基本情報

写真a

松本 芳郎(マツモト ヨシロウ)

MATSUMOTO Yoshiro


職名

講師

研究室住所

〒113-8549 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学咬合機能矯正学分野

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dent/ort1/ort1-J.html

研究分野・キーワード

メカニカルストレスと生体反応、歯の移動と歯根吸収、歯科矯正学、スポーツ歯科学

プロフィール

患者負担・生体反応・長期安定に配慮する矯正歯科医

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1990年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科矯正学第一講座  博士課程  1994年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2004年02月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 矯正歯科外来 講師
  • 2003年04月
    -
    2004年01月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科口腔機能再構築学系専攻 口腔機能発育学講座 咬合機能制御学分野 講師
  • 2000年04月
    -
    2003年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 口腔機能再構築学系専攻 口腔機能発育学講座 咬合機能制御学分野 助手
  • 1997年04月
    -
    2000年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 歯科矯正学第一講座 助手
  • 1994年04月
    -
    1997年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 矯正歯科外来 医員(歯病)
  • 1990年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 医局員
  • 1994年01月
    -
    1994年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 歯科矯正学第一講座 ティーチング・アシスタント
  • 2018年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 矯正歯科外来 講師
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔育成系診療領域 矯正歯科 講師
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 講師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会

  • 国際矯正歯科医学会(World Federation of Orthodontists)

  • 東京矯正歯科学会

  • 日本顎関節学会

  • 日本顎変形症学会

  • 日本口蓋裂学会

  • 日本スポーツ歯科医学会

  • 日本臨床スポーツ医学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    現在
    公益社団法人 日本矯正歯科学会 代議員
  • 2018年02月
    -
    2021年03月
    公益社団法人 日本矯正歯科学会 学術大会運営委員会委員
  • 2018年02月
    -
    2021年03月
    公益社団法人 日本矯正歯科学会 9th IOC 2020 実行委員会 大会事務局長
  • 2003年01月
    -
    2008年03月
    公益社団法人 日本矯正歯科学会 会長幹事
  • 2008年04月
    -
    2010年01月
    東京矯正歯科学会 理事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 成長、発育系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 公益社団法人日本矯正歯科学会 認定医

  • 公益社団法人日本矯正歯科学会 指導医

  • 公益社団法人医療系大学間共用試験実施機構 歯学系OSCE外部評価者

  • 麻薬研究者

  • 臨床修練指導歯科医(厚生労働省外国医師臨床修練制度)

  • 歯科医師臨床研修指導歯科医

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 機械的刺激に対する生体反応,1990年 - 現在

  • 根尖部ニッチにおけるセメント質形成微小環境の構築と歯根吸収予防・修復への臨床展開,2020年04月 - 現在

  • 歯の移動に伴う歯根吸収重篤化に関わる好塩基球性免疫機構の解明と修復活性化の検討,2015年04月 - 2019年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 歯の移動に伴う歯根吸収重篤化に関わる好塩基球性免疫機構の解明と修復活性化の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 歯の移動に伴う歯根吸収重篤化に関わる好塩基球性免疫機構の解明と修復活性化の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 成長期骨代謝に与える身体運動刺激と咀嚼刺激の相乗作用:血中ホルモン動態に着目して

    文部科学省/日本学術振興会

  • 根尖部ニッチにおけるセメント質形成微小環境の構築と歯根吸収予防・修復への臨床展開

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Sasin Sritara, Masahiro Tsutsumi, Keiko Fukino, Yoshiro Matsumoto, Takashi Ono, Keiichi Akita. Evaluating the morphological features of the lateral pterygoid insertion into the medial surface of the condylar process. Clinical and Experimental Dental Research. 2021.04; 7 (2): 219-225. ( PubMed, DOI )

  2. Keo Preksa, Matsumoto Yoshiro, Shimizu Yasuhiro, Nagahiro Shigeki, Ikeda Masaomi, Aoki Kazuhiro, Ono Takashi. A pilot study to investigate the histomorphometric changes of murine maxillary bone around the site of mini-screw insertion in regenerated bone induced by anabolic reagents European Journal of Orthodontics. 2021.02; 43 (1): 86-93. ( PubMed, DOI )

  3. Zhao Lu, Matsumoto Yoshiro, Ono Takashi, Iseki Sachiko. Effects of mechanical force application on the developing root apex in rat maxillary molars ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 2019.05; 101 64-76. ( PubMed, DOI )

  4. Matsumoto Yoshiro, Sringkarnboriboon Siripen, Ono Takashi. Effects of continuous force application for extrusive tipping movement on periapical root resorption in the rat mandibular first molar KOREAN JOURNAL OF ORTHODONTICS. 2018.09; 48 (5): 339-345. ( PubMed, DOI )

  5. An JK, Matsumoto Y, Ono T. The relationships between the arrangement of teeth, root resorption, and dental maturity in bovine mandibular incisors Korean J Orthod. 2017.11; 47 (6): 365-374. ( PubMed, DOI )

  6. Matsumoto Y, Sringkarnboriboon S, Ono T. Proinflammatory mediators related to orthodontically induced periapical root resorption in rat mandibular molars Eur J Orthod. 2017.11; 30 (6): 686-691. ( PubMed, DOI )

  7. José María Shindoi, Yoshiro Matsumoto, Yutaka Sato, Takashi Ono, Kiyoshi Harada. Soft tissue cephalometric norms for orthognathic and cosmetic surgery. J. Oral Maxillofac. Surg.. 2013.01; 71 (1): e24-e30. ( PubMed, DOI )

  8. Kiyomi Sakamoto-Ozaki, Yoshiro Matsumoto, Zuisei Kanno, Jun-ichiro Iida, Kunimichi Soma. Development of a surgical procedure for biointegration of a newly designed orthodontic onplant. Orthodontics (Chic.). 2012.01; 13 (1): 216-225. ( PubMed )

  9. Yusuke Suzaki, Yoshiro Matsumoto, Zuisei Kanno, Kunimichi Soma. Preapplication of orthodontic forces to the donor teeth affects periodontal healing of transplanted teeth. Angle Orthod. 2008.05; 78 (3): 495-501. ( PubMed, DOI )

  10. S Sringkarnboriboon, Y Matsumoto, K Soma. Root resorption related to hypofunctional periodontium in experimental tooth movement. J. Dent. Res.. 2003.06; 82 (6): 486-490. ( PubMed )

  11. Sringkarnboriboon S, Matsumoto Y, Soma K. Root resorption related to hypofunctional periodontium in experimental tooth movement JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2003.06; 82 (6): 486-490.

  12. T Kameyama, Y Matsumoto, H Warita, K Soma. Inactivated periods of constant orthodontic forces related to desirable tooth movement in rats. J Orthod. 2003.03; 30 (1): 31-7; discussion 21. ( PubMed, DOI )

  13. Tomoko Kohno, Yoshiro Matsumoto, Zuisei Kanno, Horoyuki Warita, Kunimichi Soma. Occlusal Function Affects Tooth Movement Produced by Light Orthodontic Force in Rats Dentistry in Japan. 2003.03; 39 (1): 86-89.

  14. Kohno Tomoko, Matsumoto Yoshiro, Kanno Zuisei, Warita Hiroyuki, Soma Kunimichi. ラットにおいて咬合機能は矯正治療による歯牙の移動に影響する(Occlusal Function Affects Tooth Movement Produced by Light Orthodontic Forces in Rats) Dentistry in Japan. 2003.03; 39 86-89. ( 医中誌 )

  15. T Kohno, Y Matsumoto, Z Kanno, H Warita, K Soma. Experimental tooth movement under light orthodontic forces: rates of tooth movement and changes of the periodontium. J Orthod. 2002.06; 29 (2): 129-135. ( PubMed, DOI )

  16. Kameyama Tetsuro, Matsumoto Yoshiro, Warita Hiroyuki, Otsubo Kunihiko, Soma Kunimichi. 固定源ならびに強さと方向が調製できる矯正力によるラット歯周組織の力学的応力モデルの開発(A Mechanical Stress Model Applied to the Rat Periodontium: Using controlled magnitude and direction of orthodontic force with an absolute anchorage) Oral Medicine & Pathology. 2002.06; 7 (1): 1-7. ( 医中誌 )

  17. S Domon, H Shimokawa, Y Matsumoto, S Yamaguchi, K Soma. In situ hybridization for matrix metalloproteinase-1 and cathepsin K in rat root-resorbing tissue induced by tooth movement. Arch. Oral Biol.. 1999.11; 44 (11): 907-915. ( PubMed )

  18. Domon S, Shimokawa H, Matsumoto Y, Yamaguchi S, Soma K. In situ hybridization for matrix metalloproteinase-1 and cathepsin K in rat root-resorbing tissue induced by tooth movement ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 1999.11; 44 (11): 907-915.

  19. Warita Hiroyuki, Iida Junichiro, Yamaguchi Satoshi, Matsumoto Yoshiro, Fujita Yoshihiro, Domon Sayaka, Tsuchiya Tishihiko, Otsubo Kunihiko, Soma Kunimichi. A study on experimental tooth movement with Ti-Ni alloy orthodontic wires: Comparison between light continuous force and light dissipating force. J Jpn Orthod Soc. 1996.12; 55 (6): 515-227. ( 医中誌 )

  20. Tsuchiya Toshio, Matsumoto Yoshiro, Kurihara Saburo. The fluorescent simultaneous azo dye technique for demonstration of tartrate-resistant acid phosphatase (TRAP) activity in osteoclast-like muitinucleate cells Journal of Bone and Mineral Metabolism. 1995.12; 13 (2): 71-76. ( 医中誌 )

  21. MATSUMOTO Y, YONEDA T, SOMA K. INTERLEUKIN-1 STIMULATES DENTIN RESORPTION BY ODONTOCLASTS JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1995.03; 74 (3): 970.

  22. MATSUMOTO Y, YONEDA T, SOMA K. INTERLEUKIN-1 MEDIATES ROOT RESORPTION BY ODONTOCLASTS IN AUTOCRINE/PARACRINE FASHIONS JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1995; 74 549.

  23. 松本 芳郎. 埋伏犬歯による永久前歯の病的吸収 -早期発見の必要性- 東京医科歯科大学歯科同窓会会報. 2008; (166): 67.

  24. 亀山 哲郎, 松本 芳郎, 割田 博之, 大坪 邦彦, 相馬 邦道. Ti-Ni coil springとインプラントを用いた実験的歯の移動方法の開発 歯科基礎医学会雑誌. 2000.08; 42 (5抄録集): 482. ( 医中誌 )

  25. 松本 芳郎, 土門 明哉, 相馬 邦道. 歯科矯正 破歯細胞・破骨細胞の硬組織吸収能に対する分子・細胞生物学的比較検討 非生理的歯根吸収の回避を目指して 口腔病学会雑誌. 1996.12; 63 (4): 631. ( 医中誌 )

  26. 松本 芳郎. 破歯細胞の硬組織吸収に対する形態学的並びに機能的検討 口腔病学会雑誌. 1994.03; 61 (1): 123-143. ( PubMed )

  27. 松本 芳郎. ウシ培養破歯細胞による硬組織吸収の形態学的観察 日本骨代謝学会雑誌. 1993.06; 11 (3): 246. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 住友 雅人、木下 淳博、沼部 幸博、松村 英雄 (編集)、小野卓史、松本芳郎他(分担執筆). 歯科臨床イヤーノート2014~. クインテッセンス出版, 2013.03 SECTION 9 矯正歯科 1.医療面接、3.予防・治療(基本)技術、5.応急処置 (ISBN : 9784781203058)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Sritara S, Tsutsumi M, Fukino K, Matsumoto Y, Akita K, Ono T. Muscle Bundle Arrangements of the Lateral Pterygoid Muscle Inserting into the Medial Aspect of the Condylar Process.. The 9th International Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 Yokohama, Japan

  2. Keo Preksa, Nagahiro Shigeki, Inoue Masamu, Fukino Keiko, Shimizu Yasuhiro, Matsumoto Yoshiro, Aoki Kazuhiro, Ono Takashi. Histomorphometric Changes of Murine Maxillary Bone around the Site of Mini-Screw Insertion in the Regenerated Bone Induced by Anabolic Reagents.. The 9th International Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 Yokohama, Japan

  3. Lou Y, Zhao L, Keo P, Inoue M, Fukino K, Matsumoto Y, Iseki S, Ono T. Different Apical Responses of Developing and Developed Roots to Application of Mechanical Force on Maxillary Molars in Rats.. The 9th International Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 Yokohama, Japan

  4. Preksa Keo, 松本 芳郎, 長弘 茂樹, 青木 和広, 小野 卓史. RANKL結合ペプチドとBMP-2との注射により誘導されたマウス上顎骨の経時的変化とスクリュー植立の影響(Time-course study of bones induced by the co-injection of RANKL-binding peptide and BMP-2 and the effects of subsequent screw placement in murine maxilla). Journal of Oral Biosciences Supplement 2019.10.01

  5. Zhao Lu, Keo Preksa, Matsumoto Yoshiro, Iseki Sachiko, Ono Takashi. ラットの異なる発達段階の歯根に及ぼす歯科矯正治療応力の影響(Effects of orthodontic force application on different root development stages in rats). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2017.10.01

  6. Matsumoto Y, Hosomichi J, Ishida Y, Ohmori H, Shimizu Y, Kyuragi T, Shitano C, Kawabe A, Maekawa M, Ikeda Y, Kirii A, Kita S, Sakaguchi T, An J, Yamada K, Suzuki K, Ono T. Root resorption of maxillary incisors associated with ectopically erupting canines: predisposing factors, diagnosis and prognosis of orthodontic treatment. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London, UK

  7. Shindoi Jose-Maria, 佐藤 豊, 松本 芳郎, 金香 佐和, 島崎 一夫, 小海 暁, 柴田 真衣, 山城 正司, 原田 清, 小野 卓史. 日本人成人の下顎骨矯正手術のための軟部組織セファロメトリー基準値(Soft-tissue cephalometric norms for orthognathic surgery in Japanese adults). 日本顎変形症学会雑誌 2012.05.01

  8. Yoshiro MATSUMOTO, Takashi ONO. Severe root resorption of four maxillary incisors and bilateral canine impaction: An interdisciplinary approach 上顎前歯重度歯根吸収を伴う両側犬歯埋伏症例への学際的対応. The 4th International Congress & The 70th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2011.10.20 名古屋

  9. Matsumoto Yoshiro, Ono Takashi. 上顎切歯と両側犬歯の埋伏歯4本の重度歯根吸収 集学的アプローチ(Severe root resorption of four maxillary incisors and bilateral canine impaction: An interdisciplinary approach). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2011.10.01

  10. Yoshiro MATSUMOTO, Masaki KOBAYASHI , Miho OZAKI. Incisal Root Resorption Associated with Maxillary Impacted Canines. 7th International Orthodontic Congress 2010.02.09 Sydney, Australia

  11. 松本 芳郎, 相馬 邦道. 矯正歯科治療中に新たな顎位への適応が見られた成人片側下顎後方位症例(An adult unilateral mandibular-retruded case adapted to a new mandibular position during orthodontic treatment). 日本顎関節学会雑誌 2008.07.01

  12. Matsumoto Yoshiro, Soma Kunimichi. 咬合異常と初期齲蝕及び歯周疾患との関係(Malocclusion and its relationships to incipient caries and periodontal disease). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2006.09.01

  13. Suzaki Yusuke, Matsumoto Yoshiro, Soma Kunimichi. 移植歯牙におけるMalassez上皮細胞遺残と歯周治癒との関連(Relationship between epithelial cell rests of malassez and periodontal healing in transplanted teeth). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2006.09.01

  14. 松本 芳郎, サリンカーンボリブーン・シリペン , 相馬 邦道. 歯根吸収部における炎症関連因子の役割(Roles of inflammatory-related factors in root resorption). 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2004.11.01

  15. Tsuchiya Toshio, Matsumoto Yoshiro, Kurihara Saburo. 破骨細胞様多核細胞における酒石酸塩抵抗性酸性ホスファターゼ(TRAP)活性証明の為の蛍光同時性アゾ色素法. Journal of Bone and Mineral Metabolism 1995.12.01

  16. 青木 和広, 松本 芳郎, Khan Masud, 長弘 茂樹, 岩本 勉, 小野 卓史, 田村 幸彦. 顎骨再建の骨形態計測学的評価 RANKL結合ペプチドを用いた顎骨造成(Jaw osteogenesis using RANKL binding peptide). Journal of Oral Biosciences Supplement 2021.10.01

  17. 豊島 由佳子, 松本 芳郎, 上野 俊明. トップアスリートの矯正歯科診療状況に関する調査. 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集 2020.12.05

  18. 松本 芳郎, 吹野 恵子, 青柳 美咲, ケオ・プレクサ , 楊 午, 金 善敏, 小野 卓史. 低侵襲性直接法コンポジットレジン修復を活用して個性正常咬合を確立した3症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2019.11.01

  19. Zhal L, Keo P, Matsumoto Y, Iseki Y, Ono T. Effects of orthodontic force application on different root developmental stages in rats . 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  20. 松本芳郎, 清水康広, 井上維, 小澤英里佳, 佐藤萌, 畑野香澄, 吹野恵子, 奥沢慎子, 澤﨑俊太郎, 郭煕苑, KEO Preksa, Cho Edward, 趙陸, 楊新晟, 小野卓史. 歯の動揺ならびに早期接触の検知と回避に対する超弾性型Ni-Ti 合金角型ワイヤーの有効性. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  21. 松本 芳郎, 清水 康広, 井上 維, 小澤 英里佳, 佐藤 萌, 畑野 香澄, 吹野 恵子, 奥沢 慎子, 澤崎 俊太郎, 郭 煕苑, Keo Preksa, Cho Edward, 楊 新晟, 趙 陸, 小野 卓史. 歯の動揺ならびに早期接触の検知と回避に対する超弾性型Ni-Ti合金角型ワイヤーの有効性. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2017.10.01

  22. 松本芳郎. より良い咬合育成のために~筋機能療法と矯正歯科治療. 第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2016.11.05 千葉

  23. 松本 芳郎. スポーツ歯科の取り組みと2020年へのアプローチ より良い咬合育成のために 筋機能療法と矯正歯科治療. 日本臨床スポーツ医学会誌 2016.10.01

  24. 松本芳郎. 最近の大学の現状. 日本臨床矯正歯科医会東京支部講演会 2015.12.17 東京

  25. 松本芳郎. スポーツ選手の不正咬合を診る―外傷リスクと競技力の関連―. 日本スポーツ歯科医学会/第21回認定研修会 2015.11.01 東京

  26. 上野俊明,添島沙夜香,田中沙織,豊島由佳子,高橋敏幸,山中拓人,近藤尚知,松本芳郎,宇津宮幸正,宮澤慶,松本勝. シニアアスリートの歯科外傷経験とマウスガード使用に関する分析調査. 第26回日本スポーツ歯科医学会 2015.06.20 新潟

  27. 近藤尚知,添島沙夜香,田中沙織,高橋敏幸,上野俊明,松本芳郎,松本勝,宮沢慶,宇津宮幸正,川原貴. マウスガード装着とスポーツ飲料がトップアスリートの齲蝕歯保有状況に及ぼす影響. 第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2014.11.08 東京

  28. 田中沙織,添島沙夜香,豊島由佳子,高橋敏幸,近藤尚知,松本芳郎,宇津宮幸正,宮澤 慶,松本 勝,上野俊明. JOCエリートアカデミー生の歯科保健状況について. 第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2014.11.08 東京

  29. 松本芳郎、小野卓史. 異なる保定装置で長期保定し安定している過蓋咬合・叢生を伴う3症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.22 千葉

  30. 田中 沙織, 添島 沙夜香, 豊島 由佳子, 高橋 敏幸, 近藤 尚知, 松本 芳郎, 宇津宮 幸正, 宮澤 慶, 松本 勝, 上野 俊明, 川原 貴. JOCエリートアカデミー生の歯科保健状況について. 日本臨床スポーツ医学会誌 2014.10.01

  31. 松本 芳郎, 小野 卓史. 異なる保定装置で長期保定し安定している過蓋咬合・叢生を伴う3症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2014.10.01

  32. 近藤 尚知, 添島 沙夜香, 田中 沙織, 高橋 敏幸, 上野 俊明, 松本 芳郎, 松本 勝, 宮澤 慶, 宇津宮 幸正, 川原 貴. マウスガード装着とスポーツ飲料がトップアスリートの齲蝕歯保有状況に及ぼす影響. 日本臨床スポーツ医学会誌 2014.10.01

  33. 上野俊明,添島沙夜香,田中沙織,豊島由佳子,高橋敏幸,近藤尚知,松本芳郎,宇津宮幸正,宮澤 慶,松本 勝. ジュニアアスリートの歯科外傷経験とマウスガード使用に関する分析調査. 第25回日本スポーツ歯科医学会学術大会 2014.06.29 大阪

  34. 松本芳郎、豊島由佳子、添島沙夜香、田中沙織、川原 貴. 矯正歯科診療を受けたトップアスリートに関する施設内統計学的調査・検討. 第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2013.10.26 熊本

  35. 松本 芳郎, 豊島 由佳子, 添島 沙夜香, 田中 沙織, 川原 貴. 矯正歯科診療を受けたトップアスリートに関する施設内統計学的調査・検討. 日本臨床スポーツ医学会誌 2013.10.01

  36. 添島沙夜香、豊島由佳子、田中沙織、高橋敏幸、近藤尚知、松本芳郎、宇津宮幸正、宮沢慶、松本勝、上野俊明. 我が国のトップアスリートの歯科保健状況の変化と推移-JISSクリニック開所10周年を経過して-. 第24回日本スポーツ歯科医学会学術大会 2013.06.30 東京

  37. 石田雄之、黒田由紀子、酒向絵美、今井治樹、久良木建、舌野知佐、沖原秀政、川辺綾子、若杉絵美奈、大森浩子、松本芳郎、小野卓史. Angle Class III患者に対する非外科的矯正治療が上部気道形態および舌骨位に与える影響. 第71回日本矯正歯科学会大会 2012.09.28 盛岡

  38. 松本芳郎. 矯正歯科治療の基礎知識-成長期の注意点を中心に. 東京医科歯科大学 第1回海外公開講座 歯の健康セミナー・歯の健康相談会 2012.09.08 バンコク、タイ

  39. 石田 雄之, 黒田 由紀子, 酒向 絵美, 今井 治樹, 久良木 建, 舌野 知佐, 沖原 秀政, 川辺 綾子, 若杉 絵美奈, 大森 浩子, 松本 芳郎, 小野 卓史. Angle Class III患者に対する非外科的矯正治療が上部気道形態および舌骨位に与える影響. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2012.09.01

  40. 豊島 由佳子, 宇津宮 幸正, 近藤 尚知, 松本 芳郎, 高橋 敏幸, 松本 勝, 上野 俊明. 20歳前後のトップアスリートの智歯保有状況と抜歯の影響. スポーツ歯学 2012.02.01

  41. 豊島由佳子、上野俊明、高橋敏幸、近藤尚知、松本芳郎、宇津宮幸正、松本勝、安井利一、奥脇透、小松裕、川原貴. 過去10年間における我が国のトップアスリートの歯科保健状況の変化. 第22回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2011.11.05 青森

  42. 豊島 由佳子, 上野 俊明, 高橋 敏幸, 近藤 尚知, 松本 芳郎, 宇津宮 幸正, 松本 勝, 安井 利一, 奥脇 透, 小松 裕, 川原 貴. 過去10年間における我が国のトップアスリートの歯科保健状況の変化. 日本臨床スポーツ医学会誌 2011.10.01

  43. 豊島由佳子、宇津宮幸正、近藤尚知、松本芳郎、高橋敏幸、松本勝、上野俊明. 20歳前後のトップアスリートの智歯保有状況と抜歯の影響. 第22回日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会 2011.06.26

  44. 豊島 由佳子, 宇津宮 幸正, 近藤 尚知, 松本 芳郎, 高橋 敏幸, 松本 勝, 上野 俊明. 20歳前後のトップアスリートの智歯保有状況と抜歯の影響. 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集 2011.05.01

  45. 松本 芳郎, 小林 正樹, 尾崎 美帆, 相馬 邦道. 上顎犬歯の埋伏に伴う切歯の歯根吸収について. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2009.11.01

  46. 豊島 由佳子, 中野 真帆, 高橋 敏幸, 上野 俊明, 松本 芳郎, 近藤 尚知, 宇津宮 幸正, 小松 裕, 奥脇 透, 河野 一郎, 川原 貴. トップアスリートの歯科保健状況と唾液成分と食・衛生習慣の関連性について. 日本臨床スポーツ医学会誌 2008.10.01

  47. 松本 芳郎, 相馬 邦道. 顔面規格写真を用いた日本人顔面軟組織のデータベース作成に向けて. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2008.09.01

  48. 松本 芳郎, 近藤 尚知, 豊島 由佳子, 河野 一郎. トップアスリートの歯列・咬合状態に関する調査と課題. 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集 2008.07.01

  49. 玉置 幸雄, 阿部 朗子, 井上 知加予, 石川 博之, 廣瀬 武尚, 松本 芳郎, 相馬 邦道. 自己組織化マップ(SOM)を用いた軟組織側貌形態の分類と視覚化について. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2007.09.01

  50. 松本 芳郎. 矯正歯科治療の評価基準を求めて 顔の審美性と心理的背景 日本人の口もと 分担調査の中間報告. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2006.09.01

  51. 堀内 洋輔, 簡野 瑞誠, 松本 芳郎, 相馬 邦道. 大きな側貌の改善が得られた成人II級1類の小臼歯非抜歯症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2004.11.01

  52. 河野 智子, 松本 芳郎, 簡野 瑞誠, 割田 博之, 相馬 邦道. 歯の移動距離に対する矯正力の大きさと咬合接触の関連性の検討. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2000.10.01

  53. 三浦 弘貴, 簡野 瑞誠, 松本 芳郎, 大坪 邦彦, 相馬 邦道. 超弾性型Ti-Ni合金ワイヤーの振動減衰能 ラットを用いた組織学的検討. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2000.10.01

  54. 松本 芳郎. 破歯細胞の硬組織吸収能に対する形態的ならびに機能的検討. 口腔病学会雑誌 1994.03.01

  55. 松本 芳郎. 破骨細胞様多核細胞における酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ(TRAcP)染色とその蛍光性について. 日本骨代謝学会雑誌 1992.06.01

  56. 松本 芳郎. 破骨細胞様多核細胞形成に対するOsteocalcinの作用. 日本骨代謝学会雑誌 1991.06.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • IADR Travel Award,1995年

  • 優秀学術ポスター発表賞,大韓歯科矯正学会,2005年11月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯科矯正学・咬合育成・発達,1994年 - 現在

  • 後期臨床セミナー,2017年 - 現在

  • 矯正歯科工学,2013年 - 現在

  • 臨床歯学イントロダクション,2013年 - 現在

  • オクルージョン,2012年 - 現在

  • 包括臨床実習,1994年 - 現在

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 歯学科模擬授業「臨床歯科医学の魅力」,東京医科歯科大学,全学共通オープンキャンパス,2018年07月26日

  • スポーツ選手への矯正歯科治療,朝日新聞社,朝日新聞 朝日新聞デジタル,2018年06月13日