研究活動 教育方針

スタッフ

職名 氏名(カナ) 研究者情報
教授 吉田 直美(ヨシダ ナオミ)
講師 小原 由紀(オハラ ユキ)
このページの先頭へ▲

研究活動

1) 口腔保健行動に関する研究
   更年期女性や高齢者を対象とした口腔保健行動、行動変容に関する研究
2) 口腔健康管理に関する研究
  大学生を対象とした歯科疾患予防、口腔健康教育の啓発に関する研究
    要介護者を対象とした口腔衛生管理に関する研究
3) フレイルとオーラルフレイルに関する研究
   フレイルとオーラルフレイルのスクリーニングや対応策に関する研究
4) 歯科衛生士の教育における教育手法の研究・開発
    歯科衛生士の卒前卒後教育の手法、成果等に関する研究

このページの先頭へ▲

教育方針

 人びとの健康づくりに資することを目的に、口腔保健のあり方を包括的に捉え、環境づくり、心身健康を維持・増進するための理論と技術を教授し、健康教育の実践能力を培う教育を行う。人と関わる態度、知識、技術を習得するとともに、患者、住民などとの信頼関係を築くためのコミュニケーション能力を身につけることを目的とする。
 大学院では、健康教育に関する研究を行い、科学的根拠に基づいた実践を展開することによって、人びとの健康づくりを推進する能力を養う。 
担当科目:
 歯科衛生学総論、口腔保健と専門職、口腔疾患予防学、健康教育の基礎、健康教育の企画と実践、臨床体験実習、歯科衛生過程の基礎、歯科衛生過程専門演習、顎口腔機能の育成と回復、歯科衛生臨地実習、歯科衛生臨床・臨地応用実習、口腔健康教育演習、包括的歯科医療の実際、卒業研究、歯科衛生研究、相談援助の基盤と専門職、臨床口腔保健衛生応用学
このページの先頭へ▲