基本情報

写真a

堀口 諭吉(ホリグチ ユキチ)

HORIGUCHI YUKICHI


職名

助教

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/bsr/

研究分野・キーワード

コロイド化学、表面・界面科学、物理化学、生体材料、分析化学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  工学府  化学システム工学専攻  博士課程  2010年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  九州大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年05月
    -
    2015年12月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 バイオエレクトロニクス 特任助教
  • 2015年05月
    -
    2018年11月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 バイオエレクトロニクス 助教
  • 2015年12月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 バイオエレクトロニクス テニュア・トラック・プロジェクト助教
  • 2015年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 バイオエレクトロニクス テニュア・トラック・プロジェクト助教
  • 2018年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 バイオエレクトロニクス 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2015年04月
    筑波大学 物性・分子工学専攻 特任研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会

  • 日本MRS

  • 高分子学会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本癌学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 複合材料・表界面工学

  • 高分子化学

  • 生体関連化学

  • 分析化学

  • ナノ材料化学

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 細孔電気抵抗法と機能性ナノバイオ界面による新奇生体微粒子解析技術の創出

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yukichi Horiguchi, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka, Yuji Miyahara. Gold Nanoparticles with Ligand/Zwitterion Hybrid Layer for Individual Counting of Influenza A H1N1 Subtype Using Resistive Pulse Sensing. Langmuir. 2019.02; 35 (5): 1798-1806. ( PubMed, DOI )

  • Takuya Miyagawa, Sadato Hongo, Naofumi Nakamura, Yukichi Horiguchi, Yuji Miyahara, Hideki Shibata. A Novel Diagnostic System for Infectious Diseases Using Solid-State Nanopore Devices Proceedings of 2018 40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC). 2018.07; 2833-2836. ( PubMed, DOI )

  • Wenfeng Hai, Tatsuro Goda, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka, Yukichi Horiguchi, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Human Influenza Virus Detection Using Sialyllactose-Functionalized Organic Electrochemical Transistors. Sensors and Actuators B: Chemical. 2018.05; 260 635-641. ( DOI )

  • Yukichi, Horiguchi, Tatsuro, Goda, Yuji, Miyahara. Simple functionalization method for single conical pores with a polydopamine layer. Applied Physics Express. 2018.04; 11 (4): 047001. ( DOI )

  • Babita Shashni, Yukichi Horiguchi, Kosuke Kurosu, Hitoshi Furusho, Yukio Nagasaki. Application of surface enhanced Raman spectroscopy as a diagnostic system for hypersialylated metastatic cancers. Biomaterials. 2017.07; 134 143-153. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Yukichi Horiguchi, Yukio Nagasaki. Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science. John Wiley & Sons, Inc., 2016.06 Softinterface on Biosensing (ISBN : 978-1-1185-4276-7)

  • 堀口諭吉,長崎幸夫. バイオマテリアル: その基礎と先端研究への展開. 東京化学同人, 2016.02 医療に役立つ微粒子 (ISBN : 978-4-8079-0867-7)

  • 長崎幸夫,堀口諭吉. 2013ナノカーボン技術大全. Electric Journal, 2012.11 ガドリニウムフラーレンによる中性子捕捉療法

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Specific Detection of Human Influenza Virus Using Resistive Pulse Sensing with Nanoparticle-based Molecular Recognition. 10th International Conference on Molecular Electronics & BioElectronics (MBE10) 2019.06.25

  • 堀口 諭吉、合田 達郎、松元 亮、武内 寛明、山岡 昇司、宮原 裕二. 高分子層上への分子認識界面の展開と粒子計測、AI技術を組み合わせた新規なウイルス診断の開拓. Future Trend in Polymer Science 2018 2019.03.20 東京理科大学神楽坂キャンパス

  • 堀口 諭吉、合田 達郎。松元 亮、武内 寛明、山岡 昇司、宮原 裕二. 粒子個別計測技術を用いたインフルエンザウイルスの特異的検出手法の開拓. 第28回インテリジェント・ナノ材料シンポジウム 2019.01.11

  • 堀口諭吉、合田達郎、松元亮、武内寛明、山岡昇司、宮原裕二. 分子認識ナノ粒子を用いた細孔電気抵抗法でのヒトインフルエンザウイルスの特異検出. ImPACT宮田プログラム公開成果報告会 2018.12.03

  • Yukichi Horiguchi, Tatsuro Goda, Yuji Miyahara. Investigation of Simple and Easy Functionalization method for Single Conical Pore with a Polydopamine Layer. 31st International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2018) 2018.11.13

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • ウィルス及び細菌検出バイオセンサ用デバイス、及びバイオセンサ

    出願番号: 2016-008084

  • 高分子化ホウ素化合物及びその使用

    公開番号: 2015-044920

  • 光照射を用いた遺伝子または薬物導入発現方法

    公開番号: 2005-255582

  • 生体物質検出用デバイス、生体物質検出用検出総理、イオン電流の測定方法、及び、生体物質の識別方法

    出願番号: PCT/JP2017/016041