基本情報

写真a

小沼 博明(オヌマ ヒロアキ)

ONUMA Hiroaki


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 大学院生
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Inomata Kei, Tsuji Kunilazu, Onuma Hroaki, Hoshino Takashi, Udo Mio, Akiyama Masako, Nakagawa Yusuke, Katagiri Hiroki, Miyatake Kazumasa, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi, Koga Hideyuki. Time course analyses of structural changes in the infrapatellar fat pad and synovial membrane during inflammation-induced persistent pain development in rat knee joint BMC Musculoskelet Disord. 2019.01; 20 (8):

  • Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Clinical and radiologic outcomes of bone grafted and non-bone grafted double-door laminoplasty, the modified Kirita-Miyazaki method, for treatment of cervical spondylotic myelopathy: Five-year follow-up. J Orthop Sci. 2018.11; 23 (6): 923-928. ( DOI )

  • Takashi Hoshino, Kunikazu Tsuji, Hiroaki Onuma, Mio Udo, Hiroko Ueki, Masako Akiyama, Kahaer Abula, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Toshihumi Watanabe , Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga, Takeshi Muneta. Persistent synovial inflammation plays important roles in persistent pain development in the rat knee before cartilage degradation reaches the subchondral bone BMC Musculoskeletal Disorders. 2018.08; 19 (1): 291.

  • 大谷 和之(国家公務員共済組合連合会九段坂病院 整形外科), 進藤 重雄, 水野 広一, 北原 建彰, 三宅 論彦, 片山 隆之, 小沼 博明, 中井 修, 大川 淳. 腰椎固定術後の後彎変形に対するPSOによるサルベージ手術 Journal of Spine Research . 2016.10; 7 (10): 1522-1526.

  • 田中 純一(東京都保健医療公社多摩北部医療センター 整形外科), 小沼 博明, 熊野 洋. 腰部脊柱管狭窄症にみられる椎間板の膨隆が自然縮小した2例(原著論文/症例報告) 関東整形災害外科学会雑誌 . 2015.02; 46 (1): 28-31.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Hiroaki Onuma, Hirai T, Yoshii T, Inose H, Yuasa M, Kawabata A, Okawa A. Influence of Segmental Fusion on Postoperative Outcomes of Bone Grafted and Non-bone grafted Double-door Laminoplasty for Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy. 2019 10th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society Asia Pacific Section 2019.03.14

  • Hiroaki Onuma, Kunikazu Tsuji, Takashi Hoshino, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Inflammation of infrapatellar fat pad with fibrosis and angiogenesis induced by monoiodoacetic acid persists knee pain.. Orthopaedic Research Society 2019.02.02 Austin, USA

  • 小沼博明、辻邦和、星野傑、片桐洋樹、宮武和正、中川裕介、大川淳、宗田大、古賀英之. MIAで誘導されたラット膝蓋下脂肪体炎は血管新生と線維化を引き起こし膝疼痛を遷延化する. 第11回日本運動器疼痛学会 2018.12.01

  • 小沼博明、辻邦和、星野傑、片桐洋樹、宮武和正、中川裕介、大川淳、関矢一郎、宗田大、古賀英之. MIAで誘導された膝蓋下脂肪体炎は関節軟骨の変性と関わることなく膝疼痛を遷延化する. 第33回 日本整形外科基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  • 小沼博明, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 平井高志, 湯浅将人, 牛尾修太, 江川聡, 平井敬悟, 小林裕, 川端茂徳、大川淳. 後期高齢者(75歳以上)の胸腰椎手術における術後せん妄危険因子の検討. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2018.09.28

全件表示 >>