概要 研究活動 教育活動 教育方針 臨床活動および学外活動 臨床上の特色
ホームページ http://www.tmd.ac.jp/psyc/index.html

スタッフ

職名 氏名(カナ) 研究者情報
教授 岡田 幸之(オカダ タカユキ)
准教授 車地 暁生(クルマジ アケオ)
准教授 杉原 玄一(スギハラ ゲンイチ)
助教 治德 大介(ジトク ダイスケ)
助教 武藤 仁志(ムトウ ヒトシ)
助教 髙木 俊輔(タカギ シュンスケ)
大学院生 後藤 惠(ゴトウ メグミ)
大学院生 古田 光(フルタ コウ)
大学院生 小方 茂弘(オガタ シゲヒロ)
大学院生 木下 英俊(キノシタ ヒデトシ)
大学院生 竹田 康二(タケダ コウジ)
大学院生 石津谷 麻美(イシヅヤ アサミ)
大学院生 関口 陽介(セキグチ ヨウスケ)
大学院生 野村 芳子(ノムラ ヨシコ)
このページの先頭へ▲

概要

当教室では、統合失調症、気分障害、不安障害などを初めとする精神神経疾患について生物一心理一社会学的アプローチから総合的に研究することを目指している。学外の研究機関との協力の下で下記以外にも、社会精神医学、児童・思春期精神医学、脳画像診断解析の研究を行っている。
このページの先頭へ▲

研究活動

1)生物学的精神医学研究
(i) 精神神経疾患の病因・病態の解明に向けた分子遺伝学的研究:
精神病症状惹起物質を用いた動物モデルを用いて、発達薬理学的観点から精神神経疾患の病因・ 病態に関する新規の候補遺伝子群の単離を行う。またそれらの候補遺伝子群のヒ卜での解析を行い、精神神経疾患での変化を検索する 。
(ii) 精神神経疾患の新たな治療法開発に向けた薬理生化学的研究:
新たな精神神経疾患の治療法の開発に向けて、その候補となる物質の薬理生化学的な検討を行う。特に内在性の抗精神病物質と考えられるDセリンについて、その代謝に関与する物質の分離や、脳内神経伝達に及ぼす影響などについて多角的に検討を加えている。
(ⅲ)精神神経疾患の睡眠研究:
独自に開発した睡眠ポリグラフィー自動解析装置を用いた研究、fMRIを用いた睡眠研究を行っている。
(ⅳ) 近赤外線スペクトロスコピー(NIRS:near-infrared spectroscopy)を用いた研究:
精神疾患の生物学的指標の手がかりを得る目的で、主に統合失調症・気分障害などの患者を対象として、心理的課題遂行時の脳各部位の機能状態変化を近赤外線スペクトロスコピーにより解析している。
(ⅴ)電気けいれん療法(ECT)に関する多施設共同による後方視観察研究:
日本総合病院精神医学会の認定する多施設の「ECT研修施設」から実績報告として提出されるECTに関する情報を後方視的に調査、解析する観察研究である。わが国の精神科臨床においてECTは長い歴史があるにもかかわらず、実臨床におけるECTの実施状況がなかなか明確にされていない問題があったが、本研究によって一定の実績のある全国の医療施設におけるECTの実態を明らかにすることができる。

2)精神病理学的研究
精神障害について現象学的、人間学的、言語論的方法等によって心理学的側面から本態の解明に当たり、同時に精神療法的アプローチを行っている。また精神医学の基本概念の検討及び今日の課題である精神障害の分類と診断の基礎づけも試みている。対象とする主要な精神障害は統合失調症、躁うつ病のいわゆる内因性精神病であるが、更に、神経症、現在関心をひいている境界例などについても精神分析的指向の研究および精神療法が行われている。他に病跡学や芸術療法などの創造性の病理に関する研究も進めている。

3)司法精神医学的研究
犯罪精神医学をはじめとする司法精神医学の領域の研究を行っている。たとえば、刑事責任能力判断のための公正な精神鑑定の方法論に関する研究、心神喪失者等医療観察法における治療の効果検証研究、司法精神医療におけるリスク・アセスメント、リスク・マネジメントの手法の開発研究、成年後見制度における鑑定のための行為能力の評価方法の開発研究など多岐にわたる研究を進めている。
このページの先頭へ▲

教育活動

義務化された2年間の臨床研修の後、l年間は主として学内で精神科の専門初期研修を行う。その後の後期研修では、神経精神科専門医としての知識および臨床経験を積むとともに、精神保健指定医の資格を得るために主に学外の関連施設で研修を行う。卒前教育については、自主的に問題を解決する能力を高め神経精神医学に対する学生の主体的な学習姿勢を引き出すため、クリニカルクラークシップに重点を置いており、その準備段階として、系統的な講義を行っている。
このページの先頭へ▲

教育方針

卒後研修の前期2年間は、精神神経疾患に生物一心理一社会一倫理的側面からアプローチするために必要となる基本的な検査法・診断技術や、精神療法・薬物療法などの治療法、実際の臨床に関わる法律の理解などを総合的に修得することを目的としている。
このページの先頭へ▲

臨床活動および学外活動

当科の外来新患数は、月平均80名程度であり、ICD-10分類ではF3「気分障害」が最も多く、約3割を占める。ついで、F4「神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害」、F2「統合失調症、分裂病型障害および妄想性障害」と続く。また、他科入院中の患者に対するコンサルテーシヨン・リエゾン精神医療にも取り組んでいる。老年痴呆、児童思春期特有の障害、物質依存、集中的精神療法の適応のある神経症などに対しては、より専門性の高い関連の専門施設への紹介が行われることも多い。一方、入院患者では、総合病院精神科および教育・研修期間としてのニーズに対応して、F2が比較的多くなり、ついでF4、F3の順となっており、その他てんかんや老人性痴呆などの神経疾患、睡眠リズム障害の診断や治療を行っている。治療は、薬物療法を中心として、入院患者に対するmECT(全身麻酔下における電気けいれん療法)、入院・外来あるいはデイケアセンターにおける個人・集団精神療法などを積極的に導入しており、地域の社会復帰施設とも密接に連携しながら進めている。 デイケアは入院と外来の移行的なプロセスとして位置づけられ、治療チームは医師1名、看護師2名,精神保健福祉士あるいは臨床心理士l 名から構成される。デイケアの対象となる疾患は、統合失調症、うつ病、双極性障害、適応障害、パーソナリティー障害など幅広い。治療目標はメンバーによって多様であるが、治療チームは各メンバーにあわせて異なる枠組みのケアーを提供している。当科のデイケアでは、グループにおける対人関係が治療的効果を生む側面を重視しており、その経験から、人と交流し社会で快適に生活していく力がついて行くようプログラムを工夫した上、働きかけと支援を行っている。
このページの先頭へ▲

臨床上の特色

難治性統合失調症に対する治療薬であるクロザピンによる治療を積極的に取り組んでいる。本学の特色でもある歯科との連携により、口腔内の疼痛や異常感覚を訴える患者の診療にも携わっている。双極性障害患者に対する心理教育プログラムを実施し、再発予防に力を入れている。また、精神科リエゾンチームの活動として、外科病棟を中心にせん妄の予防活動、救急現場における自殺企図患者に対する早期介入、周産期スタッフとの連携による妊産婦のメンタルヘルスの支援にも関わり、他科との連携による活動が増えている。
このページの先頭へ▲