基本情報

写真a

永田 哲也(ナガタ テツヤ)

Tetuya Nagata


職名

特任准教授

生年

1968年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4623

研究室FAX番号

03-5803-0169

メールアドレス

t-naga.nuro@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

神経内科  核酸医薬 神経・筋変性疾患

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学部  1994年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学系研究科  博士課程  1999年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年11月
    -
    2016年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任講師
  • 2016年06月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 講師
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 講師
  • 2018年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 准教授
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 特任准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年
    -
    2005年
    岡山大学医学部 神経内科 助教
  • 2005年
    -
    2008年
    コロンビア大学 博士研究員
  • 2008年
    -
    2009年
    岡山大学 神経内科 助教
  • 2009年
    -
    2014年10月
    独立行政法人国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 室長

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 総合内科専門医

  • 認定内科医

  • 神経内科専門医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 血液脳関門通過性ヘテロ核酸の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2021年

  • 全身投与による中枢神経制御を可能とする新規核酸医薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 心筋・骨格筋の任意の遺伝子制御を可能とする革新的な核酸医薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoshiaki Masaki, Keishi Yamamoto, Takeshi Inde, Keita Yoshida, Atsuya Maruyama, Tetsuya Nagata, Jun Tanihata, Shin'ichi Takeda, Mitsuo Sekine, Kohji Seio. Synthesis of 2'-O-(N-methylcarbamoylethyl) 5-methyl-2-thiouridine and its application to splice-switching oligonucleotides. Bioorg. Med. Chem. Lett.. 2018.12; ( PubMed, DOI )

  • Kenji Rowel Q Lim*, Yusuke Echigoya*, Tetsuya Nagata*, Mutsuki Kuraoka, Masanori Kobayashi, Yoshitsugu Aoki, Terence Partridge, Rika Maruyama, Shin'ichi Takeda, Toshifumi Yokota *Equal Contribution . Efficacy of Multi-exon Skipping Treatment in Duchenne Muscular Dystrophy Dog Model Neonates. Mol. Ther.. 2018.10; ( PubMed, DOI )

  • Tanihata J, Nagata T, Ito N, Saito T, Nakamura A, Minamisawa S, Aoki Y, Ruegg UT, Takeda S. Truncated dystrophin ameliorates the dystrophic phenotype of mdx mice by reducing sarcolipin-mediated SERCA inhibition. Biochemical and biophysical research communications. 2018.09; ( PubMed, DOI )

  • Naoki Watanabe*, Tetsuya Nagata*, Youhei Satou, Satoru Masuda, Takashi Saito, Hidetoshi Kitagawa, Hirofumi Komaki, Kazuchika Takagaki, Shin'ichi Takeda *Equal Contribution. NS-065/NCNP-01: An Antisense Oligonucleotide for Potential Treatment of Exon 53 Skipping in Duchenne Muscular Dystrophy. Mol Ther Nucleic Acids. 2018.09; 13 442-449. ( PubMed, DOI )

  • Zeniya S, Kuwahara H, Daizo K, Watari A, Kondoh M, Yoshida-Tanaka K, Kaburagi H, Asada K, Nagata T, Nagahama M, Yagi K, Yokota T. Angubindin-1 opens the blood-brain barrier in vivo for delivery of antisense oligonucleotide to the central nervous system. Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society. 2018.05; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>