基本情報

写真a

大原 敏之(オオハラ トシユキ)

OHARA Toshiyuki


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 運動器外科学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2016年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 医員
  • 2016年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 特任助教
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 人工膝関節術後患者の関節腫脹に対して高気圧酸素治療が与える影響の検討

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ueki H, Nakagawa Y, Ohara T, Watanabe T, Horie M, Katagiri H, Otabe K, Katagiri K, Hiyama K, Katakura M, Hoshino T, Inomata K, Araya N, Sekiya I, Muneta T, Koga H. Risk factors for residual pivot shift after anterior cruciate ligament reconstruction: data from the MAKS group. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2018.12; 26 (12): 3724-3730. ( PubMed, DOI )

  • Yamaguchi-Kabata Yumi, Morihara Takashi, Ohara Tomoyuki, Ninomiya Toshiharu, Takahashi Atsushi, Akatsu Hiroyasu, Hashizume Yoshio, Hayashi Noriyuki, Shigemizu Daichi, Boroevich Keith A., Ikeda Manabu, Kubo Michiaki, Takeda Masatoshi, Tsunoda Tatsuhiko. Integrated analysis of human genetic association study and mouse transcriptome suggests LBH and SHF genes as novel susceptible genes for amyloid-beta accumulation in Alzheimer's disease HUMAN GENETICS. 2018.07; 137 (6-7): 521-533. ( DOI )

  • Mindae Kim, Watanabe Toshifumi, Muneta Takeshi, Ohara Toshiyuki, Sekiya Ichiro, Koga Hideyuki. Coronal Instability after Total Knee Arthroplasty using Bi-Surface type 3: An Averaged 10 Year Follow-up Study(和訳中) Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.06; 65 (2): 51-58. ( 医中誌 )

  • 大原敏之、 古賀英之. 膝靭帯・半月板損傷-関節鏡視下手術に対するアプローチ MB Orthopaedics. 2018.05; 31 (5): 135-146.

  • 片桐 健太, 渡邊 敏文, 鈴木 聡, 兵藤 彰信, 堀江 雅史, 片桐 洋樹, 小田邊 浩二, 大原 敏之, 関矢 一郎, 宗田 大, 古賀 英之. ジルコニアセラミック大腿骨コンポーネントを用いた日本人向け後方安定型人工膝関節の中期成績 JOSKAS. 2018.05; 43 (4): 737. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 大原 敏之, 塩田 幹夫, 山本 尚輝, 柳下 和慶. ハムストリング肉離れによる高気圧酸素治療介入による競技復帰日数の検討. 第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.12.01 旭川市

  • 塩田 幹夫, 大原 敏之, 山本 尚輝, 小柳津 卓也, 柳下 和慶. 第1種装置での高気圧酸素治療で改善に乏しかった脊髄型減圧症に対しUS Navy TT6が有用であった一例. 第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.11.30 旭川市

  • アスリートのハムストリング肉離れにおける高気圧酸素治療介入による競技復帰時期の検討. 第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2018.11.02 札幌市

  • 大原敏之, 古賀英之. 前十字靭帯再建術後2年までにおける患者主観的評価と客観的評価の関連についての経時的解析-東京医科歯科大学多施設共同研究(TMDU MAKS study). 第23回スポーツ傷害フォーラム 2018.01.20 大阪市

  • 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓也, 堀江 正樹, 大原 敏之. スポーツ医学イノベーション 継承と革新 スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療. 第43回日本整形外科スポーツ医学会 2017.09.08 宮崎市

全件表示 >>