基本情報

写真a

増田 貴夫(マスダ タカオ)

MASUDA Takao


職名

准教授

研究分野・キーワード

ヒト免疫不全ウイルス、インテグラーゼ、

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  1985年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  修士課程  1987年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  熊本大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫治療学 准教授
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫治療学 准教授
  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫治療学 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本エイズ学会

  • 日本ウイルス学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 逆転写過程の無細胞再構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • H I V G a g 蛋白質と関連因子の治療標的構造の解明に向けた統合的研究

    厚生労働省 : 2013年04月 - 2016年03月

  • インテグラーゼによるレトロウイルス逆転写過程制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yu-Lun Huang, Gota Kawai, Atsuhiko Hasegawa, Mari Kannagi, Takao Masuda. Impact of 5'-end nucleotide modifications of HIV-1 genomic RNA on reverse transcription. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2019.07; ( PubMed, DOI )

  • Tatsuro Takahata, Eri Takeda, Minoru Tobiume, Kenzo Tokunaga, Masaru Yokoyama, Yu-Lun Huang, Atsuhiko Hasegawa, Tatsuo Shioda, Hironori Sato, Mari Kannagi, Takao Masuda. Critical Contribution of Tyr15 in the HIV-1 Integrase (IN) in Facilitating IN Assembly and Nonenzymatic Function through the IN Precursor Form with Reverse Transcriptase. Journal od Virology. 2017.01; 91 (1): ( PubMed, DOI )

  • Hasegawa Atsuhiko, Fujikawa Tomoka, Ganbaatar Undrakh, Nagano Yoshiko, Masuda Takao, Tanaka Yuetsu, Akari Hirofumi, Kannagi Mari. Impaired T-cell responses in natural infection of STLV-1 as a primate model of immune suppression in HTLV-1 infection CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 643.

  • 増田 貴夫, 高畑 辰郎, 黄 渝倫, 王 寶れい, 長谷川 温彦, 徳永 研三, 飛梅 実, 塩田 達雄, 武田 英里, 俣野 哲朗, 横山 勝, 河合 剛太, 佐藤 裕徳, 神奈木 真理. コア・サイエンス HIV-1インテグラーゼ非酵素的機能の分子基盤 日本エイズ学会誌. 2017.11; 19 (4): 296. ( 医中誌 )

  • Hideki Saito, Hiroaki Takeuchi, Takao Masuda, Takeshi Noda, Shoji Yamaoka. N-terminally truncated POM121C inhibits HIV-1 replication. PLoS ONE. 2017.09; 12 (9): e0182434. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 大林カミーユ美智子,篠原陽子,増田貴夫,河合剛太. HIV-1ゲノムRNAの5’末端の違いが構造と機能に与える影響. 第42回 分子生物学会 2019.12.03 福岡

  • 大林 カミーユ美智子, 篠原 陽子, 増田 貴夫, 河合 剛太. HIV-1ゲノムRNAの5'末端の違いが構造と機能に与える影響. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2019.09.01

  • Takao Masuda, Yu-Lun Huang, Paoling Wang, Atsuhiko Hasegawa, Mari Kannagi. Evaluation of HIV-1 integrase in fusion with reverse-transcriptase in vitro.. 第66回日本ウイルス学会学術集会( 2018.10.28 京都

  • 篠原陽子,増田貴夫,河合剛太. HIV-1ゲノムRNAにおける5’末端のG残基の数によるTAR-PolyA領域の立体構造の違い. 第91回 日本生化学会大会 2018.09.24 京都

  • Tsutomu Murakami, Masayuki Fujino, Masaru Yokoyama, Takuya Kobayakawa, Hiroaki Takeuchi, Takao Masuda, Osamu Kotani, Hirokazu Tamamura, Hironori Sato. Biological and molecular characterization of a novel anti-HIV-1 compound created by in silico design and de novo organic synthesis.. Cold Spring Harbor Laboratory Meeting, Retroviruses 2018.05.21 NY (USA)

全件表示 >>