基本情報

写真a

小野 宏晃(オノ ヒロアキ)

ONO HIROAKI


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 疾患バイオリソースセンター 特任助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 肝胆膵外科 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ゲムシタビンによるDNAダメージ修復経路を抑制するRRM1阻害の機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 膵臓癌におけるヒストンアセチル化阻害による細胞周期関連シグナルの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 肝胆膵領域難治癌に対する新規分子標的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Bo Liu, Atsushi Kudo, Yuko Kinowaki, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Takumi Akashi, Minoru Tanabe. A simple and practical index predicting the prognoses of the patients with well-differentiated pancreatic neuroendocrine neoplasms The Japanese Society of Gastroenterology. 2019.09; 54 (9): 819-828.

  • 小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. RPSによる肝切除術 臨床外科. 2019.09; 74 1107-1113.

  • 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵・消化管神経内分泌腫瘍の集学的治療 臨床外科. 2019.09; 74 1092-1096.

  • Jun Yoshino, Daisuke Ban, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka & Minoru Tanabe. The Clinial Implications of Peripancreatic Fluid Collection After Distal Pancreatectomy World Journal of Surgery. 2019.08; 43 (8): 2069-2076.

  • 小倉俊郎、伴 大輔、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉稔. 腹腔鏡下肝胆膵手術の周術期合併症と対策 肝胆膵. 2019.07; 79 (1): 35-42.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小野宏晃、伊藤寛倫、加藤智敬、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. ヒストンアセチル化とジェムザールによる細胞死や細胞周期シグナルに関連した機能解析. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  • 小野宏晃、工藤 篤、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍NET-G3に対する当院における治療成績. 第50回日本膵臓学会大会 2019.07.12 東京

  • 小野宏晃、工藤 篤、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. Evaluation of the management for advanced P-NET with liver metastasis. 第31回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2019.06.15 高松

  • 小野宏晃、石井 武、松井 聡、浅野大輔、菅原俊喬、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能膵・消化管内分泌腫瘍におけるストレプトゾシンの治療効果と集学的治療における有用性. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  • 伊藤 晃、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 術前の生検で診断し得なかった若年女性発症Groove領域膵癌の1例. 第851回外科集談会 2018.12.15 東京

全件表示 >>