基本情報

写真a

山田 哲也(ヤマダ テツヤ)

YAMADA Tetsuya


職名

教授

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/grad/cme/

研究分野・キーワード

糖尿病、インスリン、エネルギー代謝、臓器連関

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 山口大学  医学部  医学科  1996年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山口大学  医学系研究科  博士課程  2002年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  山口大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子内分泌代謝学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2005年03月
    日本学術振興会 特別研究員
  • 2005年04月
    -
    2009年09月
    東北大学病院 糖尿病代謝科 助教
  • 2009年10月
    -
    2013年05月
    東北大学大学院医学系研究科 附属創生応用医学研究センター 准教授
  • 2013年06月
    -
    2018年03月
    東北大学大学院医学系研究科 糖尿病代謝内科学分野 准教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 分子内分泌代謝学分野 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本糖尿病学会

  • 日本内科学会

  • 日本内分泌学会

  • 日本肥満学会

  • 日本分子生物学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本糖尿病学会 広報委員
  • 日本肥満学会 刊行編集委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 内分泌学

  • 代謝学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 糖尿病・内分泌・代謝疾患の病態解明および治療法の開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • エクソソームによるマイクロRNA送達が膵β細胞の機能や増殖に及ぼす影響の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 温度生物学の国際研究展開

    文部科学省/日本学術振興会

  • 体温と代謝の自律性・行動性調節を担う神経回路機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Niitsu Y, Minami I, Izumiyama H, Hashimoto K, Yoshimoto T, Satou F, Tsujino M, Ota K, Kudo A, Tanabe M, Yamada T, Ogawa Y. Clinical outcomes of 20 Japanese patients with insulinoma treated with diazoxide. Endocrine journal. 2019.02; 66 (2): 149-155. ( PubMed, DOI )

  • Kaneko Keizo, Satake Chihiro, Izumi Tomohito, Tanaka Mamiko, Yamamoto Junpei, Asai Yoichiro, Sawada Shojiro, Imai Junta, Yamada Tetsuya, Katagiri Hideki. Enhancement of postprandial endogenous insulin secretion rather than exogenous insulin injection ameliorated insulin antibody-induced unstable diabetes: a case report BMC ENDOCRINE DISORDERS. 2019.01; 19 (1): 5. ( PubMed, DOI )

  • Nakano Y, Hashimoto K, Ohkiba N, Okuma H, Minami I, Takahashi H, Tanaka Y, Yoshimoto T, Yamada T. A Case of Refractory Hypothyroidism due to Poor Compliance Treated with the Weekly Intravenous and Oral Levothyroxine Administration. Case reports in endocrinology. 2019; 2019 5986014. ( PubMed, DOI )

  • Izumi Tomohito, Imai Junta, Yamamoto Junpei, Kawana Yohei, Endo Akira, Sugawara Hiroto, Kohata Masato, Asai Yoichiro, Takahashi Kei, Kodama Shinjiro, Kaneko Keizo, Gao Junhong, Uno Kenji, Sawada Shojiro, Kalinichenko Vladimir V., Ishigaki Yasushi, Yamada Tetsuya, Katagiri Hideki. Vagus-macrophage-hepatocyte link promotes post-injury liver regeneration and whole-body survival through hepatic FoxM1 activation NATURE COMMUNICATIONS. 2018.12; 9 (1): 5300. ( PubMed, DOI )

  • Yuki Yasumoto, Hirofumi Miyazaki, Masaki Ogata, Yoshiteru Kagawa, Yui Yamamoto, Ariful Islam, Tetsuya Yamada, Hideki Katagiri, Yuji Owada. Glial Fatty Acid-Binding Protein 7 (FABP7) Regulates Neuronal Leptin Sensitivity in the Hypothalamic Arcuate Nucleus. Mol. Neurobiol.. 2018.12; 55 (12): 9016-9028. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 山田哲也. 血糖・体重調節における臓器連関. 第53回糖尿病学の進歩 2019.03.02

  • 山田哲也. 多剤併用時代における2型糖尿病の薬物療法. 日本内科学会東北地方会 第72回生涯教育講演会 2019.02.16

  • 安達 彩織, 關 宏子, 竹内 彬, 柴 久美子, 辻本 和峰, 小宮 力, 泉山 肇, 橋本 貢士, 吉本 貴宣, 山田 哲也. 炭酸リチウム長期内服中に粘液水腫を来した橋本病の1例. 日本内科学会関東地方会 2019.02.02

  • 足立由布子, 橋本貢士, 関宏子, 金井美波, 片山絵美, 竹内彬, 加計剛, 柴久美子, 辻本和峰, 小宮力, 泉山肇, 吉本貴宣, 山田哲也. GH・TSH・PRL共産生下垂体腫瘍の一例. 第34回間脳下垂体疾患症例検討会 2018.12.14

  • 山田哲也. 病態生理に基づく2型糖尿病、メタボリックシンドロームの薬物療法. 日本糖尿病学会 第56回東北地方会 2018.11.17

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本医師会 医学研究奨励賞,2015年11月

  • 日本肥満学会 学術奨励賞,2013年10月

  • 日本糖尿病学会 学会賞(リリー賞),2013年05月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学部医学科系別総合講義(内分泌・代謝),2018年 - 現在

  • クリニカルクラークシップ(5年生),2018年 - 現在

  • クリニカルクラークシップ(6年生),2018年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 対談取材 糖尿病について ,産経新聞社,夕刊フジ,2018年08月10日

  • 第3回 内分泌スキルアップセミナー,2018年07月03日

  • 第3回 愛知糖尿病・内分泌研究会,2018年06月23日

  • 第83回 糖尿病臨床・研究開発センター講演会,2018年03月13日