基本情報

写真a

小野 卓史(オノ タカシ)

ONO Takashi


職名

教授

研究室住所

メールアドレス

t.ono.orts@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

咬合機能 歯科矯正学 不正咬合 神経生理学 機能的適応 生体材料 顎顔面口腔機能 中枢神経 可塑的変化 閉塞性睡眠時無呼吸 fMRI 口呼吸 鼻閉塞 上部気道 舌 味覚 唾液腺 間欠的低酸素

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年03月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1989年01月
    -
    1991年03月
    日本学術振興会特別研究員
  • 1991年10月
    -
    1994年03月
    University of British Columbia
  • 2000年11月
    -
    2001年01月
    University of Copenhagen 文部省在外研究員(短期)
  • PROFESSIONAL RESERCH EXPERIENCE
  • 2000-2001Overseas Research Scholarship (short-term) from Japanese Ministry of Education (University of Copenhagen)
  • 1991-1994Postdoctoral Fellow (University of British Columbia)
  • 1989-1991Research Fellowship for Young Scientists (Japan Society for the Promotion of Science)
  • ACADEMIC APPOINITMENTS
  • 2010-Professor and Chairman, Orthodontic Science, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University
  • 2003-2010Lecturer, Maxillofacial Orthognathics, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University
  • 1997-2003Assistant Professor, Maxillofacial Orthognathics, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University
  • 1991-1994Visiting Clinical Assistant Professor (University of British Columbia)
  • 2015年01月
    -
    現在
    World Federation of Orthodontists (WFO) Executive Committee
  • 2016年01月
    -
    現在
    九州歯科大学 非常勤講師
  • 2017年01月
    -
    現在
    西安交通大学 客座教授
  • 2017年01月
    -
    現在
    Yonsei University Adjunct Professor
  • 2018年01月
    -
    2020年12月
    山東大学 客座教授
  • 2019年01月
    -
    現在
    吉林大学 客座教授
  • 2020年01月
    -
    現在
    東海国立大学機構 招聘教員
  • 2022年01月
    -
    現在
    Angle Society North Atlantic Component Affiliate Member

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年01月
    -
    現在
    Frontiers in Sleep and Chronobiology Review Editor
  • 2010年01月
    -
    現在
    日本矯正歯科学会 編集委員
  • 2010年01月
    -
    現在
    Orthodontic Waves Associate Editor
  • 2012年01月
    -
    現在
    Frontiers in Physiology Associate Editor
  • 2013年01月
    -
    現在
    Advances in Medicine Associate Editor
  • 2013年01月
    -
    現在
    International Journal of Speech & Language Pathology and Audiology Editorial Board
  • 2015年01月
    -
    現在
    International Journal of Neurology and Neurotherapy Editorial Board
  • 2017年01月
    -
    2021年12月
    Frontiers in Neurology Review Editor
  • 2017年01月
    -
    現在
    Progress in Orthodontics Advisory Board
  • 2017年01月
    -
    現在
    Frontiers in Psychiatry Review Editor
  • 2019年01月
    -
    現在
    Journal of the World Federation of Orthodontists Editorial Board
  • 2020年01月
    -
    現在
    International Journal of Orofacial Myology and Myofunctional Therapy Editorial Board
  • 2021年01月
    -
    現在
    AJO-DO Clinical Companion Associate Editor
  • 2022年01月
    -
    現在
    Journal of Clinical Medicine Editorial Board

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 成長、発育系歯学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Orthodontic sudies on occlusal function, Pathophysiological sudies on malocclusion, Biological studies on functional adaptation, Basic/clinical studies on biomaterials , Neurophysiological studies on plastic changes of central/peripheral nervous system

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 妊娠期の間欠的低酸素がもたらすエピゲノム変化の分子機構解明と医療応用の基盤構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • 「光」で骨を造る:革新的な骨再生療法の創出

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • 超高速度MRI動画を利用した構音障害診断法の開発と臨床応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 横断調査による軽度認知障害患者を対象とした認知症と口腔機能低下の関連因子の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • セロトニン受容体障害を介した小児睡眠時無呼吸症候群における上気道閉塞機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 歯の移動に伴う歯根吸収重篤化に関わる好塩基球性免疫機構の解明と修復活性化の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • ASEAN地域における顎口腔機能に関する国際調査:形態との関連性の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 外科的矯正治療における上気道閉塞部位診断評価システムと治療予測モデルの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 中枢性骨形成シグナルによる小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群の顎顔面成長障害機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 歯の移動に伴う歯根吸収重篤化に関わる好塩基球性免疫機構の解明と修復活性化の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 呼吸様式の変化が海馬BDNF/TrkBシグナル制御に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 成長期鼻呼吸障害に伴う舌運動制御メカニズムの変調に関する末梢中枢連関の包括的解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 呼吸様式の変化に伴う味覚情報処理機構の破綻と回復に関するメカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 空間認知記憶能力と海馬神経細胞の再生を指標とする矯正治療最適時期の決定

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 空間認知記憶能力と海馬神経細胞の再生を指標とする矯正治療最適時期の決定

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 新しい外科的矯正治療スキームの検討:上顎移動術に起因する呼吸・睡眠機能の変調

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 呼吸障害に伴う口腔領域体性感覚系神経回路の再編成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 妊娠期の間欠的低酸素がもたらすエピゲノム変化の分子機構解明と医療応用の基盤構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • 睡眠時無呼吸症候群ラットモデルにおける高脂肪食付加の心・血管機能への影響

    文部科学省/日本学術振興会

  • 成長期の鼻呼吸障害における筋機能の変調が顎顔面発育に影響を与えるか

    文部科学省/日本学術振興会

  • 骨髄ニッチにおけるPqbp1の意義とPQBP1異常小頭症の医科歯科連携遺伝子治療

    文部科学省/日本学術振興会

  • 咀嚼機能低下に起因する認知症発症の分子機構解明に関する先駆的研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 歯の萌出に伴う生理的機能獲得の解明ー歯根膜咀嚼筋反射応答機構の成熟過程の評価ー

    文部科学省/日本学術振興会

  • 咀嚼機能低下がマイオカインを介し顎顔面領域と全身に与える病態メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 妊娠期閉塞性睡眠時無呼吸症:世代を超えた成長発育の破綻・変容と包摂医療への展開

    文部科学省/日本学術振興会

  • 妊娠期の間欠的低酸素がもたらすエピゲノム変化の分子機構解明と医療応用の基盤構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • 超高速度MRI動画・流体シミュレーションによる新しい構音障害診断法・訓練法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 海馬における記憶・学習機能の評価による、成長期咀嚼刺激回復の生物学的意義の検証

    文部科学省/日本学術振興会

  • 妊娠期閉塞性睡眠時無呼吸症:世代を超えた成長発育の破綻・変容と包摂医療への展開

    文部科学省/日本学術振興会

  • 筋・中枢機能連関の解析による顎顔面の新規運動機能獲得法の基盤開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 矯正歯科治療は低機能歯を賦活できるか:反射応答機構変化に着目した生理学的解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Koji Honda, Toshinori Iwai, Satomi Sugiyama, Kenji Mitsudo. Transantral apicoectomy for radicular cyst of maxillary molar following downfracture in Le Fort I osteotomy. J Dent Sci. 2024.01; 19 (1): 684-685. ( PubMed, DOI )

  2. Haruki Imai, Yosuke Yamashita, Hikaru Takasu, Koichi Fujita, Takashi Ono, Makoto Hirota, Kenji Mitsudo. Accuracy and influencing factors of maxillary and mandibular repositioning using pre-bent locking plates: a prospective study. Br J Oral Maxillofac Surg. 2023.12; 61 (10): 659-665. ( PubMed, DOI )

  3. Eri Misawa-Omori, Hidemasa Okihara, Takuya Ogawa, Yasunori Abe, Chiho Kato, Hideyuki Ishidori, Akiyo Fujita, Satoshi Kokai, Takashi Ono. Reduced mastication during growth inhibits cognitive function by affecting trigeminal ganglia and modulating Wnt signaling pathway and ARHGAP33 molecular transmission. Neuropeptides. 2023.12; 102 102370. ( PubMed, DOI )

  4. Hao Guan, Ikuo Yonemitsu, Yuhei Ikeda, Takashi Ono. Reversible Effects of Functional Mandibular Lateral Shift on Masticatory Muscles in Growing Rats. Biomedicines. 2023.07; 11 (8): 2126. ( PubMed, DOI )

  5. Cangyou Xie, Fatma Rashed, Yosuke Sasaki, Masud Khan, Jia Qi, Yuri Kubo, Yoshiro Matsumoto, Shinichi Sawada, Yoshihiro Sasaki, Takashi Ono, Tohru Ikeda, Kazunari Akiyoshi, Kazuhiro Aoki. Comparison of Osteoconductive Ability of Two Types of Cholesterol-Bearing Pullulan (CHP) Nanogel-Hydrogels Impregnated with BMP-2 and RANKL-Binding Peptide: Bone Histomorphometric Study in a Murine Calvarial Defect Model. Int J Mol Sci. 2023.06; 24 (11): 9751. ( PubMed, DOI )

  6. Takashi Ono. Pediatric obstructive sleep apnea: Insights and current research Seminars in Orthodontics. 2023.06; 29 (2): 204-206. ( DOI )

  7. Ruixin Li, Chiho Kato, Akiyo Fujita, Yasunori Abe, Takuya Ogawa, Hideyuki Ishidori, Eri Misawa, Hidemasa Okihara, Satoshi Kokai, Takashi Ono. Effect of Obesity on Masticatory Muscle Activity and Rhythmic Jaw Movements Evoked by Electrical Stimulation of Different Cortical Masticatory Areas. J Clin Med. 2023.06; 12 (11): 3856. ( PubMed, DOI )

  8. Sasin Sritara, Yoshiro Matsumoto, Yixin Lou, Jia Qi, Jun Aida, Takashi Ono. Association between the Temporomandibular Joint Morphology and Chewing Pattern. Diagnostics (Basel). 2023.06; 13 (13): 2177. ( PubMed, DOI )

  9. Naoaki Mikami ,Ikuo Yonemitsu,Hiroshi Takemura,Mark Kondou,Kouhei Soga,Kazuhiro Suga,Zuisei Kanno, WeiJen Lai, Motohiro Uo,Takashi Ono. Mechanical analysis of the improved superelastic Ni-Ti alloy wire using the orthodontic simulator with high-precision sensors J Mech Behav Biomed Mater. 2023.06; 142 105861. ( PubMed, DOI )

  10. Takumi Suzuki, Jun Hosomichi, Naoyuki Miyasaka, Yasunari Miyazaki, Atsuko Taki, Takashi Zaitsu, Chikako Morioka, Noriko Sato, Manaka Moro, Takashi Ono. Characteristics of obstructive sleep apnea among pregnant Japanese woman and their birth outcomes SLEEP. 2023.05; 46 A229.

  11. Wenqian Sun, Hidemasa Okihara, Takuya Ogawa, Hideyuki Ishidori, Eri Misawa, Chiho Kato, Takashi Ono. Pre-Adolescent Diet Normalization Restores Cognitive Function in Young Mice. J Clin Med. 2023.05; 12 (11): 3642. ( PubMed, DOI )

  12. Karin Harumi Uchima Koecklin, Chiho Kato, Yasunori Abe, Tadachika Yabushita, Satoshi Kokai, Takashi Ono. Histological and contractile changes in the genioglossus muscle after nasal obstruction in growing rats. Sci Rep. 2023.04; 13 (1): 6245. ( PubMed, DOI )

  13. Takashi Ono, Valmy Pangrazio-Kulbersh, Letizia Perillo, Flavia Artese, Ewa Czochrowska, M Ali Darendeliler, Steven Dugoni, William E Fayad Bajaire, Eric Liou, Jae Hyun Park, David Rice, Abbas Zaher, Athanasios E Athanasiou, Lee W Graber, Nikhilesh R Vaid. World Federation of Orthodontists guidelines for postgraduate orthodontic education. J World Fed Orthod. 2023.04; 12 (2): 41-49. ( PubMed, DOI )

  14. Saranya Serirukchutarungsee, Ippei Watari, Masataka Narukawa, Katarzyna Anna Podyma-Inoue, Pornchanok Sangsuriyothai, Takashi Ono. Two-generation exposure to a high-fat diet induces the change of salty taste preference in rats. Sci Rep. 2023.04; 13 (1): 5742. ( PubMed, DOI )

  15. Seiko Ishihara, Risa Usumi-Fujita, Yuki Kasahara, Shuji Oishi, Kana Shibata, Yasuhiro Shimizu, Yuji Ishida, Sawa Kaneko, Makoto Sugiura-Nakazato, Makoto J Tabata, Jun Hosomichi, Yoshiaki Taniyama, Takashi Ono. Periostin splice variants affect craniofacial growth by influencing chondrocyte hypertrophy. J Bone Miner Metab. 2023.03; 41 (2): 171-181. ( PubMed, DOI )

  16. Ikuo Yonemitsu, Shusaku Ozaki, Takashi Ono. The Improved Superelastic Ni-Ti Alloy Wire in Orthodontic Treatment: Characteristics and Clinical Application SEMINARS IN ORTHODONTICS. 2023.03; 29 (1): 43-50. ( DOI )

  17. Saranya Serirukchutarungsee, Ippei Watari, Pornchanok Sangsuriyothai, Masato Akakura, Takashi Ono. The Effect of Two-Generation Exposure to a High-Fat Diet on Craniofacial Morphology in Rats. J Clin Med. 2023.02; 12 (5): 1903. ( PubMed, DOI )

  18. Albert Chun-Shuo Huang, Yuji Ishida, Kai Li, Duantawan Rintanalert, Kasumi Hatano-Sato, Shuji Oishi, Jun Hosomichi, Risa Usumi-Fujita, Hiroyuki Yamaguchi, Hiroyuki Tsujimoto, Aiko Sasai, Ayaka Ochi, Hajime Watanabe, Takashi Ono. NF-κB Decoy ODN-Loaded Poly(Lactic-co-glycolic Acid) Nanospheres Inhibit Alveolar Ridge Resorption. Int J Mol Sci. 2023.02; 24 (4): 3699. ( PubMed, DOI )

  19. Wirongrong Wongkitikamjorn, Eiji Wada, Jun Hosomichi, Hideyuki Maeda, Sirichom Satrawaha, Haixin Hong, Ken-Ichi Yoshida, Takashi Ono, Yukiko K Hayashi. Metabolic dysregulation and decreased capillarization in skeletal muscles of male adolescent offspring rats exposed to gestational intermittent hypoxia. Front Physiol. 2023; 14 1067683. ( PubMed, DOI )

  20. Mirei Keitoku, Ikuo Yonemitsu, Yuhei Ikeda, Huan Tang, Takashi Ono. Differential Recovery Patterns of the Maxilla and Mandible after Eliminating Nasal Obstruction in Growing Rats J Clin Med. 2022.12; 11 (24): 7359. ( PubMed, DOI )

  21. Lu Zhao, Yoshiro Matsumoto, Sachiko Iseki, Takashi Ono. Effects of short-term orthodontic force application on the root at different developmental stages in rat maxillary molars Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2022.12; 163 (4): 531-539.e2. ( PubMed, DOI )

  22. Ohmori Hiroko, Kirimoto Hiroaki, Kamaratih Anindya, Aida Jun, Ono Takashi. Associations among temporomandibular disorder, headache, shoulder pain, craniofacial morphology, and premature contacts in female children and adolescents with malocclusion Clinical and Investigative Orthodontics. 2022.12; 81 (4): 202-208. ( 医中誌 )

  23. Narubhorn Ongprakobkul, Yuji Ishida, Sirima Petdachai, Aiko Ishizaki, Chiyo Shimizu, Paiboon Techalertpaisarn, Takashi Ono. Morphometric and volumetric analysis of the proximity between the incisive canal and maxillary central incisors during anterior retraction: a retrospective cone-beam computed tomography study Angle Orthod. 2022.11; 93 (2): 159-167. ( PubMed, DOI )

  24. Tanaka-Takemura Yuka, Arisaka Yoshinori, Hakariya Masahiro, Masuda Hiroki, Mikami Ryo, Sekiya-Aoyama Ruriko, Iwata Takanori, Yoda Tetsuya, Ono Takashi, Yui Nobuhiko. Independent Roles of Molecular Mobility and Zeta Potential on Supramolecular Surfaces in the Sequence of RAW264.7 Macrophage Responses MACROMOLECULAR BIOSCIENCE. 2022.11; 22 (11): e2200282. ( PubMed, DOI )

  25. Shuko Arai, Chiho Kato, Ippei Watari, Takashi Ono. Does Orthodontic Treatment Change the Preferred Chewing Side of Patients with Malocclusion? J Clin Med. 2022.10; 11 (21): 6343. ( PubMed, DOI )

  26. Hiroko Ohmori,Hiroaki Kirimoto,Anindya Kamaratih,Jun Aida ,Takashi Ono. Associations among temporomandibular disorder, headache, shoulder pain, craniofacial morphology, and premature contacts in female children and adolescents with malocclusion Clinical and Investigative Orthodontics. 2022.10; 81 (4): 202-208. ( DOI )

  27. Cho Edward, Kanno Zuisei, Yonemitsu Ikuo, Kiyokawa Hajime, Ohira Nobutaka, Ono Takashi, Uo Motohiro. Effect of rhodium plating on the ion dissolution from nickel-titanium and pure nickel wires Asian Pacific Journal of Dentistry. 2022.10; 22 (2): 21-28. ( 医中誌 )

  28. Shuji Oishi, Takashi Ono. A Case Treated with Maxillary Molar Distalization through the Maxillary Sinus: Three-Dimensional Assessment with a Cone-Beam Computed Tomography Superimposition. Appl Sci. 2022.09; 12 (19): 9494. ( DOI )

  29. Shahriar Mohd Shams, Ippei Watari, Eri Saito, Takashi Ono. Molar extraction alters gastric mucosa and ghrelin expression in rat stomach: A preliminary study APOS Trends in Orthodontics. 2022.08; 12 (2): 86-93. ( DOI )

  30. Akiyo Fujita, Chiho Kato, Yasunori Abe, Hideyuki Ishidori, Ruixin Li, Phyo Thura Aung, Takuya Ogawa, Hidemasa Okihara, Satoshi Kokai, Takashi Ono. Unilateral nasal obstruction affects development of cortical orofacial motor representation in the cortical masticatory area of growing rats. Neurosci Lett. 2022.07; 783 136700. ( PubMed, DOI )

  31. Masako Kawada, Yasuhiro Shimizu, Eisaku Kanazawa, Takashi Ono. Samurai in Japan: Class System-Related Morphological Differences in Maxillofacial Regions in the Edo Period. Int J Environ Res Public Health. 2022.07; 19 (15): ( PubMed, DOI )

  32. Chiho Kato, Ippei Watari, Jun Aida, Takashi Ono. Factors associated with the eruption of the impacted maxillary third molars after second molar extraction. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2022.07; 162 (5): 636-+. ( PubMed, DOI )

  33. Sunmin Kim, Ikuo Yonemitsu, Hiroshi Takemura, Kunio Shimoda, Kazuhiro Suga, Kohei Soga, Takashi Ono, Motohiro Uo. Influence of different ligation methods on force and moment generation in a simulated condition of the maxillary crowded anterior dentition with linguo-version and rotation. Biomed Mater Eng. 2022.05; 33 (6): 453-463. ( PubMed, DOI )

  34. Wirongrong Wongkitikamjorn, Jun Hosomichi, Eiji Wada, Hideyuki Maeda, Sirichom Satrawaha, Haixin Hong, Yukiko K Hayashi, Ken-Ichi Yoshida, Takashi Ono. Gestational Intermittent Hypoxia Induces Mitochondrial Impairment in the Geniohyoid Muscle of Offspring Rats. Cureus. 2022.05; 14 (5): e25088. ( PubMed, DOI )

  35. Misaki Aoyagi, Marie Oshima, Masamichi Oishi, Soma Kita, Koichi Fujita, Haruki Imai, Shuji Oishi, Hiroko Ohmori, Takashi Ono. Computational fluid dynamic analysis of the nasal respiratory function before and after postero-superior repositioning of the maxilla. PLoS One. 2022.04; 17 (4): e0267677. ( PubMed, DOI )

  36. Kai Li, Yuji Ishida, Kasumi Hatano-Sato, Narubhorn Ongprakobkul, Jun Hosomichi, Risa Usumi-Fujita, Sawa Kaneko, Hiroyuki Yamaguchi, Takashi Ono. Nuclear factor-kappa B decoy oligodeoxynucleotide-loaded poly lactic-co-glycolic acid nanospheres promote periodontal tissue healing after tooth replantation in rats. J Periodontol. 2022.03; 93 (3): 458-470. ( PubMed, DOI )

  37. Ishidori Hideyuki, Okihara Hidemasa, Ogawa Takuya, Abe Yasunori, Kato Chiho, Aung Phyo Thura, Fujita Akiyo, Kokai Satoshi, Ono Takashi. Nasal obstruction during the growth period modulates the Wnt/beta-catenin pathway and brain-derived neurotrophic factor production in association with tyrosine kinase receptor B mRNA reduction in mouse hippocampus EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE. 2022.01; 55 (1): 5-17. ( PubMed, DOI )

  38. Asuka Manabe, Takayoshi Ishida, Eiichiro Kanda, Takashi Ono. Evaluation of maxillary and mandibular growth patterns with cephalometric analysis based on cervical vertebral maturation: A Japanese cross-sectional study. PLoS One. 2022; 17 (4): e0265272. ( PubMed, DOI )

  39. Abe Y, Ozaki S, Matsubara N, Kirimoto H, Ono T. Treatment of Class II malocclusion with the improved superelastic nickel-titanium alloy wire and long hooks for mandibular molar protraction American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics Clinical Companion. 2021.08; 1 (2): 136-153.

  40. Fukino Keiko, Tsutsumi Masahiro, Nimura Akimoto, Miwa Koh, Ono Takashi, Akita Keiichi. Reply to "Palatopharyngeus muscle in pharyngoplasty surgery for OSAS: cut or not to cut?" EUROPEAN ARCHIVES OF OTO-RHINO-LARYNGOLOGY. 2021.07; 278 (7): 2659-2660. ( PubMed, DOI )

  41. Koike S, Hamba H, Tagami J, Ono T. Effect of fluoride-releasing 4-META/MMA-TBB resin on enamel demineralization around orthodontic brackets: An in vitro µCT analysis. Dental Materials Journal. 2021.06; 40 (5): 1243-1249. ( PubMed, DOI )

  42. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Yoshida K, Ono T. Selective β2-adrenoceptor blockade rescues mandibular growth retardation in adolescent rats exposed to chronic intermittent hypoxia Front Physiol. 2021.06; 12 676270. ( PubMed, DOI )

  43. Kuma Y, Hosomichi J, Maeda H, Oishi S, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia induces turbinate mucosal hypertrophy via upregulating the gene expression related to inflammation and EMT in rats Sleep and Breathing. 2021.06; 25 (2): 677-684.

  44. Ozawa E, Honda E, Tomizato H, Kurabayashi T, Nunthayanon K, Ohmori H, Shimazaki K, Ono T. Preliminary study of articulatory characteristics in open bite subjects revealed by 3T magnetic resonance imaging movies APOS Trends in Orthodontics. 2021.04; 11 (1): 14-22.

  45. Sritara S, Tsutsuni M, Fukino K, Matsumoto Y, Ono T, Akita K. Evaluating the morphological features of the lateral pterygoid insertion into the medial surface of the condylar process Clinical and Experimental Dental Research. 2021.04; 7 (2): 219-225.

  46. Fukino K, Tsutsumi M, Nimura A, Miwa K, Ono T, Akita K. Anatomy of inferior end of palatopharyngeus: its contribution to upper esophageal sphincter opening European Archives of Oto-Rhino-Laryngology. 2021.03; 278 (3): 749-754. ( PubMed, DOI )

  47. Aung P T, Kato C, Fujita A, Abe Y, Ogawa T, Ishidori H, Okihara H, Kokai S, Ono T. Effects of low occlusal loading on the neuromuscular behavioral development of cortically-elicited jaw movements in growing rats Sci Rep. 2021.03; 11 (1): 7175. ( PubMed, DOI )

  48. Fujita K, Minamiyama S, Usumi-Fujita R, Omura S, Takasu H, Yamashita Y, Honda K, Imai H, Iwai T, Hirota M, Ono T, Mitsudo K. Temporomandibular joint stability after two types of maxillary impaction surgery in patients with skeletal class II open bite due to condylar deformations: a preliminary study Orthodontic Waves. 2021.03; 80 (1): 47-54. ( 医中誌 )

  49. Fujita K, Minamiyama S; Usumi-Fujita R; Omura S, Takasu H, Yamashita Y, Honda K Imai H, Iwai T, Hirota M Ono T, Mitsudo K. Examination of the temporomandibular joint stability after two types of maxillary impaction surgery in patients with skeletal Class II open bites due to condylar deformations: A preliminary study Orthodontic Waves. 2021.03; 80 47-54.

  50. Fukino K, Tsutsumi M, Nimura A, Miwa K, Ono T, Akita K. Anatomy of inferior end of palatopharyngeus: Its contribution to upper esophageal sphincter opening European Archives of Oto-Rhino-Laryngology. 2021.03; 278 (3): 749-754.

  51. Ongprakobkul N, Ishida Y, Hatano-Sato K, Li K, Petdachai S, Usumi-Fujita R ,Hosomichi J, Mahatumarat K, Ono T. Effects of local versus systemic administration of CXCR4 inhibitor AMD3100 on orthodontic tooth movement in rats American Journal of Orthodontics & Dentofacial Orthopedics. 2021.03;

  52. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Lekvijittada K, Oishi S, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia retards mandibular growth and alters RANKL expression in adolescent and juvenile rats European Journal of Orthodontics. 2021.02; 43 94-103.

  53. Keo P, Matsumoto Y, Shimizu Y, Nagahiro S, Ono T, Aoki K. A pilot study to investigate the histomorphometric changes of murine maxillary bone around the site of mini-screw insertion in the regenerated bone induced by anabolic reagents European Journal of Orthodontics. 2021.02; 43 86-93.

  54. Okihara H, Ono T. Authors' response. American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics. 2021.01; 159 (1): e3-e5. ( PubMed, DOI )

  55. Lekvijittada K, Hosomichi J, Maeda H, Hong H, Changsiripun C, Kuma Y, Oishi S, Suzuki J,Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia inhibits mandibular cartilage growth with reduced TGF-β and SOX9 expressions in neonatal rats Sci Rep. 2021.01; 11 (1): 1140. ( PubMed, DOI )

  56. Guo X, Watari I, Ikeda Y, Yang W, Ono T. Effect of functional lateral shift of the mandible on hyaluronic acid metabolism related to lubrication of temporomandibular joint in growing rats. European Journal of Orthodontics. 2020.12; 42 (6): 658-663. ( PubMed, DOI )

  57. Miki H, Okito A, Akiyama M, Ono T, Tachikawa N, Nakahama KI. Genetic and epigenetic regulation of osteopontin by cyclic adenosine 3' 5'-monophosphate in osteoblasts. Gene. 2020.12; 763 145059. ( PubMed, DOI )

  58. Sritara S, Tsutsumi M, Fukino K, Matsumoto Y, Ono T, Akita K. Evaluating the morphological features of the lateral pterygoid insertion into the medial surface of the condylar process. Clinical and Experimental Dental Research. 2020.11; 7 (2): 219-225. ( PubMed, DOI )

  59. Suga Takayuki, Tu Trang Thi Huyen, Takenoshita Miho, Higashihori Norihisa, Kabasawa Yuji, Ono Takashi, Moriyama Keiji, Toyofuku Akira. Psychosocial indication for orthognathic surgery in patients with psychiatric comorbidities(和訳中) Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2020.11; 74 (11-12): 621-623. ( 医中誌 )

  60. Naito S, Kato C, Yabushita T, Ono T. Functional changes in the temporomandibular joint mechanoreceptors associated with experimentally induced condylar resorption in rats. Angle Orthodontist. 2020.11; 90 (6): 831-836. ( PubMed, DOI )

  61. Miwa K, Tsutsumi M, Fukino K, Eguchi K, Okada R, Akita K. An anatomical atudy of the anterior wall of the hypopharyngeal and the cervical esophageal junction. Auris Nasus Larynx. 2020.10; 47 (5): 849-855.

  62. Yang W, Podyma-Inoue KA, Yonemitsu I, Watari I, Ikeda Y, Guo X, Watabe T, Ono T. Mechanoresponsive and lubricating changes of mandibular condylar cartilage associated with mandibular lateral shift and recovery in the growing rat. Clinical Oral Investigations. 2020.10; 24 (10): 3547-3557. ( PubMed, DOI )

  63. Ono T. Should the "envelope of discrepancy" be revised in the era of three-dimensional imaging? Journal of the World Federation of Orthodontists. 2020.10; 9 (3S): S59-S66. ( PubMed, DOI )

  64. Shima Y, Takemoto K, Koyama A, Uo M, Ono T. Comparative evaluation of square and rectangular slot three-point play behavior. Dental Materials Journal. 2020.10; 39 (5): 735-741. ( 医中誌 )

  65. Suga T, Tu T, Thi H, Takenoshita M, Higashihori N, Kabasawa Y, Ono T, Moriyama K, Toyofuku A. Psychosocial Indication for Orthognathic Surgery in Patients with Psychiatric Comorbidities. Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2020.08; 74 (11): 621-623. ( PubMed, DOI )

  66. Kuma YI, Hosomichi J, Maeda H, Oishi S, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T. Intermittent hypoxia induces turbinate mucosal hypertrophy via upregulating the gene expression related to inflammation and EMT in rats. Sleep and Breathing. 2020.08; 25 (2): 677-684. ( PubMed, DOI )

  67. Okuzawa-Iwasaki M, Ishida Y, Ikeda Y, Imamura T, Oishi S, Kita S, Matsumura T, Sakaguchi-Kuma T, Ono T. Alveolar bone morphology in patients with a unilateral palatally displaced maxillary lateral incisor: A cone-beam computed tomography study. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2020.07; 158 (1): 28-34. ( PubMed, DOI )

  68. Okihara H, Ono T. Correction of bilateral heavily impacted second molar with improved super-elastic nickel-titanium alloy wires. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2020.07; 158 (1): 114-125. ( PubMed, DOI )

  69. Imai H, Fujita K, Yamashita Y, Yajima Y, Takasu H, Takeda A, Honda K, Iwai T., Mitsudo K., Ono T, Omura S. Accuracy of mandible-independent maxillary repositioning using pre-bent locking plates: a pilot study International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery. 2020.07; 49 (7): 901-907. ( PubMed, DOI )

  70. Oishi S, Ishida Y, Matsumura T, Kita S, Sakaguchi-Kuma T, Imamura T, Ikeda Y, Kawabe A, Okuzawa M, Ono T. A cone-beam computed tomographic assessment of the proximity of the maxillary canine and posterior teeth to the maxillary sinus floor: Lessons from 4778 roots. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2020.06; 157 (6): 792-802. ( PubMed, DOI )

  71. Saito E, Watari I, Mizumachi-Kubono M, Hsu-Hayashi S, Ono T. Occlusional modifications reversibly alter aquaporin 5 expression and localization in rat salivary glands. Frontiers in Physiology. 2020.06; 11 528.

  72. Imamura T, Uesugi S, Ono T. Unilateral maxillary central incisor root resorption after orthodontic treatment for Angle Class II, division 1 malocclusion with significant maxillary midline deviation: A possible correlation with root proximity to the incisive canal. Korean Journal of Orthodontics. 2020.05; 50 (3): 216-226. ( PubMed, DOI )

  73. Keo P, Matsumoto Y, Shimizu Y, Nagahiro S, Ikeda M, Aoki K, Ono T. A pilot study to investigate the histomorphometric changes of murine maxillary bone around the site of mini-screw insertion in regenerated bone induced by anabolic reagents. European Journal of Orthodontics. 2020.03; 43 (1): 86-93. ( PubMed, DOI )

  74. Yang SS, Ishida T, Fujita K, Nakai Y, Ono T, Okazawa H. PQBP1, an intellectual disability causative gene, affects bone development and growth. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2020.03; 523 (4): 894-899. ( PubMed, DOI )

  75. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Lekvijittada K, Oishi S, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Kaneko S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T. Intermittent hypoxia retards mandibular growth and alters RANKL expression in adolescent and juvenile rats. European Journal of Orthodontics. 2020.03; 43 (1): 94-103. ( PubMed, DOI )

  76. Koyama A, Ono T, Uo M, Kiyokawa H, Ohira N, Shima Y, Kanno Z. Improvement of binding friction between stainless steel orthodontic wire and bracket by performing Rh-PTFE composite plating on the wire. Orthodontic Waves. 2020.03; 79 (1): 39-47. ( 医中誌 )

  77. Sakaguchi-Kuma T, Ishida Y, Oishi S, Kurabayashi T, Ono T. Cone-beam computed tomography-based quantitative analysis of the thickness of mandibular alveolar bone in adult females with different vertical facial patterns. APOS Trends in Orthodontics. 2020.03; 10 25-31.

  78. Kato C, Kokai S, Ono T. Orthodontic movement of a contralateral maxillary central incisor across the midpalatal suture. APOS Trends in Orthodontics. 2020.03; 10 (1): 50-59.

  79. Satokawa C, Nishiyama A, Suzuki K, Uesugi S, Kokai S, Ono T. Evaluation of tissue oxygen saturation of the masseter muscle during standardised teeth clenching. Journal of Oral Rehabilitation. 2020.01; 47 (1): 19-26. ( PubMed, DOI )

  80. Aung PT, Kato C, Abe Y, Ogawa T, Ishidori H, Fujita A, Okihara H, Kokai S, Ono T. Functional analysis of rhythmic jaw movements evoked by electrical stimulation of the cortical masticatory area during low occlusal loading in growing rats. Frontiers in Physiology. 2020.01; 11 34. ( PubMed, DOI )

  81. Kita S, Fujita K, Imai H, Aoyagi M, Shimazaki K, Yonemitsu I, Omura S, Ono T. Postoperative stability of conventional bimaxillary surgery compared with maxillary impaction surgery with mandibular autorotation for patients with skeletal class II retrognathia. British Journal of Oral and Maxillofacial Surgery. 2020.01; 58 (1): 57-61. ( PubMed, DOI )

  82. Ishida Takayoshi, Manabe Asuka, Yang Shin-Sheng, Watakabe Kenzo, Abe Yasunori, Ono Takashi. An orthodontic-orthognathic patient with obstructive sleep apnea treated with Le Fort I osteotomy advancement and alar cinch suture combined with a muco-musculo-periosteal V-Y closure to minimize nose deformity ANGLE ORTHODONTIST. 2019.11; 89 (6): 946-952. ( PubMed, DOI )

  83. Yang Shin-Sheng, Ishida Takayoshi, Nakai Yuta, Fujita Kyota, Tagawa Kazuhiko, Ono Takashi, Okazawa Hitoshi. 知的障害に関連するスプライシング因子PQBP1は骨格形成および骨構造に影響する(PQBP1, a splicing factor related to intellectual disability, affects skeletal development and bone structure) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 284. ( 医中誌 )

  84. Preksa Keo, 松本 芳郎, 長弘 茂樹, 青木 和広, 小野 卓史. RANKL結合ペプチドとBMP-2との注射により誘導されたマウス上顎骨の経時的変化とスクリュー植立の影響(Time-course study of bones induced by the co-injection of RANKL-binding peptide and BMP-2 and the effects of subsequent screw placement in murine maxilla) Journal of Oral Biosciences Supplement. 2019.10; 2019 270. ( 医中誌 )

  85. Kawabata Iku, Imai Haruki, Kanno Zuisei, Tetsumura Akemi, Tsutsumi Yusuke, Doi Hisashi, Ashida Maki, Kurabayashi Tohru, Hanawa Takao, Yamamoto Toru, Ono Takashi. Three-dimensional quantification of magnetic resonance imaging artifacts associated with shape factors DENTAL MATERIALS JOURNAL. 2019.08; 38 (4): 638-645. ( PubMed, DOI )

  86. Kawabata Iku, Imai Haruki, Kanno Zuisei, Tetsumura Akemi, Tsutsumi Yusuke, Doi Hisashi, Ashida Maki, Kurabayashi Tohru, Hanawa Takao, Yamamoto Toru, Ono Takashi. 核磁気共鳴画像法での形状因子に関連したアーチファクトの三次元定量化(Three-dimensional quantification of magnetic resonance imaging artifacts associated with shape factors) Dental Materials Journal. 2019.08; 38 (4): 638-645. ( 医中誌 )

  87. Fukino Keiko, Tsutsumi Masahiro, Sanudo Jose, Ono Takashi, Akita Keiichi. Anatomical Significance of the Spatial Distribution of the Palatopharyngeus With Regard to Velopharyngeal Closure CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL. 2019.07; 56 (6): 744-750. ( PubMed, DOI )

  88. Sritara Sasin, Tsutsumi Masahiro, Fukino Keiko, Ono Takashi, Akita Keiichi. 下顎骨関節突起内側面へ向かう外側翼突筋の形態学的解析(Morphological analysis of the lateral pterygoid muscle inserting into the medial surface of the condylar process) 日本顎関節学会雑誌. 2019.07; 31 (Suppl.): 182. ( 医中誌 )

  89. Zhao Lu, Matsumoto Yoshiro, Ono Takashi, Iseki Sachiko. Effects of mechanical force application on the developing root apex in rat maxillary molars ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 2019.05; 101 64-76. ( PubMed, DOI )

  90. Yoshida Midori, Honda Eiichi, Ozawa Erika, Inoue-Arai Sayuri Maristela, Ohmori Hiroko, Moriyama Keiji, Ono Takashi, Kurabayashi Tohru, Yoshihara Hozumi, Parakonthun Kulthida Nunthayanon. 構音運動に対するMRI動画撮像法の原理(Principles of the magnetic resonance imaging movie method for articulatory movement) Oral Radiology. 2019.05; 35 (2): 91-100. ( 医中誌 )

  91. Akita Keiichi, Sakaguchi-Kuma Tomomi, Fukino Keiko, Ono Takashi. Masticatory Muscles and Branches of Mandibular Nerve: Positional Relationships Between Various Muscle Bundles and Their Innervating Branches ANATOMICAL RECORD-ADVANCES IN INTEGRATIVE ANATOMY AND EVOLUTIONARY BIOLOGY. 2019.04; 302 (4): 609-619. ( PubMed, DOI )

  92. Uchikawa Yuta, Hosomichi Jun, Suzuki Jun-ichi, Yamaguchi Hiroyuki, Ishida Yuji, Hatano Kasumi, Usumi-Fujita Risa, Shimizu Yasuhiro, Kaneko Sawa, Uesugi Shunsuke, Ono Takashi. Differential growth of craniofacial and tibial bones to sympathetic hyperactivity-related hypertension in rats ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 2019.03; 99 73-81. ( PubMed, DOI )

  93. Inoue Masamu, Ono Takehito, Kameo Yoshitaka, Sasaki Fumiyuki, Ono Takashi, Adachi Taiji, Nakashima Tomoki. Forceful mastication activates osteocytes and builds a stout jawbone SCIENTIFIC REPORTS. 2019.03; 9 (1): 4404. ( PubMed, DOI )

  94. Velusamy Pavethynath, Shimada Yasushi, Kanno Zuisei, Ono Takashi, Tagami Junji. Optical evaluation of enamel white spot lesions around orthodontic brackets using swept-source optical coherence tomography (SS-OCT): An in vitro study DENTAL MATERIALS JOURNAL. 2019.02; 38 (1): 22-27. ( PubMed, DOI )

  95. Velusamy Pavethynath, Shimada Yasushi, Kanno Zuisei, Ono Takashi, Tagami Junji. 歯科矯正用ブラケット周囲にみられるエナメル質白斑病変の波長掃引型光干渉断層法(SS-OCT)を用いた光学的評価 in vitro研究(Optical evaluation of enamel white spot lesions around orthodontic brackets using swept-source optical coherence tomography(SS-OCT): An in vitro study) Dental Materials Journal. 2019.02; 38 (1): 22-27. ( 医中誌 )

  96. Tang Huan, Yonemitsu Ikuo, Ikeda Yuhei, Watakabe Kenzo, Shibata Shunichi, Hosomichi Jun, Ono Takashi. Effects of unilateral nasal obstruction on the characteristics of jaw-closing muscles in growing rats ANGLE ORTHODONTIST. 2019.01; 89 (1): 102-110. ( PubMed, DOI )

  97. Nakai Yuta, Okamoto Kazuo, Terashima Asuka, Ehata Shogo, Nishida Jun, Imamura Takeshi, Ono Takashi, Takayanagi Hiroshi. Efficacy of an orally active small-molecule inhibitor of RANKL in bone metastasis BONE RESEARCH. 2019.01; 7 1. ( PubMed, DOI )

  98. Kokai Satoshi, Fukuyama Eiji, Omura Susumu, Kimizuka Sachiko, Yonemitsu Ikuo, Fujita Koichi, Ono Takashi. Long-term stability after multidisciplinary treatment involving maxillary distraction osteogenesis, and sagittal split ramus osteotomy for unilateral cleft lip and palate with severe occlusal collapse and gingival recession: A case report KOREAN JOURNAL OF ORTHODONTICS. 2019.01; 49 (1): 59-69. ( PubMed, DOI )

  99. Beauboeuf R, Watari I, Saito E, Jui-Chin H, Kubono-Mizumachi M, Ono T. Alterations in the gustatory papillae after anterior bite plate insertion in growing rats. Journal of orthodontic science. 2019; 8 4. ( PubMed, DOI )

  100. Uesugi S, Imamura T, Yonemitsu I, Ono T. Surgical-Orthodontic Treatment of Adults with Mandibular Retrognathism and Obstructive Sleep Apnea. Journal of clinical orthodontics : JCO. 2019; 53 (9): 521-534. ( PubMed )

  101. Ren Ershu, Watari Ippei, Jui-Chin Hsu, Mizumachi-Kubono Mariko, Podyma-Inoue Katarzyna Anna, Narukawa Masataka, Misaka Takumi, Watabe Tetsuro, Ono Takashi. Unilateral nasal obstruction alters sweet taste preference and sweet taste receptors in rat circumvallate papillae ACTA HISTOCHEMICA. 2019; 121 (2): 135-142. ( PubMed, DOI )

  102. Kato Chiho, Ono Takashi. Anterior open bite due to temporomandibular joint osteoarthrosis with muscle dysfunction treated with temporary anchorage devices AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2018.12; 154 (6): 848-859. ( PubMed, DOI )

  103. Hosomichi Jun, Shibutani Naoki, Yamaguchi Hiroyuki, Hatano Kasumi, Kuma Yoichiro, Suzuki Takumi, Kaneko Sawa, Ono Takashi. 歯の移動時にrunt関連転写因子2を発現するロイシンリッチリピート含有G蛋白質共役型受容体5およびKi67陽性歯周細胞の局在(Localization of leucine-rich repeat-containing G-protein-coupled receptor 5- and Ki67-positive periodontal cells expressing runt-related transcription factor 2 during tooth movement) Orthodontic Waves. 2018.12; 77 (4): 197-208. ( 医中誌 )

  104. Ishida Takayoshi, Manabe Asuka, Yang Shin-Sheng, Yoon Hyung Sik, Kanda Eiichiro, Ono Takashi. Patterns of adenoid and tonsil growth in Japanese children and adolescents: A longitudinal study SCIENTIFIC REPORTS. 2018.11; 8 (1): 17088. ( PubMed, DOI )

  105. Sato Moe, Asano Toshifumi, Hosomichi Jun, Ono Takashi, Nakata Takao. Optogenetic manipulation of intracellular calcium by BACCS promotes differentiation of MC3T3-E1 cells BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2018.11; 506 (3): 716-722. ( PubMed, DOI )

  106. Hong Haixin, Hosomichi Jun, Maeda Hideyuki, Lekvijittada Kochakorn, Oishi Shuji, Kuma Yoichiro, Yamaguchi Hiroyuki, Ishida Yuji, Usumi Risa, Shimizu Yasuhiro, Kaneko Sawa, Suzuki Jun-ichi, Yoshida Ken-ichi, Ono Takashi. B2アドレナリン受容体作動薬butoxamineはラットにおいて間欠的低酸素負荷により引き起こされる下顎の成長遅延を救済する(B2-adrenergic antagonist butoxamine rescues the mandibular growth retardation caused by intermittent hypoxia in adolescent rats) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 365. ( 医中誌 )

  107. Yang Wu, Yonemitsu Ikuo, Inoue Katarzyna A., Guo Xiyuan, Ikeda Yuhei, Watari Ippei, Watabe Tetsuro, Ono Takashi. ラット下顎の側方機能シフト 軟骨におけるproteoglycan-4とIHHおよびTGF-β1との相互作用(Lateral-functional-shift of rat mandible: The interaction of proteoglycan-4 with IHH and TGF-β1 in condyle) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 375. ( 医中誌 )

  108. Aung Phyo Thura, Kato Chiho, Abe Yasunori, Ogawa Takuya, Makiguchi Mio, Okihara Hidemasa, Kokai Satoshi, Ono Takashi. 成長期のラットにおいて皮質骨に誘発されるリズム性のある下顎の動きに対して咬合負荷減少が及ぼす影響(Effect of decreased occlusal loading on cortically-induced rhythmic jaw-movements in growing rats) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 365. ( 医中誌 )

  109. Matsumoto Yoshiro, Sringkarnboriboon Siripen, Ono Takashi. Effects of continuous force application for extrusive tipping movement on periapical root resorption in the rat mandibular first molar KOREAN JOURNAL OF ORTHODONTICS. 2018.09; 48 (5): 339-345. ( PubMed, DOI )

  110. Watakabe Kenzo, Yonemitsu Ikuo, Ikeda Yuhei, Huan Tang, Ono Takashi. 片側性鼻閉塞は成長期ラットにおいて下顎関節頭の形態変化を誘発させる(Unilateral nasal obstruction induces morphological changes of the mandibular condyle in growing rats) Orthodontic Waves. 2018.09; 77 (3): 157-168. ( 医中誌 )

  111. Hosomichi J, Shibutani N, Yamaguchi H, Hatano K, Kuma Y, Suzuki T, Kaneko S, Ono T. Localization of leucine-rich repeat-containing G-protein-coupled receptor 5- and Ki67-positive periodontal cells expressing runt-related transcription factor 2 during tooth movement Orthodontic Waves. 2018.08; ( DOI )

  112. Usumi-Fujita Risa, Nakakuki Koichi, Fujita Koichi, Kosugi Machiko, Yonemitus Ikuo, Fukuyama Eiji, Ono Takashi. Collaborative treatment for a case of condylar hyperplastic facial asymmetry ANGLE ORTHODONTIST. 2018.07; 88 (4): 503-517. ( PubMed, DOI )

  113. Hiyama G, Mizushima S, Matsuzaki M, Tobari Y, Choi JH, Ono T, Tsudzuki M, Makino S, Tamiya G, Tsukahara N, Sugita S, Sasanami T. Female Japanese quail visually differentiate testosterone-dependent male attractiveness for mating preferences. Scientific reports. 2018.07; 8 (1): 10012. ( PubMed, DOI )

  114. Ogawa Takuya, Okihara Hidemasa, Kokai Satoshi, Abe Yasunori, Harumi Uchima Koecklin Karin, Makiguchi Mio, Kato Chiho, Yabushita Tadachika, Michikawa Makoto, Ono Takashi. Nasal obstruction during adolescence induces memory/learning impairments associated with BDNF/TrkB signaling pathway hypofunction and high corticosterone levels JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH. 2018.06; 96 (6): 1056-1065. ( PubMed, DOI )

  115. Uesugi Shunsuke, Imamura Toshihiro, Kokai Satoshi, Ono Takashi. Cone-beam computed tomography-based diagnosis and treatment simulation for a patient with a protrusive profile and a gummy smile KOREAN JOURNAL OF ORTHODONTICS. 2018.05; 48 (3): 189-199. ( PubMed, DOI )

  116. Honda Koji, Hirota Makoto, Iwai Toshinori, Fujita Koichi, Omura Susumu, Ono Takashi, Tohnai Iwai. Orthognathic Surgery and Implant-Supported Bridge in a Class III Patient Injured in a Motor Vehicle Accident JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY. 2018.05; 29 (3): E296-E298. ( PubMed, DOI )

  117. Yoshida Midori, Honda Eiichi, Ozawa Erika, Inoue-Arai Sayuri Maristela, Ohmori Hiroko, Moriyama Keiji, Ono Takashi, Kurabayashi Tohru, Yoshihara Hozumi, Parakonthun Kulthida Nunthayanon. Principles of the magnetic resonance imaging movie method for articulatory movement ORAL RADIOLOGY. 2018.05; 35 (2): 91-100. ( PubMed, DOI )

  118. Arita A. Kanaguchi, Yonemitsu I., Ikeda Y., Miyazaki M., Ono T.. Low-intensity pulsed ultrasound stimulation for mandibular condyle osteoarthritis lesions in rats ORAL DISEASES. 2018.05; 24 (4): 600-610. ( PubMed, DOI )

  119. Takada JI, Ono T, Miyamoto JJ, Yokota T, Moriyama K. Corrigendum: Association between intraoral pressure and molar position and inclination in subjects with facial asymmetry. European journal of orthodontics. 2018.04; 40 (2): 225. ( PubMed, DOI )

  120. Ono T, Iida M, Sakisaka T, Minami K, Miyata K. Effect of laser peripheral iridotomy using argon and neodymium-YAG lasers on corneal endothelial cell density: 7-year longitudinal evaluation. Japanese journal of ophthalmology. 2018.03; 62 (2): 216-220. ( PubMed, DOI )

  121. Suzuki Jumpei, Shimazaki Kazuo, Koike Sarina, Ono Takashi. Gastric emptying rate before and after orthodontic treatment examined with the [C-13] breath test: A pilot study AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2018.03; 153 (3): 347-354. ( PubMed, DOI )

  122. Hsu Jui-Chin, Watari Ippei, Funaki Yukiha, Kokai Satoshi, Ono Takashi. Unilateral nasal obstruction induces degeneration of fungiform and circumvallate papillae in rats JOURNAL OF THE FORMOSAN MEDICAL ASSOCIATION. 2018.03; 117 (3): 220-226. ( PubMed, DOI )

  123. Kimura-Ueda Kayo, Shimazaki Kazuo, Sugimoto Kumiko, Ono Takashi. 習慣的な口呼吸が味覚に及ぼす影響(Influence of habitual mouth breathing on taste sensation) Orthodontic Waves. 2018.03; 77 (1): 24-30. ( 医中誌 )

  124. Ozawa Erika, Honda Ei-ichi, Parakonthun Kulthida Nunthayanon, Ohmori Hiroko, Shimazaki Kazuo, Kurabayashi Tohru, Ono Takashi. Influence of orthodontic appliance-derived artifacts on 3-T MRI movies PROGRESS IN ORTHODONTICS. 2018.02; 19 (1): 7. ( PubMed, DOI )

  125. Hatano Kasumi, Ishida Yuji, Yamaguchi Hiroyuki, Hosomichi Jun, Suzuki Jun-ichi, Usumi-Fujita Risa, Shimizu Yasuhiro, Shibutani Naoki, Kaneko Sawa, Ono Takashi. The chemokine receptor type 4 antagonist, AMD3100, interrupts experimental tooth movement in rats ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 2018.02; 86 35-39. ( PubMed, DOI )

  126. Shimizu Y, Khan M, Kato G, Aoki K, Ono T. Occlusal disharmony-induced stress causes osteopenia of the lumbar vertebrae and long bones in mice. Scientific Reports. 2018.01; 8 (1): 173.

  127. Lai Wei-Jen, Midorikawa Yoshiyuki, Kanno Zuisei, Takemura Hiroshi, Suga Kazuhiro, Soga Kohei, Ono Takashi, Uo Motohiro. A new orthodontic force system for moment control utilizing the flexibility of common wires: Evaluation of the effect of contractile force and hook length JOURNAL OF THE FORMOSAN MEDICAL ASSOCIATION. 2018.01; 117 (1): 71-79. ( PubMed, DOI )

  128. Ikeda Yuhei, Kokai Satoshi, Ono Takashi. A patient with mandibular deviation and 3 mandibular incisors treated with asymmetrically bent improved superelastic nickel-titanium alloy wires AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2018.01; 153 (1): 131-143. ( PubMed, DOI )

  129. Shimizu Y, Khan M, Kato G, Aoki K, Ono T. Occlusal disharmony-induced stress causes osteopenia of the lumbar vertebrae and long bones in mice. Scientific reports. 2018.01; 8 (1): 173. ( PubMed, DOI )

  130. Uesugi Shunsuke, Kokai Satoshi, Kanno Zuisei, Ono Takashi. Stability of secondarily inserted orthodontic miniscrews after failure of the primary insertion for maxillary anchorage: Maxillary buccal area vs midpalatal suture area AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2018.01; 153 (1): 54-60. ( PubMed, DOI )

  131. Shimizu Y, Arx JDV, Ustrell JM, Ono T. Comparison of cephalometric variables between adult Spanish and Japanese women with Class I malocclusion. Journal of orthodontic science. 2018; 7 19. ( PubMed, DOI )

  132. Suzuki K, Kokai S, Uesugi S, Nishiyama A, Ono T. Evaluation of the laterality of the tissue oxygen saturation of masticatory muscles in subjects with facial asymmetry Orthodontic Waves. 2017.12; 76 (4): 232-237. ( DOI )

  133. Suzuki Katsuhiko, Kokai Satoshi, Uesugi Shunsuke, Nishiyama Akira, Ono Takashi. 顔面非対称を呈する患者における咀嚼筋群の組織酸素飽和度の側性評価(Evaluation of the laterality of the tissue oxygen saturation of masticatory muscles in subjects with facial asymmetry) Orthodontic Waves. 2017.12; 76 (4): 232-237. ( 医中誌 )

  134. Ishida Y, Ono T. Nonsurgical treatment of an adult with a skeletal Class II gummy smile using zygomatic temporary anchorage devices and improved superelastic nickel-titanium alloy wires Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2017.11; 152 (5): 693-705.

  135. Matsumoto Y, Sringkarnboriboon S, Ono T. Proinflammatory mediators related to orthodontically induced periapical root resorption in rat mandibular molars Eur J Orthod. 2017.11; 30 (6): 686-691. ( PubMed, DOI )

  136. An JK, Matsumoto Y, Ono T. The relationships between the arrangement of teeth, root resorption, and dental maturity in bovine mandibular incisors Korean J Orthod. 2017.11; 47 (6): 365-374. ( PubMed, DOI )

  137. Yamaguchi H, Ishida Y, Hosomichi J, Suzuki JI, Hatano K, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Ono T. Ultrasound microbubble-mediated transfection of NF-κB decoy oligodeoxynucleotide into gingival tissues inhibits periodontitis in rats in vivo PLoS One. 2017.11; 1 (11): e0186264. ( PubMed, DOI )

  138. Ishida Yuji, Ono Takashi. Nonsurgical treatment of an adult with a skeletal Class II gummy smile using zygomatic temporary anchorage devices and improved superelastic nickel-titanium alloy wires AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2017.11; 152 (5): 693-705. ( PubMed, DOI )

  139. Shimizu Yasuhiro, Ono Takashi. Three-dimensional structural analysis of the morphological condition of the alveolar bone before and after orthodontic treatment KOREAN JOURNAL OF ORTHODONTICS. 2017.11; 47 (6): 394-400. ( PubMed, DOI )

  140. Zhao Lu, Keo Preksa, Matsumoto Yoshiro, Iseki Sachiko, Ono Takashi. ラットの異なる発達段階の歯根に及ぼす歯科矯正治療応力の影響(Effects of orthodontic force application on different root development stages in rats) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 304. ( 医中誌 )

  141. Ono T, Yabuuchi T, Nakamura T, Kimura K, Azami Y, Hirose K, Suzuki M, Wada H, Kikuchi Y, Nemoto K. High Dose Hypofractionated Proton Beam Therapy is a Safe and Feasible Treatment for Central Lung Cancer. Radiology and oncology. 2017.09; 51 (3): 324-330. ( PubMed, DOI )

  142. Manabe A, Ishida T, Yoon HS, Yang SS, Kanda E, Ono T. Differential changes in the adenoids and tonsils in Japanese children and teenagers: A cross-sectional study Sci Rep. 2017.08; 29 (1): 9734. ( PubMed, DOI )

  143. Matsumura T, Ishida Y, Kawabe A, Ono T. Quantitative analysis of the relationship between maxillary incisors and the incisive canal by cone-beam computed tomography in an adult Japanese population Prog Orthod. 2017.08; 18 (1): 24. ( PubMed, DOI )

  144. Uesugi S, Kokai S, Kanno Z, Ono T. Prognosis of primary and secondary insertions of orthodontic miniscrews: What we have learned from 500 implants Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2017.08; 152 (2): 224-231. ( PubMed, DOI )

  145. Fukushima-Nakayama Y, Ono T, Hayashi M, Inoue M, Wake H, Ono T, Nakashima T. Reduced Mastication Impairs Memory Function J Dent Res. 2017.08; 96 (9): 1058-1066. ( PubMed, DOI )

  146. Yamaguchi H, Ishida Y, Hosomichi J, Suzuki JI, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Ono T. A new approach to transfect NF-κB decoy oligodeoxynucleotides into the periodontal tissue using the ultrasound-microbubble method Int J Oral Sci. 2017.06; 9 (2): 80-86. ( PubMed, DOI )

  147. Kasahara Y, Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Kaneko S, Ishida Y, Shibutani N, Shimizu Y, Okito A, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ono T. Low-intensity pulsed ultrasound reduces periodontal atrophy in occlusal hypofunctional teeth Angle Orthod. 2017.05; 87 (5): 709-716. ( PubMed, DOI )

  148. Uchima Koecklin Karin Harumi, 加藤 千帆, 片口 卓, 小海 暁, 小野 卓史. ラット晩期成長期における片側鼻閉は頭蓋顔面機能に影響を及ぼす(Unilateral nasal obstruction during later growth periods affects craniofacial function in rats) 口腔病学会雑誌. 2017.03; 84 (1): 55. ( 医中誌 )

  149. Imai H, Tanaka Y, Nomura N, Doi H, Tsutsumi Y, Ono T, Hanawa T. Magnetic susceptibility, artifact volume in MRI, and tensile properties of swaged Zr-Ag composites for biomedical applications J Mech Behav Biomed Mater. 2017.02; 66 152-158.

  150. Hosomichi J, Kuma Y, Oishi S, Nagai H, Maeda H, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Shitano C, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia causes mandibular growth retardation and macroglossia in growing rats. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2017.02; 151 (2): 363-371.

  151. Hosomichi Jun, Kuma Yo-ichiro, Oishi Shuji, Nagai Hisashi, Maeda Hideyuki, Usumi-Fujita Risa, Shimizu Yasuhiro, Kaneko Sawa, Shitano Chisa, Suzuki Jun-ichi, Yoshida Ken-ichi, Ono Takashi. Intermittent hypoxia causes mandibular growth retardation and macroglossia in growing rats AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2017.02; 151 (2): 363-371. ( PubMed, DOI )

  152. Imai Haruki, Tanaka Yoji, Nomura Naoyuki, Doi Hisashi, Tsutsumi Yusuke, Ono Takashi, Hanawa Takao. Magnetic susceptibility, artifact volume in MRI, and tensile properties of swaged Zr-Ag composites for biomedical applications JOURNAL OF THE MECHANICAL BEHAVIOR OF BIOMEDICAL MATERIALS. 2017.02; 66 152-158. ( PubMed, DOI )

  153. Abe Y, Kato C, Uchima Koecklin KH, Okihara H, Ishida T, Fujita K, Yabushita T, Kokai S, Ono T. Unilateral nasal obstruction affects motor representation development within the face primary motor cortex in growing rats. J Appl Physiol. 2017.01; 122 (6): 1494-1503. ( PubMed, DOI )

  154. Uchima Koecklin KH, Hiranuma M, Kato C, Funaki Y, Kataguchi T, Yabushita T, Kokai S, Ono T. Unilateral nasal obstruction during later growth periods affects craniofacial muscles in rats. Front Physiol. 2017.01; 7 (669): 1-10.

  155. Koecklin Karin H. Uchima, Hiranuma Maya, Kato Chiho, Funaki Yukiha, Kataguchi Taku, Yabushita Tadachika, Kokai Satoshi, Ono Takashi. Unilateral Nasal Obstruction during Later Growth Periods Affects Craniofacial Muscles in Rats FRONTIERS IN PHYSIOLOGY. 2017.01; 7 669. ( PubMed, DOI )

  156. Makiguchi M, Funaki Y, Kato C, Okihara H, Ishida T, Yabushita T, Kokai S, Ono T. Effects of increased occlusal vertical dimension on the jaw-opening reflex in adult rats. Arch Oral Biol. 2016.12; 72 39-46.

  157. Lai WJ, Midorikawa Y, Kanno Z, Takemura H, Suga K, Soga K, Ono T, Uo M. Development and modification of a device for three-dimensional measurement of orthodontic force system: The V-bend system re-visited. Dent Mater J. 2016.12; 35 (6): 908-917. ( PubMed, DOI )

  158. Makiguchi Mio, Funaki Yukiha, Kato Chiho, Okihara Hidemasa, Ishida Takayoshi, Yabushita Tadachika, Kokai Satoshi, Ono Takashi. Effects of increased occlusal vertical dimension on the jaw-opening reflex in adult rats ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 2016.12; 72 39-46. ( PubMed, DOI )

  159. Lai Weijen, Midorikawa Yoshiyuki, Kanno Zuisei, Takemura Hiroshi, Suga Kazuhiro, Soga Kohei, Ono Takashi, Uo Motohiro. 矯正力系の3次元計測用装置の開発と改変 Vベンドシステムの再考(Development and modification of a device for three-dimensional measurement of orthodontic force system: The V-bend system re-visited) Dental Materials Journal. 2016.12; 35 (6): 908-917. ( 医中誌 )

  160. Kita S, Oshima M, Shimazaki K, Iwai T, Omura S, Ono T. Computational fluid dynamic study of nasal respiratory function before and after bimaxillary orthognathic surgery with bone trimming at the inferior edge of the pyriform aperture. J Oral Maxillofac Surg. 2016.11; 74 (11): 2241-2251. ( PubMed, DOI )

  161. Watari Ippei, Hsu Jui-Chin, Ono Rieko, Funaki Yukiha, Kokai Satoshi, Ono Takashi. Degeneration of fungiform and circumvallate papillae following molar extraction and unilateral nasal obstruction in rats CHEMICAL SENSES. 2016.11; 41 (9): E272.

  162. Roody Beauboeuf, Watari Ippei, Hsu Jui-Chin, Mizumachi-Kubono Mariko, Podyma-Inoue Katarzyna Anna, Watabe Tetsuro, Ono Takashi. Expression of GLP-1 and GLP-1 receptor in rat circumvallate papillae during growth period CHEMICAL SENSES. 2016.11; 41 (9): E230.

  163. Kanaguchi Arita Akemi, Yonemitsu Ikuo, Ikeda Yuhei, Miyazaki Mutsumi, Ono Takashi. 骨関節炎様病変を伴う関節突起に及ぼす低強度パルス超音波刺激の効果(Effects of low-intensity pulsed ultrasound stimulation on the mandibular condyle with osteoarthritis-like lesions) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 322. ( 医中誌 )

  164. Ren Ershu, Watari Ippei, Hsu Jui-Chin, Ono Rieko, Wakasugi-Aoyama Emina, Mizumachi-Kubono Mariko, Podyma-Inoue Katarzyna Anna, Watabe Tetsuro, Ono Takashi. Unilateral nasal obstruction affects taste cells in circumvallate papillae in rats CHEMICAL SENSES. 2016.11; 41 (9): E229-E230.

  165. Tang Huan, Yonemitsu Ikuo, Ikeda Yuhei, Miyazaki Mutsumi, Shibata Shunichi, Ono Takashi. 成長期のラットにおける顎閉鎖筋の形態に及ぼす片側鼻閉塞の影響(Effect of unilateral nasal obstruction on morphology of jaw-closing muscles in growing rat) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 314. ( 医中誌 )

  166. Dei A, Miyamoto JJ, Takada JI, Ono T, Moriyama K. Evaluation of blood flow and electromyographic activity in the perioral muscles. Eur J Orthod. 2016.10;

  167. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Nagai H, Maeda H, Usumi-Fujita R, Kaneko S, Shibutani N , Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia Influences alveolar bone proper microstructure via hypoxia-inducible factor and VEGF expression in periodontal ligaments of growing rats. Front phsyiol. 2016.09; 7 Article 416.

  168. Oishi Shuji, Shimizu Yasuhiro, Hosomichi Jun, Kuma Yoichiro, Maeda Hideyuki, Nagai Hisashi, Usumi-Fujita Risa, Kaneko Sawa, Shibutani Naoki, Suzuki Jun-ichi, Yoshida Ken-ichi, Ono Takashi. Intermittent Hypoxia Influences Alveolar Bone Proper Microstructure via Hypoxia-Inducible Factor and VEGF Expression in Periodontal Ligaments of Growing Rats FRONTIERS IN PHYSIOLOGY. 2016.09; 7 416. ( PubMed, DOI )

  169. Arai Yuki, Aoki Kazuhiro, Shimizu Yasuhiro, Tabata Yasuhiko, Ono Takashi, Murali Ramachandran, Mise-Omata Setsuko, Wakabayashi Noriyuki. Peptide-induced de novo bone formation after tooth extraction prevents alveolar bone loss in a murine tooth extraction model EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY. 2016.07; 782 89-97. ( PubMed, DOI )

  170. Sakaguchi-Kuma Tomomi, Hayashi Nao, Fujishiro Hitomi, Yamaguchi Kumiko, Shimazaki Kazuo, Ono Takashi, Akita Keiichi. An anatomic study of the attachments on the condylar process of the mandible: muscle bundles from the temporalis SURGICAL AND RADIOLOGIC ANATOMY. 2016.05; 38 (4): 461-467. ( PubMed, DOI )

  171. Arai Y, Aoki K, Shimizu Y, Tabata Y, Ono T, Murali R, Mise-Omata S, Wakabayashi N. Peptide-induced de novo bone formation after tooth extraction prevents alveolar bone loss in a murine tooth extraction model. Eur J Pharmacol. 2016.04;

  172. Miyazaki M, Yonemitsu I, Takei M, Kure-Hattori I, Ono T. The imbalance of masticatory muscle activity affects the asymmetric growth of condylar cartilage and subchondral bone in rats. Arch Oral Biol. 2016.03; 63 22-31.

  173. Abbassy MA, Watari I, Bakry AS, Ono T, Hassan A. Calcitonin and vitamin D3 have high therapeutic potential for improving diabetic mandibular growth. Int J Oral Sci. 2016.03; 8 (1): 39-44.

  174. Abbassy Mona A., Watari Ippei, Bakry Ahmed S., Ono Takashi, Hassan Ali H.. Calcitonin and vitamin D-3 have high therapeutic potential for improving diabetic mandibular growth INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL SCIENCE. 2016.03; 8 (1): 39-44. ( PubMed, DOI )

  175. Miyazaki Mutsumi, Yonemitsu Ikuo, Takei Maki, Kure-Hattori Ikuko, Ono Takashi. The imbalance of masticatory muscle activity affects the asymmetric growth of condylar cartilage and subchondral bone in rats ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 2016.03; 63 22-31. ( PubMed, DOI )

  176. Nakamura Tatsuya, Azami Yusuke, Hayashi Yuichiro, Kimura Kanako, Ono Takashi, Hirose Katsumi, Yabuuchi Tomonori, Suzuki Motohisa, Wada Hitoshi. 進行上顎洞扁平上皮癌に対する浅側頭動脈経由でのシスプラチン動注化学陽子線治療の初期成績(Preliminary results of proton beam therapy combined with cisplatin intra-arterial infusion via a superficial temporal artery for maxillary carcinoma) 日本医学放射線学会学術集会抄録集. 2016.02; 75回 S208. ( 医中誌 )

  177. Uesugi S, Yonemitsu I, Kokai S, Takei M, Omura S, Ono T. Features in subjects with the frontal occlusal plane inclined toward the contralateral side of the mandibular deviation. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2016.01; 149 (1): 46-54.

  178. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Nagai H, Maeda H, Usumi-Fujita R, Kaneko S, Shitano C, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia induces disturbances in craniofacial growth and defects in craniofacial morphology. Arch Oral Biol. 2016.01; 61 115-124. ( PubMed )

  179. Uesugi Shunsuke, Yonemitsu Ikuo, Kokai Satoshi, Takei Maki, Omura Susumu, Ono Takashi. Features in subjects with the frontal occlusal plane inclined toward the contralateral side of the mandibular deviation AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2016.01; 149 (1): 46-54. ( PubMed, DOI )

  180. Oishi Shuji, Shimizu Yasuhiro, Hosomichi Jun, Kuma Yoichiro, Nagai Hisashi, Maeda Hideyuki, Usumi-Fujita Risa, Kaneko Sawa, Shitano Chisa, Suzuki Jun-ichi, Yoshida Ken-ichi, Ono Takashi. Intermittent hypoxia induces disturbances in craniofacial growth and defects in craniofacial morphology ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 2016.01; 61 115-124. ( PubMed, DOI )

  181. Kokai S, Kanno Z, Koike S, Uesugi S, Takahashi Y, Ono T, Soma K. Retrospective study of 100 autotransplanted teeth with complete root formation and subsequent orthodontic treatment. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2015.12; 148 (6): 982-989.

  182. Imamura Toshihiro, Kanno Zuisei, Imai Haruki, Sugiyama Tomoko, Wada Takahiro, Yoshida Midori, Sakama Minoru, Ono Takashi, Honda Eiichi, Uo Motohiro. Infiltration of trace metal ions in the oral mucosa of a rat analyzed using SR-XRF, XAFS, and ICP-MS DENTAL MATERIALS JOURNAL. 2015.12; 34 (6): 814-821. ( PubMed, DOI )

  183. Kokai Satoshi, Kanno Zuisei, Koike Sarina, Uesugi Shunsuke, Takahashi Yuzo, Ono Takashi, Soma Kunimichi. Retrospective study of 100 autotransplanted teeth with complete root formation and subsequent orthodontic treatment AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2015.12; 148 (6): 982-989. ( PubMed, DOI )

  184. Imamura Toshihiro, Kanno Zuisei, Imai Haruki, Sugiyama Tomoko, Wada Takahiro, Yoshida Midori, Sakama Minoru, Ono Takashi, Honda Eiichi, Uo Motohiro. SR-XRF、XAFS、ICP-MSによるラット口腔粘膜における微量金属イオン浸潤の分析(Infiltration of trace metal ions in the oral mucosa of a rat analyzed using SR-XRF, XAFS, and ICP-MS) Dental Materials Journal. 2015.12; 34 (6): 814-821. ( 医中誌 )

  185. Dei A, Miyamoto JJ, Takada JI, Ono T, Moriyama K. Evaluation of blood flow and electromyographic activity in the perioral muscles. Eur J Orthod. 2015.11; Epub (5): 525-531. ( PubMed, DOI )

  186. Hosomichi Jun, Nakai Yuta, Maeda Hideyuki, Kuma Yo-ichiro, Oishi Shuji, Usumi-Fujita Risa, Shimizu Yasuhiro, Kaneko Sawa, Ishida Yuji, Shibutani Naoki, Yoshida Ken-ichi, Ono Takashi. 間欠的な低酸素はオトガイ舌骨筋において炎症経路を刺激して筋原線維とミトコンドリアの生合成の低下を引き起こす(Intermittent hypoxia triggers inflammatory pathway with down-regulated myofibrillar and mitochondrial biogenesis in the geniohyoid muscle) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 141. ( 医中誌 )

  187. Ono Rieko, Watari Ippei, Kubono-Mizumachi Mariko, Ono Takashi. ラットの大唾液腺におけるGLP-1R発現(GLP-1R expression in the major salivary glands of rats) Journal of Oral Biosciences. 2015.11; 57 (4): 200-204. ( 医中誌 )

  188. Kato G, Shimizu Y, Sugamori Y, Maeda M, Takahashi M, Tamura Y, Murali R, Ono T, Ohya K, Aoki K. The inhibitory effects of a RANKL-binding peptide on articular and periarticular bone loss in a murine model of collagen-induced arthritis: A bone histomorphometric study. Arthritis Res Ther. 2015.09; 17 251.

  189. Ishida T, Ikemoto S, Ono T. Nasomaxillary hypoplasia with a congenitally missing tooth treated with Le Fort II osteotomy, autotransplantation and nickel-titanium alloy wire. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2015.09; 148 (3): 479-492.

  190. Kato Genki, Shimizu Yasuhiro, Arai Yuki, Suzuki Natsuki, Sugamori Yasutaka, Maeda Miki, Takahashi Mariko, Tamura Yukihiko, Wakabayashi Noriyuki, Murali Ramachandran, Ono Takashi, Ohya Keiichi, Mise-Omata Setsuko, Aoki Kazuhiro. The inhibitory effects of a RANKL-binding peptide on articular and periarticular bone loss in a murine model of collagen-induced arthritis: a bone histomorphometric study ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY. 2015.09; 17 (1): 251. ( PubMed, DOI )

  191. Ishida Takayoshi, Ikemoto Shigehiro, Ono Takashi. Nasomaxillary hypoplasia with a congenitally missing tooth treated with LeFort II osteotomy, autotransplantation, and nickel-titanium alloy wire AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2015.09; 148 (3): 479-492. ( PubMed, DOI )

  192. Kokai S, Fukuyama E, Sato Y, Heu JC, Takahashi Y, Harada K, Ono T. Authors' response. American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics. 2015.06; 147 (6): 643-4. ( PubMed, DOI )

  193. Nunthayanon Kulthida, Honda Ei-ichi, Shimazaki Kazuo, Ohmori Hiroko, Inoue-Arai Maristela Sayuri, Kurabayashi Tohru, Ono Takashi. Use of an advanced 3-T MRI movie to investigate articulation ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY. 2015.06; 119 (6): 684-694. ( PubMed, DOI )

  194. Abbassy MA, Watari I, Bakry AS, Hamba H, Hasan AH, Tagami J, Ono T. Diabetes detrimental effects on enamel and dentin formation. J Dent. 2015.05; 43 (5): 589-596.

  195. Koecklin Karin Harumi Uchima, Kato Chiho, Funaki Yukiha, Hiranuma Maya, Ishida Takayoshi, Fujita Koichi, Yabushita Tadachika, Kokai Satoshi, Ono Takashi. Effect of unilateral nasal obstruction on tongue protrusion forces in growing rats JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY. 2015.05; 118 (9): 1128-1135. ( PubMed, DOI )

  196. Abbassy M. A., Watari I., Bakry A. S., Hamba H., Hassan Ali H., Tagami J., Ono T.. Diabetes detrimental effects on enamel and dentine formation JOURNAL OF DENTISTRY. 2015.05; 43 (5): 589-596. ( PubMed, DOI )

  197. Okito Asuka, Nakahama Ken-ichi, Akiyama Masako, Ono Takashi, Morita Ikuo. Involvement of the G-protein-coupled receptor 4 in RANKL expression by osteoblasts in an acidic environment BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2015.03; 458 (2): 435-440. ( PubMed, DOI )

  198. Sawada Alisa, Usui Nobuo, Shimazaki Kazuo, Taira Masato, Ono Takashi. 実験的歯列矯正痛に対する認知行動療法の効果(The effects of cognitive behavioral therapy on experimental orthodontic pain) Orthodontic Waves. 2015.03; 74 (1): 10-14. ( 医中誌 )

  199. Takada J, Miyamoto JJ, Yokota T, Ono T, Moriyama K. Comparison of the mandibular hinge axis in adult patients with facial asymmetry with and without posterior unilateral crossbite. Eur J Orthod. 2015.02; 37 (1): 22-27.

  200. Maekawa Minami, Kanno Zuisei, Wada Takahiro, Hongo Toshio, Doi Hisashi, Hanawa Takao, Ono Takashi, Uo Motohiro. スーパーエンジニアリングプラスチックで作製した矯正用ワイヤーの機械的特性(Mechanical properties of orthodontic wires made of super engineering plastic) Dental Materials Journal. 2015.02; 34 (1): 114-119. ( 医中誌 )

  201. Maekawa Minami, Kanno Zuisei, Wada Takahiro, Hongo Toshio, Doi Hisashi, Hanawa Takao, Ono Takashi, Uo Motohiro. Mechanical properties of orthodontic wires made of super engineering plastic DENTAL MATERIALS JOURNAL. 2015.02; 34 (1): 114-119. ( PubMed, DOI )

  202. Kokai S, Fukuyama E, Sato Y, Hsu JC, Takahashi Y, Harada K, Ono T. Comprehensive treatment approach for bilateral cleft lip and palate in an adult with premaxillary osteotomy, tooth autotransplantation, and 2-jaw surgery. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2015.01; 147 (1): 114-126. ( PubMed )

  203. Kokai Satoshi, Fukuyama Eiji, Sato Yutaka, Hsu Jui-Chin, Takahashi Yuzo, Harada Kiyoshi, Ono Takashi. Comprehensive treatment approach for bilateral cleft lip and palate in an adult with premaxillary osteotomy, tooth autotransplantation, and 2-jaw surgery AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2015.01; 147 (1): 114-126. ( PubMed, DOI )

  204. Okito A, Nakahama K, Akiyama M, Ono T, Morita I. Involvement of the G-protein-coupled receptor 4 in RANKL expression by osteoblasts in an acidic environment. Biochem Biophys Res Commun. 2015; 458 (2): 435-440.

  205. Ono R, Watari I, Kubono-Mizumachi M, Ono T. GLP-1R expression in the major salivary glands of rats. J Oral Biosci. 2015; 57 (4): 200-204.

  206. Nunthayanon K, Honda E, Shimazaki K, Ohmori H, Inoue-Arai MS, Kurabayashi T, Ono T. A pilot study on characterization of articulatory movements during fricative /s/ sound in an anterior open bite subject: a tooth-visualized 3-T MRI movie evaluation. J World Feder Orthod . 2015; 4 71-77.

  207. Nunthayanon Kulthida, Honda Ei-ichi, Shimazaki Kazuo, Ohmori Hiroko, Inoue-Arai Maristela Sayuri, Kurabayashi Tohru, Ono Takashi. Differences in Velopharyngeal Structure during Speech among Asians Revealed by 3-Tesla Magnetic Resonance Imaging Movie Mode BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL. 2015; 2015 126264. ( PubMed, DOI )

  208. Yuhei Ikeda, Ikuo Yonemitsu, Maki Takei, Shunichi Shibata, Takashi Ono. Mechanical loading leads to osteoarthritis-like changes in the hypofunctional temporomandibular joint in rats. Arch. Oral Biol.. 2014.12; 59 (12): 1368-1376. ( PubMed, DOI )

  209. Jui-Chin Hsu, Ippei Watari, Rieko Ono, Jutiporn Privatananupunt, Mariko Mizumachi-Kubono, Koji Honda, Yuji Ishida, Takashi Ono. Degeneration of fungiform and circumvallate papillae following molar extraction in rats. Acta Odontol. Scand.. 2014.11; 72 (8): 880-886. ( PubMed, DOI )

  210. Yoichiro Kuma, Risa Usumi-Fujita, Jun Hosomichi, Shuji Oishi, Hideyuki Maeda, Hisashi Nagai, Yasuhiro Shimizu, Sawa Kaneko, Chisa Shitano, Jun-ichi Suzuki, Ken-ichi Yoshida, Takashi Ono. Impairment of nasal airway under intermittent hypoxia during growth period in rats. Arch. Oral Biol.. 2014.11; 59 (11): 1139-1145. ( PubMed, DOI )

  211. Kawabe Ayako, Nakagawa Ichiro, Kanno Zuisei, Tsutsumi Yusuke, Hanawa Takao, Ono Takashi. ポリ(エチレングリコール)沈着チタン上の唾液存在下におけるバイオフィルム形成の評価(Evaluation of biofilm formation in the presence of saliva on poly(ethylene glycol)-deposited titanium) Dental Materials Journal. 2014.10; 33 (5): 638-647. ( 医中誌 )

  212. Uchima Koecklin Karin H., Kato Chiho, Funaki Yukiha, Hiranuma Maya, Ishida Takayoshi, Fujita Koichi, Yabushita Tadachika, Kokai Satoshi, Ono Takashi. 成長期のラットにおける鼻閉塞は舌の突出力を増加させる(Nasal obstruction increases the tongue protrusion forces in growing rats) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 337. ( 医中誌 )

  213. Yasuhiro Shimizu, Jun Hosomichi, Saeko Nakamura, Takashi Ono. Micro-computed tomography analysis of changes in the periodontal ligament and alveolar bone proper induced by occlusal hypofunction of rat molars. Korean J Orthod. 2014.09; 44 (5): 263-267. ( PubMed, DOI )

  214. Ishida Takayoshi, Ono Takashi. Asymmetric severe skeletal Class II division 1 patient with temporomandibular joint disorder treated with zygomatic anchorage devices and Ni-Ti alloy wires ANGLE ORTHODONTIST. 2014.09; 84 (5): 919-930. ( PubMed, DOI )

  215. Emina Aoyama, Ippei Watari, Katarzyna Anna Podyma-Inoue, Masaki Yanagishita, Takashi Ono. Expression of glucagon-like peptide-1 receptor and glucose‑dependent insulinotropic polypeptide receptor is regulated by the glucose concentration in mouse osteoblastic MC3T3-E1 cells. Int. J. Mol. Med.. 2014.08; 34 (2): 475-482. ( PubMed, DOI )

  216. Takada Jun-Ichi, Miyamoto Jun J, Yokota Toshiaki, Ono Takashi, Moriyama Keiji. Comparison of the mandibular hinge axis in adult patients with facial asymmetry with and without posterior unilateral crossbite. Eur J Orthod. 2014.08; 37 (1): 22-27. ( PubMed, DOI )

  217. Hidemasa Okihara, Jin-Ichi Ito, Satoshi Kokai, Takayoshi Ishida, Maya Hiranuma, Chiho Kato, Tadachika Yabushita, Kazuto Ishida, Takashi Ono, Makoto Michikawa. Liquid diet induces memory impairment accompanied by a decreased number of hippocampal neurons in mice. J. Neurosci. Res.. 2014.08; 92 (8): 1010-1017. ( PubMed, DOI )

  218. Privatananupunt J, Watari I, Podyma-Inoue KA, Kubono M, Ono T.. Expression of glucose-dependent insulinotropic polypeptide and its receptor in the rat major salivary glands. Acta Histochemica. 2014.05; 116 (4): 545-550. ( PubMed, DOI )

  219. Kawakubo Naomi, Miyamoto Jun J., Katsuyama Narumi, Ono Takashi, Honda Ei-ichi, Kurabayashi Tohru, Taira Masato, Moriyama Keiji. 咬みしめ時の握力増大に対する脳賦活の影響 fMRI研究(Effects of cortical activations on enhancement of handgrip force during teeth clenching: An fMRI study) Neuroscience Research. 2014.02; 79 67-75. ( 医中誌 )

  220. Kawakubo N, Miyamoto JJ, Katsuyama N, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Taira M, Moroyama K.. Effects of cortical activations on enhancement of handgrip force during teeth clenching: An fMRI study. Neurosci Res.. 2014; 79 67-75. ( PubMed, DOI )

  221. Shimazaki K, Otsubo K, Yonemitsu I, Kimizuka S, Omura S, Ono T.. Severe unilateral scissor bite and bimaxillary protrusion treated by horse-shoe Le Fort I osteotomy combined with mid-alveolar osteotomy. Angle Orthod.. 2014; 84 (2): 374-379. ( PubMed, DOI )

  222. Shimizu Y, Yonemitsu I, Ono T.. Facilitating mandibular horizontal growth in a Class II high-angle case with modified functional appliance. J World Feder Orthod.. 2014; 3 e27-39.

  223. Funaki Y, Hiranuma M, Shibata M, Kokai S, Ono T.. Effects of nasal obstruction on maturation of the jaw-opening reflex in growing rats. Arch Oral Biol.. 2014; 59 (5): 530-538. ( PubMed, DOI )

  224. Hyung Sik Yoon, Takayoshi Ishida, Takashi Ono. Influences of lymphoid tissues on facial pattern Journal of the World Federation of Orthodontists. 2014; 3 (4): 163-168. ( DOI )

  225. Ayako Kawabe, Ichiro Nakagawa, Zuisei Kanno, Yusuke Tsutsumi, Takao Hanawa, Takashi Ono. Evaluation of biofilm formation in the presence of saliva on poly(ethylene glycol)deposited titanium. Dent Mater J. 2014; 33 (5): 638-647. ( PubMed, DOI )

  226. Kato Genki, Shimizu Yasuhiro, Sugamori Yasutaka, Takahashi Mariko, Tamura Yukihiko, Ono Takashi, Ohya Keiichi, Aoki Kazuhiro. The effects of the RANK-like peptide on murine rheumatoid arthritis model JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2014; 124 230P.

  227. Shitano Chisa, Baba Otto, Kaneko Sawa, Hosomichi Jun, Shimizu Yasuhiro, Shibutani Naoki, Usumi-Fujita Risa, Takano Yoshiro, Ono Takashi. ラットにおいて機能低下条件下で矯正歯の運動により誘導される歯槽骨消失(Alveolar bone loss induced by the orthodontic tooth movement under hypofunctional conditions in rats) Orthodontic Waves. 2013.12; 72 (4): 148-155. ( 医中誌 )

  228. Hiranuma M, Kokai S, Fujita K, Ishida T, Shibata M, Naito S, Yabushita T, Ono T.. Effects of a liquid diet on the response properties of temporomandibular joint nociceptive neurons in the trigeminal subnucleus caudalis of growing rats. Orthod Craniofac Res.. 2013.11; 16 (4): 214-222. ( PubMed, DOI )

  229. Hsu Jui-Chin, Watari Ippei, Funaki Yukiha, Kokai Satoshi, Ono Takashi. 片側性の鼻閉はラットの舌における茸状乳頭の分布に影響を及ぼす(Unilateral nasal obstruction affects the distribution of fungiform papillae in the rat tongue) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 327. ( 医中誌 )

  230. Ishida T., Yabushita T., Ono T.. Functional reversibility of temporomandibular joint mechanoreceptors ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 2013.09; 58 (9): 1078-1083. ( DOI )

  231. Hikita Rina, Miyamoto Jun J., Ono Takashi, Honda Ei-ichi, Kurabayashi Tohru, Moriyama Keiji. 声門破裂音の認識に関与する聴覚連合野における賦活パターン(Activation patterns in the auditory association area involved in glottal stop perception) Journal of Oral Biosciences. 2013.02; 55 (1): 34-39. ( 医中誌 )

  232. Shindoi JM, Matsumoto Y, Sato Y, Ono T, Harada K. Soft tissue cephalometric norms for orthognathic and cosmetic surgery. J Oral Maxillofac Surg. 2013.01; 71 (1): e24-30. ( PubMed, DOI )

  233. Koike S, Sujino T, Ohmori H, Shimazaki K, Fukuyama E, Kanai T, Hibi T, Ono T.. Gastric emptying rate in subjects with malocclusion examined by [(13) C] breath test. J Oral Rehabil.. 2013; 40 (8): 574-81. ( PubMed, DOI )

  234. Shitano C, Baba O, Kaneko S, Hosomichi J, Shimizu Y, Shibutani N, Usumi R, Takano Y, Ono T.. Alveolar bone loss induced by the orthodontic tooth movement under hypofunctional conditions in rats. Orthod Waves.. 2013; 72 148-155.

  235. Shimizu Y, Ishida T, Hosomichi J, Kaneko S, Hatano K, Ono T.. Soft diet causes greater alveolar osteopenia in the mandible than in the maxilla. Arch Oral Biol.. 2013; 58 (8): 907-11. ( PubMed, DOI )

  236. Ishida T, Yoon HS, Ono T.. Asymmetrical distalization of maxillary molars with zygomatic anchorage, improved superelastic nickel-titanium alloy wires, and open-coil springs. Am J Orthod Dentofacial Orthop.. 2013; 144 (4): 583-593. ( PubMed, DOI )

  237. Imai H, Tanaka Y, Nomura N, Tsutsumi Y, Doi H, Kanno Z, Ohno K, Ono T, Hanawa T.. Three-dimensional quantification of susceptibility artifacts from various metals in magnetic resonance images. Acta Biomater.. 2013; 9 (9): 8433-9. ( PubMed, DOI )

  238. Ohmori H, Ono T. Unilateral scissors bite treated with a removable plate that incorporates a Ti-Ni wire. Orthodontics : the art and practice of dentofacial enhancement. 2013; 14 (1): e222-6. ( PubMed, DOI )

  239. Privatananupunt Jutiporn, Watari Ippei, Podyma-Inoue Katarzyna A., Kubono Mariko, Hattori Ikuko, Honda Koji, Ishida Yuji, Yanagishita Masaki, Ono Takashi. ラット大唾液腺におけるGIPとGIP受容体の発現(Expression of GIP and its receptor in the rat major salivary glands) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 301. ( 医中誌 )

  240. Ono Takashi. 閉塞性睡眠時無呼吸のある被験者とない被験者の舌と上気道の機能(Tongue and upper airway function in subjects with and without obstructive sleep apnea) The Japanese Dental Science Review. 2012.08; 48 (2): 71-80. ( 医中誌 )

  241. Mizumachi-Kubono M, Watari I, Ishida Y, Ono T. Unilateral maxillary molar extraction influences AQP5 expression and distribution in the rat submandibular salivary gland. Arch Oral Biol. 2012.07; 57 (7): 877-883. ( PubMed, DOI )

  242. Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Ono N, Shibutani N, Kaneko S, Shimizu Y, Ono T. Occlusal hypofunction causes periodontal atrophy and VEGF/VEGFR inhibition in tooth movement. The Angle orthodontist. 2012.06; 83 (1): 48-56. ( PubMed, DOI )

  243. Abbassy Mona Aly, Horiuchi Mariko, El Harouny Nadi, Kanno Zuisei, Ono Takashi. エジプト人および日本人の成人女性におけるアングルI級不正咬合の比較頭蓋計測研究(Comparative cephalometric study of Glass I malocclusion in Egyptian and Japanese adult females) Orthodontic Waves. 2012.06; 71 (2): 59-65. ( 医中誌 )

  244. Shindoi Jose-Maria, 佐藤 豊, 松本 芳郎, 金香 佐和, 島崎 一夫, 小海 暁, 柴田 真衣, 山城 正司, 原田 清, 小野 卓史. 日本人成人の下顎骨矯正手術のための軟部組織セファロメトリー基準値(Soft-tissue cephalometric norms for orthognathic surgery in Japanese adults) 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 145. ( 医中誌 )

  245. Kato C, Fujita K, Kokai S, Ishida T, Shibata M, Naito S, Yabushita T, Ono T. Increased occlusal vertical dimension induces cortical plasticity in the rat face primary motor cortex. Behav Brain Res. 2012.03; 228 (2): 254-260. ( PubMed, DOI )

  246. Ng IW, Ono T, Inoue-Arai MS, Honda EI, Kurabayashi T, Moriyama K. Differential articulatory movements during Japanese /s/ and /t/ as revealed by MR image sequences with tooth visualization. Arch Oral Biol. 2012; 57 (6): 749-59. ( PubMed, DOI )

  247. Kure-Hattori I, Watari I, Takei M, Ishida Y, Yonemitsu I, Ono T. Effect of functional shift of the mandible on lubrication of the temporomandibular joint. Archives of oral biology. 2012; 57 (7): 987-94. ( PubMed, DOI )

  248. Ohmori H, Kirimoto H, Ono T. Comparison of the Physiological Properties of Human Periodontal-Masseteric Reflex Evoked by Incisor and Canine Stimulation. Frontiers in physiology. 2012; 3 233. ( PubMed, DOI )

  249. Honda Koji, Watari Ippei, Takei Maki, Ono Takashi. 片側の臼歯の拔去とエストロゲン欠乏により誘導されるラット歯槽骨の微細構造変化(Changes in the microstracture of the rat alveolar bone induced by unilateral molar extraction and estrogen deficiency) Orthodontic Waves. 2011.12; 70 (4): 143-150. ( 医中誌 )

  250. Shimizu Y, Hosomichi J, Kaneko S, Shibutani N, Ono T. Effect of sympathetic nervous activity on alveolar bone loss induced by occlusal hypofunction in rats. Arch Oral Biol. 2011.11; 56 (11): 1404-1411. ( PubMed, DOI )

  251. Kuroda Y, Yonemitsu I, Hosomichi J, Watari I, Takei M, Ishida Y, Ono T. Intermittent posterior displacement of the rat mandible in the growth period affects the condylar cancellous bone. Angle Orthod. 2011.11; 81 (6): 975-982. ( PubMed, DOI )

  252. Matsumoto Yoshiro, Ono Takashi. 上顎切歯と両側犬歯の埋伏歯4本の重度歯根吸収 集学的アプローチ(Severe root resorption of four maxillary incisors and bilateral canine impaction: An interdisciplinary approach) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 373. ( 医中誌 )

  253. Takada J, Ono T, Miyamato JJ, Yokota T, Moriyama K. Association between intraoral pressure and molar position and inclination in subjects with facial asymmetry. Eur J Orthod. 2011.06; 33 (3): 243-249. ( PubMed, DOI )

  254. Naito S, Ishida T, Kokai S, Fujita K, Shibata M, Yabushita T, Ono T. Functional adaptability of temporomandibular joint mechanoreceptors after an increase in the occlusal vertical dimension in rats. Angle Orthod. 2011.05; 81 (3): 453-459. ( PubMed, DOI )

  255. Ng IW, Ono T, Inoue-Arai MS, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K. Application of MRI movie for observation of articulatory movement during a fricative /s/ and a plosive /t/. Angle Orthod. 2011.03; 81 (2): 237-244. ( PubMed, DOI )

  256. Naito Satomi, Ishida Takayoshi, Kokai Satoshi, Yabushita Tadachika, Ono Takashi. ラット咬合高径増加後の顎関節機械受容器の機能的適応性(Functional adaptability of temporomandibular joint mechanoreceptors after an increase in the occlusal vertical dimension in rats) 口腔病学会雑誌. 2011.03; 78 (1): 49-50. ( 医中誌 )

  257. Ono T. [The significance of tongue function in occlusal dysfunction]. Kokubyo Gakkai Zasshi. 2010.10; 77 (3): 163-168. ( PubMed )

  258. Ng Inn Wo, Ono Takashi, Inoue-Arai Maristela Sayuri, Honda Ei-ichi, Kurabayashi Tohru, Moriyama Keiji. MRIを用いた/s/と/t/発声時の構音運動の評価(The evaluation of articulatory movements during /s/ and /t/ in MRI movie with tooth visualization) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 320. ( 医中誌 )

  259. Tamura R, Ono T, Sato M, Hasegawa M, Moriyama K, Araki K. Association between positional changes in laboratory values and severity in subjects with obstructive sleep apnea syndrome. J Med Dent Sci. 2010.06; 57 (2): 147-154. ( PubMed )

  260. Tamura Risa, Ono Takashi, Sato Mitsuo, Hasegawa Makoto, Moriyama Keiji, Araki Kouji. 閉塞型睡眠時無呼吸症候群患者における異なる体位による臨床検査値の変化と重症度との関連(Association between positional changes in laboratory values and severity in subjects with obstructive sleep apnea syndrome) Journal of Medical and Dental Sciences. 2010.06; 57 (2): 147-154. ( 医中誌 )

  261. Ono T, Okuma M, Hamada T, Motohashi N, Moriyama K. A case of ring chromosome 18 syndrome treated with a combinedorthodontic-prosthodontic approach. Cleft Palate Craniofac J. 2010.03; 47 (2): 201-210. ( PubMed, DOI )

  262. Minato A, Ono T, Miyamoto JJ, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K. Preferred chewing side-dependent two-point discrimination and cortical activation pattern of tactile tongue sensation. Behav Brain Res. 2009.10; 203 (1): 118-126. ( PubMed, DOI )

  263. Lagapa Jose Trinipil G., Oku Yuzaburo, Kaneko Masami, Ganzorig Sumiya, Ono Takashi, Nonaka Nariaki, Kobayashi Fumio, Kamiya Masao. 北海道の都会周辺森林公園におけるEchinococcus multilocularis環境汚染のモニタリング(Monitoring of environmental contamination by Echinococcus multilocularis in an urban fringe forest park in Hokkaido, Japan) Environmental Health and Preventive Medicine. 2009.09; 14 (5): 299-303. ( 医中誌 )

  264. Inoue-Arai MS, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K. Motor coordination of articulators depends on the place of articulation. Behav Brain Res. 2009.05; 199 (2): 307-316. ( PubMed, DOI )

  265. Okudaira M, Kawamoto T, Ono T, Moriyama K. Soft-tissue changes in association with anterior maxillary osteotomy: a pilot study. Oral and maxillofacial surgery. 2008.09; 12 (3): 131-138. ( PubMed, DOI )

  266. Okudaira Mariko, Ono Takashi, Kawamoto Tatsuo, Moriyama Keiji. 下顎前突症患者における発音時の下唇運動の三次元分析(Three-dimensional analysis of lower lip movement during articulation in subjects with mandibular prognathism) Orthodontic Waves. 2008.09; 67 (3): 93-103. ( 医中誌 )

  267. Sato-Wakabayashi M, Inoue-Arai MS, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K. Combined fMRI and MRI movie in the evaluation of articulation in subjects with and without cleft lip and palate. Cleft Palate Craniofac J. 2008.05; 45 (3): 309-314. ( PubMed, DOI )

  268. Hashimoto K, Otsuka R, Minato A, Sato-Wakabayashi M, Takada J, Inoue-Arai MS, Miyamoto JJ, Ono T, Ohyama K, Moriyama K. Short-term changes in temporomandibular joint function in subjects with cleft lip and palate treated with maxillary distraction osteogenesis. Orthod Craniofac Res. 2008.05; 11 (2): 74-81. ( PubMed, DOI )

  269. Hashimoto K., Otsuka R., Minato A., Sato-Wakabayashi M., Takada J., Inoue-Arai M. S., Miyamoto J. J., Ono T., Ohyama K., Moriyama K.. Short-term changes in temporomandibular joint function in subjects with cleft lip and palate treated with maxillary distraction osteogenesis ORTHODONTICS & CRANIOFACIAL RESEARCH. 2008.05; 11 (2): 74-81.

  270. Takada Jun-Ichi, Ono Takashi, Takahashi Shigeki, Honda Ei-Ichi, Kurabayashi Tohru. Changes in horizontal jaw position and intraoral pressure ANGLE ORTHODONTIST. 2008.03; 78 (2): 254-261.

  271. Takada J, Ono T, Takahashi S, Honda E, Kurabayashi T. Changes in horizontal jaw position and intraoral pressure. The Angle orthodontist. 2008.03; 78 (2): 254-61. ( PubMed, DOI )

  272. Inoue Maristela Sayuri, Ono Takashi, Honda Ei-ichi, Kurabayashi Tohru. Characteristics of movement of the lips, tongue and velum during a bilabial plosive - A noninvasive study using a magnetic resonance imaging movie ANGLE ORTHODONTIST. 2007.07; 77 (4): 612-618. ( PubMed, DOI )

  273. Hamada T, Ono T, Otsuka R, Honda E, Harada K, Kurabayashi T, Ohyama K. Mandibular distraction osteogenesis in a skeletal Class II patient with obstructive sleep apnea. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2007.03; 131 (3): 415-425. ( PubMed, DOI )

  274. Shinagawa H, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Iriki A, Ohyama K. Distinctive cortical articulatory representation in cleft lip and palate: a preliminary functional magnetic resonance imaging study. Cleft Palate Craniofac J. 2006.09; 43 (5): 620-624. ( PubMed, DOI )

  275. Shinagawa Hideo, Ono Takashi, Honda Ei-ichi, Kurabayashi Tohru, Iriki Atsushi, Ohyama Kimie. Distinctive cortical articulatory representation in cleft lip and palate: A preliminary functional magnetic resonance imaging study CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL. 2006.09; 43 (5): 620-624.

  276. Maeda Keiko, Ono Takashi, Shinagawa Hideo, Honda Ei-ichi, Kurabayashi Tohru, Ohyama Kimie. 随意嚥下における前帯状皮質の役割 筋電図及び機能的磁気共鳴映像法研究(Role of the anterior cingulate cortex in volitional swallowing: an electromyographic and functional magnetic resonance imaging study) Journal of Medical and Dental Sciences. 2006.09; 53 (3): 149-157. ( 医中誌 )

  277. Inoue Maristela S., Honda Ei-ichi, Kurabayashi Tohru, Ono Takashi. 核磁気共鳴画像(MRI)ムービーを用いた両唇破裂音時の協調構音運動の動作解析(Kinematic analysis of coordinative articulatory movement during bilabial plosives using magnetic resonance imaging (MRI) movie) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 363. ( 医中誌 )

  278. Inoue MS, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Ohyama K. Application of magnetic resonance imaging movie to assess articulatory movement. Orthod Craniofac Res. 2006.08; 9 (3): 157-162. ( PubMed, DOI )

  279. Miyamoto JJ, Honda M, Saito DN, Okada T, Ono T, Ohyama K, Sadato N. The representation of the human oral area in the somatosensory cortex: a functional MRI study. Cereb Cortex. 2006.05; 16 (5): 669-675. ( PubMed, DOI )

  280. Hashimoto K, Ono T, Honda E, Maeda K, Shinagawa H, Tsuiki S, Hiyama S, Kurabayashi T, Ohyama K. Effects of mandibular advancement on brain activation during inspiratory loading in healthy subjects: a functional magnetic resonance imaging study. J Appl Physiol. 2006.02; 100 (2): 579-586. ( PubMed, DOI )

  281. Saito K, Ono T, Mochida M, Ohyama K. Changes in nasorespiratory function in association with maxillary distraction osteogenesis in subjects with cleft lip and palate. Cleft Palate Craniofac J. 2006.01; 43 (1): 75-83. ( PubMed, DOI )

  282. Saito K, Ono T, Mochida M, Ohyama K. Changes in nasorespiratory function in association with maxillary distraction osteogenesis in subjects with cleft lip and palate CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL. 2006.01; 43 (1): 75-83.

  283. Shinagawa H, Ono T, Honda E, Masaki S, Shimada Y, Fujimoto I, Sasaki T, Iriki A, Ohyama K. Dynamic analysis of articulatory movement using magnetic resonance imaging movies: methods and implications in cleft lip and palate. Cleft Palate Craniofac J. 2005.05; 42 (3): 225-230. ( PubMed, DOI )

  284. Shinagawa H, Ono T, Honda E, Masaki S, Shimada Y, Fujimoto L, Sasaki T, Iriki A, Ohyama K. Dynamic analysis of articulatory movement using magnetic resonance imaging movies: Methods and implications in cleft lip and palate CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL. 2005.05; 42 (3): 225-230.

  285. Tsumura H, Ikeda S, Ono T, Itonaga I, Taira H, Torisu T. Synovectomy, debridement, and continuous irrigation for infected total knee arthroplasty. International orthopaedics. 2005.04; 29 (2): 113-6. ( PubMed, DOI )

  286. Gao XM, Otsuka R, Ono T, Honda E, Sasaki T, Kuroda T. [Changes in shape of upper airway during titrated mandibular advancement: a magnetic resonance imaging study] Zhonghua Er Bi Yan Hou Tou Jing Wai Ke Za Zhi. 2005.02; 40 (2): 137-140. ( PubMed )

  287. Takahashi S, Kuribayashi G, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Modulation of masticatory muscle activity by tongue position. Angle Orthod. 2005.01; 75 (1): 35-39. ( PubMed, DOI )

  288. Takahashi S, Kuribayashi G, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Modulation of masticatory muscle activity by tongue position ANGLE ORTHODONTIST. 2005.01; 75 (1): 35-39.

  289. Hiyama S, Asakawa S, Ono T, Mochida-Matsubara M, Ohyama K. Evaluation of stomatognathic function in orthodontic treatment. World J Orthod. 2005; 6 (4): 343-354. ( PubMed )

  290. Okawara Y, Tsuiki S, Hiyama S, Hashimoto K, Ono T, Ohyama K. Oral appliance titration and nasal resistance in nonapneic subjects. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2004.11; 126 (5): 620-622. ( PubMed, DOI )

  291. Mochida M, Ono T, Saito K, Tsuiki S, Ohyama K. Effects of maxillary distraction osteogenesis on the upper-airway size and nasal resistance in subjects with cleft lip and palate. Orthod Craniofac Res. 2004.11; 7 (4): 189-197. ( PubMed, DOI )

  292. Shinagawa H, Ono T, Honda E, Sasaki T, Taira M, Iriki A, Kuroda T, Ohyama K. Chewing-side preference is involved in differential cortical activation patterns during tongue movements after bilateral gum-chewing: a functional magnetic resonance imaging study. J Dent Res. 2004.10; 83 (10): 762-766. ( PubMed )

  293. Shinagawa H, Ono T, Honda E, Sasaki T, Taira M, Iriki A, Kuroda T, Ohyama K. Chewing-side preference is involved in differential cortical activation patterns during tongue movements after bilateral gum-chewing: a functional magnetic resonance imaging study JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2004.10; 83 (10): 762-766.

  294. Shinagawa H, Honda E, Ono T, Kurabayashi T, Ohyama K. Comparison of fMRI data analysis by SPM99 on different operating systems. J Med Dent Sci. 2004.09; 51 (3): 147-154. ( PubMed )

  295. Shinagawa Hideo, Honda Ei-ichi, Ono Takashi, Kurabayashi Tohru, Ohyama Kimie. 異なるオペレーティングシステムにおけるSPM99によるfMRIデータ分析の比較(Comparison of fMRI Data Analysis by SPM99 on Different Operating Systems) Journal of Medical and Dental Sciences. 2004.09; 51 (3): 147-154. ( 医中誌 )

  296. Gao X, Otsuka R, Ono T, Honda E, Sasaki T, Kuroda T. Effect of titrated mandibular advancement and jaw opening on the upper airway in nonapneic men: a magnetic resonance imaging and cephalometric study. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2004.02; 125 (2): 191-199. ( PubMed, DOI )

  297. Maeda K, Ono T, Otsuka R, Ishiwata Y, Kuroda T, Ohyama K. Modulation of voluntary swallowing by visual inputs in humans. Dysphagia. 2004; 19 (1): 1-6. ( PubMed, DOI )

  298. Shinagawa H, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Iriki A, Ohyama K. A new approach for articulatory function in patients with clp. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2003.12; 82 425.

  299. Lomholt JF, Keeling JW, Hansen BF, Ono T, Stoltze K, Kjaer I. The prenatal development of the human cerebellar field in Down syndrome. Orthod Craniofac Res. 2003.11; 6 (4): 220-226. ( PubMed )

  300. Hiyama S, Tsuiki S, Ono T, Kuroda T, Ohyama K. Effects of mandibular advancement on supine airway size in normal subjects during sleep. Sleep. 2003.06; 26 (4): 440-445. ( PubMed, DOI )

  301. Hiyama S, Tsuiki S, Ono T, Kuroda T, Ohama K. Effects of mandibular advancement on supine airway size in normal subjects during sleep SLEEP. 2003.06; 26 (4): 440-445.

  302. Maeda K., Ono T., Shinagawa H., Honda E. -I., Sasaki T., Ohyama K.. Visual inputs modulate swallowing-related cortical activity in humans: An event-related fMRI study. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2003.06; 82 B95.

  303. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T, Ohyama K. Effects of experimental nasal obstruction on human masseter and suprahyoid muscle activities during sleep. Angle Orthod. 2003.04; 73 (2): 151-157. ( PubMed, DOI )

  304. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T, Ohyama K. Effects of experimental nasal obstruction on human masseter and suprahyoid muscle activities during sleep ANGLE ORTHODONTIST. 2003.04; 73 (2): 151-157.

  305. Shinagawa H, Ono T, Ishiwata Y, Honda E, Sasaki T, Taira M, Iriki A, Kuroda T. Hemispheric dominance of tongue control depends on the chewing-side preference JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2003.04; 82 (4): 278-283.

  306. Shinagawa H, Ono T, Ishiwata Y, Honda E, Sasaki T, Taira M, Iriki A, Kuroda T. Hemispheric dominance of tongue control depends on the chewing-side preference. Journal of dental research. 2003.04; 82 (4): 278-83. ( PubMed, DOI )

  307. Ono T, Fischer-Hansen B, Nolting D, Kjaer I. Nerve growth factor receptor immunolocalization during human palate and tongue development. Cleft Palate Craniofac J. 2003.03; 40 (2): 116-125. ( PubMed, DOI )

  308. Ono T, Fischer-Hansen B, Nolting D, Kjaer I. Nerve growth factor receptor immunolocalization during human palate and tongue development CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL. 2003.03; 40 (2): 116-125.

  309. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kato Y, Kuroda T. First night effect of an interocclusal appliance on nocturnal masticatory muscle activity. J Oral Rehabil. 2003.02; 30 (2): 139-145. ( PubMed, DOI )

  310. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kato Y, Kuroda T. First night effect of an interocclusal appliance on nocturnal masticatory muscle activity JOURNAL OF ORAL REHABILITATION. 2003.02; 30 (2): 139-145.

  311. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Effects of mandibular position and body posture on nasal patency in normal awake subjects. Angle Orthod. 2002.12; 72 (6): 547-553. ( PubMed, DOI )

  312. Takahashi S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Breathing modes, body positions, and suprahyoid muscle activity. J Orthod. 2002.12; 29 (4): 307-13; discussion 279. ( PubMed, DOI )

  313. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Effects of mandibular position and body posture on nasal patency in normal awake subjects ANGLE ORTHODONTIST. 2002.12; 72 (6): 547-553.

  314. Ishii M, Ishii Y, Moriyama T, Enomoto S, Ono T, Ohyama K, Kuroda T. Seventeen-year follow-up of a patient with median cleft of the lower lip, mandible, and tongue with flexion contracture: a case report. Cleft Palate Craniofac J. 2002.09; 39 (5): 555-559. ( PubMed, DOI )

  315. Ishii M, Ishii Y, Moriyama T, Enomoto S, Ono T, Ohyama K, Kuroda T. Seventeen-year follow-up of a patient with median cleft of the lower lip, mandible, and tongue with flexion contracture: A case report CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL. 2002.09; 39 (5): 555-559.

  316. Imamura N, Ono T, Hiyama S, Ishiwata Y, Kuroda T. Comparison of the sizes of adenoidal tissues and upper airways of subjects with and without cleft lip and palate. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2002.08; 122 (2): 189-94; discussion 194-5-194. ( PubMed, DOI )

  317. Shinagawa H, Ono T, Honda E, Sasaki, Iriki A, Kuroda. Articulatory representation in the primacy sensorimotor cortex. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2002.03; 81 A131.

  318. Shinagawa H, Ono T, Honda E, Sasaki T, Taira M, Iriki A, Kuroda T. Bilateral gum chewing differentially enhances hemispheric cortical activation during tongue movements. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2002.03; 81 A131.

  319. Hiyama S, Kuribayashi G, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Nocturnal masseter and suprahyoid muscle activity induced by wearing a bionator. Angle Orthod. 2002.02; 72 (1): 48-54. ( PubMed, DOI )

  320. Hiyama S, Kuribayashi G, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Nocturnal masseter and suprahyoid muscle activity induced by wearing a bionator ANGLE ORTHODONTIST. 2002.02; 72 (1): 48-54.

  321. Tsuiki S, Hiyama S, Ono T, Imamura N, Ishiwata Y, Kuroda T, Lowe AA. Effects of a titratable oral appliance on supine airway size in awake non-apneic individuals. Sleep. 2001.08; 24 (5): 554-560. ( PubMed, DOI )

  322. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Changes in mandibular position and upper airway dimension by wearing cervical headgear during sleep. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2001.08; 120 (2): 160-168. ( PubMed, DOI )

  323. Tsuiki S, Hiyama S, Ono T, Imamura N, Ishiwata Y, Kuroda T, Lowe AA. Effects of a titratable oral appliance on supine airway size in awake non-apneic individuals SLEEP. 2001.08; 24 (5): 554-560.

  324. Otani-Saito K, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Modulation of the stretch reflex of jaw-closing muscles in different modes and phases of respiration. Angle Orthod. 2001.06; 71 (3): 201-209. ( PubMed, DOI )

  325. Otani-Saito K, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Modulation of the stretch reflex of jaw-closing muscles in different modes and phases of respiration ANGLE ORTHODONTIST. 2001.06; 71 (3): 201-209.

  326. Hiyama S, Kuribayashi G, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Does bionator activate masseter and suprahyoid muscles during sleep? JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2001.04; 80 (4): 1331.

  327. Hamada T, Motohashi N, Kawamoto T, Ono T, Kato Y, Kuroda T. Two-dimensional changes in soft tissue profile following surgical mandibular advancement in Japanese retrognathic adults. Int J Adult Orthodon Orthognath Surg. 2001; 16 (4): 272-279. ( PubMed )

  328. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T, McNamara JA. Neuromuscular and skeletal adaptations following mandibular forward positioning induced by the Herbst appliance ANGLE ORTHODONTIST. 2000.12; 70 (6): 442-453.

  329. Ono T, Otsuka R, Kuroda T, Honda E, Sasaki T. Effects of head and body position on two- and three-dimensional configurations of the upper airway. J Dent Res. 2000.11; 79 (11): 1879-1884. ( PubMed, DOI )

  330. Ono T, Otsuka R, Kuroda T, Honda E, Sasaki T. Effects of head and body position on two- and three-dimensional configurations of the upper airway JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2000.11; 79 (11): 1879-1884.

  331. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Supine cephalometric study on sleep-related changes in upper-airway structures in normal subjects. Sleep. 2000.09; 23 (6): 783-790. ( PubMed, DOI )

  332. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Supine cephalometric study on sleep-related changes in upper-airway structures in normal subjects SLEEP. 2000.09; 23 (6): 783-790.

  333. Ishiwata Y, Ono T, Kuroda T, Nakamura Y. Jaw-tongue reflex: afferents, central pathways, and synaptic potentials in hypoglossal motoneurons in the cat. J Dent Res. 2000.08; 79 (8): 1626-1634. ( PubMed, DOI )

  334. Hiyama S, Iwamoto S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Genioglossus muscle activity during rhythmic open-close jaw movements. J Oral Rehabil. 2000.08; 27 (8): 664-670. ( PubMed, DOI )

  335. Hiyama S, Iwamoto S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Genioglossus muscle activity during rhythmic open-close jaw movements JOURNAL OF ORAL REHABILITATION. 2000.08; 27 (8): 664-670.

  336. Ishiwata Y, Ono T, Kuroda T, Nakamura Y. Jaw-tongue reflex: Afferents, central pathways, and synaptic potentials in hypoglossal motoneurons in the cat JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2000.08; 79 (8): 1626-1634.

  337. Takahashi S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Effect of wearing cervical headgear on tongue pressure. J Orthod. 2000.06; 27 (2): 163-167. ( PubMed, DOI )

  338. Tsuiki S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Functional divergence of human genioglossus motor units with respiratory-related activity. Eur Respir J. 2000.05; 15 (5): 906-910. ( PubMed, DOI )

  339. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Does cervical headgear induce mandibular displacement during sleep? JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2000.05; 79 (5): 1241.

  340. Tsuiki S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Functional divergence of human genioglossus motor units with respiratory-related activity EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL. 2000.05; 15 (5): 906-910.

  341. Otsuka R, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Respiratory-related genioglossus electromyographic activity in response to head rotation and changes in body position. Angle Orthod. 2000.02; 70 (1): 63-69. ( PubMed, DOI )

  342. Otsuka R, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Respiratory-related genioglossus electromyographic activity in response to head rotation and changes in body position ANGLE ORTHODONTIST. 2000.02; 70 (1): 63-69.

  343. Tsuiki S, Ono T, Kuroda T. Mandibular Advancement Modulates Respiratory-Related Genioglossus Electromyographic Activity. Sleep Breath. 2000; 4 (2): 53-58. ( PubMed, DOI )

  344. Imamura N, Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Adenoidal tissue and upper-airway size in juvenile CLP patients. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2000; 79 496.

  345. Hiyama S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Does cervical headgear induce mandibular displacement during sleep? JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2000; 79 522.

  346. Otani K, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Inhibition of human jaw-closing muscle activity during oral respiration JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2000; 79 496.

  347. Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T, Nakamura Y. Suppression of jaw-opening and trigemino-hypoglossal reflexes during swallowing in the cat. J Dent Res. 1999.11; 78 (11): 1720-1726. ( PubMed, DOI )

  348. Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T, Nakamura Y. Suppression of jaw-opening and trigemino-hypoglossal reflexes during swallowing in the cat JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1999.11; 78 (11): 1720-1726.

  349. Takahashi S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Effect of changes in the breathing mode and body position on tongue pressure with respiratory-related oscillations. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 1999.03; 115 (3): 239-246. ( PubMed, DOI )

  350. Takahashi S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Effect of changes in the breathing mode and body position on tongue pressure with respiratory-related oscillations AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 1999.03; 115 (3): 239-246.

  351. Ono T, Ishiwata Y, Inaba N, Kuroda T, Nakamura Y. Modulation of the inspiratory-related activity of hypoglossal premotor neurons during ingestion and rejection in the decerebrate cat. J Neurophysiol. 1998.07; 80 (1): 48-58. ( PubMed, DOI )

  352. Ono T, Ishiwata Y, Inaba N, Kuroda T, Nakamura Y. Modulation of the inspiratory-related activity of hypoglossal premotor neurons during ingestion and rejection in the decerebrate cat JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY. 1998.07; 80 (1): 48-58.

  353. Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Inhibition of masseteric electromyographic activity during oral respiration. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 1998.05; 113 (5): 518-525. ( PubMed, DOI )

  354. Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Inhibition of masseteric electromyographic activity during oral respiration AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 1998.05; 113 (5): 518-525.

  355. Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T, Nakamura Y. Swallowing-related perihypoglossal neurons projecting to hypoglossal motoneurons in the cat. J Dent Res. 1998.02; 77 (2): 351-360. ( PubMed, DOI )

  356. Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T, Nakamura Y. Swallowing related perihypoglossal neurons projecting to hypoglossal motoneurons in the cat JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1998.02; 77 (2): 351-360.

  357. Tsuiki Satoru, Ono Takashi, Ishiwata Yasuo. ヒトの頭位変化に伴う呼吸関連オトガイ舌筋運動単位活動の変調 歯科基礎医学会雑誌. 1998.02; 40 (1): 53-61. ( 医中誌 )

  358. Nakagawa F, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Morphologic changes in the upper airway structure following surgical correction of mandibular prognathism. Int J Adult Orthodon Orthognath Surg. 1998; 13 (4): 299-306. ( PubMed )

  359. Ono T, Hiyama S, Tsuiki S, Nakagawa F, Igarashi K, Ishiwata Y, Kuroda T. Tongue movement and genioglossus muscle activity during swallowing in anterior open bite. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1998; 77 1015.

  360. Ishiwata Y, Hiyama S, Igarashi K, Ono T, Kuroda T. Human jaw-tongue reflex as revealed by intraoral surface recording. J Oral Rehabil. 1997.11; 24 (11): 857-862. ( PubMed, DOI )

  361. Ishiwata Y, Hiyama S, Igarashi K, Ono T, Kuroda T. Human jaw-tongue reflex as revealed by intraoral surface recording JOURNAL OF ORAL REHABILITATION. 1997.11; 24 (11): 857-862.

  362. Takahashi S, Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T. Respiratory-related changes in tongue pressure. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1997.05; 76 (5): 1176.

  363. Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T, Nakamura Y. Swallowing-related perihypoglossal neurons projecting to hypoglossal motoneurons in the cat. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1997.05; 76 (5): 1169.

  364. Ferguson KA, Ono T, Lowe AA, al-Majed S, Love LL, Fleetham JA. A short-term controlled trial of an adjustable oral appliance for the treatment of mild to moderate obstructive sleep apnoea. Thorax. 1997.04; 52 (4): 362-368. ( PubMed )

  365. Ono T, Ishiwata Y, Kuroda T, Nakamura Y. Swallowing-related perihypoglossal neurons projecting to hypoglossal motoneurons in the cat. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1997; 76 2295.

  366. Lowe AA, Ono T, Ferguson KA, Pae EK, Ryan CF, Fleetham JA. Cephalometric comparisons of craniofacial and upper airway structure by skeletal subtype and gender in patients with obstructive sleep apnea. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 1996.12; 110 (6): 653-664. ( PubMed )

  367. Ono T, Lowe AA, Ferguson KA, Pae EK, Fleetham JA. The effect of the tongue retaining device on awake genioglossus muscle activity in patients with obstructive sleep apnea. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 1996.07; 110 (1): 28-35. ( PubMed )

  368. Ono T, Lowe AA, Ferguson KA, Fleetham JA. Associations among upper airway structure, body position, and obesity in skeletal Class I male patients with obstructive sleep apnea. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 1996.06; 109 (6): 625-634. ( PubMed )

  369. Ferguson KA, Ono T, Lowe AA, Keenan SP, Fleetham JA. A randomized crossover study of an oral appliance vs nasal-continuous positive airway pressure in the treatment of mild-moderate obstructive sleep apnea. Chest. 1996.05; 109 (5): 1269-1275. ( PubMed )

  370. Ono T, Lowe AA, Ferguson KA, Fleetham JA. A tongue retaining device and sleep-state genioglossus muscle activity in patients with obstructive sleep apnea. Angle Orthod. 1996; 66 (4): 273-280. ( PubMed )

  371. Ferguson KA, Ono T, Lowe AA, Ryan CF, Fleetham JA. The relationship between obesity and craniofacial structure in obstructive sleep apnea. Chest. 1995.08; 108 (2): 375-381. ( PubMed )

  372. IGARASHI K, TSUIKI S, ONO T, ISHIWATA Y, KURODA T. EVIDENCE OF JAW-TONGUE REFLEX IN MAN JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1995.03; 74 (3): 982.

  373. ONO T, ISHIWATA Y, INABA N, KURODA T, NAKAMURA Y. HYPOGLOSSAL PREMOTOR NEURONS WITH RHYTHMICAL INSPIRATORY-RELATED ACTIVITY IN THE CAT - LOCALIZATION AND PROJECTION TO THE PHRENIC NUCLEUS EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH. 1994.02; 98 (1): 1-12.

  374. Ono T, Ishiwata Y, Inaba N, Kuroda T, Nakamura Y. Hypoglossal premotor neurons with rhythmical inspiratory-related activity in the cat: localization and projection to the phrenic nucleus. Exp Brain Res. 1994; 98 (1): 1-12. ( PubMed, DOI )

  375. KATAYAMA T, HASHIMOTO N, ISHIWATA Y, ONO T, NAKAMURA Y. CONTROL OF TRIGEMINAL MOTONEURONS FROM THE CEREBELLAR INTERPOSITUS NUCLEUS OF THE GUINEA-PIG JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY. 1992.06; 67 (6): 1528-1542.

  376. Katayama T, Hashimoto N, Ishiwata Y, Ono T, Nakamura Y. Control of trigeminal motoneurons from the cerebellar interpositus nucleus of the guinea pig. Journal of neurophysiology. 1992.06; 67 (6): 1528-42. ( PubMed, DOI )

  377. 小野 卓史. 【呼吸と嚥下-口呼吸と異常嚥下が全身の健康に及ぼす影響】口呼吸をもう一度見直そう 歯科医療. 2022.10; 36 (4): 4-10. ( 医中誌 )

  378. 小野 卓史. 【歯列・咬合】不正咬合に対する歯科治療 矯正歯科の立場から 日本学校歯科医会会誌. 2022.09; (132): 45-52. ( 医中誌 )

  379. 小野 卓史, 石田 雄之. 【画像診断技術の新展開】矯正歯科治療における歯科用CTの活用とその留意点 日本歯科理工学会誌. 2022.09; 41 (3): 199-202. ( 医中誌 )

  380. Ongprakobkul Narubhorn, Ishida Yuji, Hatano-Sato Kasumi, Li Kai, Petdachai Sirima, Usumi-Fujita Risa, Hosomichi Jun, Mahatumarat Korapin, Ono Takashi. Effects of local vs systemic administration of CXCR4 inhibitor AMD3100 on orthodontic tooth movement in rats AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2022.08; 162 (2): 182-192. ( PubMed, DOI )

  381. 小野 卓史. 成人の矯正歯科治療のススメ 歯の自家移植という選択 日本歯科医師会雑誌. 2022.02; 74 (11): 1009-1018. ( 医中誌 )

  382. 小野 卓史, 米満 郁男. 【矯正歯科材料・装置:アップデート】改良型超弾性Ni-Ti合金ワイヤーおよびβチタン合金ワイヤーの特徴 日本歯科理工学会誌. 2022.01; 41 (1): 7-10. ( 医中誌 )

  383. 田中 崇嗣, 臼見 莉沙, 米満 郁男, 稲葉 雄一郎, 河邊 浩明, 鈴木 康弘, 堤 剛, 小野 卓史. 顎変形症患者における口蓋扁桃肥大が顎顔面形態および呼吸機能に与える影響 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2021.09; 80 (2): 69-75. ( 医中誌 )

  384. 内川 雄太, 細道 純, 鈴木 淳一, 山口 博之, 石田 雄之, 畑野 香澄, 臼見 莉沙, 清水 康広, 金香 佐和, 上杉 俊輔, 小野 卓史. ラットにおける交感神経機能亢進関与による高血圧と頭蓋骨および脛骨の差次成長 口腔病学会雑誌. 2021.03; 88 (1): 74. ( 医中誌 )

  385. 小野 卓史. 働き(口腔機能) 口腔病学会雑誌. 2021.03; 88 (1): 72. ( 医中誌 )

  386. 宇尾 基弘, 頼 威任, 簡野 瑞誠, 小野 卓史, 竹村 裕, 須賀 一博, 曽我 公平. 【「各種シミュレーション技術の歯科応用」】小型力覚センサを用いた矯正力シミュレータ 日本歯科理工学会誌. 2021.01; 40 (1): 29-32. ( 医中誌 )

  387. 田中崇嗣,臼見莉沙,米満郁男,河邊浩明,鈴木康弘,堤剛,小野卓史. 顎変形症患者における口蓋扁桃肥大が顎顔面形態および呼吸機能に与える影響. Orthodontic Waves-Jpn Ed. 2021; 80 (2): 69-75.

  388. 間邊 安寿雅, 石田 宝義, 神田 英一郎, 小野 卓史. 日本人口蓋裂患者における咽頭扁桃と口蓋扁桃の成長発育 東京矯正歯科学会雑誌. 2020.12; 30 (2): 141. ( 医中誌 )

  389. 小野 卓史. 舌、呼吸と成長発育一臨床医の原点快眠 睡眠口腔医学. 2020.11; 7 (総会特別号): 33. ( 医中誌 )

  390. Shima Yoshio, Takemoto Kyoto, Koyama Akihiro, Uo Motohiro, Ono Takashi. Comparative evaluation of square and rectangular slot three-point play behavior DENTAL MATERIALS JOURNAL. 2020.10; 39 (5): 735-741. ( PubMed, DOI )

  391. 葛西 美樹, 鈴木 聖一, 竹廻 祐希, 佐川 かおり, 十川 裕子, 古澤 実夏, 都築 夏子, 足達 淑子, 小野 卓史, 森山 啓司. 某大学病院における口腔筋機能療法システムの構築およびトレーニング評価の取り組み. 日本歯科衛生学会雑誌. 2020.08; 15 (1): 119. ( 医中誌 )

  392. Saito Eri, Watari Ippei, Mizumachi-Kubono Mariko, Hsu-Hayashi Sumire, Ono Takashi. Occlusional Modifications Reversibly Alter Aquaporin 5 Expression and Localization in Rat Salivary Glands FRONTIERS IN PHYSIOLOGY. 2020.06; 11 528. ( PubMed, DOI )

  393. 本田 康二, 岩井 俊憲, 杉山 聡美, 林 雄一郎, 矢島 康治, 藤田 紘一, 今井 治樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 廣田 誠, 光藤 健司. CAD/CAM暫間固定ガイドを用いた新しい上顎位置決め法の精度評価. 日本顎変形症学会雑誌. 2020.05; 30 (2): 151. ( 医中誌 )

  394. 南山 周平, 藤田 紘一, 山下 陽介, 今井 治樹, 本田 康二, 竹田 敦, 高須 曜, 大村 進, 小野 卓史, 廣田 誠, 光藤 健司. MAC surgeryにおける顎関節頭の術後形態変化. 日本顎変形症学会雑誌. 2020.05; 30 (2): 166. ( 医中誌 )

  395. 今井 治樹, 山下 陽介, 藤田 紘一, 高須 曜, 南山 周平, 竹田 敦, 本田 康二, 大村 進, 小野 卓史, 廣田 誠, 光藤 健司. コンピューター支援手術による顔面非対称改善の戦略的アプローチ. 日本顎変形症学会雑誌. 2020.05; 30 (2): 176. ( 医中誌 )

  396. 小野 卓史. 働き(口腔機能). 口腔病学会雑誌. 2020.03; 87 (1): 13. ( 医中誌 )

  397. 佐藤 萌, 浅野 豪文, 細道 純, 中田 隆夫, 小野 卓史. 光遺伝学ツールBACCSを用いた骨芽細胞分化メカニズムの制御. 口腔病学会雑誌. 2020.03; 87 (1): 13. ( 医中誌 )

  398. 小野 卓史. 呼吸と歯科の深い関係 ある矯正歯科医の臨床・研究の旅 日本一般臨床医矯正研究会. 2019.12; 30 37-55. ( 医中誌 )

  399. 小山 晃裕, 島 芳夫, 簡野 瑞誠, 小野 卓史, 宇尾 基弘. Binding friction測定のための基礎的研究 Rh-PTFEメッキによる摩擦抵抗の低減 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 213. ( 医中誌 )

  400. 今井 治樹, 大村 進, 藤田 紘一, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 廣田 誠, 光藤 健司, 小野 卓史. CAD/CAMオステオトミーガイド、プレベンドプレートを用いた"頭蓋基準"の上顎位置決め法の正確度 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 139. ( 医中誌 )

  401. 渡 一平, 加藤 千帆, 米満 郁男, 臼見 莉沙, 木村 綾, 新井 修子, 笠原 由紀, 阿部 泰典, 小野 卓史. III級不正咬合患者の治療前後における上部気道形態と舌骨位に関する予備的調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 160. ( 医中誌 )

  402. 田中 崇嗣, 臼見 莉沙, 米満 郁男, 鈴木 康弘, 堤 剛, 小野 卓史. 顎変形症患者における睡眠呼吸障害と口蓋扁桃肥大との関連 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 221. ( 医中誌 )

  403. 石原 聖子, 臼見 莉沙, 笠原 由紀, 大石 修史, 柴田 佳那, 清水 康広, 石田 雄之, 金香 佐和, 細道 純, 谷山 義明, 小野 卓史. ペリオスチンスプライスバリアントの頭蓋骨および歯の形成における役割の解明 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 131. ( 医中誌 )

  404. 石田 雄之, 森田 圭一, 米満 郁男, 臼見 莉沙, 島崎 一夫, 沖原 秀政, 前川 南, 依田 哲也, 小野 卓史. 上顎歯槽部骨切り術・骨延長術・顎裂部骨移植術を併施した慢性歯周炎を伴う成人両側唇顎口蓋裂症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 246. ( 医中誌 )

  405. 石通 秀行, 沖原 秀政, 小川 卓也, 小海 暁, 阿部 泰典, 加藤 千帆, ピョースラ・アン , 藤田 秋世, 小野 卓史. マウス成長期鼻呼吸障害は海馬におけるWnt signaling pathwayに変調をもたらす 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 134. ( 医中誌 )

  406. 松本 芳郎, 吹野 恵子, 青柳 美咲, ケオ・プレクサ , 楊 午, 金 善敏, 小野 卓史. 低侵襲性直接法コンポジットレジン修復を活用して個性正常咬合を確立した3症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 245. ( 医中誌 )

  407. 間邊 安寿雅, 石田 宝義, 楊 新晟, 尹 炯植, 神田 英一郎, 小野 卓史. 日本人口唇口蓋裂患者の咽頭扁桃および口蓋扁桃は縦断的成長発育パタンが異なる 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 136. ( 医中誌 )

  408. 石田 宝義, 間邊 安寿雅, 楊 新晟, 尹 炯植, 神田 英一郎, 小野 卓史. 日本人における咽頭扁桃と口蓋扁桃の成長発育の差異 暦年齢を指標とした縦断的調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 156. ( 医中誌 )

  409. 石田 宝義, 間邊 安寿雅, 小山 晃裕, 中井 雄太, 井上 維, 齋藤 絵里, 大森 浩子, 小野 卓史. 改良型超弾性Ni-Tiカンチレバーを用いて近心傾斜した下顎両側大臼歯を整直した一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 258. ( 医中誌 )

  410. 細道 純, 田中 崇嗣, 小澤 英里佳, 阿部 泰典, 小野 卓史. 歯科矯正用アンカープレートを用いた矯正治療により外科矯正を回避した骨格性下顎前突症例における機能適応 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 268. ( 医中誌 )

  411. 川田 雅子, 清水 康広, 金澤 英作, 小野 卓史. 江戸時代人の身分階級間における顎顔面骨格の頭部X線規格写真学的比較 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 139. ( 医中誌 )

  412. 中井 雄太, 岡本 一男, 寺島 明日香, 小野 卓史, 高柳 広. 骨転移における経口低分子RANKL阻害剤の効果 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2019.09; 37回 187. ( 医中誌 )

  413. 酒井 敬一, 加藤 千帆, 小野 卓史. 下顎両側側切歯の先天性欠如に対してデンタルインプラントによる補綴を行ったAngle Class II過蓋咬合症例 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2019.09; 78 (2): 107-113. ( 医中誌 )

  414. 島峯 隆浩, 米満 郁男, 渋谷 直樹, 纐纈 美沙子, 今井 治樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 骨格性上顎前突症患者に対する馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術後における上部気道形態の変化 日本顎変形症学会雑誌. 2019.05; 29 (2): 146. ( 医中誌 )

  415. 今井 治樹, 大村 進, 藤田 紘一, 山下 陽介, 高須 曜, 竹田 敦, 矢島 康治, 本田 康二, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 廣田 誠, 光藤 健司. オステオトミーガイド、プレベンドプレートを用いた下顎枝矢状分割術 術式と正確度検証 日本顎変形症学会雑誌. 2019.05; 29 (2): 221. ( 医中誌 )

  416. 本田 康二, 岩井 俊憲, 藤田 紘一, 今井 治樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進, 光藤 健司. オトガイ形成術に用いるCAD/CAMオステオトミーガイドの考案 日本顎変形症学会雑誌. 2019.05; 29 (2): 174. ( 医中誌 )

  417. 今井 治樹, 大村 進, 藤田 紘一, 山下 陽介, 高須 曜, 竹田 敦, 矢島 康治, 本田 康二, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 廣田 誠, 光藤 健司. オステオトミーガイド、プレベンドプレートを用いた頭蓋基準の上顎位置決め法の正確度 日本顎変形症学会雑誌. 2019.05; 29 (2): 222. ( 医中誌 )

  418. 鈴木 啓之, 古屋 純一, 松原 ちあき, 鍵福 祐子, 小野 卓史, 赤澤 智宏, 朝田 隆, 水口 俊介. 軽度認知機能障害(MCI)患者における口腔機能解明への取り組み 口腔病学会雑誌. 2019.03; 86 (1): 13. ( 医中誌 )

  419. 小野 卓史. 働き(口腔機能) 口腔病学会雑誌. 2019.03; 86 (1): 9. ( 医中誌 )

  420. 本田 康二, 岩井 俊憲, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 高須 曜, 大村 進, 小野 卓史, 藤内 祝. 顔面非対称に対するナビゲーション手術と二次的顎矯正手術を行った下顎線維性異形成症の1例 日本顎変形症学会雑誌. 2018.12; 28 (4): 276-285. ( 医中誌 )

  421. 島 芳夫, 小山 晃裕, 小野 卓史. 低バインディングフリクション材料の有効性 改良超弾性型Ni-Ti合金ワイヤーのバインディングフリクションの評価と一治験例 近畿東海矯正歯科学会雑誌. 2018.12; 53 (1): 64. ( 医中誌 )

  422. 今井 治樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. CAD/CAM支援手術による計画的な下顎のautorotationにより顔貌の改善を得た上顎前突症の一例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 333. ( 医中誌 )

  423. 奥沢 槙子, 石田 雄之, 池田 侑平, 今村 俊博, 大石 修史, 松村 智成, 小野 卓史. CBCTを用いた片側性上顎側切歯口蓋側転位症例における歯槽骨形態の3次元的評価 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 310. ( 医中誌 )

  424. 吹野 恵子, 堤 真広, 島崎 一夫, 秋田 恵一, 小野 卓史. 鼻咽腔閉鎖における口蓋咽頭筋の空間的分布の解剖学的意義 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 208. ( 医中誌 )

  425. 加藤 千帆, 渡 一平, 小野 卓史. 進行性下顎頭吸収を伴う患者の顎口腔機能解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 297. ( 医中誌 )

  426. 青柳 美咲, 大島 まり, 喜田 壮馬, 島崎 一夫, 大村 進, 小野 卓史. 上顎骨の後上方移動術前後における鼻呼吸機能の流体解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 292. ( 医中誌 )

  427. 藤田 紘一, 今井 治樹, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 上顎骨前後的移動に用いるCAD/CAMオステオトミーガイドの考案 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 291. ( 医中誌 )

  428. 新井 修子, 渡 一平, 小野 卓史. 不正咬合患者における習慣性咀嚼側と下顎骨偏位および咬合平面傾斜角との関連性についての予備的調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 222. ( 医中誌 )

  429. 井上 維, 小野 岳人, 中島 友紀, 小野 卓史. 成長期の咀嚼強化が下顎骨に与える影響の解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 197. ( 医中誌 )

  430. 佐藤 萌, 浅野 豪文, 細道 純, 石田 雄之, 臼見 莉沙, 清水 康広, 金香 佐和, 中田 隆夫, 小野 卓史. 光遺伝学を用いた骨芽細胞分化メカニズムの解明と制御 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 199. ( 医中誌 )

  431. 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 矯正用アンカースクリューとsliding jigを用いて効果的に大臼歯の遠心移動を行った成人2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 331. ( 医中誌 )

  432. 島峯 隆浩, 米満 郁男, 渋谷 直樹, 纐纈 美沙子, 今井 治樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 骨格性上顎前突症患者に対する馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術後における上部気道形態の変化 日本顎変形症学会雑誌. 2018.08; 28 (3): 226-234. ( 医中誌 )

  433. 藤田 紘一, 今井 治樹, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 3Dシミュレーションの上顎骨切り線を正確に転写するオステオトミーガイドの考案 日本顎変形症学会雑誌. 2018.05; 28 (2): 198. ( 医中誌 )

  434. 今井 治樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 頭蓋基準のスプリントレス上顎位置決めの試み 既製プレートを用いたリポジショニングガイドの作製法 日本顎変形症学会雑誌. 2018.05; 28 (2): 198. ( 医中誌 )

  435. 今井 治樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 頭蓋基準の上顎位置決め法の手術正確度 既製ロッキングプレートを用いたスプリントレス法の試み 日本顎変形症学会雑誌. 2018.05; 28 (2): 128. ( 医中誌 )

  436. 喜田 壮馬, 島崎 一夫, 藤田 紘一, 今井 治樹, 青柳 美咲, 本田 康二, 米満 郁男, 岩井 俊憲, 大村 進, 小野 卓史. Mandibular autorotation concept surgeryと従来法の術後安定性比較 日本顎変形症学会雑誌. 2018.05; 28 (2): 153. ( 医中誌 )

  437. 小野 卓史. 働き(口腔機能) 口腔病学会雑誌. 2018.03; 85 (1): 22. ( 医中誌 )

  438. 木村 佳世, 島崎 一夫, 杉本 久美子, 小野 卓史. 習慣的口呼吸が味覚感受性に与える影響について 口腔病学会雑誌. 2018.03; 85 (1): 27. ( 医中誌 )

  439. 沖藤 明日香, 穐山 雅子, 細道 純, 小野 卓史, 中浜 健一. 骨芽細胞におけるオステオポンチンの転写制御機構 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [2P-0634]. ( 医中誌 )

  440. 鈴木 淳平, 小池 紗里奈, 島崎 一夫, 小野 卓史. 歯科矯正治療に伴う胃排出速度の変化 13C呼気試験を用いて 東京矯正歯科学会雑誌. 2017.12; 27 (2): 141. ( 医中誌 )

  441. Hosomichi J., Maeda H., Kuma Y., Oishi S., Yoshida K. -I., Ono T.. DIFFERENTIAL EFFECTS OF INTERMITTENT HYPOXIA ON PHENOTYPIC AND METABOLIC FEATURES OF AIRWAY MUSCLES IN WEANING- AND ADOLESCENT-AGED RATS SLEEP MEDICINE. 2017.12; 40 E135.

  442. 宇尾 基弘, 和田 敬広, 前川 南, 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 高強度ポリマー材料の歯科矯正ワイヤーへの応用 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2017.11; 39回 233. ( 医中誌 )

  443. 前川 南, 小山 晃裕, 尾崎 周作, 島 芳夫, 簡野 瑞誠, 土居 壽, 塙 隆夫, 和田 敬広, 宇尾 基弘, 小野 卓史. 断面サイズの異なる矩形低応力ヒステリシス矯正用ニッケルチタン合金ワイヤーの3点曲げ特性の比較 日本歯科理工学会誌. 2017.11; 36 (6): 470-477. ( 医中誌 )

  444. 石田 雄之, 今村 俊博, 池田 侑平, 大石 修史, 隈 智美, 松村 智成, 小野 卓史, 奥沢 槙子. CBCTを用いた下顎歯列の植立位置に関する3次元的解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 146. ( 医中誌 )

  445. 池田 侑平, 石田 雄之, 今村 俊博, 大石 修史, 喜田 壮馬, 隈 智美, 松村 智成, 奥沢 槙子, 小野 卓史. 開咬患者の前歯部歯根形態に関するCBCTを用いた3次元的解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 145. ( 医中誌 )

  446. 石田 宝義, 間邊 安寿雅, 楊 新晟, 阿部 泰典, 渡壁 賢三, 小野 卓史. Le Fort I型骨切り術(前方移動)を施行し閉塞性睡眠時無呼吸を改善した1症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 279. ( 医中誌 )

  447. 大森 浩子, 緑川 善之, 頼 威任, 簡野 瑞誠, 竹村 裕, 小野 卓史. カンチレバーの6軸矯正力評価 超弾性型Ti-Ni合金ワイヤーとステンレススチールワイヤーの比較 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 238. ( 医中誌 )

  448. 酒井 敬一, 加藤 千帆, 小野 卓史. 下顎前歯欠損に対してデンタルインプラントによる補綴を行ったAngle Class I過蓋咬合症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 294. ( 医中誌 )

  449. 間邊 安寿雅, 石田 宝義, 小野 卓史. 日本人における咽頭扁桃と口蓋扁桃の成長発育の差異 頸椎年齢別気道占有率を指標とした縦断的調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 160. ( 医中誌 )

  450. 松本 芳郎, 清水 康広, 井上 維, 小澤 英里佳, 佐藤 萌, 畑野 香澄, 吹野 恵子, 奥沢 慎子, 澤崎 俊太郎, 郭 煕苑, Keo Preksa, Cho Edward, 楊 新晟, 趙 陸, 小野 卓史. 歯の動揺ならびに早期接触の検知と回避に対する超弾性型Ni-Ti合金角型ワイヤーの有効性 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 207. ( 医中誌 )

  451. 小澤 英里佳, 小澤 常徳, 大森 浩子, 島崎 一夫, 倉林 亨, 小野 卓史. 磁気共鳴脳血管画像診断における矯正歯科装置の影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 211. ( 医中誌 )

  452. 細道 純, 鈴木 拓海, 渋谷 直樹, 細野 香澄, 山口 博之, 隈 陽一郎, 金香 佐和, 笠原 由紀, 大石 修史, 臼見 莉沙, 清水 康広, 小野 卓史. 矯正的歯の移動時におけるKi67およびLGR5陽性歯根膜細胞の局在変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 184. ( 医中誌 )

  453. 任 尓舒, 渡 一平, 許 瑞瑾, 井上 カタジナ・アンナ, 水町 真理子[窪野], 渡部 徹郎, 小野 卓史. 片側鼻閉はラット味覚受容器に影響を与える 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 192. ( 医中誌 )

  454. 齋藤 絵里, 渡 一平, 水町 真理子[窪野], 許 瑞瑾, 小野 卓史. 歯根膜刺激の低下および回復は顎下腺におけるアクアポリン5の局在に影響を与える 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 190. ( 医中誌 )

  455. 小川 卓也, 沖原 秀政, 小海 暁, 阿部 泰典, ウチマコエクリン・カリンハルミ , 牧口 実央, 加藤 千帆, 藪下 忠親, 道川 誠, 小野 卓史. 成長期鼻呼吸障害に伴う記憶・学習機能および海馬組織の変化に関する多角的解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 198. ( 医中誌 )

  456. 若杉 絵美奈, 渡 一平, 井上 カタジナ・アンナ, 水町 真理子[窪野], 小野 卓史. 次世代シークエンサーを用いたマウス前骨芽細胞MC3T3-E1におけるGLP-1関与遺伝子の解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 142. ( 医中誌 )

  457. 小野 卓史. 矯正歯科治療における早期介入の意義を再考する 動物モデル研究からみえてきたもの 中・四国矯正歯科学会雑誌. 2017.08; 29 (1): 1-5. ( 医中誌 )

  458. 今井 治樹, 大村 進, 藤田 紘一, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 藤内 祝. CAD/CAM法およびSLMテクニックを併用した上顎移動術の精度 日本顎変形症学会雑誌. 2017.05; 27 (2): 124. ( 医中誌 )

  459. 本田 康二, 大村 進, 藤田 紘一, 今井 治樹, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 藤内 祝. CAD/CAM法を用いた上下顎移動術 SLMテクニックの意義 日本顎変形症学会雑誌. 2017.05; 27 (2): 99. ( 医中誌 )

  460. 藤田 紘一, 大村 進, 今井 治樹, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 藤内 祝. CAD/CAM法におけるスプリント作製 咬合器を用いる間接法との違い 日本顎変形症学会雑誌. 2017.05; 27 (2): 123. ( 医中誌 )

  461. 森田 圭一, 壬生 美智子, 乙丸 貴史, 島崎 一夫, 小川 卓也, 立川 敬子, 宮新 美智世, 小野 卓史, 森山 啓司, 谷口 尚, 原田 浩之. 東京医科歯科大学歯学部附属病院顎口腔変形疾患外来の取り組み 日本口蓋裂学会雑誌. 2017.04; 42 (2): 168. ( 医中誌 )

  462. 小野 卓史, 豊福 明, 秀島 雅之, 古屋 純一. 最先端口腔科学研究推進プロジェクト 働き(口腔機能) 口腔病学会雑誌. 2017.03; 84 (1): 48. ( 医中誌 )

  463. 本田康二, 大村進, 藤田紘一, 渋谷直樹, 米満郁男, 島﨑一夫, 村田彰吾, 高須曜, 山下陽介, 岩井俊憲, 小野卓史, 藤内祝. 上下顎同時骨延長術を施行した著しい垂直的上顎劣成長を伴う下顎前突症の1例. 日本顎変形症学会誌. 2016.12; 26 (4): 275-283.

  464. 五十嵐 真衣, 本田 康二, 藤田 紘一, 今井 治樹, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 上下顎同時移動術を施行した顎変形症患者の上顎小臼歯抜歯・非抜歯による側貌評価の違い 東京矯正歯科学会雑誌. 2016.12; 26 (2): 107. ( 医中誌 )

  465. 今村 俊博, 上杉 俊輔, 小海 暁, 小野 卓史. 上顎前歯歯根吸収と切歯管皮質骨との関連性を示唆する2症例 東京矯正歯科学会雑誌. 2016.12; 26 (2): 109. ( 医中誌 )

  466. 本田 康二, 大村 進, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. 上下顎同時骨延長術を施行した著しい垂直的上顎劣成長を伴う下顎前突症の1例 日本顎変形症学会雑誌. 2016.12; 26 (4): 275-283. ( 医中誌 )

  467. 大石 修史, 石田 雄之, 川辺 綾子, 今村 俊博, 松村 智成, 池田 侑平, 坂口 智美, 小野 卓史. CBCTを用いた上顎洞底および歯根の位置関係の3次元的評価 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 142. ( 医中誌 )

  468. 石田 雄之, 川辺 綾子, 今村 俊博, 松村 智成, 池田 侑平, 大石 修史, 坂口 智美, 小野 卓史. CBCTを用いた骨格性要因に伴う歯槽骨compensationの3次元的解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 143. ( 医中誌 )

  469. 坂口 智美, 石田 雄之, 川辺 綾子, 今村 俊博, 池田 侑平, 大石 修史, 松村 智成, 小野 卓史. CBCTを用いた顎顔面骨格と下顎骨歯槽部の形態的関連についての3次元的解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 143. ( 医中誌 )

  470. 山口 博之, 石田 雄之, 細道 純, 畑野 香澄, 笠原 由紀, 大石 修史, 隈 陽一郎, 沖藤 明日香, 臼見 莉沙, 清水 康弘, 渋谷 直樹, 金香 佐和, 渡邊 亮, 鈴木 淳一, 小野 卓史. 超音波マイクロバブル法を応用した歯周組織に対する新規NF-κBデコイ導入法の開発 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 170. ( 医中誌 )

  471. 纐纈 美沙子, 米満 郁男, 渋谷 直樹, 島峯 隆浩, 今井 治樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 骨格性下顎前突症患者に対する馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術後における上部気道形態の変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 244. ( 医中誌 )

  472. 島峯 隆浩, 米満 郁男, 渋谷 直樹, 纐纈 美沙子, 今井 治樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 骨格性上顎前突症患者に対する馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術後における上部気道形態の変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 247. ( 医中誌 )

  473. 畑野 香澄, 石田 雄之, 山口 博之, 細道 純, 鈴木 淳一, 笠原 由紀, 大石 修史, 隈 陽一郎, 沖藤 明日香, 臼見 莉沙, 清水 康弘, 渋谷 直樹, 金香 佐和, 小野 卓史. SDF-1/CXCR4シグナル阻害はラット臼歯の矯正的移動を遅延する 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 186. ( 医中誌 )

  474. 今井 治樹, 大村 進, 藤田 紘一, 本田 康二, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 藤内 祝, 小野 卓史. SLMテクニックを用いた上顎移動術の精度 モデルサージェリーのデジタル化による検証 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 244. ( 医中誌 )

  475. 藤田 紘一, 大村 進, 今井 治樹, 本田 康二, 臼見 莉沙, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 藤内 祝, 小野 卓史. SLM techniqueを用いた顎関節頭の復位精度 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 243. ( 医中誌 )

  476. 笠原 由紀, 臼見 莉沙, 隈 陽一郎, 大石 修史, 沖藤 明日香, 清水 康弘, 渋谷 直樹, 石田 雄之, 金香 佐和, 細道 純, 小野 卓史. LIPUS照射は咬合刺激低下歯の歯周組織を回復する 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 188. ( 医中誌 )

  477. 加藤 千帆, 小海 暁, 小野 卓史. 上顎中切歯予後不良歯に対し上顎正中口蓋縫合を越えて反対側中切歯を移動した成人症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 293. ( 医中誌 )

  478. 臼見 莉沙, 中久木 康一, 藤田 紘一, 米満 郁男, 福山 英治, 小野 卓史. 下顎頭過形成による歯槽骨の垂直的左右差に対し片側歯槽骨骨切り術を併用し顔貌の対称性を獲得した1症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 288. ( 医中誌 )

  479. 阿部 泰典, 加藤 千帆, Uchima Koecklin Karin Harumi, 沖原 秀政, 石田 宝義, 藪下 忠親, 小海 暁, 小野 卓史. 成長期における鼻呼吸障害はラット大脳皮質一次運動野顎顔面領域の発達に影響を与える 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 167. ( 医中誌 )

  480. 本田 康二, 藤田 紘一, 今井 治樹, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 廣田 誠, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. 交通外傷を負った顎変形症患者に対して顎矯正手術と広範囲顎骨支持型補綴装置により咬合回復を行った一例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 292. ( 医中誌 )

  481. 大塚 紘未, 石田 雄之, 黒岩 愛, 小野 卓史, 品田 佳世子. 矯正歯科治療中の口腔保健行動に対する唾液検査の効果 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 256. ( 医中誌 )

  482. 渡壁 賢三, 米満 郁男, 池田 侑平, 宮崎 睦, 小野 卓史. 成長期ラットの鼻呼吸障害に伴う血中酸素飽和度の低下は下顎骨形態に影響を与える 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 148. ( 医中誌 )

  483. 米満 郁男, 藤田 紘一, 今井 治樹, 間邊 安寿雅, 福山 英治, 渋谷 直樹, 島崎 一夫, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. 片側下顎骨の過形成を再発した顎変形症患者に対して外科的矯正治療に下顎頭切除術を併用した一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 289. ( 医中誌 )

  484. 山口 博之, 石田 雄之, 細道 純, 鈴木 淳一, 小野 卓史. 超音波マイクロバブル法によるNF-κBデコイの歯周組織への導入は歯周病モデルラットの歯槽骨吸収を抑制する 日本歯周病学会会誌. 2016.09; 58 (秋季特別): 125. ( 医中誌 )

  485. 本田康二, 大村進, 藤田紘一, 渋谷直樹, 米満郁男, 島﨑一夫, 村田 彰吾, 高須曜, 山下陽介, 岩井俊憲, 小野卓史, 藤内祝. 横浜市立大学附属市民総合医療センター歯科・口腔外科・矯正歯科における過去16年間の顎変形症治療に関する実態調査 日本顎変形症学会誌. 2016.08; 26 (3): 195-201.

  486. 本田 康二, 大村 進, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. 横浜市立大学附属市民総合医療センター歯科・口腔外科・矯正歯科における過去16年間の顎変形症治療に関する実態調査 日本顎変形症学会雑誌. 2016.08; 26 (3): 195-201. ( 医中誌 )

  487. 小野 卓史. 矯正歯科治療における早期介入の意義 動物モデル研究からみえてきたもの 中・四国矯正歯科学会雑誌. 2016.08; 28 (1): 121. ( 医中誌 )

  488. 大森 浩子, 桐本 博章, 小野 卓史. 不正咬合女児患者における顎関節症状と顎顔面形態、早期接触および咬合力の関連性 日本顎関節学会雑誌. 2016.07; 28 (Suppl.): 134. ( 医中誌 )

  489. 新井 祐貴, 青木 和広, 清水 康広, 田村 幸彦, 小野 卓史, 三瀬 節子, Ramachandran Murali, 若林 則幸. ペプチドが誘導する抜歯後の新生骨形成および歯槽骨保護 BMP-2誘導マウス抜歯窩骨新生モデルによる検証研究 日本骨形態計測学会雑誌. 2016.06; 26 (1): S127. ( 医中誌 )

  490. 前川南, 簡野瑞誠, 小野卓史, 宇尾基弘. オールプラスチック製歯科矯正用ワイヤーの開発. 日本歯科理工学会誌. 2016.05; 35 (3): 189-192.

  491. 前川 南, 簡野 瑞誠, 小野 卓史, 宇尾 基弘. 【高分子材料による医療イノベーション】オールプラスチック製歯科矯正用ワイヤーの開発 日本歯科理工学会誌. 2016.05; 35 (3): 189-192. ( 医中誌 )

  492. 喜田 壮馬, 島崎 一夫, 矢島 康治, 岩井 俊憲, 大村 進, 小野 卓史. 梨状孔下縁切削を併用した上下顎移動術前後における鼻呼吸機能の流体解析 日本顎変形症学会雑誌. 2016.05; 26 (2): 121. ( 医中誌 )

  493. 小野 卓史. 矯正歯科臨床と口腔機能障害 口呼吸における舌位および舌運動の末梢性ならびに中枢性制御機構 顎顔面口腔育成会誌. 2016.05; 4 (1): 9-15. ( 医中誌 )

  494. 山田恭平, 大森浩子, 桐本博章, 島﨑一夫, 小野卓史. 下顎側方偏位を伴う顎変形症患者における顎関節症状と下顎頭形態との関連. Orthod Waves-Jpn Ed. 2016.03; 75 (1): 1-7.

  495. 小海暁, 小野卓史. 根完成歯自家移植と矯正歯科治療のコンビネーション. 口腔病学会雑誌. 2016.03; 83 (1): 42-43. ( 医中誌 )

  496. 今村 俊博, 簡野 瑞誠, 今井 治樹, 和田 敬広, 宇尾 基弘, 小野 卓史. ICP-MS、SR-XRF、XAFSを用いたラット頬粘膜における金属イオン浸透の研究 口腔病学会雑誌. 2016.03; 83 (1): 55. ( 医中誌 )

  497. 山田 恭平, 大森 浩子, 桐本 博章, 島崎 一夫, 小野 卓史. 下顎側方偏位を伴う顎変形症患者における顎関節雑音と下顎頭形態との関連 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2016.03; 75 (1): 1-7. ( 医中誌 )

  498. 小海 暁, 小野 卓史. 最近の歯学 咬合機能矯正 根完成歯自家移植と矯正歯科治療のコンビネーション 口腔病学会雑誌. 2016.03; 83 (1): 42-43. ( 医中誌 )

  499. 小野 卓史. 鉄は熱いうちに打て? 顎顔面口腔機能に関する研究でみえてきたもの 北海道矯正歯科学会雑誌. 2015.12; 43 (1): 10. ( 医中誌 )

  500. 小野 卓史. 良く噛んで良く眠れば良く育つ 東北矯正歯科学会雑誌. 2015.12; 23 (1): 66. ( 医中誌 )

  501. 鈴木 淳平, 小池 紗里奈, 島崎 一夫, 小野 卓史. 13C呼気試験を用いた矯正治療前後における胃排出速度の評価 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 286. ( 医中誌 )

  502. 大石 修史, 島崎 一夫, 酒井 敬一, 隈 陽一郎, 坂口 智美, 齋藤 絵里, 牧口 実央, 山田 恭平, 山口 博之, 小野 卓史. Distalizing applianceを用いて片側上顎臼歯の遠心移動を行った一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 318. ( 医中誌 )

  503. 大石 修史, 清水 康広, 細道 純, 金香 佐和, 渋谷 直樹, 臼見 莉沙, 隈 陽一郎, 中井 雄太, 鈴木 淳一, 前田 秀将, 吉田 謙一, 小野 卓史. 間欠的低酸素暴露は成長期ラット歯槽骨の骨微細構造に影響を与える 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 184. ( 医中誌 )

  504. 大村 進, 藤田 紘一, 今井 治樹, 本田 康二, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史. SLM technique、vital stainingおよびU-shaped osteotomyの開発と上顎手術設定の変遷 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 254. ( 医中誌 )

  505. 藤田 紘一, 大村 進, 今井 治樹, 本田 康二, 臼見 莉沙, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 藤内 祝, 小野 卓史. TMDsを伴う骨格性上顎前突症に対する新たな上下顎移動術 MAC surgeryにおける顎関節頭回転中心 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 254. ( 医中誌 )

  506. 石田 雄之, 内間 カリン, 小野 卓史. スケレタルアンカレッジを用いた臼歯圧下により長期的な顎口腔機能改善をみた開咬を伴うアングルII級症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 289. ( 医中誌 )

  507. 石田 宝義, 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. Mandible first 正中分割上下顎移動術を施行した骨格性下顎前突症の1例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 296. ( 医中誌 )

  508. 米満 郁男, 福島 由佳乃, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 今井 治樹, 臼見 莉沙, 島崎 一夫, 本田 康二, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. Le Fort I型骨切り術に歯槽部骨切り術を併用し下顎のautorotationにより咬合改善した骨格性下顎後退症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 298. ( 医中誌 )

  509. 小野 卓史. ポカンと口をあけていると… 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 131. ( 医中誌 )

  510. 松村 智成, 川辺 綾子, 石田 雄之, 小野 卓史. 上顎骨前方領域の解剖学的特徴に関するCBCT解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 158. ( 医中誌 )

  511. 小海 暁, 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 上顎片顎抜歯と下顎臼歯部の整直により前歯部歯軸の改善が得られた叢生を伴う成人上顎前突患者2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 313. ( 医中誌 )

  512. 坂口 智美, 林 奈央, 島崎 一夫, 秋田 恵一, 小野 卓史. マイクロCTを用いた側頭筋筋束と下顎骨関節頭との解剖学的関連性 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 152. ( 医中誌 )

  513. 渡 一平, 米満 郁男, 小野 理恵子, 小野 卓史. 下顎前歯部に上顎過剰歯の移植を行ったAngle Class I叢生症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 288. ( 医中誌 )

  514. 間邊 安寿雅, 石田 宝義, 小野 卓史. 日本人における咽頭扁桃と口蓋扁桃の成長発育について 頸椎年齢別気道占有率を指標とした横断的調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 161. ( 医中誌 )

  515. 阿部 泰典, 加藤 千帆, 舟木 幸葉, 沖原 秀政, 藤田 紘一, 石田 宝義, 藪下 忠親, 小海 暁, 小野 卓史. 成長期ラットにおける大脳皮質一次運動野顎顔面領域の機能局在の発達 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 166. ( 医中誌 )

  516. 小野 卓史. 東アジアにおける矯正歯科医療の潮流と未来への展望 近未来の少子化・高齢化をみすえたエビデンスに基づく矯正歯科治療戦略 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 86-87. ( 医中誌 )

  517. 臼見 莉沙, 藤田 紘一, 小野 卓史. 筋機能の調和により顎位の改善が認められた1症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 299. ( 医中誌 )

  518. 萩原 三玲, 上杉 俊輔, 小海 暁, 簡野 瑞誠, 島田 康史, 田上 順次, 小野 卓史. 歯科矯正治療におけるブラケット除去時の歯面性状評価 OCTの有効性 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 285. ( 医中誌 )

  519. 加藤 千帆, 酒井 敬一, 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 歯科矯正用アンカープレートにて下顎の反時計回りの回転を促し顎矯正手術を回避した開咬2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 315. ( 医中誌 )

  520. 桐井 絢子, 島崎 一夫, 酒井 敬一, 小野 卓史. 上下顎歯列弓幅径の拡大に伴う舌骨の位置および咽頭気道形態の変化 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2015.09; 74 (2): 78-85. ( 医中誌 )

  521. 米満 郁男, 福島 由佳乃, 臼見 莉沙, 島崎 一夫, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 本田 康二, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. Mandibular autorotation concept 上顎前方歯槽部骨切り術との併用 日本顎変形症学会雑誌. 2015.05; 25 (2): 177. ( 医中誌 )

  522. 藤田 紘一, 大村 進, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 渋谷 直樹, 本田 康二, 臼見 莉沙, 米満 郁男, 島崎 一夫, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. Mandibular autorotation concept 下顎枝矢状分割術との併用 日本顎変形症学会雑誌. 2015.05; 25 (2): 176. ( 医中誌 )

  523. 大村 進, 横関 雅彦, 藤田 紘一, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 渋谷 直樹, 本田 康二, 臼見 莉沙, 米満 郁男, 島崎 一夫, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. Mandibular autorotation concept 下顎を切らない上下顎同時移動術 日本顎変形症学会雑誌. 2015.05; 25 (2): 130. ( 医中誌 )

  524. 新井 祐貴, 青木 和広, 三瀬 節子, 清水 康広, 小野 卓史, 若林 則幸. マウス抜歯窩に局所適用したRANKL結合ペプチドとBMP-2の併用による骨形成促進作用の評価 日本骨形態計測学会雑誌. 2015.05; 25 (2): S85. ( 医中誌 )

  525. 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 片側U字骨切り術を用いてcant修正を行った顔面非対称の3例 日本顎変形症学会雑誌. 2015.05; 25 (2): 185. ( 医中誌 )

  526. 中久木 康一, 臼見 莉沙, 隈 陽一郎, 島崎 一夫, 福山 英治, 小杉 真智子, 友松 伸允, 園田 至, 儀武 啓幸, 黒原 一人, 小野 卓史, 原田 清. 片側下顎頭過形成を伴う顕著な顔面非対称に対して外科的矯正治療を行った2症例 日本顎変形症学会雑誌. 2015.05; 25 (2): 196. ( 医中誌 )

  527. 本田 康二, 長西 裕樹, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁夫, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 大村 進, 小野 卓史, 藤内 祝, 鳥飼 勝行. 片側唇顎口蓋裂における口唇口蓋同時形成法と2期形成法の混合歯列期上顎歯列弓形態の比較 日本口蓋裂学会雑誌. 2015.04; 40 (2): 174. ( 医中誌 )

  528. 桐井 絢子, 島崎 一夫, 酒井 敬一, 小野 卓史. 上下顎歯列弓幅径の拡大に伴う舌骨の位置および咽頭気道形態の変化 口腔病学会雑誌. 2015.03; 81/82 (3/1): 30. ( 医中誌 )

  529. 喜田壮馬, 島﨑一夫, 矢島康治, 大村進, 小野卓史, 大島まり . 上下顎移動術前後における鼻呼吸機能の流体解析. 生産研究. 2015.01; 67 (1): 55-58.

  530. 簡野 瑞誠, 石田 雄之, 小野 卓史. Light Continuous Forceによる埋伏歯へのアプローチ 超弾性型Ni-Ti合金ワイヤーを用いて 東京矯正歯科学会雑誌. 2014.12; 24 (2): 111. ( 医中誌 )

  531. 加藤 千帆, 藪下 忠親, 藤田 紘一, 石田 雄之, 細道 純, 小野 卓史. 選択的に上顎側切歯の抜歯を行った2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 326. ( 医中誌 )

  532. 前川 南, 簡野 瑞誠, 和田 敬広, 宇尾 基弘, 小野 卓史. 高強度プラスチック製矯正ワイヤーの機械的性質 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 223. ( 医中誌 )

  533. 沖藤 明日香, 中浜 健一, 細道 純, 舌野 知佐, 臼見 莉沙, 清水 康広, 石田 雄之, 金香 佐和, 森田 育男, 小野 卓史. 骨芽細胞の破骨細胞支持能の獲得におけるプロトンセンサーGPR4の関与 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 220. ( 医中誌 )

  534. 島崎 一夫, 米満 郁男, 本田 康二, 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 骨格性上顎前突症例患者に上顎骨後上方移動術を併用した外科的矯正治療例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 305. ( 医中誌 )

  535. 石田 宝義, 池本 繁弘, 小野 卓史. Le Fort II型骨切り術および歯の自家移植を施行し顔貌・咬合を改善した1症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 304. ( 医中誌 )

  536. 若杉 絵美奈, 渡 一平, 井上 カタジナ・アンナ, 柳下 正樹, 小野 卓史. マウス前骨芽細胞MC3T3-E1におけるインクレチン受容体の発現はグルコース濃度の影響を受ける 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 204. ( 医中誌 )

  537. 酒井 敬一, 小海 暁, 桐井 絢子, 上杉 俊輔, 犬飼 周佑, 米満 郁男, 大村 進, 秀島 雅之, 小野 卓史. 下顎の前方移動が顎顔面・上部気道形態に与える影響について 口腔内装置と下顎前方移動術の比較 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 260. ( 医中誌 )

  538. 松村 智成, 島崎 一夫, 米満 郁男, 本田 康二, 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 上顎骨後上方移動による顔貌の改善と安定性の検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 259. ( 医中誌 )

  539. 喜田 壮馬, 島崎 一夫, 矢島 康治, 大島 まり, 大村 進, 小野 卓史. 上下顎移動術前後における鼻呼吸機能の流体解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 258. ( 医中誌 )

  540. 大森 浩子, 小野 卓史. 下顎の機能的左方偏位および交叉咬合の改善に対し重心動揺計測による機能的評価を行った症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 292. ( 医中誌 )

  541. 大石 修史, 清水 康広, 細道 純, 隈 陽一郎, 前田 秀将, 臼見 莉沙, 金香 佐和, 舌野 知佐, 鈴木 淳一, 吉田 謙一, 小野 卓史. 成長期ラットにおける間欠的低酸素曝露は、骨成長障害とともに関節頭海綿骨の骨密度増生をもたらす 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 198. ( 医中誌 )

  542. 細道 純, 隈 陽一郎, 大石 修史, 永井 恒志, 金香 佐和, 臼見 莉沙, 清水 康広, 舌野 知佐, 石田 雄之, 鈴木 淳一, 吉田 謙一, 小野 卓史. 成長期の間欠的低酸素曝露は、ラット顎顔面の成長障害とともに舌の肥大および下顎歯列の拡大をもたらす 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 158. ( 医中誌 )

  543. 清水 康広, 米満 郁男, 小野 卓史. 成長期の改良型機能的矯正装置の使用が奏効したAngle Class II high angle症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 323. ( 医中誌 )

  544. 平沼 摩耶, 舟木 幸葉, 加藤 千帆, 小海 暁, 小野 卓史. 成長期における鼻呼吸障害は循環動態および顎反射の変調を誘発する 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 173. ( 医中誌 )

  545. 松本 芳郎, 小野 卓史. 異なる保定装置で長期保定し安定している過蓋咬合・叢生を伴う3症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 316. ( 医中誌 )

  546. 池田 侑平, 米満 郁男, 武居 真希, 柴田 俊一, 小野 卓史. 成長期ラットの機能低下した顎関節は非生理的負荷に対してOA様変化を引き起こす 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 190. ( 医中誌 )

  547. 小海 暁, 犬飼 周佑, 酒井 敬一, 中村 周平, 桐井 絢子, 上杉 俊輔, 三間 裕子, 安部 友佳, 上里 彰仁, 藤江 俊秀, 西山 暁, 玉岡 明洋, 宮崎 泰成, 秀島 雅之, 小野 卓史. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者における口腔内装置装着に伴う顎顔面・上部気道形態の変化が治療結果に与える影響 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集. 2014.07; 39回 219. ( 医中誌 )

  548. 渡 一平, パイワッタナヌパン・ジュティポーン , 許 瑞瑾, 井上 カタジナアンナ, 若杉 絵美奈, 小野 卓史. 妊娠中の耐糖能低下が母体の口腔内および新生児の頭蓋顎顔面発育に与える影響 女性健康科学研究会受賞研究報告集. 2014.05; 3 (1): 57-62. ( 医中誌 )

  549. 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 米満 郁男, 島崎 一夫, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 重度の顔面非対称症例に対する手術設定の工夫 日本顎変形症学会雑誌. 2014.05; 24 (2): 189. ( 医中誌 )

  550. 臼見 莉沙, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. 重度閉塞型睡眠時無呼吸を呈する骨格性下顎前突に対しLe Fort I型骨切り術単独で上顎骨を前方移動した1例 日本顎変形症学会雑誌. 2014.05; 24 (2): 176. ( 医中誌 )

  551. 大村 進, 山下 陽介, 村田 彰吾, 高須 曜, 渋谷 直樹, 本田 康二, 藤田 紘一, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. Subspinal Le Fort I型骨切りによる外鼻軟組織の形態変化の防止術式 日本顎変形症学会雑誌. 2014.05; 24 (2): 145. ( 医中誌 )

  552. 高須 曜, 大村 進, 山下 陽介, 村田 彰吾, 渋谷 直樹, 本田 康二, 藤田 紘一, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. 上顎の上方移動を容易にする新しい手術手技 ダブルU字型骨切り併用Le Fort I型骨切り 日本顎変形症学会雑誌. 2014.05; 24 (2): 131. ( 医中誌 )

  553. 本田 康二, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 上顎骨の著しい垂直的劣成長に対して上下顎同時骨延長を施行した1例 日本顎変形症学会雑誌. 2014.05; 24 (2): 135. ( 医中誌 )

  554. 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 下顎前歯の低位を伴う骨格性III級開咬症例の手術計画 日本顎変形症学会雑誌. 2014.05; 24 (2): 166. ( 医中誌 )

  555. 小海 暁, 福山 英治, 佐藤 豊, 許 瑞瑾, 高橋 雄三, 原田 清, 小野 卓史. 中間顎骨切り術、歯の移植、上下顎移動術を併用した治療により長期の安定が得られた成人唇顎口蓋裂の1例 日本顎変形症学会雑誌. 2014.05; 24 (2): 136. ( 医中誌 )

  556. 米満 郁男, 金島 貴子, 服部 育子, 酒井 敬一, 上杉 俊輔, 許 瑞瑾, 小海 暁, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 下顎骨前方移動術にover correctionを適用した際の術後安定性に関する評価 日本顎変形症学会雑誌. 2014.05; 24 (2): 180. ( 医中誌 )

  557. 渡 一平, パイワッタナヌパン・ジュティポーン , 許 瑞瑾, 井上 カタジナアンナ, 青山 絵美奈, 小野 卓史. 妊娠中の耐糖能低下が母体の口腔内および新生児の頭蓋顎顔面成長発育に与える影響 女性健康科学研究会受賞研究報告集. 2014.05; 3 (1): 57-62. ( 医中誌 )

  558. 上杉 俊輔, 米満 郁男, 小海 暁, 大村 進, 小野 卓史. 上顎咬合平面の傾斜と下顎側方偏位方向が相反する顔面非対称患者の形態学的特徴 日本顎変形症学会雑誌. 2014.04; 24 (1): 27-36.

  559. 小海 暁, 福山 英治, 大村 進, 君塚 幸子, 島崎 一夫, 米満 郁男, 藤田 紘一, 藤内 祝, 小野 卓史. 著しい咬合崩壊に対する包括的治療により長期の安定が得られた成人唇顎口蓋裂の1例 日本口蓋裂学会雑誌. 2014.04; 39 (2): 158. ( 医中誌 )

  560. 今村 俊博, 小野 理恵子, Privatananupunt Jutiporn, 平沼 麻耶, 窪野 真理子, 服部 育子, 島崎 一夫, 森田 圭一, 小野 卓史. 上顎劣成長を呈する片側性唇顎口蓋裂患者の幼児期における上下顎骨の形態的特徴 日本口蓋裂学会雑誌. 2014.04; 39 (2): 142. ( 医中誌 )

  561. 上杉 俊輔, 米満 郁男, 小海 暁, 大村 進, 小野 卓史. 上顎咬合平面の傾斜と下顎側方偏位方向が相反する顔面非対称患者の形態学的特徴 日本顎変形症学会雑誌. 2014.04; 24 (1): 27-36. ( 医中誌 )

  562. 齋藤 絵里, 島崎 一夫, 森田 圭一, 小野 卓史. 片側性唇顎口蓋裂患児の乳幼児セファログラム分析 日本口蓋裂学会雑誌. 2014.04; 39 (2): 190. ( 医中誌 )

  563. 小野 卓史. 歯亡舌存 多機能器官として舌をみる MFT学会会誌. 2014.03; 3 (1): 31-34. ( 医中誌 )

  564. 澤田 亜理沙, 島崎 一夫, 大森 浩子, 倉林 亨, 泰羅 雅登, 小野 卓史. 矯正歯科治療による疼痛における認知行動療法の効果の検討 口腔病学会雑誌. 2014.03; 81 (1): 63. ( 医中誌 )

  565. Watari Ippei, Aoyama-Wakasugi Emina, Podyma-Inoue Katarzyna Anna, Yanagishita Masaki, Ono Takashi. Changes in the expression of incretin receptors in a mouse osteoblastic cell line in response to various glucose concentrations. INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE. 2014; 34 S32.

  566. 大石 修史, 清水 康広, 細道 純, 隈 陽一郎, 前田 秀将, 臼見 莉沙, 金香 佐和, 舌野 知佐, 鈴木 淳一, 吉田 謙一, 小野 卓史. 間欠的低酸素はラット顎顔面領域の骨成長を抑制し形態の不調和をもたらす 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 176. ( 医中誌 )

  567. 川辺 綾子, 簡野 瑞誠, 中川 一路, 塙 隆夫, 小野 卓史. チタン表面へのポリエチレングリコール電着による唾液環境下バイオフィルム形成の評価 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 212. ( 医中誌 )

  568. 桐井 絢子, 島崎 一夫, 酒井 敬一, 大森 浩子, 小野 卓史. 上下顎歯列弓幅径の拡大に伴う舌骨位および咽頭気道形態の変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 143. ( 医中誌 )

  569. 山田 恭平, 大森 浩子, 桐本 博章, 島崎 一夫, 小野 卓史. 下顎側方偏位を伴う顎変形症患者における顎関節症状と下顎頭形態との関連性 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 261. ( 医中誌 )

  570. 舟木 幸葉, 平沼 摩耶, 小海 暁, 柴田 真衣, 加藤 千帆, 石田 宝義, 藤田 紘一, 藪下 忠親, 小野 卓史. 成長期ラットにおける鼻呼吸障害が開口反射に与える影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 158. ( 医中誌 )

  571. 藤田 紘一, 大村 進, 横関 雅彦, 渋谷 直樹, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 藤内 祝, 小野 卓史. 両側顎関節頭吸収を伴う骨格性II級患者に対する上顎骨単独移動メカニクス 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 297. ( 医中誌 )

  572. 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 歯の移植を含めた包括的な歯科治療により咬合を回復した鋏状咬合2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 299. ( 医中誌 )

  573. 青山 絵美奈, 渡 一平, 井上 カタジナ・アンナ, 柳下 正樹, 小野 卓史. MC3T3-E1細胞におけるインクレチン受容体の発現変化 Journal of Oral Biosciences Supplement. 2013.09; 2013 156. ( 医中誌 )

  574. 内藤 聡美, 金香 佐和, 小海 暁, 酒井 敬一, 金島 貴子, 小野 卓史. 東京医科歯科大学咬合機能矯正学分野における過去15年間の顎矯正手術症例の調査 日本顎変形症学会雑誌. 2013.08; 23 (3): 191-197. ( 医中誌 )

  575. 内藤 美生, 下山 和弘, 渡 一平, 小野 卓史, 吉増 秀實, 品田 佳世子. 矯正歯科治療患者の口腔清掃に関する意識調査 日本歯科衛生学会雑誌. 2013.08; 8 (1): 267. ( 医中誌 )

  576. 大森 浩子, 桐本 博章, 小野 卓史. 成人女性不正咬合患者における顎関節症状と顎顔面形態および早期接触の関連性 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2013.06; 72 (2): 121-125. ( 医中誌 )

  577. 大村 進, 君塚 幸子, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. 術中計測のない正確な上下顎移動術SLM techniqueの実際 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 107. ( 医中誌 )

  578. 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 君塚 幸子, 村田 彰吾, 高須 曜, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 顎変形症患者に合併した精神疾患の臨床的検討 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 158. ( 医中誌 )

  579. 平沼 摩耶, 酒井 敬一, 和田 淳一郎, Privatanapunt Jutiporn, 米満 郁男, 小海 暁, 犬飼 周佑, 秀島 雅之, 五十嵐 順正, 小野 卓史. 骨格性下顎前突症患者におけるoverjetの大きさと上下顎歯列彎曲の相関に関する三次元的検討 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 135. ( 医中誌 )

  580. 本田 康二, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 君塚 幸子, 村田 彰吾, 高須 曜, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. SLM techniqueを用いた上下顎同時移動術における吸収性プレート(Lacto Sorb)の有用性の検討 術後合併症 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 163. ( 医中誌 )

  581. 君塚 幸子, 大村 進, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. オトガイの三次元的移動量を設定するための骨切りデザインの工夫 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 124. ( 医中誌 )

  582. 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 君塚 幸子, 村田 彰吾, 高須 曜, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. SLM techniqueを用いた上下顎同時移動術における吸収性プレート(Lacto Sorb)の有用性の検討 術後安定性 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 163. ( 医中誌 )

  583. 小海 暁, 酒井 敬一, 周東 聡美, 柴田 真衣, 上杉 俊輔, 桐井 絢子, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史. 上顎前方歯槽部骨切り術の適応症に関する検討 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 134. ( 医中誌 )

  584. 上杉 俊輔, 米満 郁男, 小海 暁, 大村 進, 小野 卓史. 偏位側と相反する方向への咬合平面傾斜を有する下顎側方偏位患者の形態学的特徴 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 130. ( 医中誌 )

  585. 上杉 俊輔, 米満 郁男, 小海 暁, 大村 進, 小野 卓史. 偏位側と相反する方向への咬合平面傾斜を有する下顎側方偏位患者の機能的特徴 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 130. ( 医中誌 )

  586. 米満 郁男, 島崎 一夫, 君塚 幸子, 小澤 知倫, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. 片側下顎骨の過形成に起因した顔面非対称患者に3Dシミュレーションを用いて外科的矯正治療を施行した1症例 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 172. ( 医中誌 )

  587. 臼見 莉沙, 中久木 康一, 福山 英治, 米満 郁男, 藤田 紘一, 原田 清, 小野 卓史. 片側歯槽骨骨切り術は下顎頭過形成により生じた歯槽骨の垂直的左右差を解消し、顔面非対称の改善に寄与する 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 129. ( 医中誌 )

  588. 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 岩井 俊憲, 長西 裕樹, 大村 進, 小野 卓史, 藤内 祝, 鳥飼 勝行. 上顎前方牽引装置を使用した片側性唇顎口蓋裂(UCLP)患児2名の軟組織変化 3dMDfaceSystem活用の可能性 日本口蓋裂学会雑誌. 2013.04; 38 (2): 254. ( 医中誌 )

  589. 金島 貴子, 和田 淳一郎, 犬飼 周佑, 大森 浩子, 島崎 一夫, 秀島 雅之, 泰羅 雅登, 倉林 亨, 五十嵐 順正, 松浦 博, 小野 卓史. 矯正装置装着による発音困難度および構音時脳賦活状態の経時的変化の解析 fMRIによる研究 口腔病学会雑誌. 2013.03; 80 (1): 31-32. ( 医中誌 )

  590. 酒井 敬一, 島崎 一夫, 小海 暁, 福山 英治, 小野 卓史. 骨格性下顎前突症患者における顎矯正手術法の違いが上部気道形態に与える影響 日本顎変形症学会雑誌. 2012.12; 22 (4): 239-243. ( 医中誌 )

  591. 臼見 莉沙, 藤田 紘一, 福山 英治, 小野 卓史. 筋機能的に調和のとれた顎位は下顎頭のリモデリングを惹起する 東京矯正歯科学会雑誌. 2012.12; 22 (2): 126. ( 医中誌 )

  592. 小野 卓史. 1期治療の意義を再考する(Part2) 顎口腔機能からみた矯正歯科治療の意義 早期治療は必要か 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 98. ( 医中誌 )

  593. 石田 雄之, 黒田 由紀子, 酒向 絵美, 今井 治樹, 久良木 建, 舌野 知佐, 沖原 秀政, 川辺 綾子, 若杉 絵美奈, 大森 浩子, 松本 芳郎, 小野 卓史. Angle Class III患者に対する非外科的矯正治療が上部気道形態および舌骨位に与える影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 209. ( 医中誌 )

  594. 清水 康広, 石田 宝義, 細道 純, 金香 佐和, 小野 卓史. 軟性飼料飼育した成長期ラットの歯槽骨は上下顎骨において異なる構造変化を示す 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 156. ( 医中誌 )

  595. 久良木 建, 右田 聖, 塙 隆夫, 小野 卓史. 軟組織適合性向上を目指したチタン表面へのコラーゲン電着 日本歯科理工学会誌. 2012.09; 31 (5): 440. ( 医中誌 )

  596. 石田 雄之, 小池 紗里奈, 簡野 瑞誠, 小野 卓史. インプラントアンカーを用いて大臼歯の圧下を行なった骨格性II級ハイアングル2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 252. ( 医中誌 )

  597. 石田 宝義, ユン・ヒョンシック , 小野 卓史. インプラントアンカーを用い上顎大臼歯を左右非対称に遠心移動した2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 256. ( 医中誌 )

  598. 米満 郁男, 島崎 一夫, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. Le Fort I型骨切り上顎後上方移動と下顎のautorotationにより顔貌改善を図った骨格性II級2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 260. ( 医中誌 )

  599. 藤田 紘一, 大村 進, 渋谷 直樹, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 君塚 幸子, 福山 英治, 藤内 祝, 小野 卓史. 上下顎移動術における術中計測を必要としない正確な上顎位置決め法 SLMテクニック 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 259. ( 医中誌 )

  600. 小池 紗里奈, 島崎 一夫, 大森 浩子, 福山 英治, 小野 卓史. 不正咬合は胃腸機能を低下する 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 141. ( 医中誌 )

  601. 柴田 真衣, 島崎 一夫, 米満 郁男, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 新しいスプリントテクニックを用いた上顎前歯部歯槽骨切術にオトガイ形成術を併用した骨格性上顎前突症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 261. ( 医中誌 )

  602. 上杉 俊輔, 桐井 絢子, 池田 侑平, 今村 俊博, 沖藤 明日香, 宮坂 南, 宮崎 睦, 柴田 真衣, 小海 暁, 小野 卓史. 機能的顎矯正装置の使用は永久歯抜歯の必要性を軽減するか 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 243. ( 医中誌 )

  603. 金島 貴子, 臼井 信男, 和田 淳一郎, 犬飼 周佑, 大森 浩子, 島崎 一夫, 秀島 雅之, 小野 卓史. 矯正装置装着が構音時脳賦活状態および自己評価に与える影響について fMRIによる研究 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 140. ( 医中誌 )

  604. 加藤 千帆, 臼見 莉沙, 服部 育子, 清水 康広, 小池 紗里奈, 古森 紗知子, 柴田 真衣, 石田 宝義, 渡 一平, 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 矯正患者の顎関節症状に関するアンケート調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 228. ( 医中誌 )

  605. 大村 進, 君塚 幸子, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小澤 知倫, 渡貫 圭, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. 術中計測を必要としない正確な上下顎移動術 SLM technique 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 103. ( 医中誌 )

  606. 君塚 幸子, 福山 英治, 島崎 一夫, 米満 郁男, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 村田 彰吾, 小澤 知倫, 渡貫 圭, 岩井 俊憲, 大村 進, 小野 卓史, 藤内 祝. 重度歯肉退縮を呈する成人唇顎口蓋裂患者に対して外科的矯正治療を施行した1例 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 139. ( 医中誌 )

  607. 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 君塚 幸子, 小澤 知倫, 渡貫 圭, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 馬蹄形骨切り術に伴うmidpalatal segmentとdento-alveolar segmentの移動パタン 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 166. ( 医中誌 )

  608. 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 君塚 幸子, 小澤 知倫, 渡貫 圭, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術に伴う咽頭部気道形態の変化 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 165. ( 医中誌 )

  609. 大村 進, 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 米満 郁男, 島崎 一夫, 君塚 幸子, 小澤 知倫, 渡貫 圭, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. 上下顎骨移動術に伴う鼻翼基底部の拡大に関する検討 当科の防止術式 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 119. ( 医中誌 )

  610. 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 米満 郁男, 島崎 一夫, 君塚 幸子, 小澤 知倫, 渡貫 圭, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 上下顎骨移動術に伴う鼻翼基底部形態変化に対する3dMDfaceSystemを用いた経時的三次元評価の試み 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 119. ( 医中誌 )

  611. 君塚 幸子, 大村 進, 小澤 知倫, 村田 彰吾, 渡貫 圭, 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 米満 郁男, 島崎 一夫, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. 下顎角形成術における実体モデルとガイドを用いた骨削除量の設定方法 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 139. ( 医中誌 )

  612. 小杉 真智子, 中久木 康一, 小川 卓也, 本田 康二, 黒原 一人, 儀武 啓幸, 細木 美佐, 友松 伸充, 小野 卓史, 森山 啓司, 山城 正司, 原田 清. 先天性多数歯欠損の症例に顎矯正手術を適応した3症例 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 159. ( 医中誌 )

  613. 内藤 聡美, 金香 佐和, 小海 暁, 酒井 敬一, 金島 貴子, 小野 卓史. 東京医科歯科大学咬合機能矯正学分野における過去15年間の外科的矯正治療患者に関する臨床統計的検討 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 146. ( 医中誌 )

  614. 大村 進, 君塚 幸子, 岩井 俊憲, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小澤 知倫, 渡貫 圭, 小野 卓史, 藤内 祝. 術中計測を必要としない正確な上下顎移動術 SLM techniqueの精度評価の試み 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 103. ( 医中誌 )

  615. 本田 康二, 島崎 一夫, 米満 郁男, 水町 真理子, 平沼 摩耶, 小野 卓史. 過去15年の東京医科歯科大学歯学部附属病院矯正歯科外来における当分野の唇顎口蓋裂患者に関する実態調査 日本口蓋裂学会雑誌. 2012.04; 37 (2): 145. ( 医中誌 )

  616. 佐藤 豊, 森田 圭一, 小川 卓也, 島崎 一夫, 壬生 美智子, 立川 敬子, 小野 卓史, 森山 啓司, 谷口 尚, 小村 健, 吉増 秀實, 山城 正司. 東京医科歯科大学歯学部附属病院における口唇裂・口蓋裂治療チームの現況について 日本口蓋裂学会雑誌. 2012.04; 37 (2): 178. ( 医中誌 )

  617. 服部 育子, 渡 一平, 武居 真希, 石田 雄之, 米満 郁男, 小野 卓史. 成長期の下顎骨機能的側方偏位が顎関節潤滑能に与える影響について 口腔病学会雑誌. 2012.03; 79 (1): 56. ( 医中誌 )

  618. 小野 卓史. 呼吸器官としての舌と睡眠呼吸障害 東京矯正歯科学会雑誌. 2011.12; 21 (2): 157-163. ( 医中誌 )

  619. 湊 亜紀子, 宮本 順, 小野 卓史, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 舌触覚刺激に対する2点弁別および大脳皮質賦活パタンにおける習慣性咀嚼側の関与 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 214. ( 医中誌 )

  620. 大森 浩子, 福山 英治, 小野 卓史. 超弾性型Ti-Ni合金ワイヤーを組み込んだ可撤式装置を用いた混合歯列期の片側性鋏状咬合症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 319. ( 医中誌 )

  621. 渡 一平, 米満 郁男, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. 術前矯正治療中に一時的な下顎神経麻痺が出現した骨格性開咬症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 323. ( 医中誌 )

  622. 福山 英治, 大村 進, 君塚 幸子, 島崎 一夫, 米満 郁男, 藤田 紘一, 藤内 祝, 小野 卓史. 著しい咬合崩壊を伴う成人唇顎口蓋裂患者に対して欠損補綴を用いず咬合再構成した一例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 331. ( 医中誌 )

  623. 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 重度の叢生による下顎両側小臼歯の半埋伏および過蓋咬合を伴う成人非抜歯症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 329. ( 医中誌 )

  624. 酒井 敬一, 島崎 一夫, 小海 暁, 福山 英治, 小野 卓史. 骨格性下顎前突症患者に対する異なる外科手術法が上部気道形態に与える影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 348. ( 医中誌 )

  625. 若杉 絵美奈, 渡 一平, 石田 雄之, 田中 敏章, 小野 卓史. 低身長治療薬の蛋白同化ホルモン投与により反対咬合改善後に著明な下顎の前方成長が誘発された1症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 317. ( 医中誌 )

  626. 水町 真理子, 渡 一平, 石田 雄之, 小野 卓史. 歯根膜刺激の低下は顎下腺におけるアクアポリン5の局在に影響を与える 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 234. ( 医中誌 )

  627. 大森 浩子, 桐本 博章, 小野 卓史. 不正咬合患者における顎関節症状と顎顔面形態および咬合干渉の関連 日本顎関節学会雑誌. 2011.07; 23 (Suppl.): 121. ( 医中誌 )

  628. 藤田 紘一, 米満 郁男, 島崎 一夫, 渋谷 直樹, 君塚 幸子, 小澤 知倫, 尾崎 周作, 渡貫 圭, 青木 伸二郎, 福山 英治, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 骨格性下顎前突症における上下顎同時移動術前後の咽頭部気道形態の評価 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 158. ( 医中誌 )

  629. 君塚 幸子, 藤田 紘一, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 小澤 知倫, 大村 進, 藤内 祝. 顎矯正手術における簡便な近位骨片の位置決め T字型ロッキングミニプレートの応用 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 147. ( 医中誌 )

  630. 君塚 幸子, 米満 郁男, 藤田 紘一, 島崎 一夫, 小野 卓史, 小澤 知倫, 大村 進, 藤内 祝. ステロイドとビスフォスフォネート製剤を内服する骨格性下顎前突症患者に外科的矯正治療を行った1例 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 114. ( 医中誌 )

  631. 米満 郁男, 藤田 紘一, 島崎 一夫, 渋谷 直樹, 君塚 幸子, 小澤 知倫, 渡貫 圭, 青木 伸二郎, 尾崎 周作, 福山 英治, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 下顎骨前方移動術の術後安定性に関与する因子の検討 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 151. ( 医中誌 )

  632. 大村 進, 米満 郁男, 藤田 紘一, 島崎 一夫, 尾崎 周作, 福山 英治, 小野 卓史, 君塚 幸子, 藤内 祝. 横浜市立大学附属市民総合医療センター歯科・口腔外科・矯正歯科開設後10年間の顎矯正手術症例の検討 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 87. ( 医中誌 )

  633. 島崎 一夫, 大坪 邦彦, 米満 郁男, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 君塚 幸子, 小澤 知倫, 渡貫 圭, 青木 伸二郎, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. 片側過形成により鋏状咬合を呈した上顎前突症の1例 正中分割馬蹄形骨切りによる上顎片側の後上方内側移動 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 130. ( 医中誌 )

  634. 石田 宝義, 藪下 忠親, 小野 卓史. 成長発育期における咀嚼環境の改善は咀嚼神経システムの機能を回復する 顎関節機械受容器の機能に着目して 東京矯正歯科学会雑誌. 2010.12; 20 (2): 140. ( 医中誌 )

  635. 石田 宝義, 藪下 忠親, 小野 卓史. 成長発育期における咀嚼環境の改善は咀嚼神経システムの機能を回復する 顎関節機械受容器の機能に着目して 日本咀嚼学会雑誌. 2010.11; 20 (2): 184-185. ( 医中誌 )

  636. 小野 卓史. 咬合異常からみた舌機能の意義 口腔病学会雑誌. 2010.10; 77 (3): 163-168. ( 医中誌 )

  637. 小海 暁, 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 重度の唇舌的な萠出方向異常を伴う上顎両側犬歯に対して早期治療を行った1例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 300. ( 医中誌 )

  638. 米満 郁男, 藤田 紘一, 島崎 一夫, 富田 大介, 尾崎 周作, 福山 英治, 大村 進, 小野 卓史. 馬蹄形骨切り術を用いて上顎を後上方移動した症例の3次元的考察 3D-CTを用いて 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 248. ( 医中誌 )

  639. 藤田 紘一, 米満 郁男, 島崎 一夫, 富田 大介, 尾崎 周作, 福山 英治, 大村 進, 小野 卓史. 馬蹄形骨切り術を施行した症例における移動様相の評価とその適応の検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 249. ( 医中誌 )

  640. 島崎 一夫, 米満 郁男, 藤田 紘一, 富田 大介, 尾崎 周作, 福山 英治, 大村 進, 小野 卓史. 馬蹄形骨切り術により上顎の後方移動を行った骨格性上顎前突症例の外科的矯正治療の評価 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 248. ( 医中誌 )

  641. 簡野 瑞誠, 来栖 聡, 小野 卓史. ミニスクリューを用いて上顎大臼歯の遠心移動を行った2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 276. ( 医中誌 )

  642. 服部 育子, 渡 一平, 小野 卓史. 成長期の下顎骨機能的側方偏位が顎関節潤滑能に及ぼす影響について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 152. ( 医中誌 )

  643. 平沼 摩耶, 小海 暁, 藪下 忠親, 小野 卓史. 液状試料飼育が成長期ラットの顎関節侵害受容器に及ぼす影響について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 250. ( 医中誌 )

  644. 高田 潤一, 小野 卓史, 宮本 順, 横田 俊明, 出井 彩乃, 疋田 理奈, 森山 啓司. 片側性臼歯部交叉咬合を有する成人骨格性下顎前突症患者における下顎蝶番軸の評価 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 157. ( 医中誌 )

  645. 田村 梨沙, 俣木 志朗, 小野 卓史, 森山 啓司, 荒木 孝二. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者における体位変化に伴う各種検査値への影響と重症度との関連性について 口腔病学会雑誌. 2010.03; 77 (1): 99. ( 医中誌 )

  646. 湊 亜紀子, 小野 卓史, 宮本 順, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 舌感覚の皮質投射パタンにおける習慣性咀嚼側の関与 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2009.11; 68回 140. ( 医中誌 )

  647. 井上 マリステラ小百合, 小野 卓史, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 破裂音発音時における舌の形状および重心の構音点依存性の経時的変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2009.11; 68回 145. ( 医中誌 )

  648. 湊 亜紀子, 小野 卓史, 宮本 順, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 舌に対する2点弁別試験および触覚刺激に伴う大脳皮質一次体性感覚野の賦活パタンの解析 習慣性咀嚼側との関連 口腔病学会雑誌. 2009.03; 76 (1): 54. ( 医中誌 )

  649. 高田 潤一, 小野 卓史, 宮本 順, 横田 俊明, 森山 啓司. 下顎側方偏位症例における大臼歯の頬舌的位置と口腔内圧の関連 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2008.09; 67回 137. ( 医中誌 )

  650. 佐藤 麻緒, 黄 印湖, 小川 卓也, 辻 美千子, 須田 直人, 小野 卓史, 森山 啓司. 機能的矯正装置で治療したhemifacial microsomia5例の顎態の成長変化に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2008.09; 67回 247. ( 医中誌 )

  651. 小野 卓史. 【OSAS】OSASの歯科的治療 OSASの歯科的治療 歯科臨床研究. 2008.07; 5 (2): 1-9. ( 医中誌 )

  652. 桧山 成寿, 小野 卓史, 森山 啓司. Cervical headgear使用に際しての注意点 睡眠時呼吸機能の変化に関するアンケート調査に基づく一考察 東京矯正歯科学会雑誌. 2008.06; 18 (1): 12-18. ( 医中誌 )

  653. 奥平 真理子, 川元 龍夫, 小野 卓史, 森山 啓司. 上顎前歯部歯槽骨切り術による軟組織側貌変化について 日本顎変形症学会雑誌. 2008.05; 18 (2): 172. ( 医中誌 )

  654. 若林 みちる, 橋本 幸治, 井上 マリステラ小百合, 倉林 亨, 宮本 順, 小野 卓史, 誉田 栄一, 森山 啓司. 機能的磁気共鳴画像法を用いた口唇口蓋裂患者における外言語・内言語生成時の脳賦活領域のマッピング 日本口蓋裂学会雑誌. 2008.04; 33 (2): 256. ( 医中誌 )

  655. 片岡 恵一, 馬場 祥行, 石崎 敬, 小野 卓史, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 上顎骨延長法を応用して咬合の再構成を行った口唇口蓋裂症例 東京矯正歯科学会雑誌. 2007.12; 17 (2): 125. ( 医中誌 )

  656. 小野 卓史. 【医科-歯科診療の連携】口腔疾患・口腔機能と内科疾患 咬合不全と睡眠障害 綜合臨床. 2007.10; 56 (10): 2867-2871. ( 医中誌 )

  657. 奥平 真理子, 川元 龍夫, 小野 卓史, 森山 啓司. 骨格性下顎前突症患者における三次元口唇運動解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 122. ( 医中誌 )

  658. 橋本 幸治, 濱田 俊, 小野 卓史, 鈴木 聖一. 著しい下顎骨左側偏位を伴う下顎前突症患者に対し外科的矯正治療を施行した1例 東京矯正歯科学会雑誌. 2006.12; 16 (2): 179. ( 医中誌 )

  659. 濱田 俊, 大隈 瑞恵, 本橋 信義, 小野 卓史. Chromosome 18 ring syndromeの一治験例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 304. ( 医中誌 )

  660. 佐藤 みちる, 橋本 幸治, 誉田 栄一, 宮本 順, 倉林 亨, 小野 卓史. Functional magnetic resonance imaging(fMRI)を用いた破裂音発音時の小脳賦活領域のマッピング 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 196. ( 医中誌 )

  661. 橋本 幸治, 大塚 亮, 湊 亜紀子, 佐藤 みちる, 高田 潤一, 井上 マリステラ小百合, 宮本 順, 松原 真寿美, 齋藤 城世, 桧山 成寿, 小野 卓史. 上顎骨骨延長術を施行した口唇口蓋裂患者の顎関節症状の短期的変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 265. ( 医中誌 )

  662. 高田 潤一, 高橋 滋樹, 誉田 栄一, 倉林 亨, 小野 卓史. 下顎の側方偏位が口腔内圧に与える影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 192. ( 医中誌 )

  663. 山本 庸介, 佐藤 豊, 新井 直也, 新中 康史, 藤村 倫子, 柚木 泰広, 吉増 秀實, 小野 卓史, 馬場 祥行, 辻 美千子, 伊藤 公一, 大山 紀美栄, 天笠 光雄. 上顎骨延長術と顎裂部骨移植を同時に行った唇顎口蓋裂患者4例の検討 日本顎変形症学会雑誌. 2006.05; 16 (2): 81. ( 医中誌 )

  664. 新井 直也, 山本 庸介, 新中 康史, 黒原 一人, 小野 卓史, 天笠 光雄. 下顎骨骨切り術により治療した下顎骨線維性骨異形成症による顔面非対称の1例 日本顎変形症学会雑誌. 2006.05; 16 (2): 109. ( 医中誌 )

  665. 橋本 幸治, 小野 卓史, 誉田 栄一, 倉林 亨, 大山 紀美栄. 下顎前方位による吸気抵抗負荷時の呼吸機能の変化 VASスコアおよびfMRIを用いた評価 口腔病学会雑誌. 2006.03; 73 (1): 145-146. ( 医中誌 )

  666. 濱田 俊, 小野 卓史, 大塚 亮, 前田 恵子, 橋本 幸治, 井上 マリステラ小百合, 工藤 淳夫, 大山 紀美栄. 著しい下顎後退を伴う閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者に下顎骨仮骨延長を施行した1例 東京矯正歯科学会雑誌. 2005.12; 15 (2): 197. ( 医中誌 )

  667. 奥平 真理子, 川元 龍夫, 大久保 和美, 小野 卓史, 本橋 信義, 大山 紀美栄. 口唇運動の三次元解析システム 日本顎変形症学会雑誌. 2005.12; 15 (3): 114-125. ( 医中誌 )

  668. 井上 マリステラ小百合, 小野 卓史, 誉田 栄一, 倉林 亨, 大山 紀美栄. 磁気共鳴画像(MRI)を利用した動画による構音器官の同時運動解析 Journal of Oral Biosciences. 2005.09; 47 (Suppl.): 114. ( 医中誌 )

  669. 小野 卓史. 健康な心と身体は口腔から 睡眠時無呼吸症候群に歯科医学が関われることは 日本歯科医学会誌. 2005.03; 24 17-20. ( 医中誌 )

  670. 石崎 敬, 馬場 祥行, 小野 卓史, 渡辺 雅代, 篠原 享太郎, 鈴木 聖一, 大山 紀美栄. 骨延長法の応用による口唇口蓋裂患者の治療の多様化 東京矯正歯科学会雑誌. 2004.12; 14 (2): 217. ( 医中誌 )

  671. 大久保 和美, 本橋 信義, 持田 真寿美, 川元 龍夫, 小野 卓史, 大山 紀美栄. 顔面運動の三次元解析システム 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 312. ( 医中誌 )

  672. 渡辺 雅代, 馬場 祥行, 小野 卓史, 石崎 敬, 鈴木 聖一, 石井 正俊, 吉増 秀實, 大山 紀美栄. 上顎骨前方移動と歯槽骨近心移動の同時骨延長術を適用した口唇口蓋裂の治療例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 305. ( 医中誌 )

  673. 大塚 亮, Almeida Fernanda R, Lowe Alan A, 小野 卓史, 大山 紀美栄. 睡眠時無呼吸症候群患者の咬合に対する口腔内装置の短期的影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 175. ( 医中誌 )

  674. 小野 卓史. 【睡眠関連疾患診療のノウハウ】睡眠呼吸障害 歯科医の立場から 診断と治療. 2004.07; 92 (7): 1145-1149. ( 医中誌 )

  675. 川元 龍夫, 本橋 信義, 濱田 俊, 深田 健二, 神田 尚治, 齋藤 城世, 鹿野 晶, 畑井 多喜子, 中川 史彦, 小野 卓史, 大山 紀美栄. 術前矯正治療における上顎小臼歯抜去が,下顎後方移動術後の長期的顎態変化に与える影響 日本顎変形症学会雑誌. 2003.12; 13 (3): 218. ( 医中誌 )

  676. 北村 敦, 本橋 信義, 川元 龍夫, 平石 有, 酒井 聡, 小野 卓史, 馬場 祥行, 鈴木 聖一, 大山 紀美栄. 上顎歯槽部骨延長に伴う歯髄血流の変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 277. ( 医中誌 )

  677. 持田 真寿美, 對木 悟, 齋藤 城世, 小野 卓史, 大山 紀美栄. 上顎骨延長法にともなう上部気道の形態的・機能的変化とその安定性 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 267. ( 医中誌 )

  678. 小野 卓史. 【歯科と医科の接点】睡眠と咬合 閉塞型睡眠時無呼吸症候群 THE BONE. 2003.07; 17 (4): 381-386. ( 医中誌 )

  679. 大塚 亮, 畑井 多喜子, 濱田 俊, 深田 健二, 中川 史彦, 川元 龍夫, 小野 卓史, 本橋 信義, 大山 紀美栄, 重藤 良子. 顎変形症患者の長期予後調査におけるアンケート結果 日本顎変形症学会雑誌. 2002.12; 12 (3): 162. ( 医中誌 )

  680. 神田 尚治, 本橋 信義, 大塚 亮, 川元 龍夫, 小野 卓史, 大山 紀美栄. 上下顎前歯部歯槽骨切り術を用いて口許の突出感を改善した2症例の外科的矯正治療 東京矯正歯科学会雑誌. 2002.12; 12 (2): 214. ( 医中誌 )

  681. 中川 史彦, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. 実験的鼻閉塞による頭部の三次元的変化 東京矯正歯科学会雑誌. 2002.12; 12 (2): 130-139. ( 医中誌 )

  682. 檜山 成寿, 對木 悟, 小野 卓史, 黒田 敬之, 大山 紀美栄. 下顎の前方移動が睡眠中の上部気道形態に及ぼす影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 128. ( 医中誌 )

  683. 品川 英朗, 小野 卓史, 大山 紀美栄, 誉田 栄一, 入來 篤史. 構音器官の運動と皮質賦活領域との関係 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 132. ( 医中誌 )

  684. 小野 卓史. 顎顔面領域の脳機能画像 舌運動制御の脳機能MRI 歯科基礎医学会雑誌. 2002.09; 44 (5): 373. ( 医中誌 )

  685. 品川 英朗, 小野 卓史, 大山 紀美栄, 入來 篤史. MRI動画記録法による口唇口蓋裂患者構音器官の発話時動作解析 歯科基礎医学会雑誌. 2002.09; 44 (5): 456. ( 医中誌 )

  686. 小野 卓史, 誉田 栄一. 機能的磁気共鳴画像(fMRI)を用いた口腔機能の変化に対応する脳賦活部位の評価 INNERVISION. 2002.07; 17 (8): 65. ( 医中誌 )

  687. 栗林 玄, 高橋 滋樹, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. バイオネーターのパラタルアーチが口腔周囲筋筋活動に与える影響 東京矯正歯科学会雑誌. 2002.06; 12 (1): 11-16. ( 医中誌 )

  688. 北村 敦, 渡辺 雅代, 本橋 信義, 小野 卓史, 川元 龍夫, 馬場 祥行, 平石 有, 鈴木 聖一, 浅川 幸子, 大山 紀美栄. 上顎歯槽部骨延長に伴う歯髄血流及び新生骨密度の変化についての実験的研究 日本口蓋裂学会雑誌. 2002.04; 27 (2): 258. ( 医中誌 )

  689. 川元 龍夫, 本橋 信義, 濱田 俊, 今村 尚子, 深田 健二, 中川 史彦, 小野 卓史, 加藤 嘉之, 黒田 敬之. 下顎骨前方移動術を行った7症例の顎態変化 日本顎変形症学会雑誌. 2001.12; 11 (3): 182-193. ( 医中誌 )

  690. 品川 英朗, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 誉田 栄一, 入來 篤史, 黒田 敬之. 舌運動に関連する脳賦活領域と習慣性咀嚼側との関係 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2001.10; 60回 172. ( 医中誌 )

  691. 北村 敦, 本橋 信義, 大塚 亮, 平石 有, 草山 正臣, 濱田 俊, 五十嵐 一吉, 小野 卓史, 黒田 敬之. 著しい顔面非対称7症例の顎態と咬合機能の関連について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2001.10; 60回 160. ( 医中誌 )

  692. 前田 恵子, 大塚 亮, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. 中枢性入力が嚥下運動に与える影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2001.10; 60回 173. ( 医中誌 )

  693. 濱田 俊, 本橋 信義, 川元 龍夫, 重藤 良子, 大塚 亮, 今村 尚子, 深田 健二, 中川 史彦, 小野 卓史, 加藤 嘉之. 下顎枝矢状分割術を施した顔面非対称患者の術後の前頭面顎態パタンの変化 日本顎変形症学会雑誌. 2001.08; 11 (2): 130. ( 医中誌 )

  694. 東中川 真木子, 原田 清, 榎本 昭二, 濱田 俊, 大塚 亮, 小野 卓史, 黒田 敬之. 下顎骨仮骨延長術が奏効した閉塞性睡眠時無呼吸症候群の1例 日本顎変形症学会雑誌. 2001.08; 11 (2): 127-128. ( 医中誌 )

  695. 今村 尚子, 檜山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. 思春期前口唇口蓋裂患者のアデノイド及び上気道の特徴 日本口蓋裂学会雑誌. 2001.04; 26 (1): 31-43. ( 医中誌 )

  696. 鈴木 聖一, 辻 美千子, 中川 史彦, 檜山 成寿, 山本 真, 川元 龍夫, 須田 直人, 小野 卓史, 馬場 祥行, 本橋 信義. ロールプレイを取り入れた顎顔面矯正学実習 口腔病学会雑誌. 2001.03; 68 (1): 159. ( 医中誌 )

  697. 加藤 嘉之, 本橋 信義, 今村 尚子, 中川 史彦, 川元 龍夫, 小野 卓史, 黒田 敬之. 顔面非対称患者の正貌骨格形態と下顎頭運動路の関連(Relation between Frontal Morphology of the Facial Skeleton and the Condylar Path in Facial Asymmetry Patients) 日本顎変形症学会雑誌. 2000.12; 10 (3): 264-272. ( 医中誌 )

  698. 今村 尚子, 檜山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. 青年期口唇口蓋裂患者の上部気道及びアデノイドの形態的特徴 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2000.10; 59回 125. ( 医中誌 )

  699. 中川 史彦, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. 鼻閉に伴う頭位及びオトガイ位の三次元的変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2000.10; 59回 144. ( 医中誌 )

  700. 檜山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. 下顎位及び体位変化に伴う鼻腔通気度の変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2000.10; 59回 148. ( 医中誌 )

  701. 品川 英朗, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之, 誉田 栄一, 佐々木 武仁. 機能的磁気共鳴画像(fMRI)を用いた舌運動に関連する脳賦活領域の評価 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2000.10; 59回 146. ( 医中誌 )

  702. 小野 卓史. 睡眠と咬合 閉塞型睡眠時無呼吸症候群をめぐる歯科的問題 日本全身咬合学会雑誌. 2000.10; 6 (2): 208-217. ( 医中誌 )

  703. 高橋 滋樹, 栗林 玄, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. 舌位の変化は咀嚼筋筋活動の変化を誘発する 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2000.10; 59回 147. ( 医中誌 )

  704. 椎木 俊秀, 長谷川 毅, 小野 卓史, 神山 潤. 口蓋扁桃アデノイド摘除術後も睡眠呼吸障害を呈した小児例3例 臨床脳波. 2000.10; 42 (10): 683-685. ( 医中誌 )

  705. 濱田 俊, 本橋 信義, 川元 龍夫, 今村 尚子, 深田 健二, 中川 史彦, 小野 卓史, 加藤 嘉之, 黒田 敬之. 骨格性下顎後退症患者の下顎前方移動術に伴う側貌変化 日本顎変形症学会雑誌. 2000.08; 10 (2): 209. ( 医中誌 )

  706. 川元 龍夫, 本橋 信義, 濱田 俊, 今村 尚子, 深田 健二, 中川 史彦, 小野 卓史, 加藤 嘉之, 黒田 敬之. 下顎骨前方移動術を施行した下顎後退症の術後の顎態変化について 日本顎変形症学会雑誌. 2000.08; 10 (2): 208-209. ( 医中誌 )

  707. 品川 英朗, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 泰羅 雅登, 入來 篤史, 黒田 敬之. 機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を用いた舌運動に伴う脳賦活領域の同定 歯科基礎医学会雑誌. 2000.08; 42 (5抄録集): 431. ( 医中誌 )

  708. 檜山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 加藤 嘉之, 黒田 敬之. 顎関節可動性と習慣性咀嚼側及び顎関節症有症状側との関連 日本顎関節学会雑誌. 2000.04; 12 (1): 6-13. ( 医中誌 )

  709. 大塚 亮, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之, 誉田 栄一, 佐々木 武仁. 体位変換及び頭部回転に伴う上気道の機能的・形態的変化 口腔病学会雑誌. 2000.03; 67 (1): 109. ( 医中誌 )

  710. 桧山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. Cervical headgear装着に伴う下顎位の変化 Orthodontic Waves. 1999.10; 58 (5): 344-352. ( 医中誌 )

  711. 加藤 嘉之, 本橋 信義, 五十嵐 一吉, 中川 史彦, 川元 龍夫, 小野 卓史, 黒田 敬之. 顎変形症患者の術前矯正治療中における顎関節症状の変化 Orthodontic Waves. 1999.10; 58 (5): 360-367. ( 医中誌 )

  712. 檜山 成寿, 今村 尚子, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. 習慣性咀嚼側の発現と咬合因子 日本顎口腔機能学会雑誌. 1999.09; 6 (1): 1-10. ( 医中誌 )

  713. 加藤 嘉之, 本橋 信義, 布留川 創, 松崎 雅子, 中川 史彦, 川元 龍夫, 小野 卓史, 黒田 敬之. 顔面非対称症例の下顎頭運動経路 日本顎変形症学会雑誌. 1999.08; 9 (2): 102-103. ( 医中誌 )

  714. 川元 龍夫, 本橋 信義, 五十嵐 一吉, 小野 卓史, 森山 啓司, 馬場 祥行, 加藤 嘉之, 宮坂 貴仁, 黒田 敬之. 開咬ならびに下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症7症例の術後の顎態変化 日本顎変形症学会雑誌. 1998.12; 8 (3): 203-212. ( 医中誌 )

  715. 檜山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫. Cervical headgear装着に伴う口腔咽頭領域の形態変化 Orthodontic Waves. 1998.05; 57 (2): 77-82. ( 医中誌 )

  716. 檜山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫. Headgear装着に伴う頭位の変化 日本矯正歯科学会雑誌. 1997.10; 56 (5): 281-288. ( 医中誌 )

  717. 檜山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫. Headgear装着に伴う咀嚼筋,オトガイ舌筋及び胸鎖乳突筋筋活動の変化様相 日本矯正歯科学会雑誌. 1997.04; 56 (2): 75-82. ( 医中誌 )

  718. 中川 史彦, 小野 卓史, 石渡 靖夫. 呼吸相の違いによる口腔咽頭領域の形態変化 日本矯正歯科学会雑誌. 1996.10; 55 (5): 337-344. ( 医中誌 )

  719. 檜山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫. Herbst装置使用にともなう形態及び機能の短期的変化 日本顎口腔機能学会雑誌. 1996.06; 3 (1): 47-52. ( 医中誌 )

  720. 小野 卓史, 黒田 敬之. いびきと睡眠時無呼吸症候群 歯科的アプローチ 口腔病学会雑誌. 1994.12; 61 (4): 606. ( 医中誌 )

  721. 小野 卓史. 舌下神経運動ニューロンに直接投射する呼吸ニューロンの嚥下時における活動様式 口腔病学会雑誌. 1991.03; 58 (1): 329. ( 医中誌 )

  722. 小野 卓史. 舌下神経運動ニューロンに直接投射する延髄網様体の呼吸ニューロン 口腔病学会雑誌. 1990.09; 57 (3): 370-384. ( 医中誌 )

  723. Ono T. [Respiratory neurons in medullary reticular formation which directly project to hypoglossal motoneurons in cats]. Kokubyo Gakkai zasshi. The Journal of the Stomatological Society, Japan. 1990.09; 57 (3): 370-84. ( PubMed, DOI )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. The effect of type 1 Diabetes Mellitus on the craniofacial complex. In; Type 1 Diabetes Complications. In Tech, 2011 (ISBN : 978-953-307-788-8)

  2. 監修 小野卓史,小海暁,執筆 細道純,石田雄之,臼見莉沙,沖原秀政,上杉俊輔, 池田侑平,今村俊博. 矯正歯科のための重要16キーワード ベスト320論文 (トムソン・ロイターシリーズ). クインテッセンス出版, 2017.10 (ISBN : 978-4-7812-0579-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Saori Wataya,Takashi Ono. Involvement of maxillary occlusal plane inclination on postoperative relapse in patients with facial asymmetry. The 56th Annual Scientific Congress Of Korean Association Of Orthodontists 2023.10.25 Jeju Island Korea

  2. Yuri Kinoshita, Keiko Fukino, Yoshiro Matsumoto, Joe Iwanaga, Takashi Ono, Keiichi Akita. Structure of the muscle layers and direction of the muscle bundles in the soft palate for clarification of the velopharyngeal closure. oint Congress of European Association of Clinical Anatomy (EACA) and International Symposium of Clinical and Applied Anatomy (ISCAA) 2023.09.14 Carolinum, Prague

  3. Jia Qi, Yoshiro Matsumoto, Cangyou Xie, Fatma Rashed, Takashi Ono , Kazuhiro Aoki. Local delivery of bone anabolic agents protects the thin alveolar bone in the murine mechanical orthodontic force model. The 41st Annual Meeting of the Japanese Society for Bone and Mineral Research 2023.07.27 Tokyo

  4. Shuntaro Iwaki, Ikuo Yonemitsu, Makoto Tabata, Mirei Keitoku, Takashi Ono . Unilateral nasal obstruction and nitric oxide mediate reversible morphological and phenotypic changes in masticatory muscles in growing rats. 2023 Annual Congress of the European Orthodontic Society 2023.06.11 Oslo, Norway

  5. MoeTanigawa, Chiho Kato, Takashi Ono, Naofumi Uesaka. Effects of unilateral nasal obstruction during the growth period on cerebellar neural circuit and function. The 100th Anniversary Annual Meeting of The Physiological Society of Japan 2023.03.11 Kyoto, Kyoto

  6. Qi J, Matsumoto Y, Rashed F, Xie C, Yixin L, Aoki K, Ono T. Bone response to buccal tooth movement by light continuous force in mice. The 13th Asian Pacific Orthodontic Congress. 2022.10.28 Seoul, Korea

  7. Li Ruixin, Kato Chiho, Abe Yasunori, Fujita Akiyo, Ogawa Takuya, Ishidori Hideyuki, Misawa Eri, Okihara Hidemasa, Kokai Satoshi, Ono Takashi. Altered neuromuscular behavior during cortically-elicited rhythmic jaw movement in obese Zucker rat. The 81st Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society. 2022.10.01 Osaka, Japan

  8. Guan Hao, Yonemitsu Ikuo, Ikeda Yuhei, Ono Takashi. Reversible effects of functional mandibular lateral shift on masticatory muscles in the growing rats. The 81st Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society. 2022.10.01 Osaka, Japan

  9. Lou Yixin, Matsumoto Yoshiro, Iseki Sachiko, Qi Jia, Ono Takashi. Observation of root resorption/repair and related cytokines by application/removal of light orthodontic force in rats. The 81st Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society. 2022.10.01 Osaka, Japan

  10. Sun Wenqian, Ogawa Takuya, Okihara Hidemasa, Ishidori Hideyuki, Misawa Eri, Kato Chiho, Ono Takashi. Impact of change in food properties on learning/memory function in the growing mice. The 81st Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society. 2022.10.01 Osaka, Japan

  11. Lou Yixin, Matsumoto Yoshiro, Iseki Sachiko, Qi Jia, Ono Takashi. ラットにおけるlight orthodontic forceの応用/除去による歯根吸収/修復と関連サイトカインの観察(Observation of root resorption/repair and related cytokines by application/removal of light orthodontic force in rats). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2022.10.01

  12. Li Ruixin, Kato Chiho, Abe Yasunori, Fujita Akiyo, Ogawa Takuya, Ishidori Hideyuki, Misawa Eri, Okihara Hidemasa, Kokai Satoshi, Ono Takashi. 肥満Zuckerラットの皮質刺激による律動顎運動における神経筋動態の変化(Altered neuromuscular behavior during cortically-elicited rhythmic jaw movement in obese Zucker rat). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2022.10.01

  13. Sun Wenqian, Ogawa Takuya, Okihara Hidemasa, Ishidori Hideyuki, Misawa Eri, Kato Chiho, Ono Takashi. 給餌の性状変化が成長期マウスの学習/記憶機能に及ぼす影響(Impact of change in food properties on learning/memory function in the growing mice). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2022.10.01

  14. Guan Hao, Yonemitsu Ikuo, Ikeda Yuhei, Ono Takashi. 成長期ラットの咀嚼筋に対する機能的下顎骨側方移動の可逆的効果(Reversible effects of functional mandibular lateral shift on masticatory muscles in the growing rats). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2022.10.01

  15. Lou Yixin, Matsumoto Yoshiro, Iseki Sachiko, Qi Jia, Ono Takashi. ラットにおけるlight orthodontic forceの応用/除去による歯根吸収/修復と関連サイトカインの観察(Observation of root resorption/repair and related cytokines by application/removal of light orthodontic force in rats). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2022.10.01

  16. Li Ruixin, Kato Chiho, Abe Yasunori, Fujita Akiyo, Ogawa Takuya, Ishidori Hideyuki, Misawa Eri, Okihara Hidemasa, Kokai Satoshi, Ono Takashi. 肥満Zuckerラットの皮質刺激による律動顎運動における神経筋動態の変化(Altered neuromuscular behavior during cortically-elicited rhythmic jaw movement in obese Zucker rat). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2022.10.01

  17. Sun Wenqian, Ogawa Takuya, Okihara Hidemasa, Ishidori Hideyuki, Misawa Eri, Kato Chiho, Ono Takashi. 給餌の性状変化が成長期マウスの学習/記憶機能に及ぼす影響(Impact of change in food properties on learning/memory function in the growing mice). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2022.10.01

  18. Guan Hao, Yonemitsu Ikuo, Ikeda Yuhei, Ono Takashi. 成長期ラットの咀嚼筋に対する機能的下顎骨側方移動の可逆的効果(Reversible effects of functional mandibular lateral shift on masticatory muscles in the growing rats). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2022.10.01

  19. Fukino Keiko, Tsutsumi Masahiro, Ono Takashi, Akita Keiichi. 顎関節の関節包後方部の形態学的解析(Morphological analysis of the posterior part of the joint capsule of the temporomandibular joint). The Journal of Physiological Sciences 2021.08.01

  20. Kamaratih Anindya, Ohmori Hiroko, Aoyagi Misaki, Kanno Zuisei, Ono Takashi. 固形食摂取時の胃内容排出速度に対する前歯部開咬の影響(Effect of anterior open bite on gastric emptying rate using solid meal). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2019.11.01

  21. Suzuki H, Furuya J, Matsubara C, Kagihuku Y, Ono T, Akazawa C, Asada T, Minakuchi S. Approaches of investigating oral function in Mild Cognitive Impairment (MCI) patients. The 6th Tri-University Consortium 2018.11.30 Tokyo, Japan

  22. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Lekvijittada K, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T.. β2-adrenergic antagonist butoxamine reduces the mandibular growth retardation caused by intermittent hypoxia in adolescent rats.. The 77th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2018.11.01 Yokomaha, Japan

  23. Hong H, Hosomichi J, Maeda M, Lekvijittada K, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Suzuki JI, Yoshida KI, Ono T.. Different effects of intermittent hypoxia on mandibular growth in the juvenile and adolescent rats.. Wuhan University PhD seminar 2018.08.20 Wuhan, China

  24. Uchikawa Y, Hosomichi J, Suzuki J, Yamaguchi H, Ishida Y, Hatano K, Usumi-Fujita R, Shimizu Y, Kaneko S, Uesugi S, Ono T.. Differential growth response of craniofacial and limb bones to hypertension with sympathetic hyperactivity in rats.. 96th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR) 2018.07.27 London, UK

  25. Lekvijittada K, Hosomichi J, Maeda H, Hong H, Changsiripun C, Kuma Y, Oishi S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Influence of intermittent hypoxia on condylar growth : A study in infant rats. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference 2018.03.25 Boracay, Republic of the Philippines

  26. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Kochakorn L, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. The impact of a ß2-adrenergic antagonist, butoxamine on mandibular growth retardation caused by intermittent hypoxia in growing rats. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference 2018.03.05 Boracay, Republic of the Philippines

  27. Hosomichi J, Maeda H, Kuma Y, Oishi S, Yoshida KI, Ono T. Differential effects of intermittent hypoxia on phenotypic and metabolic features of airway muscles in weaning- and adolescent-aged rats. 第5回東京医科大学記念会館ポスター発表懇談会 2018.02.22 東京

  28. Hong H, Hosomichi J, Maeda H, Kochakorn L, Oishi S, Kuma Y, Yamaguchi H, Ishida Y, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. The impact of a ß2-adrenergic antagonist, butoxamine on mandibular growth retardation caused by intermittent hypoxia in growing rats . 第5回東京医科大学記念会館ポスター発表懇談会 2018.02.22 東京

  29. Manabe A, Ishida T, Ono T. Changes in the propotions of adenoid and tonsil size to the upper airway area in japanese individuals: a cross-sectional study. The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2017.11.18 Tokyo

  30. Hosomichi J, Maeda H, Yoichiro Kuma, Oishi S, Yoshida KI, Ono T. Differential effects of intermittent hypoxia on phenotypic and metabolic features of airway muscles in weaning- and adolescent-aged rats. World Sleep 2017 2017.10.11 Prague, Czech Republic

  31. Watari I, Yonemitsu I, Kirii A, Koketsu M, Hagiwara M, Ozawa E, Kanaguchi-Arita A, Ono T. Pharyngeal airway changes after lower teeth distal movement using the implant anchorage. 9th World Implant Orthodontic Conference 2017.07.02 Kobe

  32. Yamaguchi H, Ishida Y, Hosoimichi J, Suzuki J, Ono T. Transfection of NF-κB decoy into the rodent periodontium using ultrasound-microbubble technique prevents the progression of the periodontitis. The 93rd congress of the European Orthodontic Society 2017.06.05 Montreux, Switzerland

  33. Ogawa T, Okihara H, Kokai S, Michikawa M, Ono T. Nasal obstruction induces memory and learning impairment and decreases the number of hippocampal neurons in growing mice. The 93rd congress of the European Orthodontic Society 2017.06.05 Montreux, Switzerland

  34. Suzuki K, Kokai S, Uesugi S, Nishiyama A, Ono T. Evaluation of the laterality of the tissue oxygen saturation of masticatory muscles in subjects with facial asymmetry. The 93rd congress of the European Orthodontic Society 2017.06.05 Montreux, Switzerland

  35. Ren E, Watari I, Hsu J, Mizumachi-Kubono M, Inoue K, Watabe T, Ono T. Unilateral nasal obstruction effects gustatory function in rats. The 39 th Annual Scientific Conference on Dental Research 2017.03.31 Ho Chi Minh city, Vietnam

  36. Kenzo Watakabe, Ikuo Yonemitsu, Yuhei Ikeda, Mutsumi Miyazaki, Takashi Ono. Nasal obstruction in growing rats induces morphological and histological changes in the mandible. The 39 th Annual Scientific Conference on Dental Research 2017.03.31 Ho Chi Minh city, Vietnam

  37. Hosomichi J, Suzuki T, Shibutani N, Hatano K, Yamaguchi H, Kuma K, Kaneko S, Ono T. . Distribution of Ki67 and LGR5-positive Periodontal Cells During Tooth Movement. 2017 IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 2017.03.22 San Francisco, CA, USA

  38. Lai WJ, Midorikawa Y, Kanno Z, Ono T. Development of a device for three-dimensional measurement of orthodontic force systems requiring high operability.. The 29th TAO Annual Meeting 2016.12.02 Taipei, Taiwan

  39. Uchima Koecklin Karin H., Kato Chiho, Kataguchi Taku, Okihara Hidemasa, Ishida Takayoshi, Fujita Koichi, Yabushita Tadachika, Kokai Satoshi, Ono Takashi. 成長後期における鼻閉塞後の舌突出筋収縮能の変化(Contractile properties changes in the tongue-protruding muscles after nasal obstruction during late stages of growth). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2016.11.01

  40. Ono T. Myths and facts in the Japanese Ni-Ti archwire. The 10th Asia Pacific Orthodontic Conference 2016.09.01 Bali, Indonesia

  41. Imamura T, Kanno Z, Wada T, Honda E, Uo M, Ono T. Infiltration of trace metal ions in the oral mucosa analyzed using SR-XRF, XAFS, and ICP-MS. The 10th Asia Pacific Orthodontic Conference 2016.09.01 Bali, Indonesia

  42. Fukino K, Sakaguhci-Kuma T, Shimazaki K, Ono T, Akita K. An anatomical study concerning superior region of the superior constrictor of the pharynx. The 8th international Symposium of Clinical and Applied Anatomy 2016.09.01 Budapest, Hungry

  43. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Usumi-Fujita R, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Shibutani N, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Intermittent hypoxia influences bone microstructure via hypoxia inducible factor and VEGF in growing rats. The 10th Asia Pacific Orthodontic Conference 2016.09.01 Bali, Indonesia

  44. Sakaguchi-Kuma T, Fukino K, Shimazaki K, Yamaguchi K, Okuda I, Ono T, Akita K. An anatomic study of the functional relationships between the temporalis with reference to the anterolateral muscle bundle and the facial muscle layer. The 8th International Symposium of Clinical and Applied Anatomy 2016.09.01 Budapest, Hungary

  45. Satokawa C, Nishiyama A, Suzuki K, Uesugi S, Kokai S, Ono T. Changes in tissue oxygen saturation during various continuous clenching tasks. The 94th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2016.06.24 Seoul, Korea

  46. Kimura K, Shimazaki K, Sugimoto K, Ono T. Influence of Habitual Mouth-breathing on Taste Sensation. The 35th Annual Meeting of the International Association for Dental Research Korean Division 2016.06.23 Seoul, Korea

  47. Abe Y, Uchima Koecklin KH, Kato C, Kokai S, Ono . Effects of nasal obstruction on development of the motor representation within the facial primary motor cortex in growing rats.. The 92nd Congress of the European Orthodontic Society 2016.06.11 Stockholm, Sweden

  48. Ozawa E, Honda E, Ohmori H, Shimazaki K, Kurabayashi T, Ono T. Influence of orthodontic appliance-derived artifacts on 3-T MRI movies. The 94th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2016.05.26 Seoul, Korea

  49. Velusamy P, Matin K, Shimada Y, Kanno Z, Ono T, Tagami J. Detection of Hidden Enamel Demineralization beneath Orthodontic Brackets using Optical Coherence Tomography. The 116 th Annual session - American Association of Orthodontists 2016.04.29 Florida, USA

  50. Kasahara Y, Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Kaneko S, Ishida Y, Shibutani N, Shimizu Y, Okito A, Oishi S, Kuma Y, Ono T. Effect of low-intensity pulsed ultrasound on periodontal tissues in occlusal hypofunctional teeth. The 38th Annual Scientific Conference on Dental Research 2016.04.04 Ho Chi Minh city, Vietnam

  51. Kimura Kanako, Nakamura Tatsuya, Hayashi Yuichiro, Ono Takashi, Azami Yusuke, Hirose Katsumi, Yabuuchi Tomonori, Suzuki Motohisa, Wada Hitoshi, Yukawa Ami. 当院における子宮頸癌の放射線治療成績(Preliminary results of radiation therapy for forty-one patients of cervical cancer in single institute). 日本医学放射線学会学術集会抄録集 2016.02.01

  52. 桐井絢子、島崎一夫、酒井敬一、小野卓史. 上下顎歯列弓幅径の拡大に伴う舌骨の位置および咽頭気道形態の変化. 第79回口腔病学会学術大会 2014.12.06 東京

  53. Honda K, Fujita K, Shibutani N, Yonemitsu I, Shimazaki K, Murata S, Takasu H, Yamashita Y, Iwai T, Ono T, Omura S, Tohnai I. A clinical survey of facial deformity patients at the Yokohama City University Medical Center. 47th Annual Scientific Congress, Korean Association of Orthodontists 2014.10.30 Seoul

  54. Fujita K, Omura S, Shibutani N, Honda K, Nozato T, Yamashita Y, Takasu H, Murata S, Tohnai I, Ono T. Medium-term stability of Le Fort I sliding osteotomy. 47th Annual Scientific Congress, Korean Association of Orthodontists 2014.10.30 Seoul

  55. Uchima Koecklin KH, Kato C, Funaki Y, Hiranuma M, Ishida T, Fujita K, Yabushita T, Kokai S, Ono T. Nasal obstruction increases the tongue protrusion forces in growing rats.. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  56. Nunthayanon K, Honda E, Ohmori H, Inoue-Arai MS, Shimazaki K, Kurabayashi T, Ono T. Comparison of fricative sound between anterior open bite and normal subjects: 3T MRI movie method. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  57. Watari I, Aoyama-Wakasugi E, Podyma-Inoue KA, Yanagishita M, Ono T. Changes in the expression of incretin receptors in a mouse osteoblastic cell line in response to various glucose concentrations. 17th International Symposium on Molecular Medicine 2014.10.09 Athens

  58. Nunthayanon Kulthida, Honda Ei-ichi, Ohmori Hiroko, Inoue-Arai Maristela Sayuri, Shimazaki Kazuo, Kurabayashi Tohru, Ono Takashi. 前開咬と正常咬合の被験者間の摩擦音の比較 3T MRI動画法(Comparison of fricative sound between anterior open bite and normal subjects: 3T MRI movie method). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2014.10.01

  59. Sakaguchi T, Fujishiro H, Hayashi N, Yamaguchi K, Shimazaki K, Ono T, Akita K. Positional relationship between articular disc and condylar process. 31st Annual Meeting of American Association of Clinical Anatomists 2014.07.08 Florida

  60. Kuma Y, Usumi-Fujita R, Hosomichi J, Oishi S, Nagai H, Maeda H, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. Growth impairment of nasal airway under intermittent hypoxia during growth period in rats.. 28th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (SLEEP2014), 2014.05.31 Minneapolis

  61. Hosomichi J, Oishi S, Kuma Y, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Shitano C, Suzuki J, Yoshida K, Ono T.. Intermittent-hypoxia-induced expression of autophagy accelerates BNIP3 in the geniohyoid muscles in contrast to gastrocnemius muscle in rats.. 28th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (SLEEP2014) 2014.05.29 Minneapolis

  62. Oishi S, Shimizu Y, Hosomichi J, Kuma Y, Maeda H, Nagai H, Kaneko S, Suzuki J, Yoshida K, Ono T. Disturbance of maxillofacial bone growth induced by intermittent hypoxia in growing rats.. 28th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies (SLEEP2014) 2014.05.29 Minneapolis

  63. Kato Genki, Shimizu Yasuhiro, Sugamori Yasutaka, Takahashi Mariko, Tamura Yukihiko, Ono Takashi, Ohya Keiichi, Aoki Kazuhiro. 関節リウマチモデルマウスに対するRANK様ペプチドの効果(The effects of the RANK-like peptide on murine rheumatoid arthritis model). Journal of Pharmacological Sciences 2014.02.01

  64. Hsu Jui-Chin, Watari Ippei, Honda Koji, Kubono Mariko, Hattori Ikuko, Ishida Yuji, Ono Takashi. 大臼歯抜歯はラット舌において茸状乳頭の分布に影響を及ぼす(Molar extraction influences the distribution of fungiform papillae in the rat tongue). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2012.09.01

  65. 三澤英里,加藤千帆,小川卓也,小海暁,石通秀行,藤田秋世,小野卓史. 成長期咀嚼刺激低下が三叉神経節、Wnt signaling pathwayおよびARHGAP33の分子伝達に与える影響について. 第88回口腔病学会学術大会 2023.12.01 東京

  66. 本田康二, 岩井俊憲, 矢島康治, 南山周平, 村田正人,光藤健司. Le FortI型骨切り時に経上顎洞底的歯根端切除術を行った大臼歯歯根嚢胞を有する顎変形症患者の1例. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.02 新潟市

  67. 加藤千帆,渡一平,小野卓史. 下顎第二大臼歯抜歯に伴う第三大臼歯排列による歯槽骨吸収及び歯根吸収へ与える臨床的特徴. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.02 新潟市

  68. 田中裕香,小野卓史. ポリロタキサン表面のゼータ電位および分子可動性はマクロファージ免疫応答に影響を与えるか. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.02 新潟市

  69. 今井治樹,藤田紘一,石通秀行,間邊安寿雅,本田康二,清水千代,米満郁男,廣田誠,光藤健司,小野卓史. 顎矯正手術計画立案時のCT・歯列位置合わせ誤差検証:メタルアーチファクトによる影響.. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.02 新潟市

  70. .米滿郁男,間邊安寿雅,小野卓史. 成長期下顎側方偏位に対して計画的にdecompensationし機能的矯正装置を用いることで顔面の対称性を得た一症例. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.02 新潟市

  71. 三上直晃,米満 郁男,竹村 裕,頼 威任,簡野 瑞誠,宇尾 基弘,小野 卓史. 高精度Orthodontic simulator用いた空隙閉鎖時における改良型超弾性Ni-Ti合金ワイヤーの力学的解析. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.02 新潟市

  72. 赤倉正人,小野卓史. 2型糖尿病モデルマウスにおける顎下腺GLP-1受容体発現に関する予備的研究. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.02 新潟市

  73. 間邊安寿雅,小野卓史. Antegonial notchの形態解析から顔面形態の成長予測は可能か?. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.02 新潟市

  74. 藤田秋世,小野卓史. シート状グミを用いた舌トレーニングが閉塞性睡眠時無呼吸に与える影響. 第22回日本睡眠歯科学会総会・学術集会 2023.10.07 京都市

  75. 武内優, 細道純, 前田秀将, Hong Haixin, Chidsanu Changsiripun, 小野卓史. 乳児期の間欠的低酸素曝露がもたらす学習記憶機能障害および行動変容の分子病態の解明. 日本睡眠学会第45回定期学術集会・第30回日本時間生物学会学術大会合同大会 2023.09.15 横浜市

  76. 田中崇嗣,臼見莉沙,米満郁男,鈴木康弘,河邊浩明,堤剛,小野卓史. 骨格性下顎前突患者の術前後における睡眠呼吸動態の変化、手術安定性と口蓋扁桃肥大との関連. 日本睡眠学会第45回定期学術集会・第30回日本時間生物学会学術大会合同大会 2023.09.15 横浜市

  77. 吹野恵子,木下佑理,小野卓史,岩永譲,秋田恵一. 口蓋咽頭筋の形態学的解析から筋が中咽頭形態に与える影響を考える. 日本睡眠学会第45回定期学術集会・第30回日本時間生物学会学術大会合同大会 2023.09.15 横浜市

  78. 鈴木拓望,細道純,小野卓史. 日本人妊婦の閉塞性睡眠時無呼吸症の病態と出生児への影響. 第47回日本女性栄養・代謝学会学術集会 2023.08.24 岡山市

  79. 石塚啓太,加藤千帆,小野卓史. 先天性欠如を伴う晩期残存下顎第二乳臼歯の歯根長に影響を与える因子の解明:横断的研究. 第82回東京矯正歯科学会学術大会 2023.07.13 東京

  80. 高田愛子,石井知浩,中浜健一,浅野豪文,小野卓史,中田隆夫. オプトジェネティクスを用いた破骨細胞分化の光制御. 第75回日本細胞生物学会大会 2023.06.28 奈良市

  81. 間邊 安寿雅, 小野 卓史. 成長期に矯正歯科治療を行った下顎前突症患者における成長後の治療法選択予測因子. 第33回日本顎変形症学会総会・学術大会 2023.06.08 東京

  82. 綿屋 早織, 米満 郁男, 臼見 莉沙, 小野 卓史. 顔面非対称患者の術後後戻りに対する上顎咬合面傾斜の関与. 第33回日本顎変形症学会総会・学術大会 2023.06.08 東京

  83. 小野 卓史. 顎変形症治療に伴う呼吸機能の変化 An Overview. 第33回日本顎変形症学会総会・学術大会 2023.06.08 東京

  84. 外内 えり奈, 森田 圭一, 原園 陽介, 小川 卓也, 森山 啓司, 米満 郁男, 小野 卓史, 依田 哲也. 口蓋形成術後の咬合状態に関する検討. 第47回日本口蓋裂学会総会・学術大会 2023.05.25 東京

  85. 中野 夢実, 財津 崇, 相田 潤, 米満 郁男, 小野 卓史. 口臭測定結果の告知による矯正歯科治療患者におけるブラッシングモチベーションの変化. 第72回口腔衛生学会学術大会 2023.05.19 東京

  86. 中野夢実,財津崇,相田潤,米満郁男,小野卓史. 矯正歯科治療における口臭測定とブラッシングモチベーション. 第72回日本口腔衛生学会学術大会 2023.05.19 大阪市

  87. 慶德美怜,米満郁男,池田侑平,湯歓,小野卓史. 成長期ラットにおける鼻呼吸障害の回復がもたらす上下顎骨の形態学的および組織学的変化とその最適時期の解明 . 第87回 口腔病学会学術大会. 2022.12.02 東京都文京区

  88. 小野 卓史, 川元 龍夫. データは語る 鼻呼吸障害と睡眠時無呼吸のからだへの影響. 九州矯正歯科学会雑誌 2022.12.01

  89. 吹野 恵子, 堤 真大, 小野 卓史, 秋田 恵一. 喉頭の挙上を口蓋咽頭筋の甲状軟骨への付着の形態学的解析から考える. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 2022.12.01

  90. 新井 修子, 加藤 千帆, 渡 一平, 小野 卓史. 矯正歯科治療が不正咬合患者の習慣性咀嚼側に与える影響. 東京矯正歯科学会雑誌 2022.12.01

  91. 慶徳 美怜, 米満 郁男, 池田 侑平, 湯 歓, 小野 卓史. 成長期ラットにおける鼻呼吸障害の回復がもたらす上下顎骨の形態学的および組織学的変化とその最適時期の解明. 口腔病学会雑誌 2022.12.01 東京

  92. 田中 裕香, 有坂 慶紀, 秤屋 雅弘, 益田 洋輝, 三神 亮, 関谷 瑠璃子, 岩田 隆紀, 依田 哲也, 小野 卓史, 由井 伸彦. ポリロタキサン表面のゼータ電位と分子可動性がマクロファージの炎症応答に与える効果. 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2022.11.01

  93. 黄 淳碩, 石田 雄之, 李 凱, リンタナラート・ドゥアンタワン , 浜田 義之, 畑野 香澄, 大石 修史, 臼見 莉沙, 細道 純, 小野 卓史. NF-κBデコイ核酸を用いた歯槽骨再生部位における矯正力による歯の移動様相の解析. 第81回日本矯正歯科学会学術大会. 2022.10.01 大阪市

  94. 鈴木 拓望, 細道 純, 前田 秀将, 石田 雄之, 臼見 莉沙, 毛呂 愛香, 小野 卓史. 妊娠期の間欠的低酸素曝露が仔ラットの下顎骨の出生後成長に与える影響について. 第81回日本矯正歯科学会学術大会. 2022.10.01 大阪市

  95. 清水 康広, 青木 和広, 小野 卓史. 成長期マウス運動刺激モデルを用いた身体運動刺激と下顎骨形態との関連. 第81回日本矯正歯科学会学術大会. 2022.10.01 大阪市

  96. 加藤 夢乃, 鈴木 瞳, 杉本 久美子, 高原 楠旻, 辻 美千子, 森山 啓司, 小野 卓史, 依田 哲也, 樺沢 勇司, 吉田 直美. 顎変形症患者の顎矯正手術後の口腔ケアと歯科衛生士の関わり. 第17回日本歯科衛生学会学術大会. 2022.09.28 徳島市

  97. 和田 英治, Wongkitikamjorn Wirongrong, 細道 純, 前田 秀将, 小野 卓史, 林 由起子. 妊娠時の間欠的低酸素曝露が成長期の仔ラット骨格筋に与える影響. 第8回日本筋学会学術集会. 2022.08.01 東京都文京区

  98. 吹野 恵子, 堤 真大, 誉田 栄一, 小野 卓史, 秋田 恵一. 顎関節包後方部の形態学的解析から顎関節の関節円板の安定化機構を考える. 第36回日本顎関節学会学術大会. 2022.07.08 札幌市

  99. 新井修子. 習慣性咀嚼側が不正咬合患者の矯正歯科治療から受ける影響. 第81回東京矯正歯科学会学術大会. 2022.07.07 東京都千代田区

  100. 本田 康二, 岩井 俊憲, 矢島 康治, 南山 周平, 藤田 紘一, 今井 治樹, 米満 郁男, 小野 卓史, 廣田 誠, 光藤 健司. CAD/CAMオステオトミーガイドを用いてオトガイ形成術を行った2例. 第32回日本顎変形症学会総会・学術大会. 2022.06.09 新潟市

  101. 今井 治樹, 藤田 紘一, 山下 陽介, 高須 曜, 小杉 泰史, 遠藤 大雅, 宮城島 弘貴, 本田 康二, 米満 郁男, 小野 卓史, 廣田 誠, 光藤 健司. CAD/CAMスプリント作製時のCT・歯列位置合わせ誤差検証 メタルアーチファクトによる影響. 第32回日本顎変形症学会総会・学術大会. 2022.06.09 新潟市

  102. 田中 崇嗣, 臼見 莉沙, 米満 郁男, 鈴木 康弘, 堤 剛, 小野 卓史. 顎変形症患者における睡眠呼吸障害と口蓋扁桃肥大との関連. 東京矯正歯科学会雑誌 2021.12.01

  103. SRITARA S, MATSUMOTO Y, LOU Y, QI J, AIDA J, ONO T.. Assessment of morphology of temporomandibular joint in relation to the mandibular movement. 第86回口腔病学会学術大会 2021.12 東京

  104. 澤谷 和樹, 石田 宝義, 間邊 安寿雅, 小野 卓史.. 骨格性III級を特徴とするsymphysisの厚みについて-頚椎年齢を指標とした横断調査-. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 横浜市

  105. 石崎 愛子, 石田 雄之, 奥沢 慎子, 清水 千代, 大石 修史, 小野 卓史.. 歯科矯正用アンカースクリューの埋入手段と脱落率の側性との関連. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 横浜市

  106. 米満 郁男, 藤田 紘一, 今井 治樹, 臼見 莉沙, 本田 康二, 廣田 誠, 光藤 健司, 小野 卓史.. 上顎の上方移動に伴う下顎のautorotationは気道の拡張に寄与するか?. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 横浜市

  107. 本田 康二, 藤田 紘一, 今井 治樹, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 廣田 誠, 光藤 健司, 小野 卓史.. CAD/CAM技術を用いて上顎第三大臼歯の移植を行った骨格性上顎前突症例. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 横浜市

  108. 清水 千代, 石田 雄之, 石崎 愛子, 奥沢 槙子, 大石 修史, 阿部 泰典, 小野 卓史.. 前歯部開咬症例における上顎歯槽骨の形態的特徴に関する調査. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 横浜市

  109. 間邊 安寿雅, 澤谷 和樹, 石田 宝義, 小野 卓史.. LeFort I型骨切り術を施行し、Gummy smileを改善した1症例. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 横浜市

  110. 高橋 実沙, 臼見 莉沙, 田中 崇嗣, 間邊 安寿雅, 米満 郁男, 小野 卓史.. 片側唇顎口蓋裂患者に対する早期二次的顎裂部骨移植が裂側隣在歯の萌出後の歯周組織に与える影響. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 横浜市

  111. 今井 治樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 米満 郁男, 久野 昌隆, 廣田 誠, 光藤 健司, 小野 卓史.. プレベンドプレートを用いたCAD/CAM支援手術により顔貌の改善を得た顔面非対称の一例. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 横浜市

  112. 三上 直晃, 米満 郁男, 竹村 裕, 近藤 真阿久, 曽我 公平, 須賀 一博, 簡野 瑞誠, 宇尾 基弘, 小野 卓史.. 高精度6軸センサーを組み込んだOrthodontic simulatorを用いた改良型Ti-Ni合金ワイヤーの力学的解析. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 横浜市

  113. 本田 康二, 藤田 紘一, 今井 治樹, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 廣田 誠, 光藤 健司, 小野 卓史. CAD/CAM技術を用いて上顎埋伏第三大臼歯の移植を行った骨格性上顎前突症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  114. 三上 直晃, 米満 郁男, 竹村 裕, 宇尾 基弘, 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 高精度6軸センサーを組み込んだOrthodontic simulatorを用いた改良型超弾性Ti-Ni合金ワイヤーの力学的解析. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  115. 澤谷 和輝, 石田 宝義, 間邊 安寿雅, 小野 卓史. 骨格性III級を特徴とする日本人のsymphysisの厚みについて 頸椎年齢を指標とした横断調査. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  116. 高橋 実沙, 臼見 莉沙, 田中 崇嗣, 間邊 安寿雅, 米満 郁男, 小野 卓史. 片側唇顎口蓋裂患者に対する早期二次的顎裂部骨移植が裂側隣在歯の萠出後の歯周組織に与える影響. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  117. 石崎 愛子, 石田 雄之, 奥沢 慎子, 清水 千代, 大石 修史, 小野 卓史. 歯科矯正用アンカースクリューの埋入動作と脱落率の側性の関連. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  118. 石田 宝義, 間邊 安寿雅, 澤谷 和輝, 小野 卓史. 日本人における下顎骨の成長発育について 頸椎年齢を指標とした横断的調査. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  119. 三澤 英里, 沖原 秀政, 小川 卓也, 小海 暁, 阿部 泰典, 加藤 千帆, 石通 秀行, 藤田 秋世, 高野 力磨, 谷川 萌, 孫 文倩, 小野 卓史. 成長期咀嚼刺激低下はWnt signaling pathwayおよびARHGAP33の分子伝達を変調する. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  120. 慶徳 美怜, 米満 郁男, 池田 侑平, 湯 歓, 小野 卓史. 成長期ラットにおける鼻呼吸障害の回復がもたらす上下顎骨の形態学的変化とその最適時期の解明. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  121. 清水 千代, 石田 雄之, 石崎 愛子, 奥沢 槙子, 大石 修史, 阿部 泰典, 小野 卓史. 前歯部開咬症例における上顎歯槽骨の形態的特徴に関する調査. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  122. 米満 郁男, 藤田 紘一, 今井 治樹, 臼見 莉沙, 山下 陽介, 本田 康二, 廣田 誠, 光藤 健司, 小野 卓史. 上顎の上方移動に伴う下顎のautorotationは上部気道の拡張に寄与するか?. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  123. 石田 宝義, 間邊 安寿雅, 小野 卓史. 上下顎同時前方移動術により著しい閉塞型睡眠時無呼吸症が改善した1症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  124. 今井 治樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 米満 郁男, 久野 昌隆, 廣田 誠, 光藤 健司, 小野 卓史. プレベンドプレートを用いたCAD/CAM支援手術により顔貌の改善を得た顔面非対称の一例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  125. 間邊 安寿雅, 石田 宝義, 澤谷 和輝, 小野 卓史. Le Fort I型骨切り術を施行しGummy smileを改善した1症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  126. 青木 和広, 松本 芳郎, Khan Masud, 長弘 茂樹, 岩本 勉, 小野 卓史, 田村 幸彦. 顎骨再建の骨形態計測学的評価 RANKL結合ペプチドを用いた顎骨造成(Jaw osteogenesis using RANKL binding peptide). Journal of Oral Biosciences Supplement 2021.10.01

  127. 黄 淳碩, 石田 雄之, 李 凱, 濱田 義之, Rintanalert Duangtawan, 畑野 香澄, 大石 修史, 臼見 莉沙, 細道 純, 小野 卓史. ラット臼歯抜歯窩におけるNuclear Factor Kappa Bデコイオリゴヌクレオチド核酸の抗炎症作用および歯槽骨吸収抑制効果の検証. 日本歯周病学会会誌 2021.10.01

  128. 都築 夏子, 葛西 美樹, 佐川 かおり, 十川 裕子, 古澤 実夏, 矢萩 慧香, 矢嶋 陽向, 足達 淑子, 小野 卓史, 森山 啓司. 新型コロナウイルス感染防止対策を考慮した口腔筋機能療法(MFT)の取り組み. 日本歯科衛生学会雑誌 2021.08.01

  129. 細道 純, 臼見 莉沙, 藤田 紘一, 今井 治樹, 本田 康二, 山下 陽介, 廣田 誠, 大村 進, 小野 卓史.. 上顎臼歯の先天性欠如に留意してWunderer法併用Le Fort I型骨切り術を行った骨格性Ⅱ級開咬の一例. 第31回日本顎変形症学会総会学術大会 2021.06.11 仙台市

  130. 細道 純, 臼見 莉沙, 藤田 紘一, 今井 治樹, 本田 康二, 山下 陽介, 廣田 誠, 大村 進, 小野 卓史. 上顎臼歯の先天性欠如に留意してWunderer法併用Le Fort I型骨切り術を行った骨格性II級開咬の一例. 日本顎変形症学会雑誌 2021.05.01

  131. 葛西 美樹, 鈴木 聖一, 竹廻 祐希, 佐川 かおり, 十川 裕子, 古澤 実夏, 都築 夏子, 足達 淑子, 小野 卓史, 森山 啓司. 某大学病院における口腔筋機能療法システムの構築及びトレーニング評価の取り組み. 日本歯科衛生学会 2020.08

  132. 吹野 恵子, 堤 真大, 二村 昭元, 小野 卓史, 秋田 恵一. 嚥下運動における口蓋咽頭筋の空間的配置に関する解剖学的意義. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 2019.12.01

  133. 井上 維, 小野 岳人, 中島 友紀, 小野 卓史. 咀嚼強化は骨細胞を活性化して頑健な顎骨をつくりあげる. 東京矯正歯科学会雑誌 2019.12.01

  134. 木村 綾, 細道 純, 前田 秀将, 洪 海シン, 大石 修史, 臼見 莉沙, 石田 雄之, 金香 佐和, 吉田 謙一, 小野 卓史. 成長期における間欠的低酸素曝露による上部気道粘膜病態に対する交感神経β2受容体の関与. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2019.11.01

  135. 島峯 隆浩, 小海 暁, 上杉 俊輔, 楠本 康香, 森田 圭一, 小野 卓史. 包括的治療を施行した上顎後退症を伴うKabuki症候群の1例. 東京矯正歯科学会雑誌 2018.12.01

  136. 井上 維, 小野 岳人, 中島 友紀, 小野 卓史. 成長期の咀嚼強化が下顎骨に与える影響の解析. 第77 回日本矯正歯科学会学術大会 2018.11.01 横浜

  137. 佐藤萌, 浅野豪文, 細道純, 石田雄之, 臼見莉沙, 清水康広, 金香佐和, 中田隆夫, 小野卓史. 光遺伝学を用いた骨芽細胞分化メカニズムの解明と制御. 第77回日本矯正歯科学会大会 2018.11.01 横浜市

  138. 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 埋伏上顎中切歯・犬歯の抜去を要した患者に歯の自家移植術を併用し咬合を回復した1症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2018.10.01

  139. 本田 康二, 岩井 俊憲, 藤田 紘一, 今井 治樹, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 口腔内スキャナーを用いてCAD/CAM waferを作製した上下顎移動術. 日本顎変形症学会雑誌 2018.05.01

  140. 山口博之, 石田雄之, 細道純, 鈴木淳一, 小野卓史. 新たな歯周病治療戦略としての核酸医薬DDSの応用. 第2回核酸医薬DDS研究会 2017.12.01 東京

  141. 宇尾基弘, 和田敬広, 前川南, 簡野瑞誠, 小野卓史. 高強度ポリマー材料の歯科矯正ワイヤーへの応用. 第39回 日本バイオマテリアル学会大会 2017.11.20 タワーホール船堀(東京都江戸川区)

  142. 木村佳世, 島崎一夫, 杉本久美子, 小野卓史. 習慣的口呼吸が味覚感受性に与える影響について. 第82回口腔病学会学術大会 2017.11.19 東京

  143. 小澤英里佳, 小澤常徳, 大森浩子, 島崎一夫, 倉林亨, 小野卓史. 磁気共鳴脳血管画像診断における矯正歯科装置の影響. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  144. 酒井敬一, 加藤千帆, 小野卓史. 下顎前歯欠損に対してデンタルインプラントによる補綴を行ったAngle Class I 過蓋咬合症例. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  145. 小川卓也, 沖原秀政, 小海暁, 阿部泰典, Uchima Koecklin Karin Harumi, 牧口実央, 加藤千帆, 藪下忠親, 道川誠, 小野卓史. 成長期鼻呼吸障害に伴う記憶・学習機能および海馬組織の変化に関する多角的解析. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  146. 松本芳郎, 清水康広, 井上維, 小澤英里佳, 佐藤萌, 畑野香澄, 吹野恵子, 奥沢慎子, 澤﨑俊太郎, 郭煕苑, KEO Preksa, Cho Edward, 趙陸, 楊新晟, 小野卓史. 歯の動揺ならびに早期接触の検知と回避に対する超弾性型Ni-Ti 合金角型ワイヤーの有効性. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  147. 石田宝義, 間邊安寿雅, Shin-Sheng Yang, 阿部泰典, 渡壁賢三, 小野卓史. Le Fort I型骨切り術(前方移動)を施行し閉塞性睡眠時無呼吸を改善した1症例. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  148. 池田侑平, 石田雄之, 今村俊博, 大石修史, 喜田壮馬, 隈智美, 松村智成, 奥沢槙子, 小野卓史. 開咬患者の前歯部歯根形態に関するCBCTを用いた3次元的解析. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  149. 齋藤絵里、渡一平、窪野真理子、許瑞瑾、小野卓史. 歯根膜刺激低下および回復は顎下腺におけるアクアポリン5の局在に影響を与える. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  150. 間邊安寿雅, 石田宝義, 小野卓史. 日本人における咽頭扁桃と口蓋扁桃の成長発育-頸椎年齢別気道占有率を指標とした縦断的調査. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  151. 任尓舒, 渡一平, 許瑞瑾, 井上カタジアンナ, 窪野真理子, 渡部徹郎, 小野卓史. 鼻呼吸障害が味覚に与える影響について. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  152. 石田雄之, 今村俊博, 松村智成, 池田侑平, 大石修史, 隈智美, 奥沢慎子, 小野卓史. CBCTを用いた下顎歯列の植立位置に関する3次元的解析. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  153. 若杉絵美奈, 渡一平, 井上カタジアンナ, 窪野真理子, 小野卓史. 次世代シークエンサーを用いたマウス前骨芽細胞MC3T3-E1におけるGLP-1関与遺伝子の解析. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  154. Zhal L, Keo P, Matsumoto Y, Iseki Y, Ono T. Effects of orthodontic force application on different root developmentalstages in rats . 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  155. 中井雄太, 岡本一男, 寺島明日香, 小野卓史, 高柳広. 悪性黒色腫の骨転移が与える骨髄造血環境への影響. 第38回日本炎症・再生医学会 2017.07.18 大阪

  156. 大森浩子, 緑川善之, 頼威任, 簡野瑞誠, 竹村裕, 小野卓史. カンチレバーの6軸矯正力評価:超弾性型Ti-Ni合金ワイヤーとステンレススチールワイヤーの比較. 第76回東京矯正歯科学会学術大会 2017.07.12 東京

  157. 鈴木淳平, 小池紗理奈, 島﨑一夫, 小野卓史. 矯正歯科治療に伴う胃排出速度の変化  -13C呼気試験を用いて-. 第76回東京矯正歯科学会学術大会 2017.07.12 東京

  158. 上杉俊輔, 小海暁, 簡野瑞誠, 小野卓史. Prognosis of the primary and secondary insertion of orthodontic miniscrews. 9th World Implant Orthodontic Conference 2017.07.02 Kobe

  159. 藤田紘一, 大村進, 今井治樹, 本田康二, 山下陽介, 高須曜, 村田彰吾, 岩井俊憲, 渋谷直樹, 米満郁男, 島崎一夫, 小野卓史, 藤内祝. CAD/CAM法におけるスプリント作製―咬合器を用いる間接法との違い―. 第27回日本顎変形症学会総会・学術集会 2017.06.15 東京

  160. 本田康二, 大村進, 藤田紘一, 今井治樹, 山下陽介, 高須曜, 村田彰吾, 岩井俊憲, 渋谷直樹, 米満郁男, 島崎一夫, 小野卓史, 藤内祝. CAD/CAM法を用いた上下顎移動術 SLMテクニックの意義. 第27回日本顎変形症学会総会・学術集会 2017.06.15 東京

  161. 今井治樹, 大村進, 藤田紘一, 本田康二, 山下陽介, 高須曜, 岩井俊憲, 渋谷直樹, 米満郁男, 島崎一夫, 藤内祝, 小野卓史. CAD/CAMスプリント、SLMテクニックを併用した上顎移動術の精度. 第27回日本顎変形症学会総会・学術集会 2017.06.15 東京

  162. Ono T. Myths and facts in Japanese Ni-Ti archwire. The 29th TAO Annual Meeting 2016.12.02 Taipei, Taiwan

  163. Uchima Koecklin KH, 平沼摩耶, 加籐千帆, 舟木幸葉, 片口卓, 藪下忠親, 小海暁, 小野卓史. Unilateral nasal obstruction during later growth periods affects craniofacial function in rats. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.26 東京

  164. 簡野瑞誠. 埋伏犬歯による重篤な歯根吸収を起こさないためにー前歯部叢生の早期治療について考えるー. 平成28年東京矯正歯科学会秋季セミナー 2016.11.17 東京

  165. 金口明美, 米満郁男, 池田侑平, 宮崎睦, 小野卓史. Effects of low-intensity pulsed ultrasound stimulation on the mandibular condyle for osteoarthritis lesions. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.09 徳島

  166. 藤田 紘一, 大村 進, 今井 治樹, 本田 康二, 臼見 莉沙, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島﨑 一夫, 藤内 祝, 小野 卓史. SLM techniqueを用いた顎関節頭の復位精度. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.09 徳島

  167. 臼見莉沙, 中久木康一, 藤田紘一, 米満郁男, 福山英治, 小野卓史. 下顎頭過形成による歯槽骨の垂直的左右差に対し片側歯槽骨骨切り術を併用し顔貌の対称性を獲得した1症例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.09 徳島

  168. 島峯隆浩, 米満郁男, 渋谷直樹, 纐纈美沙子, 今井治樹, 藤田紘一, 大村進 ,小野卓史. 骨格性上顎前突症患者に対する馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術後における上部気道形態の変化. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  169. 沖原秀政, 米満郁男, 渋谷直樹, 藤田紘一, 大村進, 小野卓史. 大臼歯抜歯部位を利用した上顎歯槽部骨切り術に下顎の中心位を基準とした強固な中間シーネを使用した1症例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  170. Tang H, Yonemitsu I, Ikeda Y, Miyazaki M, Shibata S, Ono T. Effect of unilateral nasal obstruction on morphology of jaw-closing muscles in growing rat. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  171. 今井治樹, 大村進, 藤田紘一, 本田康二, 渋谷直樹, 米満郁男, 島﨑一夫, 藤内祝, 小野卓史. SLMテクニックを用いた上顎移動術の精度:モデルサージェリーのデジタル化による検証. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  172. 畑野香澄, 石田雄之, 山口博之, 細道純, 鈴木淳一, 笠原由紀, 大石修史, 隈陽一郎, 沖藤明日香, 臼見莉沙, 清水康広, 渋谷直樹, 金香佐和, 小野卓史. SDF-1/CXCR4シグナル阻害はラット臼歯の矯正的移動を遅延する. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  173. 阿部泰典, 加藤千帆, Uchima Koecklin KH, 沖原秀政, 石田宝義, 藪下忠親, 小海暁, 小野卓史. 成長期における鼻呼吸障害はラット大脳皮質 一次運動野顔面領域の発達に影響を与える. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  174. 石田雄之, 川辺綾子, 今村俊博, 松村智成, 池田侑平, 大石修史, 坂口智美, 小野卓史. CBCTを用いた骨格性要因に伴う歯槽骨compensationの3次元的解析. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  175. Uchima Koecklin KH, Kato C, Kataguchi T, Okihara H, Ishida T, Fujita K, Yabushita T, Kokai S, Ono T. Force changes of the tongue-protruding muscles after nasal obstruction during the growth period in rats. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  176. 加藤千帆,小海暁,小野卓史. 上顎中切歯予後不良歯に対し上顎正中口蓋縫合を越えて反対側中切歯を移動した成人症例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  177. 米満郁男, 藤田紘一, 今井治樹, 間邊安寿雅, 福山英治, 渋谷直樹, 島﨑一夫, 大村進, 藤内祝, 小野卓史. 片側下顎骨の過形成を再発した顎変形症患者に対して外科的矯正治療に下顎頭切除術を併用した一症例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  178. 纐纈美沙子, 米満郁男, 渋谷直樹, 島峯隆浩, 今井治樹, 藤田紘一, 大村進 , 小野卓史. 骨格性下顎前突症患者に対する馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術後における上部気道形態の変化. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  179. 坂口智美, 石田雄之, 川辺綾子, 今村俊博, 池田侑平, 大石修史, 松村智成, 小野卓史. CBCTを用いた顎顔面骨格と下顎骨歯槽部の形態的関連についての3次元的解析. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  180. 笠原由紀, 臼見莉沙, 隈陽一郎, 大石修史, 沖藤明日香, 清水康広, 渋谷直樹、石田雄之, 金香佐和, 細道純, 小野卓史. LIPUS照射は咬合刺激低下歯の歯周組織を回復する. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  181. 清水康広, 青木和広, 加藤玄樹, 小野卓史. 咬合異常に伴うストレスはマウス全身骨椎骨・長管骨骨密度の低下をもたらす. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  182. 大石修史、石田雄之、川辺綾子、今村俊博、松村智成、池田侑平、坂口智美、小野卓史. CBCTを用いた上顎洞底および歯根の位置関係の3次元的評価. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  183. 隈陽一郎, 臼見莉沙, 細道純, 大石修史, 山口博之, 沖藤明日香, 清水康広,  渋谷直樹, 石田雄之, 金香佐和, 鈴木淳一, 吉田謙一, 小野卓史. 成長期における間欠的低酸素曝露がラット鼻腔気道の炎症亢進と形態変化をもたらす. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  184. 渡壁賢三, 米満郁男, 池田侑平, 宮崎睦, 小野卓史. 成長期ラットの鼻呼吸障害に伴う血中酸素飽和度の低下は下顎骨形態に影響を与える. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  185. 本田康二, 藤田紘一, 今井治樹, 渋谷直樹, 米満郁男, 島﨑一夫, 山下陽介, 高須曜, 村田彰吾, 岩井俊憲, 廣田誠, 大村進, 藤内祝, 小野卓史. 交通外傷を負った顎変形症患者に対して顎矯正手術と広範囲顎骨支持型補綴装置により咬合回復を行った一例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.08 徳島

  186. 福島 由香乃, 井上 維, 小野 岳人, 中島 友紀, 小野 卓史. 咀嚼刺激低下は顎口腔組織の成長抑制と海馬転写因子発現の減少に伴う認知学習障害を誘発する. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2016.11.01

  187. 沖原 秀政, 米満 郁男, 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 大臼歯抜歯部位を利用した上顎歯槽部骨切り術に下顎の中心位を基準とした強固な中間シーネを使用した1症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2016.11.01

  188. 清水 康弘, 青木 和広, 加藤 玄樹, 小野 卓史. 咬合異常に伴うストレスはマウス椎骨・長管骨骨密度の低下をもたらす. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2016.11.01

  189. 隈 陽一郎, 臼見 莉沙, 細道 純, 大石 修史, 山口 博之, 沖藤 明日香, 清水 康弘, 渋谷 直樹, 石田 雄之, 金香 佐和, 鈴木 淳一, 吉田 謙一, 小野 卓史. 成長期における間欠的低酸素曝露はラット鼻腔気道の炎症亢進を介した形態変化をもたらす. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2016.11.01

  190. 山口博之, 石田雄之, 細道純, 渡邊亮, 鈴木淳一, 小野卓史. 超音波マイクロバブル法によるNF-κBデコイの歯周組織への導入は歯周病モデルラットの歯槽骨吸収を抑制する. 第59回秋季日本歯周病学会学術大会 2016.10.07 新潟

  191. Ono T. What can orthodontic science do for those in early and late life?. The 10th Asia Pacific Orthodontic Conference 2016.09.01 Bali, Indonesia

  192. 小野 卓史. 口腔環境の中枢神経への影響 幼若期における食物性状と高次脳機能の変調. Journal of Oral Biosciences Supplement 2016.09.01

  193. 福島 由香乃, 小野 岳人, 小野 卓史, 中島 友紀. 咀嚼刺激の低下は顎口腔組織の成長を抑制し記憶学習障害を誘発する. Journal of Oral Biosciences Supplement 2016.09.01

  194. 小野卓史. 幼若期における食物性状と高次脳機能の変調. 第58回歯科基礎医学会学術大会 2016.08.28 札幌

  195. 福島由香乃, 井上維, 小野岳人, 和氣弘明, 中島友紀, 小野卓史. 咀嚼刺激の低下は顎口腔組織の成長を抑制し記憶学習障害を誘発する. 第58回歯科基礎医学会学術大会 2016.08.25 札幌

  196. 大森浩子, 桐本博章, 小野卓史. 不正咬合女児患者における顎関節症状と顎顔面形態、早期接触および咬合力の関連性. 第29回日本顎関節学会総会・学術大会 2016.07.17 神奈川

  197. 今村俊博, 上杉俊輔, 小海暁, 小野卓史. 上顎前歯歯根吸収と切歯管皮質骨との関連性を示唆する2症例. 第75回東京矯正歯科学会学術大会  2016.07.14 東京

  198. 小野卓史. 矯正歯科治療における早期介入の意義:動物モデル研究からみえてきたもの. 第59回中・四国矯正歯科学会学術大会 2016.07.07 高知

  199. 沖藤明日香, 穐山雅子, 細道 純, 小野卓史, 中浜健一. 骨芽細胞におけるオステオポンチンの転写制御機構. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.07 沖縄

  200. 福島由香乃, 井上維, 小野岳人, 和氣弘明, 中島友紀, 小野卓史. 咀嚼機能と高次脳機能の連関システムの解析. 第2回日本骨免疫学会 2016.07.07 沖縄

  201. 小野卓史. 矯めるなら若木のうち. 顎口腔機能研究講演会 2016.06.27 長崎

  202. 小野卓史. 顎変形症と睡眠. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会併催市民公開講座 2016.06.26 東京

  203. 喜田壮馬, 島﨑一夫, 矢島康治, 岩井俊憲, 大村進, 小野卓史. 梨状孔下縁切削を併用した上下顎移動術前後における鼻呼吸機能の流体解析. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.24 東京

  204. Hsu J, Watari I, Ono R, Mizumachi-Kubono M, Funaki Y, Kokai S, Ono T. Degeneration of fungiform and circumvallate papillae following molar extraction and unilateral nasal obstruction in rats.. The 17th International Symposium on Olfaction and Taste 2016.06.07 神奈川

  205. Beauboeuf R, Watari I, Hsu J, Mizumachi-Kubono M, Inoue K , Watabe T, Ono T. Expression of GLP-1 and GLP-1 receptor in rat circumvallate papilla during growth period . The 17th International Symposium on Olfaction and Taste 2016.06.07 神奈川

  206. Ren E, Watari I, Hsu J, Mizumachi-Kubono M, Inoue K, Watabe T, Ono T. Unilateral nasal obstruction effects taste cell in circumvallate papillae in rats. The 17th International Symposium on Olfaction and Taste 2016.06.07 神奈川

  207. 木島毅, 鳥飼勝行, 村嶋真由子, 長岡亮介, 安村和則, 藤田紘一, 佐武利彦, 大村進, 島﨑一夫. 一期手術を施行した両側性唇顎口蓋裂の1例. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2016.05.26 大阪

  208. 山口博之. 核酸医薬DDSの歯科領域への応用. 核酸医薬DDS研究会 2016.02.03 東京

  209. 沖原 秀政, 伊藤 仁一, 小海 暁, 石田 宝義, 平沼 摩耶, 加藤 千帆, 藪下 忠親, 石田 和人, 道川 誠, 小野 卓史. 成長期における咀嚼刺激低下は海馬BDNF/TrkB signalingの低下に起因した記憶・学習機能障害を呈する. 東京矯正歯科学会雑誌 2015.12.01

  210. 加藤千帆, 酒井敬一, 簡野瑞誠, 小野卓史. 歯科矯正用アンカープレートにて下顎の反時計回りの回転を促し顎矯正手術を回避した開咬2症例. 第74回日本矯正歯科学会大会学術大会 2015.11.18 福岡

  211. 柴田 育, 今井 治樹, 簡野 瑞誠, 鉄村 明美, 塙 隆夫, 小野 卓史. 形状因子がMRIアーチファクトに与える影響に関する3次元的評価. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2015.11.01

  212. 牧口 実央, 舟木 幸葉, 加藤 千帆, 沖原 秀政, 藤田 紘一, 石田 宝義, 藪下 忠親, 小海 暁, 小野 卓史. 成獣ラットにおける開口反射は咬合高径増加に対して長期的に順応する. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2015.11.01

  213. 渡一平、若杉絵美奈、パイワッタナヌパンジュティポーン、許瑞瑾、井上カタジナアンナ、小野卓史. 妊娠糖尿病はラット新生仔の頭蓋顎顔面領域の形態形成に影響を与える. 第30回日本糖尿病・妊娠学会 2014.11.28 長崎

  214. 若杉絵美奈、渡一平、井上カタジナアンナ、柳下正樹、小野卓史. マウス前骨芽細胞MC3T3-E1におけるインクレチン受容体の発現はグルコース濃度の影響を受ける. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  215. 平沼摩耶、舟木幸葉、加籐千帆、小海暁、小野卓史. 成長期における鼻呼吸障害は循環動態および顎反射の変調を誘発する. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  216. 酒井敬一、小海暁、桐井絢子、上杉俊輔、犬飼周佑、米満郁男、大村進、秀島雅之、小野卓史. 下顎の前方移動が顎顔面・上部気道形態に与える影響について-口腔内装置と下顎前方移動術の比較-. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  217. 大石修史、清水康広、細道純、隈陽一郎、前田秀将、臼見莉沙、金香佐和、舌野知佐、鈴木淳一、. 成長期ラットにおける間欠的低酸素暴露は、骨成長障害とともに関節頭海綿骨の骨密度増生をもたらす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  218. 細道純、隈陽一郎、大石修史、永井恒志、前田秀将、金香佐和、臼見莉沙、清水康広、舌野知佐、. 成長期の間欠的低酸素曝露は、ラット顎顔面の成長障害とともに舌の肥大および下顎歯列の拡大をもたらす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  219. 沖藤明日香、中浜健一、細道純、舌野知佐、臼見莉沙、清水康広、石田雄之、金香佐和、森田育男、. 骨芽細胞の破骨細胞支持能の獲得におけるプロトンセンサーGPR4の関与. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  220. 加藤千帆、藤田紘一、平沼摩耶、藪下忠親、小海暁、小野卓史. 咬合高径増加はラット大脳皮質感覚野顎顔面領域における体部位局在に可塑的変化をもたらす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  221. 大森浩子、小野卓史. 下顎の機能的左方偏位および交叉咬合の改善に対し重心動揺計測による機能的評価を行った症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  222. 喜田壮馬、島﨑一夫、矢島康治、大島まり、小野卓史. 上下顎移動術前後における鼻呼吸機能の流体解析. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  223. 島崎一夫、米満郁男、本田康二、渋谷直樹、藤田紘一、大村進、小野卓史. 骨格性上顎前突症例患者に上顎骨後方移動術を併用した外科的矯正治療例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  224. 松村智成、島崎一夫、米満郁男、本田康二、渋谷直樹、藤田紘一、大村進、小野卓史. 上顎骨後上方移動による顔貌の改善と安定性の検討. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  225. 渡一平、パイワッタナヌパンジュティポーン、許瑞瑾、井上カタジナアンナ、小野卓史. 妊娠糖尿病が新生児の頭蓋顎顔面成長発育に与える影響について. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  226. 石田宝義、池本繁弘、小野卓史. Le Fort II型骨切り術・自家歯牙移植を施行し顔貌・咬合を改善した1症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  227. 松本芳郎、小野卓史. 異なる保定装置で長期保定し安定している過蓋咬合・叢生を伴う3症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 幕張

  228. 前川南,簡野瑞誠,和田敬広,宇尾基弘,小野卓史. 高強度プラスチック製矯正ワイヤーの機械的性質. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20

  229. 池田侑平、米満郁男、武居真希、柴田俊一、小野卓史. 成長期ラットの機能低下した顎関節は非生理的負荷に対してOA様変化を引き起こす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 幕張

  230. 加藤 千帆, 藤田 紘一, 平沼 摩耶, 藪下 忠親, 小海 暁, 小野 卓史. 咬合高径増加はラット大脳皮質感覚野顎顔面領域における体部位局在に可塑的変化をもたらす. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2014.10.01

  231. 渡 一平, パイワッタナヌパン・ジュティポーン , 許 瑞瑾, 井上 カタジナ・アンナ, 小野 卓史. 妊娠糖尿病が新生児の頭蓋顎顔面成長発育に与える影響について. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2014.10.01

  232. 渡 一平, 若杉 絵美奈, パイワッタナヌパン・ジュティポーン , 許 瑞瑾, 井上 カタジナ・アンナ, 小野 卓史. 妊娠糖尿病はラット新生仔の頭蓋顎顔面領域の形態形成に影響を与える. 糖尿病と妊娠 2014.10.01

  233. 加藤玄樹、清水康広、菅森康隆、田村幸彦、小野卓史、大谷啓一、青木和広. ウシI I型コラーゲン誘導のマウス関節リウマチモデルを用いたRANKL結合ペプチドの骨形成促進作用と骨吸収作用. 第56回歯科基礎医学会学術大会 2014.09.25 福岡

  234. 加藤 玄樹, 清水 康広, 菅森 泰隆, 田村 幸彦, 小野 卓史, 大谷 啓一, 青木 和広. II型ウシコラーゲン誘導のマウス関節リウマチモデルを用いたRANKL結合ペプチドの骨形成促進作用と骨吸収抑制作用. Journal of Oral Biosciences Supplement 2014.09.01

  235. 簡野瑞誠、石田雄之、小野卓史. Light Continuous Forceによる埋伏歯へのアプローチ‐超弾性型Ni-Ti合金ワイヤーを用いて‐. 第73回東京矯正歯科学会大会 2014.07.10 東京

  236. 小海暁、犬飼周佑、酒井敬一、中村周平、桐井絢子、上杉俊輔、三間裕子、安倍友佳、玉岡明洋、. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者における口腔内装置装着に伴う顎顔面・上部気道形態の変化が治療結果に与える影響. 第39回日本睡眠学会定期学術集会 2014.07.03 徳島

  237. 沖藤明日香、中浜健一、穐山雅子、細道純、小野卓史、森田育男. 骨芽細胞におけるプロトンセンサーGPR4の役割. 第35回日本炎症・再生医学会 2014.07.01 沖縄

  238. 小海暁、福山英治、佐藤豊、Hsu Jui-chin、高橋雄三、原田清、小野卓史. 中間顎骨切り術、歯の移植、上下顎移動術を併用した治療により長期の安定が得られた成人唇顎口蓋裂の1例. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  239. 渋谷直樹、藤田紘一、本田康二、米満郁男、島崎一夫、村田彰吾、高須曜、山下陽介、岩井俊憲、. 下顎前歯の低位を伴う骨格性III級開咬症例の手術計画. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  240. 藤田紘一、渋谷直樹、本田康二、山下陽介、高須曜、村田彰吾、米満郁男、島崎一夫、岩井俊憲、. 重度の顔面非対称症例に対する手術設定の工夫. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  241. 米満郁男、金島貴子、服部育子、酒井敬一、上杉俊輔、許瑞瑾、小海暁、大村進、藤内祝、小野卓史. 下顎骨前方移動術にover correctionを適用した際の術後安定性に関する評価. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  242. 本田康二、藤田紘一、渋谷直樹、米満郁男、島崎一夫、村田彰吾、高須曜、山下陽介、岩井俊憲、. 上顎骨の著しい垂直的劣成長に対して上下顎同時骨延長を施行した1例. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  243. 臼見莉沙、藤田紘一、渋谷直樹、米満郁男、大村進、藤内祝、小野卓史. 重度閉塞型睡眠時無呼吸を呈する骨格性下顎前突に対しLe Fort I型骨切り術単独で上顎骨を前方移動した1例. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  244. 齋藤絵里, 島崎一夫, 森田圭一, 小野卓史. 片側性唇顎口蓋裂患児の乳幼児セファログラム分析. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術大会 2014.05.29 札幌

  245. 9.小海暁、福山英治、大村進、君塚幸子、島崎一夫、米満郁男、藤田紘一、藤内祝、小野卓史. 著しい咬合崩壊に対する包括的治療により長期の安定が得られた成人唇顎口蓋裂の1例. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2014.05.29

  246. 今村 俊博, 小野 理恵子, Privatananupunt Jutiporn, 平沼 麻耶, 窪野 真理子, 服部 育子, 島崎 一夫, 森田 圭一, 小野 卓史. 上顎劣成長を呈する片側性唇顎口蓋裂患者の幼児期における上下顎骨の形態的特徴. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2014.05.29

  247. 山下 陽介, 大村 進, 村田 彰吾, 高須 曜, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 本田 康二, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. 口内法での下顎骨ミニプレート固定のための新しいプレートホルダーの開発. 日本顎変形症学会雑誌 2014.05.01

  248. 大村 進, 山下 陽介, 村田 彰吾, 高須 曜, 渋谷 直樹, 本田 康二, 藤田 紘一, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝. 口蓋粘膜生体染色馬蹄形骨切り ビデオによる術式の紹介. 日本顎変形症学会雑誌 2014.05.01

  249. 今井 治樹, 舌野 知佐, 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 前歯の圧下により咬合挙上を行った過蓋咬合2症例 超弾性型Ni-Ti合金ワイヤーを用いたアプローチ. 東京矯正歯科学会雑誌 2013.12.01

  250. 小池 紗里奈, 今井 治樹, 澤田 亜理沙, 舟木 幸葉, 池田 侑平, 沖藤 明日香, 宮崎 睦, 臼見 莉沙, 加藤 千帆, 石田 宝義, 渡 一平, 細道 純, 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 不正咬合者の関節窩形態と顎運動の関連性. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2013.10.01

  251. 沖原 秀政, 小海 暁, 石田 宝義, 加藤 千帆, 平沼 摩耶, 藪下 忠親, 石田 和人, 道川 誠, 小野 卓史. 成長期における咀嚼環境の変化が記憶・学習機能に与える影響. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2013.10.01

  252. 隈 陽一郎, 臼見 莉沙, 細道 純, 大石 修史, 永井 恒志, 清水 康広, 金香 佐和, 舌野 知佐, 鈴木 淳一, 吉田 謙一, 小野 卓史. 成長期における間欠的低酸素がラット鼻腔気道の三次元形態に与える影響. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2013.10.01

  253. 窪野 真理子, 小野 理恵子, 金島 貴子, 内藤 聡美, 島崎 一夫, 小野 卓史. 口唇裂および口蓋裂患者に対する上顎前方牽引装置の治療効果. 日本口蓋裂学会雑誌 2013.04.01

  254. 本田 康二, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 長西 裕樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 君塚 幸子, 村田 彰吾, 高須 曜, 岩井 俊憲, 大村 進, 小野 卓史, 藤内 祝, 鳥飼 勝行. 口唇顎口蓋1期形成術を行った片側性唇顎口蓋裂患児の4歳時歯列模型評価. 日本口蓋裂学会雑誌 2013.04.01

  255. 川久保 直美, 宮本 順, 誉田 栄一, 小野 卓史. 咬みしめに伴う上肢筋促通時における大脳皮質賦活パタンの解析 fMRIを用いた研究. スポーツ歯学 2013.02.01

  256. 小海 暁, 福山 英治, 大村 進, 中久木 康一, 君塚 幸子, 藤田 紘一, 上杉 俊輔, 桐井 絢子, 原田 清, 小野 卓史. 前歯部の移動に制限がある長期治療症例に対し下顎枝矢状分割術に上下顎前方歯槽部骨切り術を併用した2例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2012.09.01

  257. 小野 理恵子, 渡 一平, 窪野 真理子, 石田 雄之, 服部 育子, 本田 康二, 小野 卓史. 唾液腺におけるGLP-1受容体の発現は咬合状態に影響される. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2012.09.01

  258. 舌野 知佐, 馬場 麻人, 金香 佐和, 細道 純, 渋谷 直樹, 清水 康広, 臼見 莉沙, 高野 吉郎, 小野 卓史. 咬合刺激低下歯の矯正学的移動に伴う歯槽骨の変化について. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2012.09.01

  259. 川久保 直美, 宮本 順, 誉田 栄一, 小野 卓史. 咬みしめに伴う上肢筋促通時における大脳皮質賦活パタンの解析 fMRIを用いた研究. 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集 2012.07.01

  260. 藤田 紘一, 長西 裕樹, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 君塚 幸子, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝, 鳥飼 勝行. 口唇口蓋同時形成術施行後の片側性唇顎口蓋裂(UCLP)患児に使用した上顎前方牽引装置の長期的効果. 日本口蓋裂学会雑誌 2012.04.01

  261. 米満 郁男, 島崎 一夫, 君塚 幸子, 小澤 知倫, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. 可撤式義歯を装着した成人片側唇顎口蓋裂患者に対して外科的矯正治療により補綴の単純化を図った一症例. 日本口蓋裂学会雑誌 2012.04.01

  262. 小海 暁, 簡野 瑞誠, 小野 卓史. 喘息を有する成長期下顎前突症例 気道形態と下顎骨の成長に関する一考察. 東京矯正歯科学会雑誌 2011.12.01

  263. 今井 治樹, 田中 洋次, 野村 直之, 堤 祐介, 土居 壽, 大野 喜久郎, 小野 卓史, 塙 隆夫. 各種金属材料を用いたMRIアーチファクトの3次元的評価. 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2011.11.01

  264. 大森 浩子, 桐本 博章, 小野 卓史. 前歯部におけるヒト歯根膜咬筋反射の応答特性の違いについて. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2011.10.01

  265. 島崎 一夫, 米満 郁男, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. 外科的矯正治療に伴う咬合平面の反時計方向への回転によって顔貌の改善を図った小下顎症の一例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2011.10.01

  266. 加藤 千帆, 藤田 紘一, 藪下 忠親, 内藤 聡美, 柴田 真衣, 石田 宝義, 小海 暁, 小野 卓史. 咬合高径増加がラット大脳皮質一次運動野顎顔面領域における機能局在に与える影響. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2011.10.01

  267. 臼見 莉沙, 小野 法明, 細道 純, 渋谷 直樹, 金香 佐和, 小野 卓史. 咬合刺激低下は歯根膜血管新生の抑制を介して矯正学的な歯の移動に影響を与える. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2011.10.01

  268. 川久保 直美, 小野 卓史, 宮本 順, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 咬みしめに伴う上肢筋の促通とそれに同期した脳賦活パタン fMRIを用いた研究. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2011.10.01

  269. 出井 彩乃, 宮本 順, 高田 潤一, 小野 卓史, 森山 啓司. 口輪筋訓練における口輪筋筋活動および血流量の同時計測の有用性. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2011.10.01

  270. 米満 郁男, 藤田 紘一, 島崎 一夫, 渋谷 直樹, 君塚 幸子, 尾崎 周作, 福山 英治, 長西 裕樹, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝, 鳥飼 勝行. 口唇口蓋同時形成術施行後の両側性唇顎口蓋裂(BCLP)患児2名に対して使用した上顎前方牽引装置の効果. 日本口蓋裂学会雑誌 2011.04.01

  271. 疋田 理奈, 小野 卓史, 宮本 順, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 口蓋裂言語聴取時における聴覚連合野の脳賦活パタン fMRIを用いた研究. 日本口蓋裂学会雑誌 2011.04.01

  272. 出井 彩乃, 小野 卓史, 宮本 順, 高田 潤一, 森山 啓司. 口腔周囲筋における血流量および筋活動量に関する検討. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2010.09.01

  273. 清水 康広, 細道 純, 金香 佐和, 小野 卓史. 咬合刺激低下時における歯槽骨代謝に交感神経系が与える影響について. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2010.09.01

  274. 本田 康二, 渡 一平, 小野 卓史. 咬合刺激低下はラット下顎歯槽骨微細構造に変化をもたらす. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2010.09.01

  275. 武居 真希, 米満 郁男, 渡 一平, 小野 卓史. 成長期における咀嚼筋力低下がラット下顎頭軟骨下骨に及ぼす影響. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2010.09.01

  276. 横田 俊明, 下川 仁彌太, 馬場 祥行, 小野 卓史, 鈴木 聖一, 森山 啓司. I型インスリン様増殖因子(IGF-I)は下顎頭軟骨のアポトーシスを制御する. 日本顎関節学会雑誌 2008.07.01

  277. 奥平 真理子, 本橋 信義, 小野 卓史, 川元 龍夫, 濱田 俊, 伊藤 公一, 長濱 浩平, 松田 明子, 大山 紀美栄. 口唇運動の三次元解析システム. 日本顎変形症学会雑誌 2005.12.01

  278. 前田 恵子, 小野 卓史, 品川 英朗, 誉田 栄一, 倉林 亨, 大山 紀美栄. 口腔咽頭領域からの体性感覚入力が嚥下時脳機能に与える影響. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2004.11.01

  279. 橋本 幸治, 小野 卓史, 誉田 栄一, 前田 恵子, 品川 英朗, 對木 悟, 檜山 成寿, 倉林 亨, 大山 紀美栄. 吸気抵抗負荷存在下における下顎の前後的位置変化に伴う脳賦活領域の局在. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2004.11.01

  280. 小野 卓史, 桧山 成寿, 浅川 幸子, 持田 真寿美, 品川 英朗, 栗林 玄, 伊藤 公一, 大山 紀美栄. 形態と機能の調和を考慮した治療計画によって著しい改善をみた骨格性下顎後退症例. 東京矯正歯科学会雑誌 2003.12.01

  281. 品川 英朗, 小野 卓史, 大山 紀美栄, 誉田 栄一, 佐々木 武仁, 入來 篤史. 口唇口蓋裂患者の発音時における一次感覚運動野賦活パタン. 口腔病学会雑誌 2003.03.01

  282. 持田 真寿美, 齋藤 城世, 對木 悟, 小野 卓史, 大山 紀美栄. 口唇口蓋裂患者における上顎仮骨延長術が気道形態及び鼻腔抵抗に及ぼす影響. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2002.10.01

  283. 桧山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. 実験的鼻閉塞に伴うヒト夜間睡眠時咬筋及び舌骨上筋群筋活動の変化. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2001.10.01

  284. 檜山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 加藤 嘉之, 黒田 敬之. 全歯列接触型スプリント装着に伴う夜間睡眠時咀嚼筋筋活動の変化. 日本顎関節学会雑誌 2001.04.01

  285. 大谷 城世, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. 呼吸様式の変化が下顎張反射に与える影響. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2000.10.01

  286. 今村 尚子, 檜山 成寿, 小野 卓史, 石渡 靖夫, 黒田 敬之. 口唇口蓋裂患者の上部気道及びアデノイドの形態的特徴. 日本口蓋裂学会雑誌 2000.05.01

  287. 椎木 俊秀, 長谷川 毅, 小野 卓史, 神山 潤. 口蓋扁桃アデノイド摘除術後も睡眠呼吸障害を呈した3例. 臨床神経生理学 2000.04.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀発表賞,東京矯正歯科学会,2023年07月

  • 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2022年10月

  • 名誉会員,台湾矯正歯科学会,2020年12月

  • Anthony Gianelly 賞,イタリア矯正歯科学会,2020年11月

  • 井上 維, 小野 岳人, 中島 友紀, 小野 卓史. 第77 回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2018年11月

  • 第77回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2018年11月

  • The 77th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society Best Presentation Award (English Session),日本矯正歯科学会,2018年11月

  • 鈴木 克彦, 小海 暁, 上杉 俊輔, 西山 暁, 小野 卓史. 日本矯正歯科学会第2回論文賞,日本矯正歯科学会,2018年11月

  • Ono T. 2018 IADR/AADR William J. Gies Awards,International Association for Dental Research (IADR),2018年07月

  • The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference Best Presentation Award (1st Prize),Asian Pacific Orthodontic Society,2018年03月

  • 山田恭平. 日本矯正歯科学会論文賞,日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 小川卓也. 第76回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 小澤英里佳. 第76回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 石田宝義. 第76回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 山口博之. 第75回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2016年11月

  • 加藤千帆. 第75回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2016年11月

  • 臼見莉沙. 第75回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2016年11月

  • 福島由香乃. 第75回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2016年11月

  • 第75回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2016年10月

  • 臼見莉沙, 藤田紘一, 小野卓史. 優秀発表賞,第74回日本矯正歯科学会学術大会 ,2015年11月

  • The 74th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society Award of Excellence (English Session),日本矯正歯科学会,2015年11月

  • 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2014年10月

  • 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2014年10月

  • 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2014年10月

  • 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2014年10月

  • 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2014年10月

  • 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2014年10月

  • 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2014年10月

  • 第73回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2014年10月

  • 第73回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2014年10月

  • 優秀ポスター発表賞,日本顎変形症学会,2014年06月

  • 優秀ポスター発表賞,日本口蓋裂学会,2014年05月

  • 第72回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2013年09月

  • 第72回日本矯正歯科学会大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2013年09月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 胎児期の間欠的低酸素曝露が、顎骨の生後成長を阻害するメカニズムを発見 」 ― 妊娠期閉塞性睡眠時無呼吸症による出生児の成長阻害の病態解明への期待 ―,2024年06月

    Frontiers in Physiology

  • 「 2型糖尿病における唾液分泌障害にプリン受容体が関与する可能性を発見 」 ― 2型糖尿病モデルマウス顎下腺におけるP2X7受容体およびP2X4受容体の発現解析 ―,2024年05月

    Scientific Reports

  • 「抜歯後の矯正学的な歯の移動の局所加速化現象へのSDF-1の関与を発見」 ― SDF-1を薬理学的ターゲットとした効率的な矯正歯科治療法開発に期待 ―,2024年04月

    Scientific Reports

  • 「 胎生期・発達期の栄養環境と唾液腺インクレチンの関連性をはじめて発見 」 ― 母体の高脂肪食摂取が唾液腺を介して子の糖代謝に影響を与える可能性 ―,2024年03月

    Frontiers in Physiology

  • 「 光で骨吸収をコントロールする新技術を開発 」 ― 骨疾患の新たな治療法に期待 ―,2024年02月

    Scientific Reports

  • Maternal and early-life high-fat diets result in a taste for salty food,2023年04月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「胎生期・発達期の栄養状態が味覚に影響を与えることを発見」 ― 妊娠・授乳期の高脂肪食摂取が子の塩味嗜好性を増加させる ―,2023年04月

    Scientific Reports

  • プレスリリース「NFkBデコイ核酸医薬による幼若永久歯の再植後の治癒の促進-NFkBデコイ核酸医薬含有PLGAナノ粒子を用いた新規治療法の開発」,2021年08月

    プレスリリース「NFkBデコイ核酸医薬による幼若永久歯の再植後の治癒の促進-NFkBデコイ核酸医薬含有PLGAナノ粒子を用いた新規治療法の開発」(Twitter/Facebookで発信)

  • プレスリリース「小児期の間欠的低酸素曝露による下顎成長障害がβ2受容体遮断薬により改善-小児の閉塞性睡眠時無呼吸症における小下顎症の新規治療法の糸口」,2021年07月

    プレスリリース「小児期の間欠的低酸素曝露による下顎成長障害がβ2受容体遮断薬により改善-小児の閉塞性睡眠時無呼吸症における小下顎症の新規治療法の糸口」(Twitter/Facebookで発信)

  • 国際プレスリリース EurekAlert!, https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-06/tmad-fft060921.php,2021年06月

    国際プレスリリース EurekAlert!, https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-06/tmad-fft060921.php

  • プレスリリース「成長期の咬合負荷低下が咀嚼運動の発達を阻害する-小児期における軟食の摂取が口腔機能の発育に与える影響」,2021年03月

    プレスリリース「成長期の咬合負荷低下が咀嚼運動の発達を阻害する-小児期における軟食の摂取が口腔機能の発育に与える影響」 (Twitter/Facebookで発信)

  • 国際プレスリリース EurekAlert!, https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-03/tmad-tjo030121.php,2021年02月

    国際プレスリリース EurekAlert!, https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-03/tmad-tjo030121.php

  • プレスリリース「新生児期の間欠的低酸素曝露が下顎の軟骨性成長を阻害するメカニズムを発見-小児の閉塞性睡眠時無呼吸症における小顎症の新規病態解明への期待」,2021年01月

    プレスリリース「新生児期の間欠的低酸素曝露が下顎の軟骨性成長を阻害するメカニズムを発見-小児の閉塞性睡眠時無呼吸症における小顎症の新規病態解明への期待」(Twitter/Facebookで発信)

  • 「 咽頭扁桃、口蓋扁桃の成長曲線が従来の概念と異なることを発見 」― 扁桃肥大患者に対する新たな診断基準の構築 ―,2018年11月

    Scientific Reports

  • マウスモデルで咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズムを解明 ― よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性 ―,2017年06月

    プレスリリース

  • Ono T. Non-surgical approaches to Class II malocclusion with skeletal temporary anchorage devices,2016年11月

    The 2nd AO Grand Awards, Suzhou,
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Myths and facts in the Japanese Ni-Ti archwire,2016年11月

    The 2nd AO Grand Awards, Suzhou,
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • 小野卓史. 多機能器官として舌をみる,2016年10月

    九州大学大学院特別講義

  • 小野卓史. 口唇・口蓋裂の矯正治療,2016年06月

    長崎大学歯学部特別講義

  • Ono T. History, research and clinical activities of Orthodontic Science at TMDU,2016年06月

    Shandong University, Jinan, China,
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Class III treatment: diagnosis & strategy,2016年06月

    Shandong University, Jinan, China,
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Dilemma in the treatment of skeletal Class III patients: esthetic or function?,2016年06月

    Shandong University, Jinan,
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Non-surgical approaches to Class II malocclusion with skeletal temporary anchorage devices (TADs),2016年04月

    2016 Pre-conference workshop, Ho Chi Minh City,
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Novel maxillo-mandibular surgery for skeletal Class II open bite: Mandibular autorotation in MAC surgery,2016年04月

    2016 Pre-conference workshop, Ho Chi Minh City,
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Class II workshop,2016年03月

    Class II workshop in Jeddah, Jeddah
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Dilemma in the treatment of skeletal Class III patients: Esthetic or function?,2016年02月

    東京医科歯科大学矯正教室之大解密, 台大医学院, Taipei
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Japanese "One-archwire" technique,2016年02月

    CPD “Japanese Technology & Evolution”, UKM, Malaysia
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Diagnosis and modern treatment options for subjects with facial asymmetry,2016年02月

    CPD “Japanese Technology & Evolution”, UKM, Malaysia
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Neuro-Orthodontics: Backgrounds and clinical implications,2016年02月

    CPD “Japanese Technology & Evolution”, UKM, Malaysia
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Dilemma in the treatment of skeletal Class III patients: Esthetic or function?,2016年02月

    CPD “Japanese Technology & Evolution”, UKM, Malaysia
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. Recent works on basic and clinical aspects of Orthodontics at TMDU,2016年02月

    CPD “Japanese Technology & Evolution”, UKM, Malaysia
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Ono T. History, research and clinical activities of Orthodontic Science at TMDU,2016年02月

    東京医科歯科大学矯正教室之大解密, 台大医学院, Taipei
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • 安心・安全な歯科矯正治療を目指した金属材料,2014年11月

    第2回東京医科歯科大学医学・歯学・工学連携セミナー
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • 良く噛んで良く眠れば良く育つ,2014年11月

    第8回東北矯正歯科学会秋期セミナー
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Two sides of a coin: Esthetics and function in skeletal Class III treatment,2014年10月

    The 5th Class III Symposium, Seoul
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • History, research and clinical activities of Orthodontic Science at TMDU,2014年10月

    The 5th Class III Symposium, Seoul, Korea
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • OSAHS,2014年09月

    International Symposium on Dental Sleep Medicine, Yinchuan
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Diagnosis and modern treatment options for subjects with facial asymmetry,2014年09月

    International Symposium on Dental Sleep Medicine, Yinchuan
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • 下顎前突と歯の自家移植:超弾性型Ni-Tiワイヤーを用いて,2014年07月

    鹿児島大学実践矯正セミナー

  • 早期治療の意義を再考する,2014年07月

    鹿児島大学歯学部講義

  • Autotransplantation for future orthodontics,2014年02月

    Lifelong Study Seminar by Tokyo Medical and Dental University, Bangkok
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Recent works on basic and clinical aspects of Orthodontics at TMDU,2014年01月

    Invited lecture at the University of Geneva

  • Neuro-Orthodontics: Backgrounds and clinical implications,2014年01月

    Invited lecture at the University of Geneva

  • Autotransplantation for future orthodontics,2014年01月

    8th Saudi Orthodontic Society Annual Meeting, Jeddah
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • Diagnosis and modern treatment options for subjects with facial asymmetry.,2014年01月

    8th Saudi Orthodontic Society Annual Meeting, Jeddah
    招待講演・シンポジウム・セミナー

  • 呼吸様式の変化に伴う味覚情報処理機構の破綻と回復に関するメカニズムの解明,2014年

    平成26-29年度科学研究費補助金(基盤研究B2)
    研究代表者:小野卓史
    研究分担者:誉田栄一、細道純、渡一平
    直接経費総額:1220万円

▼全件表示

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • JDP講義「ガイダンス」,チュラロンコーン大学

  • 大学院講義「呼吸と成長発育」,九州歯科大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 呼吸における舌機能の重要性について,NHK,あしたが変わるトリセツショー,2023年10月20日

  • 小児の口呼吸,株式会社モリタ,デンタルマガジン,2023年08月21日 - 現在

  • 8020活動,NHK出版,きょうの健康,2023年04月12日 - 2023年05月21日

  • 大人の矯正歯科治療,株式会社毎日が発見,毎日が発見,2023年01月25日 - 2023年02月28日

  • 咀嚼機能と認知機能等について,メディア株式会社,2022年04月08日

  • コロナ禍におけるマスク習慣が口腔に与える影響,小学館,週刊ポスト,2021年09月21日

  • 一般社団法人日本学校歯科医会ICT委員会アドバイザー,一般社団法人日本学校歯科医会,研修制度(基礎研修・専門研修・更新研修等),2021年09月01日 - 現在

  • 頭が良くなる嚙み方入門,プレジデント社,PRESIDENT MOOK 免疫力&歯みがき入門,2021年05月08日

  • 公益社団法人東京都学校歯科医会学術研究委員会学識委員,公益社団法人東京都学校歯科医会,2021年04月01日 - 現在

  • 「あなたは大丈夫!?マスクシンドローム」,NHK,あさイチ,2021年02月25日

  • 第79回日本矯正歯科学会学術大会大会長,日本矯正歯科学会,第79回日本矯正歯科学会学術大会,ウェブ開催,2020年10月04日 - 2020年11月03日

  • アジア太平洋矯正歯科会議第12回大会大会長,アジア太平洋矯正歯科会議,アジア太平洋矯正歯科会議第12回大会,2020年10月04日 - 2020年11月03日

  • International Orthodontic Congress第9回大会大会長,2020年10月04日 - 2020年11月03日

  • 一般社団法人日本学校歯科医会生涯研修制度運営委員会アドバイザー,一般社団法人日本学校歯科医会,2020年10月01日 - 現在

  • 全日本歯科学生体育連盟理事,全日本歯科学生体育連盟,2020年10月01日 - 現在

  • 長期における咀嚼が高次脳機能の発達に重要である可能性をマウスモデルについて,韓国公営放送KBS,KBS ドキュ世の中,2020年01月20日

  • 口腔機能や咀嚼と全身との関係,(株)金沢俱楽部,Dentalism,2019年07月26日

  • テーマ「歯を失ったとき」:インタビュー撮影およびスタジオ収録,NHK,チョイス@病気になったとき,2019年07月26日

  • 大人の矯正治療,NHK,あさイチ,2019年06月14日

  • 咀嚼や口腔 歯が脳に与える影響,株式会社 プレジデント社,プレジデント ,2019年01月28日

  • 口腔と健康の関係,NHK出版,NHKテキスト きょうの健康,2018年12月17日

▼全件表示