基本情報

写真a

猪越 正直(イノコシ マサナオ)

INOKOSHI Masanao


職名

助教

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2006年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  大学院医歯学総合研究科  全部床義歯補綴学分野  博士課程  2011年03月  修了

  • KU Leuven (Univeristy of Leuven)  Doctoral School of Biomedical Sciences  Department of Oral Health Sciences  博士課程  2014年11月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

  • 博士(医学) PhD of Biomedical Sciences  KU Leuven (University of Leuven)

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年05月
    -
    2006年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 医員(歯病)
  • 2008年06月
    -
    2011年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 研究補助員
  • 2015年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • The International Association for Dental Research

  • The American Ceramic Society

  • 日本補綴歯科学会

  • 日本デジタル歯科学会

  • 日本歯科理工学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年07月
    -
    現在
    日本補綴歯科学会 財務委員会 幹事

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • Dental Materials Senior Advisor

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • メッシュレス解析(SPH)法の軟質裏装材への応用,2018年04月 - 現在

  • バイオアクティブ材料に関する研究,2016年04月 - 現在

  • 接着性レジンセメントに関する研究

  • 根面う蝕に関する研究

  • 歯科用ジルコニアに関する研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 審美性と強度・耐劣化性を両立した次世代歯科用ジルコニアの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • ジルコニア・陶材界面のナノスケール解析による陶材破折の原因究明とその制御

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 積層造形を応用した理想的な表面形状を持つ次世代ジルコニアインプラントの開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Aung SSMP, Takagaki T, Lyann SK, Ikeda M, Inokoshi M, Sadr A, Nikaido T, Tagami J. Effects of alumina-blasting pressure on the bonding to super/ultra-translucent zirconia. Dent Mater. 2019.02; ( PubMed, DOI )

  • Shimizu H, Inokoshi M, Takagaki T, Uo M, Minakuchi S. Bonding Efficacy of 4-META/MMA-TBB Resin to Surface-treated Highly Translucent Dental Zirconia. J Adhes Dent. 2018.09; 20 (5): 453-459. ( PubMed, DOI )

  • Pongprueksa P, De Munck J, Inokoshi M, Van Meerbeek B. Polymerization efficiency affects interfacial fracture toughness of adhesives. Dent Mater. 2018.04; 34 (4): 684-692. ( PubMed, DOI )

  • Inokoshi M, Shimizu H, Nozaki K, Takagaki T, Yoshihara K, Nagaoka N, Zhang F, Vleugels J, Van Meerbeek B, Minakuchi S. Crystallographic and morphological analysis of sandblasted highly translucent dental zirconia. Dent Mater. 2018.03; 34 (3): 508-518. ( PubMed, DOI )

  • Thammajaruk P, Inokoshi M, Chong S, Guazzato M. Bonding of composite cements to zirconia: A systematic review and meta-analysis of in vitro studies. J Mech Behav Biomed Mater. 2018.02; 80 258-268. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 水口俊介, 古屋純一 編著. 猪越正直 分担執筆.. 学校では習わなかった義歯と義歯ケアの話. 2018.09

  • 柵木寿男, 小峰太 編集, 猪越正直 分担執筆. もう悩まない!時代が求める接着臨床. デンタルダイヤモンド, 2018.07 ジルコニア

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Inokoshi M, Zhang F, Nozaki K, Shimizu H, Vleugels J, Van Meerbeek B, Minakuchi S. Translucency, flexural strength and aging behavior of highly translucent zirconia. 97th General Session & Exhibition of the IADR 2019.06.21 Vancouver

  • 猪越正直. ジルコニアへの接着法. 日本補綴歯科学会第128回学術大会 2019.05.12 札幌

  • 清水畑 誠. イオン徐放性S-PRGフィラー含有加熱重合レジンの重合率評価. 日本補綴歯科学会 第128回学術大会 2019.05.12 札幌

  • 清水畑誠, 猪越正直, 波多野恵太, 野崎浩佑, 水口俊介. イオン徐放性S-PRGフィラー含有加熱重合レジンの重合率評価. 日本補綴歯科学会 第128回学術大会 2019.05.12 札幌

  • 猪越正直, 野崎浩佑, 水口俊介. 人工唾液中に長期保管したジルコニアは劣化するか?. 日本補綴歯科学会第128回学術大会 2019.05.11 札幌

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Inokoshi Masanao. Representative at Hatton Award competition for CED-IADR,2015年03月

  • Senior Robert Frank Award 1st prize,Continental European Division of the IADR (CED-IADR),2014年09月

  • Hickey Scientific Writing Award in the Research Category,The Journal of Prosthetic Dentistry,2014年

  • 優秀口演発表賞,日本補綴歯科学会 東京支部会,2009年11月

  • 長尾学術奨励賞,東京医科歯科大学,2006年03月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 猪越正直. 科学研究費(基盤研究(C)),2019年04月

    積層造形を応用した理想的な表面形状を持つ次世代ジルコニアインプラントの開発
    2019-2021

  • 猪越正直. 科学研究費(若手研究(B)),2018年04月

    審美性と強度・耐劣化性を両立した次世代歯科用ジルコニアの開発
    2017-2018

  • 猪越正直. 日本歯科医学会連合 医療問題関連事業,2018年03月

    根面う蝕修復材料に関する調査研究

  • 小林賢一(代表),猪越正直(分担). 科学研究費(基盤研究(C)),2017年04月

    ジルコニア・陶材界面のナノスケール解析による陶材破折の原因究明とその制御
    2016-2018

  • 猪越正直. 科学研究費(若手研究(B)),2017年

    審美性と強度・耐劣化性を両立した次世代歯科用ジルコニアの開発
    2017-2018

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • D1早期臨床体験実習,2018年 - 現在

  • 臨床研修指導歯科医責任者(高齢者歯科学分野),2016年 - 現在

  • 口腔保健衛生学専攻臨床実習,2015年 - 現在

  • 臨床イントロダクション,2015年 - 現在

  • 高齢者疑似体験実習,2015年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 猪越正直. 日本補綴歯科学会 学術委員会幹事,日本補綴歯科学会,2019年06月16日 - 現在

  • 猪越正直. タイ チュラロンコーン大学との国際交流実務担当,2017年07月01日 - 現在

  • 猪越正直. 日本補綴歯科学会 財務委員会幹事,日本補綴歯科学会,2017年07月01日 - 2019年06月16日