概要 研究活動 教育活動 臨床活動および学外活動
ホームページ http://www.tmd.ac.jp/gradh/cfn/index.html

スタッフ

職名 氏名(カナ) 研究者情報
准教授 岡光 基子(オカミツ モトコ)
助教 矢郷 哲志(ヤゴウ サトシ)
大学院生 勝本 祥子(カツモト ショウコ)
大学院生 野村 智実(ノムラ サトミ)
大学院生 岡林 優喜子(オカバヤシ ユキコ)
大学院生 鈴木 香代子(スズキ カヨコ)
大学院生 朝見 優子(アサミ ユウコ)
学生 来生 奈巳子(キスギ ナミコ)
学生 厚美 彰子(アツミ ショウコ)
技術補佐員 村松 三智(ムラマツ ミチ)
このページの先頭へ▲

概要

 小児看護学を専門とする教育分野として発足し、平成20年度からは、乳幼児精神保健に関する知識とスキルを持つ小児専門看護師(CNS)養成カリキュラムの運用を始め、小児看護の高度専門家の養成とその領域における研究を遂行している。研究においては、乳幼児とその家族に対する早期介入支援を主要なテーマとして取り組み、研究成果を看護実践に活用し、大学病院や小児科クリニックでの育児支援外来の運営にも関わっている。また、日本語版NCASTやファミリーパートナーシップモデルに基づく妊娠期からの育児支援など、専門職向けの講習会を開催している。
このページの先頭へ▲

研究活動

 乳幼児精神保健を基盤とし、主に乳幼児の発達、親子の相互作用、乳幼児とその家族に対する早期育児支援介入に関する研究に取り組んでいる。
研究の主なテーマは、
1) 早産・低出生体重児、先天性疾患、慢性疾患、発達障害など、様々な背景をもつ乳幼児期の親子相互作用とその関連要因
2) 乳幼児精神保健の理論に基づく育児支援介入
3) ファミリーパートナーシップモデルに基づく妊娠期からの早期育児支援
4) 小児科外来でのファミリーパートナーシップモデルに基づく多職種による育児支援の有効性
5) 父親に対する育児支援
6) 周産期における母児エピゲノムの体系的解析
7) 幼児の社会-情緒的、行動上の問題に関するアセスメントツールの開発
8) 小児領域の看護師による倫理的実践の構造と教育プログラムの開発
9) 慢性疾患をもつ子どもと家族のための患者家族滞在施設の役割の検討
などである。
 国内外の研究施設と情報交換しながら研究活動を行い、6)においては、東京医科歯科大学医学部附属病院周産女性診療科、発生発達病態学分野、難治疾患研究所、国立健康・栄養研究所と共同研究を行っている。
このページの先頭へ▲

教育活動

1) 学部教育
 小児看護学Ⅰ・Ⅱ、小児看護学演習Ⅰ・Ⅱ、小児看護学実習、卒業論文Ⅱ、看護の統合と実践(1コマ)を担当している。卒業論文Ⅱにおいては、5名の学生が各々の研究テーマにそって研究過程を学び、論文にまとめて、口頭発表をするまでを指導した。
2) 大学院教育
 小児家族発達看護学特論A1・B、小児家族発達看護学演習A1・B、共通科目である家族看護学特論を担当した。

このページの先頭へ▲

臨床活動および学外活動

 乳幼児精神保健を看護実践に活用し、育児に不安や困難を抱える親とその子どもを支援することを目的として、東京医科歯科大学医学部附属病院小児科外来・病棟・NICU及び大川こども&内科クリニックにおける育児支援外来の運営に関わっている。また、1型糖尿病の患者・家族会(東京わかまつ会)の運営にも携わっている。
このページの先頭へ▲