基本情報

写真a

中島 正俊(ナカジマ マサトシ)

NAKAJIMA Masatoshi


職名

講師

研究分野・キーワード

う蝕象牙質 歯質接着性材料 コンポジットレジン 象牙質接着性能

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  1987年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程  1991年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2001年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 講師
  • 1995年05月
    -
    2001年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 助教
  • 2001年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 講師
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    現在
    筑波大学附属聴覚特別支援学校 歯科技工士科 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科保存学会

  • 日本接着歯学会

  • 日本歯科理工学会

  • 日本歯科審美学会

  • 口腔病学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年03月
    -
    現在
    日本歯科保存学会 評議員
  • 2014年03月
    -
    2016年03月
    日本接着歯学会 編集委員
  • 2019年04月
    -
    2021年03月
    日本歯科保存学会 学術用語委員会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 保存治療系歯学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 歯科用テラヘルツパルス波イメージング技術の開発と接着修復への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 時間・空間制御による接着歯学の超高速ダイナミクスの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 時間・空間制御による接着歯学の超高速ダイナミクスの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 接着修復はいつ破壊するのか-破壊メカニズムの波動解析と予測診断技術への展開-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • コンポジットレジン修復物の色調適合性の向上―カメレオン効果発現機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Taweesak Prasansuttiporn, Ornnicha Thanatvarakorn, Teerapong Mamanee, Keiichi Hosaka, Junji Tagami, Richard M. Foxton, Masatoshi Nakajima. Effect of antioxidant/reducing agents on the initial and long-term bonding performance of a self-etch adhesive to caries-affected dentin with and without smear layer-deproteinizing International Journal of Adhesion & Adhesives. 2020.10; 102 102648. ( DOI )

  • Rima Zakzuk Alshahni, Kento Sato, Keiichi Hosaka, Takashi Hatayama, Ayaka Chiba, Richard M. Foxton, Junji Tagami, Yasunori Sumi, Yasushi Shimada, Masatoshi Nakajima . Effect of smear layer deproteinization with enzyme solutions on bonding efficacy of one-step self-etch adhesives International Journal of Adhesion & Adhesives. 2020.10; 102 102672. ( DOI )

  • Keiichi Hosaka, Antonin Tichy, Yuichi Hasegawa, Yasuji Motoyama, Manabu Kanazawa, Junji Tagami, Masatoshi Nakajima. Replacing mandibular central incisors with a direct resin-bonded fixed dental prosthesis by using a bilayering composite resin injection technique with a digital workflow: A dental technique J Prosthet Dent. 2020.08; ( DOI )

  • Takashi Hatayama, Yukinori Kano, Asami Aida, Ayaka Chiba, Kento Sato, Naoko Seki, Keiichi Hosaka, Richard M Foxton, Junji Tagami, Masatoshi Nakajima. The combined effect of light-illuminating direction and enamel rod orientation on color adjustment at the enamel borders of composite restorations. Clin Oral Investig. 2020.07; 24 (7): 2305-2313. ( PubMed, DOI )

  • Keiichi Hosaka, Antonin Tichy, Yasuji Motoyama, Koji Mizutani, Wei-Jen Lai, Zuisei Kanno, Junji Tagami, Masatoshi Nakajima. Post-orthodontic recontouring of anterior teeth using composite injection technique with a digital workflow. Journal of Esthetic and Restorative Dentistry. 2020.07;

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 監修 田上順次、共同執筆 中島正俊、保坂啓一. コンポジットレジンによる最新MI修復 東京医科歯科大学田上教室の研究と臨床. 医歯薬出版株式会社, 2019.06

  • 保存修復学21第5版. 2017.03

  • 接着の論点 臨床の疑問に答える. 2016.10

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 古澤聖佳、小林駿、保坂啓一、中島 正俊、田上 順次.. 新規構造発色フロアブルレジン(OCF-001)のヒト歯牙との色調調和性.. 第153回日本歯科保存学会秋季学術大会 2020.11.16 Web開催

  • 保坂啓一,本山靖治,長谷川勇一,石原洋樹,高橋真広,中島正俊,田上順次. トゥースウェア症例に対するSimplifiedコンポジットレジン修復 〜デジタルワークフローとクリアマトリックスを活用した症例〜. 第151回日本歯科保存学会学術大会 2020.06.11 神戸

  • Tichy A., Brabec M., Bradna P., Hosaka K., Nakajima M., Tagami J.. Competing Risk Model for Bond Strength Data Analysis. 4th Meeting of the International Association for Dental Research Asia-Pacific Region 2019.11.28 Brisben, Austiralia

  • Citra KUSUMASARI, Masatoshi NAKAJIMA, Ahmed ABDOU, Takashi HATAYAMA, Keiichi HOSAKA, Junji TAGAMI.. Effect of Papain Enzyme and NaOCl-based Gel on Sealing Performances of Self-etch Adhesives. ConsAsia 2019 2019.11.09 Seoul, Korea

  • ノールデーン アリー サイード、中島正俊、久野裕介、田上順次.. 異なる湿潤状態で2種類のスミヤ層を有する象牙質表面への接着強さに対するワンステップセルフエッチングアドヒーシブに含まれるアミド系モノマーの影響.. 第151日本歯科保存学会 2019.11.08

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科保存学会学術賞(中島正俊),2009年

  • 優秀ポスター発表賞(アントニンティヒー,保坂啓一,池田正臣,中島正俊,田上順次),日本歯科保存学会,2019年06月

  • 平成26年度日本接着歯学会論文賞(坂野若詠他),2014年12月

  • 平成25年度日本接着歯学会論文賞(神原啓介他),2013年12月

  • 平成23年度日本接着歯学会論文賞(伊藤志麻他),2011年12月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月

    中島正俊.―CQ5う蝕影響象牙質(caries-affected dentin)と健全象牙質とのレジンの接着性能の違いは?― 接着の論点 臨床の疑問に答える.日本歯科評論 増刊2016 26-30,2016. 

  • 2016年04月

    中島正俊.特集 最新のコンポジットレジン修復の臨床2. 最新の光重合型コンポジットレジン材料.歯科医療30(2):13-20,2016.