基本情報

写真a

中村 桂子(ナカムラ ケイコ)

NAKAMURA Keiko


職名

教授

研究分野・キーワード

国際保健, 健康指標, 地理情報システム, 健康決定因子

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1985年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  社会医学  博士課程  1989年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1998年03月
    -
    2000年03月
    東京医科歯科大学 公衆衛生学講座 助教授
  • 2000年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際保健医療協力学 准教授
  • 2015年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 准教授
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際保健医療事業開発学分野 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際保健医療事業開発学分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1990年01月
    日本学術振興会 特別研究員PD

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本衛生学会

  • 国際疫学会

  • 日本疫学会

  • 日本都市計画学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本公衆衛生学会 評議員
  • 日本衛生学会 評議員
  • 2010年12月
    -
    2011年10月
    統計委員会 専門委員
  • 2013年03月
    -
    2017年03月
    環境科学会 理事
  • 2016年04月
    -
    現在
    食品安全委員会 専門委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 衛生学・公衆衛生学

  • 医療社会学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 地域包括mHealthケアによる高血圧・糖尿病患者の管理プログラム導入効果の検証,2019年06月 - 2023年03月

  • Workforce development aimed at providing quality health and social care services for older adults in ASEAN countries through inter-professional training towards acceleration of Universal Health Coverage.,2018年12月 - 2020年02月

  • 健康推進プログラムがもたらす健康格差拡大の逆説的関係の発生機序とその補正効果,2017年04月 - 2020年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 認知症施策の評価・課題抽出のための研究:領域横断・融合的アプローチと大規模データベースの実践的活用

    厚生労働省 : 2020年04月 -

  • 健康推進プログラムがもたらす健康格差拡大の逆説的関係の発生機序とその補正効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 生活習慣病の増加に伴う疾病と社会的健康決定要因との逆説的関連性のメカニズム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 心的外傷後ストレス障害の地域予後:アフガニスタン母子コホートの10年後健康調査

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 地域の社会的凝集性、集団的エフィカシーならびに帰属意識が健康リスクを低減する効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Alojaimy RS, Nakamura K, Al-Sobaihi S, Tashiro Y, Watanabe N, Seino K. Infection prevention and control standards and associated factors: Case study of the level of knowledge and practices among nurses in a Saudi Arabian hospital Journal of Preventive Medicine and Hygiene. 2021.03;

  • Hasan SMM, Rahman M, Nakamura K, Tashiro Y, Miyashita A, Seino K. Relationship between diabetes self-care practices and control of periodontal disease among type2 diabetes patients in Bangladesh Plos ONE. 2021.03;

  • 角野香織、佐藤菜々、中芝健太、大久敬子、藤井伽奈、橋本明弓、片岡真由美、里英子、小林由美子、増田理恵、張俊華、木島優依子、中村桂子、橋本英樹. 公衆衛生的危機状況における教育研究機関と保健所の連携:新型コロナウィルス感染症対応の経験と教訓から. 日本公衆衛生学雑誌. 2021.03; 68 (3): 186-194.

  • Han TDT, Nakamura K, Seino K, Duc VNH, Vo TV.. Do communication patterns affect the association between cognitive impairment and hearing loss among older adults in Vietnam? Int J Environ Res Public Health. 2021.02; 18 1603.

  • Shayo FK, Nakamura K, Al-Sobaihi S, Seino K.. Is the source of domestic water associated with the risk of malaria infection? Spatial variability and a mixed-effects multilevel analysis. Int J Infectious Diseases. . 2021.01; 104 224-231.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Nakamura K, Ai CJA. Healthy Cities – The Theory, Policy, and Practice of Value ‐ Based Urban Health Planning. Springer, 2017.01 Diversities of Healthy Cities in Asia and the Pacific.

  • 赤星昴己,中村桂子,谷川武,前田秀雄. 感染症対策を支援する人のための 高齢者福祉施設 新型コロナウイルス感染症対策マニュアル. 2020.08

  • 中村桂子. 地域再生モデルとしての健康都市づくり(東日本大震災の復旧・復興への提言). 技報堂出版, 2012.03

  • Mercado S, Havermann K, Nakamura K, Kiyu A, Mogan S. Addressing health vulnerabilities of the urban poor in the ‘new urban settings’ of Asia.. Taylors & Francis / Routledge, Abingdon, 2012.01

  • Nakamura K. A Network of Healthy Cities in Asia and the Pacific: The Alliance for Healthy Cities. In: Asian Perspectives and Evidence on Health Promotion and Education . Springer, 2011.01 (ISBN : 978-4-431-53888-2)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Nakamura K. Healthy Cities in the Western Pacific Region: Network of the Alliance for Healthy Cities. WHO European Healthy Cities Annual Business Meeting and Technical Conference, Healthy Cities Around the World 2020.12.10 Copenhagen

  • 中村桂子, 清野薫子, 田代百合, 宮下彩乃. タンザニアにおける高血圧糖尿病患者の疾病管理実装研究. D&I 科学研究会 第 5 回学術集会 D&I 科学と国際保健 2020.11.28 online

  • 中村桂子. 新型コロナウイルス感染症流行を制御する対応と社会の課題 「withコロナ時代」の計画行政 . 日本計画行政学会第43回全国大会 2020.11.27 online

  • Maro II, Nakamura K, Kibusi S, Seino K. Community mHealth Integrated Care (ComHIC) to manage hypertension/diabetes in Tanzania’s overburdened health system. Global Alliance for Chronic Disease Annual Scientific Meeting 2020 2020.11.11 London

  • 中村桂子. 「ヘルシーシティー」健康を重視した都市政策指標を活用したまちづくりの展開. 「認知症施策の評価・課題抽出のための研究:領域横断・融合的アプローチと大規模データベースの実践的活用」  第4回ミーティング  2020.10.27

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Fellowship of Faculty of Public Health,2020年04月

  • 社会医学振興財団第4回荒記賞(奨励賞),社会医学振興財団,2017年09月

  • International Research Award, American Public Health Association,1999年11月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「健康都市」づくりに高まる関心:技術と社会の仕組みを合わせた開発協力を,2019年11月

    特集「近づく地球の"限界"求められるプラネタリーヘルスの視座
    国際開発ジャーナル

  • フィリピンとベトナムの高齢者に良質のサービスを提供するための専門職連携トレーニング,2019年11月

    フィリピンとベトナムの保健医療および社会的ケア従事者を対象とした職能に基づくIPEプログラムの開発研究 https://extranet.who.int/kobe_centre/ja/project-details/aean_phl_vnm

  • Interprofessional training for delivering quality services for older people in the Philippines and Viet Nam,2019年11月

    Introduction of a three countries joint research project to develop a competency-based IPE programme for health and social care workers in the Philippines and Viet Nam which can be adapted for use in other low- and middle-income countries.
    https://extranet.who.int/kobe_centre/en/project-details/aean_phl_vnm

  • 健康を核にし、成熟都市を描く。 健康都市と「ヘルスケアシティ構想」 ,2016年11月

    健康都市デザイン誌07号
    発行:健康都市活動支援機構/(株)ユーディ・シー
    健康都市と「ヘルスケアシティ構想」 をテーマとした座談会に参加し、誌上発表。

  • 生活環境と健康都市 共助を育むソーシャルデザイン ,2012年07月

    健康都市デザイン誌02号
    生活環境と健康都市 共助を育むソーシャルデザインをテーマとする座談会に参加し誌上発表。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 国際動向特論,2018年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 東京公衆衛生支援,2020年04月01日 - 現在