基本情報

写真a

田村 幸彦(タムラ ユキヒコ)

TAMURA Yukihiko


職名

助教

研究室FAX番号

03-5803-0190

研究分野・キーワード

歯髄,メタロチオネイン, 歯肉増殖症,医薬品副作用, 創薬

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織薬理学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織薬理学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    現在
    日本大学 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会

  • 国際歯科研究学会(IADR)

  • 日本毒性学会

  • 口腔病学会

  • 日本骨代謝学会

  • 歯科基礎医学会

  • 硬組織再生生物学会

  • 日本歯科保存学会

  • 歯科薬物療法学会

  • メタルバイオサイエンス研究会 (日本毒性学会 生体金属部会)

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    現在
    日本薬理学会 学術評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 薬理学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 薬物誘発性歯肉増殖症

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • RANK様ペプチドによる新規骨・軟骨形成促進薬の創生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 臨床体験型コンピュータシミュレーション教材の標準化と医歯学融合教育での教育効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2015年

  • 臨床体験型コンピュータシミュレーション教材の標準化と医歯学融合教育での教育効果

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Jason Hou, Yukihiko Tamura, Hsin-Ying Lu, Yuta Takahashi, Shohei Kasugai, Hidemi Nakata and Shinji Kuroda. An In Vitro Evaluation of Selenium Nanoparticles on Osteoblastic Differentiation and Antimicrobial Properties against Porphyromonas gingivalis Nanomaterials. 2022.05; 12 (11): 1850-1866.

  2. Lu Hsin-Ying, Hou Jason, Takahashi Yuta, Tamura Yukihiko, Kasugai Shohei, Kuroda Shinji, Nakata Hidemi. Periodontal Pathogen Adhesion, Cytotoxicity, and Surface Free Energy of Different Materials for an Implant Prosthesis Screw Access Hole MEDICINA-LITHUANIA. 2022.02; 58 (2): ( PubMed, DOI )

  3. Supachatwong Chayapong, Hidemi Nakata, Yukihiko Tamura, Shohei Kasugai, Shinji Kuroda. Static Magnetic Fields Promote the Differentiation of MC3T3-E1 Cells Via the Transforming Growth Factor-β Pathway Journal of Oral and Dental Health Research. 2021.11; 3 (3): 1-7.

  4. Gao Jing, Muroya Ryusuke, Huang Fei, Nagata Kengo, Shin Masashi, Nagano Ryoko, Tajiri Yudai, Fujii Shinsuke, Yamaza Takayoshi, Aoki Kazuhiro, Tamura Yukihiko, Inoue Mayuko, Chishaki Sakura, Kukita Toshio, Okabe Koji, Matsuda Miho, Mori Yoshihide, Kiyoshima Tamotsu, Jimi Eijiro. Bone morphogenetic protein induces bone invasion of melanoma by epithelial-mesenchymal transition via the Smad1/5 signaling pathway LABORATORY INVESTIGATION. 2021.09; 101 (11): 1475-1483. ( PubMed, DOI )

  5. Tamura Yukihiko, Fuangtharnthip Pornpoj, Uehara Tomoki, Iwamoto Tsutomu, Waki Yoshihiro. Metallothionein expression in zinc-treated cartilage precursor ATDC5 cells Biomedical Research on Trace Elements. 2021.06; 32 (1): 23-29. ( 医中誌 )

  6. Kim S, Nassar M, Tamura Y, Hiraishi N, Jamleh A, Nikaido T, Tagami j. The Effect of Reduced Glutathione on the Toxicity of Silver Diamine Fluoride in Rat Pulpal Cells Journal of Applied Oral Science. 2021.04; 29 (e20200859): 1-8. ( DOI )

  7. Nishimaki Mayuri, Nassar Mohannad, Tamura Yukihiko, Hiraishi Noriko, Dargham Ahmad, Nikaido Toru, Tagami Junji. The effect of surface pre-reacted glass-ionomer filler eluate on dental pulp cells and mineral deposition on dentin: In vitro study EUROPEAN JOURNAL OF ORAL SCIENCES. 2021.03; 129 (3): e12777. ( PubMed, DOI )

  8. Manleark Sukanya, Fuangtharnthip Pornpoj, Tengrungsun Tasanee, Manopattanakul Somchai, Tamura Yukihiko. Effect of Centella Asiatica on Cell Proliferation and Alkaline Phosphatase Activity of Dental Pulp Cells Journal of Japan Association of Dental Traumatology. 2020.12; 16 (1): 1-6. ( 医中誌 )

  9. Chonniphat Charoenwongsawad, Pornpoj Fuangtharnthip, Tasanee Tengrungsun, Theeralaksna Suddhasthira, Yukihiko Tamura. Effect of capsaicin on proliferation and wound healing of dental pulp cells in vitro Journal of International Dental and Medical Research. 2020.12; 14 (1): 180-186.

  10. Nassar M, Dargham A, Jamleh A, Tamura Y, Hiraishi N, Tagami J. The Hormetic Effect of Arsenic Trioxide on Rat Pulpal Cells: An In Vitro Preliminary Study. European journal of dentistry. 2020.10; 15 (2): 222-227. ( PubMed, DOI )

  11. Mohannad NASSAR, Ahmad DARGHAM, Noriko HIRAISHI, Yukihiko TAMURA, Junji TAGAMI. In Vitro Mitigation of Arsenic-Induced Toxicity by Reduced Glutathione in Rat Pulpal Cells European Endodontic Journal. 2020.05; 5 (3): 277-281.

  12. Touyama K, Khan M, Aoki K, Matsuda M, Hiura F, Takakura N, Matsubara T, Harada Y, Hirohashi Y, Tamura Y, Gao J, Mori K, Kokabu S, Yasuda H, Fujita Y, Watanabe K, Takahashi Y, Maki K, Jimi E. Bif-1/Endophilin B1/SH3GLB1 regulates bone homeostasis. Journal of cellular biochemistry. 2019.06; 120 (11): 18793-18804. ( PubMed, DOI )

  13. Eri Sone, Daisuke Noshiro, Yuki Ikebuchi, Mami Nakagawa, Masud Khan, Yukihiko Tamura, Masaomi Ikeda, Meiko Oki, Ramachandran Murali, Toshihiko Fujimori, Tetsuya Yoda, Masashi Honma, Hiroshi Suzuki, Toshio Ando, Kazuhiro Aoki. The induction of RANKL molecule clustering could stimulate early osteoblast differentiation. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2019.02; 509 (2): 435-440. ( PubMed, DOI )

  14. X Cui, T Murakami, Y Tamura, K Aoki, Y Hoshino, Y Miura. Bacterial Inhibition and Osteoblast Adhesion on Ti Alloy Surfaces Modified by Poly(PEGMA-r-Phosmer) Coating ACS Applied Materials & Interfaces. 2018.06; 10 (28): 23674-23681.

  15. Lia Kartika Wulansari, Boosana Kaboosaya, Masud Khan, Mariko Takahashi, Hidemi Nakata, Shinji Kuroda, KazuhiroAoki, ShoheiKasugai. Beneficial effects of fasting regimens on periodontal tissues in experimental periodontitis mice model Journal of International Dental and Medical Research. 2018.05; 11 (2): 362-369.

  16. M Urata , S Kokabu, T Matsubara, G Sugiyama,C Nakatomi, H Takeuchi, S Hirata‐Tsuchiya, K Aoki, Y Tamura , Y Moriyama , Y Ayukawa, M Matsuda, M Zhang, K Koyano, C Kitamura, E Jim. A peptide that blocks the interaction of NF‐κB p65 subunit with Smad4 enhances BMP2‐induced osteogenesis Journal of Cellular Physiology. 2018.04; 233 (9): 7356-7366.

  17. Toru Takemoto, Yuji Kabasawa, Yusuke Higuchi, Yasuhiko Tabata, Kazuhiro Aoki, Yukihiko Tamura, Hiroyuki Harada. Combination of the RANKL-binding peptide W9 and bFGF induces bone regeneration in the rat calvarial defect model. Dent Oral Craniofac Res. 2017.12; 4 (3): 1-7. ( DOI )

  18. Md Zahirul Haque Bhuyan, Yukihiko Tamura, Eri Sone, Yuki Yoshinari, Chizuko Maeda, Mariko Takahashi, Yasuhiko Tabata, Ramachandran Murali, Yoshihiro Waki, Kazuhiro Aoki. The intra-articular injection of RANKL-binding peptides inhibits cartilage degeneration in a murine model of osteoarthritis. J. Pharmacol. Sci.. 2017.06; 134 (2): 124-130. ( PubMed, DOI )

  19. Mohannad Nassar, Noriko Hiraishi, Yukihiko Tamura, Masayuki Otsuki, Kazuhiro Aoki, Junji Tagami. Phytic Acid: An Alternative Root Canal Chelating Agent. J Endod. 2015.02; 41 (2): 242-247. ( PubMed, DOI )

  20. Genki Kato, Yasuhiro Shimizu, Yuki Arai, Natsuki Suzuki, Yasutaka Sugamori, Miki Maeda, Mariko Takahashi, Yukihiko Tamura, Noriyuki Wakabayashi, Ramachandran Murali, Takashi Ono, Keiichi Ohya, Setsuko Mise-Omata, Kazuhiro Aoki. The inhibitory effects of a RANKL-binding peptide on articular and periarticular bone loss in a murine model of collagen-induced arthritis: a bone histomorphometric study. Arthritis Res. Ther.. 2015; 17 (1): 251. ( PubMed, DOI )

  21. Toshimi Sato, Neil Alles, Masud Khan, Kenichi Nagano, Mariko Takahashi, Yukihiko Tamura, Asako Shimoda, Keiichi Ohya, Kazunari Akiyoshi, Kazuhiro Aoki. Nanogel-crosslinked nanoparticles increase the inhibitory effects of W9 synthetic peptide on bone loss in a murine bone resorption model. Int J Nanomedicine. 2015; 10 3459-3473. ( PubMed, DOI )

  22. M Nassar, N Hiraishi, M S Islam, Y Tamura, M Otsuki, S Kasugai, K Ohya, J Tagami, F R Tay. The effect of glutathione on 2-hydroxyethylmethacrylate cytotoxicity and on resin-dentine bond strength. Int Endod J. 2014.07; 47 (7): 652-658. ( PubMed, DOI )

  23. Nassar Mohannad, Hiraishi Noriko, Shimokawa Hitoyata, Tamura Yukihiko, Otsuki Masayuki, Kasugai Shohei, Ohya Keiichi, Tagami Junji. The inhibition effect of non-protein thiols on dentinal matrix metalloproteinase activity and HEMA cytotoxicity. JOURNAL OF DENTISTRY. 2014.03; 42 (3): 312-318. ( DOI )

  24. Nagai Yoshie, Osawa Kenji, Fukushima Hidefumi, Tamura Yukihiko, Aoki Kazuhiro, Ohya Keiichi, Yasuda Hisataka, Hikiji Hisako, Takahashi Mariko, Seta Yuji, Seo Sachiko, Kurokawa Mineo, Kato Shigeaki, Honda Hiroaki, Nakamura Ichiro, Maki Kenshi, Jimi Eijiro. p130Cas, Crk-Associated Substrate, Plays Important Roles in Osteoclastic Bone Resorption. JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 2013.12; 28 (12): 2449-2462. ( DOI )

  25. Nassar Mohannad, Hiraishi Noriko, Islam Md Sofiqul, Aizawa Mamoru, Tamura Yukihiko, Otsuki Masayuki, Kasugai Shohei, Ohya Keiichi, Tagami Junji. Effect of phytic acid used as etchant on bond strength, smear layer, and pulpal cells. EUROPEAN JOURNAL OF ORAL SCIENCES. 2013.10; 121 (5): 482-487. ( DOI )

  26. 林 直毅, 田村 幸彦, 楠本 康香, 下川 仁彌太, 青木 和広, 大谷 啓一, 山崎 統資, 篠塚 修. フェニトインによる歯肉増殖について ヒト歯肉組織およびクローン歯肉細胞に関する研究. 障害者歯科. 2012.02; 33 (1): 16-26. ( 医中誌 )

  27. Aoki Kazuhiro, Nakachi Hiroyuki, Alles Neil, Nagano Kenichi, Khan Masud, Tomomatsu Nobuyoshi, Murali Ramachandran, Zhang Hongtao, Yamashiro Masashi, Greene Mark I., Tamura Yukihiko, Ohya Keiichi. An antagonist of tumor necrosis factor-alpha stimulates bone formation under the lipopolysaccharide-induced inflammation in a murine tooth extraction model. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2012; 118 (1): 129P.

  28. N.Hayashi, Y.Tamura, Y.Kusumoto, H.Shimokawa, K.Aoki, K.Ohya, T.Yamazaki and O.Shinozuka. Gingival overgrowth induced by phenytoin. Journal of Japanese Society for Disability and Oral Heath. 2012; 33 (1): 16-26.

  29. Nagano Kenichi, Alles Neil, Mian Anower Hussain, Shimoda Asako, Morimoto Nobuyuki, Tamura Yukihiko, Shimokawa Hitoyata, Akiyoshi Kazunari, Ohya Keiichi, Aoki Kazuhiro. 腫瘍壊死因子2型受容体はマウス頭蓋冠での腫瘍壊死因子-α誘発性骨吸収窩に対し保護的役割を果たす. Journal of Bone and Mineral Metabolism. 2011.11; 29 (6): 671-681. ( 医中誌 )

  30. Nagano Kenichi, Alles Neil, Mian Anower Hussain, Shimoda Asako, Morimoto Nobuyuki, Tamura Yukihiko, Shimokawa Hitoyata, Akiyoshi Kazunari, Ohya Keiichi, Aoki Kazuhiro. The tumor necrosis factor type 2 receptor plays a protective role in tumor necrosis factor-alpha-induced bone resorption lacunae on mouse calvariae. JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM. 2011.11; 29 (6): 671-681. ( DOI )

  31. Bakry Ahmed Samir, Tamura Yukihiko, Otsuki Masayuki, Kasugai Shohei, Ohya Keiichi, Tagami Junji. Cytotoxicity of 45S5 bioglass paste used for dentine hypersensitivity treatment. JOURNAL OF DENTISTRY. 2011.09; 39 (9): 599-603. ( DOI )

  32. Aoki Kazuhiro, Khan Masud, Alles Neil, Nakachi Hiroyuki, Nagano Kenichi, Tamura Yukihiko, Amagasa Teruo, Jimi Eijiro, Ohya Keiichi. The stimulatory effects of NF-kappa B inhibitor on bone formation. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2011; 115 (1): 85P.

  33. Qhya Keiichi, Tamura Yukihiko, Takahashi Mariko, Kinoshita Atsuhiro. Introduction and educational effectiveness of the multimedia medical and dental simulation material on the pharmacological practice. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2009; 109 241P.

  34. Tamamori Yasuka, Tamura Yukihiko, Yamazaki Tsuneyoshi, Ohya Keiichi. 連続phenytoin投与により誘導された薬剤誘導歯肉増殖ラットモデルの確立. Journal of Pharmacological Sciences. 2005.07; 98 (3): 290-297. ( 医中誌 )

  35. Yasuka Tamamori, Yukihiko Tamura, Tsuneyoshi Yamazaki, Keiichi Ohya. Establishment of rat model of drug-induced gingival overgrowth induced by continuous administration of phenytoin. J. Pharmacol. Sci.. 2005.07; 98 (3): 290-297.

  36. Tamura Yukihiko, Ohya Keiichi. Cadmium induces expression of metallothionein in rat dental pulp The Japanese Journal of Pharmacology. 2000.08; 83 (4): 362-364. ( 医中誌 )

  37. Y. Tamura, K.Ohya. Cadmium Induces Expression of Metallothionein in Rat Dental Pulp. Jpn. J. Pharmacol. 2000; 83 362-364.

  38. Y. Yamada, P. Fuantgharnthip, Y. Tamura, Y. Takagi, K. Ohya. The study of amelogenin gene expression and immunolocalization in enamel hypoplasia induced by successive injections of bisphosphonate in rat incisors. Arch oral Biol. 2000; 45 (3): 207-215.

  39. Tamura Yukihiko, Akita Kazutoshi, Suzuki Yukio, 他. Induction of ornithine and histidine decarboxylases in hamster tongue after application of the tumor promoter DMBA Jpn. J. Oral Biol. 1987.10; 29 (5): 606-608. ( 医中誌 )

  40. Yukihiko Tamura. Study of ectopic calcification in bone marrow of rat tibia caused by vinblastine The Bulletin of Tokyo Medical and Dental University. 1986.03; 33 (1): 9-22. ( 医中誌 )

  41. 金 承建, 平石 典子, 田村 幸彦, 二階堂 徹, 田上 順次. フッ化ジアンミン銀溶液のラット歯髄細胞への毒性及び、グルタチオンによる解毒作用について 特定非営利活動法人日本歯科保存学会. 2019.05; 150 37. ( 医中誌 )

  42. 西牧 麻由里, 中元 絢子, 平石 典子, 田村 幸彦, 二階堂 徹, 田上 順次. S-PRGフィラー抽出液のラット歯髄細胞株・象牙質窩洞への影響 特定非営利活動法人日本歯科保存学会. 2019.05; 150 36. ( 医中誌 )

  43. 武元 徹, 樺沢 勇司, 樋口 佑輔, 田畑 泰彦, 青木 和広, 田村 幸彦, 原田 浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL結合ペプチドW9とbFGFによる骨形成促進作用の評価 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2017.06; 33回 153. ( 医中誌 )

  44. 平石 典子, 田村 幸彦, 堤 祐介, 塙 隆夫, 田上 順次. MTAセメントのヒ素含有量、ラット歯髄細胞への毒性、及び、グルタチオンによる解毒作用について 日本歯科理工学会誌. 2017.03; 36 (2): 117. ( 医中誌 )

  45. 武元 徹, 樺沢 勇司, 田村 幸彦, 青木 和広, 原田 浩之. RANKL結合ペプチドW9はラット頭蓋骨欠損モデルにおいてbFGF誘導骨形成を促進させる(The RANKL-binding peptide W9 promotes bFGF-induced bone formation in a rat calvarial defect model) 口腔病学会雑誌. 2017.03; 84 (1): 53. ( 医中誌 )

  46. 郡司 明彦, 田村 幸彦, 平尾 功治, 町田 光, 秋田 季子, 小林 奈緒美, 藤井 彰. う蝕予防のためのフッ化物応用に関する最近の知見 フッ化物洗口を中心に. 歯科薬物療法. 2010.04; 29 (1): 1-8. ( 医中誌 )

  47. 郡司 敦子, 郡司 明彦, 田村 幸彦, 平尾 功治, 町田 光, 秋田 季子, 小林 奈緒美, 藤井 彰. 古くて新しい鎮痛薬アセトアミノフェン. 歯科薬物療法. 2009.12; 28 (3): 109-116. ( 医中誌 )

  48. 田村 幸彦, 大谷 啓一. 口腔領域に生じる薬の副作用 薬物誘発性歯肉増殖症のメカニズム. 日本歯科評論. 2007.09; 67 (9): 182-184. ( 医中誌 )

  49. 田村 幸彦, 大谷 啓一. 最近の歯学 歯科薬理 骨髄と金属結合タンパク質について. 口腔病学会雑誌. 1998.06; 65 (2): 278. ( 医中誌 )

  50. 田村 幸彦, 大谷 啓一. カドミウム投与により誘導されたウサギ骨髄内のメタロチオネイン様蛋白質について. 口腔病学会雑誌. 1995.09; 62 (3): 404-409. ( 医中誌 )

  51. 田村 幸彦, 小椋 秀亮. 口腔領域における金属結合タンパク質について. 口腔病学会雑誌. 1994.03; 61 (1): 163. ( 医中誌 )

  52. 田村 幸彦, 鈴木 幸雄, 杉山 勝三, 他. チオアセトアミド投与によるラット切歯歯髄内ジアミンおよびその生成酵素の変動について. 岡山歯学会雑誌. 1987.04; 6 (1): 77-80. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 歯科衛生学辞典. 永末書店, 2019.07 (ISBN : 978-4-8160-1368-3)

  2. 現代歯科薬理学 第6版. 医歯薬出版, 2018.02 重金属拮抗薬 (ISBN : 9784263458112)

  3. 田村幸彦. 薬理学. 日本医事新報社, 1999.01

  4. 和気裕之 他. 診療のエア・ポケット. デンタルダイヤモンド社, 1991

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yukihiko Tamura, Pornpoj Fuangtharnthip. Regulation of metallothionein gene expression in dental pulp cells. ADA FDI 2021 World Dental Congress 2021.09.26 オンライン(Sydney, Australia)

  2. 田村幸彦, Pornpoj Fangtharnthip, 小野真一, 脇能広. アムロジピンによる歯肉細胞におけるメタロチオネインの発現誘導. 第48回日本毒性学会学術年会 2021.07.07 Hybrid Meeting

  3. Supachatwong Chayapong, Hidemi Nakata, Yukihiko Tamura, Shinji Kuroda. Effect of Static Magnetic Field on MC3T3-E1 Cells Differentiation via TGF-β Pathway. Academic of Osseointegration 36th Annual Meeting 2021 2021.03.12 オンライン

  4. Jason Hou, Yukihiko Tamura, Yuta Takahashi, Shinji Kuroda, Hidemi Nakata. Effects of Selenium Nanoparticles on Osteoblastic Differentiation and Antimicrobial Effects on Pathogen of Peri-Implantitis. Academic of Osseointegration 36th Annual Meeting 2021 2021.03.12 オンライン

  5. Sikun Meng, Jingyang Kang, Yukihiko Tamura, Shohei Kasugai. The Direct Effect of Several Different Concentration of Lithium on Osteogenic Cells from Mouse Bone Marrow. Academic of Osseointegration 35th Annual Meeting 2020 2020.03.18 オンライン

  6. Jingyang Kang, Sikun Meng, Yukihiko Tamura, Shohei Kasugai. The Direct Effect of Lithium Concentration on Mouse Osteogenic Cells. Academic of Osseointegration 35th Annual Meeting 2020 2020.03.18 オンライン

  7. Yuna Hirohashi, Yuri Shimizu, Masud Khan, Yukihiko Tamura, Kazuhiro Aoki. A new RANKL-binding peptide for the development of the bone anabolic reagent. . The 2nd Meeting of International Oral Health Engineering Consortium 2019.11.18 Taipei, Taiwan

  8. E Sone, D Noshiro, Y Ikebuchi, M Khan, Y Sugamori, Y Tamura, T Yoda, M Honma, K Aoki.. A stimulatory mechanism of RANKL-Binding peptide on osteoblast differentiation.. 32nd IADR-SEA & 29th SEAADE 2018.09.11 Da Nang, Vietnam

  9. Mikami R, Aoki A, Mizutani K, Tamura Y, Aoki K, Izumi Y. Low-level blue laser irradiation enhances osteoblast proliferation and differentiation. The 102nd Annual Meeting of the American Academy of Periodontology 2016.09.10 San Diego Convention Center(USA)

  10. Md.Zahirul Haque Bhuyan, Chizuko Kaeda, Yuki Yoshinari, Marin Kawasaki, Yasutaka Sugamori, Genki Kato, Mariko Rakahashi, Yukihiko Yamura, Kasuhiro Aoki. The therapeutic effects of the RANKL-binding peptides on cartilage destruction.. 13th Bone Biology Forum 2016.08.20 クロス・ウェーブ幕張(千葉)

  11. Yukihiko Tamura, Setsuko Mise, Yasutaka Sugamori, Md. Zahirul Haq Bhuyan, Mariko Takahashi, Tomoki Uehara, Yuki Arai, Michiyo Miyashin, Noriyuki Wakabayashi, Kazuhiro Aoki. A pharmacological role of metallothionein in zinc-treated cartilage-progenitor cells. APFP 2016(The 13th Asia Pacific Federation of Pharmacologists Meeting) 2016.02.01 The Berkeley Hotel Pratunam,Bangkok (Thailand)

  12. Md. Zahirul Haque Bhuyan, Yoshinari Y, Kawasaki M, Sugamori Y, Kato G, Takahashi M, Tamura Y, Aoki K. The preliminary results on the effects of RANKL-binding peptide of cartilage destruction.. 12th Bone Biology Forum 2015.08.21 千葉(Cross Wave 幕張)

  13. Uehara T, Mise S, Arai Y, Sugamori Y, Kato G, Tamura Y, Tabata Y, Murali R, Wakabayashi N, Miyashin M, Aoki K. A rankl-binding peptide accelerates BMP-induced bone regeneration in murine maxilla by subperiosteal injections.. 13th Congress of the Internatitonal Society of Bone Morphometry 2015.04.27 Tokyo

  14. Sugamori Y, HonmaM, Kato G, Tamura Y, Furuya Y, Yasuda H, Tabata Y, Udagawa N, Ohya K, Suzuki H, Aoki K. RANKL-binding peptides increased bone formation in a murine calvarial defect model. . ASBMR2014 2014.09.12 Houston, Texas,

  15. 加藤玄樹、清水康広、菅森泰隆、高橋真理子、田村幸彦、小野卓史、大谷啓一、青木和広.. マウス関節リウマチモデルにおけるRANK様ペプチドの作用 . 第87回日本薬理学会年会 2014.03.19 仙台

  16. Kato, G. Maeda, M. Alles, N. Mamun, A. Khan, M. Sugamori, Y. Takahashi, M. Tamura, Y. Murali, R. Ohya, K. Aoki, K. An Osteoprotegerin-like Peptide Inhibits Bone Loss in Collagen Type II-Induced Murine Arthritis. . IBMS/JSBMR第2回合同国際会議 2013.05.28 神戸市

  17. Mamun, A. Khan, M. Alles, N. Tamura, Y. Matsui, M. Tabata, Y. Ohya, K. Aoki, K. Bone Regeneration Using Gelatin Hydrogel as a Novel Scaffold for a RANKL Antagonist Peptide W9. 第12回日本再生医療学会総会 2013.03.21 横浜市

  18. Islam, S. Hiraishi, N. Tamura, Y. Nassar, M. Otsuki, M. Kasugai, S. Ohya, K. Taira, S. Kaneko, D. Tagami, J. Biocompatibility of Mussel-mimetic Bio-adhesive Resin. IADR2013 2013.03.20 Seattle USA

  19. Nassar, M. Hiraishi, N. Tamura, Y. Islam, S. Otsuki, M. Kasugai, S. Ohya, K. Tagami, J. Tay, F.R. Glutathione Detoxification of 2-Hydroxyethylmethacrylate and Its Effect on Bond Strength. IADR2013 2013.03.20 Seattle USA

  20. Mamun A、Khan M、Alles N、田村幸彦、大谷啓一、青木和広. BMP誘導骨再生におけるゼラチンのペプチド担体としての有用性. 第54回歯科基礎医学会学術大会 2012.09.14 郡山

  21. Y. Tamamori, Y. Tamura, T. Yamazaki, K. Ohya. Cell Proliferation of Rat Gingival Fibroblast by Phenytoin. 83rd General Session & Exhibition of IADR 2005.03 Baltimore

  22. Y. Tamamori, Y. Tamura, T. Yamazaki, K. Ohya. Establishment of Rat Model of Phenytoin- Induced Gingival Overgrowth. 82nd General Session & Exhibition of IADR 2004.03 Honolulu

  23. Y. Tamura, K. Ohya. Heavy Metal Induces Metallothionein in Rat Dental Pulp. IADR 79th General Session & Exhibition 2001.06 Chiba

  24. Tamura Y, Wysocki GP, Cherian MG. Immunohistochemical Localization of Metallothionein in the Teeth of Cadmium Injected Rats. International Conference on Metal-Binding Proteins in Biology 1998.10 Canada

  25. Tamura Y, Cherian MG, Ohya K. Induction of metallothionein synthesis in salivary gland of rat. The 1st International Conference of Asian Society of Toxicology 1997.06 Yokohama

  26. Tamura Y, Cherian MG., Ohya K. Induction of metallothionein in submandibular gland of cadmium injected rat. 第70 回日本薬理学会年会 1997.03 千葉

  27. 青木 和広,松本 芳郎,Masud Khan,長弘 茂樹,岩本 勉,小野 卓史, 田村 幸彦. RANKL結合ペプチドを用いた顎骨造成. 第63回歯科基礎医学会学術大会 2021.10.09 オンライン(神奈川)

  28. 青木 和広, 松本 芳郎, Khan Masud, 長弘 茂樹, 岩本 勉, 小野 卓史, 田村 幸彦. 顎骨再建の骨形態計測学的評価 RANKL結合ペプチドを用いた顎骨造成(Jaw osteogenesis using RANKL binding peptide). Journal of Oral Biosciences Supplement 2021.10.01

  29. 田村幸彦、楠本康香、岩本勉、脇能広. 抗てんかん薬による歯肉増殖とメタロチオネインの発現誘導について. 生体金属に関する合同年会 ConMetal 2020 2020.11.16 オンライン

  30. 青木和広、清水優里、Lu Wei、廣橋優奈、曽根絵梨、池渕裕樹、Masud Khan、Fatma Rashed、田村幸彦、菅森泰隆、寺坂尚紘、宇田川信之、依田哲也 他. 膜型RANKLを標的にした骨形成促進薬の開発. 第62回歯科基礎医学会学術大会 2020.09.11 オンライン

  31. 青木和広、池渕裕樹、Masud Khan、菅森泰隆、田村幸彦、本間雅. 骨形態計測法からシグナル伝達研究への発展. 第62回歯科基礎医学会学術大会 2020.09.11 オンライン

  32. 青木 和広, 池淵 祐樹, Masud Khan, 菅森 泰隆, 田村 幸彦, 本間 雅. 石灰化組織評価の実践とネットワーキング 骨形態計測法からシグナル伝達研究への発展. Journal of Oral Biosciences Supplement 2020.09.01

  33. 青木 和広, 清水 優里, Lu Wei, 廣橋 優奈, 曽根 絵梨, 池淵 祐樹, Masud Khan, Fatma Rashed, 田村 幸彦, 菅森 泰隆, 寺坂 尚紘, 宇田川 信之, 依田 哲也, 本間 雅, 菅 裕明. RANKL-RANK-OPGシグナル研究の最前線 膜型RANKLを標的にした骨形成促進薬の開発. Journal of Oral Biosciences Supplement 2020.09.01

  34. 青木 和広, 池淵 祐樹, Masud Khan, 菅森 泰隆, 田村 幸彦, 本間 雅. 石灰化組織評価の実践とネットワーキング 骨形態計測法からシグナル伝達研究への発展. Journal of Oral Biosciences Supplement 2020.09.01

  35. 青木 和広, 清水 優里, Lu Wei, 廣橋 優奈, 曽根 絵梨, 池淵 祐樹, Masud Khan, Fatma Rashed, 田村 幸彦, 菅森 泰隆, 寺坂 尚紘, 宇田川 信之, 依田 哲也, 本間 雅, 菅 裕明. RANKL-RANK-OPGシグナル研究の最前線 膜型RANKLを標的にした骨形成促進薬の開発. Journal of Oral Biosciences Supplement 2020.09.01

  36. 青木 和広, 池淵 祐樹, Masud Khan, 菅森 泰隆, 田村 幸彦, 本間 雅. 石灰化組織評価の実践とネットワーキング 骨形態計測法からシグナル伝達研究への発展. Journal of Oral Biosciences Supplement 2020.09.01

  37. 田村幸彦、楠本康香、スパチャットウオンチャヤポン、米田憲哉、河崎万鈴、脇能広、春日井昇平 . 薬物誘発性歯肉増殖症とメタロチオネインの誘導に関する研究. 第142回日本薬理学会関東部会 2020.06.06 オンライン

  38. 田村幸彦、楠本康香、篠塚修 . マウス歯肉細胞におけるメタロチオネイン発現誘導について. 日本毒性学会メタルバイオサイエンス2019 2019.10.29 東京

  39. 金 承建, 平石 典子, 田村 幸彦, 二階堂 徹, 田上 順次. フッ化ジアンミン銀溶液のラット歯髄細胞への毒性及び、グルタチオンによる解毒作用について. 日本歯科保存学会 2019年度春季学術大会 2019.06.27

  40. 西牧 麻由里, 中元 絢子, 平石 典子, 田村 幸彦, 二階堂 徹, 田上 順次. S-PRGフィラー抽出液のラット歯髄細胞株・象牙質窩洞への影響. 2019.06.27 金沢

  41. 田村幸彦、Masud KHAN、青木和広. 歯髄細胞に誘導されるメタロチオネインの役割. 第46回日本毒性学会学術年会 2019.06.26 徳島

  42. Yukihiko Tamura , Noriko Hiraishi, Masayuki Otsuki, Junji Tagami, Kazuhiro Aoki. Pharmacological role of metallothionein in inflammatory cytokine treated rat dental pulp cells. 日本毒性学会生体金属部会メタロバイオサイエンス2018 2018.11.16 仙台

  43. 新井裕貴、青木和広、田村幸彦、長弘茂樹、大河原久美、上原智紀、宮新美智世、若林則幸. 過剰咬合モデルマウスにおけるRANKL結合ペプチドを使用した歯槽骨造成の評価. 日本骨形態計測学会 2018.06.21 大阪

  44. 曽根絵梨、Khan Masud、能代大輔、池淵祐樹、本間雅、田村幸彦、菅森泰隆、鈴木洋史、宇田川信之、青木和広. RANKL結合ペプチドによる骨形成促進メカニズムの検討. 日本骨形態計測学会 2018.06.21 大阪

  45. 三上理沙子, 青木章, 水谷幸嗣, 田村幸彦, 和泉雄一. 超高繰り返し超短パルス青色レーザーを用いた低出力照射はTRPV1を介して骨芽細胞の増殖・分化を促進し、細胞外基質の石灰化を亢進させる. 第29回日本レーザー歯学会総会・学術大会 2017.09.23 日本歯科大学新潟生命歯学部 講堂・アイヴイホール(新潟)

  46. 武元徹、樺沢勇司、樋口佑輔、田畑泰彦、青木和広、田村幸彦、原田浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL結合ペプチドW9とbFGFによる骨形成促進作用の評価. 第33回日本DDS学会学術集会 2017.07.06 京都勧業会館 みやこめっせ (京都)

  47. 田村幸彦、カーン マスード、青木和広. 歯髄細胞様細胞における炎症性サイトカインによるメタロチオネインの誘導. 第37回日本歯科薬物療法学会学術大会 2017.06.17 愛知学院大学楠元キャンパス(名古屋)

  48. 平石典子、田村幸彦、堤祐介、青木和広、塙隆夫、田上順次. MTAセメントのヒ素含有量、ラット歯髄細胞への毒性、及び、グルタチオンによる解毒作用について. 平成29年度春期第69回日本歯科理工学会学術講演会 2017.04.15 日本歯科大学生命歯学部富士見ホール(東京)

  49. 武元徹、樺沢勇司、樋口佑輔、田畑泰彦、青木和広、田村幸彦、原田浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL結合ペプチドW9とbFGFによる骨形成促進作用の評価. 第16回日本再生医療学会総会 2017.03.07 仙台国際センター(仙台)

  50. 武元徹, 樺沢勇司, 田村幸彦, 青木和広, 原田浩之. The RANKL-binding peptide W9 promotes bFGF-induced bone formation in a rat calvarial defect model.. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.25 東京医科歯科大学

  51. 上原 智己,田村 幸彦,宮新美智世,青木 和広. RANKL 結合ペプチド(OP3-4)の注射投与は,BMP-2 により誘導される マウス上顎の骨造成を促進する. 第58回歯科基礎医学会学術大会 2016.08.24 札幌コンベンションセンター(札幌)

  52. 新井祐貴、青木和広、清水康広、田村幸彦、小野卓史、三瀬節子、Murali. R、若林則幸. ペプチドが誘導する抜歯後の新生骨形成および歯槽骨保護:BMP-2 誘導マウス抜歯窩骨新生モデルによる検証研究. 第36回日本骨形態計測学会 2016.06.23 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)

  53. 三上理沙子、青木章、水谷幸嗣、田村幸彦、青木和広、和泉雄一. 高繰り返し超短パルス青色レーザーを用いた低出力照射が骨芽細胞へ及ぼす効果. 平成28年度第59回春季日本歯周病学会学術大会 2016.05.19 かごしま県民交流センター・宝山ホール(鹿児島)

  54. 高橋悦子、田村幸彦、高橋真理子、大谷啓一、青木和広. 歯学生における漢方医学教育~教授システム学・インストラクショナルデザインの手法を導入・第2報~. 第35回日本歯科薬物療法学会学術大会 2015.06.20 横浜(鶴見大学大学会館)

  55. 佐藤俊三、田村幸彦、大谷啓一、青木和広. NanoClikナノ粒子のペプチド除法性の検討―NanoClikナノ粒子がW9の骨吸収抑制作用を助けるメカニズム―. 第35回日本歯科薬物療法学会学術大会 2015.06.20 横浜(鶴見大学大学会館)

  56. 青木和広、菅森泰隆、加藤玄樹、上原智己、新井祐貴、Md.Zahirul Haq Bhuyan、Neil Alles、Masud Khan、高橋真理子、田村幸彦、若林則幸、大谷啓一.. RANKL結合ペプチドの骨吸収抑制作用と骨形成促進作用. . 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 2014.09.25 福岡

  57. 加藤玄樹、清水康広、菅森泰隆、田村幸彦、小野卓史、大谷啓一、青木和広. Ⅱ型ウシコラーゲン誘導のマウス関節リウマチモデルを用いたRANKL結合ペプチドの骨形成促進作用と骨吸収抑制作用.. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 2014.09.25 福岡

  58. 菅森泰隆、本間雅、加藤玄樹、田村幸彦、古屋優里子、保田尚孝、田畑泰彦、宇田川信之、大谷啓一、鈴木洋史、青木和広. RANKL結合ペプチドはマウス頭蓋骨欠損モデルの骨新生を促進する. 第32回日本骨代謝学会学術集会 2014.07.24 大阪

  59. 高橋真理子、田村幸彦、青木和広、須永昌代、木下淳博、大谷啓一. 薬理学実習における医歯学シュミレーション教育システムの応用と評価. 第34回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 2014.07.04 北九州

  60. 佐藤俊三、青木和広、田村幸彦、大谷啓一. マウス骨吸収モデルにおいてPEG架橋したCHPナノゲルは合成ペプチドW9の骨量減少抑制効果を増強した. 第34回日本歯科薬物療法学会学術大会 2014.06.21 大阪

  61. 高橋悦子、青木和広、田村幸彦、高橋真理子、大谷啓一. 歯学生における漢方医学教育~教授システム学・インストラクショナルデザインの手法を導入して~. 第34回日本歯科薬物療法学会学術大会 2014.06.21 大阪

  62. 木村敦、樺沢勇司、佐藤昌、高原楠旻、樋口佑輔、松本佳奈子、田畑泰彦、田村幸彦、青木和広、大谷啓一、小村健. ラット下顎骨延長におけるbFGF含有gelatin hydrogelの有用性. 第13回日本再生医療学会総会  2014.03.04 京都

  63. 加藤玄樹、前田美紀、Alles, N、Mamun, A、Khan, M、高橋真理子、田村幸彦、Murali, R、大谷啓一、青木和広. OPG様ペプチドはⅡ型コラーゲンに誘導されたマウス関節炎における骨密度の低下を阻害する. 第11回日本歯科骨粗鬆症研究会学術大会・総会 東京 2013.03.02

  64. 永井香絵、福島秀文、大澤賢次、田村幸彦、青木和広、大谷啓一、中村仁美、牧憲司、自見英治郎. p130Casは破骨細胞の機能発現に重要な役割をもつ . 第54回歯科基礎医学会学術大会 2012.09.14 郡山

  65. 永井香絵、大澤賢次、福島秀文、保田尚孝、田村幸彦、青木和広、大谷啓一、加藤茂明、牧憲司、仲村一郎、自見英治郎. p130Casは破骨細胞の機能発現に関与する. 第30回日本骨代謝学会学術集会 2012.07.19 東京

  66. 青木和広、田村幸彦、大谷啓一. マウス抜歯モデルを用いた骨形成評価法‐骨吸収抑制作用のある薬剤の骨形成促進効果の検討‐. 第32回日本歯科薬物療法学会 2012.06.30 大阪

  67. 青木和広、中地浩之、Alles N、永野健一、Khan M、友松伸允、Murali R、Zhang H、山城正司、Greene M.I、田村幸彦、大谷啓一. TNF-a 阻害剤はLPSによる炎症下で骨形成を促進する-マウス抜歯窩モデルにおける検討. 第85回日本薬理学会年会 2012.03.14 京都

  68. 佐藤俊三、永野健一、田村幸彦、大谷啓一、青木和広. CHPナノゲルとラズベリー型CHPナノゲルをペプチド担体として用いた際の比較―低Ca食飼育マウスを用いた骨吸収抑制効果の検討―. 第53回歯科基礎医学会学術大会 2011.09.30 岐阜

  69. 青木和広、カーン マスード、アレス ニール、中地浩之、永野健一、田村幸彦、天笠光雄、自見英治郎、大谷啓一. The stimulatory effects of NF-B inhibitor on bone formation(NF-κB活性化抑制による骨形成促進作用). 第84回日本薬理学会年会 2011.03.22 横浜

  70. 林直毅、篠塚修、山崎統資、田村幸彦、大谷啓一. Phenytoin投与による歯肉増殖症に関する研究. 第75回口腔病学会学術大会 2010.12.03 東京

  71. 林直毅、篠塚修、山崎統資、田村幸彦、大谷啓一. Phenytoin歯肉増殖症に関する研究. 第30回日本歯科薬物療法学会 2010.07.02 東京

  72. Ohya K, Tamura Y, Takahashi M, Kinoshita A. Introduction and educational effectiveness of the multimedia medical and dental simulation material on the pharmacological practice. 第82回日本薬理学会年会 2009.03.16 横浜

  73. 大谷啓一, 高橋真理子, 田村幸彦, 木下淳博. 医歯学シミュレーション教育システムの薬理学実習教材へ応用.. 第25回日本歯科医学教育学会 2006.06 仙台

  74. 玉盛康香, 山崎統資, 田村幸彦, 大谷啓一. Phenytoin投与による歯肉線維芽細胞増殖とapoptosisへの影響. 第24回日本歯科薬物療法学会 2005.02 東京

  75. 玉盛康香,田村幸彦, 山崎統資, 大谷啓一. 薬物誘発性歯肉肥大に関する研究. 第67回口腔病学会学術大会 2002.11 東京

  76. 田村幸彦, 大谷啓一. カドミウム投与により誘導される金属結合蛋白質の骨組織への重金属毒性の軽減について. 日本薬理学会関東部会 1999.06 横浜

  77. 田村幸彦, 大谷啓一. 唾液腺におけるメタロチオネインの誘導について. メタロチオネイン96’ 1996.11 千葉

▼全件表示

Works 【 表示 / 非表示

  • 薬液投与の準備,教材

  • 薬液濃度の調整(実践編),教材

  • 薬液濃度の調整(基本編),教材

  • マウスへの薬液投与(皮下注射),教材

  • マウスへの薬液投与(腹腔内注射),教材

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第33回日本DDS学会学術集会優秀発表賞(武元徹),第33回日本DDS学会学術集会,2017年07月

  • 第13回国際骨形態計測学会 New Investigator Award (上原智己),2015年04月

  • 東京医科歯科大学歯学部優秀教員賞,2013年01月

  • 薬力学会研究奨励賞,2002年06月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 大学院特別講義(東京メディック 学術 野中希一),2019年11月

    「定量的骨評価法アップデート」

  • 大学院特別講義(東京大学 医学部附属病院 薬剤部 講師 本間雅) ,2019年02月

    「RANKL逆シグナルによる骨吸収と骨形成のカップリング」

  • 大学院特別講義(鶴見大学 副学長・歯学部薬理学講座 教授 二藤彰),2018年11月

    「硬組織の分化発生におけるエピジェネティック制御」 

  • 大学院特別講義 (Harvard School of Dental Medicine, Dept. of Oral Medicine, Infection and Immunity, Baron Lab Postdoctoral Research Fellow 永野健一),2017年11月

    “The Wnt agonist R-spondin 3: an unexpected negative regulator of bone formation.”

  • 大学院特別講義(岩手医科大学生化学講座細胞情報科学分野 教授 石崎明),2017年08月

    「間葉系幹細胞の機能を制御する細胞内シグナル伝達機構の解明~間葉系幹細胞を用いた効率の良い再生医療の実現を目指して〜」 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 薬理学概説(薬理Ⅰ)

  • 神経系と薬物、麻酔薬など(薬理Ⅱ)

  • 感染の予防および治療薬など(Ⅲ)

  • 薬物と生体反応の実際(薬理Ⅳ)

  • 薬理学(口腔保健学科)

  • 歯科薬理・薬剤学(口腔保健学科)

  • 口腔保健衛生基礎科学(薬理学実習)

  • 人体の構造と機能Ⅰ

  • 人体の構造と機能Ⅱ

  • 大学院講義

  • 歯学概説(D1)

▼全件表示

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 優秀教員賞