基本情報

写真a

海老原 新(エビハラ アラタ)

EBIHARA Arata


職名

助教

研究分野・キーワード

レーサ゛ー NiTi CBCT

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科保存学  博士課程  1990年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 歯髄生物学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 歯髄生物学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科保存学会

  • 米国歯内療法学会(American association of Endodontists)

  • 日本歯内療法学会

  • 日本歯科医学教育学会

  • 日本レーザー歯学会

  • 日本レーザー医学会

  • 口腔病学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本レーザー歯学会 評議員
  • 2013年04月
    -
    現在
    日本歯科保存学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 保存治療系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 臨床修練指導歯科医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 光干渉断層計・コンピュータ断層撮影・実体顕微鏡の融合による新たな診断法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 光干渉断層計の歯冠修復への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2013年

  • 光干渉断層計・コンピュータ断層撮影・実体顕微鏡の融合による新たな診断法の確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • NiTiファイル形成システムを構築するために手の動きをシミュレートする

    文部科学省/日本学術振興会

  • ARスマートグラスを用いた双方向性同期型遠隔歯科臨床技能教育システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Keiichiro Maki, Arata Ebihara, Hayate Unno, Satoshi Omori, Taro Nakatsukasa, Shunsuke Kimura, Takashi Okiji. Effect of Different Downward Loads on Canal Centering Ability, Vertical Force, and Torque Generation during Nickel-Titanium Rotary Instrumentation Materials. 2022.04; 7 (15): 2724. ( PubMed, DOI )

  2. Nakatsukasa T, Ebihara A, Kimura S, Maki K, Nishijo M, Tokita D, Okiji T. Impact of radial lands on the reduction of torque/force generation of a heat-treated nickel-titanium rotary instrument Applied Sciences. 2022.03; 12 (5): 2620. ( DOI )

  3. Moe Sandar Kyaw, Ebihara A, Kasuga Y, Maki K, Kimura S, Pyae Hein Htun, Nakatsukasa T, Okiji T. Influence of rotational speed on torque/force generation and shaping ability during root canal instrumentation of extracted teeth with continuous rotation and optimum torque reverse motion International Endodontic Journal. 2021.09; 54 (9): 1614-1622. ( DOI )

  4. Nakatsukasa T, Ebihara A, Kimura S, Maki K, Nishijo M, Tokita D, Okiji T. Comparative evaluation of mechanical properties and shaping performance of heat-treated nickel titanium rotary instruments used in the single-length technique(和訳中) Dental Materials Journal. 2021.05; 40 (3): 743-749. ( DOI 医中誌 )

  5. Htun PH, Ebihara A, Maki K, Kimura S, Nishijo M, Kyaw MS, Okiji T. Comparison of torque, screw-in force and shaping ability of glide path instruments in Continuous rotation and optimum glide path motion Journal of Endodontics. 2021.01; 47 (1): 94-99. ( PubMed, DOI )

  6. Thu M, Ebihara A, Maki K, Miki N, Okiji T. Cyclic fatigue resistance of rotary and reciprocating nickel-titanium instruments subjected to static and dynamic tests. Journal of Endodontics. 2020.11; 46 (11): 1752-1757. ( PubMed, DOI )

  7. Kasahara Y, Iino Y, Ebihara A, Okiji T. Differences in the corono-apical location of sinus tracts and buccal cortical bone defects between vertically root-fractured and non-root-fractured teeth based on periradicular microsurgery Journal of Oral Science. 2020.07; 62 (3): 327-330. ( PubMed, DOI )

  8. Htun PH, Ebihara A, Maki K, Kimura S, Nishijo M, Okiji T. Cleaning and shaping ability of Gentlefile, HyFlex EDM, and ProTaper Next instruments: a combined micro-computed tomographic and scanning electron microscopic study Journal of Endodontics. 2020.07; 46 (7): 973-979. ( PubMed, DOI )

  9. Htun PH, Ebihara A, Maki K, Kimura S, Nishijo M, Tokita D, Okiji T. Comparison of torque, force generation and canal shaping ability between manual and nickel-titanium glide path instruments in rotary and optimum glide path motion. Odontology. 2020.04; 108 188-193. ( DOI )

  10. Maki K, Ebihara A, Kimura S, Nishijo M, Tokita D, Miyara K, Okiji T. Enhanced root canal-centering ability and reduced screw-in force generation of reciprocating nickel-titanium instruments with a post-machining thermal treatment. Dental Materials Journal. 2020.03; 39 (2): 251-255. ( PubMed, DOI )

  11. Kimura S, Ebihara A, Maki K, Nishijo M, Tokita D, Okiji T. Effect of optimum torque reverse motion on torque and force generation during root canal instrumentation with crown-down and single-length techniques Journal of Endodontics. 2020.02; 46 (2): 232-237. ( PubMed, DOI )

  12. Rashed B, Iino Y, Ebihara A, Okiji T. Evaluation of crack formation and propagation with ultrasonic root-end preparation and obturation using a digital microscope and optical coherence tomography. Scanning. 2019.12; 2019 5240430. ( PubMed, DOI )

  13. Ding J, Liu W, Sadr A, He Y, Ebihara A, Li Y. Detection of simulated periradicular lesions in porcine bone by optical coherence tomography. Journal of Endodontics. 2019.08; 45 (8): 1024-1029. ( DOI )

  14. Tong F, Maki K, Kimura S, Nishijo M, Tokita D, Ebihara A, Okiji T. Assessment of mechanical properties of WaveOne Gold Primary reciprocating instruments. Dental Materials Journal. 2019.06; 38 (3): 490-495. ( DOI )

  15. Maki K, Ebihara A, Kimura S, Nishijo M, Tokita D, Okiji T. Effect of Different Speeds of Up-and-down Motion on Canal Centering Ability and Vertical Force and Torque Generation of Nickel-titanium Rotary Instruments. Journal of Endodontics. 2019.01; 45 (1): 68-72.e1. ( PubMed, DOI )

  16. Rashed B, Iino Y, Komatsu K, Nishijo M, Hanada T, Ebihara A, Sunakawa M, Sumi Y, Okiji T. Evaluation of root canal anatomy of maxillary premolars using swept-source optical coherence tomography in comparison with dental operating microscope and cone beam computed tomography. Photomedicine and Laser Surgery. 2018.08; 36 (9): 487-492. ( DOI )

  17. Fukumori Y, Nishijyo M, Tokita D, Miyara K, Ebihara A, Okiji T. Comparative analysis of mechanical properties of differently tapered nickeltitanium endodontic rotary instruments. Dental materials journal. 2018.07; 37 (4): 667-674. ( PubMed, DOI )

  18. Nishijo M, Ebihara A, Tokita D, Doi H, Hanawa T, Okiji T. Evaluation of selected mechanical properties of NiTi rotary glide path files manufactured from controlled memory wires. Dental Materials Journal. 2018.04; 37 (4): 549-554. ( DOI )

  19. Kanako Yao, Kazuhisa Satake, Satoshi Watanabe, Arata Ebihara, Chihiro Kobayashi, Takashi Okiji. Effect of Laser Energy and Tip Insertion Depth on the Pressure Generated Outside the Apical Foramen During Er:YAG Laser-Activated Root Canal Irrigation Photomedicine and Laser Surgery Tokyo, Tokyo Medical and Dental University. 2017.12; 35 (12): 682-687.

  20. Tokita D, Ebihara A, Nishijo M, Miyara K, Okiji T.. Dynamic torque and vertical force analysis during nickel-titanium rotary root canal preparation with different modes of reciprocal rotation. Journal of Endodontics TMDU. 2017.07; 43 (10): 1706-1710.

  21. Tokita D, Ebihara A, Miyara K, Okiji T.. Dynamic torsional and cyclic fracture behavior of ProFile rotary instruments at continuous or reciprocating rotation as visualized with high-speed digital video imaging. Journal of Endodontics. 2017.07; 43 (8): 1337-1342.

  22. Uraba S., Ebihara A., Komatsu K., Ohbayashi N., Okiji T. . Ability of cone-beam computed tomographyto detect periapical lesions that were not detected by periapical radiography: a retrospective assessment according to tooth group. Jouranal of Endodontics. 2016.08; 42 (8): 1186-1190. ( DOI )

  23. Komabayashi T, Ebihara A, Aoki A. The use of lasers for direct pulp capping. Journal of Oral Science. 2015.12; 57 (4): 277-286. ( DOI )

  24. Jamleh A, Komabayashi T, Ebihara A, Nassar M, Watanabe S, Yoshioka T, Miyara M, Suda H. Root surface strain during canal shaping and its influence on apical microcrack development: a preliminary investigation. International Endodontic Journal. 2015.12; 48 (12): 1103-1111. ( PubMed, DOI )

  25. Ebihara A, Iino Y, Yoshioka T, Hanada T, Sunakawa M, Sumi Y, Suda H. Apices of maxillary premolars observed by swept source optical coherence tomography. SPIE Lasers in Dentistry XXI. 2015.02; 9306 93060J-93060J-5. ( DOI )

  26. Iino Y, Yoshioka T, Hanada T, Ebihara A, Sunakawa M, Sumi Y, Suda H. Observation of the pulp horn by swept source optical coherence tomography and cone beam computed tomography. SPIE Lasers in Dentistry XXI. 2015.02; 9306 ( DOI )

  27. Hiran-us S, Sawasdichai J, Pimkhaokham S, Ebihara A, Suda H. Canal aberrations promoted by three Nickel-Titanium rotary instruments in simulated S-shaped canal. SWU Dent J. 2014.12; 7 (Suppl): 12-16.

  28. Yoshio Yahata, Kaoruko Yahata, Hitoshi Sakaue, Arata Ebihara , Yoshiko Masuda, Hideaki Suda. Multidisciplinary management of a laterally luxated maxillary central incisor: An evaluation using cone beam computed tomography. Endodontic Practice Today . 2014.12; 8 (4): 309-314.

  29. K Komatsu, Y Abe, T Yoshioka, H Ishimura, A Ebihara, H Suda. Differential diagnosis of vertical root fractures using reconstructed three-dimensional models of bone defects. Dentomaxillofac Radiol. 2014.12; 43 (8): 20140256. ( PubMed, DOI )

  30. Yoshiko Iino, Arata Ebihara, Toshihiko Yoshioka, Jun Kawamura, Satoshi Watanabe, Takahiro Hanada, Kiwako Nakano, Yasunori Sumi, Hideaki Suda. Detection of a second mesiobuccal canal in maxillary molars by swept-source optical coherence tomography. J Endod. 2014.11; 40 (11): 1865-1868. ( PubMed, DOI )

  31. Ding J, Ebihara A, Watanabe S, Iino Y, Kokuzawa C, Anjo T, Suda H, Sumi Y. Application of optical coherence tomography to identify pulp exposure during access cavity preparation using an Er:YAG laser. Photomedine and Laser Surgery. 2014.06; 32 (6): 356-359. ( PubMed, DOI )

  32. Jamleh A, Sadr A, Nomura N, Ebihara A, Yahata Y, Hanawa T, Tagami J, Suda H. Endodontic instruments after torsional failure: nanoindentation test. Scanning. 2014.03; 36 (4): 437-443. ( PubMed, DOI )

  33. Kana Miyara, Yoshio Yahata, Yohsuke Hayashi, Yusuke Tsutsumi, Arata Ebihara, Takao Hanawa, Hideaki Suda. The influence of heat treatment on the mechanical properties of Ni-Ti file materials. Dent Mater J. 2014; 33 (1): 27-31. ( PubMed )

  34. Piao J, Miyara K, Ebihara A, Nomura N, Hanawa T, Suda H. Correlation between cyclic fatigue and the bending properties of nickel titanium endodontic instruments. Dental Material Journal. 2014; 33 (4): 539-544. ( PubMed )

  35. Toshihiko Yoshioka, Hitoshi Sakaue, Hitomi Ishimura, Arata Ebihara, Hideaki Suda, Yasunori Sumi. Detection of root surface fractures with swept-source optical coherence tomography (SS-OCT). Photomed Laser Surg. 2013.01; 31 (1): 23-27. ( PubMed, DOI )

  36. Hitoshi Sakaue, Kei Komatsu, Toshihiko Yoshioka, Hitomi Ishimura, Arata Ebihara, Hideaki Suda. Evaluation of coronal leakage and pathway of dye leakage after obturation with various materials for open apical foramina. Dent Mater J. 2013; 32 (1): 130-137. ( PubMed )

  37. Chizuko Kokuzawa, Arata Ebihara, Satoshi Watanabe, Tomoo Anjo, Gombo Bolortuya, Hidetoshi Saegusa, Hideaki Suda. Shaping of the root canal using Er:YAG laser irradiation. Photomed Laser Surg. 2012.07; 30 (7): 367-373. ( PubMed, DOI )

  38. A Jamleh, A Sadr, N Nomura, Y Yahata, A Ebihara, T Hanawa, J Tagami, H Suda. Nano-indentation testing of new and fractured nickel-titanium endodontic instruments. Int Endod J. 2012.05; 45 (5): 462-468. ( PubMed, DOI )

  39. Gombo Bolortuya, Arata Ebihara, Shizuko Ichinose, Satoshi Watanabe, Tomoo Anjo, Chizuko Kokuzawa, Hidetoshi Saegusa, Nobuyuki Kawashima, Hideaki Suda. Effects of dentin surface modifications treated with Er:YAG and Nd:YAG laser irradiation on fibroblast cell adhesion. Photomed Laser Surg. 2012.02; 30 (2): 63-70. ( PubMed, DOI )

  40. Ahmed Jamleh, Chihiro Kobayashi, Yoshio Yahata, Arata Ebihara, Hideaki Suda. Deflecting load of nickel titanium rotary instruments during cyclic fatigue. Dent Mater J. 2012; 31 (3): 389-393. ( PubMed )

  41. G Bolortuya, A Ebihara, S Ichinose, S Watanabe, T Anjo, C Kokuzawa, H Saegusa, N Kawashima, H Suda. Initial fibroblast attachment to Erbium:YAG laser-irradiated dentine. Int Endod J. 2011.12; 44 (12): 1134-1144. ( PubMed, DOI )

  42. A Ebihara, Y Yahata, K Miyara, K Nakano, Y Hayashi, H Suda. Heat treatment of nickel-titanium rotary endodontic instruments: effects on bending properties and shaping abilities. Int Endod J. 2011.09; 44 (9): 843-849. ( PubMed, DOI )

  43. Xm Hou, Y Yahata, Y Hayashi, A Ebihara, T Hanawa, H Suda. Phase transformation behaviour and bending property of twisted nickel-titanium endodontic instruments. Int Endod J. 2011.03; 44 (3): 253-258. ( PubMed, DOI )

  44. Satoshi Watanabe, Hidetoshi Saegusa, Tomoo Anjo, Arata Ebihara, Chihiro Kobayashi, Hideaki Suda. Dentin strain induced by laser irradiation. Aust Endod J. 2010.08; 36 (2): 74-78. ( PubMed, DOI )

  45. Hidetoshi Saegusa, Satoshi Watanabe, Tomoo Anjo, Arata Ebihara, Hideaki Suda. Safety of laser use under the dental microscope. Aust Endod J. 2010.04; 36 (1): 6-11. ( PubMed, DOI )

  46. Y Yahata, T Yoneyama, Y Hayashi, A Ebihara, H Doi, T Hanawa, H Suda. Effect of heat treatment on transformation temperatures and bending properties of nickel-titanium endodontic instruments. Int Endod J. 2009.07; 42 (7): 621-626. ( PubMed, DOI )

  47. Y Hayashi, T Yoneyama, Y Yahata, K Miyai, H Doi, T Hanawa, A Ebihara, H Suda. Phase transformation behaviour and bending properties of hybrid nickel-titanium rotary endodontic instruments. Int Endod J. 2007.04; 40 (4): 247-253. ( PubMed, DOI )

  48. 八幡 祥生, 林 洋介, 海老原 新, 米山 隆之, 塙 隆夫, 須田 英明. 新型ニッケルチタンファイルLiberatorの理工学的特性 日本歯科保存学雑誌. 2007.02; 50 (1): 45-51.

  49. Myint Myint San, Kataoka H, Hishioka M, Wadachi R, Ebihara A, Suda H. Improved Prognosis of the Endodontically Treated Tooth Endodontic Therapy. 2006.12; 6 (1): 18.

  50. K Miyai, A Ebihara, Y Hayashi, H Doi, H Suda, T Yoneyama. Influence of phase transformation on the torsional and bending properties of nickel-titanium rotary endodontic instruments. Int Endod J. 2006.02; 39 (2): 119-126. ( PubMed, DOI )

  51. A Ebihara, T Yoshioka, H Suda. Garrè's osteomyelitis managed by root canal treatment of a mandibular second molar: incorporation of computed tomography with 3D reconstruction in the diagnosis and monitoring of the disease. Int Endod J. 2005.04; 38 (4): 255-261. ( PubMed, DOI )

  52. A. Ebihara, N. Kawashima, H. Saegusa, T.Anjo, H. Suda. Autofluorescence of healthy and inflamed pulpal tissues: photodynamic diagnosis ofpulpal tissue Lasers in Dentistry XI. 2005.02; 5687 163-169.

  53. Tomoo Anjo, Arata Ebihara, Atsushi Takeda, Masaaki Takashina, Mitsuhiro Sunakawa, Hideaki Suda. Removal of two types of root canal filling material using pulsed Nd:YAG laser irradiation. Photomed Laser Surg. 2004.12; 22 (6): 470-476. ( PubMed, DOI )

  54. A. Ebihara, T. Anjo, A. Takeda, H. Suda. The surface of root canal irradiated by Nd:YAG laser with TiO2 Lasers in Dentistry X. 2004.02; 5313 97-103.

  55. A. Ebihara, T. Anjo, H. Noguchi, T. Takase, A.Takeda, H. Suda. Fiber tip processing for the application of Nd:YAG laser in endodontic treatment The 9 th International Congress on Lasers in Dentistry. 2004; 88-7587-123-X 79-82.

  56. T. Anjo, A.Ebihara, A.Takeda, H.Suda. The effects of diode laser irradiation on dye-stained root canal walls The 9 th International Congress on Lasers in Dentistry. 2004; 88-7587-123-X 63-66.

  57. H. Suda, M.Takashina, A.Ebihara, T.Anjo, A.Takeda. Use of high-power Nd:YAG laser in endodontics Lasers in Dentistry. 2003.12; 1248 9-12.

  58. T. Amjo, A.Ebihara, A.Takeda, M.Takashina, H.Suda. Application of Er:YAG laser to retrograde cavity preparation Lasers in Dentistry. 2003.12; 1248 265-267.

  59. A. Ebihara, M.Takashina, T.Anjo, A.Takeda, H.Suda. Removal of root canal obstructions using pulsed Nd:YAG laser Lasers in Dentistry. 2003.12; 1248 257-259.

  60. A. Takeda, T.Anjo, M.Takashina, A.Ebihara, H.Suda. Apicoectomy using Er:YAG laser-a clinical study Lasers in Dentistry. 2003.12; 1248 261-263.

  61. Arata Ebihara, Tatiana B Krasieva, Lih-Huei L Liaw, Sheri Fago, Diana Messadi, Kathryn Osann, Petra Wilder-Smith. Detection and diagnosis of oral cancer by light-induced fluorescence. Lasers Surg Med. 2003; 32 (1): 17-24. ( PubMed, DOI )

  62. Sirintra Charoenbanpachon, Tatiana Krasieva, Arata Ebihara, Kathryn Osann, Petra Wilder-Smith. Acceleration of ALA-induced PpIX fluorescence development in the oral mucosa. Lasers Surg Med. 2003; 32 (3): 185-188. ( PubMed, DOI )

  63. A. Ebihara, B. Majaron, L.H. Liaw, T.B. Krasieva, P. Wilder-Smith. Er:YAG laser modification of root canal dentin: Influence of pulse duration, repetitive irradiation, and water spray LASERS IN MEDICAL SCIENCE. 2002.12; 17 (3): 198-207.

  64. Masaaki Takashina, Arata Ebihara, Mitsuhiro Sunakawa, Tomoo Anjo, Atsushi Takeda, Hideaki Suda. The possibility of dowel removal by pulsed Nd:YAG laser irradiation. Lasers Surg Med. 2002; 31 (4): 268-274. ( PubMed, DOI )

  65. A. Ebihara, B. Majaron, L.-H. Liaw, T.B. Krasieva, P. Wilder-Smith. Visualization of root canal dentin structure irradiated by Er:YAG laser using confocal laser scanning microscopy Lasers in Dentistry VII. 2001.02; 4249 28-35.

  66. A. Ebihara, L.-H. Liaw, T.B. Krasieva, P. Wilder-Smith. Light-induced fluorescence for pulpal diagnosis Lasers in Dentistry VII. 2001.02; 4249 163-168.

  67. A Ebihara, Y Tokita, T Izawa, H Suda. Pulpal blood flow assessed by laser Doppler flowmetry in a tooth with a horizontal root fracture. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 1996.02; 81 (2): 229-233. ( PubMed )

  68. 木村俊介, 海老原新, 興地隆史. 高い柔軟性を持つファイルの特徴 日本歯科理工学会誌. 2021.05; 40 (2): 121-124.

  69. 牧圭一郎, 海老原新, 興地隆史. 各種根管形成用モーターの臨床応用 日本歯科理工学会誌. 2021.05; 40巻 (2号): 117-120.

  70. 牧圭一郎,海老原新,大森智史,雲野颯,中務太郎,木村俊介,興地隆史. 各種ニッケルチタン製ロータリーファイルの湾曲根管形成能―歯学部卒前学生による形成の評価― 日本歯内療法学会雑誌. 2021.05; 42 (3): 91-97.

  71. 田中利典,河野哲,海老原新,佐藤暢也,田中弘顕,西谷佳浩,廣瀬和人,松崎英津子,中田和彦,北村知昭. 歯学教育機関における歯内療法に使用する器具・材料・薬剤の調査-2019年アンケート調査結果- 日本歯内療法学会雑誌. 2021.01; 42 (1): 31-40.

  72. 福森洋平,中務太郎,牧圭一郎,木村俊介,海老原新,興地隆史,杉崎順平. ニッケルチタン製ロータリーファイルのテーパーが回転疲労耐性に与える影響 日本歯科保存学雑誌. 2020.12; 63 (6): 512-518.

  73. 牧圭一郎,海老原新,中務太郎,木村俊介,興地隆史. ニッケルチタン製ロータリーファイルと手用Kファイルの湾曲根管形成能:未経験者による根管形成の評価 2020.08; 63 (4): 305-311.

  74. 青木章, 竹内康雄, 秋月達也, 水谷幸嗣, 片桐さやか, 池田裕一, 前川祥吾, 渡辺 数基, 海老原新, 秀島雅之, 二階堂徹, 小田 茂, 荒木孝二, 岩田隆紀, 和泉雄一. 東京医科歯科大学歯学部歯 学科学生の歯周治療臨床実習の改革とその現状-2018 年卒業生の実習内容とその実績から 日本歯周病学会誌. 2020.03; 62 (1): 38-46. ( DOI )

  75. 牧圭一郎, 海老原新, 中務太郎, 木村俊介, 興地隆史. ニッケルチタンロータリーファイルを用いた各種根管形成法における根管形成能の比較:学生による形成に対する評価 日本歯内療法学会雑誌. 2019.09; 40 (3): 179-185.

  76. 海老原新,興地隆史. 臨床におけるCBCTの応用 ー歯内療法の立場からー 歯科放射線. 2018.12; 58 (2): 43-57.

  77. 海老原新. 治癒に導くエンドの秘訣・最新エンド症例集 上顎小臼歯の感染根管治療直後に瘻孔が再発した症例 日本歯科評論. 2018.09; 193-12-15.

  78. 飯野由子,海老原新,砂川光宏,興地隆史. 歯内療法へのOCTの応用 日本レーザー医学会誌. 2018.08; 39 (1): 50-58. ( DOI )

  79. 時田大輔, 海老原新, 宮良香菜, 興地隆史. ニッケルチタンロータリーファイルの往復回転運動で生じるトルクおよび垂直荷重 : トルク依存型および時間依存型往復回転運動の評価 日本歯科保存学会誌. 2017.06;

  80. 小松恵,海老原新,興地隆史. 歯科用コーンビームCT画像を用いた三次元的骨欠損形態評価システムによる垂直性歯根破折の鑑別診断 日本外傷歯学会雑誌. 2016.12; 12 (1):

  81. 海老原新. 歯科用OCTの歯内治療分野への応用 DE. 2015.11; 195 425-428.

  82. 宮良香菜,八幡祥生,時田大輔,海老原新,塙隆夫,興地隆史. M-wireを用いたNiTi製ファイルProFile Vortexの相変態挙動および曲げ特性 日本歯科保存学雑誌. 2015.10; 58 (5): 356-362. ( DOI 医中誌 )

  83. 和達礼子,吉岡俊彦,花田隆周,原田直子,海老原新,須田英明. 歯の破折症例の現状ならびに課題―歯内療法専門外来初診患者にみる現在の歯科診療のニーズ― 日本歯科保存学雑誌. 2015.02; 58 (1): 1-9. ( DOI )

  84. 佐竹和久, 渡辺聡, 井手彩集, 八尾香奈子, 市川勝, 安生智郎, 海老原新, 小林千尋, 須田英明. Er:YAGレーザーを用いた根管洗浄時に生じる根尖孔外の圧力 日本レーザー歯学会誌. 2014.08; 25 (2): 70-74.

  85. 海老原 新, 石村 瞳, 森田 一三, 武部 純, 金村 清孝, 石橋 寛二, 福田 仁一, 中垣 晴男, 末瀬 一彦, 須田 英明. 歯科医師国家試験に関する国際アンケート調査 日本歯科医学教育学会雑誌. 2013.12; 29 (3): 238-245.

  86. 末瀬 一彦, 須田 英明, 石橋 寛二, 福田 仁一, 武部 純, 金村 清孝, 森田 一三, 海老原 新, 石村 瞳. 国内外における比較・分析による歯科技工士国家試験の在り方に関する研究 日本歯科技工学会雑誌. 2013.01; 33 (2): 99-111.

  87. 八幡祥生, 山内隆守, 海老原新, 須田英明. 複雑な根管を呈する下顎小臼歯の歯内治療‐歯科用実体顕微鏡とコーンビームCTの有用性‐ 日本歯内療法学会雑誌. 2012.01; 33 (1): 14-19.

  88. 渡辺 聡, 石澤 千鶴子, Gombo Bolortuya, 三枝 英敏, 安生 智郎, 海老原 新, 須田 英明. Er:YAGレーザーによる逆根管充填窩洞形成が垂直性歯根破折に与える影響 日本レーザー歯学会誌. 2011.08; 22 (2-3): 100-107. ( DOI )

  89. 海老原新. 歯内療法におけるEr:YAGレーザーの応用 日本レーザー医学会誌. 2011; 32 (1): 29-34.

  90. 東 春生, 渡辺 聡, 和達 礼子, 海老原 新, 小倉 陽子, 勝海 一郎, 須田 英明. 水硬性仮封材の硬化に及ぼす消毒薬の影響について 日本歯科保存学雑誌. 2010.06; 53 (3): 304-308.

  91. 渡辺 聡, 三枝 英敏, 安生 智郎, 海老原 新, 須田 英明. 根管照射用チップを用いたEr:YAGレーザー照射による象牙質切削の基礎的分析 日本レーザー歯学会誌. 2009.08; 20 (2): 74-80.

  92. 安生 智郎, 渡辺 聡, 三枝 英敏, 海老原 新, 須田 英明. Er:YAGレーザー照射による根管内殺菌効果に関する研究 日本レーザー歯学会誌. 2008.08; 19 (2): 58-63.

  93. 海老原 新, 須田 英明. 歯内療法への3次元画像の応用 The Journal of Dental Engineering. 2008.01; (164): 9-12.

  94. 三枝英敏, 渡辺聡,安生智郎,海老原新,須田英明. 歯科用レーザー使用と眼球への安全性-防護眼鏡着用下および顕微鏡下での使用について- 日本歯科保存学雑誌. 2007.08; 50 (4): 432-439.

  95. 海老原 新. 光線力学的診断法(PDD)と光線力学的治療法(PDT)の歯科医学への応用 日本レーザー歯学会誌. 2007.04; 18 (1): 2-8.

  96. 安生 智郎, 渡辺 聡, 三枝 英敏, 野口 英俊, 海老原 新, 須田 英明. 酸化チタン液浴下におけるNd:YAGレーザーの根管内照射が根管壁象牙質に及ぼす影響について 日本レーザー歯学会誌. 2007.04; 18 (1): 42-48.

  97. 吉井 加奈世, 萩谷 洋子[川村], 吉岡 隆知, 海老原 新, 須田 英明. 逆根管充填法の術後初期症状と患者の意識調査 日本歯内療法学会雑誌. 2007.01; 28 (1): 24-28.

  98. 林 洋介, 米山 隆之, 伊藤 正紀, 八幡 祥生, 宮井 香林, 海老原 新, 塙 隆夫, 須田 英明. オートクレーブ滅菌および次亜塩素酸ナトリウム溶液浸漬がエンジン用ニッケルチタンファイルの機械的特性に与える影響について 日本歯内療法学会雑誌 . 2006.05; 27 (2): 95-100.

  99. 海老原 新, 渡辺 聡, 三枝 英敏, 安生 智郎, 野口 英俊, 須田 英明. Nd:YAGレーザーの根管内照射の可能性 コア径150μmの導光ファイバーを用いた基礎的検討 日本レーザー歯学会誌. 2006.04; 17 (1): 9-15.

  100. 海老原 新, 須田 英明. 根管治療におけるレーザーの可能性 基礎から臨床へ 日本レーザー歯学会誌. 2005.10; 16 (2): 111-115.

  101. 安生 智郎, 三枝 英敏, 野口 英俊, 海老原 新, 須田 英明. 酸化チタン液を併用したNd:YAGレーザー照射が象牙質に及ぼす影響 形態学的観察 日本レーザー歯学会誌. 2005.10; 16 (2): 80-85.

  102. 林 洋介, 宮井 香林, 海老原 新, 米山 隆之, 須田 英明. エンジン用ニッケルチタンファイルの曲げ特性および相変態挙動 日本歯科保存学雑誌. 2005.08; 48 (4): 524-529.

  103. 吉岡 隆知, 川村 洋子, 佐々木 るみ子, 麻薙 万美, 菊地 和泉, 福元 康恵, 海老原 新, 須田 英明. 根尖切除術における3DX画像の有用性 日本歯内療法学会雑誌. 2005.05; 26 (2): 124-128.

  104. 興津 茂登子, 高橋 英和, 岩崎 直彦, 吉岡 隆知, 海老原 新, 須田 英明. ポストのテーパーが歯根破折に与える影響 歯科材料・器械. 2005.04; 24 (3): 211-215.

  105. 川村洋子, 吉岡隆知, 菊地和泉, 海老原, 須田英明. デジタルX線画像を用いた垂直性歯根破折の新しい評価指標 日本歯科保存学雑誌. 2005; 48 (2): 239-243.

  106. 竹田 淳志, 安生 智郎, 海老原 新, 須田 英明. Nd:YAGレーザーによる根管内破折器具除去に関する基礎的研究 日本レーザー歯学会誌. 2004.03; 15 (1): 14-19.

  107. 安生 智郎, 高品 正明, 海老原 新, 竹田 淳志, 須田 英明. パルス波Nd:YAGレーザーによるレジン系糊剤根管充填材AH26の除去に関する基礎的研究 日本歯科保存学雑誌 . 2003.02; 46 (6): 896-903.

  108. 各種コンタクトプローブを用いてEr:YAGレーザーを照射した象牙質面の形態変化 共焦点レーザー顕微鏡と走査電子顕微鏡による観察. "各種コンタクトプローブを用いてEr:YAGレーザーを照射した象牙質面の形態変化 日本レーザー歯学会誌. 2002.09; 13 (2): 62-71.

  109. 高品 正明, 竹田 淳志, 安生 智郎, 海老原 新, 須田 英明. パルス波Nd:YAGレーザーによる金属ポスト除去時の歯根表面の温度上昇に関する基礎的研究 日本レーザー歯学会誌. 2000.03; 11 (1): 27-34.

  110. 海老原 新, 高品 正明, 竹田 淳志, 須田 英明. パワーパルスNd:YAGレーザーを用いた根管内異物除去に関する基礎的検討 日本レーザー歯学会誌. 1999.06; 10 (1): 25-33.

  111. 吉岡 隆知, 片岡 博樹, 海老原 新, 小林 千尋, 須田 英明. Continuous wave of obturation techniqueの基礎的評価 日本臨床歯内療法学会雑誌. 1998.12; 19 (2): 150-158.

  112. 海老原新, 和達礼子,関根義朗,竹田淳志,須田英明. Er:YAGレーザーを用いた逆根管充填用窩洞形成に関する研究 日本レーザー歯学会誌. 1998; 9 (1): 23-31.

  113. 和達礼子, 関根義朗, 海老原新, 竹田淳志, 荒木孝二, 須田英明. 試作水酸化カルシウム根管貼薬剤の病理組織学的研究 日本歯科保存学雑誌. 1997.02; 40 (1): 23-31.

  114. 海老原新, 関根義朗, 竹田淳志, 須田英明. Er:YAGレーザーの根尖切除術への応用に関する基礎的検討 日本レーザー歯学会誌. 1996; 8 (1): 23-30.

  115. 関根義朗, 和達礼子, 海老原新, 竹田淳志, 須田英明. レーザーの根管治療への応用 日本レーザー医学会誌. 1996; 17 (3): 27-33.

  116. 関根義朗, 和達礼子, 海老原新, 竹田淳志, 須田英明. Nd:YAGレーザーの根管内照射による歯周組織への影響 日本レーザー歯学会誌. 1996; 7 (1): 12-21.

  117. 関根義朗, 和達礼子, 海老原新, 竹田淳志, 須田英明. Nd:YAGレーザーによる根管消毒-ウシ抜去歯を用いた基礎的研究- 日本レーザー歯学会誌. 1995; 6 (1): 31-39.

  118. 海老原新, 上野健一, 西岡政道, 関根義朗, 竹田淳志, 中島光雅, 須田英明. Nd:YAGレーザーの人工感染象牙質に与える影響について 日本歯科保存学雑誌. 1994; 37 (3): 1029-1036.

  119. 海老原新, 関根義朗, 竹田淳志, 須田英明. Nd:YAGレーザーの直接覆髄法への応用に関する研究 日本歯科保存学雑誌. 1992.06; 35 (3): 876-886.

  120. 荒木孝二, 竹田淳志, 海老原新, 松本宏之, 須田英明. 過去11年間の歯学部学生歯内治療臨床実習の統計学的検討 口腔病学会雑誌. 1991.06; 58 (2): 545-554.

  121. 王紅虹, 海老原新, 澤田則宏, 奥山雅之, 竹田淳志, 荒木孝二, 砂田今男. Nd:YAGレーザー照射によるウシ抜去歯歯髄腔内の温度変化について 日本歯科保存学雑誌 . 1990.02; 33 (1): 241-245.

  122. 海老原新. Nd:YAGレーザーの生活断髄法への応用に関する実験的研究 日本歯科保存学雑誌 . 1989.12; 32 (6): 1670-1684.

  123. 海老原新, 竹田淳志, 荒木孝二, 須田英明, 砂田今男. 試作型GaAlAsレーザーの象牙質知覚過敏症への応用-二重盲検法による効果の判定- 日本歯科保存学雑誌 . 1988.12; 31 (6): 1782-1787.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 雲野颯、海老原新、大森智史、中務太郎、牧圭一郎、木村俊介、西条美紀、興地隆史. 日本歯内療法学会がすべての歯科医師に贈る最新トレンド 「ニッケルチタン製ロータリーファイルTruNatomyの理工学的特性」. 2021.08

  2. 海老原新. 治癒に導くエンドの秘訣. ヒョーロンパブリッシャーズ, 2020.06 上顎小臼歯の感染根管治療直後に瘻孔が再発した症例 (ISBN : 978-4-86432-057-3)

  3. 翻訳:海老原新 Shanon Patel, Bhuva, Eric Whaites. 口内法エックス線撮影法の限界とそれを補う新しい画像処理技術.歯内療法成功のためのコーンビームCT活用術. クインテッセンス出版, 2018.01 口内法エックス線撮影法の限界とそれを補う新しい画像処理技術 (ISBN : 978-4-7812-0598-4)

  4. 海老原新, 興地隆史. YEARBOOK 2017 最新エンドのグローバルスタンダード 基礎・解剖から外科的歯内療法まで (別冊 ザ・クインテッセンス). クインテッセンス出版, 2017.01 Ni-Ti製ファイルの臨床応用.

  5. 海老原新. YEARBOOK 2017 最新エンドのグローバルスタンダード 基礎・解剖から外科的歯内療法まで (別冊 ザ・クインテッセンス). クインテッセンス出版, 2017.01 Ni-Ti製ファイルの臨床応用 (ISBN : 4781205364)

  6. 海老原 新,宮良 香菜,須田 英明. 新しいNi-Ti製ファイルの歯内療法. 2014.09 WaveOne開発の背景

  7. 海老原新, 浦羽真太郎, 飯野由子, 小松恵, 吉岡俊彦, 須田英明. 歯内療法の診断におけるCBCT使用に関する調査報告 (別冊Quintessence YEARBOOK 2014 今だからこそ押さえておきたい!世界の歯内療法の潮流). クインテッセンス出版, 2014.01 歯内療法の診断におけるCBCT使用に関する調査報告

  8. 浦羽真太郎, 吉岡俊彦, 海老原新, 須田英明. コーンビームCTを用いた根尖病変の検出 (別冊Quintessence YEARBOOK 2014 今だからこそ押さえておきたい!世界の歯内療法の潮流). クインテッセンス出版, 2014.01 コーンビームCTを用いた根尖病変の検出

  9. 海老原新, 須田英明. 歯内治療の結果と予後向上(Paul V Abott翻訳)(別冊Quintessence YEARBOOK 2014 今だからこそ押さえておきたい!世界の歯内療法の潮流). クインテッセンス出版, 2014.01 歯内治療の結果と予後向上(Paul V Abott翻訳)

  10. 菅谷勉, 海老原新. 垂直歯根破折歯を救え!. クインテッセンス出版, 2013.07 垂直歯根破折歯の接着治療の実際 CHAPTER1 垂直歯根破の診査・診断 (ISBN : 978-4-7812-0324-9)

  11. 海老原新, 須田英明. DENTAL DIAMOND 8月号・第37巻11号. デンタルダイヤモンド, 2012.07 Ni-Tiファイルの特性と利点・欠点

  12. 須田英明, 海老原新. Er:YAGレーザーの基礎と臨床. 第一歯科出版, 2011 歯根端切除術

  13. 海老原新. 歯界展望 第117巻第2号. 医歯薬出版, 2011 レーザーはここまできた!Practice& Evidence ①歯内療法への応用

  14. 海老原新. DENTAL DIAMOND 11月号・第36巻15号. デンタルダイヤモンド, 2011 根管治療におけるレーザーの偶発症とトラブルシューティング―レーザー照射にあたって注意すべきこと

  15. 海老原新, 須田英明. Dhstyle増刊号. デンタルダイヤモンド, 2010 歯根破折,歯科衛生士のX線読影力

  16. 海老原新. 歯界展望 別冊「エンド難症例 メカニズムと臨床対応」. 医歯薬出版, 2009 Chapter4 エンド治療の最前線 歯科用レーザー

  17. 海老原新, 須田英明. 日本歯科評論増刊2008 症例でみる歯科用レーザーの有効活用-CO2レーザー,Nd:YAGレーザー,Er:YAGレーザー,半導体レーザーを網羅-. 2008 総論:歯内療法領域におけるレーザーの現状と可能性

  18. 海老原新. DENTAL DIAMONDO増刊号 臨床歯内療法 器材・薬剤・テクニックのコンビネーション. デンタルダイヤモンド, 2008 歯内療法におけるCT診断

  19. 海老原新, 須田英明. 日本歯科評論増刊2008 症例でみる歯科用レーザーの有効活用-CO2レーザー,Nd:YAGレーザー,Er:YAGレーザー,半導体レーザーを網羅-. ヒョーロン・パブリッシャーズ, 2008 レーザーの歯髄への影響と安全性:基礎研究

  20. 海老原新, 須田英明. システマチック根管治療-安全性・効率性・確実性の追求-. 東京都歯科医師会雑誌, 2006 各論7 適切な根管充填の選択法と基準

  21. 安生智郎, 海老原新, 竹田淳志, 須田英明. 歯界展望特別号2005 健康な心と身体は口腔から ~発 ヨコハマ2004~. 2005 歯科用レーザーの歯内治療への応用について

  22. 興津茂登子, 石塚智康, 吉岡隆知, 海老原新, 岩崎直彦, 高橋英和, 須田英明. 歯界展望特別号2005 健康な心と身体は口腔から ~発 ヨコハマ2004~. 医歯薬出版, 2005 歯根の垂直破折に関する研究

  23. 海老原新, 安生智郎, 竹田淳志, 須田英明. 歯界展望特別号2005 健康な心と身体は口腔から ~発 ヨコハマ2004~. 医歯薬出版, 2005 歯内療法域におけるレーザー応用

  24. 海老原新, 須田英明. 日本歯科評論・第64巻7号. ヒョーロン・パブリッシャーズ, 2004 特集レーザーをよく知り、使いこなすために-Nd:YAGレーザーの有効活用 根管治療におけるNd:YAGレーザーの有効活用-基礎的研究と臨床例から

  25. 海老原新, 須田英明. Quintessence別冊 歯科用レーザー・21世紀の展望 パート2. クインテッセンス出版, 2004 第2章歯内治療 Nd:YAGレーザーの臨床応用-歯内療法を中心に-

  26. 須田英明, 海老原新. イラストレイテッド・クリニカルデンティストリー 2歯・歯髄・歯周組織の疾患. 医歯薬出版, 2001 Ⅱ.歯髄・根尖性歯周組織疾患の基本的治療法 16歯髄疾患・根尖性歯周組織疾患の鑑別診断

  27. 海老原新, 須田英明. Quintessence別冊 歯科用レーザー・21世紀の展望 パート1. クインテッセンス出版, 2001 第2部歯髄 第5章 生活歯髄切断 Nd:YAGレーザーによる生活断髄法

  28. 海老原新, 須田英明. Quintessence別冊 歯科用レーザー・21世紀の展望 パート1. 2001 第2部歯髄 第1章 歯髄診断(レーザードップラー)

  29. 海老原新. 歯界展望 別冊「New エンドドンティックス」. 医歯薬出版, 1999 歯内療法でレーザーをどう使うか

  30. 海老原新, 須田英明. DO増刊号 ここまできたどこまでゆく画像診断. デンタルダイヤモンド, 1997 上顎臼歯部の疼痛

  31. 海老原新, 須田英明. 歯科ジャーナル・第39巻4号. 国際医書出版, 1994 歯根端病巣の治療法 保存療法とその限界―保存的療法

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 則武 加奈子, 須永 昌代, 海老原 新, 秀島 雅之, 礪波 健一, 梅森 幸, 金森 ゆうな, 木下 淳博, 新田 浩. 東京医科歯科大学歯学部附属病院の研修歯科医採用試験におけるオンライン試験の試み. 第40回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2021.11.20 東京(オンライン)

  2. Thu M, Ebihara A, Maki K, Nishijo M, Kimura S, Nakatsukasa T, Kyaw M, Okiji T. Effect of different axial speed patterns on fatigue resistance of rotary Nickel-titanium instruments. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 Web

  3. Pyae Hein Htun,牧圭一郎,木村俊介,西条美紀,海老原新,興地隆史. ジェントルファイルの根管形成能および根管壁の清掃能について. 第41回日本歯内療法学会学術大会 2020.06.27

  4. Myint Thu,海老原新,西条美紀,牧圭一郎,興地隆史. 静的/動的回転疲労試験による連続回転および往復回転ニッケルチタン製ロータリーファイルの回転疲労耐性. 日本歯科保存学会2020年度秋季学術大会(第152回) 2020.06.11

  5. Bayan Rashed,飯野由子,海老原新,興地隆史. 逆根管窩洞形成および充填に伴う亀裂発生と伸展に関するデジタルマイクロスコープおよび光干渉断層計を用いた評価. 日本歯科保存学会2019年春度季学術大会(第150回) 2019.06.27 金沢

  6. Maki K,Ebihara A,Kimura S,Nishijo M,Tokita D,Okiji T. Effect of up-and-down speeds on canal centering ability and stress generation of NiTi rotary instruments. IFEA 11th World Endodontic Congress 2018 2018.10.04 Soul

  7. 西条美紀, 海老原新, 時田大輔, 土居壽, 塙隆夫. NiTi形状記憶合金製グライドパス形成用ロータリーファイルにおける機械的性質. 第82回 口腔病学会学術大会 2017.11.20 東京

  8. 童方麗, 牧圭一郎, 木村俊介, 中務太郎, Pyae Hein Htun, 西条美紀, 時田大輔, 宮良香菜, 海老原新, 興地隆史. WaveOne Gold NiTi ファイルの機械的特性の評価. 日本歯科保存学会2017年度秋季学術大会(第147回) 2017.10.26 岩手県盛岡市

  9. 牧圭一郎, 時田大輔, 木村俊介, 西条美紀, 宮良香菜, 海老原新, 興地隆史. 各種根管形成法における根管形成能の比較 学生による形成に対する評価. 第38回日本歯内療法学会学術大会 2017.07.22

  10. Rashed BA, Ebihara A, Iino Y, Yoshioka T, Hanada T, Sunakawa M, Sumi Y, Okiji T. Evaluation of root canal anatomy of maxillary premolars using swept source optical coherence tomography in comaparison with dental operating microscope and cone beam computed tomography. The 15th Congress of the World Federation for Laser Dentistry 2016.07.18 Nagoya

  11. Watanabe S, Ide A, Yao K, Satake K, Hongo T, Ebihara S, Kobayashi C, Okiji T. Pressure generated outside the apical foramen during root canal irrigation activated by diode laser. 15th Congress of the World Federation for Laser Dentistry 2016.07.17

  12. Hongo T, Watanabe S, Ide A, Satake K, Yao K, Ebihara A, Okiji T. Kinetics of Vaporized Cavitation Bubbles during Root Canal Irrigation Activated by Diode Laser. The 15th Congress of the World Federation for Laser Dentistry 2016.07.17 名古屋

  13. Iino Y, Yoshioka T, Hanada T, Ebihara A, Sunakawa M, Sumi Y, Okiji T. Visualization of substructures of resected apical root surface by swept-source optical coherence tomography. The 15th Congress of the World Federation for Laser Dentistry 2016.07.17 Nagoya, Aichi, Japan

  14. Hongo T, Watanabe S, Ide A, Satake K, Yao K, Ebihara A, Kobayashi C, Okiji T. Kinetics of Vaporized Cavitation Bubbles during Root Canal Irrigation Activated by Diode Laser. 94th General Session and Exhibition of the IADR 2016.06.25 Seoul, Republic of Korea

  15. Watanabe S, Yao K, Satake K, Hongo T, Ebihara A, Kobayashi C, Okiji T. Pressure generated outside the apex during root canal irrigation activated by diode laser and Er:YAG laser. The 17th JSCD/KACD Joint-Scientific Meeting 2015.11.12 Tokyo

  16. Komatsu K, Abe Y, Toshihiko T, Ishimura H, Ebihara A, Suda H, Okiji T. Diagnosis of vertical root fractures by analyzing reconstructed three-dimensional models obtained from CBCT images: a case series. . European Society of Endodontology 2015.09.19 Barcelona, Spain

  17. S. Uraba, K. Komatsu, A. Ebihara, N. Obayashi, T. Okiji. Detection of Apical Periodontitis using Cone-Beam Computed Tomography and Periapical Radiography. The 4th Tri-University Consortium 2015.05.20

  18. Yao K, Watanabe S, Ebihara A, Kobayashi C. Apical extrusion of root canal irrigants during root canal irrigation activated by Diode Laser and Er:YAG Lase. Academy of Laser Dentistry conference 2015.02.09

  19. Ebihara A, Iino Y, Yoshioka Y, Hanada T, Sunakawa M, Sumi Y, Suda H. Apices of maxillary premolars observed by swept source optical coherence tomography. SPIE 2015.02.08 San Francisco, CA

  20. Iino Y, Yoshioka T, Hanada T, Ebihara A, Sunakawa M, Sumi M, Suda H. Observation of the pulp horn by swept source optical coherence tomography and cone beam computed tomography. SPIE 2015.02.08 San Francisco

  21. Watanabe S, Ide A, Yao K, Satake K, Ichikawa M, Anjo T, Ebihara A, Kobayashi C, Suda H. Pressure generated outside the apical foramen during root canal irrigation activated by diode laser. WFLD 14th 2014.07.04

  22. Ebihara A, Iino Y, Yoshioka T, Hanada T, Sumi Y, Suda H. Observation of resected apical surfaces of human premolars by swept-source optical coherence tomography. WFLD 2014.07.03 Paris

  23. Satake K, Ide A, Yao K, Ichikawa M, Watanabe S, Anjo T, Ebihara A, Kobayashi C, Suda H. Apical extrusion of root canal irrigants during root canal irrigation activated by diode laser. WFLD 14th 2014.07.03

  24. Yao K, Ide A, Satake K, Ichikawa M, Watanabe S, Anjo T, Ebihara A, Kobayashi C, Suda H. Er:YAG laser-activated irrigation for lateral canals. WFLD 14th 2014.07.03

  25. Yoshiko Iino, Toshihiko Yoshioka, Takahiro Hanada, Arata Ebihara, Yasunori Sumi, Hideaki Suda. Detection of the second mesiobuccal canal of maxillary molars by swept-source optical coherence tomography-Comparison between inexperienced and experienced dentists-. World Federation for Laser Dentistry 2014.07.02 Paris

  26. Miyara K, Ogura S, Komabayashi T, Ebihara A, Hanawa T, Suda H. Centering ability and bending property of WaveOne™ Primary reciprocating files. AADR 2014.03.19 Charlotte

  27. K. Miyara, D. Tokita, A. Ebihara, H. Suda. Cyclic fatigue properties of two new Ni-Ti rotary instruments made of two different heat-treated Ni-Ti wires. The 140th scientific meeting of Korean Academy of Conservative Dentistry and 15th scientific joint meeting between JSCD and KACD 2013.11.23

  28. K. Yao, K.Satake, M. Ichikawa, S. Watanabe, A. Ebihara, C. Kobayashi, H. Suda. Root canal irrigation pressure generated outside the apipcal foramen during Er:YAG laser-activated irrigation. The 140th scientific meeting of Korean Academy of Conservative Dentistry and 15th scientific joint meeting between JSCD and KACD 2013.11.23

  29. Y. Iino, T. Yoshioka, T. Hanada, A. Ebihara, Y. Sumi, H. Suda. Detection of the second mesiobuccal canal of maxillary molars by swept-source optical coherence tomography -Evakuation by inexperienced dentists-. The 140th scientific meeting of Korean Academy of Conservative Dentistry and 15th scientific joint meeting between JSCD and KACD 2013.11.23

  30. D. Tokita, K. Miyara, A. Ebihara, H. Suda. Efficacy of a prototype automatic root canal preparation device with an improved torque-reverse mechanism. The 140th scientific meeting of Korean Academy of Conservative Dentistry and 15th scientific joint meeting between JSCD and KACD 2013.11.23

  31. J. Piao, K, Miyara, A. Ebihara, N. Nomura, T. Hanawa, H. Suda. Effects of cyclic fatigue on bending properties of Profile® nickel-titaniumu rotary instruments. The 140th scientific meeting of Korean Academy of Conservative Dentistry and 15th scientific joint meeting between JSCD and KACD 2013.11.23

  32. Miyara K, Tokita D, Ebihara A, Suda H. Cyclic fatigue properties of two new Ni-Ti rotary instruments made of two different heat-treated Ni-Ti wires. The 140th scientific meeting of Korean Academy of Conservative Dentistry and 15th scientific joint meeting between JSCD and KACD 2013.11.23

  33. K. Satake, S. Watanabe, T. Anjo, A. Ebihara, C. Kobayashi, and H. Suda.. Pressure generated outside the apex during Er:YAG laser activated irrigation. 2nd Meeting of the International Association for Dental Research Asia Pacific Region 2013.08.22 Bangkok, Thailand

  34. K. Satake, S. Watanabe, T. Anjo, A. Ebihara, C. Kobayashi, H. Suda. Pressure generated outside the apex during Er:YAG laser activated irrigation. 2nd meeting of the International Association for Dental Research -Asia Pacific Region 2013.08.21

  35. J. Ding, S. Watanabe, T. Anjo, Y. Iino, C. Kokuzawa, A. Ebihara, H. Suda. The ability of optical coherence tomography to image bone lesion: comparison between porcine Maxilla and Mandible. 第138回日本歯科保存学会 2013.06.28

  36. A. Ebihara, S. Uraba, Y. Iino, K. Komatsu, T. Yoshioka, H. Suda. A Survey on Usage of Cone Beam Computed Tomography for Endodontic Diagnosis. The 9th World Endodontic Congress 2013.05.26

  37. J. Piao, K.Miyara, A. Ebihara, N. Nomura, T. Hanawa, H. Suda. Correlation between Cyclic Fatigue and Bending Property of Profile Endodontic Instruments. The 9th World Endodontic Congress 2013.05.25

  38. C. Kouzawa, A. Ebihara, Y. Iino, K. Miyara, T. Yoshioka, H. Suda. Cemental Tear Confirmed by Exploratory Endodontic Surgery. The 9th World Endodontic Congress 2013.05.25

  39. Y. Iino, T. Yoshioka, A. Ebihara, H. Suda, Y. Sumi. Detection of the Second Mesiobuccal Canal of Maxillary Molars by Swept-source Optical Coherence Tomography. The 9th World Endodontic Congress 2013.05.25

  40. S. Uraba, T. Yoshioka, A. Ebihara, H. Suda. Usefulness of Cone-beam Computed Tomography for Detecting Periapical Radiolucency. The 9th World Endodontic Congress 2013.05.25

  41. T. Yamauchi, K. Miyara, Y. Yahata, A. Ebihara, H. Suda. Mandibular Incisors with a Large Periapical Lesion Diagnosed and Followed up by CBCT. The 9th World Endodontic Congress 2013.05.25

  42. T. Yoshioka, Y. Iino, A. Ebihara, H. Suda, Y. Sumi. Observation of the Pulp Chamber using SS-OCT. The 9th World Endodontic Congress 2013.05.25

  43. K. Miyara, D. Yamamoto, N. Suzuki, A. Ebihara, H. Suda. Canal Shaping using WaveOneTM Primary with Special Reciprocal Motion in J-shaped Canal Models. The 9th World Endodontic Congress 2013.05.25

  44. J. Ding, S. Watanabe, Y. Iino, C. Kokuzawa, T. Anjo, A. Ebihara, H. Suda. Ability of Optical Coherence Tomography to Identify Pulp Exposure during Access Cavity Preparation using Er: YAG Laser. The 9th World Endodontic Congress 2013.05.25

  45. Y. Yahata, K. Miyara, H. Sakaue, A. Ebihara, H. Suda, T. Miyazaki. Phase Transformation Behavior and Bending Properties of Newly Designed Shape-memorized Nickel-Titanium Rotary Endodontic Instruments. The 9th World Endodontic Congress 2013.05.25

  46. K. Miyara, S. Ogura, Y. Hayashi, A. Ebihara, H. Suda. Shaping ability of WaveOne® in S-shaped canal models. AAE2013 2013.04.13

  47. J. Ding, T. Anjo, S. Watanabe, Y. Iino, C. Kokuzawa, A. Ebihara, H. Suda. In vitro Detection of Bone Cavity in the Porcine Mandible by Optical Coherence Tomography. APEC2013 2013.03.23

  48. S. Watanabe, H. Azuma, A. Ebihara, H. Suda. Pustulosis Palmaris et Plantaris Possibly Caused by Endodontic Lesion: A Case Report. APEC2013 2013.03.23

  49. A. Jamleh, C. Kobayashi, Y. Yahata, A. Ebihara, H.Suda. Deflecting Load Change of Nickel Titanium Rotary Instruments During Cyclic Fatigue Test. 第136回日本歯科保存学会 2012.06.29

  50. S. Watanabe, H. Azuma, C. Kokuzawa, B. Gombo, H. Saegusa, T. Anjo, A. Ebihara, C. Kobayashi, H. Suda. Cleaning the root-end cavity prepared with ultrasonics using Er:YAG laser irradiation. The 13th WFLD 2012.04.26

  51. S. Watanabe, C. Kokuzawa, B. Gombo, H. Saegusa, T. Anjo, A. Ebihara, C. Kobayashi, H. Suda. Dentin strain produced by root-end cavity preparation using Er:YAG laser with a bent probe. The 13th WFLD 2012.04.26

  52. G. Bolortuya, A. Ebihara, N. Kawashima, S. Watanabe, T. Anjo, H. Saegusa, C. Kokuzawa, H. Suda. Evaluation of fibroblast cell adhision to dentin modification teated with Er:YAG and Nd:YAG laser irradiation. 第23回日本レーザー歯学会 2011.12.01

  53. Y. Yahata, K. Miyara, A. Jamleh, Y. Hayashi, A. Ebihara, H. Suda. Change of fatigue property of Ni-Ti rotary instruments through heat treatment. AAE2011 2011.04.13

  54. K. Nakano, A. Ebihara, H. Ishimura, H. Suda. A survey on cone-beam computed tomography in endodontics. AAE2011 2011.04.13

  55. K. Miyara, Y. Yahata, Y. Hayashi, A. Ebihara, T. Hanawa, H. Suda. Mechanical Properties of Nickel-Titanium Endodontic Instrument, PROFILE® VORTEX™. AAE2011 2011.04.13

  56. Yahata Y, Hayashi Y, Ebihara A, Suda H. Fatigue fracture of Ni-Ti rotary instruments is accelerated when their deflection exceeds a certain threshold level. IFEA 2010.10.06

  57. Watanabe S, Kokuzawa C, Gombo B, Saegusa H, Ebihara A, Kobayashi C, Suda H. Dentin strain and fracture caused by root-end cavity preparation using Er:YAG laser. IFEA 2010.10.06

  58. Azuma H, Watanabe S, Wadachi R, Ebihara A, Kobayashi C, Suda H. Dentin strain and fracture propagation caused by retrofilling materials. IFEA 2010.10.06

  59. Ishimura H, Sakaue H, Hanada T, Ebihara A, Suda H. Root canal sealing ability of resin-based root canal sealer. IFEA 2010.10.06

  60. ゴムボ ボロルトヤ,海老原新,川島伸之,渡辺聡,安生智郎,石澤千鶴子,須田英明. Evaluation of osteoblastic mesenchymal cell attachment on dentin surface treated with low level Er:YAG laser irradiation. 第21回日本レーザー歯学会 2009.11.21

  61. Ebihara A. Lasers' Endodontics. World Federation for Laser Dentistry Basic Laser CertificationCourse 2009.09.06

  62. Ebihara A, Yahata Y, Nakano K, Hayashi Y, Suda H. Effect of heat treatment for NiTi rotary endodontic instruments: change of bending properties,. AAE 2009.05.02

  63. Yahata Y, Hayashi Y, Ebihara A, Kobayashi C, Suda H. Influence of radius of curvature and load on fatigue fracture of nickel-titanium rotary instruments. AAE 2009.05.02

  64. Watanabe S, Kokuzawa C, Gomb B, Saegusa H, Anjo T, Ebihara A, Kobayashi C, Suda H. Dentin strain caused by removal of root canal obturation with Er:YAG laser irradiation. AAE 2009.05.02

  65. Nakano K, Ebihara A, Yahata Y, Hayashi Y, Suda H. Effect of heat treatment for NiTi rotary endodontic instruments: evaluation of root canal preparation. AAE 2009.05.02

  66. Hayashi Y, Yahata Y, Ebihara A, Doi H, Suda H. Phase treansformation behavior and bending properties of GT series X rotary endodontic file. 2009.05.02

  67. N. J. Pongnarisorn, S. Watanabe, H. Saegusa, T. Anjo, A. Ebihara, H. Suda. Characteristics of incision lines generated with different laser tips. 第20回日本レーザー歯学会 2008.09.21

  68. Anjo T, Watanabe S, Saegusa H, Ebihara A, Suda H. Disinfection of E.faecalis by Er:YAG laser irradiation. WFLD 2008.07.28

  69. Ebihara A, Watanabe S, Saegusa H, Anjo T, Suda H. The effects of Er: YAG laser irradiation on osteoblasts. WFLD 2008.07.28

  70. Watanabe S, Saegusa H, Anjo T, Ebihara A, Suda H. Three dimensional dentin strain induced by Er: YAG laser irradiation. WFLD 2008.07.28

  71. Saegusa H, Watanabe S, Anjo T, Ebihara A, Suda H. The utilization of DIAGNOdent to endodontic materials. WFLD 2008.07.28

  72. Ebihara A, Watanabe S, Saegusa H, Anjo T, Kawashima N, Suda . Detection of pulpal tissue autofluorescence using a confocal laser scanning microscope. ESE 2007.09.08

  73. Watanabe S, Saegusa H, Anjo T, Ebihara A, Kobayashi C, Suda H. Dentin strain induced by laser irradiation. ESE 2007.09.08

  74. Anjo T, Saegusa H, Watanabe S, Ebihara A, Suda H. Safety of laser use under the dental microscope. AAE 2007.04.07

  75. Yahata Y, Hisamitsu E, Hayashi Y, Ebihara A, Yoneyama T, Suda H. Shaping ability of Mtwo nickel-titanium system in simulated root canals. AAE 2007.04.07

  76. Hayashi Y, Katsuki T, Hisamitsu E, Yahata Y, Ebihara A, Doi H, Yoneyama T, Hanawa T, Suda H. Phase transformation behavior and bending properties of Mtwo rotary endodontic instrument. AAE 2007.04.07

  77. Ebihara A, Watanabe S, Saegusa H, Anjo T, Suda H. Application of Er:YAG laser to apicoectomy. ISLD 2006.05.18

  78. Ebihara A, Watanabe S, Saegusa H, Anjo T, Suda H. Nd:YAG laser irradiation to dentin through 150μm diameter fiber. ISLD 2006.05.18

  79. Anjo T, Watanabe S, Saegusa H, Ebihara A, Suda H. The morphological changes of the bovine dentin surface irradiated by Er:YAG laser with various contact tips. 2006.05.18

  80. Miyai K, Yoneyama T, Hayashi Y, Ebihara A, Doi H, Hanawa T, Suda H. Effect of heat treatment on the super-elasticity of nickel-titanium instruments. KAE 2006.04.16

  81. Ebihara A, Fujii N, Yahata Y, Hayashi Y, Miyai K, Suda H. Root canal preparation using Liberator in simulated curved canals. KAE 2006.04.16

  82. Hayashi Y, Yahata Y, Katsuki T, Miyai K, Ebihara A, Doi H, Yoneyama T, Hanawa T, Suda H. Effect of pitches on bending property of nickel-titanium rotary endodontic instruments. KAE 2006.04.16

  83. Saegusa H, Watanabe S, Anjo T, Ebihara A, Suda H. Soft tissue ablation by dental lasers. KAE 2006.04.16

  84. Anjo T, Watanabe S, Saegusa H, Ebihara A, Suda H. Nd:YAG laser irradiation in the root canal with TiO2 solution. KAE 2006.04.16

  85. Ebihara A, Fujii Y, Yahata Y, Hayashi Y, Miyai K, Suda H. Efficacy of root canal preparation by Liberator. KAE 2006.04.16

  86. Hayashi Y, Yoneyama T, Yahata Y, Katsuki T, Miyai K, Doi H, Ebihara A, Hanawa T, Suda H. Effect of nickel-titanium rotary instrument pitches on root canal preparation. KAE 2006.04.16

  87. Hayashi Y, Katsuki T, Ebihara A, Suda H. Shaping Ability of Hybrid Nickel-Titanium Rotary Endodontic Instruments. AAE 2005.04.09

  88. Ebihara A, Hayashi Y, Miyai K, Yoneyama T, Suda H. Bending properties of newly designed nickel-titanium rotary endodontic instruments. AAE 2005.04.09

  89. Ebihara A, Kawashima N, Saegusa H, Anjo T, Suda H. Autofluorescence of Healthy and Inflamed Pulpal Tissues -Photodynamic Diagnosis of Pulpal Tissue-. AAE 2005.01.23

  90. Ebihara A, Anjo T, Noguchi H, Takase T, Takeda A, Suda H. Fiber tip processing for the application of Nd:YAG laser to endodontics. ISLD 2004.07.24

  91. Takeda A, Anjo T, Ebihara A, Suda H, Takahashi H. Removal of brokenfiles using pulsed Nd:YAG laser irradiation -A preliminary study-. ISLD 2004.07.22

  92. Anjo T, Ebihara A, Takeda A, Suda H. The effects of diode laser irradiation to the dye-stained root canal walls. ISLD 2004.07.22

  93. Yoneyama T, Miyai K, Doi H, Kobayashi E, Hamanaka H, Hayashi Y, Ebihara A, Suda H. Torsional properties and phase transformation of Ni-Ti alloy endodontic files. IUSBSE 2004.05.21

  94. Ebihara A, Hayashi Y, Suda H. Efficiency of root canal preparation by newly designed Nickel-Titanium rotary files. AAE 2004.05.08

  95. Ebihara A, Anjo T, Takeda A, Suda H. Root canal walls irradiated by diode laser with opthagreen. KAE 2004.04.17

  96. Ebihara A, Miyai K, Yoneyama T, Hayashi Y, Doi H, Hamanaka H, Suda H. Torsional and bending properties of Nickel-Titanium alloy endodontic instruments. IADR 2004.03.13

  97. Miyai K, Yoneyama T, Hayashi Y, Ebihara A, Doi H, Hamanaka H, Suda H. Bending properties and phase transformation of Nickel-Titanium rotary endodontic instruments, . IADR 2004.03.13

  98. Ebihara A, Anjo T, Takeda A, Suda H. Surface of root canal irradiated by Nd:YAG laser with TiO2. BIOS2004 2004.01.25

  99. Wilder-Smith P, Ebihara A, Krasieva T. A novel animal model to study photosensitizer-based diagnosis of oral premalignancy and malignancy. the 6th research Workshop on the biology, prevention, and treatment of head and neck cancer 2002.10.09

  100. Ebihara A, Takashina M, Anjo T, Takeda A, Suda H. Removal of root canal obstractions using pulsed Nd:YAG laser. ISLD 2002.08.02

  101. Anjo T, Takashina M, Ebihara A, Takeda A, Suda H. Application of Er:YAG laser to retrograde cavity preparation. ISLD 2002.08.02

  102. 海老原新. パワーパルスを用いた根管内異物除去. The 8th International Congress on Lasers in Dentistry 2002.08.01

  103. Takeda A, Anjo T, Takashina M, Ebihara A, Suda H. Apcoectomy using Er:YAG laser -A clinical study-. ISLD 2002.08.01

  104. Wilder-Smith P, Ebihara A, Liaw LH, Krasieva TB, Messadi D. Diagnostic Sensitivity and Specificity of Laser-Induced Fluorescence in Oral Premalignancy and Malignancy. IADR 2002.03.08

  105. Ebihara A, Anjo T, Takashina M, Takeda A, Suda H. Ablation effects of Er:YAG laser irradiation using newly designed contact tips on human dentin surfaces. IADR 2002.03.08

  106. 海老原新. Application of Nd:YAG Laser to Endodontics. チュラロンコーン大学拠点大学交流 2002.01.29

  107. Arata Ebihara. Visualization of Er:YAG laser irradiated root canal dentin structure using confocal laser scanning microscopy and scanning electron microscopy,. 2001.03.12

  108. Ebihara A, Majaron B, Liaw LH, Krasieva TB, Wilder-Smith P. Visualization of Er:YAG laser irradiated root canal dentin structure using confocal laser scanning microscopy and scanning electron microscopy. BIOS 2001.01.21

  109. 海老原新. Nd:YAGレーザーによる根管内異物除去. 国際YAGレーザー学会 1999.01.17

  110. 海老原新. Nd:YAGレーザーによる根管内異物除去. 国際YAGレーザー学会 1999.01.10

  111. 雲野颯, 海老原新, 平野恵子, 春日柚香, 大森智史, 牧圭一郎, 木村俊介, 興地隆史. ニッケルチタン製ロータリーファイルTruNatomyによる根管形成:応力発生およびアピカルトランスポーテーションの評価. 第156回日本歯科保存学会 2022.06.16

  112. 則武加奈子,金森ゆうな,木村康之,城戸大輔,海老原新,秀島雅之,礪波健一,梅森幸,須永昌代,木下淳博,新田浩. 過去9ヶ年における協力型臨床研修施設での研修歯科医の評価. 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.04 東京

  113. 金森ゆうな, 則武加奈子, 木村康之, 城戸大輔, 海老原 新, 秀島雅之, 礪波健一, 梅森 幸, 新田 浩. 東京医科歯科大学研修歯科医の支台歯形成を評価する能力について. 第40回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2021.11.20 オンライン開催

  114. 春日柚香,木村俊介,牧圭一郎,中務太郎,雲野颯,大森智史,海老原新,興地隆史. 熱処理加工されたニッケルチタンファイルの 回転疲労耐性および曲げ特性. 日本歯科保存学会2021年度春季学術大会(第154回) 2021.06.10 Web開催

  115. 大森智史,牧圭一郎,木村俊介,中務太郎,雲野颯,西条美紀,海老原新,興地隆史. ニッケルチタン製ロータリーファイルによる根管形成で生じる応力に及ぼす各種回転様式の影響. 日本歯科保存学会2020年度秋季大会 2020.11.16

  116. 牧圭一郎,海老原新,春日柚香,大森智史,雲野颯,中務太郎,木村俊介,興地隆史. ニッケルチタン製ロータリーファイル形成時の根尖方向荷重の違いが, 根管追従性, 根管形成中の応力, 形成時間に与える影響. 日本歯科保存学会2020年度秋季学術大会(第153回) 2020.11.16

  117. 則武加奈子、金森ゆうな、海老原 新、城戸大輔、岩城麻衣子、木村康之、楠 侑香子、秀島雅之、礪波健一、梅森 幸、荒木 孝二、新田 浩. 在宅勤務を命じられた研修歯科医への臨床研修実施奮闘記. . 第39回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2020.09.26 横須賀(誌上開催)

  118. 金森ゆうな, 則武加奈子, 梅森 幸, 岩城麻衣子, 城戸大輔, 秀島雅之, 木村康之, 服部旭威, 礪波健一, 海老原 新, 荒木孝二, 新田 浩. 東京医科歯科大学研修歯科医に対する試行的臨床技能試験の研修歯科医による評価. 第39回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2020.09.26 横須賀(誌上開催)

  119. 雲野颯, 海老原新, 大森智史, 中務太郎, 牧圭一郎, 木村俊介, 西条美紀, 興地隆史. ニッケルチタン製ロータリーファイルTruNatomyの理工学的特性. 第41回日本歯内療法学会学術大会 2020.06.27

  120. 牧圭一郎,海老原新,雲野颯,大森智史,中務太郎,木村俊介,興地隆史. 各種ニッケルチタン製ロータリーファイルの彎曲根管形成能-歯学部卒前学生による形成の評価-. 第41回日本歯内療法学会学術大会 2020.06.27 山形

  121. 金森ゆうな, 則武加奈子, 梅森幸, 岩城麻衣子, 城戸大輔, 竹内祥吾, 服部旭威, 礪波健一, 海老原新, 秀島雅之, 荒木孝二, 新田浩. 東京医科歯科大学歯学部附属病院研修歯科医への客観的歯科臨床技能評価の導入の試み. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.07 東京都文京区

  122. 中務太郎, 海老原新, 牧圭一郎, 木村俊介, 西条美紀, 興地隆史. 新規熱処理合金製NiTiロータリーファイルの機械的特性に対する熱処理の効果. 日本歯科保存学会2019年度秋季学術大会(第151回) 2019.11.07 博多

  123. 笠原由伎,飯野由子,海老原新,佐々木好幸,興地隆史. 歯科用CBCTで観察された根尖部骨欠損形態と Periapical Indexおよび臨床症状との関連性の評価.  日本歯科保存学会2019年度秋季学術大会(第150回) 2019.06.27 金沢

  124. 牧圭一郎, 海老原新, 中務太郎, 木村俊介, 西条美紀, 宮良香菜, 興地隆史. NiTiロータリーファイルの湾曲根管形成能 未経験者による根管形成の評価. 日本歯科保存学会 2019年度春季学術大会 (第150回) 2019.06.27 石川

  125. 中務太郎,牧圭一郎,木村俊介,西条美紀,海老原新,興地隆史. 新規試作熱処理NiTiロータリーファイルの根管形成能および応力解析. 第40回日本歯内療法学会学術大会 2019.06.15 東京

  126. 中務太郎,時田大輔,牧圭一郎,木村俊介,西条美紀,海老原新,興地隆史. 新規熱処理合金製NiTiロータリーファイルの機械的特性. 日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会(第149回) 2018.11.01 京都

  127. 山口博康,海老原新,大槻昌幸,高森一乗,松見秀之,八島章博,中嶋昭,永井茂之,清水典佳,宮崎英隆,吉田憲司,渡辺久. 新規レーザー歯科医療技術の保険導入の歴史. 第30回記念日本レーザー歯学会学術大会 2018.10.21 東京

  128. 海老原新,河村隼,時田大輔,鶴田潤,木下淳博,興地隆史. 歯内治療学模型実習での反転授業の改善について. 第37回日本歯科医学教育学会 2018.07.28 郡山

  129. 笠原由伎,小松恵,飯野由子,海老原新,興地隆史. 外科的歯内療法症例における瘻孔の位置と垂直性歯根破折の関係性. 第39回日本歯内療法学会学術大会 2018.07.07 福岡

  130. 牧圭一郎, 時田大輔, 中務太郎, 木村俊介, 西条美紀, 海老原新, 興地隆史. Reciproc Blueの根管形成能および応力解析. 第39回日本歯内療法学会学術大会 2018.07.07 福岡

  131. 木村俊介,時田大輔,牧圭一郎,西条美紀,中務太郎,海老原新,興地隆史. ニッケルチタンロータリーファイルHyFlex EDMの相変態挙動および回転疲労特性について. 第39回日本歯内療法学会学術大会 2018.07.07 福岡

  132. Pyae Hein Htun,牧圭一郎,木村俊介,西条美紀、時田大輔、海老原新、興地隆史. グライドパス形成中の垂直荷重、トルク、形成量の検討:手用切削と回転切削の比較. 日本歯科保存学会2018年度春季学術大会(第148回) 2018.06.14 横浜

  133. 海老原新. 歯根破折について知っておいてほしいこと. H29年度さつき会公開講座 2017.11.19 東京

  134. 海老原新. 「臨床におけるCBCTの応用」「歯内療法の立場から」. 日本歯科放射線学会第22回臨床画像大会 2017.11.12 盛岡

  135. 木村俊介,時田大輔,牧圭一郎,西条美紀,宮良香菜,海老原新,興地隆史. トルク依存型往復回転を用いた根管形成時に生じた応力の解析:シングルレングス法とクラウンダウン法の比較. 日本歯科保存学会2017年度秋季学術大会(第147回) 2017.10.26 盛岡

  136. 海老原新. 垂直性歯根破折を考える. 姫路市歯科医師会平成29年度第2回学術講演会 2017.09.02 姫路

  137. 河村隼,時田大輔,海老原新,興地隆史. e-learningを活用した基礎実習教育の試み ニッケルチタンロータリーファイルによる根管形成実習. 第36回日本歯科医学教育学会学術大会 2017.07.29 長野県松本市

  138. 海老原新,河村隼,鶴田潤,木下淳博,興地隆史. 歯内治療学模型実習の反転授業での予習について. 第36回日本歯科医学教育学会学術大会 2017.07.29 松本

  139. 西条美紀,時田大輔,牧圭一郎,木村俊介,宮良香菜,海老原新,興地隆史. 3種のグライドパス形成用NiTiロータリーファイルにおけるscrew-in forceの評価. 第38回日本歯内療法学会学術大会 2017.07.22 東京

  140. 笠原由伎,小松恵,飯野由子,浦羽真太郎,海老原新,興地隆史. 口内法撮影と歯科用CBCTを用いた根尖性骨欠損の評価. 歯内療法学会 2017.07.22 東京

  141. 小松 恵、海老原 新、興地 隆史. 根尖周囲外科手術で保存を試みた垂直性歯根破折の3症例. 第17回日本外傷歯学会総会・学術大会 2017.07.08 名古屋

  142. 牧圭一郎, 時田大輔, 木村俊介, 西条美紀, 宮良香菜, 海老原新, 興地隆史. ニッケルチタンロータリーファイルの上下動速度が根管形態に与える影響. 第146回日本歯科保存学会2017年春季学術大会 2017.06.09 リンクステーションホール青森(青森文化会館)

  143. 福森洋平,西条美紀,時田大輔,宮良香菜,海老原新,興地隆史. テーパーの異なるニッケルチタンファイルにおける機械的特性―根管のトランスポーテーションと根管形成時に生じる応力の解析―. 日本歯科保存学会2017年度春季学術大会(第146回) 2017.06.09 青森

  144. 木村俊介, 時田大輔, 牧圭一郎, 西条美紀, 宮良香菜, 海老原新, 興地隆史. ニッケルチタンロータリーファイルHyFlex EDMの理工学的特性. 日本歯科保存学会2017年度春季学術大会(第146回) 2017.06.08 青森

  145. 興地隆史,渡辺聡,砂川光宏,池田英治,海老原新,川島伸之,和達礼子,金子友厚,河村隼,小松恵. 「TMDU歯髄生物学分野」興地教室のフィロソフィー-変わらないものと変えていくもの-. 平成28年度東京医科歯科大学同窓会C.D.E. 2017.02.05 東京

  146. 時田大輔, 西条美紀, 牧 圭一郎, 宮良香菜, 海老原新, 興地隆史. TF adaptiveシステムを用いた根管形成時に生じる応力の特徴. 第81回口腔病学会学術大会 2016.10.28 東京医科歯科大学

  147. 許婧, ○時田大輔, 木村俊介, 牧圭一郎, 西条美紀, 宮良香菜, 海老原新, 興地隆史. ProTaper GoldおよびProTaper NEXTの機械的特性の評価. 第145回日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会 2016.10.26 キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)

  148. 海老原新,浦羽真太郎,小松恵,興地隆史. 歯内療法における歯科用CTを用いた診断. 第23回日本歯科医学会総会 2016.10.22 福岡国際会議場/福岡サンパレス

  149. 飯野由子,海老原新,吉岡俊彦,花田隆周,砂川光宏,角保徳,興地隆史. 歯内療法における光干渉断層計の応用. 第23回 日本歯科医学会総会 2016.10.21 福岡

  150. 興地隆史,渡辺聡,池田英治,海老原新,川島伸之,金子友厚,河村隼. エビデンスに基づくベーシックエンド+α. 東京都歯科医師会卒後研修セミナー 2016.08.11 東京

  151. 牧 圭一郎,西条 美紀,時田 大輔,海老原 新,興地 隆史. 臨床使用されたEndoWaveにおける回転疲労および曲げ特性の変化. 第37回日本歯内療法学会学術大会 2016.07.24 名古屋

  152. 西条美紀,牧圭一郎,時田大輔,海老原新,興地隆史. 新型自動根管形成用エンジンで用いたProTaper NEXTの根管模型に対する形成能―学生による形成評価―. 第37回日本歯内療法学会学術大会 2016.07.24 名古屋

  153. 時田大輔,西条美紀,牧圭一郎,宮良香菜,海老原新,興地隆史. TF Adaptiveシステムを用いた根管形成時に生じる応力の特徴. 第37回日本歯内療法学会学術大会 2016.07.23

  154. 中島亜里沙,八尾香奈子,井手彩集,本郷智之, 佐竹和久,渡辺 聡,興地隆史. 新規超音波装置を用いた根管洗浄による水酸化カルシウム材除去効果. 第37回日本歯内療法学会学術大会 2016.07.23

  155. 小松恵,海老原新,興地隆史. 骨欠損部三次元構築モデルを用いた垂直性歯根破折の鑑別診断:新規形態評価指標の有用性. 第16回 日本外傷歯学会総会・学術大会 2016.07.16 神戸

  156. 海老原新,小松恵,河村隼,鶴田潤,木下淳博,興地隆史. 歯内治療学模型実習における反転授業の活用について. 第35回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2016.07.02 大阪

  157. 海老原新. 歯を守る、最新の歯内療法 Part 6. 2016年度コサカ学術研修会 2016.06.23

  158. 時田大輔,西条美紀,宮良香菜,海老原新,興地隆史. 往復回転運動による根管形成時に歯根に生じる応力の解析. 日本歯科保存学会第144回2016年度春季学術大会 2016.06.09 宇都宮

  159. 渡辺聡,本郷智之,井手彩集,佐竹和久,八尾香奈子、海老原新、興地隆史. 次亜塩素酸ナトリウムを半導体レーザーにて活性化させた根管洗浄における根管側枝への軟組織溶解作用. 第144回春季日本歯科保存学会 2016.06.09 宇都宮

  160. 西条美紀, 時田大輔, 宮良香菜, 海老原新, 興地隆史. 新型自動根管形成用エンジンによるグライドパス形成:根管形成能と回転疲労抵抗性の評価. 日本歯科保存学会第144回2016年度春季学術大会 2016.06.09 宇都宮

  161. 福森洋平,西条美紀,時田大輔,宮良香菜,海老原新,興地隆史. テーパーの異なるニッケルチタンファイルにおける機械的特性-回転疲労と曲げ疲労-. 日本歯科保存学会2016年度春季学術大会(第144回) 2016.06.09 宇都宮

  162. 小松恵,海老原新,興地隆史. 新規の三次元的骨欠損形態評価システムによる垂直性歯根破折の鑑別診断. 2016.04.17 東京

  163. 八尾香奈子, 本郷智之, 佐竹和久, 渡辺聡, 海老原新, 小林千尋, 興地隆史. Er:YAGレーザーを利用した根管洗浄の根管側枝洗浄効果. 第143回日本歯科保存学会学術大会 2015.11.13

  164. 本郷智之, 渡辺聡, 八尾香奈子, 佐竹和久, 海老原新, 小林千尋, 興地隆史. 半導体レーザーを用いた根管洗浄時におきる蒸気泡の挙動. 第143回日本歯科保存学会学術大会 2015.11.13 東京

  165. 西条美紀, 時田大輔, 宮良香菜, 海老原新, 興地隆史. 新型自動根管形成用エンジンの根管模型に対する形成能― 学生による形成の評価―. 第36回日本歯内療法学会 2015.07.12 鶴見

  166. 和達礼子, 海老原新, 河村隼, 鶴田潤, 木下淳博, 興地隆史. 診療参加型実習におけるe-learningの活用について(第2報) アンケート調査について. 第34回日本歯科医学教育学会学術大会 2015.07.11 鹿児島

  167. 河村隼,海老原新,和達礼子,鶴田潤,木下淳博,興地隆史. 診療参加型実習におけるe-learningの活用について ―第1報:システムについて―. 第34回日本歯科医学教育学会学術大会 2015.07.10

  168. 海老原新. 「歯を守る,最新の歯内療法」 Part5 . 2015年度コサカ学術講演会 2015.07.09 東京

  169. 佐竹和久, 渡辺聡, 井手彩集, 八尾香奈子, 市川勝, 海老原新, 小林千尋, 須田英明. Er:YAGレーザーおよび半導体レーザーを用いた根管洗浄時に生じる根尖孔外への洗浄液の溢出量. 第26回レーザー歯学会学術大会 2014.12.07

  170. 時田大輔,宮良香菜,海老原新,須田英明. 新型根管形成用エンジンおよび試作型ニッケルチタンロータリーファイルの形成能. 第141 回日本歯科保存学会学術大会 2014.10.30 山形

  171. 海老原新. 「歯を守る,最新の歯内療法」Part4. 2014年度コサカ学術講演会 2014.07.12 東京

  172. 河村隼、海老原新 、石澤千鶴子、砂川光宏、須田英明. 2根2根管性の上顎第一大臼歯の2症例. 第35回日本歯内療法学会 2014.07.12

  173. 河村隼、和達礼子、海老原新、須田英明、木下淳博. 東京医科歯科大学での歯内治療臨床予備実習における反転授業の導入 ―第1報:システムならびに効果―. 第33回日本歯科医学教育学会 2014.07.04

  174. 和達礼子、河村隼、海老原新、須田英明、木下淳博. 東京医科歯科大学での歯内治療臨床予備実習における反転授業の導入―第2報:学生によるアンケート結果―. 第33回日本歯科医学教育学会 2014.07.04 札幌

  175. 浦羽真太郎,小松恵,海老原新,須田英明. 根尖病変の検出におけるコーンビームCTの優位性について. 第140回日本歯科保存学会学術大会 2014.06.19 滋賀

  176. 八尾香奈子, 市川勝, 佐竹和久, 渡辺聡, 安生智郎, 海老原新, 小林千尋, 須田英明. Er:YAGレーザーを利用した根管側枝の洗浄:離れた位置からの照射における洗浄効果. 第140回日本歯科保存学会学術大会 2014.06.19

  177. 海老原新. 歯内治療におけるレーザー応用. 第68回日本口腔科学会 2014.05.08 東京

  178. 時田大輔,宮良香菜,海老原新,須田英明. トルクリバース機構を備えた試作型自動根管形成装置の形成能. 第139回日本歯科保存学会 2013.11.18

  179. 飯野由子,河村隼,渡辺聡,吉岡俊彦,花田隆周,中野生和子,海老原新,島田康史,田上順次,角保徳,須田英明. SS-OCTによる上顎大臼歯近心頬側第二根管の検出. 第139回日本歯科保存学会 2013.11.18

  180. 宮良香菜,八幡祥生,海老原新,塙隆夫,須田英明. 新型ニッケルチタンファイルVortex BlueTMの相変態挙動. 第139回日本歯科保存学会 2013.11.18

  181. 八尾香奈子,市川勝,佐竹和久,渡辺聡,安生智郎,海老原新,小林千尋,須田英明. Er:YAGレーザーを利用した根管側枝の洗浄:清掃効果と歯根周囲に加わる圧力. 第139回日本歯科保存学会 2013.11.17

  182. 佐竹和久,八尾香奈子,市川勝,渡辺聡,安生智郎,海老原新,小林千尋,須田英明. Er:YAGレーザーを用いた根管洗浄時に生じる根尖孔外の圧力-照射距離による影響-. 第139回日本歯科保存学会 2013.11.17

  183. 和達礼子,吉岡俊彦,花田隆周,海老原新,須田英明. 歯の破折症例の現状ならびに課題-歯内療法専門外来初診患者にみる現在の歯科臨床のニーズ. 第139回日本歯科保存学会 2013.11.17

  184. 市川勝,八尾香奈子,佐竹和久,渡辺聡,安生智郎,海老原新,小林千尋,須田英明. Er:YAGレーザーを用いた根管洗浄時に生じる根尖孔外への洗浄液の溢出量および溢出距離. 第139回日本歯科保存学会 2013.11.17

  185. 市川勝,八尾香奈子,佐竹和久,渡辺聡,安生智郎,海老原新,小林千尋,須田英明. Er:YAGレーザーを用いた根管洗浄時に生じる根尖孔外への洗浄液の溢出量および溢出距離. 第139回保存学会学術大会 2013.10.17

  186. 佐竹和久, 八尾香奈子, 市川勝, 渡辺聡, 安生智郎, 海老原新, 小林千尋, 須田英明. Er:YAGレーザーを用いた根管洗浄時における根尖孔外の圧力-照射距離による影響-. 第139回日本歯科保存学会学術大会 2013.10.17

  187. 八尾香奈子,市川勝,佐竹和久,渡辺聡,安生智郎,海老原新,小林千尋,須田英明. Er:YAGレーザーを利用した根管側枝の洗浄:清掃効果と歯根周囲に加わる圧力. 第139回保存学会学術大会 2013.10.17 秋田

  188. 佐竹和久, 八尾香奈子, 市川勝, 渡辺聡, 安生智郎, 海老原新, 小林千尋, 須田英明. Er:YAGレーザーを用いた根管洗浄時に生じる根尖孔外の圧力. 第25回日本レーザー歯学会 2013.09.28

  189. 佐竹和久, 八尾香奈子, 渡辺聡, 安生智郎, 海老原新, 小林千尋, 須田英明. Er:YAGレーザーを用いた根管洗浄時における根尖孔外にかかる圧力. 第25回レーザー歯学会学術大会 2013.09.28 東京

  190. 海老原新,和達礼子,石村瞳,須田英明. E-learningの歯内治療学模型実習への活用-第1報:システムについて-. 第32回日本歯科医学教育学会 2013.07.12

  191. 和達礼子,海老原新,石村瞳,須田英明. E-learningの歯内治療学模型実習への活用-第2報:学生によるアンケート結果から-. 第32回日本歯科医学教育学会 2013.07.12

  192. 海老原新. 「歯を守る,最新の歯内療法」Part3 疼痛対策と最近のトピックについて. 2013年度コサカ学術講演会 2013.07.11

  193. 森田一三,石村瞳,海老原新,武部純,金村清孝,須田英明,石橋寛二,福田仁一,末瀬一彦,中垣晴男. 歯科衛生士国家試験の在り方の研究. 第3回日本歯科衛生教育学会 2012.12.02

  194. 海老原新. 歯内療法へのOptical Coherence Tomography応用の可能性. 第24回日本レーザー歯学会 2012.12.01

  195. 海老原新. 歯科用CTの歯内療法への応用. 第137回日本歯科保存学会 2012.11.23

  196. 朴錦丹,宮良香菜,海老原新,須田英明,野村直之,塙隆夫. ニッケルチタンの回転疲労が曲げ特性に及ぼす影響について. 第137回日本歯科保存学会 2012.11.23

  197. 宮良香菜,八幡祥生,海老原新,須田英明. ニッケルチタンファイルPROFILE® VORTEX™の湾曲根管模型における切削特性について. 第137回日本歯科保存学会 2012.11.23

  198. 小松恵,吉岡俊彦,石村瞳,海老原新,須田英明. 根尖部骨欠損の歯科用コーンビームCTを用いた3次元的形態評価. 第137回日本歯科保存学会 2012.11.23

  199. 吉岡俊彦,海老原新,須田英明. 歯科用コーンビームCTを利用して根管処置を行った2症例. 第137回日本歯科保存学会 2012.11.22

  200. 鈴木規元,石村瞳,海老原新,須田英明. 先進医療「エックス線CT画像診断に基づく手術用顕微鏡を用いた歯根端切除手術」の治療成績-第2報-. 19. 鈴木規元,石村瞳,海老原新,須田英明 2012.11.11

  201. 末瀬一彦,須田英明、石橋寛二、福田仁一、武部純、金村清孝、中垣晴男、森田一三、海老原新、石村瞳. 国内外における比較・分析による歯科技工士国家試験の在り方に関する研究. 第34回日本歯科技工士学 2012.09.15

  202. 海老原新,石村瞳、 森田一三、武部純、金村清孝、石橋寛二、福田仁一、中垣晴男、末瀬一彦、須田英明. 歯科医師国家試験の在り方の研究 -海外における歯科医師国家試験の現状-. 第31回日本歯科医学教育学会 2012.07.21

  203. 海老原新. 「歯を守る,最新の歯内療法」Part 2 臨床例を中心に. 3. 「歯を守る,最新の歯内療法」Part 2 臨床例を中心に 2012.07.12

  204. 宮良香菜,八幡祥生, 海老原新, 塙隆夫, 須田英明. ニッケルチタン合金線材の繰り返し疲労特性に及ぼす熱処理効果. 第136回日本歯科保存学会 2012.06.29

  205. 渡辺聡,東春生,石澤千鶴子, 安生智郎, 海老原新, 須田英明. Er:YAGレーザー照射による逆根管充填窩洞のスミヤー層除去. 第136回日本歯科保存学会 2012.06.29

  206. 吉岡俊彦,白金由紀子, 小松恵, 石村瞳, 海老原新, 須田英明. OCTを用いた歯髄腔の観察. 第136回日本歯科保存学会 2012.06.29

  207. 海老原新. エンド治療の基礎と最近の治療法. 世田谷区歯科医師会講演 2012.02.15

  208. 吉岡俊彦,白金由紀子,石村瞳,海老原新,須田英明. OCTを用いた根管の観察. 第76回口腔病学会 2011.12.10

  209. Gombo Bolortuya, Arata Ebihara, Nobuyuki Kawashima, Satoshi Watanabe, Tomoo Anjo, Hidetoshi Saegusa, Chizuko Kokuzawa, Hideaki Suda. Evaluation of fibroblast cell adhision to dentin modification teated with Er:YAG and Nd:YAG laser irradiation,. 第23回日本レーザー歯学会 2011.12.01

  210. 吉岡俊彦, 石村瞳,海老原新,須田英明. 歯根破折歯の非破壊的観察-マイクロフォーカスCTとSS-OCT-. 第135回日本歯科保存学会 2011.10.21

  211. 小松恵,吉岡俊彦,坂上斉,石村瞳,海老原新,須田英明. 歯科用コーンビームCTを用いた根尖部骨欠損の三次元的形態評価. 第135回日本歯科保存学会 2011.10.21

  212. 小松恵,吉岡俊彦, 石村瞳, 海老原新, 須田英明. 歯科用CBCTを用いた根尖病変の三次元的評価. 第32回日本歯内療法学会 2011.07.30

  213. 吉岡俊彦,石村瞳,海老原新,須田英明. 歯根破折歯の非破壊的観察-マイクロフォーカスCTとSS-OCT-. 第32回日本歯内療法学会 2011.07.30

  214. 海老原新. 「歯を守る,最新の歯内療法」Part 1. 2011年度コサカ学術講演会 2011.07.14

  215. 吉岡俊彦,小松恵,坂上斉,石村瞳,海老原新,島田康史,田上順次,須田英明. OCTの歯根破折線の検出精度について. 第134回日本歯科保存学会 2011.06.10

  216. 宮良香菜,八幡祥生,海老原新,須田英明,塙隆夫. 新型ニッケルチタンファイルPROFILE® VORTEX™の曲げ特性および相変態挙動. 第134回日本歯科保存学会 2011.06.09

  217. 坂上斉,小松恵,吉岡俊彦,石村瞳,海老原新,須田英明. mineral trioxide aggregateおよび接着性材料を用いた根管充填におけるコロナルリーケージの評価. 第134回日本歯科保存学会 2011.06.09

  218. Gombo Bolortuya,海老原新、川島伸之、渡辺聡、安生智郎、三枝英敏、石澤千鶴子、須田英明. Low-energy Erbium:YAG irradiation stimulates cell mineralization. 第22回日本レーザー歯学会 2010.11.14

  219. 石澤千鶴子,ゴンボ ボロルトヤ,渡辺聡,三枝英敏,安生智郎,海老原新,須田英明. 模擬根管を用いたEr:YAGレーザー照射による根管形成. 第22回日本レーザー歯学会 2010.11.13

  220. 海老原新. 歯科用CTを用いた歯科画像診断の新たな転換に関するプロジェクト研究 3-2 保存治療 歯内治療. 歯科診療における歯科用コーンビームCTの基礎的・臨床的研究に関するプロジェクト研究 2010.08.28

  221. 海老原新. 歯内療法における歯科用顕微鏡の有用性. 2010年度コサカ学術講演会 2010.07.15

  222. Gombo Bolortuya,海老原新,渡辺聡,安生智郎,石澤千鶴子,川島伸之,須田英明. 象牙芽細胞の象牙質面への初期接着はEr:YAGレーザー照射によって促進される. 第132回日本歯科保存学会 2010.06.05

  223. 侯暁玫,八幡祥生,海老原新,塙隆夫,須田英明. 新世代Ni-Tiファイルの曲げ試験とDSCによる評価. 第132回日本歯科保存学会 2010.06.05

  224. 海老原新. 歯内治療におけるレーザー応用の効果. 第21回日本レーザー歯学会 2009.11.22

  225. 渡辺聡,石澤千鶴子、Gombo Bolortuya、安生智郎、海老原新、須田英明. Er:YAGレーザーによる逆根管充填窩洞形成が垂直性歯根破折に与える影響. 第21回日本レーザー歯学会 2009.11.21

  226. 八幡祥生,林洋介,海老原新,小林千尋,須田英明. 低サイクル疲労領域におけるニッケルチタンファイルの疲労挙動. 第131回日本歯科保存学会 2009.10.30

  227. 吉岡俊彦,吉岡隆知,海老原新,須田英明,島田康史,田上順次. 垂直性歯根破折の診断におけるOCTの有用性. 第131回日本歯科保存学会 2009.10.29

  228. 石澤千鶴子,ゴムボ ボロルトヤ,渡辺聡,三枝英敏,安生智郎,海老原新,須田英明. 根管用チップを用いたE:YAGレーザー照射による根管形成の基礎的研究. 48. 石澤千鶴子,ゴムボ ボロルトヤ,渡辺聡,三枝英敏,安生智郎,海老原新,須田英明 2009.10.29

  229. 海老原新. マイクロエンドドンティクスにおけるEr:YAGレーザー使用の安全性の検討. 第12回Er:YAGレーザー臨床研究会 2009.07.26

  230. 海老原新. 歯内療法の現状-大学における歯内療法と疼痛対策-. 世田谷区歯科医師会講演 2009.02.18

  231. 渡辺聡,石澤千鶴子,Bolortuya Gomb,三枝英敏,安生智郎,海老原新,小林千尋,須田英明. Er: YAGレーザー照射による根管充填材除去時の象牙質の歪. 第129回日本歯科保存学会 2008.11.07

  232. 海老原新. 保存治療へのレーザー応用の現状と展望. 第129回日本歯科保存学会 2008.11.06

  233. 海老原新. レーザーと歯内療法の過去・現在・未来. 歯科レーザー予防臨床アカデミー10周年記念学会 2008.06.29

  234. 三枝英敏,渡辺聡,安生智郎,海老原新,須田英明. 顕微鏡下での歯科用レーザー使用に関する安全性. 第72回口腔病学会 2007.12.08

  235. 渡辺聡,三枝英敏,安生智郎,海老原新,小林千尋,須田英明. レーザー照射時に生じる象牙質の歪. 第19回日本レーザー歯学会 2007.11.25

  236. 渡辺聡,三枝英敏,安生智郎,海老原新,須田英明. Er:YAGレーザー照射による水酸化カルシウム材の除去. 第127回日本歯科保存学会 2007.11.08

  237. 八幡祥生,林洋介,海老原新,須田英明. 熱処理がニッケルチタンファイルの破折に与える影響. 第127回日本歯科保存学会 2007.11.08

  238. 東春生,渡辺聡,和達礼子,海老原新,小倉陽子,勝海一郎,須田英明. 消毒液を含んだ綿球が水硬性仮封材に及ぼす影響について. 第127回日本歯科保存学会 2007.11.08

  239. 岩田知佐子,渡辺聡,和達礼子,海老原新,須田英明. 3種類の根管充填法による接着性根管シーラーの評価. 第127回日本歯科保存学会 2007.11.08

  240. 三枝英敏,渡辺聡,安生智郎,海老原新,須田英明. Er:YAGレーザー使用時における眼球への安全性 -防護眼鏡および顕微鏡下使用について-. 第10回Er:YAGレーザー臨床研究会 2007.07.28

  241. 渡辺聡,三枝英敏,安生智郎,海老原新,小林千尋,須田英明. 逆根管充填窩洞形成時に生じる象牙質の歪 -Er:YAGレーザーと超音波の比較-. 第10回Er:YAGレーザー臨床研究会 2007.07.28

  242. 安生智郎,三枝英敏,渡辺聡,海老原新,須田英明. Er:YAGレーザー照射による根管内消毒効果に関する研究. 第10回Er:YAGレーザー臨床研究会 2007.07.28

  243. 渡辺聡,三枝英敏,安生智郎,海老原新,小林千尋,須田英明. Er:YAGレーザーによる逆根管充填窩洞形成時に生じる象牙質の歪. 第126回日本歯科保存学会 2007.06.08

  244. 林洋介,海老原新,八幡祥生,須田英明,米山隆之,土井壽,塙隆夫. エンジン用ニッケルチタンファイルNRT fileの曲げ特性および相変態挙動. 第71回口腔病学会 2006.12.10

  245. 海老原新. 光線力学的診断法(PDD)と光線力学的治療法(PDT)の歯科医学への応用. 第5回光・エレクトロニクス・情報通信と高齢社会の医療・健康技術を考える研究会 2006.11.11

  246. 海老原新. 「口腔領域における光線力学診断・治療」歯科保存領域における光線力学的診断・治療. 第18回日本レーザー歯学会 2006.10.08

  247. 三枝英敏,渡辺聡,安生智郎,海老原新,須田英明. 半導体レーザー照射による根管内消毒効果に関する研究. 第18回日本レーザー歯学会 2006.10.08

  248. 海老原新,渡辺聡,三枝英敏,安生智郎,竹田淳志,須田英明. 根尖切除術におけるEr:YAGレーザーの応用について. 第9回Er:YAGレーザー臨床研究会 2006.07.30

  249. 渡辺聡,安生智郎,三枝英敏,海老原新,須田英明. 照射距離によるEr:YAGレーザーエネルギーの減衰について-根管用チップを用いた象牙質切削の基礎的分析-. 第9回Er:YAGレーザー臨床研究会 2006.07.29

  250. 吉井加奈世,海老原新,萩谷(川村)洋子,吉岡隆知,須田英明. 根尖切除術の術後初期症状と患者の意識調査. 第27回日本歯内療法学会 2006.07.29

  251. 渡辺聡,安生智郎,三枝英敏,海老原新,須田英明. 根管用チップを用いたEr:YAGレーザー照射による象牙質切削の基礎的分析. 第124回日本歯科保存学会 2006.05.26

  252. 八幡祥生,林洋介,宮井香林,海老原新,須田英明,米山隆之,塙隆夫. 新型ニッケルチタンファイルLiberatorの理工学特性. 第124回日本歯科保存学会 2006.05.26

  253. 宮井香林,米山隆之、林洋介、海老原新、土居壽、須田英明. エンジン用ニッケルチタンファイルの機械的性質と相変態挙動. 第70回口腔病学会 2005.12.03

  254. 安生智郎,渡辺聡,三枝英敏,海老原新,須田英明. 酸化チタン液併用下におけるNd:YAGレーザーの根管内照射. 第17回日本レーザー歯学会 2005.10.30

  255. 林洋介,伊藤正紀,宮井香林,海老原新,米山隆之,須田英明. オートクレーブ滅菌およびNaClO浸漬がエンジン用Ni-Tiファイルの機械的性質に及ぼす影響. 第26回日本歯内療法学会 2005.07.30

  256. 海老原新,渡辺聡,三枝英敏,安生智郎,須田英明. アーウィン・アドベールの歯内療法への応用の可能性. 第8回Er:YAGレーザー臨床研究会 2005.07.30

  257. 三枝英敏,安生智郎,海老原新,菅田文雄,須田英明. 半導体レーザーの根管内照射:歯根表面の温度上昇と根管壁の形態学的変化. 第122回日本歯科保存学会 2005.06.03

  258. 林洋介,宮井香林,海老原新,米山隆之,須田英明. エンジン用Ni-Tiファイルの曲げ特性-温度環境が曲げ特性に与える影響について-. 第122回日本歯科保存学会 2005.06.03

  259. 米山隆之,宮井香林,土居壽,林洋介,海老原新,須田英明,塙隆夫. 超弾性Ti-Ni合金根管治療用ファイルのISO規格による曲げおよび捻り特性. 第18回歯科チタン学会 2005.02.19

  260. 安生智郎,三枝英敏,海老原新,須田英明. 酸化チタン液を用いたNd:YAGレーザーの象牙質への照射-形態学的検討-. 第16回日本レーザー歯学会 2004.12.12

  261. 海老原新. レーザー歯科治療最前線-基礎から臨床へ-根管治療におけるレーザーの可能性. 第16回日本レーザー歯学会 2004.12.11

  262. 興津茂登子,吉岡隆知,海老原新, 須田英明, 岩崎直彦, 高橋英和. 垂直破折に関する検討. 2004.12.04

  263. 安生智郎,海老原新,竹田淳志,須田英明. 歯科用レーザーの歯内治療への応用について. 第20回日本歯科医学会総会 2004.10.31

  264. 海老原新,安生智郎,竹田淳志,須田英明. 歯内療法域におけるレーザー応用. 第20回日本歯科医学会総会 2004.10.29

  265. 林洋介,宮井香林,安生智郎,海老原新,米山隆之,須田英. エンジン用試作Ni-Tiファイルの曲げ特性および相変態挙動. 第25回日本歯内療法学会 2004.07.10

  266. 川村洋子,吉岡隆知,菊地和泉,海老原新,須田英明. デンタルX線画像における垂直性歯根破折の新しい評価法. 第120回日本歯科保存学会 2004.07.10

  267. 林洋介,宮井香林,海老原新,米山隆之,須田英明. エンジン用Ni-Tiファイルのトルク特性-異なるテーパーとサイズにおける曲げ特性について-. 第120回日本歯科保存学会 2004.06.11

  268. 興津茂登子,高橋英和,岩崎直彦,吉岡隆知,海老原新,須田英明. ポストのテーパーが歯根破折に与える影響. 第43回日本歯科理工学会 2004.04.10

  269. 竹田淳志,安生智郎,海老原新,須田英明. レーザー溶接による根管内破折器具除去に関する基礎的研究. 第15回日本レーザー歯学会 2003.11.28

  270. 安生智郎,高品正明,海老原新,竹田淳志,須田英明. 高出力パルス波Nd:YAGレーザー装置による2種類の根管充填材除去に関する研究. 第15回日本レーザー歯学会 2003.11.28

  271. 宮井香林,林洋介,海老原新,米山隆之,須田英明. エンジン用ニッケルチタンファイルのトルク特性. 第119回日本歯科保存学会 2003.11.07

  272. 海老原新. レーザーの歯内療法への応用について. レーザー臨床研修会 2003.09.28

  273. 海老原新. レーザーの歯内療法への応用について. 第1回レーザー臨床勉強会プログラム 2003.04.13

  274. 安生智郎,海老原新,高品正明,竹田淳志,須田英明. 抜去歯を用いた高出力パルス波Nd:YAGレーザー装置による根管充填剤除去に関する研究. 第60回口腔病学会 2002.11.23

  275. 高品正明,安生智郎,海老原新,竹田淳志,須田英明. パルス波Nd:YAGレーザー照射による鋳造金属ポストの除去. 第59回口腔病学会 2001.12.01

  276. 安生智郎,高品正明,海老原新,竹田淳志,須田英明. 透明根管模型を用いた高出力パルス波Nd:YAGレーザー装置による根管充填材除去に関する研究. 第13回日本レーザー歯学会 2001.11.23

  277. 竹田淳志,安生智郎,高品正明,海老原新,須田英明. Nd:YAGレーザーの感染根管治療への応用に関する臨床研究. 第13回日本レーザー歯学会 2001.11.23

  278. 安生智郎,高品正明,海老原新,竹田淳志,須田英明. Er:YAGレーザーによる逆根管充填用窩洞形成-試作型チップを用いた研究-. 第114回日本歯科保存学会 2001.06.01

  279. 高品正明,竹田淳志,安生智郎,海老原新,須田英明. パルス波Nd:YAGレーザーによるレジン系糊剤根管充填剤AH26の除去に関する基礎的研究. 第113回日本歯科保存学会 2000.11.16

  280. 安生智郎,高品正明,海老原新,竹田淳志,須田英明. Er:YAGレーザーの根尖切除術への臨床応用. 第12回日本レーザー歯学会 2000.09.30

  281. 竹田淳志,安生智郎,高品正明,海老原新,須田英. 試作根管内照射チップを用いたEr:YAGレーザー照射がウシ象牙質に及ぼす影響について. 第12回日本レーザー歯学会 2000.09.29

  282. 高品正明,竹田淳志,安生智郎,海老原新,須田英明. パワーパルスNd:YAGレーザーによる糊剤根管充填材AH26の除去に関する研究. パワーパルス臨床研究会 2000.09.10

  283. 高品正明,安生智郎,海老原新,竹田淳志,須田英明. Nd:YAGレーザーによる金属ポスト除去時の歯根表面の温度上昇に関する基礎的研究. 第11回日本レーザー歯学会 1999.11.12

  284. 竹田淳志,安生智郎,高品正明,海老原新,須田英明. 歯内治療領域へのレーザーの応用について. 日本レーザー医学会 1999.10.09

  285. 高品正明,海老原新,竹田淳志,須田英明. パワーパルスNd:YAGレーザーを用いた金属ポスト除去に関する基礎的研究. 高品正明,海老原新,竹田淳志,須田英明 1999.05.15

  286. 竹田淳志,高品正明,海老原新,須田英明. 新型Nd:YAGレーザー装置の歯科領域への応用. 日本医学会総会 1999.04.03

  287. 海老原新,高品正明,竹田淳志,須田英明. パワーパルスNd:YAGレーザーを用いた根管内異物除去に関する検討. 第10回日本レーザー歯学会 1998.11.20

  288. 関根義朗,Somsineee Chaiyavej,海老原新,竹田淳志,須田英明. Er:YAGレーザー照射による温度変化について. 第9回日本レーザー歯学会 1997.10.31

  289. 海老原新,和達礼子,関根義朗,竹田淳志,須田英明. Er:YAGレーザーを用いた逆根管充填窩洞形成に関する研究. 第9回日本レーザー歯学会 1997.10.31

  290. 海老原新,吉岡隆知,須田英明,倉林亨. 歯内治療の診断にCT(Computed tomography)を用いた症例について. 第105回日本歯科保存学会 1996.11.22

  291. 海老原新,関根義朗,竹田淳志,須田英明. Er:YAG レーザーの根尖切除術への応用に関する基礎的検討. 第8回日本レーザー歯学会 1996.10.25

  292. 関根義朗,海老原新,竹田淳志,須田英明. Nd:YAGレーザーの根管内照射による歯周組織への影響. 第7回日本レーザー歯学会 1995.11.18

  293. 関根義朗,海老原新,竹田淳志,須田英明. Er:YAGレーザーによる窩洞形成. 第18回日本歯科医学会総会 1995.11.16

  294. 和達礼子,関根義朗,海老原新,竹田淳志,荒木孝二,須田英明. 試作Ca(OH)2根管貼薬剤の病理組織学的研究. 第103回日本歯科保存学会 1995.10.27

  295. 関根義朗,海老原新,竹田淳志,須田英明. Er:YAGレーザーによる窩洞形成の病理組織学的研究. 第59回口腔病学会 1994.11.26

  296. 関根義朗,海老原新,竹田淳志,須田英明. Nd:YAGレーザーによる根管消毒の基礎的研究. 第6回日本レーザー歯学会 1994.11.09

  297. 関根義朗,和達礼子,海老原新,竹田淳志,須田英明. Er:YAGレーザーによる窩洞形成が歯髄に及ぼす影響-血管収縮剤による歯髄血流減少時の歯髄反応について-. 第5回日本レーザー歯学会 1993.11.27

  298. 関根義朗,海老原新,竹田淳志,須田英明. Er:YAGレーザーによる窩洞形成時の歯髄反応について. 第4回日本レーザー歯学会 1993.11.27

  299. 海老原新,上野健一,西岡政道,関根義朗,竹田淳志,中島光雅,須田英明. 人工感染象牙質におけるNd:YAGレーザーの殺菌効果に関する研究. 第99回日本歯科保存学会 1993.11.19

  300. 海老原新,関根義朗,竹田淳志,須田英明. Nd:YAGレーザーの直接覆髄法への応用に関する研究. 第3回日本レーザー歯学研究会 1991.11.30

  301. 王紅虹,竹田淳志,海老原新,石井豊彦,奥山雅之,澤田則宏,荒木孝二,小林千尋. イヌ規格化5級窩洞に照射したNd:YAGレーザーの歯髄への影響. 第2回日本レーザー歯学研究会 1990.11.30

  302. 小林千尋,海老原新,王紅虹,竹田淳志,荒木孝二,砂田今男. 歯髄に対するNd:YAGレーザーの影響について. 第1回日本レーザー歯学研究会 1989.12.10

  303. 海老原新,王紅虹,石井豊彦,澤田則宏,奥山雅之,竹田淳志,中島光雅,荒木孝二,小林千尋,砂田今男. 生活歯髄切断面へのNd:YAGレーザー照射による組織反応について. 第54回口腔病学会 1989.12.02

  304. 海老原新,王紅虹,石井豊彦,澤田則宏,奥山雅之,竹田淳志,中島光雅,荒木孝二,小林千尋,砂田今男. Nd:YAGレーザーの生活断髄法への応用に関する研究. 第91回日本歯科保存学会 1989.11.17

  305. 王紅虹,竹田淳志,海老原新,石井豊彦,奥山雅之,澤田則宏,荒木孝二,小林千尋,砂田今男. イヌ規格化5級窩洞に照射したNd:YAGレーザーの歯髄への影響. 第10回日本レーザー医学会 1989.10.14

  306. 竹田淳志,海老原新,王紅虹,澤田則宏,奥山雅之,中島光雅,荒木孝二,小林千尋,砂田今男. 外科的歯内療法におけるNd:YAGレーザー応用に関する実験的研究. 第90回日本歯科保存学会 1989.05.19

  307. 王紅虹,海老原新,澤田則宏,奥山雅之,竹田淳志,荒木孝二,小林千尋,砂田今男. Nd:YAGレーザー照射に伴う髄腔内温度の変化について,Nd:YAGレーザー照射に伴う髄腔内温度の変化について. 第9回日本レーザー医学会 1988.11.28

  308. 海老原新,澤田則宏,奥山雅之,王紅虹,竹田淳志,中島光雅,荒木孝二,小林千尋,砂田今男. Nd:YAGレーザーのラット露髄面への照射による歯髄反応について. 第9回日本レーザー医学会 1988.11.28

  309. 竹田淳志,海老原新,王紅虹,澤田則宏,奥山雅之,中島光雅,荒木孝二,小林千尋,砂田今男. 根尖病巣の外科的歯内療法におけるNd:YAGレーザーの応用について. 第53回口腔病学会 1988.11.26

  310. 竹田淳志,海老原新,王紅虹,澤田則宏,奥山雅之,中島光雅,荒木孝二,小林千尋,砂田今男. Nd:YAGレーザーのイヌ下顎骨欠損部創傷治癒に及ぼす影響. 第89回日本歯科保存学会 1988.11.11

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀ポスター発表賞,2000年04月

  • 2018年度日本歯周病学会教育賞,日本歯周病学会,2019年05月

  • Best oral presentation award 2nd prize (Evaluation of root canal anatomy of maxillary premolars using swept source optical coherence tomography in comparison with dental operating microscope and cone beam computed tomography, Rashed BA),The 15th Congress of the World Federation for Laser Dentistry,2016年07月

  • 最優秀研究賞,2014年07月

  • 優秀発表賞,日本レーザー歯学会,2013年09月

  • the 2005 ASLMS Research Award,the 2005 Annual Meeting of the American Society for Laser Medicine and Surgery,2005年

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯内治療学模型実習,2015年 - 2017年