基本情報

写真a

高瀬 浩造(タカセ コウゾウ)

TAKASE Kozo


職名

特任教授

研究室住所

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学大学院 M&Dタワー16階南

研究分野・キーワード

医療管理学 病院情報学 小児血液学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1980年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 研究開発学 教授
  • 1998年06月
    -
    2000年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 医療情報部 教授
  • 1980年06月
    -
    1981年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 臨床研修医
  • 1983年04月
    -
    1984年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 医員(医病)
  • 1986年10月
    -
    1988年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 医員(医病)
  • 1988年10月
    -
    1997年09月
    東京医科歯科大学 医学部 医学科 助教
  • 1997年10月
    -
    1998年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 材料部 講師
  • 1998年06月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 医療情報部 部長
  • 2002年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 病院長補佐
  • 2004年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 医療管理政策学コース 医療管理学コース責任者
  • 2008年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 副学長
  • 2010年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 図書館情報メディア機構 情報基盤部門 部門長
  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 副理事
  • 2017年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 情報セキュリティー最高責任者
  • 2017年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 統合情報機構 ITセキュリティー部門 ITセキュリティー部門長
  • 2017年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 統合情報機構 副機構長
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 研究開発学 教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 研究開発学 特任教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1981年04月
    -
    1982年03月
    武蔵野赤十字病院 小児科 臨床研修医
  • 1982年04月
    -
    1983年03月
    東京都立墨東病院 小児科 医員(医病)
  • 1984年10月
    -
    1986年03月
    中野総合病院 小児科 医員(医病)
  • 1991年08月
    -
    1994年07月
    コロラド大学医学部NJC 小児科 リサーチフェロー
  • 2001年04月
    -
    2013年03月
    東京地方裁判所 医療機関、弁護士会および裁判所協議会 幹事
  • 2006年07月
    -
    現在
    一橋大学 経済学研究科 非常勤講師
  • 2006年08月
    -
    2017年03月
    東京工業大学 医歯工学特別コース 非常勤講師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医療情報学会

  • 日本小児科学会

  • 日本機械学会

  • 日本医療・病院管理学会

  • 日本クリニカルパス学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年10月
    -
    2016年11月
    日本クリニカルパス学会 理事
  • 2001年10月
    -
    現在
    日本クリニカルパス学会 編集委員
  • 2005年
    -
    現在
    最高裁判所 司法修習委員会委員
  • 2008年
    -
    2010年
    文部科学省 中央教育審議会法科大学院特別部会専門委員
  • 2009年
    -
    2012年
    文部科学省 大学設置・学校法人審議会設置計画履行状況等調査委員会専門委員
  • 2010年
    -
    2011年
    文部科学省 大学設置・学校法人審議会専門職大学院特別審査会委員
  • 2016年11月
    -
    現在
    日本クリニカルパス学会 評議員
  • 2017年10月
    -
    現在
    東京地方裁判所 裁判所委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

  • 医用システム

  • 胎児医学、小児成育学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 社会医学系専門医協会認定指導医

  • 日本クリニカルパス学会パス指導者

  • 特種情報処理技術者

  • 医師

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Morishita Koji, Takase Kozo, Ishikane Masahiro, Otomo Yasuhiro. 日本での新型コロナウイルス感染症対処時の個人用防護具を装着した医療従事者に対するインセンティブの影響(Impact of incentives for health-care workers wearing personal protective equipment while dealing with coronavirus disease in Japan) Journal of Occupational Health. 2021.04; 63 (1): 1 of 3-3 of 3. ( 医中誌 )

  2. Morishita Koji, Takase Kozo, Ishikane Masahiro, Otomo Yasuhiro. Impact of incentives for health-care workers wearing personal protective equipment while dealing with coronavirus disease in Japan JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH. 2021.01; 63 (1): e12213. ( PubMed, DOI )

  3. Hideki Teruya, Kozo Takase. Pediatric directors’ perception of clinical research education in Japan Pediatrics International. 2020.01; 62 (1): 36-46. ( DOI )

  4. Yasumasa Oshiro, Kozo Takase. Behavioral and oral characteristics of patients in a general dental clinic in Japan –Focus on cancellation without notice– Journal of Medical and Dental Sciences. 2019.09; 66 (3): 43-90. ( DOI )

  5. Higashide Yuji, Izugami Satoko, Takase Kozo. Influence of Nurses' Work Environment on Their Self-Evaluation of Nursing Work Journal of Medical and Dental Sciences. 2019.06; 66 (2): 31-42. ( 医中誌 )

  6. Rinshu Shimabukuro, Kozo Takase, Sachiko Ohde, Isao Kusakawa. Handheld fetal Doppler device for assessing heart rate in neonatal resuscitation Pediatrics International. 2017.10; 59 1069-1073. ( DOI )

  7. Satoko Izugami, Kozo Takase. Consumer Perception of Inpatient Medical Services PLOS ONE. 2016.11; 11 (11): ( DOI )

  8. Yuko Ojiro, Toshiro Kubota and Kozo Takase.. Physicians’ perception of the “Guidelines for Obstetrical Practice in Japan” and the reason for different compliances. J Med Dent Sci.. 2015.09; 62 (3): 69-76. ( DOI )

  9. Kiyoshi Komiya, Momoko Saito, Yuika Sakurai, Hiromi Kojima and Kozo Takase. Effectiveness of setting numerical targets in the surgical training of residents: A trial to achieve an optimal balance J Med Dent Sci. 2013.12; 60 (4): 93-101.

  10. Keisuke Yoshihara, Kozo Takase. Correlation between doctor's belief on the patient's self-determination and medical outcomes in obtaining informed consent. J Med Dent Sci. 2013; 60 (1): 23-40.

  11. Iwamoto S, Deguchi T, Ohta H, Kiyokawa N, Tsurusawa M, Yamada T, Takase K, Fujimoto J, Hanada R, Hori H, Horibe K, Komada Y. Flow cytometric analysis of de novo acute lymphoblastic leukemia in childhood: report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Int J Hematol. 2011.08; 94 (2): 185-192. ( PubMed, DOI )

  12. Ohta H, Iwamoto S, Kiyokawa N, Tsurusawa M, Deguchi T, Takase K, Fujimoto J, Horibe K, Komada Y. Flow cytometric analysis of de novo acute myeloid leukemia in childhood: report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Int J Hematol. 2011.01; 93 (1): 135-137. ( PubMed, DOI )

  13. Osaki M, Takayama T, Omata T, Ohya T, Kojima K, Takase K, Tanaka N.. Proposal of a single-trocar assemblable hand for laparoscopic surgery. Advanced Robotics. 2011; 25 1713-1728. ( DOI )

  14. Ritsuya Oshima, Toshio Takayama, Toru Omata, Toshiki Ohya, Kazuyuki Kojima, Kozo Takase, Naofumi Tanaka. Assemblable Three Fingered Five-DOF Hand for Laparoscopic Surgery. JRSJ. 2008; 26 (5): 453-461.

  15. Toshio Takayama, Toru Omata, Takashi Futami, Hideki Akamatsu, Toshiki Ohya, Kazuyuki Kojima, Kozo Takase, Naofumi Tanaka. Hands with Detachable Fingers for Laparoscopic Surgery. JRSJ. 2007; 25 (3): 478-484.

  16. Okamura K, Asahina K, Fujimori H, Ozeki R, Shimizu-Saito K, Tanaka Y, Teramoto K, Arii S, Takase K, Kataoka M, Soeno Y, Tateno C, Yoshizato K, Teraoka H. Generation of hybrid hepatocytes by cell fusion from monkey embryoid body cells in the injured mouse liver. Histochem Cell Biol. 2006.03; 125 (3): 247-257. ( PubMed, DOI )

  17. Saijo H, Kasai H, Takahashi H, Harigai M, Takase K. Fundamental data quality assessments of clinical trials in Japan. J Med Dent Sci. 2006.03; 53 (1): 17-25. ( PubMed )

  18. Mayeda M, Takase K. Need for enforcement of ethicolegal education - an analysis of the survey of postgraduate clinical trainees. BMC Med Ethics. 2005.08; 6 8. ( PubMed, DOI )

  19. Kakinuma S, Tanaka Y, Chinzei R, Watanabe M, Shimizu-Saito K, Hara Y, Teramoto K, Arii S, Sato C, Takase K, Yasumizu T, Teraoka H. Human umbilical cord blood as a source of transplantable hepatic progenitor cells. Stem Cells. 2003; 21 (2): 217-227. ( PubMed, DOI )

  20. Chinzei R, Tanaka Y, Shimizu-Saito K, Hara Y, Kakinuma S, Watanabe M, Teramoto K, Arii S, Takase K, Sato C, Terada N, Teraoka H. Embryoid-body cells derived from a mouse embryonic stem cell line show differentiation into functional hepatocytes. Hepatology. 2002.07; 36 (1): 22-29. ( PubMed, DOI )

  21. Yanokura M, Takase K, Yamamoto K, Teraoka H. Cell death and cell-cycle arrest induced by incorporation of [3H]thymidine into human haemopoietic cell lines. Int J Radiat Biol. 2000.03; 76 (3): 295-303. ( PubMed )

  22. Takase K, Kelleher CA, Terada N, Jones JF, Lucas JJ, Gelfand EW. Dissociation of EBV genome replication and host cell proliferation in anti-IgG-stimulated Akata cells. Clin Immunol Immunopathol. 1996.11; 81 (2): 168-174. ( PubMed )

  23. Makida R, Hofer MF, Takase K, Cambier JC, Leung DY. Bacterial superantigens induce V beta-specific T cell receptor internalization. Mol Immunol. 1996.07; 33 (10): 891-900. ( PubMed )

  24. Teraoka H, Mikoshiba M, Takase K, Yamamoto K, Tsukada K. Reversible G1 arrest induced by dimethyl sulfoxide in human lymphoid cell lines: dimethyl sulfoxide inhibits IL-6-induced differentiation of SKW6-CL4 into IgM-secreting plasma cells. Exp Cell Res. 1996.01; 222 (1): 218-224. ( PubMed, DOI )

  25. Terada N, Takase K, Papst P, Nairn AC, Gelfand EW. Rapamycin inhibits ribosomal protein synthesis and induces G1 prolongation in mitogen-activated T lymphocytes. J Immunol. 1995.10; 155 (7): 3418-3426. ( PubMed )

  26. Lucas JJ, Szepesi A, Domenico J, Takase K, Tordai A, Terada N, Gelfand EW. Effects of iron-depletion on cell cycle progression in normal human T lymphocytes: selective inhibition of the appearance of the cyclin A-associated component of the p33cdk2 kinase. Blood. 1995.09; 86 (6): 2268-2280. ( PubMed )

  27. Kelleher CA, Paterson RK, Dreyfus DH, Streib JE, Xu JW, Takase K, Jones JF, Gelfand EW. Epstein-Barr virus replicative gene transcription during de novo infection of human thymocytes: simultaneous early expression of BZLF-1 and its repressor RAZ. Virology. 1995.04; 208 (2): 685-695. ( PubMed, DOI )

  28. Takase K, Terada N, Lucas JJ, Gelfand EW. Control of cell cycle entry and progression in mitogen-stimulated human B lymphocytes. J Cell Physiol. 1995.02; 162 (2): 246-255. ( PubMed, DOI )

  29. Kumakura T, Takase K, Terada N, Gelfand EW. Vesnarinone inhibits nucleoside and nucleobase transport. Life Sci. 1995; 57 (6): PL75-81. ( PubMed )

  30. Terada N, Patel HR, Takase K, Kohno K, Nairn AC, Gelfand EW. Rapamycin selectively inhibits translation of mRNAs encoding elongation factors and ribosomal proteins. Proc Natl Acad Sci U S A. 1994.11; 91 (24): 11477-11481. ( PubMed )

  31. Takase K, Terada N, Szepesi A, Teraoka H, Gelfand EW, Lucas JJ. Release from G0/G1 arrest induced by dimethyl sulfoxide in human lymphoid cells: regulation of synthesis and activation of the p33cdk2 and p34cdc2 kinases. Cell Growth Differ. 1994.10; 5 (10): 1051-1059. ( PubMed )

  32. Terada N, Lucas JJ, Szepesi A, Franklin RA, Takase K, Gelfand EW. Rapamycin inhibits the phosphorylation of p70 S6 kinase in IL-2 and mitogen-activated human T cells. Biochem Biophys Res Commun. 1992.08; 186 (3): 1315-1321. ( PubMed )

  33. Takase K, Sawai M, Yamamoto K, Yata J, Takasaki Y, Teraoka H, Tsukada K. Reversible G1 arrest induced by dimethyl sulfoxide in human lymphoid cell lines: kinetics of the arrest and expression of the cell cycle marker proliferating cell nuclear antigen in Raji cells. Cell Growth Differ. 1992.08; 3 (8): 515-521. ( PubMed )

  34. Okawa H, Nagasawa M, Morio T, Takase K, Tanaka K, Yata J, Dan K, Nomura T, Sakamaki H, Onozawa Y, et al.. Peroxidase-negative and myelomonocytic antigen-positive acute leukemia. Int J Hematol. 1992.04; 55 (2): 165-171. ( PubMed )

  35. Teraoka H, Sawai M, Takase K, Yamamoto K, Nozaki N, Okazaki T, Tsukada K. Expression of c-fos and c-myc in Raji Burkitt's lymphoma cells during the progression of DMSO-induced G1 cells into S phase. Exp Cell Res. 1991.07; 195 (1): 274-276. ( PubMed )

  36. Sawai M, Takase K, Teraoka H, Tsukada K. Reversible G1 arrest in the cell cycle of human lymphoid cell lines by dimethyl sulfoxide. Exp Cell Res. 1990.03; 187 (1): 4-10. ( PubMed )

  37. Nonoyama S, Minakuchi J, Takase K, Okawa H, Yata J, Ohira M, Nishihira H, Onozawa Y, Sakamaki H, Imai K. Lymphocytes after autologous and allogenic bone marrow transplantation. Acta Paediatr Jpn. 1989.08; 31 (4): 469-475. ( PubMed )

  38. Morio T, Takase K, Okawa H, Oguchi M, Kanbara M, Hiruma F, Yoshino K, Kaneko T, Asamura S, Inoue T, et al.. The increase of non-MHC-restricted cytotoxic cells (gamma/delta-TCR-bearing T cells or NK cells) and the abnormal differentiation of B cells in Wiskott-Aldrich syndrome. Clin Immunol Immunopathol. 1989.08; 52 (2): 279-290. ( PubMed )

  39. Takase K, Iwaki K, Gunji T, Yata J. Fluorescence intensity analysis through simplex optimization in flow cytometry. J Immunol Methods. 1989.03; 118 (1): 129-138. ( PubMed )

  40. Takase K, Okawa H, Minato K, Yata J. Cell cycle-related expression of surface antigens on myelomonocytic leukemia cells. Leuk Res. 1988; 12 (7): 583-590. ( PubMed )

  41. Takase K, Nonoyama S, Inada M, Okawa H, Yata J, Kawa-Ha K. Cytoplasmic CD3 antigen and T cell receptor gene rearrangement in surface CD3 negative T cell malignancy. Jpn J Clin Oncol. 1987.09; 17 (3): 237-245. ( PubMed )

  42. Shiozaki H, Maruyama Y, Tanigawa S, Sakamaki H, Onozawa Y, Takase K, Okawa H, Ha-Kawa K. [A case of acute biphenotypic leukemia] Rinsho Ketsueki. 1987.05; 28 (5): 743-747. ( PubMed )

  43. Okawa H, Nonoyama S, Minaguchi J, Takase K, Takagi S, Inada M, Yata J, Kawa-Ha K. [Identification of the cell lineage of lymphoid malignant cells with monoclonal antibodies] Rinsho Ketsueki. 1987.01; 28 (1): 1-8. ( PubMed )

  44. Nonoyama S, Takase K, Matsuoka Y, Yata J. Two-color flow cytometric analysis of peripheral lymphocytes in Kawasaki disease. Prog Clin Biol Res. 1987; 250 553-554. ( PubMed )

  45. Nonoyama S, Minakuti J, Takase K, Takagi S, Okawa H, Yata J, Dan K. [Clinical investigation of two cases with acute lymphoblastic leukemia (FAB L2) showing monoclonal antigens associated with myelomonocyte] Rinsho Ketsueki. 1986.06; 27 (6): 860-865. ( PubMed )

  46. Okawa H, Takase K, Takagi S, Yata J, Matsumoto M, Matsumoto T. Immunoregulatory function and expression of OKT17 antigen of adult T-cell leukemia cells. Cancer. 1986.02; 57 (4): 732-736. ( PubMed )

  47. Takase K, Takagi S, Okawa H, Yata J. Analysis of the effect of L-asparaginase on the cell cycle of leukemic T-cells by flow cytometry. Nippon Ketsueki Gakkai Zasshi. 1985.02; 48 (1): 159-163. ( PubMed )

  48. Tanaka K, Takase K, Takagi S, Handa T, Inada M, Ohkawa Y, Suzuki M, Oshimura M, Yata J. [A case of Philadelphia chromosome positive acute lymphoblastic leukemia] Rinsho Ketsueki. 1984.01; 25 (1): 52-56. ( PubMed )

  49. 阪口 博政, 荒井 耕, 高瀬 浩造. 医療機関における部門管理者を対象とする会計教育プログラムに関する調査研究 国際医療福祉大学学会誌. 2018.03; 22 (抄録号): 135. ( 医中誌 )

  50. 高瀬 浩造. 【救急医学の実践倫理】 医療事故と救急医療 臨床倫理と法的問題 医療界と法曹界の相互理解 救急医学. 2017.09; 41 (9): 1095-1102. ( 医中誌 )

  51. 阪口 博政, 荒井 耕, 高瀬 浩造. 医療機関従事者を対象とするマネジメント教育に関する予備調査 病院グループにおける会計教育研修を対象として 日本医療経営学会誌. 2017.09; 11 (1): 17-23. ( 医中誌 )

  52. 加藤正男、本多知成、高瀬浩造 他. 医療界と法曹界の相互理解のためのシンポジウム 第8回 判例タイムズ. 2016.10; 1427 5-53.

  53. 阪口博政、荒井耕、高瀬浩造. 医療管理学におけるマネジメント教育・会計教育についての文献レビュー 日本医療・病院管理学会誌. 2016.04; 53 (2): 43-50.

  54. 菅野博之、廣谷章雄、高瀬浩造 他. 医療界と法曹界の相互理解のためのシンポジウム 第6回 判例タイムズ. 2014.11; 65 (11): 5-38.

  55. 阪口博政、荒井耕、高瀬浩造. 大学病院の原価計算システム再構築に関する事例研究 一橋商学論叢. 2014.11; 9 (2): 20-32.

  56. 照屋秀樹、高瀬浩造. 小児病院における小児救急医療の自己評価に関する研究. 日本小児科学会雑誌. 2012; 116 (3): 564-571.

  57. 浜秀樹、菅野博之、高瀬浩造 他. 医療界と法曹界の相互理解のためのシンポジウム 第3回. 判例タイムズ. 2011; 1355 (2011-11-15): 4-46.

  58. 浜秀樹、藤波孝一、高瀬浩造 他. 医療界と法曹界の相互理解のためのシンポジウム 第2回. 判例タイムズ. 2010; 1328 (2010-10-1): 5-35.

  59. 高山俊男, 大崎幹生, 宮本寛之, 小俣透, 小嶋一幸, 高瀬浩造, 田中直文. 単一トロカール組立式腹腔内圧排ハンドの開発 日本コンピュータ外科学会誌. 2008; 10 (3): 325-326. ( 医中誌 )

  60. 高瀬浩造. 【病院ICT 現状と今後】 病院ICTの動向 病院設備. 2008; 50 (4): 334-341. ( 医中誌 )

  61. 高瀬浩造. 【外来・日帰り手術における現況と諸問題】 デイサージャリーの医療過誤・トラブルを防ぐために 整形外科最小侵襲手術ジャーナル. 2008; (47): 15-21. ( 医中誌 )

  62. 小西秀和, 高瀬浩造, 砂川光宏, 荒木孝二, 加藤熈. 歯科医師会会員の院内感染予防対策意識の現状と課題(第3報) アンケートの各回答グループ間における「スタンダードプリコーション」の理解度の比較 日本歯科保存学雑誌. 2008; 51 (4): 426-434. ( 医中誌 )

  63. 高瀬浩造. 医療従事者刑事訴追のプロセス Neurosurgical Emergency. 2008; 13 (1): 1-8. ( 医中誌 )

  64. 小西秀和, 砂川光宏, 荒木孝二, 高瀬浩造, 加藤熈. 歯科医師会会員の院内感染予防対策意識の現状と課題(第2報) 歯科診療室の管理における院内感染予防対策 日本歯科保存学雑誌. 2007; 50 (6): 664-674. ( 医中誌 )

  65. 小西秀和, 荒木孝二, 砂川光宏, 高瀬浩造, 加藤煕. 歯科医師会会員の院内感染予防対策意識の現状と課題 (第1報)日常的な歯科臨床における院内感染予防対策 日本歯科保存学雑誌. 2007; 50 (4): 455-465. ( 医中誌 )

  66. 岡村健太郎, 朝比奈欣治, 齊藤佳子, 高瀬浩造, 寺岡弘文. 【ヒトおよびサルのES細胞】 カニクイザルES細胞からの肝細胞分化誘導 再生医療. 2006; 5 (1): 52-58. ( 医中誌 )

  67. 朝比奈欣治, 岡村健太郎, 齊藤佳子, 寺本研一, 有井滋樹, 田中雄二郎, 高瀬浩造, 立野知世, 吉里勝利, 寺岡弘文. 霊長類ES細胞からの肝細胞分化誘導と肝傷害マウスへの移植 組織培養研究. 2006; 25 (1): 70. ( 医中誌 )

  68. 高瀬浩造. 【新・救急医療とクリニカルパス】 クリニカルパス入門 クリニカルパスの基礎 救急医学. 2006; 30 (12): 1611-1614. ( 医中誌 )

  69. 高山俊男, 小俣透, 有馬直也, 赤松秀樹, 大谷俊樹, 小嶋一幸, 高瀬浩造, 田中直文. 腹腔内組立式ハンド 日本コンピュータ外科学会誌. 2006; 8 (3): 340-341. ( 医中誌 )

  70. 高瀬浩造. 【わが国の電子カルテの現状と問題点】 医療安全における電子カルテの役割 日本医師会雑誌. 2006; 135 (9): 1994-1999. ( 医中誌 )

  71. 高瀬浩造. 【消化器病診療のためのクリニカルパスの実際】 クリニカルパスの基礎 侵襲と免疫. 2005; 13 (4/14(1)): 3-6. ( 医中誌 )

  72. 高瀬浩造. 個人情報保護をめぐる問題 臨床消化器内科. 2005; 20 (8): 1217-1219. ( 医中誌 )

  73. 高瀬浩造. 【ジェネリック医薬品の導入と適正使用】 診療報酬包括化(DPC)におけるジェネリック医薬品 薬局. 2004; 55 (11): 2851-2857. ( 医中誌 )

  74. 前田まゆみ, 伏見清秀, 高瀬浩造, 田中雄二郎. 医師の臨床倫理に関する意識 生命倫理. 2003; 13 (1): 130-139. ( 医中誌 )

  75. 佐藤和人、宮坂信之、山岡国士、奥田正治、高瀬浩造、大川洋二、西岡久寿樹. SLE及びシェ-グレン症候群における二重蛍光染色法を用いたFACSによるリンパ球表面抗原の検討. 臨床免疫. 1987; 19 289-294.

  76. 富山順治、神山尚、桃井優、工藤秀機、足立山夫、衣笠恵士、高瀬浩造、大川洋二. VP療法でB-Lymphoid Crisis が寛解した後にLymphoid-Myeloid Crisisを呈した慢性骨髄性白血病. 臨床血液. 1987; 28 434-440.

  77. 高瀬浩造、大川洋二、矢田純一. フロ-サイトメトリ-による表面形質分析における陽性率算出法についての検討. 臨床免疫. 1985; 17 408-417.

  78. 高瀬浩造、大川洋二、矢田純一. モノクロ-ナル抗体による細胞表面抗原検出における非特異反応の成因とその除去に関する研究. 日本臨床免疫学会雑誌. 1985; 8 184-191.

  79. 阪口 博政, 荒井 耕, 高瀬 浩造. 医療機関従事者を対象とするマネジメント教育に関する予備調査—病院グループにおける会計教育研修を対象として 日本医療経営学会誌. 2018.02; 11 (1): 17-23. ( DOI )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 高橋譲編、高瀬浩造 他. 裁判実務シリーズ5 医療訴訟の実務 第2版. 商事法務, 2019.07 医師から見た医療と法曹との相互理解の現状と課題 (ISBN : 978-4-7857-2719-2)

  2. 日本クリニカルパス学会監修、高瀬浩造 他. クリニカルパス用語解説集 第2版. サイエンティスト社, 2019.06 (ISBN : 978-4-86079-088-2)

  3. 高瀬浩造 他. クリニカルパス用語解説集 増補改訂版. 日本クリニカルパス学会, 2014.10

  4. 高橋譲, 高瀬浩造 他. 医療訴訟の実務. 商事法務, 2013.07 第1講 医師から見た医療と法曹との相互理解の現状と課題 (ISBN : 978-4-7857-2084-1)

  5. 看護業務をめぐる法律相談. 新日本法規出版, 2011

  6. 裁判例から読み解く看護師の法的責任. 日本看護協会出版会, 2010 (ISBN : 978-4-8180-1525-8)

  7. 日本クリニカルパス学会編 「クリニカルパス用語解説集」. 日本クリニカルパス学会, 2009

  8. 日本医療情報学会編 「医療情報 医学・医療編 第二版」. 篠原出版新社, 2006

  9. 日本医療情報学会編 「医療情報 医学・医療編」. 篠原出版新社, 2004

  10. 医療訴訟と専門情報. 判例タイムズ社, 2004

  11. わかりやすい医療裁判処方箋. 判例タイムズ社, 2004

  12. エビデンスに基づくクリニカルパス. 医学書院, 2000

  13. バイオ・検査薬と機器の技術. シーエムシー, 1996

  14. 改訂版リンパ球機能検索法. 改訂版リンパ球機能検索法, 1994

  15. 分子生物学・免疫学キーワード辞典. 医学書院, 1994

  16. 新生化学実験講座. 東京化学同人, 1990

  17. 新リンパ球機能検索法. 中外医学社, 1990

  18. フローサイトメトリー 改訂第2版. 蟹書房, 1988

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 ROBOMEC表彰 「単一トロカール組立による腹腔内組立式圧排ハンド」 2009年5月25日,2009年

  • 日本ロボット学会 論文賞 「腹腔内組み立て式3指5自由度ハンド」 2009年9月16日,2009年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナウイル感染症患者を短期間に大量収容した自衛隊中央病院の運営記録と組織学的な分析,2020年12月

    MMA学生 北垣 学 に対する研究指導

  • 病院運営のコンプライアンスに対する社会要請の検証,2020年12月

    MMA学生 元吉 晃太郎 に対する研究指導

  • 地域医療支援病院における紹介状の有用性について,2020年12月

    MMA学生 新井 美華 に対する研究指導

  • 地域医療連携推進法人制度の課題と今後の活用に関する研究,2020年12月

    MMA学生 荒井 忠行 に対する研究指導

  • 永続的な医療経営のための経営指標活用,2020年12月

    MMA学生 諌山 哲史 に対する研究指導

  • 私立医療系大学における研究支援方策の実態について,2020年12月

    MMA学生 石﨑 兼司 に対する研究指導

  • 犬と猫における長寿化および疾患変遷と人社会との比較,2019年12月

    MMA学生 井上 舞 に対する研究指導

  • 手術室における看護師の手術割り当ての妥当性について,2019年12月

    MMA学生 吉田 桂子 に対する研究指導

  • 救急車にて搬送された公費負担の救急患者の分析,2019年12月

    MMA学生 森下 幸治 に対する研究指導

  • 健康経営を推進する企業と連携した病院の医療提供についての研究,2019年12月

    MMA学生 村上 哲也 に対する研究指導

  • 民間病院と私立大学の合併の可能性と手段,2019年12月

    MMA学生 樋口 奈津子 に対する研究指導

  • 臨床検査パニック値の全国的な運用状況と課題及び医療安全管理における判例での一考察,2019年12月

    MMA学生 上道 文昭 に対する研究指導

  • 小児専門病院PICUにおける診療報酬の検証,2019年12月

    MMA学生 猪瀬 秀一 に対する研究指導

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科博士課程研究開発学特論,2000年 - 現在

  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科医歯科学修士課程医療管理政策学コース(MMA)医学概論,2007年 - 現在

  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科医歯科学修士課程医療管理政策学コース(MMA)病院情報管理学,2004年 - 現在

  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科医歯科学修士課程医療管理政策学コース(MMA)医療のTQM,2004年 - 現在

  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科医歯科学修士課程医療管理政策学コース(MMA)健康情報データベースと統計分析,2010年 - 現在

  • がんプロフェッショナル医学物理士コース医歯工学総論,2007年 - 2016年

  • がんプロフェッショナル医学物理士コース人体機能学,2007年 - 2016年

  • 複合領域コース 健康増進政策論 医学総論,2006年 - 現在

  • 複合領域コース 保健医療活動とリスク管理,2007年 - 現在

  • 複合領域コース 医療管理政策論,2008年 - 現在

  • 公衆衛生学(健康危機管理 医学科3年),2018年 - 現在

  • 医歯学基盤教育生命倫理I 医療事故と法的問題 (医学科3年、歯学科3年),2013年 - 現在

  • クリニカルクラークシップ総論,2005年 - 2010年

  • MIC 医療倫理実践,2005年 - 2009年

  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科医歯科学修士課程医療管理政策学コース(MMA)臨床研究・治験,2004年 - 現在

  • 医歯科学修士 データマネジメント,2003年 - 現在

  • 診療情報学(M4),2002年 - 2004年

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 保健医療活動とリスク管理,一橋大学経済学研究科

  • 健康増進政策論 医学総論,一橋大学経済学研究科

  • 医歯工学特別コース人体機能学,東京工業大学大学院

  • 医歯工学特別コース医歯工学総論,東京工業大学大学院

  • 医療のこれから,東京外国語大学

  • 医療安全とリスク管理,東京外国語大学

  • 医療管理政策論,一橋大学経済学研究科

▼全件表示

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 裁判例から読み解く看護師の法的責任,2009年04月 - 2017年01月

  • 一般教養科目としての医学教育,2006年07月 - 現在

  • 副専攻による大学院教育の多様化,2006年07月 - 2016年09月

  • MMA方式による社会人教育,2004年04月 - 現在

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 次期グランドデザインの策定,2017年05月 - 現在

  • がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン協議会委員,2017年04月 - 現在

  • 統合情報機構ITセキュリティー部門長,2017年04月 - 現在

  • CSIRTの設置準備と運営,2016年09月 - 現在

  • 統合情報機構の設置に関する業務,2016年01月 - 2017年03月

  • 東京医科歯科大学・ソニー(株) 包括連携協議会メンバー,2012年04月 - 2017年03月

  • MMA医療管理学コース担当責任者,2004年04月 - 現在

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 看護管理研修会,全国自治体病院協議会,都市センターホテル,2019年11月25日

  • 第12回東京地裁シンポジウム 医療界と法曹界の相互理解のため ,東京地方裁判所,東京地裁大会議室,2019年10月09日

  • 医療安全における最近の動向,労働者健康安全機構,関東労災病院,2019年05月30日

  • 検察官研修,法務省・東京医科歯科大学附属病院,東京医科歯科大学附属病院,2019年05月27日 - 2019年05月31日

  • 裁判官研修,最高裁判所・東京医科歯科大学附属病院,東京医科歯科大学附属病院,2019年02月21日 - 2019年02月22日

  • 医療管理学から見た感染症対策,Infection Forum Tokyo,東京大学 伊藤国際学術交流センター,2019年01月25日

  • 看護管理研修会,全国自治体病院協議会,都市センターホテル ,2018年11月29日

  • 働き方改革、チーム医療、専門医制度のもとでの公的病院・厚生連の課題,厚生連,第一ホテル両国 ,2018年11月03日

  • 第11回東京地裁シンポジウム 医療界と法曹界の相互理解のため ,東京地方裁判所,東京地方裁判所,2018年10月15日

  • 医療安全対策における最近の動向,労働者健康安全機構,医療安全対策研修,関東労災病院,2018年06月01日

  • 検察官研修,法務省,医療事故担当検察官病院研修,東京医科歯科大学医学部付属病院,2018年05月21日 - 2018年05月25日

  • 裁判官研修,最高裁判所司法研修所,東京医科歯科大学医学部附属病院,2018年02月22日 - 2018年02月23日

  • 電子カルテと医療安全,中野総合病院,医療安全講習会,2018年02月06日

  • シンクタンクに必要な医学概論,野村総研,野村総研社内講演会,2018年01月24日 - 2018年02月01日

  • 医療における自己決定支援と医療安全,全国自治体病院協議会,平成29年度 看護管理研修会,2017年11月30日

  • 第10回東京地裁シンポジウム 医療界と法曹界の相互理解のため,東京地方裁判所 東京3弁護士会,2017年10月16日

  • 安全管理委員会外部委員,中野総合病院,2017年10月10日 - 現在

  • 医療安全と医療訴訟,愛知医科大学整形外科教室同門会,医療安全講習会,TKPガーデンシティー名古屋,2017年06月10日

  • 医療安全対策における最近の動向,労働者健康安全機構,医療安全対策研修,関東労災病院,2017年06月02日

  • 検察官研修,法務省,2017年05月22日 - 2017年05月26日

  • 医療界と法曹界の相互理解のためのシンポジウムPT,東京地方裁判所,医療界と法曹界の相互理解のためのシンポジウム,東京地方裁判所,2017年04月04日 - 2017年10月16日

  • 診療情報共有改善検討委員会,京慈恵会医科大学病院,2017年03月23日 - 2017年06月05日

  • 裁判官研修,最高裁判所司法研修所,2017年02月22日 - 2017年02月23日

  • 医療の考え方,司法研修所,判事補研究会 医療訴訟,司法研修所別館,2017年02月21日

  • 新たな時代を迎えたがん免疫療法,東京医科歯科大学・ソニー株式会社,2016年度 クリニカルサミット 第2回研究会,東京医科歯科大学 MDタワー 共用講義室2,2017年02月02日

  • 医療の法的責任と院内事故調査,中野総合病院,医療安全講習,中野生協会館,2017年01月16日

  • 院内事故調査について,多摩北部医療センター,医療安全講演会,多摩北部医療センター,2016年11月15日

  • がん免疫診断における応用技術について,ソニー株式会社,技術指導,研究開発学研究室,2016年11月10日

  • 看護管理者が考える医療安全,埼玉県看護管理者会,埼玉県看護管理者研修会,川口フレンディア,2016年10月31日

  • 院内事故調査について,いわき市立総合磐城共立病院 ,医療安全講習会,いわき市立総合磐城共立病院,2016年10月25日

  • 院内事故調査について,東京都保健医療公社大久保病院 ,医療安全研修会,東京都保健医療公社大久保病院 ,2016年10月20日

  • 第9回 医療界と法曹界の相互理解のためのシンポジウム,東京地方裁判所,東京地方裁判所,2016年10月03日

  • がんのライフタイムケア -がん診断におけるLiquid Biospyの現状,東京医科歯科大学・ソニー株式会社,2016年度クリニカルサミット第1回研究会,東京医科歯科大学MDタワー 共用講義室2,2016年08月17日

  • 最新画像処理技術の医療への応用,ソニー株式会社,学術指導,研究開発学研究室,2016年07月11日

  • 「院内事故調査について」,全国自治体病院協議会,平成28年度 看護部会研修会,都市センターホテル ,2016年06月17日

  • 工学界と医学界との相互理解への道,日本機械学会,ロボティクス・メカトロニクス講演会,2016年06月09日

  • 厚生連IRB委員長,日本文化厚生連,新宿農協会館,2016年06月01日 - 現在

  • 国民皆保険下における医療の視点,社会保険診療報酬支払基金 ,全国保険担当者会議,フクラシア東京ステーション,2016年02月10日

  • 医療者の説明責任について,江東区保健所・医師会,江東区医療安全講習会,江東区医師会,2016年02月09日

  • 説明と同意 患者・家族との良好な関係を築くために,東京都立駒込病院,医療安全講習会,東京都立駒込病院,2016年02月02日

  • 第5回国際産学連携低侵襲医学シンポジウム,東京医科歯科大学,2016年01月23日

  • 日本クリニカルパス学会誌,日本クリニカルパス学会,日本クリニカルパス学会誌,2013年11月01日 - 現在

  • 司法修習委員会,最高裁判所,司法研修所 司法修習委員会,最高裁判所,2005年06月01日 - 現在

▼全件表示