基本情報

写真a

有泉 陽介(アリイズミ ヨウスケ)

ARIIZUMI Yousuke


職名

講師

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2016年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 頭頸部外科 講師
  • 2016年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 頭頸部外科学 講師
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • kawada k, Kawano T, Okada T, Yamaguchi K,Kawamura Y, Matsui T,Okuda M,Ogo T,Kume Y,Nakajima Y,Anderes Mora,Hoshino A, Tokairin Y, Nakajima Y,Okada R,Kiyokawa Y,Nomura F,Ariizumi Y,Sugimoto T,Asakage T,Ito T. The usefullness of intra-oropharyngeal U-turm method using trans-nasal endoscopy for detecting superficial squamous cell carcinoma of the base of the tongue J Otolaryngol ENT Res. 2017.08; 8 240.

  • 有泉 陽介, 朝蔭 孝宏. 【こどもの上手な診かた】 主要症候・疾患の診かた 頭頸部腫瘍 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2017.02; 89 (2): 140-144. ( 医中誌 )

  • 有泉 陽介, 高橋 亮介, 立石 優美子, 山田 雅人. 市中病院における頭頸部癌に対する化学放射線療法の臨床検討 高用量シスプラチン使用の安全性とマグネシウム補充による腎保護作用について 頭頸部癌. 2016.10; 42 (3): 349-354. ( 医中誌 )

  • Ohno Keiko, Tsunoda Atsunobu, Ariizumi Yosuke, Ohno Kazuchika, Sumi Takuro, Sugimoto Taro, Kishimoto Seiji. [Combined Anterior Craniofacial Resection for Locally Advanced Ethmoid Carcinomas]. Nihon Jibiinkoka Gakkai Kaiho. 2015.08; 118 (8): 1037-1045. ( PubMed )

  • 大野 慶子, 角田 篤信, 有泉 陽介, 大野 十央, 角 卓郎, 杉本 太郎, 岸本 誠司. 篩骨洞癌に対する前頭蓋底手術の適応と安全性 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2015.08; 118 (8): 1037-1045. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、久米雄一郎、Andres Mora、川村雄大、山口和哉、岡田隆平、野村文敬、清川佑介、有泉陽介、朝蔭孝宏、伊藤崇、河野辰幸. ELPS+ESDを行った下咽頭〜食道を往来する下咽頭癌の1例. 第18回頭頸部表在癌研究会 2017.07.01 東京

  • 川田研郎、河野辰幸、杉本太郎、岡田隆平、野村文敬、清川佑介、有泉陽介、朝蔭孝宏. 舌根表在癌拾い上げに置ける上部消化管経鼻内視鏡による中咽頭反転法の有用性. 第41回日本頭頸部癌学会 2017.06.08 京都

  • 杉本 太郎, 川田 研郎, 角 卓郎, 清川 佑介, 野村 文敬, 田崎 彰久, 岡田 隆平, 有泉 陽介, 大野 十央, 河野 辰幸, 岸本 誠司, 朝蔭 孝宏. 下咽頭癌に対する経口的下咽頭部分切除術の治療成績 144例の検討. 頭頸部癌学会 2016.06

  • 高橋 亮介, 有泉 陽介. シスプラチン同時併用放射線療法後に下咽頭喉頭壊死を生じ不幸な転機を辿った2症例. 頭頸部癌学会 2016.06

  • 高橋 亮介, 有泉 陽介, 岸根 有美. 東京都西多摩医療圏における扁桃周囲膿瘍の起炎菌と薬剤耐性. 日本耳鼻咽喉科学会 2016.05