基本情報

写真a

小宮 力(コミヤ チカラ)

KOMIYA Chikara


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2006年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  2016年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子内分泌代謝学 大学院生
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 糖尿病・内分泌・代謝内科 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子内分泌代謝学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本肥満学会

  • 日本糖尿病学会

  • 日本内分泌学会

  • 日本内科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 内分泌代謝学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生活習慣病における慢性炎症の病態生理学的意義に関する研究,2012年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 非アルコール性脂肪肝炎におけるエクソソームを介した脂肪組織-肝臓連関機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Miyachi Yasutaka, Tsuchiya Kyoichiro, Shiba Kumiko, Mori Kentaro, Komiya Chikara, Ogasawara Naomi, Ogawa Yoshihiro. A reduced M1-like/M2-like ratio of macrophages in healthy adipose tissue expansion during SGLT2 inhibition SCIENTIFIC REPORTS. 2018.10; 8 (1): 16113. ( PubMed, DOI )

  • 小宮 力, 吉本 貴宣. 【NASH/NAFLDの新知見】 治療 SGLT2阻害剤 肝・胆・膵. 2018.04; 76 (4): 758-769. ( 医中誌 )

  • Kumiko Shiba, Kyoichiro Tsuchiya, Chikara Komiya, Yasutaka Miyachi, Kentaro Mori, Noriko Shimazu, Shinobu Yamaguchi, Naomi Ogasawara, Makoto Katoh, Michiko Itoh, Takayoshi Suganami, Yoshihiro Ogawa. Canagliflozin, an SGLT2 inhibitor, attenuates the development of hepatocellular carcinoma in a mouse model of human NASH. Scientific Reports. 2018.02; 8 (1): 2362. ( PubMed, DOI )

  • Yasutaka Miyachi, Kyoichiro Tsuchiya, Chikara Komiya, Kumiko Shiba, Noriko Shimazu, Shinobu Yamaguchi, Michiyo Deushi, Mizuko Osaka, Kouji Inoue, Yuta Sato, Sayaka Matsumoto, Junichi Kikuta, Kenjiro Wake, Masayuki Yoshida, Masaru Ishii, Yoshihiro Ogawa. Roles for Cell-Cell Adhesion and Contact in Obesity-Induced Hepatic Myeloid Cell Accumulation and Glucose Intolerance. Cell Reports. 2017.03; 18 (11): 2766-2779. ( PubMed, DOI )

  • Chikara Komiya, Miyako Tanaka, Kyoichiro Tsuchiya, Noriko Shimazu, Kentaro Mori, Shunsaku Furuke, Yasutaka Miyachi, Kumiko Shiba, Shinobu Yamaguchi, Kenji Ikeda, Kozue Ochi, Kazuhiko Nakabayashi, Ken-Ichiro Hata, Michiko Itoh, Takayoshi Suganami, Yoshihiro Ogawa. Antifibrotic effect of pirfenidone in a mouse model of human nonalcoholic steatohepatitis. Scientific Reports. 2017.03; 7 44754. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小宮 力. 糖尿病治療におけるSGLT2阻害薬の新しい可能性. 上越糖尿病講演会 2018.08.31

  • 小宮 力. 糖尿病治療におけるSGLT2阻害薬の新しい可能性. Diabetes Special Meeting 2018.07.19

  • 小宮 力,定本 真梨子,沼沢 益行,陳 怡如,名和 知久礼. 嚢胞形成を伴うインスリンボールにより著しく血糖コントロールが悪化した2型糖尿病の1例. 第641回 日本内科学会関東地方会 2018.05.12

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第20回アディポサイエンス・シンポジウム若手優秀研究奨励賞,日本肥満学会,2015年08月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学部保健衛生学科 病態学 臨床病態学(I) 糖尿病・内分泌・代謝内科疾患総論,2018年 - 現在