基本情報

写真a

壽美田 一貴(スミタ カズタカ)

Sumita Kazutaka


職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  脳神経外科学  博士課程  2008年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 助教
  • 2015年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 助教
  • 2017年04月
    -
    2017年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 助教
  • 2017年06月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 血管内治療学 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 血管内治療学 講師

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 脳神経外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 脳腫瘍における分子生物学的解析,2015年01月 - 現在

  • 神経シナプスにおける裏打ちタンパクの研究,2004年04月 - 2008年03月

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Xiaoshu Dong, Kaoru Tamura, Daisuke Kobayashi, Noboru Ando, Kazutaka Sumita, Taketoshi Maehara. LAPTM4B-35 is a novel prognostic factor for glioblastoma. J. Neurooncol.. 2017.04; 132 (2): 295-303. ( PubMed, DOI )

  • Maki Mukawa, Tadashi Nariai, Hideaki Onda, Taku Yoneyama, Yasuo Aihara, Kengo Hirota, Takumi Kudo, Kazutaka Sumita, Taketoshi Maehara, Takakazu Kawamata, Hidetoshi Kasuya, Hiroyuki Akagawa. Exome Sequencing Identified CCER2 as a Novel Candidate Gene for Moyamoya Disease. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2016.10; ( PubMed, DOI )

  • Hideyuki Arita, Kai Yamasaki, Yuko Matsushita, Taishi Nakamura, Asanao Shimokawa, Hirokazu Takami, Shota Tanaka, Akitake Mukasa, Mitsuaki Shirahata, Saki Shimizu, Kaori Suzuki, Kuniaki Saito, Keiichi Kobayashi, Fumi Higuchi, Takeo Uzuka, Ryohei Otani, Kaoru Tamura, Kazutaka Sumita, Makoto Ohno, Yasuji Miyakita, Naoki Kagawa, Naoya Hashimoto, Ryusuke Hatae, Koji Yoshimoto, Naoki Shinojima, Hideo Nakamura, Yonehiro Kanemura, Yoshiko Okita, Manabu Kinoshita, Kenichi Ishibashi, Tomoko Shofuda, Yoshinori Kodama, Kanji Mori, Yusuke Tomogane, Junya Fukai, Koji Fujita, Yuzo Terakawa, Naohiro Tsuyuguchi, Shusuke Moriuchi, Masahiro Nonaka, Hiroyoshi Suzuki, Makoto Shibuya, Taketoshi Maehara, Nobuhito Saito, Motoo Nagane, Nobutaka Kawahara, Keisuke Ueki, Toshiki Yoshimine, Etsuo Miyaoka, Ryo Nishikawa, Takashi Komori, Yoshitaka Narita, Koichi Ichimura. A combination of TERT promoter mutation and MGMT methylation status predicts clinically relevant subgroups of newly diagnosed glioblastomas. Acta Neuropathol Commun. 2016.08; 4 (1): 79. ( PubMed, DOI )

  • Miho Watanabe, Haiying Li, Aimee G Kim, Aaron Weilerstein, Anteneta Radu, Marcus Davey, Stavros Loukogeorgakis, Melissa D Sánchez, Kazutaka Sumita, Naoki Morimoto, Masaya Yamamoto, Yasuhiko Tabata, Alan W Flake. Complete tissue coverage achieved by scaffold-based tissue engineering in the fetal sheep model of Myelomeningocele. Biomaterials. 2016.01; 76 133-143. ( PubMed, DOI )

  • Kazutaka Sumita, Yu-Hua Lo, Koh Takeuchi, Miki Senda, Satoshi Kofuji, Yoshiki Ikeda, Jumpei Terakawa, Mika Sasaki, Hirofumi Yoshino, Nazanin Majd, Yuxiang Zheng, Emily Rose Kahoud, Takehiro Yokota, Brooke M Emerling, John M Asara, Tetsuo Ishida, Jason W Locasale, Takiko Daikoku, Dimitrios Anastasiou, Toshiya Senda, Atsuo T Sasaki. The Lipid Kinase PI5P4Kβ Is an Intracellular GTP Sensor for Metabolism and Tumorigenesis. Mol. Cell. 2016.01; 61 (2): 187-198. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 壽美田一貴、相澤有輝、田村郁、工藤琢巳、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. Gliomaに対するBevacizumab投与開始時期、投与後の再発様式の検討. 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26 高松

  • 田村 郁、董 暁書、小林大輔、安藤登、壽美田一貴、前原健寿. 膠芽腫におけるLAPTM4B-35の発現と予後因子としての意義. 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26 高松

  • 工藤琢巳,Edward Green,壽美田一貴,田村郁,前原健寿,Michael Platten. 免疫制御因子であるTDO2の発現は転写因子のCEBPBによって制御される. 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26 高松

  • 唐鎌 淳, 三木一徳, 壽美田一貴, 吉野義一, 前原健寿, 根本 繁. 当施設における硬膜動静脈瘻の治療戦略と成績. 第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2017.11.23

  • 壽美田 一貴、唐鎌 淳、芳村 雅隆、藤井 照子、三木 一徳、吉野 義一、山本 信二、菅原 貴志、稲次 基希、田中 洋次、前原 健寿、根本 繁. 腫瘍内塞栓を目指した塞栓術の合併症の検討. 第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2017.11.23

全件表示 >>