基本情報

写真a

木下 淳博(キノシタ アツヒロ)

KINOSHITA Atsuhiro


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室FAX番号

03-5803-0379

メールアドレス

kinoshita-emdv@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dept/toshozyouhou/emdv/index.html

研究分野・キーワード

臨床教育, シミュレーション教育, 再生医療, 歯周組織の再生, 歯周病, 再生医工学, 歯周治療, 骨形成因子, 医療情報学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1987年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科保存学第二講座  博士課程  1991年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1992年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 (第二保存科) 医員
  • 1992年04月
    -
    1994年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 (歯科保存学第二講座、第二保存科) 助手
  • 1994年04月
    -
    2000年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 (歯科保存学第二講座) 助手
  • 2000年04月
    -
    2004年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生体支持組織学系専攻 生体硬組織再生学講座 歯周病学分野 助手
  • 2004年04月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 歯科衛生士室 室長
  • 2004年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 口腔保健学科 口腔保健衛生学専攻 口腔疾患予防学 教授
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 歯科医療情報センター 歯科医療情報センター長
  • 2007年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 総合診療科 口腔ケア外来 外来診療科長
  • 2010年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 副学長(メディア教育担当)
  • 2010年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 図書館情報メディア機構 教育メディア開発部 教授
  • 2010年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 図書館情報メディア機構 メディア教育推進部門 部門長
  • 2010年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 図書館情報メディア機構 機構長
  • 2010年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 図書館情報メディア機構 メディア教育推進部門長
  • 2010年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 教育メディア開発学 教授
  • 2011年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 図書館情報メディア機構 図書館 館長
  • 2011年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 図書館長
  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合教育機構 教授
  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 統合情報機構 図書館長
  • 2017年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 病院長補佐
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合教育機構 教学IR部門長
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合情報機構 副機構長
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 歯学部 副学部長
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 歯科医療情報センター 歯科医療情報センター長
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 歯学部 副学部長(教育担当)
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合情報機構 図書館部門長
  • 2020年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 統合教育機構 教学IR部門長
  • 2020年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 副理事(情報・IR担当)
  • 2020年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 統合情報機構 ITセキュリティー部門長
  • 2020年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 IR室副室長
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 副病院長(総務(診療体制)、診療システム等)
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療情報管理室長
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 医療情報部 部長(歯科部門)
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 病院⻑補佐  診療体制・診療システム(⻭系)
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 保険医療管理部  副部長

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1998年03月
    -
    1998年09月
    Harvard School of Dental Medicine Department of Periodontology 客員教員
  • 2010年04月
    -
    現在
    文京学院大学 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯周病学会

  • 口腔病学会

  • 日本歯科医学教育学会

  • 日本歯科衛生教育学会

  • 日本医学教育学会

  • 日本歯科衛生学会

  • 日本歯科保存学会

  • 日本口腔衛生学会

  • 日本口腔診断学会

  • 日本レーザー歯学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年08月
    -
    2013年03月
    文部科学省 私立大学教育研究活性化設備整備事業委員会 審査協力委員
  • 2014年08月
    -
    現在
    文部科学省 科学技術・学術政策研究所 博士人材データベース連絡協議会委員
  • 2007年05月
    -
    2008年03月
    大学基準協会 「特色ある大学教育支援プログラム」ペーパーレフェリー
  • 2006年01月
    -
    2006年12月
    日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2007年01月
    -
    2007年12月
    日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2008年06月
    -
    2008年12月
    日本学術振興会 質の高い大学教育推進事業委員会専門委員(書面審査委員)
  • 2009年05月
    -
    2009年12月
    日本学術振興会 大学教育等推進事業委員会大学部会書面審査委員
  • 2010年06月
    -
    2011年03月
    日本学術振興会 大学教育等推進事業委員会書面審査委員
  • 2014年12月
    -
    2015年11月
    日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員
  • 2015年12月
    -
    2016年11月
    日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員
  • 2018年12月
    -
    2019年11月
    日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員
  • 2019年12月
    -
    2020年11月
    日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員
  • 2013年07月
    -
    2017年06月
    日本歯科医学会 日本歯科医学会誌 編集委員会委員
  • 2010年09月
    -
    2011年03月
    日本歯科医学会 タイムスタディー作業部会 委員
  • 2016年09月
    -
    2017年06月
    日本歯科医学会 タイムスタディー作業部会 委員
  • 2021年02月
    -
    現在
    日本歯周病学会 常任理事
  • 2021年02月
    -
    現在
    日本歯周病学会 臨床データベース委員会委員長
  • 2012年04月
    -
    現在
    日本歯周病学会 理事
  • 2019年04月
    -
    現在
    日本歯周病学会 歯科衛生士関連委員会 副委員長
  • 2017年04月
    -
    現在
    日本歯周病学会 歯科衛生士関連委員会 委員
  • 2011年04月
    -
    2021年03月
    日本歯周病学会 教育委員会副委員長
  • 2004年10月
    -
    現在
    日本歯周病学会 評議員
  • 2021年03月
    -
    現在
    日本歯科衛生学会 顧問
  • 2021年04月
    -
    現在
    医療系eラーニング全国交流会 会長
  • 2004年10月
    -
    現在
    口腔病学会 理事
  • 2007年04月
    -
    2010年03月
    日本歯科医学教育学会 渉外広報委員会 委員
  • 2013年04月
    -
    2016年03月
    日本歯科医学教育学会 教育評価委員会 委員
  • 2006年06月
    -
    現在
    日本歯科医学教育学会 評議員
  • 2014年
    -
    現在
    教育システム情報学会 重点課題検討委員会 医療看護部会 幹事
  • 2014年05月
    -
    現在
    教育システム情報学会 人材育成委員会 委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 教育工学

  • 保存治療系歯学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • コンピュータシミュレーション教育システムの開発と活用に関する研究

  • 医療系教育におけるeラーニングシステムの活用に関する研究

  • 医療系教育における教育メディアの開発と活用に関する研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 超高齢社会における2025年問題解決のための外国人介護人材養成システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 働き方改革における労働者の働き方の多様性に対応した産業歯科保健対策の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 医療従事者らの医療安全スキル向上に向けたe-learningシステム開発に関する研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2019年03月

  • モバイル型ロボット電話を用いた高齢者生活支援システムの開発と評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 歯科衛生士の新人教育、復職支援のためのeラーニング教材の開発、活用と評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 歯科衛生士教育、復職支援のための訪問歯科診療eラーニング教育システムの開発と評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 歯科衛生士教育における英語による臨床シミュレーション教材の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 職域における歯科保健の推進に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 職域における歯科保健の推進に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • コンピュータシミュレーションを活用した歯科衛生士キャリアパスの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • eラーニングによる歯科衛生士の新人教育システムと復職支援システムの開発と評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 臨床体験型コンピュータシミュレーション教材の標準化と医歯学融合教育での教育効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2015年

  • 医学歯学教育における術者目線3Dムービー作成・供覧・遠隔指導システムの開発と評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 歯科衛生士の技術教育におけるステッププログラムと評価システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • 臨床体験型コンピュータシミュレーション教材の標準化と医歯学融合教育での教育効果

    文部科学省/日本学術振興会

  • 病院ビッグデータを用いた歯科疾患の決定要因の解析

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kittichai Sireerat, Naoko Seki, Masako Akiyama, Atsuhiro Kinoshita, Ikuko Morio. Critical thinking disposition among Thai dental students J Dent Educ. 2022.03; 1-8. ( PubMed, DOI )

  2. Ai Ohsato, Naoko Seki, Tam Thi Thanh Nguyen, Janelle Moross, Masayo Sunaga, Yuji Kabasawa, Atsuhiro Kinoshita, Ikuko Morio. Evaluating e-learning on an international scale: An audit of computer simulation learning materials in the field of dentistry. J Dent Sci. 2022.01; 17 (1): 535-544. ( PubMed, DOI )

  3. Seki Naoko , Moross Janelle , Kanamori Yuna , Sunaga Masayo , Kinoshita Atsuhiro , Morio Ikuko. Including clinic-based English education in dental curriculum, supplemented by e-learning J. Med. Dent. Sci.. 2021.05; 68 55-61.

  4. Yusuke Harada, Masayo Sunaga, Yasuo Takeuchi, Koji Mizutani, Sayaka Katagiri, Yuichi Ikeda, Akira Aoki, Takanori Iwata, Atsuhiro Kinoshita. Standardization of examiners using a dental model for pocket probe training: Adequacy of evaluation with model and standard accuracy rate of skilled examiners J. Med. Dent. Sci.. 2021.02; 68 49-54.

  5. Nana Shiota, Atsuhiro Kinoshita, Masayo Sunaga, Gen Tanabe, Kairi Hayashi, Hiroshi Churei, Tomoko Fukai, Masaru Matsumoto, Toshikazu Yasui, Toshiaki Ueno. Effectiveness of computer-assisted learning in sports dentistry: Studies over a multiple-year period and at two universities. Eur J Dent Educ. 2021.01; 1-10. ( PubMed, DOI )

  6. Ohsato A, Seki N, Nguyen TTT, Moross J, Sunaga M, Kabasawa Y, Kinoshita A, Morio I. Evaluating e-learning on an international scale: An audit of computer simulation learning materials in the field of dentistry Journal of Dental Sciences. 2021;

  7. Akane Takenouchi, Etsuyo Otani, Masayo Sunaga, Takako Toyama, Hiromi Uehara, Kyoko Akiyama, Takae Kawashima, Kanade Ito, Hiromi Izuno, Atsuhiro Kinoshita. Development and evaluation of e-learning materials for dental hygiene students in six schools: Using smartphones to learn dental treatment procedures. Int J Dent Hyg. 2020.11; 18 (4): 413-421. ( PubMed, DOI )

  8. Nobutoshi Nawa, Mitsuyuki Numasawa, Mina Nakagawa, Masayo Sunaga, Takeo Fujiwara, Yujiro Tanaka, Atsuhiro Kinoshita. Differential effects of individual and school factors on the academic trajectories of Japanese dental students. J Dent Educ. 2020.07; 84 (7): 792-798. ( PubMed, DOI )

  9. Nawa Nobutoshi, Numasawa Mitsuyuki, Nakagawa Mina, Sunaga Masayo, Fujiwara Takeo, Tanaka Yujiro, Kinoshita Atsuhiro. Associations between demographic factors and the academic trajectories of medical students in Japan PLOS ONE. 2020.05; 15 (5): e0233371. ( PubMed, DOI )

  10. Naoko Seki, Janelle Moross, Hiromi Otsuka, Masayo Sunaga, Mio Naito, Keiko Kondo, Kayoko Shinada, Ikuko Morio, Atsuhiro Kinoshita. Dental Hygiene Learning Outcomes Obtained Through Computer-Assisted Simulation Modules. J Dent Hyg. 2020.02; 94 (1): 32-38. ( PubMed )

  11. Akane Takenouchi, Masayo Sunaga, Yuki Ohara, Takashi Matsukubo, Atsuhiro Kinoshita. Development and evaluation of an English learning system using smartphones in Japanese dental hygiene education Journal of Medical and Dental Sciences. 2019.09; 66 51-58.

  12. Ridan Cao, Masayo Sunaga, Tomoe Miyoshi, Atsuhiro Kinoshita. Development and Evaluation of a Study Level Announcement System in e-Learning J. Med. Dent. Sci.. 2018.09; 65 (3): 113-122.

  13. Naoko Seki, Manabu Kanazawa, Yuriko Komagamine, Koji Mizutani, Keiichi Hosaka, Wataru Komada, Janelle Moross, Shinji Kuroda, Masayo Sunaga, Yoko Kawaguchi, Ikuko Morio, Atsuhiro Kinoshita. International Dental Education Course for Clinical Expertise at Tokyo Medical and Dental University Graduate School J. Med. Dent. Sci.. 2018.09; 65 (3): 123-130.

  14. Koki Hobo, Kanako Noritake, Masayo Sunaga, Tomoe Miyoshi, Ridan Cao, Hiroshi Nitta, Yuji Kabasawa, Atsuhiro Kinoshita. Effects of an interactive simulation material for clinical dentistry on knowledge acquisition and memory retention in dental residents J. Med. Dent. Sci.. 2017.12; 64 (4): 43-52.

  15. Tomoe Miyoshi, Koki Hobo, Masayo Sunaga, Atsuhiro Kinoshita. Effects of an interactive simulation material for clinical dentistry on knowledge acquisition. J. Med. Dent. Sci.. 2017.09; 64 (3): 35-42. ( PubMed, DOI )

  16. Masayo Sunaga, Masato Minabe, Koji Inagaki, Atsuhiro Kinoshita. Effectiveness of a Specially Designed Dental Model for Training, Evaluation, and Standardization of Pocket Probing. J Dent Educ. 2016.12; 80 (12): 1430-1439. ( PubMed )

  17. Hiromi Otsuka, Keiko Kondo, Yuki Ohara, Masayo Yasuda, Natsuki Kishimoto, Masayo Sunaga, Keiko Endo, Shinichi Arakawa, Atsuhiro Kinoshita, Kayoko Shinada. An Inter- and Intraprofessional Education Program in Which Dental Hygiene Students Instruct Medical and Dental Students. J Dent Educ. 2016.09; 80 (9): 1062-1070. ( PubMed )

  18. Naoko Seki, Janelle Moross, Masayo Sunaga, Koki Hobo, Tomoe Miyoshi, Hiroshi Nitta, Atsuhiro Kinoshita, Ikuko Morio. Evaluation of simulation learning materials use to fill the gap in Japanese dental English education. J. Med. Dent. Sci.. 2016.03; 63 (1): 1-8. ( PubMed, DOI )

  19. Michiyo Kurosa, Ken-ichi Tonami, Satoko Ohara, Sachi Umemori, Kanako Noritake, Masayo Sunaga, Atsuhiro Kinoshita, Kouji Araki. Differences between Computer-Based and Paper-Based Assessments of the Clinical Reasoning Competency of Dental Students. Kokubyo Gakkai Zasshi. 2016.03; 83 (1): 25-33. ( PubMed )

  20. Yuka Tsumanuma, Takanori Iwata, Atsuhiro Kinoshita, Kaoru Washio, Toshiyuki Yoshida, Azusa Yamada, Ryo Takagi, Masayuki Yamato, Teruo Okano, Yuichi Izumi. Allogeneic Transplantation of Periodontal Ligament-Derived Multipotent Mesenchymal Stromal Cell Sheets in Canine Critical-Size Supra-Alveolar Periodontal Defect Model. BioResearch Open Access. 2016.01; 5 (1): 22-36. ( PubMed, DOI )

  21. Takahiro Ikawa, Tatsuya Akizuki, Takanori Matsuura, Shu Hoshi, Shujaa Addin Ammar, Atsuhiro Kinoshita, Shigeru Oda, Yuichi Izumi. Ridge Preservation After Tooth Extraction With Buccal Bone Plate Deficiency Using Tunnel Structured Β-Tricalcium Phosphate Blocks: A 2-Month Histological Pilot Study in Beagle Dogs. J. Periodontol. Epub. 2015.09; 87 (2): 175-183.

  22. T Matsuura, T Akizuki, S Hoshi, T Ikawa, A Kinoshita, M Sunaga, S Oda, Y Kuboki, Y Izumi. Effect of a tunnel-structured β-tricalcium phosphate graft material on periodontal regeneration: a pilot study in a canine one-wall intrabony defect model. J. Periodont. Res. 2015.06; 50 (3): 347-355. ( PubMed, DOI )

  23. S Hoshi, T Akizuki, T Matsuura, T Ikawa, A Kinoshita, S Oda, Y Tabata, M Matsui, Y Izumi. Ridge augmentation using recombinant human fibroblast growth factor-2 with biodegradable gelatin sponges incorporating β-tricalcium phosphate: a preclinical study in dogs. J. Periodont. Res. Epub. 2015.05; 51 (1): 77-85. ( PubMed, DOI )

  24. Sunaga M, Kondo K, Adachi T, Miura Y, Kinoshita A. Development and evaluation of a new dental model at Tokyo Medical and Dental University for the practice of periodontal pocket probing. J Dent Educ. 2013.09; 77 (9): 1185-1192. ( PubMed )

  25. Iwaki M, Kanazawa M, Sunaga M, Kinoshita A, Minakuchi S. Live broadcast lectures on complete denture prosthodontics at Tokyo Medical and Dental University: comparison of two years. J Dent Educ. 2013.03; 77 (3): 323-330. ( PubMed )

  26. Yoshida N, Aso T, Asaga T, Okawa Y, Sakamaki H, Masumoto T, Matsui K, Kinoshita A. Introduction and evaluation of computer-assisted education in an undergraduate dental hygiene course. Int J Dent Hyg. 2012.02; 10 (1): 61-66. ( PubMed, DOI )

  27. Sato I, Akizuki T, Oda S, Tsuchioka H, Hayashi C, Takasaki AA, Mizutani K, Kawakatsu N, Kinoshita A, Ishikawa I, Izumi Y. Histological evaluation of alveolar ridge augmentation using injectable calcium phosphate bone cement in dogs. J Oral Rehabil. 2009.10; 36 (10): 762-769. ( PubMed, DOI )

  28. Yoshino T, Aoki A, Oda S, Takasaki AA, Mizutani K, Sasaki KM, Kinoshita A, Watanabe H, Ishikawa I, Izumi Y. Long-term histologic analysis of bone tissue alteration and healing following Er:YAG laser irradiation compared to electrosurgery. J Periodontol. 2009.01; 80 (1): 82-92. ( PubMed, DOI )

  29. Kawakatsu N, Oda S, Kinoshita A, Kikuchi S, Tsuchioka H, Akizuki T, Hayashi C, Kokubo S, Ishikawa I, Izumi Y. Effect of rhBMP-2 with PLGA/gelatin sponge type (PGS) carrier on alveolar ridge augmentation in dogs. J Oral Rehabil. 2008.09; 35 (9): 647-655. ( PubMed, DOI )

  30. Hayashi C, Kinoshita A, Oda S, Mizutani K, Shirakata Y, Ishikawa I. Injectable calcium phosphate bone cement provides favorable space and a scaffold for periodontal regeneration in dogs. J Periodontol. 2006.06; 77 (6): 940-946. ( PubMed, DOI )

  31. Mizutani K, Aoki A, Takasaki AA, Kinoshita A, Hayashi C, Oda S, Ishikawa I. Periodontal tissue healing following flap surgery using an Er:YAG laser in dogs. Lasers Surg Med. 2006.04; 38 (4): 314-324. ( PubMed, DOI )

  32. Kinoshita A. Effects of Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2 and Enamel Matrix Derivative on the Regeneration of Periodontal Tissues. The Bulletin of Kanagawa Dental College. 2006; 34 (1): 85-87.

  33. Sorensen RG, Wikesjo UM, Kinoshita A, Wozney JM. Periodontal repair in dogs: evaluation of a bioresorbable calcium phosphate cement (Ceredex) as a carrier for rhBMP-2. J Clin Periodontol. 2004.09; 31 (9): 796-804. ( PubMed, DOI )

  34. Wikesjo UM, Sorensen RG, Kinoshita A, Jian Li X, Wozney JM. Periodontal repair in dogs: effect of recombinant human bone morphogenetic protein-12 (rhBMP-12) on regeneration of alveolar bone and periodontal attachment. J Clin Periodontol. 2004.08; 31 (8): 662-670. ( PubMed, DOI )

  35. Sorensen RG, Polimeni G, Kinoshita A, Wozney JM, Wikesjo UM. Effect of recombinant human bone morphogenetic protein-12 (rhBMP-12) on regeneration of periodontal attachment following tooth replantation in dogs. J Clin Periodontol. 2004.08; 31 (8): 654-661. ( PubMed, DOI )

  36. Hanisch O, Sorensen RG, Kinoshita A, Spiekermann H, Wozney JM, Wikesjo UM. Effect of recombinant human bone morphogenetic protein-2 in dehiscence defects with non-submerged immediate implants: an experimental study in Cynomolgus monkeys. J Periodontol. 2003.05; 74 (5): 648-657. ( PubMed, DOI )

  37. Shirakata Y, Oda S, Kinoshita A, Kikuchi S, Tsuchioka H, Ishikawa I. Histocompatible healing of periodontal defects after application of an injectable calcium phosphate bone cement. A preliminary study in dogs. J Periodontol. 2002.09; 73 (9): 1043-1053. ( PubMed, DOI )

  38. Wikesjo UM, Sorensen RG, Kinoshita A, Wozney JM. RhBMP-2/alphaBSM induces significant vertical alveolar ridge augmentation and dental implant osseointegration. Clin Implant Dent Relat Res. 2002; 4 (4): 174-182. ( PubMed )

  39. Hirose Y, Sasaki Y, Kinoshita A. Human resource assignment and role representation mechanism with the "cascading staff-group authoring" and "relation/situation" model. Stud Health Technol Inform. 2001; 84 (Pt 1): 740-744. ( PubMed )

  40. Higuchi T, Kinoshita A, Takahashi K, Oda S, Ishikawa I. Bone regeneration by recombinant human bone morphogenetic protein-2 in rat mandibular defects. An experimental model of defect filling. J Periodontol. 1999.09; 70 (9): 1026-1031. ( PubMed, DOI )

  41. Oda S, Kinoshita A, Higuchi T, Shizuya T, Ishikawa I. Ectopic bone formation by biphasic calcium phosphate (BCP) combined with recombinant human bone morphogenetic protein-2 (rhBMP-2). J Med Dent Sci. 1997.09; 44 (3): 53-62. ( PubMed )

  42. Kinoshita A, Oda S, Takahashi K, Yokota S, Ishikawa I. Periodontal regeneration by application of recombinant human bone morphogenetic protein-2 to horizontal circumferential defects created by experimental periodontitis in beagle dogs. J Periodontol. 1997.02; 68 (2): 103-109. ( PubMed )

  43. Shigeru ODA, Atsuhiro KINOSHITA, Tatsuhiro HIGUCHI and Isao ISHIKAWA. Ectopic Bone Formation Using Three Types of Calcium Phosphate Ceramics Combined with Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2 (rhBMP-2). Apatite. 1997; (2): 105-108.

  44. Hashimoto-Uoshima M, Ishikawa I, Kinoshita A, Weng HT, Oda S. Clinical and histologic observation of replacement of biphasic calcium phosphate by bone tissue in monkeys. Int J Periodontics Restorative Dent. 1995.04; 15 (2): 205-213. ( PubMed )

  45. Isao ISHIKAWA, Atsuhiro KINOSHITA, Shigeru ODA and Thasanai Roongruangphol. Regenerative Therapy in Periodontal Diseases. - Histological Observations after Implantation of rhBMP-2 in the Surgically Created Periodontal Defects in Adult Dogs. Dentistry in Japan. 1994; (31): p141-146.

  46. Hsiung-Tso WENG, Mariko UOSHIMA, C.T. LIN, Atsuhiro KINOSHITA, Diego Antonio BORGESE, Shigeru ODA and Isao ISHIKAWA. Evidence of Rapid Bone Replacement After Implantation of Biphasic Calcium Phosphate Ceramics into Periodontal Defects in Monkeys. Dentistry in Japan. 1991; (28): p155-159.

  47. 木下淳博. 第40回日本歯科医学教育学会学術大会ンポジウム3 「遠隔教育の課題と可能性を考える」,オンデマンド授業の大幅拡大が可能にする歯学教育のカリキュラム改革案 日本歯科医学教育学会誌. 2022.04; 38 (1): 27-31.

  48. 木下淳博. 学術大会のデジタルトランスフォーメーションを考える -第 16回医療系 e ラーニング全国交流会年次大会を共催いただいて- 教育システム情報学会誌. 2022.04; 39 (2): 320-321.

  49. 木下淳博. 医学・歯学分野におけるデータサイエンス教育と臨床データベースの構築 日本歯周病学会会誌. 2021.07; 63 (2): 61-65.

  50. 高橋志麻,結城 泉,安部ちづる,大場智美,舟橋良子,半田 茜,木下淳博,品田佳世子,高阪利美,眞木吉信,小関健由. スケーリングおよびルート・プレーニング時の歯面にかけるスケーラーの操作力に関する研究 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2021.06; 12 (1): 38-46.

  51. 髙田和生,木下淳博,山口久美子,須永昌代,秋田恵一,若林則幸,田中雄二郎. コロナ禍対応で見えてきた,ポスト・コロナ時代に目指すべき医歯学教育についての提言 医学教育. 2020.06; 51 (3): 372-374.

  52. 大谷悦世、竹之内茜、木下淳博. 歯科衛生士専門学校の学生を対象としたスマートフォンにて歯科診療における共同動作を学べる教材の学習効果 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2020.06; 11 (1): 48-54.

  53. 竹之内 茜,大谷悦世,須永昌代,小原由紀,木下淳博. スマートフォンを用いて歯科治療の流れを学習できる教材の開発とその評価に関する予備的研究 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2019.10; 10 (2): 96-100.

  54. 大谷悦世,郷保由紀子,坂下優果,伏見麻美,竹之内 茜,木下淳博. スマートフォンで学べる歯科診療における共同動作教材の試作 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2019.10; 10 (2): 90-95.

  55. 竹之内茜, 須永昌代, 小原由紀, 木下淳博. 某歯科衛生士専門学校における日本語による講義と並行して行うスマートフォンを用いた英語学習システムの評価に関する無作為比較試験 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2019.05; 10 (1): 51-56.

  56. 秋山恭子,新井 恵,高久 悟,木下淳博. 歯科衛生学生におけるSCATを用いた多職種連携教育に関する課題の抽出 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2017.10; 8 (2): 55-61.

  57. 木下淳博. 動画で学ぶスケーリング・ルートプレーニング 群馬県歯科医学会雑誌. 2017.03; 21 17-22.

  58. 木下淳博,須永昌代. 歯周ポケット測定訓練用顎模型の開発 日本歯周病学会会誌. 2015.10; 57 (3): 126-129.

  59. 須永昌代、木下淳博. 医歯学シミュレーションシステムの構築 教育システム情報学会誌. 2015.07; 32 (3): 228-230.

  60. 木下淳博,羽村 章,玉川裕夫,草間幸夫. 「近未来の歯科医療を語る」ーデジタルデンティストリーによる歯科医学教育や臨床現場の変化ー 日本歯科医学会誌. 2015.05; 34 7-32.

  61. 原田悠介,須永昌代,木下淳博. 歯学科学生に対する歯周ポケット測定訓練用顎模型の訓練効果 日本歯周病学会会誌. 2014.12; 56 (4): 457-462.

  62. 關 奈央子, 福井雄二, 須永昌代, Janelle Moross, 木下淳博, 森尾郁子. 英語による医療面接に関する双方向型教材の開発 日本歯科医学教育学会雑誌. 2014.12; 30 (3): 170-175.

  63. 塩山秀裕,水谷幸嗣,青山典生,須田智也,田中敬子,遠藤亜希子,楠 侑香子,山脇史寛,藤原-高橋 香,木下淳博,荒川真一,小田 茂,和泉雄一. エナメルマトリックスデリバティブを用いた先進医療の臨床評価と歯周組織再生予測因子の検討 日本歯周病学会会誌. 2014.09; 56 (3): 302-313.

  64. 真嶋由貴恵,中村裕美子,丹羽雅之,木下淳博,吉田素文. 医療系教育におけるeラーニングの動向―医療系eラーニング全国交流会(JMeL)から― 教育システム情報学会誌. 2014; 31 (1): 8-18.

  65. 木下淳博. タイ,ベトナム,インドネシアに負けるな 教育システム情報学会誌. 2014; 31 (4): 276-277.

  66. 大山 篤, 須永 昌代, 木下 淳博, 新田 浩, 俣木 志朗, 荒木 孝二. 臨床実習時における患者と歯学部学生との信頼関係構築に関する国民の意識調査 日本口腔診断学会雑誌. 2013; 26 (3): 273-279. ( 医中誌 )

  67. 塩山 秀裕, 水谷 幸嗣, 須田 智也, 田中 敬子, 青山 典生, 藤原 香[高橋], 秋月 達也, 竹内 康雄, 小林 宏明, 木下 淳博, 小田 茂, 和泉 雄一. エムドゲインゲルを用いた先進医療「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」の治療成績 日本歯科保存学雑誌. 2012.02; 55 (1): 22-29. ( 医中誌 )

  68. 大山 篤, 須永 昌代, 小原 由紀, 荒木 孝二, 俣木 志朗, 木下 淳博. 質的研究法を利用した口腔内診察実習の授業評価 日本口腔診断学会雑誌. 2012; 25 (1): 1-7. ( 医中誌 )

  69. 大山 篤, 須永 昌代, 新田 浩, 大原 里子, 俣木 志朗, 木下 淳博, 荒木 孝二. 歯学部臨床実習に関する国民の意識調査 日本歯科医学教育学会雑誌. 2012; 28 (3): 155-168. ( 医中誌 )

  70. 小原 由紀, 古川 清香, 安藤 雄一, 木下 淳博, 深井 穫博, 恒石 美登里, 大山 篤, 石田 智洋, 青山 旬, 大内 章嗣. 求人状況からみた歯科診療所における歯科衛生士不足に関する研究 日本歯科医師会会員を対象とした全国調査による分析 口腔衛生学会雑誌. 2012; 62 (3): 282-288. ( 医中誌 )

  71. 大山 篤, 須永 昌代, 清水 チエ, 荒木 孝二, 俣木 志朗, 木下 淳博. 口腔内診察実習プログラムにおいて、歯学科4年生に診察が難しかった口腔内所見に関する検討 日本口腔診断学会雑誌. 2011; 24 (3): 302-306. ( 医中誌 )

  72. 大山篤, 小原由紀, 須永昌代, 大塚紘未, 近藤圭子, 荒木孝二, 俣木志朗, 木下淳博. 質的研究法を利用した口腔保健学科臨床体験実習の授業評価 日本歯科医学教育学会雑誌. 2011; 27 (1): 13-18. ( 医中誌 )

  73. 趙永哲, 須永昌代, 田上順次, 木下淳博. 歯科診療室 講義室間のインターネット同時中継によるライブ講義システムの開発と評価 日本歯科理工学会誌. 2011; 30 (3): 158-160. ( 医中誌 )

  74. 西村実佐子, 佐々木好幸, 木下淳博. 歯周基本治療における歯科医師と歯科衛生士の連携に関する実態調査(第2報) チーム医療に関わる要因 日本歯周病学会会誌. 2011; 53 (2): 125-132. ( 医中誌 )

  75. 窪田哲朗, 齋藤良一, 長雄一郎, 千田俊雄, 三澤慶樹, 小池和彦, 須永昌代, 木下淳博. 臨床検査技師卒前教育のための細菌検査シミュレーションe-learning教材の作成 Medical Technology. 2011; 39 (8): 853-858. ( 医中誌 )

  76. 大山篤, 須永昌代, 小原由紀, 駒田亘, 中村輝保, 竹内康雄, 小林宏明, 清水チエ, 荒木孝二, 俣木志朗, 木下淳博. 東京医科歯科大学歯学部附属病院における、歯学科4年生の医療面接体験プログラム 日本口腔診断学会雑誌. 2011; 24 (1): 20-25. ( 医中誌 )

  77. 小原由紀, 須永昌代, 近藤圭子, 大山篤, 品田佳世子, 木下淳博. 歯科衛生士教育における下級生が上級生に教わる臨床体験実習の実施と評価 日本歯科医学教育学会雑誌. 2011; 27 (1): 27-32. ( 医中誌 )

  78. 吉田 直美, 十川 裕子, 遠藤 圭子, 下山 和弘, 木下 淳博. 歯科衛生過程の臨床への応用 口腔扁平苔癬を併発した慢性歯周炎患者の1対応例 日本歯科衛生学会雑誌. 2010; 5 (1): 100-106. ( 医中誌 )

  79. 近藤圭子,遠藤圭子,吉田直美,堀江明子,吉増秀實,木下淳博. 歯科衛生士の技術教育におけるコンピュータシミュレーション教育システムの導入. 2008年度歯科衛生士専任教員秋期学術研修会報告集(全国歯科衛生士教育協議会). 2009; 60-65.

  80. 吉田 直美, 堀江 明子, 須永 昌代, 木下 淳博. 歯科衛生士教育における医歯学シミュレーション教育システムの活用と評価 日本歯周病学会会誌. 2009; 51 (4): 346-352. ( 医中誌 )

  81. 大山 篤, 清水 チエ, 佐藤 光生, 濱野 英也, 砺波 健一, 大原 里子, 吉岡 隆知, 樺沢 勇司, 新田 浩, 塩沢 育己, 荒木 孝二, 木下 淳博, 俣木 志朗. 本学歯学部附属病院歯科総合診療部における医歯学シミュレーション教育システムの実施と評価 日本口腔診断学会雑誌. 2009; 22 (1): 1-10. ( 医中誌 )

  82. 西村 実佐子, 佐々木 好幸, 木下 淳博. 歯周基本治療における歯科医師と歯科衛生士の連携に関する実態調査 日本歯周病学会会誌. 2009; 51 (3): 238-251. ( 医中誌 )

  83. 趙 永哲, 木下 淳博, 須永 昌代, 岸川 隆蔵, 南 一郎, 田上 順次. 歯科診療室-講義室間のインターネット同時中継によるライブ講義システムの開発と評価 日本歯科医学教育学会雑誌. 2009; 25 (3): 176-184. ( 医中誌 )

  84. 吉田 ひとみ, 須永 昌代, 吉田 直美, 木下 淳博. 医歯学シミュレーション教育システムを活用した歯肉縁下スケーリング・ルートプレーニングに関する歯科衛生士養成機関学生向け教材開発と評価 日本歯科衛生学会雑誌. 2009; 4 (1): 58-63. ( 医中誌 )

  85. 大山 篤, 吉岡 隆知, 小長谷 光, 俣木 志朗, 荒木 孝二, 大谷 啓一, 木下 淳博. シミュレーション教材作成Faculty Developmentの実施と評価 日本歯科医学教育学会雑誌. 2008; 24 (1): 88-101. ( 医中誌 )

  86. 木下 淳博, 落合 英二, 小野 一成. 東京医科歯科大学発明紹介 対話型シミュレーション教材作成支援システム ライフサイエンスレポート. 2007; (12): 70-75. ( 医中誌 )

  87. 下山 和弘, 吉増 秀實, 木下 淳博, 坂本 裕次郎. 口腔保健学科への出願と歯科衛生士という職種に対する意識との関連 口腔病学会雑誌. 2007; 73/74 (3/1): 27-32. ( 医中誌 )

  88. 窪田 哲朗, 長 雄一郎, 梶原 道子, 馬場 佳子, 菊池 久美, 木下 淳博. シミュレーション教育システムを使った臨床検査技師卒前教育 臨床病理. 2007; 55 (6): 517-521. ( 医中誌 )

  89. 木下淳博. 医歯学シミュレーション教育システムの構築. 文部科学省 特色ある教育支援プログラム事例集. 2006; 205-212.

  90. 木下淳博,田中雄二郎. 問題解決型自己学習システムの開発と展開. 医学教育. 2006; 37 (1): 50.

  91. 木下淳博,田中雄二郎. 医歯学シミュレーション教育システムの構築. 医学教育. 2006; 37 (1): 46.

  92. 木下 淳博. 【歯科からみた骨粗鬆症 歯周病と骨粗鬆症に関連性はあるのか】 Therapy BMPの歯周治療応用への可能性 歯科領域における前臨床研究および臨床研究 Clinical Calcium. 2006; 16 (2): 333-339. ( 医中誌 )

  93. 木下 淳博, 小田 茂, 石川 烈. 【再生医学 クローン・幹細胞から医療へ】 再生医療最前線 歯周組織の再生 綜合臨床. 2005; 54 (1): 140-147. ( 医中誌 )

  94. 木下 淳博. 【現代医療の最前線 再生医療と細胞療法】 歯周組織の再生治療 最新医学. 2003; 58 (3月増刊): 777-788. ( 医中誌 )

  95. 石川 烈, 木下 淳博. 歯科医学の最前線 新しい歯周治療を求めて 歯周組織の再生 歯周治療への応用はどこまで可能か 歯周組織再生療法の現在と将来への展望 日本歯科医学会誌. 2000; 19 112-115. ( 医中誌 )

  96. 木下 淳博, 小田 茂, 野口 和行, 石川 烈. 【歯科治療と生体材料】 歯周組織再生 DE. 2000; (134): 9-12. ( 医中誌 )

  97. 石川 烈, 小田 茂, 木下 淳博. FRONT ATLAS 注目されるBMP(骨誘導タンパク)の研究rhBMP-2は歯周治療を変えるか The Quintessence. 1998; 17 (1): 3-5. ( 医中誌 )

  98. 小田 茂, 木下 淳博, 石川 烈. スケーリング/ルート・プレーニングを考える The Quintessence. 1997; 16 (2): 409-416. ( 医中誌 )

  99. 小田 茂, 木下 淳博, 樋口 達大, 他. 二相性リン酸カルシウム(Biphasic Calcium Phosphate)を担体としたリコンビナントヒトBMP-2(rhBMP-2)の異所性骨形成能について 口腔病学会雑誌. 1996; 63 (3): 468-477. ( 医中誌 )

  100. 石川 烈, 吉田 直樹, 杉山 榮一, 他. Recombinant human bone morphogenetic protein-2(rhBMP-2)の歯周組織に対する影響 炎症. 1996; 16 (3): 181-185. ( 医中誌 )

  101. 小田 茂, 他. 骨誘導因子(BMP)及び人工骨移植材による歯周組織再生法 歯界展望別冊. 1996; 250. ( 医中誌 )

  102. 石川 烈, 杉山 栄一, 木下 淳博, 他. 某銀行における歯周疾患罹患状態の9年間の変化 CP-ITNによる評価 日本歯周病学会会誌. 1994; 36 (1): 254-260. ( 医中誌 )

  103. 石川 烈, 魚島 マリコ, 木下 淳博, 他. 歯周組織からみた再生法への検討 二相性リン酸カルシウム骨補填材の応用 歯科ジャーナル. 1992; 36 (2): 167-177. ( 医中誌 )

  104. 木下 淳博. 歯周組織の修復過程におけるセメント質基質の構造に関する研究 口腔病学会雑誌. 1991; 58 (2): 447-474. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 木下淳博,竹之内 茜,大谷悦世. 歯科診療の補助コンプリートBOOK 共同動作編 Part 1. 一世出版, 2019.08 (ISBN : 978-4-87078-188-7)

  2. 木下淳博. ザ・ペリオドントロジー 第3版. 永末書店, 2019.02 第5章 Ⅱ 3 モチベーション (ISBN : 978-4-8160-1358-4)

  3. 和泉雄一,木下淳博,長澤敏行,青木 章. 歯科医師・歯科衛生士のためのClinical Handbook 非外科治療による歯周病コントロール . 医歯薬出版株式会社, 2018.06 (ISBN : 978-4-263-44528-0)

  4. 關 奈央子,須永昌代,福井雄二,ジャネル・モロス,大塚紘未,高綱裕紀子著,木下淳博 監著. TMDU臨床トレーニングシリーズ 歯科衛生士編 診療室での英語 Appointment1.他9本. 東京大学出版会, 2018.06

  5. 木下淳博. 口腔ケア基礎知識 第2版. 永末書店, 2017.04 Ⅶ章「むし歯(う蝕)と歯周病」 グラグラして抜けかかっている歯と口腔ケア

  6. 木下淳博 他. 最新歯科技工士教本 歯科技工管理学. 医歯薬出版株式会社, 2017.03 Ⅰ-8 情報リテラシー   (ISBN : 978-4-263-43170-2 C3347)

  7. 木下淳博(和泉雄一 監著). 歯周外科のハプニングリカバリー. クインテッセンス出版株式会社, 2016.11 section 3-6 歯槽骨切除術・歯槽骨整形術

  8. 木下淳博,羽村 章,玉川裕夫,草間幸夫. 「近未来の歯科医療を語る」ーデジタルデンティストリーによる歯科医学教育や臨床現場の変化ー. 日本歯科医学会誌, 2015.05

  9. 關 奈央子,須永昌代,福井雄二,ジャネル・モロス,樺沢勇司著 木下淳博監著. TMDU 臨床トレーニングシリーズ-歯科医師編-英語での問診 56yo Male jaw pain.他9本. 東京大学出版会, 2014.08

  10. 竹廻祐希,三浦佳子,佐川かおり,上原沙友里,吉田ひとみ,中林美恵,渡部沙慧子,宮わかな,須永昌代,鈴木聖一,森山啓司著 木下淳博 監修. TMDU 臨床トレーニングシリーズ-歯科衛生士編-口腔筋機能療法(MFT) MFTとは. 他21本. 東京大学出版会, 2014.08

  11. 和泉雄一,木下淳博,沼部幸博,山本松男 編. ザ・ペリオドントロジー 第2版. 永末書店, 2014.03

  12. 臨床病態学3 第2版 (北村 聖 総編集) 14歯科・口腔系疾患(俣木志朗 編) 歯周病,p544-551. ヌーヴェルヒロカワ, 2013 (ISBN : 978-86174-051-0)

  13. 住友雅人,木下淳博,沼部幸博,松村英雄 編. 歯科臨床イヤーノート2014~. クインテッセンス出版株式会社, 2013 (ISBN : 978-4-7812-0305-8)

  14. 木下淳博,川勝紀子,長澤敏行,須永昌代,吉田直美,堀江明子,吉田ひとみ,小原由紀,近藤圭子,吉田有里,小長谷 光,足達淑子他著 木下淳博 監修. TMDU臨床トレーニングシリーズ 歯科医師編 共用試験前レベル30本,臨床実習中レベル30本,臨床研修医レベル30本.全90本. 東京大学出版会, 2012.12

  15. Atsuhiro Kinoshita:The Japanese Society of Oral Care Ⅶ "Tooth decay (dental caries)and periodontitis"A loose tooth that is going to fall out,and oral care.P229-230,MANUAL FOR ORAL CARE. Quintessence Publishing Co., Ltd,, 2011 (ISBN : 978-4-7812-0198-6)

  16. 青木 章,三浦真子,小田 茂,木下淳博,和泉雄一. 「Er:YAGレーザーの 基礎 と 臨床」(石川 烈 編)軟組織治療. 第一歯科出版, 2011

  17. 和泉雄一,沼部幸博,山本松男,木下淳博 編. ザ・ペリオドントロジー.. 永末書店, 2009

  18. 木下淳博:口腔ケア基礎知識 Ⅶ章「むし歯(う蝕)と歯周病」 グラグラして抜けかかっている歯と口腔ケア.p237-238. 永末書店, 2008

  19. 木下淳博:臨床病態学3(北村 聖 総編集) 14歯科・口腔系疾患(俣木志朗 編) 歯周病.p534-540. ヌーヴェルヒロカワ, 2006 (ISBN : 4-86174-003-7)

  20. 木下淳博,石川 烈,月川和香奈,味田徳子,森本清子:歯科口腔領域のクリニカルパス(落海真喜枝,小島愛子,鈴木俊夫 編)Chapter 2.歯科外来治療時の患者指導用クリニカルパス PART 3.患者指導用クリニカルパスの実際 ③歯周外科手術疾患解説.p103-109. 医歯薬出版, 2004

  21. 俣木志朗,荒木孝二,森尾郁子,鶴田 潤,木下淳博 監,大山喬史,深山治久,佐藤尚弘,戸田ひとみ,若林則幸,吉岡隆知,森山 孝,樺沢勇司,川勝紀子 著:歯学臨床教育マルチメディア教材 -歯科診断シミュレーション-.DVD-ROM. 文部科学省大学共同利用機関 メディア教育開発センター, 2004

  22. 木下淳博,石川 烈:歯科医のためのスケーリング,ルート・プレーニング(石川 烈,小田 茂 監著)第4章 スケーリング,ルート・プレーニングの実際.p62-94. クインテッセンス出版, 2003

  23. 木下淳博,小田 茂:歯周病治療のストラテジー(吉江弘正,宮田 隆 編)第9章 分化成長因子・エナメルタンパクを用いた再生治療,p295-308. 医歯薬出版, 2002

  24. 木下淳博,吉野敏明,小田 茂,石川 烈:知っておきたい知識・術式 [歯周治療編] (野口俊英編) 第6章 歯周外科手術 4.再生療法 1)骨移植術,p145-148. 第一歯科出版, 2002

  25. 小田 茂,木下淳博,石川 烈:プログレッシブテクニック.臨床医のための歯周治療(石川 烈,山田 了 編)新しい歯周治療.進みゆく歯周治療.成長因子を用いた治療法.p86-95. 永末書店, 2001

  26. 木下淳博,小田 茂,石川 烈:歯周病学最前線.オーラルケアが守る長寿社会のQOL(奥田克爾 他編)組織再生性歯周治療,骨再生の実例,p325-332. 日本歯科評論社, 2000

  27. 小田 茂,木下淳博,石川 烈:先端医療シリーズ・歯科医学2「歯周病-新しい治療を求めて」(岡田 宏,石川 烈,村山洋二 監修)第1章 歯周組織の再構築による治療 3.歯周組織の再生.p15-21. 先端医療技術研究所, 2000

  28. 木下淳博,石川 烈:歯科における臨床シミュレーション 組織再生誘導法.. 東京医科歯科大学歯学部臨床研修委員会,CD-ROM, 1999

  29. 木下淳博,石川 烈:骨誘導システムBMPの開発.Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2の歯周組織再生療法への応用.臨床家のための矯正Year Book '98 (伊藤学而,花田晃治 編).p10-15. クインテッセンス出版, 1998

  30. 木下淳博,石川 烈:歯周病学(石川 烈 編)これからの歯周治療 成長因子と歯周治療.p269-271. 永末書店, 1996

  31. 石川 烈,小田 茂,木下淳博:先進歯科技術と新臨床(増原英一 編)歯周病の診断と初期治療,再生治療のプログラム.p28-33. 医歯薬出版, 1995

  32. インプラント&ペリオ応用への注目技法 効果的GTR法 第II章 臨床応用編 BCP顆粒充填とGTR法の併用.p53-67. ㈱日本医療文化センター, 1992.06

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Kittichai Sireerat, Naoko Seki, Masako Akiyama, Kouji Araki, Atsuhiro Kinoshita, Ikuko Morio. Current Status of Critical Thinking Disposition in Thai Dental Students. The 2021 IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition, July 21-24 2021.07.23 Online

  2. Naoko SEKI, Janelle MOROSS, Masayo SUNAGA, Ai OSATO, Atsuhiro KINOSHITA, Ikuko MORIO. e-Learning to supplement learning deficits for decision-making in English. 4th Meeting of the International Association for Dental Research Asia Pacific Region 2019, 28-30 Novenmber 2019.11.30 Brisbane, Australia

  3. Janelle MOROSS, Naoko SEKI, Masayo SUNAGA, Ai OSATO, Atsuhiro KINOSHITA, Ikuko MORIO. Importance of preparatory courses for international exchange programs. 4th Meeting of the International Association for Dental Research Asia Pacific Region 2019, 28-30 Novenmber 2019.11.29 Brisbane, Australia

  4. Atsuhiro Kinoshita, Masayo Sunaga. Dental Education with ICT. Hands-on. IT Simulation 2, Educational Session. International Faculty Development Course(IFDC) 2019 2019.11.19 Tokyo Medical and Dental University (TMDU), Bunkyo-ku, Tokyo

  5. Atsuhiro Kinoshita, Masayo Sunaga. Dental Education with ICT. - Introduction of TMDU SimPrac - IT Simulation 1, Educational Session. International Faculty Development Course(IFDC) 2019 2019.11.18 Tokyo Medical and Dental University (TMDU), Bunkyo-ku, Tokyo

  6. Akane Takenouchi, Yukiko Satoho, Hiroe Arai, Yumiko Kakegawa, Etsuyo Otani, Atsuhiro Kinoshita, Takashi Matsukubo. Effects of ultrasonic toothbrushes with different frequencies on oral hygiene. IADR General Session & Exhibition, 19-22 June 2019.06.22 Vancouver, Canada

  7. Atsuhiro Kinoshita, Masayo Sunaga. Dental Education with ICT. Hands-on. IT Simulation 2, Educational Session. International Faculty Development Course(IFDC) 2018 2018.11.30 Tokyo Medical and Dental University (TMDU), Bunkyo-ku, Tokyo

  8. Seki N, Moross J, Sunaga M, Osato A, Morio I, Kinoshita A. Development and evaluation of English simulation educational materials for dental emergency response -English proficiency required in dental practice-. 83rd Annual Meeting of the Stomatological Society, J.Stomatol.Soc.,Jpn, 86(1), p13, Oct.30th- Dec.1st 2018.11.30 Tokyo

  9. Atsuhiro Kinoshita, Masayo Sunaga. Dental Education with ICT experience. - Introduction of TMDU SimPrac -. The 3rd Top 6 Summit of Global Dental Education 2018.11.29 Tokyo Medical and Dental University (TMDU), Bunkyo-ku, Tokyo

  10. Atsuhiro Kinoshita, Masayo Sunaga. IT Simulation Workshop. The 3rd Top 6 Summit of Global Dental Education 2018.11.29 Tokyo Medical and Dental University (TMDU), Bunkyo-ku, Tokyo

  11. Atsuhiro Kinoshita, Masayo Sunaga. Dental Education with ICT. - Introduction of TMDU SimPrac - IT Simulation 1, Educational Session. International Faculty Development Course(IFDC) 2018 2018.11.28 Tokyo Medical and Dental University (TMDU), Bunkyo-ku, Tokyo

  12. Yusuke Harada, Masayo Sunaga, Yasuo Takeuchi, Akira Aoki, Shogo Maekawa, Yuichi Izumi, Atsuhiro Kinoshita. Effectiveness of Improved Dental Model for Training of Pocket Probing. The 104th Annual Meeting American Academy of Periodontology, Abstracts of JACP/JSP Poster Session, p16, 27-30 October 2018.10.29 Vancouver, Canada

  13. Naoko Seki, Keiichi Hosaka, Janelle Moross, Masayo Sunaga, Ikuko Morio, Atsuhiro Kinoshita. Evaluating an Online Course on Clinical Expertise with Computer-assisted Simulation Materials . The 29th Annual Scientific Meeting South East Asia Association For Dental Education (SEAADE), 11-14 September 2018.09.11 Da Nang, Vietnam

  14. Komagamine Y, Kanazawa M, Seki N, Mizutani K, Hosaka K, Komada W, Janelle Moross, Kuroda S, Morio I, Kinoshita A. Effort Toward International Dental Education By Tokyo Medical And Dental University. The 29th Annual Scientific Meeting South East Asia Association For Dental Education (SEAADE), 11-14 September 2018.09.11 Da Nang, Vietnam

  15. Atsuhiro Kinoshita, Masayo Sunaga. Try Creating Original Simulation Material with TMDU Simtool. Hands-on. IT Simulation 1, 2, Educational Session. International Faculty Development Course(IFDC) 2017 2017.11.16 Tokyo Medical and Dental University (TMDU), Bunkyo-ku, Tokyo

  16. Tam Nguyen Thi Thanh,Naoko Seki, Janelle Moross, Keiichi Hosaka, Masayo Sunaga, Ikuko Morio, Atsuhiro Kinoshita. The effectiveness of newly developed computer-assisted simulation materials on overseas learners . The 28th Annual Scientific Meeting South East Asia Association For Dental Education (SEAADE), 10-11 August 2017.08.11 Taipei

  17. Masayo Sunaga, Hiromi Otsuka, Junichi Furuya, Yumi Hoshino, Atsuhiro Kinoshita. Development and evaluation of computer-assisted learning material regarding oral health care methods for elderly persons requiring long-term care as interprofessional education material for dental hygiene students. The 39th Asia Pacific Dental Congress (APDC), Final Program and Abstract Book, p181, 22-25 May 2017.05.22 Macau

  18. Nana Shiota, Masayo Sunaga, Toshiyuki Takahashi, Atsuhiro Kinoshita, Toshiaki Ueno. Effectiveness of interactive computer-assisted learning (CAL)material on sports-related dental trauma for knowledge acquisition. The 39th Asia Pacific Dental Congress (APDC), Final Program and Abstract Book, p229, 22-25 May 2017.05.22 Macau

  19. Ken-ichi Tonami, Chikako Nakamura, Azusa Yamada, Sachi Umemori, Kanako Noritake, Maiko Iwaki, Masayo Sunaga, Satoko Ohara, Masayuki Hideshima, Jun Tsuruta, Hiroshi Nitta, Shigeru Oda, Atsuhiro Kinoshita, Kouji Araki, Shiro Mataki. Development of professionalism during experiential learning at welfare facilities. 26th Annual Scientific Meeting South East Asia Association For Dental Education (SEAADE) 12-13 August, 2015.08 Bali

  20. Atsuhiro Kinoshita, Masayo Sunaga, Katsuji Onoda, Naoko Seki. Introduction of TMDU SimPrac. Life-long Education with Simulation Learning Materials and Hands-on Seminar for Creating Simulation Learning Materials. University of Medicine and Pharmacy, Ho Chi Minh City 2015.06.02 Ho Chi Minh City

  21. Masayo Sunaga, Hikaru Kohase, Yuji Kabasawa, Atsuhiro Kinoshita. Evaluation of Computer-assisted Education System on Clinical Simulation in Dentistry. The 93rd International Association for Dental Research General Session, 11-14 March, 2015.03.12 Boston

  22. M. Iwaki, M. Kanazawa, M. Sunaga, A. Kinoshita, S. Minakuchi, S. Oda, K. Araki. Live broadcast lectures on complete denture prosthodontics: the learning effectiveness. The 93rd International Association for Dental Research General Session, 11-14 March, 2015.03.12 Boston

  23. Tonami K, Tsuruta J, Noritake K, Umemori S, Yamada A, Iwaki M, Ohara S, Hideshima M, Nitta H, Oda S, Kinoshita A, Mataki S, Araki K. Clinical training of differential diagnosis in Tokyo Medical and Dental University. The 40th ADEE Annual Meeting. 2014.08.28-30, Programme and Abstract, p124 2014.08.29 Riga, Latvia

  24. KINOSHITA Atsuhiro, SUNAGA Masayo, FUKUI Yuji, ONODA Katsuji. Life-long Education with Simulation Learning Materials and Hands-on Seminar for Creating Simulation Learning Materials . Life-long Education with Simulation Learning Materials and Hands-on Seminar for Creating Simulation Learning Materials 2014.07.15 Chulalongkorn University, Bangkok

  25. Masayo Sunaga, Satomi Takano, Yuko Nagaki, Masato Minabe, Hiroaki Kobayashi, Joji Urushihara, Yuichi Izumi, Atsuhiro Kinoshita. Effectiveness of a dental model for practice of pocket probing. The 98th Annual Meeting American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology. Proceedings, p56, 29thSeptember- 2nd October 2012 2012.09.30 Los Angeles

  26. Takanori Matsuura, Tatsuya Akizuki, Shu Hoshi, Atsuhiro Kinoshita, Masayo Sunaga, Takahiro Ikawa, Mariko Kimura, Yoshinori Kuboki, Yuichi Izumi. Periodontal tissue regeneration using random tunnel beta-TCP ceramics in dogs. The 98th Annual Meeting of American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology. Proceedings, p19, 29thSeptember- 2nd October 2012 2012.09.30 Los Angeles

  27. Atsuhiro Kinoshita, Kazuhiro Gomi, Tsutomu Sugaya, Keisuke Nakashima, Takashi Yaegashi, Masamitsu Kawanami, Shigeyuki Ebisu, Manabu Morita, Yoshihiro Shibukawa, Shigetsugu Iwaki, Yoshitake Hara. Development of Video Material Using a Standardized Periodontal Training Model. The 98th Annual Meeting of American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology. Proceedings, p24, 29thSeptember- 2nd October 2012 2012.09.30 Los Angeles

  28. Atsuhiro Kinoshita, Sayoko Yamashita, Nicholas Jungheim, Masayo Sunaga. An e-Learning system for JSL medical students. JALT2010 36th Annual International Conference on Language Teaching and Learning & Educational Materials Expo, JALT2010 Conference Handbook, p60, 19-22 November, 2010, Aichi Industry and Labor Center 2010.11.21 Nagoya

  29. Yuki Ohara, Masayo Sunaga, Atsuhiro Kinoshita. "Teaching is Learning" in periodontal treatment for dental hygiene students. The 96th Annual Meeting of American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology. Journal of the Japanese Society of Periodontology 52(3), p351, 30th October - 2nd November 2010 2010.10.31 Honolulu

  30. Masayo Sunaga, Keiko Kondo, Toshiko Adachi, Yoshiko Miura, Akiko Horie, Atsuhiro Kinoshita. Newly designed dental model for practice of periodontal pocket probing. The 96th Annual Meeting of American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology. Journal of the Japanese Society of Periodontology 52(3), p352, 30th October - 2nd November 2010 2010.10.31 Honolulu

  31. Naomi YOSHIDA, Tomoko ASO, Tamiyo ASAGA, Hiroyuki SAKAMAKI, Yoshikazu OKAWA, Teruki MASUMOTO, Kazuyo KUSAKA, Kyouhei MATSUI, Atsuhiro KINOSHITA. Development and evaluation of new computer assisted education in undergraduate of dental hygiene. International symposium on Dental Hygiene 2010, July 1st-3rd, 2010 2010.07.01 Glasgow, UK

  32. Sayoko Yamashita, Nicholas O, Jungheim, Atsuhiro Kinoshita, Atsushi Okawa, Chikako Nakamura, Yoko Okita, Matazo Izutani.. The Development and Evaluation of Multimedia Medical Simulation Software for Medical Communication Training. Proceedings of the third international wireless ready symposium, P33-38, Third International Wireless Ready Symposium, 20th February 2009, 2009.02.20 Nagoya

  33. Yoshiko Miura, Keiko Kondo, Masayo Sunaga, Yoshiyuki Sasaki, Shiro Mataki, Atsuhiro Kinoshita, Yoko Kawaguchi. Development of a Clinical Skill Feedback System in Dental Hygiene Education. The 8th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry, p186, Nov.6th-8th, 2008 2008.11.06 Jeju, KOREA

  34. 山下早代子,大北葉子,泉谷双藏,木下淳博,大川 淳,中村千賀子. eラーニングによる医療コミュニケーション学習システムの開発. International Conference on Japanese Language Education 2008,予稿集3(グループD)p930,2008年7月11日-13日 2008.07.13 釜山

  35. Yoshino T, Aoki A, Oda S, Takasaki AA, Mizutani K, Sasaki KM, Kinoshita A, Watanabe H, Ishikawa I, Izumi Y. Long-term Histological Analysis of Bone Tissue Alteration and Healing Following Er:YAG Laser Irradiation in Comparison with Electrosurgery. 11th Congress of World Federation for Laser Dentistry, July 28-30 2008.06.30 Hong Kong, China

  36. Histological Evaluation of Peri-implant Bone Regeneration After Application of Calcium Phosphate Bone Cement to Buccal Dehiscence Defects in Dogs. Europerio 5, Madrid, 29-30 June and 1 July, 2006 2006

  37. Histological analysis of the bone and root surfaces treated by Er:YAG laser during flap surgery in dog. The 10th International Congress on Lasers in Dentistry, Berlin, 18-20 May, 2006 2006

  38. Hints for Successful Periodontal Surgery. 5th Vietnam Scientific Dental Congress & International Exhibition, October 21, 2005, Hanoi, Vietnam 2005

  39. Histological analysis of healing after flap surgery of experimental periodontitis with Er:YAG laser irradiation in dogs. Brazilian Dental Journal 15(SI), p80, 2004.The 9th International Congress on Laser in Dentistry, Sao Paulo, Brazil, 2004.7.21-24 2004

  40. Effects of Combined Application of rhBMP-2 and EMD in Dogs. The 89th Annual Meeting of the American Academy of Periodontology. San Francisco, September 22, 2003 2003

  41. Tips for successful periodontal surgery. Invited speaker, Esthetics in Daily Conservative Dentistry. Asia Dental Forum, Chaing Mai University, January 31-February 1, 2003. 2003

  42. Effect of rhBMP-12 on Regeneration of Alveolar Bone and Periodontal Attachment.. A Pilot Study. IADR 81st General Session (2003.6.25-28, Goteborg), Seq #227- Biologic Response Modifiers and Tissue Formation, 3:45PM-5:00PM, #2244, June 27, 2003. 2003

  43. Vertical Alveolar Ridge Augmentation Using rhBMP-2 in Dogs. The 89th Annual Meeting of the American Academy of Periodontology. San Francisco, September 22, 2003 2003

  44. rhBMP-2/aBSM induces significant vertical alveolar ridge augmentation and dental implant osseointegration. Clinical Oral Implants Research 2002; 13, European Association for Osseointegration, 11th Annual Scientific Congress, Brussels, Belgium, September 12-14, 2002, Abstract 30. 2002

  45. Effect of rhBMP-2 on the Regeneration of Alveolar Bone and Periodontal Ligament Tissue without PDL Cell Migration. 日タイシンポジウム 拠点大学交流に関わる共同研究,シンポジウムゲストスピーカー.2002.3.15-16, 2002 Tokyo

  46. Evaluation of aBSM as a Candidate Carrier for rhBMP-2 in Alveolar (Peri-implant) Applications in the Dog. 80th IADR, San Diego, March 6-9, 2002. (March 8), J Dent Res 81(SI A), #1724. 2002

  47. Flexible Access Control and Traceability of Access in EPR System. - The Way to Patient's Assessment and Control. -. Proceedings of the Third China-Japan-Korea Joint Symposium on Medical Informatics, pp67-69, CJKMI 2001 2001

  48. Human Resource Assignment and Role Representation Mechanism with the "Cascading Staff-Group Authoring" and "Relation / Situation" Model. Medinfo2001, p740-744,September 2-5, 2001, London, U.K 2001

  49. Effects of rhBMP-2 of the Regeneration of Periodontal Tissues without PDL Cell Migration. he 86th Annual Meeting of the American Academy of Periodontology. J Periodontol 71(11), p1816-1817,Honolulu 2000

  50. Effects of rhBMP-2 on the Regeneration of Periodontal Tissues. 48th Try-Service Dental Meeting 2000

  51. Effects of rhBMP-2 on the regeneration of alveolar bone and periodontal ligament tissue. Inter-University Periodontal Symposium Tokyo Medical and Dental University and The University of Hong Kong 2000

  52. New therapeutic trends for periodontal regeneration. Tri-Service Dental Society 47th Annual meeting 1999

  53. Periodontal regeneration by recombinant human bone morphogenetic protein-2 (rhBMP-2). Program and Abstract pp3. The First Inter-University Joint Symposium. (1999.4.15, Seoul, Korea) 1999

  54. Bone regeneration around implants by rhBMP-2 - a pilot study in dog -. 4th World Congress for Oral Implantology. 1998.4.25-26, Tokyo, Japan. 1998

  55. Periodontal regeneration with EMDOGEIN. A preliminary study in dogs. 46th JADR 1998

  56. rhBMP induced periodontal regeneration in animal models. Genetics Institute Seminar ( 1998.5.14, Andover, MA, USA) 1998

  57. Ectopic bone formation using tree types of calcium phosphate ceramics combined with recombinant human bone morphogenetic protein-2 (rhBMP-2). Proceedings of Second International Symposium on Apatite Vol 2,p105-108 1997

  58. Effect of rhBMP-2 on Experimental Periodontitis with Horizontal Bone Loss. Journal of Dental Research 75(SI), 32 1996

  59. Effect of rhBMP-2 on Experimental Periodontitis in Dogs. Journal of Dental Research 74(SI), p576 1995

  60. Ectopic Bone Formation by rhBMP-2 with Various Calcium Phosphate Ceramics. Journal of Dental Research 74(SI), p574 1995

  61. Histological Observations after Implantation of Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2 (rhBMP-2) in Surgically Created Periodontal Defects in Adult Dogs. J. Periodontol., 65(10), p981-982 1994

  62. Development of the Bone Substitute for the Treatment of the Periodontal Bone Defect. Proceedings of the 3rd World Congress for Oral Implantology, p111 1994

  63. Biphasic Calsium Phosphate Ceramics (BCP) Granules Combined with Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2 (rhBMP-2) Can Induce Ectopic Bone Formation. J.Periodontol., 65(10), p985 1994

  64. Histological Observation of Biphasic Calcium Phosphate Granules Implanted into the Bone Defect of Rat Calvaria , Absorption Process of the Granules by Macrophages and Its Participation to the Bone Formative Process. Transactions of the 8th Symposium on Apatite 1992

  65. Ultrastructural and Fluorescence Microscopic Studies on Replacement of Biphasic Calcium Phosphate by Bone Tissue. The 9th International Conference on Periodontal Research, p103 1992

  66. Replacement of Biphasic Calcium Phosphate by Bone Tissue in Monkeys. Journal of Dental Research 71,p580 1992

  67. Ultrastructural changes of the matrix in repaired cementum during healing. Journal of Dental Research 70(4), 792 1991

  68. 須藤毅顕, 宮野 悟,中林 潤,角 勇樹,髙橋邦彦,坂内英夫,檜枝光憲,PARK HEEWON,越野和樹,徳永伸一,中口悦史,井津井康浩,岡田英理子,那波伸敏,鹿島田彩子,木下淳博. コロナ禍におけるICTを活用したデータサイエンス教育の実装. 第16回医療系e-ラーニング全国交流会年次大会,プログラム・要旨集,p67-70, 2021年12月18-19日 2021.12.19 オンライン開催

  69. 鈴木 瞳,須永昌代,木下淳博,吉田直美. 介護・医療人材養成のための口腔ケアに関するシミュレーション教材の開発. 第16回医療系e-ラーニング全国交流会年次大会,プログラム・要旨集,p52-53, 2021年12月18-19日 2021.12.18 オンライン開催

  70. 金森ゆうな, 關奈央子, 則武加奈子,ジャネルモロス, 須永昌代, 森尾郁子, 木下淳博, 新田 浩. 東京医科歯科大学病院研修歯科医に対する英語医療面接オンライン研修の試み. 第86回口腔病学会学術大会,口病誌89(1),p26,2021 年12月3-4日 2021.12.04 東京医科歯科大学(東京都文京区)オンライン配信

  71. 則武加奈子,金森ゆうな,木村康之,城戸大輔,海老原 新,秀島雅之,礪波健一,梅森 幸,須永昌代,木下淳博,新田 浩. 過去9年間における協力型臨床研修施設での研修歯科医の評価. 第86回口腔病学会学術大会,口病誌89(1),p26,2021 年12月3-4日 2021.12.04 東京医科歯科大学(東京都文京区)オンライン配信

  72. 木下淳博. オンデマンド授業の大幅拡大が可能にする歯学教育のカリキュラム改革案. 第40回日本歯科医学教育学会学術大会シンポジウム3「遠隔教育の課題と可能性を考える」 2021.11.28 日本大学(Web開催)

  73. 木下淳博,須永昌代,足達淑子,戸田花奈子,伊藤 奏,鈴木 瞳. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第59期 Part Ⅰ 2021.11.23 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  74. 則武加奈子,須永昌代,海老原 新,秀島雅之,礪波健一,梅森 幸,金森ゆうな,木下淳博,新田 浩. 東京医科歯科大学歯学部附属病院の研修歯科医採用試験におけるオンライン試験の試み. 第40日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,2021年11月20-12月3日 2021.11.20 オンライン開催

  75. 安達奈穂子,鈴木 瞳,近藤圭子,廣田優子,須永昌代,木下淳博,品田佳世子. 歯科衛生士教育におけるヒト型患者ロボット(シムロイド®)を用いたシミュレーション実習の効果の検証. 第40日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,2021年11月20-12月3日 2021.11.20 オンライン開催

  76. 沼沢益行,舟越 優,那波伸敏,須藤毅顕,須永昌代,青木朱美,中林 潤,中口悦史,中川美奈,木下淳博. アンケートの集計、可視化、報告資料作成を支援する自動出力マクロの開発. 第53回日本医学教育学会,医学教育第52巻・補冊p213,2021年7月30-31日 2021.07.23 オンライン開催

  77. 那波伸敏,沼沢益行,中川美奈,須永昌代,木下淳博,山口久美子,秋田恵一,鹿島田彩子,井津井康浩,岡田英理子,山脇正永. 医学教育プログラム評価の理論と実践 東京医科歯科大学における取り組み~教学IRスタッフの視点から~. 第53回日本医学教育学会,医学教育第52巻・補冊p63,2021年7月30-31日 2021.07.23 オンライン開催

  78. 木下淳博,須永昌代,足達淑子,戸田花奈子,伊藤 奏,鈴木 瞳. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第58期 Part Ⅱ 2021.06.20 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  79. 沼沢益行,舟越 優,那波伸敏,則武加奈子,山口久美子,鶴田 潤,川上千春,中川美奈,木下淳博,髙田和生. Zoom、LMS、Googleスライドの併用により、例年の実地でのプログラムをスケールダウンすることなく遠隔で実施できた多職種連携実習の報告. 第15回医療系e-ラーニング全国交流会,講演要旨集,p48-51, 2020年12月19-20日 2020.12.19 オンライン開催

  80. 金森ゆうな, 關 奈央子, 則武加奈子, 須永昌代, ジャネルモロス, 森尾郁子, 荒木孝二, 木下淳博, 新田 浩. 東京医科歯科大学歯学部附属病院研修歯科医の歯科英語能力評価. 第85回口腔病学会学術大会,口病誌88(1),p75,2020 年12月4-5日 2020.12.05 東京医科歯科大学(東京都文京区)オンライン配信

  81. 大里 愛,關 奈央子,ジャネルモロス,須永昌代,樺沢勇司,木下淳博,森尾郁子. eラーニング教材の開発とその国際汎用性について. 第85回口腔病学会学術大会,口病誌88(1),p76,2020 年12月4-5日 2020.12.05 東京医科歯科大学(東京都文京区)オンライン配信

  82. 小関健由,結城 泉,安部ちづる,大場智美,舟橋良子,半田 茜,木下淳博,品田佳世子, 高阪利美,眞木吉信. 歯科治療技能を『見える化』する小型学習器を用いたスケーリング学習プログラムの制作. 第11回日本歯科衛生教育学会,日本歯科衛生教育学会雑誌11(2),p133,2020 年12 月18-28日 2020.12 Web開催

  83. 木下淳博,足達淑子,須永昌代,戸田花奈子,原田悠介,日高玲奈. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第58期 Part Ⅰ 2020.11.29 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  84. 木下淳博. 歯科医師および歯科衛生士のための歯周病治療. 文京区歯科医師会学術講演会 2020.11.18 文京シビックセンター(東京都文京区)

  85. 木下淳博. 遠隔授業におけるICT活用教育の実践と著作権. 静岡県立大学短期大学部FD 2020.10.29 静岡県立大学短期大学部(静岡県静岡市;オンライン)

  86. 竹之内 茜,大谷悦世、木下淳博. 歯科診療における共同動作を学習できるe-learning動画教材と紙媒体教材の学習効果の比較. 第38日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集p63,2020年9月25日-10月24日,誌上開催・Web開催 2020.09.25

  87. 須永昌代,鶴田 潤,山口久美子,那波伸敏,木下淳博,秋田恵一,金子英司. 東京医科歯科大学内の教員による教員のためのコーチング研修の実施概要報告. 第52回日本医学教育学会,医学教育第51巻・補冊p243,2020年7月17-18日 2020.07.17 誌上発表

  88. 那波伸敏,沼沢益行,中川美奈,須永昌代,藤原武男,田中雄二郎,木下淳博. トラジェクトリー解析を用いた医学科学生の成績の推移に関する規定因子の検討. 第52回日本医学教育学会,医学教育第51巻・補冊p173,2020年7月17-18日 2020.07.17 誌上発表

  89. 沼沢益行,那波伸敏,須永昌代,中口悦史,青木朱美,中川美奈,木下淳博. 授業評価アンケートの自由記述回答を短時間で簡便にわかりやすく可視化するマクロの開発. 第52回日本医学教育学会,医学教育第51巻・補冊p97,2020年7月17-18日 2020.07.17 誌上発表

  90. 竹之内 茜,大谷悦世、松田彩香,久佐香寿美,楠真帆,木下淳博. 音波歯ブラシにおける超音波の口腔衛生状態に与える影響. 第69回 日本口腔衛生学会,プログラム集, p24, 2020年4月24-26日 (誌上開催) 2020.04.24

  91. 須永昌代,山口久美子,戸原 玄,樺沢勇司,木下淳博. 歯科衛生士に対する卒後・復職支援教育のための口腔管理を学ぶコンピュータシミュレーション教材の開発. 第14医療系e-ラーニング全国交流会,講演要旨集,p54-55, 2019年12月21-22日 2019.12.22 広島大学(広島県広島市)

  92. 小関健由,木下淳博,品田佳世子,合場千佳子,高阪利美,眞木吉信. 手用器具操作技能の見える化による歯周臨床技能修得システムの開発. 第10 回日本歯科衛生教育学会,10(2),p136,2019 年12 月7-8日 2019.12.08 福岡県歯科医師会館(福岡県福岡市)

  93. 竹之内 茜,大谷悦世,須永昌代,頭山高子,上原弘美,秋山恭子,伊藤 奏,泉野裕美,木下淳博. 歯科診療における共同動作に関するスマホ教材の学習効果 無作為比較試験第二報. 第10 回日本歯科衛生教育学会,10(2),p113,2019 年12 月7-8日 2019.12.07 福岡県歯科医師会館(福岡県福岡市)

  94. 大谷悦世,竹之内 茜,木下淳博. 歯科診療における共同動作に関するスマホ教材の学習効果 無作為比較試験第一報. 第10 回日本歯科衛生教育学会,10(2),p112,2019 年12 月7-8日 2019.12.07 福岡県歯科医師会館(福岡県福岡市)

  95. 關 奈央子,水谷幸嗣,保坂啓一,駒田 亘,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,ジャネルモロス,須永昌代,川口陽子,森尾郁子,木下淳博. 医歯学総合研究科歯学系大学院生対象の国際歯科臨床教育コース(Essential Expertise for Clinical Dentistry)に対する評価. 第84回口腔病学会学術大会,口病誌87(1),p16,2019 年12月7-8日 2019.12.07 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  96. 木下淳博,秋山恭子,足達淑子,須永昌代,竹之内茜,原田悠介. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第57期 Part Ⅰ 2019.11.17 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  97. 沼沢益行,那波伸敏,須永昌代,中口悦史,青木朱美,中川美奈,木下淳博. Excelマクロ-Access-Rの連携による教学IRデータ管理・集計・分析システムの構築. 第51回日本医学教育学会,医学教育第50巻・補冊p214,2019年7月26-27日 2019.07.27 京都府立京都学・歴彩館/稲盛記念会館(京都府京都市)

  98. 須永昌代,原田悠介,渡邊洋子,大城暁子,臼見莉沙,則武加奈子,品田佳世子,水口俊介,木下淳博. 歯科衛生士復職支援プログラムにおけるヒト型患者ロボットを用いた歯周ポケット測定訓練とその効果. 第38日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集p148,2019年7月19-20日 2019.07.20 パピヨン24 ガスホール(福岡県福岡市)

  99. 關 奈央子,ジャネル モロス,大里 愛,須永昌代,品田佳世子,森尾郁子,木下淳博. 歯科衛生士教育における英語による臨床シミュレーション教材の開発-第2報-. 第38日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集p124,2019年7月19-20日 2019.07.19 パピヨン24 ガスホール(福岡県福岡市)

  100. 木下淳博,秋山恭子,足達淑子,須永昌代,竹之内茜,原田悠介. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第56期 Part Ⅱ 2019.06.16 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  101. 原田悠介,須永昌代,竹内康雄,水谷幸嗣,秋月達也,片桐さやか,池田裕一,青木 章,岩田隆紀,木下淳博. 歯周ポケット測定訓練用顎模型を用いた測定者の標準化 ―顎模型での評価の妥当性と熟練測定者としての基準正解率―. 第62回春季日本歯周病学会学術大会,日本歯周病学会会誌61(春季特別号)p128,2019年5月24-25日 2019.05.25 神奈川県民ホール(神奈川県横浜市)

  102. 木下淳博,秋山恭子,足達淑子,須永昌代,竹之内茜,原田悠介. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第56期 Part Ⅰ 2018.12.16 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  103. 須永昌代,渡邊洋子,大城暁子,臼見莉沙,原田悠介,三浦佳子,木下淳博. 歯科衛生士のための復職支援プログラムにおける ヒト型患者ロボットの活用. 第13回医療系e-ラーニング全国交流会,講演要旨集,p28-31, 2018年12月8-9日 2018.12.08 東京医科大学病院(東京都新宿区)

  104. 竹之内 茜, 須永 昌代, 小原 由紀, 木下 淳博. 歯科衛生教育におけるスマートフォンを用いた英語学習の効果に関する無作為比較試験. 第9 回日本歯科衛生教育学会,9(2),p112,2018 年12 月1-2日 2018.12.01 朱鷺メッセ(新潟県新潟市)

  105. 大谷悦世,郷保由紀子,坂下優果,伏見麻美,木下 淳博,竹之内 茜. スマートフォンにて学習可能なe-learning教材を用いた学習の効果に関する予備的研究-歯科治療の流れの学習-. 第9 回日本歯科衛生教育学会,9(2),p135,2018 年12 月1-2日 2018.12.01 朱鷺メッセ(新潟県新潟市)

  106. 小原由紀,西村瑠美,引地尚子,松本厚枝,中道敦子,杉山 勝,秋房住郎,木下淳博,荒川真一,興地隆史. 健康長寿に貢献する実践的チーム医療人育成―コンピュータシミュレーション教材を用いた連携大学間共通利用教材の効果―. 第9 回日本歯科衛生教育学会,9(2),p144,2018 年12 月1-2日 2018.12.01 朱鷺メッセ(新潟県新潟市)

  107. 秋山恭子,新井 恵,木下淳博. 専門職連携実践実習後の歯科衛生学生による振り返り学習の評価について. 日本歯科衛生学会 第13 回学術大会,日本歯科衛生学会雑誌13(1),p149,2018 年9 月16-17日 2018.09.17 福岡国際会議場(福岡県福岡市)

  108. 大山 篤,須永昌代,木下淳博,荒木孝二,伊藤考訓. 自分の病気の治療方針に対する患者の疑問解決行動に関する研究. 第50回日本医学教育学会,医学教育第49巻・補冊p225,2018年8月3-4日 2018.08.04 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  109. 海老原 新,河村 準,時田大輔,鶴田 潤,木下淳博,興地隆史. 歯内治療学模型実習での反転授業の改善について. 第37回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集p133,2018年7月27-28日 2018.07.28 奥羽大学(福島県郡山市)

  110. 神谷菜々,須永昌代,中禮 宏,田邊 元,松本 勝,深井智子,安井利一,上野俊明,木下淳博. スポーツ歯科臨床に関するコンピュータシミュレーション教材の開発と有効性の検討. 日本スポーツ歯科医学会 第29回総会・学術大会,プログラム・抄録集p68,2018年6月23-24日 2018.06.23 トークネットホール仙台(宮城県仙台市)

  111. 木下淳博,秋山恭子,足達淑子,須永昌代,竹之内茜,原田悠介. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第55期 Part Ⅱ 2018.06.17 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  112. 大山 篤,安藤雄一,澁谷智明,藤田雄三,須永昌代,木下淳博,品田佳世子. 50-60歳代の非正規労働者の口腔保健に対する意識と現在の歯科受診状況. 第91回日本産業衛生学会,第60巻臨時増刊号p300,2018年5月16-19日 2018.05.18 熊本市民会館(熊本県熊本市)

  113. 木下淳博. 歯科衛生士が行う「歯科診療の補助」とは. 日本歯周病学会60周年記念京都大会 ランチョンセミナー,2017月12月16日,招待講演 2017.12.16 国立京都国際会館(京都府京都市)

  114. 木下淳博,秋山恭子,足達淑子,大塚紘未,須永昌代,竹之内茜. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第55期 Part Ⅰ 2017.12.10 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  115. 木下淳博. 授業でのICTの活用-歯学教育に活用できるeラーニング教材の作成-. 日本大学歯学部教員FD 2017.12.05 日本大学(東京都千代田区)

  116. 曹 日丹, 須永昌代,三好智絵,保母宏基,新田 浩,木下淳博. eラーニングにおける学習レベル通知システムの開発と評価. 第12回医療系e-ラーニング全国交流会,講演要旨集,p24-27, 2017年12月2-3日 2017.12.02 香川大学(香川県高松市)

  117. 木下淳博. 動画で学ぶスケーリング・ルートプレーニングの要点と限界. 鹿児島県歯科衛生士会研修会 2017.11.26 鹿児島県歯科医師会館(鹿児島県鹿児島市)

  118. 秋山恭子,須永昌代,新井 恵,木下淳博. 歯科衛生過程を学ぶコンピュータシミュレーション教材の臨床実習前の学生への応用と評価. 第8 回日本歯科衛生教育学会,8(2),p91,2017 年11 月25-26日 2017.11.26 関西女子短期大学(大阪府柏原市)

  119. 竹之内 茜, 須永 昌代, 小原 由紀, 松久保 隆, 木下 淳博. 歯科衛生教育におけるスマートフォンを用いた英語学習の効果. 第8 回日本歯科衛生教育学会,8(2),p94,2017 年11 月25-26日 2017.11.26 関西女子短期大学(大阪府柏原市)

  120. 小関健由,木下淳博,品田佳世子,合場千佳子,高阪利美,眞木吉信. 仮想現実を用いた歯周診療技能修得教育システムの構築―手指の動作を収録する力学的臨床技能修得装置による歯科臨床技能教育への試みについて―. 第8 回日本歯科衛生教育学会,8(2),p101,2017 年11 月25-26日 2017.11.25 関西女子短期大学(大阪府柏原市)

  121. 木下淳博. 歯科衛生士が行う「歯科診療の補助」とは. 第8回日本歯科衛生教育学会 ランチョンセミナー,2017月11月25日,招待講演 2017.11.25 関西女子短期大学(大阪府柏原市)

  122. 關 奈央子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,ジャネルモロス,水谷幸嗣, 保坂啓一,駒田 亘,黒田真司,須永昌代,川口陽子,森尾郁子,木下淳博. 本学大学院医歯学総合研究科における国際歯科臨床教育コースに対する評価. 第82回口腔病学会学術大会,口病誌85(1),p27,2017 年11 月19-20日 2017.11.19 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  123. 中村奈都美,小原由紀,近藤圭子,安田昌代,大塚紘未,木下淳博,品田佳世子,鈴木哲也,荒川真一,興地隆史. 歯科衛生教育におけるチーム医療実践プログラムに対する学生の評価. 日本歯科衛生学会 第12 回学術大会,日本歯科衛生学会雑誌12(1),p108,2017 年9 月17-18日 2017.09.17 きゅりあん(品川区立総合区民会館)(東京都品川区)

  124. 秋山恭子,須永昌代,新井 恵,木下 淳博. 歯科衛生過程を学ぶコンピュータシミュレーション教材の開発と評価. 第36回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,抄録集p165,2017年7月28-29日 2017.07.29 松本市中央会館(Mウイング文化センター)(長野県松本市)

  125. 海老原 新,河村 準,鶴田 潤,木下淳博,興地隆史. 歯内治療学模型実習の反転授業での予習について. 第36回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,抄録集p160,2017年7月28-29日 2017.07.29 松本市中央会館(Mウイング文化センター)(長野県松本市)

  126. 海老原 新,河村 準,時田大輔,鶴田 潤,木下淳博,興地隆史. 歯内治療学模型実習での反転授業の改善について. 第37回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集p133,2018年7月27-28日 2017.07.28 奥羽大学(福島県郡山市)

  127. 關 奈央子,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,ジャネルモロス,水谷幸嗣,保坂啓一,駒田 亘,須永昌代,川口陽子,森尾郁子,木下淳博. 東京医科歯科大学大学院における国際歯科臨床教育コースの導入と取り組み―第1報―. 第36回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,抄録集p104,2017年7月28-29日 2017.07.28 松本市中央会館(Mウイング文化センター)(長野県松本市)

  128. 木下淳博. 動画で学ぶスケーリング・ルートプレーニングの要点と限界. 佐賀県歯科衛生士会研修会 2017.07.23 アバンセ(佐賀県佐賀市)

  129. 木下淳博,秋山恭子,足達淑子,須永昌代,大塚紘未,三好智絵. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第54期 Part Ⅱ 2017.07.09 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  130. 木下淳博. ITを活用した新しい歯科臨床技能教育の試み.歯学・歯科衛生学における教育メディアの活用. 第66回日本口腔衛生学会・総会,日本歯科衛生教育学会合同プログラム,口腔衛生学会雑誌 vol.67 増刊号p56-57 2017.06.01 山形テルサ(山形県山形市)

  131. 大山 篤,安藤雄一,澁谷智明,藤田雄三,須永昌代,木下淳博,品田佳世子. 退職者が在職中に経験した、労働と口腔保健の相互の影響に関する研究. 第90回日本産業衛生学会,第59巻臨時増刊号,p335, 2017年5月11日 2017.05.11 東京ビッグサイトTFTビル(東京都江東区)

  132. 木下淳博. 動画で学ぶ、スケーリング・ルートプレーニングの要点と限界. 青森県歯科衛生士会研修会 2017.04.02 青森県歯科医師会館(青森県青森市)

  133. 木下淳博. 今、私が歯科衛生士に伝えたいこと -歯周基本治療DH実習コース10年間のQ&Aから-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第54期 Part I 2017.03.26 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  134. 木下淳博. 歯学教育におけるeラーニング教材の作成. 大阪歯科大学歯学科教員FD 2017.02.13 大阪歯科大学(大阪府枚方市)

  135. 木下淳博. アニメで納得!SRPでは何をしている?. 大阪府歯科衛生士会研修会 2017.01.15 大阪府歯科医師会館(大阪府大阪市)

  136. 木下淳博,足達淑子,須永昌代,大塚紘未,安田昌代,三好智絵. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第54期 Part I 2016.12.18 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  137. 秋山恭子,新井 恵,木下淳博. 多職種連携教育における課題に関する口腔保健学専攻学生へのインタビュー調査. 第7 回日本歯科衛生教育学会,日本歯科衛生教育学会雑誌7(2),p184,2016 年12 月10-11日 2016.12.11 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  138. 關 奈央子,ジャネル· モロス,大塚紘未,須永昌代,内藤美生,高綱裕紀子,近藤圭子,品田佳世子,森尾郁子,木下淳博. Learning outcome provided by ESL clinical simulation teaching materials for dental hygienist education. 第81回口腔病学会学術大会,口病誌84(1),p59,2016 年11 月25-26日 2016.11.26 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  139. 木下淳博. イージーオーダーの口腔衛生指導(患者さんの状態に合わせた指導方法). 京都府歯科衛生士会研修会 2016.11.20 登録会館(京都府京都市)

  140. 木下淳博. 動画で学ぶ、スケーリング・ルートプレーニングの要点と限界. 石川県歯科衛生士会研修会 2016.11.13 石川県歯科医師会館(石川県金沢市)

  141. 高綱裕紀子,今野いろ葉,野崎勲,小川恵央,久保秀二,松木一美,吉津智慧,戸田花奈子,大塚紘未,木下淳博,品田佳世子. 糖尿病教育入院プログラムに含まれる歯科保健指導の効果に関する調査. 日本歯科衛生学会第11 回学術大会,日本歯科衛生学会雑誌11(1),p133,2016 年9 月18-19 2016.09.18 広島国際会議場(広島県広島市)

  142. 秋山恭子,大塚紘未,木下淳博,品田佳世子. 歯科衛生学生の生活に影響を与える因子調査―学生のストレスに関して―. 日本歯科衛生学会第11 回学術大会,日本歯科衛生学会雑誌11(1),p185,2016 年9 月18-19 2016.09.18 広島国際会議場(広島県広島市)

  143. 三好智絵,保母宏基,曹日丹,須永昌代,木下淳博. 双方向型コンピュータシミュレーション教材が学習効果と状態不安に与える影響について-2014年度、2015年度のまとめ-. 第11回医療系e-ラーニング全国交流会,講演要旨集,p28-31, 2016年9月10-11日 2016.09.10 酪農学園大学(北海道江別市)

  144. 礪波健一,中村 千賀子,山田 梓,梅森 幸,則武加奈子,須永昌代,秀島雅之,小田 茂,新田 浩,木下淳博,荒木孝二,俣木志朗. 行動科学基礎演習における学生の人間関係に関する意識の変化. 第48回日本医学教育学会,医学教育第47巻・補冊,p234,2016年7月29-30日 2016.07.30 大阪医科大学(大阪府高槻市)

  145. 山口久美子,秋田恵一,柴田俊一,須永昌代,木下淳博. 解剖学実習期間中における多視点多層3D解剖映像の自習教材としての活用(第一報). 第48回日本医学教育学会,医学教育第47巻・補冊,p145,2016年7月29-30日 2016.07.29 大阪医科大学(大阪府高槻市)

  146. 礪波 健一,山田 梓,梅森 幸,則武加奈子,木村康之,岩城麻衣子,須永昌代,秀島雅之,小田 茂,新田 浩,木下淳博,荒木孝二,俣木志朗. 歯学科学生の人間関係に関する認識に及ぼす東日本大震災の影響. 第57回日本歯科医療管理学会,日本歯科医療管理学会雑誌第51巻第1号,p39, 2016年7月16-17日 2016.07.17 東京医科歯科大学・TKPガーデンシティ御茶ノ水(東京都文京区・千代田区)

  147. 海老原 新,小松 恵,河村 準,鶴田 潤,木下淳博,興地隆史. 歯内治療学模型実習における反転授業の活用について. 第35回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p116, 2016年7月1-2日 2016.07.02 大阪大学コンベンションセンター(大阪府吹田市)

  148. 保母宏基,樺沢勇司,須永昌代,三好智絵,曹 日丹,新田 浩,木下淳博. コンピュータシミュレーション教材の双方向性が学習内容の習得と定着に与える効果. 第35回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p83, 2016年7月1-2日 2016.07.02 大阪大学コンベンションセンター(大阪府吹田市)

  149. ジャネル・モロス,關 奈央子,須永昌代,大塚紘未,内藤美生,品田佳世子,森尾郁子,木下淳博. 歯科衛生士教育における英語による臨床シミュレーション教材の開発. 第35回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p114, 2016年7月1-2日 2016.07.02 大阪大学コンベンションセンター(大阪府吹田市)

  150. 小原由紀,近藤圭子,安田昌代,大塚紘未,古屋純一,遠藤圭子,荒川真一,木下淳博,品田佳世子,鈴木哲也,森山啓司. 課題解決型高度医療人材養成プログラム:「大学附属病院におけるチーム医療実践プログラム」の実施およびその評価. 第35回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p131, 2016年7月1-2日 2016.07.02 大阪大学コンベンションセンター(大阪府吹田市)

  151. 礪波健一,山田 梓,梅森 幸,則武加奈子,木村康之,岩城麻衣子,須永昌代,秀島雅之,小田 茂,新田 浩,木下淳博,荒木孝二,俣木志朗. ビデオ教材を用いた医療倫理演習の3年後の学生授業評価に影響を与える因子. 第35回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p77, 2016年7月1-2日 2016.07.01 大阪大学コンベンションセンター(大阪府吹田市)

  152. 曹 日丹,須永昌代,三好智絵,保母宏基,木下淳博. eラーニングにおける学習レベル通知システムの開発と評価. 第35回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p75, 2016年7月1-2日 2016.07.01 大阪大学コンベンションセンター(大阪府吹田市)

  153. 木下淳博. 歯学教育におけるICT活用 ―はじめての教材作成―. 第35回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 ランチョンセミナー,2016月7月1日,招待講演 2016.07.01 大阪大学コンベンションセンター(大阪府吹田市)

  154. 木下淳博,足達淑子,三浦佳子,須永昌代,大塚紘未,安田昌代. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第53期PartⅡ 2016.06.12 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  155. 大山 篤,安藤雄一,澁谷智明,藤田雄三,須永昌代,木下淳博,品田佳世子. 労働者の歯科受診状況に関するWeb調査. 第89回日本産業衛生学会,第58巻臨時増刊号,p306, 2016年5月27日 2016.05.27 福島市音楽堂(福島県福島市)

  156. 木下淳博. アニメで納得!SRPでは何をしている. UP!2016EXTREME MEETING TOKYO 2016.02.14 EVENT SPACE EBiS 303(東京都渋谷区)

  157. 宮 わかな,三浦佳子, 竹廻祐希, 吉田ひとみ, 佐川かおり, 藤木沙友里, 須永昌代, 木下淳博. コンピュータシミュレーション教材による学習効果の実技評価方法の開発. 第10回医療系e-ラーニング全国交流会,講演要旨集p78-81,2016年1月30-31日,1月30日 2016.01.31 大阪府立大学 I-siteなんば(大阪府大阪市)

  158. 木下淳博. 動画で学ぶスケーリング・ルートプレーニング. 群馬県歯科医学会学術大会 2016.01.17 群馬県歯科医師会館(群馬県前橋市)

  159. 大山 篤,石田智洋,須永昌代,木下淳博,大原里子,荒木孝二. 60歳代の労働者と退職者の口腔保健行動について. 第80回口腔病学会学術大会,2014年12月25-26日,口病誌83(1), p47-48 2015.12.26 東京

  160. 木下淳博,足達淑子,三浦佳子,須永昌代,大塚紘未,安田昌代. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第53期PartⅠ 2015.12.20 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  161. 小関健由,眞木吉信,木下淳博,品田佳世子,合場千佳子,遠藤圭子,伊藤恵美,吉田志麻. 歯周診療手技・技術の記録・評価システムの教育への応用について. 第6回日本歯科衛生教育学会総会・学術大会,日本歯科衛生教育学会雑誌6(2), p179,2015年11月28-29日 2015.11.29 横須賀

  162. 木下淳博. 近未来の歯科衛生教育における教育メディアの活用―はじめてのICT活用教材作成―. 第6回日本歯科衛生教育学会総会・学術大会,ランチョンセミナー, 2015.11.28 横須賀

  163. 木下淳博. 近未来の歯科衛生教育における教育メディアの活用―はじめてのICT活用教材作成―. 第6回日本歯科衛生教育学会総会・学術大会 ランチョンセミナー 2015月11月28日,招待講演,横須賀(於:神奈川歯科大学短期大学) 2015.11.28 神奈川歯科大学短期大学(神奈川県横須賀市)

  164. 大山 篤,須永昌代,木下淳博,伊藤孝訓,大沢聖子,俣木志朗. 前歯部インプラント治療を検討する際の患者の選好. 第8回日本総合歯科学会総会・学術大会,プログラム・抄録集,p42,2015年11月21-22日 2015.11.22 東京

  165. 高橋政也,杉本久美子,上條真吾,鈴木哲也,大塚紘未,木下淳博,須永昌代. 口腔保健におけるコンピュータシミュレーション教材の他職種理解への利用. 日本歯科技工学会第37回学術大会,日本歯科技工学会36(特別号), p111, 2015年10月17-18日 2015.10.17 福岡

  166. 木下淳博. 歯学教育におけるメディアの活用と術者目線3D映像. 三次元映像のフォーラム 第113回研究会 最先端医療技術とその応用 2015.10.03 東京

  167. 秋山恭子, 遠藤圭子, 日野出大輔, 天野秀昭, 日下和代, 藤原愛子, 三阪美惠, 秋房住郎, 木下淳博, 品田佳世子. 歯科衛生学生の生活に影響を与える因子調査ー進路希望に関してー. 日本歯科衛生学会 第10回学術大会,日本歯科衛生学会雑誌10(1),p139,2015年9月20-22日 2015.09.21 札幌

  168. 大山 篤,安藤雄一,澁谷智明,藤田雄三,須永昌代,木下淳博. 退職者の口腔保健に対する意識と現在の歯科受診状況. 第25回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会,同講演集 p168,2015年9月16-19日 2015.09.18 山口県周南市,周南市文化会館

  169. 三好智絵, 保母宏基, 須永昌代, 木下淳博. 双方向型のコンピュータシミュレーション教材が、学生の状態不安および学習効果に与える影響について. 第34回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p79, 2015年7月10-11日 2015.07.11 鹿児島

  170. 岸本奈月, 小原由紀, 遠藤圭子, 荒川真一, 秋房住郎, 杉山 勝, 二川浩樹, 木下淳博, 品田佳世子, 鈴木哲也, 森山啓司. 課題解決型高度医療人材養成プログラム「健康長寿に貢献する実践的チーム医療人育成」について(第1報). 第34回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p161, 2015年7月10-11日 2015.07.11 鹿児島

  171. 竹廻祐希, 三浦佳子, 須永昌代, 藤木沙友里, 佐川かおり, 宮 わかな, 鈴木聖一, 森山啓司, 木下淳博. 双方向性コンピュータシミュレーション教材による学習の効果について(第2報). 第34回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p153, 2015年7月10-11日 2015.07.11 鹿児島

  172. 礪波健一, 山田 梓, 梅森 幸, 則武加奈子, 岩城麻衣子, 大原里子, 秀島雅之, 新田 浩, 小田 茂, 木下淳博, 荒木孝二, 俣木志朗. 行動科学基礎体験学習における人間理解に関する学生の意識の変化. 第34回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p144, 2015年7月10-11日 2015.07.11 鹿児島

  173. 和達礼子, 海老原 新, 河村 隼, 鶴田 潤, 木下淳博, 興地隆史. 診療参加型実習におけるe-learningの活用について(第2報) アンケート調査について. 第34回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p127, 2015年7月10-11日 2015.07.11 鹿児島

  174. 大塚紘未, 近藤圭子, 小原由紀, 安田昌代, 岸本奈月, 須永昌代, 遠藤圭子, 荒川真一, 木下淳博, 品田佳世子. 口腔保健学科学生が医学科・歯学科学生に要介護高齢者への口腔ケアを教える多職種連携実習プログラムの開発. 第34回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p79, 2015年7月10-11日 2015.07.10 鹿児島

  175. 三浦佳子,須永昌代,竹廻祐希,宮 わかな,上原沙友里,佐川かおり,吉田ひとみ,足達淑子,近藤圭子,渡邊月子,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. 歯科衛生士のためのインタラクティブコンピュータシミュレーション教材の活用と評価. 第34回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集p153,2015年7月10-11日 2015.07.10 鹿児島

  176. 關 奈央子, 須永昌代, 三好智絵, 保母宏基, モロス・ジャネル, 木下淳博, 森尾郁子. 歯科における英語教育の必要性とシミュレーション教育システムの活用. 第34回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p131, 2015年7月10-11日 2015.07.10 鹿児島

  177. 河村 隼, 海老原 新, 和達 礼子, 鶴田 潤, 木下 淳博, 興地 隆史. 診療参加型実習におけるe-learningの活用について(第1報) システムについて. 第34回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集,p127, 2015年7月10-11日 2015.07.10 鹿児島

  178. 大山 篤, 深井穫博, 須永昌代, 木下淳博, 伊藤孝訓, 大沢聖子, 俣木志朗, 荒木孝二. 臼歯部インプラント治療を検討する際の患者の選好. 第34回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集p87,2015年7月10-11日 2015.07.10 鹿児島

  179. 木下淳博,足達淑子,三浦佳子,須永昌代,大塚紘未,安田昌代. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第52期PartⅡ 2015.06.07

  180. 青木和広,田村幸彦,高橋真理子,木下淳博. 東京医科歯科大学薬理学実習におけるコンピュータシミュレーションの取り組み. 一般社団法人歯科基礎医学会 第1回定期特別講演会 ミニシンポジウム:薬理学実習における動物実験代替え法の導入・薬理学実習と教育に関する各大学の現状について 2015.04.25 日本歯科大学

  181. 井川貴博,秋月達也,松浦孝典,星 嵩,小野 彌,丸山起一,木下淳博,小田 茂,和泉雄一. βーTCPの形状および構造の違いによる歯槽堤増大術への効果ーイヌでの組織学的評価ー. 第14回日本再生医療学会,2015年3月19-21日,2015年3月19日 2015.03.19 横浜

  182. 深堀浩樹,小玉淑巨,川本祐子,須永昌代,山口久美子,木下淳博. 看護師が遭遇する多重課題に関するeラーニング教材の多職域連携教育における活用. 第9回医療系eラーニング全国交流会,講演要旨集, p18-19,2015年1月24-25日 2015.01.24 下野

  183. 須永昌代,關 奈央子,Janelle Moross,福井雄二,森尾郁子,木下淳博. タイの歯学部教員に対するシミュレーション教材作成演習の実施と評価. 第9回医療系eラーニング全国交流会,講演要旨集, p28-31,2015年1月24-25日 2015.01.24 下野

  184. 深堀 浩樹, 小玉 淑巨, 川本 裕子, 須永 昌代, 山口 久美子, 木下 淳博.. 看護師が遭遇する多重課題に関するe-ラーニング教材の多職種連携教育における活用. 第9回全国医療系eラーニング交流会 2015.01 栃木

  185. 木下淳博,足達淑子,三浦佳子,須永昌代,大塚紘未,安田昌代. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第52期PartⅠ 2014.12.14

  186. 關奈央子,三好智絵,保母宏基,須永昌代,木下淳博,森尾郁子. 英語による歯科診療シミュレーション教材の需要,評価,およびその応用性. 第79回口腔病学会学術大会,2014年12月5-6日,口病誌81(3), p22 2014.12.06 東京

  187. 大塚紘未,須永昌代,近藤圭子,遠藤圭子,安田昌代,品田佳世子,荒川真一,木下淳博. 口腔機能管理シミュレータを用いた実習プログラムの導入と課題の検討. 第79回口腔病学会学術大会,2014年12月5-6日,口病誌81(3), p21-22 2014.12.06 東京

  188. 大山 篤,深井穫博,石田智洋,須永昌代,木下淳博,荒木孝二. 歯科治療時の浸潤麻酔使用に関する患者の選好. 第79回口腔病学会学術大会,2014年12月5-6日,口病誌81(3), p22-23 2014.12.06 東京

  189. 大山 篤,深井穫博,須永昌代,木下淳博,伊藤孝訓,大沢聖子,俣木志朗. 智歯抜歯に関する臨床決断シナリオに対する国民の意識調査. 第7回日本総合歯科学会総会・学術大会,プログラム・抄録集, p48,2014年11月28-30日 2014.11.30 大阪

  190. 大塚紘未,須永昌代,近藤圭子,遠藤圭子,安田昌代,品田佳世子,荒川真一,岩城重次、堀江弘恵,木下淳博. 口腔機能管理シミュレータを用いた教育メディアの開発と実習プログラムの検討. 第5回日本歯科衛生教育学会総会・学術大会,日本歯科衛生教育学会雑誌5(2), p159,2014年11月29-30日 2014.11.29 神戸

  191. 木下淳博. 近未来の歯科衛生教育における教育メディアの活用―ICT活用教材とマネキン・模型実習の融合―. 第5回日本歯科衛生教育学会総会・学術大会 ランチョンセミナー,神戸(於:兵庫県歯科医師会館) 2014.11.29

  192. 上條真吾,杉本久美子,鈴木哲也,大木明子,池田正臣,須永昌代,木下淳博. 歯科技工実習におけるコンピュータシミュレーション教材の導入-学生からの評価-. 日本歯科技工学会第36回学術大会,日本歯科技工学会35(特別号), p117, 2014年9月20-21日 2014.09.20 札幌

  193. 大山 篤,須永昌代,木下淳博. 2010-2012年度の歯学科4年生の自宅におけるIT環境の調査. 第46回日本医学教育学会大会,医学教育Vol.45(suppl), p107,2014年7月18-19日 2014.07.18 和歌山

  194. 大山 篤,須永昌代,木下淳博. 歯学部臨床実習に関する国民の意識調査-全国データと東京23区データとの比較-. 第33回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集, p120,2014年7月4-5日 2014.07.05 北九州

  195. 高橋真理子,田村幸彦,青木和広,須永昌代,木下淳博,大谷啓一. 薬理学実習における医歯学シミュレーション教育システムの応用と評価. 第33回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集, p111,2014年7月4-5日 2014.07.04 北九州

  196. 礪波健一, 則武加奈子, 梅森 幸,山田 梓, 岩城麻衣子,大原里子,秀島雅之, 鶴田 潤, 新田 浩,小田 茂,木下淳博,俣木志朗,荒木孝二. 東京医科歯科大学包括臨床実習における初診時鑑別診断の妥当性. 第33回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集, p121,2014年7月4-5日 2014.07.04 北九州

  197. 和達礼子,河村 隼,海老原 新,須田英明,木下淳博. 東京医科歯科大学での歯内治療臨床予備実習における反転授業の導入―第2報:学生によるアンケート結果―. 第33回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集, p99,2014年7月4-5日 2014.07.04 北九州

  198. 河村 隼,和達礼子,海老原 新,須田英明,木下淳博. 東京医科歯科大学での歯内治療臨床予備実習における反転授業の導入―第1報:システムならびに効果―. 第33回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集, p100,2014年7月4-5日 2014.07.04 北九州

  199. 大塚紘未,近藤圭子,須永昌代,遠藤圭子,小城賢一,品田佳世子,木下淳博. 歯科衛生士国家試験に向けた学習における携帯端末を用いたeラーニングシステムの活用と評価. 第33回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集, p127,2014年7月4-5日 2014.07.04 北九州

  200. 竹廻祐希,三浦佳子,須永昌代,上原沙友里,佐川かおり,宮 わかな,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. 双方向性コンピュータシミュレーション教材による学習の効果について. 第33回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集, p131,2014年7月4-5日 2014.07.04 北九州

  201. 關奈央子,福井雄二,須永昌代,Janelle Moross,木下淳博,森尾郁子. 英語による医療面接に関するインタラクティブ教材の開発. 第33回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集, p69,2014年7月4-5日 2014.07.04 北九州

  202. 井川貴博,秋月達也,松浦孝典,星 嵩,小野 彌,丸山起一,木下淳博,小田 茂,和泉雄一. 歯槽堤増大術におけるβ-TCPの形状および構造の違いの効果 -イヌでの比較評価-. 第35回日本炎症・再生医学会,2014年7月1-4日 2014.07.02 名護

  203. 井川貴博,秋月達也,松浦孝典,星 嵩,小野 彌,丸山起一,木下淳博,小田 茂,和泉雄一. ランダムトンネル型β-TCP骨補填材を用いた顎堤保存術 -イヌでの8週および24週での評価-. 第140回日本歯科保存学会春季学術大会,プログラムおよび講演抄録集, p63, 2014年6月19-20日 2014.06.20 大津

  204. 木下淳博,足達淑子,三浦佳子,須永昌代,大塚紘未,安田昌代. 歯科衛生士が担う歯周基本治療の最前線-院長も納得!「SRPの要点と限界」-. 東京医科歯科大学歯科同窓会学術部コンティニュイング・デンタル・エデュケーション第51期PartⅡ 2014.06.01

  205. 井川貴博,秋月達也,松浦孝典,星 嵩,小野 彌,丸山起一,竹内祥吾,木下淳博,小田 茂,和泉雄一. トンネルβ-TCP骨補填材を用いた歯槽堤保存術 -イヌでの6ヶ月評価-. 第57回春季日本歯周病学会学術大会,日本歯周病学会会誌56(春季特別号), p105,2014年5月23-24日 2014.05.24 岐阜

  206. 三浦佳子,吉田ひとみ,竹廻祐希,佐川かおり,上原沙友里,宮わかな,須永昌代,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. 歯科保健指導における患者向けコンピュータシミュレーション教材の評価. 第8回医療系eラーニング全国交流会,講演要旨集, p44-47,2014年3月15-16日 2014.03.15 豊明

  207. 佐川かおり,三浦佳子,竹廻祐希,須永昌代,近藤圭子,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. コンピュータシミュレーション教材の歯学部口腔保健学科学生からの評価. 第8回医療系eラーニング全国交流会,講演要旨集, p40-43,2014年3月15-16日 2014.03.15 豊明

  208. 大山 篤,須永昌代,吉岡隆知,木下淳博,荒木孝二. 医歯学シミュレーション教育システムの教材レビュー事項の分析. 第78回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌81(1), p58,2013年12月6-7日 2013.12.07 東京

  209. 黒佐通代,荒木孝二,大原里子,礪波健一,梅森 幸,則武加奈子,須永昌代,木下博淳. ペーパー試験とコンピュータ試験における臨床推論能力測定の相違について. .第78回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌81(1),p57,2013年12月6-7日 2013.12.07 東京

  210. 長 雄一郎,窪田哲朗,木下淳博,星 治. 臨床検査技師教育におけるe-learning教材の活用;組織学の自己学習による教育効果(第二報). 第60回日本臨床検医学会学術集会,臨床病理61(補冊), p131,2013年10月31-11月3日 2013.11.01 神戸

  211. 原田悠介,須永昌代,木下淳博. 歯学科学生に対する歯周ポケット測定訓練用顎模型の訓練効果. 第56回秋季日本歯周病学会学術大会,日本歯周病学会会誌55(秋季特別号),p125,2013年9月22日 2013.09.22 前橋

  212. 三浦佳子,吉田ひとみ,葛西美樹,上原沙友里,竹廻祐希,須永昌代,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. コンピュータシミュレーション教材の歯科保健指導における患者への応用と評価. 日本歯科衛生学会第8回学術大会,日本歯科衛生学会雑誌8(1),p232,2013年9月14-16日 2013.09.16 神戸

  213. 三浦佳子,吉田ひとみ,葛西美樹,上原沙友里,竹廻祐希,須永昌代,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. コンピューターシミュレーション教材の歯科保健指導における患者への応用と評価. 第8回日本歯科衛生学会学術大会 2013.09.16 神戸

  214. 須永昌代,大槻昌幸,池田正臣,田上順次,木下淳博. 術者目線のオリジナル3Dムービー作成・供覧システムの歯学科う蝕制御学講義への応用と評価. 第38回教育システム情報学会全国大会,論文集,p179-180,2013年9月1-4日 2013.09.03 金沢

  215. 長 雄一郎,窪田哲朗,木下淳博,星 治. e-learning教材を活用した臨床検査技師卒前教育における組織学の自己学習による教育効果(第二報). 第8回日本臨床検査学教育学会学術大会,臨床検査学教育 5(Supp.),p94,2013年8月26-28日 2013.08.27 大阪

  216. 大山 篤,須永昌代,木下淳博. 臨床実習時に求められる学生の態度やスキルに関するWeb調査. 第45回日本医学教育学会大会,医学教育Vol.44(suppl), p113,2013年7月26-27日 2013.07.27 千葉

  217. 山口久美子,須永昌代,秋田恵一,木下淳博. 医歯学融合教育におけるシミュレーション教材作成の試み. 第45回日本医学教育学会大会,医学教育Vol.44 (suppl), p75,2013年7月26-27日 2013.07.26 千葉

  218. 大槻昌幸,田上順次,須永昌代,秀島雅之,谷岡正行,川口真奈,木下淳博. 高精度窩洞形成シミュレーション・評価システムの基礎実習へ. 第32回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集p85,2013年7月12-13日 2013.07.13 札幌

  219. 竹廻祐希,三浦佳子,佐川かおり,須永昌代,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. コンピュータシュミレーション教材のスタッフ教育への応用. 第32回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集p120,2013年7月12-13日 2013.07.12 札幌

  220. 大山 篤,大原里子,新田 浩,秀島雅之,小田 茂,俣木志朗,荒木孝二,須永昌代,木下淳博. 歯科医師や学生の身だしなみに関する国民の意識調査. 第32回日本歯科医学教育学会,プログラム・抄録集p82,2013年7月12-13日 2013.07.12 札幌

  221. 三浦佳子,吉田ひとみ,竹廻祐希,佐川かおり,上原沙友里,宮わかな,須永昌代,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. 歯科保健指導における患者向けコンピュータシミュレーション教材の評価. 第8回医療系eーラニング全国交流会 第8回医療系eーラニング全国交流会講演要旨集 pp44-47 2013.03.15 豊明

  222. 吉田ひとみ,三浦佳子,中林美恵,葛西美樹,上原沙友里,竹廻祐希,渡部沙慧子,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. コンピュータシミュレーション教材を活用した歯科衛生士スタッフ教育の実践報告. 第7回医療系e-ラーニング全国交流会,講演要旨集「絆をつなぐe-ラーニング」,p32-35,2013年1月12-13日 2013.01.12 徳島

  223. 三浦佳子,吉田ひとみ,中林美恵,葛西美樹,上原沙友里,竹廻祐希,渡部沙慧子,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. 歯科保健指導におけるコンピュータシミュレーション教材の患者への応用. 第7回医療系e-ラーニング全国交流会,講演要旨集「絆をつなぐe-ラーニング」,p28-31,2013年1月12-13日 2013.01.12 徳島

  224. 大山 篤,須永昌代,大原里子,新田 浩,木下淳博,俣木志郎,荒木孝二. 2008-2011年度シミュレーション実習における歯学科6年生の臨床知識. 第77回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌80(1),p22,2012年11月30-12月1日 2012.12.01 東京

  225. 塩山秀裕,水谷幸嗣, 須田智也, 青山典生, 楠 侑香子, 木下淳博,荒川真一,小田茂, 和泉雄一. 先進医療「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」の臨床評価. 第77回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌80(1),p34,2012年11月30-12月1日 2012.12.01 東京

  226. 長 雄一郎,窪田哲朗,木下淳博,星 治. 臨床検査技師教育におけるe-learning教材の活用;組織学の自己学習による教育効果. 第59回日本臨床検査医学会学術集会,臨床病理 第60巻補冊2012,p230,2012年11月29日-12月2日 2012.12.01 京都

  227. 塩山秀裕,水谷幸嗣, 須田智也, 田中敬子, 青山典生, 藤原-高橋 香, 遠藤亜希子,山脇史寛,楠 侑香子, 木下淳博, 小田茂, 和泉雄一. エムドゲインⓇゲルを用いた先進医療「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」の臨床評価. 第22回日本歯科医学会総会,プログラム・事前抄録集,p122,2012年11月9日-10日 2012.11.09 大阪

  228. 井川貴博,星 嵩,松浦孝典,秋月達也,須永昌代,木下淳博,木村満利子,久保木芳徳,和泉雄一. ランダムトンネル型β-TCPを用いたソケットプリザベーション―イヌ上顎第一前臼歯におけるパイロットスタディー―. 第55回秋季日本歯周病学会,プログラムおよび講演抄録集p85,2012年9月23日 2012.09.23 つくば

  229. 長 雄一郎,窪田哲朗,木下淳博,星 治. e-learning教材を活用した臨床検査技師卒前教育における組織学の自己学習による教育効果. 第7回臨床検査学教育学会学術大会,抄録集,p108,2012年8月22-24日 2012.08.24 名古屋

  230. 真嶋由貴恵,丹羽雅之,中村裕美子,柴田喜幸,木下淳博,金西計英. 我が国における医療系eラーニングの状況と課題. 教育システム情報学会 第37回全国大会講演論文集,p282-283,2012年8月22-24日 2012.08.23 千葉

  231. 前田 稔,須永昌代, 中澤重夫, 木下淳博. 英語リスニング監督シミュレーション教材の開発と運用評価-大学入試センター試験における瞬時で正確な対応への医学教育の応用-. 日本テスト学会第10回大会,発表論文抄録集,p138-141, 2012年8月21-22日 2012.08.22 東京

  232. 大山 篤,須永昌代,木下淳博. 臨床実習時の歯学部学生の身なりに関する研究. 第44回日本医学教育学会大会,医学教育Vol.43(suppl)予稿集p107,2012年7月27-28日 2012.07.28 横浜

  233. 須永昌代,小長谷 光,樺沢勇司,木下淳博. 歯学教育における医歯学シミュレーション教育システムの評価. 第9回日本M&S医学教育研究会学術大会,プログラム・抄録集p28,2012年7月7日 2012.07.07 東京

  234. 松浦孝典,秋月達也,星 嵩,木下淳博,須永昌代,木村満利子,久保木芳徳,和泉雄一. ランダムトンネル型β-TCPを用いた歯周組織再生−イヌ下顎1壁性骨欠損における組織学的評価−. 日本歯科保存学会2012年度春季学術大会(第136回),プログラムおよび講演抄録集p79,2012年6月28-29日 2012.06.29 宜野湾

  235. 須永昌代,高野聡美,長岐祐子,宮内里美,加藤万理,堀内順子,香月麻紀子,佐藤トク子,中西利依,本田三奈,中澤正絵,山本裕子,伊藤美穂,畔川澄枝,三辺正人,稲垣幸司,谷口威夫,児玉利朗,杉山貴志,河野寛二,東 克章,清野浩昭,金子 至,牧野 明,漆原譲治,木下淳博. 測定者の訓練および評価に関する歯周ポケット測定訓練用顎模型の有効性. 第55回春季日本歯周病学会,プログラムおよび講演抄録集,p113,2012年5月18-19日 2012.05.18 札幌

  236. 須永昌代,加納三代,細田きく子,小林好一,安田悦子,坂東富代,友野信也,早野 喜代美,瀬古 章,木下淳博. 在宅介護に関するシミュレーション教材の開発と応用. 第6回医療系e-ラーニング全国交流会,新しい医学教育の流れ‘12 第43回医学教育セミナーとワークショップの記録,p103-103 ,2012年1月28-29日 2012.01.28 岐阜

  237. 三浦佳子,吉田ひとみ,中林美恵,葛西美樹,上原沙友里,竹廻祐希,渡部沙慧子,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. 歯科保健指導におけるコンピュータシミュレーション教材の患者への応用. 第7回医療系eーランニング全国交流会 第7回医療系eーランニング全国交流会講演要旨集,p28-31 2012.01.12 徳島

  238. 鶴田 潤,須永昌代,川島伸之,木下淳博,須田英明,森尾郁子. ビデオ会議システムを応用した国際大学院セミナー(TMDU-CU)について. 第76回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌79(1),p47-48,2011年12月9-10日 2011.12.10 東京

  239. 小林宏明,木下淳博,須永昌代,片桐さやか,青山典生,渡辺 久,和泉雄一. 歯周ポケット測定用顎模型に関する研究 -歯周病外来歯科医師と歯学部学生での評価-. 第76回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌79(1),p50-51,2011年12月9-10日 2011.12.10 東京

  240. 吉田直美,麻生智子,麻賀多美代,酒巻裕之,保坂 誠,鈴鹿祐子,石田洋子,日下和代,松井恭平,木下淳博. コンピュータ・シミュレーション教育の教材開発と評価. 第2回日本歯科衛生教育学会,日本歯科衛生教育学会雑誌2(1), p47, 2011年12月4日 2011.12.04 横浜

  241. 小原由紀,古川清香,安藤雄一,木下淳博,深井穫博,恒石美登里,大山 篤,石田智洋,青山 旬,大内章嗣. 歯科診療所における歯科衛生士の求人状況 -日本歯科医師会会員を対象とした実態調査による分析-. 第60回日本口腔衛生学会・総会,口腔衛生学会雑誌61(4),p513,2011年10月8-10日 2011.10.10 松戸

  242. 小林宏明,木下淳博,須永昌代,片桐さやか,青山典生,渡辺 久,和泉雄一. 歯周ポケット測定訓練用顎模型に関する研究-歯周病外来歯科医師と歯学部学生での評価-. 第54回秋季日本歯周病学会学術大会,日本歯周病学会会誌53(秋季特別号)p100,2011年9月23-24日 2011.09.24 下関

  243. 須永昌代,小林宏明,和泉雄一,木下淳博. 術者目線のオリジナル3Dムービー作成・供覧システムの歯周外科講義への応用と評価. 第54回秋季日本歯周病学会学術大会,日本歯周病学会会誌53(秋季特別号)p100,2011年9月23-24日 2011.09.24 下関

  244. 吉田直美,麻賀多美代,麻生智子,酒巻裕之,松井恭平,桝本輝樹,鈴鹿祐子,石田洋子,大川由一,保坂 誠,間 滋夫,島田美恵子,日下和代,木下淳博. コンピュータ・シミュレーション教育の教材開発と評価. 千葉県立保健医療大学平成22年度共同研究発表会,The Bulletin of Chiba Prefectural University of Health Sciences Vol.3(1),P108, 2011年9月16日 2011.09.16 千葉

  245. 大山 篤,須永昌代,木下淳博. 歯学科4年生における臨床シミュレーション教材へのアクセス頻度と教材評価への取り組み. 日本テスト学会第9回大会,抄録集 p158, 2011年9月10-11 2011.09.11 岡山

  246. 須永昌代,木下淳博,大北葉子,大川 淳,中村千賀子,ユングハイム・ニコラス,高橋 誠,山下早代子. ICTを活用した医療コミュニケーション教材の開発およびeラーニングによる専門課程前の学生への実施と評価. 平成23年度ICT利用による教育改善研究発表会,予稿集p58-59,2011年8月10日 2011.08.10 東京

  247. 大山篤,須永昌代,俣木志朗,荒木孝二,木下淳博. 質的研究法を利用した口腔内診察実習の授業評価法の検討. 第43回日本医学教育学会,医学教育42(suppl), p93,2011年7月21-23日  2011.07.23 広島

  248. 大山 篤,須永昌代,荒木孝二,俣木志朗,木下淳博. 2010年度における歯学科4学生のIT環境調査. 第30回歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p141,2011年7月16-17日 2011.07.16 東京

  249. 大山 篤,須永昌代,清水チエ,荒木孝二,俣木志朗,木下淳博. 歯学科4年生に判断が難しかった口腔内所見に関する研究. 第24回日本口腔診断学会総会・学術大会,プログラム・抄録集p38,2011年5月21-22日 2011.05.22 東京

  250. 岩城麻衣子,金澤 学,木下淳博,須永昌代,安藤一夫,水口俊介. 全部床義歯補綴学教育における同時中継講義システムの評価. 日本補綴歯科学会 第120回記念学術大会,プログラム・抄録集p194,2011年5月20-22日 2011.05.21 広島

  251. 大山 篤,須永昌代,田上順次,木下淳博. 授業時間外にシミュレーション教材にアクセスした/アクセスしなかった学生の特性. 第5回 医療系大学 e-ラーニング全国交流会,プログラム・抄録集p13,2011年1月29-30日 2011.01.29 北九州

  252. 大山 篤,須永昌代,大谷啓一,荒木孝二,俣木志朗,木下淳博. 歯学科5年生におけるIT環境調査. 第75回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌78(1)P42,2010年12月3-4日 2010.12.04 東京

  253. 吉田直美,麻賀多美代,麻生智子,酒巻裕之,大川由一,桝本輝樹,石田洋子,日下和代,保坂誠,間滋夫,松井恭平,木下淳博. コンピュータ・シミュレーション教育の導入―教材開発と評価―. 千葉県立保健医療大学平成21年度共同研究発表会,The Bulletin of Chiba Prefectural University of Health Sciences Vol.2(1)p84, 2010年9月30 2010.09.30 千葉

  254. 長 雄一郎,千田俊雄,齋藤良一,窪田哲朗,木下淳博,大谷啓一,田中雄二郎,佐藤健次. 東京医科歯科大学での臨床検査技師卒前教育におけるe-learningシステムの利用について. 第57回日本臨床検査医学会学術集会.臨床病理Vol.58(suppl.)p238,2010年9月9-12日 2010.09.11 東京

  255. 須永昌代,小原由紀,大塚紘未,木下淳博. 術者目線のオリジナル3Dムービー作成・供覧システムの開発. 平成22年度教育改革ICT戦略大会 予稿集p190-191,2010年9月1-3日 2010.09.03 東京

  256. 大山 篤,須永昌代,樺沢勇司,荒木孝二,俣木志朗,木下淳博. 医歯学シミュレーション教育システムの概要. JART 2010日本テスト学会第8回大会 発表論文抄録集『スキルを測る』p30-31,2010年8月30-31日 2010.08.31 東京

  257. 木下淳博,大谷啓一,荒木孝二,吉田直美,小長谷 光,樺沢勇司,大山 篤,近藤圭子,須永昌代,和達礼子,中村輝保. コンピュータシミュレーション教育システムによる診療模擬実習の展開. 平成22年度ICT利用による教育改善研究発表会,予稿集p100-101,2010年8月7日 2010.08.07 東京

  258. 中村千賀子,大川 淳,木下淳博,山下早代子,須永昌代. 映像を使った医療コミュニケーション教育とeラーニング. 第42回日本医学教育学会大会予稿集Vol.41(suppl.),p131,2010年7月30-31日 2010.07.31 東京

  259. 大山 篤,須永昌代,小原由紀,駒田 亘,中村輝保,竹内康雄,小林宏明,吉岡隆知,内田達郎,荒木孝二,俣木志朗,木下淳博. 歯学部附属病院における歯学科4年生の医療面接体験プログラム. 第42回日本医学教育学会大会予稿集Vol.41(suppl.), p92,2010年7月30-31日 2010.07.30 東京

  260. 大山篤,小原由紀,須永昌代,大塚紘未,近藤圭子,荒木孝二,俣木志朗,木下淳博. 質的研究法を利用した口腔保健学科臨床体験実習の授業評価法の検討. 第29回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, プログラム・抄録集p81,2010年7月22-24日 2010.07.23 盛岡

  261. 神野成治,吉増秀實,下山和弘,近藤圭子,須永昌代,大塚紘未,宮本智行,吉川文広,木下淳博,小長谷 光,深山治久. 口腔保健学科における浸潤麻酔、静脈確保および採血の臨床基礎実習の検討-第2報 実習時期の検討-. 第29回日本歯科医学教育学会学術大会, プログラム・抄録集p140,2010年7月22-24日 2010.07.23 盛岡

  262. 小原由紀,須永昌代,近藤圭子,木下淳博. 歯科衛生士教育における下級生が上級生に教わる臨床体験実習の実施と評価. 第29回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, プログラム・抄録集p81,2010年7月22-24日 2010.07.23 盛岡

  263. 須永昌代,小原由紀,大塚紘未,木下淳博. 術者目線のオリジナル3Dムービー作成・供覧システムの開発. 第29回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, プログラム・抄録集p80,2010年7月22-24日 2010.07.23 盛岡

  264. 塩山秀裕,水谷幸嗣,田中敬子,青山典生,藤原 香,須田智也,木下淳博,和泉雄一. 先進治療「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」の治療成績. 日本歯科保存学会2010年度春季学術大会(第132回)プログラムおよび講演抄録集p83 2010年6月4-5日 2010.06.04 熊本

  265. 大山 篤,須永昌代,樺沢勇司,小長谷光,荒木孝二,俣木志朗,木下淳博. シミュレーション教材を活用した歯学科4年生の自己学習状況. 第23回日本口腔診断学会総会,日本口腔診断学会雑誌 第23巻 第2号(抄録)p383,2010年5月29日-5月30日 2010.05.30 松戸

  266. 木下淳博. 東京医科歯科大学におけるICT活用教育の実際とその著作権処理. 第4回医療系大学eラーニング全国交流会 シンポジウム 「医療系教育におけるe-ラーニングと著作権」,抄録集p6,2010年2月19-20日 2010.02.20 東京

  267. 須永昌代,山口久美子,窪田哲朗,大川 淳,木下淳博,大谷啓一,荒木孝二,田中雄二郎. 医歯学シミュレーション教育システムによる教材開発と活用. 第4回医療系大学eラーニング全国交流会,抄録集p11,2010年2月19-20日 2010.02.19 東京

  268. 大塚紘未,須永昌代,吉田有里,小原由紀,小林宏明,片桐さやか,趙永哲,和泉雄一,木下淳博,田上順次. 歯科診療室―講義室間の学内LAN 同時中継によるライブ講義システムの開発と評価. 第4 回 医療系大学 e-ラーニング全国交流会,抄録集p22,2010年2月19-20日 2010.02.19 東京

  269. 山下早代子,ニコラス・ユングハイム,中村千賀子,須永昌代,木下淳博. e ラーニングで学ぶ医療コミュニケーション. 第4回 医療系大学 e-ラーニング全国交流会,抄録集p20,2010年2月19-20日 2010.02.19 東京

  270. 元藤陽子,齋藤朝子,小松博義,木下淳博,芝紀代子. オープンキャンパスへのICT活用教育の導入とその評価について. 第4回医療系大学eラーニング全国交流会,抄録集p14,2010年2月19-20日 2010.02.19 東京

  271. 小松博義,齋藤朝子,元藤陽子,木下淳博,芝紀代子. オープンキャンパスでのアドミッション・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーの提示のためのe ラーニング活用. 第4回医療系大学eラーニング全国交流会,抄録集p13,2010年2月19-20日 2010.02.19 東京

  272. 大山篤,須永昌代,樺沢勇司,小長谷光,荒木孝二,俣木志朗,木下淳博. 医歯学シミュレーション教材を活用した自己学習状況について. 第4 回 医療系大学 e-ラーニング全国交流会,抄録集p12,2010年2月19-20日 2010.02.19 東京

  273. 大塚紘未,須永昌代,吉田有里,木下淳博,小林宏明,片桐さやか,和泉雄一,趙 永哲,田上順次. 歯周外科治療におけるライブ講義の実施と評価. 第74回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌77(1)p89,2009年12月4-5日 2009.12.05 東京

  274. 吉田有里,須永昌代,近藤圭子,神野成治,小長谷 光,木下淳博. 救急蘇生法実習に関する医歯学シミュレーション教材の予習・復習での応用. 第74回口腔病学会学術大会, 口腔病学会雑誌77(1)p87,2009年12月4-5日 2009.12.05 東京

  275. 須永昌代,近藤圭子,足達淑子,三浦佳子,堀江明子,木下淳博. 歯周ポケット測定訓練用顎模型の開発と口腔保健学科教育への応用. 第74回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌77(1)p86,2009年12月4-5日 2009.12.05 東京

  276. 小原由紀,須永昌代,木下淳博. 屋根瓦方式による教育システムの歯科衛生士教育への応用. 第74回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌77(1)p87,2009年12月4-5日 2009.12.05 東京

  277. 大山 篤,須永昌代,駒田 亘,南 一郎,内田達郎,吉岡隆知,大槻昌幸,北迫勇一,秀島雅之,水口俊介,荒木孝二,俣木志朗,木下淳博. 歯学科4年次における臨床体験実習の実施と評価. 第74回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌77(1)p87,2009年12月4-5日 2009.12.05 東京

  278. 趙 永哲,南 一郎,須永昌代,吉岡隆知,岸川隆蔵,川島伸之,和達礼子,木下淳博,須田英明,田上順次. 歯科診療室-講義室間のインターネット同時中継によるライブ講義システムの開発と評価. 第74回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌77(1)p88,2009年12月4-5日 2009.12.05 東京

  279. 大塚紘未, 近藤圭子, 三浦弘貴, 柴田恭典, 沖藤寿彦, 木下淳博. 歯科衛生士による筋機能療法の指導に関する検討. 第68回日本矯正歯科学会大会, プログラム・抄録集p142,2009年11月16日-18日 2009.11.17 福岡

  280. 神野成治,下山和弘,木下淳博,近藤圭子,須永昌代,大塚紘未,吉増秀實. 口腔保健学科外科系歯科医学教育における浸潤麻酔、静脈確保、採血基礎実習と学生による評価. 第28回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p85,2009年11月6-7日,11月7日 口演, 2009.11.07 広島

  281. 須永昌代,近藤圭子,足達淑子,三浦佳子,堀江明子,岩城重次,木下淳博. 歯周ポケット測定訓練用顎模型の開発と改良および評価. 第28回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p75,2009年11月6-7日 2009.11.06 広島

  282. 吉田有里,須永昌代,近藤圭子,神野成治,小長谷 光,木下淳博. 歯科衛生士教育での救急蘇生法実習における医歯学シミュレーション教材の応用と評価. 第28回日本歯科医学教育学会学術大会, プログラム・抄録集p125,2009年11月6-7日 2009.11.06 広島

  283. 小原由紀,吉増秀實,本間敏道,近藤圭子,木下淳博. 高齢者におけるドライマウスの実態調査. 第58回日本口腔衛生学会大会,口腔衛生学会誌 59(4)p409,2009年10月10-11日 2009.10.10 岐阜

  284. 伊藤明日香,木下淳博. 歯科医療従事者の喫煙と禁煙指導に関する調査. 日本歯科衛生士会第4回学術大会,日本歯科衛生学会雑誌,2009;4(1):p225,2009年9月19-21日 2009.09.20 大阪

  285. 長 雄一郎,後藤明久,中川内光江,松尾敦子,須永昌代,木下淳博,大谷啓一,田中雄二郎,窪田哲朗,佐藤健次. 東京医科歯科大学の臨床検査学教育におけるe-learningシステムについて. 第4回日本臨床検査学教育学会学術大会,抄録集p107,2009年8月19-21日 2009.08.20 東京

  286. 元藤陽子,齋藤朝子,中川内光江,須永昌代,木下淳博,芝 紀代子,小松博義. オープンキャンパスへのICT活用教育の導入とその評価について. 第4回日本臨床検査学教育学会学術大会,抄録集p111,2009年8月19-21日 2009.08.20 東京

  287. 小松博義,齋藤朝子,元藤陽子,木下淳博,芝 紀代子. オープンキャンパスにおけるアドミッション・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーの提示のためのeラーニング活用. 第4回日本臨床検査学教育学会学術大会,抄録集p110,2009年8月19-21日 2009.08.20 東京

  288. 齋藤良一,三澤慶樹,小池和彦,木下淳博,長 雄一郎,千田俊雄,岡村 登,窪田哲朗. 臨床検査の現場と連携したe-learning教材の作成. 第4回日本臨床検査学教育学会学術大会,抄録集p108,2009年8月19-21日 2009.08.20 東京

  289. 大山 篤,須永昌代,駒田 亘,南 一郎,吉岡隆知,内田達郎,長澤敏行,荒木孝二,俣木志朗,木下淳博. 歯学部附属病院において4 年生が6 年生に教わる臨床体験実習プログラム. 第41回日本医学教育学会大会, 医学教育40(suppl) p101,2009年7月24-25日 2009.07.25 大阪

  290. 青木 章,木下淳博,和泉雄一. 侵襲性歯周炎患者の長期治療経過. 第52回春季日本歯周病学会学術大会,日歯周誌51(春季特別)p145,2009年5月15-16日 2009.05.16 岡山

  291. 近藤圭子,堀江明子,須永昌代,岩城重次,木下淳博. 歯周ポケット測定訓練用顎模型の開発と学生および歯科衛生士による評価. 第52回春季日本歯周病学会学術大会,日歯周誌51(春季特別)p115,2009年5月15-16日 2009.05.15 岡山

  292. 大谷啓一,田村幸彦,高橋真理子,木下淳博. 薬理学実習への医歯学シミュレーション教材の導入と教育効果. 第82回日本薬理学会年会,2009年3月16-18日 2009.03.07

  293. 佐藤郁文,秋月達也,小田 茂,土岡弘明,林 千絵,高崎アリステオ淳志,水谷幸嗣,川勝紀子,木下淳博,石川 烈,和泉雄一. リン酸カルシウム骨セメントを応用した歯槽堤増大術の組織学的評価 -イヌ骨欠損モデル-. 日本再生医療学会 第8回日本再生医療学会総会 ,プログラム抄録集 p136 ,2009年3月5-6日 2009.03.05 東京

  294. 佐藤郁文,秋月達也,小田 茂,林 千絵,水谷幸嗣,田中紀子,木下淳博,石川 烈,和泉雄一. リン酸カルシウムセメントを応用した歯槽堤増大術の組織学的評価 -イヌ欠損モデル-. 第73回口腔病学会学術大会,プログラム・抄録集p15,2008年12月6日 2008.12.06 東京

  295. 近藤圭子,堀江明子,木下淳博,遠藤圭子,吉田直美,吉増秀實. 歯科衛生士の技術教育におけるコンピュータシミュレーション教育システム導入. 2008年度歯科衛生士専任教員秋期学術研修会,資料p26-27,2008年12月5日 2008.12.05 京都

  296. 元藤陽子,金森きよ子,中川内光江,須永昌代,木下淳博,芝紀代子,小松博義. 臨床検査技師のためのシミュレーション教育システムによる「血清蛋白質解析方法」3教材の開発と評価. 第55回日本臨床検査医学会学術集会,臨床病理vol.56 補冊p197,2008年11月29日 2008.11.29 名古屋

  297. 小松博義,碓氷 章,川上保子,小池盛雄,工藤秀機,下村弘治,鈴木敏恵,千賀宗子,古谷信彦,眞野容子,元藤陽子,中川内光江,須永昌代,木下淳博,芝紀代子. 医歯学シミュレーション教育システムによる臨床検査技師養成施設向け教材の開発と評価. 第55回日本臨床検査医学会学術集会,臨床病理vol.56 補冊p197,2008年11月29日 2008.11.29 名古屋

  298. 大山 篤,清水チエ,佐藤光生,礪波健一,濱野英也,大原里子,新田 浩,塩沢育己,荒木孝二,木下淳博,俣木志朗. 本学歯科総合診療部における医歯学シミュレーション教育システムの実践と評価. 第21回日本口腔診断学会プログラム・抄録集,p55,2008年9月19-20日 2008.09.20 東京

  299. 小原いずみ,鈴木みのり,吉田ひとみ,青木絵里子,十川裕子,宮本洋子,足達淑子,三浦佳子,難波佳子,吉田直美,近藤圭子,遠藤圭子,木下淳博. 東京医科歯科大学歯学部附属病院口腔ケア外来の患者推移と動向. 第3回日本歯科衛生学会学術大会, 日本歯科衛生学会雑誌 Vol.3 No.1,p179,2008年9月6-7日 2008.09.07 鶴見

  300. 吉田直美,十川裕子,遠藤圭子,下山和弘,木下淳博. 口腔扁平苔鮮を有する歯周病患者への対応-歯科衛生プロセスに基づいた臨床の取り組み-. 第3回日本歯科衛生学会学術大会, 日本歯科衛生学会雑誌 Vol.3 No.1,p181,2008年9月6-7日 2008.09.07 鶴見

  301. 吉田ひとみ,須永昌代,吉田直美,木下淳博. 医歯学シミュレーション教育システムを活用したSRPに関する歯科衛生士向け教材開発と評価. 第3回日本歯科衛生学会学術大会, 日本歯科衛生学会雑誌 Vol.3 No.1,p124,2008年9月6-7日 2008.09.06 鶴見

  302. 堀江明子,吉田直美,須永昌代,木下淳博. 廃棄物の分別に関する歯科衛生士向けコンピュータシミュレーション教材の開発と評価. 第3回日本歯科衛生学会学術大会, 日本歯科衛生学会雑誌 Vol.3 No.1,p149,2008年9月6-7日 2008.09.06 鶴見

  303. 須永昌代,堀江明子,吉田直美,木下淳博. 口腔内撮影用デジタルカメラの設定方法に関する自学自習用シミュレーション教材の開発と評価. 第3回日本歯科衛生学会学術大会, 日本歯科衛生学会雑誌 Vol.3 No.1,p148,2008年9月6-7日 2008.09.06 鶴見

  304. 小松博義,碓氷章,金森きよ子,川上保子,小池盛雄,下村弘治,鈴木敏恵,千賀宗子,元藤陽子,中川内光江,須永昌代,木下淳博,芝紀代子. 臨床検査学教育におけるシミュレーション教育システムの構築. 第3回日本臨床検査学教育学会, プログラム・抄録集p128,2008年8月20-22日 2008.08.22 福岡

  305. 増山里枝子,碓氷章,中川内光江,須永昌代,木下淳博,芝紀代子,小松博義. シミュレーション教育システムにおける臨床生理学教材の作成. 第3回日本臨床検査学教育学会, プログラム・抄録集p90,2008年8月20-22日 2008.08.21 福岡

  306. 澤田久美子,横溝佳代,中川内光江,須永昌代,木下淳博,芝紀代子,小松博義. シミュレーション教育システムにおける臨床化学教材の作成. 第3回日本臨床検査学教育学会, プログラム・抄録集p44,2008年8月20-22日 2008.08.21 福岡

  307. 木下淳博. ICT活用教育と従来型臨床現場実習の連携. 文部科学省・平成19年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」(現代GP)-テーマ6:教育効果向上のためのICT活用教育の推進-成果発表,e-Learning WORLD 2008,平成20年7月30日-8月1日 2008.07.30 東京

  308. 吉田直美,堀江明子,遠藤圭子,須永昌代,三浦佳子,近藤圭子,下山和弘,木下淳博. 歯科衛生士教育におけるOSCE時収録映像の自己評価への活用と授業評価-歯石除去時の術者姿勢の自己評価-. 第27回日本歯科医学教育学会学術大会, プログラム・抄録集p137,2008年7月11-12日 2008.07.11 東京

  309. 大谷啓一,田村幸彦,木下淳博. 医歯学シミュレーション教材による薬理学実習の教育効果. 第27回日本歯科医学教育学会学術大会, プログラム・抄録集p123,2008年7月11-12日 2008.07.11 東京

  310. 大山 篤,吉岡隆知,南 一郎,内田達郎,長澤敏行,荒木孝二,俣木志朗,木下淳博. 歯学科4年生が臨床実習中の6年生に教わる臨床体験実習プログラム-6年生からのプログラム評価-. 第27回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p72,2008年7月11-12日 2008.07.11 東京

  311. 趙 永哲,南 一郎,吉岡隆知,岸川隆蔵,川島伸之,和達礼子,木下淳博,須田英明,田上順次. 歯科診療室―講義室間のインターネット同時中継によるライブ講義システムの開発と評価. 第27回日本歯科医学教育学会学術大会, プログラム・抄録集p56,2008年7月11-12日 2008.07.11 東京

  312. 堀江明子,吉田直美,須永昌代,竹内康雄,木下淳博. 歯科衛生士教育における医歯学シミュレーション教材の復習教材としての応用と評価. 第27回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p135,2008年7月11-12日 2008.07.11 東京

  313. 山下早代子,木下淳博,大川 淳,中村千賀子,泉谷双藏,大北葉子. Eラーニングによる医療コミュニケーション教育. JALTCALL2008 Annual Conference, 抄録集p45,2008年5月31日-6月1日 2008.06.01 名古屋

  314. 西村実佐子,佐々木好幸,遠藤圭子,近藤圭子,吉田直美,木下淳博. 歯周基本治療における歯科医師と歯科衛生士の連携に関する実態調査. 第51回春季日本歯周病学会学術大会, 日本歯周病学会会誌 50(春季特別),p234,2008年4月24-25日 2008.04.25 さいたま

  315. 須永昌代,堀江明子,吉田直美,木下淳博. 医歯学シミュレーション教育システムによる歯科衛生士養成施設向け教材の開発と評価. 第51回春季日本歯周病学会学術大会, 日本歯周病学会会誌 50(春季特別),p231,2008年4月24-25日 2008.04.25 さいたま

  316. 吉田直美,須永昌代,堀江明子,下山和弘,木下淳博. 歯科衛生士教育における医歯学シミュレーション教育システムの活用と評価. 第51回春季日本歯周病学会学術大会, 日本歯周病学会会誌 50(春季特別),p230,2008年4月24-25日 2008.04.25 さいたま

  317. 須永昌代,三浦佳子,近藤圭子,中川内光江,木下淳博. 医歯学シミュレーション教育システムによる針刺し事故の対応に関する院内安全管理教材の開発. 医療の質・安全学会 第2回学術集会,医療の質・安全学会 2(Suppl.), p217,2007年11月23-25日 2007.11.23 東京

  318. 佐々木好幸,大林尚人,竹田淳志,水口俊介,森田圭一,松井秀樹,木下淳博. 診療系システムと医事会計システムの双方向通信を実現させた歯科病院情報システム. 第27回医療情報学連合大会,医療情報学 27(Suppl.),p1074-1077,2007年11月23-25日 2007.11.23 神戸

  319. 木下淳博. 医歯学シミュレーション教育システムを用いた医学・歯学・口腔保健学・保健衛生学教育. 日本健康科学学会第23回学術大会 シンポジウムA IT通信が支えるこれからの医療,Health Sciences 23(4),p259,2007年11月10-11日 2007.11.10 東京

  320. 秀島雅之,大槻昌幸,南 一郎,木下淳博,田上順次,五十嵐順正,村本睦司,岡野道明,尾瀬和久. 新カリキュラムにおけるウ蝕切削シミュレーション実習の導入. 第26回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p59, 2007年7月6-7日 2007.07.07 岐阜

  321. 大山 篤,関田俊明,長澤敏行,南 一郎,吉岡隆知,渡辺希江,俣木志朗,木下淳博. 歯学科4年生が臨床実習中の6年生に教わる臨床体験実習プログラムの開発. 第26回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p62,2007年7月6-7日 2007.07.06 岐阜

  322. 吉岡隆知,小長谷 光,吉田直美,大山 篤,樺沢勇司,南 一郎,長澤敏行,須永昌代,須田英明,大谷啓一,荒木孝二,木下淳博. 歯学部卒前学生による医歯学シミュレーション教育システムに対する評価. 第26回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p50,2007年7月6-7日 2007.07.06 岐阜

  323. 医歯学シミュレーション教育システムを活用した院内安全管理教材の開発. 第26回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p126,2007年7月6-7日,7月7日 ポスター,岐阜 2007

  324. 口腔保健学科専門科目教育におけるPBLテュートリアルの実施について. 第71回口腔病学会学術大会2006年12月8-9日(口演9日),東京,口病誌 73(3),p60, 2007 2007

  325. 歯科衛生士教育におけるOSCE時のビデオを活用したの臨床技能フィードバック法の開発. 第26回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p100, 2007年7月6-7日,7月7日 ポスター,岐阜 2007

  326. 歯科衛生士教育用臨床基本手順教材の医歯学シミュレーション教育システムによる開発. 第26回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p125, 2007年7月6-7日,7月7日 ポスター,岐阜 2007

  327. 医歯学シミュレーション教育システムによる補綴領域教材の学生及び歯科医師からの評価. 第26回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p126,2007年7月6-7日,7月7日 ポスター,岐阜 2007

  328. 医歯学シミュレーション教育システムの歯科用CT操作マニュアルへの応用. 第26回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p125, 2007年7月6-7日,7月7日 ポスター,岐阜 2007

  329. 臨床検査技師卒前教育における実戦的シミュレーション教材作製の取組. 第53回日本臨床検査医学会学術集会,2006年11月9日-11日(ポスター発表9日),弘前,臨床病理 54(別冊),p241,2006 2006

  330. 「医歯学シミュレーション教育システムの構築」概要、実例と将来像. 東京医科大学 特色GP FDセミナー,2006年1月17日,東京 2006

  331. 「医歯学シミュレーション教育システムの診療室管理教育への応用」. 第25回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集 p108,2006年6月16-17日,仙台 2006

  332. 医歯学シミュレーション教育システムにおける補綴領域教材」. 第25回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集 p108,2006年6月16-17日,仙台 2006

  333. 「医歯学シミュレーション教育システムの薬理学実習教材への応用」. 第25回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集 p107,2006年6月16-17日,仙台 2006

  334. 「医歯学シミュレーション教育システム教材の歯科医師による評価」. 第25回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集 p107,2006年6月16-17日,仙台 2006

  335. 「医歯学シミュレーション教育システムの改良-作成教材のレビューシステムおよびネットワーク対応について-」. 第25回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集 p74,2006年6月16-17日,仙台 2006

  336. Er:YAGレーザーを用いたイヌにおける歯肉剥離掻爬術後の歯周組織の治癒. 第9回Er:YAGレーザー臨床研究会,京都,ウエスティン都ホテル京都,2006.7.29-30 2006

  337. 医歯学シミュレーション教育システムを利用した、伝統的中国医学に基づいた医科系教材の作成. 医学教育37(suppl),p78-79,2006.第38回日本医学教育学会大会2006年7月30日,奈良 2006

  338. コンピュータによる医歯学シミュレーション教育システムの構築. 医学教育37(suppl), p106,2006.第38回日本医学教育学会大会2006年7月29-30日,奈良 2006

  339. rhBMP-2,エムドゲイン® の歯周組織再生に対する効果. 神奈川歯科大学学会 第40回総会 シンポジウムⅡ 歯学における再生・再構築医療の今と近未来,招待講演,平成17年12月3日,横須賀 2005

  340. コンピュータによる歯科臨床シミュレーション教育システムの開発. 第24回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p55,2005年7月8日,徳島 2005

  341. 歯周外科治療においてEr:YAGレーザー照射が骨再生に及ぼす効果 -ビーグル犬における組織学的評価-. 第8回日本組織工学会,2005年9月1-2日(9月1日口頭発表),抄録p106,東京 2005

  342. リン酸カルシウム骨セメントのインプラント治療への応用-イヌにおける頬側裂開骨欠損への適用-. 社団法人日本口腔インプラント学会 第25回関東甲信越支部総会・学術大会プログラム p45,2005.第25回社団法人日本口腔インプラント学会関東甲信越支部総会・学術大会,東京,2005.11.26-27 2005

  343. 口腔保健学科入学者の特徴. 第70回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌 73(1),p143,2005 2005

  344. 基礎系実習における医歯学シミュレーション教育システムの応用. 第70回口腔病学会学術大会,口腔病学会雑誌 73(1),p144,2005 2005

  345. 医歯学シミュレーション教材の診療室管理教育への応用. 第70回口腔病学会学術大会,平成17年12月3日,口腔病学会雑誌 73(1),p143-144,2005 2005

  346. rhBMP-2/PGSを用いた歯槽骨増大術についての研究. 第70回口腔病学会学術大会,平成17年12月3日,口腔病学会雑誌 73(1),p147,2005 2005

  347. 歯科臨床シミュレーション教育システムにおける歯内療法領域の教材. 第24回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p105,2005年7月8日,徳島 2005

  348. 歯科臨床シミュレーション教育システムにおける歯科治療時の偶発症症例教材. 第24回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p106,2005年7月8日,徳島 2005

  349. 歯科臨床シミュレーション教育システムにおける口腔外科領域の教材. 第24回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p104,2005年7月8日,徳島 2005

  350. 歯科臨床シミュレーション教育システムにおける補綴領域の教材. 第24回日本歯科医学教育学会学術大会,プログラム・抄録集p105,2005年7月8日,徳島 2005

  351. 歯学・口腔保健学臨床シミュレーション教材作成支援ツールの開発. 第69回口腔病学会学術大会,2004年12月4日,東京,口腔病学会雑誌 72(1), p123-124,2004 2004

  352. 東京医科歯科大学歯学部附属病院の診療履歴ブラウザー. 平成15年度国立大学病院情報マネジメント部門連絡会議 プログラムおよびシンポジウム・ポスター発表演題論文集 P104-105,2004年1月22-23日,津 2004

  353. 実験的歯周炎を惹起したイヌ歯周組織欠損へのリン酸カルシウム骨セメントの適用. 第47回秋季日本歯周病学会学術大会,仙台,2004年10月15-16日(10月15日口頭発表),日歯周誌46(秋季特別),p75, 2004 2004

  354. Er:YAGレーザーの歯肉剥離掻爬術への応用 -ビーグル犬における組織学的評価-. 日本歯科保存学雑誌 47(秋季特別) p35,2004.第121回日本歯科保存学会秋季学会,長崎,2004.11.18-19 2004

  355. 歯周外科手術におけるEr:YAGレーザーの応用-ビーグル犬における組織学的評価-. 日本レーザー医学会誌25(3): 225,2004(抄録).第25回日本レーザー医学会総会,東京,2004. 11. 11-12 2004

  356. 歯周組織欠損に対する歯根膜由来細胞シートの応用 in vivoでの組織学的評価. 日本歯科保存学雑誌 47(春季特別号):p53,2004.第120回日本歯科保存学会春季学会,東京,2004. 6. 10-11 2004

  357. リン酸カルシウム骨セメントの歯周組織再生治療への応用. 第20回日本歯科医学会総会、プログラム・事前抄録集p105,(2004.10.29-31,横浜) 2004

  358. rhBMP-2を用いた歯周組織の再生-動物実験結果の解析と臨床応用への展望-. 第20回日本歯科医学会総会 プログラム・事前抄録集p129,2004.10.29-31,横浜 2004

  359. 東京医科歯科大学におけるe-learning環境の構築について. 平成16年度情報処理教育研究集会.2004年11月26-27日,名古屋 2004

  360. 口腔外科疾患と意識消失・心動停止時の対処法に関するシミュレーション教材実例. 第69回口腔病学会学術大会, 2004年12月4日,東京,口腔病学会雑誌72(1),p124,2004 2004

  361. 一般歯科診療のシミュレーション教材実例. 第69回口腔病学会学術大会,2004年12月4日,東京,口腔病学会雑誌72(1),p124,2004 2004

  362. 歯科臨床予備実習シミュレーションシステムの構築. 第68回口腔病学会学術大会,2003年11月29日,東京,抄録集p17-18. 2003

  363. 骨補填材(リン酸カルシウムセメント)の歯周組織再生治療への応用. ティッシュエンジニアリングを用いた組織再生構築に関する総合的研究 班会議報告会,2003年5月10日,東京. 2003

  364. 非接触三次元形状測定に適した切削用人工歯の開発 -ホーニング処理をした不透明メラミン歯の計測精度の検討-. 第2回デンタルシミュレーション教育(DSE)研究会(2003.7.18.京都) 2003

  365. コンピュータを用いた歯科診療シミュレーション教材作成方法の検討. 第2回デンタルシミュレーション教育(DSE)研究会(2003.7.18.京都) 2003

  366. 骨形成因子(rhBMP-2)を用いた歯周組織の再生. 第13回日本口腔病理学会学術大会シンポジウム,抄録集p13,2002年8月23日,東京. 2002

  367. 骨形成因子(BMP),エナメルマトリックス抽出物(EMD)を用いた歯周組織再生. 第1回日本再生医療学会,シンポジウム.2002.04.18-19(18日)日本再生医療学会雑誌 創刊号 p53. 2002

  368. 新規導入した歯科臨床予備実習シミュレーションシステム(モリタ社製SATVシステム)の紹介. 第1回デンタルシミュレーション教育(DSE)研究会(2002.6.15.京都) 2002

  369. コンピュータを用いた歯科疾患診断シミュレーション教材の試作. 第21回日本歯科医学教育学会学術大会.2002年7月12日(12日-13日),横浜,抄録集p59 2002

  370. 歯周組織の再生とその特性. 第23回日本炎症・再生医学会シンポジウム,2002年7月2日,東京 2002

  371. rhBMP-2を用いた歯周組織再生.イヌ水平性骨欠損へのエムドゲイン®併用の効果. 第44回春季日本歯周病学会学術大会,日歯周誌43(春季特別)p109. 2001

  372. recombinant human bone morphogenetic protein-2 (rhBMP-2)による歯根膜・セメント質の再生. 第22回 日本炎症・再生医学会,炎症・再生 21(4),p496 2001

  373. 骨補填材: Norian PDC(リン酸カルシウムセメント)の歯周組織への応用 -イヌを用いたPilot study-. 第114回日本歯科保存学会春季学術大会 2001

  374. Er: YAGレーザーによる骨蒸散とバーによる骨切削の比較 -創傷治癒の長期経過観察-. 第44回日本歯周病学会春季学術大会,日歯周誌 43(春季特別),p118. 2001

  375. 東京医科歯科大学歯学部附属病院再来予約システムについて. 平成11年度国立大学附属病院医療情報処理部門連絡会議総会,抄録集p95-96. 2000

  376. 分化成長因子を用いた歯周組織再生法の開発. 平成12年度科学研究費基盤C1企画調査会議 2000

  377. 歯周疾患患者におけるEMDOGAINTMの臨床評価. 第64回口腔病学会学術大会,口病誌67(1),p112. 2000

  378. 東京医科歯科大学歯学部附属病院の新しい電子総合診療録. 平成11年度国立大学附属病院医療情報処理部門連絡会議総会,抄録集p113-114 2000

  379. 東京医科歯科大学歯学部附属病院電子総合診療録のセキュリティー管理. 平成11年度国立大学附属病院医療情報処理部門連絡会議総会,抄録集p115-116. 2000

  380. hBMP-2を用いた歯周組織再生-矯正用ゴムバンドによる歯根膜細胞の遊走阻止の影響-. 第43回春季日本歯周病学会学術大会,日歯周誌42(春季特別),p123. 2000

  381. エムドゲインの効果についてー基礎および臨床成績からの解析. 第19回日本歯科医学会総会,第22回アジア太平洋歯科大会 日本歯科医師会雑誌52(11),p115 2000

  382. エムドゲインTMを用いた歯周組織再生-ラット歯周組織欠損へエナメルマトリックスタンパクを応用した場合の組織学的観察-. 第43回秋季日本歯周病学会学術大会,日歯周誌42(秋季特別),p154. 2000

  383. rhBMP-2による歯槽骨、セメント質、歯根膜の再生. 第10回日本咀嚼学会学術大会 シンポジウムII 咀嚼システム発生の分子生物学的アプローチと機能維持におけるサイトカインの役割,抄録集p40. 1999

  384. rhBMP-2による歯槽骨,セメント質,歯根膜の再生とその問題点. 第10回再生医工学委員会 1998

  385. rhBMP-2を用いたインプラント周囲歯槽堤増大術 -イヌを用いた基礎的研究-. 日本口腔インプラント学会 日本口腔インプラント学会抄録集,p71. 1998

  386. rhBMP-2を用いた歯周組織再生法.サル分岐部に作製した外科的歯周組織欠損への応用. 第39回秋季日本歯周病学会学術大会 日本歯周病学会会誌 39(秋季特別),135. 1997

  387. rhBMP-2を用いた歯周組織再生法.イヌ分岐部に作製した外科的歯周組織欠損への応用. 第39回春季日本歯周病学会学術大会 日本歯周病学会会誌 39(春季特別),p83. 1997

  388. rhBMP-2の歯周組織再生への応用. 第5回硬組織セミナー<BMPの最近の進歩-基礎から臨床へ> 1996

  389. rhBMP-2は実験的歯周炎において歯周組織再生を促進する. 口腔病学会雑誌 63(1),p257 1996

  390. 二相性リン酸カルシウム-rhBMP-2複合体による異所性骨形成の経時的観察. 日歯保誌39(春季特別),p6 1996

  391. rhBMP-2によるラット下顎骨欠損における骨再生. 第37回秋季日本歯周病学会学術大会 日本歯周病学会会誌 37(秋季特別),p172. 1995

  392. Bone Morphogenetic Protein (BMP) の歯周組織再生への応用. 口腔病学会雑誌 62(1),p173 1995

  393. rhBMP-2を用いた歯周組織再生法 イヌの分岐部病変に対する効果.. 第37回秋季日本歯周病学会学術大会 日本歯周病学会会誌 37(秋季特別),p171 1995

  394. 2つの銀行における歯周疾患状態の9年間にわたる変化. 厚生省長寿科学研究事業 老年病分野 各論II 老年者の歯周病の予防・治療に関する研究 平成5・6年度班会議.抄録集p6 1995

  395. 骨誘導因子(BMP)および人工骨移植材による歯周組織再生法. 日本歯科医師会雑誌48(5),p63 1995

  396. 歯周組織再生へのrhBMP-2の応用. 第16回日本炎症学会予稿集,p83 1995

  397. rhBMP-2によるラット背部皮下での異所性骨形成の組織学的観察 3種のセラミックスを担体として用いた場合. 第37回春季日本歯周病学会学術大会 日本歯周病学会会誌 37(春季特別),p76. 1995

  398. rhBMP-2を用いた歯周組織再生法 イヌ水平性骨欠損を伴う実験的歯周炎に対する効果. 第37回春季日本歯周病学会学術大会 日本歯周病学会会誌 37(春季特別), p77. 1995

  399. 二相性リン酸カルシウム(Biphasic Calcium Phosphate)を担体としたリコンビナントBMP(rhBMP)の異所性骨形成能について. 日本歯科保存学会第100回春季学会 日本歯科保存学会雑誌 37(春季特別),p72. 1994

  400. 歯周組織再生におけるrhBMP の応用−イヌ歯槽骨欠損へ移植した場合の組織学的観察−. 第36回春季日本歯周病学会学術大会 日本歯周病学会会誌 36(春季特別), p73. 1994

  401. ラット頭蓋骨骨欠損に二相性リン酸カルシウム系アパタイト顆粒を充填した際の長期における組織変化. 第36回春季日本歯周病学会学術大会 日本歯周病学会会誌 36(春季特別),p69. 1994

  402. 集団における歯周疾患離間状態の9年間の変化 -CPITNによる評価-. 第36回秋季日本歯周病学会学術大会 日本歯周病学会会誌 35(秋季特別),p84,1993年10月16日,東京 1993

  403. Er:YAGレーザーの歯肉切除への応用に関する研究.歯髄および歯周組織への影響について. 日本レーザー歯学会誌 4(1), p115-117 1993

  404. Er:YAGレーザーのスケーリングへの応用に関する研究.歯髄およびエナメル質への影響について. 日本レーザー歯学会誌 4(1),p114-115 1993

  405. サル歯槽骨欠損部への二相性リン酸カルシウム系骨補填材充填に関する組織学的観察. 口腔病学会雑誌 59(1),p276-277 1992

  406. 二相性リン酸カルシウム系骨補填材充填並びにGTR法併用療法に関する組織学的研究. 第8回歯科医学を中心とする総合的な研究を推進する集い(平成3年度)」抄録,p4-5,1992年1月18日,東京. 1992

  407. ラット頭蓋骨骨欠損に二相性リン酸カルシウム系アパタイト顆粒を充填した際の組織変化について. 第34回秋季日本歯周病学会学術大会 日本歯周病学会会誌 34(秋季特別),p104,1992.札幌 1992

  408. 改良型血清IgG抗体価測定法について. 口腔病学会雑誌 58(1),p337 1991

  409. セメント質の修復過程における基質の構造変化について. 第32回春季日本歯周病学会学術大会,日本歯周病学会会誌 32(春季特別)p79. 1990

  410. HAおよびTCP二相性リン酸カルシウム系人工骨補填材の歯周治療への応用に関する組織学的研究(第2報). 第32回秋季日本歯周病学会学術大会,日本歯周病学会会誌 32(秋季特別)p49. 1990

  411. HAおよびTCP二相性リン酸カルシウム系人工骨補填材の歯周治療への応用に関する組織学的研究. 第31回秋季日本歯周病学会学術大会,日本歯周病学会会誌 31(秋季特別)p64. 1989

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 歯科模型用模型歯肉,歯科模型用模型歯肉部品,歯科模型用歯台,及び,歯科模型用キット.

    特許番号: 第5041478号

  • 対話型教材作成支援プログラム,教材作成装置,コンピュータにより読み取り可能な記録媒体,及び対話型教材作成システム.

    特許番号: 第5294183号

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 医療系eラーニング全国交流会奨励賞,2021年12月19日受賞,第16回医療系e-ラーニング全国交流会年次大会,2021年12月

  • 医療系eラーニング全国交流会奨励賞,2016年9月11日受賞,第11回医療系e-ラーニング全国交流会,2016年09月

  • 医療系eラーニング全国交流会奨励賞,2015年1月25日受賞,第9回医療系eラーニング全国交流会,2015年01月

  • 第12回日本歯科医学教育学会優秀論文賞,2014年7月4日受賞,日本歯科医学教育学会,2014年07月

  • 日本歯周病学会教育賞,2014年5月23日受賞,日本歯周病学会,2014年05月

  • 日本テスト学会大会発表賞:日本テスト学会賞記念講演,2010年11月20日受賞.医歯学シミュレーションシステムの概要.日本テスト学会第8回大会,発表論文抄録集p30-31,2010年8月30日-31日.東京.,2010年

  • 第9回日本歯科医学教育学会教育システム開発賞: 術者目線のオリジナル3Dムービー作成システムの開発.第29回日本歯科医学教育学会学術大会,2010年7月23日発表,日本歯科医学教育学会,2010年7月23日受賞,岩手.,2010年

  • 第6回教育システム開発賞:歯学科4年生が臨床実習中の6年生に教わる臨床体験実習プログラムの開発,2007年7月6日発表,日本歯科医学教育学会,2007年7月6日受賞.,2007年

  • 第5回教育システム開発賞,「医歯学シミュレーション教育システムの改良 作成教材のレビューシステムおよびネットワーク対応について」,2006年6月16日発表,日本歯科医学教育学会,2006年6月16日受賞.,2006年

  • Golden Award in the Category "Best Poster", The 10th International Congress on Lasers in Dentistry, Berlin, 18-20 May, 2006.,2006年

  • 第4回教育システム開発賞、「コンピュータによる歯科臨床シミュレーション教育システムの開発」,2005年7月8日発表,日本歯科医学教育学会,2006年6月16日受賞.,2006年

  • Tri-Service Dental Society of Japan 優秀賞.2000年3月22日,2000年

  • 日本歯周病学会奨励賞,日本歯周病学会.1998年5月21日,1998年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 第16回医療系e-ラーニング全国交流会年次大会,2021年12月

    第16回医療系e-ラーニング全国交流会年次大会を主宰した
    2021年12月18-19日,オンライン https://16th.jmel.jp/

  • 木下淳博(座長):第16回医療系eラーニング全国交流会年次大会 基調講演,2021年12月

    日本の医療においてDX時代は来るのか?-がんゲノミックス研究の経験から-
    講師 宮野 悟(東京医科歯科大学)

  • 木下淳博(座長):教育システム情報学会第46回全国大会 企画セッション,2021年09月

    ニューノーマル時代の医療者教育

  • 木下淳博(座長):第63回秋季日本歯周病会学会学術大会 歯科衛生士教育講演,2020年10月

    チェアサイドからはじめる食事相談
    椎名美佳

  • 木下淳博(座長):教育システム情報学会第45回全国大会 企画セッション,2020年09月

    医療・看護・福祉領域におけるICT等活用教育

  • 井上 仁,木下淳博(座長):第14回医療系e-ラーニング全国交流会 シンポジウム,2019年12月

    「AI時代の新たな教育デザイン」
    外的表象のデザインと心的状態のセンシング
    平嶋 宗(広島大学)
    ロボット活用から考える近未来のICT教育
    坂田信裕(獨協医科大学)

  • 木下淳博(座長):第62回秋季日本歯周病会学会学術大会 歯科衛生士シンポジウム,2019年10月

    なぜかかりつけ歯科医のいる人は長寿なのか-歯周病管理の重要性-
    星 旦二(首都大学東京),榎本紀子(ヤブキデンタルオフィス)

  • International Faculty Development Course(IFDC) 2018,2018年11月

    東南アジアにおける歯学教育研究拠点世界展開事業の一環として、International Faculty Development Course(IFDC) 2018を主宰した

  • 木下淳博(座長):第50回日本医学教育学会大会 ランチョンセミナー,2018年08月

    人工知能技術が変えるくらしと医療.Artificial Intelligence Technology is radically changing our Daily Life and Medical Services.
    清野正樹 (パナソニック テクノロジーイノベーション本部 テクノロジー戦略部 / 福井大学):

  • 東京医科歯科大学歯学部附属病院「超高齢社会を支える歯科衛生士をもっと現場に!」,2017年11月

    -

  • International Faculty Development Course(IFDC) 2017,2017年11月

    東南アジアにおける歯学教育研究拠点世界展開事業の一環として、International Faculty Development Course(IFDC) 2017を主宰した

  • 木下淳博(コラム):タイ,ベトナム,インドネシアに負けるな,2014年10月

    コミュニティープラザ,教育システム情報学会誌31(4),276-277,2014

  • 木下淳博(取材):東京医科歯科大学のIT戦略「ITを活用し世界に冠たる医療系総合大学を目指す」,2014年08月

    Bizコンパス 8月号,NTTコミュニケーションズ

  • 木下淳博(座長):第33回日本歯科医学教育学会学術大会 ランチョンセミナー2,2014年07月

    在宅歯科医療の現状と求められる教育研修.菅 武雄,小倉.

  • 木下淳博(テレビ出演):世界で一番多い病気 歯周病,2006年07月

    カラダのキモチ,TBS放送,平成18年7月2日放映

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 歯科大学の教育に関して,アースヘルスケア株式会社,歯の教科書,2020年04月10日

  • 医療系教育におけるPBLチュートリアルを体験しよう,順天高校,サイエンスクラス特別講義,2020年02月11日

  • 医療系教育におけるPBLチュートリアルを体験しよう,順天高校,サイエンスクラス特別講義,2019年02月10日

  • 医療系教育におけるPBLチュートリアルを体験しよう,順天高校,サイエンスクラス特別講義,2018年02月01日

  • 厚生労働省受託事業「歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業」,厚生労働省/東京医科歯科大学歯学部附属病院,厚生労働省受託事業「歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業」,東京医科歯科大学歯学部附属病院,2017年10月01日 - 現在

  • 医療系教育におけるPBLチュートリアルを体験しよう,順天高校,サイエンスクラス特別講義,2017年02月11日

  • 医療系教育におけるPBLチュートリアルを体験しよう,順天高校,サイエンスクラス特別講義,2016年02月01日

  • 医療系教育におけるPBLチュートリアルを体験しよう,順天高校,サイエンスクラス特別講義,2015年02月02日

  • 医療系教育におけるPBLチュートリアルを体験しよう,順天高校,サイエンスクラス特別講義,2014年02月01日

▼全件表示