基本情報

写真a

宮澤 大樹(ミヤザワ タイキ)

MIYAZAWA Taiki


職名

特別研究員(学振)

生年

1986年

研究室住所

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-10 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 21号館4階403B

研究室電話番号

03-5280-8095

メールアドレス

miyazawa.bsr@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/bsr/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  工学部  2009年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  農学研究科  生物産業創生科学  修士課程  2011年03月  修了

  • 東北大学  農学研究科  生物産業創成科学専攻  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)  東北大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 バイオエレクトロニクス 特任助教
  • 2017年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 バイオエレクトロニクス 特別研究員(学振)
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 バイオエレクトロニクス 特別研究員(学振)

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2014年03月
    東北大学 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2014年05月
    -
    2016年03月
    タフツ大学 Jean Mayer USDA Human Nutrition Research Center on Aging (HNRCA) 日本学術振興会海外特別研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本油化学会

  • 日本農芸化学会

  • アメリカ栄養学会

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ビタミンC代謝物の生理的意義の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 標的細胞への酸化型ビタミンCの送達・代謝を可能とする人工トランスポーターの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Mayuko Itaya, Taiki Miyazawa, Jean-Marc Zingg, Takahiro Eitsuka, Angelo Azzi, Mohsen Meydani, Teruo Miyazawa, Kiyotaka Nakagawa. The differential cellular uptake of curcuminoids in vitro depends dominantly on albumin interaction Phytomedicine. 2019.03; ( DOI )

  • Taiki Miyazawa, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Determination of cellular vitamin C dynamics by HPLC-DAD Analyst. 2019.03; ( PubMed, DOI )

  • Taiki Miyazawa, Gregor C. Burdeos, Mayuko Itaya, Kiyotaka Nakagawa, Teruo Miyazawa. Vitamin E: Regulatory Redox Interactions IUBMB life. 2019.01; 71 (4): 430-441. ( PubMed, DOI )

  • Taiki Miyazawa, Reina Kamiyoshihara, Teruo Miyazawa, Kiyotaka Nakagawa. Potential usability of Amadori-glycated phosphatidylethanolamine as a glycoconjugated biomaterial (short review) IMARS Highlights. 2018.03;

  • Taiki Miyazawa, Kiyotaka Nakagawa, Sharon H Kim, Michael J Thomas, Ligi Paul, Jean-Marc Zingg, Gregory G Dolnikowski, Susan B Roberts, Fumiko Kimura, Teruo Miyazawa, Angelo Azzi, Mohsen Meydani. Curcumin and piperine supplementation of obese mice under caloric restriction modulates body fat and interleukin-1β. Nutr Metab (Lond). 2018.02; 15 12. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 宮澤大樹, 仲川清隆, 宮澤陽夫. 認知症と機能性食品 -最新動向とその可能性-. フジメディカル出版, 2018.06 ビタミンE-トコフェロール, トコトリエノール (ISBN : 978-4-86270-169-5)

  • 宮澤大樹. 食品機能性成分の吸収・代謝・作用機序. シーエムシー出版, 2018.04 食品ナノ粒子化 (ISBN : 978-4-7813-1327-6)

  • 宮澤大樹. 食品成分の吸収・代謝機構. シーエムシー出版, 2013.05 食品ナノ粒子の現在までの理解や安全性,将来への展望 (ISBN : 978-4-7813-0794-7)

  • Taiki Miyazawa, Kiyotaka Nakagawa, Teruo Miyazawa. Vitamin A and Carotenoids: Chemistry, Analysis, Function and Effects. RSC publishing, 2012.08 HPLC-based analysis of carotenoids in red blood cells. (ISBN : 978-1-84973-368-7)

  • Sookwong Phumon, 宮澤 大樹, 仲川 清隆, 宮澤 陽夫. 認知症および血管新生病に対するビタミンEの改善効果. フジメディカル出版, 2010.04 Functional Food

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 宮澤大樹. ビタミンCを用いた疾病の治療への取り組み. 第25回次世代医工学研究会 2019.07.03 キャンパスプラザ京都

  • Taiki Miyazawa, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Determination of Vitamin C kinetics of cancer cells by HPLC-DAD. 日本化学会 第99春季年会 2019.03.17 甲南大学 岡本キャンパス

  • 宮澤大樹. ナノスケールの材料を用いた栄養成分の有効利用法の開発. 界面化学講演会 2018.12.12 山形大学工学部

  • 宮澤大樹. 疾病の治療に向けたビタミンCの活用の取り組み. NanoBio第11回若手ネットワーキングシンポジウム 2018.06.16 北海道大学フロンティア科学研究センター

  • Taiki Miyazawa, Akira Matsumoto, Taturo Goda, Yuji Miyahara. Direct determination of vitamin C and oxidized vitamin C by UV-HPLC. 日本化学会 第98春季年会 2018.03.21 日本大学 理工学部 船橋キャンパス

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 東北大学大学院農学研究科長賞,東北大学大学院農学研究科,2014年03月

  • 第一回日本油化学会関東支部若手奨励賞,日本油化学会,2013年12月