基本情報

写真a

位髙 啓史(イタカ ケイジ)

ITAKA Keiji


職名

教授

研究室住所

東京都千代田区神田駿河台2-3-10

研究室電話番号

03-5280-8088

研究室FAX番号

03-5280-8088

メールアドレス

itaka.bif@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/i-mde/www/biofunctions/biofunctions-j.html

研究分野・キーワード

DDS、遺伝子治療、再生医療

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学部  医学科  1991年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  博士課程  2003年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 生体材料機能医学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1991年06月
    -
    1991年12月
    東京大学医学部附属病院 整形外科 臨床研修医
  • 1992年01月
    -
    1992年06月
    関東逓信病院 麻酔科 臨床研修医
  • 1992年07月
    -
    1993年12月
    榛原総合病院 整形外科 医師
  • 1994年01月
    -
    1995年06月
    関東中央病院 整形外科 医師
  • 1995年07月
    -
    1996年12月
    三井記念病院 整形外科 医師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会

  • 日本DDS学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本再生医療学会

  • 日本核酸医薬学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年
    -
    現在
    遺伝子・デリバリー研究会 役員
  • 2008年
    -
    現在
    日本バイオマテリアル学会 評議員
  • 2012年
    -
    2013年
    日本バイオマテリアル学会 理事
  • 2014年
    -
    現在
    日本DDS学会 評議員
  • 2017年
    -
    現在
    The Journal of Gene Medicine Editorial Board

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ドラッグデリバリーシステム

  • 整形外科学

  • ナノバイオサイエンス

  • 生体医工学・生体材料学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 再生医療認定医

  • 整形外科専門医

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Y Anraku, H Kuwahara, Y Fukusato, A Mizoguchi, T Ishii, K Nitta, Y Matsumoto, K Toh, K Miyata, S Uchida, K Nishina, K Osada, K Itaka, N Nishiyama, H Mizusawa, T Yamasoba, T Yokota, K Kataoka. Glycaemic control boosts glucosylated nanocarrier crossing the BBB into the brain. Nat Commun. 2017.10; 8 (1): 1001. ( PubMed, DOI )

  • Satoshi Uchida, Naoto Yoshinaga, Kayoko Yanagihara, Eiji Yuba, Kazunori Kataoka, Keiji Itaka. Designing immunostimulatory double stranded messenger RNA with maintained translational activity through hybridization with poly A sequences for effective vaccination. Biomaterials. 2017.09; ( PubMed, DOI )

  • Federico Perche, Satoshi Uchida, Hiroki Akiba, Chin-Yu Lin, Masaru Ikegami, Anjaneyulu Dirisala, Toshihiro Nakashima, Keiji Itaka, Kohei Tsumoto, Kazunori Kataoka. Improved Brain Expression of Anti-Amyloid β scFv by Complexation of mRNA Including a Secretion Sequence with PEG-based Block Catiomer. Curr Alzheimer Res. 2017.03; 14 (3): 295-302. ( PubMed, DOI )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Keiji Itaka. mRNA-based therapy for intractable diseases and regenerative medicine. 5th International mRNA Health Conference 2017.11.12 Berlin, Germany

  • 位髙啓史. 寝たきりを防ぐ:遺伝子治療・再生医療の研究現場から. 学際生命科学東京コンソーシアム第12回市民講演会 2017.10.21 北里大学 コンベンションホール、東京

  • 位髙啓史. 変形性関節症治療用の遺伝子核酸医薬品の開発. 技術情報協会セミナー 2017.10.12 技術情報協会、東京

  • K. Nozaki, K. Fujita, N. Horiuchi, K. Yamashita, H. Miura, A. Nagai, K. Itaka. Regulation of periodontal ligament-derived cell morphology by type III collagen-coated hydroxyapatite. 2nd International Symposium on Creation of Life Innovation Materials 2017.09.30

  • 野崎浩佑,遠藤敬幸,堀内尚紘,山下仁大,橋本和明,位高啓史,永井亜希子. ナトリウムイオン固溶β型リン酸三カルシウムの電気特性と構造評価. 第26回無機リン化学討論会 2017.08.25

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Best Abstract Award,4rd International mRNA Health Conference,2016年11月

  • 第9回日本DDS学会水島賞,日本DDS学会,2016年07月

  • 優秀演題賞,日本炎症・再生医学会,2016年06月

  • Best poster award,3rd International mRNA Health Conference,2015年11月

  • 科学奨励賞,日本バイオマテリアル学会,2011年11月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「免疫賦活化効果を高めた核酸を用いたワクチンの開発」,2017年10月

    Biomaterials