基本情報

写真a

松本 征仁(マツモト マサヒト)

MATSUMOTO Masahito


職名

准教授

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

分子生物学、再生医学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 生体材料機能医学 非常勤講師
  • 2019年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 生体材料機能医学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2009年10月
    埼玉医科大学 分子生物学教室 講師
  • 2009年01月
    -
    2011年01月
    米国ソーク研究所 客員研究員
  • 2012年04月
    -
    2017年12月
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター ゲノム科学 講師
  • 2017年01月
    -
    2017年03月
    埼玉医科大学 ゲノム医学研究センターゲノム科学部門 客員講師
  • 2017年01月
    -
    2017年12月
    順天堂大学 先進糖尿病治療学講座/代謝内分泌学講座/難病の診断と治療研究センター 准教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本糖尿病学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年06月
    -
    現在
    Journal of Molecular and Cellular Biology, Austin Journal, 編集委員
  • 2016年12月
    -
    2017年12月
    World Journal of Biological Chemistry 編集委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 内分泌学

  • 細胞生物学

  • 代謝学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 骨細胞を標的とする骨代謝疾患の予防または治療法の開発

  • 1型糖尿病の根治を目指した再生医学研究

  • 1型糖尿病を標的とした新たな核酸創薬の開発の基盤研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 経口投与による1型糖尿病の根治法の開発と消化管上皮の細胞運命変換の機序解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yasuoka Y, Matsumoto M, Yagi K, Okazaki Y. Evolutionary History of GLIS Genes Illuminates their Roles in Cell Reprogramming and Ciliogenesis. Molecular biology and evolution. 2019.09; ( PubMed, DOI )

  • Fink Julius E., Hackney Anthony C., Matsumoto Masahito, Maekawa Takahiro, Horie Shigeo. 老齢男性における運動性と生体力学的機能 テストステロンとロコモ 日本運動療法学会大会抄録集. 2019.06; 44回 30. ( 医中誌 )

  • 蛯原 郁弥, 長田 和也, 福島 雄大, 松本 征仁, 位高 啓史. mRNA医薬の骨格筋への投与による末梢神経障害の早期機能回復 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2019.06; 35回 182. ( 医中誌 )

  • Fink J, Schoenfeld BJ, Hackney AC, Matsumoto M, Maekawa T, Nakazato K, Horie S. Anabolic-androgenic steroids: procurement and administration practices of doping athletes. The Physician and sportsmedicine. 2019.02; 47 (1): 10-14. ( PubMed, DOI )

  • Fink J, Matsumoto M, Tamura Y. Potential application of testosterone replacement therapy as treatment for obesity and type 2 diabetes in men. Steroids. 2018.10; 138 161-166. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 松本征仁. ペプチドを利用した糖尿病・骨代謝疾患の機能再建と再生,医療・診断をささえるペプチド科学-再生医療・DDS・診断への応用 第V編再生治療第5章. (株)シーエムシー出版, 2017.10 第V編再生治療第5章(p203-219を執筆担当) (ISBN : 978-4-7813-1267-5)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 松本征仁. 試験管の中でどんな細胞でも、インスリンも作れるかもしれない技術の開発. 日本IDDMネットワークサイエンスフォーラム 2019.06.01 渋谷

  • Matsumoto M, Oizaki Y. Novel approaches for making beta cells towards beta cell replenishment therapy.. Kyoto Diabetes Mini-symposium-Beta cell replacement strategies 2017.06

  • 松本征仁. 日本IDDMネットワークサイエンスフォーラム, 佐賀県鳥栖市,6月2016年. 日本IDDMネットワークサイエンスフォーラム 2016.06

  • 松本征仁. 発生・再生医学的アプローチによる膵臓内分泌細胞の分化調節. 膵島研究所セミナー 2013.11 福岡

  • Matsumoto M, Huising MO, Vale W. Notch-mediated epigenetic regulation is critical for maintenance of pancreatic endocrine progenitors via possible integration with HB-EGF and CRF-family. The 6th San Diego Beta Cell Society Meeting UCSD 2010.11.07 San Diego

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター賞,第12回RCGMフロンティア国際シンポジウム,2018年10月

  • 優秀ポスター賞,第10回RCGMフロンティア国際シンポジウム ,2016年10月

  • 第22回日本骨代謝学会 優秀ポスター賞,日本骨代謝学会,2004年08月