基本情報

写真a

吉川 孝子(ヨシカワ タカコ)

YOSHIKAWA Takako


職名

助教

研究室住所

文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

コンポジットレジン, 重合, 重合収縮応力, C-factor, 辺縁封鎖性, 窩壁適合性, 辺縁漏洩, 接着強さ, 光照射法, μCT, 3D visualization

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1983年10月
    -
    1984年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 第一保存科 医員(歯病)
  • 1985年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 保存学第一講座 助手
  • 2007年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2001年01月
    奥羽大学保存学第一講座 非常勤講師
  • 2003年04月
    -
    2004年01月
    奥羽大学保存学第一講座 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • International Association for Dental Research

  • 日本歯科保存学会

  • 日本歯科理工学会

  • 日本接着歯学会

  • 口腔病学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2015年
    日本歯科保存学会 評議員
  • 2005年06月
    -
    現在
    日本歯科理工学会 Dental Materials Senior adviser
  • 2016年01月
    -
    現在
    Asian Pacific Journal of Dentistry 編集委員
  • 2020年06月
    -
    現在
    日本接着歯学会 代議員
  • 1995年03月
    -
    現在
    The International Association for Dental Research 会員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 保存治療系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 歯科保存治療 指導医

  • 歯科保存治療 専門医

  • 歯科保存治療 認定医

  • 接着歯科治療認定医

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • コンポジットレジンの重合挙動解析と臨床対策,1983年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • μCT-3D Visualization法を用いたレジンの重合収縮挙動解析と対策

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • Micro X線CT画像を用いた光重合型レジンの重合収縮挙動解析とその臨床対策

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • レジン修復物の重合収縮応力緩和と接着性能同時向上効果を有する臨床技法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • T. Yoshikawa, H. Sano, M. F. Burrow, J. Tagami and D. H. Pashley. Effect of Dentin Depth and Cavity Configuration on Bond Strength Journal of Dental Research. 1999; 78 (4): 898-905. ( DOI )

  • H. Sano, T. Yoshikawa, P. N. R. Pereira, N. Kanemura, M. Morigami, J. Tagami and D. H. Pashley. Long-term Durability of Dentin Bonds Made with a Self-etching Primer, in vivo Journal of Dental Research. 1999; 78 (4): 906-911.

  • T. Yoshikawa, M. F. Burrow and J. Tagami. A light curing method for improving marginal sealing and cavity wall adaptation of resin composite restorations Dental Materials. 2001; 17 (4): 359-366.

  • T. Yoshikawa, M. F. Burrow and J. Tagami:. The Effects of Bonding System and Light Curing Method on Reducing Stress of Different C-factor Cavities The Journal of Adhesive Dentistry. 2001; 3 (2): 177-183.

  • TAKAKO YOSHIKAWA, YASHUKO NAKAOKI, TSUNEHIKO TAKADA, MICHAEL F. BURROW and JUNJI TAGAMI. The effects of light curing method and irradiation time on marginal sealing and cavity wall adaptation of resin composite restorations American Journal of Dentistry. 2003; 16 (Special Issue): 63A-67A.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Cavity bonding: Effect of dentin depth; DENTIN/PULP COMPLEX Proceedings of the International Conference on Dentin/Pulp Complex 1995 and the International Meeting on Clinical Topics of Dentin/Pulp Complex. Quintessence Publishing, Tokyo, 1996

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • T. Yoshikawa, A. Sadr, J. Tagami. Polymerization Behavior of Composites at Top/Bottom of Cavity using Various-Lights . 98th, IADR 2020.03.18 Washington

  • T. Yoshikawa, A. Sadr. J. Tagami. Dye Penetration Test and Micro-CT Observation of Resin Composite/Cavity-Wall Adaptation. 96th, IADR 2018.07.26 London

  • T. Yoshikawa, A. Sadr. J. Tagami. . Dye Penetration Test and Micro-CT Observation of Composite/Cavity-Wall Adaptation.. 95th, IADR 2017.03.25 San Francisco

  • T. Yoshikawa, M. Morigami, A. Sadr . Effects of Light-Curing Method and Resin Composite Composition on Composite/Wall-Adaptation. 93rd, IADR 2015.03.11 Boston

  • T. Yoshikawa, M. Morigami, A. Sadr . Effects of Light-Curing Method and Bonding on Different-Type Composite/Wall Adaptation. Academy of dental materials 2015.10.07 Maui

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科理工学会 学術賞(吉川孝子),日本歯科理工学会,2017年04月

  • 日本歯科保存学会 学術賞(吉川孝子),日本歯科保存学会,2010年06月

  • 日本歯科保存学会 デンツプライ賞,2003年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2016年04月

    研究課題:μCT-3D Visualization法を用いたレジンの重合収縮挙動解析と対策
    研究代表者:吉川孝子、研究費総額:364万円、期間:平成28-30年度

  • 科学研究費補助金、基盤研究C,2016年03月

    研究題名:Micro X線CT画像を用いた光重合型レジンの重合収縮挙動解析とその臨床対策
    研究代表者:吉川孝子、研究費総額:390万円、期間:平成25-27年度

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2015年04月

    平成25-27年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:Micro X線CT画像を用いた光重合型レジンの重合収縮挙動解析とその臨床対策(基盤研究C、課題番号25462950)、研究代表者、390万円(代表者 吉川孝子 分担者 Alireza Sadr)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2014年04月

    平成25-27年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:Micro X線CT画像を用いた光重合型レジンの重合収縮挙動解析とその臨床対策(基盤研究C、課題番号25462950)、研究代表者、390万円(代表者 吉川孝子 分担者 Alireza Sadr)

  • 科学研究費補助金、基盤研究C ,2013年04月

    平成25-27年度日本学術振興会科学研究補助金、研究課題:Micro X線CT画像を用いた光重合型レジンの重合収縮挙動解析とその臨床対策(基盤研究C、課題番号25462950)、研究代表者、390万円(代表者 吉川孝子 分担者 Alireza Sadr)

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 人体の構造と機能、歯型彫刻,2018年 - 2020年

  • 大学院講義「Composite restorations: Polymerization, adhesion and adaptation」,2017年 - 現在

  • 保存修復学,2015年 - 現在

  • 大学院講義,2004年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 保存修復学模型実習,奥羽大学

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • D3歯型彫刻実習、デモ模型および示説用ビデオの作製,2019年05月 - 現在

  • D3歯型彫刻実習、実習帳の作成 ,2020年07月 - 現在

  • 2020年度臨床研修プログラム、プロトコール作成,2020年04月 - 現在

  • 臨床研修プログラム3責任者,2020年04月 - 現在

  • D3臨床予備実習指導責任者,2020年04月 - 現在

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学歯学部附属病院外国歯科医師臨床修練委員会委員,2019年04月 - 現在

  • むし歯外来(修復)外来医長,2020年04月 - 現在

  • リスクマネージャー,2020年04月 - 現在

  • 歯科医療相談室 相談員,2018年04月 - 2019年03月