基本情報

写真a

小野 岳人(オノ タケヒト)

ONO TAKEHITO


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年03月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 助教
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Takehito Ono, Kazuo Okamoto, Tomoki Nakashima, Takeshi Nitta, Shohei Hori, Yoichiro Iwakura, Hiroshi Takayanagi. IL-17-producing γδ T cells enhance bone regeneration. Nature Communications. 2016.03; 7 10928. ( PubMed, DOI )

  • Takehito Ono, Hiroshi Takayanagi. Osteoimmunology in Bone Fracture Healing. Current Osteoporosis Reports. 2017.08; 15 (4): 367-375. ( PubMed, DOI )

  • Ayumi Shoji-Matsunaga, Takehito Ono, Mikihito Hayashi, Hiroshi Takayanagi, Keiji Moriyama, Tomoki Nakashima. Osteocyte regulation of orthodontic force-mediated tooth movement via RANKL expression. Scientific Reports. 2017.08; 7 (1): 8753. ( PubMed, DOI )

  • Y Fukushima-Nakayama, Takehito Ono, M Hayashi, M Inoue, H Wake, Takashi Ono, T Nakashima. Reduced Mastication Impairs Memory Function. Journal of Dental Research. 2017.08; 96 (9): 1058-1066. ( PubMed, DOI )

  • 小野 岳人. 骨折治癒における免疫細胞とサイトカインの役割 感染・炎症・免疫. 2017.04; 47 (1): 61-64.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 小野 岳人, 高柳 広. 骨ペディア. 羊土社, 2015.05 IL-17 (ISBN : 978-4-7581-2056-2)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小野 岳人, 岡本 一男, 中島 友紀, 新田 剛, 高柳 広. 免疫系による骨折治癒制御. 免疫学・病態生化学領域合同シンポジウム 2017.03.08

  • 尹 文強, 岡本 一男, 寺島 明日香, 小野 岳人, 高柳 広. 損傷による異所性骨化の新規モデルマウスの確立. 第35回 日本骨代謝学会 2017.07.27

  • 小野 岳人, 岡本 一男, 中島 友紀. 新田 剛, 高柳 広. 骨折治癒と免疫・炎症. 第37回 日本炎症・再生医学会 2017.07.19

  • 小野 岳人. IL-17産生γδ T細胞による骨折治癒制御. 第19回 骨代謝研究会 2016.11.26

  • 庄司 あゆみ, 小野 岳人, 森山 啓司, 中島 友紀. 歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリング制御機構の解析. 第81回 口腔病学会 2016.11.25

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀演題賞,第13回Bone biology Forum,2016年08月

  • 優秀演題賞,第37回 日本炎症・再生医学会,2016年06月

  • 優秀演題賞,第15回東京大学生命科学シンポジウム,2015年06月

  • 優秀演題賞,第6回GCOE国際シンポジウム,2012年01月

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 免疫ふしぎ未来2013,日本免疫学会,免疫ふしぎ未来2013,日本科学未来館,2013年08月11日