rheumatol. 2016.09; 26 (5): 757-760. ( PubMed, DOI )

  229. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Clinical Outcomes of Spinal Surgery for Patients Undergoing Hemodialysis. Orthopedics. 2016.09; 39 (5): e863-e868. ( PubMed, DOI )

  230. Shingo Sato, Yuning J Tang, Qingxia Wei, Makoto Hirata, Angela Weng, Ilkyu Han, Atsushi Okawa, Shu Takeda, Heather Whetstone, Puvindran Nadesan, David G Kirsch, Jay S Wunder, Benjamin A Alman. Mesenchymal Tumors Can Derive from Ng2/Cspg4-Expressing Pericytes with β-Catenin Modulating the Neoplastic Phenotype. Cell Rep. 2016.07; 16 (4): 917-927. ( PubMed, DOI )

  231. Hidetsugu Suzuki, Yoshiaki Ito, Masahiro Shinohara, Satoshi Yamashita, Shizuko Ichinose, Akio Kishida, Takuya Oyaizu, Tomohiro Kayama, Ryo Nakamichi, Naoki Koda, Kazuyoshi Yagishita, Martin K Lotz, Atsushi Okawa, Hiroshi Asahara. Gene targeting of the transcription factor Mohawk in rats causes heterotopic ossification of Achilles tendon via failed tenogenesis. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2016.07; 113 (28): 7840-7845. ( PubMed, DOI )

  232. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Ryohei Takada, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Drain Tip Culture is Not Prognostic for Surgical Site Infection in Spinal Surgery Under Prophylactic Use of Antibiotics. Spine. 2016.07; 41 (14): 1179-1184. ( PubMed, DOI )

  233. Cheng Xu, Hiroki Ochi, Toru Fukuda, Shingo Sato, Satoko Sunamura, Takeshi Takarada, Eiichi Hinoi, Atsushi Okawa, Shu Takeda. Circadian Clock Regulates Bone Resorption in Mice. J. Bone Miner. Res.. 2016.07; 31 (7): 1344-1355. ( PubMed, DOI )

  234. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Atsushi Okawa. Cervical pedicle screw placement using intraoperative computed tomography imaging with a mobile scanner gantry. Eur Spine J. 2016.06; 25 (6): 1690-1697. ( PubMed, DOI )

  235. Shinichi Sotome, Keisuke Ae, Atsushi Okawa, Masafumi Ishizuki, Hideo Morioka, Seiichi Matsumoto, Takashi Nakamura, Satoshi Abe, Yasuo Beppu, Kenichi Shinomiya. Efficacy and safety of porous hydroxyapatite/type 1 collagen composite implantation for bone regeneration: A randomized controlled study. J Orthop Sci. 2016.05; 21 (3): 373-380. ( PubMed, DOI )

  236. Zulipiya Aibibula, Maierhaba Ailixiding, Munetaka Iwata, Jinying Piao, Yasushi Hara, Atsushi Okawa, Yoshinori Asou. Xanthine oxidoreductase activation is implicated in the onset of metabolic arthritis. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2016.03; 472 (1): 26-32. ( PubMed, DOI )

  237. Tomokazu Masaoka, Tsuyoshi Yamada, Masato Yuasa, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Sadao Morita, Yuko Kozaka, Masahiro Hirano, Shinichi Sotome. Biomechanical evaluation of the rabbit tibia after implantation of porous hydroxyapatite/collagen in a rabbit model. J Orthop Sci. 2016.03; 21 (2): 230-236. ( PubMed, DOI )

  238. Masanori Saito, Mieradili Mulati, S Zakiah A Talib, Philipp Kaldis, Shu Takeda, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. The Indispensable Role of Cyclin-Dependent Kinase 1 in Skeletal Development. Sci Rep. 2016.02; 6 20622. ( PubMed, DOI )

  239. Takada R, Jinno T, Tsutsumi Y, Doi H, Muneta T, Okawa A. Inhibitory Effect of Zirconium Coating to Bone Bonding of Titanium Implants in Rat Femur Mater Trans. 2016;

  240. Tomokazu Masaoka, Toshitaka Yoshii, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Takashi Taniyama, Ichiro Torigoe, Kenichi Shinomiya, Atsushi Okawa, Sadao Morita, Shinichi Sotome. Bone Defect Regeneration by a Combination of a β-Tricalcium Phosphate Scaffold and Bone Marrow Stromal Cells in a Non-Human Primate Model. Open Biomed Eng J. 2016; 10 2-11. ( PubMed, DOI )

  241. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Akio Iwanami, Kazuhiro Takeuchi, Kanji Mori, Tsuyoshi Yamada, Kanichiro Wada, Masao Koda, Yukihiro Matsuyama, Katsushi Takeshita, Masahiko Abematsu, Hirotaka Haro, Masahiko Watanabe, Kei Watanabe, Hiroshi Ozawa, Haruo Kanno, Shiro Imagama, Shunsuke Fujibayashi, Masashi Yamazaki, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Prevalence and Distribution of Ossified Lesions in the Whole Spine of Patients with Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament A Multicenter Study (JOSL CT study). PLoS ONE. 2016; 11 (8): e0160117. ( PubMed, DOI )

  242. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Hiroaki Yasuda, Atsushi Okawa, Shinichi Sotome. Dexamethasone Regulates EphA5, a Potential Inhibitory Factor with Osteogenic Capability of Human Bone Marrow Stromal Cells. Stem Cells Int. 2016; 2016 1301608. ( PubMed, DOI )

  243. Fujita K, Kimori K, Kadonishi Y, Okawa A, Ikuta Y. . MRI Analysis of Carpal Tunnel Syndrome Hemodialysis Patients, Compared With Nonhemodialysis Patients. HAND.. 2016; 11 (1_Suppl): 86S-87S.

  244. Takada R, Jinno T, Tsutsumi Y, Doi H, Muneta T, Okawa A. Inhibitory effect of zirconium coating to bone bonding of titanium implants in rat femur Mater Trans. 2016; 58 (1): 113-117.

  245. Miyatake Kazumasa, Jinno Tetsuya, Koga Daisuke, Yamauchi Yuki, Muneta Takeshi, Okawa Atsushi. Comparison of Different Materials and Proximal Coatings Used for Femoral Components in One-Stage Bilateral Total Hip Arthroplasty. J Arthroplasty. 2015.12; 30 (12): 2237-2241. ( PubMed, DOI )

  246. Okamoto Sawako, Kawahara Kazuo, Okawa Atsushi, Tanaka Yujiro. Values and risks of second opinion in Japan's universal health-care system. Health Expect. 2015.10; 18 (5): 826-838. ( PubMed, DOI )

  247. Toru Fukuda, Hiroki Ochi, Satoko Sunamura, Akina Haiden, Waka Bando, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa, Yoshinori Asou, Shu Takeda. MicroRNA-145 regulates osteoblastic differentiation by targeting the transcription factor Cbfb. FEBS Lett.. 2015.10; 589 (21): 3302-3308. ( PubMed, DOI )

  248. Ailixiding Maierhaba, Aibibula Zulipiya, Iwata Munetaka, Piao Jinying, Hara Yasushi, Koga Daisuke, Okawa Atsushi, Morita Sadao, Asou Yoshinori. Pivotal role of Sirt6 in the crosstalk among ageing, metabolic syndrome and osteoarthritis. Biochem Biophys Res Commun. 2015.10; 466 (3): 319-326. ( PubMed, DOI )

  249. Yuasa Masato, Mignemi Nicholas A, Nyman Jeffry S, Duvall Craig L, Schwartz Herbert S, Okawa Atsushi, Yoshii Toshitaka, Bhattacharjee Gourab, Zhao Chenguang, Bible Jesse E, Obremskey William T, Flick Matthew J, Degen Jay L, Barnett Joey V, Cates Justin M M, Schoenecker Jonathan G. Fibrinolysis is essential for fracture repair and prevention of heterotopic ossification. J Clin Invest. 2015.09; 125 (9): 3723. ( PubMed, DOI )

  250. Sakai Kenichiro, Yoshii Toshitaka, Hirai Takashi, Arai Yoshiyasu, Torigoe Ichiro, Tomori Masaki, Sato Hirokazu, Okawa Atsushi. CERVICAL SAGITTAL IMBALANCE IS A PREDICTOR OF KYPHOTIC DEFORMITY AFTER LAMINOPLASTY IN CERVICAL SPONDYLOTIC MYELOPATHY PATIENTS WITHOUT PREOPERATIVE KYPHOTIC ALIGNMENT. Spine (Phila Pa 1976). 2015.09; ( PubMed, DOI )

  251. Yoshii Toshitaka, Nyman Jeffry S, Yuasa Masato, Esparza Javier M, Okawa Atsushi, Gutierrez Gloria E. Local application of a proteasome inhibitor enhances fracture healing in rats. J Orthop Res. 2015.08; 33 (8): 1197-1204. ( PubMed, DOI )

  252. Yuasa Masato, Mignemi Nicholas A, Nyman Jeffry S, Duvall Craig L, Schwartz Herbert S, Okawa Atsushi, Yoshii Toshitaka, Bhattacharjee Gourab, Zhao Chenguang, Bible Jesse E, Obremskey William T, Flick Matthew J, Degen Jay L, Barnett Joey V, Cates Justin M M, Schoenecker Jonathan G. Fibrinolysis is essential for fracture repair and prevention of heterotopic ossification. J Clin Invest. 2015.08; 125 (8): 3117-3131. ( PubMed, DOI )

  253. Ryohei Takada , Tetsuya Jinno , Daisuke Koga , Masanobu Hirao , Takeshi Muneta , Atsushi Okawa . Is Drain Tip Culture Prognostic of Surgical Site Infection? Results of 1380 Drain Tip Cultures in Total Hip Arthroplasty. J Arthroplasty. 2015.08; 30 (8): 1407-1409. ( PubMed, DOI )

  254. Taniyama Takashi, Masaoka Tomokazu, Yamada Tsuyoshi, Wei Xuetao, Yasuda Hiroaki, Yoshii Toshitaka, Kozaka Yuko, Takayama Tomoji, Hirano Masahiro, Okawa Atsushi, Sotome Shinichi. Repair of osteochondral defects in a rabbit model using a porous hydroxyapatite collagen composite impregnated with bone morphogenetic protein-2. Artif Organs. 2015.06; 39 (6): 529-535. ( PubMed, DOI )

  255. Ma Chengshan, Fukuda Toru, Ochi Hiroki, Sunamura Satoko, Xu Cheng, Xu Ren, Okawa Atsushi, Takeda Shu. Genetic determination of the cellular basis of the ghrelin-dependent bone remodeling. Mol Metab. 2015.03; 4 (3): 175-185. ( PubMed, DOI )

  256. Imajo Yasuaki, Taguchi Toshihiko, Yone Kazunori, Okawa Atsushi, Otani Koji, Ogata Tadanori, Ozawa Hiroshi, Shimada Yoichi, Neo Masashi, Iguchi Tetsuhiro. Japanese 2011 nationwide survey on complications from spine surgery. J Orthop Sci. 2015.01; 20 (1): 38-54. ( PubMed, DOI )

  257. Koyano Gaku, Jinno Tetsuya, Koga Daisuke, Hoshino Chisato, Muneta Takeshi, Okawa Atsushi. Is closed suction drainage effective in early recovery of hip joint function? Comparative evaluation in one-stage bilateral total hip arthroplasty. J Arthroplasty. 2015.01; 30 (1): 74-78. ( PubMed, DOI )

  258. Kokoro Ozaki, Nobuo Sanjo, Kinya Ishikawa, Miwa Higashi, Takaaki Hattori, Naoyuki Tanuma, Rie Miyata, Masaharu Hayashi, Takanori Yokota, Atsushi Okawa, Hidehiro Mizusawa. Elevation of 8-hydroxy-2′-deoxyguanosine in the cerebrospinal fluid of three patients with superficial siderosis Neurology and Clinical Neuroscience. 2015; ( DOI )

  259. Yoshii Toshitaka, Hirai Takashi, Yamada Tsuyoshi, Sumiya Satoshi, Mastumoto Renpei, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Inose Hiroyuki, Kawabata Shigenori, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. Lumbosacral pedicle screw placement using a fluoroscopic pedicle axis view and a cannulated tapping device. J Orthop Surg Res. 2015; 10 79. ( PubMed, DOI )

  260. Funauchi Yuki, Tanikawa Chizu, Yi Lo Paulisally Hau, Mori Jinichi, Daigo Yataro, Takano Atsushi, Miyagi Yohei, Okawa Atsushi, Nakamura Yusuke, Matsuda Koichi. Regulation of iron homeostasis by the p53-ISCU pathway. Sci Rep. 2015; 5 16497. ( PubMed, DOI )

  261. Madoka Onuma-Ukegawa, Kush Bhatt, Takashi Hirai, Hidetoshi Kaburagi, Shinichi Sotome, Yoshiaki Wakabayashi, Shizuko Ichinose, Kenichi Shinomiya, Atsushi Okawa, Mitsuhiro Enomoto. Bone Marrow Stromal Cells Combined With a Honeycomb Collagen Sponge Facilitate Neurite Elongation In Vitro and Neural Restoration in the Hemisected Rat Spinal Cord. Cell Transplant. 2015; 24 (7): 1283-1297. ( PubMed, DOI )

  262. Yuasa Masato, Yamada Tsuyoshi, Taniyama Takashi, Masaoka Tomokazu, Xuetao Wei, Yoshii Toshitaka, Horie Masaki, Yasuda Hiroaki, Uemura Toshimasa, Okawa Atsushi, Sotome Shinichi. Dexamethasone enhances osteogenic differentiation of bone marrow- and muscle-derived stromal cells and augments ectopic bone formation induced by bone morphogenetic protein-2. PLoS One. 2015; 10 (2): e0116462. ( PubMed, DOI )

  263. Oh Yoto, Wakabayashi Yoshiaki, Kurosa Yoshiro, Fujita Koji, Okawa Atsushi. Potential pathogenic mechanism for stress fractures of the bowed femoral shaft in the elderly: Mechanical analysis by the CT-based finite element method. Injury. 2014.11; 45 (11): 1764-1771. ( PubMed, DOI )

  264. Yoshii Toshitaka, Ueki Hiroko, Kato Tsuyoshi, Tomizawa Shoji, Okawa Atsushi. Severe kyphotic deformity resulting from collapses of cemented and adjacent vertebrae following percutaneous vertebroplasty using calcium phosphate cement. A case report. Skeletal Radiol. 2014.10; 43 (10): 1477-1480. ( PubMed, DOI )

  265. Taniyama Takashi, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Yamada Tsuyoshi, Yasuda Hiroaki, Saito Masanori, Inose Hiroyuki, Kato Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi. Modified K-line in magnetic resonance imaging predicts clinical outcome in patients with nonlordotic alignment after laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy. Spine (Phila Pa 1976). 2014.10; 39 (21): E1261-E1268. ( PubMed, DOI )

  266. Nakajima Masahiro, Takahashi Atsushi, Tsuji Takashi, Karasugi Tatsuki, Baba Hisatoshi, Uchida Kenzo, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi, Shindo Shigeo, Takeuchi Kazuhiro, Taniguchi Yuki, Maeda Shingo, Kashii Masafumi, Seichi Atsushi, Nakajima Hideaki, Kawaguchi Yoshiharu, Fujibayashi Shunsuke, Takahata Masahiko, Tanaka Toshihiro, Watanabe Kei, Kida Kazunobu, Kanchiku Tsukasa, Ito Zenya, Mori Kanji, Kaito Takashi, Kobayashi Sho, Yamada Kei, Takahashi Masahito, Chiba Kazuhiro, Matsumoto Morio, Furukawa Ken-Ichi, Kubo Michiaki, Toyama Yoshiaki, Ikegawa Shiro, Genetic Study Group of Investigation Committee on Ossification of the Spinal Ligaments. A genome-wide association study identifies susceptibility loci for ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine. Nat Genet. 2014.09; 46 (9): 1012-1016. ( PubMed, DOI )

  267. Araya Naoko, Inose Hiroyuki, Kato Tsuyoshi, Saito Masanori, Sumiya Satoshi, Yamada Tsuyoshi, Yoshii Toshitaka, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi. Spinal deformity caused by hyperimmunoglobulin E syndrome: clinical article. J Neurosurg Spine. 2014.08; 21 (2): 292-295. ( PubMed, DOI )

  268. Oh Yoto, Wakabayashi Yoshiaki, Kurosa Yoshiro, Ishizuki Masafumi, Okawa Atsushi. Stress fracture of the bowed femoral shaft is another cause of atypical femoral fracture in elderly Japanese: a case series. J Orthop Sci. 2014.07; 19 (4): 579-586. ( PubMed, DOI )

  269. Kawaguchi Yoshiharu, Matsumoto Morio, Iwasaki Motoki, Izumi Tomohiro, Okawa Atsushi, Matsunaga Shunji, Chiba Kazuhiro, Tsuji Takashi, Yamazaki Masashi, Fujimori Takahito, Yoshii Toshitaka, Toyama Yoshiaki. New classification system for ossification of the posterior longitudinal ligament using CT images. J Orthop Sci. 2014.07; 19 (4): 530-536. ( PubMed, DOI )

  270. Sawamura Chigusa, Matsumoto Seiichi, Shimoji Takashi, Okawa Atsushi, Ae Keisuke. How long should we follow patients with soft tissue sarcomas? Clin Orthop Relat Res. 2014.03; 472 (3): 842-848. ( PubMed, DOI )

  271. Arai Yoshiyasu, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Sakai Kenichiro, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Matsumoto Renpei, Yamada Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. A prospective comparative study of 2 minimally invasive decompression procedures for lumbar spinal canal stenosis: unilateral laminotomy for bilateral decompression (ULBD) versus muscle-preserving interlaminar decompression (MILD). Spine (Phila Pa 1976). 2014.02; 39 (4): 332-340. ( PubMed, DOI )

  272. Ukegawa Dai, Kawabata Shigenori, Sakaki Kyohei, Ishii Senichi, Tomizawa Shoji, Inose Hiroyuki, Yoshii Toshitaka, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Okawa Atsushi. Efficacy of biphasic transcranial electric stimulation in intraoperative motor evoked potential monitoring for cervical compression myelopathy. Spine (Phila Pa 1976). 2014.02; 39 (3): E159-E165. ( PubMed, DOI )

  273. Takashi Hirai, Mitsuhiro Enomoto, Hidetoshi Kaburagi, Shinichi Sotome, Kie Yoshida-Tanaka, Madoka Ukegawa, Hiroya Kuwahara, Mariko Yamamoto, Mio Tajiri, Haruka Miyata, Yukihiko Hirai, Makoto Tominaga, Kenichi Shinomiya, Hidehiro Mizusawa, Atsushi Okawa, Takanori Yokota. Intrathecal AAV serotype 9-mediated delivery of shRNA against TRPV1 attenuates thermal hyperalgesia in a mouse model of peripheral nerve injury. Mol Ther. 2014.02; 22 (2): 409-419. ( PubMed, DOI )

  274. Yoshii Toshitaka, Yamada Tsuyoshi, Hirai Takashi, Taniyama Takashi, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Inose Hiroyuki, Sumiya Satoshi, Kawabata Shigenori, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. Dynamic changes in spinal cord compression by cervical ossification of the posterior longitudinal ligament evaluated by kinematic computed tomography myelography. Spine (Phila Pa 1976). 2014.01; 39 (2): 113-119. ( PubMed, DOI )

  275. Horie Masaki, Enomoto Mitsuhiro, Shimoda Manabu, Okawa Atsushi, Miyakawa Shumpei, Yagishita Kazuyoshi. Enhancement of satellite cell differentiation and functional recovery in injured skeletal muscle by hyperbaric oxygen treatment. J Appl Physiol (1985). 2014.01; 116 (2): 149-155. ( PubMed, DOI )

  276. Sawamura Chigusa, Matsumoto Seiichi, Shimoji Takashi, Ae Keisuke, Tanizawa Taisuke, Gokita Tabu, Koyanagi Hirotaka, Okawa Atsushi. Indications for and surgical complications of rotationplasty JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE. 2012.11; 17 (6): 775-781. ( PubMed, DOI )

  277. Koyanagi Hirotaka, Matsumoto Seiichi, Shimoji Takashi, Tanizawa Taisuke, Ae Keisuke, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi, Kawaguchi Noriyoshi. Long-term results from use of pasteurized bone JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE. 2012.09; 17 (5): 605-613. ( PubMed, DOI )

  278. 橋本 淳, 川端 茂徳, 佐々木 亨, 足立 善昭, 大川 淳. 【新しい脊髄・神経機能診断】神経磁界計測による胸髄・馬尾神経・神経根の電気活動の非侵襲的機能評価 臨床神経生理学. 2021.12; 49 (6): 496-502.

  279. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 橋本 淳, 足立 善昭, 大川 淳. 【新しい脊髄・神経機能診断】上肢末梢神経磁界計測による神経活動電流の可視化 臨床神経生理学. 2021.12; 49 (6): 503-509.

  280. 小柳 広高, 佐藤 信吾, 本橋 正隆, 吉井 俊貴, 大川 淳. 【骨・軟部腫瘍のマネジメント(その2)】悪性軟部腫瘍の治療 頭皮部発生肉腫の手術的治療マネジメント 頭皮部発生類上皮肉腫の1例 別冊整形外科. 2021.10; (80): 27-30. ( 医中誌 )

  281. 梶原 健嗣, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 甲状腺がんと中咽頭がんの治療後の放射線性骨壊死に伴う頸椎後彎をきたした1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2021.10; 52 (5): 206-210. ( 医中誌 )

  282. 橋本 淳, 川端 茂徳, 大川 淳. Vocabulary 神経磁界計測 整形外科. 2021.09; 72 (10): 1080. ( 医中誌 )

  283. 勝見 敬一, 平井 高志, 吉井 俊貴, 名越 慈人, 西村 空也, 森 幹士, 竹内 一裕, 牧 聡, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 脊柱靱帯骨化の広がりが頸椎機能に与える影響 全国多施設前向き調査・JOSL CT study Journal of Spine Research. 2021.09; 12 (9): 1087-1093. ( 医中誌 )

  284. 船内 雄生, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 早川 景子, 三浪 友輔, 齊藤 正徳, 黒澤 紀雄, 松本 誠一, 大川 淳. 重粒子線治療の長期経過-再発手術例を含む- 脊索腫に対する重粒子線治療の機能予後における優位性と長期経過での再燃 日本整形外科学会雑誌. 2021.07; 95 (7): 477-480. ( 医中誌 )

  285. 歌川 蔵人, 平井 高志, 大川 淳. 【運動器疼痛】運動器疼痛の健康障害 脊椎疾患による疼痛と破局的思考の関連 ペインクリニック. 2021.05; 42 (別冊春): S264-S270. ( 医中誌 )

  286. 大川 淳. 【いま最新を知りたい人のための「超」まるごと脊椎】(第1章)脊椎の解剖 骨 整形外科看護. 2021.05; (2021春季増刊): 8-16. ( 医中誌 )

  287. 大川 淳. 【いま最新を知りたい人のための「超」まるごと脊椎】(第1章)脊椎の解剖 筋 整形外科看護. 2021.05; (2021春季増刊): 17-18. ( 医中誌 )

  288. 大川 淳. 【いま最新を知りたい人のための「超」まるごと脊椎】(第1章)脊椎の解剖 神経 整形外科看護. 2021.05; (2021春季増刊): 19-25. ( 医中誌 )

  289. 大川 淳. 【いま最新を知りたい人のための「超」まるごと脊椎】(第1章)脊椎の解剖 血管 整形外科看護. 2021.05; (2021春季増刊): 26-28. ( 医中誌 )

  290. 大川 淳. 【いま最新を知りたい人のための「超」まるごと脊椎】(第1章)脊椎の解剖 神経学的診断と麻痺チェックのポイント 整形外科看護. 2021.05; (2021春季増刊): 29-39. ( 医中誌 )

  291. 大川 淳. 【いま最新を知りたい人のための「超」まるごと脊椎】(第3章)脊椎疾患の看護でナースが知っておきたい基礎知識 運動療法 整形外科看護. 2021.05; (2021春季増刊): 145-148. ( 医中誌 )

  292. 北村 拓也, 王 耀東, 加来 拓実, 田野 敦寛, 大川 淳. 脛骨遠位端骨折に対する後方MIPO法により長母趾屈筋腱障害を生じた1例 骨折. 2021.05; 43 (3): 785-788. ( 医中誌 )

  293. 加来 拓実, 王 耀東, 宮武 和正, 大川 淳. 老年病医主導による高齢者大腿骨近位部骨折患者の周術期管理体制の試験運用 骨折. 2021.03; 43 (2): 311-313. ( 医中誌 )

  294. 若林 良明, 能瀬 宏行, 田野 敦寛, 佐々木 研, 藤田 浩二, 大川 淳. 高齢者の橈骨遠位端骨折は術後にどれくらい骨折を続発するのか 当院10年分の診療録・画像の振り返り調査より 日本手外科学会雑誌. 2021.03; 37 (5): 707-710. ( 医中誌 )

  295. 川端 茂徳, 橋本 淳, 渡部 泰士, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図による脊髄・脊髄神経機能診断 ペインクリニック. 2021.02; 42 (2): 249-253. ( 医中誌 )

  296. 塚本 和矢, 志村 治彦, 富澤 將司, 仲津留 恵日, 山本 皓子, 大川 淳. CT検査で上肢の骨折を疑ったmotion artifactの2例 関東整形災害外科学会雑誌. 2021.02; 52 (1): 1-5. ( 医中誌 )

  297. 田村 友里, 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 松倉 遊, 大川 淳. 除圧術により長期間の重度下肢運動麻痺から完全回復した強直化した頸椎後彎変形を伴う胸椎靱帯骨化症の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2021.02; 52 (1): 18-21. ( 医中誌 )

  298. 菱山 隼, 若林 良明, 浅野 浩司, 沼野 藤希, 能瀬 宏行, 谷山 崇, 田野 敦寛, 竹内 彩子, 小森 博達, 大川 淳. 精神科入院患者に身体合併症として生じた整形外科外傷・疾患に対する手術例の臨床像 精神科入院患者は15歳以上早く大腿骨近位部骨折を受傷する 関東整形災害外科学会雑誌. 2021.02; 52 (1): 43-46. ( 医中誌 )

  299. 脇 智彦, 石井 宣一, 渕岡 佑亮, 渡邊 怜奈, 本橋 正隆, 加藤 剛, 大川 淳. 骨軟部感染症に対する抗菌薬持続局所投与療法の経験 関東整形災害外科学会雑誌. 2021.02; 52 (1): 47-52. ( 医中誌 )

  300. 石田 洸樹, 渡部 泰士, 川端 茂徳, 橋本 淳, 大川 淳. 背側からの神経磁界測定による腕神経叢の神経機能評価 日本生体磁気学会誌. 2021; 34 (1): 164-166. ( 医中誌 )

  301. 宮岡 敦史, 川端 茂徳, 橋本 淳, 足立 善昭, 柳沼 秀和, 出口 浩司, 内城 禎久, 渡部 泰士, 石田 洸樹, 細谷 俊彦, 大川 淳. 神経磁場計測システムを用いたラット脊髄の神経活動の可視化 日本生体磁気学会誌. 2021; 34 (1): 203-205. ( 医中誌 )

  302. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 大川 淳. 【脊椎骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療戦略-薬物療法を中心にUP TO DATE】装具療法 前向き多施設研究結果を踏まえて 脊椎脊髄ジャーナル. 2020.12; 33 (12): 1067-1072. ( 医中誌 )

  303. 勝又 豊啓, 志村 治彦, 二村 昭元, 富澤 將司, 藤田 浩二, 大川 淳. 上腕骨インプラント周囲骨折に対して前方MIPO法を行った2例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2020.12; 32 (4): 641-646. ( 医中誌 )

  304. 高橋 拓也, 佐々木 真一, 大川 淳. XLIFにより消失した腰椎後方除圧術後椎間関節嚢腫の1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2020.12; 32 (4): 602-605. ( 医中誌 )

  305. 柳下 和慶, 小柳津 卓哉, 大川 淳. スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療の位置づけ 基礎と臨床 日本整形外科学会雑誌. 2020.11; 94 (11): 1033-1040. ( 医中誌 )

  306. 戸原 遼, 平井 高志, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 吉井 俊貴, 大川 淳. びまん性特発性骨増殖症を伴う転移性脊椎腫瘍に対する除圧術後の病的骨折により脊髄障害を生じた1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.10; 51 (5): 440-443. ( 医中誌 )

  307. 本橋 正隆, 小柳 広高, 瀬川 裕子, 佐藤 信吾, 大西 威一郎, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨髄炎と鑑別を要した母趾末節骨類骨骨腫の1例 臨床整形外科. 2020.10; 55 (10): 1173-1176. ( 医中誌 )

  308. 山本 皓子, 志村 治彦, 富澤 將司, 仲津留 恵日, 池田 達宣, 塚本 和矢, 大川 淳. 掌側ロッキングプレートで治療困難であった橈骨手根関節背側脱臼骨折の3例 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.10; 51 (5): 403-408. ( 医中誌 )

  309. 榊 経平, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 頸椎前方固定術後の嚥下障害に関する前向き研究 Journal of Spine Research. 2020.10; 11 (10): 1152-1156. ( 医中誌 )

  310. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 大川 淳. 【骨粗鬆症と骨粗鬆症関連骨折に対する診断と治療】脊椎骨折の病態と治療 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具治療の前向きランダム化比較研究 別冊整形外科. 2020.10; (78): 82-84. ( 医中誌 )

  311. 土屋 明大, 伊藤 淳二, 堀井 恵美子, 石原 陽子, 大川 淳, 金谷 貴子, 田中 奈津美, 鉄永 倫子, 新関 祐美, 早川 和恵, 堀籠 圭子, 三上 容司, 村岡 真理, 山内 かづ代, 日本整形外科学会男女共同参画・働き方改革委員会. 整形外科医師を対象とした就業状況の現状と健康に関する調査 日本整形外科学会雑誌. 2020.10; 94 (10): 907-917. ( 医中誌 )

  312. 榊 経平, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 胸腰移行部の骨粗鬆症性椎体骨折後後彎症に対する局所矯正固定術の適応についての検討 Journal of Spine Research. 2020.09; 11 (9): 1083-1089. ( 医中誌 )

  313. 菱山 隼, 若林 良明, 能瀬 宏行, 小森 博達, 大川 淳. 長掌筋腱多重束移植による陳旧性母指MP関節尺側側副靱帯損傷の治療経験 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.08; 51 (4): 285-291. ( 医中誌 )

  314. 川端茂徳,佐々木亨, 渡部泰士, 関原謙介, 足立善昭, 大川淳. 新しい医療技術 脊磁図・末梢神経磁図による神経機能診断 整形・災害外科. 2020.06; 63 (7): 951-956. ( DOI 医中誌 )

  315. 井口 亮, 志村 治彦, 富澤 將司, 三浦 雄悟, 大川 淳. 上腕骨遠位骨端離開に対して観血的手術が有用であった1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2020.06; 51 (3): 119-123. ( 医中誌 )

  316. 森 幹士, 吉井 俊貴, 平井 高志, 名越 慈人, 西村 空也, 竹内 一裕, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治, 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班. 全脊椎CT大規模多施設研究による重度頸椎OPLL症例の特徴 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study Journal of Spine Research. 2020.05; 11 (5): 805-810. ( 医中誌 )

  317. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する硬性装具と軟性装具の前向きランダム化比較研究 偽関節率に注目して 日本骨粗鬆症学会雑誌. 2020.05; 6 (2): 208-212. ( 医中誌 )

  318. 小柳津 卓哉, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 大川 淳. 首下がり姿位と前方注視姿位における筋活動変化 正常被検者24人による検討 東日本整形災害外科学会雑誌. 2020.03; 32 (1): 49-53. ( 医中誌 )

  319. 小山 恭史, 藤田 浩二, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 大川 淳. デッドボールによる手指基節骨粉砕骨折に対して保存治療が奏功したプロ野球選手の1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2020.03; 32 (1): 62-65. ( 医中誌 )

  320. 有賀 茜, 河野 佑二, 中川 裕介, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. 85歳以上の高齢者に対する両側同時人工膝関節全置換術の術後合併症および臨床成績 東日本整形災害外科学会雑誌. 2020.03; 32 (1): 12-17. ( 医中誌 )

  321. 船内 雄生, 佐藤 靖祥, 垣見 和宏, 高橋 俊二, 阿江 啓介, 大川 淳. 腫瘍浸潤Tリンパ球の解析による肉腫における免疫療法の可能性探索 東日本整形災害外科学会雑誌. 2020.03; 32 (1): 79-82. ( 医中誌 )

  322. 平井 高志, 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 大川 淳. 加齢に伴う運動器の変化と理学療法 加齢に伴う脊柱靱帯の変化 後縦靱帯骨化症と黄色靱帯骨化症を中心に 理学療法. 2020.02; 37 (2): 161-170. ( 医中誌 )

  323. 今釜 史郎, 安藤 圭, 小林 和克, 中島 宏彰, 石黒 直樹, 松山 幸弘, 松本 守雄, 川口 善治, 大川 淳. 【脊柱靱帯骨化症UP TO DATE】胸椎後縦靱帯骨化症の手術治療 最近の進歩 脊椎脊髄ジャーナル. 2020.02; 33 (2): 119-125. ( 医中誌 )

  324. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 大川 淳. 【骨粗鬆症性椎体骨折治療の最新知見】急性期骨粗鬆症性椎体骨折への装具治療 整形・災害外科. 2020.02; 63 (2): 135-140. ( 医中誌 )

  325. 安藤 圭, 今釜 史郎, 石黒 直樹, 松山 幸弘, 松本 守雄, 川口 善治, 大川 淳, 日本医療研究開発機構(AMED). 【脊柱靱帯骨化症UP TO DATE】胸椎黄色靱帯骨化症に対する手術治療 脊椎脊髄ジャーナル. 2020.02; 33 (2): 139-143. ( 医中誌 )

  326. 平井 高志, 吉井 俊貴, 名越 慈人, 西村 空也, 森 幹士, 竹内 一裕, 大川 淳, 川口 善治. 【脊柱靱帯骨化症UP TO DATE】頸椎後縦靱帯骨化症患者の全脊柱における靱帯骨化巣の評価 脊椎脊髄ジャーナル. 2020.02; 33 (2): 109-117. ( 医中誌 )

  327. 佐々木 亨,川端 茂徳, 牛尾 修太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 金 碩燦, 大川 淳. 腰部神経根障害の脊磁計による評価 脊髄機能診断学. 2020.02; 40 (1): 25-32. ( 医中誌 )

  328. 長谷川 由貴,川端 茂徳, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 金 碩燦, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図を用いた尺骨神経刺激後の頸部神経活動の可視化 脊髄機能診断学. 2020.02; 40 (1): 19-24. ( 医中誌 )

  329. 太田 剛, 串田 淑久, 八百 陽介, 二村 昭元, 若林 良明, 大川 淳. 橈骨茎状突起骨片を伴う橈骨遠位端骨折への掌側ロッキングプレート茎状突起スクリューの刺入位置とプレート選択の検討 日本手外科学会雑誌. 2020.02; 36 (5): 716-719. ( 医中誌 )

  330. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 橋本 淳, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 金 碩燦, 大川 淳. 臨床磁気計測 up-to-date 末梢神経磁界計測による神経活動電流の可視化 日本生体磁気学会誌. 2020; 33 (1): 66-68. ( 医中誌 )

  331. 大川 淳. 整形外科専門研修制度の概要と展望 整形外科医情報誌「ORTHO PEDI」 №27. 2020;

  332. 遠藤 健司, 青田 洋一, 新井 嘉容, 鈴木 秀和, 高野 裕一, 平泉 裕, 平井 高志, 武者 芳朗, 山縣 正庸, 山田 浩司, 渡辺 航太, 大川 淳. 【腰椎椎間板ヘルニアに対する化学的融解術NOW】腰椎椎間板ヘルニアに対する化学的髄核融解術 コンドリアーゼの適正手技料とは? 脊椎脊髄ジャーナル. 2019.12; 32 (12): 1079-1083. ( 医中誌 )

  333. 二見 茜, 大川 淳. 【増加する国際診療に備える】国際診療の支払いに関する課題と対応策 小児科臨床. 2019.10; 72 (10): 1523-1527. ( 医中誌 )

  334. 大川 淳. 脊柱靱帯骨化症研究の最前線 日本整形外科学会雑誌. 2019.09; 93 (9): 614-626. ( 医中誌 )

  335. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の胸腰椎手術における術後せん妄の術前・術中危険因子の検討 Journal of Spine Research. 2019.09; 10 (9): 1252-1256. ( 医中誌 )

  336. 大川 淳. 【働き方改革、がっぷり四つ!】働き方改革にむけた実践 大学病院における働き方改革 救急医学. 2019.08; 43 (9): 1184-1188. ( 医中誌 )

  337. 佐々木 真一, 新井 嘉容, 小森 博達, 大川 淳. 側方経路腰椎椎体間固定術(OLIF XLIF)の周術期成績の比較 Journal of Spine Research. 2019.08; 10 (8): 1172-1176. ( 医中誌 )

  338. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 椎間板変性に起因した成人脊柱変形に対する2つの椎体間矯正固定術の術後2年成績の比較 PLIF/TLIF併用後方単独矯正とLLIF併用二期的前後方矯正 Journal of Spine Research. 2019.08; 10 (8): 1185-1189. ( 医中誌 )

  339. 松倉 遊, 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 小柳津 卓哉, 橋本 泉智, 大塚 彩子, 佐藤 浩一, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対するLLIF手技による低侵襲前後方固定術の治療成績 従来法と比較し固定範囲を減らすことが可能か Journal of Spine Research. 2019.08; 10 (8): 1177-1180. ( 医中誌 )

  340. 大塚 彩子, 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 橋本 泉智, 大川 淳. 間接除圧を目的とした側方経路腰椎椎体間固定術(LLIF)と経皮的椎弓根スクリュー(PPS)による低侵襲前後合併手術の術後2年成績 Journal of Spine Research. 2019.08; 10 (8): 1197-1201. ( 医中誌 )

  341. 吉井 俊貴, 大川 淳. 【頸椎前方手術Up To Date 2】頸椎OPLLに対する骨化浮上術 術式の詳細と手術のコツ 脊椎脊髄ジャーナル. 2019.08; 32 (8): 735-741. ( 医中誌 )

  342. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検討 Hip Joint. 2019.08; 45 (1): 192-196. ( 医中誌 )

  343. 岡本 幹生, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 外科的治療で改善した胸椎arachnoid webの3例 関東整形災害外科学会雑誌. 2019.08; 50 (4): 181-185. ( 医中誌 )

  344. 遠藤 健司, 鈴木 秀和, 青田 洋一, 武者 芳朗, 高野 裕一, 渡辺 航太, 吉井 俊貴, 山田 浩司, 山縣 正庸, 平泉 裕, 新井 嘉容, 大川 淳, 日本脊椎脊髄病学会社会保険等システム検討委員会. 【知れば役立つ整形外科と保険診療の関係】日本脊椎脊髄病学会社会保険委員会の活動について Orthopaedics. 2019.07; 32 (7): 61-65. ( 医中誌 )

  345. 大川 淳. 【指定難病ペディア2019】個別の指定難病 骨・関節系 後縦靱帯骨化症(OPLL)[指定難病69] 日本医師会雑誌. 2019.06; 148 (特別1): S317-S318. ( 医中誌 )

  346. 佐藤 信吾, Sopak Supakul, 八尾 健太, 大川 淳. 整形トピックス ペリサイト(血管周皮細胞)は多分化能を有し骨折治癒に貢献する 整形外科. 2019.06; 70 (7): 788. ( 医中誌 )

  347. 中野 めぐみ, 沼野 藤希, 角谷 智, 小森 博達, 大川 淳. 不安定型骨盤骨折に対する腰椎骨盤固定術の3例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.06; 31 (2): 182-185. ( 医中誌 )

  348. 太田 剛, 鏑木 秀俊, 八百 洋介, 二村 昭元, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折に伴う橈骨茎状突起骨片へのスクリュー刺入位置とプレート選択 骨折. 2019.06; 41 (3): 720-723. ( 医中誌 )

  349. 猪瀬 弘之, 大川 淳, 鳥越 一郎. 【脊柱と脊髄】病態編 病態と治療 脊髄ヘルニア Clinical Neuroscience. 2019.06; 37 (6): 713-715. ( 医中誌 )

  350. 進藤 重雄, 水野 広一, 大谷 和之, 中井 修, 山浦 伊裟吉, 大川 淳. 【傍脊柱筋の機能解剖学,姿勢制御と手術アプローチ】(第2章)局所解剖と手術アプローチ 上位胸椎の局所解剖と胸骨柄縦割アプローチ 脊椎脊髄ジャーナル. 2019.04; 32 (4): 341-347. ( 医中誌 )

  351. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 【整形外科診療における最先端技術】診断、評価 新しい画像・機能診断 生体磁界計測による神経活動イメージング 別冊整形外科. 2019.04; (75): 53-58. ( 医中誌 )

  352. 大見 武弘, 相澤 純也, 山田 拓実, 大川 淳, 柳下 和慶. 【整形外科診療における最先端技術】診断、評価 動的評価 三次元動作解析装置を用いたpoint cluster techniqueとその臨床応用 別冊整形外科. 2019.04; (75): 96-99. ( 医中誌 )

  353. 渡邊 敏文, 神野 哲也, 大川 淳. 【整形外科診療における最先端技術】診断、評価 動的評価 後方安定型人工膝関節の階段昇り動作におけるポスト前方インピンジメント 動態解析による検討 別冊整形外科. 2019.04; (75): 104-107. ( 医中誌 )

  354. 王 耀東, 大川 淳. 【整形外科診療における最先端技術】診断、評価 コンピュータを用いた病態、手術の生体力学解析 CT有限要素法を用いた大腿骨の生体力学解析 別冊整形外科. 2019.04; (75): 117-120. ( 医中誌 )

  355. 佐々木 真一, 大川 淳. 【脊椎脊髄外科の最近の進歩】各種疾患に対する治療法・モダリティ 内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術(MED)と内視鏡下椎弓切除術(MEL) 整形・災害外科. 2019.04; 62 (5): 651-659. ( 医中誌 )

  356. 高橋 誠, 大川 淳. 【レジデントにとって必要な運動器疾患の診断法-Tips and Essence-】臨床に必要な診断の基礎 医療面接と診察法(徒手検査法など) 関節外科. 2019.04; 38 (4月増刊): 6-14. ( 医中誌 )

  357. 関 良太, 志村 治彦, 富澤 將司, 天野 祐輔, 三浦 雄悟, 大川 淳. 非観血的整復術後に尺骨神経麻痺を生じた屈曲型小児上腕骨顆上骨折の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2019.04; 50 (2): 71-74. ( 医中誌 )

  358. 松多 誠也, 深川 真吾, 佐々木 真一, 歌川 蔵人, 大川 淳. 高齢者における大腿骨ステム周囲骨折の傾向と特徴 関東整形災害外科学会雑誌. 2019.04; 50 (2): 96-99. ( 医中誌 )

  359. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 【整形外科診療における最先端技術】診断、評価 新しい画像・機能診断 生体磁界計測による神経活動イメージング 2019.04; (75): 53-5358. ( DOI 医中誌 )

  360. 三浦 雄悟, 志村 治彦, 二村 昭元, 富澤 將司, 藤田 浩二, 大川 淳. 小児上腕骨遠位骨幹・骨幹端部骨折の治療経験 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.03; 31 (1): 98-101. ( 医中誌 )

  361. 志村 治彦, 竹村 昌敏, 小山 恭史, 串田 淑久, 鏑木 秀俊, 大川 淳. 橈骨遠位端(脆弱性)骨折の骨粗鬆症治療率 10年前の治療率との比較 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.03; 31 (1): 43-45. ( 医中誌 )

  362. 大川 淳, 山崎 正志. 頸椎人工椎間板置換術について 1~2椎間の頸椎前方手術に対して積極的に適応されることが期待されている 日本医事新報. 2019.01; (4942): 60-61. ( 医中誌 )

  363. 松山 幸弘, 大川 淳. 腰椎椎間板ヘルニアに対する椎間板への薬剤注射について わが国発の腰椎椎間板ヘルニア融解酵素コンドリアーゼ 日本医事新報. 2019.01; (4944): 56-57. ( 医中誌 )

  364. 安藤 嘉朗, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 後縦靱帯骨化を伴った腰椎硬膜内椎間板ヘルニア再発の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2018.12; 49 (6): 410-414. ( 医中誌 )

  365. 若林 良明, 品田 春生, 能瀬 宏行, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折手術例に潜在する舟状骨骨折例のCTによる検討 日本手外科学会雑誌. 2018.12; 35 (3): 341-344. ( 医中誌 )

  366. 太田 剛, 鏑木 秀俊, 大沼 円, 二村 昭元, 大川 淳. 前腕骨矯正骨切り術に対する低出力超音波パルス治療(LIPUS)の骨癒合促進効果 日本手外科学会雑誌. 2018.11; 35 (2): 179-181. ( 医中誌 )

  367. 平井 高志, 大川 淳. 【しびれ・痛みに対する整形外科診療の進歩】 疾患・病態別の診断・治療 頸椎・上肢 頸椎症に関連するしびれ・痛みに対する薬物治療の効果 神経障害性疼痛治療薬1stラインの薬剤を中心に 別冊整形外科. 2018.10; (74): 96-99. ( 医中誌 )

  368. 藤田 浩二, 黒岩 智之, 大川 淳. 【しびれ・痛みに対する整形外科診療の進歩】 疾患・病態別の診断・治療 頸椎・上肢 母指回内運動に着目した手根管症候群診断の試み 別冊整形外科. 2018.10; (74): 110-114. ( 医中誌 )

  369. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 【しびれ・痛みに対する整形外科診療の進歩】 疾患・病態別の診断・治療 診断法 神経磁界計測による脊髄から末梢神経までの機能診断 別冊整形外科. 2018.10; (74): 206-211. ( 医中誌 )

  370. 公平 勇二, 鳥越 一郎, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 大川 淳, 新井 嘉容. K-wireガイド下フリーハンド挿入法(KF法)における胸腰椎椎弓根スクリューの椎骨レベル別逸脱率とその危険因子の検討 透視下経皮的挿入法との比較 Journal of Spine Research. 2018.10; 9 (10): 1520-1524. ( 医中誌 )

  371. 銅冶 英雄, 大川 淳. 【しびれ・痛みに対する整形外科診療の進歩】 理学療法 腰痛および下肢の痛みとしびれに対する経験的治療に基づいた運動療法 別冊整形外科. 2018.10; (74): 45-49. ( 医中誌 )

  372. 平井高志、坂井顕一郎、吉井俊貴、大川淳. 椎弓形成術 アップデート 頚椎椎弓形成術術前の頚椎矢状面アライメントは術後治療成績・予後の予測因子となるか-3つの検討から 臨床整形外科. 2018.08; 53 (8): 669-674.

  373. 平井高志、吉井俊貴、大川淳. 頚部痛の病態・頚椎症の診療最前線 医学と薬学. 2018.08; 75 (8): 917-923.

  374. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 大川 淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロック 自己調節持続皮下注射との比較検討 Hip Joint. 2018.08; 44 (1): 88-93. ( 医中誌 )

  375. 松倉 遊, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 【頸椎前方手術Up To Date】 チタンコーティングPEEKケージと多孔質HAp/Col人工骨を用いた頸椎前方椎体間固定術 脊椎脊髄ジャーナル. 2018.08; 31 (8): 715-720. ( 医中誌 )

  376. 田口 敏彦, 岩崎 幹季, 根尾 昌志, 石井 賢, 國府田 正雄, 三原 久範, 吉井 俊貴, 山崎 正志, 大川 淳, 松本 守雄, 金 彪, 高橋 敏行, 高安 正和, 谷 諭, 水野 順一, 黒川 龍, 高見 俊宏, 野崎 和彦, 木内 博之, 大畑 建治, 日本脊椎脊髄病学会, 日本製形外科学会, 日本脊髄外科学会, 日本脳神経外科学会, 頸椎人工椎間板適正使用基準策定委員会, 新技術評価検証委員会. 頸椎人工椎間板適正使用(ガイドライン) 頸椎人工椎間板置換術 適正使用基準(第4版) 脊髄外科. 2018.08; 32 (2): 223-227. ( 医中誌 )

  377. 田中 雄太, 志村 治彦, 富澤 將司, 小山 恭史, 大川 淳. 初診時に見逃された上腕骨小頭骨折後変形治癒に対し矯正骨切り術を行った1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2018.08; 49 (4): 191-194. ( 医中誌 )

  378. 平井高志、吉井俊貴、大川淳. 【骨・関節疾患の診療の最前線(I)】 頚部痛の病態・頚椎症の診療最前線 医学と薬学. 2018.07; 75 (8): 917-923. ( 医中誌 )

  379. 平井 高志, 榎本 光裕, 鏑木 秀俊, 横山 裕之, 永田 哲也, 横田 隆徳, 大川 淳. 【腰痛治療の革新-慢性腰痛・神経障害性疼痛に対する治療のbreakthrough】 神経障害性疼痛のメカニズム探索と分子標的による新規治療戦略 Journal of Spine Research. 2018.06; 9 (6): 1022-1030. ( 医中誌 )

  380. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 吉井 俊貴, 平井 高志, 大谷 和之, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 将司, 前原 秀二, 大川 淳. 【腰痛治療の確信-エビデンスが構築された治療法】 成人脊柱変形に対する手術治療の多施設調査 Journal of Spine Research. 2018.06; 9 (6): 994-998. ( 医中誌 )

  381. 小山 恭史, 志村 治彦, 富澤 將司, 仲津留 恵日, 山本 皓子, 大川 淳. 鎖骨骨幹部骨折手術における鎖骨上神経温存の有用性 東日本整形災害外科学会雑誌. 2018.06; 30 (2): 174-177. ( 医中誌 )

  382. 田野敦寛, 王耀東, 福島和之, 黒佐義郎, 藤田浩二, 大川淳. PTH製剤による高齢者の大腿骨頚部骨折予防効果の検討-CT有限要素法による力学解析- オルソタイムズ. 2018.05; 12 (No1):

  383. 平井 高志, 吉井 俊貴, 名越 慈人, 西村 空也, 森 幹士, 竹内 一裕, 大川 淳, 川口 善治. 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】画像診断 頸椎後縦靱帯骨化症患者の全脊柱CTを用いた脊柱靱帯骨化巣局在パターンの評価 大規模多施設後ろ向き研究 整形外科(0030-5901). 2018.05; 69 (6): 532-538. ( 医中誌 )

  384. 猪瀬 弘之, 斎藤 正徳, ミラディリ・ムラテ , 高橋 晃, 大川 淳. 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】基礎研究 靱帯骨化発生・進展に注目した骨・軟骨代謝調節機構の解明 整形外科. 2018.05; 69 (6): 525-531. ( 医中誌 )

  385. 今釜 史郎, 安藤 圭, 小林 和克, 石黒 直樹, 松本 守雄, 川口 善治, 大川 淳. 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】手術的治療の研究 胸椎後縦靱帯骨化症手術における全国多施設前向き研究 中間報告 整形外科. 2018.05; 69 (6): 595-597. ( 医中誌 )

  386. 安藤 圭, 今釜 史郎, 小林 和克, 石黒 直樹, 松本 守雄, 川口 善治, 大川 淳. 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】手術的治療の研究 胸椎黄色靱帯骨化症手術における多施設前向き研究 中間報告 整形外科. 2018.05; 69 (6): 617-619. ( 医中誌 )

  387. 吉井 俊貴, 大川 淳. 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】手術的治療の研究 頸椎後縦靱帯骨化症に対する後方除圧固定術 整形外科. 2018.05; 69 (6): 585-589. ( 医中誌 )

  388. 進藤 重雄, 水野 広一, 大谷 和之, 中井 修, 大川 淳. 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】手術的治療の研究 胸椎後縦靱帯骨化症に対する前方骨化浮上術 整形外科. 2018.05; 69 (6): 601-611. ( 医中誌 )

  389. 江面 陽一, 大川 淳. 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】基礎研究 GWAS成果に基づくリスク遺伝子の同定と機能解明 整形外科. 2018.05; 69 (6): 520-524. ( 医中誌 )

  390. 大川 淳. 【脊椎脊髄手術の安全性を高める予防と対策】 (第2章)術前 脊椎脊髄手術におけるインフォームドコンセント 脊椎脊髄ジャーナル. 2018.04; 31 (4): 288-294. ( 医中誌 )

  391. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨粗鬆症性脊椎骨折の治療 Cutting Edge 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具療法の検討 全国多施設前向き研究結果 中間報告 臨床整形外科. 2018.04; 53 (4): 279-286. ( 医中誌 )

  392. 加藤 剛, 猪瀬弘之, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具療法の検討-全国T施設前向き研究中間報告- 臨床整形外科. 2018.04; 53 (4):

  393. 太田 剛, 鏑木 秀俊, 大川 淳. 投球骨折の装具療法を用いた保存的治療の検討 骨折. 2018.04; 40 (2): 319-321. ( 医中誌 )

  394. 王 耀東, 藤田 浩二, 若林 良明, 黒佐 義郎, 大川 淳. 大腿骨頚部骨折を予防すべき非定型大腿骨骨折患者の特徴 東日本整形災害外科学会雑誌. 2018.03; 30 (1): 48-51.

  395. 大川 淳. 【脊椎脊髄外科~首から腰までの背骨の病気の診断と治療】 頸部痛・腰痛と保存治療 月刊レジデント. 2018.03; 11 (3): 6-13. ( 医中誌 )

  396. 藤田 浩二, 大川 淳. 関東若手手外科医による鏡視下手術の現状 鏡視下手術の現状調査 関東整形災害外科学会雑誌. 2018.03; 49 (臨増号外): 93. ( 医中誌 )

  397. 王 耀東, 若林 良明,黒佐 義郎,藤田 浩二,大川 淳. 非定型大腿骨骨折の発症高位別分類の検証 骨折. 2018.02; 40 (1): 6-9.

  398. 太田 剛, 大沼 円, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 若林 良明, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折掌側ロッキングプレートにおける橈骨茎状突起刺入スクリュー位置の新しい指標と術後整復位との相関の検討 日本手外科学会雑誌. 2018.02; 34 (5): 768-770. ( 医中誌 )

  399. 藤田浩二, 黒岩智之, 大川淳. 1. 頚椎・上肢: 母指回内運動に着目した手根管症候群診断の試み 別冊整形外科. 2018.01; 37 (74): 110-114.

  400. 大川 淳. 特定機能病院に求められる医療安全体制 茨城県厚生連病院学会雑誌. 2017.12; 30 3-14. ( 医中誌 )

  401. 太田 剛, 大沼 円, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 若林 良明, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折marginal fractureに対する治療方法 プレート選択と併用処置について 日本手外科学会雑誌. 2017.12; 34 (3): 442-444. ( 医中誌 )

  402. 青木 隼人, 大谷 和之, 進藤 重雄, 水野 広一, 三宅 論彦, 草野 和生, 谷山 崇, 中井 修, 大川 淳. 成人脊柱変形に対する変形矯正固定術の周術期および術後合併症の検討 Journal of Spine Research. 2017.10; 8 (10): 1650-1654. ( 医中誌 )

  403. 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 【高齢者(75歳以上)の運動器変性疾患に対する治療】 脊椎の変性疾患に対する高齢者治療 頸椎変性疾患 高齢者頸髄症に対する頸椎前方手術の成績 別冊整形外科. 2017.10; (72): 85-87. ( 医中誌 )

  404. 橋本 恭子, 砂村 聡子, 越智 広樹, 大川 淳, 二口 充, 竹田 秀, 佐藤 信吾. 悪性骨・軟部腫瘍転移制御への道 がん細胞由来分泌型マイクロRNAが造骨型骨転移を惹起する 日本整形外科学会雑誌. 2017.08; 91 (8): S1707. ( 医中誌 )

  405. 平井 高志, 榎本 光裕, 大川 淳, 横田 隆徳. TRPV1を標的としたshRNA-AAV serotype 9くも膜下腔投与は神経因性疼痛マウスの熱知覚過敏を有意に抑制する お茶の水医学雑誌. 2017.07; 65 (2): 237-245. ( 医中誌 )

  406. 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 大路 駿介, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 【高齢者の脊柱変形Up to Date】(第1章)疫学・症候 脊柱後彎を伴う高齢者の腰背筋筋活動と頸部筋活動への応用 脊椎脊髄ジャーナル. 2017.04; 30 (4): 301-307. ( 医中誌 )

  407. 王 耀東, 藤田 浩二, 大川 淳, 黒住 健人, 新藤 正輝. 経肘頭脱臼骨折に対する手術アプローチの工夫 後方グローバルアプローチ変法の考案 骨折. 2017.04; 39 (2): 242-245. ( 医中誌 )

  408. 野呂瀬 美生, 若杉 琢磨, 白坂 律郎, 藤田 浩二, 大川 淳. 高校生男子のウエイトトレーニング中に発症した両側橈骨遠位骨端線離開の1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2017.03; 29 (1): 84-88. ( 医中誌 )

  409. 野呂瀬 美生, 王 耀東, 大川 淳. 寛骨臼骨折の術中整復操作により止血困難な上臀動脈損傷をきたした1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.02; 48 (1): 16-20. ( 医中誌 )

  410. 平井 高志, 吉井 俊貴, 岩波 明生, 竹内 一裕, 森 幹士, 山田 剛史, 西村 空也, 松本 守雄, 中村 雅也, 大川 淳, 川口 善治. 頸椎後縦靱帯骨化症患者の全脊椎CTを用いた脊柱靱帯骨化の評価 大規模多施設研究に基づいて特に後縦靱帯骨化巣と項靱帯骨化巣に着目してJOSL CT study Journal of Spine Research. 2017.02; 8 (2): 132-138. ( 医中誌 )

  411. 加藤 剛, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 大川 淳, 川嶌 眞人. 高気圧酸素治療の現状と可能性 高気圧酸素治療の脊髄神経疾患に対する効果 臨床整形外科. 2016.10; 51 (10): 915-920. ( 医中誌 )

  412. 大川 淳. 【初期研修医・後期研修医のための必修整形外科】 整形外科専門医制度 整形外科研修制度の現状 専門医取得まで 関節外科. 2016.10; 35 (10月増刊): 6-9. ( 医中誌 )

  413. 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳, 湯浅 将人, 松倉 遊, 鳥越 一郎, 水野 広一. 【骨折(四肢・脊椎脊髄外傷)の診断と治療(その1)】 脊椎 びまん性特発性骨増殖症例における骨折 びまん性特発性骨増殖症に発生した脊椎骨折のパターンと治療法 別冊整形外科. 2016.10; (70): 206-210. ( 医中誌 )

  414. 富澤 將司, 志村 治彦, 仲津留 恵日, 雨宮 正樹, 大川 淳, 吉井 俊貴. 後方進入椎体摘出術(VCR)後の深部感染に対する1治療経験 Journal of Spine Research. 2016.10; 7 (10): 1518-1521. ( 医中誌 )

  415. 大川 淳. 【整形外科の新専門医制度】 整形外科研修プログラム応募のポイント 整形・災害外科. 2016.09; 59 (10): 1303-1308. ( 医中誌 )

  416. 木村 晶理, 松原 正明, 野木 圭介, 山田 淳, 加瀬 雅士, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 大腿骨座標系における骨頭中心の三次元的な位置が人工股関節全置換術前後にどう変化するか Hip Joint. 2016.08; 42 (1): 100-104. ( 医中誌 )

  417. 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎内視鏡手術における3D converter、ヘッドマウントモニターの使用経験 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌. 2016.07; 8 (1): 41-45. ( 医中誌 )

  418. 川端 茂徳, 角谷 智, 牛尾 修太, 大川 淳. 【「術中脳脊髄モニタリングの現状と問題点」整形外科における脊髄モニタリングの最近の動向】 経頭蓋刺激筋誘発電位、経頭蓋刺激脊髄誘発電位、spontaneous EMGによる術中脊髄モニタリング 臨床神経生理学. 2016.06; 44 (3): 138-142. ( 医中誌 )

  419. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 富澤 將司, 大川 淳. 【骨粗鬆症性椎体骨折-治療の現状と問題点】 骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方進入脊柱再建術 整形・災害外科. 2016.06; 59 (7): 957-963. ( 医中誌 )

  420. 吉井 俊貴, 角谷 智, 大川 淳. 【脊椎外傷-捻挫から脊髄損傷まで】(第2章)脊椎損傷の診断と治療 軸椎関節突起間骨折(ハングマン骨折) 脊椎脊髄ジャーナル. 2016.04; 29 (4): 311-316. ( 医中誌 )

  421. 太田 剛, 大沼 円, 若林 良明, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 低出力超音波治療(LIPUS)による小児陳旧性骨性槌指の治療経験 日本手外科学会雑誌. 2016.04; 32 (6): 973-975. ( 医中誌 )

  422. 平井 敬悟, 小柳 広高, 澤村 千草, 阿江 啓介, 大川 淳, 西村 ゆう, 石川 文隆, 石田 剛, 眞鍋 淳. 骨に発生した類上皮血管内皮腫の2例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2016.03; 28 (1): 90-95. ( 医中誌 )

  423. 天野 祐輔, 神野 哲也, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 大川 淳. 人工股関節再置換術におけるドレーン先端培養の意義 手術部位感染の予測因子として 東日本整形災害外科学会雑誌. 2016.03; 28 (1): 6-9. ( 医中誌 )

  424. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する術式選択 前方法、後方法の比較 Journal of Spine Research. 2016.01; 7 (1): 20-24. ( 医中誌 )

  425. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. 経頭蓋刺激筋誘発電位測定(BR-MSEP)における高頻度train刺激による波形増幅効果の検証 脊髄機能診断学. 2016.01; 36 (1): 88-93. ( 医中誌 )

  426. 吉原 有俊, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳, 神野 哲也. 人工股関節全置換術後患者に対する静脈血栓塞栓症予防 術前リスクスコアリングによる抗凝固薬の用量調節の有用性 日本人工関節学会誌. 2015.12; 45 657-658. ( 医中誌 )

  427. 志村 治彦, 二村 昭元, 藤田 浩二, 宮本 崇, 大川 淳. Bennett骨折に対するmini screw固定の治療成績 日本手外科学会雑誌. 2015.11; 32 (2): 114-116. ( 医中誌 )

  428. 山田 剛史, 吉井 俊貴, 大川 淳, 早乙女 進一. 【整形外科領域における移植医療】 総論 新規人工材料の開発と課題 骨髄間葉系幹細胞移植による骨再生とその課題 別冊整形外科. 2015.10; (68): 24-28. ( 医中誌 )

  429. 吉井 俊貴, 橋本 泉智, 大川 淳. 【整形外科領域における移植医療】 骨および軟骨に対する人工・生体材料、組織細胞移植の臨床成績 脊椎 頸椎前方除圧固定術における緻密質・多孔質複層ハイドロキシアパタイトの有用性 別冊整形外科. 2015.10; (68): 97-100. ( 医中誌 )

  430. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 草野 和生, 佐藤 浩一, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する低侵襲胸腰椎前後方固定術 従来手技との比較 Journal of Spine Research. 2015.10; 6 (10): 1530-1534. ( 医中誌 )

  431. 友利 正樹, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 佐藤 浩一, 大川 淳. 椎体骨折後局所後彎変形に対する矯正固定術後のアライメント変化 Journal of Spine Research. 2015.10; 6 (10): 1474-1477. ( 医中誌 )

  432. 片山 隆之, 水野 広一, 進藤 重雄, 北原 建彰, 大谷 和之, 請川 大, 竹村 昌敏, 歌川 蔵人, 中井 修, 大川 淳. 80歳以上の高齢者頸部脊髄症に対する頸椎前方手術の成績 関東整形災害外科学会雑誌. 2015.10; 46 (5): 220-224. ( 医中誌 )

  433. 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 佐藤 浩一, 大川 淳. 【整形外科領域における移植医療】 骨および軟骨に対する人工・生体材料、組織細胞移植の臨床成績 脊椎 頸椎前方椎体間固定術における新しい人工骨 多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲンの有用性 別冊整形外科. 2015.10; (68): 101-106. ( 医中誌 )

  434. 早乙女 進一, 阿江 啓介, 松本 誠一, 新井 嘉容, 真鍋 淳, 小柳 広高, 吉井 俊貴, 大川 淳. 人工骨移植の現状と展望 多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col) 臨床整形外科. 2015.10; 50 (10): 959-966. ( 医中誌 )

  435. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸静脈内投与の効果と凝固線溶系に与える影響 Hip Joint. 2015.08; 41 804-808. ( 医中誌 )

  436. 金 民大, 鳥越 一郎, 白澤 進一, 大川 淳. 骨盤牽引により効果的に術前整復しえた胸腰椎移行部破裂骨折の1例 関東整形災害外科学会雑誌. 2015.08; 46 (4): 157-160. ( 医中誌 )

  437. 若林 良明, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 宗田 大, 大川 淳. 早期診断・手術によりシーズン中の復帰を果たしたバレーボール女子Vリーグ選手の転位のない手舟状骨骨折の1例 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2015.07; 35 (3): 215-218. ( 医中誌 )

  438. 坂井 顕一郎, 前原 秀二, 新井 嘉容, 相馬 真, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 平井 高志, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頚椎椎弓形成術後の後弯化と椎弓再閉鎖の危険因子 頚椎矢状面バランスに着目して 臨床整形外科. 2015.07; 50 (7): 621-628. ( 医中誌 )

  439. 大沼 円, 太田 剛, 新関 祐美, 小林 裕, 大川 淳. 転位のある鎖骨骨幹部骨折に対するロッキングプレート固定術の治療成績 東日本整形災害外科学会雑誌. 2015.06; 27 (2): 127-130. ( 医中誌 )

  440. 鈴木 聡, 小柳 広高, 大川 淳. パスツール処理骨に多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン製人工骨を充填し早期骨形成が得られた上腕骨傍骨性骨肉腫の1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2015.06; 27 (2): 173-178. ( 医中誌 )

  441. 柳澤 克昭, 鳥越 一郎, 松村 恵津子, 鈴木 崇史, 白澤 進一, 大川 淳. 除圧術により加療した椎間孔内発生ガス含有腰椎椎間板ヘルニアの1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2015.06; 27 (2): 155-158. ( 医中誌 )

  442. 佐々木 亨, 大谷 和之, 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 相馬 真, 佐藤 陽介, 雨宮 正樹, 中井 修, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する経皮的椎体形成術後に高侵襲の脊柱再建術を要した治療経験 関東整形災害外科学会雑誌. 2015.04; 46 (2): 70-74. ( 医中誌 )

  443. 新関 祐美, 太田 剛, 若林 良明, 石突 正文, 大川 淳. 小児の新鮮前腕骨骨折に対する低出力パルス超音波治療(LIPUS)の治療成績 日本手外科学会雑誌. 2015.02; 31 (5): 623-625. ( 医中誌 )

  444. 大沼 円, 若林 良明, 二村 昭元, 藤田 浩二, 鈴木 英嗣, 大川 淳. 術後に持続腕神経叢伝達麻酔を用いた肘・手指関節手術の治療経験 日本手外科学会雑誌. 2015.02; 31 (5): 747-751.

  445. 若林 良明, 二村 昭元, 石井 宣一, 藤田 浩二, 鈴木 英嗣, 大川 淳. 手術治療を行った医原性末梢神経損傷の検討 日本手外科学会雑誌. 2015.02; 31 (5): 761-764.

  446. 新関 祐美, 太田 剛, 若林 良明, 大川 淳. 成人における指節骨頸部回転転位骨折の治療経験 骨折. 2015.02; 37 (1): 10-13. ( 医中誌 )

  447. 太田 剛, 新関 祐美, 若林 良明, 大川 淳. 橈骨遠位端新鮮骨折に対する掌側ロッキングプレートと低出力超音波パルスの併用療法 日本手外科学会雑誌. 2015.02; 31 (5): 593-595. ( 医中誌 )

  448. 若林 良明, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大沼 円, 鈴木 英嗣, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折用Polyaxial Locking Plate 2種のlocking機構の安定性の比較検討 日本手外科学会雑誌. 2014.12; 31 (3): 201-204. ( 医中誌 )

  449. 兵藤 彰信, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 大川 淳. 胸髄部自己免疫性肥厚性硬膜炎の1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2014.12; 26 (4): 444-447. ( 医中誌 )

  450. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 星野 ちさと, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. THAアプローチ 異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性と術後姿勢指導の必要性 日本人工関節学会誌. 2014.12; 44 161-162. ( 医中誌 )

  451. 大川 淳. 【ロコモティブシンドロームの要因としての上・下肢の痛みとしびれ-運動器の10年-】 痛みとしびれをきたす主な疾患(下肢) 腰部脊柱管狭窄症 クリニシアン. 2014.11; 61 (11): 1074-1079. ( 医中誌 )

  452. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 折井 久弥, 友利 正樹, 草野 和生, 榊 経平, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対する椎弓形成術と前方除圧固定術の頸椎矢状面バランス変化 Journal of Spine Research. 2014.10; 5 (10): 1377-1381. ( 医中誌 )

  453. 吉井 俊貴, 大川 淳. 【整形外科の手術手技-私はこうしている】 脊椎・骨盤・体幹 頸椎 頸椎後縦靱帯骨化症に対するハイドロキシアパタイトを使用した前方除圧固定術 別冊整形外科. 2014.10; (66): 184-188. ( 医中誌 )

  454. 中村香織,王耀東,福島和之,黒佐義郎,若林良明,大川淳. 小児上腕骨顆上骨折に合併する血管損傷に対する診断・治療方針の検討 骨折. 2014.09; 36 (4): 830-833.

  455. 小谷野 岳, 神野 哲也, 古賀 大介, 川端 茂徳, 大川 淳. 整形外科でのITの活用(第9回) 教育・研究編 iPadを用いた整形外科専門医試験学習法 関節外科. 2014.09; 33 (9): 992-994. ( 医中誌 )

  456. 太田 剛, 大川 淳. 小児橈骨頭頸部骨折に対する経皮的鋼線整復治療の経験 骨折. 2014.09; 36 (4): 827-829. ( 医中誌 )

  457. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 宮武 和正, 高田 亮平, 麻生 義則, 瀬川 裕子, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム形状の違いによるTHAの周術期凝固線溶系変化の比較 Hip Joint. 2014.08; 40 979-983. ( 医中誌 )

  458. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 平尾 昌之, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム長の違いがステムの前捻角とアライメントに及ぼす影響 Hip Joint. 2014.08; 40 616-619. ( 医中誌 )

  459. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊椎固定術を施行した骨粗鬆症患者における週1回投与型PTH製剤と連日投与型PTH製剤の骨癒合および骨リモデリングへの影響についての比較検討(中間報告) Osteoporosis Japan. 2014.07; 22 (3): 542-545. ( 医中誌 )

  460. 吉井 俊貴, 大川 淳. 【高齢者脆弱性骨折の予防と治療】 高齢者脆弱性骨折の治療 部位別各論 脊椎椎体短縮法と後方進入椎体骨切り再建術 整形外科. 2014.07; 65 (8): 829-834. ( 医中誌 )

  461. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 折井 久弥, 友利 正樹, 草野 和生, 榊 経平, 佐藤 浩一, 大川 淳. 多椎間(2.3椎間)PLIF術後のアライメント変化と術後成績 術前アライメント良好例と不良例の比較 Journal of Spine Research. 2014.06; 5 (6): 972-975. ( 医中誌 )

  462. 橋本 淳, 若林 良明, 二村 昭元, 志村 治彦, 請川 円, 大川 淳. 上肢手術の術前凝固検査値の検討 術中止血困難にて血友病と診断された症例の経験から 東日本整形災害外科学会雑誌. 2014.06; 26 (2): 203-206. ( 医中誌 )

  463. 王 耀東, 黒佐 義郎, 福島 和之, 中村 香織, 若林 良明, 大川 淳. 高齢者の下腿開放骨折に対する治療経験 骨折. 2014.06; 36 (3): 697-700. ( 医中誌 )

  464. 沼野 藤希, 前原 秀二, 大川 淳. 術中エコーにて病態を確認した胸椎部硬膜内くも膜嚢腫の3例 日本脊髄障害医学会雑誌. 2014.05; 27 (1): 140-141. ( 医中誌 )

  465. 若林 良明, 望月 智之, 林 将也, 宗田 大, 大川 淳. トップレベルラグビー選手5例の手根部外傷の治療経験 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2014.05; 34 (2): 179-183. ( 医中誌 )

  466. 雨宮 正樹, 大谷 和之, 北原 建彰, 大川 淳. 胸椎黄色靱帯骨化症に対する広範椎弓切除術の手術成績 日本脊髄障害医学会雑誌. 2014.05; 27 (1): 126-127. ( 医中誌 )

  467. 古賀 大介, 神野 哲也, 大川 淳. 【人工関節置換術-最新の知見】 人工関節の臨床成績(中~長期含む) 股関節の人工関節 人工股関節全置換術における術前冠状面アライメント可動性を考慮した脚延長量設定 別冊整形外科. 2014.04; (65): 169-172. ( 医中誌 )

  468. 川端 茂徳, 大川 淳. 【整形外科イメージングの進歩】 (Part1)脊髄・神経根・末梢神経 脊磁図(MagnetoSpinoGraphy)による脊髄機能診断 Bone Joint Nerve. 2014.04; 4 (2): 253-258. ( 医中誌 )

  469. 大川 淳. 【脊椎骨粗鬆症・圧迫骨折に対する治療戦略-薬物治療を中心に】 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具療法と薬物療法の意義 脊椎脊髄ジャーナル. 2014.03; 27 (3): 179-184. ( 医中誌 )

  470. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 折井 久弥, 榊 経平, 佐藤 浩一, 大川 淳. 広範囲(3椎間以上)頸椎前方術後の頸椎矢状面バランス変化 椎体亜全摘除圧固定vs.椎間除圧固定 東日本整形災害外科学会雑誌. 2014.03; 26 (1): 81-84. ( 医中誌 )

  471. 吉井 俊貴, 大川 淳. 【頸部脊髄症の診療】 頸椎症性脊髄症に対する前方法と後方法の比較 Orthopaedics. 2014.02; 27 (2): 71-77. ( 医中誌 )

  472. 佐々木 真一, 小森 博達, 北原 建彰, 沼野 藤希, 前原 秀二, 四宮 謙一, 大川 淳. 腰椎変性疾患に対する内視鏡下片側進入両側除圧術の治療成績 Journal of Spine Research. 2013.08; 4 (8): 1270-1273. ( 医中誌 )

  473. 鏑木 秀俊, 若林 良明, 二村 昭元, 平井 高志, 大川 淳. 両側特発性手根管症候群の片側手術後における非手術側の臨床経過 日本手外科学会雑誌. 2013.02; 29 (5): 470-472. ( 医中誌 )

  474. 瀬川 裕子、西須 孝、柿﨑 潤、亀ヶ谷 真琴、神野 哲也、大川 淳. 高齢発症Perthes病に対する大腿骨転子部屈曲骨切り術の短期成績 別冊整形外科. 2013; 64 141-145.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament (Third Edition). Springer, 2020 Evaluation of Distribution Patterns of Spinal Ligament Ossification Using Whole-Spine Computed Tomography in Patients with Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yuko Segawa, Tetsuya Jinno, Masaaki Matsubara, Yusuke Matsuyama, Takeo Fujiwara, Atsushi Okawa. Do adult hip dysplasia patients who underwent periacetabular osteotomy recommend Salter innominate osteotomy for children to prevent hip osteoarthritis?. The KHS 40th Anniversary:2021 International Congress of the Korean Hip Society 2021.09.09 Seoul, Korea

  2. Atsushi Miyaoka, Shigenori Kawabata, Jun Hashimoto, Yoshiaki Adachi, Hidekazu Yaginuma, Hiroshi Deguchi, Yoshihisa Naijo, Taishi Watanabe, Koki Ishida, Toshihiko Hosoya, Atsushi Okawa. Imaging spinal cord neuronal spikes in rodents by magnetoneurography. The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society・The 1st CJK International Meeting 2021.07.28 神戸

  3. Yuko Segawa, Reiko Yamaguchi, Kazumasa Miyatake, Atsushi Okawa. Four-years experience with new screening system on developmental dysplasia of the hip. 13th Combined Meeting of Asia Pacific Spine Society & Asia Pacific Paediatric Orthopaedic Society 2021.06.09 online

  4. Takahisa Ogawa, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Association between Hospital Surgical Volume and Complications after Total Hip Arthroplasty in Femoral Neck Fracture: a Propensity Score-matched Cohort Study. 94th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2021.05.20 Tokyo Japan

  5. Takahisa Ogawa, Toshitaka yoshii, Atsushi Okawa. Seasonality in postoperative complications after hip fracture surgery:Retrospective nationwide inpatient database research. 94th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2021.05.20 Tokyo Japan

  6. Takahisa Ogawa, Testuya Jinno , Atsushi Okawa. Age and perioperative outcomes after hip fracture surgery: Does octogenarian, nonagenarian, centenarian matter? . 94th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2021.05.20 Tokyo Japan

  7. Takahisa Ogawa, Toshitaka yoshii, Atsushi Okawa. Seasonal impact on surgical site infections in hip fracture surgery: Analysis of 330,803 cases using a nationwide inpatient database. 94th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2021.05.20 Tokyo Japan

  8. Ogawa Takahisa, Yoshii Toshitaka, Morishita Shingo, Oh Yoto, Miyatake Kazumasa, Okawa Atsushi. Association between hemiarthroplasty vs. total hip arthroplasty and major surgical complications among patients with femoral neck fracture. 94th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2021.05.20 Tokyo Japan

  9. Kaku Takumi, Oh Yoto, Sato Shingo, Koyanagi Hirotaka, Hirai Takashi, Yuasa Masato, Yoshii Toshitaka, Okawa Atsushi. Prevalence of precursory signs for atypical femoral fractures in cancer bone metastasis patients with bone-modifying agent use: A cross-sectional study). 94th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2021.05.20 Tokyo, JAPAN

  10. 橋本 淳, 川端 茂徳, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 森下 真伍, 松倉 遊, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測(脊磁図)による健常者胸髄神経活動の非侵襲的機能評価. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  11. Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atushi Okawa. Development of a Guide for the Conservative Treatment for Acute OVF (osteoporotic vertebral fracture) according to a Prospective, Randomized, Multicenter Study by the Comparison of Hard and Soft-brace Treatments. The 23rd Seminar of the Study Group for Nerve and Spine(SGNS) 2021.02.20

  12. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Atsushi Okawa. Predictors of residual low back pain after acute osteoporotic compression fracture: a prospective, multicenter cohort study. EUROSPINE 2020 2020.10.09

  13. Koji Fujita, Aakimoto Nimura, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa. Gait characteristics and fall tendency of patients with distal radius fracture. ASSH 2020 2020.10.02 Online

  14. Kaku Takumi, Oh Yoto, Sato Shingo, Koyanagi Hirotaka, Hirai Takashi, Yuasa Masato, Yoshii Toshitaka, Okawa Atsushi. Atypical femoral fractures in patients with metastatic bone disease: An alert report. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  15. Takafumi Koyama, Tomoyuki Kuroiwa, Koji Fujita, Aakimoto Nimura, Atsushi Okawa. Comparing Kapandji scores with thumb pronation and palmar abduction angles. APFSSH/APFSHT2020 2020.03.14 Melbourne, Australia

  16. Koji Fujita, Aakimoto Nimura, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa. Gait analysis of patients with distal radius fracture using a novel Laser-TUG system. APFSSH/APFSHT2020 2020.03.14 Melbourne, Australia

  17. Jun Hashimoto,Shigenori Kawabata, Toru Sasaki, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Miyano, Shinji Sato, Yuki Mitani, Sukchan Kim, Atsushi Okawa. Magnetospinography is a noninvasive and useful modality to visualize electrophysiological activities in the lumbar radiculopathy. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  18. S. Kim,S. Kawabata, M. Akaza, K. Sekihara, Y. Hoshino, T. Sasaki, T. Watanabe, Y. Miyano, S. Sato, Y .Mitani, T. Yamaga, Y. Adachi, A. Okawa. VISUALIZATION OF NEURAL ACTIVITIES IN LUMBAR SPINE IN RESPONSE TO THE SCIATIC NERVE STIMULATION BY MAGNETONEUROGRAPHY. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  19. Toru Sasaki,Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Miho Akaza, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Shinji Sato, Yuki Mitani, Sukchan Kim, Atsushi Okawa. Visualization of electrophysiological activity in patients with carpal tunnel syndrome using magnetoneurography. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  20. Taishi Watanabe,Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Yuki Miyano, Toru Sasaki, Shuta Ushio, Yoshiaki Adachi, Isamu Ozaki, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. VISUALIZATION OF NERVE ACTIVITIES ALONG THE BRACHIAL PLEXUS AFTER MEDIAN / ULNAR NERVE STIMULATION USING A MAGNETONEUROGRAPHY SYSTEM. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  21. Shigenori Kawabata,Toru Sasaki, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Miyano, Atsushi Okawa. Diagnosis of conduction block in cervical myelopathy patients by non-invasive magnetospinography. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  22. Satoshi Sumiya,Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Cervical spinal cord injury associated with neck flexion in posterior cervical decompression -Verification by intraoperative spinal cord monitoring-. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  23. Satoshi Sumiya,Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Taishi Watanabe, Yuki Miyano, Sukchan Kim, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa. Visualization of electrophysiological activity in the cervical spinal cord using Magnetospinography. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  24. Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa. Predictors of surgical site infection after spinal instrumentation surgery: A consecutive series. Eurospine 2019 2019.10.16 HELSINKI, FINLAND

  25. Hirotaka Koyanagi, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Shingo Sato, Atsushi Okawa. Experience of successful surgical treatment for lumbar giant cell tumour. ISOLS 2019 Meeting Athens 2019.09.11 Greece

  26. Oh Y,Yamamoto K, Hashimoto J, Fujita K, Yoshii T, Fukushima K, Kurosa Y, Wakabayashi Y, Kitagawa M, Okawa A. Validation of newly devised subtype classification for atypical femoral fracture. 8th Fragility Fracture Network Global Congress 2019 2019.08.28 Oxford England

  27. Kaku T, Oh Y, Miyatake K, Yoshii T, Okawa A. Trial of geriatrician-led treatment system for elderly patients with hip fractures. 8th FFN Global Congress 2019.08.28

  28. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. A Prospective, Randomized, Multicenter Study of Brace Treatments for Acute Osteoporotic Vertebral Compression Fracture. NASS2019 Summer Spine Meeting 2019.08.03 Honolulu, Hawaii

  29. Koji Fujita, Tomoyuki Kuroiwa, Akimoto Nimura, Atsushi Okawa. Development of method for measuring the thumb pronation and palmar abduction angles during opposition movement using a three-axis gyroscope. 14th IFSSH & 11th IFSHT Triennial Congress with combined FESSH Congress 2019.06.21 Berlin, Germany

  30. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shuta Ushio, Hiroaki Onuma, Atsuyuki Kawabata, Atsushi Okawa. Surgical outcomes of thoracic arachnoid web: a case series . ICORS 2019 2019.06.19 Montreal, Canada

  31. Atsuyuki Kawabata, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Hiroaki Onuma, Shuta Ushio, Atsushi Okawa. Identification of Predictive Factors for Mechanical Complications after Adult Spinal Deformity Surgery; A MultiInsti-tutional Retrospective Study . ICORS 2019 2019.06.19 Montreal, Canada

  32. Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shuta Ushio, Atsuyuki Kawabata, Atsushi Okawa. Influence of Segmental Fusion on Postoperative Outcomes of Bone Grafted and Non-Bone Grafted Double-Door Laminoplasty, the Modified Kirita-Miyazaki Method, for Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy . ICORS 2019 2019.06.19 Montreal, Canada

  33. Naoki Yamamoto, Tomoko Sakai, Dai Ukegawa, Chisato Hoshino, Jinno Tetsuya, Atsushi Okawa. Earlier mobility with T-cane after total knee arthoroplasty influences long-term mobility . 13th International Spcoety of Physical and Rehabilitation medicine World Congress 2019 2019.06.09 Kobe, Japan

  34. Shuta Ushio, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative risk factor of adjacent segment degeneration after two-levels floating posterior fusion at L2-L4 or L3-L5 levels. 46th ISSLS 2019.06.07 Kyoto

  35. Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Development of a guide for the conservative treatment for acute OVF according to a prospective, randomized, multicenter study by the comparison of hard and soft-brace treatments. 46TH ISSLS 2019.06.06 Kyoto

  36. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Tomoyuki Yokoyama, Atsushi Okawa. 3’ UTR alternative splicing of mRNAs may contribute to the mechanisms of peripheral neuropathy.. 46Th ISSLS 2019.06.03 Kyoto

  37. Koji Fujita, Hirotaka Iijima, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Atsuhi Okawa. Gait Analysis Of Patients With Distal Radius Fracture Using A Novel Laser-tug System. The 2019 American College of Sports Medicine 2019.05.30 Orlando, USA

  38. Miho Akaza,Shigenori Kawabata, Taishi watanabe, Yuki Hasegawa, Iida Shintaro, Toru Sasaki, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Tadashi Kanouchi, Yuki Sumi, Atsushi Ohkawa, Takanori Yokota. Diagnosis of C8 radiculopathy by magnetospinogram. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  39. Oh Y,Yamamoto K, Fujita K, Hashimoto J, Wakabayashi Y, Fukushima K, Kurosa Y, Kitagawa M, Okawa A. Biological activity in mid-shaft stress fracture of the bowed femoral shaft is not suppressed as in atypical subtro-chanteric femoral fracture: validation of newly devised subtype classification for atypical femoral fracture. 4th AOTrauma Asia Pacific Scientific Congress 2019.05.24 Taipei Taiwan

  40. Hashimoto J, Oh Y, Yamamoto K, Kitagawa M, Okawa A. Atypical subtrochanteric femoral fracture associated with bowing deformity and total knee arthroplasty: a case report. 4th AOTrauma Asia Pacific Scientific Congress 2019.05.24 Taipei Taiwan

  41. Toshifumi Watanabe, Hideyuki Koga, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Yusuke Nakagawa, Takeshi Muneta, Ichiro Sekiya, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Joint laxity affects clinical outcomes in posterior-stabilized total knee arthroplasty. 92nd Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2019.05.09 Yokohama

  42. Kaku T, Miyatake K, Oh Y, Tano A, Jinno T, Okawa A. Can total hip arthroplasty be indicated for elderly patients with displaced femoral neck fractures?. 20th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2019.05.05 Praha, Czech

  43. Oh Y, Tano A, Kaku T, Okawa A. Ankle arthrodesis using the Masquelet technique for open ankle fracture with substantial . 20th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2019.05.05 Praha, Czech

  44. Kaku T, Oh Y, Kurosa Y, Okawa A. External iliac arterial injury by open pelvic ring fracture: a case report. 20th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2019.05.05 Praha, Czech

  45. Yuko Segawa, Kyoko Hoshino, Kazue Kimura, Yuri Nagao, Masaharu Hayashi, Atsushi Okawa. Histories of visits to orthopaedics in patients with Segawa disease. 12th Combined meeting of Asia Pacific spine society & asia pacific paediatric orthopaedic society 2019.04.04 Incheon, Korea

  46. Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Investigation on factors related to outcomes in of surgical procedures for proximal type of cervical spondylotic amyotroph. 10th CSRS-AP 2019 2019.03.14 Yokohama

  47. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa, Kenichiro Sakai. Increase of fusion segment height may impact on postoperative dislodgement of strut after anterior cervical corpectomy with fusion for multilevel OPLL. 10th CSRS-AP 2019 2019.03.14 Yokohama

  48. Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Atsuyuki Kawabata, Atsushi Okawa . Influence of Segmental Fusion on Postoperative Outcomes of Bone Grafted and Non-bone grafted Double-door Laminoplasty for Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy . 10th CSRS-AP 2019 2019.03.14 Yokohama

  49. Toshitaka Yoshii, Shingo Morishita, Takashi Hirai, Kenichiro Sakai, Atsushi Okawa. Perioperative complications of anterior decompression with fusion vs posterior decompression with fusion for the treatment of cervical ossification of the posterior longitudinal ligament: Propensity score matching analysis using a national inpatient database . CSRS-AP 2019 2019.03.14 Yokohama

  50. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Atsushi Okawa. Accuracy of cup positioning of supine vs. lateral position in total hip arthroplasty using anterolateral approach: A prospective, randomized, controlled trial.. American Academy of Orthopaedic Surgeons 2019.03.12 Las Vegas, USA

  51. Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Kensuke Sekihara, Deguchi Hiroshi, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa. Visualization of neural activity of thoracic spinal cord by magnetospinography system. ACNS 2019 2019.02.06 LasVegas, USA

  52. Satoru Egawa, Keigo Hirai, Rempei Matsumoto,Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Shinichi Sotome. Therapeutic Effect of Antibiotic-loaded Hydroxyapatite Collagen(HAp/Col)Composite on Acute, Bone-Destructive Osteomyelitis in Rats . Orthopaedic Research Society 2019 Annual Meeting 2019.02.02 Austin, TX, USA

  53. Takashi Hirai,Yoshiharu Kawaguchi, Toshitaka Yoshii,Narihito Nagoshi, Kazuhiro Takeuchi, Kanji Mori, Atsushi Okawa. Prevalence of ossified spinal lesions in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament (OPLL)and sex differences in distribution of OPLL:A multicenter cross-sectional study. Orthopaedic Research Society 2019 Annual Meeting 2019.02.02 Austin,TX USA

  54. Koji Fujita, Takuro Watanabe, Yuta Sugiura, Akimoto Nimura, Atsushi Okawa. Developing a tablet-based application for postoperative rehabilitation of patients with carpal tunnel syndrome . American Association for Hand Surgery, Annual Meeting 2019.01.31 Palm Desert, USA

  55. Y. Oh, K. Fujita, Y. Wakabayashi, Y. Kurosa, A. Tano, A. Okawa. Locational characteristics of atypical femoral fractures in Japan. 16th Biennial Conference of the International Society for Fracture Repair 2018.11.27 Kyoto, Japan

  56. T. Kaku, K. Miyatake, Y. Oh, A. Tano, T. Jinno, A. Okawa. Clinical experience with total hip arthroplasty for displaced femoral neck fracture in the elderly. 16th Biennial Conference of the International Society for Fracture Repair 2018.11.27 Kyoto, Japan

  57. Alkebaier Aobulikasimu, Zulipiya Aibibula, Jinying Piao, Shingo Sato, Hiroki Ochi, Kunikazu Tsuji, Atsushi Okawa, Yoshinori Asou. Osteocyte Sirt6 has crucial roles in bone and phosphate metabolism . 第40回米国骨代謝学会Annual meeting for American society for bone and mineral research 2018.09.28 Montreal Canada

  58. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Atsushi Okawa. A prospective randomized study of surgical treatment for degenerative spondylolisthesis. EUROSPINE2018 2018.09.19 Barcelona, Spain

  59. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa. Decreased Grip Strength and Dynamic Body Balancing in Women with Distal Radial Fractures. ASSH 2018 2018.09.13 Boston, USA

  60. Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Toru Sasaki, Satoshi Sumiya, Atsushi Okawa. Visualization of muscle electrical activity after electrical stimulation of the ulnar nerve using superconducting quantum interference device sensors . 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia, USA

  61. Shigenori Kawabata, Toru Sasaki, Shuta Ushio, Satoshi Sumiya, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Takumi Yamaga, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. Diagnosis of conduction block in myelopathy patients by magnetospinography. 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia

  62. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Miho Akaza, Isamu Ozaki, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Atsushi Okawa . Visualization of electrophysiological activity at the carpal tunnel area in response to stimulation of the digital nerve using magnetoneurography. 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia

  63. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Takumi Yamaga, Atsushi Okawa. Magnetospinography visualizes electrophysiological activity in the lumber radiculopathy. 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia

  64. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Toru Sasaki, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Taishi Watanabe, Takumi Yamaga, Yoshiaki Adachi, Hiromichi Komori, Kenichi Shinomiya, Atsushi Okawa. Magnetospinography visualizes electrophysiological activity in the cervical spine after peripheral nerve stimulation. 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia

  65. Taishi Watanabe, Shigenori Kawabata, Yuki Hasegawa, Toru Sasaki, Shuta Ushio, Miho Akaza, Yoshiaki Adachi, Isamu Ozaki, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. Visualization of neural activity in the brachial plexus after ulnar nerve stimuli using magnetoneurography system. 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia, USA

  66. Koji Fujita Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Ryuichi. Kato, Atsushi Okawa. Decreased grip strength and dynamic body balancing in women with distal radial fractures . 7th Fragility Fracture Network Global Congress 2018.07.06 Dublin, Ireland

  67. Naoki Yamamoto, Takuya Oyaizu, Toshiyuki Ohara, Mikio Shioda, Mitsuhiro Enomoto, Yasushi Kojima, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Hyperbaric and high-oxygen environments accelerate muscle strength recovery in contused rat skeletal muscle. . Undersea and Hyperbaric Medical society 2018 Annual Scientific Meeting 2018.06.28 Orlando, USA

  68. Koji Fujita, Takuro Watanabe, Yuta Sugiura, Akimoto Nimura, Atsushi Okawa. Developing a tablet-based application for postoperative rehabilitation of patients with carpal tunnel syndrome . Euro hand 2018 2018.06.14 Copenhagen, Denmark

  69. Hiroyuki Inose, Tshuyoshi Kato, Atsushi Okawa. Comparison of decompression, decompression plus fusion, and decompression plus stabilization for degenerative spondylolisthesis: a prospective, randomized study. Asia Pacific Spine Society 2018.06.07 Taipei

  70. Akira Takahashi, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Masanobu Hirano, Atsushi Okawa. Association Between Intraoperative Injury And Postoperative Change In TFL After Total Hip Arthroplasty Using Direct Anterior Approach. EFORT Barcelona, Spain 2018.05.30 Barcelona, Spain

  71. Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Treatment of OVF without neurological deficit in Japan: Development of a guide for initial conservative treatment for OVF. 91st Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2018.05.26 Kobe, Japan

  72. Hiroyuki Inose, Masato Yuasa,Takashi Hirai,Toshitaka Yoshii,Shigenori Kawabata,Atsushi Okawa. The prevalence of sarcopenia among urbandwelling populations and its impact on the results of lumbar spinal surgery . 91st. Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2018.05.24 Kobe, Japan

  73. Yoto Oh, A. Tano, T. kaku, Y. Kurosa, A. Okawa. Temporary external fixator for the initial treatment of severe lower extremity fractures can be safely used in the operative field for definitive internal plate fixation in terms of postoperative infection . 19th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2018.05.06 Valencia, Spain

  74. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Koji Fujita, Shuta Ushio, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Miho Akaza, Isamu Ozaki, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Takumi Yamaga, Atsushi Okawa. Visualization of electrical activities in the carpal tunnel area by magnetoneurography of median nerve. 31st International Congress of Clinical Neurophysiology 2018.05.01 Washington, DC.

  75. Taishi Watanabe, Shigenori Kawabata, Yuki Hasegawa, Toru Sasaki, Shuta Ushio, Miho Akaza, Yoshiaki Adachi, Isamu Ozaki, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa . Visualization of nerve impulse traveling along the brachial plexus after ulnar nerve stimulation using magnetoneurography system. 31st International Congress of Clinical Neurophysiology 2018.05.01 Washington, DC.

  76. Miho Akaza, Shigenori Kawabata, Isamu Ozaki, Yuki Hasegawa, Taishi watanabe, Hiroshi Deguchi, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa, Yuki Sumi, Takanori Yokota. Magnetic recordings of sensory action currents in the cervical cord. 31st International Congress of Clinical Neurophysiology 2018.05.01 Washington, DC.

  77. Ushio S. Kawabata S., Watanabe T., Hasegawa Y., Adachi Y., Yamaga T., Okawa A. Visualization of electrical activities of lumbar nerve root and cauda equina by a magnetospinograph system. 31st International Congress of Clinical Neurophysiology 2018.05.01 Washington, DC.

  78. Y. Oh, K. Fujita, Y. Wakabayashi, Y. Kurosa, A. Okawa. Validation of locational classification for atypical femoral fractures. 44th annual meeting of the Korean Fracture Society 2018.04.27 Gwangju, Korea

  79. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Akio Iwanami, Kazuhiro Takeuchi, Kanji Mori, Soraya Nishimura, Masaya Nakamura, Morio Matsumoto, Atsushi Okawa and Yoshiharu Kawaguchi.. Distribution of ossified lesion in patients with severe ossification posterior longitudinal ligament and prevalence of each segment– A Multicenter Study. 9th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society Asia Pacific Section 2018.03.22 Delhi, India

  80. Onuma H, Hirai T, Yoshii T, Inose H, Yuasa M, Kawabata A, Okawa A. Clinical and Radiologic Outcomes of Bone Grafted and Non-bone grafted Double-door Laminoplasty for Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy: Five-year Follow-up . 9th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society Asia Pacific Section 2018.03.22 New Delhi, India

  81. Ushio Shuta, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Investigation on factors related to outcomes in of surgical procedures for cervical spondylotic amyotrophy. 9th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society Asia Pacific Section 2018.03.22 New Delhi, India

  82. Tomoyuki Kuroiwa, Koji Fujita, Megumi Matsumoto, Ryuji Kato, Takashi Miyamoto, Akimoto Nimura, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Diabetes Mellitus Affects the MAPK Signaling and Pathways in Cancer in Isolated Mature Human Osteoblasts. Orthopaedic Research Society 2018.03.10 New Orleans, USA

  83. Satoshi Egawa, et.al. The Hydroxyapatite/collagen (HAp/Col) Composite With Antibiotics Prevents Growth Of Bacteria For A Week And Has No Adverse Effect On Bone Regeneration In Rats. . Orthopaedic Research Society 2018.03.10 New Orleans, USA

  84. Rempei Matsumoto, Satoru Egawa,Toshitaka Yoshii, Keigo Hirai, Atsushi Okawa, Shinichi Sotome. Local control experiment by paclitaxel impregnated HAp/Col for the metastasis to breast cancer bone model rat . Orthopaedic Research Society 2018.03.10 New Orleans, USA

  85. Masato Yuasa, Masanori Saito, Alexander Hysong, Deke Blum, Sasidhar Uppunganti, Adam Gailani, David Haynes, Toshitaka Yoshii, Jeffry Nyman, Atsushi Okawa, Herbert Schwartz, Jonathan Schoenecker. Rigidity of Fixation Affects Vascularization in Fracture Healing in the Murine Model . Orthopaedic Research Society 2018.03.10 New Orleans, USA

  86. Tomoyuki Kuroiwa, Koji Fujita, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Atsushi Okawa. Dynamic Real-time Measurement of thumb Pronation during Opposition Movement with a Gyroscope: A New Evaluation Method for Impairment of Opposition due to Median Nerve Palsy . Orthopaedic Research Society 2018.03.10 New Orleans, USA

  87. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Comparison between direct anterior and anterolateral approach in one-stage total hip arthroplasty: A prospective, randomized, controlled trial.. American Academy of Orthopaedic Surgeons 2018.03.06 New Orleans (USA)

  88. Hirotaka Koyanagi, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Shingo Sato, Atsushi Okawa. Treatment of Lumbar Giant Cell Tumor. 108 Military Hospital and 24th Annual Meeting of The Spine Society of HCMC 2017.12.14 Ha Noi, Viet Nam

  89. Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Yamada, Takashi Hirai, Kenichiro Sakai, Atsushi Okawa. Tandem Spinal Stenosis in Patients with Symptomatic Cervical Ossificatoin of the Posterior Longitudinal Ligament(OPLL). Cevical Spine Research Society 45th Annual Meeting 2017.11.30 Hollywood, Florida

  90. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa . Cervical spinal cord impairment associated with neck flexion in posterior cervical decompression. Cevical Spine Research Society 45th Annual Meeting 2017.11.30 Hollywood, Florida

  91. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Atsushi Okawa. Distal radius fracture patients showed declined dynamic body balancing ability and Grip strength. 11th APFSSH 2017 2017.11.07 Cebu,Philippines

  92. Shigenori Kawabata, Shuta Ushio , Takumi Yamaga, Yuki Hasegawa, Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa. Evaluation of spinal conduction block in myelopathy patients by magnetospinography. XXIII World Congress of Neurology 2017 2017.09.19 Kyoto

  93. Akira Takahashi, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa. Cdk1 is essential for bone formation and fracture repair. ASBMR 2017 Annual Meeting 2017.09.08 Denver, USA

  94. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Atsushi Okawa . Distal radius fracture patients over 70 years of age showed declined body balancing ability and osteoporosis. Eurohand 2017 2017.06.21 Budapest, Hungary

  95. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison Of Wear Rate And Osteolysis Between Second-Generation Annealed And First-Generation Remelted Highly Cross-Linked Polyethylene In Total Hip Arthroplasty. 18th EFORT 2017.05.31 Viena, Austria

  96. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Takeshi Muneta Atsushi Okawa. Comparison Of Wear Rate And Osteolysis Between Second-Generation Annealed And First-Generation Remelted Highly Cross-Linked Polyethylene In Total Hip Arthroplasty. 18th EPORT 2017.05.31 Viena (Austria)

  97. Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Isamu Ozaki, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Removal of stimulation artifact noise near the measurement site using CSP. Biomagnetic Sendai 2017 2017.05.22 Sendai

  98. Toshifumi Watanabe,Takeshi Muneta, Hideyuki Koga, Masafumi Horie, Koji Otabe, Toshiyuki Ohara, Kaori Nakamura, Mai Katakura, Atsushi Okawa Ichiro Sekiya. Post-cam Design and Contact Stress on Tibial Posts in Total Knee Prostheses:Comparison between a Rounded and a Squared Design. Annual Meeting of JOA 2017.05.19

  99. Satoru Egawa, Wei Xue Tao, Toshitaka Yoshii, Hiroaki Yasuda, Rempei Matsumoto, Atsushi Okawa, Shinichi Sotome. Repair of Femoral Bone Defects in Rats Using Hydroxyapatite/Collagen (HAp/Col) with BMP-2. ORS 2017.03.19 San Diego, USA

  100. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Akio Iwanami, Kazuhiro Takeuchi, Kanji Mori, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi . Co-existence of ossification of the nuchal ligament is associated with spinal hyperostosis in patients with cervical ossification of the posterior longitudinal ligament - A Multicenter CT study-. ORS 2017.03.19 San Diego, USA

  101. Rempei Matsumoto, Wei Xue Tao, Toshitaka Yoshii, Hiroaki Yasuda, Atsushi Okawa, Shinichi Sotome. Transplantation of Paclitaxel Impregnation Hap/Col to Bone Metastasis Model Rat. ORS 2017.03.19 San Diego, USA

  102. Satoru Egawa, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Prevertebral Soft Tissue Swelling (PSTS) of anterior cervical surgery in Ossification of Posterior Longitudinal Ligament Is Higher Than Other Cervical Degenerative Disorders; A Radiographic Analysis.. CSRS-AP 2017 2017.03.09 koube

  103. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Satoru Egawa, Atsushi Okawa. Long-term results of a prospective study of anterior decompression with fusion and posterior decompression with laminoplasty for the treatment of cervical spondylotic myelopathy. CSRS-AP 2017 2017.03.09 koube

  104. Taishi Watanabe, Shigenori Kawabata, Miho Akaza, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. Combination of neurophysiological and the morphological information in brachial plexus using SQUID biomagnetometer system. ACNS 2017 2017.02.08 Arizona PHOENIX

  105. Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Koji Fujita, Toru Sasaki, Satoshi Sumiya, Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Yuki Hasegawa, Tomohiko Shibuya, Shuichi Okawa, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa . Visualization of muscle electrical activity evoked by electrical stimulation of the ulnar nerve using superconducting quantum interference device sensors. ACNS 2017 2017.02.08 Arizona PHOENIX

  106. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata; Shuta Ushio; Yuko Hoshino; Kensuke Sekihara; Taishi Watanabe; Takumi Yamaga; Yoshiaki Adachi; Hiromichi Komori; kenichi Shinomiya; Atsushi Okawa. Noninvasive evaluation by magnetospinography of electrophysiological activity in the cervical spine after peripheral nerve stimulation. ACNS 2017 2017.02.08 Arizona PHOENIX

  107. Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Takumi Yamaga, Yuki Hasegawa, Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa. Diagnosis of Spinal Conduction Block by Magnetospinography. ACNS 2017 2017.02.08 Arizona PHOENIX

  108. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Atsushi Okawa. Distal radius fracture patients show declined ability of dynamic body balancing.. American Association for Hand Surgery 2017 Annual Meeting 2017.01.09 Hawaii

  109. T Hirai, T Yoshii, S Egawa, K Shinomiya, A Okawa.. Long-Term Results Of A Prospective Comparative Study Of Anterior Decompression With Fusion (Adf) And Posterior Decompression With Laminoplasty For The Treatment Of Cervical Spondylotic Myelopathy . 2016 CSRS 2016.11.30 Toronto,Canada

  110. T Yoshii, T Hirai, K Sakai, A Okawa, K Shinomiya.. A Prospective Comparative Study in Skin Antiseptic Solutions for Posterior Spine Surgeries: Chlorhexidine-Gluconate Ethanol Vs. Povidone-Iodine . 2016 CSRS 2016.11.30 Toronto,Canada

  111. Hidetoshi Kaburagi, Takashi Hirai, Takanori Yokota, Atsushi Okawa, Mitsuhiro Enomoto. Role of voltage-gated sodium channels and calcium channel subunit alpha-2/delta-1 in the lumbar dorsal root ganglions of persistent peripheral neuropathic pain model mice . Society for Neuroscience 2016Annual Meeting 2016.11.12 San Diego,USA

  112. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Yoshiaki Wakabayashi, Atsushi Okawa. Distal radius fracture patients show reduced ability of dynamic body balancing. International Federation of Societies for Surgery of the Hand 2016 2016.10.24 Buenos Aires, Argentina

  113. Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Tomohiko Shibuya, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. . Measurement of magnetomyography using an array of magnetoresistive ( MR) sensor.. BIOMAG2016(20th International Conference on Biomagnetism) 2016.10.01 Seoul, Korea

  114. Shigenori Kawabata, Satoshi Sumiya, Yuko Hoshino, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Shuta Ushio, Taishi Watanabe, Atsushi Okawa. . Visualization of electrophysiological activity in cervical spinal cord and spinal nerves by magnetospinography.. BIOMAG2016(20th International Conference on Biomagnetism) 2016.10.01 Seoul, Korea

  115. Ushio S, Kawabata S, Sumiya S, Ukegawa D, Sekihara K, Adachi Y, Okawa A. . Non-invasive fuctional evaluation of lumbar nerveroot and cauda equina with high spatial re-solution by magnetospinography system.. BIOMAG2016(20th International Conference on Biomagnetism) 2016.10.01 Seoul, Korea

  116. Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Yoshiaki Wakabayashi, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa. Distal Radius Fracture Patients Show Declined Ability of Dynamic Body Balancing. 71st Annual Meeting of the American Society for Surgery of the Hand(ASSH 2016) 2016.09.29 Austin,USA

  117. Hidetoshi Kaburagi, Koji Fujita, Takashi Miyamoto, Yoshiaki Wakabayashi, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa. Distal radius fracture patients show reduced ability of dynamic body balancing. The American Society for Bone and Mineral Research 2016 Annual Meeting 2016.09.16 Atlanta, USA

  118. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene.. 17th EFORT 2016.06.01 Geneva,Schwzerland

  119. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty.. 17th EFORT 2016.06.01 Geneva,Schwzerland

  120. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty.. 17th EFORT  2016.06.01 Schwitz

  121. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene.. 17th EFORT  2016.06.01 Schwitz

  122. Atsuhiro Tano, Yoto Oh, Yoshiro Kurosa, Atsushi Okawa . “Tangential view” for percutaneous screw fixation of pelvic ring fractures: preoperative calibration of computed tomographic image . 3rd AOTAP Scientific Congress & TK Experts' Symposium 2016.05.27 China

  123. Yoto Oh , Yoshiaki Wakabayashi , Yoshiro Kurosa , Koji Fujita , Atsushi Okawa . Pathogenic mechanism and treatment precaution for atypical femoral fractures: subtype classification through CT-based finite element analysis. 3rd AOTAP Scientific Congress & TK Experts' Symposium 2016.05.27 China

  124. Tsuyoshi Kato , Toshitaka Yoshii , Hiroyuki Inose , Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Atsushi Okawa. Pre-vertebroplasty transpedicular “vertebrography” assessment in delayed-union/pseudarthrosis associated with osteoporotic vertebral fracture . ISSLS 2016 Singapore 2016.05.17 Singapore

  125. T. Hirai, T Yoshii, A Iwanami, K Takeuchi, K Mori, A Okawa, Y Kawaguchi.. Co-existence of Ossification of the Nuchal Ligament is Associated with Hyperostosis in the Whole Spine in Patients with Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament . CSRS-AP2016 2016.04.21 seoul, Korea

  126. T. Hirai, T Yoshii, A Iwanami, K Takeuchi, K Mori, T Yamada, S Nishimura, M Matsumoto, M Nakamura, A Okawa, Y Kawaguchi.. Incidence and Distribution of Ossified Lesions in the Whole Spine of Patients with Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament – A Multicenter Study . CSRS-AP2016 2016.04.21 seoul, Korea

  127. Gaku Koyano, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Bilateral Comparison of Hip Joint Morphology between the Hips with and without Herniation Pit. Orthopaedic Research Society 2016 Annual Meeting 2016.03.05 Orlando, USA

  128. Hidetsugu Suzuki, Yoshiaki Ito, Masahiro Shinohara, Ryo Nakamichi, Shizuko Ichinose, Atsushi Okawa, Hiroshi Asahara. Mohawk Knock Out Rats Revealed Early Heterotopic Ossification Of Achilles Tendon Through Failed Tenogenesis . Orthopaedic Research Society 2016 Annual Meeting 2016.03.05 Orlando, USA

  129. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Syuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Kato, Atsushi Okawa. Noninvasive Evaluation By Magnetospinography Of Electrophysiological Activity In The Cervical Spine After Peripheral Nerve Stimulation In Humans. 43rd CSRS 2015.12.03 San Diego

  130. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Satoshi Sumiya, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa, Kenichi Shinomiya. Anterior Decompression with Fusion vs. Posterior Decompression with Fusion for Massive Cervical Ossification of Posterior Longitudinal Ligament with 50% Canal Occupying Ratio or More: Retrospective Multi-Center Study. 43rd CSRS 2015.12.03 San Diego

  131. Hirai T., Mulpuri Y., Spigelman I. & Nishimura I.. Differential accumulation of Nav1.8 mRNA with de novo long 3’UTR in sensory axons after peripheral nerve injury. 45th annual meeting of the Society for Neuroscience 2015.10.17 Chicago

  132. Hiroyuki Inose, Masanori Saito, Philipp Kaldis, Atsushi Okawa. The cell cycle regulation of chondrocyte development. ASBMR 2015 Annual Meeting 2015.10.09 Seattle

  133. Takuya Oyaizu, Mitsuhiro Enomoto, Masaki Horie, Yasushi Kojima, Kazuyoshi Yagishita. Acceleration of muscle volume reduction and recovery from hypoxia of injured skeletal muscle by hyperbaric oxygen. Undersea & Hyperbaric Medical Society 2015.06.18 Montreal

  134. Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Takashi Taniyama, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Long-term outcome of surgery for lumbar degenerative spondylolisthesis in a prospective randomized clinical trial. ISSLS 2015.06.08 San Francisco

  135. Yuko Tokunaga Segawa,Makoto Kamegaya, Takashi Saisu, Jun Kakizaki, Mitsuaki Morita, Yasuhiro Oikawa, Reiko Tanaka, Yuta Tsukagoshi, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Treatment outcome of poor prognostic group of patients with Legg-Calvé-Perthes disease. The Asia Pacific Paediatric Orthopaedic Society (APPOS) 2015 2015.06.05 Hong Kong

  136. Ryohei Takada,Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Drain tip culture cannot be prognostic of surgical site infection after total hip arthroplasty. 16th EFORT 2015.05.27 Praha,CZE

  137. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Drain tip culture cannot be prognostic of surgical site infection after total hip arthroplasty. . 16th EFORT  2015.05.27 CZE

  138. Yoto Oh, Atsuhiro Tano, Yoshiro Kurosa, Atsushi Okawa. Can temporary external fixator for the initial treatment of lower extremity fractures be used in the operative field of the internal fixation safely?. 16th European Congress of Trauma & Emergency Surgery (ECTES) 2015.05.10 Amsterdam,Netherlands

  139. Toshitaka Yoshii, Jeffry S. Nyman, Javier Esparza, Atsushi Okawa, Gloria E. Gutierrez. Local Application of a Proteasome Inhibitor Enhances Fracture Healing in Rats . Orthopaedic Research Society 2015 Annual Meeting 2015.03.28 Las Vegas

  140. Tsuyoshi Yamada, Shinichi Sotome, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. After Repeated Division, Bone Marrow Stromal Cells Express Inhibitory Factors With Osteogenic Capabilities, And EphA5 Is A Primary Candidate. . Orthopaedic Research Society 2015 Annual Meeting 2015.03.28 Las Vegas

  141. Yasuda H, Masaoka T, Taniyama T, Yamada T, Wei X, Yoshii T, Takayama T, Kozaka Y, Nakajima T, Okawa A, Sotome S. Spinal fusion with bone morphogenetic protein-2 delivered by hydroxyapatite/collagen in a rabbit. . 61th Annuial meeting of the orthopaedic research society 2015.03.28 Las Vegas, Nevada

  142. Hirai T., Arai Y., Sakai K., Torigoe I., Maehara H., Tomori M., Soma M., Yoshii T., Sato H., & Okawa A. Two-year follow-up evaluation of alternative surgical treatments for cervical spondylotic myelopathy patients with cervical mis-alignment and/or large anterior impingement.. 6th annual meeting of the Cervical Spine Research Society– Asia Pacific Section 2015.03.26 Yokohama

  143. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Kenichiro Sakai, Shigenori Kawabata, Kenichi Shinomiya, Atsushi Okawa. A Prospective, Randomized Study Comparing Selective Laminectomy and Conventional Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy: A Minimum of 2-year Follow-up . 6th CSRS Asia Pacific Section 2015.03.26 Yokohama

  144. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Chisato Hoshino, Yoshinori Asou, Sadao Morita, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Risk factors related to dislocation after primary total hip arthroplasty. 15th EFORT  2014.06.04 UK

  145. Yoshii T, Yamada T, Taniyama T, Sotome S, Kato T, Kawabata S, Okawa A. . Dynamic Changes in Spinal Cord Compression by Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Evaluated by Kinematic Computed Tomography Myelogram. The ORS 2014 Annual Meeting   2014.03.16

  146. Tsuyoshi Yamada, Shinichi Sotome, Masato Yuasa, Takashi Taniyama, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa . After Repeated Division, Bone Marrow Stromal Cells Express Inhibitory Factors With Osteogenic Capabilities, And EphA5 Is A Primary Candidate.. Orthopaedic Research Society 2014.03

  147. Yuko Segawa, Makoto Kamegaya, Takashi Saisu, Mitsuaki Morita, Jun Kakizaki, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Treatment outcome of open reduction with and without Salter innominate osteotomy for developmental dislocation of the hip. APOA Paediatric Section Congress 2013.08.29 Malaysia

  148. Jinno T, Koga D, Asou Y, Morita S, Hasegawa S, Matsubara M, Okawa A, Muneta T. Progressive bone atrophy around a stem with a proximal coating of arc-deposited titanium and hydroxyapatite. The 85th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2012.05.19 Kyoto, Japan

  149. 猪瀬 弘之,松倉 遊,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 脊椎手術後SSIの予測因子としての好中球曲線下の面積から得られた指標の有用性について. 第45回日本骨・関節感染症学会 2022.07.09 金沢

  150. 瀬川裕子、山口玲子、大川淳. 成人期に治療を行った先天性筋性斜頸症例の経験. 第59回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2022.06.23 横浜

  151. 瀬川裕子、小柳広高、山口玲子、船内雄生、大川淳. 頸部腫瘍により生じた高度の斜頸位に対し装具治療を施行した一例. 第59回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2022.06.23 横浜

  152. 瀬川裕子、柿﨑潤、及川泰宏、山口玲子、有馬準之介、木下大、都丸洋平、西須孝、亀ヶ谷真琴、大川淳. 遺残性亜脱臼に対する骨盤・大腿骨骨切り術後に患側の骨端軟骨成長抑制術を要した1例. 第61回 日本小児股関節研究会 2022.06.10

  153. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、神野哲也、大川淳、吉井俊貴、古賀英之. サポートリングを用いた臼蓋骨欠損に対する再建術の工夫. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  154. 渡部直人、高田亮平、小川貴久、宮武和正、星野ちさと、平尾昌之、神野哲也、 古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 神経麻痺の危険因子の探索. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  155. 瀬川裕子、柿﨑潤、及川泰宏、安部玲、山口玲子、山本晧子、都丸洋平、西須孝、亀ヶ谷真琴、大川淳. DDHに対する初期治療としてのリーメンビューゲル法(適応と問題点). 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  156. 田中 雄太,川端 茂徳,橋本  淳,足立 善昭,渡部 泰士,石田 洸樹 ,鏑木 秀俊 , 藤田 浩二 ,二村 昭元,大川  淳. 神経磁界計測装置を用いた肘部尺骨神経機能の非侵襲的評価方法の検討. 第65回日本手外科学会学術集会 2022.04.14 北九州

  157. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、神野哲也、大川淳、古賀英之. 術中透視を利用した側臥位人工股関節再置換術の小経験. 第52回 日本人工関節学会 2022.02.25 京都

  158. 高田亮平、宮武和正、渡部直人、古賀英之、吉井俊貴、神野哲也、大川淳. 脱臼の頻度とその対処. 第52回 日本人工関節学会 2022.02.25 京都

  159. 渡部直人、高田亮平、小川貴久、宮武和正、星野ちさと、平尾昌之、神野哲也、 古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 神経麻痺の危険因子の探索. 第52回日本人工関節学会 2022.02.25 京都

  160. 橋本 淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,金 碩燦,佐藤慎司,高橋陽一郎,⾧岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,小林 裕,江川聡,松倉 遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測を用いた腰部神経根症・馬尾症患者における神経電気活動の非侵襲的評価. 第43回日本脊髄機能診断学会学術大会 2022.02.05 オンライン

  161. 田中雄太, 川端茂徳, 橋本淳, 藤田浩二, 大川 淳. 頚椎以外の手術後に上肢筋力低下を認めた症例. 第23回圧迫性脊髄症研究会 2022.01.22 オンライン

  162. 橋本淳, 川端茂徳, 田中雄太, 小林裕, 江川聡, 松倉遊, 平井高志, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 大川 淳. 頚椎後方除圧固定術後に生じたC5麻痺と術中脊髄機能モニタリングとの関係. 第23回圧迫性脊髄症研究会 2022.01.22 オンライン

  163. 大川 淳. コンドリアーゼによる腰椎椎間板ヘルニアの治療. 第9回 会津脊椎脊髄疾患研究会 2022.01.12 オンライン

  164. 黒田都、宮武和正、渡部直人、高田亮平、吉井俊貴、大川淳. 肺塞栓症を契機に診断されたOsler-Rendu syndromeの1例. 第703回 関東整形災害外科学会 月例会 2021.12.18 オンライン

  165. 橋本 淳, 川端 茂徳, 小林 裕, 江川 聡, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 術中脊髄機能モニタリング精度向上のための工夫 Multi-train刺激による経頭蓋刺激筋誘発電位と自発筋電図(Spontaneous EMG, Free run EMG). 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  166. 田中 雄太, 川端 茂徳, 橋本 淳, 石田 洸樹, 渡部 泰士, 足立 善昭, 山田 哲也, 代田 雅彦, 藤田 浩二, 二村 昭元, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測で局所の神経伝導遅延が明らかとなった胸郭出口症候群の1例. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  167. 橋本 淳, 川端 茂徳, 田中 雄太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 高橋 陽一郎, 長岡 信頼, 石田 洸樹, 上中 沙衿, 山本 祐輔, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者の新たな非侵襲的機能評価法. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  168. 石田 洸樹, 渡部 泰士, 川端 茂徳, 橋本 淳, 大川 淳. 背側からの神経磁界測定による腕神経叢の神経活動の可視化. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  169. 橋本 淳, 川端 茂徳, 田中 雄太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 高橋 陽一郎, 長岡 信頼, 金 碩燦, 石田 洸樹, 上中 沙衿, 山本 祐輔, 吉井 俊貴, 大川 淳. 両側坐骨神経同期刺激法により実現した神経磁界計測を用いた全胸髄電気活動の非侵襲的機能評価. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  170. 瀬川裕子、柿﨑潤、及川泰宏、安部玲、布目愛紗、山中理菜、中川知郎、山口玲子、山本皓子、都丸洋平、西須孝、亀ヶ谷真琴、大川淳. 橈骨遠位端骨折を契機に診断されたGenochondromatosisの2例. 第33回 日本整形外科学会骨系統疾患研究会 2021.12.02

  171. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,佐藤慎司,長岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第14回日本運動器疼痛学会 2021.11.20 オンライン

  172. 橋本淳,川端茂徳,吉井俊貴,大川淳. 腰部神経根症・馬尾症患者における神経磁界計測を用いた非侵襲的神経機能評価. 第56回日本脊髄障害医学会 2021.11.18 オンライン

  173. 渡部 直人、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、古賀 英之、吉井 俊貴、大川 淳 . 人工股関節全置換術の術中骨折を予見する因子の探索. 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  174. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,星野優子,関原謙介,足立善昭,橋本泉智,渡部泰士,小林裕,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者に対する新たな非侵襲的神経機能評価. 第29回日本腰痛学会 2021.10.22 虎ノ門

  175. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、渡部直人、瀬川裕子、古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術における術中体位の違いはステムアライメントに影響するか. 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  176. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 当院における人工股関節全置換術術後転院予測因子の検討. 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  177. 渡部 直人、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、古賀 英之、吉井 俊貴、大川 淳. 当院で人工股関節全置換術を施行された患者の骨粗鬆症合併率 . 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  178. 橋本 泉智、平井 高志、佐藤 信吾、松倉 遊、船内 雄生、猪瀬 弘之、吉井 俊貴、大川 淳. 当院で手術加療を施行した転移性胸椎腫瘍症例の検討 . 第29回 日本腰痛学会 2021.10.22 虎ノ門, 東京

  179. 平井 高志, 西村 空也, 吉井 俊貴, 名越 慈人, 森 幹士, 竹内 一裕, 勝見 敬一, 牧 聡, 大川 淳 川口善治. 大規模多施設前向き調査によるびまん性特発性骨増殖症の腰痛・頚部痛の特徴. 第29回 日本腰痛学会 2021.10.22 東京、虎ノ門

  180. 田中 雄太,川端 茂徳,橋本 淳,石田 洸樹,渡部 泰士,足立 善昭,鏑木 秀俊,藤田 浩二,二村 昭元,吉井 俊貴,大川 淳. 神経磁界計測を用いた腕神経叢部から頚椎の神経活動の非侵襲的評価. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  181. 橋本 淳,川端 茂徳,星野 優子,足立 善昭,渡部 泰士,宮野 由貴,佐藤 慎司,三谷 悠貴,金 碩燦,吉井 俊貴,大川 淳. 両側坐骨神経同期刺激法により実現した神経磁界計測を用いた胸髄電気活動の非侵襲的評価. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  182. 橋本 淳,川端 茂徳,足立 善昭,渡部 泰士,森下 真伍,松倉 遊,湯浅 将人,平井 高志,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,大川 淳. 神経磁界計測を用いた腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  183. 佐々木 亨,川端 茂徳,橋本 淳,田中 雄太,藤田 浩二,二村 昭元,吉井 俊貴,足立 善昭,渡部 泰士,佐藤 慎司,大川 淳. 神経磁界計測による上肢末梢神経活動電流の可視化. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  184. 歌川 蔵人, 秦 宇英, 越智 広樹, 海野 愛子, 砂村 聡子, 大川 淳, 佐藤 信吾. 骨透明化技術の開発による骨内神経の三次元構造の可視化と除神経による骨恒常性変化の観察. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  185. Su Chen, 横山 裕之, 元吉 貴之, 平井 高志, 榎本 光裕, 大川 淳. マウス神経障害性疼痛モデルにおける腰部後根神経節のニューロン・グリア変化. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  186. 小山 恭史, 藤田 浩二, 松井 良太, 野呂瀬 美生, 佐々木 亨, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 杉浦 裕太, 斎藤 英雄, 大川 淳. 非接触型センサーを用いた手指動作高次元解析と機械学習によるスクリーニング法の開発. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  187. 牧 聡, 吉井 俊貴, 古矢 丈雄, 國府田 正雄, 坂井 顕一郎, 中川 幸洋, 竹下 克志, 松本 守雄, 今釜 史郎, 山崎 正志, 大川 淳, AMED・厚労科研靱帯骨化症多施設研究ワーキンググループ. 新しい機械学習手法を用いた頸椎後縦靱帯骨化症の手術の予後予測モデルの構築 AMED・厚労科研研究班多施設前向き研究. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  188. 野呂瀬 美生, 二村 昭元, 藤田 浩二, 鏑木 秀俊, 大川 淳, 秋田 恵一. 母指CM関節安定化機構解明を目指した筋・腱膜と関節包に基づく解剖学的解析. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  189. 江川 聡, 平井 敬悟, 松本 連平, 吉井 俊貴, 大川 淳, 早乙女 進一. HAp/Colに対する抗菌剤吸着性がラット骨髄炎モデルにおける治療効果に与える影響. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  190. 小山 恭史, 藤田 浩二, 野呂瀬 美生, 佐々木 亨, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 飯島 弘貴, 高橋 正樹, 大川 淳. laser-TUGシステムを用いた頸髄症患者の歩行特性の抽出. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  191. 朱 凌, 江面 陽一, 辻 邦和, 麻生 義則, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. プロフィリン1遺伝子変異を原因とする新型骨Paget病のモデルマウスにおける溶骨症はアレンドロネートにより改善される. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  192. 田中 寛来, 小林 裕, 佐藤 信吾, 吉井 俊貴, 大川 淳, 猪瀬 弘之. Foxf2はWnt経路を介して骨芽細胞分化を調節する. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  193. 猪瀬 弘之,加藤 剛,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後の腰痛遺残に寄与する因子. 第23回 日本骨粗鬆症学会 2021.10.08 神戸(WEB)

  194. 大川 淳. 新型コロナ感染症パンデミックへの対応から学ぶ組織マネジメント. 第30回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2021.10.02 名古屋

  195. 猪瀬 弘之,加藤 剛,松倉 遊,平井 高志,吉井 俊貴,平川 晃弘,大川 淳. 腰椎変性すべり症に対する前向き比較研究の長期成績. 第30回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2021.10.02 名古屋

  196. 松倉遊,吉井俊貴,猪瀬弘之,平井高志,湯浅将人,小林裕,橋本泉智,酒枝健太郎,東川尚人,大川淳. 頚椎後方除圧固定術後のC5麻痺発生のリスク因子の検討. 第30回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2021.10.01

  197. 坂井顕一郎,吉井俊貴,新井嘉容,鳥越一郎,友利正樹,榊経平,松倉遊,平井敬悟,小沼博明,大川淳. 頸椎人工椎間板置換術と前方除圧固定術の短期成績比較. 第30回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2021.10.01

  198. 横山 裕之, 太田 剛, 串田 淑久, 田村 聡至, 藤田 浩二, 大川 淳. 手外科領域におけるニードル関節鏡の使用経験. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  199. 松倉 遊, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 大谷 和之, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 大川 淳, 東京医科歯科大学脊椎グループ. 脊椎外科領域の低侵襲手術の実際 傾向スコアを用いた成人脊柱変形に対するmultiple PLIFとLLIF併用矯正固定術の比較研究. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  200. 船内 雄生, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 佐藤 信吾, 早川 景子, 三浪 友輔, 齋藤 正徳, 本橋 正隆, 辻野 昭平, 黒澤 紀雄, 松本 誠一, 大川 淳. 若手整形外科医へ伝えたい骨・軟部腫瘍の魅力 「骨軟部腫瘍領域の臨床・学術的魅力 高難度手術から集学的治療,臨床・基礎研究まで」. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  201. 鈴木 志郎, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 腱板広範囲断裂に対する治療戦略 「腱板広範囲断裂に対する棘下筋回転移行術」. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  202. 太田 剛, 串田 淑久, 横山 浩之, 藤田 浩二, 大川 淳. O-armによる術中CTを用いた舟状骨骨折の治療経験. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  203. 岡本 将希, 渡部 直人, 高田 亮平, 宮武 和正, 瀬川 裕子, 古賀 英之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 片側人工股関節全置換術術後10年でネックライナーインピンジメントに伴う骨溶解が原因と考えられるカップ脱転をきたした1例. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  204. 橋本 泉智, 平井 高志, 佐藤 信吾, 松倉 遊, 船内 雄生, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 転移性胸椎腫瘍患者における当院での手術成績の検討. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  205. 高橋 礼季, 中川 裕介, 中村 智祐, 大関 信武, 大原 敏之, 安 宰成, 吉原 有俊, 吉井 俊貴, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. 人工膝単顆置換術後感染に対し複数回の抗生剤含有セメントスペーサー挿入を行い加療した1例. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  206. 藤田 浩二, 小山 恭史, 黒岩 智史, 佐々木 亨, 野呂瀬 美生, 大川 淳. 手根管症候群の診断と治療 up to date 「手根管症候群による母指運動障害の解析と診断・スクリーニングへの応用」. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  207. 平井 高志, 佐藤 信吾, 松倉 遊, 船内 雄生, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 転移性骨腫瘍に対する治療戦略 「転移性脊椎腫瘍による脊髄麻痺予防を目的とした集学的院内診療 東京医科歯科大学整形外科の取り組み」. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  208. 大川 淳. 専門医制度はどこへ向かうのか. 第3回 横浜運動器未来創生セミナー 2021.08.07

  209. 佐藤 信吾, 平井 高志, 湯浅 将人, 小柳 広高, 船内 雄生, 本橋 正隆, 三宅 智, 大川 淳. メタ脊損に対する緊急手術ゼロプロジェクト 脊髄麻痺に対する緊急手術はどこまで減らせる?. 第54回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2021.07.15 広島

  210. 小柳 広高, 佐藤 信吾, 平井 高志, 湯浅 将人, 王 耀東, 加来 拓実, 吉原 有俊, 本橋 正隆, 吉井 俊貴, 阿江 啓介, 大川 淳. 長管骨骨転移病的骨折例の予後因子と外科的治療法の検討. 第54回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2021.07.15 広島

  211. 本橋 正隆, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 吉井 俊貴, 阿江 啓介, 大川 淳. 頭蓋骨浸潤を来した類上皮肉腫に対する複数科合同手術の効果 1例報告. 第54回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2021.07.15 広島

  212. 船内 雄生, 佐藤 靖祥, 早川 景子, 谷澤 泰介, 松本 誠一, 仲野 兼司, 友松 純一, 小林 由香利, 大川 淳, 垣見 和宏, 高橋 俊二, 阿江 啓介. 免疫治療の肉腫への応用に向けて 軟部肉腫の局所浸潤性と腫瘍内免疫微小環境の相関について. 第54回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2021.07.15 広島

  213. 加来 拓実, 王 耀東, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 吉井 俊貴, 大川 淳. がんロコモの現状と課題 骨転移に対する骨修飾薬投与による非定型大腿骨骨折発症の潜在的リスクの検討. 第54回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2021.07.15 広島

  214. 藤田 大貴, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 早川 景子, 船内 雄生, 三浪 友輔, 小島 敏雄, 石畑 知沙, 山下 享子, 松本 誠一, 大川 淳. 当院で経験したangiofibroma of soft tissueの3例. 第54回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2021.07.15 広島

  215. 石畑 知沙, 松本 誠一, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 早川 景子, 船内 雄生, 三浪 友輔, 齊藤 正徳, 藤田 大貴, 大川 淳, 山下 享子. 腫瘍全体に石灰化を認めた血管平滑筋種の4例. 第54回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2021.07.15 広島

  216. 齊藤 正徳, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 早川 景子, 船内 雄生, 三浪 友輔, 小島 敏雄, 石畑 知沙, 藤田 大貴, 松本 誠一, 大川 淳. 骨盤周囲腫瘍 新しい皮膚切開法と周術期合併症の検討. 第54回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2021.07.15 広島

  217. 渡部 直人、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、古賀 英之、吉井 俊貴、大川 淳. 人工股関節全置換術の術中骨折を予見する因子の探索. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  218. 高田亮平、山本尚輝、神野哲也、宮武和正、 渡部直人、古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 異なる第 2 世代高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率 と骨溶解発生率の比較検討. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  219. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、平尾昌之、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 本邦における人工股関節全置換術術前患者の 他関節症罹患率の検討. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  220. 加来拓実, 王耀東, 高橋拓也, 大川淳. 鎖骨遠位端骨折に対するサークレージケーブル併用ロッキングプレート固定術の小経験. 第47回 日本骨折治療学会学術集会 2021.07.02

  221. 辰岡 鉄郎,川端 茂徳,橋本 淳,星野 優子,関原 謙介,澁谷 朝彦,足立 義昭,大川 淳. センサ可動型治具を用いた磁気抵抗効果(MR)素子による体性感覚誘発脳磁場(SEF)の 測定. 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会 2021合同開催 in Kyoto 2021.06.15 オンライン

  222. 宮岡 敦史,川端 茂徳,橋本 淳,足立 善昭,柳沼 秀和,出口 浩司,内城 禎久,渡部 泰士,石田 洸樹,細谷 俊彦,大川 淳. 神経磁場計測システムを用いたラット脊髄の神経活動の可視化. 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会 2021合同開催 in Kyoto 2021.06.15 オンライン

  223. 石田 洸樹,渡部 泰士,川端 茂徳,橋本 淳,大川 淳. 背側からの神経磁界測定による腕神経叢の神経機能評価. 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会 2021合同開催 in Kyoto 2021.06.15 オンライン

  224. 小川 貴久, 大沼亮、大川淳、神野哲也. 大腿骨近位部骨折患者における、週末のリハビリテーション介入と院内死亡率の関連. 第58回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2021.06.10

  225. 猪瀬 弘之,加藤 剛,吉井 俊貴,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後の続発性骨折の危険因子. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.22 東京

  226. 猪瀬 弘之,加藤 剛,湯浅 将人,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 腰椎変性すべり症における術後成績不良因子の解析. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.22 東京

  227. 大関 信武, 古賀 英之, 中村 智祐, 片桐 洋樹, 中川 裕介, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 河野 佑二, 雨宮 正樹, 安 宰成, 大川 淳, 関矢 一郎. MRI3次元解析システムを用いた前十字靱帯損傷膝の軟骨評価 ―放射状展開面を用いた解析―. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.22 東京

  228. 橋本 淳,川端 茂徳,星野 優子,関原 謙介,足立 善昭,渡部 泰士,宮野 由貴,湯浅 将人,平井 高志,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,大川 淳. 脊磁図(神経磁界計測)による腰部神経根症・馬尾症の非侵襲的神経機能評価. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  229. 猪瀬 弘之,小林 裕,大川 淳. 骨格筋の再生および肥大においてCdk1が必須である. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  230. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、渡部直人、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術術後の大腿筋膜張筋萎縮の発生頻度. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  231. 瀬川 裕子, 大川 淳. 小児整形外科医のキャリア形成について思うこと. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  232. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、平尾昌之、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 本邦における変形性股関節症患者の 他関節症罹患率の検討. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  233. 小川 貴久, 石橋 英明, 青木 拓也, Kristensen Morten Tange, 大川 淳. 日本語版cumulated ambulation score(CAS-JP)の作成と信頼性の検討 大腿骨近位部骨折患者の早期運動機能評価. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  234. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症における前方除圧固定術および後方除圧固定術の周術期合併症比較. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  235. 木村 敦, 竹下 克志, 猪瀬 弘之, 遠藤 健司, 古矢 丈雄, 森 幹士, 関 庄二, 今釜 史郎, 松永 俊二, 大川 淳. ロコモの患者立脚型評価は転倒の予測に有用か 頸髄症手術患者における多施設前向き研究. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  236. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折診療マニュアル 骨粗鬆症性椎体骨折の装具療法 全国大規模多施設前向き介入研究結果を踏まえて. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  237. 安 宰成、片桐洋樹、中村智祐、大関信武、中川裕介、大原敏之、塩田幹夫、河野佑二、雨宮正樹、関矢一郎、大川淳、古賀英之. 開大式高位脛骨骨切り術に内側半月板 centralization を併用した症例での術前後の 内側半月板逸脱量変化についての超音波による検討. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  238. 高橋 拓也, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 田中 寛来, 元吉 貴之, 大川 淳. 化膿性脊椎炎における長期入院の予測因子. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  239. 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 進藤 重雄, 大谷 和之, 草野 和夫, 三宅 論彦, 山田 剛史, 高橋 拓也, 中井 修, 大川 淳. 成人脊柱変形に対し尾側固定範囲をL5までとした手術症例における術後の固定尾側端の障害発生因子についての検討. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  240. 橋本 淳, 王 耀東, 吉井 俊貴, 福島 和之, 大川 淳. TKA術後に発症した非定型大腿骨インプラント周囲骨折の病態解明 病理組織学的分析とCT有限要素解析による検証. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  241. 藪 晋人, 星野 雅俊, 田淵 仁志, 高橋 真治, 升本 浩紀, 前野 考史, 岩前 真由, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 大川 淳, 中村 博亮. AI(人工知能)を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システム MR画像における新鮮椎体骨折の識別. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  242. 有賀 茜, 志村 治彦, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 鎖骨骨幹部骨折に対するanteroinferior plate固定法はsuperior plate固定法より術後抜釘率を有意に低下させる. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  243. 猪瀬 弘之,吉井 俊貴,木村 敦,遠藤 健司,古矢 丈雄,森 幹士,今釜 史郎,関 庄二,松永 俊二,大川 淳. 頚髄症患者における転倒を予測する因子. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.23 京都

  244. 平井高志 佐藤信吾 湯浅将人 小柳広高 森下真伍 松倉遊 猪瀬弘之 吉井俊貴 大川淳. 脊椎転移による脊髄麻痺の予防を目的とした集学的院内診療体制. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  245. 平井高志、吉井俊貴、江川聡、國府田正雄、古矢丈雄、木村敦、名越慈人、中島宏彰、中川幸洋、和田簡一郎、坂井顕一郎、勝見敬一,竹下克志、松本守雄、今釜史郎、大川淳、山崎正志. 手術を要した頚椎後縦靭帯骨化症患者における術前重症度の危険因子の検討 大規模多施設前向き研究. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  246. 平井高志 榊経平 加藤剛 富澤将司 吉井俊貴 猪瀬弘之 湯浅将人 松倉遊 森下真伍 新井嘉容 大川淳. 多施設共同調査による腰椎椎間板ヘルニアに対するコンドリアーゼ椎間板内注入療法の治療成績. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  247. 平井高志 吉井俊貴 森幹士 名越慈人 勝見敬一 牧聡 中島宏彰 橋本淳 西村空也 竹内一裕 中村雅也 松本守雄 山崎正志 大川淳 川口善治  厚労科研脊柱靭帯骨化症研究班. 大規模多施設前向き調査による頚椎OPLL患者の臨床症状と画像所見との関連 -厚労科研脊柱靭帯骨化症研究班-. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  248. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊髄前方圧迫因子を認める頸椎症性脊髄症に対する頸椎後方除圧固定術の有意性の検討. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  249. 橋本 淳, 川端 茂徳, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 森下 真伍, 松倉 遊, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測(脊磁図)を用いた腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  250. 吉井 俊貴, 江川 聡, 平井 高志, 國府田 正雄, 古矢 丈雄, 木村 敦, 名越 慈人, 中島 宏彰, 坂井 顕一郎, 宮城 正行, 竹下 克志, 川口 善治, 今釜 史郎, 松本 守雄, 山崎 正志, 大川 淳, AMED・厚労科研OPLL研究班 . 頚椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術,椎弓形成術の手術成績と術後 合併症 ― AMED・厚労科研 研究班 多施設前向き調査―. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  251. 小柳津 卓哉, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 平井 敬悟, 新井 嘉容, 大川 淳. 当院における椎体骨折後遷延治癒に対するBKP対BKP+PPSの術後1年比較. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  252. 中島 宏彰, 吉井 俊貴, 國府田 正雄, 古矢 丈雄, 木村 敦, 名越 慈人, 中川 幸洋, 和田 簡一郎, 坂井 顕一郎, 平井 高志, 安藤 圭, 竹下 克志, 松本 守雄, 大川 淳, 山崎 正志, 今釜 史郎. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する頸椎椎弓形成術と頸椎後方固定術の比較 AMED・厚労科研研究班 多施設前向き調査. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  253. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小柳津 卓哉, 平井 敬悟, 大川 淳. 頸椎矢状面バランスパラメーター'K-line tilt'は頸椎後縦靱帯骨化症に対する椎弓形成術後後彎変形の予測因子である. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  254. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎除圧術後創部感染における危険因子の解析. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  255. 高橋 拓也, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 元吉 貴之, 田中 寛来, 橋本 泉智, 川端 茂徳, 大川 淳. 当施設で手術を行った脊椎に発生する神経鞘腫の再発,増大リスク因子. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  256. 藪 晋人, 星野 雅俊, 高橋 真治, 田淵 仁志, 升本 浩紀, 今西 勁峰, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 堀 悠介, 猪瀬 弘之, 大川 淳, 中村 博亮. 人工知能技術を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の予後予測システムの開発 MR画像を用いた遷延癒合予測. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  257. 橋本 泉智, 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 森下 真伍, 松倉 遊, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 当院における転移性胸椎腫瘍患者の麻痺重症度と術後改善度の検討. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  258. 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 大谷 和之, 進藤 重雄, 草野 和生, 三宅 論彦, 山田 剛史, 中井 修, 大川 淳. 成人脊柱変形に対し尾側固定範囲をL5までとした矯正固定術を施行した52例の障害発生因子についての検討. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  259. 田中 寛来, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症における脊髄造影検査の必要性の検討. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  260. 角谷 智, 福島 和之, 黒佐 義郎, 吉井 俊貴, 大川 淳. Pedicle screwに引き抜きを生じる要因の検討 術中Cone-beam CTと術後早期CTとの比較. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  261. 宮城 正行, 吉井 俊貴, 國府田 正雄, 古矢 丈雄, 木村 敦, 名越 慈人, 中島 宏彰, 坂井 顕一郎, 池田 信介, 井上 玄, 今釜 史郎, 竹下 克志, 松本 守雄, 大川 淳, 山崎 正志, 高相 晶士. 頸椎後縦靱帯骨化症術後患者の脊髄障害性疼痛の危険因子 AMED・厚労科研研究班 多施設前向き調査研究. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  262. 國府田 正雄, 吉井 俊貴, 江川 聡, 平井 高志, 古矢 丈雄, 木村 敦, 名越 慈人, 中島 宏彰, 坂井 顕一郎, 川口 善治, 竹下 克志, 松本 守雄, 今釜 史郎, 大川 淳, 山崎 正志. 頸椎後縦靱帯骨化症術後頸部痛の検討 AMED研究 手術成績多施設前向きレジストリの解析. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  263. 名越 慈人, 吉井 俊貴, 國府田 正雄, 古矢 丈雄, 木村 敦, 中島 宏彰, 勝見 敬一, 和田 簡一郎, 平井 高志, 竹下 克志, 渡辺 航太, 松本 守雄, 大川 淳, 山崎 正志, 今釜 史郎. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する椎弓形成術 多施設前向き研究による片開き式と両開き式の比較. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  264. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 伏見 清秀, 大川 淳, 藤原 武男. 頸椎症性脊髄症における前方除圧固定術および後方除圧固定術の周術期合併症比較 全国規模入院データベースを用いた傾向スコアマッチング解析. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  265. 松倉 遊, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 森下 真伍, 橋本 泉智, 大川 淳. 頸椎変性疾患手術における術中および周術期合併症の調査. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  266. 井上 嵩基, 古矢 丈雄, 吉井 俊貴, 國府田 正雄, 木村 敦, 名越 慈人, 中島 宏彰, 安藤 圭, 平井 高志, 江川 聡, 和田 簡一郎, 坂井 顕一郎, 松本 守雄, 今釜 史郎, 大川 淳, 山崎 正志. 傾向スコアマッチングを用いたK-line(+)頸椎後縦靱帯骨化症患者における前方除圧固定術と椎弓形成術の術後臨床成績の比較検討. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  267. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 大川 淳. 頸椎人工椎間板置換術と前方除圧固定術の短期成績比較. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  268. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小柳津 卓哉, 平井 敬悟, 大川 淳. O-arm/Navigation/Micro-LinkのIntegrationによるAugmented Reality脊椎手術. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  269. 高橋 拓也, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 元吉 貴之, 田中 寛来, 橋本 泉智, 川端 茂徳, 大川 淳. 化膿性脊椎炎における長期入院の予測因子. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  270. 木村 敦, 吉井 俊貴, 江川 聡, 平井 高志, 國府田 正雄, 古矢 丈雄, 名越 慈人, 中島 宏彰, 坂井 顕一郎, 川口 善治, 竹下 克志, 松本 守雄, 今釜 史郎, 山崎 正志, 大川 淳. 糖尿病が頸椎後縦靱帯骨化症の手術成績に与える影響 AMED・厚労科研研究班 多施設前向き調査. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  271. 高橋 拓也, 吉井 俊貴, 森 幹士, 平井 高志, 杉村 長洋, 名越 慈人, 牧 聡, 勝見 敬一, 竹内 一裕, 川口 善治, 山崎 正志, 大川 淳. DISHとASにおけるCTの特徴 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設研究. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  272. 牧 聡, 吉井 俊貴, 國府田 正雄, 古矢 丈雄, 木村 敦, 名越 慈人, 中島 宏彰, 和田 簡一郎, 坂井 顕一郎, 平井 高志, 安藤 圭, 竹下 克志, 松本 守雄, 今釜 史郎, 大川 淳, 山崎 正志. 新しい機械学習手法を用いた頸椎後縦靱帯骨化症の手術の予後予測モデルの構築 AMED・厚労科研研究班 多施設前向き研究. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  273. 藪 晋人, 星野 雅俊, 高橋 真治, 田淵 仁志, 升本 浩紀, 今西 勁峰, 前野 考史, 岩前 真由, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 堀 悠介, 猪瀬 弘之, 大川 淳, 中村 博亮. 人工知能技術を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システムの開発 MR画像における新旧椎体骨折の分類. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  274. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 森下 真伍, 松倉 遊, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎疾患再手術例の疫学的検証 単一施設1000超症例の検討. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  275. 吉井 俊貴, 橋本 泉智, 松倉 遊, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 羽田 紘人, 大山 潤, 大川 淳. 硬膜瘻孔を伴うヘモジデリン沈着症に対する新しい4D dynamic CT Myelographyを用いた瘻孔部位同定. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  276. 王 耀東, 野呂瀬 美生, 大川 淳. サーモグラフィーを用いたpink pulseless handスクリーニングの可能性. 第64回日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎

  277. 小山 恭史, 加藤 花歩, 藤田 浩二, 野呂瀬 美生, 佐々木 亨, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 杉浦 裕太, 斉藤 英雄, 大川 淳. 手指動作解析による頸髄症スクリーニングの試み. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎

  278. 佐々木 研, 若林 良明, 能瀬 宏行, 田野 敦寛, 藤田 浩二, 大川 淳. 尺骨神経障害を伴う橈骨遠位端骨折の臨床的特徴. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎

  279. 太田 剛, 串田 淑久, 藤田 浩二, 二村 昭元, 大川 淳. 高齢者における遠位橈尺関節症による伸筋腱皮下断裂の治療方法の検討. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎

  280. 野呂瀬 美生, 二村 昭元, 藤田 浩二, 鏑木 秀俊, 大川 淳, 秋田 恵一. 筋・腱膜と関節包に基づいた解剖学的解析による母指CM関節安定化機構の解明. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎

  281. 小山 恭史, 渡辺 拓郎, 藤田 浩二, 野呂瀬 美生, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 杉浦 裕太, 大川 淳. 筆圧による手根管症候群スクリーニング法の開発. 第64回 日本手外科学会学術集会 2021.04.22 長崎

  282. 大川 淳. 小児科専門医:現状と将来展望 日本専門医機構からの新機軸. 第124回 日本小児科学会学術集会 2021.04.16 京都

  283. 大川 淳. 脊柱靭帯骨化症研究の到達点. 広島市整形外科医会研修講演会 2021.03.27

  284. 小山 恭史, 藤田 浩二, 大川 淳. ばね指と糖尿病. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  285. 勝又 豊啓, 志村 治彦, 富澤 將司, 藤田 浩二, 二村 昭元, 大川 淳. TEN(titanium elastic nails)の使用経験. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  286. 田村 聡至, 加藤 剛, 石井 宣一, 關 良太, 辻 莉奈, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨粗鬆症椎体骨折に対する保存療法の初期評価. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  287. 田原 龍希, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 大川 淳. 頸髄髄膜腫再発例に対して後方・前方の二期的腫瘍摘出術を行った一例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  288. 宮本 玲奈, 平井 高志, 吉井 俊貴, 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小柳 広高, 柳下 和慶, 大川 淳. 比較的稀な腰椎椎体前方に発生した類骨骨腫に対し前側方アプローチで腫瘍切除術を施行した1例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  289. 高桑 拓也, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 橋本 泉智, 大川 淳. 頸椎後彎と術後血腫により脊髄症再発を来した頸椎神経線維腫の一例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  290. 波多野 泰三, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 本橋 正隆, 田中 雄太, 大川 淳. 診断に難渋した非結核性抗酸菌による上肢軟部組織感染症の一例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  291. 武田 眞一, 中川 裕介, 大関 信武, 中村 智祐, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 河野 佑二, 雨宮 正樹, 安 宰正, 吉井 俊貴, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. エコーガイド下滑膜生検で感染を否定して人工膝関節置換術を行った2例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  292. 岩渕 龍彦, 中川 裕介, 中村 智祐, 大関 信武, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 河野 祐二, 雨宮 正樹, 安 宰成, 関矢 一郎, 吉井 俊貴, 大川 淳, 古賀 英之. 習慣性膝蓋骨脱臼に対して人工膝関節全置換術に内側膝蓋大腿靱帯再建術を併用した1例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  293. 大川 淳. 高齢者の腰痛疾患の診断と治療. 慢性疼痛治療WEBセミナー in茨城 2021.03.02

  294. 橋本 泉智、平井 高志、佐藤 信吾、湯浅 将人、小柳 広高、森下 信吾、松倉 遊、猪瀬 弘之、吉井 俊貴、大川 淳. 当院における転移性胸椎腫瘍患者の麻痺重症度と術後改善度の検討. 第3回 御茶ノ水脊椎研究会 2021.02.13 オンライン

  295. 橋本 淳、吉井 俊貴、坂井 顕一郎、平井 高志、湯浅 将人、猪瀬 弘之、川畑 篤礼、歌川 蔵人、松倉 遊、友利 正樹、鳥越 一郎、山田 剛史、草野 和生、大谷 和之、角谷 智、沼野 藤希、福島 和之、富澤 将司、新井 嘉容、進藤 重雄、大川 淳. 成人脊柱変形において BMI が手術成績・合併症に及ぼす影響 . 第3回 御茶ノ水脊椎研究会 2021.02.13 オンライン

  296. 水口隆介,赤座実穂,川端茂徳,渡部泰士,宮野由貴,佐々木亨,叶内匡,足立善昭,関原謙介,角勇樹,大川淳,横田隆徳. 磁場計測と神経超音波検査を組み合わせた正中神経肘部神経活動評価. 第42回脊髄機能診断研究会 2021.02.06 オンライン

  297. 上中沙衿,赤座実穂,川端茂徳,渡部泰士,宮野由貴,佐々木亨,叶内匡,足立善昭,関原謙介,角 勇樹, 大川淳,横田 隆徳. 超音波検査と誘発磁界計測による正中神経前腕部神経活動評価. 第42回脊髄機能診断研究会 2021.02.06 オンライン

  298. 大川 淳. コロナ禍における脊椎手術の現状や経験. 第7回 日本脊椎前方側方侵入手術学会 2021.01.30

  299. 大川 淳. 脊椎外科と医療安全. 福井県整形外科医会学術講演会 2021.01.23

  300. 橋本淳、川端茂徳、足立善昭、渡部泰士、宮野由貴、佐藤慎司、三谷悠貴、吉井俊貴、大川淳. 神経磁界計測装置(脊磁計)を用いた両側坐骨神経刺激後の健常者胸髄電気活動の非侵襲的機能評価. 第22回圧迫性脊髄症研究会 2021.01.16 オンライン

  301. 山口 玲子、瀬川 裕子、神野 哲也、大川 淳. 大腿骨頭に生じた片肢性骨端異形成症の一例. 第31回 日本小児整形外科学会学術集会 2020.12.03

  302. 三谷悠貴, 赤座実穂, 川端茂徳, 星野優子, 佐々木亨, 橋本淳, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 高橋陽一郎, 足立善昭, 関原謙介, 大川淳. 神経磁界計測と神経超音波による腓腹神経活動の評価. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  303. 橋本淳, 川端茂徳, 星野優子, 関原謙介, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 高橋陽一郎, 長岡信頼, 足立善昭, 吉井俊貴, 大川淳. 脊磁図(神経磁界計測装置)を用いた胸髄電気活動の非侵襲的評価. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  304. 宮野由貴, 赤座実穂, 関原謙介, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 金碩燦, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 足立善昭, 大川淳, 川端茂徳. 脊磁図による尺骨神経および正中神経刺激後の頚部椎間孔への電流流入分布の比較. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  305. 佐々木亨, 川端茂徳, 橋本淳, 赤座実穂, 足立善昭, 宮野由貴, 渡部泰士, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 大川淳. 上肢末梢神経磁界計測による神経活動電流の可視化. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  306. 川端茂徳, 橋本淳, 佐々木亨, 関原謙介, 星野優子, 赤座実穂, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 四宮謙一, 大川淳. 脊磁図・末梢神経磁図による新しい神経機能評価. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  307. 渡部泰士, 星野優子, 川端茂徳, 関原謙介, 佐々木亨, 橋本淳, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 足立善昭, 大川淳. 神経磁界計測による肘部管周辺の神経活動の評価. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  308. 橋本淳, 川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 三谷悠貴, 吉井俊貴, 大川淳. 脊磁図(神経磁界計測)を用いた胸腰椎の神経電気活動の非侵襲的機能評価. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  309. 辰岡鉄郎, 川端茂徳, 橋本淳, 星野優子, 関原謙介, 澁谷朝彦, 足立善昭, 大川淳. 磁気抵抗効果素子(MR)を用いた体性感覚誘発脳磁場(SEF)測定. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  310. 酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、平尾昌之、中原瑠衣、大川淳. COVID-19感染症病棟入棟患者のADLについて. 第4回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2020.11.20

  311. 酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、平尾昌之、中原瑠衣、大川淳. COVID-19感染症に対するリモートリハビリテーション治療について. 第4回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2020.11.20

  312. 中原瑠衣、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、平尾昌之、大川淳. ECMO管理を必要とした重症COVID-19患者に対しリハビリテーション治療を行った4例について. 第4回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2020.11.20

  313. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症患者における疼痛・機能障害と破局的思考の関連. 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  314. 橋本淳,川端茂徳、佐々木亨、星野優子、関原謙介、足立善昭、渡部泰士、宮野由貴、佐藤慎司、三谷悠貴、金碩燦、高橋陽一郎、吉井俊貴、大川淳. 脊磁計(神経磁界計測装置)を用いた腰部神経根症の非侵襲的機能評価. 第28回日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  315. 平井 高志, 榊 経平, 富澤 将司, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 新井 嘉容, 大川 淳. 多施設共同調査による腰椎椎間板ヘルニアへのコンドリアーゼ椎間板内注射の治療成績. 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  316. 吉井 俊貴、平井 高志、湯浅 将人、猪瀬 弘之、大川 淳. 骨粗鬆症性椎体椎体圧潰に対する手術療法:当科の工夫. 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  317. 平井 高志, 吉井 俊貴, 森 幹士, 名越 慈人, 竹内 一裕, 勝見 敬一, 牧 聡, 大川 淳, 川口 善治. 頚椎後縦靭帯骨化症患者の画像所見と痛みを含めた臨床症状との関連を調査した大規模多施設前向き研究 . 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  318. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 大川 淳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 伏見 清秀, 藤原 武男. 高齢者骨粗鬆症性椎体骨折における周術期全身合併症および死亡に関連する因子の検討 全国規模入院データベースを用いた解析. 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  319. 元吉 貴之, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 大川 淳. 頸椎疾患を有する DISH 患者の腰痛、脊椎矢状面パラメーターの特徴検討 . 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  320. 吉井 俊貴, 江川 聡, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 中川 幸洋, 勝見 敬一, 國府田 正雄, 和田 簡一郎, 古矢 丈雄, 松山 幸弘, 竹下 克志, 川口 善治, 今釜 史郎, 松本 守雄, 大川 淳, 山崎 正志. 頚椎後縦靱帯骨化症に対する手術治療における周術期神経合併症と危険因子 厚労科研研究班 多施設前向き調査. 第29回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2020.10.24 Web

  321. 瀬川裕子、柿﨑潤, 宮武和正、平尾昌之、高田亮平、渡部直人、神野哲也、大川淳. 内反股に対し髄内釘を用いた大腿骨転子部外反骨切り術を施行したMcCune-Albright症候群の1例. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  322. 宮武和正、高田亮平 渡部直人 瀬川裕子 神野哲也 大川淳 古賀英之. 変形性股関節症患者における各種理学所見の妥当性検討. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  323. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、渡部直人、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術術後の大腿筋膜張筋萎縮の発生頻度. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  324. 松倉遊,新井嘉容,坂井顕一郎,鳥越一郎,友利正樹,榊経平,小柳津卓哉,吉井俊貴,大川淳. 1椎間の下位腰椎後方椎体間固定術における使用ケージ角度と獲得前弯角の検討-ブーメラン型ケージ5°と12°の比較-. 第29回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2020.10.23

  325. 坂井顕一郎,吉井俊貴,鳥越一郎,友利正樹,榊経平,松倉遊,小柳津卓哉,平井敬悟,新井嘉容,大川淳. 頚椎人工椎間板置換術の適応はどれくらいあるか?‐同一施設過去症例の検討‐. 第29回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2020.10.23

  326. 渡部 直人、瀬川 裕子、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、吉井 俊貴、大川 淳. 磁気共鳴画像にて両側短内転筋のびまん性信号変化を伴った化膿性恥骨結合炎の 1 例 . 第 47 回 日本股関節学会学術集会 2020.10.23 四日市(ハイブリッド)

  327. 森下真伍,吉井俊貴,大川淳,猪瀬弘之,平井高志,湯浅将人,松倉遊,伏見清秀,藤原武男. 高齢者骨粗鬆症性椎体骨折における周術期全身合併症および死亡に関連する因子の検討 全国規模入院データベースを用いた解析. 第29回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2020.10.23

  328. 渡部直人、遠藤健太郎、小森啓一郎、大関信武、水野満、河野佑二、片野尚子、辻邦和、古賀英之、大川淳、関矢一郎. 変性半月板断裂膝の関節液中間葉系幹細胞は内在性CGRPとHGFを介して手術後に増加する. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 2020.10.16

  329. 堀内聖剛、水野満、片野尚子、遠藤健太郎、大関信武、辻邦和、古賀英之、大川淳、関矢一郎. 初代自家滑膜幹細胞移植における自己血清量と有核細胞数に応じた藩種密度の検討. 第35回日本整形外科学会基礎学術集会 2020.10.16 web

  330. 大川 淳. 酵素注入療法による腰椎椎間板ヘルニアの治療. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 2020.10.15

  331. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 大川淳. 神経磁界計測による健常者の全胸髄活動の可視化. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 2020.10.15

  332. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶, 大川 淳. 骨格筋圧挫損傷急性期において高気圧高酸素環境は低酸素誘導因子の増加を介して筋新生に至る過程を促進する. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 2020.10.15 オンライン

  333. 藪 晋人, 星野 雅俊, 田淵 仁志, 升本 浩紀, 高橋 真治, 前野 考史, 岩前 真由, 猪瀬 弘之, 大川 淳, 中村 博亮. 人工知能技術を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システムの開発 MR画像における新鮮椎体骨折の自動検出. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 2020.10.15 オンライン

  334. 横山 裕之, 平井 高志, 榎本 光裕, 鏑木 秀俊, 吉井 俊貴, 永田 哲也, 横田 隆徳, 大川 淳. DNAマイクロアレイを用いたマウス腰部後根神経節における神経障害性疼痛関連遺伝子の調査. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 2020.10.15 オンライン

  335. 小山 恭史, 藤田 浩二, 渡辺 昌, 佐々木 亨, 二村 昭元, 斉藤 英雄, 大川 淳. 非接触型センサーと機械学習を用いた,頸髄症における手指動作の解析と診断法の開発. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 2020.10.15 オンライン

  336. 猪瀬 弘之,加藤 剛,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後の疼痛残存の危険因子についての解析. 第22回日本骨粗鬆症学会 2020.10.09

  337. 小林 裕、猪瀬 弘之、大川 淳 . 骨格筋の再生において Cdk1 が必須である . 第38回 日本骨代謝学会学術集会 2020.10.09

  338. 大川 淳. 私たちの専門研修システムとスタッフ教育の実際. 整形外科学術講演会 2020.09.24

  339. 王耀東, 大川淳. 非定型大腿骨骨折に対するCT有限要素解析. 第14回 日本CAOS研究会/第26回 日本最小侵襲整形外科学会 2020.09.21 高知

  340. 王 耀東, 加来 拓実, 大川 淳. サーモグラフィーを用いた四肢主要血管損傷スクリーニングの試み. 第46回 日本骨折治療学会学術集会 2020.09.19 バーチャル

  341. 加来 拓実, 王 耀東, 大川 淳. 骨転移診療における非定型大腿骨骨折発症リスクの検討. 第46回 日本骨折治療学会学術集会 2020.09.19

  342. 王 耀東, 加来 拓実, 大川 淳. 非定型大腿骨骨折に対するOh分類の検証. 第46回 日本骨折治療学会学術集会 2020.09.19

  343. 北村 拓也, 王 耀東, 加来 拓実, 田野 敦寛, 大川 淳. 脛骨遠位端開放骨折に対する後方プレート固定により長母趾屈筋腱障害を生じた1例. 第46回 日本骨折治療学会学術集会 2020.09.19

  344. 加来 拓実, 王 耀東, 宮武 和正, 大川 淳. 老年病医主導による高齢者大腿骨近位部骨折患者の周術期管理体制の試験運用. 第46回 日本骨折治療学会学術集会 2020.09.19

  345. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 本橋 正隆, 大川 淳. 骨転移キャンサーボードで示すがん診療における整形外科医の存在意義. 第69回 東日本整形災害外科学会 2020.09.18

  346. 星野ちさと、酒井朋子、中原瑠衣、山口玲子、平尾昌之、大川淳. リハビリテーション医療チームにおける運動器の専門家・整形外科医師の役割. 第69回 東日本整形災害外科学会 2020.09.18

  347. 宮武 和正、高田 亮平、平尾 昌之、吉井 俊貴 、大川 淳、神野 哲也、古賀 英之. 仰臥位人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性. 第69回 東日本整形災害外科学会 2020.09.18

  348. 小柳広高, 佐藤信吾, 阿江啓介, 大川淳. 当院における悪性骨・軟部腫瘍に対するがんゲノム検査後治療未実施例の検討. 第53回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2020.09.11 オンライン

  349. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 酒井 朋子, 三宅 智, 大川 淳. 緩和ケアにおける整形外科医の意義を考える がん患者が最後まで「動ける」を目指した緩和ケアの実践. 第53回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2020.09.11 オンライン

  350. 佐藤 信吾, 平井 高志, 吉井 俊貴, 小柳 広高, 阿江 啓介, 湯浅 将人, 三宅 智, 大川 淳. TES施行後、隣接椎体の骨転移による歩行障害が出現し、その治療に難渋した症例. 第53回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2020.09.11 オンライン

  351. 渡邊 怜奈, 瀬川 裕子, 柿崎 潤, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 神野 哲也, 大川 淳. 髄内釘を用いた大腿骨骨切り術中に大量出血を来したMcCune-Albright症候群の1例. 第53回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2020.09.11 オンライン

  352. 川端茂徳,佐々木亨, 橋本淳, 湯浅将人, 平井高志,猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 渡部泰士, 関原謙介, 足立善昭,星野優子,大川 淳. 末梢神経刺激脊磁図による頚髄症患者の伝導障害部位評価. 第49回日本脊椎脊髄病学会 2020.09.08 神戸

  353. 橋本淳,川端茂徳,佐々木亨,星野優子,関原謙介,足立善昭,渡部泰士,宮野由貴,佐藤慎司,三谷悠貴,平井高志,湯浅将人,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 脊磁図(MSG)による馬尾神経活動の非侵襲的評価. 第49回日本脊椎脊髄病学会 2020.09.08 神戸

  354. 猪瀬 弘之,湯浅 将人,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する硬性装具と軟性装具の前向きランダム化比較研究ー偽関節発生の危険因子ー. 第49回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.08 神戸

  355. 猪瀬 弘之,加藤 剛,湯浅 将人,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後のQOL低下の危険因子の解析. 第49回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.08 神戸

  356. 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 木村 敦, 大川 淳. 頚椎症性脊髄症患者の転倒を予測する因子の解析. 第49回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.08 神戸

  357. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 江川 聡, 小沼 博明, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 大川 淳 . 頚椎3椎間以上にわたるOPLLに対して椎体亜全摘を要した頚椎前方除圧固定術と椎体間固定術を併用したHybrid固定術との比較. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  358. 進藤 重雄, 水野 広一, 大谷 和之, 草野 和生, 山田 剛史, 牛尾 修太, 中井 修, 大川 淳. 胸椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  359. 友利 正樹, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 脊椎手術におけるO-armの応用. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  360. 勝見 敬一, 平井 高志, 吉井 俊貴, 橋本 淳, 名越 慈人, 森 幹士, 竹内 一裕, 牧 聡, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 全国多施設前向き調査による脊柱靱帯骨化の広がりが頸椎機能に与える影響 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  361. 西村 空也, 名越 慈人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 牧 聡, 勝見 敬一, 竹内 一裕, 森 幹士, 渡辺 航太, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. DISHの新グレーディングシステムと各靱帯骨化症の関連性 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設研究. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  362. 森 幹士, 吉井 俊貴, 平井 高志, 橋本 淳, 名越 慈人, 竹内 一裕, 勝見 敬一, 牧 聡, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 多施設前向き調査による若年頸椎OPLL患者の特徴 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  363. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対する頸椎椎弓形成術後の矢状面アライメントと骨移植の有無による椎間骨癒合の検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  364. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症患者における疼痛・機能障害と破局的思考の関連. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  365. 佐々木 真一, 黒田 浩司, 金森 康夫, 高田 知史, 平井 高志, 湯浅 将人, 大川 淳. 側方経路腰椎椎体間固定術(Lateral Lumbar Interbody Fusion)の臨床成績とcage選択の留意点. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  366. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 小沼 博明, 吉井 俊貴, 大川 淳. 第4腰椎変性すべり症に対する手術療法除圧術、制動術、固定術の3術式の前向き研究による長期成績. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  367. 山本 竜也, 岡田 英次朗, 吉井 俊貴, 渡辺 慶, 檜山 明彦, 中川 幸洋, 遠藤 照顕, 和田 簡一郎, 大川 淳, 松本 守雄, 渡辺 航太. びまん性特発性骨増殖症を合併した脊椎損傷における糖尿病の影響 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設研究. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  368. 和田 簡一郎, 岡田 英次朗, 渡辺 航太, 渡辺 慶, 加藤 裕幸, 檜山 明彦, 渡辺 雅彦, 中川 幸洋, 遠藤 照顕, 竹内 一裕, 松永 俊二, 坂井 顕一郎, 小林 祥, 吉井 俊貴, 松本 守雄, 大川 淳. びまん性特発性骨増殖症を伴った頸椎損傷に後縦靱帯骨化症が与える影響 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設後ろ向き調査. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  369. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 頸椎人工椎間板置換術の適応はどれくらいあるのか? 同一施設内過去症例の検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  370. 進藤 重雄, 水野 広一, 大谷 和之, 草野 和生, 山田 剛史, 牛尾 修太, 中井 修, 大川 淳. 胸椎前方手術後の胸腔内髄液漏の治療. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  371. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 成人脊柱変形に対する2つの椎体間矯正固定術の術後2年成績の比較 多椎間PLIF/TLIF併用後方単独法vs多椎間LLIF併用前後合併法. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  372. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 成人脊柱変形における腸骨スクリューとS2AIスクリューとの多施設後ろ向き比較研究. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  373. 平井 敬悟, 小柳津 卓哉, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 成人脊柱変形患者における筋疲労とX線脊柱パラメータの相関. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  374. 齊藤 正徳, 湯浅 将人, 吉井 俊貴, 江川 聡, Schoenecker Jonathan, 大川 淳. 脊椎後面に移植した肥大軟骨細胞は、骨移植と同等に骨形成を促進する. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  375. 元吉 貴之, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 頸椎疾患を有するDISH患者の脊椎矢状面パラメーターの検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  376. 榊 経平, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 矢状面バランス正常な頸椎症性脊髄症(CSM)に対する頸椎椎弓形成術術後後彎化の術前予測因子. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  377. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者の頸椎~上位胸椎手術における術前予測可能な術後せん妄の危険因子の解析. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  378. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 大川 淳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 伏見 清秀, 藤原 武男. 高齢者骨粗鬆症性椎体骨折における周術期全身合併症および死亡に関連する因子の検討 全国規模入院データベースを用いた解析. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  379. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎除圧術後感染の早期発見に向けた炎症マーカーの解析-好中球/リンパ球比に注目して. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  380. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 成人脊柱変形に対する多椎間LLIF併用前後合併矯正固定術におけるケージ内骨癒合遅延は術中終板損傷が最も影響する. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  381. 川畑 篤礼, 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 平井 高志, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 松倉 遊, 友利 正樹, 鳥越 一郎, 草野 和生, 大谷 和之, 水野 広一, 新井 嘉容, 大川 淳. パーキンソン病患者における成人脊柱変形手術の術後成績の検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  382. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症リエゾンサービスを介した当地域での骨粗鬆症治療の取り組みとリスク因子の検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  383. 大谷 和之, 進藤 重雄, 水野 広一, 草野 和生, 山田 剛史, 牛尾 修太, 中井 修, 大川 淳. 胸椎OPLLへの挑戦-麻痺をいかに回避するか- 胸椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  384. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 中下位頸椎術後の嚥下障害発生に関する前向き研究(第2報). 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  385. 草野 和生, 進藤 重雄, 水野 広一, 大谷 和之, 山田 剛史, 牛尾 修太, 中井 修, 大川 淳. 首下がり症候群に対する頸椎伸展位臥床、僧帽筋・傍脊柱筋訓練を中心とした保存治療の成績. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  386. 谷山 崇, 沼野 藤希, 小森 博達, 大川 淳. 腰椎TLIF後隣接椎間障害発生の危険因子についての検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  387. 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 硬膜瘻孔を伴うヘモジデリン沈着症に対する MRI balanced sequence 法を使用した瘻孔部位同定. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド)

  388. 吉井 俊貴, 江川 聡, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 中川 幸洋, 勝見 敬一, 國府田 正雄, 和田 簡一郎, 古矢 丈雄, 松山 幸弘, 竹下 克志, 川口 善治, 今釜 史郎, 松本 守雄, 大川 淳, 山崎 正志. 頚椎後縦靱帯骨化症に対する前方・後方除圧固定術における手術成績と片側上肢麻痺(AMED 多施設前向 き調査) . 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド)

  389. 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳 . 集学的院内診療体制に基づく脊椎転移による脊髄麻痺の予防-東京医科歯科大学の取り組み-. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  390. 平井 高志, 吉井 俊貴, 名越 慈人, 森 幹士, 竹内 一裕, 勝見 敬一, 牧 聡, 町野 正明, 橋本 淳, 西村 空也, 中村 雅也, 松本 守雄, 山崎 正志, 大川 淳, 川口善治, 厚労科研脊柱靭帯骨化症研究班 . 全国多施設前向き調査による頚椎OPLL患者のJOACMEQ/BPEQ、痛みと画像所見との関連 -厚労科研脊柱靭帯骨化症研究班・JOSL study -. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  391. 平井 高志, 榊 経平, 富澤 将司, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 新井 嘉容, 大川 淳, 吉井 俊貴. 多施設共同調査による腰椎椎間板ヘルニアに対するコンドリアーゼ椎間板内注射の治療成績. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  392. 橋本淳,川端茂徳, 足立善昭, 渡部泰士, 吉井俊貴, 大川淳. 脊磁図(神経磁界計測)による胸髄電気活動の可視化. 第55回日本脊髄障害医学会 2020.09.05 横浜

  393. 川端茂徳,赤座実穂, 橋本淳, 佐々木亨, 宮野由貴, 渡部泰士, 関原謙介, 星野優子, 足立善昭, 大川 淳. 神経磁界計測による脊髄・末梢神経の伝導診断. 第61回日本神経学会 2020.08.31 岡山

  394. 渡部泰士,川端茂徳, 関原謙介, 佐々木亨, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川淳. 神経磁界計測による肘部管周囲の神経活動の可視化. 第61回日本神経学会 2020.08.31 岡山

  395. 三谷悠貴,川端茂徳, 赤座実穂, 星野優子, 佐々木亨, 橋本淳, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 髙橋陽一郎, 足立善昭, 関原謙介, 大川淳. 神経磁界計測による腓腹神経活動の評価. 第61回日本神経学会 2020.08.31 岡山

  396. 宮野由貴,橋本淳, 川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川淳. 脊磁図による胸髄神経活動伝搬の可視化. 第61回日本神経学会 2020.08.31 岡山

  397. 渡邊怜奈、瀬川裕子、宮武和正、平尾昌之、高田亮平、神野哲也、大川淳. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血をきたしたMcCune-Albright症候群の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21

  398. 猪瀬 弘之,加藤 剛,吉井 俊貴,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存治療の指針策定. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21

  399. 白畑航、中川裕介、古賀英之、片桐洋樹、大関信武、小田邉浩二、大原敏之、塩田幹夫、河野佑二、山口玲子、雨宮正樹、新田智久、大川淳、瀬川裕子. 診断と治療方針決定に苦慮した小児大腿骨遠位骨端部骨髄炎の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21

  400. 大川 淳. 新型コロナウイルス感染症に立ち向かう. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  401. 渕岡 佑亮, 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 橘 哲也, 大川 淳. 初回全人工股関節置換術中に生じた大腿骨骨幹部骨折に対してロングセメントステムを用いて再置換術を施行した一例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  402. 徳本 泰將, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 野呂瀬 美生, 橘 哲也, 渡辺 紗矢, 大川 淳. 急性膝窩動脈閉塞を併発した慢性拡張型血腫に対して骨盤半裁施行した1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  403. 中村 皓平, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 大川 淳. 術後残存腫瘍の増大により再手術が必要となった胸椎軟骨芽細胞腫の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  404. 橋本 泉智, 島谷 雅之, 深川 真吾, 井口 亮, 大川 淳. 鎖骨近位端骨折に対して骨折観血的手術を施行した1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  405. 山本 皓子, 志村 治彦, 富澤 將司, 仲津留 恵日, 池田 達宣, 塚本 和矢, 大川 淳. 掌側ロッキングプレートで治療困難な橈骨手根関節背側脱臼骨折の3例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  406. 脇 智彦, 石井 宣一, 本橋 正隆, 渕岡 佑亮, 加藤 剛, 大川 淳. 化膿性膝関節炎、上腕骨骨接合術後感染に対する抗菌薬局所持続投与療法の経験. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  407. 竹内 彩子, 沼野 藤希, 小森 博達, 若林 良明, 浅野 浩司, 能瀬 宏行, 谷山 崇, 田野 敦寛, 吉田 龍, 菱山 隼, 大川 淳. ハイブリッド手術室でのMini-open TLIFにおける椎弓根スクリューの挿入精度 経皮側VS Open側同一症例の検討. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  408. 菱山 隼, 若林 良明, 浅野 浩司, 沼野 藤希, 能瀬 宏行, 谷山 崇, 田野 敦寛, 竹内 彩子, 大川 淳, 吉田 龍. 精神科救急身体合併症転院事業における整形外科手術症例の特徴について. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  409. 上杉 豪, 進藤 重雄, 水野 広一, 大谷 和之, 草野 和夫, 山田 剛史, 牛尾 修太, 東川 尚人, 北村 拓也, 中井 修, 大川 淳. Behcet病に伴う腰椎椎体椎間板炎の一例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  410. 渡邉 紗矢, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 阿江 啓介, 松本 誠一, 大川 淳. 転移性脊椎腫瘍との鑑別を要した脊椎の孤立性形質細胞腫の4例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  411. 梶原 健嗣, 平井 高志, 小沼 博明, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 甲状腺がんと中咽頭がんの術後に放射線性骨壊死に伴う頸椎後彎をきたした1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  412. 田村 友里, 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 松倉 遊, 酒枝 健太郎, 大川 淳. 除圧術により長期間の下肢完全運動麻痺から独歩可能となった精神遅滞と脊柱変形を伴う脊柱靱帯骨化症の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  413. 東川 尚人, 大谷 和之, 進藤 重雄, 水野 広一, 草野 和生, 山田 剛史, 牛尾 修太, 上杉 豪, 北村 拓也, 中井 修, 大川 淳. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方骨化浮上術後の硬膜外血腫症例の検討. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  414. 田中 雄太, 松岡 正, 山田 哲也, 石畑 知沙, 大川 淳. 脊椎術後に使用した閉鎖陰圧療法(NPWT)の検討. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  415. 本橋 正隆, 石井 宣一, 渡邊 怜奈, 渕岡 佑亮, 脇 智彦, 加藤 剛, 大川 淳. 大腿骨転子部骨折に対する観血的整復固定術後に大腿深動脈仮性動脈瘤を生じた1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  416. 吉田 龍, 浅野 浩司, 菱山 隼, 竹内 彩子, 田野 敦寛, 谷山 崇, 能瀬 宏行, 沼野 藤希, 若林 良明, 小森 博達, 大川 淳. 観血的整復を要した左1趾MTP関節脱臼の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  417. 北村 拓也, 王 耀東, 加来 拓実, 田野 敦寛, 大川 淳. 脛骨遠位端開放骨折に対する後方MIPO法により長母趾屈筋腱障害を生じた1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21

  418. 徳本 泰將, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 渡邉 紗矢, 宮武 和正, 大川 淳. 両下肢壊疽をきたし治療に難渋した左THA後慢性拡張型血腫の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  419. 松倉 遊, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 小柳津 卓哉, 大川 淳 . 術者からみた脊椎手術の術後管理のピットフォールと対策 脊椎後方手術における術後管理のピットフォールとその対策 . 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  420. 山本尚輝、酒井朋子、神野哲也、柳下和慶、渡邊敏文、瀬川裕子、宮武和正、請川大、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 人工膝関節全置換術後リハビリテーション医療による早期日常生活動作能力向上が精神的健康や社会参加促進に与える影響. 第57回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.19

  421. 大川 淳. 医療安全の基本的な考え方―最近の動向を踏まえて. 第57回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.19 京都

  422. 山口 玲子, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 請川 大, 平尾 昌之, 神野 哲也, 大川 淳. 一過性大腿骨頭萎縮症を伴った妊婦で長期臥床を余儀なくされた1例. 第57回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.19

  423. 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症リエゾンサービス(OLS)を介した地域連携での骨粗鬆症治療の取り組み. 第57回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.19

  424. 川端茂徳,佐々木亨,橋本淳,星野優子,関原謙介,足立善昭,渡部泰士,宮野由貴,佐藤慎司,三谷悠貴,金碩燦,大川淳. 脊磁図による脊髄・神経根の機能診断. 第35回日本生体磁気学会 2020.07.03 誌上開催

  425. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 吉井俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測(脊磁図)による健常者胸髄電気活動の非侵襲的評価. 第35回日本生体磁気学会 2020.07.03 誌上開催

  426. 佐々木亨,川端茂徳, 橋本淳, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川淳. 末梢神経磁界計測による神経活動電流の可視化. 第35回日本生体磁気学会 2020.07.03

  427. 三谷悠貴,赤座実穂, 川端茂徳, 星野優子, 佐々木亨, 橋本淳, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 髙橋陽一郎, 足立善昭, 関原 謙介, 大川淳. 神経磁界計測による腓腹神経活動の可視化と評価 . 第35回日本生体磁気学会 2020.07.03 誌上開催

  428. 渡部泰士,川端茂徳, 星野優子, 赤座実穂, 尾崎勇, 牛尾修太, 佐々木亨, 宮野由貴, 足立善昭, 関原謙介, 大川淳. SQUIDセンサシステムによる正中神経 / 尺骨神経刺激後の腕神経叢の神経活動の可視化. 第35回日本生体磁気学会 2020.07.03 誌上開催

  429. 佐々木亨,川端茂徳, 藤田浩二,二村昭元,鈴木志郎,足立善昭,佐藤慎司, 渡部泰士,宮野由貴, 大川 淳. 神経磁界計測を用いた手根管部伝導障害の局在診断. 第63回日本手外科学 2020.06.25 オンライン

  430. 佐々木 亨, 藤田 浩二, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 小山 恭史, 野呂瀬 美生, 若林 良明, 大川 淳. 肘部管症候群に対する術後成績の予測 臨床所見および電気生理学的検査による統計学的検討. 第63回 日本手外科学会 2020.06.25 オンライン

  431. 佐々木亨,川端茂徳, 藤田浩二, 二村昭元, 鈴木志郎, 足立善昭, 佐藤慎司, 渡部泰士, 宮野由貴, 大川 淳. 神経磁界計測を用いた肘部管症候群の診断. 第63回日本手外科学会 2020.06.25 オンライン

  432. 小山 恭史, 藤田浩二、渡辺昌、佐々木亨、串田淑久、二村昭元、鈴木志郎、斉藤英雄、大川淳. 非接触型センサーによる手指動作の高次元解析と頚椎症性脊髄症診断法の開発. 第63回 日本手外科学会 2020.06.25 オンライン

  433. 川端茂徳,佐々木亨, 橋本淳, 湯浅将人, 平井高志,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,渡部泰士,関原謙介,足立善昭,星野優子,大川 淳. 末梢神経刺激後の脊磁図による完全に非侵襲的な頚髄伝導ブロックの評価. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  434. 佐々木亨,川端茂徳,藤田浩二,二村昭元,鈴木志郎,星野優子,関原謙介,足立善昭,渡部泰士,長谷川由貴,佐藤慎司,三谷悠貴,金碩燦,大川 淳. 神経磁界計測を用いた手根管症候群の伝導障害部位の診断. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  435. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士,平井高志, 湯浅将人, 猪瀬弘之,吉井俊貴 大川 淳. 脊磁図(神経磁界計測)による胸髄電気活動の可視化. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  436. 瀬川裕子、山口玲子、宮武和正、高田亮平、大川淳、富澤將司、志村治彦、仲津留恵日. 当科における乳児股関節二次検診の現状. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  437. 猪瀬 弘之, 木村 敦, 吉井 俊貴,大川 淳. C7 slopeが頚椎症性脊髄症患者の転倒を予測する. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  438. 猪瀬 弘之,小林 裕,大川 淳. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨形成の調節機構. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  439. 猪瀬 弘之,加藤 剛,湯浅 将人,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後のQOL低下の危険因子の解析. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  440. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 吉井 俊貴, 大川 淳. 頸椎術後の嚥下障害発生に関する前向き研究(第2報). 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  441. 森 幹士, 吉井 俊貴, 平井 高志, 橋本 淳, 名越 慈人, 竹内 一裕, 勝見 敬一, 牧 聡, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治, 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班. 多施設前向き調査による若年頸椎OPLL患者の特徴 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  442. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶, 大川 淳. 骨格筋圧挫損傷急性期において早期の高気圧高酸素治療は筋再生促進に有用である. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  443. 平井 高志, 吉井 俊貴, 橋本 淳, 名越 慈人, 森 幹士, 竹内 一裕, 勝見 敬一, 牧 聡, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治, 厚労科研脊柱靭帯骨化症研究班 . 頸椎OPLL患者の多施設前向き調査による症状と骨化様相の検討 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  444. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 成人脊柱変形に対する側方経路腰椎椎体間固定併用前後方矯正固定術におけるケージ内骨癒合は術中終板損傷が最も影響する. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  445. 佐々木 真, 黒田 浩司, 金森 康夫, 平井 高志, 湯浅 将人, 大川 淳. 側方経路腰椎椎体間固定術の臨床成績とcage選択の留意点. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  446. 山田 剛史, 吉井 俊貴, 牛尾 修太, 谷山 崇, 進藤 重雄, 新井 嘉容, 中井 修, 大川 淳. 遠位型頸椎症性筋萎縮症に対する手術成績 多施設後ろ向き調査. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  447. 山口 玲子, 二村 昭元, 瀬川 裕子, 秋田 恵一, 大川 淳. 関節包に基づく距骨下関節に関する解剖学的研究. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  448. 小柳津 卓哉, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 榊 経平, 松倉 遊, 新井 嘉容, 大川 淳. 首下がり姿勢における頸椎姿勢保持筋の機能評価. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  449. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 吉井 俊貴, 大川 淳. 人工股関節全置換術における術中体位の違いは神経・血管損傷リスクに影響するか. 第93回日本整形外科学会学術集会 2020.06.11 オンライン

  450. 王 耀東, 野呂瀬 美生, 元吉 貴之, 加来 拓実, 大川 淳. 四肢主要血管損傷のスクリーニングにおけるサーモグラフィーの可能性. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  451. 木村 敦, 竹下 克志, 猪瀬 弘之, 遠藤 健司, 古矢 丈雄, 森 幹士, 関 庄二, 今釜 史郎, 松永 俊二, 大川 淳. 圧迫性頸髄症手術前後の転倒と転倒による神経症状悪化の頻度に関する多施設前向き研究. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  452. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 75歳以上の高齢者脊椎手術において術前に予想できる術後せん妄危険因子の検討. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  453. 松倉 遊, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 平井 高志, 大谷 和之, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳, 医科歯科脊椎G. 傾向スコアを用いた成人脊柱変形に対するmultiple PLIFとLLIF併用矯正固定術の比較研究. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  454. 安藤 圭, 今釜 史郎, 吉井 俊貴, 海渡 貴司, 渡邉 航太, 中嶋 秀明, 竹下 克志, 松本 守雄, 川口 善治, 大川 淳, 山崎 正志, 松山 幸弘. 胸椎黄色靱帯骨化症手術に対する手術治療 術式比較 AMED・厚労科研研究班多施設調査研究. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  455. 吉井 俊貴, 江川 聡, 坂井 顕一郎, 勝見 敬一, 中川 幸洋, 和田 簡一郎, 竹下 克志, 川口 善治, 今釜 史郎, 松本 守雄, 大川 淳, 山崎 正志, AMED・厚労科研靱帯骨化症WG. 頚椎後縦靱帯骨化症に対する手術治療における周術期神経合併症と危険因子 AMED・厚労科研研究班 多施設前向き調査 . 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  456. 藤田 浩二, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 加藤 龍一, 高橋 正樹, 大川 淳. ドミノ骨折予防を目指した橈骨遠位端骨折患者の歩行評価. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 Web

  457. 塚本 和矢, 志村 治彦, 富澤 將司, 仲津留 恵日, 山本 皓子, 池田 達宣, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 藤田 浩二, 大川 淳. 母指CM関節脱臼に対する背側関節包-靱帯複合体の修復. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 Web

  458. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、王耀東、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術術後のステム周囲骨リモデリングの比較検討-有限要素解析を加えた考察-. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  459. 神野哲也、宮武 和正、高田 亮平、平尾 昌之、品田 良太、長束 由里、古賀 大介、松原 正明、大川 淳. 50歳以下の若年者に対する人工股関節全置換術の20年成績. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  460. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、吉井俊貴、大川淳. 人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  461. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士,宮野由貴, 佐藤慎司,三谷悠貴,金碩燦,吉井俊貴,大川 淳. 神経磁界計測による健常者胸髄活動の可視化. 第41回脊髄機能診断研究会 2020.02.01

  462. 金 碩燦,川端 茂徳, 赤座 実穂, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 神経磁界計測装置を用いた坐骨神経刺激後の腰部神経活動電流分布の可視化と評価. 第41回脊髄機能診断研究会 2020.02.01 東京

  463. 渡邊怜奈、瀬川裕子、宮武和正、平尾昌之、高田亮平、大川淳、神野哲也、柿﨑潤. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血を来たしたMcCune-Albright症候群の1例. 第30回 関東小児整形外科研究会 2020.02.01

  464. 平井高志, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 湯浅将人, 小沼博明, 元吉貴之, 田中寛来, 高橋拓也, 大川淳. 食道癌・下咽頭癌の放射線・外科治療後に晩期に生じた頚椎骨壊死による後弯症を呈した1例. 第21回 圧迫性脊髄症研究会 2020.01.18 東京

  465. 吉井 俊貴、平井 高志、湯浅 将人、猪瀬 弘之、大川 淳. 仙骨部奇形腫摘出、係留脊髄解離術後に巨大偽性髄膜瘤を形成したクラリーノ症候群の姉妹例 . 第21回 圧迫性脊髄症研究会 2020.01.18 東京

  466. 大川 淳. 高齢者の腰椎疾患の診断と治療. Regional Web Conference 2020.01.16

  467. 平井 高志, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 湯浅将人, 大川 淳. Modified K-lineを用いた頚椎症性脊髄症患者の術式選択の取り組み. 日中頚椎外科研究会 2019.12.14

  468. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、吉井俊貴、大川淳. 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代クロスリンクポリエチレンライナーの比較検討. 第39回 整形外科バイオマテリアル研究会 2019.12.07 札幌

  469. 平井 高志, 吉井俊貴 橋本淳 森幹士 名越慈人 竹内一裕 勝見敬一 牧聡 大川淳 川口善治. 日本に多い頚椎後縦靭帯骨化症患者には全身の痛みが強いのか? -大施設多施設前向き調査による頚椎症患者と傾向スコアマッチング解析を用いた比較. 第12回 日本運動器疼痛学会 2019.11.30 六本木

  470. 宮野由貴,赤座実穂, 関原謙介, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 金碩燦, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川淳, 川端茂徳. 脊磁図による肘部尺骨神経刺激後の頚部神経活動の可視化. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  471. 辰岡鉄郎,川端茂徳, 橋本淳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 棗祐有, 林達也, 水原悠貴, 澁谷朝彦, 足立善昭, 大川淳. 磁気抵抗素子(MR)を用いた末梢神経磁界測定. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  472. 川端茂徳,佐々木亨, 橋本淳, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川淳. 脊磁図による頚髄症の電気生理学的診断. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  473. 赤座実穂,川端茂徳, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐々木亨, 叶内匡, 足立善昭, 関原謙介, 角勇樹, 大川淳, 横田隆徳. 神経超音波検査と末梢神経磁界測定による神経活動評価. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  474. 三谷悠貴,"川端茂徳, 赤座実穂, 星野優子, 佐々木亨, 橋本淳, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 高橋陽一郎, 足立善昭, 関原謙介, 大川淳". 神経磁界計測による腓腹神経活動の可視化. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  475. 佐藤慎司,川端茂徳, 赤座実穂, 関原謙介, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 宮野由貴, 三谷悠貴, 金碩燦, 足立善昭, 大川淳. 肘部正中神経刺激による手根管部神経電気活動の可視化. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  476. 佐々木亨,川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川淳. 肘部正中神経磁界計測による手根管症候群の障害部位診断. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  477. 金碩燦,川端茂徳, 赤座実穂, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 足立善昭, 関原謙介, 大川淳. 神経磁界計測装置を用いた坐骨神経刺激後の腰部神経電流分布の可視化と評価. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  478. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 渡部泰士, 宮野由貴, 金碩燦, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 足立善昭, 大川淳. 神経磁界計測装置(MNG)による胸髄電気活動の可視化. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  479. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 金碩燦, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 足立善昭, 大川淳. 神経磁界計測装置(MNG)による坐骨神経刺激後の馬尾電気活動の可視化. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  480. 瀬川裕子、西須孝、柿﨑潤、及川泰宏、安部玲、佐久間昭利、山口玲子、大川淳. 体外衝撃波治療により骨癒合を得た濃化異骨症の一例. 第31回 日本整形外科学会骨系統疾患研究会 2019.11.23 大阪

  481. 山口玲子、瀬川裕子、大川淳. 多発関節拘縮を契機に診断されたMucolipidosis type3と思われる1例. 第31回 日本整形外科学会骨系統疾患研究会 2019.11.23 大阪

  482. 大川 淳. 医学部附属病院の将来の構想. 第39回 お茶の水セミナー 2019.11.16

  483. 山本 尚輝、酒井朋子、神野哲也、柳下和慶、渡邊敏文、瀬川裕子、宮武和正、塩田幹夫、請川大、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 人工膝関節全置換術後の階段昇降能力獲得に影響を与える因子. 第3回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2019.11.15 静岡

  484. 吉井 俊貴, 森下 真伍, 藤原 武男, 大川 淳. 頚椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術と後方除圧固定術の周術期合併症DPCデータベースを用いた1708例の検討 . 第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019.11.15 つくば

  485. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. BMIとmodified Glasgow Prognostic Score(mGPS)は脊椎インストゥルメンテーション述語のSSIに対する有用な予測因子である . 第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019.11.15 つくば

  486. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 小沼 博明, 田中 寛来, 高橋 拓也, 吉井 俊貴, 大川 淳. 頚椎椎弓形成術における椎弓固定器械の使用経験 ~術中・術後の画像の評価~ . 第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019.11.15 つくば

  487. 川畑 篤礼, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 大川 淳 . 成人脊柱変形におけるmechanical complication のリスク因子の検討 . 第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019.11.15 つくば

  488. 山田 剛史, 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 大谷 和之, 進藤 重雄, 大川 淳. 環軸椎亜脱臼に対する手術成績と関連する因子についての検討. 第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019.11.15 つくば

  489. 小柳 広高, 佐藤 信吾, 徳本 泰將, 野呂瀬 美生, 渡邊 紗矢, 大川 淳. 人工股関節置換術後の慢性拡張型血腫に対して骨盤半裁施行した1例. 第13回 信州骨軟部腫瘍研究会 2019.11.09 松本, 長野

  490. 平井 高志, 大川 淳. 腰椎椎間板ヘルニアに対する保存と手術の中間治療となりうるコンドリアーゼ椎間板注入療法. 第25回 日本最小侵襲整形外科学会 2019.11.09 日本橋

  491. 王耀東, 藤田浩二, 吉井俊貴, 田野敦寛, 福島和之, 黒佐義郎, 若林良明, 大川淳. 大腿骨形態と非定型大腿骨骨折ーCT有限要素解析を基にー. 第46回 日本臨床バイオメカニクス学会 2019.11.01 久留米, 福岡

  492. 加藤 剛, 吉井 俊貴, 大川 淳. 多発性骨髄腫における病的椎体骨折に対する整形外科的低侵襲治療. 第54回 日本脊髄障害医学会 2019.11.01 秋田

  493. 瀬川裕子、山口玲子、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 小児整形外科外来における乳児股関節脱臼二次検診の現状. 第46回 日本股関節学会学術集会 2019.10.25 宮崎

  494. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、橘哲也、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 本邦における変形性股関節症患者の他関節症罹患率の検討. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  495. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. 健常人における体位による股関節周囲神経・血管走行の変化. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  496. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. ステム周囲骨リモデリングに注目した異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討-有限要素解析を加えた考察-. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  497. 藤田 浩二, 家永 直人, 杉浦 裕太, 鈴木 志郎, 二村 昭元, 大川 淳, 斉藤 英雄. 動画撮影を用いた手関節可動域自己評価システムの構築. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  498. 李 楽陽, 榎本 光裕, 鏑木 秀俊, 横山 裕之, 平井 高志, 若林 良明, 大川 淳. 末梢神経損傷再建後の標的神経筋内でのSchwann細胞と神経筋接合部構成分子の発現変化. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  499. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 橋本 淳, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 渡部 泰士, 関原 謙介, 星野 優子, 足立 善昭, 大川 淳. 運動器疾患の病態を捉えるイメージング 神経磁界計測による神経活動イメージング 脊髄から末梢神経まで. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  500. 横山 裕之, 平井 高志, 榎本 光裕, 永田 哲也, 横田 隆徳, 大川 淳. 神経障害性疼痛モデルマウスの腰部後根神経節におけるarginine vasopressin receptor 1aの関与. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  501. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 大川淳. 神経磁界計測による健常者胸髄活動の非侵襲的評価. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  502. 佐々木亨,川端茂徳, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川淳. 坐骨神経刺激後の神経磁界計測による腰部神経機能評価. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  503. Aidehamu Aihemaiti, Aobulikasimu Aikebaier, 越智 広樹, 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 宮田 敏男, 佐藤 信吾, 畑 裕, 辻 邦和, 大川 淳, 麻生 義則. Plasminogen activator inhibitor-1はロコモティブシンドロームを加速する. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  504. 小林 裕、猪瀬 弘之、高橋 晃、大川 淳 . 骨格筋の再生において Cdk1 が必須である . 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  505. 猪瀬 弘之, Mulati Mieradili, 小林 裕, 大川 淳. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨形成の調節機構. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  506. Aobulikasimu Aikebaier, 麻生 義則, 越智 広樹, 朴 金瑛, 唐 果, 佐藤 信吾, 辻 邦和, 大川 淳. 骨細胞Sirt6による骨代謝/リン代謝制御機構の解析. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  507. 片野 尚子, 大関 信武, 小田邉 浩二, 河野 佑二, 水野 満, 古賀 英之, 大川 淳, 神野 哲也, 関矢 一郎. レセプト全数調査に基づく人工関節置換術件数の推移. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  508. 佐々木 亨, 藤田 浩二, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 黒岩 智之, 小山 恭史, 大川 淳, 樋口 聡, 牧野 浩二, 寺田 英嗣. 指握力計を用いた手根管症候群患者の握り動作の分析 . 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  509. 小沼 博明, 辻 邦和, 安 宰成, 星野 傑, 中川 裕介, 片桐 洋樹, 宮武 和正, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大, 古賀 英之. 膝蓋下脂肪体における炎症は線維化と血管新生を誘導し軟骨損傷と関連なく膝疼痛を遷延化する . 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  510. 佐久間 朋美, パワプタノン・ナ・マハサラカム・チャンチダ , 林 欣, 小林 裕, 梶川 修平, 猪瀬 弘之, 野田 政樹, 大川 淳, 江面 陽一. 酸化ストレスを介した腱細胞骨化に対するアデノシンの関与. 第37回 日本骨代謝学会 2019.10.12 神戸

  511. 麻生 義則, アブルカスム・アクバル , 越智 広樹, 佐藤 信吾, 朴 金瑛, 古賀 大介, 辻 邦和, 大川 淳. 骨細胞の老化制御因子Sirt6による骨代謝、リン代謝制御機構. 第37回 日本骨代謝学会学術集会 2019.10.12 神戸

  512. 藤田 浩二, 二村 昭元, 飯島 弘貴, 江口 僚, 加藤 龍一, 大川 淳, 高橋 正樹. 橈骨遠位端骨折患者の歩行状態の評価転倒とドミノ骨折の予防を目指して. 第21回 日本骨粗鬆症学会 2019.10.11 神戸

  513. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する硬性装具と軟性装具の前向きランダム化比較研究 - 偽関節率に注目して – . 第21回 日本骨粗鬆症学会 2019.10.11 神戸

  514. 大川 淳. 高齢者の腰痛治療の課題. 慢性腰痛Forum in 鹿児島 2019.10.03 鹿児島

  515. 平井 高志, 吉井俊貴、猪瀬弘之、湯浅将人、大川 淳. 当院における腰椎椎間板ヘルニアに対するコンドリアーゼ椎間板内治療の成績の第1報. 第27回 日本腰痛学会 2019.09.13 神戸

  516. 平井 高志, 吉井 俊貴, 森 幹士, 名越 慈人, 竹内 一裕, 勝見 敬一, 牧 聡, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 大川 淳, 川口 善治. 頚椎後縦靭帯骨化症患者の痛みに関する大施設多施設前向き調査 -頚椎症患者と傾向スコアマッチング解析を用いた比較. 第27回 日本腰痛学会 2019.09.13 神戸

  517. 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症椎体骨折に対する保存療法-装具療法を中心に-. 第27回 腰痛学会 2019.09.13 神戸

  518. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 腸骨固定スクリューの固定性と術後腰痛の関連 . 第27回 日本腰痛学会 2019.09.13 神戸

  519. 瀬川裕子、山口玲子、大川淳. 体外衝撃波治療により骨癒合を得た濃化異骨症の一例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 東京 文京区

  520. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 平井 高志, 榊 経平, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 新井 嘉容, 大川 淳. 脊椎外科における新技術 O-armナビゲーション支援による頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方骨化浮上術. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  521. 北村 拓也, 二村 昭元, 宮本 崇, 鈴木 志郎, 藤田 浩二, 大川 淳. 肩鎖関節脱臼に対する烏口鎖骨靱帯再建術後に鎖骨骨幹部骨折をきたした一例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  522. 橋本 淳, 王 耀東, 吉井 俊貴, 大川 淳. TKA術後に発症した大腿骨彎曲変形を伴う非定型大腿骨転子下骨折の1例 CT有限要素解析と病理組織学的分析による病態解明. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  523. 佐々木 礁, 加藤 剛, 山下 理子, 木村 浩明, 大川 淳. 当院における骨粗鬆症リスク因子の検討. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  524. 佐々木 礁, 加藤 剛, 山下 理子, 木村 浩明, 大川 淳. 当院における骨粗鬆症治療の取り組み. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  525. 渡邊 怜奈, 加藤 剛, 脇 智彦, 本橋 正隆, 石井 宣一, 大川 淳. 大腿骨近位部骨折における骨粗鬆治療薬使用の実態. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  526. 脇 智彦, 加藤 剛, 石井 宣一, 本橋 正隆, 渡邊 怜奈, 大川 淳. 多発性骨髄腫に対する整形外科の関与 Baloonkyphoplasty(BKP)治療成績. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  527. 松倉 遊, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 平井 高志, 大谷 和之, 草野 一生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 将司, 大川 淳. 傾向スコアを用いた成人脊柱変形に対する3 column osteotomyとLLIF併用後方矯正固定術の比較研究. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  528. 元吉 貴之, 福島 和之, 友利 正樹, 黒佐 義郎, 大川 淳. 合成樹脂を使用した頸椎後方固定術後に遅発性感染をきたした1例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  529. 高橋 拓也, 佐々木 真一, 大川 淳. XLIFにより消失した腰椎後方除圧術後椎間関節嚢腫の1例 症例報告. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  530. 榊 経平, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 酒枝 健太郎, 田村 友里, 大川 淳. 腰椎椎間板ヘルニア後方摘出術の術後コルセットの必要性に関する前向きコホート研究. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  531. 横山 裕之, 藤田 浩二, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 大川 淳. 上肢診療における部位取り違えについての調査. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  532. 上杉 豪, 平井 高志, 牛尾 修太, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 川畑 篤礼, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 高齢者に生じうる腰仙骨固定手術後の仙骨骨折の症例報告. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  533. 中野 めぐみ, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 小沼 博明, 大川 淳. 胸腰椎長範囲固定術後の椎弓根スクリューの緩みにより脊髄症を呈した1例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  534. 山田 剛史, 鳥越 一郎, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 大川 淳. 多椎間連続型胸椎黄色靱帯骨化により胸髄症をきたした若年女性の治療経験. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  535. 佐々部 敦, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 四十物 佑介, 塚本 和矢, 大川 淳. 感染を合併した顆粒膜細胞腫腹壁再発に対して外科的治療を行った1例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  536. 塚本 和矢, 小柳 広高, 中川 裕介, 佐藤 信吾, 四十物 佑介, 佐々部 敦, 大川 淳. 骨破壊を伴う広範な血管腫に対して腫瘍用人工膝関節を用いて患肢機能を温存できた一例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  537. 上杉 豪, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 佐々木 亨, 大西 威一郎, 田村 聡史, 鈴木 志郎, 藤田 浩二, 大川 淳. Guyon管に発生し尺骨神経麻痺をきたした脂肪腫の一例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  538. 小山 恭史, 藤田 浩二, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 大川 淳. デッドボールによる手指基節骨粉砕骨折に対して保存治療が奏功したプロ野球選手の1例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  539. 松山 嘉彦, 藤田 浩二, 二村 昭元, 大川 淳. 主骨片の背側亜脱臼を伴う環指末節骨基部掌側裂離骨折の一例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  540. 松多 誠也, 若林 良明, 能瀬 宏行, 浅野 浩司, 沼野 藤希, 小森 博達, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 骨性マレット指に対するミニスクリューを用いた骨接合術. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  541. 野呂瀬 美生, 林 将也, 吉村 英哉, 高橋 徹, 荻内 隆司, 大川 淳. 当院におけるAll-inside法を用いた外側半月板単独損傷の治療成績. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  542. 田中 寛来, 小森 博達, 沼野 藤希, 角谷 智, 大川 淳. 頸椎前縦靱帯骨化症に対して手術を施行した2症例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  543. 田村 友里, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 川畑 篤礼, 田村 聡至, 大川 淳. 敗血症の原因として遠位隣接椎間後彎障害の関与が示唆された頸椎症性筋萎縮症の1症例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  544. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 大川 淳. 当院における頸椎症性脊髄症の手術治療成績 Modified K-lineを用いた後方除圧の限界点を考慮した取り組み. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  545. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 頸椎症患者における機能障害と破局的思考の関連. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  546. 小柳津 卓哉, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 大川 淳. 健常人において頸部傍脊柱筋の平均筋活動量は頭部前方突出位で有意に増加する. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  547. 梶原 健嗣, 平井 高志, 小沼 博明, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 食道がんと下咽頭がんの術後に放射線性骨壊死に伴う頸椎後彎をきたした1例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  548. 三浦 雄悟, 志村 治彦, 二村 昭元, 藤田 浩二, 鈴木 志郎, 大川 淳. 小児上腕骨顆上骨折治癒後に外側顆骨折を来した1例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  549. 渡邉 紗矢, 平井 高志, 小沼 博明, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 原発不明癌の転移巣と鑑別を要した孤立性形質細胞腫の2例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  550. 太田 剛, 串田 淑久, 藤田 浩二, 二村 昭元, 大川 淳. 橈骨茎状突起スクリューの橈骨遠位端骨折掌側ロッキングプレート間比較. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  551. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 大川 淳. 高齢者骨粗鬆症性椎体骨折における周術期合併症比較 前方固定対後方固定DPCデータベースを用いた傾向スコアマッチング解析. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  552. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存療法の指針策定 偽関節率に注目して. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  553. 星野 ちさと, 山口 玲子, 請川 大, 佐藤 信吾, 酒井 朋子, 大川 淳. がんロコモ 進行期がん患者に対する積極的リハビリ介入の取り組み. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  554. 田村聡至, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 術前Spine pain DETECT高値は術後の神経障害性疼痛遺残のリスク因子である. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  555. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂德, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の頚椎―上位胸椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討―. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  556. 渕岡 佑亮, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小山 恭史, 小柳 広高, 大川 淳. 脊椎骨盤固定患者の人工股関節全置換術術後反復性脱臼に対する治療経験 メッシュによる軟部組織再建. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  557. 佐々木亨,川端茂徳, 藤田浩二, 二村昭元, 鈴木志郎, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 大川 淳. 神経磁界計測による手根管症候群の機能診断. 第68回東日本整形災害外科学会 2019.09.05 東京

  558. 橘 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 瀬川 裕子, 大川 淳. 人工股関節全置換術後中期における股関節周囲筋の筋断面積変化. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 東京 文京区

  559. 渡部 直人, 大川 淳, 関矢 一郎. 高静水圧印加処理による脱細胞化半月板の作製. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  560. 串田 淑久, 大関 信武, 河野 佑二, 渡部 直人, 片野 尚子, 辻 邦和, 古賀 英之, 大川 淳, 関矢 一郎. マイクロミニブタ軟骨自然修復モデルでのMRI 3D T2 mappingによる評価. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  561. 佐々木亨,川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座美穂, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 肘部正中神経刺激による神経磁界計測を用いた手根管症候群の診断. 第30回日本末梢神経学会 2019.08.23 金沢

  562. 大川 淳. 職場の腰痛対策. 東京都医師会・東京医科歯科大学医師会産業医研修会 2019.08.14

  563. 大川 淳. 整形外科領域における医療安全. 浜松整形外科セミナー 2019.08.03

  564. 山本尚輝、大川淳. 足荷重分布からみた中足骨不顕性骨折の発症要因の検討. 第32回 日本臨床整形外科学会学術集会 2019.07.14 まほろば関西 神戸

  565. 王耀東, 大川淳. 重度下肢外傷後の慢性化膿性骨髄炎に対する診療アプローチの検討 . 第6回 日本重度四肢外傷シンポジウム 2019.07.13 札幌

  566. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 阿江 啓介, 三宅 智, 大川 淳. 骨修飾薬の長期投与は安全か 院内副作用調査から見えてきた新たな知見. 第52回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2019.07.11 川越, 埼玉

  567. 小柳 広高, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 船内 雄生, 早川 景子, 三浪 友輔, 齊藤 正徳, 眞鍋 淳, 五木田 茶舞, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 大川 淳, 松本 誠一. 照射後肉腫の特徴と治療課題. 第52回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2019.07.11 川越, 埼玉

  568. 佐藤 信吾, 工藤 篤, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 阿江 啓介, 三宅 智, 大川 淳. 日本初の神経内分泌腫瘍(NET)専門外来との連携によるNET患者の骨転移マネージメント. 第52回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2019.07.11 川越, 埼玉

  569. 小柳 広高, 吉井 俊貴, 平井 高志, 佐藤 信吾, 眞鍋 淳, 五木田 茶舞, 阿江 啓介, 大川 淳. 骨巨細胞腫治療におけるdenosumabの意義 骨外病変を伴った脊椎骨巨細胞腫に対する脊椎全摘出術前デノスマブ治療の意義. 第52回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2019.07.11 川越, 埼玉

  570. 王耀東, 福島和之, 黒佐義郎, 大川淳. 外傷後の陳旧性骨盤輪不安定症にともなう墜落性跛行-機能再建しえた1例-. 第19回 骨盤輪・寛骨臼骨折研究会 2019.06.30 福岡

  571. 加来拓実, 王耀東, 大川淳. 脊椎骨盤固定術に先立つ前方成分の観血的整復固定が有用であった垂直不安定型骨盤輪骨折の1例. 第19回骨盤輪・寛骨臼骨折研究会 2019.06.30

  572. 王耀東, 黒佐義郎, 加来拓実, 田野敦寛, 大川淳. 重度下肢骨折に対する初療の創外固定器を用いた段階的プレート固定法の感染リスクの検証. 第45回日本骨折治療学会 2019.06.28 福岡

  573. 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療. 第41回 多摩整形・脊髄カンファレンス 2019.06.27

  574. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 大川 淳, 三宅 智. 日本屈指の多職種協働骨転移診療システムの構築を目指して. 第24回 日本緩和医療学会学術大会 2019.06.22 横浜

  575. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 星野 優子, 関原 謙介, 赤座 実穂, 尾崎 勇, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 金 碩燦, 大川 淳. 末梢神経磁界計測による腕神経叢障害患者の神経活動電流の可視化. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21 函館

  576. 金 碩燦, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳. 神経磁場計測による坐骨神経刺激後の腰部神経電気活動の可視化. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21

  577. 渡部 泰士, 関原 謙介, 佐々木 亨, 川端 茂徳, 大川 淳. ボクセルタイムコースによる共通部分空間投影を用いたアーチファクト除去. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21

  578. 宮野 由貴, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 金 碩燦, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図を用いた肘関節部尺骨神経刺激後の神経磁界計測と体性感覚誘発電位の比較. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21

  579. 佐藤 慎司, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 三谷 悠貴, 金 碩燦, 足立 善昭, 大川 淳. 肘部正中神経刺激後の手根管部神経磁界計測. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21

  580. 川端茂徳,佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 山賀匠, 大川 淳. 末梢神経刺激脊磁図による頚髄障害部位診断. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21 函館

  581. 加藤 剛, 大川 淳. リハビリテーション医が知っておくべき高齢者脊椎障害の病態と治療 -体幹装具の種類とエビデンスについて-. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.15 神戸

  582. 關 良太, 塩田 幹夫, 瀬川 裕子, 片桐 洋樹, 小田邉 浩二, 中川 裕介, 大原 敏之, 関矢 一郎, 大川 淳, 古賀 英之. Cerebral、Ocular、Dental、Auricular、Skeletal(CODAS)症候群疑いに合併した恒久性膝蓋骨脱臼に対して手術加療を行った1例. 11th JOSKAS2019 2019.06.13 札幌

  583. 瀬川裕子、山口玲子、大川淳. 体外衝撃波治療により骨癒合を得られた濃化異骨症の一例. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

  584. 平尾昌之、酒井朋子、宮武和正、請川大、星野ちさと、大川淳. 大腿骨頚部骨折に対する人工股関節全置換術術後早期に発生した反復性脱臼により不可逆な廃用をきたした一例. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

  585. 小川貴久、神野哲也、酒井朋子、大川淳. 大腿骨近位部骨折患者の術後ADL再獲得の適切な予測時期・期間に関する研究. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

  586. 猪野又 慶, 酒井 朋子, 平尾 昌之, 請川 大, 星野 ちさと, 宮武 和正, 大川 淳. 一定期間の臥床安静後に抗重力姿勢に対して恐怖心を自覚するようになった1例. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

  587. 川端茂徳,赤座実穂、佐々木亨, 牛尾修太, 長谷川由貴, 渡部泰士, 関原謙介, 足立善昭、星野優子、大川 淳. 脊磁図による頚部脊髄障害部位診断. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  588. 佐藤慎司,川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 金 碩燦, 三谷 悠貴, 足立 善昭, 大川 淳. 肘部正中神経刺激後の手根管部神経電気活動の可視化. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  589. 金碩燦,川端 茂徳, 赤座実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳, . 神経磁場計測による坐骨神経刺激後の腰部神経電気活動の可視化. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  590. 岡田吉智,川端茂徳, 佐々木亨, 赤座実穂, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士1, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 脊磁図による腰部神経根障害の可視化. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  591. 渡部泰士,川端 茂徳, 赤座 実穂, 尾崎 勇, 牛尾 修太, 佐々木 亨, 足立 善昭, 関原 謙介, 大川 淳. SQUID磁気センサによる正中神経・尺骨神経刺激後の腕神経叢の神経活動の. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  592. 宮野由貴,赤座 実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 金 碩燦, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳, 川端 茂徳. 脊磁図を用いた尺骨神経刺激後の頚部神経活動の可視化. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  593. 佐々木亨,川端茂徳, 赤座実穂, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士⁾, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 岡田吉智, 大川 淳. 指神経刺激後の正中神経活動磁界計測による手根管症候群の機能診断. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  594. 大川 淳. 大学病院に求められる医療安全の在り方. 国立大学附属病院医療安全管理協議会 第3回関東甲信越地区会議 2019.05.24

  595. 瀬川裕子、西須孝、柿﨑潤、及川泰宏、大川淳. 発育性股関節形成不全 - どう診る?いつ送る?. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  596. 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎脊髄疾患診療における費用対効果について 頸椎OPLLに対する手術治療 術式別の手術成績と費用対効果. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  597. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療法の標準化 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  598. 大川 淳, 瀬川 裕子. 整形外科医の働き方-男女共同参画の視点で- 大学整形外科における男女共同参画を目指した人事システムの工夫. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  599. 猪瀬 弘之, 高橋 晃, 大川 淳. 骨芽細胞増殖機構に注目した骨粗鬆症・骨折に対する治療戦略の確立. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  600. 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 谷山 崇, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 近位型頸椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術の成績と関連する因子. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  601. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 大川 淳, 伏見 清秀, 藤原 武男. 頸椎症性脊髄症における前方除圧固定術・椎弓形成術の周術期合併症DPC databaseとPS matchによる解析. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  602. 平井 高志, 吉井 俊貴, 名越 慈人, 森 幹士, 竹内 一裕, 勝見 敬一, 牧 聡, 牛尾 修太, 大川 淳, 川口 善治, 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班. 頸椎OPLL多施設研究による脊柱靱帯骨化患者の前向き調査 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  603. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 大川 淳. 骨転移診療で使用する骨修飾薬の院内副作用調査から見えてきた新たな知見. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  604. 志村 治彦, 富澤 將司, 仲津留 恵日, 天野 祐輔, 三浦 雄悟, 関 良太, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 藤田 浩二, 大川 淳. 不安定型鎖骨遠位端骨折に対するハイブリッド治療の手術成績 鎖骨骨接合と円錐靱帯再建の低侵襲手術. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  605. 渡部 泰士, 川端 茂徳, 佐々木 亨, 星野 優子, 赤座 実穂, 長谷川 由貴, 足立 善昭, 大川 淳. 神経磁界計測による肘部尺骨神経活動の可視化. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  606. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術における中期成績の比較検討. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  607. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 藤田 浩二, 星野 優子, 関原 謙介, 赤座 実穂, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 佐藤 慎司, 大川 淳. 複数指神経同時刺激後の正中神経活動磁界計測による手根管症候群の診断. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  608. 藤田 浩二, 渡辺 拓郎, 杉浦 裕太, 黒岩 智之, 二村 昭元, 大川 淳. 手根管症候群診断アプリの開発. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  609. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 牛尾 修太, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 長谷川 由貴, 渡部 泰士, 足立 善昭, 関原 謙介, 大川 淳. 脊磁図による頸髄伝導ブロックの可視化. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  610. 谷口 直史, 神野 哲也, 大川 淳, 波呂 浩孝. 後側方および前外側アプローチによる楔状テーパー型ステムのステム前捻角の比較. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  611. 藤田 浩二, 家永直人, 杉浦裕太, 鈴木志郎, 二村昭元, 大川淳, 斎藤英雄. 動画撮影による手関節可動域自己評価システムの構築 . 第62回 日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  612. 藤田 浩二, 飯島弘貴, 奥村篤史, 八百陽介, 鏑木秀俊, 二村昭元, 加藤龍一, 大川淳, 高橋正樹. Laser-TUGシステムを用いた橈骨遠位端骨折患者の歩行状態の評価 転倒とドミノ骨折の予防を目指して . 第62回 日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  613. 若林 良明, 品田 春生, 能瀬 宏行, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折手術例に潜在する舟状骨骨折例のCTによる検討. 第62回 日本手外科学会学術集会 2019.04.18 札幌

  614. 松倉 遊, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 小柳津 卓哉, 平井 高志, 大谷 和之, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 将司, 前原 秀二, 大川 淳, 医科歯科大脊椎グループ. 傾向スコアを用いた成人脊柱変形に対する3 column osteotomyとLLIF併用後方矯正固定術の比較研究. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  615. 吉井 俊貴, 森下 真伍, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術と後方除圧固定術の周術期合併症 DPCデータベースを用いたpropensity score matching analysis 1708例の検討. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  616. 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 集学的院内診療体制構築による脊椎転移の脊髄麻痺の予防 東京医科歯科大学の取り組み. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  617. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者脊椎手術において予測できる術後せん妄の危険因子の検討. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  618. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨髄液を低圧導入した多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体単独のLLIFにおける骨癒合. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  619. 加藤 裕幸, 岡田 英次朗, 渡辺 航太, 檜山 明彦, 渡辺 慶, 勝見 敬一, 中川 幸洋, 竹内 一裕, 松永 俊二, 圓尾 圭史, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 小林 祥, 大場 哲郎, 和田 簡一郎, 大谷 隼一, 遠藤 照顕, 西村 浩輔, 森 幹士, 都島 幹人, 松本 守雄, 大川 淳, 渡辺 雅彦, 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班. びまん性特発性骨増殖症に伴った脊椎損傷 頸椎と胸腰椎における骨折の比較. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  620. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 大川 淳, 伏見 清秀, 藤原 武男. 頸椎症性脊髄症における前方除圧固定術・椎弓形成術の周術期合併症DPC databaseとPropensity score matchingを用いた解析. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  621. 平井 高志, 吉井 俊貴, 江川 聡, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 川畑 篤礼, 大川 淳. 頸椎多椎間病変に対する椎体亜全摘を行った頸椎前方除圧固定術と椎体間固定術を併用したHybrid固定との比較. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  622. 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 谷山 崇, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 近位型頸椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術の成績と因子. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  623. 森 幹士, 吉井 俊貴, 平井 高志, 名越 慈人, 西村 空也, 竹内 一裕, 大川 淳, 川口 善治, 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班. 全脊椎CT大規模多施設研究による重度頸椎OPLL症例の特徴 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  624. 吉井 俊貴, 江川 聡, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 中川 幸洋, 勝見 敬一, 國府田 正雄, 和田 簡一郎, 古矢 丈雄, 木村 敦, 今釜 史郎, 川口 善治, 竹下 克志, 松本 守雄, 大川 淳, 山崎 正志, AMED・厚労科研脊柱靱帯骨化症多施設研究ワーキンググループ. 頸椎後縦靱帯骨化症手術症例の多施設前向き調査 AMED・厚労科研研究班 手術データベースの検討. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  625. 福島 和之, 黒佐 義郎, 友利 正樹, 元吉 貴之, 大川 淳. 後方椎体間固定におけるチタンファイバーメッシュケージの有用性の検討 PEEKケージとの比較. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  626. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 吉井 俊貴, 平井 高志, 大谷 和之, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 将司, 前原 秀二, 大川 淳. 成人脊柱変形に対するLIV L5 vs. 骨盤の術後成績比較 多施設データベースによる傾向スコアマッチングでの検討. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  627. 歌川 蔵人, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳. 成人脊柱変形における骨盤固定方法の多施設後ろ向き比較研究. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  628. 川畑 篤礼, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 湯浅 将人, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳. 成人脊柱変形における術後合併症とレントゲン学的指標との関連性の検討. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  629. 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 多発性骨髄腫による椎体骨折に対する整形外科の関与. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  630. 平井 敬悟, 平井 高志, 小林 裕, 小沼 博昭, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 北原 建彰, 大川 淳. 腰椎脊柱管狭窄に対する低侵襲除圧術の長期成績 筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術(MILD)対片側椎弓切除両側除圧(ULBD). 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  631. 安藤 圭, 今釜 史郎, 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 進藤 重雄, 海渡 貴司, 渡辺 航太, 中嶋 秀明, 和田 簡一郎, 加藤 仁志, 竹内 一裕, 竹下 克志, 松本 守雄, 川口 善治, 大川 淳, 山崎 正志, AMED・厚労科研脊柱靱帯骨化症多施設研究ワーキンググループ. 胸椎黄色靱帯骨化症手術に対する手術治療 AMED・厚労科研研究班 多施設調査研究(第1報). 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  632. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 榊 経平, 山田 剛史, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 佐藤 浩一, 吉井 俊貴, 大川 淳. O-armナビゲーション支援による頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方骨化浮上術. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  633. 山田 剛史, 吉井 俊貴, 牛尾 修太, 谷山 崇, 進藤 重雄, 新井 嘉容, 大川 淳. 遠位型頸椎症性筋萎縮症に対する手術成績と関連する因子についての調査 多施設後ろ向き研究. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  634. 橋本 淳, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 友利 正樹, 角谷 智, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳. 成人脊柱変形の矯正固定術において、肥満が脊柱骨盤矢状面アライメントに及ぼす影響. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  635. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  636. 平井 高志, 吉井 俊貴, 名越 慈人, 森 幹士, 竹内 一裕, 勝見 敬一, 牧 聡, 牛尾 修太, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 全国多施設研究による頸椎OPLL患者の痛み・QOLの前向き調査 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  637. 佐々木亨,川端茂徳, 藤田浩二, 二村昭元, 鈴木志郎, 星野優子, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 大川 淳. 神経磁界計測による腕神経叢障害の機能診断. 第62回日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  638. 小山 恭史, 佐々木 亨, 藤田 浩二, 二村 昭元, 鈴木 志郎,横山 裕之, 黒岩 智之, 串田 淑久, 若林 良明, 大川 淳. 手根管症候群における電気生理学的重症度分類と運動機能予後の関係 . 第62回 日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  639. 佐々木 亨, 藤田浩二, 二村昭元, 鈴木志郎, 黒岩智之, 小山恭史, 大川 淳, 樋口 聡, 牧野浩二, 寺田英嗣. 手根管症候群患者の握り動作の特徴 指握力測定システムを用いて . 第62回 日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  640. 佐々木 亨, 川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座美穂、足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 大川 淳 . 正中神経活動磁界計測による手根管症候群の診断. 第62回 日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  641. 佐々木 亨, 藤田浩二, 二村昭元, 鈴木志郎, 横山裕之, 黒岩智之, 串田淑久, 小山恭史, 若林良明, 大川 淳. 神経伝導検査時の痛みについての検討 . 第62回 日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  642. 佐々木 亨, 藤田浩二, 二村昭元, 鈴木志郎, 横山裕之, 黒岩智之, 串田淑久, 小山恭史, 若林良明, 大川 淳. 手根管症候群における電気生理学的重症度分類の比較検討 . 第62回 日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  643. 佐々木 亨, 藤田浩二, 二村昭元, 鈴木志郎, 横山裕之, 黒岩智之, 串田淑久, 小山恭史, 若林良明, 大川 淳. 手根管症候群における新規電気生理学的重症度分類の提案 . 第62回 日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  644. 大川 淳. 脊柱後縦靭帯骨化症研究の現状. 第32回 日本整形外科勤務医会神奈川支部研修会 2019.04.13

  645. 大川 淳. 脊柱靭帯骨化症の診断と治療. 中央区港区整形外科医会 2019.04.12

  646. 戸原 遼, 平井 高志, 小柳 広高, 吉井 俊貴, 大川 淳. びまん性突発性増殖性骨増殖症(DISH)を伴う転移性骨腫瘍に対し除圧術後に病的骨折による脊椎不安定性をきたし脊髄損傷を生じた1例. 第59回 関東整形災害外科学会 2019.03.22 東京

  647. 川畑 篤礼, 平井 高志, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 成人脊柱変形と逆流性食道炎. 第59回 関東整形災害外科学会 2019.03.22 東京

  648. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 大川 淳, 阿江 啓介. 骨転移キャンサーボードNOW 医歯学融合集学的骨転移診療システムの構築と緊急手術削減効果. 第59回 関東整形災害外科学会 2019.03.22 東京

  649. 大川 淳. 整形外科領域の医療安全の考え方. 2018年度 東海整形外科医会 横浜公開セミナー 2019.03.03

  650. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の中期成績. 第50回 関東股関節懇話会 2019.03.02

  651. 大川 淳. 脊柱靭帯骨化症研究の到達点. 第14回 東海運動器フォーラム 2019.02.23

  652. 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療. 第21回 多摩骨代謝研究会 2019.02.16

  653. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. THA術前計画のための脊椎-骨盤アライメントの評価. 第49回 日本人工関節学会 2019.02.15 新宿

  654. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の中期成績. 第49回 日本人工関節学会 2019.02.15 新宿

  655. 藤田 浩二, 二村 昭元, 大川 淳. 橈骨近位骨幹部骨折に腕尺関節脱臼、近位橈尺関節脱臼、上腕骨内側上顆骨折を合併した1例の経験. 第31回 日本肘関節学会学術集会 2019.02.08 小樽

  656. 三浦 雄悟, 志村 治彦, 二村 昭元, 藤田 浩二, 鈴木 志郎, 大川 淳. 上腕骨顆上骨折群と上腕骨外側顆骨折群における健側Baumann角の比較検討. 第31回 日本肘関節学会学術集会 2019.02.08 小樽

  657. 新関 祐美, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 疲労骨折が疑われた上腕骨内側顆骨折の女子中学生の1例. 第31回 日本肘関節学会学術集会 2019.02.08 小樽

  658. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 金 碩燦, 大川 淳. 腰部神経根障害の脊磁計による評価 . 第40回 脊髄機能診断研究会 2019.02.02 永田町

  659. 牛尾修太, 吉井俊貴、平井高志、猪瀬弘之、湯浅将人、川端茂徳、大川淳. 近位型頚椎症性筋萎縮症の前方除圧固定術の術後成績と関連する因子の検討. 第5回 JALAS 2019.01.26 品川

  660. 山田剛史,小柳津卓哉, 松倉遊, 榊経平, 鳥越一郎, 坂井顕一郎, 吉井俊貴, 大川淳, 新井嘉容. 環軸椎亜脱臼術後環椎前弓骨折の3例 . 第20回 圧迫性脊髄症研究会 2019.01.19 東京

  661. 小林 裕, 猪瀬弘之, 歌川蔵人, 川畑篤礼, 橋本淳, 牛尾修太, 湯浅将人, 平井高志, 吉井俊貴, 大川淳. Doctor’s delayにより頚椎損傷を生じた、頚椎DISH骨折の一例. 第20回 圧迫性脊髄症研究会 2019.01.19 東京

  662. 川端茂徳, 佐々木亨、渡部泰士、星野優子,関原謙介、赤座実穂、足立善昭,大川淳. 神経磁界計測で神経活動や伝導障害をみせる. 第11回 日本運動器疼痛学会 2018.12.01 滋賀

  663. 山本 尚輝, 小柳津卓哉, 榎本光裕, 堀江正樹, 大原敏之, 塩田幹夫, 大川淳, 柳下和慶 . 当院における放射線出血性直腸炎・膀胱炎の治療成績 . 第53回 日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.11.30 旭川

  664. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療は圧挫損傷骨格筋内のNFκBを抑制し、IL-10の分泌を促進する. 第53回 日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.11.30 旭川

  665. 瀬川裕子, 神野哲也、本田真紀子、大川淳. 股関節単純X線撮影における性腺防護の実際. 第7回 日本小児診療多職種研究会 2018.11.24 北九州

  666. 小柳広高, 佐藤信吾、平井高志、湯浅将人、大川淳. パラガングリオーマの骨転移. 第12回 信州骨軟部腫瘍研究会 2018.11.17 松本

  667. 平井 敬悟, 江川 聡, 松本 連平, 吉井 俊貴, 大川 淳, 中島 武彦, 早乙女 進一. ガンマ線照射が多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col)に与える影響. 第40回 日本バイオマテリアル学会大会 2018.11.12 神戸

  668. 大川 淳. 整形外科領域の医療安全の考え方. 第31回 聖マリアンナ医科大学整形外科学講座同門会教育研修特別講演 2018.11.10

  669. 川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 山賀 匠, 大川 淳. 脊磁計による頚髄症の電気生理学的機能診断. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  670. 佐々木亨, 川端茂徳, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 脊磁計による腰部神経根障害の機能診断. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  671. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 指神経刺激による正中神経活動磁界計測を用いた手根管症候群の診断. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  672. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 複数指神経同時刺激による手根管部正中神経磁界計測. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  673. 佐々木亨, 川端茂徳, 小柳広高, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 末梢神経磁界計測による腕神経叢障害の診断. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  674. 渡部泰士, 川端茂徳, 関原謙介, 佐々木亨, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川 淳. 神経磁界計測による肘部管周囲の神経活動の可視化. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  675. 赤座実穂, 川端茂徳, 関原謙介, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 金碩燦, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川 淳. 脊磁計を用いたC8神経根障害の診断. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  676. 長谷川由貴, 川端茂徳, 関原謙介, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 金碩燦, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川 淳. 脊磁図を用いた坐骨神経刺激後の腰部電気活動の可視. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  677. 佐藤彩美, 川端 茂徳, 佐々木亨, 瀬島啓史, 大川淳, 倉島直樹. 経頭蓋刺激筋誘発電位(Br-MsEP)が導出しにくい大腿四頭筋での皮下針電極と表面電極の比較. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  678. 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具療法による治療効果. 第2回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.02 仙台

  679. 山本尚輝, 神野哲也, 酒井法子, 柳下和慶, 渡邊敏文, 瀬川裕子, 宮武和正, 請川大, 星野ちさと, 塩田幹夫, 平尾昌之, 大川淳,. 歩行評価における人工膝関節全置換術後早期と術後2年時の関連性の検討 . 第2回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.02 仙台

  680. 瀬川裕子, 大川 淳. 整形外科受診歴のある瀬川病症例についての検討. 第2回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.02 仙台

  681. 平尾昌之, 酒井朋子、宮武和正、請川大、星野ちさと、大川淳. 人工股関節全置換術術後リハビリテーションにおける異なる術後鎮痛法の比較検討. 第2回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.02 仙台

  682. 王 耀東, 藤田浩二, 若林良明, 黒佐義郎, 田野敦寛, 大川淳. バイオメカからみた非定型大腿骨骨折の病態―CT有限要素法力学解析を基に―. 第20回 日本骨粗鬆症学会 2018.10.26 長崎

  683. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定 -全国多施設前向き研究報告- . 第20回 日本骨粗鬆症学会 2018.10.26 長崎

  684. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 川畑 篤礼, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 川口 善治, 大川 淳 . 当院における頚椎後縦靭帯骨化症患者の腰痛の有訴率の単施設前向き調査-頚椎症性脊髄症患者と比較して . 第26回 日本腰痛学会 2018.10.26 浜松, 静岡

  685. 瀬川裕子, 西須孝、柿﨑潤、及川泰宏、森田光明、山口玲子、大川淳. 高年齢発症ペルテス病に対する大腿骨転子部屈曲骨切り術の手術成績. 第45回 日本股関節学会 2018.10.26 名古屋

  686. 瀬川裕子, 森雅亮、毛利万里子、阿久津裕子、山口玲子、森尾友宏、大川淳. 左股関節痛で発症しTNF阻害剤投与により症状改善が得られている強直性脊椎炎の1例. 第28回 日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2018.10.26 御茶ノ水

  687. 平尾昌之, 神野哲也、宮武和正、王耀東、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. 大腿骨減捻骨切り術を併用したキアリ骨盤骨切り術の短期成績と有限要素法による解析. 第45回 日本股関節学会 2018.10.26 名古屋

  688. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検 討. 第45回 日本股関節学会 2018.10.26 名古屋

  689. 森 幹士(滋賀医科大学 整形), 吉井 俊貴, 平井 高志, 名越 慈人, 西村 空也, 竹内 一裕, 大川 淳, 川口 善治. 全脊椎CT大規模多施設研究による重度頸椎OPLL症例の特徴 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  690. 李 楽陽, 榎本 光裕, 横山 裕之, 鏑木 秀俊, 平井 高志, 若林 良明, 大川 淳. マウス腓骨神経損傷慢性期での神経再建後の再生様式と機能回復 再建方法による違い. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  691. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩司, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇,足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 大川 淳. 指神経刺激後の神経活動磁界計測による手根管症候群の診断. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  692. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩司, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 大川 淳. 肘部正中神経刺激による手根管部神経磁界計測. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  693. 渡部泰士, 尾崎勇, 川端茂徳, 赤座実穂, 佐々木亨, 長谷川由貴, 山賀匠, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 大川淳. 腕神経叢部における誘発電位計測と誘発磁界計測の比較. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  694. 松本連平, 江川聡, 平井敬悟, 山田剛史, 湯浅将人, 吉井俊貴, 大川淳, 早乙女進. 乳癌骨転移モデルラットに対するパクリタキセル含浸HAp/Colによる局所制御実験. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  695. 横山 裕之, 平井 高志, 榎本 光裕, 永田 哲也, 横田 隆徳, 大川 淳. DNAマイクロアレイを用いた神経障害性疼痛関連分子の調査. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  696. 吉井 俊貴, 早乙女 進一, 江川 聡, 平井 敬悟, 松本 連平, 平井 高志, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 新井 容嘉, 大川 淳. 当科で開発した人工骨、多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体の脊椎固定術における臨床使用と骨癒合評価 . 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  697. :Aobulikasimu Alkebaier, Aibibula Zulipiya, 朴 金瑛, 金 光文, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳, 麻生 義則. 骨細胞のSirt6はSOST発現を介して骨代謝を制御する. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  698. 江川 聡, 松本 連平, 平井 敬悟, 吉井 俊貴, 大川 淳, 早乙女 進一. ラット大腿骨急性骨髄炎モデルにおける抗菌剤含有ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col)の治療効果. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  699. 早乙女 進一, 松本 連平, 江川 聡, 平井 敬悟, 湯浅 将人, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨形成促進のための整形外科バイオマテリアル 骨形成を促進する薬剤担体としてのハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col). 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  700. 渡邉 元, 生駒 俊之, 早乙女 進一, 松本 連平, 安田 裕亮, 韋 雪涛, 柳本 繁, 大川 淳. 多孔質微粒子からの抗体医薬の放出制御による骨折治癒促進. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  701. 平井 敬悟, 江川 聡, 松本 連平, 湯浅 将人, 吉井 俊貴, 大川 淳, 中島 武彦, 早乙女 進一. ガンマ線照射が多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col)に与える影響 筋組織内での評価. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  702. 大木 崇宏, 江川 聡, 松本 連平, 平井 敬悟, 吉井 俊貴, 湯浅 将人, 大川 淳, 早乙女 進一. ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col)の各種抗菌剤の吸着性とラット生体内の経時的抗菌作用についての検討. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  703. 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨芽細胞増殖は骨形成に必須であるが、PTHによる骨同化作用には必須でない. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  704. 麻生 義則, 朴 金瑛, Zulipiya Aibibula, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳. サーチュイン遺伝子Sirt6によるリン代謝制御機構. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  705. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 急性骨格筋圧挫損傷後の筋張力回復に対する高気圧酸素治療の至適条件の検討. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  706. 藤田 浩二, 渡辺 拓郎, 杉浦 裕太, 二村 昭元, 佐々木 亨, 黒岩 智之, 大川 淳. 手根管症候群診断アプリ開発の試み. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  707. 黒岩 智之, 藤田 浩二, 高橋 祐, 奥宮 保郎, 鈴木 克典, 二村 昭元, 大川 淳. 伸縮性カーボンナノチューブ動歪センサを用いた母指対立動作の新たな評価法の開発 手根管症候群の早期発見を目指して. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  708. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット下腿筋圧挫損傷モデルにおいて損傷筋内IL-6/STAT3系を活性化させる. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  709. 齊藤 正徳, Lotridge-Moore Stephanie, 湯浅 将人, 吉井 俊貴, 大川 淳, Scwartz Herbert, Schoenecker Jonathan. 骨折治療の基礎研究 重症外傷患者に対するビスフォスフォネートを用いた新たな治療法. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  710. 加藤 剛, 吉井俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 牛尾 修太, 大川 淳 . 骨粗鬆症性椎体骨折に対する経椎弓根的椎体造影(Vertebrography)による術式選択のStrategy. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28 日本橋, 東京

  711. 湯浅将人, 猪瀬弘之, 平井高志, 牛尾修太, 加藤剛, 吉井俊貴, 大川淳. 第4腰椎変性すべり症に対する手術療法 除圧術、Graf制動術、PLF固定術の3術式による長期の画像上変化の検討. 第27回日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28 日本橋, 東京

  712. 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳 . 近位型頚椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術の術後成績と関連する因子についての検討. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28 日本橋, 東京

  713. 山田 剛史, 小柳津 卓哉, 松倉 遊, 榊 経平, 鳥越 一郎, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 大川 淳. 環軸椎亜脱臼35例の検討. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  714. 山田 剛史, 吉井 俊貴, 牛尾 修太, 谷山 崇, 進藤 重雄, 新井 嘉容, 大川 淳 . 遠位型頚椎症性筋萎縮症に対する手術成績と関連する因子についての検討-多施設 後ろ向き調査. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  715. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 大川 淳, 伏見 清秀, 河内 敏行, 藤原 武男. 頸椎後縦靭帯骨化症における周術期合併症 前方除圧固定術と椎弓形成術の比較 DPCデータベースを用いた1192例の検討. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  716. 平井 敬悟, 平井 高志,湯浅 将人, 猪瀬 弘之,吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎脊柱管狭窄に対する低侵襲除圧術の前向き比較研究:片側椎弓切除両側除圧(ULBD) 対 筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術(MILD) . 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  717. 橋本 淳, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 友利 正樹, 角谷 智, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳 . 成人脊柱変形手術において、肥満は術後矢状面アライメント不良の危険因子である. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  718. 角谷 智, 小森 博達, 沼野 藤希, 大川 淳. 環軸椎固定術の手術成績の検討. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  719. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 牛尾 修太, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. プロカルシトニンは脊椎インストゥルメンテーション手術の創部感染の指標になり得るか?. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  720. 川畑 篤礼, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 湯浅 将人, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳 . 成人脊柱変形術後のmechanical failureの危険因子の検討 多施設調査. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  721. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の胸腰椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  722. 歌川 蔵人, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳 . 成人脊柱変形における腸骨スクリューとS2AIスクリューとの多施設後ろ向き比較研究. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  723. 平井 高志, 吉井 俊貴, 江川 聡, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 小沼 博明, 小林 裕, 川畑 篤礼, 歌川 蔵人, 大川 淳 . 椎体亜全摘を行った頸椎前方除圧固定術(ACCF)の術後インプラント転位と矢状アライメント. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28 日本橋, 東京

  724. 谷本 貴大, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 小林 裕, 大川 淳. 極めて稀なEpidural fibrous cordによる胸髄症の1例. 第67回 東日本整形災害外科学会 2018.09.21 秋田

  725. 王 耀東, 藤田浩二, 若林良明, 黒佐義郎, 大川淳. 大腿骨頚部骨折を予防すべき非定型大腿骨骨折患者の特徴. 第67回 東日本整形災害外科学会 2018.09.21 秋田

  726. 王 耀東, 藤田 浩二, 若林 良明, 黒佐 義郎, 田野 敦寛, 大川 淳. 骨粗鬆症:脆弱性骨折の外科治療(四肢、人工関節周囲、脊椎、非定型大腿骨など) 非定型大腿骨骨折の外科治療. 第67回 東日本整形災害外科学会 2018.09.21

  727. 三浦 雄悟, 志村 治彦, 富澤 將司, 天野 祐輔, 關 良太, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 小児上腕骨遠位骨幹・骨幹端部骨折の治療経験7例. 第67回 東日本整形災害外科学会第 2018.09.21 秋田

  728. 新関 祐美, 若林 良明, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 陳旧性手指MP関節掌側脱臼の3指. 第67回東日本整形災害外科学会 2018.09.21 秋田

  729. 山田剛史, 坂井顕一郎, 大川淳, 新井容嘉. 胸椎硬膜外血管脂肪腫の治療経験. 第67回 東日本整形災害外科学会学術集会 2018.09.21 秋田

  730. 小林 秀彰, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 平井 高志, 湯浅 将人, 須藤 祐伴, 吉井 俊貴, 大川 淳. 長期経過で骨転移をきたしたパラガングリオーマの2例. 第67回 東日本整形災害外科学会 2018.09.21 秋田

  731. 高階 祐輔, 宮武 和正, 平尾 昌之, 小山 恭史, 瀬川 裕子, 大川 淳. 血友病性股関節症に対し遺伝子組換え血液凝固第VIII因子Fc領域融合タンパク質製剤併用し人工股関節全置換術を行った1例. 第67回 東日本整形災害外科学会 2018.09.21 秋田

  732. 志村 治彦, 竹村 昌敏, 小山 恭史, 串田 淑久, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 当院における橈骨遠位端(脆弱性)骨折患者の骨粗鬆症治療率. 第67回 東日本整形災害外科学会学術集会 2018.09.21 秋田

  733. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩司, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇,足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 大川 淳. 手根管症候群における指神経刺激後の正中神経活動磁界計測. 第29回 日本末梢神経学会学術集会 2018.09.07 下関

  734. 平井高志, 吉井俊貴、牛尾修太、川畑篤礼、大川淳. 極めて珍しいEpidural fibrous cordによる胸髄症の1例. 第7回 Japan Association of Spine surgeouns with Ambition 2018.08.04 広島

  735. 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨芽細胞増殖は骨形成には必須であるが、PTH投与による骨同化作用においては必須でない. 第36回 日本骨代謝学会学術集会 2018.07.26 長崎

  736. 佐藤 信吾, 小柳広高, 平井高志, 湯浅将人, 関田俊明, 阿江啓介, 水口俊介, 大川淳. 医歯学融合集学的骨転移診療システムによる顎骨壊死予防の取り組みと効果. 第51回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2018.07.12 静岡

  737. 佐藤 信吾, 小柳広高, 平井高志, 湯浅将人, 阿江啓介, 大川淳. 整形外科主導の集学的骨転移診療システムの構築と早期介入. 第51回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2018.07.12 静岡

  738. 小柳広高, 阿江啓介、松本誠一、眞鍋淳、下地尚、谷澤泰介、五木田茶舞、澤村千草、佐藤信吾、早川景子、船内雄生、三浪友輔、齊藤正徳、黒田浩司、川口智義、大川淳. 悪性末梢神経鞘腫の予後因子に関する検討. 第51回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2018.07.12 静岡

  739. 小柳広高, 阿江啓介、松本誠一、眞鍋淳、下地尚、谷澤泰介、五木田茶舞、澤村千草、佐藤信吾、早川景子、船内雄生、三浪友輔、齊藤正徳、黒田浩司、川口智義、大川淳. パスツール処理骨の移植方法に関する検討. 第51回 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 2018.07.12 静岡

  740. 川端茂徳, 佐々木亨, 牛尾修太, 大川 淳. 「術中脳脊髄神経モニタリングにおける基準の共有」整形外科医の立場から. 第24回 日本脳神経モニタリング学会 2018.07.07 東京

  741. 王 耀東, 田野敦寛, 加来拓実, 黒佐義郎, 大川淳. 重度下肢骨折の初療に用いた創外固定器をプレート固定の術野に持ち込んでも感染しないのか? . 第44回 日本骨折治療学会 2018.07.06 岡山

  742. 加来 拓実, 宮武和正, 王耀東, 田野敦寛, 神野哲也, 大川淳. 高齢者の転位型大腿骨頚部骨折に対する人工股関節全置換術の治療経験. 第44回 日本骨折治療学会 2018.07.06 岡山

  743. Mulati Mieradili, 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨芽細胞分化の調整機構. 第38回 日本骨形態計測学会 2018.06.21 大阪

  744. 高橋 晃, Mulati Mieradili, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨芽細胞増殖はPTH投与による骨同化作用において必須ではない. 第38回 日本骨形態計測学会 2018.06.21 大阪

  745. 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊柱靱帯骨化症厚労科研政策研究とAMED(日本医療研究開発機構)研究 -現状の報告と今後の課題- . H30年度 第1回 脊柱靱帯骨化症研究班会議 2018.06.16 東京

  746. 平井 高志, 吉井 俊貴, 名越 慈人, 竹内 一裕, 森 幹士, 牛尾修太、大川 淳, 川口 善治 . 頚椎 OPLL 患者の全脊柱における靭帯骨化巣の評価 –後ろ向き研究で得られた成果報告と前向き研究について . H30年度 第1回 脊柱靱帯骨化症研究班会議 2018.06.16

  747. 佐々木亨, 川端茂徳, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭 , 渡部泰士, 長谷川由貴,佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 脊髄磁界計測による腰部神経根障害の診断. 第33回 日本生体磁気学会大会 2018.06.15 広島

  748. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩司, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇,足立善昭 , 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 指神経刺激後の正中神経磁界計測による手根管部電気活動の可視化. 第33回 日本生体磁気学会大会 2018.06.15 広島

  749. 渡部泰士, 川端茂徳,佐々木亨, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 大川 淳. DSSPを用いた肘部管における神経活動の可視化. 第33回 日本生体磁気学会大会 2018.06.15 広島

  750. 大川 淳. 整形外科領域の医療安全の考え方. 第10回 JOSKAS 2018.06.14

  751. 王 燿東, 田野 敦寛, 黒佐 義郎, 大川 淳. 重度下肢骨折に対する初療時の創外固定器を用いたプレート固定術 -感染リスクの検証-. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  752. 吉井 俊貴, 平井 高志, 友利 正樹, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 富澤 將司, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体圧潰に対する後方単独進入椎体再建術 -片側椎体アプローチの試み- . 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  753. 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 江川 聡, 大川 淳 . 硬膜欠損を伴う脳表へモジデリン沈着症における欠損部同定(MRI balanced sequence 法の有用性). 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  754. 平井 高志, 吉井 俊貴, 名越 慈人, 西村 空也, 竹内 一裕, 森 幹士, 大川 淳, 川口 善治 . 全脊椎CT 大規模多施設研究による重度OPLL症例における骨化局在パターンの特徴 -厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study- . 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  755. 猪瀬 弘之, 高橋 晃, 大川 淳. 骨芽細胞増殖に注目した骨代謝調節機構の解明. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  756. 大川 淳. 脊柱靱帯骨化症研究の最前線. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  757. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 湯浅 将人, 小沼 博明, 大川 淳. 小児の腰椎関節突起間部断面積と椎弓癒合不全から見た腰椎分離症の病態の考察. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  758. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳, . 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定 -全国多施設前向き研究結果報告- . 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  759. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎固定術PLF vs. 制動術Graf システム -第4 腰椎変性すべり症術後長期の画像の比較検討-. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  760. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 阿江 啓介, 大川 淳. メタ脊損(脊椎転移による脊髄麻痺)は集学的院内診療体制構築で撲滅できる -東京医科歯科大学の取り組み- . 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  761. 黒岩 智之, 藤田 浩二, 加藤 竜司, 松本 恵, 大川 淳. 糖尿病はヒト骨芽細胞内のMAPK シグナル経路および癌シグナル経路を活性化する. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  762. 小川 貴久, 白澤 進一, 奥 知久, 神野 哲也, 大川 淳. 大腿骨近位部骨折術後患者のADL の回復に対する新たな予後予測 -修正版CAS(Cumulative Ambulance Score)- . 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  763. 小山 恭史, 志村 治彦, 富澤 將司, 仲津留 恵日, 山本 晧子, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 鎖骨骨折手術における鎖骨上神経温存の意義. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  764. 鏑木 秀俊, 太田 剛, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 当院における針刺しによる末梢神経損傷例の調査. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  765. 齊藤 正徳, 湯浅 将人, Stephanie Moore-Lotridge, 吉井 俊貴, Jonathan Schoenecker , 大川 淳. 重症外傷患者に対する新たなビスフォスフォネートを用いた治療法. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  766. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 王 燿東, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 大川 淳. 大腿骨減捻骨切り術を併用したChiari 骨盤骨切り術の短期成績と有限要素法による解析. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  767. 阿江 啓介, 松本 誠一, 谷澤 泰介, 早川 景子, 船内 雄生, 三浪 友輔, 斉藤 雅徳, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 大川 淳. 骨・軟部腫瘍切除後の骨欠損に対する移植骨の現状と今後 骨・関節再建術における同種骨移植の利用. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  768. 小林 祥, 岡田 英次朗, 吉井 俊貴, 渡辺 慶, 森 幹士, 和田 簡一郎, 松永 俊二, 渡辺 雅彦, 松山 幸弘, 大川 淳, 松本 守雄. びまん性特発性骨増殖症に伴った脊椎損傷における周術期合併症 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設研究. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  769. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇,足立善昭 , 渡部泰士, 長谷川由貴, 大川 淳. 神経活動磁界による手根管部におけるの神経活動電流の可視化. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  770. 渡部泰士, 川端茂徳,赤座実穂, 尾崎 勇,牛尾修太,佐々木亨, 長谷川由貴, 足立善昭 , 関原謙介, 大川 淳. SQUID磁束計による尺骨神経刺激後の腕神経叢部における神経活動電流の可視. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  771. 二村 昭元, 堀内 沙矢, 野崎 太希, 藤田 浩二, 大川 淳, 加藤 龍一, 秋田 恵一. 三角線維軟骨の尺骨遠位端に対する付着部の局在と骨形態の関係 解剖学的研究. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  772. 太田 剛, 鏑木 秀俊, 大川 淳. 投球骨折に対する保存的治療の適応と限界. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  773. 今釜 史郎, 安藤 圭, 竹内 一裕, 加藤 仁志, 相澤 俊峰, 松山 幸弘, 渡邉 航太, 松本 守雄, 吉井 俊貴, 大川 淳. 胸椎後縦靱帯骨化症手術の多施設前向き研究 術後運動麻痺リスク因子の解析. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  774. 藤田 浩二, 渡辺 拓郎,杉浦 裕太,宮本 崇,二村 昭元,大川 淳. 手根管症候群患者用の術後自宅リハビリ用アプリ開発と使用経験  . 第61回 手外科学会学術集会 2018.04.26 新宿

  775. 藤田 浩二, 鏑木 秀俊,宮本 崇,志村 治彦,青山 広道,松山 嘉彦,関 康弘,若林 良明,二村 昭元,大川 淳 . 握力低下は初発橈骨遠位端骨折の主要なリスク因子である. 第61回 日本手外科学会学術集会 2018.04.26 新宿

  776. 黒岩 智之, 藤田 浩二,二村 昭元,宮本 崇,大川 淳. 小型モーションセンサを用いた母指対立動作時の回内運動のリアルタイム測定-手根管症候群に伴う対立障害の新たな評価法の開発- . 第61回 日本手外科学会学術集会 2018.04.26 新宿

  777. 佐々木亨 川端茂徳, 藤田浩二, 二村昭元, 星野優子, 赤座実穂, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 大川 淳. 正中神経活動磁界計測による手根管部電気活動の可視化. 第61回 日本手外科学会学術集会 2018.04.26 東京

  778. 佐々木亨, 渡部泰士, 川端茂徳, 藤田浩二, 二村昭元, 星野優子, 赤座実穂, 足立善昭, 長谷川由貴, 大川 淳. Magnetoneurographyによる腕神経叢部における神経活動電流の可視化. 第61回 日本手外科学会学術集会 2018.04.26 東京

  779. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 榊 経平, 平井 高志, 大谷 和之, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 将司, 前原 秀二, 大川 淳. 成人脊柱変形に対する手術治療の多施設合併症調査. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  780. 吉井 俊貴, 湯浅 将人,平井 高志,加藤 剛,山田 剛史,猪瀬 弘之,坂井 顕一郎,新井 容嘉,川端 茂徳,大川 淳. 腰椎椎体間固定術における新しい人工骨,多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体の臨床使用-局所骨との前向き比較研究- . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  781. 牛尾修太, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之,湯浅 将人,江川 聡,川端 茂徳, 大川 淳. 2椎体腰椎後方固定術1年後の早期隣接椎間障害発生の術前危険因子に関する検討 . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  782. 牛尾修太, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之,平井 高志, 湯浅 将人,江川 聡,川端 茂徳, 大川 淳. 頚椎症性筋萎縮症に対する術式別の手術成績と関連する因子についての検討 . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  783. 平井 高志, 吉井 俊貴,名越 慈人, 竹内 一裕, 森 幹士, 牛尾 修太, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 頚椎OPLL 多施設研究による脊柱靭帯骨化患者の前向き調査(第1報) -厚労科研脊柱靭帯骨化症研究班・JOSL study . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  784. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 松本 連平, 江川 聡,平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 当院における頚椎症性脊髄症の手術治療成績〜術前MRI におけるModified K-lineを用いた後方除圧の限界点を考慮した取り組み  . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  785. 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 集学的院内診療体制構築による脊椎転移の脊髄麻痺の予防−東京医科歯科大学の取り組み−  . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  786. 平井 高志, 吉井 俊貴,名越 慈人, 竹内 一裕, 森 幹士, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 全脊椎CT 多施設研究による頚椎OPLL の胸腰椎骨化分布パターンの検討-厚労科研脊柱靭帯骨化症研究班・JOSL study - . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  787. 吉井 俊貴, 江川 聡, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 中川 幸洋, 勝見 敬一, 國府田 正雄, 和田 簡一郎, 古矢 丈雄, 木村 敦, 竹下 克志, 今釜 史郎, 川口 善治, 松本 守雄, 大川 淳, 山崎 正志. 頚椎後縦靱帯骨化症手術における術式別(前方,後方)の合併症発生率 AMED・厚労科研研究班多施設前向き調査研究(第1報) . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  788. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人,牛尾 修太, 平井 敬悟,小沼 博明, 大川 淳. L5椎弓正中非癒合例では関節突起間部断面積が小さい傾向にある−小児CT の画像解析による検討− . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  789. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術における骨移植による各椎間骨癒合変化の検討 -術後5年経過例について- . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  790. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の下位胸椎~腰椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  791. 森下 真伍, 吉井 俊貴,藤原 武男,伏見清秀,大川 淳. 頚椎後縦靱帯骨化症における周術期合併症 前方除圧固定術と椎弓形成術の比較 DPCデータベースを用いたpropensity score matching analysis . 第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  792. 山田 剛史, 吉井 俊貴, 平井 高志, 猪瀬 弘之,大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症手術患者における頚椎部狭窄の共存(tandem spinal stenosis)-565例の検討- . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  793. 平井 敬悟, 平井 高志,山田 剛史,猪瀬 弘之,吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎脊柱管狭窄に対する低侵襲除圧術の前向き比較研究:片側椎弓切除両側除圧(ULBD) 対 筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術(MILD) . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  794. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之,小林 裕, 牛尾 修太, 平井 高志, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 大川 淳. 第4腰椎変性すべり症に対する手術療法,除圧術,Graf 制動術,PLF 固定術の3術式による長期の画像上変化の検討   . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  795. 角谷 智, 小森 博達, 沼野 藤希, 四宮 謙一, 大川 淳. 上位・中位胸椎に限定した椎弓根スクリューの挿入精度 . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  796. 大川 淳. 脊椎関連学会の現状と展望 日本脊椎インストゥルメンテーション学会の現状と課題 . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  797. 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎変性辷り症に対する手術療法前向きランダム化研究. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  798. 猪瀬 弘之, 加藤 剛,湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具治療の違いによる疼痛への影響. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  799. 加藤 剛, 猪瀬 弘之,吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定(全国多施設前向き研究最終報告) . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  800. 中村 雅也, 波呂 浩孝, 竹下 克志, 大川 淳, 中村 博亮, 田口 敏彦. 脊椎脊髄外科専門医の現状報告 日本整形外科学会の立場から. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  801. 都島 幹人, 今釜 史郎, 岡田 英次朗, 渡辺 慶, 檜山 明彦, 中川 幸洋, 竹内 一裕, 松永 俊二, 圓尾 圭史, 坂井 顕一郎, 小林 祥, 吉井 俊貴, 大場 哲郎, 和田 簡一郎, 大川 淳, 松本 守雄. びまん性特発性骨増殖症に伴った脊椎損傷における、診断遅延に繋がる因子の検討 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設研究. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  802. 青田 洋一, 山田 浩司, 平泉 裕, 山縣 正庸, 種市 洋, 武者 芳朗, 遠藤 健司, 鈴木 秀和, 吉井 俊貴, 渡辺 航太, 大川 淳. 脊椎疾患治療の費用対効果 手術診療保険点数における外保連手術試案の算出方法とその問題点. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  803. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 吉井 俊貴, 平井 高志, 大川 淳. 頸椎後縦靱帯骨化症 頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方法と後方法の術式選択. 第58回 関東整形災害外科学会 2018.03.16 御茶ノ水

  804. 藤田 浩二, 大川 淳 . 関東若手手外科医による鏡視下手術の現状 鏡視下手術の現状調査. 第58回 関東整形災害外科学会 2018.03.16 御茶ノ水

  805. 山本 尚輝, 大川 淳, 鈴木 義博, 大野 洋太, 鈴木 英弘. 中足骨不顕性骨折と関連性のある因子の検討. 第58回 関東整形災害外科学会 2018.03.16 お茶の水

  806. 歌川 蔵人, 藤田 浩二, 佐々木 真一, 深川 真吾, 松多 誠也, 大川 淳. 鎖骨骨幹部骨折に烏口突起骨折を合併した1 例 . 第58回 関東整形災害外科学会 2018.03.16 御茶ノ水

  807. 瀬川 裕子,吉井 俊貴, 中山 理沙, 大川 淳 . 整形外科における多様な働き方の実現 当医局における多様な働き方への取り組み. 第58回 関東整形災害外科学会 2018.03.16 御茶ノ水

  808. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 阿江 啓介, 大川 淳. 骨転移診療体制の構築 医歯学融合集学的診療体制構築による骨転移早期治療介入の取り組みと効果. 第58回 関東整形災害外科学会 2018.03.16 御茶ノ水

  809. 安藤 嘉朗, 平井 高志, 牛尾 修太, 江川 聡, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎硬膜内ヘルニア再発の1例 . 第58回 関東整形災害外科学会 2018.03.16 御茶ノ水

  810. 平尾 昌之, 神野哲也、宮武和正、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロックと自己調節持続皮下注射の比較検討 . 第48回 日本人工関節学会 2018.02.23 東京

  811. 佐藤 信吾, 橋本恭子, 越智広樹, 砂村聡子, 小坂展慶, 馬渕洋, 神田浩明, 阿江啓介, 小柳広高, 赤澤智宏, 落谷孝広, 二口充, 竹田秀, 大川淳. がん細胞由来分泌型マイクロRNAによる骨転移微小環境制御機構. 第1回 日本サルコーマ治療研究学会学術集会 2018.02.23 永田町

  812. 佐々木亨, 川端茂徳,牛尾修太, 星野優子, 関原謙介,足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 山賀匠, 大川 淳. 脊磁計を用いて腰部神経根障害を診断した1例. 第39回 脊髄機能診断研究会 2018.02.10 東京

  813. 大川 淳 . 特定機能病院に求められている医療安全体制とその背景. 第68回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2018.02.04 御茶ノ水

  814. 山本 尚輝, 神野 哲也,酒井 朋子,渡邊 敏文,宮武 和正,星野 ちさと,高田 亮平,平尾 昌之,小川 貴久,大川 淳. 人工膝関節全置換術における入院期間と術後ADLの関係性について . 第68回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2018.02.04 お茶の水

  815. 請川 大, 正岡 智和, 川手 信行, 飯島 伸介, 星 忠成, 杉山 智子, 和田 義敬, 神野 哲也, 酒井 朋子, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 森田 定雄, 大川 淳. ポリオに伴う右下肢麻痺後、健側下肢に神経根症を発症した腰部脊柱管狭窄症患者に手術的加療を行った一例. 第65回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2017.12.10 つくば

  816. 瀬川 裕子, 山口 玲子, 大川 淳. CLOVES syndromeが疑われる多発骨形成性病変を呈した1例. 第29回 日本整形外科学会骨系統疾患研究会 2017.12.09 御茶ノ水

  817. 松本 連平, 江川 聡, 平井 敬悟, 大川 淳, 早乙女 進一. 乳癌骨転移モデルラットに対するパクリタキセル含浸HAp/Colによる局所制御実験. 第37回 整形外科バイオマテリアル研究会 2017.12.02 岡山

  818. 松本 連平, 江川 聡, 平井 敬悟, 吉井 俊貴, 大川 淳, 早乙女 進一. 多孔質Hap/Col の抗菌剤担体としての評価. 第37回 整形外科バイオマテリアル研究会 2017.12.02 岡山

  819. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 星野 優子, 関原 謙介, 赤座 実穂, 尾崎 勇, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 山賀 匠, 大川 淳. 指神経刺激後の手根管部における神経活動磁界計測. 第47回 日本臨床神経生理学会学術大会 2017.11.29 横浜

  820. 渡部 泰士, 川端 茂徳, 佐々木 亨, 牛尾 修太, 赤座 実穂, 尾崎 勇, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 神経磁界計測(Magnetoneurography)による尺骨神経刺激後の腕神経叢部神経活動の可視化. 第47回 日本臨床神経生理学会学術大会 2017.11.29 横浜

  821. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 山賀 匠, 大川 淳. 脊磁計を用いた腰部神経根障害の診断. 第47回 日本臨床神経生理学会学術大会 2017.11.29 横浜

  822. 大川 淳. 整形外科領域の医療安全の考え方. 第5回 運動器疼痛を考える会 2017.11.25

  823. 小柳 広高, 佐藤 信吾, 平井 高志, 湯浅 将人, 大川 淳. 当院における骨転移キャンサーボードの役割. 第11回 信州骨軟部腫瘍研究会 2017.11.25 長野

  824. 黒岩智之, 藤田浩二, 大川淳. 糖尿病は成熟骨芽細胞内のMAPK シグナルおよび癌シグナル経路に影響する. Skeletal Science Retreat2017(骨代謝スクール) 2017.11.25 倉敷

  825. 王 耀東, 田野 敦寛, 大川 淳. 巨大骨軟骨欠損を伴う足関節開放骨折に対してMasquelet 法による足関節固定術を施行した1例. 第23回 救急整形外傷シンポジウム 2017.11.23 沖縄

  826. 平井 敬悟, 江川 聡, 松本 連平, 吉井 俊貴, 大川 淳, 中島 武彦, 早乙女 進一. ヒドロキシアパタイト/コラーゲンペストおよび骨形成タパク質-2 による骨折治癒の増強. 第39回 日本バイオマテリアル学会 2017.11.20 船堀

  827. 松本 連平, 江川 聡, 平井 敬悟, 偉 雪濤, 吉井 俊貴, 大川 淳, 早乙女 進一. 乳癌骨転移モデルラットに対するパクリタキセル含浸HAp/Colによる局所制御実験. 第39回 日本バイオマテリアル学会 2017.11.20 船堀

  828. 吉井 俊貴, 湯浅 将人, 新井 容嘉, 大川 淳, 早乙女 進一. 新しい人工骨、多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体の臨床使用. 第39回 日本バイオマテリアル学会 2017.11.20 船堀

  829. 江川 聡, 松本 連平, 平井 敬悟, 早乙女 進一, 大川 淳. ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col)の抗菌剤担体としての評価. 第39回 日本バイオマテリアル学会 2017.11.20 船堀

  830. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 高田 亮平, 大川 淳, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療は骨格筋圧挫損傷後の下腿筋筋張力の回復を促進する. 第52回 日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2017.11.11 沖縄

  831. 大川 淳. 高齢者腰痛疾患の診断治療. 第21回 立川整形外科懇話会 2017.11.07

  832. 平井 高志, 榎本 光弘, 鏑木 秀俊, 横山 裕之, 永田 哲也, 横田 隆徳, 大川 淳. 神経障害性疼痛のメカニズム探索と分子標的による新規治療戦略. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  833. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎変性辷り症に対する手術療法 前向きランダム化研究. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  834. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具療法の検討―全国多施設前向き研究結果報告―. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  835. 湯浅 将人, 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 小林 裕, 牛尾 修太, 新井 嘉容, 大川 淳. 多孔質ハイドロキシアパタイト/ コラーゲン(HA/Col)の腰椎後方椎体間固定術における骨形成能 -多施設間後ろ向き研究. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  836. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75 歳以上)の下位胸椎~腰椎手術における術後せん妄の検討. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  837. 牛尾修太, 平井高志, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 江川聡, 川端茂徳, 大川淳. L3-5 の2 椎間腰椎後方固定術における上位隣接椎間障害の術前危険因子の検討. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  838. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 小沼 博明, 平井 敬悟, 大川 淳. 小児CT における腰椎関節突起間部断面積から見た腰椎分離症発症メカニズムの考察. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  839. 平井 敬悟, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川淳. 腰椎脊柱管狭窄に対する低侵襲除圧術の前向き比較研究:片側椎弓切除両側除圧(ULBD)対 筋肉温存型 腰椎椎弓間除圧術(MILD). 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  840. 角谷 智, 沼野 藤希, 片山 隆之, 小森 博達, 四宮 謙一, 大川 淳. 腰椎変性疾患に対するMini open-TLIF の椎弓根スクリュー精度の検討. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  841. 森下 真伍, 新井 嘉容, 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 平井 高志, 河内 敏行, 大川 淳. 腰椎硬膜外脂肪腫症(Lumbar Epidural Lipomatosis、LEL)と代謝異常の関連性. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  842. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. サルコペニアの頻度及びその腰椎疾患手術に与える影響. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  843. 川端 茂徳, 牛尾修太, 佐々木亨, 平井高志, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 星野優子, 関原謙介, 渡部泰士, 長谷川由貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川淳. 脊磁計による腰部神経根障害の可視化と定量化. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  844. 山本 尚輝、神野 哲也,酒井 朋子,宮武 和正,星野 ちさと,高田 亮平,大川 淳. リハビリテーション開始日の違いが人工膝関節全置換術後の早期術後成績に及ぼす影響について. 第1回 日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28 大阪

  845. 小川 貴久, 神野 哲也, 高田 亮平, 宮武 和正, 星野 ちさと, 酒井 朋子, 大川 淳, 小川 英臣, 新堀 璃奈, 加地 啓介, 岡安 健. 人工股関節全置換術における手術曜日の影響 -術後ADLの回復、入院期間に注目して-. 第1回 日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会 2017.10.28 大阪

  846. 大川 淳. 研修記録としての日整会会員マイページの活用法. 第16回 日本整形外科学会 研修指導者講習会 2017.10.27 沖縄

  847. 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 細胞周期制御因子Cdk1は骨量維持および骨癒合に必須である. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  848. 渡部 泰士, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 牛尾 修太, 足立 善昭, 大川 淳. 神経磁界計測(magnetoneurography)による腕神経叢部神経活動の可視化. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  849. 江川 聡, 韋 雪涛, 早乙女 進一, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 安田 裕亮, 松本 連平, 大川 淳. 骨再生と骨癒合促進 BMP-2の担体としてハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体(HAp/Col)ペーストを移植したラット大腿骨骨欠損モデルにおける骨癒合への影響に関する検討. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  850. 江川 聡, 早乙女 進一, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 安田 裕亮, 松本 連平, 大川 淳. BMP-2のウサギ筋肉内投与における、担体材質による異所性骨化の違いについての検討 コラーゲンスポンジとハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体(HAp/Col)の比較. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  851. 尾田 陸, 生駒 俊之, 松本 連平, 江川 聡, 安田 裕亮, 吉井 俊貴, 大川 淳, 早乙女 進一. A型炭酸含有アパタイトの骨補填材としての評価. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  852. 江川 聡, 松本 連平, 安田 裕亮, 吉井 俊貴, 大川 淳, 早乙女 進一. 多孔質HAp/Colの抗菌剤担体としての評価. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  853. 王 耀東, 藤田 浩二, 若林 良明, 黒佐 義郎, 大川 淳. 非定型大腿骨骨折患者の背景にある骨代謝と骨粗鬆症の検討. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  854. 沼田 ほあし, 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨芽細胞分化の調節機構. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  855. Aobulikasimu Alkebaier, 金 光文, 朴 金瑛, Zulipiya Aibibula, 段 孝, 市村 敦彦, 宮田 敏男, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳, 麻生 義則. 新規PAI-1阻害剤はマウス骨髄除去モデルにおいて骨形成を促進する. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  856. 佐藤 哲也, 二村 昭元, 秋田 恵一, 中川 照彦, 藤田 浩二, 宮本 崇, 山口 玲子, 大川 淳. 母指MP関節における内転筋筋内腱と関節包に関する解剖学的研究 Stener病変発生についての考察. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  857. 横山 裕之, 榎本 光裕, 平井 高志, 鏑木 秀俊, 大川 淳, 若林 良明. 複数の神経障害性疼痛マウスモデルの腰部後根神経節における電位依存性カルシウムチャネルα2δ-1サブユニット発現と疼痛パターンの比較検討. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  858. 佐藤 信吾, 平川 弘幸, 越智 広樹, 橋本 恭子, 砂村 聡子, 岡 慎一, 大川 淳, 竹田 秀, 潟永 博之. HIVに対する多剤併用療法は骨質の低下を介して骨折リスクを増加させる. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  859. 金 光文, 朴 英瑛, Aobulikasimu Alkebaier, Zulipiya Aibibula, 段 孝, 市村 敦彦, 赤堀 浩司, 宮田 敏男, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳, 麻生 義則. 新規PAI-1阻害薬は閉経後骨粗鬆症モデルの骨密度を回復させる. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  860. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 渡部 泰士, 星野 優子, 長谷川 由貴, 佐々木 亨, 藤田 浩二, 関原 謙介, 大川 淳. 神経誘発磁界測定によるGuyon管部尺骨神経における順行性の電気的活動の可視化. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  861. 平井 高志, 榎本 光裕, 鏑木 秀俊, 横山 裕之, 大川 淳. 次世代シーケンサーを用いた疼痛モデルにおけるRNAの3'UTRにおける新たなバリアント 治療として最も効率的な標的分子の探索. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  862. 黒岩 智之, 藤田 浩二, 二村 昭元, 宮本 崇, 大川 淳. 母指対立動作時の回内運動の動的測定 正中神経麻痺による対立障害の新たな評価. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  863. 李 楽陽, 榎本 光裕, 鏑木 秀俊, 横山 裕之, 平井 高志, 若林 良明, 大川 淳. マウス腓骨神経再生のための神経筋接合部の役割. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  864. 平尾 昌之、神野 哲也、宮武 和正、高田 亮平、瀬川 裕子、大川 淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロック(自己調節持続皮下注射との比較検討). 第44回 日本股関節学会学術集会 2017.10.20 新宿

  865. 瀬川裕子、神野哲也、松原正明、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 寛骨臼回転骨切り術施行症例における小児期予防的手術への意識調査. 第44回 日本股関節学会学術集会 2017.10.20 新宿

  866. 高橋 晃、神野 哲也、宮武 和正、高田 亮平、平尾 昌之、星野 ちさと、瀬川 裕子、大川 淳. 前方進入法を用いた人工股関節全置換術における術中大腿筋膜張筋損傷評価と術後早期における筋断面積の変化との関連性の検討. 第44回 日本股関節学会学術集会 2017.10.20 新宿

  867. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定 硬性装具と軟性装具の比較. 第19回 日本骨粗鬆症学会 2017.10.20 大阪

  868. 藤田 浩二, 鏑木 秀俊, 宮本 崇, 二村 昭元, 松山 嘉彦, 志村 治彦, 若林 良明, 加藤 龍一, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折患者は筋力が低下している. 第19回 日本骨粗鬆症学会 2017.10.20 大阪

  869. 麻生 義則, 金 光文, アブルカスム・アクバル , ゾリビア・エビブラ , 朴 金瑛, 越智 広樹, 宮田 敏男, 大川 淳. 閉経後骨粗鬆症モデルにおいて新規PAI-1阻害薬は骨形成を刺激して骨密度を回復させる. 第19回 日本骨粗鬆症学会 2017.10.20 大阪

  870. 牛尾修太, 平井高志, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 山田剛史, 江川聡, 榎本光裕, 川端茂徳, 大川淳. 腰椎後方固定術における隣接椎間障害の術前危険因子の検討 −L3-5 間のfloating fusion における検討−. 第26回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017.10.13 金沢

  871. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 小林 裕, 牛尾 修太, 平井 高志, 加藤 剛, 川端 茂徳, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎固定術PLF vs 制動術Graf System 第4 腰椎変性すべり症術後長期の画像の比較検討. 第26回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017.10.13 金沢

  872. 吉井俊貴, 平井高志, 山田剛史, 猪瀬弘之, 大川淳. 成人脊柱変形に対する後方矯正固定術における出血コントロールの工夫. 第26回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017.10.13 金沢

  873. 山田 剛史, 江川 聡, 松倉 遊, 榊 経平, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 鳥越 一郎, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 大川 淳. 環軸椎亜脱臼29 例の検討. 第26回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017.10.13 金沢

  874. 大川 淳. 脊髄損傷に対する再生医療の展望と期待. 第2回 日本骨髄間葉系幹細胞治療学会 学術集会 2017.10.07 札幌

  875. 磯野 正晶, 堀江 雅史, 関矢 一郎, 渡邊 敏文, 片桐 洋樹, 小田邉 浩二, 大原 敏之, 片桐 健太, 大川 淳, 古賀 英之. 鏡視下内側半月板Centralizationを併用した高位脛骨骨切り術の短期臨床成績. 第66回 東日本整形災害外科学会 2017.09.15 新宿

  876. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後のステム周囲骨折と応力遮蔽の関連性. 第66回 東日本整形災害外科学会 2017.09.15 新宿

  877. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 三浪 友輔, 阿江 啓介, 大川 淳. 医歯学融合集学的診療システムによる骨転移早期治療介入の取り組みと効果. 第66回 東日本整形災害外科学会 2017.09.15 新宿

  878. 山下 昭悟, 平井 敬悟, 吉井 俊貴, 大川 淳. 姉妹に発生した仙骨部巨大腫瘍の2例. 第66回 東日本整形災害外科学会 2017.09.15 新宿

  879. 王 耀東, 藤田 浩二, 若林 良明, 黒佐 義郎, 大川 淳. 大腿骨頸部骨折を予防すべき非定型大腿骨骨折患者の特徴. 第66回 東日本整形災害外科学会 2017.09.15 新宿

  880. 鏑木 秀俊, 藤田 浩二, 二村 昭元, 大川 淳. 高齢橈骨遠位端骨折患者の易骨折性の評価. 第66回 東日本整形災害外科学会 2017.09.15 新宿

  881. 田野 敦寛, 王 耀東, 福島 和之, 黒佐 義郎, 藤田 浩二, 大川 淳. PTH製剤とビタミンD製剤の併用による高齢者大腿骨近位部骨折の予防効果に対する力学的検討 CT有限要素解析による骨強度評価. 第66回 東日本整形災害外科学会 2017.09.15 新宿

  882. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 椎体骨折の保存療法. 第66回 東日本整形災害外科学会 2017.09.15 新宿

  883. 大川 淳. 頚椎前方手術の適応と課題. Orthopaedic Update Symposium in MIE 2017.08.30 三重

  884. 新井嘉容 他. 脊椎外科領域における骨癒合素材. 第20回 日本低侵襲脊椎外科学会学術集会 2017.07.27 札幌

  885. 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳 . Cdk1 は骨量維持及び骨癒合に必須である. 第35回 日本骨代謝学会学術集会 2017.07.27 福岡

  886. 田野 敦寛, 王 耀東, 福島 和之, 黒佐 義郎, 藤田 浩二, 大川 淳. PTH 製剤による高齢者大腿骨近位部骨折予防の可能性― CT 有限要素法による力学解析―. 第8回 MECHANICAL FINDER ユーザー研究会 2017.07.15 東京

  887. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 三浪 友輔, 阿江 啓介, 大川 淳. 医歯学融合集学的診療システムによる骨転移早期治療介入の取り組みと効果. 第50回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2017.07.13 新宿

  888. 三浪 友輔, 佐藤 信吾, 阿江 啓介, 大川 淳. 発生頻度がきわめて稀な肺原発頭蓋外髄膜腫の多発骨転移の1例. 第50回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2017.07.13 新宿

  889. 小柳 広高, 松本 誠一, 眞鍋 淳, 下地 尚, 阿江 啓介, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 船内 雄生, 早川 景子, 高橋 拓也, 大川 淳, 川口 智義. 神経線維腫症I型に合併した悪性末梢神経鞘腫症例の検討. 第50回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2017.07.13 新宿

  890. 佐藤 信吾, 橋本 恭子, 砂村 聡子, 越智 広樹, 小柳 広高, 二口 充, 大川 淳. がん細胞が分泌するマイクロRNAが骨転移のタイプを規定する 造骨型骨転移を惹起する分泌型マイクロRNAの同定. 第50回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2017.07.13 新宿

  891. 田野 敦寛, 王 耀東, 福島 和之, 黒佐 義郎, 藤田 浩二, 大川 淳. PTH製剤による高齢者の大腿骨頸部骨折予防効果の検討 CT有限要素法による力学解析. 第43回 日本骨折治療学会 2017.07.07 郡山

  892. 王 耀東, 若林 良明, 黒佐 義郎, 藤田 浩二, 大川 淳. 非定型大腿骨骨折患者の大腿骨頸部骨折合併リスクの検討. 第43回 日本骨折治療学会 2017.07.07 郡山

  893. 王 耀東, 若林 良明, 黒佐 義郎, 藤田 浩二, 大川 淳. 非定型大腿骨骨折の発症高位別分類の検証. 第43回 日本骨折治療学会 2017.07.07 郡山

  894. 猪瀬 弘之, 高橋 晃, Mieradili Mulati, 大川 淳. 細胞周期制御因子Cbk1 は骨量維持及び骨癒合に必須である. 第3回 日本骨免疫学会 2017.06.27 石垣

  895. 王 耀東, 藤田 浩二, 若林 良明, 黒佐 義郎, 大川 淳. 大腿骨非定型骨折と顎骨壊死 非定型大腿骨骨折の発症高位別特徴 骨形態解析とCT有限要素法力学解析に基づいて. 第37回 日本骨形態計測学会 2017.06.22 大阪

  896. 猪瀬 弘之, 大川 淳. サルコペニアの頻度及びその腰椎疾患手術に与える影響. 第37回 日本骨形態計測学会 2017.06.22 大阪

  897. 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. CDK1は骨芽細胞の増殖、骨量維持及び骨折治癒に必須である. 第37回 日本骨形態計測学会 2017.06.22 大阪

  898. 大川 淳. 上肢・下肢の神経障害性疼痛を啓発する内容. 神経障害性疼痛インターネットシンポジウム 2017.06.20

  899. 加藤 剛, 大川 淳. 感染性心内膜炎を併発した頸椎化膿性脊椎炎の治療成績. 第40回 日本骨・関節感染症学会 2017.06.16 新宿

  900. 王 耀東, 田野 敦寛, 森下 幸治, 大友 庸裕, 大川 淳. Damage Control Orthopedics 大学病院併設の救命救急センターにおける整形外科・救急科連携型DCOの実践. 第31回 日本外傷学会総会・学術集会 2017.06.01 横浜

  901. 前川 唯, 王 耀東, 田野 敦寛, 大川 淳. 自殺企図外傷に対する診療アプローチの検討 整形外科医の目線から. 第31回 日本外傷学会総会・学術集会 2017.06.01 横浜

  902. 大川 淳. 上肢痛・下肢痛を伴った脊椎疾患の保存治療~臨床と倫理を含めて~. 第6回 府中市整形外科医会 2017.05.25

  903. 王 耀東, 田野 敦寛, 黒佐 義郎, 大川 淳. 重度下肢骨折の初期治療に用いた創外固定器をプレート固定の術野に持ち込んでよいのか. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  904. 瀬川 裕子, 星野 恭子, 木村 一恵, 長尾 ゆり, 林 雅晴, 八森 啓, 大川 淳. 瀬川病症例における整形外科受診歴の検討. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  905. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 藤田 浩二, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 関原 謙介, 渋谷 朝彦, 大川 秀一, 足立 善昭, 大川 淳. 超伝導量子干渉素子(SQUID)センサーを用いた尺骨神経電気刺激後の筋誘発磁界測定による筋活動の評価. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  906. 渡部 泰士, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 牛尾 修太, 足立 善昭, 大川 淳. 124ch SQUID磁束計を用いた胸郭出口部の神経電気活動の可視化. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  907. 湯浅 将人, 鳥越 一郎, 森下 真伍, 松倉 遊, 友利 正樹, 坂井 顕一郎, 佐々木 真一, 佐藤 浩一, 大川 淳, 新井 嘉容. LLIFケージ内ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体(HA/Col)の骨形成過程の特徴. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  908. 山田 剛史, 吉井 俊貴, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 透析脊椎手術の合併症. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  909. 佐々木 亨, 藤田 浩二, 宮本 崇, 二村 昭元, 鈴木 英嗣, 若林 良明, 大川 淳. 重症手根管症候群における神経伝達速度検査の有用性 第2虫様筋複合筋活動電位の検討. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  910. 吉井 俊貴, 平井 高志, 岩波 明生, 竹内 一裕, 森 幹士, 西村 空也, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 頸椎後縦靱帯骨化症患者における項靱帯骨化の併存と脊椎靱帯骨化傾向との関連性 多施設CT研究. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  911. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 宗田 大, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後の中・長期フォローにおけるステム周囲骨折の特徴. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  912. 平井 高志, 吉井 俊貴, 岩波 明生, 竹内 一裕, 森 幹士, 西村 空也, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 全脊椎重度骨化症例における骨化分布の調査 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study全脊椎CT多施設研究. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  913. 王 耀東, 若林 良明, 黒佐 義郎, 藤田 浩二, 大川 淳. 非定型大腿骨骨折の力学的発症メカニズムから導かれる新分類の検証. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  914. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 宗田 大, 大川 淳. 初回セメントレス人工股関節全置換術における第1世代と第2世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  915. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対する前方除圧固定術と椎弓形成術の前向き比較研究 術後10年長期報告. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  916. Toshitaka Yoshii , Takashi Hirai , Hiroyuki Inose , Tsuyoshi Yamada , Shigenori Kawabata , Atsushi Okawa . Intraoperative evaluation using mobile computed tomography in anterior cervical decompression for ossification of the posterior longitudinal ligament. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  917. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada , Takash Hirai i, Toshitaka Yoshii , Shigenori Kawabata , Atsushi Okawa . Bone turnover markers as a new predicting factor for non-union after spinal fusion surgery. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  918. 瀬川裕子、星野恭子、木村一恵、長尾ゆり、林雅晴、八森啓、大川淳. 瀬川病症例における整形外科受診歴の検討. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 日本整形外科学会

  919. 大川 淳. 脊柱靭帯骨化症-最近の話題. 第19回 奈良県整形外科研究会 2017.05.13

  920. 藤田浩二, 鏑木秀俊, 二村昭元, 宮本崇, 大川淳. 撓骨遠位端骨折患者は体幹バランスが低下している. 第60回 日本手外科学会 2017.04.27 名古屋

  921. 黒岩智之, 藤田浩二, 二村昭元, 宮本崇, 大川淳. 母指対立動作時の回内運動の動的測定 -正中神経麻痺による対立障害の新たな評価法の可能性-. 第60回 日本手外科学会 2017.04.27 名古屋

  922. 平井 高志, 吉井 俊貴, 西村 空也, 竹内 一裕, 森 幹士, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 全脊椎CT多施設研究によるOP index20以上の重度骨化症例における骨化局在パターンの検討 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・JOSL study. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  923. 山田 剛史, 吉井 俊貴, 山本 尚輝, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 頸部脊髄症手術患者における腰部脊柱管狭窄の共存(tandem spinal stenosis) 297例の検討. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  924. 吉井 俊貴, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 江川 聡, 大川 淳. 硬膜欠損を伴う脳表ヘモジデリン沈着症における欠損部同定(MRI balanced sequence法の有用性). 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  925. 平井 敬悟, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 大川 淳. 筋温存型棘突起間除圧術(muscle preserving interlaminar decompression)法の5年成績. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  926. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 富澤 將司, 山田 剛史, 友利 正樹, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体圧潰に対する片側後方進入椎体亜全摘再建術の有用性 多施設研究. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  927. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 江川 聡, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術(桐田-宮崎法)における骨移植による強直とアライメント変化の検討 術後5年経過例について. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  928. 森下 真伍, 新井 嘉容, 佐々木 真一, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 川畑 篤礼, 佐藤 浩一, 大川 淳. 腰椎硬膜外脂肪腫症(Lumbar Epidural Lipomatosis、LEL)と代謝性疾患の関連性. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  929. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎固定術における骨癒合予測因子の研究. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  930. 新井 嘉容, 佐々木 真, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 佐藤 浩一, 大川 淳. PLIF椎体間PEEKケージへのチタンコーティングの有用性 チタンコーティングPEEKとカーボンPEEKの前向き比較研究. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  931. 角谷 智, 沼野 藤希, 片山 隆之, 小森 博達, 四宮 謙一, 大川 淳  . Mini open-TLIFにおける椎弓根スクリューの挿入精度 経皮側VS Open側 同一症例の検討. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  932. 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方骨化浮上術における術中CTの有用性. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  933. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 江川 聡, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対して行われた前方除圧固定術における術後10年成績神経機能回復と隣接椎間障害発生の頻度. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  934. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 大川 淳. 頸椎多椎間前方除圧固定術後の軟部組織腫脹の増悪因子に関する検討. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  935. 平井 高志, 榎本 光裕, 山田 剛史, 谷山 崇, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症術後の難治性神経障害性疼痛を有する患者に対してNSAIDS内服療法とプレガバリン内服療法の治療効果の比較 ランダム化比較研究. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  936. 青木 隼人, 大谷 和之, 進藤 重雄, 水野 広一, 草野 和生, 三宅 論彦, 谷山 崇, 中井 修, 大川 淳. 成人脊柱変形に対する変形矯正固定術後の近位隣接部椎体骨折とX線パラメータとの関連について. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  937. 川端 茂徳, 牛尾 修太, 角谷 智, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 長谷川 由美, 渡部 泰士, 山賀 匠, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図による脊髄伝導障害の可視化 機能情報と形態画像との融合. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  938. 佐藤 啓, 山本 皓子, 加藤 剛, 王 耀東, 大川 淳. 当院におけるdual SC screw systemを用いた大腿骨頸部骨折の治療成績. 第57回 関東整形災害外科学会 2017.03.17 京橋

  939. 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎矯正固定術における隣接椎間障害に対する工夫. 第57回 関東整形災害外科学会 2017.03.17 京橋

  940. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宗田 大, 大川 淳. 長さの異なるwedge taper型ステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討. 第57回 関東整形災害外科学会 2017.03.17 京橋

  941. 森下 真伍, 鳥越 一郎, 佐々木 真一, 松倉 遊, 川畑 篤礼, 新井 嘉容, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対するLLIF手技による伸張型椎体置換cageの治療経験. 第57回 関東整形災害外科学会 2017.03.17 京橋

  942. 岡本 幹生, 吉井 俊貴, 大川 淳, 進藤 重雄, 中井 修. 当教室で経験し外科的治療で改善した胸椎arachnoid webの4例. 第57回 関東整形災害外科学会 2017.03.17 京橋

  943. 山本 皓子, 瀬川 裕子, 加藤 剛, 佐藤 啓, 神野 哲也, 大川 淳. 発育性股関節形成不全(DDH)治療後に遺残した寛骨臼形成不全に対する思春期での骨盤骨切り術の経験. 第57回 関東整形災害外科学会 2017.03.17 京橋

  944. 東川 尚人, 宮本 崇, 藤田 浩二, 佐々木 亨, 大川 淳. Bankart-Latarjet法の術後早期に関節唇再損傷をきたした柔道選手の1例. 第57回 関東整形災害外科学会 2017.03.17 京橋

  945. 大川 淳. 医療安全. 東京都臨床整形外科医会南多摩ブロック研修会 2017.03.11 八王子

  946. 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定. AMED 第2回 公開シンポジウム 脳を考える 2017.03.11 霞ヶ関

  947. 大川 淳. 大学病院に求められる医療安全とその対応. 第76回 茨城県厚生連病院学会 2017.03.04 つくば

  948. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第47回 日本人工関節学会 2017.02.24 沖縄

  949. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、宗田大、大川淳 . セメントレス人工股関節全置換術における応力遮蔽と大腿骨脆弱性骨折の関連性の検討. 第47回 日本人工関節学会 2017.02.24 沖縄

  950. 藤田浩二, 二村昭元, 宮本崇, 大川淳. MP 関節変形に伴う指交叉に対して、中手骨にModified Step-cut Osteotomy を施行した1 例. 第31回 東日本手外科研究会 2017.02.11 札幌

  951. 渡部 泰士,川端茂徳, 赤座実穂, 関原謙介, 牛尾修太, 足立義昭, 大川淳. 生体磁気計測装置を用いた胸郭出口から神経根までの神経活動の可視化. 第38回 脊髄機能診断研究会 2017.02.04 小石川 東京

  952. 川端茂徳, 牛尾 修太, 角谷 智, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 長谷川由貴, 渡部 泰士, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図による胸髄刺激後脊髄誘発磁界による脊髄障害高位診断. 第38回 脊髄機能診断研究会 2017.02.04 小石川 東京

  953. 大川 淳. 脊柱靱帯骨化症の最近の話題. 第4回 大分県整形外科・臨床整形外科医会 2017.02.04 大分

  954. 吉井俊貴, 平井高志, 山田剛史, 猪瀬弘之, 大川淳. 硬膜欠損に起因する脊髄・脳表へモジデリン沈着症. 第18回 圧迫性脊髄症研究会 2017.01.21 東京

  955. 平井高志, 吉井俊貴, 進藤重雄, 猪瀬弘之, 山田剛史, 川端茂徳, 中井修, 大川淳. 当教室で経験したArachnoid web の4 例. 第18回 圧迫性脊髄症研究会 2017.01.21 東京

  956. 川端茂徳,牛尾 修太, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 脊磁計による脊髄伝導障害部位診断. 第18回 圧迫性脊髄症研究会 2017.01.21 東京

  957. 請川 大, 正岡 智和, 川手 信行, 飯島 伸介, 星 忠成, 杉山 智子, 和田 義敬, 神野 哲也, 酒井 朋子, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 森田 定雄, 大川 淳. ポリオに伴う右下肢麻痺後、健側下肢に神経根症を発症した腰部脊柱管狭窄症患者に手術的加療を行った一例. 第65回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2016.12.10 つくば

  958. 公平 勇二, 平尾 昌之, 神野 哲也, 大川 淳, 門野 夕峰, 池上 政周. 人工股関節全置換術の術後成績における主観および客観的評価についての検討. 関東整形災害外科学会雑誌 2016.12

  959. 高田亮平、神野哲也、堤祐介、土居壽、塙隆夫、大川淳. ジルコニウムコーティングを施したチタン合金の生体内骨形成抑制効果. 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016 2016.11.21 福岡

  960. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、宗田大、大川淳. 寛骨臼形成不全股に伴う骨盤側骨嚢胞の人工股関節全置換術術後形態変化. 第43回 日本股関節学会学術集会 2016.11.04 大阪

  961. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、瀬川裕子、古賀大介、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における異なるwedge taper型ステムの画像比較. 第43回 日本股関節学会学術集会 2016.11.04 大阪

  962. 平井高志、吉井俊貴、猪瀬弘之、山田剛史、江川 聡、加藤 剛、大川 淳. 頚椎症性脊髄症に対する前方除圧固定術と椎弓形成術の前向き比較研究-術後10年 長期報告 臨床、画像成績の比較 . 第25回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2016.10.28 長崎

  963. 吉井俊貴、坂井顕一郎、富澤將司、平井高志、山田剛史、友利正樹、加藤 剛、江川 聡、新井嘉容、大川 淳. 骨粗鬆症性椎体圧潰に対する片側後方進入椎体亜全摘・再建術の有用性 -多施設研究-. 第25回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2016.10.28 長崎

  964. 江川 聡、吉井俊貴、猪瀬弘之、平井高志、山田剛史、川端茂徳、大川淳. 頚椎多椎間前方除圧固定術後の軟部組織腫脹に関する検討 -頚椎後縦靱帯骨化症と 他疾患の比較- . 第25回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2016.10.28 長崎

  965. 牛尾修太、平井高志、吉井俊貴、猪瀬弘之、山田剛史、江川 聡、大川 淳. 腰椎前外側椎体間固定術(OLIF: Oblique Lateral Inter-body Fusion)に対する術中 神経モニタリングの導入と当科での工夫 . 第25回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2016.10.28 長崎

  966. 猪瀬弘之、山田剛史、平井高志、吉井俊貴、大川淳. 脊椎インストゥルメンテーションにおける骨癒合遷延の予測因子の検討 . 第25回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2016.10.28 長崎

  967. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 関原 謙介, 渋谷 朝彦, 福井 崇人, 大川 秀一, 大川 淳. 常温で使用可能な磁気センサーを用いた筋誘発磁界測定. 第46回 臨床神経生理学会 2016.10.27 福島

  968. 渡部 泰士, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 牛尾 修太, 足立 善昭, 大川 淳. ベクトル型SQUID磁束計を用いた胸郭出口部の神経活動の可視化. 第46回 臨床神経生理学会 2016.10.27 福島

  969. 川端 茂徳, 角谷 智, 牛尾 修太, 大川 淳. 術中脊髄機能モニタリングの現状と問題点 経頭蓋刺激筋誘発電位、経頭蓋刺激脊髄誘発電位、spontaneous EMGによる術中脊髄モニタリング. 第46回 臨床神経生理学会 2016.10.27 福島

  970. 大川 淳. 新専門医制度のしくみと指導における留意点. 第13回研修指導者講習会 2016.10.14

  971. 鈴木 若奈, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. ラット骨格筋圧挫損傷モデルにおいて、高圧高酸素環境はマクロファージを誘導し、細胞増殖と筋再生を促進する. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  972. 鷲見 晶, 鏑木 秀俊, 平井 高志, 大川 淳, 榎本 光裕. 神経障害性疼痛モデルにおける腰部後根神経節での電位依存性ナトリウムおよびカルシウムチャネルα2δサブユニットの役割. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  973. 藤田 浩二, 鏑木 秀俊, 二村 昭元, 宮本 崇, 若林 良明, 志村 治彦, 松山 嘉彦, 大沼 円, 佐々木 研, 関 康弘, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折患者の運動能力解析. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  974. 韋 雪濤, 安田 裕亮, 松本 連平, 渡辺 元, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 大川 淳, 早乙女 進一. 注入可能なHAp/Colペーストによる骨癒合促進効果に関する検討. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  975. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 渡部 泰士, 関原 謙介, 渋谷 朝彦, 大川 秀一, 大川 淳. 超伝導量子干渉素子(SQUID)センサーを用いた筋誘発磁界測定による筋活動の評価. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  976. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 関原 謙介, 渋谷 朝彦, 大川 秀一, 角谷 智, 大川 淳. 常温使用可能な磁気抵抗効果(MR)素子センサーを用いた筋誘発磁界測定による筋活動評価. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  977. 松本 連平, 安田 裕亮, 韋 雪濤, 山田 剛史, 吉井 俊貴, 大川 淳, 早乙女 進一. ラット正常大腿骨にパクリタキセル含浸HAp/Colを移植した際の長期の骨形成評価. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  978. 齊藤 正徳, 猪瀬 弘之, 大川 淳. Cdk1は骨格形成に必須である. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  979. 佐藤 信吾, Alman Benjamin, 竹田 秀, 大川 淳. 骨・軟部肉腫の起源と下垂体腫瘍の起源は同一か. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  980. 辻 邦和、関矢 一郎、大川 淳、宗田大. PDGFにより活性化される細胞内PI3K-PDK1-Aktシグナル経路は、滑膜由来間葉系幹細胞の増殖と分化を共に促進する. 第31回日本整形外科基礎学会 2016.10.13

  981. 鏑木 秀俊, 藤田 浩二, 二村 昭元, 宮本 崇, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折患者の体幹バランス、骨粗鬆症評価 脆弱性骨折の二次予防を目指して. 第18回 日本骨粗鬆症学会 2016.10.06 仙台

  982. 竹村 昌敏, 松山 嘉彦, 藤田 浩二, 大川 淳. 当院で治療した大腿骨近位部脆弱性骨折159例における骨粗鬆症介入についての後ろ向き調査. 第18回 日本骨粗鬆症学会 2016.10.06 仙台

  983. 猪瀬 弘之, 大川 淳. サルコペニアの病態における腰椎疾患の関与. 第18回 日本骨粗鬆症学会 2016.10.06 仙台

  984. 公平勇二、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、神野哲也、大川淳. 人工股関節全置換術の術後成績における主観及び客観的評価についての検討. 第682回 関東整形災害外科学会月例会 整形外科集団会東京地方会 2016.09.24

  985. 三浦 雄悟, 藤田 浩二, 二村 昭元, 若林 良明, 大川 淳. 外傷性大腿神経断裂に対して両側腓腹神経移植を行った1例. 第65回 東日本整形災害外科学会 2016.09.22 箱根

  986. 田中 寛来, 江川 聡, 川端 茂徳, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 大川 淳. 手術治療を行ったovershunting associated myelopathy(OSAM)の一例 血流変化から見た病態の考察. 第65回 東日本整形災害外科学会 2016.09.22 箱根

  987. 竹村 昌敏, 松山 嘉彦, 藤田 浩二, 大川 淳. 当院で治療した大腿骨近位部脆弱性骨折155例における骨粗鬆症介入についての後ろ向き調査. 第65回 東日本整形災害外科学会 2016.09.22 箱根

  988. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット下腿筋圧挫損傷後の血管透過性を改善し、腫脹を軽減する. 第42回 日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2016.09.16 札幌

  989. 大川 淳. 上肢痛・下肢痛を伴った脊椎疾患の保存治療. 第24回 日本腰痛学会 2016.09.02 甲府

  990. 平井高志、吉井俊貴、猪瀬弘之、山田剛史、大川 淳. 腰椎変性疾患に対する固定術の再手術例における腰痛・下肢痛の残存評価~単回手術症例と比較して~ . 第24回 日本腰痛学会 2016.09.02 甲府

  991. 吉井俊貴、坂井顕一郎、平井高志、山田剛史、猪瀬弘之、友利正樹、加藤剛、新井嘉容、大川淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方単独進入脊柱再建術 . 第24回 日本腰痛学会 2016.09.02 甲府

  992. 牛尾修太, 川端茂徳,角谷智,請川大, 加藤剛, 吉井俊貴,山田剛史, 猪瀬弘之, 榎本光裕, 大川淳. 脊磁計による健常成人の馬尾伝導速度の非侵襲的機能評価 . 第24回 日本腰痛学会 2016.09.02 甲府

  993. 猪瀬弘之、 山田剛史、平井高志、吉井俊貴、川端茂徳、大川淳. 腰椎疾患におけるサルコペニアの関与及びその治療成績への影響 . 第24回 日本腰痛学会 2016.09.02 甲府

  994. 王 耀東、若林 良明、黒佐 義郎、藤田 浩二、大川 淳. CT有限要素法による大腿骨骨幹部の荷重ストレス解析-非定型大腿骨骨折の力学的発症要因解明への試行錯誤-. 第7回 MECHANICAL FINDERユーザー研究会 2016.07.16 東京

  995. 大川 淳. 新専門医制度のしくみと指導における留意点. 第12回研修指導者講習会 2016.07.15

  996. 小柳 広高, 下地 尚, 川畑 篤礼, 南雲 吉祥, 石川 文隆, 大川 淳, 眞鍋 淳. がん骨転移症例における血清アルカリフォスファターゼ値の検討. 第49回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2016.07.14 水道橋

  997. 佐藤 信吾, 平井 高志, 請川 大, 松本 誠一, 竹田 秀, 大川 淳. 医歯学融合集学的骨転移診療体制構築による緊急手術削減効果. 第49回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2016.07.14 水道橋

  998. 王 耀東, 大川 淳. 下肢外傷後の慢性感染に対する診療アプローチ 荷重肢として機能している場合にどうするか. 第39回 日本骨・関節感染症学会 2016.07.08 岡山

  999. 王 耀東, 若林 良明, 黒佐 義郎, 藤田 浩二, 大川 淳. 非定型大腿骨骨折は疲労骨折である 非定型大腿骨骨折の発症機序を証明するCT有限要素解モデルの開発. 第42回 日本骨折治療学会 2016.07.01 新宿 東京

  1000. 王 耀東, 黒住 健人, 新藤 正輝, 藤田 浩二, 大川 淳. 経肘頭脱臼骨折に対する手術アプローチの工夫. 第42回 日本骨折治療学会 2016.07.01 新宿 東京

  1001. 田野 敦寛、王 耀東、黒佐 義郎、福島 和之、鈴木 聡、加来 拓実、大川 淳. 骨盤輪骨折の経皮的スクリュー固定における“tangential view”の試用―CT 画像による術前計画― . 第42回 日本骨折治療学会 2016.07.01 新宿

  1002. 山本皓子、神野 哲也、瀬川 裕子、木村 晶理、高田 亮平、平尾 昌之、加藤 剛、宗田 大、大川 淳. 発育性股関節形成不全(脱臼)治療後に遺残した寛骨臼形成不全に対する思春期での骨盤骨切り術の経験. 第55回 日本小児股関節研究会 2016.06.24 岡山

  1003. 瀬川裕子、西須孝、柿﨑潤、及川泰宏、山口玲子、坂本優子、山崎貴弘、品川知司、亀ヶ谷真琴、森田光明、都丸洋平、神野哲也、大川淳. 当科におけるOverhead traction法の短期成績. 第55回 日本小児股関節研究会 2016.06.24 岡山

  1004. 猪瀬 弘之, 高橋 晃, 大川 淳. Cdk1は内軟骨性骨化において必須である. 第36回 日本骨形態計測学会 2016.06.23 新潟

  1005. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 星野 優子, 関原 謙介, 渡部 泰士, 山賀 匠, 足立 善昭, 小森 博達, 四宮 謙一, 大川 淳. Magnetospinographyによる頸椎椎間孔機能評価. 第31回 日本生体磁気学会大会 2016.06.09 金沢

  1006. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 関原 謙介, 渋谷 朝彦, 福井 崇人, 大川 秀一, 大川 淳. 常温使用可能な磁気抵抗効果(MR)素子センサーによる筋誘発磁界測定と筋活動の可視化. 第31回 日本生体磁気学会大会 2016.06.09 金沢

  1007. 大川 淳. 医学教育と新専門医制度. 第53回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2016.06.09 京都

  1008. 榎本 光裕, 柳下 和慶, 請川 大, 森田 定雄, 大川 淳. 高齢者慢性腰痛と前屈時腰背筋活動の関係. 第53回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2016.06.09 京都

  1009. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 請川 大, 関原 謙介, 渡部 泰士, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁計による20代から60代健常人の非侵襲的腰部神経活動評価. 第31回 日本生体磁気学会大会 2016.06.09 金沢

  1010. 請川大、森田 定雄、神野 哲也、酒井 朋子、瀬川 裕子、榎本 光裕、大川 淳  . 下肢症状が主症状の頚椎症性脊髄症患者に対する術前機能診断及び術後リハビリテーションの有用性. 第53回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2016.06.09 京都

  1011. 大川 淳. 新専門医制度のしくみと指導における留意点. 第11回研修指導者講習会 2016.05.15

  1012. 岩波 明生, 西村 空也, 平井 高志, 吉井 俊貴, 竹内 一裕, 森 幹士, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治, 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班. 頸椎後縦靱帯骨化症患者における全脊椎CTを用いた前縦靱帯骨化の評価 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設研究. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1013. 王 耀東, 若林 良明, 黒佐 義郎, 藤田 浩二, 大川 淳. 高齢女性の大腿骨骨幹部彎曲変形には低身長や低骨密度が関与するのか 非定型大腿骨骨折の発症要因の観点より. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1014. 今釜 史郎, 安藤 圭, 竹内 一裕, 加藤 仁志, 竹下 克志, 松山 幸弘, 渡邉 航太, 松本 守雄, 吉井 俊貴, 大川 淳. 胸椎後縦靱帯骨化症の手術成績 多施設前向き研究. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1015. 江川 聡, 吉井 俊貴, 黒佐 義郎, 川端 茂徳, 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 福島 和之, 平井 高志, 山田 剛史, 大川 淳. CT再構成を用いた術中透視の再現によるS2 alar-Iliac screwの挿入方法の検討 至適位置とSAI axis viewによる挿入方法の正確性. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1016. 平尾 昌之, 神野 哲也, 木村 晶理, 高田 亮平, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1017. 瀬川 裕子, 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 冨田 誠, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 変形性股関節症により人工股関節全置換術を受けた患者は小児期の予防的手術を勧めるか. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1018. 平井 高志, 吉井 俊貴, 岩波 明生, 竹内 一裕, 森 幹士, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 頸椎後縦靱帯骨化症患者における全脊椎CTを用いた全脊椎後縦靱帯骨化の評価 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設研究. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1019. 猪瀬 弘之, 齊藤 正徳, 大川 淳. 細胞周期制御因子による軟骨細胞増殖・分化の調節機構. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1020. 川端 茂徳, 加藤 剛, 榎本 光裕, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 牛尾 修太, 江川 聡, 大川 淳. CT、MRIのDICOMデータを用いた採型不要の硬性コルセット作製. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1021. 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 牛尾 修太, 榎本 光裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する経椎弓根的椎体造影vertebrographyによる椎体形成術術後予測. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1022. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 平井 高志, 大川 淳. サルコペニアの病態における腰椎疾患の関与. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1023. 瀬川 裕子, 神野 哲也, 古賀 大介, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 寛骨臼形成不全症例における小児期治療歴と股関節形態の検討. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1024. 吉井 俊貴, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊椎後方手術における術野消毒液の検討 前向き比較試験. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1025. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 異なる高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1026. 神野 哲也, 青田 恵郎, 阿部 功, 古賀 大介, 大橋 寛憲, 瀬川 裕子, 平尾 昌之, 高田 亮平, 大川 淳, 宗田 大. 変形性股関節症ガイドライン 変形性股関節症診療ガイドライン 病態. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1027. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Investigation of predicting factors for nonunion after spinal fusion . 第89回 日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1028. 吉井俊貴、平井高志、山田剛史、猪瀬弘之、加藤剛、川端茂徳、大川淳. A prospective, randomized study comparing selective laminectomy and conventional laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy . 第89回 日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  1029. 大川 淳, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 加藤 剛, 川端 茂徳, 坂井 顕一郎. K-line(-)の頸椎OPLLでは前方骨化浮上法が第一選択術式である. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1030. 吉井 俊貴, 平井 高志, 坂井 顕一郎, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 走行型術中CTを使用した頸椎椎弓根スクリュー挿入 fluoroscopy側面透視下挿入との精度の比較. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1031. 猪瀬 弘之, 齋藤 正徳, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 後縦靱帯骨化症の進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1032. 平井 高志, 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 谷山 崇, 佐藤 浩一, 大川 淳. Modified K-lineを用いて脊髄前方クリアランスが4mm未満の大きな脊髄前方圧迫がある頸椎症性脊髄症に対しての前方法と後方法の治療成績の比較. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1033. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 請川 大, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計による健常成人の馬尾神経活動の非侵襲的機能評価. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1034. 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定 経過報告. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1035. 岩波 明生, 西村 空也, 平井 高志, 吉井 俊貴, 竹内 一裕, 森 幹士, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 頸椎後縦靱帯骨化症患者における全脊椎CTを用いた前縦靱帯骨化の評価 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設研究. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1036. 平井 高志, 吉井 俊貴, 岩波 明生, 竹内 一裕, 森 幹士, 山田 剛史, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 頸椎後縦靱帯骨化症患者における全脊椎CTを用いた全脊椎後縦靱帯骨化の評価 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設研究. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1037. 吉井 俊貴, 平井 高志, 岩波 明生, 竹内 一裕, 森 幹士, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 頸椎後縦靱帯骨化症患者における項靱帯骨化の併存と脊椎靱帯骨化傾向との関連性 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設CT研究. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1038. 森 幹士, 吉井 俊貴, 平井 高志, 岩波 明生, 竹内 一裕, 中村 雅也, 松本 守雄, 大川 淳, 川口 善治. 頸椎後縦靱帯骨化症患者における全脊椎CTを用いた棘上・棘間靱帯骨化の評価 厚労科研脊柱靱帯骨化症研究班・多施設研究. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1039. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. サルコペニアの病態における腰椎疾患の関与. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1040. 江川 聡, 吉井 俊貴, 黒佐 義郎, 川端 茂徳, 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 福島 和之, 平井 高志, 山田 剛史, 大川 淳. 透視下SAI axis viewによるS2 Alar-Iliac screw挿入の正確性の検討 CT再構成により再現した仮想透視像を用いて. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  1041. 吉井俊貴、平井高志、山田剛史、猪瀬弘之、加藤剛、大川淳. A prospective comparative study in surgical preparation solutions for posterior spine surger-ies:Chlorhexidine-gluconate ethanol vs povidoneiodine . 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張

  1042. 野呂瀬 美生, 王 耀東, 大川 淳. 寛骨臼骨折の術中整復操作により止血困難な上臀動脈損傷をきたした1例. 第56回 関東整形災害外科学会 2016.03.25 品川 東京

  1043. 田中 寛来, 平井 高志, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎変性疾患手術の再手術例における疼痛の残存評価 単回手術症例と比較して. 第56回 関東整形災害外科学会 2016.03.25 品川 東京

  1044. 藤井 俊一, 吉井 俊貴, 平井 高志, 加藤 剛, 大川 淳. 頸椎前方術後血腫による上気道閉塞. 第56回 関東整形災害外科学会 2016.03.25 品川 東京

  1045. 天野 祐輔, 宗田 大, 大川 淳, 関矢 一郎. 人工膝関節全置換術の術後疼痛コントロールの検討 皮下PCAの除痛効果とその有用性. 第56回 関東整形災害外科学会 2016.03.25 品川 東京

  1046. 川端茂徳、大川淳 、加藤剛、吉井俊貴 、猪瀬弘之 、牛尾修太 、江川 聡 、野邊吏司 、奥野雅大. CT, MRIデータを利用したCAD/CAMによる硬性コルセット作製. 第10回 日本CAOS研究会 2016.03.24 愛知

  1047. 猪瀬弘之 、加藤剛、山田剛史、平井高志、吉井俊貴、川端茂徳、大川淳. 整形外科医の立場からの骨粗鬆症治療について. 東とうきょう骨粗しょう症フォーラム 2016.03.11 御茶ノ水

  1048. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、木村晶理、平尾昌之、宗田大、大川淳. 熱処理法の異なる二種の高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討. 第46回 日本人工股関節学会 2016.02.26 大阪

  1049. 平尾昌之、神野哲也、木村晶理、高田亮平、森田定雄、宗田大、大川淳. 異なる長さのステムを用いた両側人工股関節全置換術の短期成績. 第46回 日本人工股関節学会 2016.02.26 大阪

  1050. 木村晶理、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 京セラPerFixステム・AMSシェルを用いた人工股関節全置換術の長期成績. 第46回 日本人工股関節学会 2016.02.26 大阪

  1051. 平井高志、吉井俊貴、猪瀬弘之、山田剛史、江川 聡、加藤 剛、川端茂徳、大川 淳. 当院における圧迫性頚髄症対す手術の再率ついて. 第17回 圧迫性脊髄症研究会 2016.01.23 東京

  1052. 江川 聡、吉井俊貴、猪瀬弘之、平井高志、山田剛史、川端茂徳、大川淳. Overshunting associated myelopathyと思われる上位頚髄障害により歩行を呈した一例. 第17回 圧迫性脊髄症研究会 2016.01.23 東京

  1053. 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎内視鏡手術における3D converter、ヘッドマウントモニターの使用経験. 第8回 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会学術集会 2015.12.19 文京区

  1054. 高田亮平、神野哲也、堤祐介、土井壽、塙隆夫、大川淳. ジルコニウムコーティング・チタン合金の生体内骨形成抑制効果の検討. 第35回 整形外科バイオマテリアル研究会 2015.12.12 御茶ノ水

  1055. 吉井 俊貴, 早乙女 進一, 平井 高志, 山田 剛史, 加藤 剛, 大川 淳. 頚椎後縦靭帯骨化症に対する多孔質hydroxyapatite を使用した前方椎体亜全摘固定術の手術成績―自家腓骨移植との比較―. 第35 回整形外科バイオマテリアル研究会 2015.12.12 御茶ノ水

  1056. 松本連平, 早乙女進一, 安田裕亮, 吉井俊貴, 山田剛史, 大川淳. 正常ラット大腿骨へのパクリタキセル含浸HAp/Col 移植実験. 第35 回整形外科バイオマテリアル研究会 2015.12.12 御茶ノ水

  1057. 瀬川裕子、神野哲也、古賀大介、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 寛骨臼形成不全症例における小児期治療歴と股関節形態の検討. 第26回 日本小児整形外科学会学術集会 2015.12.04 岐阜

  1058. 猪瀬 弘之, 斎藤 正徳, 大川 淳. 細胞周期制御因子による骨格形成の調節機構. 第38 回日本分子生物学会年会・第88 回日本生化学会大会 2015.12.01 神戸

  1059. 大川 淳. 脊椎外科領域における人工骨の利用. 第18 回 日本低侵襲脊椎外科学会 2015.11.26 品川

  1060. 牛尾修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計による体表からの術前胸髄障害部位診断. 第50 回日本脊髄障害医学会 2015.11.19 高輪

  1061. 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 高占拠率頚椎後縦靱帯骨化症に対する手術治療 前方除圧固定術と後方除圧固定術の比較-多施設研究. 第50 回日本脊髄障害医学会 2015.11.19 高輪

  1062. 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 硬膜欠損を伴う特発性脳表ヘモジデリン沈着症の画像診断. 第50 回日本脊髄障害医学会 2015.11.19 高輪

  1063. 平井高志 吉井俊貴 山田剛史 猪瀬弘之 加藤剛 川端茂徳 大川淳. 腰椎変性疾患手術の再手術例における腰痛・下肢痛の残存評価~単回手術症例と比較して~. 第23 回日本腰痛学会 2015.11.14 東京

  1064. 川端茂徳、加藤 剛、榎本 光裕、吉井 俊貴、猪瀬 弘之、山田 剛史、角谷 智、牛尾 修太、大川 淳. CT、MRI データを用いた採型不要の硬性体幹装具の製作. 第23 回日本腰痛学会 2015.11.14 東京

  1065. 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定ー 経過報告 ー. 第23 回日本腰痛学会 2015.11.14 東京

  1066. 加藤 剛, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 平井高志,  山田剛史, 榎本光裕, 川端茂徳, 大川 淳 . 骨粗鬆症性椎体骨折偽関節に 対する経椎弓根的椎体造影による椎体形成術術前評価. 第23 回日本腰痛学会 2015.11.14 東京

  1067. 吉井 俊貴, 大川 淳. CT ミエログラフィー機能撮影を用いた頚椎後縦靱帯骨化症における脊髄圧迫の動態評価. 第42 回日本臨床バイオメカニクス学会 2015.11.13 御茶ノ水

  1068. 山田剛史、吉井俊貴、加藤剛、大川淳. インストルメンテーションを含む透析脊椎手術の合併症. 第24回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2015.11.07 新潟

  1069. 小柳津卓哉、榎本光裕、大川淳、柳下和慶. 高気圧酸素治療の早期介入はラット下腿筋圧挫損傷後の腫脹を改善させる. 第26 回 日本臨床スポーツ医学会学術集会 2015.11.07 神戸

  1070. 平井高志 吉井俊貴、猪瀬弘之、加藤剛、川端茂徳、大川 淳. 腰椎変性疾患手術の再手術率について -固定術と除圧術との比較検討. 第24 回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2015.11.06 新潟

  1071. 江川 聡, 吉井俊貴, 加藤剛 , 平井高志, 山田剛史, 大川淳. S2 Alar-Iliac screw の透視下刺入法の検討; CT 解析による至適挿入位置とSAI axis view を用いた挿入方法の正確性の評価. 第24 回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2015.11.06 新潟

  1072. 吉井 俊貴, 平井 高志, 山田 剛史, 江川 聡, 加藤 剛, 大川 淳. 脊椎手術における術野消毒液の検討 前向きランダム化比較試験. 第24 回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2015.11.06 新潟

  1073. 吉井 俊貴, 平井 高志, 山田 剛史, 江川 聡, 加藤 剛, 大川 淳. 特発性首下がり症のX 線学的特徴とメカニズム. 第24 回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2015.11.06 新潟

  1074. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊髄・神経根機能診断の最近の進歩 脊磁計による脊髄機能評価. 第45回 日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  1075. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. trainの複数回刺激による経頭蓋刺激筋誘発電位測定(BR-MSEP)の波形安定性と導出率の改善効果. 第45 回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  1076. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、平尾昌之、宗田大、大川淳. コンピュータ断層撮影はクロスリンクポリエチレン人工股関節全置換術術後の骨溶解検出に有用か. 第42回 日本股関節学会学術集会 2015.10.30 大阪

  1077. 木村晶理、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 大腿骨座標系における骨頭中心の3次元的な位置がTHA術前後にどう変化するか. 第42回 日本股関節学会学術集会 2015.10.30 大阪

  1078. 平尾昌之、神野哲也、木村晶理、高田亮平、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. セメントレス人工股関節全置換術後の大腿骨脆弱性骨折の特徴. 第42回 日本股関節学会学術集会 2015.10.30 大阪

  1079. 瀬川裕子、神野哲也、古賀大介、麻生義則、冨田誠、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 変形性股関節症により人工股関節全置換術を受けた患者は小児期の予防的手術を勧めるか?. 第42回 日本股関節学会学術集会 2015.10.30 大阪

  1080. 齊藤 正徳, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 榎本 光裕, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 請川 大, 早乙女 進一, 大川 淳. 脊髄靱帯骨化の発症機序の解明 OPLLの進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1081. 高田 亮平, 神野 哲也, 堤 祐介, 土井 壽, 塙 隆夫, 大川 淳. ジルコニウムコーティング・チタン合金の生体内骨形成抑制効果の検討. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1082. 麻生 義則, Maierhaba Ailixiding, Zulipiya Aibibula, 朴 金瑛, 古賀 大介, 大川 淳, 森田 定雄. メタボリックシンドロームと変形性膝関節症のクロストークにおけるサーチュイン遺伝子Sirt6の機能解析. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1083. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計による中高年健常者の馬尾神経の非侵襲的機能評価. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1084. 麻生 義則, Zulipiya Aibibula, Maierhaba Ailixiding, 朴 金瑛, 金 光文, 古賀 大介, 大川 淳. 高脂肪食誘導性変形性膝関節症におけるキサンチンオキシダーゼ(XOR)の機能解析. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1085. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境は骨格筋圧挫損傷後の腫脹を改善し、組織酸素分圧の低下を防止する. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1086. 藤田 浩二, 大川 淳. 骨細胞・骨芽細胞の細胞間接触は互いの分化を促進する. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1087. 湯浅 将人, Mignemi Nicholas, 吉井 俊貴, 大川 淳, Schwartz Herbert, Schoenecker Jonathan. 骨折治癒課程における時間的空間的血管新生パターンの検証. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1088. 湯浅 将人, Mignemi Nicholas, 吉井 俊貴, 大川 淳, Schwartz Herbert, Schoenecker Jonathan. 骨折治癒における凝固線溶系の役割の解析. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1089. 鏑木 秀俊, 榎本 光裕, 伊奈 沙織, 平井 高志, 若林 良明, 横田 隆徳, 大川 淳. 末梢神経損傷モデルにおける後根神経節でのカルシウムチャネルα2δサブユニットの発現変化. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1090. 平井 高志, Spigelman Igor, 大川 淳, 西村 一郎. Nav1.8 mRNAの新たなvariantの発見と軸索輸送との関連. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1091. 山田剛史、早乙女進一、安田裕亮、松本連平、吉井俊貴、大川淳. 骨髄由来間葉系幹細胞(BMSC)の質-骨形成抑制因子候補EphA5が果たす役割と発現のメカニズム-. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1092. 王耀東、若林良明、黒佐義郎、藤田浩二、大川淳. 非定型大腿骨骨折の発症要因および治療上の留意点-CT有限要素法による力学解析を基に-. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22

  1093. 松本連平, 早乙女進一, 安田裕亮, 吉井俊貴, 山田剛史, 大川淳. Rat 正常大腿骨へのパクリタキセル含浸人工骨(HAp col)移植. 第30 回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  1094. 佐々木 真一, 沼野 藤希, 小森 博達, 平井 敬悟, 浅野 浩司, 若林 良明, 四宮 謙一, 大川 淳. 低侵襲腰椎後方椎体間固定術(Mini-open TLIF)の中期成績. 第51回日本赤十字社医学学会総会 2015.10.16 北海道

  1095. 越智 広樹、馬 成山、福田 亨、砂村 聡子、大川 淳、竹田 秀. グレリンは骨芽細胞に作用し骨形成を促進する. 第36回日本肥満学会 2015.10.03 名古屋国際会議場、名古屋市

  1096. 藤田浩二, 大川淳. 骨検体からのヒト成熟骨芽細胞抽出法の開発と成熟骨芽細胞における遺伝子発現の解析. 第17 回日本骨粗鬆症学会 2015.09.17 広島

  1097. 猪瀬 弘之, 大川 淳. サルコペニアの病態における腰椎疾患の関与. 第17 回日本骨粗鬆症学会 2015.09.17 広島

  1098. 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 湯浅 将人, 角谷 智, 佐藤 浩一, 大川 淳. 間接除圧に着目した腰椎すべり症に対するOLIFの有用性 Xstopとの比較. 第64回 東日本整形災害外科学会 2015.09.11 福島

  1099. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. ラット下腿筋圧挫損傷後に対する高気圧酸素の効果. 第41回 日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2015.09.11 京都

  1100. 江川 聡, 吉井 俊貴, 黒佐 義郎, 川端 茂徳, 加藤 剛, 福島 和之, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 大川 淳. S2 Alar-Iliac screwの正確簡便な刺入方法 CT解析による至適挿入位置と透視下SAI axis viewを用いた挿入方法の正確性の検討. 第64回 東日本整形災害外科学会 2015.09.11 福島

  1101. 小山 恭史, 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 大谷 和之, 三宅 論彦, 片山 隆之, 中井 修, 大川 淳. 環軸椎関節症の診断と治療. 第64回 東日本整形災害外科学会 2015.09.11 福島

  1102. 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 角谷 智, 橋本 淳, 佐藤 浩一, 大川 淳. 腰椎後方椎体間固定術(PLIF)における新しい人工骨 多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン(HAp/Col)の有用性. 第64回東日本整形災害外科学会 2015.09.11 福島

  1103. 天野 祐輔, 神野 哲也, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 大川 淳, 宗田 大. 人工股関節再置換術におけるドレーン先端培養の意義. 第64回東日本整形災害外科学会 2015.09.11 福島

  1104. 友利 正樹, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 湯浅 将人, 角谷 智, 橋本 淳, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症に対する後方除圧術後のsagittal alignment変化. 第64回 東日本整形災害外科学会 2015.09.11 福島

  1105. 橋本 淳, 友利 正樹, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 湯浅 将人, 角谷 智, 佐藤 浩一, 大川 淳. 不安定性を伴う外傷性頸椎後彎症に対する手術治療の経験. 第64回 東日本整形災害外科学会 2015.09.11 福島

  1106. 富澤 將司, 志村 治彦, 仲津留 恵日, 串田 淑久, 大川 淳, 吉井 俊貴. 後方進入椎体摘出術後の深部感染に対して抗生剤含有セメントスペーサーを用いて感染制御を行った1例. 第64回 東日本整形災害外科学会 2015.09.11 福島

  1107. 越智 広樹、馬 成山、福田 亨、砂村 聡子、大川 淳、竹田 秀. グレリンは骨芽細胞に作用し骨形成を促進する (ポスター). 第1回Neo Vitamin D Workshop学術集会 2015.08.28 大津プリンスホテル、大津市

  1108. 越智 広樹、馬 成山、福田 亨、砂村 聡子、大川 淳、竹田 秀. グレリンは骨芽細胞に作用し骨形成を促進する. 第1回Neo Vitamin D Workshop学術集会 2015.08.28 大津プリンスホテル、大津市

  1109. 藤田浩二, 大川淳. 骨検体からのヒト成熟骨芽細胞抽出法の開発と成熟骨芽細胞における遺伝子発現の解析. 第33 回 日本骨代謝学会学術集会 2015.07.23 新宿

  1110. 佐藤 信吾, 澤村 千草, 松本 誠一, 竹田 秀, 大川 淳. 骨転移治療の院内連携 医歯学融合集学的骨転移診療体制の確立と骨転移早期発見の取り組み. 第48 回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2015.07.09 香川

  1111. 早乙女 進一, 阿江 啓介, 下地 尚, 谷澤 泰介, 五木田 茶舞, 船内 雄生, 澤村 千草, 佐藤 信吾, 大川 淳, 松本 誠一. 新規骨補填材-多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col)移植部の1年以上の経過. 第48 回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2015.07.09 香川

  1112. 徐成、福田亨、越智広樹、佐藤信吾、砂村聡子、馬成山、許レン、大川淳、竹田秀. 骨吸収における概日時計システムの役割. 第15回東京骨関節フォーラム 2015.07.04 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター

  1113. 加藤 剛, 柳下 和慶, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 不全対麻痺を呈する多発神経鞘腫患者に発症したフルニエ壊疽の治療経験. 第38回 日本骨・関節感染症学会 2015.07.03 香川

  1114. 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的治療指針の策定 研究経過報告. 第41回日本骨折治療学会 2015.06.26 奈良

  1115. 瀬川裕子、神野哲也、古賀大介、麻生義則、冨田誠、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 変形性股関節症に対し人工股関節全置換術を受けた患者へのアンケート調査 — 小児期股関節手術への意識調査 −. 第54回 日本小児股関節研究会 2015.06.26 東京

  1116. 田野敦寛、王耀東、黒佐義郎、福島和之、大川淳. 脛骨髄内釘の遠位横止めスクリューによる遠位脛腓関節障害の検討. 第41回日本骨折治療学会 2015.06.26

  1117. 王耀東、若林良明、黒佐義郎、藤田浩二、大川淳. 非定型大腿骨転子下骨折は骨代謝過剰抑制と荷重ストレスにより発症する -組織学的検討とCT有限要素法解析-. 第41回日本骨折治療学会 2015.06.26

  1118. 江川聡、福島和之、黒佐義郎、田野敦寛、王耀東、大川淳. 仙骨U-shaped fractureに対しS2 Alar-Iliac Screwを用いた経皮的spino-pelvic fixationを施行した1例. 第41回日本骨折治療学会 2015.06.26

  1119. 大川 淳. 高齢者整形外科疾患. 第57回日本老年医学会学術集会 2015.06.14 横浜

  1120. 田野敦寛、王耀東、加来拓実、大川淳. 骨欠損を伴う両側大腿骨遠位端開放骨折に対して両側骨短縮で脚長補正した 1 例. 第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015.06.11 札幌

  1121. 王耀東、田野敦寛、大川淳. 下肢骨折の初期治療に用いた創外固定器を内固定術野に持ち込んでよいのか?. 第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015.06.11 札幌

  1122. 佐藤啓、王耀東、千葉雄一、大川淳. コンパートメント症候群との鑑別を要した上腕部閉鎖性動脈損傷の 1 例. 第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015.06.11 札幌

  1123. 千葉雄一、王耀東、大川淳. 創外固定を用いて低浸襲に治療しえた垂直不安定型骨盤輪骨折の 1 例. 第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015.06.11 札幌

  1124. 加来拓実、王耀東、田野敦寛、大川淳. 骨盤輪骨折に合併した外腸骨動脈閉塞の 1 例-血管内治療法の是非を問う-. 第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015.06.11 札幌

  1125. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁計による中高年健常者の馬尾神経誘発磁界と馬尾神経伝導速度の測定. 第30回日本生体磁気学会大会 2015.06.05 旭川

  1126. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁計による胸髄神経活動の評価. 第30回日本生体磁気学会大会 2015.06.05 旭川

  1127. 猪瀬 弘之, 斉藤 正徳, 大川 淳. 脊椎固定術における骨癒合遷延予測因子としての骨リモデリング率の提案. 第35回日本骨形態計測学学会 2015.06.04 倉敷

  1128. 齊藤 正徳, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 角谷 智, 大川 淳. 後縦靱帯骨化症の進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第35回日本骨形態計測学学会 2015.06.04 倉敷

  1129. 古賀大介、神野哲也、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、森田定雄. 人工股関節全置換術における進入法間の術中関節安定性比較. 第52回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2015.05.28 新潟

  1130. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後の大腿骨脆弱性骨折. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1131. 志村 治彦, 二村 昭元, 石井 宣一, 藤田 浩二, 宮本 崇, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート固定術の中期成績. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1132. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 前方進入法と前側方進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節外転筋断面積の比較検討. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1133. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 高度占拠率OPLLに対する治療戦略 頸椎高度占拠率OPLLに対する前方骨化浮上術の有用性 後方法との比較. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1134. 小谷野 岳, 神野 哲也, 古賀 大介, 宗田 大, 大川 淳. 大腿骨頸部骨嚢胞とcamおよびpincer病変の関連. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1135. 大川 淳. 整形外科領域の医療安全 過誤と合併症のはざまで. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1136. 猪瀬 弘之, 齊藤 正徳, 早乙女 進一, 大川 淳. 細胞周期制御因子による軟骨代謝の調節. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1137. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 平井 高志, 新井 嘉容, 川端 茂徳, 加藤 剛, 四宮 謙一, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症術後の頸椎矢状面バランス・アライメント変化の前向き比較研究 前方除圧固定術vs.椎弓形成術. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1138. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 友利 正樹, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 局所後彎を伴う骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方進入脊柱再建術 前後方再建手術との比較、多施設研究. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1139. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. Free run EMGを併用したreal time術中脊髄モニタリングの有用性. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1140. 古賀 大介, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 川田 和正, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 両側一期的人工股関節全置換術における感染危険因子の検討. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1141. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計にて非侵襲的に測定した脊髄誘発磁界 椎間孔を通過する電流量の比較. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1142. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 大川 淳. 経頭蓋刺激筋誘発電位測定(BR-MSEP)における高頻度複数刺激による波形安定性の検証. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1143. 鈴木 志郎, 中川 照彦, 佐藤 哲也, 土屋 正光, 宮本 崇, 宗田 大, 大川 淳. 術後自動運動の開始時期が鏡視下腱板修復術の術後成績に与える影響. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1144. 川端 茂徳, 加藤 剛, 榎本 光裕, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 角谷 智, 牛尾 修太, 大川 淳. CT、MRIのDICOMデータからの硬性体幹装具の短期間製作. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1145. 王耀東、若林良明、黒佐義郎、大川淳. 非定型大腿骨骨折の発症高位に関する検討 ‐大腿骨骨幹部外側皮質における引張応力と骨強度の高位別特徴‐. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  1146. 草野 和生, 大川 淳. 腰椎固定術後における隣接椎間障害発生の危険因子 PLIFとPLFを比較して. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1147. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 角谷 智, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 友利 正樹, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方進入脊柱再建術 前後方再建手術との比較、多施設研究. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1148. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 頸椎椎間孔での神経電気活動 脊磁計による無侵襲機能評価. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1149. 友利 正樹, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 前原 秀二, 相馬 真, 平井 高志, 佐藤 浩一, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症に対する後方除圧術後のsagittal alignment変化 術前アライメント不良例と腰椎変性後彎症との比較. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1150. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 相馬 真, 鳥越 一郎, 前原 秀二, 友利 正樹, 平井 高志, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術後硬膜外血腫の前向き研究. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1151. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 相馬 真, 鳥越 一郎, 前原 秀二, 友利 正樹, 平井 高志, 佐藤 浩一, 大川 淳. Rotationally Dynamic Plateを用いた多椎間頸椎前方椎体亜全摘除圧固定術における移植骨脱転の危険因子. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1152. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 請川 大, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊柱後彎変形患者におけるX線パラメーターと腰背筋筋疲労の関係. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1153. 今釜 史郎, 安藤 圭, 竹内 一裕, 星地 亜都司, 竹下 克志, 長谷川 智彦, 松山 幸弘, 相澤 俊峰, 中川 幸洋, 筑田 博隆, 渡辺 雅彦, 山田 圭, 戸山 芳昭, 松本 守雄, 吉井 俊貴, 大川 淳. 胸椎後縦靱帯骨化症手術に関する多施設前向き研究(第1報). 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1154. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 角谷 智史, 山田 剛史, 友利 正樹, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 骨化占拠率の大きい(≧50%)頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術と後方除圧固定術の比較 多施設研究. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1155. 大谷 和之, 中井 修, 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 三宅 論彦, 請川 大, 大川 淳. 成人脊柱変形に対するS1 pedicle screwを尾側固定端とした矯正固定術のL5/S偽関節・前彎損失に関与する因子について. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1156. 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 大谷 和之, 三宅 論彦, 請川 大, 中井 修, 大川 淳. 胸椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術の手術範囲の決定について. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1157. 歌川 蔵人, 大谷 和之, 草野 和夫, 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 三宅 論彦, 請川 大, 中井 修, 大川 淳. 胸腰移行部骨粗鬆性椎体骨折に対する前方脊柱再建法の手術成績. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1158. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. ハイリスク脊髄症手術におけるFree run EMGを併用したReal time術中脊髄モニタリングの有用性. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1159. 請川 大, 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 大谷 和之, 三宅 論彦, 中井 修, 大川 淳. 下位頸椎もしくは上位胸椎OPLLに対する前方骨化浮上術における術中モニタリングの有用性. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1160. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁図による胸髄神経活動の可視化. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1161. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 相馬 真, 鳥越 一郎, 前原 秀二, 友利 正樹, 平井 高志, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎矢状面バランスに着目した頸椎後縦靱帯骨化症の手術成績 バランス不良例に椎弓形成術は適していない. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1162. 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 角谷 智, 牛尾 修太, 榎本 光裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 80歳以上の高齢者に対する脊椎手術の適正マネジメントの検討. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1163. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 相馬 真, 坂井 顕一郎, 前原 秀二, 友利 正樹, 平井 高志, 佐藤 浩一, 吉田 裕俊, 大川 淳. 後方経路腰椎椎体間固定術後の椎体間感染の治療成績 早期抗菌薬治療介入の有用性. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1164. 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 鳥越 一郎, 前原 秀二, 友利 正樹, 相馬 真, 平井 高志, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎前方椎体間固定術における新しい人工骨、多孔質ハイドロキシアパタイトコラーゲンの有用性. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1165. 山田剛史、角谷智、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、川端茂徳、大川淳. 当院における透析脊椎手術の現況 . 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  1166. 大川 淳. 脊椎外科領域における医療安全. 第124回中部日本整形外科災害外科学会学術集会 2015.04.10 金沢

  1167. 片山 隆之, 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 大谷 和之, 三宅 諭彦, 請川 大, 竹村 昌敏, 歌川 蔵人, 中井 修, 大川 淳. 80歳以上の高齢者頸椎症に対する頸椎前方手術の成績. 第55回関東整形災害外科学会 2015.03.27 埼玉

  1168. 吉原 有俊, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 不全対麻痺を呈する多発神経鞘腫患者に発症したフルニエ壊死の治療経験. 第55回関東整形災害外科学会 2015.03.27 埼玉

  1169. 久保田 礼, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 榎本 光裕, 柳下 和慶, 大川 淳. 当科における化膿性脊椎炎の治療戦略 早期固定術での早期離床と高気圧酸素療法併用を基本として. 第55回関東整形災害外科学会 2015.03.27 埼玉

  1170. 小林 裕, 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 相馬 真, 前原 秀二, 友利 正樹, 平井 高志, 佐藤 浩一, 大川 淳. 腰椎変性すべり症に対するOLIFを用いた低侵襲腰椎固定術による間接的神経除圧効果の検討. 第55回関東整形災害外科学会 2015.03.27 埼玉

  1171. 鳥越 一郎, 新井 嘉容, 相馬 真, 坂井 顕一郎, 前原 秀二, 友利 正樹, 平井 高志, 小林 裕, 佐藤 浩一, 大川 淳. 腰椎椎間孔狭窄症に対するOLIFを用いた低侵襲腰椎固定術の有用性. 第55回関東整形災害外科学会 2015.03.27 埼玉

  1172. 鈴木 英嗣, 伊藤 義晃, 篠原 正浩, 浅原 弘嗣, 大川 淳, . CRISPR/Cas systemを用いたラットにおけるMohawk遺伝子の機能解析. 第28回日本軟骨代謝学会 2015.03.06 東京

  1173. 高田亮平、 神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 異なる前方系進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節周囲筋断面積の比較検討 . 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27 福岡

  1174. 吉原有俊、神野哲也、麻生義則、古賀大介、高田亮平、平尾昌之、星野ちさと、森田定雄、関矢一郎、宗田大、大川淳. 人工股関節置換術後患者に対するVTE予防 ~術前リスクスコアリングによる抗凝固薬の用量調節の有用性~. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27 福岡

  1175. 古賀大介、 神野哲也、麻生義則、高田亮平、平尾昌之、森田定雄、宗田大、大川淳. 筋誘発電位モニタリング併用人工股関節全置換術におけるアラートポイントの検討. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27 福岡

  1176. 小谷野 岳、 神野哲也、古賀大介、宗田大、大川淳. 両側同時THAにおけるストレート・ステムとアナトミカル・ショート・ステムのDEXAを用いたリモデリングの比較. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27 福岡

  1177. 平尾昌之、神野哲也、古賀大介、高田亮平、瀬川裕子、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 両側人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸静脈内投与の効果と凝固線溶系マーカーに与える影響. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27 福岡

  1178. 瀬川裕子、亀ヶ谷真琴、西須孝、森田光明、柿崎潤、廣澤直也、田中玲子、塚越祐太、神野哲也、大川淳. ペルテス病に対する大腿骨屈曲骨切り術の手術成績〜当科における術式選択の変遷〜. 第25回 関東小児整形外科研究会 2015.02.07

  1179. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊椎手術におけるFree run EMGを併用した術中モニタリングの有用性の検討. 第44回日本臨床神経生理学会 2014.11.21

  1180. 川端茂徳, 榎本 光裕, 角谷 智, 牛尾 修太, 四宮 謙一, 大川 淳. 脊髄機能モニタリングの有用性と問題点 脊椎外科医の立場から. 第44回日本臨床神経生理学会 2014.11.21

  1181. 牛尾修太、川端茂徳、角谷智、山田剛史、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、大川淳 . 経頭蓋刺激筋誘発電位測定(BR-MSEP)における刺激ごとの波形の違いの検討. 第44回日本臨床神経生理学会 2014.11.19

  1182. 角谷 智, 川端 茂徳, 榎本 光裕,牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 大川 淳. 非侵襲的に測定した脊髄誘発磁界での年代別脊髄伝導速度の推移. 第44回 日本臨床神経生理学会 2014.11.19 福岡

  1183. Shingo Sato, Qingxia Wei, Makoto Hirata, Jackie Tang, Seiichi Matsumoto, Atsushi Okawa, Shu Takeda, Benjamin Alman. 新たな肉腫マウスモデルにおける肉腫の網羅的遺伝子発現解析および血管周皮細胞(ペリサイト)が悪性転化するための因子同定の試み. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10.10 鹿児島

  1184. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 請川 大, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁図による頸椎椎間孔の神経活動の可視化. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10.09 鹿児島

  1185. 吉井俊貴,Gutierrez Gloria,早乙女進一,大川淳. Proteasome inhibitorの局所投与による骨折治癒促進効果. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10.09

  1186. 山田剛史,早乙女進一,安田裕亮,谷山崇,吉井俊貴,大川淳. 骨髄由来間葉系幹細胞(BMSC)の質-骨形成抑制因子候補EphA5が果たす役割-. 第29回 日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10.09

  1187. 吉井俊貴,早乙女進一,坂井顕一郎,新井嘉容,谷山崇,安田裕亮,山田剛史,大川淳. 新しい人工骨、多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体の脊椎固定術における臨床使用. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10.09

  1188. 安田裕亮、早乙女進一、齊藤正徳、谷山崇、山田剛史、吉井俊貴、大川淳、松本智勇、菅生健、中島武彦. 多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体のBMP-2担体としての評価. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10.09 鹿児島

  1189. 齊藤正徳、猪瀬弘之、早乙女進一、川端茂徳、加藤剛、吉井俊貴、山田剛史、谷山崇、角谷智、安田裕亮、榎本光裕、大川淳. 後縦靱帯骨化症の発生、進展に関与する遺伝子の検索. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10.09 鹿児島

  1190. 平井高志、榎本光裕、鏑木秀俊、早乙女進一、四宮謙一、横田隆徳、大川淳. TRPV1を標的としたshRNA-AAV9くも膜下腔投与は神経障害性疼痛マウスの熱刺激過敏を有意に抑制する. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10.09 鹿児島

  1191. 大原 敏之, 宗田 大, 望月 智之, 二村 昭元, 大関 信武, 辻 邦和, 大川 淳, 関矢 一郎. ラット肩関節滑膜組織由来の間葉系幹細胞. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10

  1192. 岩田 宗峻, 越智 広樹, 原 康, 古賀 大介, 大川 淳, 麻生 義則. 高脂肪食負荷による膝蓋下脂肪体肥大化は力学的負荷とは独立して変形性膝関節症を惹起する. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10

  1193. 藤田 浩二, 大川 淳. ヒト骨芽細胞抽出法の開発と骨芽細胞における遺伝子発現の解析. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10

  1194. 朴 金瑛, 辻 邦和, 越智 広樹, 古賀 大介, 大川 淳, 竹田 秀, 麻生 義則. サーチュイン遺伝子Sirt6による軟骨代謝制御機構の解析. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014.10

  1195. 吉井 俊貴, 山田 剛史, 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 大川 淳. 頚椎後縦靭帯骨化症に対する術中CTを使用した骨化浮上術-骨化のひっかかり防止-. 第63回東日本整形災害外科学会 2014.09.19

  1196. 山田剛史,猪瀬弘之,吉井俊貴,加藤剛,川端茂徳,大川淳. 当院における透析脊椎手術の現況. 第63回 東日本整形災害外科学会 2014.09.19

  1197. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方侵入椎体再建術、前後方法再建術との比較、多施設研究. 第63回東日本整形災害外科学会 2014.09.19

  1198. 鈴木聡、小柳広高、澤村千草、早乙女進一、大川淳、眞鍋淳. パスツール処理骨にハイドロキシアパタイト/コラーゲン製人工骨を充填し早期骨形成が得られた1例. 第63回東日本整形災害外科学会 2014.09.19 東京

  1199. 川畑 篤礼, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 山田 剛史, 角谷 智, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 大川 淳. 硬膜損傷に対しポリグリコール酸不織布及びフィブリン糊にてコーティング後に、異物肉芽腫を生じた一例. 第63回 東日本整形災害外科学会 2014.09

  1200. 古賀 英之, 渡邊 敏文, 望月 智之, 中村 智祐, 大川 淳, 宗田 大. 膝蓋骨脱臼の手術適応と問題点 当院における膝蓋骨脱臼に対する術式の変遷. 第63回 東日本整形災害外科学会 2014.09

  1201. 佐藤 啓, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 川端 茂徳, 大川 淳. 当科における高齢者に対する脊椎手術成績の検討. 第63回 東日本整形災害外科学会 2014.09

  1202. 小林 裕, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 相馬 真, 鳥越 一郎, 前原 秀二, 友利 正樹, 谷山 崇, 佐藤 浩一, 大川 淳. L5/S後方椎体間固定術術後にS1スクリュー先端でL5神経根障害を呈し、再手術を行った2例. 第63回 東日本整形災害外科学会 2014.09

  1203. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 相馬 真, 鳥越 一郎, 前原 秀二, 友利 正樹, 谷山 崇, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎矢状面バランスに着目した頸椎後縦靱帯骨化症に対する椎弓形成術の手術成績. 第63回 東日本整形災害外科学会 2014.09

  1204. 太田 剛, 大沼 円, 佐藤 浩一, 新井 壽容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折に対する手術合併症・成績 橈骨遠位端新鮮骨折掌側ロッキングプレート固定の合併症とその対策. 第63回 東日本整形災害外科学会 2014.09

  1205. 若林 良明, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 宗田 大, 大川 淳. 早期診断・手術によりシーズン中の復帰を果たしたバレーボール女子Vリーグ選手の不顕性手舟状骨骨折の1例. 第40回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2014.09

  1206. 大沼 円, 太田 剛, 新関 祐美, 小林 裕, 谷山 崇, 友利 正樹, 鳥越 一郎, 坂井 顕一郎, 相馬 真, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 転位のある鎖骨骨幹部骨折に対するLocking plate固定術の治療成績. 第63回 東日本整形災害外科学会 2014.09

  1207. 富澤 將司, 志村 治彦, 仲津留 恵日, 雨宮 正樹, 大川 淳. 脊椎手術後硬膜外血腫除去術を施行した症例の検討. 第63回 東日本整形災害外科学会 2014.09

  1208. 澤村 千草, 松本 誠一, 下地 尚, 阿江 啓介, 大川 淳. 計画的に行われなかった軟部肉腫切除後の予後. 第47回日本整形外科学会-骨・軟部腫瘍学術集会 2014.07

  1209. 王耀東,若林良明,黒佐義郎,大川淳. 非定型大腿骨骨折患者における大腿骨頸部への応力集中 ―CT有限要素法による力学解析―. 第40回日本骨折治療学会 2014.06.27

  1210. 猪瀬 弘之 他. 脊椎固定術における骨癒合遷延予測因子としての骨リモデリング率の提案. 第34回日本骨形態計測学会 2014.06.13

  1211. 新関 祐美, 太田 剛, 若林 良明, 大川 淳. 成人における指節骨頸部回旋転位骨折(rotational supracondylar fracture)の治療経験. 第40回日本骨折治療学会 2014.06

  1212. 藤田 浩二, 大川 淳. ヒト骨芽細胞抽出法の開発と骨芽細胞における遺伝子発現の解析. 第34回日本骨形態計測学会 2014.06

  1213. 太田 剛, 新関 祐美, 大川 淳. 上腕骨遠位端骨折に対するPolyaxial Locking Plateを用いた治療経験. 第40回日本骨折治療学会 2014.06

  1214. 角谷 智, 川端 茂徳, 請川 大, 牛尾 修太, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 頸部脊髄・神経誘発磁界による無侵襲機能診断にむけて. 第29回 日本生体磁気学会大会 2014.05.29 大阪

  1215. 藤田 浩二, 岩崎 牧子, 宮本 健史, 高柳 広, 四宮 謙一, 大川 淳. ビタミンEは破骨細胞融合を刺激し、骨量減少を引き起こす. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1216. 王耀東,若林良明,黒佐義郎,大川淳. 高齢女性の大腿骨弯曲変形に伴う骨幹部疲労骨折の発症要因について ―CT有限要素法による応力集中の検討―. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1217. 角谷 智, 川端 茂徳, 請川 大, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 頸椎後方手術時の頸椎過屈曲姿位による脊髄障害例の術前因子の検討. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22 神戸

  1218. 大谷 和之, 中井 修, 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 相馬 真, 三宅 論彦, 佐藤 陽介, 雨宮 正樹, 佐々木 亨, 大川 淳. 成人脊柱後側彎変形(側彎30°以上)に対する後方前方後方3段階矯正固定術の手術成績 多椎間後方進入椎体間固定術との比較. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1219. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 折井 久弥, 友利 正樹, 草野 和生, 榊 経平, 佐藤 浩一, 大川 淳. Cervical sagittal balance不全は椎弓形成術後後彎化の危険因子である. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1220. 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 大谷 和之, 相馬 真, 三宅 論彦, 中井 修, 大川 淳. 頸椎前方手術の合併症. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1221. 折井 久弥, 新井 嘉容, 太田 剛, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 草野 和生, 新関 祐美, 榊 経平, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸椎前方除圧固定術における骨癒合遅延の要因と臨床成績. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1222. 太田 剛, 新関 祐美, 若林 良明, 大川 淳. 肘部上腕動脈穿刺による心臓カテーテル検査後に発生した整形外科的合併症. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1223. 柳下 和慶, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 中村 智祐, 小柳津 卓也, 宗田 大, 大川 淳. 早期復帰を目指した運動器リハビリテーションの新展開 物理療法を用いて 骨格筋損傷に対する高気圧酸素治療の有効性とメカニズム. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1224. 友利 正樹, 佐藤 浩一, 新井 嘉容, 折井 久弥, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 榊 経平, 吉田 裕俊, 大川 淳. Hybrid法による特発性側彎症の術後肩バランス. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1225. 佐々木 真一, 小森 博達, 沼野 藤希, 前原 秀二, 北原 建彰, 四宮 謙一, 大川 淳. 内視鏡下腰椎後方除圧術(MED、MEL)の再手術要因の検討. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1226. 中井 修, 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 大谷 和之, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症の疫学、診断、治療 腰部脊柱管狭窄症に対する固定術の適応. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1227. 吉井 俊貴, 加藤 剛, 山田 剛史, 角谷 智, 猪瀬 弘之, 川崎 茂徳, 四宮 謙一, 大川 淳. CT ミエログラフィー機能撮影を用いた頚椎後縦靱帯骨化症における脊髄圧迫の動態評価. 第87 回日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  1228. 角谷 智, 川端 茂徳, 請川 大, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計を用いた正中神経刺激後の頸椎椎間孔の神経機能評価. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04.17 京都

  1229. 吉井 俊貴, 山田 剛史, 角谷 智, 加藤 剛, 請川 大, 川端 茂徳, 大川 淳. 骨化占拠率の大きい(≧ 50%)頚椎後縦靱帯骨化症に対する手術治療戦略- 前方除圧固定術と後方除圧固定術の比較-. 第43 回日本脊椎脊髄病学会  2014.04.17

  1230. 加藤剛、吉井俊貴、猪瀬弘之、鳥越一郎、山田剛史、角谷智、小柳津卓哉、榎本光裕、川端茂徳、高橋誠、四宮謙一、大川淳. 腰椎変性すべり症に対する手術治療の前向きランダム化試験の長期成績. 第43回日本脊椎脊髄病学会 2014.04.17 京都

  1231. 吉井 俊貴, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 頚椎後縦靭帯骨化症に対するh y d r o x y a p a t i t e 人工骨を使用した前方椎体亜全摘固定術の手術成績 -自家腓骨移植との比較-. 第43 回日本脊椎脊髄病学会  2014.04.17

  1232. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 請川 大, 齊藤 正徳, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊椎固定術後の骨癒合率改善に向けて. 第43回日本脊椎脊髄病学会 2014.04.17 京都

  1233. 志村 治彦, 若林 良明, 二村 昭元, 大川 淳. 橈骨遠位端関節内骨折に対する掌側ロッキングプレート固定術の中期成績. 第57回日本手外科学会学術集会 2014.04

  1234. 三宅 論彦, 中井 修, 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 大谷 和之, 相馬 真, 大川 淳. パーキンソン病患者の腰椎後側彎症に対する脊椎手術. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1235. 齊藤 正徳, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 榎本 光裕, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 請川 大, 谷山 崇, 角谷 智, 大川 淳. 後縦靱帯骨化症の進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1236. 折井 久弥, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 友利 正樹, 草野 和生, 榊 経平, 佐藤 浩一, 大川 淳. 頸髄症に対する前方除圧固定術の中長期治療成績. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1237. 榊 経平, 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 折井 久弥, 友利 正樹, 草野 和生, 佐藤 浩一, 大川 淳. 後彎症変形矯正術におけるCervical Sagittal Alignment、Balanceへの影響. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1238. 大谷 和之, 中井 修, 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 相馬 真, 三宅 論彦, 大川 淳. 腰椎固定術後の後彎変形に対するPSOによる変形矯正固定術. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1239. 榎本 光裕, 請川 大, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 小柳津 卓哉, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎変性疾患を有する高齢者の腰背筋活動と多裂筋変性との関係. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1240. 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 大谷 和之, 相馬 真, 三宅 論彦, 中井 修, 大川 淳. 高度頸椎後彎症(首下がり)の手術治療. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1241. 沼野 藤希, 佐々木 真一, 前原 秀二, 四宮 謙一, 大川 淳, 小森 博達. 当科におけるBalloon kyphoplastyの短期成績 局所の後彎角は早期隣接椎体骨折の危険因子の一つであった. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1242. 佐々木 真一, 小森 博達, 沼野 藤希, 前原 秀二, 北原 建彰, 四宮 謙一, 大川 淳. 内視鏡下椎間板摘出術、内視鏡下椎弓切除術の再手術要因の検討. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1243. 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 折井 久弥, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 友利 正樹, 榊 経平, 大川 淳. 腰椎後方除圧固定術に対する新規椎弓根スクリュー(Cortical Bone Trajectory)の適用と有用性. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1244. 前原 秀二, 小森 博達, 佐々木 真一, 沼野 藤希, 四宮 謙一, 大川 淳. 胸腰椎破裂骨折に対する経皮的椎体形成・椎弓根スクリュー固定術の検討. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1245. 相馬 真, 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 大谷 和之, 三宅 論彦, 中井 修, 大川 淳. 頸椎前方固定術後の上気道狭窄 術後ステロイド静注は効果があるか?. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1246. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 折井 久弥, 友利 正樹, 草野 和生, 榊 経平, 佐藤 浩一, 大川 淳. 広範囲(3椎間以上)頸椎前方術後のCervical Sagittal Balance変化と嚥下障害. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1247. 坂井 顕一郎, 新井 嘉容, 折井 久弥, 友利 正樹, 草野 和生, 榊 経平, 佐藤 浩一, 大川 淳. CSM術後のCervical Sagittal Balance変化 前方除圧固定術vs.椎弓形成術. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2014.04

  1248. 若林 良明, 二村 昭元, 藤田 浩二, 請川 円, 大川 淳. EBMに基づく橈骨遠位端骨折の治療 橈骨遠位端骨折用Polyaxial Locking Plate 2種のlocking機構の安定性の比較検討. 第57回日本手外科学会学術集会 2014.04

  1249. 新関 祐美, 太田 剛, 若林 良明, 石突 正文, 大川 淳. 小児の新鮮前腕骨骨折に対する低出力パルス超音波治療の経験. 第57回日本手外科学会学術集会 2014.04

  1250. 請川 円, 若林 良明, 二村 昭元, 藤田 浩二, 大川 淳. 持続腕神経叢伝達麻酔を併用した肘・手指関節術後の後療法. 第57回日本手外科学会学術集会 2014.04

  1251. 若林 良明, 二村 昭元, 藤田 浩二, 鈴木 英嗣, 大川 淳. 手術治療を行った医原性末梢神経損傷の検討. 第57回日本手外科学会学術集会 2014.04

  1252. 太田 剛, 新関 祐美, 若林 良明, 大川 淳. 橈骨遠位端新鮮骨折に対する掌側ロッキングプレートと低出力超音波パルスの併用療法の試み. 第57回日本手外科学会学術集会 2014.04

  1253. 藤田 浩二, 若林 良明, 二村 昭元, 鏑木 秀俊, 大川 淳. 手根管症候群の治療 再建を含む術式の選択 重度手根管症候群に対する木森法による母指対立再建術の治療成績. 第57回日本手外科学会学術集会 2014.04

  1254. 金 民大, 鳥越 一郎, 片倉 麻衣, 白澤 進一, 大川 淳. 骨盤牽引による術前整復を行った胸腰椎破裂骨折の1例. 第54回関東整形災害外科学会 2014.03.29

  1255. 川田 和正, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折偽関節に対する経椎弓根的椎体造影による椎体形成術術前評価. 第54回関東整形災害外科学会 2014.03.29

  1256. 金 民大, 鳥越 一郎, 片倉 麻衣, 白澤 進一, 大川 淳. 骨盤牽引による術前整復を行った胸腰椎破裂骨折の2例. 第54回関東整形災害外科学会 2014.03.29

  1257. 川端 茂徳, 請川 大, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 牛尾 修太, 大川 淳. ハイリスク脊椎手術におけるfree run EMGモニタリングの有用性. 第54回関東整形災害外科学会 2014.03.29

  1258. 小山 恭史, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 脳表ヘモジデリン沈着症における硬膜欠損の画像診断. 第54 回関東整形災害外科学会 2014.03.28

  1259. 歌川 蔵人, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 請川 大, 川端 茂徳, 大川 淳. 占拠率の高い頸椎後縦靱帯硬化症に対して二期的後方除圧術、選択的前方除圧固定術が有効であった1例. 第54 回関東整形災害外科学会 2014.03.28

  1260. 吉井 俊貴,大川 淳. 頸椎前方除圧固定術の手術手技における要点、注意点. 第54 回関東整形災害外科学会 2014.03.28

  1261. 鳥越 一郎, 金 民大, 片倉 麻衣, 白澤 進一, 大川 淳. 経皮的椎弓根スクリューシステムを併用した骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する胸腰椎前後同時固定術. 第54回関東整形災害外科学会 2014.03

  1262. 佐々木 研, 若林 良明, 鏑木 秀俊, 大沼 円, 大川 淳. 脛腓間スクリューのドリリングが原因と考えられる脛骨神経低位麻痺に対し神経剥離術が有効であった1例. 第54回関東整形災害外科学会 2014.03

  1263. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、宮武和正、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. ステム長の違いがステムの前捻とアライメントに及ぼす影響. 第40回 日本股関節学会 2013.11.29

  1264. 瀬川 裕子、神野哲也、古賀大介、小谷野岳、星野ちさと、大川淳、亀ヶ谷真琴、久光淳士郎、森田光明、西須孝、柿﨑潤、山本陽平. 高度遺残性亜脱臼に対してDega osteotomyと大腿骨骨切り術を施行した1例. 第13回 千葉股関節研究会 2013.01.19

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 【働く人とそのご家族のための健康講座】テーマ「ロコモティブシンドローム」,2018年10月

    日本経済新聞 2018年10月8日 朝刊

  • 特集 「走り出した専門医制度」,2018年04月

    日経メディカル 4月号

  • 中高年のための医薬最前線 「腰椎変性すべり症」,2018年01月

    月刊ことぶき 寿出版 2018年1月号

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 脊髄損傷治療体制のあり方について,読売新聞,読売新聞、ヨミドクター、読売オンライン,2022年05月10日 - 2022年05月12日

  • 新専門医制度について考える 急増する高齢者の骨折をどう防ぐ?~整形外科医に賢くかかる~,株式会社時事通信社,時事メディカル,2022年03月17日

  • 学会長シリーズ 第95回日本整形外科学会学術総会,株式会社東海医事新報社,関東医事新報 (九州、中四国・関西、東海・関東合併号),2022年01月11日

  • 病院のコロナ対応の現状について,読売新聞社,読売新聞,2021年07月19日

  • 五輪の医療対応、コロナ診療対応について,NHK,2021年07月14日

  • 五輪の医療対応、コロナ診療対応について,日本テレビ,newsevery,2021年07月14日

  • リーダーの履歴書 ,株式会社クオトミー,Quotomy,2021年06月02日

  • 新型コロナウイルス感染について,テレビ朝日,サタデーステーション,2020年07月24日 - 2020年07月25日

  • 新型コロナウイルス第2波への警戒,テレビ朝日,サタデーステーション,2020年07月10日

  • コロナ禍での病院経営について,テレビ東京,ワールドビジネスサテライト,2020年07月09日

  • ① 新型コロナウイルス感染症診療にあたる医療従事者へのメンタルヘルス ② 新型コロナ流行下での医療経営,日本経済新聞社,日本経済新聞,2020年06月22日

  • アフターコロナの現状及び第2波への懸念点など,テレビ朝日,ビートたけしのTVタックル,2020年06月05日

  • 新型コロナウイルスによる医療現場の現状,テレビ朝日,サタデーステーション,2020年05月30日

  • 第二波への備え・医療現場の今,日本テレビ,「真相報道バンキシャ!」、news ,2020年05月22日

  • COVID-19,エムスリー,m3.com,2020年05月11日

  • 東京の緊急事態宣言はいつになるのか,フジテレビジョン,直撃LIVEグッディ!,2020年05月07日

  • 新型コロナウイルス感染症患者の受け入れについて,NHK,時論公論・「おはよう日本」・ニュースシブ5時など,2020年04月27日

  • コロナ疑い救急患者の受け入れについて,テレビ朝日,ANNニュースなどテレビ朝日番組内,2020年04月14日

  • 新型コロナウイルス感染症での病院の体制,読売新聞東京本社,読売新聞,2020年04月10日

  • 国立大学病院長会議や病院の医療の取り組みについて,集中出版,月刊誌『集中』,2019年06月13日

  • 「黄色靱帯骨化の基礎情報について」,株式会社メディカルノート,Medical Note :インターネット,2018年08月15日

  • 認知症予防をテーマに朝田特任教授との対談,産経新聞社,夕刊フジ,2018年07月10日

  • 訪日外国人の医療費滞納について,産経新聞社,産経新聞,2018年05月31日

  • 読売新聞記事「訪日客の患者増 病院に負担」タイ人女性治療した際の未収金発生、内容の事実確認とその後について,読売テレビ,「情報ライブ ミヤネ屋」,2018年05月15日

  • 「医療通訳」という活動について,NHK,総合テレビ「ニュースシブ5時」,2018年05月15日

  • 救急搬送されたタイ人を救ったケースについて,読売新聞社,読売新聞,2018年04月24日

  • 「病院長インタビュー特集」 病院の特徴、強み、展望など,株式会社東海医事新報社,関東医事新報,2018年03月20日

  • 講演「後縦靭帯骨化症の治療と日常生活 」,江東区深川保健相談所,江東区,2018年03月10日

  • 貴院の理念に基づく様々な取り組み,明報プロフィックスアソシエイツ,HospitalityHeart21,2018年02月22日

▼全件表示