基本情報

写真a

黒柳 秀人(クロヤナギ ヒデヒト)

KUROYANAGI Hidehito


職名

准教授

生年

1970年

研究室住所

〒113-8510東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4695

メールアドレス

kuroyana.end@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/end/

研究分野・キーワード

mRNA、プロセシング、RNA、核、転写、転写後修飾、選択的スプライシング、遺伝子発現制御、線虫、レポーター、モデル生物、可視化、トランスクリプトーム、変異体、分子遺伝学、次世代シーケンサー、リボソーム

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学部  生物化学科  1994年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学系研究科  生物化学専攻  博士課程  1999年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 准教授
  • 2008年04月
    -
    2012年03月
    東京医科歯科大学 大学院生命情報科学教育部/大学院疾患生命科学研究部 准教授
  • 2003年09月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 大学院生命情報科学教育部/大学院疾患生命科学研究部 講師
  • 2000年04月
    -
    2003年08月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 助手

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    1999年03月
    日本学術振興会 特別研究員
  • 1999年04月
    -
    2000年03月
    山之内製薬株式会社 創薬研究本部 分子医学研究所 博士研究員
  • 2008年10月
    -
    2012年03月
    科学技術振興機構 さきがけ「RNAと生体機能」 さきがけ研究者(兼任)
  • 2017年03月
    -
    2018年07月
    University of California, Los Angeles (UCLA) Department of Microbiology, Immunology and Molecular Genetics (MIMG) Visiting Associate Professor

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本神経科学学会

  • 日本RNA学会

  • 日本ケミカルバイオロジー学会

  • Genetics Society of America

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年08月
    -
    2017年03月
    文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター 専門調査員
  • 2013年12月
    -
    2014年11月
    独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2014年04月
    -
    2016年03月
    日本RNA学会 第8期庶務幹事
  • 2014年12月
    -
    2015年11月
    独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    日本RNA学会 第9期評議員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • mRNA前駆体プロセシングを制御する細胞暗号の解明

  • 拡張型心筋症の病態形成機構の解明

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 拡張型心筋症で変異が見られるスプライシング制御因子RBM20の機能の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2021年

  • 動物個体における転写と共役したmRNAプロセシングの制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 代謝酵素遺伝子ノンコーディングmRNAの食餌による発現制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • mRNA前駆体の組織特異的転写後プロセシングの制御機構の解明(国際共同研究強化)

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 転写産物の高精細プロファイリングによる転写と転写後プロセシングの共役機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Josh Arribere, Hidehito Kuroyanagi, Heather Hundley. mRNA Editing, Processing and Quality Control in Caenorhabditis elegans. Genetics. 2020.07; 215 (3): 531-568. ( PubMed, DOI )

  • Jay W Schneider, Saji Oommen, Muhammad Y Qureshi, Sean C Goetsch, David R Pease, Rhianna S Sundsbak, Wei Guo, Mingming Sun, Han Sun, Hidehito Kuroyanagi, Dennis A Webster, Alexander W Coutts, Kimberly A Holst, Brooks S Edwards, Nikolas Newville, Matthew A Hathcock, Tamene Melkamu, Francesca Briganti, Wu Wei, Maria G Romanelli, Scott C Fahrenkrug, Doug E Frantz, Timothy M Olson, Lars Steinmetz, Daniel F Carlson, Timothy J Nelson and Wanek Program Preclinical Pipeline. Dysregulated RNP granules promote cardiomyopathy in RBM20 gene-edited pigs. Nature Medicine. 2020;

  • Watanabe T, Kimura A, Kuroyanagi H. Alternative Splicing Regulator RBM20 and Cardiomyopathy. Frontiers in molecular biosciences. 2018.11; 5 105. ( PubMed, DOI )

  • Watabe Eichi, Ono Shoichiro, Kuroyanagi Hidehito. Alternative splicing of the Caenorhabditis elegans lev-11 tropomyosin gene is regulated in a tissue-specific manner CYTOSKELETON. 2018.10; 75 (10): 427-436. ( PubMed, DOI )

  • Hiroaki Iwasa, Aradhan Sarkar, Takanobu Shimizu, Takeru Sawada, Shakhawoat Hossain, Xiaoyin Xu, Junichi Maruyama, Kyoko Arimoto-Matsuzaki, Kanchanamala Withanage, Kentaro Nakagawa, Hidetake Kurihara, Hidehito Kuroyanagi, Yutaka Hata. UNC119 is a binding partner of tumor suppressor Ras-association domain family 6 and induces apoptosis and cell cycle arrest by MDM2 and p53. Cancer Sci.. 2018.09; 109 (9): 2767-2780. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 日本遺伝学会編. 遺伝学の百科事典(仮). 丸善出版株式会社, 2020 第3章第17項: スプライシング

  • 黒柳秀人. 遺伝子発現制御機構 ―クロマチン,転写制御,エピジェネティクス―. 株式会社 東京化学同人, 2017.04 第9章第4節. 転写と転写後の共役 (ISBN : 9784807909179)

  • 黒柳秀人. ノンコーディングRNA ―RNA分子の全体像を俯瞰する―. 株式会社 化学同人, 2016.07 第26章. デコイncRNA. (ISBN : 9784759817256)

  • Hidehito Kuroyanagi, Akihide Takeuchi, Takayuki Nojima and Masatoshi Hagiwara. Alternative pre-mRNA Splicing: Theory and Protocols. Wiley-VCH, 2012.01 Chapter 28: Single cell detection of splicing events with fluorescent splicing reporters. (ISBN : 978-3-527-32606-8)

  • 黒柳秀人,萩原正敏. キーワードで理解する 転写イラストマップ. 2004.10 誘導的遺伝子発現とシグナル伝達 (ISBN : 978-4-89706-579-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 黒柳秀人. Alternative splicing through m6A modification at a 3' splice site for SAM synthetase homeostasis. 第2回RNAJオンラインミーティング「mRNA/miRNAの代謝」 2020.08.27 オンライン

  • Shotaro Wani, Eichi Watabe, Yuma Ishigami, Marina Togo-Ohno, Tsutomu Suzuki, Hidehito Kuroyanagi. Homeostasis of S-adenosylmethionine (SAM) synthetase genes in C. elegans by alternative pre-mRNA splicing through m6A modification at the 3' spice site. 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.04 福岡市

  • 黒柳秀人,井原健介,大野―都甲麻理奈,平岡優一,木村彰方,笹野哲郎. 拡張型心筋症の原因となるスプライシング制御因子RBM20の変異解析とモデルマウスの作製. 第23回日本心不全学会学術集会 2019.10.06 広島市

  • Shotaro Wani, Eichi Watabe and Hidehito Kuroyanagi. Alternative splicing regulation of the S-adenosylmethionine synthase (sams) genes through adenosine methylation at their 3’ splice sites. 線虫研究の未来を創る会 2019 2019.08.22 名古屋大学

  • Eichi Watabe, Hidehito Kuroyanagi. Nascent RNA sequencing reveals pre-mRNA processing dynamics governed by splicing regulators. 線虫研究の未来を創る会 2019 2019.08.21 名古屋大学

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • Cytoskeleton. Cover Image, Volume 75, Issue 10,その他,2018年12月

  • Molecular and Cellular Biology. Cover Image, Volume 28, Issue 14,その他,2008年07月

  • Genes & Development. Cover Image, Volume 22, Issue 3,その他,2008年02月

  • Nature Methods. Cover Image, Volume 3, Issue 11,その他,2006年10月

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学優秀研究賞,東京医科歯科大学,2014年10月

  • 平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞,文部科学大臣,2009年04月

  • 2007年難治疾患研究所優秀論文賞,東京医科歯科大学難治疾患研究所,2008年02月

  • 2006年難治疾患研究所優秀論文賞,東京医科歯科大学難治疾患研究所,2007年02月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「変異型タンパク質の細胞質への蓄積が拡張型心筋症を重症化する」―ゲノム編集による自然発症心房細動を合併する拡張型心筋症モデルマウスの確立―,2020年10月

    Scientific reports

  • 「拡張型心筋症の原因変異が分子ばねタンパク質の発現に影響するしくみを解明」 モデルマウスによる病態解明と治療法開発へ前進 ―,2018年06月

    Scientific Reports

  • Head Organizer: 4th East Asia C. elegans Meeting,2010年07月

    Shibuya-ku, Tokyo, Japan.
    July 11-14, 2010.

  • RNAフロンティアミーティング2009 世話人,2009年09月

    2009年9月26-28日

  • 色でわかる遺伝情報発現の変化-タンパク質の多様性の鍵となるスプライシング暗号解読の新たな解析ツール-,2008年01月

    Genes & Development

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学(医学部保健衛生学科検査技術学専攻),2004年 - 現在

  • 発生・再生科学(大学院医歯学総合研究科修士課程医歯理工学専攻),2012年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 拡張型心筋症 原因遺伝子変異が引き金 バネタンパク質に発現異常,科学新聞,科学技術総合,2018年06月22日

  • 拡張型心筋症、たんぱく質の変異起因 東京医科歯科大が発見,日刊工業新聞,科学技術・大学,2018年06月13日

  • 遺伝子変異、心筋収縮弱く 拡張型心筋症、マウスで確認 東京医科歯科大 治療薬開発に道,日経産業新聞,第6面,2018年06月13日

  • 東京医科歯科大、難治性心臓病 原因遺伝子発見、心筋のばね弱く,日本経済新聞電子版,科学&新技術,2018年06月12日

  • RNAの加工パターンを動物が生きたまま観察する手法を開発。遺伝子発現のしくみに迫る 黒柳秀人先生 東京医科歯科大学,学校法人河合塾,みらいぶプラス,<専門分野:分子生物学>,2017年04月21日

全件表示 >>