基本情報

写真a

渡部 徹郎(ワタベ テツロウ)

WATABE TETSURO


職名

教授

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 教授

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会 評議員
  • 日本癌学会 評議員
  • 日本リンパ学会 常任理事
  • 日本血管生物学会 理事・副理事長
  • 2018年10月
     
     
    12th International BMP Conference 組織委員

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • がんの悪性化とがん微小環境変化を誘導するエクソソームを標的とした治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 免疫系の修飾による放射線増感機構:腫瘍細胞動態からの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • リンパ管内皮間葉移行を司る分子機構の解明と関連疾患治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • GPCR転写ネットワーク制御と骨再生を目指したRNA核酸医療への挑戦

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • ダイレクトリプログラミング法によるリンパ管内皮細胞の作製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Iwasaki K, Komaki M, Akazawa K, Nagata M, Yokoyama N, Watabe T, Morita I. Spontaneous differentiation of periodontal ligament stem cells into myofibroblast during ex vivo expansion. Journal of cellular physiology. 2019.11; 234 (11): 20377-20391. ( PubMed, DOI )

  • Akatsu Y, Takahashi N, Yoshimatsu Y, Kimuro S, Muramatsu T, Katsura A, Maishi N, Suzuki HI, Inazawa J, Hida K, Miyazono K, Watabe T. Fibroblast growth factor signals regulate transforming growth factor-β-induced endothelial-to-myofibroblast transition of tumor endothelial cells via Elk1. Mol. Oncol.. 2019.08; 13 (8): 1706-1724. ( PubMed, DOI )

  • Iwasaki K, Nagata M, Akazawa K, Watabe T, Morita I. Changes in characteristics of periodontal ligament stem cells in spheroid culture. Journal of periodontal research. 2019.08; 54 (4): 364-373. ( PubMed, DOI )

  • Okamoto H, Yoshimatsu Y, Tomizawa T, Kunita A, Takayama R, Morikawa T, Komura D, Takahashi K, Oshima T, Sato M, Komai M, Podyma-Inoue KA, Uchida H, Hamada H, Fujiu K, Ishikawa S, Fukayama M, Fukuhara T, Watabe T. Interleukin-13 receptor α2 is a novel marker and potential therapeutic target for human melanoma. Sci Rep. 2019.02; 9 (1): 1281. ( PubMed, DOI )

  • Ren E, Watari I, Jui-Chin H, Mizumachi-Kubono M, Podyma-Inoue KA, Narukawa M, Misaka T, Watabe T, Ono T. Unilateral nasal obstruction alters sweet taste preference and sweet taste receptors in rat circumvallate papillae. Acta histochemica. 2019.02; 121 (2): 135-142. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 寺澤 和恵、草野 清輔、横山 茂之、渡部 徹郎、横山 三紀. 二つのb-プリズムドメインをもつLAMP-1, LAMP-2は異なるアセンブリ形式を示す. 第37回日本糖質学会年会 2018.08.29 仙台

  • 渡部 徹郎. 内皮間葉移行(EndMT)におけるシグナルネットワークの役割. 日本分子生物学会 2019.12.03 福岡

  • 高橋和樹、井上カタジナアンナ、戒田篤志、高橋恵生、久保田晋平、須河内昭成、内橋俊大、田中晋、古郷幹彦、三浦雅彦、宮園浩平、渡部徹郎. TGF-βにより細胞周期が停止した口腔扁平上皮がん細胞の運動能ならびに転移能は亢進する. 第78回日本癌学術総会 2019.09.28 京都

  • Tetsuro Watabe. Roles of TGF-β family signals during the formation and maintenance of vascular systems.. Joint Vascular Biology Meeting 2019.09.20 Sydney,Australia

  • 渡部 徹郎. 脈管の形成・維持におけるシグナル・転写ネットワークの役割. 血管生物医学会新規研究会 2019.08.31 東京

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「がんを進展させるがん関連線維芽細胞の血管内皮細胞からの形成を抑制するしくみを解明」―がん微小環境ネットワークシグナルを標的とした新規治療法の開発に期待― ,2019年07月

    Molecular Oncology

  • 「 IL13Rα2が血管新生を介して悪性黒色腫(メラノーマ)を進展させるしくみを解明 」― 難治がんである悪性黒色腫の新規分子標的治療法の開発に期待 ―,2019年02月

    Scientific Reports

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 栄養と代謝,2016年 - 現在

  • 遺伝子の分子的基盤,2016年 - 現在

  • 生命の分子的基盤,2016年 - 現在