基本情報

写真a

今村 圭介(イマムラ ケイスケ)

IMAMURA Keisuke


職名

助教

研究室電話番号

047-709-7151

メールアドレス

Imamura.las@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

社会言語学 言語接触論 日本語教育学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 首都大学東京  都市教養学部  都市教養学科 国際文化コース 日本・中国文化論分野  2009年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 首都大学東京  人文科学研究科  人間科学専攻 日本語教育学教室  修士課程  2011年03月  修了

  • 首都大学東京  人文科学研究科  人間科学専攻 日本語教育学教室  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(日本語教育学)  首都大学東京

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年06月
    -
    2016年12月
    東京医科歯科大学 教養部 助教
  • 2017年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 教養部 外国語系 第二外国語 日本語 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 教養部 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2015年05月
    長崎大学 多文化社会学部 戦略職員
  • 2017年04月
    -
    現在
    武蔵野大学 非常勤講師
  • 2018年04月
    -
    2018年08月
    首都大学東京 人文科学研究科 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 社会言語科学会

  • 日本語教育学会

  • 異文化間教育学会

  • 日本語学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 日本語学

  • 日本語教育

  • 言語学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • パラオにおける日本語の諸相

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年

  • 旧南洋群島における日本語借用語の影響記述に関する福祉言語学的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2020年

  • ミクロネシア地域における日本語借用語の流入・変容・衰退の歴史社会言語学的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 日本人英語学習者における聞き手語用論的能力の発達メカニズム

    文部科学省/日本学術振興会

  • 太平洋諸語日本語起源借用語逆引き辞典を作成するための現地調査研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Keisuke Imamura. The Lexical Influence of English on Japanese Language : Toward Future Comparative Studies of Anglicisms グローバルスタディーズ. 2018.03;

  • Keisuke Imamura. Pursuit of insular authenticity: Spelling reform of loanwords in Palauan Shima. 2018.03; ( DOI )

  • 今村 圭介. 日本統治を経験したパラオ人によるパラオ語の片仮名表記 日本語研究. 2017.06; (37): 31-42.

  • 今村 圭介. パラオ語における日本語借用語の変化 教養部研究紀要. 2017.03; 47 17-32.

  • 李舜炯, 今村圭介. 対人関係に応じた日本語母語話者のスタイル切り換え- 『BTSJによる日本語話し言葉コーパス』を用いて 동북아문화연구. 2017.03; (50): 275-288.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 今村圭介, ダニエル・ロング. パラオにおける日本語の諸相. ひつじ書房, 2019.02 (ISBN : 978-4-89476-953-3)

  • 今村圭介. 都市空間を編む言語景観. 中文出版社, 2019.01 言語景観に見られる米軍基地と地域コミュニティの関わり (ISBN : 978-89-8080-534-1)

  • Daniel LONG, Keisuke IMAMURA. The Japanese Language in Palau. 国立国語研究所, 2013.09

  • 岩下明裕編. 別冊 環⑲日本の「国境問題」現場から考える. 藤原書店, 2012.03 チリ津波地震の体験―イーデス・ワシントン=大平京子さんの回想 (ISBN : 978-4-89434-848-6)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Keisuke Imamura. Introduction and the Use of "A Dictionary of Japanese Loanwords in Palauan". 2019.03.20 Palau Ministry of Education

  • Keisuke Imamura. Building Rapport and Social Contribution Through Sociolinguistic Fieldwork. Source-Analysis Workshop "The Studies of the Empire of Japan and Its Legacies: New Directions and New Perspectives" 2019.03.13 University of Hawaii Manoa

  • Keisuke Imamura. Developing a Japanese Loanword Dictionary in Palauan. Preinaugural Symposium "The Studies of the Empire of Japan and Its Legacies: New Directions and New Perspectives" 2019.03.12 University of Hawaii Manoa

  • 今村 圭介. 福祉言語学的研究としてのパラオ語日本語借用語辞典の作成. 日本語学会2018年度秋季大会 2018.10.14 岐阜大学

  • Keisuke Imamura. From sociolinguistic fieldwork to social contribution: Cooperative work with the Palau Language Commission. Sociolinguistics Symposium 22 2018.06.28 University of Auckland

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学研究費助成金(研究成果公開促進費)<学術図書>,2018年04月

    課題番号18HP5079
    『パラオにおける日本語の諸相』

  • 文部科学省科学研究費助成金 若手研究(B),2017年04月

    旧南洋群島における日本語借用語の影響記述に関する福祉言語学的研究
    H29-32 課題番号:17K13461 代表

  • 文部科学省科学研究費助成金 基盤研究(B) 分担,2016年04月

    「太平洋諸語日本語起源借用語逆引き辞典を作成するための現地調査研究」H27-H30
    研究課題番号:15H05158 研究代表者:ダニエル・ロング

  • 文部科学省科学研究費助成金 基盤研究(C) 分担,2015年04月

    「日本人英語学習者における聞き手語用論的能力の発達メカニズム」 H27-H30
    研究課題番号:15K02754 研究代表者:カトローニ・ピノ

  • 文部科学省科学研究費助成金 研究活動スタート支援 代表,2014年09月

    「ミクロネシア地域における日本語借用語の流入・変容・衰退の歴史社会言語学的研究」H26-27 研究課題番号:26884032

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • Intermediate Japanese 2,2018年 - 現在

  • 言語学,2017年 - 現在

  • 日本語基礎,2017年 - 現在

  • 中級日本語,2017年 - 現在

  • Japanese as a Foreign Language ,2016年 - 現在

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 実用日本語II,武蔵野大学

  • 比較言語文化論研究演習,首都大学東京

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • パラオの名前について,NHK,NHK,2018年04月23日