基本情報

写真a

角甲 純(カコウ ジュン)

KAKOU Junn


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 心療・緩和医療学 大学院生

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本専門看護師協議会 編集委員
  • 日本緩和医療学会 呼吸器症状ガイドライン改訂WPG員
  • 日本がん看護学会 ガイドライン委員会
  • 日本がん看護学会 選挙管理委員会委員
  • 日本サイコオンコロジー学会 プログラム委員会精神症状WG委員

全件表示 >>

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Jun Kako, Masamitsu Kobayashi, Yusuke Kanno, Asao Ogawa, Tomofumi Miura, Yoshihisa Matsumoto. The Optimal Cutoff Point for Expressing Revised Edmonton Symptom Assessment System Scores as Binary Data Indicating the Presence or Absence of Symptoms. Am J Hosp Palliat Care. 2018.11; 35 (11): 1390-1393. ( PubMed, DOI )

  • Jun Kako, Tatsuya Morita, Takuhiro Yamaguchi, Masamitsu Kobayashi, Asuko Sekimoto, Hiroya Kinoshita, Asao Ogawa, Sadamoto Zenda, Yosuke Uchitomi, Hironobu Inoguchi, Eisuke Matsushima. Fan Therapy Is Effective in Relieving Dyspnea in Patients With Terminally Ill Cancer: A Parallel-Arm, Randomized Controlled Trial. J Pain Symptom Manage. 2018.10; 56 (4): 493-500. ( PubMed, DOI )

  • 角甲 純, 大園 康文, 小林 成光, 關本 翌子 . がん専門病院の緩和ケア病棟で行われているデスカンファレンスの内容分析 日本緩和医療学会誌. 2018.03; 13 (1): 115-120. ( DOI )

  • Jun Kako, Tatsuya Morita, Takuhiro Yamaguchi, Asuko Sekimoto, Masamitsu Kobayashi, Hiroya Kinoshita, Asao Ogawa, Sadamoto Zenda, Yosuke Uchitomi, Hironobu Inoguchi, Eisuke Matsushima. Evaluation of the Appropriate Washout Period Following Fan Therapy for Dyspnea in Patients With Advanced Cancer: A Pilot Study. Am J Hosp Palliat Care. 2018.02; 35 (2): 293-296. ( PubMed, DOI )

  • 角甲純, 小林成光, 關本翌子. がん専門病院の緩和ケア病棟における死亡退院患者を対象としたデスカンファレンス開催の要否に対する関連要因の検討 Palliat Care Res. 2017.10; 12 (4): 929-935.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 角甲純. 終末期がん患者における呼吸困難に対する送風の有効性についての無作為化比較試験. 日本緩和医療学会ニューズレター, Journal Club, 2018.11

  • 「止まらない吃逆」への対応. Cancer Board Square, 2018.07

  • 角甲純. 呼吸困難をめぐるコントラバーシー 扇風機は効果ある?. 緩和ケア27(6), 2017.11

  • 角甲純. 【実践 呼吸器症状のケア~する?しない?現場力アップのために~】 呼吸器症状を正確に判断できるアセスメントのコツ. がん看護22(5), 2017.07

  • 角甲純. 緩和ケア口伝ー現場で広がるコツと御法度⑫ 口渇の緩和ケア.. 緩和ケア, 2016

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 角甲純、小林成光、關本翌子. 終末期がん患者が体験する呼吸困難に対する送風支援の無作為化比較試験後の後治療の効果について. 第38回日本看護科学学会学術集会 2018.12.15 金沢

  • 菅澤勝幸、栗山尚子、平野勇太、前川智子、市川智里、上杉英生、田中優子、東樹京子、小林直子、角甲純、小林成光、關本翌子. 意思決定支援における協働への示唆―看護師が面談に同席するメリット・デメリット― . 第56回日本癌治療学会学術集会 2018.10.18 横濱

  • 平野勇太、田中優子、角甲純、市川智里、上杉英生、東樹京子、小林直子、栗山尚子、前川智子、菅澤勝幸、小林成光、關本翌子. 患者の意思決定支援における協働への示唆ー面談に同席する看護師に対する医師の要望からー. 第56回日本癌治療学会学術集会 2018.10.18 横濱

  • 角甲純(座長). 脳外科領域のサイコオンコロジー. 第31回日本サイコンコロジー学会総会 2018.09.21 金沢

  • 角甲純. がん患者にみられるせん妄について、ガイドラインをどのように臨床に活かすか?-今後のせん妄研究の課題も含めて. 第31回日本サイコンコロジー学会総会 2018.09.21 金沢

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 角甲純,優秀演題「緩和ケア病棟におけるデスカンファレンス開催の関連要因」,第21回日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集: 318,2016年06月

  • 角甲純,優秀演題「 The Edmonton Symptom Assessment System-Revised Japanese Versionによる緩和ケア病棟入院時の症状評価に関する実態調査」,第21回日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集: 319,2016年06月