基本情報

写真a

池田 通(イケダ トオル)

IKEDA Tohru


職名

教授

研究分野・キーワード

口腔病理学、病理学、骨代謝、セラミック骨代替材料

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  歯学部  歯学科  1984年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  口腔病理学  博士課程  1988年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔病理学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔病理学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1988年10月
    -
    1990年03月
    昭和大学 歯学部 助教
  • 1990年04月
    -
    1998年03月
    昭和大学 歯学部 講師
  • 1995年10月
    -
    1998年03月
    ハーバード大学 医学部 客員助教授
  • 1998年04月
    -
    2004年09月
    東京医科歯科大学 医学部 講師
  • 2004年10月
    -
    2016年12月
    長崎大学 歯学部 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会

  • 日本臨床口腔病理学会

  • 歯科基礎医学会

  • 日本骨代謝学会

  • 日本口腔腫瘍学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 歯科基礎医学会 代議員
  • 日本臨床口腔病理学会 常任理事
  • 日本病理学会 学術評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 口腔病理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 口腔病理研修指導医

  • 口腔病理専門医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 口腔癌の進展機構

  • 口腔腫瘍の新たな病理診断マーカーの開発

  • 歯原性腫瘍・嚢胞性病変の進展機構

  • 骨欠損部位の外科的修復法の開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 量子ビームを用いた生体組織中の微量元素・微細構造解析技術の開発と診断への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 骨欠損治療に画期的成果をもたらすMasquelet法の理論的裏付けと最適な人工骨

    文部科学省/日本学術振興会

  • 骨再生を誘導する骨セメントの開発とその利用によるMasquelet法の革新的改良

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Komiya Ruri, Wada Takahiro, Tsushima Fumihiko, Sakamoto Kei, Ikeda Tohru, Yamaguchi Akira, Harada Hiroyuki, Uo Motohiro. Quantitation and distribution of metallic elements in sequestra of medication-related osteonecrosis of jaw (MRONJ) using inductively coupled plasma atomic emission spectroscopy and synchrotron radiation X-ray fluorescence analysis JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM. 2019.07; 37 (4): 676-684. ( PubMed, DOI )

  • 望月 裕美, 釘本 琢磨, 黒嶋 雄志, 道 泰之, 坂本 啓, 大山 潤, 池田 通, 明石 巧, 原田 浩之. 左鎖骨上窩リンパ節転移を初発として診断された非頭頸部領域原発癌の4例 頭頸部癌. 2019.05; 45 (2): 233. ( 医中誌 )

  • 西井 直人, 島本 裕彰, 横川 美咲, 佐藤 百合子, 佐藤 潔, 大畑 八重, 柏森 高, 池田 通, 原田 浩之. 上顎に転移した腎細胞癌の1例 頭頸部癌. 2019.05; 45 (2): 195. ( 医中誌 )

  • 原田 浩之, 富岡 寛文, 横川 美咲, 野島 瞳, 小宮 瑠里, 栢森 高, 池田 通, 倉林 亨. 新TNM分類(第8版)の改定点と問題点 舌癌における新T分類(UICC第8版)に導入された深達度(DOI)評価 標本収縮を考慮した病理組織学的DOIと臨床的DOI評価の検討 頭頸部癌. 2019.04; 45 (1): 1-7. ( 医中誌 )

  • Higuchi Y, Tsushima F, Sumikura K, Sato Y, Harada H, Kayamori K, Ikeda T. Diagnosis and treatment of oral focal mucinosis: a case series. Journal of medical case reports. 2019.04; 13 (1): 108. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 石田 尚子、栢森 高、坂本 啓、行森 茜、釘本 琢磨、原田 之、池田 通. 粘表皮癌におけるFUCA1の発現と病理組織診断への応用. 第108回日本病理学会総会 2019.05.11 東京

  • 坂本 啓、池田 通. 歯原性角化嚢胞のHE染色像の機械学習. 第108回日本病理学会総会 2019.05.10 東京

  • 池田 通. 歯原性腫瘍:遺伝子変異と病理組織像. 第108回日本病理学会総会 2019.05.09 東京

  • 土谷麻衣子、坂本 啓、栢森 高、道 泰之、依田哲也、池田 通. 診断に難渋したpromordial odontogenic tumorの1例. 第29回日本臨床口腔病理学会 2018.08.26 東京

  • 石田尚子、栢森 高、坂本 啓、池田 通. 粘表皮癌の病理組織学診断におけるFUCA1の有用性. 第29回日本臨床口腔病理学会 2018.08.25 東京

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 病理学総論,2017年 - 現在

  • 口腔病理学,2017年 - 現在

  • 病態科学演習,2018年 - 現在

  • 病理学総論(口腔保健学科),2018年 - 現在

  • 口腔病理学(口腔保健学科),2018年 - 現在

全件表示 >>

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 歯学部附属病院検査部副部長,2018年04月 - 現在