基本情報

写真a

松崎 京子(マツザキ キョウコ)

MATSUZAKI Kyoko


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学部  生物化学科  2003年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学系研究科  生物化学専攻  修士課程  2005年03月  修了

  • 東京大学  理学系研究科  生物化学専攻  博士課程  2008年03月  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 病態代謝解析学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年06月
    -
    2015年04月
    東京大学 医科学研究所 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本Cell Death学会

  • 日本癌学会

  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医化学一般

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sarkar A, Iwasa H, Hossain S, Xu X, Sawada T, Shimizu T, Maruyama J, Arimoto-Matsuzaki K, Hata Y.. Domain analysis of Ras-association domain family member 6 upon interaction with MDM2. FEBS Lett.. 2017.01; ( DOI )

  • Arimoto-Matsuzaki K, Saito H, Takekawa M.. TIA1 oxidation inhibits stress granule assembly and sensitizes cells to stress-induced apoptosis. Nature Communications. 2016.01;

  • Ohshima D, Arimoto-Matsuzaki K, Tomida T, Takekawa M, Ichikawa K.. Spatio-temporal Dynamics and Mechanisms of Stress Granule Assembly. PLoS Computational Biology. 2015.06; 11 (6):

  • 松崎(有本)京子, 武川 睦寛, 斎藤 春雄. 細胞質内ストレス顆粒の形成と細胞生存への寄与 放射線生物研究 Radiation Biology Research Communications. 2014; 49 (3): 248-262.

  • Arimoto K, Fukuda H, Imajoh-Ohmi S, Saito H, Takekawa M.. Formation of stress granules inhibits apoptosis by suppressing stress-responsive MAPK pathways. Nature Cell Biology. 2008.11; 10 (11): 1324-1332.

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 久保田 裕二, 松崎(有本) 京子, 武川 睦寛. ストレス顆粒の生理機能と疾患. 2015.08

  • Ohshima D, Arimoto-Matsuzaki K, Tomida T, Takekawa M, Ichikawa K.. Stochastic Simulation of Stress Granules. Springer, 2015 (ISBN : 978-4-431-55561-2)

  • 有本 京子, 斎藤 春雄. ヒトの環境ストレスシグナル経路. 2008.10

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度(第29回)中冨健康科学振興財団「研究助成金」,公益財団法人 中冨健康科学振興財団,2017年01月

  • 平成29年度 日本人若手研究者研究助成金,中島記念国際交流財団,2016年12月

  • 第5回(平成28年度)研究助成,公益財団法人小林国際奨学財団,2016年12月

  • 平成28年度ホーユー科学財団研究助成金,ホーユー科学財団,2016年

  • 2016年度 医学系研究奨励,武田科学振興財団,2016年

全件表示 >>