概要 研究活動 教育活動 教育方針

スタッフ

職名 氏名(カナ) 研究者情報
教授 中村 桂子(ナカムラ ケイコ)
講師 清野 薫子(セイノ カオルコ)
大学院生 MONCATAR TJ ROBINSON TINDUGAN(モンカタル ティー ジェイ ロビンソン ティンドゥガン)
大学院生 SIONGCO KATHRYN LIZBETH LUCENA(ションコ キャサリン リザベス ルセナ)
大学院生 BINTABARA DEOGRATIUS FELICIAN(ビンタバラ デオグラティウス フェリシアン)
大学院生 TRAN DAI TRI HAN(チャン ダイ チー ハン)
大学院生 VO THI HUE MAN(ヴォ ティ フエ マン)
大学院生 SHAYO FESTO KASMIR(シャヨ フェスト カシミール)
大学院生 HASAN S M MAHMUDUL(ハサン エス エム マフムドゥ)
特別研究員 MD MOSIUR RAHMAN(モハムド モーシウ ロフマン)
このページの先頭へ▲

概要


 本分野は、人々の健康水準に影響をもたらす様々な要因の系統的な分析をとおして、世界各地の公衆衛生の向上をはかる手段を提案する研究を行い、保健医療分野における国際貢献を担う人材を育成するための教育研究を目指している。特に、開発途上国の保健医療水準の向上に寄与する総合的統合的な研究の推進、国際的指導力を発揮できる研究者の育成、国際保健医療を体系的に理解し研究開発と実践を融合できる国際保健医療専門家の育成に重点をおいている。
このページの先頭へ▲

研究活動


 人口と疾病の構造の変化、地球環境条件の変化と、国境を越えた社会経済活動の拡大とにより、保健医療の国際的な展開が加速されている。本分野では、医薬品や医療技術、医療システム、人材育成にかかわる国際保健のフィールド研究、保健医療プロジェクト実施している。人々の健康水準に影響をもたらす様々な要因の系統的な分析を通じて、世界各地の保健医療と健康水準の向上に資することを目的とした研究を行っている。

 現在取り組んでいる主たる研究テーマは、
(1)地球環境、生態系の変容とその健康影響評価
(2)社会文化的健康決定要因の作用機序の解明
(3)健康開発地域プログムをふまえた社会事業開発
(4)情報通信技術を活用した保健医療福祉プログラムの開発とその評価
(5)保健医療人材の国際的流動性と保健医療サービスの国際化
(6)長寿社会におけるユニバーサルヘルスカバレッジ
である。
このページの先頭へ▲

教育活動


 博士課程の教育プログラムは、個々の大学院生の関心、個性や経験に応じて研究テーマを選び、効果的に目標が達成できるよう個別プログラムをたてている。国際的な保健医療課題の多くが開発途上国に存在することをふまえて、国際機関とも協力し、研修プログラム、実習、国際共同研究への参加の機会を用意している。「疾患予防グローバルリーダー養成プログラム」を通じて、医療の国際化のプロジェクトを推進する人材を育成している。授業は、外国人留学生と環境社会医歯学系の博士課程大学院生が同時に参加し、英語により講義、演習、研究指導を行なっている。各国の公的機関やWHOとの連携をはかり、国際的な視野で能力を発揮できる人材の養成をめざしている。
 医科学修士課程の教育プログラムは、国際保健医療協力の研究と実践に必要な基礎的技能と、国際保健医療協力における総合的な判断力の養成をめざしている。
 卒前教育では、研究実践プログラム、ならびにプロジェクトセメスターの学生を受け入れている。国際社会における保健医療、様々な国や地域における健康に関わる諸課題とその解決、保健医療分野における国際交流、援助についての知識、技術、態度を獲得し、国際社会の中で自らの行う医療を理解できる医師の輩出をめざし、指導を行っている。
このページの先頭へ▲

教育方針


 国内外の疾病および健康課題をふまえ、保健医療サービスの国際化に関わる研究開発、国際協力、社会事 業及び医療の国際展開プロジェクトを担う人材を育成する。

(1)パブリックヘルスおよび疾患予防の専門的知識
(2)国際保健医療課題の分析能力
(3)フィールド研究の立案、計画、実施能力
(4)保健医療事業を国際的に展開する企画運営技能
を身につけ、研究活動ならびに実践を通じて、人々の健康の維持および向上に貢献できる広い視野とすぐれたコミュニケーション能力を有する人材の養成を目指す。
このページの先頭へ▲