基本情報

写真a

倉林 亨(クラバヤシ トオル)

KURABAYASHI Tohru


職名

教授

生年

1957年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室FAX番号

03-5803-0205

メールアドレス

kura.orad@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/orad/index.html

研究分野・キーワード

画像診断学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  1981年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程  1985年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1994年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 歯科放射線学講座 助手
  • 1994年04月
    -
    2000年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 歯科放射線科 講師
  • 2000年04月
    -
    2003年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線医学 助教授
  • 2003年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線医学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線医学 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科放射線学会

  • 口腔病学会

  • 日本磁気歯科学会

  • 日本画像医学会

  • 日本医学放射線学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    現在
    日本歯科放射線学会 常任理事
  • 2020年06月
    -
    2021年05月
    日本歯科放射線学会 会長
  • 2003年
    -
    現在
    口腔病学会 理事
  • 2011年01月
    -
    現在
    日本磁気歯科学会 理事
  • 2009年
    -
    現在
    日本画像医学会 評議員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 病態科学系歯学・歯科放射線学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 顎口腔領域の画像診断学

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 拡散テンソルMRIの歯科臨床への応用:下歯槽神経と咀嚼筋の定量的画像診断法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 拡散テンソルMRIの歯科臨床への応用:下歯槽神経と咀嚼筋の新しい画像診断法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 光干渉断層画像診断法の歯科領域への応用と最適化に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2013年

  • 歯科用コーンビームCTのQuality control法の確立

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kurabayashi T, Ohbayashi N, Sakamoto J, Nakamura S. Usefulness of MR imaging for odontogenic tumors. Odontology. 2021; 109 (1): 1-10.

  • 藤倉満美子,中村伸,浅海淳一,倉林亨. 複数の石灰化物を含む唾液腺腫瘍と類似した顎下腺唾石症の一例 歯科放射線. 2021.09; 61 (1): 12-15.

  • Adel S, Wada T, Kawashima N, Abdou A, Watanabe H, Kurabayashi T, Okiji T, Uo M. Preparation and properties of tristrontium aluminate as an alternative component of mineral trioxide aggregate (MTA) cement Dental Materials Journal. 2021.01; 40 (1): 184-190. ( DOI )

  • Ozaki Y, Watanabe H, Kurabayashi T. Effective dose estimation in cone-beam computed tomography for dental use by Monte Carlo simulation optimizing calculation numbers using a step and shoot method Dentomaxillofacial Radiology. 2021;

  • Ohbayashi N, Wamasing P, Tonami K, Kurabayashi T. Incidence of hypercementosis in mandibular third molars determined using cone beam computed tomography. J Oral Sci. 2021; 63 (2): 179-183.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 倉林 亨 (編著). 歯科衛生学辞典. 永末書店, 2019.07

  • 倉林 亨 (分担). 口腔外科ハンドマニュアル'19. クインテッセンス出版, 2019.06

  • 倉林 亨 (分担). 歯科衛生士講座. 歯科放射線学. 永末書店, 2019.02

  • 倉林 亨 (分担). 最新口腔外科学第5版. 医歯薬出版, 2017.09

  • 倉林 亨 (編集). 特集:歯・顎・口腔の画像診断. 画像診断2017年6月号. 秀潤社, 2017.06

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Kurabayashi T. MRI characteristics of odontogenic tumors and cysts. Invited Session: The 23rd International Congress of DentoMaxillofacial Radiology 2021.04.30 Gwangju, South Korea

  • 中村伸, 渡邉裕, 倉林亨. 口腔癌患者における乳突蜂巣炎発症リスクの検討. NPO法人日本歯科放射線学会第232回関東地方会 2021.08.21 Web開催

  • 渡邊裕, 尾崎吉弘, 倉林亨. 歯科用コーンビームCT検査時の臓器線量および実効線量について−モンテカルロシミュレーションによる検討. NPO法人日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 沖縄県那覇市

  • 森田康彦, 渡邊 裕, 倉林 亨. 歯科用CTに対する関数解析とInteriorCTからの対策(3)ーフーリエ面とρフィルター再構成からの解析ー. 2021.05.22 沖縄県那覇市

  • 森田康彦, 倉林 亨, 渡邊 裕. 歯科用CTに対する関数解析とInteriorCTからの対策(4)ー簡単なシミュレーションー. NPO法人日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 沖縄県那覇市

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第83回口腔病学術大会最優秀演題賞 (Wamasing P),2018年11月

  • Outstanding Reviewer Award, Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol,2017年01月

  • Yoshida Manufacturing Award (corresponding author),2008年

  • RSNA Certificate of Merit (co-author),2004年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科放射線学会第24回生涯学習研修会,2014年12月

    「明日から使えるパノラマX線写真による画像診断」 (研修会の開催)

  • 東京都歯科医師会卒後研修会,2014年07月

    「歯科画像診断の最前線」 (研修会の開催)

  • 東京医科歯科大学歯科同窓会CDE実習コース,2014年06月

    「デジタルレントゲンパーフェクトマスター」(研修会の開催)

  • 日本歯科放射線学会第218回関東地方会,2014年01月

    (学術集会の開催)

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床歯科放射線診断,2015年 - 現在

  • 放射線の性質と画像検査の基本,2013年 - 現在