基本情報

写真a

佐々木 文之(ササキ フミユキ)

SASAKI Fumiyuki


職名

特任研究員

ホームページ

https://bonebiology.jimdo.com/

研究分野・キーワード

骨代謝学、脂質生物学、細胞生物学、免疫学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学系学府  医学専攻  博士課程  2013年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年08月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 特任研究員
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 特任研究員

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2015年03月
    順天堂大学老人性疾患病態治療センター 博士研究員
  • 2015年04月
    -
    2016年09月
    オーストリア分子生物学研究所 ポスドク
  • 2017年06月
    -
    2017年07月
    順天堂大学医学部 生化学第一講座 非常勤助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本脂質生化学会

  • 日本免疫学会

  • 日本生化学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 脂質生物学

  • 骨代謝学

  • 免疫学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規スクリーニング法を用いた骨細胞特異的なメカニカルストレス受容体の同定

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sasaki F, Koga T, Ohba M, Saeki K, Okuno T, Ishikawa K, Nakama T, Nakao S, Yoshida S, Ishibashi T, Ahmadieh H, Kanavi MR, Hafezi-Moghadam A, Penninger JM, Sonoda KH, Yokomizo T. Leukotriene B4 promotes neovascularization and macrophage recruitment in murine wet-type AMD models. JCI insight. 2018.09; 3 (18): ( PubMed, DOI )

  • 古賀 友紹, 佐々木 文之, 佐伯 和子, 奥野 利明, 中尾 光善, 横溝 岳彦. ロイコトリエンB4第一受容体BLT1による免疫活性化機構の解析 生命科学系学会合同年次大会. 2017.12; 2017年度 [1LBA-029]. ( 医中誌 )

  • Ikeda K, Koga T, Sasaki F, Ueno A, Saeki K, Okuno T, Yokomizo T. Generation and characterization of a human-mouse chimeric high-affinity antibody that detects the DYKDDDDK FLAG peptide. Biochemical and biophysical research communications. 2017.05; 486 (4): 1077-1082. ( PubMed, DOI )

  • Sasaki F, Koga T, Saeki K, Okuno T, Kazuno S, Fujimura T, Ohkawa Y, Yokomizo T. Biochemical and immunological characterization of a novel monoclonal antibody against mouse leukotriene B4 receptor 1. PloS one. 2017; 12 (9): e0185133. ( PubMed, DOI )

  • Ishii Y, Saeki K, Liu M, Sasaki F, Koga T, Kitajima K, Meno C, Okuno T, Yokomizo T. Leukotriene B4 receptor type 2 (BLT2) enhances skin barrier function by regulating tight junction proteins. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2016.02; 30 (2): 933-47. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>