基本情報

写真a

原 祥子(ハラ ショウコ)

HARA Shoko


職名

大学院生

研究分野・キーワード

神経放射線, 拡散MRi, 脳灌流MRI, もやもや病

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2009年03月  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 大学院生

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本脳卒中学会

  • 日本神経放射線学会

  • 日本脳神経外科コングレス

  • 日本脳神経外科学会

  • Society for Neuroscience

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Hara, S. Tanaka, Y. Ueda, Y. Hayashi, S. Inaji, M. Ishiwata, K. Ishii, K. Maehara, T. Nariai, T.. Noninvasive Evaluation of CBF and Perfusion Delay of Moyamoya Disease Using Arterial Spin-Labeling MRI with Multiple Postlabeling Delays: Comparison with 15O-Gas PET and DSC-MRI American Journal of Neuroradiology. 2017.04; 38 (4): 696-702. ( DOI )

  • 原祥子、戸根修、原睦也、佐藤洋平、橋本秀子、渡邊顕弘、金子聡、橋本聡華、玉置正史. 未破裂脳動脈瘤クリッピング術後の慢性硬膜下血腫 脳卒中の外科. 2016.11; 44 (6): 453-460.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Hara S, Nariai T, Murata S, Tsuruta K, Tanaka Y, Hori M, Maehara T, Aoki S. Neurite orientation dispersion and density imaging revealed the brain microstructural ischemic damage of moyamoya disease. Neuroscience 2016 2016.11.15 San Diego, Calfironia, U.S.

  • 原祥子、田中洋次、澤柳文菜、阿部大数、上田泰弘、林志保里、稲次基希、石井賢二、前原健寿、成相直. ASL視覚評価スコアの有用性 ーもやもや病患者と他脳血管障害患者での比較ー. 日本脳神経外科学会第75回学術総会 2016.09.29 福岡

  • 原祥子、田中洋次、稲次基希、石井賢二、前原健寿、堀正明、青木茂樹、成相直. pCASLとNODDIを用いたもやもや病の脳血流および微細構造の評価. 日本神経放射線学会 2016.02.20 山形県山形市

  • Hara S et al.. Non-invasive evaluation of cerebral blood flow and perfusion delay of moyamoya disease using arterial spin-labeling MRI with multiple post-labeling delay: comparison with 15O gas -PET and with dynamic susceptibility contrast MRI. The 10th Asian Oseanian Congress of Neuroradiology (AOCNR2015) 2015.11.06 Fukuoka, Japan

  • Hara S et al.. もやもや病間接血行再建術後の血管新生―MRAおよびASLによる血管新生の予測―. 日本脳神経外科学会第73回学術総会 2015.10.15 札幌、北海道

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • ISMRM Travel Award,日本磁気共鳴医学会,2017年04月

  • ICMRI2017 Scholarship,2017年03月

  • Magna cum laude (the Fukuoka City Award),2015年11月