基本情報

写真a

礒村 宜和(イソムラ ヨシカズ)

ISOMURA Yoshikazu


職名

教授

研究分野・キーワード

神経科学, 神経生理学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  医学部  医学科  1996年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  医学研究科  脳統御医科学系専攻  博士課程  2000年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  京都大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 細胞生理学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2002年03月
    東京都神経科学総合研究所 統合生理研究部門 CREST研究員
  • 2002年04月
    -
    2005年03月
    東京都神経科学総合研究所 統合生理研究部門 日本学術振興会特別研究員(この間、米国ラトガーズ大学にて在外研究活動)
  • 2005年04月
    -
    2007年12月
    独立行政法人理化学研究所 脳回路機能理論研究チーム 研究員
  • 2008年01月
    -
    2010年03月
    独立行政法人理化学研究所 脳回路機能理論研究チーム 副チームリーダー
  • 2010年04月
    -
    2019年03月
    玉川大学脳科学研究所 教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Society for Neuroscience

  • 日本神経回路学会

  • 日本神経科学学会

  • 日本生理学会

  • American Physiological Society

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年
    -
    2013年
    日本神経回路学会 論文委員
  • 2011年04月
    -
    2019年03月
    玉川大学脳科学研究所紀要 編集幹事(長)
  • 2012年
     
     
    JST-CRDS ライフサイエンス・臨床医学分野俯瞰ワークショップ 脳神経分野ワーキンググループ 俯瞰委員
  • 2014年01月
    -
    2016年12月
    日本神経科学学会 動物実験委員会
  • 2014年09月
    -
    2019年03月
    脳と心のメカニズム 計画委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生理学一般

  • 脳計測科学

  • 神経生理学・神経科学一般

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • げっ歯類の大脳皮質・皮質下回路の機能的メカニズムの解明,2000年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • げっ歯類の左右前肢運動を制御する大脳皮質-基底核回路メカニズム

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Rios A, Soma S, Yoshida J, Nonomura S, Kawabata M, Sakai Y, *Isomura Y. Differential changes in the lateralized activity of identified projection neurons of motor cortex in hemiparkinsonian rats. eNeuro. 2019.06; 6 (4): ENEURO.0110-19. ( PubMed, DOI )

  • *Soma S, Yoshida J, Kato S, Takahashi Y, Nonomura S, Sugimura YK, Ríos A, Kawabata M, Kobayashi K, Kato F, Sakai Y, Isomura Y. Ipsilateral-dominant control of limb movements in rodent posterior parietal cortex. The Journal of neuroscience. 2019.01; 39 (3): 485-502. ( PubMed, DOI )

  • Hori Y, Ihara N, Sugai C, Ogura J, Honda M, Kato K, Isomura Y, *Hanakawa T. Ventral striatum links motivational and motor networks during operant-conditioned movement in rats. NeuroImage. 2019.01; 184 943-953. ( PubMed, DOI )

  • Nonomura S, Nishizawa K, Sakai Y, Kawaguchi Y, Kato S, Uchigashima M, Watanabe M, Yamanaka K, Enomoto K, Chiken S, Sano H, Soma S, Yoshida J, Samejima K, Ogawa M, Kobayashi K, Nambu A, *Isomura Y, *Kimura M. Monitoring and Updating of Action Selection for Goal-Directed Behavior through the Striatal Direct and Indirect Pathways. Neuron. 2018.09; 99 (6): 1302-1314. ( PubMed, DOI )

  • 川端 政則, 礒村 宜和. げっ歯類における機能と構造を繋ぐ運動野研究の最前線 バイオメカニクス研究. 2018.09; 22 (2): 56-64.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Yoshikazu Isomura. Advances in Cognitive Neurodynamics (VI): Proceedings of the Sixth International Conference on Cognitive Neurodynamics - 2017. (ed., José M. Delgado-García). Springer, 2018.06 Multi-Linc: A new approach for exploring inter-areal spike communication. pp.189-193)

  • Yoshikazu Isomura. Advances in Cognitive Neurodynamics (IV): Proceedings of the Fourth International Conference on Cognitive Neurodynamics - 2013. (ed., Hans Liljenström). Springer, 2015.02 Reward-modulated motor information in dorsolateral striatum neurons. pp.459-464

  • 礒村 宜和. 心理学辞典(編集代表:下山晴彦). 誠信書房, 2014.09 神経系の構造と機能(1) pp.460-462

  • 礒村 宜和. ブレインサイエンス・レビュー. クバプロ, 2013.02 運動指令を形成する皮質内機能的回路の探索pp.9-26

  • 礒村 宜和、塚元 葉子. 脳機能研究の新展開(狩野方伸他編). 羊土社, 2006 海馬ネットワーク・オシレーションの機能と発生メカニズムpp.164-169

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 礒村 宜和. 教育講演:げっ歯類の大脳皮質・皮質下回路の機能的スパイク信号を探る. The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuro2019) (Toki Messe, Niigata, Niigata) 2019.07.28

  • Rios AA, Satoshi N, Yoshizawa T, Kawabata M, Sakairi T, Sakai Y, Isomura Y. Modification of motor cortex forelimb lateralization preference in a hemiparkinsonian rat model. The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuro2019) (Toki Messe, Niigata, Niigata) 2019.07.27

  • Kawabata M, Nonomura S, Yoshizawa T, Rios AA, Sakairi T, Sakai Y, Isomura Y. Distribution of sensory/motor-related information in the rat cerebral cortex. The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuro2019) (Toki Messe, Niigata, Niigata) 2019.07.27

  • Nonomura S, Kato S, Sakai Y, Nambu A, Kobayashi K, Isomura Y, Kimura M. Differential activity of indirect pathway neurons in the dorsolateral and dorsomedial striatum for action selection. The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuro2019) (Toki Messe, Niigata, Niigata) 2019.07.26

  • Soma S, Yoshida J, Kato S, Nonomura S, Sugimura YK, Rios A, Kawabata M, Kobayashi K, Kato F, Sakai Y, Isomura Y. Rodent posterior parietal cortex controls ipsilateral as well contralateral movement. The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019) (Kobe Convention Center, Kobe, Hyogo) 2019.03.30

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第19回日本神経回路学会研究賞(共同研究),日本神経回路学会,2009年

  • 平成19年度日本神経科学学会奨励賞,日本神経科学学会,2007年

  • 第2回日本生理学会奨励賞,日本生理学会,2000年

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 神経科学

  • 生理学

  • 生理学実習

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • システム神経科学実験法,玉川大学

  • システム神経科学技術,玉川大学

  • パラレル情報処理解析学,玉川大学

  • ミクロ脳科学,玉川大学

  • 神経信号処理,玉川大学

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 脳回路の信号を探る,東京医科歯科大学,世界脳週間,2019年08月20日

  • 模擬授業 「手を動かす脳の仕組み」,東京医科歯科大学,東京医科歯科大学オープンキャンパス,2019年08月01日

  • 心の仕組み 照らせるか 光遺伝学、脳の機能を分析,日本経済新聞社,日本経済新聞,2019年01月24日 - 2019年06月02日

  • パネルディスカッション「研究と特許」,玉川大学学術研究所,第2回知財セミナー(玉川大学,東京都町田市),2018年12月21日

  • 攻める脳科学 ~脳を見る・脳を変える~,次世代脳プロジェクト,冬のシンポジウム(東京都千代田区,学術総合センター),2018年12月13日

全件表示 >>