基本情報

写真a

稲用 友佳(イナモチ ユカ)

INAMOCHI Yuka


職名

助教

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究分野・キーワード

部分床義歯

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2012年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  部分床義歯補綴学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 大学院生
  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 医員
  • 2017年05月
    -
    2017年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 非常勤講師
  • 2017年11月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 医員
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会

  • 口腔病学会

  • 日本咀嚼学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴・理工系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 臨床研修指導歯科医

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高齢者を対象とした咀嚼と認知課題のdual taskトレーニング効果,2018年04月 - 現在

  • 口腔内環境の変化に対する適応に関わる中枢神経基盤の解明,2013年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高齢者の認知機能向上を目指した咀嚼と認知課題のdual taskトレーニング効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yuka Inamochi, Kenji Fueki, Yusuke Matsuyama, Eiko Yoshida-Kohno, Takeo Fujiwara, Noriyuki Wakabayashi. Does oral dryness influence pressure pain sensitivity in the oral mucosa of removable denture wearers? Clinical Oral Investigations. 2019.11; ( PubMed, DOI )

  • Kenji Fueki, Eiko Yoshida-Kohno, Yuka Inamochi, Noriyuki Wakabayashi. The association between mucosal pain and subjective masticatory function in patients with partial removable dental prostheses. J Oral Rehabil. 2019.06; ( PubMed, DOI )

  • Kenji Fueki, Eiko Yoshida-Kohno, Yuka Inamochi, Noriyuki Wakabayashi. Patient satisfaction and preference with thermoplastic resin removable partial dentures: a randomised cross-over trial. J Prosthodont Res. 2019.06; ( PubMed, DOI )

  • G Nabeshima, K Fueki, Y Inamochi, N Wakabayashi. Effect of dietary counselling with prosthetic restoration on fruit and vegetable intake in partially dentate patients: A prospective study. J Oral Rehabil. 2018.08; 45 (8): 618-626. ( PubMed, DOI )

  • Y Inamochi, K Fueki, N Usui, M Taira, N Wakabayashi. Adaptive change in chewing-related brain activity while wearing a palatal plate: an functional magnetic resonance imaging study. J Oral Rehabil. 2017.10; 44 (10): 770-778. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 口腔内環境の変化に対する舌運動の適応に関わる中枢神経基盤の解明:fMRI 研究 . 2019.10.05

  • Yuka Inamochi, Kenji Fueki, Nobuo Usui, Noriyuki Wakabayashi. Adaptive brain activity changes during tongue movement with palatal coverage. IADR 97th General Session & Exhibition 2019.06.21 Vancouver convention center

  • 稲用友佳,笛木賢治,臼井信男,若林則幸. 口腔内環境の変化に対する舌運動の適応に関わる中枢神経基盤の解明:fMRI研究. 日本補綴歯科学会128回学術大会 2019.05.11 札幌コンベンションセンター

  • 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,谷田部 優,若林則幸. ノンメタルクラスプデンチャーを用いた補綴治療の費用効果分析. 日本補綴歯科学会第127回学術大会 2018.06.17 岡山

  • 鍋島玄. 補綴治療と共に行う栄養指導が部分歯列欠損患者の食事摂取に与える影響. 口腔病学会 2017.11.20 東京医科歯科大学

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • デンツプライシロナ賞,日本補綴歯科学会,2017年07月

  • 最優秀演題賞,口腔病学会,2016年11月

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 有床義歯技工学,筑波大学附属聴覚特別支援学校高等部専攻科歯科技工科