概要 研究活動 教育活動 教育方針 臨床活動および学外活動 臨床上の特色
ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/mrad/mrad.html

スタッフ

職名 氏名(カナ) 研究者情報
教授 吉村 亮一(ヨシムラ リョウイチ)
講師 戸田 一真(トダ カズマ)
助教 桑原 宏文(クワバラ ヒロフミ)
大学院生 長野 拓也(ナガノ タクヤ)
大学院生 広田 裕史(ヒロタ ヒロシ)
大学院生 吉田 匡宏(ヨシダ マサヒロ)
大学院生 髙田 嘉尚(タカダ ヨシナオ)
このページの先頭へ▲

概要

 腫瘍放射線治療学分野では放射線という手段を用いて横断的ながん治療に関わり、診療および研究、教育を行っている。
このページの先頭へ▲

研究活動

 放射線治療に関わる臨床研究を主体に行っている。
このページの先頭へ▲

教育活動

 医学部生、大学院生に対する講義、およびクリニカルクラークシップを通しての実習を行う。入局後、専門医認定試験合格までは画像診断・核医学分野と共同で臨床研修を行う。また順天堂大学、昭和大学とともに各大学の学生および研修医を対象とした腫瘍セミナーを定期的に開催している。
このページの先頭へ▲

教育方針

 学生および研修医に放射線治療医としてのがん診療の考え方を感じてもらう。
 教室員の放射線治療医は全員、放射線治療専門医を取得することを必須とし、また学位取得を目指す。
このページの先頭へ▲

臨床活動および学外活動

 教室員全員が医学部附属病院放射線治療科にて放射線治療に従事し、強度変調放射線治療(IMRT)や定位照射(SRT)を含めた外部照射、および低線量率・高線量率小線源治療を施行している。
 2017年の実患者数は695名で頭頸部癌181名、泌尿器科癌160名、乳癌63名、肺癌77名、食道癌44名等となっている。
このページの先頭へ▲

臨床上の特色

 頭頚部領域の放射線治療患者数が多いのが特徴で、特に口腔癌の小線源治療は歯学部附属病院とも連携して行っており、現在国内では最も多くの症例経験を有する。
このページの先頭へ▲