基本情報

写真a

朝蔭 孝宏(アサカゲ タカヒロ)

Asakage Takahiro


職名

教授

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 頭頸部外科学 教授
 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 非介入・介入観察研究・頭頸部癌に対する機能温存・再建治療に関するシステマック・レビュー,2016年04月 - 2017年03月

  • 脳卒中患者への医科歯科連携が及ぼす効果に関する総合研究,2016年04月 - 2017年03月

  • 副鼻腔悪性腫瘍に対する内視鏡科頭蓋底手術の標準化を目指した他施設共同研究,2016年04月 - 2017年03月

  • 頭頚部がん患者の問題解決スキルに焦点を当てた心理的介入プログラムの開発と効果検証,2015年04月 - 2018年03月

  • 頭頚部扁平上皮癌におけるP13K経路上の変異解析とクリニカルシーケンスへの応用,2015年04月 - 2018年03月

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • kawada k, Kawano T, Sugimoto T,Yamaguchi K,Kawamura Y,Matsui T,Okuda M,Ogo T,Kume Y,Nakajima Y,Andres Mora, Okada T,Hoshino A, Tokairin Y,Nakajima Y,Okada R,Kiyokawa Y,Nomura F,Asakage T,Shimoda R,Ito T. Case of suprficial cancer located at the pharyngoesophageal jinction which was dissected by endoscopic laryngopharyngeal surgery combined with endoscopic submucosal dissection Case Rep Otolaryngol. 2017.08; ( DOI )

  • kawada k, Kawano T, Okada T, Yamaguchi K,Kawamura Y, Matsui T,Okuda M,Ogo T,Kume Y,Nakajima Y,Anderes Mora,Hoshino A, Tokairin Y, Nakajima Y,Okada R,Kiyokawa Y,Nomura F,Ariizumi Y,Sugimoto T,Asakage T,Ito T. The usefullness of intra-oropharyngeal U-turm method using trans-nasal endoscopy for detecting superficial squamous cell carcinoma of the base of the tongue J Otolaryngol ENT Res. 2017.08; 8 240.

  • 朝蔭孝宏. 頭頸部癌における導入化学療法 耳鼻咽喉科臨床. 2016.03; 109 (3): 147-154.

  • 朝蔭孝宏. 下咽頭腫瘍 耳鼻咽喉科・頭頸部外科研修ノート 改訂版2版. 2016;

  • 朝蔭孝宏. 頸部腫脹 耳鼻咽喉科・頭頸部外科研修ノート 改定第2版. 2016;

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • T Sugimoto, T Asakage, K Kawada, Y Kiyokawa, et al. Salvage Endoscopic Transoral Surgery for the Recurrent Hypopharyngeal Cancer after Chemoradiotherapy and Bioradiotherapy. 2015 International Congress of Korean Society of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery 2015.04 Seoul, Korea

  • T Sugimoto, T Asakage, K Kawada. Challenging Cases of Flexible Endoscopic Surgery for Laryngo-Hypopharyngeal Cancer. 5th International robotic surgery symposium 2015.10 Seoul, Korea

  • 市倉加奈子・中山菜央・副島沙彩・竹下若那・本松裕子・三宅智・松島英介. 終末期がん患者および家族における療養先の意思不一致がQOLに及ぼす影響:一時解析に関する結果報告. 第30回日本サイコオンコロジー学会総会 2017.10.14

  • Ichikura Kanako, Yamashita Aya, Matsuoka Shiho, Nakayama Nao, Ariizumi Yousuke, Sumi Takuro, Sugimoto Taro, Asakage Takahiro, Matsushima Eisuke. Stress coping skill training for patients with head and neck cancer: Interim report of a randomized controlled trial. 19th World Congress of Psycho-Oncology and Psychosocial Academy 2017.08.18 Berlin, Germany

  • 川田研郎、中島康晃、東海林裕、星野明弘、岡田卓也、了徳寺大郎、奥田将史、久米雄一郎、Andres Mora、川村雄大、山口和哉、岡田隆平、野村文敬、清川佑介、有泉陽介、朝蔭孝宏、伊藤崇、河野辰幸. ELPS+ESDを行った下咽頭〜食道を往来する下咽頭癌の1例. 第18回頭頸部表在癌研究会 2017.07.01 東京

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 文藝春秋 有力医師が推薦するがん手術の名医107人,2016年

    朝蔭孝宏 頭頸部外科医

  • 週刊現代 ガン治療「人間として信頼できる医師100人」,2015年12月

    朝蔭孝宏

  • 週刊文春 本当に手術が巧いがん外科医リスト,2015年08月

    朝蔭孝宏

  • NEW WAVE 「味蕾」 ,2015年06月

    朝蔭孝宏

  • 夕刊フジ「病院の実力」 高度な技術とチーム連携でQOL考えた癌治療に臨む,2015年05月

    朝蔭孝宏

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 頭頸部外科の現状と未来,総合メディカル株式会社,DtoD,2017年11月24日

  • 第9回 嚥下機能評価研修会,日本気管食道科学会,東京医科歯科大学,2016年11月18日