基本情報

写真a

片桐 洋樹(カタギリ ヒロキ)

Hiroki Katagiri


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 軟骨再生学講座 助教
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 軟骨再生学講座 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 関節液由来間葉系幹細胞は滑膜由来幹細胞移植に代替するか

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 関節軟骨でのIL1bによるFGFシグナルの細胞死誘導へのスイッチング機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Mai Katakura, Masafumi Horie, Toshifumi Watanabe, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Toshiyuki Ohara, Kaori Nakamura, Kenta Katagiri, Hiroko Ueki, Stefano Zaffagnini, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Effect of meniscus repair on pivot-shift during anterior cruciate ligament reconstruction: Objective evaluation using triaxial accelerometer. Knee. 2019.01; 26 (1): 124-131. ( PubMed, DOI )

  • Inomata Kei, Tsuji Kunilazu, Onuma Hroaki, Hoshino Takashi, Udo Mio, Akiyama Masako, Nakagawa Yusuke, Katagiri Hiroki, Miyatake Kazumasa, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi, Koga Hideyuki. Time course analyses of structural changes in the infrapatellar fat pad and synovial membrane during inflammation-induced persistent pain development in rat knee joint BMC Musculoskelet Disord. 2019.01; 20 (8):

  • Hiroko Ueki, Yusuke Nakagawa, Toshiyuki Ohara, Toshifumi Watanabe, Masafumi Horie, Hiroki Katagiri, Koji Otabe, Kenta Katagiri, Kanehiro Hiyama, Mai Katakura, Takashi Hoshino, Kei Inomata, Naoko Araya, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Risk factors for residual pivot shift after anterior cruciate ligament reconstruction: data from the MAKS group Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy . 2018.12; 26 (12): 3724-3730.

  • Shoichi Hasegawa, Masafumi Horie, Hiroki Katagiri, Kunikazu Tsuji, Takeshi Muneta, Hideyuki Koga. Bilateral Hypoplasia of Both Medial and Lateral Menisci Partially Fused With the Cartilage Surface of the Tibial Plateau Orthopedics. 2018.11; 41 (6): e884-e887.

  • Takashi Hoshino, Kunikazu Tsuji, Hiroaki Onuma, Mio Udo, Hiroko Ueki, Masako Akiyama, Kahaer Abula, Hiroki Katagiri, Kazumasa Miyatake, Toshihumi Watanabe , Ichiro Sekiya, Hideyuki Koga, Takeshi Muneta. Persistent synovial inflammation plays important roles in persistent pain development in the rat knee before cartilage degradation reaches the subchondral bone BMC Musculoskeletal Disorders. 2018.08; 19 (1): 291.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 片桐洋樹, 小田邉浩二, 中川裕介, 大原敏之, 塩田幹夫, 河野佑二, 星野傑, 関矢一郎, 古賀英之. 高度変形性膝関節症における圧痛点の関節内疼痛評価としての有用性. 第49回 日本人工関節学会 2019.02.16 東京

  • 片桐洋樹、小田邉浩二、中川裕介、大原敏行、塩田幹夫、河野佑二、星野傑、関矢一郎、古賀英之. 半月板centralizationを併用した高位脛骨骨切り術の関節裂隙開大の効果と2年成績. 第5回 関東KneeOsteotomy研究会 2019.01.26 東京

  • 片桐洋樹, 小田邉浩二, 中川裕介, 大原敏行, 塩田幹夫, 河野佑二, 星野傑, 関矢一郎, 古賀英之. 前十字靭帯損傷に伴う半月板損傷・縫合術後の半月板逸脱は軟骨変性を助長する. 第29回 日本臨床スポーツ医学会学術集会 2018.11.02 札幌

  • 片桐 洋樹. 変形性膝関節症に対する外科的治療update ー半月板損傷・逸脱の視点からー. 第18回 膝と歩む会 2018.07.03

  • 片桐 洋樹、 古賀 英之、 渡邊 敏文、 堀江 雅史、 小田邉 浩二、 大原 敏行、 片桐 健太、 宮武 和正、 関矢 一郎、 大川 淳、 宗田 大. 移植腱張力変化にて大腿骨孔作製位置を決定した内側膝蓋大腿靱帯再建術と触診法の術後成績の比較. 第10回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2018.06.14

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度 公益財団法人 日本スポーツ治療医学研究会研究助成(片桐洋樹),2018年03月

  • 平成29年度学長裁量優秀若手研究者奨励賞(片桐洋樹),東京医科歯科大学,2017年08月

  • 科学研究費若手B「関節軟骨でのIL1bによるFGFシグナルの細胞死誘導へのスイッチング機構の解明」(片桐洋樹),2017年04月