基本情報

写真a

畑 裕(ハタ ユタカ)

HATA Yutaka


職名

教授

研究室住所

MDタワー18階北

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mbc/index.html

研究分野・キーワード

がん シグナル伝達 細胞死 細胞周期 がん遺伝子 がん抑制 筋肉 マクロファージ

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学部  1982年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 病態代謝解析学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 病態代謝解析学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1999年4月 東京医科歯科大学医学部分子医化学教授
  • 2000年4月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本細胞生物学会

  • 日本癌学会

  • 日本神経科学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会 評議員
  • 日本細胞生物学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医化学一般

  • 病態医化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Molecular dissection of the singal transduction pathway that regulates cell proliferation, cell polarity and cell death

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍抑制ヒッポ・シグナルの非規範的制御機構と非癌疾病の病態における役割の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • ヒッポ・パスウエイのオン・オフ機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • 腫瘍抑制分子がRASシグナル伝達において果たす非腫瘍抑制的役割

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Wenzhe Qiu, Arimoto-Matsuzaki Kyoko, Kitamura Masami, Hata Yutaka. Human keratinocyte HaCaT cells form aggregates containing Ras-GAP SH3 domain-binding proteins in the cytoplasm in response to a low dose of teniposide(和訳中) Journal of Medical and Dental Sciences. 2019.06; 66 (2): 23-30. ( 医中誌 )

  • Ito M, Hara H, Takeda N, Naito AT, Nomura S, Kondo M, Hata Y, Uchiyama M, Morita H, Komuro I. Characterization of a small molecule that promotes cell cycle activation of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes. Journal of molecular and cellular cardiology. 2019.01; 128 90-95. ( PubMed, DOI )

  • Lu Y, Maruyama J, Kuwata K, Fukuda H, Iwasa H, Arimoto-Matsuzaki K, Sugimura H, Hata Y. Doublecortin-like kinase 1 compromises DNA repair and induces chromosomal instability. Biochemistry and biophysics reports. 2018.12; 16 130-137. ( PubMed, DOI )

  • Hossain Shakhawoat, Iwasa Hiroaki, Hata Yutaka. The RASSF6 tumor suppressor protein regulates apoptosis and the cell cycle via Retinoblastoma protein CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 890.

  • Timalsina Shikshya, Arimoto-Matsuzaki Kyoko, Kitamura Masami, Xu Xiaoyin, Qiu Wenzhe, Ishigami-Yuasa Mari, Kagechika Hiroyuki, Hata Yutaka. Chemical compounds that suppress hypoxia-induced stress granule formation enhance cancer drug sensitivity of human cervical cancer HeLa cells JOURNAL OF BIOCHEMISTRY. 2018.11; 164 (5): 381-391. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Xu X, Kodaka M, Iwasa H, Hata Y. Encyclopedia of Signaling Molecules MAGI2/S-SCAM. SPringer, MAGI2

  • Kodaka M, Xu X, Yang X,Maruyama J, Hata Y. SPringer Protocol Appication of split-GFP reassembly assay to the study of the in vitro myogenesis and myofusion.. Springer, Application of split-GFP reassembly assay to the study of the in vitro myogenesis and myofusion.

  • Iwasa H, Shimizu T, Hata Y.. Encyclopedia of Signaling Molecules RASSF6. Springer, RASSF6 (ISBN : 978-1-4419-0460-7)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Yutaka Hata. New tricks that regulate YAP and TAZ. Telluride Science Research Center Workshop 2019.06.12 Telluride, Collardo, USA

  • 長島 俊太, 丸山 順一, 岩佐 宏晃, 有本-松崎 京子, 本田 香織, 近藤 恭光, 長田 裕之, 名和 眞希子, 石上-湯浅 磨里, 影近 弘之, 中浜 健一, 仁科 博史, 畑 裕 . ケミカルバイオロジーからアプローチしたTAZの新しい制御機構の解析 . 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.30 横浜

  • Hossain Shakhawoat, 岩佐宏晃, 畑裕. RASSF6腫瘍抑制タンパク質は網膜芽細胞腫タンパク質を介してアポトーシスと細胞周期を制御する. 第77回日本癌学会総会 2018.09

  • 畑 裕. がん治療、再生医療の治療標的としての 転写共役因子YAP1、TAZの有用性について. 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会・合同大会 2015.12.03 神戸

  • Yutaka Hata. Transcriptional coactivator with PDZ-binding motif (TAZ), a potential target for interventions against muscle-wasting disorders. Neuroscience Symposium 2015 2015.10.23

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生化学