基本情報

写真a

池田 正明(イケダ マサアキ)

IKEDA Masaaki


職名

准教授

研究室住所

〒113-8549 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5579

研究室FAX番号

03-5803-0213

メールアドレス

mikeda.emb@tmd.ac.jp

ホームページ

http://ikeda-emb-tmd.hp.infoseek.co.jp/

研究分野・キーワード

遺伝子発現調節, 細胞増殖, 細胞死, 組織再生, 終末分化, 核内高次構造, 癌抑制遺伝子, 発がん, 細胞の可塑性

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  1983年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  基礎歯科学系歯科薬理学  博士課程  1987年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1987年09月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 准教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学歯学部顎口腔研究施設顎顔面発生機構研究部門助手1987年9月〜1988年8月、
  • 同歯学部口腔細菌学教室助手 1988年9月〜1992年3月、
  • 同大学院生体機能制御歯科学系発生機構制御学講座講師 1992年4月〜1996年11月、
  • デューク大学医学部ハワードヒューズ医学研究所研究員 1991年8月〜1994年8月、
  • 東京医科歯科大学大学院生体機能制御歯科学系発生機構制御学講座助教授 1996年12月〜1999年3月、

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本再生医療学会

  • 歯科基礎医学会

  • 日本口腔外科学会

  • 口腔病学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年
    -
    現在
    歯科基礎医学会 評議員
  • 2002年
    -
    現在
    口腔病学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 細胞生物学

  • 歯科医用工学・再生歯学

  • 機能系基礎歯科学

  • 病態科学系歯学・歯科放射線学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 間葉幹細胞を用いた硬組織再生,2012年04月 - 現在

  • ヒト線維芽細胞から骨・軟骨細胞への直接分化転換,2008年04月 - 現在

  • 癌抑制に関与する転写制御機構と口腔癌における制御異常,1994年08月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 直接分化転換によるヒト成人皮膚・口腔粘膜細胞からの再生歯誘導の試み

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • ヒト線維芽細胞から骨・軟骨細胞への直接分化転換と硬組織再生への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • インスレーターの解除による細胞のリプログラミングと骨細胞への直接分化転換の試み

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 生殖腺を欠く遺伝子破壊マウスを利用した脳の性分化分子機構の研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • ノックアウトマウスによる脳エストロゲンの骨代謝制御機構の研究

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Saadat KASM, Lestari W, Pratama E, Ma T, Iseki S, Tatsumi M, Ikeda MA. Distinct and overlapping roles of ARID3A and ARID3B in regulating E2F‑dependent transcription via direct binding to E2F target genes. International journal of oncology. 2021.04; 58 (4): ( PubMed, DOI )

  • Arman Kaifee, Saadat Khandakar A. S. M., Igci Yusuf Z., Bozgeyik Esra, Ikeda Masa-Aki, Cakmak Ecir A., Arslan Ahmet. Long noncoding RNA ERICD interacts with ARID3A via E2F1 and regulates migration and proliferation of osteosarcoma cells CELL BIOLOGY INTERNATIONAL. 2020.08; 11434 ( PubMed, DOI )

  • 3. Bozgeyik E, Saadat KASM, Arman K, Bozgeyik I, Ikeda MA. Enhanced E2F1 activity increases invasive and proliferative activity of breast cancer cells through non-coding RNA CDKN2B-AS1 Meta Gene. 2020.06; 24 100691. ( DOI )

  • 2. Saadat KASM, Bozgeyik E, Arman K, Bozgeyik I, Ikeda MA. ARID3A-mediated modulation of TP73 and TP73-AS1 in osteosarcoma cells Gene Reports. 2020.04; 20 100683. ( DOI )

  • Nobuo Tsuchida, Masa-Aki Ikeda, Υoshizumu Ιshino, Michele Grieco, Giancarlo Vecchio. FUCA1 is induced by wild-type p53 and expressed at different levels in thyroid cancers depending on p53 status. International Journal of Oncoloy. 2017.06; 50 (6): 2043-2048. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Ichwan SJA, Bakhtiar MT, Ohtani K, Ikeda MA. Therapeutic Targeting of p53-Mediated Apoptosis Pathway in Head and Neck Squamous Cell Carcinomas:. 2012.02

  • Distinct transcriptional regulation by E2F in cell growth and tumor suppression. "Control of cellular physiology by the transcription factor E2F" p91-105. Research Signpost, 2008 (ISBN : 978-81-308-0230-5)

  • 心筋の増殖停止機構 「発生における細胞増殖制御」 p101-109. シュプリンガー・フェアラーク東京, 2004 (ISBN : 978-4-431-71031-8)

  • 細胞の増殖制御と癌化 「キーワードで理解する転写イラストマップ」 p176 –193. 羊土社, 2004 (ISBN : 9784897065793)

  • 増えない細胞の細胞周期研究 —組織再生と細胞死- 実験医学 Vol.22 No.13 p. 1820-1824. 羊土社, 2004 (ISBN : 9784897068282)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 山崎新太郎,清水 真優,井関 祥子,依田 哲也,池田 正明. 軟骨内骨化を介した骨再生に適したヒト間葉系幹細胞の培養条件および足場材料の検討. 第42回日本炎症・再生医学会 2021.07.07 東京

  • Khandakar A.S.M. Saadat, Widya Lestari, Teng Ma, Endrawan Pratama, Sachiko Iseki, Kiyoshi Ohtani, Masa-Aki Ikeda. ARID3B modulates E2F target gene expression and cell proliferation.. 2019年度生命科学系学会合同年次大会 2019.12.04 福岡

  • Saadat K ASM, Ikeda MA. Gene-Silencing Efficiency Determination of ARID3B in Osteosarcoma Cell Lines by siRNA and shRNA. 6th International Multidisciplinary Studies Congress 2019.04.26 Gaziantep, Turkey

  • Saadat K ASM, Ikeda MA. Gene-Silencing Efficiency Determination of ARID3B in Osteosarcoma Cell Lines by siRNA and shRNA. III. International Eurasia Multidisciplinary Studies Congress 2019.04.04 Gaziantep, Turkey

  • Öğr. Üyesi. Saadat K ASM. Saadat, Arman K, Ikeda MA. ARID3A Regulates the Tumor Suppressor Tap73 in Osteosarcoma. 2nd ZEUGMA International Congress on Multidisciplinary Studies 2019.01.20 Gaziantep Turkey

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 終末分化細胞の増殖方法及びそのための組み換えベクター

    特許番号: PCT・JP01/08208

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 病態代謝研究会研究助成,2003年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 癌化のメカニズム,1985年04月

    Medical Tribune

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 人体の発生 「初期発生」「形態形成の分子機構と先天異常」,2000年 - 現在

  • 組織学総論 実習,2016年 - 現在

  • 航空組織・発生学 実習,2016年 - 現在

  • 組織学各論 実習,2016年 - 現在