概要 研究活動 教育活動
ホームページ http://www.tmd.ac.jp/gradh/cc/index.html

スタッフ

職名 氏名(カナ) 研究者情報
教授 田中 真琴(タナカ マコト)
准教授 川上 明希(カワカミ アキ)
助教 川本 祐子(カワモト ユウコ)
大学院生 八鍬 類子(ヤクワ ルイコ)
大学院生 蘆田 薫(アシダ カオル)
大学院生 畑中 佳子(ハタナカ ケイコ)
大学院生 川島 徹治(カワシマ テツハル)
大学院生 岩下 絵梨香(イワシタ エリカ)
大学院生 小坂 志保(コサカ シホ)
このページの先頭へ▲

概要


 先端侵襲緩和ケア看護学では、重篤期から回復期の患者や家族のケア、さらには慢性期のセルフマネジメント支援や緩和ケアといった多方面の研究課題に取り組んでいる。専門的看護支援のあり方を追求するとともに、研究成果の還元による看護の質向上、看護学の一層の充実をめざしている。教育においては、学部教育では成人看護学を担当し、大学院教育では、日本看護系大学協議会より認定を受けた「クリティカルケア看護高度実践看護師教育課程」として、臨床に貢献できる急性・重症患者看護専門看護師の教育にも尽力している。
このページの先頭へ▲

研究活動


 本分野では、以下の2つの主要なテーマについて取り組んでいる。
【先端・高度医療を受ける患者および家族に対する看護ケアの開発】
疾病や外傷、侵襲的治療によって生命危機状況にある患者の治療に伴う苦痛や不安を緩和し、患者や家族のQOL向上を目指した様々な視点からの研究に取り組んでいる。侵襲的治療下にある患者について、療養プロセスにおける体験を構造化することや、治療成功・回復促進に関与する患者要因の探索、患者の治療や看護に携わる医療チームの連携や機能等に関する調査などを行っている。
【慢性的な健康問題を抱える患者および家族の主体的療養を促進するための研究】
慢性疾患を抱え不確かさを感じながら療養する患者や家族が、主体的に症状や生活をマネージメントしていけるよう、様々な視点からの研究に取り組んでいる。自己管理行動の阻害要因と促進要因の解明、受容や意思決定のプロセスの構造化、自己管理の実態やそれが疾患管理に与える影響の調査などを行っている。
このページの先頭へ▲

教育活動


1)学部教育
 本教育研究分野は、学部教育では成人看護学を担当している。
 カリキュラムの構成は、2年次での成人看護学Ⅰ(概論2単位)、成人看護学Ⅱ(各論2単位)、3年次前期の成人看護学Ⅲ(実践論1単位)と成人看護学演習(1単位)、そして集大成としての成人看護学実習Ⅰ(3単位)という、学生の学習進度と体験に応じた組み立てとなっている。
 2年次では、講義を中心として成人看護学Ⅰ、Ⅱで成人期にある人々の理解と成人看護学の考え方、成人看護学としての看護のあり方の基本を学ぶ。
 3年次前期では、成人看護学演習で実践に必要な知識と技術、態度の統合と、成人看護学Ⅲでは各専門領域(専門看護師、遺伝看護、HIV感染者ケア等)で活躍する第一人者による成人看護学の最新の実践論を学習する。3年次後期は臨地実習期間であり、本学医学部附属病院で3週間の領域別実習を行っている。実習は医学部附属病院のほぼ全病棟にわたり、各病棟の看護管理者、臨床実習指導者との連携のもとにすすめている。実習最終日には4病棟合同の「まとめの会」を開催し、学生の学びを共有する場としている。まとめの会やカンファレンスは学生主体での運営を重んじ、責任感、主体性、協調性も涵養している。実習開始前の個々の学生の状況把握や、数回の個人面接も含めたきめ細かな指導で、学生の学習の質向上をめざしている。
 4年次での卒業論文指導では、講義、ゼミ形式、個別指導と、多彩な教育方略を用いて学生の指導に当たっている。また卒業論文のゼミ生を中心に、就職相談・推薦等キャリア形成のための指導を行っている。

2)大学院教育
 看護実践に基づいた研究課題の発掘や方法論の開発をできる研究能力を養い、研究者・教育者としての資質を磨くことに重点を置き教育を行っている。加えて、高度実践者としてのクリティカルケア(急性・重症患者)看護専門看護師(CNS)の教育を行っている。専門看護師実習は、実習提携病院ならびに本分野のCNS課程履修の修了生やクリティカルケア看護専門看護師が勤務する施設の協力を得て、クリティカルケア看護専門看護師育成のための先駆的教育に取り組んでいる。
 研究論文作成指導では、学生個々の興味やテーマを尊重しつつ、研究論文としての意義と研究計画、研究実施状況の意見交換と指導の場としての「論文ゼミ」と、院生一人一人への個別指導との組み合わせで教育の充実を図っている。取り組んでいる論文テーマは、クリティカルケア・急性期・周手術期での看護ケアの洗練と質向上、先端・高度医療における看護の役割、新たな治療を受ける患者の療養生活支援、急性期医療からの移行期、慢性期における看護の役割など多岐にわたる。
このページの先頭へ▲