基本情報

写真a

吉川 孝子(ヨシカワ タカコ)

YOSHIKAWA Takako


職名

助教

研究室住所

文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

コンポジットレジン, 重合, 重合収縮応力, C-factor, 辺縁封鎖性, 窩壁適合性, 辺縁漏洩, 接着強さ, 光照射法, μCT, 3D visualization

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1983年10月
    -
    1984年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 第一保存科 医員(歯病)
  • 1985年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 保存学第一講座 助手
  • 2007年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 助教
  • 2018年04月
    -
    2022年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 助教
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔維持系診療領域 むし歯科 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2001年01月
    奥羽大学保存学第一講座 非常勤講師
  • 2003年04月
    -
    2004年01月
    奥羽大学保存学第一講座 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • International Association for Dental Research

  • 日本歯科保存学会

  • 日本歯科理工学会

  • 日本接着歯学会

  • 口腔病学会

  • 日本小児歯科学会

  • 日本歯科審美学会

  • 日本矯正歯科学会

  • Japanese Association for Dental Research

  • 日本外傷歯学会

  • 日本法医学会会員

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2015年
    日本歯科保存学会 評議員
  • 2005年06月
    -
    現在
    日本歯科理工学会 Dental Materials Senior adviser
  • 2016年01月
    -
    現在
    Asian Pacific Journal of Dentistry 編集委員
  • 2020年06月
    -
    現在
    日本接着歯学会 代議員
  • 2021年09月
    -
    2022年06月
    日本接着歯学会 選挙管理委員会委員
  • 1995年03月
    -
    現在
    The International Association for Dental Research 会員
  • 2010年06月
    -
    現在
    日本接着歯学会 会員
  • 1983年06月
    -
    現在
    口腔病学会 会員
  • 2006年08月
    -
    現在
    日本歯科審美学会 会員
  • 1981年04月
    -
    現在
    日本矯正歯科学会 会員
  • 1997年05月
    -
    現在
    日本小児歯科学会 会員
  • 2021年07月
    -
    現在
    日本外傷歯学会 会員
  • 1986年06月
    -
    1989年
    日本法医学会 会員
  • 2023年03月
    -
    2023年06月
    The International Congress on Adhesive Dentistry 2023 Scientific Comittee member

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 保存治療系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 歯科保存治療指導医

  • 歯科保存治療専門医

  • 歯科保存治療認定医

  • 接着歯科治療専門医

  • 接着歯科治療認定医

  • 日本歯科理工学会 Dental materials senior adviser

  • 外国歯科医師臨床修練指導歯科医

  • 臨床研修指導歯科医

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • コンポジットレジンの重合挙動解析と臨床対策,1983年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • μCT-3D Visualization法を用いたレジンの重合収縮挙動解析と対策

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • Micro X線CT画像を用いた光重合型レジンの重合収縮挙動解析とその臨床対策

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • レジン修復物の重合収縮応力緩和と接着性能同時向上効果を有する臨床技法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. T. Yoshikawa, H. Sano, M. F. Burrow, J. Tagami and D. H. Pashley. Effect of Dentin Depth and Cavity Configuration on Bond Strength Journal of Dental Research. 1999; 78 (4): 898-905. ( DOI )

  2. H. Sano, T. Yoshikawa, P. N. R. Pereira, N. Kanemura, M. Morigami, J. Tagami and D. H. Pashley. Long-term Durability of Dentin Bonds Made with a Self-etching Primer, in vivo Journal of Dental Research. 1999; 78 (4): 906-911.

  3. T. Yoshikawa, M. F. Burrow and J. Tagami. A light curing method for improving marginal sealing and cavity wall adaptation of resin composite restorations Dental Materials. 2001; 17 (4): 359-366.

  4. T. Yoshikawa, M. F. Burrow and J. Tagami:. The Effects of Bonding System and Light Curing Method on Reducing Stress of Different C-factor Cavities The Journal of Adhesive Dentistry. 2001; 3 (2): 177-183.

  5. TAKAKO YOSHIKAWA, YASHUKO NAKAOKI, TSUNEHIKO TAKADA, MICHAEL F. BURROW and JUNJI TAGAMI. The effects of light curing method and irradiation time on marginal sealing and cavity wall adaptation of resin composite restorations American Journal of Dentistry. 2003; 16 (Special Issue): 63A-67A.

  6. Takako Yoshikawa, Makoto Morigami, Alireza Sadr, Junji Tagami . Environmental SEM and dye penetration observation on resin-tooth interface using different light curing method Dental Materials Journal. 2016.02; 35 (1): 89-96. ( DOI )

  7. N Wattanawongpitak, T Yoshikawa, M F Burrow and J Tagami. Effect of Bonding System and Composite Type on Adaptation of Different C-factor Restorations Dental Materials Journal. 2006; 25 (1): 45-50. ( DOI )

  8. Yoshikawa T, Arakawa M. Effects of C-factor on Dentin Bonding using Various Adhesive Systems Niger J Clin Pract. 2022.03; 25 (3): 255-260. ( DOI )

  9. Takako Yoshikawa, Alireza Sadr, Junji Tagami. µCT-3D visualization analysis of resin composite polymerization and dye penetration test of composite adaptation Dental Materials Journal. 2018.01; 37 (1): 71-77.

  10. Takako YOSHIKAWA, Alireza SADR, Junji TAGAMI. . Effects of C-factor on bond strength to floor and wall dentin. Dental Materials Journal. 2016.12; 35 (6): 918-922. ( DOI )

  11. Takako YOSHIKAWA, Makoto MORIGAMI, Alireza SADR, Junji TAGAMI. Acceleration of curing of resin composite at the bottom surface using slow-start curing methods Dental Materials Journal. 2013; 32 (6): 999-1004.

  12. Takako Yoshikawa, Alireza Sadr, Yasushi Shimada. Polymerization behavior of bulk-fill and hybrid-type resin composites using different light curing mode Asian Pacific Journal of Dentistry. 2023.02; 23 ( DOI )

  13. Takako Yoshikawa, Alireza Sadr. Resin composites top/bottom hardness and different light cure. Asian Pacific Journal of Dentistry. 2021.09; 21 (2): 13-16. ( DOI )

  14. Takako Yoshikawa, Alireza Sadr, Junji Tagami. Effect of light curing method and thermal cycling on resin composite adaptation to the cavity wall Asian Pacific Jouranl of Dentistry. 2019.09; 19 59-64.

  15. Takako Yoshikawa, Makoto Arakawa, Junji Tagami. Effect of radiotherapy on resin composite adaptation to the cavity wall and elastic modulus of dentin Asian Pacific Jouranl of Dentsitry. 2019.05; 19 39-44.

  16. Takako Yoshikawa, Alireza Sadr, Junji Tagami . Polymerization behavior of resin composites using different irradiance lights Asian Pacific Journal of Dentistry. 2020.08; 20 25-28.

  17. Takako YOSHIKAWA, Alireza SADR, Makoto ARAKAWA, Junji TAGAMI. . Bond strength of resin composites to cavity floor and cavity wall dentin. Asian Pacific Journal of Dentistry. 2016.11; 16 (2): 23-26.

  18. P. N. R. Pereira, M. Okuda, H. Sano, T. Yoshikawa, M. F. Burrow and J. Tagami:. Effect of intrinsic wetness and regional difference on dentin bond strength Dental Materials. 1999; 15 (1): 46-53.

  19. Takako YOSHIKAWA, Nipaporn WATTANAWONGPITAK, Eitetsu CHO, Junji TAGAMI. Effect of remaining dentin thickness on bond strength of various adhesive systems to dentin Dental Materials Journal. 2012; 31 (6): 1033-1038.

  20. N Wattanawongpitak, T Yoshikawa, M F Burrow and J Tagami. The Effect of Thermal Stress on Bonding Durability of Resin Composite Adaptation to the Cavity Wall Dental Materials Journal. 2007; 26 (3): 445-450.

  21. K. Nishimura, K. Ikeda, T. Yoshikawa, M. Otsuki and J. Tagami. Effect of various grit burs on marginal integrity of resin composite restorations Journal of Medical and Dental Sciences. 2005; 52 (1): 9-15. ( DOI )

  22. Takako Yoshikawa, Alireza Asdr, Junji Tagami. Effect of radiotherapy on resin composite bond strength and adaptation to dentin Asian Pacific Journal of Dentistry. 2017.11; 17 49-54.

  23. Takako YOSHIKAWA, Makoto MORIGAMI, Alireza SADR, Junji TAGAMI. Effects of light curing method and resin composite composition on composite adaptation to the cavity wall Dental Materials Journal. 2014; 33 (1): 499-503. ( DOI )

  24. Takako YOSHIKAWA, Makoto MORIGAMI, Alireza SADR, Junji TAGAMI. Effects of light curing method and resin composite composition to the enamel and dentin cavity wall Asian Pacific Journal of Dentistry. 2014; 14 13-18.

  25. Takako YOSHIKAWA, Makoto MORIGAMI, Alireza SADR, Junji TAGAMI. Environmental observation of enamel crack and resin–tooth cavity gap formation Asian Pacific Journal of Dentistry. 2015.05; 15 (1): 13-19.

  26. Toru NIKAIDO, Tsunehiko TAKADA, Yuich KITASAKO, Miwako OGATA, Yasushi SHIMADA, Takako YOSHIKAWA, Masatoshi NAKAJIMA, Masayuki OTSUKI, Junji TAGMI and Michael F. BURROW. Retrospective Study Five-year Clinical Performance of Direct Composite Restorations Using a Self-etching Primer Adhesive System Dental Materials Journal. 2006; 25 (3): 611-615.

  27. Toru NIKAIDO, Tsunehiko TAKADA, Yuich KITASAKO, Yasushi SHIMADA, Takako YOSHIKAWA, Masatoshi NAKAJIMA, Masayuki OTSUKI, Junji TAGMI and Michael F. BURROW. Retrospective study of the 10-year clinical performance of direct resin composite restorations placed with the acid-etch technique Quintessence International. 2007; 38 (5): 240-246.

  28. 橋本英子、中沖靖子、吉川孝子、山田敏元、田上順次. コンポジットレジンおよびポーセレン修復物の適切な口腔内最終研磨法について 歯科審美. 1998; 11 (1): 51-57.

  29. 吉川孝子. コンポジットレジンの重合収縮応力 日本歯科保存学雑誌. 2010.10; 53 (5): 492-494.

  30. 吉川孝子、高津寿夫、細田裕康. コンポジットレジンの辺縁漏洩に関する研究—とくに窩洞周囲の象牙細管の走行と重合環境の影響について— 日本歯科保存学雑誌. 1989; 32 (3): 639-655.

  31. 吉川孝子. コンポジットレジン修復物の辺縁封鎖性、窩壁適合性の向上法に関する研究—レジン重合法の検討を中心として— 日本歯科保存学雑誌. 1997; 40 (5): 1296-1322.

  32. 吉川孝子、佐野英彦、田上順次. 修復用コンポジットレジンの窩底象牙に対する接着に及ぼす窩洞形態の影響 —C-factorと接着強さとの関係について— 接着歯学. 1996; 14 (2): 43-49.

  33. 吉川孝子, 森上 誠, 田上順次. コンポジットレジンの窩底部重合促進効果 日本歯科保存学雑誌 . 2013; 56 (1): 63-68.

  34. 吉川孝子、SADR Alireza. 大臼歯咬合面窩洞の残存歯質厚さとレジン接着性の影響 日本歯科保存学雑誌. 2013; 57 (1): 67-72.

  35. 吉川孝子, 森上 誠, 趙 永哲, 田上順次. Slow-start curing法による窩底部レジン重合促進効果 日本歯科保存学雑誌. 2013; 56 (3): 208-214.

  36. 吉川孝子, WATTANAWONGPITAK Nipaporn, 田上順次. コンポジットレジンの接着強さに及ぼす象牙細管の影響 日本歯科保存学雑誌 . 2012; 55 (1): 103-108.

  37. 吉川孝子, WATTANAWONGPITAK Nipaporn, 田上順次. 窩洞内各面に対するコンポジットレジンの接着強さ 日本歯科保存学雑誌. 2012; 55 (1): 97-102.

  38. 吉川孝子, WATTANAWONGPITAK Nipaporn,趙 永哲, 田上順次. コンポジットレジンの接着強さに及ぼす残存象牙質厚さの影響 日本歯科保存学雑誌. 2011; 54 (1): 20-25.

  39. 吉川孝子, WATTANAWONGPITAK Nipaporn, 田上順次. I級窩洞側壁部への接着強さに及ぼすC-factorの影響について 日本歯科保存学雑誌. 2011; 54 (6): 442-447.

  40. 吉川孝子, WATTANAWONGPITAK Nipaporn, 田上順次. V級窩洞における象牙質接着強さと窩壁適合性の関係について 日本歯科保存学雑誌. 2009; 52 (6): 441-445.

  41. 吉川孝子, WATTANAWONGPITAK Nipaporn, 高橋英和, 田上順次. コンポジットレジン修復物の象牙質接着強さに及ぼす治療用放射線照射の影響. 日本歯科保存学雑誌. 2008; 51 (5): 508-512.

  42. 吉川孝子, 高橋英和, 田上順次. コンポジットレジン修復物の象牙質窩壁適合性に及ぼす治療用放射線照射の影響 接着歯学. 2008; 26 (2): 87-91.

  43. 吉川孝子、Wattanawongpitak Nipapon, 袁 楊, 田上順次. フロアブルレジン修復物の窩壁適合性ならびに諸物性について 接着歯学. 2004; 22 (2): 79-86.

  44. 海野亜由子、吉川孝子、山口佐緒理、田上順次. 出力漸増型光照射法によるレジン修復物の辺縁封鎖性の向上効果について 接着歯学. 2001; 17 (2): 102-109.

  45. 石丸和俊、坂本富則、岩瀬弘和、秋本尚武、藤井久仁子、桃井保子、高水正明、河野 篤、稲井紀通、中島正俊、吉川孝子、二階堂徹、大槻昌幸、田上順次. Er:YAGレーザーによるう蝕除去の臨床評価 日本歯科保存学雑誌. 2000; 43 (4): 892-907.

  46. 中野 恵、野崎直子、山口佐緒理、橋本英子、吉川孝子、山田敏元、田上順次. 各種Compomerの仕上げ研磨法について 日本歯科保存学雑誌. 2000; 43 (1): 185-190.

  47. 山口佐緒理、橋本英子、中沖靖子、吉川孝子、山田敏元、田上順次. ハイブリッドセラミックス研磨面に及ぼす歯ブラシ摩耗の影響について 日本歯科保存学雑誌. 1999; 42 (5): 937-942.

  48. 橋本英子、山田敏元、堀田天美、中沖靖子、吉川孝子、猪越重久、田上順次. 修復用コンポジットレジンの適切な仕上げ研磨法について 歯科審美. 1997; 9 (2): 199-204.

  49. 細田裕康、高津寿夫、山田敏元、猪越重久、田上順次、掛田朗、冨士谷盛興、吉川孝子、佐野英彦、大槻昌幸、細川亮彦、頼偉生、堀江恭一. 保存修復学における学生の修得能力および各評価要素間の相関性 日本歯科医学教育学会雑誌. 1991; 6 (2): 131-139.

  50. 猪越重久、金城直美、王博賢、細川亮彦、大槻昌幸、佐野英彦、頼偉生、吉川孝子、冨士谷盛興、田上順次、中村勝文、堀江恭一、山田敏元、高津寿夫、細田裕康. 臼歯修復用コンポジットレジンの3年並びに4年後の臨床成績 日本歯科保存学雑誌. 1987; 30 (4): 1151-1157.

  51. 細田裕康、山田敏元、猪越重久、堀江恭一、吉川孝子、金城直美、金田園子. ペースト・ペーストタイプコンポジットレジンの無気泡練和法の開発 歯科保存学雑誌. 1985; 28 (4): 1266-1278.

  52. 中村勝文、瀬井知己、小村井修、北川雄司、北川正治、金田園子、金城直美、王博賢、細川亮彦、大槻昌幸、関博文、鈴木康夫、佐野英彦、頼偉生、冨士谷盛興、奥谷謙一郎、吉川孝子、田上順次、鈴木千鶴子、劉瓊芳、堀江恭一、中島章富、猪越重久、山田敏元、高津寿夫、細田裕康. 臼歯修復用コンポジットレジンの2年後の臨床成績 日本歯科保存学雑誌. 1985; 28 (3): 925-938.

  53. 細田裕康、山田敏元、吉川孝子、千葉一雄、猪越重久、高津寿夫. 新しい簡易着脱式のコンポジットレジン研磨用ジスクおよびポイント—試作低速切削用定荷重切削試験機による松風スーパースナップの評価— 日本歯科保存学雑誌. 1984; 27 (2): 411-423.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Cavity bonding: Effect of dentin depth; DENTIN/PULP COMPLEX Proceedings of the International Conference on Dentin/Pulp Complex 1995 and the International Meeting on Clinical Topics of Dentin/Pulp Complex. Quintessence Publishing, Tokyo, 1996

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Takako Yoshikawa, Alireza Sadr, Yasushi Shimada. Polymerization Behavior of Composites at Top/Bottom of Cavity using Different Light Cure. The International Congress on Adhesive Dentistry 2022.06.03 Web

  2. T. Yoshikawa, A. Sadr. Polymerization Behavior of Composites at Top/Bottom of Cavity using Different-Lights. Academy of Dental Materials 2021.10.07 Web

  3. T. Yoshikawa, A. Sadr, J. Tagami. Polymerization Behavior of Composites at Top/Bottom of Cavity using Various-Lights . 98th, IADR 2020.03.18 Washington

  4. T. Yoshikawa, A. Sadr. J. Tagami. Dye Penetration Test and Micro-CT Observation of Resin Composite/Cavity-Wall Adaptation. 96th, IADR 2018.07.26 London

  5. T. Yoshikawa, A. Sadr. J. Tagami. . Dye Penetration Test and Micro-CT Observation of Composite/Cavity-Wall Adaptation.. 95th, IADR 2017.03.25 San Francisco

  6. T. Yoshikawa, M. Morigami, A. Sadr . Effects of Light-Curing Method and Resin Composite Composition on Composite/Wall-Adaptation. 93rd, IADR 2015.03.11 Boston

  7. T. Yoshikawa, M. Morigami, A. Sadr . Effects of Light-Curing Method and Bonding on Different-Type Composite/Wall Adaptation. Academy of dental materials 2015.10.07 Maui

  8. T. Yoshikawa, N. Wattanawongpitak. Effect of Remaining-Tooth-Thickness on Bond Strength to Dentin Wall. 91th, IADR 2013.03.20 Seattle

  9. T. Yoshikawa, N. Wattanawongpitak, E. Cho, J. Tagami. Effect of Remaining Dentin Thickness on Bond Strength. 4th, IAD 2011.04.15

  10. T. Yoshikawa, N. Wattanawongpitak, J. Tagami. Effect of C-factor on Bond strength to Cavity Floor / Wall. 88th, IADR 2010.03.14 Balcerona

  11. T. Yoshikawa, M. Miura, J. Tagami. The effect of Radiotherapy on Resin / Dentin Adaptation using Various Bonding Systems. 87th, IADR 2009.04.01 Miami

  12. T. Yoshikawa, M. Miura, J. Tagami. The effect of Radiotherapy on Resin / Dentin Adaptation using One-Step Bonding System. 86th, IADR 2008.06.02 Toronto

  13. T. Yoshikawa, M. Miura and J. Tagami. The effect of Radiotherapy on Resin Composite Adaptation using One Step Bonding System. International Symposium for Adhesive Dentistry 2008 in Kanazawa 2008.02.16 Kanazawa

  14. T. Yoshikawa, N. Wattanawongpitak, J. Tagami. The effect of Radiotherapy on Resin / Dentin Bond Strength. 85th, IADR 2007.03.21 New Orleans

  15. M. Otsuki, Y. Kitasako, T. Yoshikawa, Y. Shimada, M. Nakajima, T. Nikaido, J. Tagami, T. Yanagihara, A. Senda. Clinical Evaluation of an Office Bleaching Agent of TiON. 5th, IFED 2007.05.04 Seoul

  16. T. Yoshikawa, N. Wattanawongpitak, T. Takada, J. Tagami. Correlation between Bond Strength and Cavity Wall Adaptation. 2nd, IAD 2005.04.22 Tokyo

  17. N. Wattanawongpitak, T. Yoshikawa, J. Tagami. The effect of Thermal Stress on Bonding Durability. 第122回 日本歯科保存学会春季学術大会 2005.06.02 札幌

  18. N. Wattanawongpitak, T. Yoshikawa, J. Tagami. The effect of Bonding System and Composite Type on Composite Adaptation to the Cavity Wall. 2th, IAD 2005.04.22 Tokyo

  19. Y. Yuan, N. Wattanawongpitak, T. Yoshikawa, J. Tagami.. Effect of Thermal Stress on Nanofiller Composite Adaptation to the Cavity Wall. 2nd, IAD 2005.04.22 Tokyo

  20. T. Yoshikawa, N. Wattanawongpitak, J. Tagami. Mechanical Properties of Composites at Top and Bottom of Cavity. 82nd, IADR 2004.03.10 Honolulu

  21. N. Wattanawongpitak, T. Yoshikawa and J. Tagami. Effect of Flowable Composite on Adaptation of Different C-factor Cavitie. 82nd, IADR 2004.03.10 Honolulu

  22. K. Nishimura, T. Yoshikawa M. Otsuki, J. Tagami. Effect of Burs on Marginal Integrity of Resin Restorations. 82nd, IADR 2004.03.10

  23. N. Wattanawongpitak, T. Yoshikawa, J. Tagami. Effect of Different Thermal-Stress on Flowable Composite Adaptation to Cavity. 19th, IADR SEA division meeting 2004.09.03

  24. T. Yoshikawa, N. Wattanawongpitak, K. Ito, J. Tagami. Effect of Flowable Composite on Sealing / Adaptation and Composite Microhardness. 81st, IADR 2003.06.25 Göteborg

  25. T. Yoshikawa, Y. Nakaoki, T. Takada, J. Tagami. Effect of Ramped/Stepped Curing on Sealing/Adaptation and Composite Flexural Strength. 1st, IAD 2002.04.19 Tokyo

  26. K. Nishimura, T. Yoshikawa, T. Nikaido, M, Otsuki, J. Tagami. Effect of Different Grinding Methods on Enamel Crack Propagation around Resin Restorations. 1st, IAD, Tokyo 2002.04.19 Tokyo

  27. T. Yoshikawa, A. Umino, Y. Nakaoki, T. Takada, J. Tagami. Effect of Ramped Curing on Sealing/Adaptation and Composite Microhardness. 80th, IADR 2002.03.06 San Diego

  28. T. Yoshikawa, A. Umino, S. Yamaguchi, J. Tagami. Effect of Ramped Curing Light on Sealing/Adaptation and Composite Hardness. 79th, IADR 2001.06.27 Chiba

  29. T. Takada, N. Inai, T. Nikaido, N. Harada, Y. Nakaoki, T. Yoshikawa, J. Tagami. Clinical Evaluation of Resin Composite Restorations for Wedge Shaped Defect. 79th, IADR 2001.06.27 Chiba

  30. S. Yamaguchi, T. Yoshikawa, Y. Nakaoki, M. Otsuki, J. Tagami. Surface Roughness and Glossiness of Anterior and Anterior-Posterior Resin Composite. 79th, IADR 2001.06.27 Chiba

  31. T. Yoshikawa, M. Morigami, J. Tagami. Environmental SEM Observation on Resin-Tooth Interface using Slow-start Curing Method. 78th, IADR 2000.04.05 Washington

  32. T. Yoshikawa, M. F. Burrow, J. Tagami. Relationship between Light Curing Method for Reducing Stress and C-factor. 77th, IADR 1999.03.10 Vancouver

  33. H. Sano, P. N. R. Pereira, N.Kanemura, M. Morigami, T. Yoshikawa, T. Tagami and D.H. Pashley. Long Term Durability of Dentin Bonding In vivo. 27th, AADR 1998.03.04 Minneapolis

  34. T. Yoshikawa, H. Sano, S. Inokoshi, T. Yamada, J. Tagami, B. Ciucchi, D. H. Pashley. Effect of C-factor and Depth on Bond Strength to Dentin. 75th, IADR 1997.03.19

  35. H. Hashimoto, Y. Nakaoki, T. Yoshikawa, T. Yamada and J. Tagami. A Study on the Appropriate Final Polishing Technique of Resin Composite and Porcelain Restorations. 2nd Congress of the International Federation of Esthetic Dentistry 1997.04.04 Kyoto

  36. P. N. R. Pereira, M. Okuda, T. Yoshikawa, H. Sano, L. Boschian, M. F. Burrow, S. Inokoshi, T. Yamada, J. Tagami. Effect of Water and Regional Difference on Dentin Bond Strength. 75th, IADR 1997.03.19 Oland

  37. T. Yoshikawa, Hidehiko Sano, M. F. Burrow, T. Takatsu, M. Yoshiyama, B. Ciucchi, R. M. Carvalho, D. H. Pashley. Cavity Bonding. Effect of Dentin Depth. The International Conference on Dentin / Pulp Complex 1995.07.01 Chiba

  38. 西村耕三、吉川孝子、大槻昌幸、田上順次. レジン充填における修復物辺縁の評価. 第117回 日本歯科保存学会秋季学会 2002.11.21

  39. 吉川孝子、町田二郎、森上 誠、田上順次. 低出力照射法の窩底部レジン重合促進効果について. .第111回 日本歯科保存学会秋季学会 1999.11.18 福岡

  40. 吉川孝子、中野 恵、森上 誠、田上順次. 重合収縮応力緩和効果を有する修復技法を用いたレジン修復物と歯質接合界面の環境SEM観察. 第33回 日本歯科理工学会学術講演会春期学会 1999.04.02 川崎

  41. 吉川孝子、荒川 真. 接着性光重合型レジン修復物の至適光照射法について. 第21回日本外傷歯学会 2021.09.18

  42. 吉川孝子、SADR Alireza、田上順次. 照射光の種類による光重合型コンポジットレジンの重合特性について. 第38回 日本接着歯学会 2019.09.28 名古屋

  43. 吉川孝子、SADR Alireza、田上順次. 光重合型レジン修復物の窩壁適合性への光照射法、接着システムとレジンタイプの影響. 第149回 日本歯科保存学会秋季学術大会 2018.11.02 京都

  44. 吉川孝子、SADR Alireza. 光重合型レジン修復物の窩壁適合性とµCTによる重合挙動解析. 第147回 日本歯科保存学会秋季学術大会 2017.10.27

  45. 吉川孝子、SADR Alireza、田上順次.. 光重合型レジン修復物の窩壁適合性への光照射法とレジンタイプの影響. 第144回 日本歯科保存学会春季学術大会 2016.06.09 栃木

  46. 吉川孝子、趙 永哲、田上順次.. 光重合型コンポジットレジンの窩底部重合促進効果. 第138回 日本歯科保存学会秋季学術大会 2013.06.27 福岡

  47. 吉川 孝子、趙 永哲、田上 順次. コンポジットレジンの窩底部重合促進効果について . 第60回 日本歯科理工学会学術講演会 2012.10.13 福岡

  48. 吉川孝子、Nipaporn Wattanawongpitak、趙永哲、田上順次. レジンの象牙質接着強さに及ぼす残存象牙質厚さの影響について. 第135回 日本歯科保存学会秋季学術大会 2011.10.20 大阪

  49. 吉川孝子、Nipaporn Wattanawongpitak、田上順次. I級窩洞窩壁への接着における C-factorの影響. 第132回 日本歯科保存学会春季学術大会 2010.06.04

  50. 吉川孝子、Nipaporn Wattanawongpitak、田上順次. Ⅰ級窩洞窩底部におけるコンポジットレジン修復物の接着強さについて. 第28回接着歯学会 2010.01.23

  51. 吉川孝子、Nipaporn Wattanawongpitak、田上順次. 各種接着システムを用いたコンポジットレジン修復物の象牙質窩底部における接着強さについて. 第74回口腔病学会 2009.12.04

  52. 吉川孝子、三浦雅彦、田上順次. コンポジットレジン修復物の象牙質窩壁適合性に及ぼす治療用放射線照射の影響. 2008.11.06

  53. 吉川孝子、WATTANAWONGPITAK Nipaporn. 象牙質接着強さに及ぼす治療用放射線照射の影響. 第124回 日本歯科保存学会春季学術大会 2006.05.25

  54. 吉川孝子、WATTANAWONGPITAK Nipaporn. I級窩洞における象牙質接着強さと窩壁適合性の関係について. 第122回 日本歯科保存学会春季学術大会 2005.06.02

  55. 吉川孝子、Nipaporn Wattanawongpitak、袁 楊、田上順次. フロアブルレジンの窩壁適合性ならびに諸物性について. 第22回 日本接着歯学会学術大会 2004.01.24

  56. 海野亜由子、山口佐緒理、吉川孝子. 出力漸増型光照射器によるレジンの重合収縮応力緩和効果について. 第19回 日本接着歯学会学術大会 2001.01.27

  57. 吉川孝子、佐野英彦、猪越重久、田上順次. 重合収縮応力緩和効果を有する光照射法とC-factorとの関係について. 第107回 日本歯科保存学会秋季学会 1997.11.13 福岡

  58. 佐野英彦、森上 誠、奥田真実子、中島正俊、吉川孝子、猪越重久、山田敏元、田上順次. in vivoにおける象牙質−レジンの接着強さに関する長期的検討−予備的研究. 第106回 日本歯科保存学会春季学会 1997.06.05 新潟

  59. 吉川孝子、三浦雅彦、田上順次. コンポジットレジン修復物の象牙質窩壁適合性に及ぼす治療用放射線照射の影響. 第73回 口腔病学会学術大会 2008.12.05

  60. 猪越重久、大槻昌幸、吉川孝子、高田恒彦. 歯冠色充填材料の光学的特性に関する研究 第六報:フィラー粒径の異なるコンポジットレジンと牛歯象牙質との比較. 第31回 日本歯科理工学会春期学会 1998.04.18 鶴見

  61. 守矢佳代子、顆頭純二、佐野英彦、吉川孝子、田上順次、高木裕三. 微小な被着面を用いた乳歯齲蝕下象牙質に対するレジンの接着強さについて. 1997.05.22 東京

  62. 岩松晃弘、稲井紀通、浦部 功、原田直子、園田秀一、高田恒彦、吉川孝子、二階堂徹、田上順次. 保存修復処置に至った原因調査. 第114回 日本歯科保存学会春季学会 2001.05.31

  63. 稲井紀通、中島正俊、吉川孝子、二階堂徹、大槻昌幸、田上順次. Er-YAG レーザーによる齲蝕処置の臨床評価. 第112回 日本歯科保存学会春季学会 2000.04.20 大阪

  64. 吉川孝子、中野 恵、山口佐緒理、森上 誠、田上順次. 重合収縮応力緩和効果を有する光照射器の窩底部レジン重合促進効果について. 第108回 日本歯科保存学会春季学会 1998.06.04

  65. 吉川孝子、内海利明、奥田真実子、ペレイラ パトリシア、佐野英彦、猪越重久、山田敏元、田上順次. 窩底部象牙質の接着に及ぼす象牙質深さとC-factor の影響. 第15回 日本接着歯学会 1997.01.25 松本

  66. 浦部 功、小倉真次、東 高士、吉川孝子、佐野英彦、田上順次. エナメル象牙境の強度に関する研究〜micro tensile testによる引張り強さ〜. 第105回 日本歯科保存学会春季学会 1996.11.12

  67. 佐野英彦、西田裕、中島正俊、吉川孝子、冨士谷盛興、猪越重久、山田敏元、田上順次. 臨床的な被着体に体するレジンの接着性に関する研究─齲蝕透明層及び1級窩洞窩底部象牙質に対する接着性について─. 第60回口腔病学会60周年記念学術大会 1995.12.01 東京

  68. 橋本英子、森上 誠、山口佐緒理、野崎直子、中野 恵、吉川孝子、田上順次、山田敏元. 歯冠前装用コンポジットレジンに関する研究 (第一報)硬化物のSEM観察と元素組成. 第30回 日本歯科理工学会秋期学会 1997.09.20 福岡

  69. 山口佐緒理、橋本英子、中沖靖子、吉川孝子、山田敏元、田上順次. エステニアインレー研磨面に及ぼす歯ブラシ磨耗の影響について. 第29回 日本歯科理工学会春期学会 1997.04.05 東京

  70. 奥田真実子、ペレイラ パトリシア、吉川孝子、佐野英彦、猪越重久、山田敏元、田上順次. 歯髄内圧及び象牙質の部位が接着に及ぼす影響. 第28回 日本歯科理工学会秋期学会 1996.09.22

  71. 吉川孝子、猪越重久、山田敏元、高津寿夫. 光照射法がコンポジットレジン内部の重合と辺縁漏洩に及ぼす影響. 第99回 日本歯科保存学会秋季学会 1993.11.18 横浜

  72. 吉川孝子、細田裕康. コンポジットレジンの辺縁漏洩に関する研究 ─とくに重合条件と4-META系コンポジットレジン用ライナーの影響について─. 第97回 日本歯科保存学会秋季学会 1992.11.19 鹿児島

  73. 吉川孝子、細田裕康. コンポジットレジンの辺縁漏洩に関する研究 ─とくに重合収縮率の影響について─. 第95回 日本歯科保存学会秋季学会 1991.11.28 岡山

  74. 吉川孝子、細田裕康. コンポジットレジンの辺縁漏洩に関する研究 ─とくに窩洞周囲の象牙細管の走行と重合環境の影響について─. 第88回 日本歯科保存学会春季学会 1988.05.26

  75. 細田裕康、山田敏元、猪越重久、堀江恭一、吉川孝子、金城直美、金田園子. ペースト・ペーストタイプコンポジットレジンの無気泡練和法の開発. 第6回 日本歯科理工学会秋期学会 1985.10 岩手

  76. 猪越重久、金城直美、王博賢、細川亮彦、大槻昌幸、佐野英彦、頼偉生、吉川孝子、冨士谷盛興、田上順次、中村勝文、堀江恭一、山田敏元、高津寿夫、細田裕康. 臼歯修復用コンポジットレジンの4年後の臨床成績. 第51回口腔病学会 1986.11 東京

  77. 橋本英子、山田敏元、堀田天美、中沖靖子、吉川孝子、猪越重久、田上順次. 修復用コンポジットレジンの適切な仕上げ研磨法について. 第7回 日本歯科審美学会 1996.10.12 岩手

  78. 橋本英子、山田敏元、中沖靖子、吉川孝子、猪越重久、田上順次. コンポジットレジンの仕上げ研磨に関する研究─エンハンスならびに試作研磨システムの研磨性能について─. 第27回 日本歯科理工学会春期学会 1996.04.20 横須賀

  79. 中村勝文、瀬井知己、小村井修、北川雄司、北川正治、金田園子、金城直美、王博賢、細川亮彦、大槻昌幸、関博文、鈴木康夫、佐野英彦、頼偉生、冨士谷盛興、奥谷謙一郎、吉川孝子、 田上順次、鈴木千鶴子、劉瓊芳、堀江恭一、中島章富、猪越重久、山田敏元、高津寿夫、細田裕康. 臼歯修復用コンポジットレジンの2年後の臨床成績. 1985.04 岩手

  80. 中村勝文、瀬井知己、小村井修、北川雄司、北川正治、金田園子、金城直美、王博賢、細川亮彦、大槻昌幸、関博文、鈴木康夫、佐野英彦、頼偉生、冨士谷盛興、奥谷謙一郎、吉川孝子、田上順次、鈴木千鶴子、劉瓊芳、堀江恭一、中島章富、猪越重久、山田敏元、高津寿夫、細田裕康. 臼歯修復用コンポジットレジンの2年後の臨床成績. 第49回 口腔病学会総会 1984.12 東京

  81. 細田裕康、山田敏元、吉川孝子、千葉一雄、猪越重久、高津寿夫. 新しい簡易着脱式のコンポジットレジン研磨用ジスクおよびポイント—試作低速切削用定荷重切削試験機による松風スーパースナップの評価—. 第81回 日本歯科保存学会秋季学会 1984.10 横須賀

  82. 二階堂徹、高田恒彦、北迫勇一、緒方美和子、島田康史、吉川孝子、中島正俊、大槻昌幸、田上順次. コンポジットレジン修復の5年予後調査. 第43回 日本歯科理工学会学術講演会春期学会 2004.04.10 千葉

  83. 二階堂徹、高田恒彦、北迫勇一、緒方美和子、島田康史、吉川孝子、中島正俊、大槻昌幸、田上順次. 直接コンポジットレジン修復の10年予後調査. 第68回 口腔病学会学術大会 2003.11.28 東京

  84. 二階堂徹、高田恒彦、北迫勇一、緒方美和子、島田康史、吉川孝子、中島正俊、大槻昌幸、田上順次. 直接法コンポジットレジン修復の長期臨床評価. 第119回 日本歯科保存学会秋季学会 2003.11.06 岐阜

▼全件表示

Works 【 表示 / 非表示

  • µTBS jig,その他,2009年 - 現在

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科理工学会 学術賞(吉川孝子),日本歯科理工学会,2017年04月

  • 日本歯科保存学会 学術賞(吉川孝子),日本歯科保存学会,2010年06月

  • 日本歯科保存学会 デンツプライ賞,2003年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2018年04月

    研究課題:μCT-3D Visualization法を用いたレジンの重合収縮挙動解析と対策 研究代表者:吉川孝子、研究費総額:364万円、期間:平成28-30年度

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2017年04月

    研究課題:μCT-3D Visualization法を用いたレジンの重合収縮挙動解析と対策
    研究代表者:吉川孝子、研究費総額:364万円、期間:平成28-30年度

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2016年04月

    研究課題:μCT-3D Visualization法を用いたレジンの重合収縮挙動解析と対策
    研究代表者:吉川孝子、研究費総額:364万円、期間:平成28-30年度

  • 科学研究費補助金、基盤研究C,2016年03月

    研究題名:Micro X線CT画像を用いた光重合型レジンの重合収縮挙動解析とその臨床対策
    研究代表者:吉川孝子、研究費総額:390万円、期間:平成25-27年度

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2015年04月

    平成25-27年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:Micro X線CT画像を用いた光重合型レジンの重合収縮挙動解析とその臨床対策(基盤研究C、課題番号25462950)、研究代表者、390万円(代表者 吉川孝子 分担者 Alireza Sadr)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2014年04月

    平成25-27年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:Micro X線CT画像を用いた光重合型レジンの重合収縮挙動解析とその臨床対策(基盤研究C、課題番号25462950)、研究代表者、390万円(代表者 吉川孝子 分担者 Alireza Sadr)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2013年04月

    平成25-27年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:Micro X線CT画像を用いた光重合型レジンの重合収縮挙動解析とその臨床対策(基盤研究C、課題番号25462950)、研究代表者、390万円(代表者 吉川孝子 分担者 Alireza Sadr)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2013年04月

    平成22-24年-25年(繰越)度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:レジン修復物の重合収縮応力緩和と接着性能同時向上効果を有する臨床技法の開発 (基盤研究C、課題番号22592115)、研究代表者、325万円)(代表者 吉川孝子 分担者 趙 永哲)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2012年04月

    平成22-24年-25年(繰越)度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:レジン修復物の重合収縮応力緩和と接着性能同時向上効果を有する臨床技法の開発 (基盤研究C、課題番号22592115)、研究代表者、325万円)(代表者 吉川孝子 分担者 趙 永哲)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2011年04月

    平成22-24年-25年(繰越)度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:レジン修復物の重合収縮応力緩和と接着性能同時向上効果を有する臨床技法の開発 (基盤研究C、課題番号22592115)、研究代表者、325万円)(代表者 吉川孝子 分担者 趙 永哲)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2010年04月

    平成22-24年-25年(繰越)度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:レジン修復物の重合収縮応力緩和と接着性能同時向上効果を有する臨床技法の開発(基盤研究C、課題番号22592115)、研究代表者、325万円)(代表者 吉川孝子 分担者 趙 永哲)

  • 科学研究費補助金、基盤研究B,2008年01月

    平成17-19年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:放射線治療後の歯質変化に関する基礎的研究(基盤研究B(2)、課題番号17390513)、研究分担者、1,663万円(代表者 高橋英和 分担者 吉川孝子、三浦雅彦、田中義浩、吉岡隆知、岩崎直彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究B,2007年04月

    平成17-19年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:放射線治療後の歯質変化に関する基礎的研究(基盤研究B(2)、課題番号17390513)、研究分担者、1,663万円(代表者 高橋英和 分担者 吉川孝子、三浦雅彦、田中義浩、吉岡隆知、岩崎直彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究B ,2006年04月

    平成17-19年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:放射線治療後の歯質変化に関する基礎的研究(基盤研究B(2)、課題番号17390513)、研究分担者、1,663万円(代表者 高橋英和 分担者 吉川孝子、三浦雅彦、田中義浩、吉岡隆知、岩崎直彦)

  • 科学研究補助金、基盤研究B,2005年04月

    平成17-19年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:放射線治療後の歯質変化に関する基礎的研究(基盤研究B(2)、課題番号17390513)、研究分担者、1,663万円(代表者 高橋英和 分担者 吉川孝子、三浦雅彦、田中義浩、吉岡隆知、岩崎直彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2007年01月

    平成16-18年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:レジン修復物の重合収縮応力緩和効果を有する臨床技法に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号16591907)、研究代表者、260万円(代表者 吉川孝子 分担者 高田恒彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2006年04月

    平成16-18年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:レジン修復物の重合収縮応力緩和効果を有する臨床技法に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号16591907)、研究代表者、260万円(代表者 吉川孝子 分担者 高田恒彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C,2005年04月

    平成16-18年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:レジン修復物の重合収縮応力緩和効果を有する臨床技法に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号16591907)、研究代表者、260万円(代表者 吉川孝子 分担者 高田恒彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2004年04月

    平成16-18年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:レジン修復物の重合収縮応力緩和効果を有する臨床技法に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号16591907)、研究代表者、260万円(代表者 吉川孝子 分担者 高田恒彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C,2004年01月

    平成13-15年度文部科学省科学研究費補助金、研究課題:光重合型レジン修復物の重合収縮応力緩和効果を有する光照射法に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号13671996)、研究代表者、350万円(代表者 吉川孝子 分担者 高田恒彦、中沖靖子)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2003年04月

    平成13-15年度文部科学省科学研究費補助金、研究課題:光重合型レジン修復物の重合収縮応力緩和効果を有する光照射法に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号13671996)、研究代表者、350万円(代表者 吉川孝子 分担者 高田恒彦、中沖靖子)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2002年04月

    平成13-15年度文部科学省科学研究費補助金、研究課題:光重合型レジン修復物の重合収縮応力緩和効果を有する光照射法に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号13671996)、研究代表者、350万円(代表者 吉川孝子 分担者 高田恒彦、中沖靖子)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2001年04月

    平成13-15年度文部科学省科学研究費補助金、研究課題:光重合型レジン修復物の重合収縮応力緩和効果を有する光照射法に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号13671996)、研究代表者、350万円(代表者 吉川孝子 分担者 高田恒彦、中沖靖子)

  • 科学研究費補助金、基盤研究A ,2003年01月

    平成12-14年度文部省科学研究費補助金、研究課題:コンポジットレジンの重合収縮が修復治療に及ぼす影響とその対策に関する研究(基盤研究A(1)、課題番号12307043)、研究分担者、3,333万円(代表者 新海航一 分担者 吉川孝子、他8名)

  • 科学研究費補助金、基盤研究A,2002年04月

    平成12-14年度文部省科学研究費補助金、研究課題:コンポジットレジンの重合収縮が修復治療に及ぼす影響とその対策に関する研究(基盤研究A(1)、課題番号12307043)、研究分担者、3,333万円(代表者 新海航一 分担者 吉川孝子、他8名)

  • 科学研究費補助金、基盤研究A,2001年04月

    平成12-14年度文部省科学研究費補助金、研究課題:コンポジットレジンの重合収縮が修復治療に及ぼす影響とその対策に関する研究(基盤研究A(1)、課題番号12307043)、研究分担者、3,333万円(代表者 新海航一 分担者 吉川孝子、他8名)

  • 科学研究費補助金、基盤研究A,2000年04月

    平成12-14年度文部省科学研究費補助金、研究課題:コンポジットレジンの重合収縮が修復治療に及ぼす影響とその対策に関する研究(基盤研究A(1)、課題番号12307043)、研究分担者、3,333万円(代表者 新海航一 分担者 吉川孝子、他8名)

  • 科学研究費補助金、基盤研究B,2000年01月

    平成9-11年度文部省科学研究費補助金、研究課題:歯冠色修復材料の半透明性に関する研究(基盤研究B(2)、課題番号09470420)、研究分担者、1,050万円(代表者 猪越重久 分担者 大槻昌幸、田上順次、吉川孝子、高田恒彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究B ,1999年04月

    平成9-11年度文部省科学研究費補助金、研究課題:歯冠色修復材料の半透明性に関する研究(基盤研究B(2)、課題番号09470420)、研究分担者、1,050万円(代表者 猪越重久 分担者 大槻昌幸、田上順次、吉川孝子、高田恒彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究B,1998年04月

    平成9-11年度文部省科学研究費補助金、研究課題:歯冠色修復材料の半透明性に関する研究(基盤研究B(2)、課題番号09470420)、研究分担者、1,050万円(代表者 猪越重久 分担者 大槻昌幸、田上順次、吉川孝子、高田恒彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究B ,1997年04月

    平成9-11年度文部省科学研究費補助金、研究課題:歯冠色修復材料の半透明性に関する研究(基盤研究B(2)、課題番号09470420)、研究分担者、1,050万円(代表者 猪越重久 分担者 大槻昌幸、田上順次、吉川孝子、高田恒彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,1999年01月

    平成9, 10年度文部省科学研究費補助金、研究課題:光重合型レジン修復物の重合収縮応力緩和効果を有する修復技法に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号09671947)、研究代表者、190万円(代表者 吉川孝子 分担者 佐野英彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究B,1998年04月

    平成9, 10年度文部省科学研究費補助金、研究課題:光重合型レジン修復物の重合収縮応力緩和効果を有する修復技法に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号09671947)、研究代表者、190万円(代表者 吉川孝子 分担者 佐野英彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C,1997年04月

    平成9, 10年度文部省科学研究費補助金、研究課題:光重合型レジン修復物の重合収縮応力緩和効果を有する修復技法に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号09671947)、研究代表者、190万円(代表者 吉川孝子 分担者 佐野英彦)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C,1998年01月

    平成7-9年度文部省科学研究費補助金、研究課題:In vivoにおける接着界面の劣化機構の解明に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号07672071)、研究分担者、210万円(代表者 佐野英彦 分担者 吉川孝子)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C,1997年04月

    平成7-9年度文部省科学研究費補助金、研究課題:In vivoにおける接着界面の劣化機構の解明に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号07672071)、研究分担者、210万円(代表者 佐野英彦 分担者 吉川孝子)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C,1996年04月

    平成7-9年度文部省科学研究費補助金、研究課題:In vivoにおける接着界面の劣化機構の解明に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号07672071)、研究分担者、210万円(代表者 佐野英彦 分担者 吉川孝子)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C,1995年04月

    平成7-9年度文部省科学研究費補助金、研究課題:In vivoにおける接着界面の劣化機構の解明に関する研究(基盤研究C(2)、課題番号07672071)、研究分担者、210万円(代表者 佐野英彦 分担者 吉川孝子)

  • 科学研究費補助金、奨励研究A,1992年01月

    平成3年度文部省科学研究費補助金、研究課題:接着性レジン修復物の接着強さ発現過程と辺縁漏洩との関係(萌芽的研究、奨励研究A(1)、課題番号03857255)、研究代表者 90万円(代表者 吉川孝子)

  • 科学研究費補助金、奨励研究A ,1991年04月

    平成3年度文部省科学研究費補助金、研究課題:接着性レジン修復物の接着強さ発現過程と辺縁漏洩との関係(萌芽的研究、奨励研究A(1)、課題番号03857255)、研究代表者 90万円(代表者 吉川孝子)

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • D3歯型彫刻実習,2019年 - 現在

  • 人体の構造と機能、歯型彫刻,2018年 - 現在

  • 大学院講義「Composite restorations: Polymerization, adhesion and adaptation」,2017年 - 現在

  • 保存修復学,2015年 - 現在

  • 大学院講義,2004年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 保存修復学模型実習,奥羽大学

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • D3歯型彫刻実習、示説用ビデオの作製 ,2019年05月 - 現在

  • D3歯型彫刻実習、デモ模型の作製,2019年05月 - 現在

  • D3歯型彫刻実習、実習帳の作成 ,2020年07月 - 現在

  • D3臨床予備実習指導責任者,2020年04月 - 2022年03月

  • 2020年度臨床研修プログラム、プロトコール作成,2020年04月 - 2021年03月

  • 臨床研修プログラム3責任者,2020年04月 - 2021年03月

▼全件表示

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • むし歯外来(修復)外来医長,2020年04月 - 2021年03月

  • リスクマネージャー,2020年04月 - 2021年03月

  • 東京医科歯科大学歯学部附属病院外国歯科医師臨床修練委員会委員,2019年04月 - 現在

  • むし歯・歯周病技工室係責任者,2021年04月 - 2022年03月

  • 歯科医療相談室、相談員,2021年04月 - 2021年10月

  • 電子カルテの不備の指摘、改変協力,2020年04月 - 現在

  • 文献・図書係,2021年04月 - 2022年03月

  • 環境整備、鍵、ロッカー係,2021年04月 - 現在

  • セカンドオピニオン運営委員会委員,2020年04月 - 2021年03月

  • 歯学部附属病院医療機器安全管理委員会,2020年04月 - 2020年10月

  • 歯科医療相談室 相談員,2018年04月 - 2019年03月

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Editorial board(吉川孝子),Asian Pacific Journal of Dentistry,2016年01月01日 - 現在